« オバマ暗殺? | メイン | 風が吹けば、桶屋がもうかる »

橋下氏、大丈夫か

 新聞によると、大阪府の橋下知事が、教育公約、全面見直しとある。何のことかと思ったら、知事選の公約として掲げた、習熟度別クラス編成導入や府立高校の学区制撤廃について「机上の空論であった」と、根本的に見直すことを表明したという。しかし、このような言い方は、政治技術として、基本的にまずい。実際に公約が妥当でないと気づくことはあろう。しかし、それは十分検討するか、少なくとも十分検討したふりをした後、見直しを表明すべきであって、このように言うことによって、今後、橋下が表明するあらゆる言明が、朝令暮改の疑惑にさらされることになる。
 また、財政危機であるがゆえに「府債発行を原則認めない。」は、おそらく経済学、財政学の原理からいってもおかしい。すなわち、いままで府債を発行してまかなってきたのだから、これを漸減することから検討するべきであって、原則認めないと、たちゆかなくなるであろう。
 こうして、橋下は、宮崎県の東国原よりも、また、長野県の元知事の田中よりも、悪い印象で、スタートする。政治に信頼と安定性は、どうしても必要である。経営学の法則では、独善でかき回す管理者は、何もしない無策の管理者より悪い。橋下、どうする。君には、調整能力はあるのか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/591

About

2008年2月14日 07:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「オバマ暗殺?」です。

次の投稿は「風が吹けば、桶屋がもうかる」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。