« イージス艦衝突 | メイン | イージス艦衝突の素朴な疑問 »

批判の非対称性

 例えば、ある人が小説を書いたとする。その人が大家であろうが、あるいは、カルチャー・センターで習ったばかりの初心者であろうが、私のような文芸素人でも、分かったような批評は書ける。あるポイント、例えば社会性とか、人物が自然に描けているか、史実に正確かどうかか、など。そのように一旦ポイントを決めると、その観点から、妥当かどうかの批評ができる。逆に言うと、酷評したいか、褒めたいかで、逆算してポイントを設定することができる。曽野綾子が数学を貶めるために、二次方程式さえ自分の人生では役に立ったことがない、という言い方が1つの例である。
 このように、批判や批評というのは、実に簡単に作業であるが、あることを批評して、それで、自分がその作品の作者よりも上位であるように錯覚する人が多くて困る、というのが私が言いたいことである。私は、ほとんど遊びみたいな同人誌に原稿用紙で10枚程度の短編小説を1つ書いたことがあるだけで、他に小説なるものを書いたことがないので、よく分からないが、それでも、まとまった一遍の小説を書くことが、どんなに大変か、想像はできる。それを思うと、たまたまある小説に瑕疵を見つけたとして、どうして私が、作者より技量が上である、といえようか。私がその作者よりも優れた小説を書いてみせて、初めて、私も同等以上のスキルをもっている、ということができる。
 一番典型的にそれを感じるのが、政治である。例えば、自民党がいろいろな施策を行って、当然ながらうまくいくものも、うまくいかないものもある。それに対して、民主党は、私が見るところ、ただケチをつけて揚げ足をとるようなことばっかり言っている、のように私は感じる。もし政治のプロなら、こういう経済理論で、こうやって、こうすれば財政負担を減らしつつ、こういうふうに能率よく、ことを進めることができる、のように、私のような政治のど素人をうならせてほしいものである。
 私が管理職の時代も、○○さんは××をしてけしからん、ということを盛んに言ってくる部下がいた。それはそれで、ありがたく意見を伺うが、その人はどうも、他人を貶めることで、相対的に自分が評価される、と勘違いしていたようだ。民主党と同じで人間が陥りやすい錯覚である。しかし、何度も言うが、批判や批評が、本人の価値を高めることはほとんどない。それは、小林秀雄の文芸批評のような質を要し、とても大変である。で、さりげなく私は、その部下に、他人の批判もいいが、実質的に成果をあげることですよ、とやわらかく示唆するのであるが、言い方がよくないか、いつも理解してもらえないままであった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/611

About

2008年2月21日 12:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「イージス艦衝突」です。

次の投稿は「イージス艦衝突の素朴な疑問」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。