« MSのソースコード公開 | メイン | 一生に読める本 »

ゴサインタン - 神の座

 久々に、まとまった長さの小説を読んだ。篠田節子「ゴサインタン - 神の座」である。私は、篠田節子という小説家を知らない。それで、この本を読もうと思ったのは、Webの書評で、評判がよかったからである。
 それで、一読してみて、構想のスケールの大きさ、着想の奇抜さに、感心した。

 まだ読んでいなくて、今から読もうとする人のために、詳細なストーリーの紹介は避けるが、主人公は、東京近郊の農家の次男坊で、何度もお見合いしても相手が決まらない40歳の男性、といういかにもぱっとしない設定である。兄がいるが、そちらは、外資系のコンピュータ会社に入り、カリフォルニアにいる。
 だから、同居する母親は、なんとか同居する息子が結婚して孫の顔が見たい、と躍起になる。主人公は、配偶者のいない寂しさか、飼い猫をとても可愛がる。しかし、その猫が交通事故で亡くなったというとても悲しい日が丁度、お見合いの日なのだった。

 よく、農家に、東南アジアからお嫁にくる、という話がある。それは、フィリピンであったり、ベトナムであったりするが、この話では、なんと、ネパール、というあたりからして、意外である。
 それで、お互い、惹かれてもいないのに不思議な縁で結婚する。ところが、結婚して一緒に暮らすうちに、不思議な霊的現象が起き、次々に大事なものを失い、一種宗教的な生活に突入する。主人公はそのことに強い絶望と違和感を覚えるのだが、どうしても、一種不吉なものも感じさせる妻から別れる踏ん張りがつかない。
 そうしているうちに、妻は失踪し、ネパールの奥地の故郷に帰っていることを知る。そして、会うために、矢も立てもたまらず、妻に会いにネパールに行く、というストーリーである。
 全篇を通じて、聖書ではなくて、もっと一般のイエス・キリストの生涯の本を読んだことがあるが、そういう受難というか、宗教的な色合いがあり、そのことが、この小説に格調を与えている。外国人妻との生活の難しさもよく描けているし、ネパールの描写もリアルでいい。
 篠田節子の真骨頂を感じさせる小説である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/615

About

2008年2月23日 22:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「MSのソースコード公開」です。

次の投稿は「一生に読める本」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。