« 2008年2月 | メイン | 2008年4月 »

2008年3月 アーカイブ

2008年3月 1日

ネット上の名誉毀損

 新聞によると、会社員が、自らのホームページ上に、ラーメンチェーン経営会社を中傷する文章を掲載した、として、名誉毀損で訴えられた件で、東京地裁は、無罪を言い渡した。ほとんど読者がいないとはいえ、ブログで勝手なことを書き散らかしている私にとって、他人事ではない。
 東京地裁の判決によると、ネット上で個人が名誉棄損に問われるのは、
① 内容が真実でないと知りながら発信したか、または
② 利用者に要求される水準を満たす調査をせず、真実かどうかを確かめないで発信した場合
 とあって、ちょっと甘いような気もするが、それなりに妥当であろう。
 この判決の基準によると、あるホームページまたはブログの作者に対して、名誉棄損である、と訴えるためには、その内容が虚偽であることを実は知っていた、という挙証責任が、訴える側にあることになり、その証明は、一般的にかなり困難そうである。ただ、思うに、事実であると推定され得るような内容を伝えられた後は、それに有力な反対の事実が明らかでないなら、自らのホームページの記載を訂正する必要はあろう。
 これが個人でなく、マスコミなら、内容が真実でないと知らなかったでは済まされず、相当な確認義務が課されることになる。
 上記判決は、個人が適当に書くホームページやブログの内容は、本来的に信頼性が低いという前提であり、妥当であると思う。ただ、アルファブロガと呼ばれるような人だと、世間の信頼が厚くなり、すると、アルファブロガは、ある意味、世間の信頼を利用して稼いでいるところもあるので、利益あるところ責任もある、みたいな観念もでてくると思われる。

ボグダノフ事件

"Not Even Wrong"というピーター・ウォイトのスーパー・ストリング理論批判の本に、ボグダノフ事件のことが、書かれている。ボグダノフ事件とは、2002年の10月頃に、フランスの兄弟、イゴール・ボグダノフと、グリチュカ・ボグダノフが、その理論物理学の知識に基づき、偽論文を権威ある学術誌に投稿し、採用された、というものである。グリチュカの方は、量子代数に関するもの、イゴールの方は、トポロジー量子場理論に関するもので、これらが特殊な分野であるせいもあって、よほどのこの分野の専門家でないと、偽論文かどうか、簡単には判別できないという。
 実際、トポロジー量子場理論には比較的馴染みがある、ピーター・ウォイトがイゴールの論文を検討してみると、それは見事なまでに無意味な論文であった、という。
 さらにおかしいのは、ボグダノフ兄弟は、これら同一の論文を5つの専門的な雑誌に投稿し、いずれも採用された、という。
 すなわち、ボグダノフ兄弟は、
(1) 物理学の専門誌の査読機能
(2) 物理学の専門誌の重複チェック機能
 の両方を、遊び心をもって試してみようとした、ということになる。
 しかし、とてもおかしいのは、ピーター・ウォイトの問合せに対して、ボグダノフ兄弟は、自分たちの研究を擁護する丁寧な私信を送ってきて、どこがおかしいのか、と訊ねてきた、という。すると、ボグダノフ兄弟は、意外に大真面目だったのかもしれない、ということになる。
 で、結局今に至るまで、ボグダノフ兄弟の意図は不明なままだが、はっきり分かっているのは、彼らの論文が内容的に無意味であること、また、それにも拘わらず、権威ある学術雑誌に採用されてしまった、ということである。
 さらに、査読した物理学者も、自分が無意味さを見落としたということを決して認めようとしない、という。また、さらには、理論物理学会は、ボグダノフ事件に対して基本的に無関心で、査読機能が破綻しているなんて全く思っていないようである、という。すなわち、このブログでも、ベル研での論文捏造で触れたように、学会というものは、自分に災難が及ばない限り、多少のことがあっても、無関心を続ける、ということである。学会に限らず、世間というものがそうなのかもしれない。
 ただ、数学であれ、理論物理であれ、専門化・蛸壺化が激しく、その道の狭い専門家以外の人が、先端研究をどんどん理解し難くなっている。よって、ボグダノフ事件で提起されたような問題は、深まりこそすれ、解決の目途は見えない。

2008年3月 2日

それでもボクはやってない

周防正行監督による、「それでもボクはやってない」を、テレビで観た。2007年1月の作品だから、比較的新しい。
 実は、数年前、私が知っている、ある私立女子高の数学の教師が、通勤途中の電車で、別の学校の女子高生に痴漢を疑われ、警察に逮捕される、という事件があった。その数学の教師を知る人は皆、彼は真面目で、そんなことをする人ではない、という。果たして、その数学の教師は、「私はやってない」を貫いた。ある意味、あの映画にあったように、司法取引のごとくすぐに認めれば、拘留されることはないのかもしれない。しかし、やってないことをやった、と認めることは正義感が許さないのだろう。
 果たして、周囲の、「違うんじゃないの?」、「嵌められたのでは?」という思惑をよそに、数学の教師は、私立女子高を免職になった。あるいは、自発的に退職したのかもしれないが、そのことは、この場合、本質的ではないだろう。
 ともかく、その数学の教師は、ものすごく大きい社会的痛手を受けたのである。ところが、その数学の教師は、どこかの予備校の講師をしながら、法廷闘争を続け、ついに無罪を勝ち取ったのだという。あの映画にあったように、それは、0.1%の確率の世界である。すさまじい努力を要する。
 当然ながら、痴漢容疑者に対する警察や検察の態度は、人道的とは言い難い。以前読んだ、田中森一の著書などからも、当然にそれは、推察しえる。要するに、彼らの言い分は、刑事事件が多数押し寄せてくるのだから、それに一々人道的にやってられない、ということだろう。そういう場合に、起訴・有罪の方にドライブすると、上層部の覚えもめでたい、ということである。ここの体質が改善されるのに、果たして何十年がかかるだろう、とため息がでそうになる。
 一方で、痴漢の疑いが生じる状況をみてみると、それは大抵は、満員電車の中である。だいたい、見ず知らずの男女がああいう閉塞空間で体を密着させてひしめく、という状態そのものが異常である。そのような中で、男性の手がつい、女性の体に触ってしまう、という状況はある。また、仕事からく異常なストレスで、つい出来心を起こしてしまうこともあろう。
 特に、後者の場合、弁解の余地はない、という言い方は理解できる。そもそも、私が女性の部下をもつ管理職だったとき、部下との痴情的な意味でのトラブルを防ぐことが最大の関心事であった。その次は、予算管理の責任者であったことから、金銭的不正をしないことが次の関心で、仕事の業績をあげることがやっと三番目に来るような有様であった。
 そういう私だから、痴漢をするということの弁解の余地のなさは、かなり分かっている方だと思う。それでも言いたいのは、痴漢行為にまつわる、被疑者と被害者の間の鋭い非対称性である。電車の中の痴漢行為は、それが意図的なものであるなら確かに卑劣である。とはいえ、人気がないところで婦女暴行したりすることに比べて、その卑劣度は雲泥の差があるだろう。しかし、現実とそんなにずれていないだろうと思われる、「それでもボクはやってない」での描写をみると、電車内の痴漢が、ほとんど、人気がないところで婦女暴行並の卑劣度として扱われているような気がする。そんなひどい扱いなのに、被害者としての女性側の申し立てに、ほとんど疑いがもたれることはない。これは、映画の中にもでてきたが、被害者にとって、とても屈辱的で恥ずかしいことなのに、勇気を出して申し立てていることなので、真実である、という臆見がそこにある。しかし、人間の本質的な性質の1つである、サディスティックな傾向に、そのことは油を注いでいないか。すなわち、もっとこらしめてやりたい、という気持ちである。
 以上を勘案して、私は次のような提案をしたい。
1.警察が、痴漢の加害者と被害者のデータベースを作る。もちろん、それは、とても高度な個人情報なので、厳重に秘匿管理する。
2.電車内での痴漢事件があったとき、データベースに照会する。もし、被害者がデータベースにみつかると、もしかして、「陥れ魔」ではないかと一応、軽く疑う。
3.もし、加害者が、データベースにみつかると、嫌疑を高める。
4.もし、加害者が、データベースにみつからないと、初犯なので、訓告して開放する。家族や会社などにも一切通告しない。また、痴漢に間違われないための心得のようなパンフレットを渡す。今度申し立てられると、二度目なので不利ですよ、と注意を促す。被害者にも、満員電車に乗るときは、短いスカートや刺激的な恰好は避けるなどの、パンフレットを渡す。被害者は到底納得しないだろうが、その納得のいかなさは、「それでもボクはやってない」の主人公のような状況の人の納得のいかなさの、数十分の一、数百分の一にすぎない。会社をクビになる訳でも、お嫁にいけなくなる訳でもない。こういうリスクは、大都会に住むための、ある程度やむをえないリスクというかコストである。ただ、警察は、必要に応じて、心理カウンセラーを紹介するなどの労はとる必要があろう。

スーパーストリング理論のライバル

 少なくとも理論物理界における流行の度合いにおいて、飛ぶ鳥を落とす勢いのスーパーストリング理論であるが、"Not Even Wrong"のピーター・ウォイトによれば、次の2つの理論が、ライバルである、という。
 第1は、ループ量子重力の理論。LQGとも略称される。要するに、場の量子論に、一般相対性理論を組み込むために、重力の量子化に一般相対性理論の標準的な幾何学的解析変数を使うが、標準的なファインマン図による展開だと、無限大の困難にぶつかるため、摂動によらない量子化の方法を用いるという。ピーター・ウォイトの見立てでは、LQGの成功の見込みは、スーパーストリング理論と同じくらいだが、LQGは、スーパーストリング理論と違って、あらゆる粒子の相互作用に関する統一理論を与えようとはしておらず、とりあえず、重力の量子場を与えようとしているだけである。
 第2は、英国の天才、ペンローズの提唱するツイスター理論である。ツイスター理論は、場の量子論に立脚するのではなくて、まず一般相対性理論に立脚して、その時空構造を複素化する。その複素化された時空構造でもって、場の量子論を構築し直す、という構成をとるようである。ただ、ペンローズ自身も、このアプローチが、日暮れて道遠しであることは、よく認識しているようである。
 スーパーストリング理論とツイスター理論に共通するのは、その幾何学的構造として、数学者に魅力的な提案をすることである。ウイッテンなどは、一人で幾何学者もやっており、ノーベル賞ではなく、数学の賞である。フィールズ賞をもらったくらいである。いろいろと毀誉褒貶がありながらも、スーパーストリング理論が隆盛しているのは、幾何学者にとって、そこが、最高の遊び場であるからである。だから、幾何学者は、新しいアイデアを思いつくと、早速、スーパーストリング理論の専門家にそれを話す。すると、ボグダノフ兄弟よりももすこしまともな研究者が沢山いて、それを迂遠な数式で、なにかの物理的実体に結び付けてくれる。なにしろ、スーパーストリング理論には、トイザラスのように巨大な玩具売り場であって、ほしいものは何でも揃っている。だから既に、アラン・コンヌの非可換幾何学も、その応用が見出されてるであろう。ポアンカレ予想を解決したベレルマンのリッチ・フローの手法も、スーパーストリング理論屋には垂涎であろう。
 さて、ピーター・ウォイトは、スーパーストリング理論を、なにも理論的な予想を与えないと、蔑むのだが、1996年に、ストロミンジャーとバッファは、電磁荷をもつブラックホールの基底状態の縮退数を、Dブレーン上のゲージ理論の方法を使って評価し、ブラックホールの質量が大きい極限で、ホーキングによるエントロピーの公式を導出した、という。こういうのは、反スーパーストリングに対して、ほらみろ、ちゃんと計算できるんだぞ、という示威の例証にはなるだろう。
 ただ、このブログの超弦理論の実用性という記事でも書いたように、既存の問題を解いてみせる、ということでは、スーパーストリング理論の有用性の状況証拠にしかならない。また、いつだってブラックホールの問題を解く、というのも、なんだか、である。やはり、今までに知られていない結果を、スーパーストリング理論が予測し、それを宇宙での観測で確認する、というストーリーがどうても必要であろう。
 あと、最終的な物理理論は、場の量子論と、重力の理論である一般相対性理論を融合させる、とよく言われるが、素人感覚では、場の量子論の標準理論が、観測結果をよく予測して成功してきたのに、一般相対性理論はまだ、いまいち実績がないのではないか、と思われる。それなのに、無理やり一般相対性理論と折り合いをつけようとして、理論が歪んでしまっていないか。もしかして、21世紀後半の物理学は、一般相対性理論の呪縛から解き放たれて、もう少し自由な形式で、統一理論を思考しているのではないか、と勝手に考えている次第である。もちろん、それがどんなものか、私に想像がつこうはずはないのだが。

2008年3月 3日

韓国は、どうしてノーベル賞が取れないのか

 韓国人と付き合うと、少なくとも私が知る範囲では、みなすごく優秀である。また、みな一様に、大学入試が大変という。私が知るすごい秀才でも、ソウル大学は無理だったので、延世大に行ったといっていた。また、ソウル大出身の友人もいるが、確かに、抜けるような秀才である。
 ところが、不思議に思うのは、そんな韓国なのに、いまだかつて、ノーベル賞を貰った人がいないのである。あ、政治的な配慮で、平和賞もらった、金大中はこの際、例外とする。
 ソウル大学のトップクラスは、日本の東大・京大のトップクラスに決してひけをとらないと思う。だから、もしノーベル賞が優秀さの1つの指標であるなら、東大・京大から何人もノーベル賞受賞者が出ているのだから、ソウル大学出身で一人くらいいても全然おかしくないことになる。
 たとえば、囲碁の例をみてみる。いまから20年くらい前は、韓国の囲碁は、トップクラスで日本にはひけをとっていた。しかし、ここ10年くらいの進境は著しく、いまや世界のトップクラスである。最早日本は到底、韓国に勝てない。これは、韓国人の知的能力の1つの証明である。それでいよいよ、なぜ韓国なのに、いまだかつて、ノーベル賞を貰った人がいないのか、わからなくなってきた。
 で、思い当たったのが、儒教の例である。儒教はもともと、中国で発祥し、朝鮮半島を経由して日本にも入ってきた。日本にもいろいろと有名な儒学者がいるが、聞くところによると、韓国の儒教というのは、本家をうまわるレベルで、退渓・李滉などの優れた学者を輩出している。年上を敬い、主君に絶対の忠を尽くす、という点でも、韓国は、本家中国よりも一層、純化されている。もとより、ハイブリッドの好きな日本人など、その儒教度でも及びもつかない。この純化・極道(きゅうどう)のパワーが、囲碁のスキルにも見て取れる。
 この伝統が、今のソウル大学、延世大、高麗大などの韓国トップ大学での研究方針にも反映され、ひたすら、正統的路線に沿って研究を進めていく。
 ところがである。正統的路線は、欧米の天才・秀才が辿った後の道であって、そこには最早、面白い成果は残っていない。しかし、正統的路線こそが純粋研究路線なのであるから、なかなか、いい意味でそこから逸脱できないのではなかろうか。
 私は、これこそが、韓国から、いまだかつて、ノーベル賞を貰った人がいない理由だと思う。
 一方、日本はというと、韓国ほど純粋ではなくて、折角儒教を取り入れても、真面目に儒教を勉強するだけではなく、余計な知識と儒教を組み合わせたり、洋学を齧ったり、とクロスオーバーしてしまう。こうして、純粋な儒者からみたらけしからん、ということになるが、そういうクロスオーバーから、和算や蘭学その他の学問がでてきて、そういうクロスオーバーの伝統があるので、ノーベル賞につながる研究も出てきたのではないだろうか。
 それでも、日本はまだ島国で、米国に比べれば閉鎖的である。米国には、アジア、ヨーロッパ、南米などから多くの優秀な人材が流入し、半端ではない才能のクロスオーバーがある。それこそが、日本が、米国に科学技術で太刀打ちできない理由である。
 だから、もし韓国が、ノーベル賞級の人材を輩出しようと思ったら、まずやることは、ソウル大学のレベルを下げることを厭わないことである。それは逆説のようであるが、レベルを下げることを厭わず、AOのようなことをして多様な人材を受け入れ、且つ、米国やヨーロッパ、日本、中国、インド、中東などからも留学生、研究生を受け入れる。すると、クロスオーバー効果で、段々ユニークな研究がうまれてくる。ただ、研究とは、よい酒の醗酵プロセスのようなものだから、少なくとも10年くらい、成果のでない時期を耐え忍ばなくてはならない。そんな悠長さを、韓国に期待できるだろうか。

2008年3月 4日

特殊たんぱく質

 先日の新聞によると、ペリオスチンというたんぱく質が、心筋梗塞の組織の修復機能をもつ、という。よって、ペリオスチンが欠乏すると、心筋梗塞で死に至りやすい。ペリオスチンは、1999年に、東工大の工藤明教授によって、心筋細胞を増やす機能をもつものとして発見された。その後、癌の抑制や、骨の再生にも関与しているのではないか、と言われている。宇宙ステーションなどの無重力環境では、機械的刺激が少ないので、骨量が減り、骨が細くなってしまう。その際、ペリオスチンの摂取が有効かもしれない、と見込まれている。
 また、今朝のニュースによると、名古屋大学のグループが、免疫の働きに重要な機能をもつニットカインという、たんぱく質(ニュースで聴いたので、その名前自体は聞き間違いかもしれない)を発見したという、
 名古屋大学のグループはまた、3年前に、がん細胞の他の組織への転移に重要な働きを持つ「ガーディン」と呼ばれるタンパク質を発見している。
 こういう一連の記事をみると、よく知られている酵素やホルモン以外に、体内では、体の構成要素となる以外の働きをもつ、機能性の特殊たんぱく質があることがわかる。そういえば、10年以上前に話題になった、恐牛病の原因といわれる、プリオンというたんぱく質もある。
 ただ、私の手元にある生理学の入門書では、こういう機能性たんぱく質のことは、ほとんど触れらていない。従って、機能性たんぱく質は、ここ10年くらいで研究されるようになった新しい分野なのだろうか。
 そういえば、私がよく利用する健康食品のサプリの世界でも、コラーゲン、フコイダン、ヒアルロン酸、EPA、DHA、キトサン、スクワレン、ホスファチジルセリン、カルニチン、コエンザイムQ10、レシチン、イソフラビン、ルティンなど、様々な機能性食品が目白押しである。
 そこでふと、秦の始皇帝が、永遠の生命をもたらす霊薬を求めて、手下の者に日本までも探索させた、という史実を思い出した。人間にはそういうものを希求する本能があって、特殊たんぱく質も、その夢の一翼を担うようである。しかし、と私は思う。肉体の限界はあまりに低い。特殊たんぱく質や機能性食品のできることは、かなり微妙な程度に留まることを知るべきである。

将棋界の一番長い日

 昨日は、将棋A級順位戦の最終日、すなわち、「将棋界の一番長い日」であった。毎年、この日は、A級棋士の一斉大局で、盛り上がる。なんと、夜の2時まで、NHK第2の衛星放送で放映される。
 ただ、この日は、下記の理由で、ちょっと盛り上がりに欠けた。
1.羽生が、7勝1敗で、二位の三浦に、1ゲーム差。しかし、羽生の最終戦の強さ、相手の谷川に対するここ数年の相性のよさを考えると、ほとんど、当確である。
2.行方が、既に陥落決定。これは、壮絶さの趣向を殺ぐ。
3.陥落の危機にある佐藤だが実は、結構安全なのである。すなわち、佐藤は、自分が負け、久保が勝ったときだけ陥落。すなわち、その確率は1/4.それだけではない。佐藤は、木村に対して相性がよい。先日のNHK杯も、将棋にならなかった。木村の呼び込む受けが、佐藤の攻めの強さに耐え切れないのである。一方の久保は悲壮だが、今期の三浦は好調で、安定感がある。よって、数学的な佐藤の残留率は、0.75だが、実際は、0.9くらい。すなわち、佐藤が落ちる確率は、0.1とみた。
 しかし、それは傍で見ている者の話であって、テレビに映る佐藤の表情には、悲壮感が漂っていた。一方、残留が決まっている木村は、余裕しゃくしゃくである。その気合の違いか、佐藤対木村は、佐藤が必勝に近い優勢になる。ところが、途中で佐藤が間違え、泥仕合になった。一時は、佐藤玉に即詰みがあったようだが、木村は決めきれず、佐藤が制勝した。勝っても、佐藤の表情の悲壮さは、なかなか収まらなかった。一方の木村は余裕の表情。これでは、木村、来期は危ない。
 羽生は、予想どおり、あっさり谷川に勝った。これで名人位挑戦。今期は、森内に勝てるか。
 郷田も、矢倉戦で、あぶなげなく行方に勝った。
 丸山は、2枚のと金攻めで、あっさり藤井を破った。以前は、藤井は丸山がお客さんだったのだが、流れが変わったか。
 三浦は、千日手ののち、久保を破った。久保はいままで、何度も危ない目に遭いながら、ぎりぎりでA級に残留してきた。しかし、今期は命脈が尽きた。羽生に、王座と王将で往復ビンタくらい、精力を吸い取られたか。
 ということで、いまいち盛り上がりに欠ける「将棋界の一番長い日」だったが、それでも独特の切迫感が楽しくて、きっと来年も見るだろう。一流プロといえども、終盤で時間が切迫して慌てるのは、私のような弱小アマチュアと表面的にはあんまり変わらない。ただ、慌てて指した手が、ほとんど急所を外れないだけである。それは、まあ、とても大きいのだけれども。

2008年3月 5日

電機メーカ採用の売り手市場

 新聞によると、大手の電機メーカは、軒並み、採用計画が増員方向で、売り手市場と言っていいと思う。
その数字は、下記のとおりである。

東芝   2008年:1300人、2009年:2000人(うち、新卒1200人)
三菱電機 2008年:1385人、2009年:1500人(うち、新卒1130人)
シャープ 2008年:1000人、2009年:1130人(うち、新卒980人)
NEC  2008年:1090人、2009年:1090人(うち、新卒840人)
ソニー  2008年: 850人、2009年: 900人(うち、新卒500人)
松下電器 2008年: 800人、2009年: 890人
富士通  2008年: 585人、2009年: 585人(うち、新卒585人)

 また、電機メーカではないが、その他の主要メーカとして:
ホンダ  2008年:1340人、2009年:1470人(うち、新卒1470人)
新日鉄  2008年: 570人、2009年: 715人
JFE  2008年: 496人、2009年: 850人(うち、新卒650人)

 これを見ると、東芝の強気の増員計画が目に付く。東芝は、半導体・原子力関係の技術系の即戦力に期待するのだという。よって、既卒採用率が一番高い。半導体はともかくとして、原子力というのは意外な気もするが、地球温暖化を防ぐには、原子力発電が有効ということだから(ほんまかいな?)、そういう乗りなのだろう。あと、東芝の西田厚聰社長は、なかなかユニークであって、ドイツの政治思想史を学び、イランの関連会社を通じて東芝に入社したという。だから、代々、技術系社員を社長に据える東芝としては異例だが、それだけ次世代の戦略的手腕に期待されているのだろう。西田社長は、2月に、HD DVDからの撤退を決断した。これは、地味ながら、好手であろう。将棋でいえば、使えない大駒を相手に手数をかけて取らせて、その間に別の有効な手を指すようなものである。
 三菱電機も、原子力に関与しているので、東芝と似た傾向にあるかもしれない。三菱電機で特徴的なのは、高卒の技術系社員を320人採用する計画であることである。確かに、中堅の技能者は必要で、なかなか、いいポイントを突いていると思う。
 シャープ、ソニー、松下はというと、薄型テレビの開発力強化なのだという。それにしては、即戦力となるべき既卒採用が少ない。この数字だけ見ると、東芝のような戦略性を感じない。
 ホンダは、ハイブリッド車の開発体制を強化するのだという。しかし、当然、アシモ・ロボットの開発も視座に入れているだろう。というのは、ライバルのトヨタが、はっきり、ロボット重視を表明しているからである。そもそも、カーエレクトロニクスの本によると、最近の自動車は、ほとんど中身はロボットなのだという。
 ということで、数字だけみると、採用計画は、まるで、十数年前のバブルの頃の再来であるが、各社はきっと、より明確な戦略のもとに、採用計画を立てていると信じる。

新谷弘実

 新聞広告で、新谷弘実著の、「病気にならない生き方」(サンマーク出版)という本を見たことがある。著者は米国アルバート・アインシュタイン医科大外科教授で胃腸内視鏡外科医。
 一見、ちゃんとした経歴の方なので、ある程度根拠のある健康法が書かれていると思っていたが、どうも、濫読ならぬ本の濫買気味の私も、この本は、本屋で手にとってみる気にもならなかった。以前、サンマーク出版から出た、春山勇という医学博士の「脳内革命」という本がベストセラーになったことがあったが、やはり、まったく読んでみようとは思わなかった。UFOであれ、心霊的な本であれ、世間ではトンデモと思われる本でも好んで読む私なのだが、このあたりどうも、自分でもその理由がわからない。きっと、一番多感な子供のころ、結核などの病気になって長く入院した、ということが経験として体にしみ込んでいて、健康のことをそんな軽々しく書いてほしくない、みたいな、拗ねた気持ちなのかもしれない。
 さて、新谷弘実著の「病気にならない生き方」であるが、このタイトルからして、気に食わない。というのは、「病気になる生き方」というのは確かにあると思う。例えば、毎日、日本酒を2升呑むなどの無謀な生活である。毎日、2時間しか寝ないとか。しかし、「病気にならない生き方」というのはない。例えば、50歳になるまで、酒も呑まず、煙草も吸わず、大したストレスなく、大食せず、そうして病気1つしないで生きてきた人が、突然、なんか最近疲れやすいな、と思って医者に言ったら、肝臓癌で、転移してあと半年の命だったりする、ということはそんなに稀ではない。すると、「病気にならない生き方」ではなくて、貝原益軒の「養生訓」程度に、健康法を説くに留めるなら、許せる。
 彼のホームページのトップにある、良い水、良い食事とサプリメント、正しい排泄、適度な運動、正しい呼吸法、休息・睡眠、幸福感、というは、いかにも妥当で、これを維持すれば、健康を維持しやすいですよ、というなら、まあ分かる。
 しかし、牛乳有害説その他、常識に反することを言って、自分は、健康法のおかげで、何十年も病気をしたことがない、などと主張してくると、怪しくなってくる。それは、私だって、この20年くらい、会社を病気で休んだことは一度もない。風邪もほとんどひかない。しかし、それはたまたまであって、何かの健康法のおかげではないと思う。強いていうなら、若いとき、病気をかなりやり尽くしてしまった、という非科学的な冗談を言いたくなるだけである。
 もっと言うなら、あまりに健康法に偏った生き方はどうであろうか。例えば、誰か困った人を必死で助けるという生き方は、とてもストレスが溜まって大変である。また、伝染病の患者を救う仕事は、感染して、亡くなる可能性も高い。国境なき医師団だと、治療中に凶弾に倒れるかもしれない。でも、そうやって健康資源をある意味犠牲にして尽くす生き方は、尊い。だから、「病気にならない生き方」なんていわないで、普通に生きて、生きられるだけ生きればいいではないか、と思うのである。

2008年3月 6日

古いパソコンの博物館

 実際にあると聞いたことがないが、あったらいいのにと、ときどき思うものに、古いパソコンの博物館がある。すなわち、1980年代のシンクレアなどのマイコンと言われていたものから、NECのPC88シリーズ、シャープのMZシリーズ、NECの98シリーズ、富士通のFMシリーズ、IBM PC XT、IBM PC ATなどを動作可能に揃えておき、また、それらで動く初期のアプリやツールなども、提供する。
 アプリとは、初期の一太郎、マルチプラン、ビジカルク、ロータス123、MIEFS、VZエディタ、ゲームのブロック崩しやインベーダなどのゲーム、フライトシミュレータ、ツールとは初期のマイクロソフトのBASICコンパイラ、Turbo C、Turbo PASCAL、Turbo PROLOG(これを知っている人が何人いるか)、マクロアセンブラなどである。
 そういう古いパソコンを使って、何が楽しいかというと、私のような中年サラリーマンにとって、それは青春時代の道標であり、ノスタルジーを誘う。また、わずかなリソースで懸命に動いているアプリたちが、けなげで可愛いのである。幼稚園の運動会のようなものである。
 さらに、喩え8ビット・マイコンであっても、ALUがコマンドをデコードして、I/Oポートに信号を送り、それが目に見える結果となるあたりは依然としてブラック・ボックスなのではあるけれども、今のWindows Vistaだの、Windows XPよりはずっと、劇場でかぶりつきで、ライブで観る風情がある(なんの劇場をイメージしているか、聞かないでほしい)。いまのパソコンだと、家庭でDVDでみるくらいの感じか。
 また、昔のパソコンだと、リソースがとても限られているので、プログラミングしたりするときに、がんばってメモリを節約したり、アルゴリズムを工夫したり、ととてもクリエイティブであることを要求される。まさに、アルゴリズム的なトリッキーな工夫であって、今のWindowsパソコン上での、マルチメディア・オーサリング的なクリエイティビティとは、全く異なる。それは、実にアキバ的、オタッキーな世界であって、いまだと、なんとか萌え、というのだろうか。
 ただ、冷静になって考えると、そういう博物館は、最初は、私のような中年の趣味人が訪れるかもしれないが、次第に、そういう人たちも、現実の慌しさに引き戻されて、古いパソコンたちと遊ぶことが、馬鹿馬鹿しくなってくるかもしれない。で、古いパソコンの博物館は、次第に荒廃し、寂しさを増す。受付の係員は、暇そうに、窓の外の人通りを眺め、悠久の時でなく、今日の夜の飲み会のことに思いを馳せる。それはそれで、哲学的ではあるまいか。

永久保証付き

 ソースネクストから、広告のメールがよく入る。今日は、下記のような、USBメモリの広告が来ていた。トランセンドというメーカは、知らないが、USBメモリも安くなったものである。
 ところで、下記の広告で、「永久保証付き」という語句が目に付いた。

トランセンド 「8GB USBメモリ」
 スライド式のUSBコネクタ搭載で、キャップ不要のUSBメモリ。
  大容量8GBだから、写真やプレゼン用ファイルなど
  重たいデータの持ち運びにもばっちりです。
  トランセンドの永久保証付きなので、安心してご利用いただけます。

 この「永久保証付き」とは、どういう意味だろうか。USBメモリは、HDDドライブよりも、データの読み書きの耐性が低い、というのが常識である。すなわち、HDDドライブが大体10万回以上なのに、USBメモリは、1万回くらいが限界であると聞いたことがある。それなのに、HDDドライブで、「永久保証付き」というものを見たことがない。一方、ノーブランドでも、RAMのメモリなどでは、「永久保証付き」を見たことがある。実際、私は、RAMで、パリティ・エラーなど経験したことは一度もない。ただ、他人のPCで、メモリが原因と思われる、初期不良は見たことがある。なにしろ、頻度はとても低い。
 だから、トランセンドという会社は、「高をくくっている」に違いない。「永久保証付き」を謳うことで、他社と差別化しようと。
 しかし、物理的な損傷はどうなのだろうか。例えば、道路に落ちて、車に轢かれれば、無事な訳ない。流石にそれは、「永久保証付き」の埒外であろう。それなら、USBメモリをポケットに入れたままのズボンを、洗濯機にかけられた場合はどうか。それでも壊れなかった、という事例は聞くが、なにしろ、大量の洗剤のイオンに晒される訳だから、壊れてもおかしくない。すると、そういうので「永久保証付き」を楯にとって、新品と交換を迫ったら、トランセンドの担当者は、本当はそんなの交換に応じられないと思いつつも、滅多にこないクレーマーにいちいち説明するのもかったるいので、新品を渡して、済ませようとするだろう。こうして、「永久保証付き」はとりあえず、うまくいくのである。トランセンドは、ここまで深読みしているのだろうか。

2008年3月 7日

帰化スポーツ選手

 先日、世界卓球選手権が開催されたが、世界卓球連盟は、帰化スポーツ選手に関して、次のような懸念を示した。すなわち、中国選手対、中国から他国に帰化した選手の対戦が、準決勝、決勝あたりで多くて、趣向をそぐ、このままだと、卓球というスポーツ自体の人気が悪影響を受ける、と。
 実際、日本の代表選手では、韓陽と、吉田海偉が、中国からの帰化者である。また、韓国の女性代表チームにも二人、中国からの帰化者がいる。よって、団体戦で日本対中国、韓国対中国の対戦があると、中国人同士の対戦となる。彼らが勝ち上がっていくと、どうしても、世界の有力選手には中国勢が多いので、やはり中国人同士の対戦となる。
 実は、去年の北京での国際トーナメントでは、男女シングルスのベスト16のうち、各々、13人が、中国人及び中国から帰化した人で占められたのだという。これだと、確かに、世界卓球連盟がいうのも分かる。
 こうなる事情は、中国にあける卓球の、レベルの高さと、異常な層の厚さにある。並大抵のレベルでは、中国では代表になれず、そこで、ふと見ると、日本や韓国だとなんとかなりそうだということになると、それでは、日本や韓国に移籍しようかというインセンティブが働く。もともと、彼らにとって、日本や韓国は、お金も稼げる、憧れの資本主義国なのである。ためらう理由は、ほとんど見当たらない。あとは、日本からビザが出るかどうかである。また、日本に行けたとして、国籍まで取れるかどうか。このとき、彼らの卓越した卓球のスキルが活きる。中国では、代表まであと一歩だとしても、日本に行くと、たちまち敵なしになれる。日本政府は、彼らのスキルをキープしたいので、比較的容易に、帰化を許す。こういう流れは、自然であろう。
 では、上記のような、国際大会の興味を殺ぐという理由で、帰化選手の出場を制限すべきか。私は、そうは思わない。例えば、日本を見てほしい。日本チャンピオンは、日本人で日本で育った、高校生の水谷である。決して、中国からの帰化人ではない。こういうのを見ると、中国から日本に入っている帰化選手がいるのが、とてもよい刺激になっている、といえる。福原のように、水谷は中国に留学したことはないかもしれないが、日本にいる中国選手から、とても多くを学んだに違いなく、帰化人がいなければ、到底、ここまでのレベルに到達できていないだろう。
 だから、今は、男女シングルスのベスト16のうち、各々、13人が、中国人及び中国から帰化した人で占められる、ということがもし起きても、この分布は早晩変わる。各国は、その独自のポテンシャルをもっているのである。寧ろ、帰化人の国際大会の出場を制限することの方が、よっぽどまずい。すると、相対的にスキルの劣る者の出場を許し、実力主義ではなくなる。これは、長い目でみて、国際大会の人気が落ちるよりもまずい。
 少し意味は違うが、韓国の囲碁の例をみる。韓国の囲碁界は、20年前は、日本にほとんど勝てなかった。ところが、日本で修行した曺薫鉉が、韓国に帰国してから、状況は一変した。曺薫鉉は、精力的に弟子を育成し、そのうちの一人、イ・チャンホは、世界最強を喧伝された(今は、イ・セドルなのかもしれない)。私が言いたいのは、このように、たった一人の指導者がいるだけで、ある程度の素地があれば、一大勢力圏を築くことが可能なのである。だから、卓越した帰化人よ、歓迎、である。たった一人のスーパー帰化人が、日本を一大帝国に豹変させることができる。それがスキルのバイラル・エフェクト(伝染効果)である。もともと、古来の日本人が、帰化人や留学生の影響で、今に至る偉大な文化を構築したのであった。
 それでも、帰化人が日本の卓球代表権を独占するなら仕方がないではないか。しかし、水谷や石川をはじめ、多くの若い有力選手を見ていると、そんなことはならないと思う。かつての卓球王国日本を甘くみないでほしい。

2008年3月 8日

囲碁のプロ登用システム

 よく、囲碁と将棋では、将棋の方がプロになるのが難しい、と言われる。実際どうなんだろう、と思っていたら、今日の新聞に、囲碁のプロ登用システムの記事があったので、紹介してコメントする。
 囲碁でプロになるためには、典型的には、日本棋院の院生になる。院生の募集は、年4回あり、それは、本人の実戦譜の書類審査で行う。この点で、対局と筆記試験と面接がある、将棋の奨励会の入会試験よりは楽である。
 とはいえ、実戦譜の審査により、少なくともアマ六段程度の棋力があると認定されなくてはならない。しかも、年齢は14歳未満でなくてはならない。こういう年齢制限は、将棋より厳しい。ただ、将棋の方は目安として、アマ四段程度と言われるが、囲碁と将棋の段位の違いからいくと、囲碁のアマ六段は、将棋のアマ四段は同等であろう。要するに、子供のときから、アマチュアでは、トップとはいわないが、上位クラスになくてはならない、ということである。
 そうして院生に入会できると、リーグ戦を戦う。リーグ戦は、EクラスからAクラスまであり、その結果の順位で、昇降級する。Aクラスに昇級し、その4月~6月の総合成績トップの人が初段と認定されて、晴れてプロを名乗れる。現在、日本棋院の院生は81人おり、そのうちの年間一人しかプロになれないとすると、相当狭き門である。しかも、院生には年齢制限があって、18歳までに初段になれなければ、退会である。それで、去年一年で、なんと47人が、日本棋院の院生を去ったそうである。こういう去り方や年齢制限をみると、必ずしも将棋の方が厳しいとはいえないと思われる。ただ、見方によっては、囲碁の方が、easy-come-easy-goのような気もするが。
 ただ、囲碁のプロになるには、病院ではないが、外来という途もある。それは、棋士採用試験と言われる。それは、23歳未満の人が、棋士採用試験に応募すると、先ず、院生序列11~20位と予選対局する。そこで、全体で6位までに入れば、予選通過。その後、院生序列1~10位と本戦対局を打つ。そこで、全体で二位までに入れば、棋士として採用される。これは、あきらかに相当な棋力を要するが、若くてアマチュアで本当に力があれば、突破できるであろう。例えば、学生本因坊クラスである。
 そこで疑問。NHK杯の囲碁トーナメントを見ていると、どうしても女流は、男性棋士に及ばないようである。女流も、同じ基準でプロに登用されるのであろうか。それに関しては、女流特別採用棋士という枠があるようである。これで年間一名がプロになれる。それで納得がいった。というのは、NHK杯の囲碁トーナメントで聞き手をしている、中島美絵子さんは、プロ初段であって、少し地味だが、実は相当な美人である。で、聞いていると、どうもあまり強そうではない。少なくとも、梅沢由香里さんには、及ばないようである。でも、中島美絵子さんの広告塔の効果は、絶大である。
 別の疑問は、坂井秀至七段が登用されたシステムが、ここには述べられていない。坂井秀至七段がプロになろうと思ったとき、既に28歳であったから、上記どのシステムも使えない。すると、理事会の承認により、特別なシステムが使えるが、それは、坂井秀至のような超ド級アマチュアにだけ適用されるのだろう。将棋の花村元司か。

2008年3月 9日

非属の才能

 山田玲司「非属の才能」光文社新書は、なかなか面白い。私は、よく知らなかったが、ユニークな漫画家なのだという。
 彼が言いたいことは、「内なる違和感を大事にしなさい。」ということである。これは、昔から、渡部昇一氏あたりも「生きがいの構造」で、書いていることである。ある集団にいて、どうも違和感があって仕方がない、という経験をしたことがない人はいないだろう。典型的には、今風に言うと、「空気読めない奴」である。
 「非属の才能」を説明するのに、有名人を引き合いに出すのは、ある意味、自己矛盾であるが、そういうユニークな人物の典型として、山田氏が知っている近所の変態おじさん、というのでは、ちょっと共感に欠ける。
 そこで、山田玲司は、次のような人物を引き合いに出す。
 15歳にして、女性と付き合う可能性を100%諦め、徹底的に自分の興味がある研究に没頭することを決めた、荒俣宏(私も、彼のような生き方をもっと、模索さればよかった)。
 高校時代に一人も友人がいなかった、という爆笑問題の太田光。
 大学を、無意味だと半年で中退し、ガレージでパソコンを開発した、スティーブ・ジョブズ(ああ、彼は、私も注目している。我の強さが、成功の秘訣かと)。
 まあ、挙げると際限ないので、これくらいにしておくが、私自身、ずっと、「才能」は、ともかく、「非属」を感じてきた。先ず、家庭にあって、両親も弟も、ほとんど本を読まない。凡そ、教養ということが、厭らしき衒いの風情としてしか意味をもたない。だから、少しでも筋道を立てて反論しようものなら、「理屈を言う」と嫌われる。
 また、結核のせいで小学校に上がるまで施設に隔離されていた私は、小学校では、異邦人であった。体育がとても苦手だったので、仲間に入れるきっかけも掴めない。それで、当然のごとく虐められた。
 高校では、離島出身であることから、自分を外国人のように感じた。なにしろ、人間関係の濃度が違うのである。譬えていうと、ロックでウィスキーを飲んでいたのに、突然、香りが分からないくらい薄めた水割りを飲まされるようなものである。
 それで、自分の「非属」意識が一番薄らいだのは、大学で将棋部に入ったときである。それでは確かに、自分の仲間がいる、と生まれて初めて感じることができた。ただ、それでも、将棋部の仲間の中で、深い孤独を感じることがあった。それは、仲間と違って、私はどうも、勝負師のメンタリティではない、と感じるときであった。それでも、耐え難いほどの孤独ではなかった。
 会社に入って、なにかの縁で、特許関係の仕事に従事するようになると、私の「非属」は、ほとんど耐え難いレベルに達した。それは、特許関係の仕事というのが、技術の知識は使うものの、本質的に、事務的・法律的な仕事である、ということである。そこで普通なら、技術系出身でも、馴化して、法律の勉強を始めるものだが、どうも私は、そういう妥協ができず、逆に、今更意味もなく一般相対性理論を勉強したりした。
 特に、今の外資系の会社に入ってからは、弁理士の資格をとるように勧められた。そういう資格があることの客観的な有利さは疑いえない。しかし、これも今更であるが、私は試験勉強が極端に苦手あることが分かった。所与の知識をきちんと整理するのが本能的に嫌で、無関係の知識を自分が好きなやり方で組み合わせて、レゴブロックのように遊びたいと思っているので、所与に組み立てなさい、という指示を、とても「うざく」感じるのである。このブログのテーマの無規律さは、その1つの例証であると思う。
 そんなこんなで、強烈な「非属意識」をもて余してここまで来たが、それでも、大過なく過ごせたのは、「非属意識」の一方で、保守的というか、極端なまでに他人の顔色を窺う慎重さによる。例えば、私が通った中学は、結構荒れていて、番長やそのとりまきが跋扈していた。因縁をつけられて、呼び出されて殴られる者もいたが、私は、番長にうまく気に入られ、肩を揉むなどのサービスを言いつけられ、しぶしぶ従いつつも、それによって保証される安心を享受していた。
 そういう後者の太鼓持ち的才能が、私の人生を安全にし、且つ詰まらないものにしたか、と思う。
 「非属の才能」で他に強調されているのは、失敗から学ぶことである。何を今更、と思うのだが、どうも私は、失敗を恐れすぎて、無限小変換みたいな漸近的な方法を適用することにより、うまく変革をなしえないでいる。
 それでも、この本は、自分の非属意識を、ある程度是認する点で、救いであった。

ディオファントス

 ギリシャ時代の有名な数学者といえば、先ず、ユークリッドである。彼の幾何学に関する書物は、その公理的扱いとともに、不滅であろう。あとは、求積法その他を考案したアルキメデス、三平方の定理で有名なピタゴラスなどである。それ以外にも、ユーフラテスなど相当練達の数学者だったらしい。プラトン自身も、そのアカデメイアで数学を重んじたが、数学関係の著書は伝えられていない。
 しかし、それらの有名な数学者も、現在の数学研究の現場で、ライブな名前としてあらわれることはない。せいぜいが、幾何学の距離空間で、ユークリッド距離という定義が出てくるくらいである。
 ところが唯一の例外があって、それが、ディオファントスである。彼の生没年は不詳で、推定生年 200年 - 214年、推定没年 284年 - 298年と言われる。
 ディオファントスが特に研究したのは、代数方程式の有理数解である。例えば、変数が複数ある単一の代数方程式は、実数または複素数の範囲で、一般的に無数の解をもつ。ところが、その解の範囲を有理数に限ると、忽然として、解の数が有限になったりする。
 でも、有理数解がどうした、と普通は思うだろう。
 最初、という訳ではないが、ディオファントスの重要性を理解したのは、17世紀の数学者、フェルマーであった。フェルマーは、ディオファントスの算術を読みながら、その余白に、
XN+YN=ZNが、N>=3の整数に対して、整数解をもたないという、後世、フェルマーの定理、と呼ばれるようになった命題に関して、驚くべき証明をみつけたが、この余白は狭すぎて、ここには書けない、と書き込んだ。それをみて、後世の数学者は、比較的簡単に証明がフォローできると楽観していたが、次第にその難しさが分かってきた。その完全な解決は、なんと、フェルマーの没の約300年後の、ワイルスによる解決を待つ必要があった。
 ディオファントス方程式の重要性は、ヒルベルトにも認識され、彼はその有名な23の問題の第10問題で、「ディオファントス方程式の可解性の決定問題」を提案した。要するに、任意の整係数の多項式が、整数解をもつかどうかを、有限的に決定する方法が存在するか、という問いかけである。その問題は、1970年になって否定的に解決された。
 そのような総論的な命題はもちろん難しいが、ディオファントス方程式となる方程式には、様々なバリエーションがあり、ある具体的な数式から、とても深い定理が出てくることがある。その典型は、楕円曲線に関するモーデルの定理であろう。
 楕円曲線とは、y2 = x3+ax2+bx
 のような形である。ここで、a,bを整数とし、これが非特異3次曲線とする。
 すると、モーデルの定理によれば、この曲線の解となる有理点のなす群は、有限生成アーベル群である、というもので、それはある意味、信じられないくらい非自明な定理である。
 その他、ある無理数を含む不等式をみたす有理数の個数の無限性に関するディリクレの定理、代数的無理数を含む不等式をみたす有理数の個数に有限性に関するロスの定理、有理点の個数に関するボイタの予想とネヴァリンナ理論、abc予想など、ディオファントス方程式から出てくるさまざまは問題は、現代数学の華をなす。ディオファントス自身、自身の興味が、ここまで豊富な数学的実体を提供するなど、想像だにしなかったであろう。
 このように、数学のどこに深淵が潜んでいるかは、超一流の数学者にも予想がつかない。例えば、かのヒルベルトは、その23の問題の第8問題で、リーマン予想を取り上げた。そして、1919年に、「リーマン予想に対して最近、顕著な貢献がなされている。おそらく、私が生きている間に、その証明は解決をみるであろう。」とヒルベルトは述べた。ヒルベルトは、1943年まで生きながらえたが、2008年の今に至るまで、リーマン予想には、解決の糸口が見出されていない。ある著名な数学者などは、リーマン予想は数学を超えている、とまで弱音を吐く。という訳で、例えば、1000年後の数学がどういう方向に発展しているのか、そもそも停滞してしまうか、それはカオスであり、誰にも分からないだろう。

2008年3月10日

新装開店

 前にも書いたが、私には8歳年下の弟がいる。兄弟なのに全然性格が違い、私が本が好きで、いつも静かに本を読んでいるタイプなのに対して、弟は基本的に勉強が嫌いで、ほとんど教科書を開くこともなく、遊びまわっていた。それで、地元の県立高校の園芸科を卒業するとき、うちの親に、勉強が嫌いでも、大学くらい出とくか、と聞かれた。一応、推薦で入れる大学はあったのである。
 そこで、4年間遊ぶために大学に行くというオプションはあったと思うが、弟は、0.1秒も迷うことなく、大阪にある辻調理師学校に行く、と答えた。誰の影響を受けた訳ではなく、小さい頃から、弟は、将来は板前になる、と決めていたようだ。
 辻調理師学校の1年のコースを修了すると、奈良にある菊水楼という日本料理の料亭に就職した。なんでも関西で指折りの名門で、兄貴の安月給でオーダーできるような料理はない、と言われた。
 弟が言うには、名門の料亭は、とてもしつけが厳しく、最初は、雑用ばかりでほとんど料理を作らせてもらえない、という。また、ヘマをすると、腹を蹴られるなどの暴力はざらである、という。それでも、弟は、立派な板前になるという夢があって、そういう辛い修行から逃げようと思ったことはない、という。
 そこで10年くらい修行して、そこそこ、料理も任されるようになったとき、そもそも、兄貴が東京にへばりついていて、地元に帰ろうとしないものだから、弟は、菊水楼を辞めて、地元の福山市に戻り、そこで地元の料亭に就職した。菊水楼で修行して、地元に戻ってみると、そのレベルの差に唖然とし、カルチャ・ショックだったようである。いろいろな理由から、福山市の料亭を転々としたが、辻調理師学校を卒業してから20年以上がたって、やっと、念願叶って、自分がオーナーの店をもつことになった。場所は、福山市東深津町1丁目、というところにあって、店の名前は、「温石」と書いて、おんじゃく、と読むそうである。18席のこじんまりした店であるが、もともと知り合いが最近までそこで料亭をやっていて、知り合いがもう引退するので、ということで、そのまま横滑りに店をひきうける。従って、うまくいけば、前の顧客をそのまま引き継げることになるが、果たして、そううまくいくか。
 兄弟なので、私は、その料理の腕前に客観的にはコメントできないが、生まれてから他の稼業は考えたこともなく一心でここまで努力してきただけあって、少なくとも、料理に迷いはない。
 会社の接待なども減っているこの不景気な時代に大成功は望めないと思うが、とりあえず、破綻しないで経営できれば、と願っている。

中国の反政府勢力

 Webニュースによると、中国新疆ウイグル自治区の王楽泉・共産党委員会書記らは9日、北京で記者団に、3月7日に自治区を離陸した国内線旅客機でテロ未遂事件が発生したと明らかにした、という。王書記らはさらに、自治区治安当局が今年1月27日、「北京五輪の破壊を図っていた」とみられるテロ組織拠点を摘発し、2人を射殺したと述べた。
 こういう記事を見ると明らかに、一連の農薬ギョーザ事件は、上記テロを計画した組織と同一、または同様の趣旨の別の反政府組織によって計画された、と推定するのが妥当である。というのは、あらゆるテロのうち食品テロがもっとも安易であり、それでいて効果は大きい。
 ギョーザに含まれる毒物が、砒素などのありたりのものではなく、メタミドホスという、中国国内でしか使用されていない農薬、というのも、中国国内での犯行を示唆する上で意味がある。
 日本に輸出されるギョーザ以外にも、米国で、中国から輸入されたペットフードを食べた犬や猫が死亡する、という事件があった。
さらに、次のような記事のアーカイブがある。
「亜硝酸塩による集団食中毒、「故意に混入」が濃厚―広東省深セン市 - 2008年2月28日(木)10時59分配信」

また、「中国衛生省が3月3日発表した統計では、2007年の同国での食中毒による死者数は258人と前年比32%増加し、同国にとって食品衛生面の課題が依然大きいことが浮き彫りになった。 食中毒の発生件数は減少したが、食中毒で体の不調を訴えた人の数は合計1万3280人、100人以上に影響が出たケースも11件あった。」という記事もある。
 他にも、即席麺毒死事件という私のブログの記事を再掲しておく。
 このような一連の記事を見て誰もが思うのが、おいおい、北京オリンピックは大丈夫かよ、であろう。
 それに関して、強烈な印象で思い出すのが、昭和62年11月29日に起きた、大韓航空、空中爆発事件である。これは、北朝鮮のエージェントである、日本名を詐称した、蜂谷真一及び真由美「親子」によって、引き起こされた。蜂谷真由美の本名は、金賢姫であった。この事件は、あからさまに、ソウルオリンピックに対して不安を煽る意図で、北朝鮮によって起こされた。
 それと似たことが、中国の反政府勢力によって、今まで計画され、また今後も企画されるものと思われる。実際、チベットのような近隣国のみならず、中国国内にも、反政府グループに事欠かないと聞く。中国の歴史を概観しても、漢民族と周辺民族の戦いの連続であった。
 私が気になっているのは、先日のテレビの報道で、中国政府の担当者が、「もうギョーザに有害農薬が混入されることはない。」と断言していた内容である。これは、そういう問題組織を一網打尽にした、という意味なのだろうか。しかし、どうして、他に類似の組織がないと断言できるのか。私の疑問は尽きない。

2008年3月11日

僕はパパを殺すことに決めた

 先週末、行き付けの古本屋を覘いたら、ふと、草薙厚子の「僕はパパを殺すことに決めた」という本が目についた。ああ、例の、奈良エリート少年自宅放火殺人事件で、精神鑑定した医師が、機密文書を漏らしたとして警察に訴えられたあの件かと思った。
 事件の概要は大体知っているつもりなので、特に強い興味をもった訳ではないが、なんとなく買って読みはじめた。犯人の高校生は、奈良の東大寺学園という、一流の進学校、父親は私立大学卒の医師、母親は継母で、奈良県立医大卒の医師、継母には、女の子と男の子がいる。異母兄弟という訳である。
 それ自身、少年に屈折した思いを抱かせるに十分だが、一番の問題は、医師である父親。新聞記事では、自分が私立大学卒であることに学歴コンプレックスをもち、子供に過大な夢を託した、とあったが、この本を読むと、単に学歴コンプレックスでは済まない。というのは、やたら暴力を振るうのである。最初に結婚した妻、すなわち、犯人の高校生の実母に対して、子供の教育が悪い、家事のやり方が悪いといちいち、暴力を振るった。それだけが原因ではないが、結局、医師は、最初の妻とは離婚する。息子はなぜか、妻についていかず、居残った。決して、実母に愛情や未練がなかった訳ではないが。なんとなく、である。
 医師は残ってくれた息子が不憫で、愛情を注いだ。ただ、その愛情表現が極端で、スパルタ式に勉強を教え込むものであった。成績に一喜一憂し、教えても理解できないと、殴る。息子は、それなりに頭がよかったので、地元の塾ではトップクラスであったが、息が詰まりそうな日々であった。ただ、後で結婚した継母し、それなりに愛情をそそいでくれた。
 そういうスパルタ式の勉強は、自我が未発達の子供時代には、一応、効果がある。ただ、人格に深い影を落とすと、私は思うが。それで、息子は晴れて、東大寺学園中学に受かる。それは、教育熱心な医師にとっては。勝利宣言であった。しかし、東大寺学園中学にうかった後分かったのは、そこは秀才の巣窟であって、なまはんかな勉強では上位にいけない。父親は、監視と暴力で脅して勉強させる以外の方法論をもちあわせなかった。それが精一杯の愛情であった。
 ただ、少年は、数学が子供の頃から比較的得意であったが、英語に難があった。そのことが事件の引き金になる。すなわち、2006年の6月20日に、三者面談があるのだが、英語が平均点よりも20点も低い。それは、少年にとって、父親から激怒されることであった。なんとしても三者面談を避けなくては、そこで、思いつめた子供は、家出か自殺を考えるであろう。ところが、少年は、父親殺害を考えた。包丁で刺す、バットで殴る、竹刀で叩くなど。でも、タイミングが三者面談の当日までつかめず、ついにその日が来てしまう。その日は、父親が当直で、家には帰ってこないと分かっている。だから、父親を殺すという意味では、どうしようもない。それが分かっているのに、早朝、自宅に火をつけてしまう。もう父親を殺すという目的はどうでもよくなって、ともかくも、嫌な思いが詰まったこの家を燃やしてしまおう、という発想である。少年は、継母にも、異母兄弟ちにも何にも恨みはなかった。しかし、すべてがどうでもよくなった。そして、放火を実行してしまう。
 事件の根幹に、まず、父親の異常な性格がある。それは、学歴コンプレックスではない。人格障害といってよいと思う。暴力で勉強に追い立てる、ということ自体、異常だし、二人の妻にも、それぞれ、気に入らないと暴力を振るっている。物理的に弱い者に暴力は振るわないというのは、男の品格の基本ではあるまいか。また、スポーツならある程度有効かもしれないが、勉強に暴力は、いかなる意味でも相応しくない。勉強は沈思黙考の産物である。また、努力にも限界がある。東大寺学園中学で、少年よりも上位にある生徒は、決して、少年よりも一層追い立てられて勉強した成果ではあるまい。才能と、生きがいをもって勉強ができる環境にあっただけである。
 少年は、とても不幸である。というのは、かなり勉強ができるので、医学部というのでなければ、そこそこの国立大学にも受かれたであろう。数学が好きだったようだから、理学部か工学部にいけば、社会に適応できたかもしれない。しかし、医師である父親の強制で、そういう自由は享受できなかった。
 精神科医の鑑定では、少年は、広汎性発達障害である、という。確かに、父親を殺すしかないとか、家に火をつけるしかない、という発想は、異常である。しかし、少年は異常なプレッシャ下にあった。私でも、少年と似たプレッシャ下に置かれたら、類似の犯罪を犯したかもしれない。私自身、自分の異常性を認識したことは、一度ではない。特に、青年期のそれは、自分でもほとんど理解困難であった。私は将棋や読書にうまく発散することができた。いや、なによりも、親からの勉強や出世へのプレッシャが皆無であった。寧ろ、勉強しすぎるとお前はおかしくなる、やりすぎない方がいいと、ブレーキをかけられた。
 一番の問題は、残された医師と、犯罪者である少年は、今後の人生をどう生きるかである。医師は、うまく自分の性格を緩和できるのか。少年は、どう残りの人生で償うのか。それは重過ぎる。

薄利多売社会

 マツダに勤めている親戚から話を聞いたところ、例えば、200万円くらいの末端価格の車を売ったとしても、メーカーは、2~3万円くらいしか利益がないのだそうである。その後、いろいろな人に聞いても、どの自動車メーカーもそうらしい。トヨタしかり、日産しかり、ホンダしかりである。大衆車は儲からない、部品メーカにプレッシャをかけて、1円でも安くさせるという努力が山のようにある。しかし、大衆車を出さないと、庶民の要望には応えられない。自動車メーカーの本音は、シーマだの、プレジデントだの、利益率の高い高級車にフォーカスしたいのだそうである。でも、台数からいって、圧倒的に多いのは、文字通り大衆車なので、トヨタなど、薄い利益を積み上げて、あの巨大な利益を得ているとになる。ご苦労さんである。
 一方、最近、コマーシャルかなにかで見たが、牛丼一杯の利益は、30円なんだと。もしそうだとすると、自給700円のアルバイトに払う給料を稼ぐのも大変である。ときどき吉野家を覗くと、閑古鳥がないていることがある。すると、吉野家は、刻々と、どんどん損をしていることになる。
 また、100円あったらマックに行こう、というコピーがある。あれなども、100円でハンバーガーを注文したとしたら、店の利益は10円くらいではなかろうか。だからマックは、もう開いてる、まだ開いてると、朝早くから、夜遅くまで開店して、お客を呼ぶ。つい、従業員の立場に身をおいて、ため息がでそうになる。
 こうして、世は、薄利多売社会。これは、ワーキンブプアと呼ばれる人達とも密接にリンクする。すなわち、働けども働けども、生活が苦しい人達を駆使して、やっと薄利多売社会が成立する。例えば、アマゾン・コム。私は、アマゾン・コムをよく使うが、いろいろな本がリアルタイムで注文できて、重宝している。でも、アマゾンで、インターネットの注文に応じて、巨大な本の倉庫を走りながら本を探すアルバイトがあるのだそうである。決して、ロボットで突き止める訳ではない。時給はせいぜい、800円。それがまた大変に重労働であるとともに、パフォーマンスをチェックされて、だめな人はクビになるのだという。
 よく、環境問題なとで、持続可能な社会、ということが言われるが、このような薄利多売社会は、持続可能なのだろうか。他人の薄利多売にあぐらをかいて、恩恵を受ける時代は長く続かないのではないか。と、思うのだが、現実、いまの便利さに慣れきってしまっているので、急に値段があがり、サービスが低下するのも困る。勝手なもんである。

2008年3月12日

韓国の大統領

 さきほど、たまたま韓国の知り合いが仕事のことで電話があり、日本語と英語のチャンポンで話したが、ついでに、今の韓国の大統領のことを聞いてみた。すると、苦笑いしながら話すので、どうも必ずしも評判は芳しくないようである。
 友人が言うには、今まで、韓国の大統領は、軍人あがりであったり、専門の政治家であり、今の大統領のように、企業家あがり、というのがとてもユニークなのだという。そういえば、今の韓国大統領の李明博は確か、現代グループのトップであった。それで、企業家あがりだと何が国民にとって困るかというと、企業経営に通暁しているので、いろいろな会社に、大統領が口出してくるのだという。それで、各会社のトップは、戦々恐々としているそうである。
 なんとなく分かるような気がするが、よく考えてみると、企業出身者が、国家の政治家のトップになることは、とても珍しいのではないだろうか。例えば、アメリカ合衆国。ブッシュであれ、クリントンであれ、一時的に会社に勤めた経験はあるのかもしれないが、決してその経歴で、会社勤めがメインになっていない。もちろん。閣僚には、企業人はいる。例えば、ゴールドマン・サックスのCEOが財務長官になる、などである。
 日本でも、首相はすべて、プロの政治家である。今の福田首相は、どこかの会社に勤めていたことがあるらしいが、それも政治修行の一環で、ある段階から、辞めて政治家の秘書的な仕事を始めた。よって、李明博のようなケースは、例えば、トヨタの奥田会長がいきなり首相になるくらいレアということになる。そして、奥田会長が首相になると、確かに、日産やホンダは、やりにくくて仕方がないだろう。
 そう考えると、韓国国民が李明博を選んだのはどうだったか、ということになるが、今般の経済中心主義の世の中で、李明博に、韓国株式会社の舵取り期待した、と考えると納得はいく。

2種類の知性

 自分の部屋の本を整理していたら、渡部昇一氏の「クオリティライフの発想」が出てきた。かつての愛読書で、もう30年前の本である。つい読み返していたら、インテリジェントと、インテレクチュアルの2種類の知性について言及した章があった。これは、読んだとき大変感じ入ったのだが、つい忘却していた。そこで、自分の記憶を確認する意味でも、再記し、また、自分のいくつかのコメントを付すことにする。
 渡部昇一氏は、インテリジェントと、インテレクチュアルとそれぞれ、ダチョウとワシに喩える。すなわち、地面を走らせたら、ダチョウは、とても速い。人間が全力で走っても追いつかないくらいである。一方、ワシは、地上では、とぼとぼとしか歩けない。地上を歩いていたら、一遍に他の猛禽にやられてしまう。だから、日常的な実務を、地上のことと仮定すると、ダチョウの方がはるかに有利である。ワシでは役に立たない。
 しかし、ワシは空を飛べる。それも、悠然と。一方、ダチョウは、ジャンプくらいできるが、基本的には飛べない。だから、上空から俯瞰するためには、ワシの方が有利である。
 人間の能力だと、インテリジェントは、与えられたことを、きちんと、期限までにこなす実務能力である。だから、入試や資格試験に必要な能力のほとんどはインテリジェント能力である。一方、インテレクチュアル能力とは、静かに滾々と考える能力である。典型的には、カントが、純粋理性批判の構想を考えることに相当する。そこまでいかなくても、小説家が、プロットを考えるものそうである。
 ちょっと考えると分かるが、人間には、インテリジェントと、インテレクチュアルの両方が必要である。また、少なくない人で、インテレクチュアル能力は、インテリジェント能力に比例する。だから、主としてインテリジェント能力をはかるための、いまの入試制度や、資格試験制度は、ある程度是認される。
 ただ、今の問題は、あまりにも、能力の判定が、インテリジェント能力に偏っていることである。例えば、ダーウィン。彼が偉人であることを否定する人は少ないだろうが、彼は、インテリジェントな実務能力を欠いていた。だから、子供のころ、利発だった妹に比較して、母親は、この子は大丈夫だろうか、と心配した。
 また、京都大学で、中国学の大家と言われた内藤湖南は、実は、筑波大学の前身といわれる、東京師範学校を何度受験しても合格できなかった。だから、学歴だけみると、内藤湖南は、旧制中学卒ということになる。
 このように、インテレクチュアル能力に比べて、インテリジェント能力が低い人は、確かにいて、こういう人は、今の時代だと、確実に偏差値が高い大学に受かることはできないので、埋もれてしまう可能性が高い。
 逆に、インテリジェント能力が高くて、インテレクチュアル能力が低い人はどうか。こういう人は、東大、京大などの難関大学にも受かれたりする。ところが、大学に入って、インテレクチュアル能力が低いと、知的目標を見失ったりすることがある。こなすべき目標を必要とするのである。そこで、うまくいくと、公務員試験、外交官試験、司法試験などの新たな目標をみつけて、インテリジェント能力を活かす。そうでないと、とりあえず、一流大学を卒業しただけ、みたいになることもある。それでも、その学歴ラベルでそこそこやっていけたりする。もともと、実務能力はあるのだから。
 ところが、インテリジェント能力は、ある意味、記憶力・計算力など、頭の筋肉的な力なので、年齢が進むと、どうしても衰える。一方、インテレクチュアルは、うまく延ばすと、寧ろ経験とともに進歩する。例えば、松本清張が小説を書き始めたのは、50歳からであった。ところが、彼は、50歳から、沢山の名作を書いていった。若いときから、インテレクチュアル能力を涵養した成果であろう。
 よって、若いときは、インテリジェント中心でもいいけど、年とともに、インテレクチュアルにシフトするのが、賢い生き方である。また、若いとき、インテリジェント能力が低いからといって、卑屈になる必要はない。今の少子化の時代、あまり有名でないが、しっかりした教育体制をもち、しかも楽に入れる大学は結構ある。インテレクチュアル能力があって、知的好奇心があれば、そういう、あまり有名でないところで、きちんと勉強すればいい。今の時代、きちんと力をつければ、偏差値が高いと言われる大学を出ていなくても、次第に頭角をあらわすことができるし、そうでなくても、培った知的能力で、有意義に生きていけよう。
 ただ、私の経験上、次の注意がある。それは、私が専攻した物理学、あるいは数学の分野である。この分野では、インテリジェント能力が低くて、相対的にインテレクチュアルに偏った人は非常に辛い(自分は、そういうタイプだと思っている)。では、インテリジェント能力がとても高ければ、インテレクチュアル能力は低くていいかというと、それも違う。単に従来の公式ややり方をマスターするのに巧みであるだけでは、例えば、物理学で、新しい概念をうちたてることができない。新しい概念とは、物理学でいえば、ファインマン図とか、自発的対称性の破れとか、量子色力学とかである。すると、インテリジェント能力が高いだけだと、大学教養で教える程度が関の山である。大成は無理である。
 かくして、数物系で大成するのはとてもつなく大変である。インテリジェントと、インテレクチュアルの両方に高い能力が必要なのだから。例えば、私の大学の物理学科の同級生は60人いたが、本当に物理の第一線で研究している人は、いま何人いるか。調べたことはないが、3人以下であろう。これが、工学部建築学科だったとする。すると、もし同級生が60人いたとして、少なくとも10人は、ばりばりで建築設計で活躍しているのではないだろうか。
 だから、ちょっと言いにくいけど、数物系の第一線の研究者は、ほとんどが、東大、京大、東工大、東北大、早稲田、慶応など、日本で一流大学と言われるところの出身である。例外は、残念ながら少ない。これは、必ずしも学閥という訳ではない。インテリジェントと、インテレクチュアルの両方に高い能力が必要という事情による。
 ところが、建築の分野だと、一流大学即一流建築家とは限らない。あまり知られていない美大出身の建築家が、斬新な建築デザインを作ったりする。それは、建築デザインが、かなりインテレクチュアルの勝った分野であるからである。
 このようなことから分かることは、人は例えば高校レベルくらいのうちに、インテリジェントと、インテレクチュアルのどちらに重きがあるかを考えてみるべきである。そして、もしインテリジェントがあまり強くないとしたら、無理して難関大学を目指さないことである。ドラゴン桜という漫画があって、誰でもある方法論で勉強すれば、東大に入れるなんて書かれているが、話半分に読むべきである。もしそうなら、誰でも将棋四段になる方法、誰でも司法試験に受かれる方法などあることになるが、それは非現実である。インテリジェントがあまり強くない人が、無理して難関大学を目指すと、精神がおかしくなることがある。インテレクチュアルを毀損してしまう。例の奈良の放火殺人の高校生もそうではなかったか。
 だから、くれぐれも、無理すべぎてはない。得るものに比べて失うものはあまりに大きい。また、インテレクチュアル能力さえキープしておけば、知的能力は一生を通じて、進歩し続ける。分野が、上記した数物系でなければ、焦らなくても、なんとかなるのである。

2008年3月13日

痴漢の冤罪

 Webのニュースによると、大阪市営地下鉄の車内でうその痴漢被害を申告したとして、阿倍野署は11日、甲南大法学部4年、蒔田文幸容疑者(24)(京都市山科区)を虚偽告訴の疑いで逮捕した。男性会社員(58)が痴漢とされて警察に引き渡されたが、その後、被害者を装った無職女(31)が「男性から示談金をもらうために2人で被害をでっち上げた」と自首した。同署は女を同容疑で書類送検する方針、という。
 痴漢の疑いをかけられたのは、堺市の会社員国分和生さん(58)。「警察官は最初、言い分を聞いてくれず、人生が台無しになるかもしれないという恐怖と大きな屈辱を覚えた」と語った。さもありなん、である。
 それで、興味があるのは、国分さんの無実がどうやって晴らされたかである。というのは、先日言及した、「それでもボクはやってない。」の映画のように、下手をしたら、蟻地獄になってしまうからである。
 それで、ニュースによると、阿倍野署は、3人の供述や証言が食い違うなどしたため、約22時間後、男性を釈放した、という。三人とは、疑いをかけられた国分さんと、蒔田容疑者と、被害者を装った無職女(31)。3人の供述や証言が食い違うといっても、普通警察は、被疑者の証言はきちんと聞かないので、結局、蒔田容疑者と、被害者を装った無職女の間の証言の食い違いであろとと推定される。すると、蒔田容疑者と、被害者を装った無職女の事前の打ち合わせが不十分であった、ということになる。逆に言うと、蒔田容疑者と無職女がもう少し狡猾で、緻密に計画を立てていたら、警察は国分さんを開放せず、また新たな悲劇が生じた、という可能性もある。あなおそろしや。
 救いなのは、女性が、同署に「金に困っていた蒔田容疑者から持ちかけられた。自分の方から男性に体を近付けていった」などと自首してきたことである。すると、女性には一片の良心が残っていたのである。そして、女性が自首するまでは、国分さんは、もしかしたらやったかもしれないが、証拠が不十分なので拘留できない、というやや灰色の状態であったが、自首によって、完全に疑いが晴らされた。なんと、天晴れ。
 そもそも、蒔田容疑者の、「男性から示談金をもらうために2人で被害をでっち上げた」という方針が理解できない。というのは、誰かを痴漢の無実の罪に嵌めたとしても、その誰かがせいぜい警察に保釈金を払うだけで、示談金を払う、というストーリーにはなかなかならない。
 また、蒔田容疑者は、「当番弁護士を呼んでほしい」と話しているというが、ここに及んで、何を弁護士に相談しようというのか。このように罪を犯した人間でも、きちんと人権が保障されることを確認しようとしているのか。そもそも、法学部の学生らしいが、一体何を勉強しているのか、また、お金に困っているというが、真面目にバイトでもすればいいではないか、本当に困った輩である。
 何度も繰り返すが、この事件から分かるように、とても杜撰に組み立てられた虚偽痴漢計画でも、無実の人を22時間も拘留させ、且つ絶大なる精神的苦痛を味あわせることができる。すると、緻密に組み立てられた計画は、確実に無実の人を陥れることが可能である。より緻密に組み立てられた計画は、電車の中の痴漢ではなくて、行きずりの恋みたいなストーリーで仕組まれるかもしれない。女性を使ってホテルに誘い、関係をもって、深みに陥れていく。男は本質的に、そういうことに無防備である。そういう異性誘惑的なアプローチ、または、あなたの能力にはずっと注目していました、みたいなヘッドハンティング的アプローチ、その一方または両方を駆使した手法をソフィスティケートに使われると、防備するのはとても大変である。いままで、そういう目に遭っていないことを幸いと思う。

日本人のノーベル賞候補

 最近調べたところ、日本人でのノーベル賞候補は、下記のとおりである。山中伸弥以外は、あまり一般に知られていないのではないだろうか。ノーベル候補かどうかの判定は、他の学者からの論文の被引用度、学会での注目度などによる。もしかして、一番早いというか、可能性が高いのは、やはり、山中伸弥かもしれない。

新海征治(九大教授、化学)
分子認識メカニズムの解明と、それらの知見を応用した分子機械システムの研究

十倉好紀 (東大教授、物理)
光物性研究で、1次元励起子構造の解明、光誘起相転移現象の発見、有機リラクサー強誘電体の合成。強相関電子系関連では、電子型高温超伝導体の発見、高温超伝導物質の一般則の発見とその応用など

審良静男 (阪大教授、医学・生理学)
感染防御における自然免疫の役割の研究など

中沢正隆 (東北大教授、物理)
光ソリトン通信など、超高速光通信の研究

飯島澄男 (名城大教授、物理)
カーボンナノチューブの発見

山中伸弥 (京大教授、医学・生理学)
iPS細胞の作製・研究

 あと、ちょっと番外かもしれないが:

西澤潤一 (東北大名誉教授、物理)
PINダイオード、静電誘導型トランジスタ、静電誘導サイリスタ、イオン注入法、 アバランシェフォトダイオード、半導体レーザーなどの発明

南部陽一郎 (シカゴ大名誉教授、物理)
量子色力学とヒッグス粒子の研究、あと自発的対称性の破れなど

2008年3月15日

カルチャーセンター

 以前、宮部みゆきの小説を読んで、ストーリーの面白さに、これは、松本清張の女性バージョンだ、と思ったことがある。そんな宮部みゆきに関して、高校を出て速記の勉強をしながら、カルチャーセンターに通って小説の書き方を習った、と知って、とても驚いた。というのは、カルチャーセンターのというのは、主婦や定年退職者が、暇つぶしに通う程度のものとずっと思っていたからである。それは、決して私の偏見ではないと思う。というのは、デパートやイトーヨーカトーなどの上層階に、カルチャーセンターがあって、その内容は、短歌、俳句、川柳、彫金、日本画などだけれども、垣間見るに、真剣な雰囲気は伝わってこないからである。だから、宮部みゆきは別格だ、と思っていた。よほど、生まれつきの小説の才能があるのだ、と。
 ところで、先日、篠田節子の「ゴサインタン - 神の座」を読んで、いたく感心した旨書いたが、なんとまあ、篠田節子の経歴をみると、「朝日カルチャースクールの小説執筆講座で直木賞作家の多岐川恭などから文学の手ほどきを受ける。同じ講座の受講生に、宮部みゆきがいる。」と、Wikipediaにあった。このように、宮部みゆきと、篠田節子という、当代一流の女流作家がカルチャーセンターの出身というのは、カルチャーセンター侮り難し、と改めて感じ始めた。
 そういえば、もう10年近く前に亡くなった、クラシック・ギターの神様と言われた、アンドレス・セゴビアは、最初にギターを、めくらのフラメンコ・ギター奏者に習った。決して卓越したテクニックの持ち主ではなく、ストリート奏者の類ではなかったかと思われる。しかし、セゴビアのギターに対する目を開かせるには十分であり、そのあとセゴビアは、誰にも師事することなく、当時決して社会的に認知されていたとは言い難いクラシック・ギターのテクニックを完成させ、且つ、自らの演奏を通じて、世間に認めさせた。それでも、終始、最初にギターを習ったフラメンコ・ギタリストに対する尊敬を失わなかったそうである。
 こういう例をみると、ポテンシャルの才能があれば、きっかけは些細なことでよいようである。例えば、今をときめく17世将棋名人の谷川浩司は、子供時代、家族で誰も将棋をさせる人がいなかった。ただ、兄がいて、あまりに兄弟げんかするので、お父さんがみかねて、将棋でも指させようと、百科事典で将棋の項目を調べ、そこを読んで皆ではじめた、というくらいだから、決して恵まれた将棋環境とはいえない。
 だから、私は子供を習い事漬けにするのは反対だが、いろいろやってみてしっくり来るものに出会うきっかけにはなるという程度で賛成である。向かないと思ったら、早々と見切りをつける、というのが1つの条件であるが。

理論物理学の5大問題

 リー・スモリンという理論物理学者の「迷走する物理学」という本がある。最近流行の、スーパーストリング理論批判の本であるが、その最初に、理論物理学の5大問題が書かれているので、列挙してみる。既知のものもあるが、えっそうなのか、というものもあり、それなりに有意義だと思う。

1.量子論と一般相対性理論を、自然の完成した理論と言える一個の理論にまとめること。
 これは、量子重力の問題、とも呼ばれるそうである。一般相対性理論は、ブラックホールの内部で無限大の問題を抱える。一方、量子論は、電磁場を記述したときに、やはり無限大の問題に逢着する。ともかく、原子核内と、宇宙空間で別の物理法則が成り立っている訳ではないので、統一した、しかも無限大を回避する一個の理論が切望されている。

2.量子力学の基礎にある問題を、この理論をそのまま解釈するか、あるいは意味をなす新しい理論を考えるかして、解決すること
 要するに、量子力学の観測問題と確率論解釈を、不十分なものとみなして、新しい枠組みをつくることである。この分野は、非常に根源的に重要であるにも拘わらず、多くの人が取り組んでいない。それは、いろいろなアプローチがありえるスーパーストリング理論とは異なって、なかなか、とりつく島がないからであろう。

3.いろいろある粒子と力を、根本的な1つだけの存在の表れとして説明する理論で統一できるか、はっきりさせること。
 今まで素粒子に関して分かっていることは、あらゆる素粒子は、ハドロンとレプトンのどちらかである、ということである。ハドロンは、見かけ上種類は多いけれども、実際は6種類のクォークからなる。レプトンも6種類ある。それらの間の力は、重力、電磁力、強い力、弱い力、の4種類で、これが標準理論が記述するところである。これはこれで、一応自己充足しており、問題がないようであるが、果たして、6種類のクォークと、6種類のレプトンが、本当に基本粒子か、という問いかけは常にある。言い換えると、これらに内部構造はないのか、ということである。それで、サブクォークなども提唱されたことがあったが、主流にならなかった。エレガントな説明を与えなかったからであろう。スーパーストリング理論は、微細なひも状の存在を、基本粒子とみなそうとする。

4.素粒子物理学の標準モデルの自由に決められる定数の値が、自然界でどう選ばれるのか説明すること。
 素粒子物理学の標準モデルでは、どのような値しようと理論的に矛盾しない20の定数がある、という。しかし、プランク定数が任意の値でいい訳ないように、それらは任意の値でいいはずはない。しかし、実験的に決定することが、いまのところできない。ある大統一理論が、この答えを出してくれることが期待されている。しかし、いつになるのだろう。

5.ダークマターとダークエネルギーを説明すること。あるいは、それが存在しないなら、重力が大きな規模でどう修正されるか、なぜそうなのか説明すること。さらに一般的には、ダークエネルギーを含む宇宙論の標準モデルの定数が、しかじかの値になっている理由を説明すること。
 宇宙全体の観測から、その主要な質量をもつものは、全く観測にかからないものであることが分かっている。それを、ダークマターと呼ぶ。また、同様に観測にかからないダークエネルギーと呼ばれるエネルギーもある。このようなダークマターとダークエネルギーの存在を仮定するのは、宇宙全体で、一般相対性理論が成り立つ、ようにするためである。しかし、宇宙全体には最早、一般相対性理論は成立しない、と想定すると、必ずしもダークマターやダークエネルギーは考えなくてもよくなるのかもしれないが、すると、物理法則に、恐るべきアナーキーが生じる。物理学者は、寧ろ専制君主であって、アナーキーをとても怖れる。そこで、大急ぎで一般相対性理論の代案を考えようとするが、それはとてつもなく難しい。そこで、とりあえずダークマターとダークエネルギーを想定して、時間をかせぐ。
 以上、壮大なオープン・クエスチョンである。

2008年3月16日

犬の十戒

 豊川悦司と田中麗奈が主演の、「犬と私の10の約束」という映画が封切られた。
 そこで、犬の十戒というものが紹介されているので、引用するとともに、私が、人間用に書き換えたものを併記する。

1.私の一生は10~15年くらいしかありません。ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。
<<私の一生は、70年くらいあります。だから、距離をおいて付き合いましょう。>>
2. 私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。
<<私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになることは、ほとんど不可能です。>>
3.私を信頼して下さい......それだけで私は幸せです。
<<私を信頼して下さい、とりあえず。>>
4.私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。でも……私にはあなただけしかいないのです。
<<私を長時間叱ったり、邪険に扱わないで下さい。あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。私にも、仕事や楽しみがありますし、友達もいます。>>
5.時には私に話しかけて下さい。たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、私に話しかけているあなたの声で理解しています。
<<ときには、一献傾けましょう。あなたの言葉は、ときどき意味不明です。でも、わかったふりして、頷きます。>>
6.あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。私はそのことを決して忘れません。
<<(これは、このまま・・)>>
7.私を叩く前に思い出して下さい。私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、私はあなたを噛まないようにしているということを。
<<私を叩く前に思い出して下さい。私は実は、空手初段で、あなたを簡単にやっつけることができることを。>>
8.私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。適切な食餌をあげなかったのでは?日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?などと
<<私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。(のところだけで、十分)>>
9.私が年をとってもどうか世話をして下さい。あなたも同じように年をとるのです。
<<(ここは、このまま)>>
10.最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言わないでほしいのです。
あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして・・・どうか忘れないで下さい。私があなたを愛していることを。
<<(ここは、対応が難しい)>>

因みに、モーセの十戒は、次のとおり:
1.あなたはわたしのほかに、何ものも神としてはならない。
2.あなたは自分のために刻んだ像を造ってはならない。
3.あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。
4.安息日を覚えて、これを聖とせよ。主は六日のうちに天と地と海とその中のすべてのものを造って七日目に休まれたからである。
5.あなたの父と母を敬え。
6.あなたは殺してはならない。
7.あなたは姦淫してはならない。
8.あなたは盗んではならない。
9.あなたは隣人について、偽証してはならない。
10.あなたは隣人の家をむさぼってはならない。

ところがさらに、猫の十戒、というのもあるらしい。十戒といいつつ、十八戒になっている。
1.汝、人間がモデムを使っているときは、キーボードに飛び乗ることなかれ。
2.汝、モデムの後にある電話線を抜くことなかれ。
3.汝、トイレットペーパーをロールから全部引っ張り出すことなかれ。
4.汝、透明ではないのでテレビやモニターの前に座ることなかれ。
5.汝、冷蔵庫の上から勢いよく吐き戻すことなかれ。
6.汝、ディナーパーティーのときにやってきて、尻を舐め始めることなかれ。
7.汝、人間の顔の上に尻を向けて横たわることなかれ。
8.汝、高いところから人間の股間に飛びかかることなかれ。
9.汝、どんなに速く走ろうとも、閉まったドアを通り抜けることはできない。
10.汝、目覚まし時計の上を歩いてタイマーをリセットすることなかれ。
11.汝、蝶番付きのフタが開くごみ箱に乗って、落っこちる罠にはまることなかれ。
12.汝、人間が腰掛ようとした瞬間にトイレの便座に飛び乗ることなかれ。
13.汝、午前4時に眠っている人間の膀胱の上にジャンプすることなかれ。
14.汝、家とは機会があれば逃げ出せる刑務所ではないことを悟るべし。
15.汝、人間の歩みがいかに遅くとも、つまずかせることなかれ。
16.汝、家にゲストがいるときはトイレのドアを押し開ける事なかれ。
17.汝、汝は肉食動物であり、観葉植物は肉でないことを思い出すべし。
18.汝、叱られたときには後悔してみせるべし。

 これって、あまりに猫にとって不利ではないろうか。猫好きとしては、愛嬌程度に目を通しておく。

なんでも一番

 新聞を見ていたら、相談コーナーで、4歳の息子をもつお母さんが、こう相談していた。「息子が、何でも一番になりたがる。これでは、友達とうまくやっていけないのではないかと心配。」と。
 それに対して、保育士の回答者は、自分が面倒をみる子供に、そういう子がいると、「一番を威張るなんて恥ずかしいのよ。」と諭すそうである。
 そして、それは、4~5歳児の通過儀礼のようなもので、だんだん、一番になれない悔しさや悲しさを体験したり、友達とうまくやっていけないことを通して、一番へのこだわりが恥ずかしくなるので、問題はありません、と回答する。
 それを読んで、つい苦笑いしてしまった。というのは、一番へのこだわりは、多くの場合、大人になっても封印されることなく、単に陰に隠されているだけであるからである。
 例えば、文部科学省は、「世界トップレベル研究拠点プログラム」を打ち上げる。すなわち、東大、阪大、東北大などに、世界の第一線の研究者が集まってくるような研究環境と研究水準を目指す、とある。こういう意図が、何でも一番になりたがる4歳児よりも、どれほど高邁なのだろうか。
 また、世間をみていると、トップを目指す意図が、傍でみていて、ちょっと子供じみているのではないかと思われる企業もある。すると、組織体の一人一人は、成熟した大人であっても、組織を形成すると、その構成員の精神の積集合になって、子供的な我侭な精神が組織の意志になってしまうのではないか、と、つい群衆心理の基本定理のようなことを考えてしまう。
 すると、経営学には、児童心理学を研究するのが有意義、ということにならないだろうか。

医学博士

 先日、新聞を見ていたら、横浜市大の嶋田医学部長が、医学博士の学位を取得した大学院生から、10万円から30万円の謝礼を受け取っていたとして、同大のコンプライアンス委員会が調査を始めた、という。
 それに対する嶋田医学部長のコメントが、語るに落ちたというか、面白い。すなわち、「審査自体は甘く、よほどのことがない限り、審査は受理する。便宜をはかることはない。」と。これでは、医学博士の取得がいかに楽であるかを、公言しているようなものである。また、10万円から30万円の謝礼というのは、一種の慣例であるようで、特に問題視もされていなかったようである。ちょっと例は違うが、進学校である私立高校で、父兄が、子供の担任の先生に、盆暮れの付け届けとして、数千円から1万円相当の贈り物をすることもよくあると聞く。それで、大抵は、先生は、受け取るようだ。医学博士は、ラベルとして価値があるので、純粋な感謝のしるしと、それが慣例、みたいなことのミックスであろう。
 ところで、「審査自体は甘く、よほどのことがない限り、審査は受理する。」というコメントが示唆するように、世の中で一番取りやすいのは、医学博士かもしれない。歯学も同様である。すると、独断と偏見で、とりやすい博士を列挙してみると、医学>歯学>薬学>農学>工学>理学>法学>経済学>文学かな、と思われる。文学が一番難しいというのは、意外であるが、その分野の人に聞くと、博士課程後期を修了していきなり文学博士が授与されることはまずなく、それから10年たって、論文を積み重ねて文学博士が取れれば、いいほうである、という。
 だから、博士号の取りやすさは、学問の分野の性質もあるかもしれないが、ほとんどは、その分野の慣習であろう。
 ただ、取りやすいと言っても、博士号はどうしても、取得に時間とお金がかかる。例えば、私は30歳過ぎても運転免許をもっていなかったので、土日だけに教習所に通ったが、生来の要領の悪さもあって、数ヶ月免許取得に時間がかかった。金銭的にも精神的にも結構大変であった。どう考えても、博士号をとるということは、これよりも数十倍は大変であろう。だから、サラリーマンで博士号をとることは、研究職にあっても、二の足を踏む。
 ただ、それでも博士号を取得する、というインセンティブはあるのであって、それは、企業から大学に教員に応募するのに、博士号の学位がほとんど必須であるからである。また、特に米国において、向こうでPhDに相当する学位の有無が、決定的に効いてくることがある。青色発光ダイオードの中村氏が米国に留学して、当時学位がなかったので、研究助手程度にしか扱われなかったのは、よく知られた話である。よって、総合的にみて、アカデミーの世界で、博士号はラベルとして、かなり意味がある、ということになる。
 もちろん、博士号は、ある特定の狭い研究テーマの成果であるから、夏目漱石の指摘にもあるように、森羅万象を極めた訳ではない。むしろ、ある専門分野に特化した結果、他の分野で疎かになることもある。そこの条件を、周囲に本人も弁えておけばいいと思う。

沙弥の十戒

仏教の本を読んでいたら、特に小乗仏教に、沙弥の十戒と称して、下記のようなものがある、という。

1.離殺生
 生き物を殺さないこと
2.離偸盗
 私は盗みから離れます、という誓い
3.離非梵行
 禁欲生活から離れないこと
4.離妄語
 嘘をつかないこと
5.離飲酒
 酒を飲まないこと
6.離非時食
 正午を過ぎると、何も食べないこと
7.離観聴歌舞伎楽
 芝居や踊り、音楽などを観たり聴いたりしないこと
8.不用花環香料
 花環や香料を用いないこと
9.不用高床大床
 ベッドを使わず、土間にそのまま寝具を敷いて寝ること
10.不受金銀
 金銭を受け取らないこと

このように、小乗仏教の沙弥の十戒はとても厳しく、最澄は、これが実情にあわないとして、緩和しようとした。

 一方、モーゼの十戒は、再掲すると下記のとおりである。

1. 主が唯一の神であること
2. 偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
3. 神の名を徒らに取り上げてはならないこと
4. 安息日を守ること
5. 父母を敬うこと
6. 殺人をしてはいけないこと
7. 姦淫をしてはいけないこと
8. 盗んではいけないこと
9. 偽証してはいけないこと
10. 隣人の家をむさぼってはいけないこと

 これを見ると、沙弥の十戒とモーゼの十戒は、殺してはいけない、嘘をついてはいけない、などでは似ているものの、沙弥の十戒には、「主が唯一の神であること」に相当する、「仏のみを敬いなさい」のような戒はない。おそらく、いわなくても無条件にそうなのであろう。そういう意味では、モーゼの十戒の方が普通であり、守りやすいと思われる。
 それで結局、沙弥の十戒は厳しすぎるので、大乗仏教の教徒には最早これらは継承されていない。では、いまのユダヤ教ではどうであろうか。少なくとも、「殺人をしてはいけないこと」は、全く守られていない。「偽証してはいけないこと」もそうであろう。
 こうして、戒が守られないことがどうやって正当化されるのか、ということに興味が移るので、今後調べてみる。

2008年3月17日

レトロポゾン

 新聞によると、東工大の岡田典弘教授らのチームが、遺伝子中のレトロポゾンが、哺乳類などの脳の進化に関与していることを発見した、という。すなわち、レトロポゾンは、遺伝子のなんと40%も占めるが、その機能はほとんど解明されていない。ところが、岡田教授らの研究によると、レトロポゾンが、脳組織の視床核の位置を決めていることが分かったそうである。
 面白いのは、レトロポゾンの内容は、哺乳類と鳥類と爬虫類でほとんど同じなのだという。
 そこで、Webでさらにレトロポゾンを調べてみると、やはり岡田教授による別の説明があって、生物がゲノムサイズを大きくする方法は、DNAの重複と、レトロポゾンの2つの方法がある、という。
 すなわち、生物が新しい遺伝子を試行する場合、まずレトロポゾンのコピーをどこかに作る。そうしておいて、コピーの方に対して、遺伝子の変更をほどこす。それによって、変更をほどこした方の遺伝子の発現が失敗すると、元のオリジナルのレトロポゾンに戻ることができる。こうして、遺伝子変更によるバグを回避できる。
 このような方法は、ソフトウェア開発で使われるCVS(concurrent version system)という手法に似ている。CVSは、バージョン管理システムとも呼ばれる。
 そこで類推されるのは、遺伝子は生物にとって、プログラミングコードなのであって、自らが自らのシステムに対するSEであり、プログラマでもある、ということである。すなわち、環境に応じて、生物は、コンピュータサイエンスで教示されるような手法を使って、遺伝子コードを書き換えていく。それがうまく走れば、生き延びられるし、失敗すれば滅びる。その際、レトロポゾンのような、フェイルセーブの仕組みをいろいろと考慮している。
 このことから、木村資生が発見した、中立遺伝子の存在も納得がいく。というのは、プログラミングコードというのは、書き換えてするうちに、不要になったコードが出てくる。すると、ある部分は決して呼ばれなくなって、ただむなしくディスク上を占める。
 例えば、下記のようなコードでは、// subsequent code以下のコードは、決して呼ばれることはない。



if ( i > 10 )
DoSomething();
return;
// subsequent code
for ( i = 0; i < N; i++ )
...


 こうして、神または、神の使徒が、偉大なるプログラマであることが明らかになった。で、もう1つ明らかになったことは、OSがハードウェアの下僕であるように、遺伝子は、肉体というハードウェアの下僕であるに過ぎない。だから、遺伝子を研究して生物を極めようとするのは、10億年早い!のである。

中国 - 大国の苦悩

 中国で今一番問題なのは、労使紛争なのだという。週刊文春によると、2月5日の夜、モンゴル自治区の呼和浩特市で、驚嘆すべき事件があった。すなわち、市の副書記が、公安局分局長に射殺された、というものである。その理由は、副書記が公安局分局長に対する降格人事を決定し、その怨嗟によるものらしい。
 この事件に対して、中国政府当局は、慌てて報道規制を敷いたという。というのは、中国全土で、労使関係の問題が頻発しており、この事件の報道が、さらに労使の不満に火をつけてしまうことを恐れたのだと推察される。
 その文脈で、例のギョーザ農薬問題もまた、食品会社の労使関係の問題に起因しており、それが故に、一旦認めそうになった内部犯行説を、中国当局は、強行に否認し、ちょっと考えにくい、日本国内犯行説もでっちあげたりしたようである。
 このように労使関係が紛糾している理由は、相次ぐ企業の倒産なのだという。このように倒産が増えた理由は、今までは中国政府は、企業を保護するために、優遇税制や、単純労働者の自由解雇、緩い環境基準などの制度を行ってきた。しかし、ここにきて、世界趨勢により、世界標準の環境基準を設定する必要がでてきて、また、人民元が切り上げになる、などの状況の変化が生じてきた。そこにきて、もともと体力がある訳ではない多数の中国の中小企業は、経営を維持することが難しくなった。そこに決定的に追ううちをかけたのが、2008年1月に施行された、労働契約法。この法律によれば、10年以上の勤務や三回以上の労働契約をした者に対して、実質的な終身雇用に切り替えなくてはならない、というものである。そこで各社は、去年のうちに、駆け込みリストラを断行したのだという。きしくも、そのタイミングは、日本で高濃度農薬入りギョーザが見つかったタイミングと符合する。
 さて、現在問題になっている、チベットでの暴動は、この中国国内の労使関係の問題とリンクしているのだろうか。それは、一見無関係のようであるが、もし、反政府勢力が跋扈していると、そういう勢力が、国内では労使関係の対立を煽り、国外では、反中国のデモを仕組む。また、国内旅客機爆破未遂事件は既に報じられており、それが反政府勢力によるものであることは、中国政府も認めている。
 このような問題が噴出している理由の一つは、北京オリンピックである。北京オリンピックがあるために、世界標準の環境基準や労働基準に従うことを決定し、もともと、そういう世界のデファクトとはずれたところで運営していた中国の企業は、体制を維持できなくなった。また、細胞はその分裂期が一番不安定であるが、中国も、北京オリンピックのため体制が整えられている今が一番不安定である。それは、大国であるが故に、国土全体に目が行き届かない、苦悩でもある。中国は、この危機を乗り切って発展していくのだろうか。インフラがきちんと整理されないと、難しいのではないか、と思われる。

2008年3月18日

残業ゼロの仕事力

 新聞の本の広告を見ていたら、「残業ゼロの仕事力」元トリンプ・インターナショナル・ジャパン社長 吉越浩一郎著、とあった。ああ、よくあるビジネス本だと、その広告内容を見ると、次のようにして仕事をするのだという:
- 問題は、直ぐに手をつけない
おいおい、それは問題によるのではないか。直ぐに手を打たないと大変なことになる問題も社内にあるはず。
- やることは、優先順位をつけない
 そんな馬鹿な。優先順位をつけないと、下手をすると、目先の雑用ばっかりやることになりしはないか
- 会社では空気を読まない
 それは、一理あるかも。ただ、管理職だと、会社の雰囲気を読んで、しかもそれに呑み込まれず、独自に空気を作っているような面が必要、とも思う
- オリジナルにこだわらない
 それは、そうかも。既存の仕組み、アイデアをどんどん活用していくと、確かに時間はかせげる。それでは立ち行かない場面も、確かにあるとは思うが
- 会議は、長く・多くする
 これは、絶対に同意できない。「会議を長く・多くする」と、「残業ゼロ」は、完全に二律背反の関係にあり、これを同時に主張することは、意味がないと思う。確かに必要な会議というのはあるだろう。しかし、私の経験だと、10人が出席する会議で、発言したりして本当に会議に参加しているのは、せいぜい4~5人で、あとの参加者は、退屈したり独自の空想に耽っていたりして、無為に過ごしている。すると、N×アクティブでない人の無駄な時間が生じる。これは、壮大な無駄である。
- 社訓・理念は、作らない
 これはまあ、いいかも。今の時代、一旦作った社訓・理念が、たちまち陳腐化することはある。ただ、その場その場で、一時的な理念は必要であるような気はするが。
 というように、この本もまた、ある意味、トンデモ本ではあるまいか。UFO、霊障、運命などの分野で見るからにトンデモ本です、という本もあるが、この類のビジネス本や、楽して収入を10倍にする方法など、つい尤もらしくて信じてしまう本もある。
 「残業ゼロ」という言い方には、私は、ほとんどルサンチマンに近いものを感じる。というのは、部門内で、永く、システム担当、物品購入など雑用をさせられてきて、特にシステム担当として、どうしてもコンピュータがあるカードを認識できない場合など、再導入したり、ドライバを入れ換えたりしていると、あっと言う間に、夜11時くらいになったりした。そうやって、コンピュータと格闘しているのを傍目に、涼しい顔で定時に帰宅する人もいる。それで、君は要領が悪いから、遅くまでいるのだ、みたいに言われて、流石に切れそうになったことがある。雑用は、スマートに他人に振った者勝ちなのだろうか。
 ただ、私が、短時間に仕事を終了させることにあまりフォーカスしていないことも確かである。結構、だらだらと居残っていたりする。雑談も少なくない。それでも、そういうことを切り詰めたとしても、そんなに短時間で仕事が済むとは限りませんよ、と当たり前の主張は、したいのである。

ソニーのbranco

 Webのニュースによると、ソニーは、専用ソフトウェアを使って、映画やドラマ、アニメをフレッツ光経由で動画配信するIPテレビサービス「branco(ブランコ)」を3月31日の正午から開始するという。高画質動画コンテンツを24時間、365日配信。サービス開始時には6つのチャンネルが提供され、無料で利用できる、という。但し、オンデマンド型ではなく、番組表を使ったプログラム配信型の映像サービスとなる、という。
 ユーザとして考えた場合、オンデマンド型ではなく、プログラム配信型である、というのは、かなり魅力が薄れる。確かに、スポーツ中継のように、リアルタイムで見たい番組もあり、それならプログラム配信型でもよいが、映画やドラマ、その他のの娯楽番組では、プログラム配信型だと、従来のテレビと全く変わらない。忙しいビジネスマンが、会社から帰って一風呂浴びて、ビールでも飲みながら見ようと思ったとき、オンデマンド型でないと実に困る。予め、何時に帰れるか、分からないからである。
 また、PC上の専用ソフトで、フレッツ光経由限定、というのもどうか。で、分かったのは、ソニーは、実テレビ画質にとことん拘ったのである。実テレビ画質に拘ると、確かに、光ファイバ経由というのは、必須ではないが望ましい。すると、専用ソフトというのも分かる。また、オンデマンド型にすると、実テレビ画質を実現するには、ユーザーがコンテンツを指定してから、でかいコンテンツ・ファイルのバッファリングに予め相当の時間がかかる。すると、プログラム配信型だと、事前にストリームとしてコンテンツを流せるので、バッファリング遅延の問題もおきない。広告を事前に予定して流すことも可能である。
 一方、オンデマンド型だと、予測して効率的に広告を挿入することが難しい。もちろん、グーグルのアドセンスみたいに、コンテンツに連動して、適宜広告を挿入することは可能だろうが。
 で結局、私は、ソニーのbrancoは、あまり成功しないと思う。そもそも、フレッツ光や専用ソフトウェアという概念があまり好まれない。また、ソニーが実テレビ画質に拘っているということだが、YouTubeの成功からも分かるように、ユーザは実は、コンテンツの中身が面白ければいいのであって、あまり画質に拘らない。どうしても画質に拘りたいなら、普通の大画面テレビで、放送やDVDで観る。だから、どうもソニーのbrancoは中途半端で、きちんと事前マーケティング調査をしたのだろうか、と疑問になる。

霊格の高い人

 自宅で、しんみりと晩酌していたら、急に、霊格の高い人とは、どんなんだろう、という疑問が忽然と湧き上がった。それで、何の根拠もなく、思うがまま、書き下してみる。

- 霊格の高い人は、目立たない人である。
- 霊格の高い人は、吹けば飛ぶように、軽く見られている人である。
- 霊格の高い人は、もしかしたら美人かもしれないのに、なぜか誰も振り向かない。
- 霊格の高い人は、貧乏である。
- 霊格の高い人は、ギャンブルをしない。
- 霊格の高い人は、ときどき、自宅でひっそりと飢え死にしたりする。
- 霊格の高い人は、なぜか、いるだけで、周りが和む。
- 霊格の高い人は、霊格の高い人同士がいると、周りが入り込めない雰囲気を感じる。
- 霊格の高い人は、物に執着しない。
- 霊格の高い人は、地位に執着しない。
- 霊格の高い人は、本当はそう思っていないのに、金持ちになろうかな、などと冗談をいう。
- 霊格の高い人は、屈辱を受けても、平然としている。
- 霊格の高い人は、ときどき虚空をみつめている。
- 霊格の高い人は、虫が歩いていても避けて通る。
- 霊格の高い人は、戦争になったら、勇敢に戦う。でも、弱い。
- 霊格の高い人は、頭がいいかもしれない。よくないかもしれない。要するに、知能とは全く関係ない。
- 霊格の高い人は、人格神は、どこか違うと思っている。
- 霊格の高い人は、仏陀を、単なる仲間と思っている。
- 霊格の高い人は、いわれのない謗りを受ける。
- 霊格の高い人は、不器用である。
- 霊格の高い人は、成功していても、理由なく降りる。
- 霊格の高い人は、この世に足跡を残すことを忌避する。
- 霊格の高い人は、偉ぶらない。というよりも、自分が偉いとはつゆも思っていない。
- 霊格の高い人は、それでいて、傍若無人であったりする。悪気はない。
- 霊格の高い人は、愚痴を言わない。他人の愚痴をうまく聞き流す。愚痴を聞いてもらった人は、なんとなく後悔したりする。
- 霊格の高い人は、奇をてらわない。
- 霊格の高い人は、よく眠る。
- 霊格の高い人は、超能力がない人が多い。
- 霊格の高い人は、若年で、不治の病に罹ったりする。
- 霊格の高い人は、他人の不幸に対する共感度が高い。
- 霊格の高い人は、動物がよくなつく。
- 霊格の高い人は、肉親の死、ペットの死に恬淡としている。
 きりがないので、この辺で止めておく。

2008年3月19日

北京オリンピック

 Webニュースによると、ドイツ人記者が、温家宝首相に、「(チベット問題で)北京での五輪開催に疑問を抱く人々の声が西洋諸国にはあるが、これについてどう思うか?」と質問。温首相は「中国での五輪開催は世界の人々にとっても大きなイベント。われわれはオリンピック精神と趣旨を尊重しており、北京五輪を政治化することは決してない。だが最近チベットで発生した事件の本質はまさにそこにある。彼ら(ダライ派)は北京五輪を破壊するため「事件」を起こすよう扇動している」と答えた、という。
 これは、決して、温首相、というか中国当局の一人合点ではないと思う。実際、田中宇氏のドルの崩壊が近いという最近の記事によれば、"チベット人による独立・自治拡大要求の運動は、中国共産党が政権を取った直後の1950年代から、冷戦の一環として米英の諜報機関が亡命チベット人を支援して持続させている、米英の諜報作戦でもある。その歴史から考えて、今回の騒乱も、北京五輪を成功させて大国になっていこうとする中国政府の戦略を壊そうとする、米英諜報機関の支援・扇動を受けて行われている可能性が大きい。"という。
 こういう記事をみて、経済発展している中国に羨望を抱く日本人は、中国ざまあみろ、と思うのではないか。そもそも、最近、農薬入りギョーザの事件で、日本は手痛い目に遭ったばかりである。もしまかり間違って、北京オリンピックが中止にでもなったら、快哉を叫ぶ日本人は多いだろう。他人の不幸は、鴨の味である。
 また、昨日の新聞だったか、韓国の農心という大手食品メーカが出荷する、エビ入りのスナック菓子(日本のかっぱえびせん、みたいなものか)で、ネズミの頭がみつかる、という事件があった。そのため、農心は、大急ぎで製品を回収し、どこで混入したか調べてみたところ、どうも、自社の釜山工場ではなく、その前段階の中国内の工場で、混入された可能性が高いという。ネズミの全体ではなく、頭だけ、というのは。明らかに人為的なものである。これも、中国における労使問題の歪みによるものか。さらに、同じ紙面に、追い討ちをかけるように、中国製冷凍加工食品の「揚げじゃがマン」に、1cmの針金が混入していた、という事件も報道されていた。
 こういう一連の記事から、もう中国製品は御免だ、と感情的になるとしたら、その気持ちは分かる。しかし、calm downである。日本が中国と険悪になって、果たして今後うまく国際社会を乗り切れるのか。折角、一時の反日感情を抑えて、中国当局が友好的になろうとしている矢先である。考えてみてほしい。依然として、中国は、とても巨大な日本製品の輸入国である。ここは、ぐっと抑えて、また、中国製食品を買い始めようではないか。そのために、日本の輸入食品メーカーは、きちんと検査してほしい。
 先日、スーパーに行って、餃子の冷凍食品をみたら、「これは国産です。」とラベルが貼ってあった。そもそも、餃子の冷凍食品自体、随分減っていた。気持ちは分かるが、主婦感覚でいくと、非中国食品は、結構割高である。なんとか、この食品問題が収まって、北京オリンピックも滞りなくとり行われ、中国が面子を保ってほしい。そこから先はどうなるか。チベットの問題や、国内反政府勢力かどうなるか、それはanother storyとして、とりあえず、北京オリンピックを乗り切ってほしい、と願うものである。

2008年3月20日

藤原道長

 ぼんやりとテレビを観ていたら、NHKの、「その時」という番組で、藤原道長がテーマだった。日本史の不勉強で、藤原道長といえば、大変な栄華を誇った、くらいしか知らない。で、みているとどうも、藤原道長は、藤原兼家の五男坊で、そのままでは到底、栄華を極めるような地位にはなかった。
 しかし、兄が病死したり、権力闘争の狭間で、ついに、道長に摂政のお鉢が廻ってくる。それは、千載一遇のチャンスであった。
 権力闘争を通じて、道長は、権力のはかなさを知りぬいたのだろうか、そこで、一般的には、権力の無常を知り、出家するであろうところ、道長は、四人の娘を天皇家に嫁がせることによって、自らの権力の安定化を図った。単に嫁がせたばかりではない。娘の子供を、皇太子に就けさせようと、最大限の努力を図る。
 自らの血筋の者を天皇に就けさせることの執念はすさまずく、娘の夫の一条天皇が32歳の若さで病死して、姉の息子の三条天皇が即位すると、三条天皇に退位を迫った。当然ながら、この道長からの申し出に、三条天皇は異様な不愉快を示した。
 そこで、道長は、亡き一条天皇の息子、すなわち、自らの孫を皇太子にと画策したが、三条天皇は、当然ながら自分の息子を皇太子に就けようとし、ここでも大いなる確執が生じた。ところが、新造間もない内裏が炎上する事件が起こる。これは、まさか道長が放火を画策した訳でもあるまいが、ともかく、そのような不吉なことが起きるのは三条天皇の不徳の致すところ、と再度譲位を迫り、しぶしぶ、三条天皇は、譲位に同意する。かくして、道長の孫が、後一条天皇として即位した。このときの道長の得意、いかばかりであったであろう。
 道長はさらに、孫に、自分の三女を嫁がせるという、今では絶対にありえない、しかし、当時では、ときたまありえるアクロバチックな手段をとった。こうして、その子供がさらに皇太子になる、ということで、道長は磐石の基盤を構築した。そのとき道長が詠んだ歌が、「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」で、得意の絶頂の歌のようであるが、実はそのとき道長は、重い病気を自覚しており、人生の残りが少ないと感じていた。よって、自分が死んでも、自分の血筋の絶えることはなく、隆盛を維持できる、と信じて、天晴とも日記に書いた。結局道長は、その後出家して、約10年後に亡くなるのだが、確かに、子孫が永らえるという点では、今でも、近衛という姓で、第38代の男性が、藤原道長の子孫である、という。近衛というと、もしかして戦犯になることを怖れるあまり、服毒自殺した、終戦前の総理大臣、近衛文麿の子孫であろうか。
 ともかく、ドーキンス提唱の利己的遺伝子を、藤原道長ほど地で行った者もなかなかいないと思われる。それは、私流の解釈では、心が完全に、遺伝子の、肉体の奴隷となってしまっている。ところが、この物質界の現世では、肉体に傅き、その奴隷となりきると、子孫繁栄という大きな現世利益が得られる。その現世利益は、応仁の乱も、織田信長の治世も、豊臣秀吉の治世も、徳川家の治世も、明治維新も、第2次大戦も生き延びて子孫を残すほど強烈であった、ということである。しかし、その精神的、道徳的進歩は、いかばかりであったか。そこに一片の虚しさ、はかなさを見出すのは、私だけであろうか。
 実は、藤原道長のバターンは、今でも、あちこちに散見される、典型例にすぎない。この意味で、平安時代も現在も変わることはない。わが子を、少しでも有名な大学にやろうとする親の気持ちは、娘を天皇家に嫁がせようとする道長の野心と同根であって、ニーチェのいう、Menschlich, zu menschlich(人間的な、あまりに人間的な)である。

京都府警ハイテク犯罪対策室

 新聞によると、京都府警ハイテク犯罪対策室の室長に、小山雅子さんという女性が任命された、という。小山さんは、同志社大学文学部卒、京都府警が30年ぶりに採用した女性警察官なのだという。そういう珍しい存在なので、とても大事に育てられた。初めての女性派出所長、女性警部、女性所轄所長、と初物ずくしである。この人は、それなりに優秀だったと思うが、女性管理職重視の時代の流れもあったと思う。
 ところが、京都府警ハイテク犯罪対策室となると、これはなにしろ、全国的な名門である。私のブログのWinnyの顛末でも書いたが、Winnyは、他では対応できないので、わざわざ京都府警が相談を受けたほどである。
 ところが、ご本人は、「インターネット、メールができる程度」という。文系の経歴をみてもそうであろうと思う。本人は、謙遜もあって、「明るく、楽しく、一生懸命やるだけ。これまでのやり方を変えるつもりはない。」と言うが、ちょっと待ったである。ファイル交換ソフトでの著作権侵害や、その他のネット犯罪を取り締まるためには、かなり深くて広いWebとコンピュータの知識を要する。すなわち、IPアドレスの概念、DNS、NAT、ファイアーウォール、セキュリティーホール、RSA暗号、サイバーテロ、等である。この業界で長年飯を食べてきた私でも、日々不勉強を感じる。
 それだけではない。サイバー犯罪を取り締まるには、刑法と著作権法の深い知識が必要である。刑法は、長年捜査を経験しているのでお手の物であろうが、特に、インターネットがらみの著作権法となると、弁護士でも、専門家は数えるほどしかいない。例えば、小倉秀夫弁護士、松田政行弁護士などである。また、ダウンロードの違法化など著作権法改正が頻繁で、判例がとても若い分野である。そういう、広大な海原みたいな分野であることを知っているなら、「一生懸命やるだけ。これまでのやり方を変えるつもりはない。」というコメントはないはずである。
 ところで、初めて仕事で米国出張したとき驚いたことがある。空港で、荷物のトレーラーを運転する運転手のほとんどが女性である、ということである。それで、ああこれが、男女平等ということなのだ、と感じた。そういうことであるなら、小山さんは、技術と法律を猛勉強して、京都府警ハイテク犯罪対策室の新しい伝統を作ってほしいと思う。今後必要な管理職は、専門知識でリードするタイプである。調整型の管理職はだんだん意味がなくなる。というのは、進歩してきた情報コミュニケーション技術が調整を補うからである。ましてや、単なる広告塔では、もっと意味がない。えっ、ちょっと厳しすぎる?
 女性にはつい甘くなるので、わざと厳しく書いてみた次第である。

将棋の「最先端」本

 将棋は、気力も棋力も衰える一方で、段々救い難い状態だが、それでも、鑑賞用ということで、最先端の定跡を紹介する本を買って、読むともなく眺めることがある。
 それで、以前から、よく書けているなあと思うのが、深浦の「最前線物語」である。今の浅川書房に変わってからも2版である。深浦の本のいいところは、とても中身が濃いことである。1冊の中に、最新戦法のエッセンスがぎっしり詰まっている。ただ、それだけに、変化の手順も多く、理解が大変である。もしかして、ちゃんと理解するには、奨励会の有段クラスを要するのではないだろうか。
 次に紹介するのは、序盤は村山に聞け、の村山慈明の「最新戦法必勝ガイド」。
 深浦の「最前線物語」が、沢山の局面を細切れでカバーして欲張っているのに対して、村山の「最新戦法必勝ガイド」は、キーとなる戦法を絞り込んでいる。すなわち、藤井システム、ゴキゲン中飛車、石田流、後手番一手損角換、85飛山崎流である。しかし、この本もまた、奨励会の有段クラスであって、眺めるのが精一杯である。
 次は、定番の所司和晴の「将棋定跡最先端」。実は、所司和晴は、多様な戦法に亘って、膨大な先端定跡書があるが、棋友に聞くと、どうもいまいち評判がよろしくない。記述が冗長で眠くなる、というのである。この「将棋定跡最先端」も、多少のその嫌いはなくはない。確かに、深浦や村山慈明の本よりは平明で、私レベルの棋力の者にもついていきやすい内容なのだが、どうも、メリハリに欠けるのである。
 最後は、勝又清和の「最新戦法の話」。実は、私的には、「最先端」ものでは、これが一番面白いと思う。理由は、勝又清和の個人的なコメントが随所に挟まれていて、それを読むだけでも面白い、ということがある。また、羽生や近藤などに直接聞いて話したことも織り込まれている。だから、強くなるとか、戦法に熟練するという意図ではどうか分からないが、読み物としては、お勧めである。難解なことを噛み砕いてやさしく語るという、勝又の才能に喝采を送りたい。少なくとも、深浦や村山には、そういう才能はない。どっちが将棋の才能があるか、というのはまた、別の話である。
 さて、こういう本を読んで、私ならずとも、アマチュアトップクラスの人が、最先端の戦法を使いこなせるか、というと、どうも違うようである。例えば、アマチュアの大会で、藤井システムも、85飛戦法も、後手番一手損角換も、ほとんど見たことはない。ただ、ごきげん中飛車だけは、アマチュアでもなんとか指しこなせるようで、散見する。
 ということで、一般的に言えることは、最先端の戦法は、薬で言えば、医科向けであって、なかなか素人が処方できない。下手に処方すると、却って病気が悪化するようなものである。すると、勝又の本のように、臨場感溢れる現場感覚を伝えてくれればよいのであって、細かい変化は、どうでもいい、というと少し言言い過ぎか。
 でも、これは、別に今に始まったことではない。私が若い頃、大山の棋譜の真似をしようとしたことはあったが、一度たりとも大山のようにうまくいったことはなかった。そういう意味では、昔も今も変わらないのだが、ただ、今は、戦法のバリエーションと、変化の速度が、爆発的であって、アマチュアはただ、とまどうばかりである。例えば、最近プロで流行りだしてきている、76歩に対して、いきなり32飛と振る戦法は、上記どの本でもカバーされていない。だから、少なくとも2年に一度くらい「最先端」本は、刊行されるに値する。
 そんなとき、必ずしもトッププロでなくて、あまり対局に追われていない勝又に、私は期待するのである。くどいようだけれども。

2008年3月21日

Windowsのソースコード

 ものの本によると、Windows XPのソース・コードは、主としてC言語で書かれていて、約4000万行ある、という。実際に書いたことはなく、話に聞くだけだが、OSのようなシステム・プログラムは、ハードウェアを直接叩くこともあるので、とても難しい。例えば、私が書くようなジャンク・コードでも、一日にせいぜい、100行程度である。すると、熟練したプログラマがOSを書くとしても、やはりその程度ではあるまいか。すると、純粋に一人の人が4000万行のコードを書くと、単純計算で、1000年程度かかってしまう。
 では、人月の法則で、1000人のプログラマがいると、1年で書けるかというと、1000人がばらばらに書く訳ではないので、インターフェースあわせなどのコミュニケーション・コストがかかる。よって、どう頑張っても、1000人のプログラマがいても、約4000万行のコードを書くのに、3~4年はかかることになる。
 その3~4年は、単純にコードを書くだけの作業であるから、プログラム・デザインも、テスト・フェーズも含まない。こうして、もしスクラッチからOSを書き始めると、とりあえず動くものをリリースするために、最低でも5~6年の時間はかかると思われる。
 さて、リリースしてからが大変である。そこから、テスト段階で試してみなかった外部デバイスや、アプリケーション・プログラムや、通信環境にさらされ、どんどんバグがでてくる。バグには、ハングしてしまうもの、予期していなかった動きをしてしまうもの、セキュリティ・ホールが見つかる場合、など様々である。
 そのように安定するのに、だいたい経験上、少なくともリリースしてから、3年かかる。こうして、1つのOSが安心して使えるようになるには、最低でも10年はかかる。これのアナロジとして面白いと思うのは、医者や弁護士などの専門職でも、10年の実務経験が、一人前の目安であるからである。戦闘機のパイロットでも、実際の戦闘で生き残るのは、ほとんどが10年以上の経験者だという。その違いは、攻めどころと、引きどころが、経験が浅いと分からない。だから、経験がないと、隙ありと攻め込んで、はっと周りをみると、敵機ばかりで、蜂の巣にされてしまうのだそうである。
 話はOSに戻って、Windows2000からWindows XPのリリース、Windows XPからWindows Vistaのリリースが、せいぜい4~5年であるのは、相当の部分のコードを継承しているからである。よく知られているように、Windows2000、Windows XP、Windows Vistaファミリは、Windows NTのコードが、そのベースになっている。Windows NTは、ビル・ゲイツが三顧の礼で迎えた、デービッド・カトラーのチームが、絶叫しながら、苦闘の末書き上げた。それでも、スクラッチの部分だけでないのは、DOSとコンパチをとる部分があって、そこに初期のMS-DOSのコードが残っているからである。だから、確か、Windows XPの著作権表示は、1986 - 2000のようになっていたような気がする。

CIAと正力松太郎

 新潮新書「原発・正力・CIA」有馬哲夫著、によると、CIAは戦後、読売新聞と日本テレビの社主、正力松太郎に接近した。それは、終戦当時、米国は、日本が共産主義勢力の手に落ちることに絶大なる懸念を抱き、折り紙つきの反共主義者で、且つ、テレビと新聞というマスコミをもつ正力に期待したからである。正力は正力で、警察無線、列車通信、自動車通信、長距離電話などマイクロ波通信網を支配する構想をもち、これを、米国に後押ししてもらうことを期待した。
 しかし、日本の要人が、正力を支援してくれるとは限らない。例えば、吉田首相は、正力のマイクロ派構想に反対だった。そもそも、吉田首相は、日本の再軍備に反対だった。マイクロ派構想を再軍備と関連付けて考えたのであった。
 結局、マイクロ派構想が頓挫したと分かった頃、米国の原子力関連企業である、ジェネラル・ダイナミックス社が、日本進出を目論んだ。そのとき、有力実業家として、正力に着目した。
 ところが、唯一の被爆国であることと、水爆実験の被害にあった第五福竜丸の事件により、日本では、反原子力の世論が沸騰し、正力はこれをうまく手名づけ、首尾よく原子力を日本に導入すれば、米国の後押しで総理大臣になれる、と踏んだのだった。実は、米国は、ソ連との対抗から、同盟国に、原子力の平和利用を推進することを意図した。それによって、原子力の利用が促進され、寧ろ、ソ連を追い込むことができる、と信じたのだった。
 それでよく分からないのは、湯川秀樹のノーベル賞受賞である。中間子理論というのは、素粒子論を勉強すると、1つのキーの成果であることが分かる。私が及ばずながら物理学を勉強しようと思い立ったのも、湯川秀樹のノーベル賞を知ったことが大きい。ところが、大学を出てから、湯川秀樹は中間子理論をきちんと完成させておらず、それでもノーベル賞をもらったのは、原爆を落とした米国が、日本に申し訳ないと思ってその罪滅ぼしに、ノーベル賞の委員会に働きかけたのだ、というう話をきいた。そのときはさもありなん、と思ったが、「原発・正力・CIA」によると、米国は、読売新聞にそう報道させることにより、湯川秀樹のノーベル賞受賞は米国のおかげなのだ、と恩着せがましく思わせ、日本の原子力導入を後押ししたのだという。すると、もともと、湯川秀樹の中間子理論は、本来的に、米国の関与がなくても、ノーベル賞に値する成果だったのだ、ということになり、それはそれで納得である。
 ところで、「原発・正力・CIA」は、1953年6月29日付けの、当時機密であった米国の外交文書を紹介する。それによると、「対日心理戦計画」が紹介され、それは、日本の知識階級に影響を与え、迅速なる再軍備に好意的な人々を支援し、日本とその他の極東の自由主義国その相互理解を促進する心理戦を速やかに実施することによって、中立主義者、共産主義者、反アメリカ感情と戦う、とある。このためには、日本のマスコミを利用する必要があるが、まさに、正力の日本テレビと読売新聞は、そのための恰好のメディアとなった。
 正力は、こうしたことを通じての米国とのコネを利用して、かつてよりの願いであった、総理大臣の椅子を狙うようになる。しかし、その頃から、米国、すなわちCIAと、正力の間に溝が生じてくる。例えば、正力は、原子力の動力炉を欲しがった。しかし、米国としては、旧敵国の日本を心底信じられない。そもそも、動力炉を渡すと、原爆が作れてしまう。動力炉なんて、とんでもないのである。
 ただ、ともかくも、東海村に、動力炉ではないものの、原子力発電所が建設され、稼動が始まった。
 それで結局、正力は、反対派もいて、総理大臣になれなかった。結局、政治からは身を引き、日本テレビと読売新聞の経営に尽力した。
 ところで、今にして思うのだが、日本テレビ、読売新聞と、米国の結びつきは今でも強固なのだろうか。それは、表面的には分からない。しかし、少なくとも、読売新聞が反共であるのは確かであり、また、省みると、親米である。野球はもともと米国のスポーツであり、野球の象徴、巨人軍を読売新聞がもっているのも、これまた偶然ではあるまい。
 かくのごとく、緩やかに揺れながら、米国の影響は確実に、今でも日本に及んでいる。日本にとって米国は憧れの知であり、ディスニーランドは、米国文化の象徴であり、英語は大学入試で必須であるがゆえに、人の進路に与える影響も大きい。なんとかんのと言っても、白人は、日本人の憧れである。日本が米国の51番目の州と揶揄されなくなる日は、来るのだろうか。

2008年3月22日

チベット問題

 第2次大戦が終わって、世界の植民地が次々と独立して行ったのに、1949年の中華人民共和国の成立で、時代に逆行して植民地化されたのが、チベットである。すなわち、中国人民軍がチベットに侵攻し、なんと数十万人ものチベット人が虐殺されたという。これは、中国に言わせれば、世界で唯一の政教一致封建国家からの人民の解放、というのだが、マルクス主義をそのままナイーブに適用すると、そういうことになるのだろうか。それだけではなく、チベットには何か貴重な天然資源があるのだろうか。
 ともかく、これは、政治問題、民族問題、宗教問題であって、1959年以来、インドに亡命中のダライ・ラマは、この問題を世界に訴え続けてきた。特に、1989年ダライ・ラマが、ノーベル平和賞を受賞してからは、この問題が一層注目を浴びた。知られているように、ノーベル平和賞は、欧米による政治的操作のツールであるから、欧米は、ダライ・ラマの支援を通じて、中国のチベットに対する扱いに懸念を表明した、ということになる。
 そもそもが、もともとが平和主義の仏教徒が蜂起したのは、中国がチベットのプライドを逆撫でしたことにある。すなわち、チベットに仏教が根付いたのは、7世紀から11世紀にかけてであり、中国の清朝は、寧ろチベット仏教を擁護した。中国にも禅宗などの仏教があるが、チベット仏教はインドからの直接の伝来であり、また、インドでは仏教は廃れてしまったがゆえに、チベット仏教徒は、自分達こそが正統の仏教徒である、とのプライドをもったようである。だから、中国の侵攻に対して、民衆は蜂起し、ダライ・ラマ亡命の原因になったラサ蜂起では、チベットの人口600万人のうち、5分の1が死んだ、と、少なくともチベット亡命政府は主張する。もしそうなら、ポルポトによる、プノンペン弾圧にも匹敵する。
 しかし、依然として、中国は、チベットを、神聖にして不可分な領土の一部と主張する。台湾に対しても同様であるが、チベットに対するそれが容赦がないのは、台湾は基本的に漢民族であり、チベットは違うからであろう。言語も文化も宗教も違う。
 ダライ・ラマが長らく主張してきたのは、チベット独立、というよりも寧ろ、香港のような自治である。これは、本当はチベット独立を主張したいのだが、中国の反発を買いすぎる、ということであろう。
 そこで、今回のチベット暴動である。チベット人は仏教徒らしい忍辱の精神で、何十年も耐え難きを耐えてきた。これは、ラサに戒厳令が敷かれた1989年以来である、という。やはり、北京オリンピックを前にして、国際世論の安定を願う中国に対する、恰好の抗議のタイミングである、と見計らった人達がいる、ということになる。そして、それは長らく溜まってきた怨嗟に火をつけることになった。
 こうして中国が非難を浴びることは、欧米のあるグループの利害に適う。大国化する中国を牽制することができるからである。米国のペロシ下院議長が、3月21日に、ダライ・ラマを訪れたことも、その一環である。そして、今回の暴動について国際的な調査を求めるとともに、中国とチベット亡命政府の必要性も訴えた、というのことなので、明らかに中国政府の神経逆撫でしまくりである。
 これに呼応して、ドイツが、5月に予定されている中国との政府間交渉の中止を考慮する、と言い始めた。また、ドイツやオランダなどの有力選手が、北京オリンピックへの参加ボイコットを主張し始めている。
 中国でのオリンピック開催を、その5000年の歴史の悲願とし、なんとしても実現しなければと躍起になっている中国政府は、これでは、形だけでも譲歩というか、チベット亡命政府との対話の姿勢を見せざるをえないと思われる。内には、反政府勢力、食品禍を引き起こすリストラされた不穏分子を抱え、ここにきてチベット問題で、国際世論にさらされる。決して中国を擁護する訳ではないが、広大な版図と多様な民族をもつ国家を統一し続けなくてはならない中国の苦労は、並大抵ではないと同情する。

高橋洋一

 池田信夫氏のブログの紹介で、高橋洋一氏の著書、「さらば財務省」講談社を買って読んでみたが、いやあ、実に面白い。官僚にもこんな人がいたのか、と快哉である。
 高橋洋一氏は、東大理学部数学科を出て、文部省統計数理研究所に就職しようとした。それで、ほとんど決まりかかっていたが、ふとした偶然から、そこへの就職が取り消しになり、仕方なく、東大経済学部に学士入学する。そこで改めて2年後に、公務員試験を受けて、当時の大蔵省、今の財務省に入省した。
 大蔵省といえば、東大法学部の巣窟で、東大であっても、法学部以外であると、疎んじられるほどであった。ましてや、理系のバックグラウンドをもつ者が入省することは、極めて稀である。ああ、そういえば、超勉強法などの著書で知られる経済学者、野口悠紀雄氏も、東大工学部から、大蔵省であった。
 それで、高橋氏は、経歴として大蔵省で傍流であっても、せっせと事例主義でよい官僚になろうと努力したかというと、確かに努力をしたのだが、その努力は、自らの数学的素養を生かすべく、統計的・会計的に物事を判断していくものであった。すると、計算の結果が全てなので、他の官僚の事例主義と折り合いがつくはずがない。たちまち、疎んじられ始めた。そうこうするうちに、高橋氏は、竹中平蔵氏と知り合いになる。これが、あとでとても大きい意味をもつ。
 高橋氏は、独自に金融工学を勉強した。数学と経済の両方の素養をもつ高橋氏にはぴったしである。そうして大蔵省内を見渡すと、高橋氏は、省内で、資産のリスク管理の体制が全く整っていないことを知り、慄然とする。そして、ALM(Asset Liability Management)の仕組みを大蔵省内に作った。天晴れ、異端児である。なぜなら、大蔵省で扱う資産は、何百兆円にもなる。そんな巨大な資産が、リスク管理なく運用されていたなら、それほど恐ろしいことはないのである。
 こういう金融工学の知識をもってすると、高橋氏は、郵政民有化は、ほとんど必然である、と結論づけた。また、銀行の不良債権処理の仕組みも、独自に作った。まさに、八面六臂の活躍である。
 そうこうしているうちに、いよいよ、小泉首相から経済財政政策大臣を任命された竹中平蔵氏から、声がかかる。いよいよ、行政改革の始まりである。最初に取り組んだのは、勿論、郵政民有化。しかし、それだれけではない。特殊法人の撤廃、官僚の天下り禁止策と、矢継ぎ早に繰り出す。それはまさに、官僚の利権を侵食するものであるが故に、財務省では、「あいつは、死刑でも済まない。」と骨髄に怨まれた。また、財務省の「埋蔵金」も指摘した。簿外の十兆円規模の予算がある、というのである。それがあると、日本の財政は破綻寸前で、増税は必須というシナリオが崩れるのだという。さらに、道路公団の民営化にも意見を出し、推進した。
 こうして、小泉首相の下、郵政民有化が決定されたのは、周知のとおりである。その勢いで、高橋氏は、安倍首相に対しても、プレーン的役割りを果たす。すなわち、公務員制度改革として、成果主義の導入、年功序列の廃止などである。これがまた、官僚や、されに連なる大臣の猛反対を受けた。それに対して、安倍首相は、慣例とは異なる不用意なやり方でことを進めてしまったがために、猛反対を受け、結局、早期に退任せざるをえなくなったのだという。
 高橋氏も、流石に、官僚として居残ることができなくなった。もともと、地位ではなく、専門知識を武器にここまでやってきた侍というか職人なので、官僚に未練はなかった。幸い、教授で迎えてくれる大学がみつかった。ただ、いろいろな経緯で、まだ内閣参事官として、留任しているようだ。
 このように、高橋氏は、アメリカなどではいそうであるが、日本の官僚としてはとても横紙破りな人材である。ただ、東大法学部という、法律以外の分野ではゼネラリストになる傾向がある人材を集めるよりも、こういう専門スキル指向の人材を、官僚もどんどん登用すべきではないだろうか。民間がそうか、というと、実はなかなかそうでもないのだが。
 ともかく、とびっきり優秀なだけでなく、孤立を恐れず渦中の栗を拾うことを厭わず、また人間味もある稀有な人材である、と感じた次第である。

2008年3月23日

反物質

 新聞によると、高エネルギー研究所は、宇宙に反物質がほとんどなく、物質で満たされている理由につき手掛かりを与える実験をした、という。すなわち、現代の宇宙創生理論によれば、宇宙誕生の直後は物質と反物質が同量あったはずであり、ほとんどが物質である、ということの説明がついていないという。
 自分の復習のために、反物質について調べてみると、量子力学のシュレーディンガー方程式を、特殊相対論の要請を満たすようにディラックが拡張した方程式は、真空からの電子の創生を想定した。しかし、無から有が生じるのは、エネルギー保存の法則からもおかしい。また、電荷も保存されない。そこで、ディラックは、真空から、電子と陽電子が対で創生する、と予想した。この陽電子が、電子の反物質である。
1932年にアンダーソンによって、陽電子の存在が実験的に確認され、これにより、ディラックの理論の妥当性が立証された。
 反物質は、物質とは質量、スピンが同じで、電荷だけ逆の物質であるが、電荷のない中性子にも、反物質があることが確認されている。
 物質と反物質が衝突すると、消滅してエネルギーになる。このとき、E = mc2のアインシュタインの関係式が成立する。
 さて、物質と反物質は、電荷の違いを除けば物理的性質は同じはずなので、その仮定によると、崩壊の振る舞いも同じはずである。そのことを、CP対称である、という。
 宇宙に反物質がほとんどなく、物質で満たされている理由は、物質と反物質のCP非対称性にあるのではないか、という仮説があり、今回の高エネルギー研究所は、中性B中間子及び荷電B中間子と、それらの反物質をもちいて、崩壊過程を調べることに関するものであった。すると、反物質の中間子の方が、17%も崩壊しやすかった、というものである。
 もし中間子で、反物質の方が17%も崩壊しやすいということが立証されると、このことは、ハドロン全般に当てはまる、と妥当に想定できそうである。ただ、電子のようなレプトンは、どうなのだろうか。宇宙で、ハドロンは物質優勢だが、レプトンは、物質と反物質で拮抗しているという話は聞かない。よって、レプトンにも、CP非対称性が立証されなくてはならない。
 さて、素朴な疑問として、宇宙のどこでも、物質の方が反物質よりも優勢なのか、ということがある。これに対して、論理的には、次のようなシナリオが考えられる。
(1) 実は、宇宙全体では、CP対称性が成立している。たまたま、われわれの観測にかかる宇宙では、物質が優勢なだけである。宇宙のどこかに、反物質の部落があり、全体としては、物質と反物質は拮抗している。
(2) 宇宙全体では、CP非対称性が成立している。反物質は、ゆらぎとしては、生成されるが、宇宙には、反物質だけでつくられた惑星や銀河というものは存在しない。というのは、宇宙創世期に五分五分であった物質と反物質は、時間がたつにつれて、その粒子数にどんどん差がつき、宇宙に、有意義な数の反物質は、存在しなくなった。
(3) 宇宙全体では、CP非対称性が成立している。反物質は、物質よりも崩壊が速いため、どんどん数に差が開いていっているが、宇宙の年齢からすると、宇宙はまだ若いので、有意義な数の反物質が宇宙に存在する。そのような反物質だけからなる銀河や星団が宇宙に存在する。
(4) 実は、反物質の方が優勢なのである、われわれはたまたま、ローカルな、物質が優勢な領域に住んでいるのである、というSF的な言い方も論理的にはできるが、今回の中間子のCP非対称の実験から、流石に、これは相手にされないだろう。
 では、現代の主要な科学者は、どう考えているかというと、どうも(3)の立場らしい。このため、高エネ研では、宇宙科学研究所・東京大学・神戸大学・NASA・メリーランド大学と共同で、遠方の反物質領域から宇宙空間を旅して地球にごく僅か降り注いでいるかもしれない宇宙線中の反物質を探す実験を1993年から続けているという。しかし、今のところ、そういう反物質宇宙線がみつかった、という話を聞かない。
 ありえるけど聞かないといえば、次のようなものがある:
- モノポールの発見
- 陽子崩壊
- グラビトン(重力子)の発見
 これよりも、反物質宇宙線の方がみつかる可能性が高いと思われるが、いかがなものだろうか。

2008年3月24日

辣腕弁護士

 ちょっと前の話になるが、不用意にサイパンに行って捕まった、三浦被告に、セレブ御用達弁護士として知られる、マーク・ゲラゴス氏が付いた、という話があった。それで、マーク・ゲラゴス氏に事寄せて、辣腕弁護士とはいかなるものか、私見を書いてみる。
 マーク・ゲラゴス氏は、1957年、ロサンゼルス生まれ。おお、私より若干若い。それで、地元のロヨラ・メリーマウント大学のロースクールを卒業して弁護士になった。私は、アメリカの大学に関して、通暁している訳ではないが、ロヨラ・メリーマウント大学というのは、少なくとも、ハーバードや、エールといった有名大学ではないと思われる。でも、そういうのは、アメリカではあまり関係ないのかな、と思ったことがあって、それは、私が個人的にとても尊敬する特許弁護士と、酒を飲み交わしたとき、自分は、無名で治安が悪いところにあるロースクールを卒業したのだ、と聞いたからである。彼曰く、自分が通ったロースクールは、治安の点で問題がある地域にあって、通うのもヒヤヒヤだったと聞いた。そういうところが、どう考えても、一流のロースクールであるはずはない。では、逆に、アメリカにあって、ハーバード、エール、コロンビアなどの一流と言われる大学のロースクールを出ることは、どういう意味があるのだろう、と問いたくなる。
 さて、マーク・ゲラゴス氏は、有名な事件を取り扱うことで、その名を馳せた。そのとっかかりは、クリントン前大統領を巻き込んだ、ホワイトウォータ疑惑事件で、その中心人物であった、スーザン・マクドゥーガル女史に無罪を勝ち取ったことであった。
 それ以外に、ゲラゴス氏が関与したのは:
- 女優のウィノナ・ライダーの窃盗事件
- クリントン前大統領の弟の飲酒運転事件
- アルメニア人大虐殺の遺族が保健会社に支払いを求めた件
- マイケル・ジャクソンの児童虐待の件
- バリー・ボンズのステロイド疑惑事件、等
 と、枚挙にいとまがない。
 マーク・ゲラゴス氏が辣腕弁護士である所以は、決して単なるはったりではない。すなわち、同僚の弁護士が言うには:
- 彼は、州法を知り尽くしている
- 個々の裁判官や検察官の傾向も研究している
- 法律の解釈にも優れる
- アカデミックな論争も厭わない
 では、ゲラゴス氏に死角はないのか、というと、実は、死角は、その優秀さにあって、多くの事件を並行して扱おうとするので、苦情も受ける。すなわち、い一種のワークホリックなので、仕事を引き受けすぎる。よって、兵站が延びすぎて、手薄になる案件が出てくる。
 マーク・ゲラゴス氏の別の問題は、その手数料の高さである。時間チャージは、1000ドル、すなわち10万円程度であり、マイケル・ジャクソンの件では、少なくとも2億円の成功報酬が支払われた、という。
 こうして、明らかになったマーク・ゲラゴス氏のキャラクタは、次のとおりである:
- 法律と裁判手続きが好きで、そこに生き甲斐と自信をもっている。そのための自己研鑽も欠かさない。
- 生き甲斐と自信をもっているので、マスコミに注目されるようなケースを、なるべく手がけたい。
- 既に十分な資産はあり、それほど、報酬額に拘る訳ではないとどこかで思いつつも、自信の訴訟スキルに見合う、業界水準よりも高い報酬額をチャージすることで、プライドを維持するようである。
 では、マーク・ゲラゴス氏は、三浦氏の裁判に関与し始めたことで、この件を勝算ありと踏んでいるのか、というと、先ず、「1988年にロサンゼルスの裁判所で発行された逮捕状が、先月の25日に更新され、この更新された逮捕状は、拘束力がなく無効である。」と主張しているそうだが、これは、誰をも納得させるに到っていない。よって、三浦氏の再審の序盤は、やや不利のようである。
 マーク・ゲラゴス氏はまた、執拗な日本のマスコミの取材攻勢に辟易しているようである。よって、三浦氏が、ゲラゴス氏が要求する報酬額を支払い得るかどうか、ということも考えると、どこかで手を引く、というストーリーも考えられる。

チベット弾圧

 中国によるチベット弾圧の歴史をみていると、どうしてここまで徹底的にやるのか、という疑問が抑えきれない。例えば、同じ自治区というなら、モンゴル自治区もあるが、皆無ではないのかもしれないが、そこで、ひどい弾圧があったという話を聞かない。
 それで、今週号のTIMEのカバーストーリーは、ダライ・ラマであったので、その記事を読みながら、ふと考えたことがあったので、書いてみる。
 普通、ある地域や民族、グループを徹底的に弾圧する、というのは、典型的には、手を拱いていると、その地域からテロ行為を働くものが出てくる、というものである。例えば、真偽はともかく、米国はそういう名目で、イラクに攻め込んだ。ところが、チベット自治区の誰かが、中国に対して蜂起したり、テロを画策したという話を聞かない。
 すると、中国は何を恐れ、忌避しているのか、ということになる。それはどうも、チベットが継承する正統仏教の教えであり、その象徴としての、ダライ・ラマなのであろうか。で、私の推測は、中国は、チベットの聖なるものを消し去ろうと、必死なのである。TIMEの記事によると、中国は、チベットの首都ラサに鉄道を引き、ラサに、ハイカラなバー、スナック、カラオケ、アミューズメント・パークをどんどん建設している。ラサはどんどん、俗化されている。
 このような動きを、ダライ・ラマは、鉄道や遊興施設は、よくもなく、悪くもない、と冷静にみる。一方で、中国当局は、全く冷静を欠いて、チベット自治区の住民が、ダライ・ラマに言及することさえ許さない。
 そこで推察されるのは、中国当局は、宗教的な気風が、中国本土に蔓延することを、非常に恐れている、ということである。ある意味、武力的侵略と同等程度に。そのことは、国内の法輪功のグループに対する弾圧からも推察される。すなわち、2003年の時点で法輪功修行者の投獄は数万人に及ぶとされる。
 これでもう、中国当局は、宗教をはっきり嫌悪している、と断定してよいと思う。しかし、その理由は何か。私の推察は、次のとおりである。中国は、長い歴史をもち、道教、儒教、仏教など、宗教を尊ぶ気風が、伝統的に国民にしみ込んでいる。そんな中で、中国共産党は、マルクス・レーニン主義の教えもあって、古い伝統を陋習として否定し、国民を新しい思想で解放するものとして、あらわれてきた。だから、毛沢東は、孔子を批判した。道教の方が、当たり障りがないので、まだしも、老子・荘子の方がまし、とした。
 こうして、国民はどんどん、脱宗教、脱伝統で教育されてきた。例えば、私の中国人の友人で、精華大学出身で、話してみると、私に比べて圧倒的な秀才であることが直ちに分かる友人がいる。それで、会話が弾んだことがあって、老子や荘子は偉大だよね、流石中国だよね、と話題を振ってみたところ、急に黙ってしまった。老子や荘子は、よく分からない、と弱弱しく応えるばかりである。老子や荘子は、難解といえば難解であるが、とてもしっくり来るフレーズもある。へーゲルの精神現象学の類ではない。よって、どうも、本当に、学校で習っていないようなのである。
 このことから、中国は、古典的伝統や宗教的レガシーを意図的にないがしろにしてきた、と言える。毛沢東や比較的年配の世代は、子供の頃は古典の教育をしっかり受けたであろう。しかし、少なくとも1955年以降に生まれた人達は、古典教育を断絶されて、生きてきた。そもそもが、簡略化された漢字を使う、という発想が、著しく脱古典、脱宗教である。そうして、外国語、数学、理科などの実学だけにフォーカスして育てられてきたのが、戦後の中国人なのであった。物質を、もっと物質を、である。それこそが、資本主義国家を打ち負かす方策であった。宗教は、怠慢の観想につながる。それは物質的な共産主義社会にあって、決して望ましいものではない。
 そういう方針だと、仏教の正統的な嫡子をもって任じるチベットの人々ほど厭わしいものはない。なんとしても、その文化を根絶やしにしなくてはならない、そういう負の情熱を、私は中国当局から感じる。
 しかし、仏教やキリスト教、と明示的に言わなくても、人間には宗教的にものは必要であり、昨今の労使関係の縺れ、その他の国内問題は、中国当局が、宗教的を軽視してきたことのツケが回り始めていると思う。それを認めるのが嫌であるから、一層、チベットに辛く当たる。そういう悪循環に陥っていないか。

2008年3月25日

ゲームオタクを責めないで

 Webニュースによると、茨城県土浦市のJR常磐線荒川沖駅構内で8人が殺傷された事件で、逮捕された金川真大容疑者(24)は、典型的な「ゲームオタク」で、5年ほど前に秋葉原で開催された全国規模のゲーム大会で準優勝していた、という。
 これを見て、私は嘆いた、ああ、またオタクが責められるのか、と。そう、忘れもしない、宮崎勤の事件である。宮崎勤は、ビデオオタク、アニメオタクで、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の犯人であることから、オタク全般が、白い目で見られることになった。
 私が、なぜオタクを庇うのか、というと、私自身は、ゲームオタクでも、ビデオオタクでも、アニメオタクでもない。もしかして、何オタクでもないかもしれない。しかし、運動嫌いで、神経質で、蒼白く、インドア派で、本の虫で、宇宙論だの、霊だの、訳の分からないことを喋って、友人を煙に巻いている。そして、女性にもてた経験がなく、それ故に女性に対して屈折した思いを抱き、・・ああ、やはりオタクの素質十分である。
 だから、女性陣の、「こんな天気のいい日に、部屋に籠もってゲームやってるって、どうかしているわ。ところでさぁ、知ってる? こないだの土浦の通り魔殺人の犯人、ゲームオタクだったってよ。」「ええっ、うける~。やっぱり。ああいうのって、女の子と付き合いたくても相手にしてもらえないで、内に籠もっちゃってるのよね。それで、なんかのとき、爆発するのよね。」のような会話が始まると、私としては穴があったら入りたくなるのである。
 しかし、断固抗議したいのは、宮崎勤以外に、ビデオオタク、アニメオタクの殺人犯がいただろうか、金川真大以外に、ゲームオタクの殺人犯がいただろうか、ということである。隈なく調べた訳ではないが、意外にいないのだはないだろうか。そもそも、一般的にオタクは、殺人などという大それたことをする行動力なんてないのである。だから、もし宮崎勤や金川真大のような殺人を犯すとしたら、それは、オタク性以外の別の狂気に囚われたせいなのである。
 例えば、私は、子供の頃将棋が好きで、将棋を指していたら、勝負事が好きな者は親の死に目に会えない、とよく言われた。しかし、私がもし親の死に目に会えない、としたら、それは断じて勝負事のせいではない、単に親元を遠く離れて暮らしているだけである。
 もし非難するなら、ゲームオタクやアキバオタクではなく、寧ろ、競輪、競馬、パチンコなどのギャンブル魔の方であろう。そういうギャンブルで身を持ち崩して、お金に困って犯罪を犯す人は、沢山いる。それなのに、どうして、オタクがいつも、非難の的なのだろう。
 そもそも、オタク、オタクというが、大学でも会社でも、こつこつ研究する人はみな、よきにつけ、悪しきにつけ、オタクではないか。カミオカンデでニュートリノを探す人は、悉くオタクではないか。むしろ。オタクにあらずんば、研究者にあらず、ではないか。
 と、いくら言葉を尽くしても、そうよね、オタクって実は素晴らしいのよね、という展開にはならない。よって、そういう議論は避けて、私は、部屋に籠もるのである、ああやっぱりオタクだ、という非難を背に受けながら。

心身の双対性

 ときどき、突拍子もない概念が浮かぶのだが、昨日浮かんだのは、「心身の双対性」ということである。例によって、説明はないので、その意味は自分で考えるよりない。それは、どうもこういうことらしい。物質界にあることのほとんどは、心霊界にその対応がある、ということである。ただ、物質界⊂心霊界なので、心霊界にあることは、物質界にあるとは限らない。すると、双対性ではないではないか、心霊界から物質界への単射ではないか、と反論すると、ああそうかも、とは同意がある。
 で、具体例を挙げてみる。物質界では、大気にも、土中にも、ありとあらゆる細菌やウイルスが溢れている。これと双対に、心霊界にも、地縛霊や精霊などが溢れている。物質界では、きちんとした衛生を保つと、病気を防ぐことができる。しかし、体調がおかしくなって、免疫機能が低下すると、体に棲み付いているとても弱い細菌にすら、跳梁を許して、次第に体が弱ってしまう。典型的には、AIDSである。それと双対に、心にも、免疫機能があるらしい。すなわち、心が健康であれば、妙な霊の憑依を許さない。しかし、心が弱ってくると、霊に憑依されて、思わぬ行動に出てしまう。典型的には、2日前の土浦の通り魔殺人事件である。あれは、まったく動機が不明である。そういう場合に、霊の憑依を想定するのが妥当であることがある。
 では、どういう場合に心の免疫機能が低下するかというと、あることを一心に思いつめた場合、あるいは、心に空白が出来た場合である。是非とも何かを達成したい、お金や地位を手に入れたい、あるいは何をしていいか分からない、など。例えば、「迷える霊との対話」C.A.ウイックランド著、近藤千雄訳、ハート出版などを参照されたい。このため仏教は、昔からこだわりをなくすよう説いてきた。仏教は、まさに心の健康のための処方なのである。
 別の双対性として、物質界の遺伝子がある。心にも遺伝子があって、それは、ユンクのいう原型(アルキタイプ)に近いかもしれないが、なにか性格のタイプを規定するものである。ここで理解すべきなのは、心の遺伝子と体の遺伝子は全く独立であることである。だから、同じ親から生まれた兄弟は、肉体的には遺伝子は極めて類似するが、心の遺伝子は全く異なり得る。心の遺伝子は、その由来である類魂から引き継ぐ。コンピュータ・サイエンスの言葉を使うと、類魂はクラスなのであり、個別の心は、インスタンスなのである。そういう意味では、神とは、いかなる意味でも人格神ではなく、クラスの上位のスーパークラスと位置づけられる。実際、神そのものがこの世に顕現することはないので、それはスーパークラスであると同時に、仮想クラスでもある。
 それでは、肉体における酵素やホルモン、タンパク質のようなものは、心にもあるか、と問うと、物質界⊂心霊界なのだから、それはある、という答えが返ってくる。しかし、その準同型写像は、細菌、地縛霊、遺伝子などの類比よりも分かりにくく、簡単な観想では、理解できないだろう、とはぐらかされてしまった。
 ともかく、よく分からない双対性なのであった。

猫が好きな文士

 新聞のコラムによると、猫が好きな文士というのは、結構いるそうである、例えば、大仏次郎は、生涯、通算500匹の猫を飼ったという。その他、室生犀星、谷崎潤一郎、幸田文、武田泰淳、吉本隆明などである。
 吉本隆明が猫を膝に出して相好を崩しているのは、見ものであろう。
 ところで、世の中、よほどのペット嫌いはともかく、無理やり分けると、犬派と猫派に分かれるのではないだろうか。もちろん、両刀使いもいると思うが。そんなとき、文士というか作家が猫が好きなのは、なんとなくしっくりくる。というのは、猫は、結構人間に依存しているくせに、わがままで、独立不羈みたいに態度がでかくて、プライドが高い。作家のメンタリティとそっくりである。
 私は、というと、どちらかというと、犬派であった。それは、私の生まれた場所による。というのは、私が生まれた孤島は、野良猫の天下で、網戸を閉め忘れていようものなら、隙あらばと、と魚を盗まれてしまう。だから、まるで、イラクで不穏分子に対する米兵のように、猫達と相対していた。そんなとき、猫を飼おうという発想はなかなか出てこない。
 で、犬が好きだったので、近所から2度くらい犬をもらったのだが、祖母が犬嫌いで、私が学校に行っている間に捨てられてしまった。悔しくて、祖母を恨んだことはいうまでもない。
 だから、大人になったら、絶対、犬を飼うんだ、と心にずっと思ってきた。それでようやく一戸建てに住むようになって、チャンスだと思ったら、なぜか縁あって、猫を飼うようになってしまった。もう何年も一緒に住んでいるのに、私の膝に乗ろうともしない。しかし、餌がほしいときだけ、擦り寄ってくる。ときどき、ぶっとぱしたいという気になることがならないでもないが、生まれた島の言い伝えで、猫と蛇を苛めると、祟るという伝説があって、仕方なく、なるべく紳士的に対応している。すると、猫はどんどん付け上がる。こういうモードで、よく、適者生存してきたと思うが、もしかして、ものすごく深い知恵があるのかと感じることもある。その直後、お尻を舐めているシーンみて、慌てて否定するけど。

宿泊拒否

 新聞によると、グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が、日教組の教育研究全国集会をめぐり出席予定者らの宿泊を拒んだという。すなわち、日教組は集会参加予定の教員らの宿泊用として2月1日から3日の3泊分、約190室を予約。しかしホテル側は宿泊を認めず、ホテルでの全体集会の会場利用も拒否した。
 暴力団や右翼団体、カルト宗教団体の類でもないのになぜ、と思ったら、ホテル側の言い分は、日教組が宿泊すると、「(右翼団体の)街宣車による騒音や警備による交通マヒが予想され、宿泊客らの安全安心の確保を第一に考えた」ということである。また、周辺の私立中学などの入試と時期が重なっていたことから受験生への影響にも配慮した、という。
 しかし、旅館業法によれば、下記の規定がある。
「第五条  営業者は、左の各号の一に該当する場合を除いては、宿泊を拒んではならない。
一  宿泊しようとする者が伝染性の疾病にかかつていると明らかに認められるとき。
二  宿泊しようとする者がとばく、その他の違法行為又は風紀を乱す行為をする虞があると認められるとき。
三  宿泊施設に余裕がないときその他都道府県が条例で定める事由があるとき。」
 よって、この条文を素直に読む限り、グランドプリンスホテル新高輪は、日教組の宿泊予約を断れないことになる。というのは、日教組は、一には該当せず、二にも該当しない。「風紀を乱す行為をする虞がある」のは、右翼団体の街宣車であって、日教組自体ではない。
 では、どういう罰則がホテルに課せられるかというと、下記の規定によれば、五千円以下の罰金となる。これは、とても軽いことになる。ただ、営業許可の取り消しや停止といった行政処分も課し得るという。
「第十一条  左の各号の一に該当する者は、これを五千円以下の罰金に処する。
一  第五条又は第六条第一項の規定に違反した者
二  第七条第一項の規定による報告をせず、若しくは虚偽の報告をし、又は当該職員の検査を拒み、妨げ、若しくは忌避した者 」
 日教組は、今月14日、ホテルを経営するプリンスホテルなどに約3億円の支払いを求めて東京地裁に提訴するなど、対立が続いているという。
 ただ、聴取を受けた小山正彦総支配人は報道陣に「ホテルの安心と安全を守る責任があり、法には抵触しないと考えている」と語った。例えば、いろいろな意味で話題の人を宿泊すると、人が押し寄せてきて、他の宿泊客が、安心して泊まれない、という事態もありえる。ところが、今の旅館業法では、単にそれだけの理由では宿泊を断れない。ホテルの言い分にも、一理あるような気はするが、どう考えても、旅館業法を素直に読むかぎり、ホテル側に勝ち目はない。ただ、法令に背いてまでも、宿泊客の安寧と静謐を守るというグランドプリンスホテル新高輪側の姿勢に、それでこそサービス業と、一本筋が通ったものを感じるのは、私だけだろうか。

2008年3月26日

カタカナ発音

 例によって本屋に行ってみると、カタカナ発音の本があった。結構、よくあるタイプの英会話本である。カタカナ発音といっても、This is a pen.を、ディス・イズ・ア・ペンと発音しなさい、というものではない。例えば、ディザペン、というように、カタカナを読むと、ネイティブっぽく聞こえる言い方である。
 ところが、この本の著者をみて、ああっと思った。池谷裕二という、気鋭の若手の脳科学者が書いた本なのである。彼が、こんなハウツーみたいな本を書くとは、と思って捲ってみると、次のような例があった:
 We had a lot of snow → ウィアダラーラスノウ
 That is not what I meant. → ダーツナーッワライメンッ

 こういう例をみると、英会話にあまり馴染みのない人は、冗談と思うかもしれない。でも、私の限られた経験でも、結構有効なのである。例えば、米国出張のとき、友人数人とレストランに行った。友人といっても、私は一人で出張に行くのが原則なので、他のメンバーはみんなネイティブの英語話者である。で、飲み物は何にしますか。と聞かれて、他の人はレモネードとかいろいろ言っているところ、私は、若干の勇気を出して、ワラと言った。本当に、藁葺き屋根の、藁の発音をした。すると、ちゃんと水が出てきた。というのは、いままで、ウォータと、日本流に発音して通じなかったことが何度もあったからである。
 waterよりも仕事で日常的に使う単語に、localがある。これ、間違っても、ローカルと発音してはいけない。日本人英語に慣れた人にしか通じない。これは、断じて、ローコゥである。これで通じなかったことはない。
 いちいち挙げるときりがないが、あと、motor cycle。これは、モータ・サイクルではなくて、モーラ・サイコゥである。これによって、末尾のLが、小さい「ゥ」になる、という法則が分かる。
 だから、池谷氏が、アメリカに行って苦労して、カタカナ発音の方法を編み出した、というのは、とても実感できる。ただ、問題があって、知らない状況で知らない単語の列だと、たちまち馬脚をあらわすのである。
 すなわち、私が上記カタカナ発音を駆使してしゃべっていると、「おお、お前、日本人にしては発音いいじゃん。」みたいに褒められた。ところがである。どんどん話して日常の細々したことに話題が及ぶともういけない。語彙や会話についていけなくなって、段々、ディス・イズ・ア・ペン式の日本人発音になってしまった。それで、友人は、私との会話に興味をなくして行ってしまった。付け焼刃は、やっぱり駄目である。
 カタカナ発音とは少し離れるが、米国人と会話していて、会話はやっぱり内容だよね、とよく痛感する。というのは、男性の既婚の米国人に私はよく、「奥さん、怖い?」とか、「何回くらい離婚しようと思った?」という話題を振ると、これがまあ、会話が弾むこと。話したい内容があると、英語はなんとかなる。赤ん坊が語学を速やかにマスターする理由の1つがこれであって、お母さんと密接な関係で話したい、という気持ちがとても大きいと思う。これは、学校英語が進歩しない、という逆の理由にもなっている。

2008年3月27日

老子と素粒子論

 高校時代から、古典や漢文が嫌いで、それで消去法で理系に進んだような面もあるが、最近なぜか、老子を読んでいる。私が尊敬する、金谷治氏著、「老子」講談社学術文庫である。
 その第一編は、次のとおりである。

 道可道、非常道。名可名、非常名。無名天地之始、有名万物之母。
 故常無欲、以観其妙、常有欲、以観其徼。

 以下、まだ続くのだが、これを金谷氏は、次のように読み下す。
 道の道とすべきは、常の道にあらず。名の名とすべきは、常の名にあらず。名無きは天地の始め、名有るは万物の母。故に常に無欲にして以ってその妙を観、常に有欲にして、その徼を観る。
 これをみてふと、物理学の素粒子論のことを思った。すなわち、物理学では、電子、パイオン、陽子、中性子、クォーク、ニュートリノなど、素粒子に名前をつける。それだけでなく、素粒子の間の力を、強い力だの、弱い力だの、電磁力、重力など名前をつける。そうして、複雑な方程式を書いて、それを解こうとする。厳密には解けないから、摂動だの繰り込みだの、苦労する。それでも、無限の困難が解消されないので、ストリング・モデルと、11次元空間を考えたりする。
 すなわち、もともと、世界の現象があるのだけれども、最初は、何にも名前がついていない。それが、「天地之始」。ところが、人間が関与すると、どんどん名前がつけられていく。それが、「名有るは万物の母」。すると、人間をして、名を付けさせしめる母のような存在が、どうもあるらしい。その母とは、根源的には、人間の欲なのかもしれない。
 だから無欲でいれば、自ずとその玄妙さを観ることができるが、欲を出して、名前を付けまくると、どんどん混迷に入り込む。
 以上が私の解釈である。だから、物理学は、進歩すればするほど、一層混迷する運命にある。下手に進歩させなければ、直感でいろいろなことが観えているのに。
 これと似た言明に、アウグスティヌスによるものがある。アウグスティヌスは、時について、こう言った。「私は、時について問われる前は、時が何か分かっている。時について問われると、時がなにか分からなくなる。」
 これは、人類の深遠なるアポリアの1つではないだろうか。

2008年3月28日

一家6人殺傷事件

 Webニュースによると、28日午前0時15分ごろ、東京都文京区小石川の民家から、「隣の家で家族が刺される事件があった」との110番通報があった。警視庁富坂署員らがこの家に駆け付けたところ、6人が腹などから血を流して倒れており、救急車で病院に運ばれたが、3人が死亡した。同署によると、事件があった民家は7人家族で、駆け付けた捜査員に対し、この家の男性(43)が「自分がやった」と話したという。
 最近、土浦の通り魔8人殺傷事件と、岡山駅の突き落とし殺人事件があったばかりで、いかにも痛ましい。
 このような事件は最近増えているのだろうか、それとも、以前からあったが、あまり報道されなかっただけであろうか。私にはやはり、増えているような気がする。もしそうだとすると、なぜか、という理由を、私なりに考えてみる。
 すると、まず第一の理由は、経済合理性の風潮が高まったことである。もっと言うと、以前は、それでも、終身雇用が一般的であり、よほど経営が行き詰まらなければ、リストラはありえなかったが、今では結構安易にリストラという手段が選ばれる。社員を抱えておくと、給与以外に福利厚生も随分経費がかかり、よって人件費削減には、有効だからである。すると、当然に、生活に困る人が出てくる。失業保険はすぐ切れるし、いい年をしてリストラになって、大した仕事はみつからない。退職金もすぐ食いつぶす。すると、人はつい、上記のような犯罪を考えてしまう。
 一家6人殺傷事件の犯人は、生活に困っていたという。土浦の通り魔8人殺傷事件の犯人は、無職であった。岡山駅の突き落とし殺人事件の犯人の高校生は、大学に進学したかったのに、またそれなりに成績もよかったのに、経済的な理由で進学の途を絶たれて、鬱屈していた。
 それでも、昔だったら、貧しくてもそれなりに清貧に甘んじて生きていたような気がする。今何が違うか。ここからが、多くの人には同意してもらえないかもしれないが、次のような私の意見がある。
 すなわち、例えば、私が鳥インフルエンザに罹ったとしよう。すると、私のくしゃみには、周囲の多数の人を感染させる力がある。これと同じように、リストラを命じられた人は、ものすごい怨念をもち、それを周囲に発散させる。その怨念は、病気の人からの体液の飛沫のように、周りを不愉快にする力をもつ。ここで理解して戴きたいのは、病気の人からの体液の飛沫の感染は物理的制約をもつが、人間の怨念は、一種霊的なものだから、空間的制約を受けず、世界中に伝播してしまう。すると、ラジオのチューニングのように、それに同調する精神状態の人に同調してしまう。
 実は私は、その意味で、9月11日テロ以降の世界情勢にも注目する。9月11日テロ以降、アメリカ合衆国は、テロに対する報復として、アフガニスタンに攻め込み、罪の無い子女を含め、多くの人を殺傷した。そこから、多くの恨みが巻き散らかされた。ところが、私が感じるところでは、その後のイラク戦争の方がはるかに怨念巻き散らかしのレベルが高い。というのは、アメリカ軍は、より徹底的に民間人も含めて攻撃し、その死亡者の数は数知れない。よって、そこから湧き上がる怨嗟のクラウドは、世界を巡り、蔓延する。そこで、バージニア工科大学で、佐世保で、銃撃事件が起こり、また、ここ数日、日本でも事件が続いた。そう、怨念とは、生きている人の生霊と、死んだ人の死霊と、古くからの地縛霊の混合なのである。一体、どんな除霊の方法があるのだろうか。

対テロの拠点

 Webニュースによると、エチオピアが北朝鮮から武器を輸入しているという情報を、米英両国が掴んだという。結局、英国対外情報部(MI6)は、北朝鮮からエチオピアに運び込まれた物資を「化学兵器と混同されやすいリンを使用した通常兵器の原材料」の可能性が高いと判断。エチオピアの兵器工場は「黄リン発煙弾、ロケット弾、小火器などの製造施設ではないか」と見ているそうである。
 一方、昨年4月13日、エチオピア政府は声明で、北朝鮮の貨物船が▽兵器工場の機械部品▽小型武器用の弾薬製造のための原材料をエチオピア向けに輸送したと認めた。だが、米国はエチオピアに対する制裁など強い措置には動かなかった。理由は、米国にとってエチオピアは、東アフリカにおける対テロ戦争の要衝だからである。すなわち、無政府状態のソマリアが国際テロ組織アルカイダの拠点となるのを防ごうと、エチオピアを支援する。北朝鮮による武器輸出が黙認された裏には、「テロとの戦い」を最優先する米国の外交・安全保障政策がある。なお、別のニュースによると、3月28日に、北朝鮮が短距離ミサイルを発射したとのことであるが、これは、韓国が新しい大統領に就任し、今までの太陽政策と逆の施策をとると喧伝されていることから、軽いジャブであると同時に、エチオピアやイランなど、軍事兵器の顧客国家に対する、自国兵器のデモンストレーションであろう。
 ところで、他に、米国が対テロの拠点と考えているのは、言わずとしれた、パキスタンである。パキスタンは、9月11日テロのあと、まさに、米国によって武力で脅されて、対テロの協力をすることを誓わされた。相当に不承不承であろう。なぜなら、オサマ・ビン・ラディンを匿ったタリバンは、パキスタンのイスラム神学校で勉強したのであり、ある意味身内である。米国としては、パキスタン内のタリバン勢力を掃討することはどうしても必要であり、そのために、パキスタンの協力が必須であった。そのため、武器や資金の供与を惜しまなかった。しかし、パキスタン国内では、自爆テロも頻発し、パキスタン軍は、対テロ戦争に対する協力を、渋り始めた。もともと、米国からの一方的な依頼である。モラールが上がるはずもない。
 米国の当初の予定では、イラクも、アフガニスタンも、対テロの拠点にしようと計画したようだが、当初の予定が狂い、対テロの拠点どころか、その地に留まり、治安を維持するのに精一杯である。出口は見えない。
 また、エチオピアにしてもパキスタンにしても、結局、裏で武器がテロリスト側に流れている可能性は当然ある訳で、全くざるのような戦略である。しかし、分かっていても、米国には他に有効なやり方もないのであろう。実際、アフガニスタンの対ソ連戦争で、オサマ・ビン・ラディンを米国が支援したことが、仇になっているのは、よく知られている。
 こうして、米国にとって、有効な対テロの拠点に留まっているのは、日本、韓国、フィリピン、あと欧州のNATOであろうか。サブプライムに苦しむ米国にとって、最早、海外軍事拠点は縮小すべき対象である。すると、田中宇氏が指摘するように、世界は多極化に向かうのであろうか。しかし、多極化した世界とはいかなる世界なのか、私の想像を超えている。

2008年3月29日

将棋 - 初手の悪手

 最近、友人と、将棋の初手で一番悪い手は、何だろうと少しだけ議論した。友人は、48玉かもと言い、私は58金左かも、と応答した。そして、58金左だと、84歩で困るのでは、と言ったら、その後、76歩、85歩、77角、83銀、66歩、84銀、67金、74歩、88飛で、潰れない、という応答であった。確かに、先手の陣形をかなり制約するものの、とても一気には攻め潰せない。プロ的にはどうか分からないが、アマ的には、一局かもしれない。
 友人は寧ろ、初手の悪手として、48玉を推す。58金左が明確な潰れを指向するとしたら、48玉は、もっと曖昧に、漠然とした作戦負けを目指す。で、模擬的に自分して48玉以下指してみたが、後手は、振飛車にするのがよいようである。しかし、先手も右玉模様に構え、少し作戦負けぽいが、これもアマ的には、一局だと思えた。
 よく考えたら、もっと悪そうなのは、初手86歩である。すると、84歩、78金、85歩、同歩、同飛、87歩、82飛、76歩、72銀、68銀、83銀、84銀、77銀、となって、潰れはしないが、相当作戦的に制約される。
 以上の考察から、次のことが言える。
 先ず、将棋の初手で、どんな手を指しても決定的に不利になることはない。逆に言うと、相当なプロ的センスがないと、決定的に不利だといえないということである。
 そういう前提で、つぶれはしないけれども悪そうな初手は、86歩、48玉、58金左である。で、ふと思いついたのだが、初手78飛はどうか。しかし、以下、34歩、58金左、84歩、76歩となって、これも、かなり「一局」である。以上から、次のように悪手をランク付けする。
1.86歩
2.48玉、58金左
3.18香、98香 ・・この段階で、香を上がるのは、穴熊でも目指さないと意味ないかも。ただ、具体的に咎めるのは難しい。
4.68銀、78銀 ・・自ら角道を開けられなくする。
5.38金 ・・・飛車を囲っている。しかし、具体的に悪くなる訳ではない。
6.46歩、68金、48金、18飛・・具体的にどうこういうよりも、意味不明である。もちろん、悪くなる訳ではない。
7.38銀、38飛、48飛・・・なんとなく、意味がありそうである。
-------------------------------------------------
さて、それでは有意義な手となると、上記以外であるが、普通な順から並べる
1.76歩、26歩
2.56歩、58飛・・プロの将棋でも普通にみかける
3.36歩・・プロの将棋でも普通にみかける。
4.66歩、68飛・・・要するに、4間飛車指向である。
5.16歩、96歩・・・プロの将棋でも、ときどきみかける。
6.78金・・・居飛車党に振飛車を誘う。ありえる。
7.48銀・・・後手の初手62銀はあるが、先手の初手48銀はどうか。プロではないかもしれない。

回文

 回文とは、前から読んでも、後ろから読んでも同じ読みになる文章であって、古典的?なものとしては、私負けましたわ(わたしまけましたわ)がある。
 新聞の記事によると、言葉遊び作家、小野竹裏さんは、回文作成のこつを次のように紹介する。
1.まず、ベースになる、逆に読んでも意味がある単語を集めておく。
つなぎ材料=「つい」と「いつ」、「けさ」と「酒」、「キス」と「すき」、「ああ」、「いい」、
しあげ材料=「いま」と「まい」、「よい」と「いよ」、「よく」と「くよ」、「なか」と「かな」、「たね」と「ねた」、「わたし」と「したわ」、「たい」と「いた」など。
2.使いたい言葉をひらがなにして、横書きで書き出す。
3.使いたい言葉をひっくりかえしたものを並べる。
4.まんなかの文字を消したり、ひらがなを挿入したりする。
5.前後に言葉をつなげていく。
6.「つなぎ材料」と「しあげ材料」を使い、完成させる。

 こういう方法だと、回文辞典として、つなぎ材料としあげ材料を、沢山そろえておくと、6のステップで助けになるだろう。
 ただ、実際に試してみると、かなりノウハウと経験が必要になる。
 例えば、「かんせい」という単語を選ぶと、

かんせい いせんか
間に、「い」を1つ入れて、
かんせいいいいせんか=歓声いい戦果
あるいは、無理やり、痴(うこ)という古語を使って、
うこのかんせいせんかのこう=痴の歓声戦果の功、というのもできるが、無理やりの感が否めない。
 若干の詰将棋を作ったことがある私の経験によると、回文は、詰将棋に似ている。すなわち、とりあえずルールに従ったもの(詰将棋でいえば、詰む将棋と揶揄されるもの)は安易に作れるが、冴えたものを作るのはとても大変、という点である。一般的に長ければ長いほど難しい、というのも詰将棋と同じである。
 日本回文協会のホームページを見ると、おお、と感心するような作品が沢山ある。ここの例をみると、「今朝」~「酒」というのは、1つの定跡のようであって、達人ともなると、こういうパターンが沢山頭に入っているのだろう。

スティーブ・ジョブズ

 スティーブ・ジョブズと言えば、言わずと知れたアップルのCEOであるが、強烈の個性とビジョンの持ち主くらいしか私は知らない。それで、アスキー新書「iPodをつくった男」太田和利著、に拠り、ジョブズのことに関して、自分用にメモしてみる。
 スティーブ・ジョブズは、1955年生まれ、事情はよく知らないが、生まれると直ぐに、養子に出されてしまう。子供の頃から、自分に注目を集めるのが得意だったという。中学生のとき、パーソナル・コンピュータに魅了され、そのとき、スティーブ・ウォズニアックと出会った。ウォズニアックが天性のエンジニアであったのに対し、ジョブズは、天性のプロジューサ兼ディレクターであった。その才能は、市場性を見抜くところで先ず発揮された。
 すなわち、アップルIはもっぱらマニア向けであったが、アップルIIでは、秀麗なデザインをとりいれた。このときのDNAは、今のiPodにも継承されているといえる。
 知られているように、今のマルチウィンドウとマウスのインターフェースを考え出したのは、ゼロックスのパロアルト研究所だった。しかし、ゼロックスは、資金的な面もあって、これらをうまく製品化できなかった。そこで、ジョブズは、パロアルト研究所から研究者を引き抜き、アップルの製品で、それらのGUIを確立させた。まさに、その後マイクロソフト・ウィンドウズにも継承される、業界のデファクトを作り上げた。
 会社が成功し、成長すると、プロの経営者が必要になった。そこで、元ぺプシ・コーラの社長、ジョン・スカリーを雇いいれた。しかし、ジョブズの採算度外視的なプロジェクト計画を、そのスカリー自身から追及され、ジョブズは、アップルから追放の憂き目に遭う。
 しかし、Next社がアップルに吸収合併されるに及んで、ジョブズは、アップルのCEOに返り咲く。
 ジョブズの特徴は、強引とも言える決断力と、カリスマ性である。特に、プレゼンをとても重視し、CEOでありながら、製品のプロモーションにとても時間を費やす。どうも、ジョブズであれ、アップルの製品であれ、とてもビジュアルというか、見られることに重視しているようである。だから。当然にマスコミをも重視する。こういうジョブズと比較すると、もともと強烈な個性の持ち主であるビル・ゲイツも、どもかしら、学者然と見えてくるほどである。
 そこで見えてくるジョブズの個性は、よくも悪くもワンマンで、気難し屋である。上機嫌でマスコミ相手に質問に答えていたかと思うと、突然、自信を失わせるくらい部下を叱り付ける。とても些細なことで怒鳴られ、会社を去った部下もいたらしい。ともかく、感情が豊かなのであって、それがよい方に向かうととてつもない力を発揮するようだ。
 ジョブズの情熱は、製品開発にも深く関与する。CEOでありながら、製品の細かいデザイン、GUIにも口を出す。また、製品のベータ版が出ると、それを持ち歩いて自らテストし、開発者にフィードバックする。要するに、自社製品に深い愛情と思い入れをもつのである。こういう会社だと、マイホームパパではなかなか、勤まらないだろう。
 ジョブズの才能の1つに、交渉力がある。ジョブズがCEOに復帰したとき、最大の仕事は、マイクロソフトを訪れ、そのオフィス製品を、アップル向けに開発してもらうことであった。交渉相手は、ビル・ゲイツであり、当時たった3%しかシェアがないアップルのOS用のオフィス製品を開発するなど、割が合わないもいいとこだった。結局、ゲイツはジョブズに折れたのだが、どうもゲイツの心は、ここで折れて、ジョブズとWin/Winの関係を築くことにあったようだ。結局、その後、マイクロソフトとアップルは、互いの長所とノウハウを利用し合うかたちとなっている。
 さて、「iPodをつくった男」にある、アップル社の特徴は、下記のとおりである。
- 自らのビジョンに従い、自らが使いたいものを作る。必ずしも、市場調査の結果ではない。
- 裏プロジェクトの存在。そこから、次の製品を立ち上げる。
- 極端な秘密主義。そもそも、デザインセンターの場所され公開されていないという。これで思い当たるのは、アップルの製品は、必ずしも強い特許で保護されている訳ではない、ということである。すなわち、技術は結構ありきたりのものを使っているが、コンセプトが斬新だったりする。そういうところは、なかなか特許では保護されない。それゆえに、秘密主義で一層保護しようとするのだろう。
- 自前主義。アップルは、垂直分業が喧伝されるいまの時代にあって、ハードウェア、OS、アプリケーション、サービスを全て自前でまかなう。実際、そうでないことは、ウインドウズの欠点であり長所である。というのは、ウインドウズは、APIを公開して、他者に、アプリケーションやハードウェアを開発してもらう。だから、多様なバラエティのアプリケーションやハードウェアが揃うが、動作に難があったりする。一方、自前主義は一面とても非効率だが、とてもインテグリティ(完全性)の高い製品を作れる。
- 戦略的デザイン。天才デザイナー、ジョナサン・アイブが上級副社長まで上り詰めていることからも、デザインがいかに、アップルで重視されていることからも、わかる。
- ネーミング重視。アップルのあとのマッキントッシュは、りんごのある品種だった。ただ、マッキントッシュの商標は、他社がもっていたので、買い取った。

 こうして、ジョブズ及びアップルをみつめると、そこには、独自の理念と理想主義があることに改めて気づく。いまどき流行らない自前主義も、その一環である。こういうやり方は普通、効率が悪く、半端なやり方では没落する。それを可能ならしめているのが、まさにジョブズの強烈な個性であり、それは一身専属的なものであるがゆえに、なかなか、経営学の手本にはなりにくいようである。

2008年3月30日

宇宙と人間

 以前、古本屋でたまたま見つけた、フレッド・ホイルの「宇宙と人間」法政大学出版局刊は、もう40年以上も前の講演録であるが、なかなか興味深い。フレッド・ホイルは、イギリスの反骨の天文学者で、学会の大勢の宇宙ビッグ・バン理論の向こうを張って、定常宇宙論を展開した。もちろん、学会で支持する人は少ない。あと、地球生物は、彗星によって運ばれてきた核酸をもとに発生した、という理論も展開したが、これもほとんど注目されていない。しかし、本人は、イギリスのジェントルマンの良き伝統に従い、そんなことに気も留めない様子である。
 さて、「宇宙と人間」の第1章の主題は、「天文学と宇宙探求」である。これは意外にも、自分を含めた多くの天文学者は、宇宙計画なるものに反対、あるいは少なくとも疑問をもっている、と主張する。当時は、有人衛星の打ち上げが成功し、次は、月に有人飛行船を飛ばそうか、ということが米国によって計画されていた時代であった。フレッド・ホイルは、その計画がうまくいくかどうか疑問であるが、巨大な資金をもつ米国なら、うまくいくかもしれない、とやや皮肉を込めて述べる。その後の論旨は、独特の韜晦で分かりにくいが、どうも、フレッド・ホイルが宇宙計画に反対する趣旨は、それが巨大なりソースを必要とすること、しかし、その割には、宇宙の構造を解明するという天文学(あるいは、宇宙物理学といってもよいだろう、当時はそういう言い方がなかった)の発展には貢献しない、ということである。それで、世界には何箇所か立派な天文台があるが、天文学は、天文台の観測結果にその発展が依存するにもかかわらず、依然として立派な天文台の建設はなかなか国家によって承認されない、宇宙計画の0.1%の資金も要さないのに、と続く。で、やっと、フレッド・ホイルの意図が分かってきた。理論天文学者として、自分の研究の専門には貢献しない宇宙計画の方にばかり資金と人材が投入されていることを、彼はやっかんでいるのである。
 ところで、最近、日本の宇宙ステーション「きぼう」が打ち上げられ、それなりに成功を収めた。「きぼう」は、三菱重工によって建造され、初期費用は、5500億円である、という。また、毎年の維持費用は、ほぼ400億円である、という、これは、決して小さい額ではないが、イージス艦一隻が1500億円であることに鑑みると、一品生産であるがゆえに、その額は、仕方ないと思われる。私は、「きぼう」の意義は、その宇宙工学的ノウハウの蓄積にあると思うが、それだけでは世間が納得しないと思ってか、下記のような実験項目を掲げる:
- 微小重力での対流の発生と観察
- 氷結晶成長の仕組みと観察
- ラットを使った宇宙での筋萎縮
- 宇宙放射線と微小重力の哺乳類細胞への影響解析
- カイコの発生
- 微小重力環境でのシカイヌナズナの成長観測
- 全天X線天体観測
- 地球のオゾン層観測
- 宇宙放射線などが材料に及ぼす影響観測
 こうして改めて実験項目を並べると、却って、その小ぶりさが目立つ。実際、フレッド・ホイルではないが、ここまで費用をかけて、今更宇宙ステーションに投資することの意義を疑問視する声も少なくないようである。ただ、私としては、少なくとも、太陽系内有人航行を実現するための足がかりとなってほしいと思う。一方で、フレッド・ホイルの言うように、太陽系内有人航行は、理論宇宙物理学の発展に貢献することは少ないだろう。だから、その巨額の資金の一部は、天体望遠鏡や、天体計算のためのスーパーコンピュータなど、比較的安い資金で効果が期待できるプロジェクトに振り当てるべき、とここで改めて主張しておきたい。

日本最大の偉人

 よく、勝負の世界では、歴代で誰が一番強かったろう、という議論が行われる。例えば、将棋では、大橋宗英か、天野宗歩、はたまた大山康晴か、など。この乗りで、誰が日本最大の偉人か、考えたことがある人も少なくないだろう。しかし、もともとそんなのは無理な話で、時代も違えば分野も違う、よって客観的に考えたら、比較することすら無謀なんだけれども、それでも、とりあえず、書いてみるのが、人間というか、私の愚かさである。なお、ここでは、武将は基本的に省いて、思想家、宗教家、学者に限定する。
 さて、日本最大の偉人として、多くの人が思い浮かべるのが、聖徳太子であろう。彼の施政能力も、仏教を中心とした学殖も卓越している。そういう意味で、次に挙げられるのが、弘法大師こと、空海であろう。実際、空海は、中国に渡り、独自に密教を習得して日本に伝えた。しかし、スタンドプレーの得意な空海よりも、学問的には、最澄の方が卓越していた、という意見もある。
 学者としては、論語の研究で卓越した業績をあげた伊藤仁斎、
 合理主義・無鬼論の立場に立ち、儒教・仏教・神道を批判した富永仲基、
 朱子学を「憶測にもとづく虚妄の説にすぎない」と喝破、朱子学に立脚した古典解釈を批判し、古代中国の古典を読む解く方法論としての古文辞学を確立した
荻生徂徠、
 朱子学、歴史学、地理学、言語学、文学を兼ねた広い学問を修め、政治に活かした新井白石、
 国学を確立した本居宣長、などが挙げられる。
 番外では、仏教に革命を起こし、日蓮宗を創設した日蓮、
 独創的哲学体系を打ち立てた三浦梅園、
 極めて唯物論的な立場を取り、天文、宗教、経済、歴史等を百科全書的に論じた『夢の代』を表した山片蟠桃、
 共産主義や農本主義、エコロジーに通じる『自然真営道』を表した安藤昌益なども候補であろう。
 さらに番外として、数学のファンである私には、関孝和も気になるところである。
 幕末では、吉田松陰、横井小楠、勝海舟など、沢山の偉人がいる。
 明治時代では、何と言っても、福沢諭吉である。
 昭和に入ると、青年将校たちの思想的根拠となった、北一輝があげられる。
 こうして、日本最大の偉人という趣旨を離れて、それなりに有名な思想家をカバーすることになった。
 それで、である。中国哲学を専攻し、日本の思想史にも詳しい、大学の先輩に、あるとき、日本の歴史上最大の偉人は、誰でしょうと聞いてみたことがある。すると、ほとんど迷わず、「それは、道元である。」という。「道元? どうして?」と、私は訝った。道元といえば、曹洞宗の開祖であるくらいしか、私は知らない。先輩も、浅学の私に説明しても時間の無駄と思ったか、特にその後説明してくれなかった。
 その後、道元の一般解説書を読んでみた。すると、確かに一生ストイックに禅修業して暮らした人で、偉人であることは分かった。また、その主著「正法眼蔵」を眺めてみたが、これが私の古文の読解力では無理だった。古文だけではない、仏教の素養も必要であるが、それも私は持ち合わせない。ただ、凛とした文章の格調の高さは感じた。しかし、ううんなるほどと思った。私が知る偉人は、アリストテレスを筆頭に、だいたい知のスペクトルが広い。しかし、道元のように、みかけのスペクトルは、必ずしも広くないけれども、狭きを通じて広きにつながる、そういう知性もあるのだ、とやっとおぼろげながら感じているところである。

2008年3月31日

組織のアポトーシス

 最近ふと思ったことがあって、それは、組織というのは、自壊するルーチンを必ず内包しているのではないか、そして、そのルーチンは、組織が駄目になったときにこそ、発動されるのではないか、ということである。それは、仮説にすぎないが、あえて、細胞とのアナロジーで、組織のアポトーシス(自壊)と呼ぼう。
 例えば、日本の帝国軍隊である。戦局が敗勢濃厚になり、幾度も御前会議がもたれた。ポツダム宣言が出されたが、御前会議の大勢は、こんなもの、日本が飲めるか、というものであった。で、好戦派の主張は、米軍を本土上陸させて、そこでゲリラ戦を行う、というものであった。沖縄戦の地獄を、本土でも再現しようというのである。いかなる狂気がこういう馬鹿げた方針を考えつかせるのであろうか。そもそも、米軍に本土決戦を許すと、単純に考えても、米軍に与える被害の少なくとも10倍、あるいは100倍の被害を蒙る。武器の差である。一体、好戦派は、日本国を滅亡させようとしたのか。もちろん、そんなつもりは毛頭ない。このとき、帝国軍隊で、困窮のあまり、アポトーシスのルーチンが働こうとしていたのである。それを止めるために、高木惣吉、米内光政その他の海軍非戦派が、どれほどの苦心惨憺したことであろう。ともかく、アポトーシスのルーチンは、働かないで済んだ。
 これと似たことは、会社組織でもある。会社が不景気で、組織の存亡が危うくなると、なぜか革新派ではなく、旧守派がトップに就いたりする。そして、原点に戻り、とか言いながら、現実と乖離した、どんどん会社を一層危うくする施策を打ち出す。そう、アポトーシス・ルーチンの発動である。このとき、心ある社員は、上司や会社トップに、このままではまずいと、勇気を出して意見を具申したりする。しかし、アポトーシス・ルーチンが発動すると、もう手がつけられない。折角勇気を出して意見を具申した者は、反動分子として、疎外される。こうして、会社は、つぶれるか、他の会社に吸収合併される。
 想うに、組織なるものは、適切に潰れるべし、という一種の自然法則なのかもしれない。だから、いかなる組織にも、内在的に、アポトーシスのルーチンが組み込まれている。ローマはなぜ滅びたか、だって?そんなの、理由はない。組織に内在するルーチンが働いて、潰れるべくして潰れただけである。
 だから、一旦アポトーシス・ルーチンが働き始めると、その螺子を戻すのは、とても大変である。そこで、最早崩壊が必然になると、せいぜいが、よりうまく崩壊する方法を考えることに、知恵が費やされなくてはならない。
 さて、困ったことに、どうも、人類全体も例外ではなくて、やはりアポトーシス・ルーチンが組み込まれているようである。ある人は、あと100年ももたない、という。私には、アポトーシス・ルーチンの発動を食い止めることは最早できなくて、最早、よりうまく崩壊する方法を考えるしかないと思うのだが、悲観的にすぎるであろうか。

About 2008年3月

2008年3月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年2月です。

次のアーカイブは2008年4月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。