« 中国の反政府勢力 | メイン | 薄利多売社会 »

僕はパパを殺すことに決めた

 先週末、行き付けの古本屋を覘いたら、ふと、草薙厚子の「僕はパパを殺すことに決めた」という本が目についた。ああ、例の、奈良エリート少年自宅放火殺人事件で、精神鑑定した医師が、機密文書を漏らしたとして警察に訴えられたあの件かと思った。
 事件の概要は大体知っているつもりなので、特に強い興味をもった訳ではないが、なんとなく買って読みはじめた。犯人の高校生は、奈良の東大寺学園という、一流の進学校、父親は私立大学卒の医師、母親は継母で、奈良県立医大卒の医師、継母には、女の子と男の子がいる。異母兄弟という訳である。
 それ自身、少年に屈折した思いを抱かせるに十分だが、一番の問題は、医師である父親。新聞記事では、自分が私立大学卒であることに学歴コンプレックスをもち、子供に過大な夢を託した、とあったが、この本を読むと、単に学歴コンプレックスでは済まない。というのは、やたら暴力を振るうのである。最初に結婚した妻、すなわち、犯人の高校生の実母に対して、子供の教育が悪い、家事のやり方が悪いといちいち、暴力を振るった。それだけが原因ではないが、結局、医師は、最初の妻とは離婚する。息子はなぜか、妻についていかず、居残った。決して、実母に愛情や未練がなかった訳ではないが。なんとなく、である。
 医師は残ってくれた息子が不憫で、愛情を注いだ。ただ、その愛情表現が極端で、スパルタ式に勉強を教え込むものであった。成績に一喜一憂し、教えても理解できないと、殴る。息子は、それなりに頭がよかったので、地元の塾ではトップクラスであったが、息が詰まりそうな日々であった。ただ、後で結婚した継母し、それなりに愛情をそそいでくれた。
 そういうスパルタ式の勉強は、自我が未発達の子供時代には、一応、効果がある。ただ、人格に深い影を落とすと、私は思うが。それで、息子は晴れて、東大寺学園中学に受かる。それは、教育熱心な医師にとっては。勝利宣言であった。しかし、東大寺学園中学にうかった後分かったのは、そこは秀才の巣窟であって、なまはんかな勉強では上位にいけない。父親は、監視と暴力で脅して勉強させる以外の方法論をもちあわせなかった。それが精一杯の愛情であった。
 ただ、少年は、数学が子供の頃から比較的得意であったが、英語に難があった。そのことが事件の引き金になる。すなわち、2006年の6月20日に、三者面談があるのだが、英語が平均点よりも20点も低い。それは、少年にとって、父親から激怒されることであった。なんとしても三者面談を避けなくては、そこで、思いつめた子供は、家出か自殺を考えるであろう。ところが、少年は、父親殺害を考えた。包丁で刺す、バットで殴る、竹刀で叩くなど。でも、タイミングが三者面談の当日までつかめず、ついにその日が来てしまう。その日は、父親が当直で、家には帰ってこないと分かっている。だから、父親を殺すという意味では、どうしようもない。それが分かっているのに、早朝、自宅に火をつけてしまう。もう父親を殺すという目的はどうでもよくなって、ともかくも、嫌な思いが詰まったこの家を燃やしてしまおう、という発想である。少年は、継母にも、異母兄弟ちにも何にも恨みはなかった。しかし、すべてがどうでもよくなった。そして、放火を実行してしまう。
 事件の根幹に、まず、父親の異常な性格がある。それは、学歴コンプレックスではない。人格障害といってよいと思う。暴力で勉強に追い立てる、ということ自体、異常だし、二人の妻にも、それぞれ、気に入らないと暴力を振るっている。物理的に弱い者に暴力は振るわないというのは、男の品格の基本ではあるまいか。また、スポーツならある程度有効かもしれないが、勉強に暴力は、いかなる意味でも相応しくない。勉強は沈思黙考の産物である。また、努力にも限界がある。東大寺学園中学で、少年よりも上位にある生徒は、決して、少年よりも一層追い立てられて勉強した成果ではあるまい。才能と、生きがいをもって勉強ができる環境にあっただけである。
 少年は、とても不幸である。というのは、かなり勉強ができるので、医学部というのでなければ、そこそこの国立大学にも受かれたであろう。数学が好きだったようだから、理学部か工学部にいけば、社会に適応できたかもしれない。しかし、医師である父親の強制で、そういう自由は享受できなかった。
 精神科医の鑑定では、少年は、広汎性発達障害である、という。確かに、父親を殺すしかないとか、家に火をつけるしかない、という発想は、異常である。しかし、少年は異常なプレッシャ下にあった。私でも、少年と似たプレッシャ下に置かれたら、類似の犯罪を犯したかもしれない。私自身、自分の異常性を認識したことは、一度ではない。特に、青年期のそれは、自分でもほとんど理解困難であった。私は将棋や読書にうまく発散することができた。いや、なによりも、親からの勉強や出世へのプレッシャが皆無であった。寧ろ、勉強しすぎるとお前はおかしくなる、やりすぎない方がいいと、ブレーキをかけられた。
 一番の問題は、残された医師と、犯罪者である少年は、今後の人生をどう生きるかである。医師は、うまく自分の性格を緩和できるのか。少年は、どう残りの人生で償うのか。それは重過ぎる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/647

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 僕はパパを殺すことに決めた:

» 草薙厚子『いったい誰を幸せにする捜査なのですか』  鹿児島志布志事件を越える検察による捏造事件 送信元 試稿錯誤
前の記事、『僕はパパを殺すことに決めた』調査委員会が問いかけたこと を書いた後、順序としては逆だが、近所にある図書館に草薙厚子著『僕はパパを殺すことに決め... [詳しくはこちら]

コメント (5)

綾椎菜:

これもまた私は同じような経験をしております。親に感謝しなければならないという「義務感」のようなものと、されたことの酷さとの間で長いこと悩みましたが、結局、現在、親とは絶縁状態にあります。

綾椎菜さん

>「義務感」のようなものと、されたことの酷さとの間で長いこと悩みましたが、

 そうなのですか。私も、いろいろと人生の苦労を味わいましたが、そういう苦労は、幸い味わっていません。結構、好きなようにやってきました。人、それぞれですね。

ISSEI:

将来の進路も考えて子供に辛く当たる親は多いのではないでしょうか。うちの親は幸い勉学に全く干渉しませんでしたのでストレスは皆無でした。それでもとりあえず生活に支障はない会社に就職できているので感謝すべきだと思っています。事件を起こすまで追いつめるというのは余程のことと思われがちですが実は今にも破れそうな紙一枚で踏みとどまっているケースが世の中いっぱいあるような気がしています。

検察による捏造事件であることがあきらかになったのだから、裁判所は崎浜医師に対する公判を即刻停止すべきです。

古井戸さん

> 検察による捏造事件であることがあきらかになったのだから、裁判所は崎浜医師に対する公判を即刻停止すべきです。

 そうなのですか。折角コメント戴いたので、トラッバックも読ませて戴いて、私なりによく考えてみます。コメントありがとうございました。

About

2008年3月11日 09:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「中国の反政府勢力」です。

次の投稿は「薄利多売社会」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。