« カタカナ発音 | メイン | 一家6人殺傷事件 »

老子と素粒子論

 高校時代から、古典や漢文が嫌いで、それで消去法で理系に進んだような面もあるが、最近なぜか、老子を読んでいる。私が尊敬する、金谷治氏著、「老子」講談社学術文庫である。
 その第一編は、次のとおりである。

 道可道、非常道。名可名、非常名。無名天地之始、有名万物之母。
 故常無欲、以観其妙、常有欲、以観其徼。

 以下、まだ続くのだが、これを金谷氏は、次のように読み下す。
 道の道とすべきは、常の道にあらず。名の名とすべきは、常の名にあらず。名無きは天地の始め、名有るは万物の母。故に常に無欲にして以ってその妙を観、常に有欲にして、その徼を観る。
 これをみてふと、物理学の素粒子論のことを思った。すなわち、物理学では、電子、パイオン、陽子、中性子、クォーク、ニュートリノなど、素粒子に名前をつける。それだけでなく、素粒子の間の力を、強い力だの、弱い力だの、電磁力、重力など名前をつける。そうして、複雑な方程式を書いて、それを解こうとする。厳密には解けないから、摂動だの繰り込みだの、苦労する。それでも、無限の困難が解消されないので、ストリング・モデルと、11次元空間を考えたりする。
 すなわち、もともと、世界の現象があるのだけれども、最初は、何にも名前がついていない。それが、「天地之始」。ところが、人間が関与すると、どんどん名前がつけられていく。それが、「名有るは万物の母」。すると、人間をして、名を付けさせしめる母のような存在が、どうもあるらしい。その母とは、根源的には、人間の欲なのかもしれない。
 だから無欲でいれば、自ずとその玄妙さを観ることができるが、欲を出して、名前を付けまくると、どんどん混迷に入り込む。
 以上が私の解釈である。だから、物理学は、進歩すればするほど、一層混迷する運命にある。下手に進歩させなければ、直感でいろいろなことが観えているのに。
 これと似た言明に、アウグスティヌスによるものがある。アウグスティヌスは、時について、こう言った。「私は、時について問われる前は、時が何か分かっている。時について問われると、時がなにか分からなくなる。」
 これは、人類の深遠なるアポリアの1つではないだろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/680

About

2008年3月27日 18:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「カタカナ発音」です。

次の投稿は「一家6人殺傷事件」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。