« 宇宙と人間 | メイン | 組織のアポトーシス »

日本最大の偉人

 よく、勝負の世界では、歴代で誰が一番強かったろう、という議論が行われる。例えば、将棋では、大橋宗英か、天野宗歩、はたまた大山康晴か、など。この乗りで、誰が日本最大の偉人か、考えたことがある人も少なくないだろう。しかし、もともとそんなのは無理な話で、時代も違えば分野も違う、よって客観的に考えたら、比較することすら無謀なんだけれども、それでも、とりあえず、書いてみるのが、人間というか、私の愚かさである。なお、ここでは、武将は基本的に省いて、思想家、宗教家、学者に限定する。
 さて、日本最大の偉人として、多くの人が思い浮かべるのが、聖徳太子であろう。彼の施政能力も、仏教を中心とした学殖も卓越している。そういう意味で、次に挙げられるのが、弘法大師こと、空海であろう。実際、空海は、中国に渡り、独自に密教を習得して日本に伝えた。しかし、スタンドプレーの得意な空海よりも、学問的には、最澄の方が卓越していた、という意見もある。
 学者としては、論語の研究で卓越した業績をあげた伊藤仁斎、
 合理主義・無鬼論の立場に立ち、儒教・仏教・神道を批判した富永仲基、
 朱子学を「憶測にもとづく虚妄の説にすぎない」と喝破、朱子学に立脚した古典解釈を批判し、古代中国の古典を読む解く方法論としての古文辞学を確立した
荻生徂徠、
 朱子学、歴史学、地理学、言語学、文学を兼ねた広い学問を修め、政治に活かした新井白石、
 国学を確立した本居宣長、などが挙げられる。
 番外では、仏教に革命を起こし、日蓮宗を創設した日蓮、
 独創的哲学体系を打ち立てた三浦梅園、
 極めて唯物論的な立場を取り、天文、宗教、経済、歴史等を百科全書的に論じた『夢の代』を表した山片蟠桃、
 共産主義や農本主義、エコロジーに通じる『自然真営道』を表した安藤昌益なども候補であろう。
 さらに番外として、数学のファンである私には、関孝和も気になるところである。
 幕末では、吉田松陰、横井小楠、勝海舟など、沢山の偉人がいる。
 明治時代では、何と言っても、福沢諭吉である。
 昭和に入ると、青年将校たちの思想的根拠となった、北一輝があげられる。
 こうして、日本最大の偉人という趣旨を離れて、それなりに有名な思想家をカバーすることになった。
 それで、である。中国哲学を専攻し、日本の思想史にも詳しい、大学の先輩に、あるとき、日本の歴史上最大の偉人は、誰でしょうと聞いてみたことがある。すると、ほとんど迷わず、「それは、道元である。」という。「道元? どうして?」と、私は訝った。道元といえば、曹洞宗の開祖であるくらいしか、私は知らない。先輩も、浅学の私に説明しても時間の無駄と思ったか、特にその後説明してくれなかった。
 その後、道元の一般解説書を読んでみた。すると、確かに一生ストイックに禅修業して暮らした人で、偉人であることは分かった。また、その主著「正法眼蔵」を眺めてみたが、これが私の古文の読解力では無理だった。古文だけではない、仏教の素養も必要であるが、それも私は持ち合わせない。ただ、凛とした文章の格調の高さは感じた。しかし、ううんなるほどと思った。私が知る偉人は、アリストテレスを筆頭に、だいたい知のスペクトルが広い。しかし、道元のように、みかけのスペクトルは、必ずしも広くないけれども、狭きを通じて広きにつながる、そういう知性もあるのだ、とやっとおぼろげながら感じているところである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/689

About

2008年3月30日 23:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「宇宙と人間」です。

次の投稿は「組織のアポトーシス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。