« 2008年3月 | メイン | 2008年5月 »

2008年4月 アーカイブ

2008年4月 1日

心は病気

 このブログにもよく書いているように、いろいろな事件が起きる。そういうとき、犯人はおかしいんじゃないか、と思うのだが、そう思う裏には、自分はそうではない、という気持ちがある。しかし、私の好きな小乗仏教の高僧、アルボムッレ・スマナサーラ師によるとそうでもない。そこで、「心は病気」サンガ新書に沿って、その趣旨を見てみる。
 すると先ず、人間は心で生きている、ということである。決して唯心論というのでもなく、心あっての人なのである、体あっての人ではない。なぜなら、体はただの物体なのである。心の入れ物にすぎない。さて、心の命令は絶対なのである。肉体は、従わざるをえない。もし従わないとしたら、それは物理的に不可能なのである。空を飛べ、とか。要するに、人間は、心の奴隷である。逆に言うと、心は王様。王様ということは、ある意味心はとても弱い。体がとても強いということはないが、心は本当に弱い。たかだか、女性に振られたくらいで、心は萎えてしまう。体は、女性に振られようと平気である。また、別の女性を探せばいいくらいに思っている。でも、元気がないとすると、それは、心が弱っているからである。
 かくのごとく、心が弱いのは、心は大馬鹿者であるからである。それは、例外はない。アインシュタインだろうと、エジソンだろうと同じ。欲しいものがあったら、飛びついてしまう。心は実は大人になっても進歩しない。進歩したようでも、見かけだけのこと。気が緩むと、子供のときと同じ。
 体に悪かろうと、心には関係ない。心が必死になると、体が壊れようと、どこかから落ちて死のうと、心は関知しない。酒を浴びるように飲もうとも。だから、自分で自分の心を守る必要がある。エロ本を手近に置かないのは、公衆道徳のためじゃない。置いておくと、心が駄目になってしまうから。子供の目に触れさせないようにするのと、同じ。
 どんな人の心も、本質は超我侭。得られないと全部壊そうとする。機嫌よかった人が突然狂ったように怒るのも、何かが得られなくなったせい。
 そして、心が破壊するエネルギーは、心が病気であるせい。ボクシングのファイトも、試験に合格しようと歯を食いしばって勉強するのも、もしかして病気かも。心はだから、病気。
 心が病気なのは、一番大事なのは自分だから。心は、自分が偉いと思っている。なぜなら、肉体を従えているから。
 精神病は、自分を守るからくり。現実すら逃れるよい手段。そして、エゴが強くなると、柔軟性を失う。でも、相手もエゴがあるから、エゴはいつもは通らない。相手がなくとも、そもそも下僕である肉体にはあまりに低い限界があるから、結局、エゴは通らない。
 心は、自分が何の根拠もなく決めた基準に縛られている。だから、やっぱり病気。
 というように、心は放っておいたら問題を起こす。飼い犬を放し飼いにしたら、近所の人を噛むかもしれないようなものである。だから、心はいつも見張っていなくては。あるときは煽て、あるときは抑え、でもエゴが強いので、増長する。
 だから、心が問題を起こすよりも寧ろ、問題を起こさない方が意外。人間の根源的な道徳、本能、体の働きか。従って、大事なのは、心が問題を起こさないようにする方法。単に宥めるのではない。単に甘やかすのでもない。しごくのでもない。心の平安をもたらす方法があるはずだ。仏教はその1つであるべし、ということである。

ライト牧師

 ヒラリー・クリントンに差をつけてきた、オバマ候補が、いまや窮地に立っている。オバマが師と仰ぐ、ライト牧師の問題発言が明るみになってきたのである。
 それは、次のようなものである。
 9月11日のテロ直後:
 われわれは、パレスチナや、南アフリカの黒人たちに対する国家テロ行為を支援してきた。いまや、われわれが海外でしでかしたことが、国内に持ち帰られたことで憤慨しているのだ。アメリカの鶏たちが、ねぐらに戻ってきた。

 2003年には:
 アメリカは、"God damn America"と言うべきだ。

また、2007年12月には:
 この国は、金持ちの白人に支配されている。ヒラリーは、ニガーと呼ばれたことない。

 冷静にみると、それは当たっているかもしれない。特に、9月11日のテロ直後の発言は、妙に、そのときのオサマ・ビン・ラディンの発言と暗合する。

 しかし、オバマは、これを聞いて慌てた。ライト牧師とオバマの師弟関係は誰にも明らかであり、一方、上記のような発言は、大統領選挙にとても大きい影響力をもつ、イスラエル・ロビーに対して、とてもネガティブな影響を与えるからである。そこで、オバマは、「私は、ライト牧師の発言を非難する。私は、このような発言を、教会で聞いていない。しかし、私は、ライト牧師との縁を切ることもできない。」と、矛盾に満ちた苦しい釈明をする。
 ところが、ライト牧師の発言は、決して、黒人社会にあってエキセントリックなものではない。一昨年の夏、仕事で、知り合いの黒人の人が出張してきた。とりあえず名前をJとしておく。Jは、葉巻が好きで、とても陽気で、悩みなんてないように見えた。仕事の話も、世間話もスムーズである。ところが、親しくなって、鎌倉に観光に連れていったとき、江ノ電の中で、突然こう話しかけてきた。日本人であるお前は、原爆を落とされて、アメリカに対して悔しくないのか、恨みはないのか、と。それに対して、私が、それはとても残念だが、肉親が殺された訳ではなく、昔のことなので、仕方がないと思っている、と答えたら、拍子抜けしたというか、落胆しているように見えた。そして、自分達の先祖がアフリカから連れてこられ、ぼろくずのように殺戮され、この恨みは、到底忘れない、と呻くように言ったとき、暗い海の底を垣間見たような気がした。だから、相当の確信をもって、ライト牧師の発言は、黒人社会に遍く共有されているものであると、と信じる。
 こういう発言を否定し去ろうとするオバマは、黒人社会に対して決別の狼煙をあげることにもなりかねない。白人社会からは、依然として疑惑の目で見られる。こうして、黒人が大統領選挙に出馬することは、あまりにも重いのである。回転するモータが、モータ自身から強い制動を受けるようなものである。どうするオバマ。

2008年4月 2日

映画「靖国」上映中止

 日本在住20年の中国人、李纓さんが作ったドキュメンタリー映画「靖国」が、映画館による自主中止に追い込まれている、という。
 内容は、第二次大戦中の靖国神社内で、軍人に贈る「靖国刀」を鋳造した刀鍛冶へのインタビューと、境内でのさまざまな出来事で構成されているという。「靖国支持」という看板を掲げる米国人、A級戦犯合祀に抗議する台湾人遺族の姿などが写しだされる。
 監督の李纓さんは、広東省の出身。大学で文学を学んだあと、国営中国中央テレビに入局し、チベットの伝統芸能祭などのドキュメンタリーを作成したという。1997年に南京大虐殺否定の趣旨の集会に参加し、日本の名誉回復を訴える人達に興味をもったという。
 問題の発端は、自民党の稲田明美衆議院議員が、2月12日夜に国会議員向けの試写を行ったことにあるのではないかと見られている。この映画は、今月12日から封切になる予定だったが、映画館周辺で右翼による街宣活動や抗議電話がかかってきたという。もちろん稲田氏と右翼による街宣活動の直接の関連性の証拠はないが、ものの本によると、右翼と自民党との関連は、ほとんど公然の秘密である。
 稲田氏は、「靖国神社が侵略戦争に国民を駆り立てる装置だったというイデオロギー性を感じた。」という。また、日本芸術文化振興会と韓国の釜山国際映画祭から助成金を受けていることの妥当性を問題にしたが、立場上、憲法の表現の自由があるので、自分たちの行動が憲法に反するものでないという意味でも、中止にしてほしくない。」という。どうもこのあたり言うことが矛盾しており、だったら最初から言及しなければいいのである。
 で、憲法の表現の自由というけれども、国家あっての憲法なのであって、国家が表現の自由を守るようにそのもてる権力を行使しなければ意味がないではないか。例えば、警察が、映画館の周囲を見張るとか。そうでなければ、例の日教組ホテルキャンセル事件のように、結局は、ホテルなり映画館は自主的に折れるよりない。
 私は心情右翼であって、また、祖父が戦死していることもあって靖国神社に参拝に行ったこともある。靖国神社は依然として、私にとって聖なる地である。しかし、このような穏当な靖国神社の映画が、右翼による街宣活動によって「自主的に」中止に追い込まれることは、文化の多様性を阻害する点でも誠に遺憾である。

コンプライアンス皮相

 最近、コンプライアンス遵守が喧しくなってきた。やれ、個人情報保護だ、SOX法だ、ITセキュリティだ、と。建築業界も、姉歯の不祥事に端を発して、建築申請書類の審査が厳しくなり、仕事がまわりにくくなって、コンプライアンス不況だそうである。まさに、これは、コンプライアンス悲愴。
 そこで、私が言及したいのは、コンプライアンス皮相である。どういう意味かというと、特に、経理、管理、法務などの間接部門で、コンプライアンス遵守が叫ばれるとき、往々にして、そういう部門は全社におけるコンプライアンス遵守の主管部門だったりするから、一生懸命になる。それはいいのだが、つい忘れられてしまうのが、人間が物事をチェックするために費やすことのできるリソース、時間、あるいはエネルギは有限である、という事実である。そして、コンプライアンス遵守が喧しくなってくると、それが金科玉条になって、そこに膨大なエネルギが費やされる。すると、人間のチェック・リソースが枯渇して、他のことに目がいかなくなる、ということである。
 例をあげると、出張に行くとすると、コンプライアンス遵守のルールの下では、規定どおりの乗り物にのっているか(不当に、グリーン車に乗っていないか)、規定のホテルに泊まっているか、手当ての請求は妥当か、などさまざまなチェック項目があって、それをチェックしていると、それだけで疲弊して、出張の成果をきちんと聞くことが次第におろそかになる。
 また、ある部門の責任者がいたとして、肝心のとき休暇でいなかったり、業績を上げれなかったとしても、セクハラもせず、パワハラもせず、部下が労働基準法を遵守するようにあまりプレッシャかけず働かせていれば、コンプライアンスが遵守されている、ということでお咎めを受けなかったりする。
 こうして、コンプライアンス遵守が叫ばれると、表面的には新聞沙汰にもならずうまく回っているように見えて、実は、刻々とパフォーマンスが低下していく、ということもあるのではないかと推察する。それを私は、コンプライアンス皮相と呼ぶのだが、いかがなものだろうか。

2008年4月 4日

血栓を防ぐ抗体

 Webニュースによると、滋賀県立大の高山博史教授(血液内科学)らが、血液を固まりにくくして、脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞の原因となる血栓ができるのを防ぎ、一方で内出血などはあまり起こさずに済む抗体を、開発したという。臨床で使えれば、副作用の少ない理想的な血栓予防薬になる可能性があるという。
 すなわち、血栓は、血液中の血小板にコラーゲン繊維がからまり、固まりを作ってできるが、しかし高山教授らは、固まりができない女性を発見し、血液中から、血小板とコラーゲンの結合を妨げる抗体を見つけ、この抗体を人工的に作ることに成功したのだという。
 実は、今でも、血栓の形成を阻止する薬はあるが、脳出血など体内の出血が起きやすくなる、とい副作用があるという。しかし、今回の抗体を持つ患者は、脳出血などを起こさず20年間過ごしているので、高山教授は「抗体を実用化すれば、脳出血などの副作用なく血栓を防ぐ薬ができるのではないか」と話しているそうである。
 それで、私が思ったのは、この薬は、高コレステロールやメタボに対する福音になるのではないか、ということである。高コレステロール薬というのは、メバロチン、リポバス、などがあり、健康診断などで高コレステロールの判定されると、これらが処方される。医者の言い分は、体に高コレステロール状態が続くと、血液がドロドロになって、血栓で脳梗塞や心筋梗塞ができやすくなり、それで死亡率が高くなる、というものである。
 それに対する私の直感は、NOと言っている。その理由は、次の二点である。
 まず、医師の言い分が、あまりにも、実感がこもっていない。こういう場合は、こう言いなさい、と決まりに従って言わされているようなのである。
 また、私が実際にメバロチンやリポバスを継続的に飲んで感じたのは、とても生きる意欲を削ぐのである。典型的には、前にも言ったが、街で美人をみてもなんとも感じなくなったり、仕事で新しいアイデアを考えることができなくなる。前者は、もう、いい歳をした中年なのでどうでもいいが、後者は、まだ稼がなくてはからないので、実に困る。そもそも、それらの薬は、肝臓に作用して、コレステロールを作る作用を阻害する機能をもつ、というではないか。そんな、肝臓に待ったをかけるものが、副作用が半端であるはずはない、というのが私の直感である。実は、私の直感は、それなりに科学的根拠もあるようで、浜六郎という、ちゃんとした医師が、「コレステロールに薬はいらない」(角川oneテーマ21) という本を出しているほどである。彼は、メバロチンやリポバスを常飲して、却って寿命が低下する、という統計も示す。癌にかかりやすくなるのだという。
 実際、知り合いで癌で早逝したという人は、コレステロールが基準値以下だった、と聞くことがある。また、私の親族は、家族性高コレステロールとも言うべき遺伝的体質であるが、唯一、父親は、自分はコレステロールは正常値だから安心と言っていた。ところが、うちの親族で癌に罹ったのは、父親だけである。それはまあ、早期の胃癌で手術でとりあえず治ったが。実際、私の親族は、どうみてもエリートとは遠い、庶民もいいとこだが、癌と痴呆症は、ほとんどいない。また、だいたい平均寿命よりも長生きである。早く死んだのは、戦死した母方の祖父と、大酒飲みだった父方の祖父だけである。もしかして、高コレステロールの恩恵かとも思っている。
 このように、体にむしろ恩恵を与えるコレステロールであるが、どう抗弁しても、確かに、血栓を起こしやすくする作用は否定できないと思っていた。そこに、この高山教授発見の新薬の可能性である。私は、今まで以上に、コレステロール値を気にしなくてもよい時代が来るのではないかと楽観しはじめた。もし、そのシナリオが狂うとしたら、この新薬の薬理的副作用というよりも寧ろ、高コレステロール薬から巨大な利益を得ている製薬会社からの政治的圧力ではあるまいか。

2008年4月 6日

パソコン廃棄

 2000年の7月に、Win98SEのコンパックのパソコンを買った。そのスペックは、今にしたらがっかりのメモリ64MB、ディスク10GB、Celeron500KHzクロックだった。その後、128MBのメモリを追加して、メモリは、192MBとなった。また、ディスクは2度もクラッシュして、今は日立GSTの40GBのものを使っている。ところが、BIOSが32GBまでしか認識できないので、ディップスイッチで切り替えて、32GBのディスクとして使用しているという有様。
 ところが最近、レノボのThinkPad R61eを購入したので、晴れて、コンパック・パソコンは、御用済みとなった。ところがである、パソコンの処分に困った。普通の粗大ゴミだったら、市営の処理場まで、車に載せて持ち込めばよい。ところが、2001年4月から、家電リサイクル法ができて、市営の処理場は、家電やパソコンは受け取ってくれなくなった。それまでは、市役所に電話すると、自宅まで無料で引き取りにきてくれたのに、大きな違いである。
 そこで、自宅近くのコジマ電気に、有料でも引き取ってくれませんか、と問い合わせてみた。確か、3年前だったか、壊れたThinkPadを、3000円で引き取ってもらったことがあったからである。ところが、パソコンは、メーカに問い合わせて下さい、とにべもない。なんか、少し対応が厳しくなった。なんでも、コジマ電気でパソコンを買えば、処分してくれるらしいが、当面これ以上パソコンを買う予定はない。
 そこで、友人に相談するなどして、以下のオプションがあることが分かった。
1.ソフマップなどで中古として買い取ってもらう。
2.インターネットに出ている専門の処理業者に配送して、処分してもらう。送料はこちらで負担するとして、処理業者の手数料が只のところと、有料のところがある。
3.土日に巡回してる、「パソコン、冷蔵庫、洗濯機など不要になった家電を無料で引き取ります。」という回収車に引き渡す。
4.正規のルートで、メーカーの日本ヒューレット・パッカードに処分を申し込む。コンパックは、HPに買収されたからである。
 最初は、1にしようと思っていた。なぜなら、調べたところ、4のルートだと、CRTとシステム本体で、7350円も処分料がかかってしまうからである。しかし、ソフマップのホームページをみていると、壊れていないことが条件となっていた。当該のコンパック・マシンは、だいたいちゃんと動くが、FDドライブは壊れている。HDDの交換時に、間違えてFDDのケーブルを引きちぎってしまったからである。この点を突かれると、困る。そこで、2も考えたが、どうも胡散臭い。単に要らないパソコンを送ってしまうだけだから、胡散臭かろうと構わないはずだが、なんとなく気になる。
3に至っては、胡散臭さの二乗である。ホームページなどで見ると、こういう回収業者は、回収した製品を必要に応じて修理し、中東や北朝鮮などに売るのだそうである。私は、もしかして、回収したパソコンの部品が、北朝鮮のテボドン・ミサイルに使われるのかもと、嫌悪感を抱いたことがあるが、いろいろ調べてみると、どうも、パソコンのCPUにしても、その他の部品にしても、そのままミサイルに使うことは難しそうである。しかし、ともかく、私が使っていたパソコンが北朝鮮まで流れるのは、なんとなく、嫌である。で、結局、4にした。
 その手順は、次のとおりである。まず、ヒューレット・パッカードのホームページをみて、メールで問い合わせた。すると、申し込み用紙を送るから、住所を教えてくれ、という。そこで、メールで自宅の住所を書いて送ると、申し込み番号が入った用紙が送られてきた。それに、自分の名前、住所、パソコンの機種名、CRTの機種名を記入して、所定の番号にFAXした、それと並行して、指定された日本ヒューレット・パッカードの口座に、7350円を振り込んだ。これを書いている時点ではまだであるが、数日のうちに、発送伝票が郵便で届くはずである。
 一方で、パソコンのHDDの中身の個人ファイルをほとんど消した。回復しにくいように、デフラグもかけた。ただ、ここで消し忘れたときのリスクがあるので、2や3でなく、4のオプションを選んだ次第である。
 こうして、システム本体と、CRTを、ダンボールに梱包した。発送伝票が届いたら、これをダンボールに貼って、最寄の郵便局に持ち込んで終わりである。ああ、でもうんざりした。パソコンの廃棄は、どう転んでも面倒である。

ネット飢饉

 最近、自室でテレビを見るようにするため、JCOMに工事を依頼した。私は、インターネット/テレビ/電話のパックをJCOMと契約しているので、情報インフラを一手にJCOMに委ねていることになる。ちょっと危険かも・・。
 それで、テレビを見るようにするためには、放送信号接続用の同軸ケーブルを引き込む工事が必要である。それで業者に相談すると、インターネット用に引き込まれている線を分岐させればいいのだという。ええっ、テレビの信号と、インターネット用信号は、同じケーブルに乗っているのか、と今初めて知った。
 どうも、別周波数で同じケーブルに乗っかっており、テレビだと、それをそのまま同軸端子に接続すればよいが、インターネットの場合、同軸ケーブルからディジタル信号をデコードして拾わなくてはならないので、ケーブルモデルが使用されるようである。
 さて、分岐工事をしてもらって、テレビもネットも快適と喜んでいたら、工事をしてから2日後、突然、ネットが繋がらなくなった。ケーブルモデルをみると、オンラインボタンが点灯しなくなっている。ケーブルモデルを何度もリセットしたが埒があかない。無線LANルータの問題かと思い、これも何度もリセットしてみたが、そもそも、無線LANルータに接続されているNAS(ネットワーク接続ディスク)は、ちゃんと使えているので、そういう問題でもなさそうだ。
 そこで仕方なく、JCOMサポートセンターに連絡した。すると、土曜日の午後だったが、係員が来てくれるという。実は、電話している最中に、たまたまインターネット接続が復活したが、それでも、原因をみましょうと、しばらくして、係員二人がやってきた。随分年配の男性二人で、大丈夫かな、と思っていたが、流石に熟練した手つきで、信号強度テスターで測定して曰く、分岐によって、信号強度が低下していますね、ということだった。ううん、やっぱり分岐がいけなかったのか。それで、係員がとってくれた対策は、ケーブルモデルを新型のモトローラ製ものに取り替えることと、分岐コネクタを減衰のおきにくいものに取り替えることだった。旧ケーブルモデルは、サムスン製だった。新しいケーブルモデルは、信号強度の低下にも強いのだという。なるほど。
 それで接続が安定した、と安心していたら、夜の9時くらいに、パタリとインターネット接続が途絶えてしまった。ケーブルモデムも、無線LANも、何度リセットしても、まったく復活しない。流石に夜の9時にサポートセンターに連絡するのも、と我慢して、ネット接続できないので、仕方なく、読書にいそしむことにした。テレビは見えるが、もともとみたい番組もない。ところが、ネット接続できない、と考えただけで、情緒不安定になってしまった。普段、いかにネットに依存しているかである。ほとんど中毒と言っていい。それでも本を読みながら、知らない間に眠ってしまった。つまらない本だったので、睡眠薬代わりになったのかもしれない。
 それでも、朝5:30に眼が覚めた。ネット、ネット。いろいろ設定をやってみたがまだ繋がらない。こんな朝早くからサポート・センターやってないよね、と思いながら、電話してみると、ちゃんと係員が出てきた。昼間よりも電話がビジーでないので、却っていいくらいだ。それで、電話で問い合わせていると、あれっ、またネットが復活している。電話すると復活する、といことが二度も繰り返されると、電話してこちらの様子を話しているうちに、向こうでなにかリセットかけているのではないか、と疑ってしまう。というのは、サポート・センターに電話すると、名前と電話番号を聞かれるのだが、向こうの端末では、それを打ち込むと、こちらのインターネットで、DHCPのIPアドレスが取れているかどうか、分かるようなのである。それで、ともかくも繋がったので、すいませんでした、と電話を切ったが、どうも怪訝である。
 ともかくも、自分のネット依存症を改めて確認した次第。そういえば、山本七平が、徴兵されたとき、読書も制限されて、それでも何か活字が読みたくて、マニュアルの類でも、食い入るように読んだ、という記述があった。私にとってネットは、お菓子や酒のような嗜好品であって、ないと非常に寂しいが、しかし、読書は私にとって米であり日常的な食事である。もし読書ができない環境だと、ネットどころではない、私は確実に発狂してしまいそうである。

ThinkerとLearner

 金曜日に、会社の友人と酒を飲んでいて、興味深い話を聞いた。それは、友人が長期出張で米国に滞在したとき、お子さんが算数の特別講習を受けたのだが、その講習の注意書きに、この講習は、Thinkerのためのものであって、Learnerのためのものでないので、Learnerには辛いかもしれない、とあったそうである。実際、その講習は、未来の一流数学者になれる才能がある子供を見出すためのものであったそうである。蛇足で補足すると、Thinkerとは、過去の枠組みにとらわれず、こんこんと新しいことを考えられる人、Learnerとは、過去の知識資産をこつこつと学んでいくことに巧みである人、である。
 それを聞いて私は次のことを思った。
 第1に、私が前に書いたブログの記事2種類の知性で言及した、インテレクチュアルがThinkerで、インテリジェントがLearnerかも、ということである。これは、ほぼそうであると思われるが、微妙に違う点もあるようであり、その点を後で述べる。
 第2は、米国では、小学校からThinkerを積極的に発掘しようと努力している、ということである。流石に、世界で一番天才がひしめく国だけのことはある。日本だと、優秀な小学生が、有名中学入試のための準備に晒されたりする。私は、多少有名中学入試なるものの実態を知っているが、まるで知識の条件反射を試すようなテストに備えるものである。あれこそは、LearnerによるLearnerのための教育ではあるまいか。Thinkerは潰れてしまうか、おかしくなってしまう。
 第3は、米国では、Thinkerも、measurableである、と認識されているのか、ということである。これは両刃の剣である。measurableである、あるいは、detectableである、と認識されるが故に、ある種のテストというか、講習で、小さいうちから、Thinkerを発見しようとする、また、できると信じる。これは一歩間違えると、このブログの早期教育批判で述べた懸念につながる。だから、私の認識は、米国でいうThinkerとは、私がインテレクチュアルと認識するもののうちの、visibleあるいはdetectableな部分である部分集合であって、インテレクチュアルとイコールでない、ということである。
 第4に、米国の識者はそのことをちゃんと分かっている、ということである。むしろ、私がいま考えていることを、米国の識者が分かっていないなどと考えることは傲慢も甚だしいのである。実際、米国のThinker養成の取り組みは、open endedなのであって、一方が開いている。だから、その開いている口から、アップルのスティーブ・ジョブズだの、スーパーストリング理論のウイッテンなど、規格外の天才が入り込む余地がある。で、お決まりの議論だが、日本の弱点は、open endednessであろう。日本でも、天才のための早期教育だの、大学進学の飛び級など議論されるが、日本で一番メジャーと言われる大学達が真面目にそれに取り組まない。普通の受験勉強のフレームワークでない秀才・天才を認めることは、日本特有の平等感にそぐわないのだろう。だから息苦しく感じる人は、米国に行ってしまうのかもしれないが、それは、経済的な面その他の幸運がないと、なかなか成功しない。天才であれ秀才であれ、それは必要なリスクとコストである、と割り切ってしまえば、それでいいのかもしれないが。

仏典とサンスクリット

 「仏典とサンスクリット」について、主として、「日本語の奇跡」山口謡司、新潮新書に拠り、自分のメモとして書いてみる。仏典は、もともとがインドで、サンスクリットやパーリ語で書かれていたが、特にサンスクリットで書かれたものが、紀元4世紀頃、中国西北のタクラマカン砂漠の北部に位置する、亀茲国出身の鳩摩羅什と、その弟子の慧遠によって、漢訳された。漢訳された経典は、坐禅三昧経、阿弥陀経、摩訶般若波羅蜜経、妙法蓮華経、維摩経、大智度論、中論などである。鳩摩羅什は、インド系の言語と、漢語のバイリンガルで、その仏教的バックグラウンドと相俟って、翻訳者に最適であったようであるが、いろいろと俗気もあって、毀誉褒貶がある。ただ、中国に仏典を紹介した功は、大きい。
 後の7世紀になって、玄奘が新しく、仏典のサンスクリットから漢語への翻訳を試みたが、まるっきりの新訳という訳でもなく、鳩摩羅什の訳を引き写したものもあるらしい。
 サンスクリットやパーリ語の仏典自身が仏陀の著作ではなく、よって、サンスクリットやパーリ語の仏典だといって、とても権威がある訳ではないが、鳩摩羅什や玄奘の漢訳で、かなりニュアンスが違ってきている箇所が少なくないようである。また、全然訳になっていない箇所もある。例えば、「摩訶般若波羅蜜多」という語句があるが、摩訶=マカ:偉大な、般若=パーニャ:最高の叡智の、波羅:パーラ:無限の、蜜多=ミータ:絶対神の全徳ということで、単なる音訳である。これでは、God bless youを、「語度舞礼須愉」と書くようなものである。ところが、聖徳太子であれ、奈良仏教であれ、最澄であれ、この漢訳を通じて仏教を学んでおり、元のサンスクリットやパーリ語に拠っていないので、かなり鳩摩羅什や玄奘のバイアスがかかっているのではあるまいか、と考えるのが普通である。しかし多分、「摩訶般若波羅蜜多」のような箇所については、別途解説本があったに違いない、そうしないと、それを何度読んでもさっぱり意味が分からない。
 ところで、空海は、サンスクリットを勉強したのだという。もともと空海は、山中の修行で、虚空蔵求聞持法という学習方法をマスターし、この方法で学習した中国語は、唐への留学の際、向こうの知識人をも震撼させるレベルだったという。そして、詳細は不明であるが、空海は独自にマスターしたサンスクリットの知識で、ライバル最澄の知らないような奥義をマスターしたようである。ただ、「日本語の奇跡」には、この点が、極めて曖昧にしか触れられていない。それで、ネットを検索してみたら、「密教よりも先に、般若三蔵からサンスクリットを学んだ空海」というステートメントが見つかった。どうも、唐への留学時代に、空海は、般若三蔵から、サンスクリットを教わり、そのサンスクリットを駆使して様々な仏典を読んだことから、最澄に対する後のあの不遜な態度にもなったのかも、と推察する。上記のように、サンスクリットの知識は、漢訳仏典をより深く理解するためにも必須だからである。
 ということで、よく分からないまま、自信のないテーマで書いてきた私のメモも限界になってきたので、この辺でやめておく。

2008年4月 7日

ノーベル賞当確?

 新聞によると、ハーバード大学幹細胞研究所が、難病に苦しむ患者から皮膚の提供を受け、患者自身のiPS細胞の作成に成功したという。これは、直接その患者の病気治療に役立てるというよりも、さまざまな病気のタイプのiPS細胞を集めてデータベース化し、病気が起きる仕組みや新薬開発に役立てるのだという。そういう意味で、今後、心臓病、糖尿病など、さまざまなタイプの病気の患者から細胞の提供を受けて、iPS細胞を作成するのだという。
 こういう流れは、「開祖」である、京都大学の山中伸弥教授に、いやがおうでも関心を集める。実際、昨年研究が発表されたとき、ブッシュ大統領は、画期的な成果であり、是非資金援助したい、と申し出たし、ローマ法王も、人工受精卵の犠牲なくして研究を進めることを可能にしたこの研究の倫理的な意義を強調する。雑誌TIMEでも、山中教授は、「世界に影響を与える100人」に選ばれた。
 このように各国要人が前向きの発言をし、また、各国有力研究者が、その路線に沿った研究を進めることほど、ノーベル賞に向けて推進するものはない。というのは、ノーベル賞といえども、結局は人気投票であるからである。
 それで私は、おそらく今年のノーベル賞医学・生理学賞を、山中教授が受賞するであろうことを信じて疑わないが、懸念は、ハーバード大学の研究にもあるように、応用的な研究を、ほとんど米国の研究者によって占められてしまうことである。というのは、言うまでもなく、人材・資金とも、日本に比べ米国は圧倒的であるからである。
 こうして、日本発の研究の成果であるにも拘わらず、難病をもつ人がiPS細胞を使った治療を受けたいと思ったら、渡米しなくてはならない、ということにならなければいいのだが。

ThinkerとLearner(続き)

 前稿のThinkerとLearnerに関するメモについて、引き続き考えてみた。すると、結果的にとても大きな差につながるThinkerとLearnerであるが、とっかかりはあまり違わないのではないか、でも、次第にその差が広がっていくのではないか、と考えてみた。
 まず、ThinkerであれLearnerであれ、知識が白紙である場合は、とりあえず学ぶよりない。例えば、将棋を知らない人はとりあえず、駒の進め方を覚えるよりないのである。よって、最初はみんな、Learnerである。しばらく学ぶと、少し知識が溜まってくる。そこで、ある問題にぶつかったとしよう。すると、ここでThinkerであれLearnerであれ、既存の知識で問題を解こうとする。ここでも差はつかない。
 それで、結局、既存の知識の普通の組み合わせでは問題が解けそうもないとき、やっと、ThinkerとLearnerで差が出てくる。すなわち、Thinkerだと、既存の知識の普通でない組み合わせを考えるのである。それは簡単でないので、Thinkerは立ち止まっているように見える。既存の知識の普通でない組み合わせでも解けないとき、Thinkerは別の知識を求めてさまよう。別の知識が見つかったら、また、その知識を加えて、普通に解こうとするが、解けないと、また、知識の普通でない組み合わせを考える。こうして、Thinkerは、あまり多くない知識のノードの間に緊密なネットワークが形成されている。
 一方、Learnerは、既存の知識の普通の組み合わせでは問題が解けそうもないとき、あまり考えないで別の知識の獲得に進む。そうして、解けるまで知識を溜め続ける。その結果、Learnerは、多くの知識のノードの間に緩いネットワークが形成されている。
 こういう知識体系だと、Thinkerは、狭く深く、非自明な思考をする傾向が出てくる。一方、Learnerでは、広く浅く、自明な思考をする傾向が出てくる。
 Thinkerに向くのは、例えば数学、物理、哲学である。少ない公理から定理を組み立てててく数学といえども、実は、その道具立ては少なくない。しかし、どう考えても、民法学者が、条文や判例を知る程の広さではあるまい。結局、海の底に潜ってくるような思考の深度が必要である。かなりニュアンスは違ってくるが、物理、哲学もそうであろう。
 Learnerに向くのは、法律学、工学、文学か。法律学がLearnerの学問である、と言ったら、その道の学者に叱られるであろう。裁判官にたしなめられるであろう。弁護士に無視されるであろう。法律の案文の組み立てには、深い思考が必要である、と。しかし、やはりそれは、数学や物理のような、海の底に潜るような思考ではなく、海原を見渡すような思考ではないだろうか。というのは、常識という地平線からあまり離れると、法律の意味がなくなるからである。工学しかり。きちんと動くロケットを設計する、という点で、どうしても、数学でアレフゼロやガロア拡大体を考えるようにはならない。
 以上の考察から分かるように、世の中を運営するには、多数のLearnerが必要である。橋を作り、判決文を書き、CPUを設計する。ベストセラー小説を書く。
 しかし、多くないThinkerも必要である。殺伐とした人類の思考に光をあてる必要がある。しかし、多くは必要ないだけに、Thinkerの道は険しい。経済的も恵まれない。こう考えると、やはり、米国のように、組織的にThinkerを見出して育むことがどうしても必要になる。

2008年4月 8日

国境なき記者団

 国境なき医師団というのがあるのは知っていたが、国境なき記者団というのもあることを、最近の中国のチベット騒動で知った。Wikiによると、言論の自由(または報道の自由)の擁護を目的とした、ジャーナリストによる国際的な非政府組織。1985年にパリで設立された、とある。20年以上も前に設立されていたのに、今まで知らなかったとは、私の不明である。
 その趣旨は、世界中で拘禁や殺害されたジャーナリストの救出と、その家族を支援。そして各国のメディア規制の動きを監視や警告をすることである。しかし、外国人記者がチベット入りするのを妨害した、と中国政府を非難したり、北京オリンピック開幕式出席をボイコットするように、と日本政府に呼びかけてたりと、言っている趣旨は分かるのだけれども、下手をすると、一歩間違えると、捕鯨調査船を妨害する一派と近くならないか。また、医療活動を旨とする国境なき医師団に比べて、国境なき記者団は、さまざまな活動を呼びかけて、ある意味煽動しようとするので、国家権力やテロリストに狙われることもあるのではないだろうか。
 すなわち、現代にあって、ジャーナリスト活動は、命がけという側面もある。例えば、ウォールストリート・ジャーナルのダニエル・パール記者がパキスタンで誘拐されて殺害された事件はまだ、記憶に新しい。しかし、記者にとって取材が最も危険な地域はイラクである、と言ったら、聞く方はあまりにも当たり前なので、却って興味を失うくらいであろう。すなわち、取材中にどこからともなく銃弾が飛んできたり、自爆テロに巻き込まれたり、などである。ところが、イラクでの恐怖はそういう直接的な被害にとどまらない。すなわち、イラクのテレビ局「アルフラート」の元記者は、自宅のガレージで、アルカイダ系のスンニ派武装組織「カターエブ・サール」からの脅迫状を見つけた。その内容が恐怖を煽るのは、元記者本人でなく、元記者の幼い兄弟から先に狙う、という内容だからである。これは単なる脅しではなく、実際、元記者の同僚カメラマンで、父親や兄弟を殺害された例があるという。
 元記者は、恐怖のあまり、精神に変調をきたし、シリアに渡った。しかし、イラク国外のシリアとて、安全ではない、という。実際、昨年12月、ダマスカスで、イラク人のテレビディレクターが殺害された。彼は、汚職にまみれるイラク政府や、民兵組織の暴力を描いたドラマを製作したのだという。こういう事件があると、憲法の報道や表現の自由もなにもあったものではない。こうして、イラクでは、今までにメディア関係者の死亡は、210人にも及ぶという。
 国境なき記者団は、武力をもたないので、こういう現状をどうすることもできない。流石の国境なき記者団も、イラクには腰が引けるのかと思って、ネットで検索すると、うん、きちんとイラクの泥沼化についても言及し、米軍に協力を求めたりしている。流石に、イスラム過激派を非難して、刺激することは避けているようではある。

強い能力主義

 一般にはあまり知られていないかもしれないが、深谷賢治という偉い数学者がいる。専門は、場の量子論に関連が深いゲージ理論の幾何学的側面の研究である。その深谷賢治氏に、「数学者の視点」という随筆があって、それに、次のような一節があった。すなわち、試験勉強をして、試験以外のことで役に立ったことはない、と言ったら、誰かに、そんなことは当たり前であって、試験勉強をして得られるものは、単位だけであって、それ以上を期待するのは間違いだ、と言われたそうである。これを一般化すると、入学試験を難しくすると、単に試験に強い人が入学してくるだけである、ということになる。
 一般的には、それはちょっと言いすぎではないか、ということになるかもしれない。すなわち、入学試験を難しくすると、試験に強い人が入学してくる、という命題に反対する人はいない。それは、ほとんどトートロジーであるからである。しかし、「単に試験に強い人が入学してくるだけである」と言ってしまうと、試験がもつ能力推定機能を否定しているというか、信じていない、ということになる。このような狭い能力推定の前提を、私の造語で、強い能力主義と呼ぼう。
 どういうのが世間一般に、強い能力主義かというと、典型的にはオリンピックである。例えば、オリンピックの柔道代表を選ぶのに、わざわざ腕相撲で決める、ということはあり得ない。確かに、腕相撲の強さと柔道の強さに、多少の正の相関はあるだろうが、腕相撲の強さで柔道代表を選んでいたら、かなり妥当性を欠く人選になると推測される。よって、どんな場合でも、可能なら、強い能力主義で選別するのがよい、ということになる。
 すると、例えば、大学の数学科の試験を、強い能力主義で実施するとどのようになるだろうか。私が考える方法は、まず受験生に、大学3年レベルの数冊の数学書を見せ、気に入った分野の本を選ばせる。そして、丸一日かけて一人の部屋で読ませる。次の日に、教官が、その本の内容について、受験生にいろいろ質問する。必要に応じて、黒板に式を書かせる。すると、当然にあまり答えられないだろうが、その困り方で、能力をみる、というものである。
 しかし、こんな手間がかかる方法が、何千人もの受験生に対してできる訳もない。そこで、やや弱い能力主義として、高校レベルの数学の問題を一律に解かせる、というのが現在の受験制度である。
 もっと弱い能力主義の例として、中国や朝鮮で昔実施された、科挙がある。なぜ弱いかというと、科挙というのは、高級官僚登用のシステムであるにも拘わらず、その試験内容が、経書や詩文などの古典、人文的な教養の試験に偏っていたからである。高級官僚登用のためのより強い能力主義にするためには、経世の方法を広く学ぶことを要求するものでなくはてならない。だから、そうやって科挙の試験に合格した者が官僚として優れた実務能力を発揮すると期待することは、腕相撲の強さで柔道代表を選ぶよりも確かであるとはいえない。
 そういう意味では、現在の日本の上級公務員試験も、例の高橋洋一氏によると、ほとんどパズルのような試験であり、国家のための政策遂行能力と、かならずしも関係がない故に、あまり強い能力主義になっていないと思われる。財務省の要職を、経済学部卒でもなく統計学や会計学の専門家でもなく、ジェネラリストたる東大法学部出身者が占めるというのもまた、弱い能力主義の例であろう。
 それでも、弱い能力主義でなんとかなるのは、安定した平和な世の中で、前例主義でやっていける場合である。今のように移り変わりの早い世の中では、どうしても強い能力主義が随所に必要になるが、強い能力主義を進めるには膨大なコストがかかるため、結局さしたる変化もなく、次第に没落している、というのが、今の福田政権、ということになるのだろうか。

2008年4月 9日

良品は遍在する

 今朝、食事をしながら、ふと思った。食事は例によって納豆と、メカブである。メカブは、最近特定のスーパーで、湯通ししてわかめの根っこから切り出した原形のまま売られている。それを、色が緑色になるようにさらに湯通しして、細かく刻んで、納豆にまぜて食べると最高である。大豆たんぱくと、海藻成分のアルギニンやフコイダンも豊富で、健康にもいい。ところが、こんな味も栄養も優れた食べ物なのに、納豆もメカブも実に安い。それでふと思ったのは、世の中で、本当にいい物は、安くて、世間のあちこちに遍在している、ということである。それを、無理やりレアものの価値を高めて、プレミアをつけ、レアもので着飾り、レアものを食べないとセレブでない、と喧伝するのは、優れて資本主義の仕組みである。
 それでは、資本主義が世の中に跋扈して、人類は資本主義に利用されて踊らされているのか、というと、それは違うと思う。例えば、秦の始皇帝は、絶大な権力を握ったのに、それだけでは満足できず、永遠の命を得るために、不老長寿の薬を求めて、部下をあちこちに遣った。要するに、霊験あらたかなるレアもの探しである。もちろん、そんなものはありしはないが、それでも、賢しい部下は、はい、これでございます、と差し出して、褒美をもらった者もといたもしれない。すると、資本主義が生まれる前に、レアもの探しの本能が人間にあり、そをシステマチックに駆動するために、資本主義が案出された、ということになる。欲望鼓吹マシーンである。その点で、資本主義は、あまり上品でない男性週刊誌と何も変わるところがない。
 例えば、男性週刊誌には、絶世の美女と称して、ヌードグラビアがある。しかし、良品は遍在するの法則の下に周囲を見渡してみるがいい。周囲の女性とほとんど本質的な違いはない。その違いを生み出すのは、絶世の美女自身の容姿にあるのでなく、敵は本能寺ならぬ、敵は己の心である。心がすっかり資本主義で染め上げられてしまっており、その宿痾が、心を、嗜好を、歪ませる。
 で、私が言いたいことは、フォアグラよ、キャビアよ、ダイヤモンドよ、金の延べ棒よ、分を知れ、汝は、納豆やメカブと大差ないのだ、ということである。ただ、この命題ほど、だからどうしたという反応を呼び起こすこともないのであるが。

2008年4月10日

名人戦

 大方の予想は、名人戦は羽生有利というものだが、私は寧ろ、森内やや有利と思っている。果たして、名人戦第1局は、森内の勝利となった。私の予想はほとんど当たったためしがないのだが、それでも、私は、今期も森内が4-2で防衛すると見る。以下、その理由を述べる。
 まず、大方の予想で、名人戦は羽生有利という根拠は、おそらく、最近の二人の成績によると思われる。というのは、羽生は今、コンスタントに7割以上勝っているのに対し、森内は、最近、5割をやっと超えている程度で、現役の名人でこのような成績の者は、聞いたことがない。だいたいは、6割の勝率はキープしているものである。しかし、長年将棋を指してきた者なら、絶対的な好不調や、勝率とは関係なく、ある二人だけの間の相性や自信のもちかたによって、特定の二人の間で意外な星の偏りが生じることがある、ということに同意戴けるだろう。
 2004年の名人戦で、森内は、A級全勝で当時の羽生名人に挑んだ。そのとき、実績では羽生が圧倒的に有利と言われていたが、森内は好調の勢いで、羽生を破った。当時の森内の部分的な勝率は、8割にも達していた。絶好調だったといえる。
 さて、2005年の名人戦は、予想通り、羽生がリターンマッチしてきた。森内はそのとき、前年の絶好調に翳りがみえていた。実際、前年の竜王戦で、渡辺にフルセットで竜王を奪われ、また、名人戦直前の王将戦では、ストレートで王将位を羽生に奪われた。以上から、今期以上に、羽生有利が喧伝されていた。しかし、結局、森内は、フルセットで羽生を下した。ここで完全に、森内は、羽生に自信をもったと思われる。
 果たして、2006年当初の棋王戦でも、森内は羽生から棋王位を奪取した。
 さて、昨今の森内の成績であるが、森内は、絶対的な才能で羽生に及ばないことを自分でよく知っているのであろう。また、絶対的な才能というものが、通算勝率には利いてくるけど、二人の間の番勝負だとまた話が違う、という事実も知悉していると思われる。だから、半ば無意識のうちに、森内は、限られた自分の勝負への気力や体力を、対羽生の名人戦に温存する、という戦略をとったようである。その結果、格下の相手にも負け、5割程度の勝率になったという次第である。しかし、森内は、それをなんとも思っていないようである。早い話、名人戦で羽生に勝ちさえすればいい。他は、まあ、5割でいい。
 一方の羽生は、タイトル数に拘わらず、現在最強の棋士と(森内も含む)みんなに認められ、本人もそれなりに自負がある。だから、一局一局に工夫を凝らすし、格下の相手に負けることもほとんどない。NHK杯で長沼に逆転負けしたのは、あれ自体が大きな話題になるほどである。
 こうして、羽生と森内では、名人戦にかけることのできるリソースが違う。例えば、車のメーカでいうと、トヨタとホンダでは、企業規模でも、研究開発能力でも、圧倒的にトヨタが強い。それを疑うものは、ホンダにもほとんどいないだろう。しかし、F1レースのためのチューニング能力では、トヨタよりもホンダが上である。ホンダは長年のノウハウをそこにもち、また、社運をそこにかけているからである。そこで、F1レースを名人戦と見立てると、羽生が森内に今期の名人戦で勝つことはなかなか大変である、ということが理解されるであろう。

米国の大学ランキング

 Webを調べていると、USNewsのページに、米国の大学ランキングがあった。研究レベルや教育設備を独自の要因で考慮して配点したものらしい。
 これを見て感じたことをざっと書いてみる。
・まず、上位でも日本であまり知られいていない大学が結構あることである。例えば、ペンシルベニア大が、そんなに名門だと日本で知っている人は多くないと思われる。デューク大もそうである。私は、たまたま知り合いの米国弁護士がそこ出身なので、名門と知っていたが。
・あと、米国の大学は恐ろしく層が厚い、ということである。例えば、カリフォルニア大バークレーと東大を比較したら、そりゃあやっぱり、カリフォルニア大バークレーの方が上でしょう、というのが常識的なところであろう。ところが、カリフォルニア大バークレーは21位なのである。すると、単純に考えて、米国には、東大に優るとも劣らない大学が少なくとも21校はある、ということになる。これは相当凄い。
・層の厚さでさらに言うなら、去年、銃撃事件で有名になったバージニア工科大は、名門で沢山の有名人のOBがいる、と紹介されていた。実際それは事実だと思う。ところが、そのバージニア工科大は、米国でやっと71位である。日本で上位71校を選ぶと、確実に、駅弁大学と揶揄されていたような地方国立大学がリストされる。しかし、私も地方国立大学出身だからあえて言うが、そんな有名人のOBなんてほとんど聞いたことがない。独断と偏見で言えば、バージニア工科大は、おそらく、私がしっかりした大学と尊敬している、国立の名古屋工業大学よりは上にあると思う。すると、米国には、本当にレベルの高い大学が多い、ということになる。こうなっている理由は1つには、秀才が一箇所に集まらないのだろう。すなわち、全米でトップクラスの能力でも、わざわざプリンストンやハーバードに行かない。近場にデューク大があれば、そこに行くだろう。
・あと、米国では、どうしても州立大学は、私立大学に後れをとってしまっている。ペンシルベニア州立大ユバーシティ・パークがやっと48位に入ってきている。これは、歴史的経緯なのだろう。有名大学が、資産をもった有意の人によって創設された、ということである。
 以上、ささやかな考察であった。



1. プリンストン大
2. ハーバード大
3. イェール大
4. スタンフォード大
5. ペンシルベニア大
6. カリフォルニア工科大
7. マサチューセッツ工科大
8. デューク大
9. コロンビア大
10. シカゴ大
11. ダートマス大
12. ワシントン大ルイス校
12. コーネル大
14. ブラウン大
14. ノースウェスターン大
14. ジョン・ホプキンス大
17. ライス大
17. エモリー大
19. ヴァンタービット大
19. ノートルダム大
21. カリフォルニア大バークレー
22. カーネギーメロン大
23. ヴァージニア大
23. ジョージタウン大
25. カリフォルニア大ロサンジェルス
25. ミシガン大アナーバー
27. 南カリフォルニア大
28. ノースカロライナ大チャペルヒル
28. タフツ大
30. ウェイクフォレスト大
31. リーハイ大
31. ブランデイス大
33. ウィリアム・アンド・メリー大
34. ニューヨーク大
35. ジョージア工科大
35. ロチェスター大
35. ボストン大
38. ウィスコンシン大マディソン
38. カリフォルニア大サンディエゴ
38. イリノイ大アーバナ・チャンピオン
41. ケース・ウェスタン・リサーブ大
42. ワシントン大
43. カリフォルニア大デービス
44. レンスラー工科大
44. テキサス大オースチン
44. カリフォルニア大サンタバーバラ
44. カリフォルニア大アーヴィン
48. ペンシルベニア州立大ユバーシティ・パーク
49. フロリダ大
・・・・
71, バージニア工科大

2008年4月11日

iPS細胞の特許出願

 今朝、新聞の第一面を見て、おおっと思った。なんと、バイエル薬品が、「開祖」の京都大の山中伸弥教授らのチームより早く、昨年春、ヒトのiPS細胞を作成し、特許出願も既に完了している、とあったからである。作成したのは、バイエル薬品神戸リサーチセンターの桜田一洋センター長と正木英樹研究員、石川哲也主席研究員(いずれも肩書は当時)らのチームであった。
 ネズミの細胞を用いて、山中教授は、世界に先駆けてiPS細胞を作成したので、研究上の先取権は揺るがないが、山中教授にケチがついた、という感は否めない。聞くところによると、ウィスコンシン大のチームもヒトのiPS細胞を作成した、という。当然に特許も出願しているだろう。iPS細胞は、素人目にも莫大なビジネスチャンスのポテンシャルを秘めているようにみえる。こうなってくると、最早、京都大の山中伸弥教授らのチームの影は日に日に薄くなるばかりである。というのは、一旦研究目標が定まってしまうと、大学の研究所は、資金と人材で、企業に太刀打ちできない。ましてや、資本主義の権化、米国では、一流大学教授が、何のためらいもなくその地位をなげうってベンチャービジネスを立ち上げるお国柄である。私が山中教授であったなら、その欲望の横行に嫌気がさし、世の無常を感じて、頭を剃って出家してしまうかもしれない。
 ところで、ヒトiPS細胞の特許出願がどんなものか、というと、日本でも米国でも、出願から18ヶ月たたないと内容は第三者に公開されないので、現時点ではまだ、窺うことはできない。そこで、その代用として、既に公開になっているES細胞の特許公開公報の例をみてみる。
 代表例という訳でもないが、例えば、特開2007-14273は、国立大学法人信州大学が出願人であって、胚性幹細胞に対して薬剤投与や外来遺伝子の導入を行うことなく、単一の胚性幹細胞から、肝実質細胞のみならず血管細胞や胆管細胞等の非肝実質細胞をあわせて分化誘導することが可能であり、かつ高い肝機能を有する肝組織・臓器を高い確率で効率よく製造する方法に関するものである。それは、具体的には、胚性幹細胞をリクローニングしてサブクローンを分離し、記サブクローン由来の胚様体を複数同時に同条件下で形成させ、胚様体を接着培養し、接着培養開始から48時間後において拍動している前記胚様体の個数が、全ての前記胚様体の個数に対して70個数%以上であるサブクローンを選択し、などという工程を含む。
 他は、発明のタイトルと出願人だけ挙げていくと:
 特開2007-31343,遺伝子組換えヒトデルタタンパク質,東レ株式会社
 特開2007-22940,ケモカイン受容体作用増強剤,国立大学法人 岡山大学,マルキンバイオ株式会社
 特開2007-37458,イヌ由来胚性幹細胞、その生産方法、及びその継代培養方法,公立大学法人大阪府立大学
 特開2007-055965,ヒト神経幹細胞に選択的なモノクローナル抗体及びこれを用いたスクリーニング方法,独立行政法人産業技術総合研究所
 特開2007-89432,幹細胞由来血小板産生増加法,株式会社リプロセル
特開2007-525422,心臓血管疾患の治療における脂肪組織由来細胞の使用方法,サイトリ セラピューティクス インコーポレイテッド
 このような特許出願を眺めると、次のことが分かる:
 ヒトを含む、特定の動物の細胞のiPS細胞の生成方法とiPS細胞自体に特許をとることができる。但し、当然ながら、その動物特有の処理上の新しい工夫が必要である。例えば、山中教授が既に、ネズミでiPS細胞の作製に成功しているとき、使用する特定の医薬品、特定の遺伝子、特定の処理時間、特定の温度、特定の培養器などに特徴があれば、その範囲で特許をとることができ、その権利は、そのようにして作製されたiPS細胞自体にも及ぶ。
 また、iPS細胞作製のための特定の医薬品、という切り口で特許を取ることができる。
 さらに、iPS細胞を使って作った、特定の医薬品、という切り口で特許を取ることができる。ビジネス的には、これが大きいかも。
 さらに、iPS細胞を使った、特定の病気の治療方法、という切り口で特許を取ることができる。以前の特許法には、病気の治療方法には、特許権の効力が及ばない、とあった。しかし、現行の特許法第69条によると、2つ以上の医薬品を調合することによる、医薬の製造方法の特許は、医師による処方には及ばない旨記載するだけである。ただ、流石に、昨今の風潮では、いくら特許侵害しているからといって、ある病気の治療に、差し止めが認められることはまずないだろうが、このあたり、下手をすると、病院に対する特許ゴロの跳梁を許すことにもなりかねない。これはまあ、別のストーリーである。
補足:

 特許法第69条では、人間を治療する方法を特許から除外する既定はないが、特許庁審査基準の、「産業上利用することができる発明」に、人間を手術、治療又は診断する方法に該当するものは特許しない、とあるので、やはり人の治療方法は、特許されない。私の勘違いだった。
 例えば、特許第3898467号には、下記のような請求項があるが、ちゃんと「(ヒトを除く)」とある。
ヒト臍帯血から有核細胞を分離し、
分離した有核細胞を脾臓に注入することによって免疫不全動物(ヒトを除く)に移植することにより肝細胞又は/及び肝前駆細胞に分化誘導させることを特徴とする、肝細胞又は/及び肝前駆細胞の生産方法。

2008年4月12日

行政不況

 昨年だったか、不二家、ミートポープ、白い恋人、赤福、船場吉兆など食品スキャンダルが相次いだ。それをみて、なんと杜撰なんだろう、老舗で思い上がっていたんだ、などと非難したり、溜飲を下げた人も少なくないと思うのだが、甘いと言われるかもしれないが、私は、そこまで図に乗って責めていいのか、という思いは常にどこかにあった。そう思う根拠は、私が会社の部門内にあって、管理部門からの矢面にずっと立ってきたこと、それでも、業務が円滑に廻るように私なりに部門をプロテクトしてきた、という経緯もある。
 そこで、「行政不況」宝島新書、中森貴和著、を読んで、なるほどと思った。経済産業省と、総務省管轄の国民生活センターが、消費者保護を打ち出して、業界摘発に力を入れていることが一番の原因である。
 そのような強化の一環は、NOVAの破産にも窺われる。確かに、NOVAは杜撰で放漫な経営をしていたであろう。しかし、今の時代、対消費者の手落ちがあっと言う間に官憲の手入れ、銀行取引の停止、報道による糾弾という連鎖で、破産に繋がる。昔なら、持ち直せたであろうと思われるようなケースもである。
 それに対して、それだからお前は甘い、駄目なプレーヤーは速やかに市場から退場を命じられるのが健全な社会のルールである、という建前を持ち出されると、私は反論できない。しかし、企業は互いに繋がっており、1つの企業の倒産は他の企業のビジネス上の困難を招く。こうして、困窮が広がって、行政が原因の不況になっていないか、というのが、「行政不況」宝島新書の問いかけであり、かなり世間の識者で既に共有されている認識である。
 典型的なのは、改正建築基準法である。例の姉歯事件で、建築確認の審査手続きが強化された。これは、一見、妥当な処置であるように見える。ところが、この審査強化で、大幅な工事着工の遅延が生じた。施行直後の新築住宅着工件数は、前月よりも43%も低下した。これはマクロ経済もヒットし、GDPの予想値が、2.1%から1.8%に引き下げられた程である。
 ところがである、法改正に伴う、建築物の構造関係技術基準解説書の用意が、予定よりも2ヶ月も遅れてしまった。本来は、施行日の6月20日に、絶対に間に合わなくてはいけないのに、8月10日になってしまったのだという。これしある意味、致命的なミスであるはずなのだが、なぜか、全く糾弾の声があがっていない。これは、現場を知らない学者と官僚の癒着の産物である、というのが、「行政不況」宝島新書である。そして、コンプライアンス強化の一番の問題であると私が感じるのもこの点である。すなわち、コンプライアンス強化が謳われると、非難のベクトルの方向が定まってしまい、それと反する流れの非難が起きにくくなる。その陰で、多数の怠慢な人々が安堵の日々を送っているに違いない。そのことは、前にも触れた、古紙再生紙基準の問題もある。現場を知らない環境省と学者が、これでいいだろうと思い込みで決めた古紙使用率が一人歩きし、品質を維持しつつその基準が守れなかった製紙会社が一方的に非難を浴びた。このときも、非難のベクトルが環境省に向かうことはなかった。
 こういう風潮を見て取ると、昨今権威低下が叫ばれている官庁にとって、規制強化は恰好の追い風である。というのは、表向き、消費者保護、個人情報保護、社会風紀の維持などという目的に反対する人はいない。そのため、法律を改正し、監督機能を強化する。それで、官庁職員の存在価値もアピールされ、自らの権力欲も満足される。「それによって仕事が廻らなくなって、景気が悪化した? そんな、こちらに責任をなすりつけないでよ、ちゃんとやっていなかった君達が悪いんだろ? 今までちゃんとやっていなかったツケが廻ったんだよ。」くらいのことを言われかねない。
 その他、簡単に個別の規制強化の案件をみていく。
 まず、「改正貸金業法」。これは、利率の制限を規定するものである。これは一見、借りる消費者を保護するようであるが、もともと、ある程度の貸し倒れリスクを想定して運営している業者にとっては、経営が成り立たなくなる恐れがでてくる。これによって、ノンバンクは、未曾有の再編を迫られているという。すると、本当に一時資金を借りたい中小企業も、借りる先がない、ということがありえる。それで、業績が悪くないのに倒産、ということもありえる。そのスキをついて、一層アングラ業者が暗躍する、というのだから、却って逆効果ではあるまいか。
 また、「金融商品取引法」。投資者保護の立場から、金融商品を売る際、そのリスクを十分に説明するという義務が課せられ、これを怠ると、損害賠償も課される。また、匿名組合ファンドも、情報開示を求められるようになった。
 さらに、「改正風俗営業法」。射幸性の高いパチスロ機を最早導入ではなくなったので、経営困難に陥るパチンコ屋が増えているという。
 さらに、「改正独占禁止法」。談合の罰則金増額、指名停止処分の強化、東京高検に専属であった独占禁止法案件の起訴が、地方の検察庁でもできるようになった。こうして談合禁止が強化されると、中小のゼネコンは、立ち行かなくなってきた。すると、生き残るのは、スーパーゼネコンだけとなるそうで、「独占禁止法」の名が、これほど皮肉に響くこともないのではないだろうか。
 繰り返すが、これらのほとんどは、権威失墜が喧伝されて久しい霞ヶ関の、権威回復ツールなのである。なに、消費者保護、個人情報保護、コンプライアンスなどと言っていれば、錦の御旗に不足することはない。結果、倒産会社が増えようが、日本が不景気になろうが、正しいことを押し進めるには、多少の痛みは必要である、などと開き直っていればよい。
 本当に、霞ヶ関の人達は、国民の幸福を願っているのだろうか。もしかしたら、小泉内閣によって押し進められようとした、天下り禁止などを含む行政改革を転覆させ、天下り天国を新たな形でつくるよい仕組みを得た、とほくそえんでいるのだはなかろうか。そもそも、「改正○○法」には、施行側の官庁の責任をきちんと規定した条文がほとんどないのではないか、という疑問をもちつつ、この辺で擱く。

マイクロソフト上級研究員

 今月号の数学セミナーを眺めていたら、ハンガリー出身で、ロバシュという、グラフ理論の世界的権威が紹介されていた。ロバシュは、ハンガリーの名門大学を卒業した後、1993年から2000年までエール大学で教え、その後、2006年まで、マイクロソフトの上級研究員だったという。
 マイクロソフトの上級研究員というのは、高給で知られ、その後ロバシュは、ハンガリーに帰って豪邸を建てたという。ううん、いかにも、知は金なり、のアメリカらしい話ではある。それで思ったのが、マイクロソフトは、リッチなだけあって、お金に糸目をつけず、大学の優秀な研究者を、もしかして場合により期限つき契約で、上級研究員を雇っている、ということである。調べてみると、OSの世界的権威、ネットワーキングの権威、データベースの専門家などが、マイクロソフト上級研究員として採用されているようである。
 確かに、Windows XPであれ、Windows Vistaであれ、もう生半可な会社が作れるものではなくなっている、ということである。すると、特殊な処理のアルゴリズムを考えるために、ロバシュのような、純粋応用数学者(言い方が矛盾している?)のような知能も借りる必要が出てくるのだろう。
 また、それに関連して思うのは、アップルのインテルCPUベースの新しいOSである。私は、アップルの企業規模というか体力で、PowerPCベースのMac OSを、インテルCPUベースに書き換えるのは難しいのではないか、と思っていた。で、もしかして既存のOSのライセンスを受けて、GUIを改善して、インテルCPUベースのMacに載せるのかも、と。
 ところが、アップルのインテルCPUベースの新しいOSである、Leopardは、どうも、スクラッチから書かれたものであるようなのである。アップルの体力でよく作れたと思う。それは、iPodのドライバを書くのとは訳が違うからである。きっと、早くから、PowerPCに見切りをつけて、開発していたのだろう。
 しかし、LeopardがWindows XPや、Windows Vistaに及ばないと思うのは、結局、過去のMac OSのレガシーを切り離してしまったことである。これは、過去のMacファンを裏切ることにもなるのだが、PowerPCというRISCのアーキテクチャを、Core 2 DUOなどのインテルのCISC CPU上でエミュレートするのは、想像以上に大変で、やはり、アップルの人的・金銭的資産では、困難だったのだと推察する。これがマイクロソフトなら、人海戦術をつかってでも、過去のアプリが動くようにしただろう。さらに、Windowsに比べてLeopardが楽しているな、と思うのは、Leopardは、アップルのハードウェアだけを相手にしていればよく、一方、Windowsは、有象無象のサードパーティのアプリやハードウェアを相手にしなくてはならない点である。この差は絶大ではないだろうか。
 かくして、普段、あまり好意的に考えていないマイクロソフトは、実は凄いのではないか、とマイクロソフト上級研究員にかこつけて、思った次第である。

2008年4月14日

米国特許庁の苦悩

 米国特許庁は、正式名称を、米国特許商標庁と呼ぶが、便宜上、以下米国特許庁と呼ぶことにする。
 ところで、下記の件数の推移をご覧戴きたい。これは、米国における年毎の特許登録件数である。

1995: 101419
1996: 109645
1997: 111984
1998: 147521
1999: 153489
2000: 157493
2001: 166034
2002: 167325
2003: 169022
2004: 164290
2005: 143805
2006: 173771
2007: 157285

 このように、米国でプロパテントの気運が高まり、判例によりビジネスモデル特許が許されるようになった1990年代後半から、米国では特許出願件数と、それら伴う審査によって許可される、特許登録件数が増加してきた。このことは既に、審査官に大きな負荷を押し付けている。すなわち、1件の特許を審査するには、熟練した審査官でも、最低半日、多くの場合一日程度を要すると言われ、すると、一人の審査官が1年に審査できる件数は、せいぜいが300件程度である。すると、2007年と1995年では、どうみても、200人程度の追加の審査官が必要である。その程度か、と軽く考えてはいけない。新規採用の審査官が一人前になるには、少なくとも3年、一般的には5年程度かかる。米国特許法だけでなく、複雑な特許のルールもマスターしなくてはならないからである。ところが、そうして一人前になって審査官はどんどん辞めていく。というのは、審査官は給料が相対的に安く、一方で、審査官を辞めて弁護士になると、特許実務の分かる特許弁護士として、重宝される。審査官時代の数倍の年収を得ることは難しくない。それでは、審査官の給与を上げればいいではないか、ということになるが、米国特許庁の予算は議会によって厳密にコントロールされており、戦略的に給与を上げることは難しい。
 ところで、米国特許法は、2000年から、審査前の公開制度を取り入れた。これによって、審査前の出願件数を知ることができる。それ以前は、審査後に許された登録件数を知ることができるだけであった。これによって、公開件数の推移をみると:
2002: 199046
2003: 237093
2004: 268401
2005: 289617
2006: 294558
2007: 300200

 と、うなぎのぼりである。ところがである。日本の特許出願では、審査請求制度というものがあって、出願されても、平均20万円程度の審査請求料を払わないと、審査されない。だいたい、日本では審査請求率は、50%弱であるから、年間40万件程度あるといわれる日本の特許出願でも、審査されるのは20万件弱である。
 ところが、米国では、審査請求制度という制度はなく、出願されたものは全て審査されることになっている。よって、2007年に公開された300200件の出願も、全て審査されなくてはならない。これは、米国特許庁にとって、下手をすると、審査滞貨的に、破滅的なシナリオである。
 そこで、昨年11月に、米国特許庁が改正規則として提案したのは、出願人側で、自分の関連出願との関連性をきちんと既述する文書を出す義務を課す、というもので、要するに、少しでも出願人に情報を提供させて、審査を軽減する、というものである。しかし、一口に関連性というけれども、自社の今までの出願と、今回の新しい出願の発明の関連性をきちんと既述することは、信じられないほど膨大な手間を要する。また、それがどれほどの審査軽減になるのかも怪しい。狙いは寧ろ、特許出願に係る手間を増やして、出願件数を減らそうということかもしれない。
 そこで、流石訴訟の国、米国、Smithkline BeechamとTrisnntafyllos Tafasuという者が、米国特許庁に対して、上記改正規則を実施させない旨訴訟を起こし、それが、去る4月1日に、米国特許庁があるバージニア州連邦地方裁判所で、原告に有利な判決が下された。理由は、米国特許法は、米国特許庁に実体的な規則を公布することを許していないし、そもそもが、米国特許庁の権利範囲を超えている、というものである。
 これで、恐ろしく煩雑な手続きに恐れおののいていた出願人は、一応安堵であるが、恒常的な審査滞貨に苦しむ米国特許庁がこのまま矛を収めるとは思えず、次なる手が注目される。

2008年4月15日

硫化水素

 残念なことに、最近、硫化水素を使った自殺の事件がよく報道されている。市販されている何かの洗剤と薬剤を混ぜ合わせると発生するらしいが、もちろん、調べてその調合方法をここに書くことはしない。
 それで思ったのは、硫化水素を発生されるために使われた洗剤のメーカーにとって、これは、寝耳に水だったのではないか、ということである。というのは、ちょっと古い本だが、私の手許に、大木幸介「毒物雑学事典」講談社ブルーバックスがあり、それによると、典型的なガス毒として認識されているのは、青酸ガス、一酸化炭素、亜硫酸ガス、塩素ガス、オーム真理教で有名になってしまったサリンなどの神経ガスである。
 このうち、日常的に一般的なのは塩素ガスであり、塩素は漂白剤として、もっともよく使われる。私は、塩素を含む漂白剤を使って風呂場を掃除していたとき、頭痛がして目の前がくらくらしたことがある。軽い塩素中毒だったのだろう。
 また、ガスストーブなどを使うとき、一番気をつけるのは、一酸化炭素である。火事でも、焼死と同じくらい、一酸化炭素中毒死が多いといわれる。
 青酸ガスは、ある意味古典的に有名であるが、当然ながら日常的に簡単に入手できるようになっていない。ただ、写真の現像にシアン化合物が使われているのは見たことがある。
 亜硫酸ガスは、石油や石炭を燃やすと必然的に発生する。それらに微妙な硫黄が含まれているからである。
 サリンなどの神経ガスに到っては、非日常もいいところである。家庭内で作製するなど及びもつかないし、国家は、もしもっているとしたら、厳重に保管管理する。毒ガス兵器はそもそも、国際条約で禁止されているはずである。
 さて、表題の硫化水素であるが、温泉宿に泊まった家族が、火山から噴出すガスで、毒死したことがあった。その原因が確か、硫化水素ガスであった。
 このように、火山地帯で発生する、ということ自体、硫化水素の非日常性を裏付ける。すると、日常的に手に入る材料から硫化水素を発生させる、というアイデアは、化学または薬学のバックグラウンドがある人によって発見あるいは考え出され、口コミで広がったのかもしれない。困ったものであるが、「毒物雑学事典」によれば、そもそも、アルコール自体が毒物に認定されているくらいであるから、日常的に身の回りに毒物は溢れており、いかなる法的手段を駆使しても日常的な毒物が好ましくない用途に使われることは、避け難い。これもまた、世の無常の一側面であろうか。

悪酔いについて

 最近、友人とふと、酒に酔っ払うことの話をしたので、それに関して若干のコメントを書く。私は、父親の遺伝もあって、結構酒が好きな方である。私を知らない人は、私のことを酒豪と勘違いする人もいるが、そんなことはなくて、私の飲み友達は、私が寧ろ平均よりも少し弱い程度の酒飲みであることをよく知っている。だいたい、日本酒でいえば4合程度呑むとかなり、よっぱらう。私が生涯で、一晩で一番呑んだのは、21歳の頃である。実家に友人三人が来たとき、つい盛り上がって、私だけでも日本酒二升を飲んだ。私の酒の強さでいくと、あれは相当無理で、急性アルコール中毒で死んでいても文句は言えないところである。そのときは流石に、親に厳重に注意され、逃げるように、実家から下宿に戻った。1週間くらい一切、酒を飲む気がしなかった。
 それで、沢山飲めば飲むほど悪酔いする確率が高まる、というのは、ほとんど数学的な必然であるが、当然ながら、悪酔いするためのパラメータは、酒量だけではない。
 一番悪酔いする酒は、不愉快な気分で飲む酒である。例えば、最初に入った会社は、上司と喧嘩して2年半で辞めたが、そのとき部長に慰留され、飲みにつれて行かれて、いろいろ話していると余計に不愉快になって、やけになって飲んだら、意識を失っていた。起きたら、私のアパートに寝かされていた。二日酔いで頭が割れそうだった。どうも、誰かが私をアパートまで連れていってくれたらしい。当然に、それは女性ではない。
 別のひどい悪酔いは、仕事のあとの誰かの送別会のことである。送別会まで時間があるとオフィスで待っていたら、同僚がパソコンのセットアップを応援してほしいという。それで、OSを導入して、データをコピーして、終わろうとしたら、同僚が言うには、自分の超重要なパーソナルデータのフォルダがない、という。で、もとのパソコンをみてみてたが、そちらにもない。自分の大事なデータを消してくれて、どうするんだと責められて、腹立たしいやら情けないやら、なんとも言えない不愉快な気分になった。それで、数十分パソコンを見ていたら、別のフォルダの中に間違えてパーソナルデータのフォルダがあり、安堵した。しかし、もうすっかり送別会には遅刻してしまった。駆けつけると、食べ物はもう少なくなっていて、酒だけがあった。こういう不愉快な気分の後の酒は、一気に悪酔いさせる。このときも、どうやって帰ったか記憶にない。ただ、自宅には着いたようだった。
 また、楽しい酒も、却って悪酔いする。弟が結婚するとき、私の自宅で宴会をした。すると、弟の友人がとても高級な日本酒をもってきてくれた。それが口当たりがよくて飲みまくっていたら、これも意識を失っていた。しかし、次の日、誰かが言うのは、私は、とても上機嫌で、柏原芳恵のハローグッバイなどを歌いまくって、一人で盛り上がっていたらしい。しかし、次の日の弟の結婚式は、ひどい二日酔いで悲惨であったことは、言うまでもない。
 このように、気分が高揚したり落ち込んでいるときは、どうも悪酔いする傾向がある。
 ところが、最近はなぜか、あまり悪酔いすることがない。飲んでいる最中はそれなりに酔っているはずなのだが、帰路にはもうかなり醒めてかけているように感じる。体調がいいかというと、そうでもない。寧ろ、ずっと体の芯が疲れている気持ちが抜けない。そういう話を友人にしたら、それは寧ろ発散しないので、余計に肝臓に負担をかけているのではないか、と言う。確かに、精神的にちょっと最近、鬱屈している面もなくない。そういえば、疲れているはずなのに、朝早く目が覚めたりする。すると、ちょっと意外だが、悪酔いするくらいの方が体調がいいのだろうか。もしそうだとすると、随分な逆説である。
 また、以前ヨガを習っていたとき、その講師が言うには、ヨガをして体調がよくなると、刺激物が食べれなくなり、また、少しの酒でも酔っ払うので、酒が寧ろ飲めなくなるのだという。これは、ある意味、友人の言うことと符合する。
 一方、疲れていたり健康でなくなると、却って酒が進んでしまう、ということがある。だから、健康と酒の関係は、どうも今もってよく分からないでいる。

2008年4月16日

山中教授の虚勢

 新聞によると、iPS細胞の権威、山中伸弥教授は、バイエル薬品の特許出願に関連して、「企業より私たちの技術の方が上、安心している。」とか、「この技術がお金もうけのために利用されることは、絶対に避けなくてはならない。」とか発言した、という。しかし、相手の手の内が分からないのに前者のような発言をする、ということは、はっきり虚勢であり、自信のなさを物語っている。また、学者として、iPS細胞がお金儲けに利用されるのは納得しない、という気持ちは分からないでもないが、その発言は、狼が跋扈する平原に羊を放ち、この羊には、一切狼は近づけさせない、というようなもので、非現実極まりない。
 日本で、大学と特許という意味では、東大TLOが一番進んでいるだろう。しかし、それとても、中堅企業の特許部に、ノウハウと人的リソースで、全く及ばない。経験値と業務上の必要性が違いすぎるのである。ましてや、京大TLOの活動の様子というのは聞いたことがない。おそらく、まだ揺籃期にあるのではないか。
 山中教授の功績は、ES細胞ではなく、普通の細胞から未分化細胞を作る技術を発見し、実施したことにある。その功績の偉大さは、いくら賞賛されても、されすぎることはない。しかし、である、一旦そういう基礎技術が提示されたとき、これをもとに応用的な技術を開発し、且つ、必要な特許を出願する、という点では、大学研究室は、企業に足元にも及ばない。すると、山中教授の目出す先は、企業がその性質上等閑にするような、iPS細胞の生理的仕組みのような基礎研究に向かうべきである。あるいは、iPS細胞よりもさらに癌化リスクの少ない、且つ生産性の高い別の基礎技術研究に向かう、などである。
 また、iPS細胞をビジネス化することに反対するような発言は、厳に慎むべきである。というのは、折角共同研究して資金援助しようとする企業を敬遠させてしまうからである。私は寧ろ、山中教授は、よき企業のパートナーを探すべき、と思う。そもそも、米国のハーバード大だの、ウィスコンシン大だのがiPS細胞で一旗上上げようとしているのである。時代認識の錯誤も甚だしい、というべきてある。

Windows Vistaの終焉

 Webニュースによると、マイクロソフトは、Windows Vistaが不人気なのに業を煮やして、Windows 7(これは、一応のコードネーム)を早期投入することを検討している、という。まるで野球で、折角登板させたエース級が早くも打ち込まれ、仕方なく、まだ肩が暖まっていないリリーフに交代させるようなものである。これでは、Windows Vistaは、失敗作といわれた、Windows MEの轍を踏むことになる。また、このような動きは、ただでさえWindows XPを使い続けて、Vistaへの移行を躊躇っている企業や一部のユーザを一層保守的にするものである。
 さて、Windows 7とは、どんな機能をもつものか?また、考えるに、Windows 7といっても、どんな革新的な機能が積めるというのだろうか。多くのユーザは、Windows XPで十分と思っているし、不足の機能があったとしても、フリーウェアやオープンソースの適当なソフトを導入することにより、容易に機能拡張することができる。Webで調べると、Windows 7は、そのOSのコアが、XPやVistaに比べると、著しく小さいという。これは、仮想化という機能を使うのだという。これって、昔喧伝された、マイクロカーネルの焼き直しなのだろうか。
 しかし、Linuxや、Mac OS Leopardの追撃もある。こうして、マイクロソフトには、OSビジネスを続けるために、大変な創造性を要求される時代がきたのである。

2008年4月17日

クロック

 最近、頻繁に自殺、引きこもり、無差別犯罪のことを聞く。そういうのは昔から同じようにあり、単に報道がとりあげているだけだ、という意見もありえる。というのは、犯罪率はむしろ、実質的に低下している、という統計もあるからである。しかし、一方で、自分の内面を省みると、通奏低音のように響く慌しさが、時間とともに高まっているように感じることがある。
 そこで今日、歩いているときにふと思ったのは、これは、世の中のクロックが早くなったのではないか、ということである。といっても、ドッグイヤーといわれて、時間が四倍も速く過ぎるといわれる世の中、今更何を、といわれそうである。
 ともかく、世の中というか、ある社会には固有のクロックがあって、それは次第に速くなってきているけれども、個々人には個々人のクロックがある。速い人もいれば、遅い人もいる。典型的には、ダーウィンなど、遅い人の典型であろう。速い人というと、沢山いるけど、コンピュータの基本的アーチテクチャの設計や、原爆の開発にも関与した数学者のフォン・ノイマンなどそうであろう。彼は、数学のどんな問題でも、たちどころに解いたという。
 すると、あるクロックで進む世の中にあって、それぞれ固有のクロックをもつ人々が暮らしている、というのが1つのモデルとなる。
 個人のクロックが、社会のクロックよりも速い場合はどうか。その個人は、多少苛立つかもしれないが、ともかく世間に適応していきやすい。意図的に自分のクロックを落として周りに合わせることもできるし、あるいは、クロックを進めて、世の中に先んじることができる。
 ところが、個人のクロックが、社会のクロックよりも遅い場合はどうか。個人は、基本的に、自分のクロックを早めることは、とても困難であるか、不可能である。すると、社会のクロックのシンクロナイズすることが要求され続けると、次第に破綻してしまう。コンピュータなら、I/Oがクロックに追随できないと、確実にコンピュータは暴走するか、止まってしまう。それが自殺、引きこもり、無差別犯罪の1つの原因ではあるまいか。
 クロックの速さは、頭のよさとあまり関係がない。ただ、ある種のゲームやパズルを解く早さとは関係があるので、クロックが速い方が、頭がよく見えることがある。
 私個人は、クロックは世間平均よりも速い方だと思っている。例えば、将棋でも結構早指しだし、仕事も速い方である。期限に追われることは少ない。ただ、速いのは、ただ速いだけのことである。すなわち、将棋が早指しだから強いか、というと、私の棋力を知る人は、笑うだろう。ただ速いだけで、愚手、凡手の連続である。仕事も、早いことは早いけど、と言われる。拙速な面があるよね、ということである。
 でも、将棋はともかく、私は仕事が研究職という訳ではないので、平凡な仕事を平凡に淡々とこなしていけばいい面があって、この慌しい世の中で、クロックの速さが有利に働いている。だから、私が精神的にとても弱く、どこかしら病的に偏執的なところがあるにも拘わらず、この中年までまがりなりにも世間に適応できたのは、そういうクロックの速さではないか、と思う。
 そういうと反論されるだろう。すなわち、世の中で自殺したり引きこもったりする人も、知能は高く、一時はテストが得意だった人もいる訳で、クロックが低いとは限らないのではないか、と。実際そうなのであって、すると今から私が言うことは段々、牽強付会を帯びてくる。すなわち、どうも知能のクロック以外にも、心のクロックがあって、こちらの速さも、世間の適応力に関係あるようだ、と。
 こう書きながら、自分でも、心のクロックとはなんぞや、と自問している。どうもそれは、きわめて単純に、一度に沢山のことを考えたり、切り替えたりする能力のようである。コンピュータでいう、マルチタスクである。単一CPUのコンピュータがそうであるように、一度に沢山のことを考える、といっても、結局は、瞬間瞬間は1つのことを考えている訳であるから、心あるいは思考の切り替えクロックである。頭のクロックと心のクロックはある程度相関しているようでもあり、そうでもないようでもある。私は心のクロックもある程度速いようである。これは自慢ではなく、単に、沢山の本を並行して読むことができる、あるいは、いろいろなことを考えられる、というだけである。しかし、一個一個の本の読み方は、悲しい程浅いので、知的に有意義であるとは限らない。
 で、思ったのは、今の世の中に適応するには、知能のクロックよりも寧ろ、心のクロックの方がより効いてくるかも、ということである。というのは、いまの世間に生きていると、嫌でも次から次へと思考を切り替えなくてはならない。いくら知能のクロックが速くて、数学の問題が速く解けるとしても、心のクロックを切り替えて次は例えば、予算の事案を考えるようにしないと、世間には適応できない。
 こうして、心のクロックが遅い人は、今の世の中にあって、自殺や、引きこもりなどになりやいのではないか、ということである。それでも、以前なら、世の中があまり均一に結び付けられていなかった。だから、ある場所に行くと、クロックが遅いので、そういう人も十分適応できた。しかし、このwired societyで、世間が均一にネットワークで結び付けられてしまうと、どこにもかしこにも、速いクロックが忍び込んできて、安寧の地は最早ない。
 かのゴーギャンは、結局、タヒチに逃れることで、遅い心的クロックを享受したが、そんなことが万人に許されるはずもなく、なんとかマルチクロックの世の中にしないと、息苦しさは増すばかりである。私のような、ある意味軽い、クロックの速い人間ですら、とても生きにくくなっている。

2008年4月18日

プレパンデミックワクチン

 新聞の記事によると、厚生労働省は、H5N1型鳥インフルエンザの流行をとても懸念していて、約1000万人の国民に対して、プレパンデミックH5N1ワクチンの接種を検討している、という。プレパンデミックワクチンなるものを初めて知ったが、どうも、弱い抗原で、免疫機能を発現させるためのものであるようだ。
 日経メディカルの記事によると、「ベルギーGhent大学のIsabel Leroux-Roels氏らは、開発中のワクチンとアジュバントを健常人に投与し、安全性に加えて、抗原量が3.5μgと少量でも十分な血清転換率が達成できること、異なるクレードのウイルスに対する交差反応が多くの患者に誘導されることを確かめた。」とある。
 プレパンデミックH5N1ワクチンを作成するために、中国、インドネシア、ベトナムで鳥から人に感染した各々3種類のウイルス株を使うのだという。
 ただ、インフルエンザウイルスは、免疫の特異性が高いので、このようにして用意されたプレパンデミックH5N1ワクチンがどれほどの効果かは不明で、且つ、プレパンデミックワクチンによる免疫効果は、半年で薄れる、という。すると素人としては、この「半年で薄れる」というのがよく理解できない。例えば、私は、今から25年前に、A型肝炎に感染した。A型肝炎は、B型やC型と違って、肝臓癌になる可能性が低く、且つ完治したら酒も普通な飲んでよい、と医師に言われ、実際に普通に飲んでる。ところが、A型肝炎の血漿は一生残るので、生涯献血はできない、と言われた。特に喜んで献血したいとも思わないが、場合により知り合いや家族に献血すべき、ということもあるはずで、そのときA型肝炎歴で断るというのは、なんか言い訳がましくて、いろいろな意味で残念ではある。
 だから、免疫=一生ものというのが私の理解で、半年で薄れる免疫作用があるなら、物理や電気の用語で言うと、どうも免疫には、磁化のアナロガスなヒステリシス性がある、ということになる。すなわち、ある一定以上の強度の抗体を与えないと、一生ものとして刻印されず、しかし、ある閾値の範囲だと、時限的に免疫効果が残る、ということになる。
 戻って、プレパンデミックワクチンの組織的投与であるが、いままで、どの国でも、こういうことが試みられたことはない、という。従って、まず6000人程度で臨床研究が行われ、その成果を受けて約1000万人に接種が行われる、というのだけれども、このように厚生労働省が焦る、というのは、どうも国民の大多数に知らされていないエマージャンシー情報を、厚生労働省が把握しているように思われる。
 それを推察すると:
- ある根拠により、今年の秋あたりから、H5N1型鳥インフルエンザが日本に入ってくることが予想される。
- それを水際で止めるには、おそらく日本海側に住む人達に、H5N1型鳥インフルエンザワクチンを投与して、インフルエンザを閉じ込めたい。
- しかし、鳥インフルエンザを必要な人数分用意するのは、今からでは間に合わない。どうも、政府は、半年後の、夏が終わり北国で寒くなる頃に、H5N1型鳥インフルエンザが流行する、と懸念しているようなのである。
- そこで、もしかしたら気休めかもしれないが、比較的簡単に作れて、ある程度の効果があるかもしれないプレパンデミックワクチンで、時間を稼ぐ。
 というのが、私が推察するストーリーである。SARSのときも厚生労働省は、ここまでの組織的対応はとらなかった。すると、今後、鳥インフルエンザに関する情報は、注意して監視する必要がある、ということになる。

発明の日

 今日は、発明の日なのだそうである。日本の産業の発展の基礎となった専売特許条例(現在の特許法)が1885年4月18日に公布されたのを記念し、産業財産制度の普及・啓発を図ることを目的として、1954年に制定された、とある。しかし、特許というのは地味で、発明の日がこうして祝われるようになったのは、ここ数年ではなかろうか。単に私が知らないだけかもしれないが。
 どういう行事があるのかというと、ホテルで、識者による講演、パネルディスカッションがあり、また、知財功労賞の授賞式がある。
 調べてみたら、なんだ、これだけだった。例えば、ブログで有名な池田信夫氏に、特許制度は今後どうなるのか、廃れていくのか、あるいは別の形で隆盛するのか、みたいな、少し斜に構えた講演をしてもらったり、スティーブジョブズに、アップルはどう特許を出願し、あるいは出願していないか、みたいに一席ぶってもらうと観客は喜ぶが、どうも官僚お仕着せの枠を出ないようである。
 しかし、特許制度はそれでいいのであって、あまりでしゃばることなく、隠然と世の中に存在していればいい。そうやって、空気のように存在ているのが、却って老子的な存在感を示すのである。
 そういう意味では、発明の日の行事もなくていい。知財立国など時代錯誤のことは言わず、社会に隠然として存在していても、薬品メーカ、化学メーカには、特許制度は千金の重みをもつ。では、私が属している情報処理産業ではどうかというと、標準化、パテントプール、オープンソースなどがからんで、プロプリエタリィと非プロプリエタリィの境界があいまいになってきている。自動車のような機械メーカでは、特許はかなり防衛的に作用しているようである。こういう詳しい考察は別の機会にするとして、発明の日は年に一度、特許制度について考え直すだけの意味がある。

2008年4月19日

チベットに引かれて善光寺

 新聞によると、「牛に引かれて善光寺まいり」で有名な、信州の善光寺が、聖火リレーの出発点となることを辞退した、という。理由は、オリンピック開催国である中国が、仏教徒であるチベットの人々を弾圧した、ということだそうである。また、聖火リレーの出発点となると、もし騒乱が起きた場合、文化財や信者を守らなくてはならない、ということも理由にする。
 しかし、誠に政治的且つ非仏教徒的対応といわざるを得ない。博愛と平等を説く仏教徒なら、ここは、予定どおり、普通に対応するべきである。それで、不逞の輩があわられて、文化財が壊されるなら、乱暴な言い方をすると、文化財はそこで壊れる運命にあったのである。また、善光寺内で暴れるなら、そこでいよいよ、反中国でもなく、親チベットでもなく、単なる欲求不満の暴徒であることが露呈するであろう。すると、聖火リレーを反対しようとする人達への何よりの警告にならないか。
 私は決して中国のチベットに対する対応を好ましいと思っていない。しかし、善光寺の幹部の人達、よく考えてみてほしい。今のタイミングで、中国が自発的にチベットを弾圧しに行くだろうか。欧米その他の国の非難を浴びることは必至だからである。すると、必然的に、これは欧米の煽動によるものであることが理解される。だからこそ、もし本物の仏教徒であるなら、政治的思惑に左右されないで、きちんと筋を通すことが必要である。善光寺の対応には失望した。
 これでJOCには、別の経路に変更するなど、余計な手間がかかる。
 ところで、「牛に引かれて善光寺まいり」とは、思いがけないことが縁で、自身の意思ではなく、他のことに誘われて偶然によい方向に導かれる、という意味らしい。では、今回のことは、「チベットに引かれて善光寺」なのであって、要するに、中国のチベット弾圧が縁で、しぶしぶ、世間に誘われて、偶然に賢明でない判断をしてしまった、ということになるのだろうか。

2008年4月20日

複式簿記

 新聞を見ていたら、興味深い記事があった。それは、フランスのルイ14世の頃、偽装倒産が相次いだので、ルイ14世は、「会社が倒産したら、帳簿を裁判所に提出すること。提出しなかったら死刑。」という過激な命令を出し、実際に死刑になった者が何人もいたという。こんな命令が日本にあったら、ホリエモンも死刑になったいたかもしれない。しかし、とても過激なやり方であれ、これによって、欧州に複式簿記が広まったという。
 ここで、手許の簿記の入門書に従い、簿記の歴史をメモしておく。今の形式の複式簿記は、誰が発明したか不明であるが、14世紀頃には既に、完成の域に達し、イタリア商人がこの方法で帳簿に記入していたという。特にイタリアのベニスで発達したので、ベニス式簿記法と呼ばれていた、という。シェイクスピアの有名な作品に、「ベニスの商人」があるが、こういう意味でも、ベニスは商都として象徴的であるようだ。
 簿記の最初の教科書は、1494年にイタリアの数学者、ルカ・パチョーリによって刊行された「算術・幾何・比及び比例総覧」の「計算及び記録詳論」の記述であるという。すると、現代では、商学の一部と理解されている簿記は、当時は、数学のある一章、例えば、行列の計算みたいな感じでとらえていた、ということになる。余談だが、イタリアの数学というのは、なかなかの伝統をもつ。ガリレオはイタリア人であるし、三次方程式の解法を考え出したタルタリアもそうだし、5次方程式が一般的な代数的解法をもたないことを発見したのは、アーベルかガロアだと言われているが、実は、そのことを最初に証明したのは、イタリアの数学者ルフィニであると言われている。他にも、一般相対論の基礎になっている微分幾何学に本質的な貢献をしたレヴィ・チビタ、スーパーストリング理論の基礎の1つであるベネツィアーノ代数を考え出した、ベネツィアーノなどと、半端ではない。
 おっと余談が過ぎた。日本に複式簿記が伝えられたのは、19世紀の中ごろ、徳川時代の末期で、横須賀製鉄所で、洋式簿記として採用されたのが最初である、という。日本での最初の教科書は、1873年6月に、福沢諭吉によって「帳合之法」として書かれたテキストだったという。流石、福沢、目の付け所が違う。何が国家として重要であるかを見抜いたのであろう。
 さらに新聞の記事に戻って、商工中金副理事長だった大武健一郎さんという人は、ベトナムに簿記を広める特定非営利活動法人「ベトナム簿記普及推進協議会」を発足させたという。ここで驚くのは、ええっベトナムではまだ複式簿記が普及していないのか、それでよくここまで発展しているよね、ということである。
 そういえば、ロシアも簿記の伝統が浅く、随分放漫な経理体制の会社がいまでもあると聞いたことがある。そういう放漫な会社でも、なにかしら帳簿はあるのだろうが、それが複式簿記でなく、単式簿記だったとして、どれほどの拙さにつながるのか、ということを考えてみるに足る知識さえ、私はもたない。昔、管理職で予算を管理する責任者だったことから、簿記の入門書を、しかもなるべく易しそうなものを何冊か、買ってみたが、どうも頭に入らない。それでも、大きな破綻なく予算管理ができていたのは、経理センスがある部下のサポートのお蔭であったが、しかし、C++で、ある程度の実用的なプログラムが書ける程度にコンピュータには慣れているのに、初歩的な簿記の知識も理解できないとは、と自分の頭の融通の利かなさに呆れるばかりである。 

愛国心と家族愛

 今朝ふと思いついたのは、愛国心と家族愛の類比である。例えば、ある外国人と友人になったとして、愛国心が強くて、何でも自国のものが世界一で、その他の国のものは、自国から学んだのである、のようにばかり言われていたら、次第にその人と付き合う気がなくなってくるであろう。一方で、自分には祖国はない、母国に生まれ育ったが、あのような国家に自分はなに一つ負っておらず、継承もしていない、とやたらコスモポリタンを気取る人がいたら、そういうのが好ましいと思う人はいるかもしれないが、私は嫌である。かなり引いてしまう。
 では、家族愛の方はどうであろうか。自分は仕事も大事であるが、一番大事なのは家族である、家族こそ私の生き甲斐と命の根源である、とある人が言ったとして、今の時勢では、そういう言い方は賞賛されるであろう、まさにそうである、家族を大切にしない人は、他人も大切にできる訳がない、と。しかし、私は、あまり手放しで家族を賞賛し、そこに重きを置き過ぎる人を、愛国心が強すぎる人と同様に信用できない。
 ところが、愛国心が強すぎる人に対する私の懸念は、多くの人から支持されるであろうが、家族愛が強すぎる人に対する私の懸念を支持する人は、愕然と減るのではないだろうか。そもそも、愛国心が強すぎるということには、イデオロギー的臭みが感じられるが、後者はそうではない、という世間の風潮がある。
 一方で私は、家族を放置してギャンブルや浮気に現を抜かす人を信用できない。この私の気持ちは、おそらく100%に近く、支持されるであろう。
 ちょっと論旨が発散しつつあるが、言いたいことを纏めると、愛国心であれ家族愛であれ、どちらも人間のエゴから発したものであり、手放しで賞賛するのは危険である、ということである。日本では、戦時中は、家族愛よりも愛国心がかるかに重視された。しかし、その反動で、戦後は、愛国心よりも家族愛に偏ってしまった。それが何が悪いと言われそうであるが、具体例を挙げよう。例えば、会社で、ある人が、家族的な理由で、会社のある責任ある地位または仕事を放棄したとする。それは、家族愛偏重の時代にあって、大いなる理解をもって迎えられるかもしれない。しかし、そうやって放棄された地位なり責任は、別の人によって担われなくてはならず、今度はその別の人は、責任を果たすために自分の家族愛を犠牲にしなくてはならないことがある。ところが、そうやって行き着く先の犠牲は、ほとんど配慮されることがない。もし配慮されるなら、最初に立ち返って、放棄された責任をアサインするのに、少し別な風に会社は配慮しなくてはならない。この辺のバランスを欠くことが多いと、最近感じる。
 少し別の話題に切り替えると、フランスで聖火リレーが妨害されたことを怨んで、中国国民が、国内の、フランス資本スーパーのカルフールに対して、反フランス・デモを仕掛けているという。確か、数年前に、当時の小泉首相の靖国参拝に関連して、中国国民が、大規模な反日デモを起こしたことがあった。この反日デモは、中国政府はある程度黙認し、あるいは、密かに支援していた風がある。反日の国是にも合致するからである。そのような反日デモをいかなる意味でも支持するのではないが、純粋に中国の立場に立ってみると、反フランス・デモは、今のオリンピックを成功裡に終えたいと願っている中国にとって、百害あって一利なく、収集するために憂慮しているであろう。ただ、私の観察では、このような愛国心は、中国の家族愛にそのルーツがあると思う。中国の家族愛は、日本にそれに比較して半端ではなく、一家族ではなく親戚全般に及ぶ。中国の家族愛がそのように強いのは、度重なる支配者の転変により、頼れるものは家族だけだと骨身に沁みた中国人の知恵であると聞いたことがある。すると、中国人は、愛国心は強くないはずであるが、家族愛の精神的支柱を与える国家の威信的側面だけには異常に強く反応し、あのような反フランス・デモになっていると思われる。
 だから、反フランス・デモや反チベットの根は深く、とりあえずオリンピックが無事終わるとしても、中国という国家は、今後も多くの問題を抱えたままであろう。

中島美絵子、結婚

 私が毎週NHK杯の囲碁トーナメントを見る楽しみの1つは、司会の中島美絵子初段にある。以前、司会だった梅沢由香里さんも美人だと思ったが、うまく言えないけど、中島美絵子さんはちょっと別格である。
 ところが、この度、囲碁の安藤和繁三段と結婚する、という。なんでも、NHK杯囲碁トーナメントの記録係だった、ということで、ほとんど職場結婚である。安藤三段が24歳、中島初段が29歳、ということで、明らかな姉さん女房であるが、なんかそういう気がしない。
 こういうとき、どうってことないのに少し寂しさを感じるのが世の男の常であるが、私も例外ではない。Webによると、"囲碁「安藤三段」と40日間デートを続けた美人棋士「中島初段」"とある。そんな短期決戦というのは、将棋ならともかく囲碁棋士には相応しくない、とか、一歩間違えるとストーカーじゃん、と余計なことを考えるのだが、それはまあ、どうでもいい。
 ところで、中島美絵子初段は、三年連続でNHK杯の囲碁トーナメントの司会だそうで、これはとても珍しく、普通は二年だそうである。そういう意味で、好感度も抜群なのだろう。別に進境著しくなくていいので、浮いた噂なく、平凡に生きていってほしいと思う。

老子の教え

 とりあえずであるが、「老子」金谷治編を読み終えた。一読では不十分で、何度も読まないとしっくりこないだろうが、ともかく、感じたことをまとめてみる。
 先ず、老子は、道を説く。それはどうも、法則のようなものらしい。汎神論の神のようなものか。しかし、道が何か、言葉で表すことはできない。言葉にしてしまうと、事物が生じてくる。まさに、言葉は母である。
 そうして事物が生じた現実は、実は真の世界ではない。そこで美しくみえたり、価値があるように見えるものも、本当はそうではない。
 現世に争いがあるのは、賢しらになるからである。下手な知恵を捨てると、争いは起きない。
 道といい、天といい、そこにもともと仁徳なるものがある訳ではない。道はもともと空っぽなのに、そこから万物が生じる。
 我が身に拘ると、却って我が身を失う。我が身を虚しうすると、却って我が身を永らえることができる。天が永遠なのは、天は自らを省みないからである。
 水は低いところに留まりしかも、争うことがない。水は道に近い。
 何かを達成しても、自分の功績としない方がよい。
 名誉や財産を重んじるのは愚かしい。我が身一つを大事にするがよい。
 理想の政治は、無為自然である。余計な小手先の施策は、下策である。
 道が廃れると、仁義がもてはやされる。それは丁度、倫理廃れて、法律でがんじがらめの現代に似ている。法律で縛れば縛るほど、世の中は荒廃していく。
 道を極めてば極めるほど、知識が減っていく。この点は、知識になにほどか価値を見出したい私には違和感がある。しかし、下手な勉強で、どんどんおかしな方向に行くことはしょっちゅうである。
 本当に偉い人は、偉く見えないものである。本当に偉い人は、目立たない。
 何か悪いことをした人がいても、人がそれを罰してはいけない。人には人を適切に罰する資格はない。罰せられるべき人は、天によって適切に罰せられれるであろう。天網恢恢疎にして漏らさず、である。
 本当に素晴らしい言葉は飾り気がない。聖人は他人のために尽くしながら、何かをますます溜めて、もてる者になる。聖人は人と争うことなく、なしとげる。

2008年4月21日

地図の達人

 私はまだ買ったことがないが、ソースネクストから、コンピュータ用の地図が販売されている。ゼンリンという会社のもので、1980円程度であるが、とても詳しい。個人の家まできちんと書かれてあるほどである。日本全国を網羅するのは大変なので、おそらく、Google Mapのように、衛星写真を駆使したり、あるいは、より細部は航空写真で補うのかと思ったら、新聞の紹介によると、細部は人間が一軒一軒訪ねて回るのだと知って、驚いた。その道のエキスパート、ゼンリンの小川隆一郎さんが紹介されていた。
 小川さんの日課は、住宅地図に最新情報を載せるため、一軒一軒、訪ねて歩くのだそうである。ピンポンと鳴らし、住人が出てきたら、簡単な質問をして、次の家に行く。また、住宅の外見や表札をチェックし、世帯主やマンションなどに変更があると、白地図に緑のボールペンで書き込む。こういう地道な作業はとても大変だが、どんなに衛星や航空写真を駆使しても、その解像度には限界がある、という。よく、今の制御技術では10m以下の誤差で特定の場所にミサイルを落とすことができる、というが、小川さんの作業、あるいは今の地図は、それ以上の精密さを達成していることになる。とても書ききれないが、小川さんは、この作業のために膨大なノウハウを駆使している、という。例えば、同じ道は絶対に通らないようにする方法とか、雨が降っても退避し、出直す方法、書きやすいペンなど。
 それで思ったのは、いくらコンピュータの世の中になっても、また、どういう分野でも、こういう人間が足で稼ぐような作業は、絶対必要であり、また、そこに余人が絶対に簡単に真似できないノウハウがある、ということである。ところが、今の時代、経済合理性が追求されるあまり、こういうノウハウというか暗黙知が軽視される傾向にある。例えば、ある大企業が手作業による金属加工のスキルのある下請けをもっていたとして、その下請けの町工場は、職人の長年のノウハウにより、絶対にNCでは出せない精度を出せていたとしよう。ところ゛が、合理化の波かきて、大企業が経費削減をしようとすると、その下請けでなく、完全NC化でより安い部品を供給する別の下請けの方に切り替えることがありえる。すると、確かに部品単価は下がるが、微妙な精度が達成できないので、結果の製品が以前の性能を達成できなくなったりする。また、下請けは仕事を失って廃業の憂き目にあってしまい、こうして、世の中から次第にスキルとノウハウが失われていく。
 こういう世界の極限が金融であって、サブプライムの証券の扱いやそのリスク管理など、ほとんどが金融工学の成果を具備したコンピュータ制御で行われ、長年の金融のノウハウの入り込む余地はない。すると、はっと気づくと、何兆円もの巨大な損失が発生して、有名証券会社といえども、たちまち破産してしまう、ということもありえる。すると、ゼンリン地図作成のアナロジで、手間はかかっても、末端で人手のチェックとノウハウをうまく取り込むことのできる金融工学の仕組みがないものか、と思うのだが、経済合理性の要望が強すぎて、そういう人件費の嵩むアプローチは是認されないのであろうか。巨大損失に鑑みると、正当化されるよう気もするのだが。

2008年4月22日

ロベール・メナール

 以前、このブログでカバーした、国境なき記者団であるが、その事務局長のロベール・メナール氏が来日予定という。
 ただ、メナール氏は、先月24日のギリシャのオリンピア遺跡での聖火採火式を妨害して一時、地元警察に拘束された、という「前科」があり、鳩山法務大臣は、入国を許可するかどうか、検討中である、という。しかし、鳩山法務大臣にとって悩ましいのは、入国を許可すれば長野市で抗議行動を指揮するし、入国を禁止すればしたで反対派が騒ぐということで、既に善光寺の国宝建造物が何者かによって汚されているという現状に鑑みると、既に不逞の輩は、長野市に屯していて、呼応して活動する状態にあるので、単純に入国を禁止すればいい、というものでもなさそうである。すると、ここでの正解は、メナール氏に入国させて、その動きを見る、というものだろか。といっても、一直線に抗議行動をすることも見えている。誠に迷惑な話である。
 それで思ったのは、「国境なき記者団」という名前は、ちょっと趣旨が違うんじゃないの、ということである。というのは、仮にも記者団というからには、ペンでもって、論戦を張るべきであって、実力行使はやりすぎではないだろうか。
 そもそも、メナール氏が日本に来て、抗議行動をすると、中国国内で、カルフールに対して反フランスのデモをしている人々に、一層騒ぐきっかけを与えてしまう。すると、泥仕合になる。あそうか、国境なき記者団は、何でもいいから、ゲリラ的にオリンピックを泥仕合に持ちこめばいいのだった。それで中国の威信を少しでも下げればそれでよし、本当にオリンピックを中止しなくてもいい。
 こう考えると、国境なき記者団は、結局、捕鯨船を妨害したグリーンピースの一味と同類ということになる。そもそも、捕鯨を妨害すると、鯨が食べれなくなって、肉の輸入が増える。従って、肉の輸出国である欧米は利益を得る、という長い因果関係の話を聞いたことがある。それで、グリーンピースには、欧米のどこかから資金供与されているのではないか、という話もある。
 これとの類推でいくと、国境なき記者団も、なにかしら、欧米の利益を保護し、あるいは推進するために、どこからか資金援助されているのではないか、という疑問が沸き起こる。すると、鳩山法務大臣は一層、メナール氏の入国を禁止することに慎重にならざるを得ない。ともあれ、北京オリンピックの開催までにまだ数ヶ月ある。あまり事を荒立てたくない日本人としては、次第に収束に向かってほしいと思う。

2008年4月23日

猫的生き延び方

 テレビを見ていたら、猫の好物のことが述べられていた。すなわち、日本では猫は、魚が好きということになっているが、もともとライオンやトラがそうであるように、猫科の動物は肉食なのであって、猫も本来は、肉が好きなのである、だから欧米の猫は、豚肉や牛肉を食べる、とのことであった。
 しかし、話はそれだけでは終わらない。なんと、インドの猫は、カレーが好きなのだという。すると、どうも、猫は、生活に合わせて、好物を変えることができるらしい。ただ、基調としては、どうしても、動物性蛋白質がベースであることは仕方ないところである。間違っても、ベジタリアンの猫というのは、ありえない。
 このことから推察するに、猫は、人間に合わせて好みを変えることによって、適応し、生き延びてきた、ということになる。
 一方、猫と相対して引き合いに出される犬であるが、犬は見たところ、猫ほど食べ物の嗜好を人間に合わせる様子がない。しかし、犬は猫よりも人間に忠実である。すなわち、犬は命令に従うことで、生き延びてきた、ということになる。
 では、どちらが有利か、というと、数でいくと、犬を飼っている人は、猫を飼っている人よりも、おそらく5割くらい多い。よって、今のところ、命令に従う、という犬の戦略が優っている、ということになる。
 自分が管理職だったときのことを考えてみると、当然であるが、一番好ましい部下は、指示に従ってくれる部下である。多少の難題や面倒な仕事でも引き受けてくれる、ということが頻繁だと、どうしても評価を高くつけたくなるのが人情である。これはまさに、犬的である。
 一方、猫的な部下がいたとしよう。すると、それはどんな部下かというと、仕事の指示をしても、一応聞くふりはするが、上司が向こうに行くと、指示された仕事は擱いといて、自分の好きな仕事を始める。また、残業をお願いしようと席に行ってみると、知らない間に早退したりしている。こういう部下に、とても高い評価がつくということはありえない。管理職としてかなり温厚なつもりであった私も、どうしても顔が曇ってしまうことになろう。ところがである。この猫的な部下が、私が将棋が好きなことを知って、自分でも将棋を勉強し、あるいは将棋界の情報を仕入れて、「今度の名人戦は、羽生が久々に奪取しそうですね。」とか話しかけられると、普段いまいちの部下と思っていたのに、ちょっと、あれっ、と思う気持ちが生じる。それが重なると、次第にその部下と打ち解けてきて、仕事ぶりはあいかわらず気儘であったとしても、何かのときに、目をかけようという気持ちがおきる、ということはありそうである。
 このように、会社では、仕事をきちんとやる、というのが正攻法であるが、上司と同じ趣味にいそしむという、猫的裏技もあるのであって、それはまさに、漫画の釣りバカ日誌の世界である。仕事をきちんとやる、という犬的努力を続けると、役員にもなれるかもしれない。しかし、上司と趣味をあわせるという猫的努力では出世はおぼつかない。それは、釣りバカ日誌のハマちゃんがいつまでも、平社員である、ということにも例証される。しかし、ハマちゃんは、会社が左前になっても、なかなかリストラされることはないだろう。よって、猫的生き方も実は、なかなか賢明なのである。

光市母子殺害事件

 報道されているように、光市母子殺害事件は昨日、広島高裁で、死刑の判決が下され、弁護団は直ちに、最高裁に上告した。もともとが最高裁から、無期懲役の量刑が不当である、として差し戻され、弁護団は、まともな論理では、死刑は覆せないと思ったか、ドラえもん、だの理解困難なロジックを考え出して、被害者遺族の神経を逆撫でしつつ、奮戦したが、ああいう意味不明なロジックをまともに相手にしなかった裁判官の良識に、当然とはいえ喝采を送りたい。
 今更であるが、弁護団は、ああいう意味不明な論理ではなくて、犯行時の年齢の低さ、母親が自殺して父親ともうまくいかなかったという不幸な生い立ちに基づき、正統的な論旨を組み立てるよりなかったと思われる。それで功を奏さなければ、仕方がないであろう。もともと、刑法では、強盗殺人だの、放火殺人だの、強姦殺人だのは、とても量刑が重いが、その強盗や、放火や、強の部分が殺意を補強しているので、そういう量刑体系は、妥当であると思われる。
 犯人も、最早あまり生に執着しない方がよいであろう。いろいろと今となっては言い訳もあろうが、しでかしたことの大きさは、覆うべくもない。仏教やキリスト教などの既存の宗教でいいので、永遠の生命という意味で、自分の人生の位置づけを考えてみてほしい。すると、どうやって悔い改めるか、という大きな壁にぶつかるであろう。もしある時点で死刑になる、としても、そこで悔い改は終わる訳ではなく、ほんの始まりだと理解するであろう。すると、自分の永遠の生命を前にして、今、何を考え、何をするべきか、ある程度答えも出るのではないか。この事件を利用して売名行為をするのが見え見えの弁護団に付き合って残り少ない(かもしれない)人生を無駄にすべきではない。犯人に言いたいが、命というのは、どんな場合でもかけがえがなく大切である訳ではない。ごく希な状況によってはあまり大切でなくなることがある(このあたり、同意が得られないかもしれない)。いまこそが、そのごく希な状況であろう。
 一方で、最高裁は、上告を受理するのであろうか。一旦は、無期懲役という量刑が不当で高裁に差し戻した。無期懲役が不当ということは、明らかにそれよりも重い量刑、すなわち死刑が妥当と言いたかった訳であり、その死刑の新たな高裁判決に対して、最高裁は一体、何を新たに審理することがあるのだろうか。
 私は、刑事訴訟法をほとんど理解していない。よって、弁護団がどういうロジックを展開すれば、今の段階で差し戻し判決の上告を新たに最高裁に受理してもらえるのかも、ほとんど想像がつかない。ただ、最高裁で死刑が破棄された数少ない判決をみると、事実認定に明らかな誤りがあることを示す別の証拠が見つかった、という場合であり、すると、この場合も、何かしら事実認定の間違いを指摘するような証拠を用意する必要があるのかもしれないが、そもそも、今更、実は被告は犯行時点で別の場所にいて真犯人ではない、というような証拠がある訳でもなく、とすると、ネタ的にどんなことを弁護団は主張できるのか、また、結局は、最高裁が受理するのか、死刑は覆る可能性はあるのか、という点でウォッチしていきたい。どう考えても、ここで、弁護団の起死回生の妙手があるとは思えず、悪粘りにしか思えない。

2008年4月24日

オバマの生い立ち

 TIMEの4月21日号に、オバマとその母の生い立ちの記事があったので、簡単にまとめてみる。バラック・オバマを語るとき、その母のことは外せない。到底良妻賢母とはいえず、しかし、高い知性の持ち主だった母。人類学のPhDをもつ。知らない学生と二度も恋に落ちた、情熱的な女性。オバマ自身が、この母に多く負っていると語る。
 オバマの母は、様々な地を転々とした。バラック・オバマ自身は、イリノイに根ざすことにより、母が与えてくれなかった安定を達成しようとしている。
 普通、大統領選で、候補の母がどういう人かなんて、言及されることは、まずない。しかし、やはり、バラック・オバマは例外なのである。よって、先ず、その母の生い立ちから始めることになる。
 オバマの母は、子供の頃から勉強が好きだった。それで、シカゴ大学に入学する許可を得たが、父が許してくれなかった。それでも、その後、機会あって、ハワイ大学に入学することができた。そのロシア語のクラスで、オバマの母は、オバマの父となる人と出会った。オバマの父は、最初期のアフリカからの留学生で、とても人間的魅力に溢れ、いつもその周りにはひとだかりだった。
 やがて、オバマの母は、父に黒人と付き合っていることがばれてしまうが、そこは人種のるつぼハワイ、人種の差異には寛容であった。
 結局、オバマの母は、オバマの父と結婚した。その時点で既に、妊娠3ヶ月だった。なぜ結婚したのか、わからない。今でいう、できちゃった結婚だったのかもしれない。オバマの母は結局、ハワイ大学をドロップアウトしてしまう。
 一方、オバマの父は、オバマが1歳のとき、経済学のPhDをとるために、ハーバードに行ってしまった。オバマの父は、ケニヤ出身で、母国の経済を再建する、という使命があった。オバマの父は、妻と子を母国に連れて行こうとした。しかし、それは結局、happenしなかった。オバマが2歳のとき、母は、大学に戻った。その後、オバマの一家はインドネシアに向かった。
 しかし、オバマが10歳のとき、オバマは、進学校に入れられるために、単独で、祖父・祖母のいるハワイに戻されてしまった。これは、オバマにとってとてもショックで孤独なことだったようである。その後、オバマの母もハワイに戻り、大学で人類学のPhDをとるために勉強を始めた。それで結局、オバマの母は、離婚してしまう。
 その後、オバマの母は、またインドネシアに戻ってきた。人類学の研究をするためである。しかし、14歳になっていたオバマは、母について行かなかった。生活を変えるのに飽き飽きしていたのである。
 インドネシアで、オバマの母の住まいは、政治家、音楽家、映画監督などの集うところとなった。また、彼女は、貧しい人を精力的に助けた。イデオロギー的ではなく、性差別も、人種主義も口にしなかった。彼女は、インドネシア語と、ジャワ語と、フランス語、そして若干のウルドゥ語を喋った。
 1980年代、シングルマザーは稀だった。しかし、インドネシアは、とても寛容な社会であった。そこでハワイに戻ったり、パキスタンに行ったりしながら、オバマの母は、ついに1992年にPhDの学位を得た。仕事をしながらだったので、なんと20年越しの成果だった。
 しかし、1994年、オバマの母は、膀胱癌でなくなった。享年52だった。なくなる前に、オバマの母は、息子の回顧録を読む機会があった。しかし、そのほとんどが父親に関することだった。彼女の友人は、そのことに驚いたが、彼女自身は、そのことを気に病んでいるようには、少なくとも表面的には、見えなかった。よく分からないが、自分の意志のままに生きた母への息子のささやかな抵抗だったのだろうか。それとも、あまりにも自明なことは書かないという人間の習性によるものか。
 オバマの母を知る人は、バラック・オバマが笑うと、とても母の面影を感じる、という、ともあれ、バラック・オバマが、その知性と強い意志を、母に負っていることは確かである。

積分方程式

 積分方程式とは、典型的には、ある既知の関数f(x)があって、それとの等号で、あるパラメータxを含む積分計算があって、その積分計算の中には、既知関数K(x,s)と未知関数φ(s)が含まれていて、ある領域でのsでの積分の結果がf(x)になるような未知関数φ(s)をもとめるような方程式である。ところがなぜか、いろいろな応用で、微分方程式に比べて、積分方程式は非常に出番が少ない。よって、理系の人以外には、ほとんど知られていないのではないか、と思う。
 ただ、今回は、数学の話をするために積分方程式を引き合いに出したのではない。話は、行政不況のことである。すなわち、ある業界全体の集合をXとする。そこで、Xよりも実質的に小さい集合Aというのを考える。
 A⊂Xである。Xを建設業界とし、Aを姉歯建築士とその近傍を含む集合とすると、行政は、姉歯の事件を重くみて、チェック体制を強化すべく、Aの範囲である方程式を解く。それは、あくまでも、集合Aを境界条件とした微分方程式のはずである。ところが、その結果の解ψ(x)をなぜか、全体の集合をXに適用してしまう。すると、Aの中では最適と思われる条件を与えるψ(x)が、全体の集合をXに適用したとき、Xでは非常に不適切な結果をもたらす、ということがありえる。これが行政不況の1つの表現である。
 このことは、個人情報保護、環境問題、SOX法など、ほとんどにあてはまる。すなわち、法改正するとき、ごく狭い範囲での境界条件をもとに、偏微分方程式を解き、その結果を全体に適用して、却って社会全体の甚だしい非効率を招いている。
 そこで私の提案は、狭い範囲での境界条件をもとに偏微分方程式を解くのではなく、ある大きい範囲Xをドメインとする積分方程式を解きましょう、ということである。そして、その積分方程式の境界条件に、世間全体の福利をある一定以上にする、という条件を含めましょう、ということである。すると、少なくとも、結果の施策は、行政不況になる程度があまり甚だしくないようにすることが出来るし、そういうことを目指した施策になる、ということである。
 このような積分方程式の境界条件は、大域的なので、ある部分集合E⊂Xでは、ある条件が満たされなくなるがしかし、それは大目に見ましょう、というのが、積分方程式の別の意味である。すると、行政担当者は目を剥くかもしれない、そんなことは絶対に許されない、と。しかし、人命や国家安全が拘わるのでなければ、大抵のことは緩い管理でいいはずである。その典型は環境問題で、そもそも二酸化炭素排出による地球温暖化の因果関係さえはっきりしないのに、ある部分集合Eで二酸化炭素排出を厳密に管理してどうする、と言いたい。むしろ、積分方程式を解くことにより、下手な二酸化炭素排出制限よりも、飛行機の便数を減らした方がいい、という結論になるかもしれない。
 別の例としてインサイダー取引がある。先日の野村證券でのインサイダー取引は言語道断であるがしかし、資本主義というもの自体が本質的に緩いインサイダー取引の下にあることを前提としていないか。これは丁度、人類の種族繁栄が、人類のある種の劣情と結び付けられているのとのアナロジーである。よって、常に、ホーリスティックな観点を失わず、狭い境界条件の結果を全体に適用しないように配慮が必要であると思う。すなわち、全体主義という言い方があるが、全体主義というのはまさに、ある狭い、恣意的に選んだ部分集合での境界条件の解を全体に適用した結果生じるものであって、ホーリスティックな観点とは真逆である、と言ってよい。これはなんたる皮肉であろうか。

2008年4月25日

最年少教授

 Webニュースによると、米国の18歳の天才少女アーリア・サバさんが22日、韓国の建国大学の教授として任用されたという。 工科大学新技術融合科・外国人専任教員という身分。サバさんは、最年少教授の新記録で、ギネスブックに登録されることになったという。
 ただ、この記録には疑問がある。というのは、ある人を教授に任用するというのは、そこの教授会で決めれば済むことであり、別の大学が、「恣意的に」記録を塗り替えることは容易だからである。例えば、数理系では、15歳くらいである分野では世界トップの成果を得ることも可能であり、それをもって教授に任用、というのもあり得ることになる。
 また、建国大学は、おそらくわざとだろうが、「教授」というものの役割を誤解した(ふりをしている)。というのは、普通、教授になるためには、ある分野で優れた業績をあげるだけでは十分ではない。なぜなら、教授には、指導能力やプロジェクトをひっぱる力が必要で、すると、単に大学院で研究していた、というだけでは、そういう能力を涵養する経験はなかった、ということになる。そのためには、一点の業績の深みだけではなく、ある分野全般に渡る該博な知識が必要であり、そのためにはどんなに早くとも、教授になるには、20代前半がせいぜいであろう。それで思い出すのが、ニーチェである。ニーチェは、その類稀なる古典文献学の才能を買われ、24歳で、バーゼル大学の教授に抜擢された。しかし、10年の在任の後バーゼル大学を辞職した。古典文献学ではなく、哲学をやりたかった、ということである。そして、晩年、次第に狂気に囚われ、ニーチェは不遇のうちに亡くなる。
 こういう経緯をみると、アーリア・サバさんが今後、どう生きていくか、実はとても難しい。かなりの確率で、10年後は最早、科学の分野にいないのではないか、空白の青春を埋めるために。
 だから、建国大学に倣って、他大学が、最年少教授のギネスを塗り替えようなどと、馬鹿な判断をしないことを切に願うのである。ニーチェですら、早すぎたのだから。

黒酢にんにく

 Webを見ていたら、サントリーが「黒酢にんにく」という健康食品を販売しているという。黒酢というのと、にんにくが、青森県の福地ホワイト六片というと、これは「やずや」のパクリではないか、と思ってしまった。
 そもそも。こういうカプセルタイプの健康食品を通信販売する、というビジネスモデルは、やずやが最初ではないだろうか。また、その最初の商品が、「香醋」であった。それは、中国産であって、中国の友人に聞くと、香醋と呼ばれる黒い酢は、家庭でとてもポピュラーなのである、という。酢が健康にいいことは昔から知られているが、それをそのまま飲むのは刺激が強すぎるので、香醋を乾燥濃縮しカプセルに詰めたのが、「やずやの香醋」、爆発的には流行しなかったが、独特の丁寧なマーケティングでシェアを拡げ、今では「やずや」は、押しも押されもしない健康食品通販の会社となった。私はなぜか、「やずやの香醋」の初期の頃、すなわち、2002年頃からのファンである。今では、「やずやの香醋」と「雪待にんにく卵黄」を定期購入していて、「雪待にんにく卵黄」が、福地ホワイト六片を使っているので、上述のサントリーの「黒酢にんにく」をみて、ついパクリでは、と余計なことを考えてしまった。長年の「やずや」ファンなので、つい情が移っている。あと、これきあんまり関係ないかもしれないが、「やずや」の本社所在地の福岡市南区が、私が大学に入って最初に下宿した場所なので、なんとなく懐かしく感じる、というのもある。
 それで、「やずやの香醋」と「雪待にんにく卵黄」がどれくらい効果があるか、という話だが、そもそも単なる健康食品であって薬ではないので、分からないとしか言えない。確かに、ここ数年、ほとんど風邪を引いたことはない。病気で会社を休んだこともない。しかし、もともと風邪は引きにくい体質なので、あまり関係ないのかもしれない。
 ところで、そもそも「やずや」がやっているようなビジネスモデルを知的財産的に保護することは難しいので、「やずや」の成功をみて、沢山の会社がこの分野に参入してきた。だいたい、黒酢系と、にんにく卵黄系が主流である。私はそういう現状をみて、過当競争で、やずやは、潰れてしまうのではないか、と危惧した。サントリーなどの大手も参入してきたからである。ところが、いまのところ、やずやの経営が傾いているとは聞かない。特に値下げで対抗することもしていない。
 それで感じたことは、「やずや」の巧まざるマーケティング戦略である。何度か電話でオーダーしたことがあるが、普通のおねえさんが普通にしゃべっているだけ、という感じで、特に応対に訓練を受けているという風ではない。しかし、妙にがつがつしていたり、慇懃無礼でなく、安心して話せるのである。送られてくるパンフレットや月刊誌も、決してセンスがいい訳でもなく、奇抜でもないが、なんとなくほのぼのしていて、安心感がある。各社は、表面的なビジネスモデルとして、「やずや」に倣っても、こういう「普通感」は、出せていないのではないだろうか。それで、もちろん嫌になって購入を中止する人も他社の商品に乗り換える人もいるだろうが、平凡な安心感が魅力で、私のように惰性で続けている人が結構いて、安定した経営となっているのではないだろうか。

2008年4月26日

ダライラマ

 「目覚めよ仏教!」NHKブックスは、東工大准教授で宗教学者の上田紀行氏が、ダラムサラまで出かけていって、ダライラマと長時間インタビューした内容を纏めた本である。
 それを読んで、先ず感じたことは、ダライラマは、深い仏教的教養をもちつつも、極めて政治的、経済的、且つ科学的である、ということである。なぜ政治的、経済的、且つ科学的であるかというと、仏教をいかに役に立つものにするか、ということに常に腐心しているからである。この点で、既存の多くの仏教者は、違和感を感じるであろう。すなわち、一般的に仏教者は、深山の寺院に籠もり、瞑想して高い宗教的境地に達し、そうして、ときどき寺院を訪れる在野の人達に、教えを垂れる。それを、人々が、ありがたく拝受する、という次第である。
 ダライラマは仏教のそうした面を否定しない。そういう面を否定しては、仏教そのものが成立しなくなるからである。しかし、ダライラマは、多くの仏教者が、そうした受動的側面に留まっていることを嘆く。それでは、慈悲の心を実践できない。それだけではなく、それは搾取である、というドキリとするような言葉も吐く。
 搾取という言葉を使うのは理由があって、ダライラマは、自らが共産主義者である、と言ってはばからない。また、「現代の中国以上に共産主義者ですよ、というのは、現代の中国は最早資本主義ですから。」、と言って煙に巻く。こうした共産主義的指向というのは、彼の中道に対する解釈にも見て取れる。すなわち、ダライラマは、単に最初から中道にとどまっているのを中道とはみなさず、一方で修行して山に籠もり、他方で社会に出て人々を救う実践を行い、その中央にあるものとして中道を主張する。これは少し牽強付会であるが、エンゲルスなどの主張する、弁証法ではかろうか。
 ダライラマは、資本主義の欲望鼓吹的な側面をとても悲しむ。それは、人々の利己心を抑制するのではなく寧ろ、煽ることで芸剤を活性化しようとする。その結果、富める者は一層富み、貧しい者は一層困窮し、経済的敗者は、犯罪に走り、あるいは自殺に追い込まれる。このような資本主義に対するアンチテーゼとして、ダライラマは、共産主義を持ち出すのではないだろうか。しかし、マルクス・エンゲルス・レーニンが説くように、宗教は麻薬である、と排除してしまっては、スターリン、毛沢東、ポルポトのような悲惨な状態になるばかりである。そこでようやく、精神的主柱として、仏教が登場する。
 実際、ダライラマの対話では、仏教の話題はなかなかあらわれない。寧ろ、心理学、政治学、医学などの話が中心となる。そこで、ダライラマが、驚くほど広い教養の持ち主であることがわかる。また、教条的でなく、いろいろな話題にとび、たちまち本質的な議論に入る。また、一旦別の話題にずれても、まるでオペレーティング・システムによって管理されているスタック構造のように、発散することなく元の話題に戻ってくる。これは、ダライラマの論理性と頭の柔軟さを示すものであるが、対抗する中国にとっては、その場で議論が変わる訳であるから、とてもやりにくいだろう。だから、ダライラマは嘘つきだ、みたいな反論にもなる。
 ともあれ、この対話で感じたのは、ダライラマのしたたかさ、そして応用仏教学の可能性である。また、ダライラマの人となりは、そのほんの一部を垣間見たにすぎない。今後とも、フォローしていきたい。

2008年4月27日

ポータビリティ

 ポータビリティとは、可搬性とも訳され、字義どおりには、持ち運びできる、という意味だが、コンピュータの世界だと、あるプラットフォームのコンパイラ向けに書かれたCなどのソースコードを、別のプラットフォームのコンパイラでコンパイルして、そのまま動くかどうか、という意味で使われる。要するに、CPUやOS固有のコマンドが使われていると、ポータビリティがない、ということになる。
 しかし、ここでは全く違う文脈で、ポータビリティを考えてみる。今から3年くらい前に、近所の中学校にボランティアで将棋を教えに行った。それは、いろいろな一芸の人を集めて、中学生に参加させる、という公民館主催の催しであった。将棋の会場になっている図書館に行くと、隣の催しで、挿絵を担当している70歳過ぎの女性がいた。時間があったので雑談すると、面白いことを言っていた。すなわち、自分は夫に先立たれ、子供達は大きくなってほとんど訪ねてくることもない。すると、家具だの物があると却って負担で、どんどん処分している。古道具屋に売ったり、粗大ゴミに出したり、ということであった。どうも、先行きが長くないと意識すると、周囲の物の存在が却って邪魔になるらしい。あの世にはもっていけませんものね、と1つの決まり文句を仰った。
 そこで、家具などあの世にもっていけないのは確かだが、では、何があの世にもっていける(ポータブル)なのか、と考えてみた。
 当然に、家具や車や家など、もっていけない。死ぬときに、豪邸があっても、BMWがあっても仕方がない。
 お金ももっていけない。ビル・ゲイツのように、何兆円も資産があっても仕方がない。
 地位ももっていけない。ノーベル賞を受賞していても、あの世でいささかも足しになる訳ではない。
 こういうと、何を馬鹿なことを言うのか。お金や地位があの世にもっていけないというけど、あの世なんてある訳ないので、そもそもそこにもっていく、という議論自体が意味ない、と。
 その辺が、なかなか理解してもらえないが、私はあると思っているので、その前提で話を無理やり進めると、どうも、あの世に、冥土の土産としてもっていけるものがあるらしい。その第一は、欲望や情念である。例えば、誰かを恨んでいたり、ほしいものが得られないで心残りがあったとしよう。すると、そういう情念は、あの世にもっていかれるらしい。また、お金はもっていけないが、金銭欲は、もっていくことになる。物欲や金銭欲が強いまま死ぬと大変である。地上に情念が縛り付けられて、地縛霊になってしまう。
 怖いのは、酒乱の癖、麻薬中毒の嗜好もあの世にもっていかれることである。このような強い嗜好をもって死ぬと、肉体をなくすと、こういう欲望は叶えられなくなるので、生きている人にとりついて、その人を介して欲望を満足させようとする。しかし、結局は叶えられることはなく、こういうのを無間地獄というのだろう。
 さらに、恋愛感情も怖い。ある異性への想いが遂げられないで、無理心中する人がいるが、想う人は、無理心中すると確かに、ほぼ同時にあの世に行くが、あの世の類別機能により、あの世で想う異性に会えることは、まずない。すると、あの世で、想う異性を求めて、やはり無間地獄に陥る。
 すると、こうも言える。生きるということは、せっせとソースコードを書いていくことである。そして死ぬ瞬間に、そのソースコードは、コンパイルされて、あの世で実行される。ところが、重い情念がソースコードに残されていると、無限ループが含まれて、先に進めない。そのループから抜け出すには、ある種の悟りを要する。
 さて、このように、煩悩鼓吹的なこの地上で生きることで、負の刻印をもってゲームオーバーする可能性は少なくなく、われわれはなんという重いゲームを競っているのだろう、ということになる。仏教は、その重さを軽減する1つの方策である。仏教が軽々しくあの世を持ち出さないのは、胡散臭さを感じさせないためなのかもしれない。

ダークマター

「暗黒宇宙で銀河が生まれる」サイエンス・アイ新書、谷口義明著、に次のよとうか問いかけがある。
- 私たちの住む宇宙は、私たちが知っている物質からできている。」は正しいでしょうか。ちなみに、私たちの知っている物質とは、周期律表に載っている元素すべてで、前にこのブログで触れた、超ウラン元素も含んでいてよい。
 これをみて、なんとういう馬鹿な質問だろう、と思うかもしれない。「一般相対論が、宇宙の隈なくで成立しているように、宇宙のどこにいっても、構成元素は、われわれに既知のものだ、と。ただ、ある場所がはすさまじいエネルギーが終結しているので、1000番目の超ウラン元素がそこに瞬時であれ、存在するかもしれない。そういう意味では、未知の物質が存在しえると言えるかも。」というのが、模範解答であろう。
 しかし、谷口義明氏の回答は、そうではない。「私たちの住む宇宙で、私たちの知っている元素が寄与している質量は、たった4%である」というものである。なお、谷口という姓から、谷口義明氏をなにかの新興宗教の教祖と思ってはいけない。東北大学出身のちゃんとした天文学者であり、現在は、愛媛大学宇宙進化研究センター長である。
 では、4%の残りの96%の内訳は何か、というと、22%がダークマター、74%がダークエネルギーである、という。
 さらに谷口氏は続ける。われわれは、ダークマターが何であるか知らない、ダークエネルギーが何であるか知らない、という。おお、なんと謙虚な科学的成果。でも、どうして「知らない」ということが分かるのだろう。言い換えると、どうしてダークマターを知らないということを知っているのだろう。こういう話を突っ込むとヒュームのような議論になるので、擱いておく。
 谷口氏はまた、面白いことを言う。こういう、知らない物質が沢山詰まった宇宙にわれわれが住んでいるのは、偶然か、必然か、と。
 そんな、「偶然か、必然か」と聞かれても、どちらとも非常に答えにくい。偶然と答えると、平行宇宙が沢山あって、サイコロを振るようにどれかに生まれてくる、という意味なのか、とか、必然というと、1つしか宇宙がなくてそこに生まれるしかないから必然という問いかけ自身が無意味になるかあるいは、複数の宇宙があるのだけれども、あるパラメータで決まるある必然の宇宙に導かれるのか、とか、さらに、ある宇宙では、われわれが知っている元素だけからしか成り立っていなくて、すると、宇宙が安定しないので、生まれてくるや一瞬のうちに宇宙が崩壊してしまい、さて、われわれの意識はどこに行ってしまうのだろう、など、思考が発散して仕方がないのである。宇宙にダークマターが満ちているということは、今われわれもダークマター浴の中にいて、全く相互作用がないので何も感じないが、しかし、ダークマターがわれわれにこのような思考をもたらしている、と考えることもできよう。

2008年4月28日

JASRAC

 新聞によると、テレビやラジオで使用する音楽の放送利用に関して、著作権を管理する社団法人「日本音楽著作権協会(JASRAC)」が、同業他社の新規参入や事業展開を困難にさせていた疑いで、公正取引委員会は、JASRACの本部に立ち入り検査した、という。これが初めての立ち入り、というから、寧ろ意外である。
 JASRACが出来た経緯は、ある事件に端を発する。すなわち、昭和6年頃より約10年に亘り、ドイツ人プラーゲが、日本において外国著作権者の代理人として活躍し、著作権を盾に訴訟を起こしたり、巨額の使用料を要求したりした。これに困った日本政府は、昭和14年に、著作権仲介業務法を作り、政府が認可した団体だけが、著作権仲介業務を担当できることとした。そこで実質的に唯一政府から認可された団体が、当時の社団法人大日本音楽著作権協会、今の日本音楽著作権協会(JASRAC)である。ちなみに、著作権仲介業務とは、代理業務、媒介業務、信託業務の三種類がある。日本で主に行われているのは信託業務で、これはすなわち、著作権者が著作権を一旦仲介業者に譲渡し、仲介業者が著作権を管理するとともに、使用者から使用料を徴収し、一部を手数料として取って残りを元の著作権者に分配する、というものである。
 ところが、2001年10月に、著作権等管理事業法が制定され、著作権仲介業務は政府すなわち文化庁の認可制ではなく、文化庁への届出制となった。これにて、JASRAC以外の団体、すなわち、イーライセンス、ジャパン・ライツ・クリアランス(コピナビ)、ダイキサウンドが著作権仲介業者として参入してきた。
 そこで問題になったのは、JASRACが1979年以来、NHKや民放各社と締結している包括契約である。これは今も生きており、すると、放送局がJASRAC以外の業者と契約しようとすると、JASRACに払う分に加えて、その別の業者に対する追加支払いをしなくてはならない。すると結局、放送局には、JASRACだけを使い続けるというインセンティブが働く。これは結局、JASRAC以外の団体の参入を阻んでいることになるので、公正取引委員会の立ち入りになった、という次第である。
 ただ、放送局側は、どの曲が流れたかということの記録をいちいちとるのはあまりに大変で、よって、JASRACと包括契約を結ぶ、というインセンティブは働く。このことは理解できるので、ひとりJASRACを責めるのは酷かもしれない。その結果、JASRACは、この分野で、99%もの圧倒的な独占を達成している。まあ、2001年10月以前は、100%の独占であった訳であるが。
 しかし、放送局が、音楽などのインターネット配信を利用するようにななると、そのサーバの方でログをとることになるので、きめ細かい、個別の使用料を徴収することが可能となる。アップルのiTuneなどその例であろう。
 さて、公正取引委員会は、JASRACの独占状態を緩和するために、どのような指示をJASRACに出すのだろうか。例えば、包括契約を止めなさいとなると、逆に、放送局側が困る。結局、ほとんどの音楽著作権者がJASRACと契約しているので、別の業者は、ほとんどの音楽著作権者と別途契約を結ぶ、という困難に遭遇する。で、結局、今の放送の形態が変わらない限り、JASRACの独占体制は変わりそうもない。これゆえに、公正取引委員会がJASRACへの立ち入りに二の足を踏んでいたのであろう。
 ということで、公正取引委員会の指示には拘わらず、インターネット配信が主流となるのを待つしかなく、そのときは、逆に、インターネット配信から徴収するノウハウをもたないJASRACが没落するときとなると思われるが、そういう時代になるのは、時間がかかりそうである。

2008年4月29日

小野修一八段の死去

 将棋連盟のホームページによると、小野修一八段が死去された、という。まだ49歳である。死因は、虚血性心疾患である、という。しかし、おかしいのは、亡くなったのは平成20年1月11日で、4ヶ月近くも前である。どうしてここまで伏せる必要があったのか。
 小野修一八段は、昨年3月に引退し、そのことを私は小野修一八段の引退としてプログに書いた。
 ともかく、小野修一八段はひっそりと、最小限の人に見送られつつ、将棋界からも、現世からも去っていった。結婚していないし、それゆえに子供もいない。小野修一八段に棋書があるとは聞かない。小野定跡はないだろう。また、今後、小野修一実戦集が出ることもないだろう。ただ、こういう空気のような去り方も悪くないのではないか、と最近思う。私が考える霊格の高い、1つのパターンである。

退屈力

 齋藤孝という人がいて、「声に出して読みたい日本語」その他、多数の著書があるのを、本屋で眺め見て知っているが、どうも手にとって読もういう気さえおきなかった。道徳的臭みが嫌なのである。道徳的臭みという意味では、藤原正彦の「国家の品格」もそうであるけど、こちらは、私の数学者好きが、臭みを多少消しているかもしれない。
 ところが、最近出た齋藤孝の、「退屈力」文春文庫は、私が普段考えてることに近くて、つい買ってみた。
 その説くところの論旨は、明快である。
- 現代の1つの問題は、退屈を怖れていることである。
- 従って、世間は、これでもかと新しい刺激を送り込む。受け手も、新しい刺激を欲しがる。
- そういう時勢で、退屈でも地道に努力するという風潮が、世の中、減ってきている。「会社は2年で辞めていい。」という本がどんどん売れるような時代である。
- 勉強は、一見退屈でも粘り強く辛抱して身につけていくことで、心の底から湧き出るような喜びに至るような経験をする上で重要である。
- 剣道、柔道、空手の「型」をきっちり身につけることは、退屈力を身につけるための修行になる。
 この趣旨に私も基本的に同意である。最近のコンピュータ・ゲームは、これでもかと綺麗なグラフィック、効果音、奇抜なストーリー、Wiiなどの新しいデバイスを駆使してユーザーを楽しませようとする。
 コンピュータが好きな私はこういうのが悪いとも思わない。人生には、こういうのを味わう喜びもあっていい。酒席の喜びと同じである。
 しかし、いつも酒を飲んで生きていくというのがまずいように、こういう娯楽を追及して生きていく、というのは刹那的である。刹那的であってなぜいけない、といわれるかもしれないが、刹那的である喜びは続かない。よって、次々と新しい刹那的なものを追求し続けなくてはならない。欲望の自転車操業になってしまう。
 そこで退屈力であるが、これがなぜ重要かというと、これが忍耐力の基本になるからである。例えば、英語を勉強するとしよう。英語を勉強する目的は、俗な理由で、金髪の女性を口説きたいというものであるかもしれない。しかし、そうであっても、最初は沢山、単語を覚えなくてはならない。英文法も最初は大変である。そして、忍耐強く何年も勉強するとやっと正しい文法で、英語が書け、また意味のある会話もできるようになる。こうして身につけたスキルは一生もので、錆びてもまたブラッシュアップできる。
 退屈力がなにより意義があるのは、静寂のうちに、例えば、山を眺め、将棋の棋譜を並べ、そこから尽きない喜びを引き出すことでできるからである。その喜びは、人生で客観的に不遇なときでも、あまり影響を受けない。
 また、難解な哲学や科学、法律も退屈力なしでは到底理解できない。最初は単なる記号や文字の並びにしか見えないからである。
 バートランド・ラッセルは、人類の災厄のほとんどは、人類が退屈に耐えられないところから生じるという。また、ショーペンハウアーは、人類の災厄のほとんどは、人が一人では生きていけないところから生じる、という。おそらく同じ意味だろう。ショーペンハウアーはまた、人が孤独になると、嫌がおうでも、自分自身と向き合わなくてはならない、従って、世間的な地位とは関係なく、知的でない人は、孤独なとき、貧しい心の自分と向き合わなくてはならないので、悲惨である、という。
 このように、齋藤孝の「退屈力」という概念は、過去の偉人が書いていることの焼き直しにすぎない。しかし、「退屈力」というネーミングがなかなか冴えているので、座布団一枚、ということにしておく。

About 2008年4月

2008年4月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年3月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。