« ポータビリティ | メイン | JASRAC »

ダークマター

「暗黒宇宙で銀河が生まれる」サイエンス・アイ新書、谷口義明著、に次のよとうか問いかけがある。
- 私たちの住む宇宙は、私たちが知っている物質からできている。」は正しいでしょうか。ちなみに、私たちの知っている物質とは、周期律表に載っている元素すべてで、前にこのブログで触れた、超ウラン元素も含んでいてよい。
 これをみて、なんとういう馬鹿な質問だろう、と思うかもしれない。「一般相対論が、宇宙の隈なくで成立しているように、宇宙のどこにいっても、構成元素は、われわれに既知のものだ、と。ただ、ある場所がはすさまじいエネルギーが終結しているので、1000番目の超ウラン元素がそこに瞬時であれ、存在するかもしれない。そういう意味では、未知の物質が存在しえると言えるかも。」というのが、模範解答であろう。
 しかし、谷口義明氏の回答は、そうではない。「私たちの住む宇宙で、私たちの知っている元素が寄与している質量は、たった4%である」というものである。なお、谷口という姓から、谷口義明氏をなにかの新興宗教の教祖と思ってはいけない。東北大学出身のちゃんとした天文学者であり、現在は、愛媛大学宇宙進化研究センター長である。
 では、4%の残りの96%の内訳は何か、というと、22%がダークマター、74%がダークエネルギーである、という。
 さらに谷口氏は続ける。われわれは、ダークマターが何であるか知らない、ダークエネルギーが何であるか知らない、という。おお、なんと謙虚な科学的成果。でも、どうして「知らない」ということが分かるのだろう。言い換えると、どうしてダークマターを知らないということを知っているのだろう。こういう話を突っ込むとヒュームのような議論になるので、擱いておく。
 谷口氏はまた、面白いことを言う。こういう、知らない物質が沢山詰まった宇宙にわれわれが住んでいるのは、偶然か、必然か、と。
 そんな、「偶然か、必然か」と聞かれても、どちらとも非常に答えにくい。偶然と答えると、平行宇宙が沢山あって、サイコロを振るようにどれかに生まれてくる、という意味なのか、とか、必然というと、1つしか宇宙がなくてそこに生まれるしかないから必然という問いかけ自身が無意味になるかあるいは、複数の宇宙があるのだけれども、あるパラメータで決まるある必然の宇宙に導かれるのか、とか、さらに、ある宇宙では、われわれが知っている元素だけからしか成り立っていなくて、すると、宇宙が安定しないので、生まれてくるや一瞬のうちに宇宙が崩壊してしまい、さて、われわれの意識はどこに行ってしまうのだろう、など、思考が発散して仕方がないのである。宇宙にダークマターが満ちているということは、今われわれもダークマター浴の中にいて、全く相互作用がないので何も感じないが、しかし、ダークマターがわれわれにこのような思考をもたらしている、と考えることもできよう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/735

About

2008年4月27日 14:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ポータビリティ」です。

次の投稿は「JASRAC」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。