« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月 アーカイブ

2008年5月 1日

暫定税率復活

 案の定、ガソリン税の暫定税率が復活することとなった。これを受けて、昨日今日で、とりあえず安いうちにガソリンを満タンにしておこうという車の列が、ガソリンスタンドの前に並ぶ光景をあちこちでみかけた。よく経済学の法則は、個々人にはあてはまらないと言われるが、こういう光景を見ると、経済学の法則は、統計物理学が個々の分子について言えるよりもずっと確かに、個々人の行動について説明ができそうに思われる。そうやって分かったようなことを言っている私も、昨日の早朝、ガソリンスタンドに行って、混む前にすかさず給油してきた。まだ半分も減っていなかったが、満タンにすると、21リットル入った。もしリットル30円値上がると、600円程度儲かったことになる、しめしめ。こんな計算をみんながやっているに違いない。
 昨日行ったガソリンスタンドの店員に、5月からびしっと値上がるんでしょうかね、と聞いてみたら、さあどうなんでしょう、と寧ろ困惑気味だった。ガソリンスタンドにしてみれば、自分達のせいではないのに、5月から急に値上げして、買い控えされたりして、混乱するのは嫌だ、みたいな雰囲気だった。少なくとも、暫定税率復活を歓迎する風ではない。
 さて、5月から暫定税率復活だそうだが、ガソリンスタンドにとって困るのは、4月中に仕入れた在庫分は、追加課税がないので、安く売れる、ということである。すると、あるガソリンスタンドは、他とは独立に安く売って、ある意味出血サービスで客を引く、という戦略をとるか、赤字売りを嫌って早めに値上げし、そっぽを向かれるか、余計なことに頭を悩ませなくてはならない。流石に会計上、安く仕入れたガソリンを高く売ったとしてもそのことはなかなか、税務署にも細部は不明かもれない。
 今更本題だが、不満なのは、追加のガソリン税が何に使われるのかが不明である点である。まさか、国土交通省の職員の日々の意味のないタクシーチケットに消えているのではないよね、と月並みなことをふと感じる次第。

雑用のすすめ

 先日紹介した、「退屈力」の本の中で、東北大学 川島隆太教授の「脳トレ」のことが紹介されていた。実は私は、「脳トレ」をとてもレベルの低いものと誤解していた。というのは、新聞などに、「脳トレ」として、単に音読して下さい、とか、碁石の数を数えて下さい、とか自明なことばかりトレーニングとして紹介されていたからである。
 しかし、川島教授の研究内容というのがあって、それによると例えば、ディズニーランドなどのテーマパークを一日かけて廻ったとする。すると、特に、それが田舎からでてきて初めてのディズニーランド訪問だったりすると、まるで夢のような体験であり、想像力がかきたてられて、とてもよい刺激を脳が受けていると思われるだろう。しかし、実際は、そういうお仕着せのテーマパークを廻っても、脳はあまり刺激を受けないし、活動してもいないのだという。それよりも、川島教授が言うには、単純な足し算、音読、など一見単純作業の方がはるかに脳を使い、活性化する働きが大きいそうである。それが、川島教授が提唱する、「脳トレ」の根拠となっている。
 それで思い当たることがある。すなわち、会社の仕事でも勉強でもいいが、どうしても日常的に生きていると、どうしてもいろいろな雑用がある。コピーしたり、電話したり、買い物に行ったり、掃除したりのもろもろである。そこで単純な考えでいくと、例えば、仕事なり勉強の効率をあげようとすると、雑用をすべて誰かに任せて、純粋に仕事の高度な知的頭脳の部分に集中したり、勉強ばっかり、ひながする方が能率が上がると思うだろう。
 ところが、テーマパーク巡りではないが、高度な知的頭脳と思われているものが実は、あまり脳をつかわなかっりする。典型的には外部講習会のようなものである。確かに、偉い講師の人のお顔を眺めて、有難がるのもいいだろう。しかし、そういう講習会に出ても聞き流して、実はどんな内容だったかほとんど覚えていない、という経験がある人は少なくないだろう。
 一方、コピーしたり、電話したり、Excelシートに数値を打ち込んだりするような雑用は、川島理論によれば、実はとても脳を使い、活性化させるによい。だから、会社の仕事でも勉強でも、雑用が多すぎるのはもちろん能率を下げるが、ある程度、例えば、仕事の10%程度は雑用を入れておくのが、脳を活性化し、仕事の能率を上げる効果があると信じる。私は実際、会社で、自分で簡単にできる雑用は、なるべく依頼しないで自分で片付けるようにしている。それは、単なる平社員なので、依頼できる専属の秘書のような人がいないという理由だけでなく、経験的に、自分で雑用をこなした方が、実は、本体の仕事の方も効率があがるからである。
 実際、会社でときどき、立派な肩書きなのに、大丈夫かと心配するくらい融通がきかなくて、思考がこわばっている人がいる。こういう人は、理由はいろいろいあると思うが、雑用を軽蔑して秘書任せにしすぎていないかと思う。
 そういう意味で、男は定年になったら会社にあまり行かなくなるが、すると、家にいたら、雑用として、ある程度、掃除、洗濯、料理などの家事をやった方がいいと思う。家事もやってみると、なかなか脳トレになっていることに気づく。特に、家事の中でも、料理はとても奥が深く頭を使う。下手なスクリプトプログラミング顔負けに創造力を要する。
 結論として、人間、生きているうちは(あの世でもだけれども)、楽をしたらいかん、ということである。少なくとも、楽をするために生まれてきていない。楽は、つかの間の息抜きのためだけに存在する、また仕事に貴賎はない、と最近そんな風に思う。

2008年5月 2日

ベストセラーついて

 例えば、最近の本だと、坂東 眞理子の「女性の品格」が300万部売れたとか言われる。では、あのような部数はどうやってカウントされているのだろう、という素朴な疑問がある。
 基本的には本のランキングは、紀伊国屋書店などの大手書店での売り上げ順位や、トーハンなどの大手取次ぎ会社が全国書店をサンプル調査して出す順位をもとに構成されるが、結局は、具体的な販売冊数は分からないそうである。すると、300万部という数字は何なのか、というと、出版社が印刷製本した冊数である、という。ということは、300万部といっても、返本になるものもあれば、そのまま新古書として、古書店に廻るものもある。だから、本当に書店で売れた冊数というのは、300万部のせいぜい、6掛けか7掛けではないだろうか。
 そういう冊数ではなくて、順位というのであるなら、紀伊国屋書店内、Amazon.com内、などでかなり正確な順位を出すことができ、やはり売れている本というのは、それなりに意味がある、とベストセラー嫌いの私でさえも思う。
 例えば、私が愛読している数学セミナーという雑誌には、数学書に限って、本のベスト10のコーナーがある。そして、ある特定の書店での売り上げに基づくのだが、それが有隣堂ルミネ横浜店だったりする。結構ローカルだとも思うのだが、上位にある本は、格調が高かったりする。だから、数学とか、物理とか、分野を絞れば、ローカル書店の売り上げ順位も意味があるようだ。
 一方で、ネットを見ると、もともと音楽の順位で有名なオリコンは、本のランキングも始めた。これによると、一位は、「夢をかなえるゾウ」飛鳥新社、水野敬也著とある。どんな本か知らないが、私が食餌を動かす本ではなさそうだ。凄いのは、推定売上部数と、推定累積売上部数が、一の桁まで入っていることである。流石、オリコンの情報収集力。二位がなんと、「新・人間革命」池田大作、三位が「B型自分の説明書」、四位が「A型自分の説明書」、五位が「あいのり10 Fate~めぐり逢い」、ここらあたりでもう追う気がしなくなった。別に知識人を気取る訳ではないが、ここにあるような本は、私にとって、なにかの間違いで留置所に入れられて、そこにこれらの本しかなかったら仕方なく手にとる類のものである。やはり、分野別でないと、私には意味がない。ちなみに、上からみていってこれなら読もうかと思ったのは、23位の「ルポ 貧困大国アメリカ」岩波新書、26位の「ホームレス中学生」ワニブックス、29位の「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか -アウトサイダーの時代」筑摩書房、くらいかも。やはり、本は、音楽よりも嗜好性、分野性が強く、オリコンがどこまで相応しいか不明である。
 本の総花的な順位がこの有様だと、大学ランキングだの、人気企業ランキングだのも、中身は一体どうなんだろうと思いつつ、でも、他に拠り所がないと仕方がないよね、と個人であることの無力さを感じる次第である。

2008年5月 3日

田中 慎弥

 私は、純文学の小説を好んで読む、ということはないので、例えば、芥川賞の発表があっても、文藝春秋を買って、読むといった経験もない。だから、新聞で、田中 慎弥という作家が、最年少で川端康成文学賞を受賞した、という記事をみても、あ、そう、で終わりであるはずである。
 ところが、新聞で見た田中 慎弥の経歴に、つい興味をもった。田中 慎弥は、山口県下関出身、幼くして父を亡くし、母一人子一人で育つ。地元の下関中央工業高校を卒業して、本人曰く、アルバイトも含め、一度も仕事に就いたことがない、という。すると、母親の稼ぎで地道に暮らしてきた、ということになるが、これって、今でいう、ニートではないか、と思う。
 働かなかった理由は、本人曰く、面倒ぐさかりやだから。だから、パソコンも携帯ももたない、という。でも、面倒くさいから嫌だ、で通用するもんかね。
 本人は、中学時代から、川端康成や谷崎潤一郎などに傾倒した。いわゆる耽美派である。で、高校を出ても働かない訳だから、母が働いて一人息子を支えた。これは、実はなかなか難しいことである。というのは、息子を思う母親としても自我はある。すると、18歳までは育てたのだから自分はもう責任を果たした、あとは私は私のやりたいことをやる、と開き直って自分の途を進むとしても、それは寧ろ普通である。先日ブログに書いた、オバマの生い立ちにもあるように、子供が小さくても、自分の夢を追う母親の方がいまでは普通である。
 だから、田中 慎弥氏にとって、母親の存在は、あまりにも大きくて、ほとんど理解を超えているのではないか。
 たしか、エジソンの母親も、息子が先生から、頭がおかしいではないかと批判されても、きちんと息子を信じて、護りとおした。田中 慎弥氏の母親の偉さは、それ以下ではありえない。
 田中 慎弥氏は、事情により懸命に働かなくてはならなかったとしたら、今の文学の実績はないかもしれない。だから、息子の才能を伸ばすようにあえて自己犠牲を敷いた母親は、おそらくマスコミからは褒められることはないだろうが、とても立派だと思う。

拡散と不均一

 カップのコーヒーにフレッシュを一滴落とすとする。すると、これは次第に拡がる。エントロピー増大の法則によれば、フレッシュは、時間を十分にとると、コーヒーに均一に分散しそうなものであるが、なかなかそうはならず、不均一なままである。このような観察をしたことがある。ほとんど井上陽水の「白い一日」の世界である。
 上記のようなことは、一見、水の粘性、不純物の存在、カップの形状のような要因で、理想的な均一分散が阻まれていると解釈することもできるが、実は、有名なコンピュータ科学者、アラン・チューリングのパラドックスのような定理「拡散は空間非一様化を促進する」に従った、妥当な解ということになる。
 すなわち、チューリングは、ある化学反応を伴う複数の化学物質が拡散することによって、もともと均一に分布している化学物質が、濃いところは一層濃くなり、薄いところは一層薄くなり、あるパターンを形成するに至る、というものである。さらに、複雑系やフラクタルにも通じるものがるが、初期条件を少し変えるだけで、驚くほど多様なパターンが生じえる。
 このことが一番顕著に現れているのは、宇宙の銀河系の分布である。宇宙には、約1000億の銀河系があり、各々の銀河系には約1000億個の恒星が含まれている、という。それは膨大な数のようであるが、宇宙の広さに鑑みると、銀河系の分布はとてもまばらであり、そういう銀河系自体が、宇宙全体でみると、チューリングのいう不均一な分布に相当する。
 別の例は、以前にこのブログに書いた、犬猫の毛色である。すなわち、そのちゃんとした原理はとても理解できないが、犬猫の場合、その遺伝的初期パラメータが、毛色の独特のパターンを生じさせる。例えば、同じ両親から産まれた子供でも、全く別のパターンになったりする。ここにも、チューリングの方程式が効いているような気がする。
 このように、宇宙全体と動物の毛色の分布に同様の法則が成り立つというのは、ある意味意外であり、また、ある意味、法則の普遍性を示す意味で当然である、といえる。

2008年5月 4日

ユークリッド素数列

 昔、ユークリッドは、素数が無数にあることを、次のようにして証明した。今、素数が、q1、q2、・・・qnあるとしたとき、
 q1*q2*・・・*qn+1を計算する。これは素数とは限らない。そこで、この数の最小素因数をqn+1とする。これによって、n+1番目の素数が得られる。qn+1は、q1、q2、・・・qnのどれとも等しくない。なぜなら、もしどれかと等しいと、q1*q2*・・・*qn+1はqn+1で割り切れなくなるので、qn+1がq1*q2*・・・*qn+1はqn+1の素因数であるという仮定に反する。このような操作は帰納的に無限に続けることができるので、素数が無数にあることが証明された。
 ただ、これは、無限に素数を生成することができる方法ではあるが、どうみても、全ての素数を網羅する方法とは思えない。
 しかし、シャノンという数学者が、1991年に、任意の素数から生成されたユークリッド素数列は、全ての素数を網羅する、と予想した。
 例えば、2から出発する。すると、2, 3, 7, 43までは一気に進む。ところが、2* 3 * 7 * 43 + 1 = 1807 となって、これ自体は素数ではなく、13という最小素因数が得られる。
 次に、2* 3 * 7 * 43 * 13 + 1 = 23479となって、これ自体も素数ではなく、53という最小素因数が得られる。
 このようなユークリッド素数列の計算は、次の点で非常に困難である。
(1) 無限多倍長整数計算を要する。
(2) いちいち、素因数分解しなくてはならい。これは、桁が大きくなると異常に大変である。
 リーマン予想やぜータ関数の研究で有名な数学者の黒川信重氏は、理論的裏づけは、さっぱり見当がつかないという。また、もしかして、最難問の1つに挙げられているリーマン予想自体よりも難しいかも、という。
 ところで、数論で未解決であるが、問題自体は分かりやすい命題として、双子素数は無数にある、というゴールドバッハの予想がある。
 一方、リーマン予想は、ぜータ関数の自明でない零点の実数部は全て1/2である、という非常に理解しにくい命題である。
 すると、ユークリッド素数列が素数全体と等しいという予想は、分かりやすさは、ゴールドバッハの予想とリーマン予想の中間であるが、リーマン予想よりも難しいかもしれない、という黒川氏の予想は興味深い。ただ、かの有名なヒルベルトは、リーマン予想は、フェルマーの予想(今は、定理)よりも簡単であると予想し、それは結局正しくなかったようである。だから、新しい道具立てが見つかって、ユークリッド素数列予想が証明される、という可能性はあるが、あいにく、リーマン予想のような豊富な副産物が見込めそうもないので、多くの数学者を惹きつけるようなものではないのかもしれない。

中原誠名人の紫綬褒章

 ちょっと前の話になるが、中原誠十六世名人の紫綬褒章を受賞した。毀誉褒貶というが、こういう賞を貰うと、却って林葉スキャンダルを色濃く思い出していまう。ああいう醜聞があっても、国家の褒章をもらった人は、他にもいるんだろうか、などと。
 将棋界で紫綬褒章を貰った人は今まで、木村名人、升田実力制名人、塚田名誉十段、大山康晴十五世名人、二上九段、加藤一二三九段、米長永世棋聖だけである。実績ベースなら木村名人の次は大山十五世名人になるべきだから、これは実績だけでなく、かなりの程度年功もあるようである。
 そういう、ある意味形式的な褒章であるが、中原にとっては、自分の中で、不名誉を削ぐ画期的な出来事だったようで、なんと、竜王戦の1組本戦出場者決定戦で、森内名人に続き、佐藤二冠も破った。1つ吹っ切れたのであろう。今の60歳の年齢で、A級ぱきぱき相手にここまで指せるのは、いままで、大山をおいて他にいなかったであろう。そういう意味で、改めて中原の強さをここで感じる。ということは、あのスキャンダルがなければ、中原はまだ現役のA級だったかもしれず、中原を陥れた人の狡猾さと、それにおめおめとひっかかってしまう中原の迂闊さが残念でならない。

調書漏洩

 以前このブログで取り上げた、僕はパパを殺すことに決めたという単行本に関してだが、加害者として少年院に送致された元高校生の調書を著者の草薙厚子さんに見せたとして精神科医の崎浜盛三被告が告訴されている件で、崎浜被告は、少年に着せられた殺人罪というレッテルをはがし、社会に理解してもらうためだった。信念に基づく行為で法的に正当。」と無罪を主張した。
 しかし、医師や弁護士などの専門職の守秘義務は、職業倫理の根幹であり、いかなる信念の下でも、それを破ってよい、ということはないはずである。
 また、「少年に着せられた殺人罪というレッテルをはがし、」というけれども、家に家族が寝ているのを知りつつ火をつけた状況は、少なくとも未必の故意は成立し、刑法でいう殺人罪の構成要件は、免れないと思う。
 だから崎浜盛三被告の罪は免れず、あとは、「僕はパパを殺すことに決めた」の一読者として、心情的に裁判官の大岡捌きを期待する次第である。

ハチワンダイバー

 週刊ヤングジャンプで、「ハチワンダイバー」という将棋漫画が人気である、という話は聞いたことがある。しかし、最近とんとコミック誌を買う習慣がない。つい8年くらい前までは、いい歳をして、熱心な少年ジャンプの読者だったのだが。
 ところが、昨日(5月3日土)の夜11時10分から、ハチワンダイバーが実写で始まると聞いて、将棋ファンとしては、これは見逃せないと思った。実に、NHKの「二人っ子」以来ではないだろうか。
 原作者の柴田ヨクサル氏は、小学校時代から地元の将棋道場に通いつめるというくらいだから、なかなかの将棋通である。だから、ストーリーもなかなか本格的である。
 主人公の菅田健太郎(溝端淳平)は、奨励会を三段で退会させられた26歳。ううん、ありがちな話。退会と決まったときの落ち込み方がリアル。実際、鈴木英春の本などを読んでも、奨励会を三段で退会するというのは、全てを失ってしまうようなショックらしい。それでいきなり賭け将棋の世界に入る、というストーリーはリアルでない。多分そういう例は、ないのではないか。普通、奨励会を退会した人は、一旦将棋から離れようとする。大学に行き直したり、会社に入ったり。そうして何年もして、やはり将棋が恋しくなって、再び努力する、というパターンがほとんどであろう。瀬川氏しかり。ただ、リアリティを云々するのは趣旨ではない。
 また、面白いキャラクターは、アキバの天才将棋少女、中静そよ(仲里依紗)。これがとても強い、という設定になっている。なんでも、アキバの受け師の異名をとり、元奨励会三段の菅田がどんなに攻めても、切らされてしまう。これはある意味、大山レベルの受けの技であり、プロ修行した訳でもない一介の少女がそこまで強い、というのも非現実であるが、そこはまあ、ストーリーである。真剣を指しているときの中静そよの姿は、明らかに里見女流初段を模している。
 将棋の技術指導と監修は、鈴木大介八段。だから、そこで指されている将棋の棋譜は、きちんとしてインチキではない。ただ、いかにも鈴木八段の指導らしく、ほとんどが居飛車対振飛車の対抗形である。
 いつも思うのだが、溝端淳平であれ、仲里依紗であれ、駒の指し方がチグハグである。これは、「二人っ子」のときも感じた。実は、大抵のアマチュア将棋指しであるなら、少なくとも将棋クラブに通って指したりしていると、ほとんど例外なく、プロみたいにピシッとしなって指すやり方をマスターする。私も一応そうである。駒の手つきだけはプロみたいだ、と褒められたことがある。これって、慣れると簡単なのだが、改めて修行すると、少なくとも1年くらいはかかるのだろうか。テレビで映画の将棋ドラマで、われわれの仲間程度の手つきで駒を操れる俳優を見たことがない。
 それはさておき、ハチワンダイバーという命名はなかなかいい。菅田が、将棋の師匠に、君は突っ込みが浅い、それでは四段にはなれないよ、とアドバイスされるシーンがあるが、実際、プロ四段になれるかどうかの分かれ目の一つに、そういった踏み込みの深さがあるのは確かで、八十一枡の将棋盤に没入するという意味のハチワンダイバーは、言いえて妙である。だから、今後のストーリーは、菅田が、真剣師、プロ棋士を含むいろいろな難敵と対戦していくにつれて、中静そよのアドバイスよろしく、盤面にダイビングする、というものとなることが予想され、水戸黄門的なベタなストーリーであるとしても、私のような将棋ファンには垂涎の番組である。ただ、最初の物珍しさはいいけど、あまり将棋が好きでない人をどこまで引き付けておけるか、そこが少し心配で、視聴率が下がって途中で打ち切りにならないことを期待する。日テレの人気番組「さんまの恋のからさわぎ」の裏番組だけに、である。

2008年5月 5日

アクリル系炭素繊維

 新聞によると、新しくデビューするボーイング787は、機体の約半分を、ジュラルミンよりも軽く、鉄の10倍の強度をもつ、というアクリル系炭素繊維で構成することによって、全体の重量を2割軽くし、以って燃費も下げるという。燃費が少ないということは、同じ燃料で遠くまで飛べるということであり、250人乗りの中型機であるのに、1万5200キロの航続距離を出せる。これはほとんど、成田からサンフランシスコに行って、補給なくまた成田に戻れるくらいの距離である。
 アクリル系炭素繊維は、日本のメーカの独壇場で、東レ、東邦テナックス、三菱レイヨンの三社で、世界の70%のシェアを占める。
 レーヨン系炭素繊維の材料を、宇宙関係に使用すること自体は、1960年頃に既に行われていたが、大阪工業技術試験所の進藤博士が、アクリル系炭素繊維を発明した。それは、レーヨン系炭素繊維に比べ、製造効率は高いものの、コストはまだ、鉄の10倍以上かかり、従って、商業ベースでは、ゴルフクラブなどの限定した用途しかなかった。
 しかし、1980年代になって、ボーイング社は、アクリル系炭素繊維材料の優秀さに目をつけ、東レに、強度や温度特性で目標値を示した。そこで、東レは、酸化性雰囲気中で耐炎化処理し、次に不活性雰囲気中で炭化処理するなどの方法で、耐熱性を高めた。また、繊維の間に挟む樹脂にエネルギーを吸収する層を設ける、などの方法も考案された。結局、1990年代になって、まずボーイング777の尾翼に採用され、この実績が今回の787での大幅な機材への採用となった。進藤博士の発明から実に、40年以上が経過している。
 私はコンピュータ業界にいるものだから、ドッグイヤーということで、5年でも長いと思うが、それは世間一般には必ずしも適用されないようである。すなわち、炭素繊維のような材料でも、医薬でも、20年、30年のスパンはざらである。こういう地道な技術革新は、どこか安心感がある。

2008年5月 6日

ヤフー買収断念

 ニュースによると、時間をかけてヤフーを買収しようと交渉してきたマイクロソフトは、とうとうヤフー買収を断念したという。マイクロソフトが提示した額を安すぎると、ヤフーが断り続けたからだという。豊富な資金を誇るマイクロソフトは、敵対的買収を行う手もあったと思うが、もともとヤフー内の反マイクロソフト的気風を気遣って、人材が流出することを懼れた。
 そこで分からないのが、ヤフーのCEO、ジェリー・ヤンの意図である。確かに、ある意味IT業界の悪の帝国のように思われているマイクロソフトに買収されることには潔しとしない、という気持ちは分かる。しかし、観察すると、ヤフーのビジネスは今のところそこそこ堅調であるが、グーグルが提示しえたような画期的な検索エンジン技術、アドセンス、アドワーズなどの新しいネット広告スキームなどのビジネスモデルを提示し得ておらず、このままだとジリ貧になってしまうと思われる。すぐ後ろには、中国の百度も迫ってきていてる。
 一方でグーグルにしてみると、マイクロソフトがヤフーを買収することに、異常なほど過敏というか神経質であった。理由は、マイクロソフトのデスクトップ技術にある。なんのかんのといっても、長年WindowsやOFFICE製品を提供し続けたマイクロソフトのデスクトップ技術のノウハウは、他社の追随を許さない圧倒的なものがあり、そのデスクトップ技術が、ヤフーのネットノウハウと相俟って、顕現してくることは、グーグルにとって最大の脅威である。というのは、時代はもう、ポストグーグルがささやかれ始め、グーグルも一プラットフォームに成り下がるという不安をいつも感じているからである。
 そのような趨勢をジェリー・ヤンが感じていないはずはなく、すると、ジェリー・ヤンは、マイクロソフトに身売りすることで、マイクロソフトの一ネット部門に成り下がることを嫌ったのだろう。繁栄よりもプライドである。
 それならば、マイクロソフトは、高給で、ヤフーのキーパーソンを引き抜けばいい。優秀で、マイクロソフトの文化を潔しとしない者は、グーグルに行くであろう。ともかく、ヤフーが魅力的な会社である、という文化というかビジネスモデルを提示しえないなら、ヤフーを待っているのは、緩慢なる死である。どうする、ジェリー・ヤン。

ヒルマン監督

 以前、このブログで、日本ハム球団の復活という記事を書いたが、その日本ハム球団の復活の立役者の一人が、当時の監督の、トレイ・ヒルマンである。そのヒルマンは今、大リーグで、ロイヤルズの監督をしている。
 ロイヤルズとはどんなチームかというと、比較的遅い1969年にア・リーグに参加、1976年に初の地区優勝を果たし、1985年には初のワールドチャンピオンになった。しかし、その後1990年から長い低迷に陥り、昨年まで4年連続で、ア・リーグ中地区で最下位。
 しかし、ヒルマン監督が就任すると、開幕戦で、昨年のリーグ覇者、タイガースに3連勝した。そして、一時的に地区首位に立つも、今は、14勝16敗と、そこそこの成績である。ただ、昨年の成績に鑑みると、上出来で、ヒルマン監督の指導と采配の功は疑えないだろう。
 ヒルマン監督は、日本ハム時代、子供が生まれた外人選手が帰省しやすいようにとポケットマネーで航空機チケットを買ってあげたり、と温情を示し、ロイヤルズに来ても、選手一人一人とのコミュニケーションを大事にしている。押し付けでなく、対話によって活路を見出したい、どうしたら選手が心地よくプレーできるかいつも考えている、という。
 ヒルマン監督は、もともとそういう性格でもあるのだろうが、こういうやり方を、日本ハム時代に磨いたと思われる。というのは、ロイヤルズの監督に就任するについて、前日本ハムヘッドコーチの白井一幸氏を連れてきて、ロイヤルズ顧問としているからである。白井氏を連れてきたのは訳があって、ロイヤルズは観客動員数が少ないので資金が不足し、よって有名選手をスカウトできない。そこで、足でかき回す野球、すきあらば盗塁する野球、一点を守り抜く守備の野球を徹底した。まるで、日本の広島カープや高校野球を彷彿とさせる。そう、リソースが少ないとき、その方法しかないのである。すなわち、チームプレー、連携プレーの徹底である。結果、チームの守備の失策は、両リーグを通じて、最小となった。
 はっきり言って、大砲や超ド級のいないロイヤルズが、地区で優勝するのは難しいだろう。しかし、万年最下位から脱出して、ファンを沸かせればとりあえず成功である。このためにも、ヒルマン監督は、選手との対話、チームプレーの徹底を続けるはずであり、これが来年も続いてチームカラーとなれば、次第に上位が定着するだろう、今の楽天のように。
 何度も思うが、やはり、野球において、監督の采配や方針は業績に大きい影響を与える。会社やその他の組織でもそうであるに違いないが、いかんせん、野球ほどに個々人のパフォーマンスが明確に見えないのが、マネジャの能力を分かりにくくしている。

2008年5月 7日

特許工学

情報処理という雑誌の2008年4月号に、「特許工学」という論文があったので、興味深く拝見した。ある意味、私の専門分野と言ってよいからである。執筆しているのは、IRD国際特許事務所の谷川英和と、森本悟道という各々弁理士の方である。
 さて、この論文によれば、特許工学とは、特許ライフサイクルに情報学を適用した新しい研究領域であって、方法論と、ツールと、教育、という3つの側面からなる、という。
 方法論とは、例えば、非定形の発明アイデアをどう発掘し、権利化するかとか、それと研究方針との整合性をどうとるか、先行技術調査の結果でどう方針を転換するか、などである。ここには、特許マップを作成し、それに従い、戦略的に特許を出す分野を探ることも含まれる。
 一方ツールは、玩具のようなものであるとしても、実際に特許業務支援ツールを長年作成してきた私にとって、思い入れが深い。この論文で示唆されているツールとしては、下記のものがある。
 特許検索ツール、特許マップ作成支援ツール、特許分析ツール、発想支援ツール、発明支援ツール、明細書作成支援ツール、案件管理ツール、特許明細書分析ツール、特許明細書品質評価ツール、出願支援ツール、特許分析ツール、特許価値評価ツール。
 以下、私のコメントであるが、この中で、案件管理ツールは、実は、大手各社知的財産部の管理ノウハウが詰まっているところである。すなわち、発明提案、発明受領、発明評価、特許出願、審査請求管理、レビューフロー、中間処理管理、年金支払い・期限管理、などが統合的に組み込まれていて、企業知的財産部の担当者に聞いても、ここは話してくれない。
 出願支援ツール、特許分析ツール、特許価値評価ツールというのもその流れで、案件管理ツールの補助的なものとして位置づけられる。
 最近の新しい傾向として、特許明細書分析ツール、特許明細書品質評価ツールが研究され。いくつかのツールが提案されている。明細書の方式チェック、用語の統一性、特許請求の範囲の論理整合性をチェックする。
 特許明細書品質評価ツールは用語の一貫性及び適切なパラフレーズ、ページ数、クレーム数、などの点を評価パラメータとする。必要に応じて、自然言語構文解析の技術が使われる。ただ、何をもって特許明細書の品質とするかとても難しく、特許明細書品質評価ツールはまだプロトタイプに留まっている。
 戻って、教育であるが、特許業務のスキルというのは、担当分野の技術知識、発明者とのコミュニケーション、発明者からアイデアを引き出すスキル、発明を記述するスキル、特許調査スキル、明細書作成スキル、中間処理対応スキル、ライセンス交渉スキル、発明関係の契約書ドラフト・レビュースキル、などがある。
 一方で、IT的には、上記したツールの立案・コーディングスキル、管理システム運用スキルがあり、私の経験では実は、傍流と思われている後者のスキルの方が、難しい。きまった教科書がなく、また、特に期限管理・年金支払いなど、毛ほどのミスも許されない仕様だからである。この点、一円たりともミスが許されない銀行の預金管理システムと似ている。
 この論文では、教育として、特許明細書作成度成熟モデル提示するが、実は、特許明細書は技術分野が異なると、いきなり初心者レベルになってしまうので、なかなか難しい。この論文では触れていないが、ある分野の技術的知識をいかに身につけ、それを特許明細書にどう反映するかは、場合により、深刻な問題である。
 ということで、論文を紹介しつつ、私のコメントも盛り込んだが、いかんせん、特許工学は若い学問であり、まだまだ、うまく方法論が固まっていないと思う。だから私は、この論文の著者である弁理士や、私のように特許プロパーでやってきた者ではなくて、情報処理分野のエキスパートが、新鮮な目で、新しい情報処理の概念を特許工学に適用して、方法論を構築してほしいと思うものである。

みずほ証券 vs 東証

 2005年12月に、みずほ証券の担当者が、61万円1株の売り注文を間違えて、1円61万株と誤注文して、買い戻すため400億円の損失を出した件で、みずほ証券は、東証に対して、注文の取り消し処理をしなかったのは債務不履行だと、損害賠償を求める訴訟を、2006年12月に提起した。
 それに関して、当然に問題になるのは、東証に、明らかに間違いと思われる売買注文を取り消す義務があるかどうかである。
 先ず、みずほ証券の側に過失があったことは明らかである。
 しかし、みずほ証券が使っている株売買システム側でも、明らかに間違いと思われる株の注文を事前に検出できたはずで、そのようなルーチンを組み込んでいないのは、いかにもpoorである。100円以下の売り値に警告メッセージを出すなどの、とても簡単なロジックで済むはずであるから。
 逆に、東証の受注システムもまずい。異常な注文が来ることはありえるのだから、水際でトラップできなくてはおかしい。多数の注文が来るのは明らかなので、よほど異常なのだけをシステムが警告して差し止めさえすればよい。そこに当然に、システム管理者の関与は必要であろう。
 また、よく分からないのは、みずほ証券は、自らが使っている株式売買クライアント・システムのベンダを訴えないのだろうか。それとも、株式売買クライアント・システムなるものはなく、単に、普通のクライアントPCで、リモートにある東証の受注システムにログインするだけなのだろうか。もしそうなら、上記で、みずほ証券側の株売買システムと、東証側の受注システムが別個にあるという理解自体が正しくないことになる。
 ともかく、みずほ証券は、自らの誤発注に気づいて、直ちに取り消し注文をかけたが、おそらく東証の受注システムのバグで、取り消し注文は正しく処理されず、誤発注は処理されてしまった。
 こうして、双方に過失があるのだから、過失相殺ということになるのだろうが、既に損害を蒙ってしまったみずほ証券としては、なにほどか、東証から賠償してもらいたいところだろう。
 一方で感じるのは、とても簡単であれ業務システムを作った経験がある者として、あらゆる場合を想定して正しく動作するシステムを作ることの難しさである。そういう意味で、正しくロールバックできる機能だけは、必須であると感じる次第である。

2008年5月 8日

船場吉兆

 私が勤務している会社が、いまよりもずっと財務的に余裕があった10年以上も前のことだが、京都のヒルトンだったかで、米国から偉いマネジメントの人も招いて、セミナーと称して、催しを行ったことがあった。そのとき、たしか、「美濃吉」だったか、懐石料理のコースを会社の経費で食べることができ、大層うれしかった記憶がある。
 それで、今、福山市で「温石」という料理屋のオーナーをやっている弟は、当時、奈良の菊水楼で修行の身だった。そこで、何かの機会に、弟に、美濃吉で懐石料理のコースを食べた、と話したら、弟は、ああ、と言って、あそは、まあまあかもしれないが、関西では大したことはない、とコメントした。弟曰く、料理の修業の一環で、いろいろな料亭に食べにいくことがあり、よって、大体ランキングが頭に入っているのだそうだ。
 では、どこが一番かと聞くと、ほとんど迷うことなく、それは吉兆である、という。関西だけではなく、全国的にもぴか一である、と。そして、自分が勤めている菊水楼は、だいたい関西でナンバー3ではないか、と付け加えた。ただ、と弟が言うには、吉兆はナンバー1の名声に驕っているところがあるのではないか、だから、本当に一流の料理を出すところは、吉兆ではないかも、分からないけど、ということだった。
 そういう背景があって、吉兆の、昨年の「賞味期限ラベルの貼り替え」や、今回の、前のお客の「手つかずの料理の使いまわし」の事件を聞くと、ああ、弟が危惧していたナンバー1の驕りが深く静かに進行していたのだな、と今にして改めて感じる。
 「手つかずの料理の使いまわし」については、別の機会に弟と話したことがある。沢山の料理が出る懐石料理だと、明らかに手付かずのまま残る料理が結構あるよね、と弟に聞いたら、そりゃあそうだ、という。で、私は、素人考えで言った。そういう手付かずの料理なら、使いまわしても分からないよね。そう言ったら、温厚な弟がとても不機嫌になった。ばかなことを言うんじゃない、分かるとか分からないの問題ではない、そんなことをしたら料亭の品位がふっとぶ。座敷から引き上げた料理は、どんな状態にあっても、必ずずべてそのまま廃棄するものであって、もちろん、自分たちがまかないで食べまわすこともない、ときっぱり言った。
 だから、船場吉兆の料理使いまわしの件は、料理人の世界では、ほとんど野村證券のインサイダー取引並にあってはならないことのようなのである。ここで示唆的なのは、船場吉兆が料亭界のナンバー1の名声を誇ってきており、一方で、野村證券が証券界のナンバー1の名声を誇ってきたことである。よって、かなり明確に言えることは、船場吉兆は、大企業病に陥り、社長は下手な目先の利益に拘るために、使いまわしや賞味期限の偽装を指示した、ということである。考えてみると、料理の使いまわし、というのは、内部の料理人が告発しないと絶対に露見しない。よって、現役であれ、元従業員であれ、吉兆の従業員が、マスコミなどにリークしたに違いないと思われる。あるいは、大企業病と不透明あるいは不公平な人事はリンクしているので、人事的に冷遇された者による告発とみることもできる。
 ここまで名声が落ちた吉兆は、どうするのだろう。もともと料理というのは、野球や将棋などの勝負事のように、負けても再び勝ち続けることで、評価を短期間に回復できるようになっていない。だから、弟がいうように、食べ残しの使いまわしなど品位に悖る行為に異常に神経質になる。ナンバー1の名声に驕らないことは、あまりにも難しい。

特許庁の翻訳サイト

 意外に知られていないかもしれないが、特許庁のサイトから、任意の特許公報の全文の英訳が得られるので、そのアクセス方法を紹介する。それには先ず、このサイトにアクセスする。そして、例えば、 [Number Search]をクリックし、 [Publication number] ラジオボタンをクリックする。そして、2000-4627のように、公報番号を入れる。そして、[Detail]ボタンをクリックする。すると、リアルタイムで機械翻訳が行われ、英文があらわれる。下記に、もとの日本文と、結果の英文を対照してみる。
 下記の結果を見ると、次のことがいえる。
1. 特許請求の範囲は、全く用をなさない。よって、ここは、もし外国人に翻訳を依頼されたら、しかるべき他人に依頼するか、自分で作成するよりない。
2. 本文は、ぎりぎり意味がとれる程度か。部分的には、まあまあの訳と思える箇所もある。
 ということで、特に特許の文章に特化した機械翻訳システムでもないようである。



特開2007-4627:
【特許請求の範囲】
【請求項1】
特定の階層構造を有する複数のタグセットによりそれぞれ記述された部分文書からなる文書を処理する文書処理装置であって、
前記部分文書のそれぞれを処理する複数の処理系と、
前記部分文書のそれぞれに対して、前記部分文書を表示する文書表示領域を割り当て、前記文書表示領域に、対応する部分文書を表示して、ユーザによる前記部分文書の編集を受け付ける編集部と、
を備えることを特徴とする文書処理装置。

[Claim 1]
It is a document processing device which processes a document which consists of a partial document described by two or more tag sets which have a specific layered structure, respectively,
Two or more processors which process each of said partial document,
The editorial department which assigns a document display field which displays said partial document to each of said partial document, displays a partial document corresponding to said document display field, and receives edit of said partial document by a user,
A document processing device characterized by preparation

【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
この発明は、データ処理技術に関し、とくに、複数の文書からなるデータを処理する文書処理装置に関する。
[0001]
This invention relates to the document processing device which processes the data which consists of two or more documents especially about data processing technology.

【背景技術】
【0002】
近年、コンピュータの普及とネットワーク技術の進展に伴い、ネットワークを介した電子情報の交換が盛んになっている。これにより、従来においては紙ベースで行われていた事務処理の多くが、ネットワークベースの処理に置き換えられつつある。
[0002]
In recent years, exchange of the electronic intelligence through a network prospers with the spread of computers, and progress of network technology. Thereby, many of paperwork currently performed in the former in the paper basis is being transposed to processing of a network base.

【0003】
企業においても、個人の知識や情報を組織全体で活用する、いわゆるナレッジマネジメントが、重要な経営手法となってきている。多くの企業においては、社内にデータベースシステムを有し、従業員からの情報を電子ファイル化して蓄積する。その一方で、従業員も、この社内データベースに蓄積されたファイルにネットワークを介してアクセスする。これによって、組織全体としての業務効率の向上が図られる。
[0003]
Also in a company, what is called knowledge management that utilizes individual knowledge and information in the whole organization is becoming important business modality. In many companies, it has database system in the company, and the information from an employee is electronic-file-ized and is accumulated. On the other hand, employees also access the file accumulated in this in-company database via a network. Improvement in the operating efficiency as the whole organization is achieved by this.

【0004】
この社内データベースに蓄積されるファイルの多くは、HTML(Hyper Text Markup Language)とよばれる言語によって作成されている。また、近年においては、XML(eXtensible Markup Language)とよばれる言語を用いて、これらのファイルが作成される例も多くなってきている。
[0004]
Many of files accumulated in this in-company database are created by the language called HTML (Hyper Text Markup Language). In recent years, the example by which these files are created is also increasing using the language called XML (eXtensible Markup Language).

2008年5月 9日

藤岡藤巻

 このブログにコメント戴いている数少ない奇特な方である、綾椎菜さんから、藤岡藤巻を紹介戴いた。これがまた、泣けてくるほど絶妙なのである。おやじソングの真骨頂と入ってよい。
YouTubeに入って、「藤岡藤巻」と入れて、コンテンツを検索してみよう。すると、
「オヤジの心に灯った小さな火」
「息子よ」
「FujiokaFujimaki01」
 の3つがヒットするはずである。「オヤジの心に灯った小さな火」は、おやじにありがちな哀しい錯覚の歌、「息子よ」は、人生の真実を切々と説く、「FujiokaFujimaki01」は、リモコンされている亭主の、これまた切ない歌。
 世の中に、オヤジは五万、いや、500万もいるのに、どうしていままで、オヤジの心をきちんと歌にしてくれる人がいなかったのだろう、不思議でならない。
WikiPediaでみると、藤岡藤巻は、元まりちゃんずとある。ええと、まりちゃんずというと、確か、大学ノートの裏表紙にさなえちゃんを書いたの♪の「さなえちゃん」を歌っていたような気がしたが、ああ、こちらは「古井戸」だった。「さなえちゃん」という好きな女がいたので、つい思い出が。
 まりちゃんずというと、ひがみブルースであった。ひがみブルース~~、俺達が、なんでこんな歌なんで歌っているか、わかる? という歌詞だった、確か。あの状態から、よくぞオヤジ歌謡に進化したものだ。なに? オヤジは、進化の果てではない?そう、妥協のなれの果てなのであった。

印刷プログラミング

 プログラマでもないのに、とても卑近な業務用アプリを書き続けてもう20年以上にもなる。それで、業務用アプリともなると、どうしても帳票など、印刷する機能が必須である。
 そこで、最早化石のような、昔書いたアプリのソースコードを一部をここに引用してみる。returnでなく、exit()を使っているあたりにオールド・ファッションが漂っている。

if ((pr1=fopen("prn","wt"))==NULL) exit(1); /* file open */
/* printer status set */
fprintf(pr1,"\x1b\x7e\x01%c%c",0,0); /* printer initialize */
fprintf(pr1,"\x1b\x7e\x02%c%c%c",0,1,0x3c); /* char pitch = 6 */
fprintf(pr1,"\x1b\x7e\x03%c%c%c",0,1,0x4b); /* line pitch = 7.5 */
fprintf(pr1,"\x1b\x7e\x0e%c\x01\x17",0); /* bold on */
#if defined(P4118)
fprintf(pr1,"\x1b\x7e\x37%c\x01\x05",0); /* set gothic 32 for 4421 */
#endif

 このように、昔の印刷プログラミングでは、先ず、fopen()で、プリンタ・デバイスをオープンし、それから、0x1bで始まる特殊な文字列を、プリンタに対して送る必要があった。0x1bは、キーボードのエスケープキーのスキャン・コードに対応するので、このようなプリンタ制御用の文字列は、エスケープ・シーケンスと呼ばれた。
 このエスケープ・シーケンスというのが、下記の点でとても面倒であった。
(1) まず、デバイス依存性が高いこと。上記のエスケープ・シーケンスは、IBMのプリンタ用であるが、これをNECのプリンタ用に書き直そうとして、一苦労したことがあった。機種に適合しないエスケープ・シーケンスを流すと、紙が排出されまくったりして、多くの場合、悲惨なことになる。
(2) 通常のガイドに必ずしも書かれていないこと。普通のエンドユーザは、エスケープ・シーケンスを流してプリンタを制御することなんてしないので、普通のマニュアルには載っていないことが多い。よって、別途高い金で、専用のテクニカル・リファレンスを買う必要があった。
(3) とても非自明であること。例えば、
fprintf(pr1,"\x1b\x7e\x02%c%c%c",0,1,0x3c); /* char pitch = 6 */
 を見ると分かるように、ほとんどマシン語と変わらない、単なる記号列である。
(4) ストリーム・シーケンスであること。
 すなわち、ページという概念がなく、ひたすら、一文字一文字、印刷文字列や制御文字列を流すしかない。よって、ページの末尾にフッタを印刷しようとすると、数を数えて改行コードを送出する必要があったりした。
 このような苦労は、Win32 APIの下では、解消された(それはいかなる意味でも、Win32 APIが扱いやすいと言ってない)。
 Win32 APIの下では、プリンタは、ページという概念をもつ。そして、ページ・バッファの任意の座標に、ビットマップや文字列を書きこんで、ページ単位で、出力デバイスのプリンタに書き込む、ということである。ディスプレイに書き込むのとプログラムの文脈では、何も変わらない。こういう概念だと、原則的に、デバイス依存性はない。もちろん、キャノンであったり、エプソンであったり、HPであったりと、プリンタのドライバはそれぞれ異なるが、そういう差異はドライバ側が吸収してカプセル化している。
 こうして、Win32 API側では、プリンタ・ドライバを初期化するDocumentProperties()や、プリンタ・ドライバの能力を取得するDeviceCapabilities()などのAPI関数を使って、印刷を制御する。
 私がプログラミングに使っているBorland C++ Builderでは、さらにカプセル化されていて、印刷指示に、Win32 API関数を直接呼び出す必要はない。例えば、下記のとおりである。これは、基本的に、デバイス依存性なく動く。ただ、解像度の点は考慮が必要で、それを考えないと、マージンがずれたりする。よって、事前にプリンタの解像度を取得して、パラメータを予め調整しておく必要はある。

Printer()->Canvas->Font->Style.Clear();
fn = Printer()->Canvas->Font->Style;
Printer()->Canvas->Font->Name = "MS 明朝";

for ( b = 0; b < N; b++ ) {
rewind(fi);
Page = P;
Printer()->BeginDoc();
Printer()->Canvas->Font->Style.Clear();
vpit = Printer()->PageHeight / 30 - 10;
Printer()->Canvas->Font->Size = 12;
lpit = 65; // 全角ピッチ
lfpit = Printer()->Canvas->TextWidth("W"); // 半角ピッチ
.....
Printer()->Canvas->TextOut(xpos,ypos + Ybase,XChar); // 文字列の印刷

}

胡錦濤、只者ではない

 ニュースによると、来日中の中国の胡錦濤国家主席は、早稲田大で講演し、日中間の「戦略的互恵関係」発展へ強い決意を表明した。なぜ、一私大である早稲田大でなのか、分からないが、今の状況で、どうしても厳重なセキュリティ管理が難しい大学で講演、というのは、勇気ある行動であると思う。SPも、気が気でなかったと思うが。それで、フリーチベットなどと叫ぶ輩も当然にいたが、旗を振ったくらいで平和気取りしても仕方ないでしょ、といいたい。それよりも、最高学府の学生なのだから、きちんと歴史を勉強して、中国がチベットを弾圧した理由(私も、まだよく理解していないが)、それに対するチベットの対応、欧米の思惑などを自分なりに考えてほしい。私は決して中国のチベット弾圧を是認するものではない。しかし、昨今の日中関係の重要性にも配慮してほしい。今ただ旗を振るだけでは、本当に単に自己満足にしかならない。
 胡錦濤はさらに、奈良に向かって、いくつかの古くからの寺院を訪ねるという。チベットの関連で、胡錦濤の受け入れに難色を示す僧の方もいらっしゃったと聞いたが、そういう狭量さは、仏教本来の趣旨ではなかろう。偏見であるが、最澄の伝記を読んで、私は奈良仏教の官僚主義化を知り、落胆した。ここはなんとか、きちんとした対応で、奈良仏教健在を示してほしい。
 かくのごとく、胡錦濤は、来日して敢えて火中の栗を拾うようなところに訪問して(流石に、善光寺には行かないようだが)、きちんと存在感を示そうとしている。立派だと思う。これなら、ロシアのプーチンにも対抗できそうである。そこいくと、アメリカの民主党で足の引っ張り合いをしているオバマとヒラリーがなんとなく小ぶりに見えてくる。単に、きっと大統領選前で、余裕がないからだろう。そう思いたい。

2008年5月10日

文化庁

 最近、文化庁が、iPod、HDD付きビデオレコーダなど、コンテンツの記録保存機能をもつデバイスに、私的録音録画補償と称して課金することを検討している、として物議をかもしているが、では、文化庁とは何か、ということで、そのホームページを見ると、その担当範囲は、芸術文化、文化財、著作権、国際文化交流、国語施策、日本語教育、宗教法人と宗教行政、文化ボランティア、美術館と歴史博物館、とある。
 その組織をみると、長官、次官の下に、長官官房、文化部、文化財部の3つ大きい組織があって、文化部の下には芸術文化課、国際課、宗教を担当する宗務課がある。
 文化財部の下には、伝統文化課、美術学芸課、記念物課がある。
 長官官房の下には、政策課、著作権課、国際課がある。
 また、独立行政法人として、国立国語研究所、国立美術館、国立博物館などを抱える。
 このような組織をよく見ると、著作権課だけが異色なのである。いや、異色になった、というべきか。著作権法の第1条をみると、「この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作物の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。」とある。
 もともとは、著作権の保護する対象は、個人の文藝作家、音楽家、実演家の保護であったはずで、すると、「著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与する」という意図によく適合する。
 ところが、昭和60年(1985年)に、コンピュータ・プログラムが著作権の保護対象となって、著作権の保護対象としては、軋み始めた。というのは、コンピュータ・プログラムというのは、どうしても大規模なものになりがちで、著作権法第15条によって、別段の取り決めがない限り、法人に勤める従業員が業務で書いたプログラムは、法人に属するからである。すると、文化庁は、企業が自社の利益のために行使する権利を保護することになって、個人の文藝作家、音楽家、実演家の保護とは大いに質感が異なってくる。このような権利は寧ろ、特許法などの経済法に類似する性質のもので、最早経済産業省の管轄に移すべきであろう。
 さらに別の側面として、昨今のインターネットや携帯の隆盛がある。このような環境では、コンテンツのやりとり、改変が頻繁化し、著作権法を文字どおり適用すると、インターネットや通信を介した日常的なやりとりを阻害することもある。このあたりは、かなり、総務省とかぶる。
 このような状況で、文化庁は、一貫して著作者、著作権者保護の姿勢を貫いてきた。もともとそういう趣旨の部署であり、またその趣旨に沿って施策を通すことが、自庁の権益の拡大にもつながるからである。
 しかし、ここでも、部分的な狭い最適解が解かれている。いまや、オープンソース、クリエイティブ・コモンズなど、全体の利益のために、著作権の権利行使を留保するのが趨勢となっている。
 では、部分最適解を、全体の大域的な解で置き換えるには、どうすればいいか。まず、文化庁自体に意識改革を迫ることは、基本的に困難である。
 それでは、著作権法の産業保護法的側面の管轄を、総務省と経済産業省に移すのはどうか。それも、文化庁自身が、強行に反対するであろう。すると、今の日本では、超省庁的な調整を行う組織は、少なくとも実質的にはないので、ここで頓挫してしまう。
 すると、高橋洋一氏が関与したような試みが、文化庁に対してとられるよりないのか。
 ああそうであった。著作権法の昭和60年の改正で、コンピュータ・プログラムが著作権法で保護されるようになったのは、米国政府からの圧力によるところが大きいのであった。すると、今回も、有力な外国である米国政府からの圧力を期待するのはどうか、ということになるが、今の米国にあって、私的録音録画補償、ネット上での著作権の扱いに対して、現行の日本の著作権法に対する統一した見解での問題点指摘というのは、あまり聞かない。よって、このままだと文化庁の施策が完全に時代遅れになって、仕方なく方針転換が行われるのを待つよりないのだろうか。

名人戦第3局

 一時は森内の防衛を予想したのだが、最近の調子を見ていると、羽生と森内では、あまりに調子の差がありすぎる。例えば、羽生はいつもどうり淡々と勝っているが、森内はというと、ほとんど棋歴を終わりかかっている中原に負け、また、阿久津にも負けた。特に好調でもなくとも、普通の森内なら、少なくともどちらかは勝っているはずである。そんな状況で、一勝一敗で、名人戦第3局を迎えた。森内の先番で、戦型は、不定型の相懸り。私は、相懸りはよく分からないが、昔並べていた、戦前の棋譜みたいではある。
 第一日目の指しかけで、既に、森内の作戦勝ちのようである。というのは、先手はいくらでも自然な手があるのに、後手は進展性に乏しい。また、先手は歩得である。
 先手は、76銀、67金左、78玉と、どんどん陣形を固めていく。入玉も狙えそうである。ついに79手目の74歩で先手が桂得になった。はっきり先手優勢。取られた飛車を打ち下ろされて、銀で飛車を捕獲しようとした141手目の98銀が敗着か。もともと一方的な入玉型だったので、最後は見かけ上、大差だった。私と比較するのはおこがましいが、このような負け方は、自分が不調のときよくやるパターンである。すなわち、序盤で優勢を築いても、一穴の隙から次第にほころび始め、最後はどうしようもなくなっている。
 こうして、私の戦前の予想に反して、森内防衛が怪しくなってきた。
 その最大の理由は、森内が、予想以上に不調であることである。もともと、森内の将棋は、緻密な読みでぎりぎりのところを凌ぐものなので、読みが狂うと瓦解してしまう。
 次の理由は、羽生がうまく森内の事前研究を外すというか、研究の利かない不定形にもちこんでいる。すると、中終盤の力の差がじわりと発揮される。以前の羽生は、流行形にあえて持ち込んで、タイトル戦でそこでの結論を出そうとしていた。いわば、ライブ研究室である。ところが、どうも今回の羽生は、流行形の疑問はどうでもよく、とりあえず勝ちにいくことに徹している。羽生も人の子、19世名人がほしい、とみた。

聖徳太子は実在したか

 知人に紹介された、鯨統一郎の、いわば仮想歴史小説で、「聖徳太子は実在しない」みたいな話があったが、あれはあくまでも仮想話なので、そういう論理展開もあるか、と横目で眺めていればよかった。
 ところが、谷沢永一というまともな学者が「聖徳太子はいなかった」新潮新書を書いたとなると、いよいよ分からなくなってきた。特にその本のあとがきには、「聖徳太子がいなかったことは、とっくに学界の常識になっている。」とある。ええっ、そうなのか、すると中学や高校の歴史の教科書も書き直されなくてはならないが。
 谷沢氏が、聖徳太子はいなかったという根拠は、聖徳太子の実在が、日本書紀の推古天皇の記述に拠っており、ところが、その記述も含め、日本書紀にはとても怪しい箇所が多い、ということである。
 谷沢氏はまた、壬申の乱にも言及する。すなわち、壬申の乱とは、672年に、天智天皇の太子大友皇子に対して、皇弟大海人皇子が叛旗をひるがえし、結局反乱軍が勝利を収め、大海人皇子が結局天武天皇になった、という事件であるが、こういう形で皇位を得ると、天武天皇は、正統性に疑問をもたれる、という懼れにずっと囚われることになる。そこで、自らの正統性を文書を以って裏付けるために、天武天皇は、歴史書の編纂を命じた。それがまさに、日本書紀だった、ということである。正統性を素直に読み解くと、それはもしかして、大友皇子の方かもしれない。そうなっては困る。だから、日本書紀は、事実の捏造に満ちている。これが谷沢氏の解釈である。だから、聖徳太子なる人物も、天武天皇とその子孫の正統性をサポートするために、偽造された、という次第である。
 そういう目で見ると、歴史に知られる聖徳太子は、あまりにスーパーマンなのである。すなわち、冠位十二階を定め、十七条憲法を制定し、仏教の造詣がとても深くて三経義疏を著し、摂津国難波に四天王寺を建立し、斑鳩宮を造営し、新羅征討の軍を二度までも起こした。これらのことが一人の人の発案と指揮でなしえたとは到底信じられない。そもそも、10人から一斉に相談を受け、それらのすべてを理解しおのおのに適切なアドバイスをした、というくらいであるから。これらのことが、聖徳太子とは別の人物によって個別になされ、また、あるものは事実でなかったと考えると納得がいく。
 続いて、谷沢氏は、大山誠一氏の著作を引いて、聖徳太子の存在の怪しさを浮き彫りにしていく。また、岩波の日本思想体系の聖徳太子の巻を引きつつ、著作の根拠の怪しさを指摘していく。
 つまるところ、聖徳太子の怪しさとは、その業績、著作の根拠の薄さである。そうでないと、日本書紀の成立性だけから、聖徳太子の存在を疑うことはできない。ともかく、大山誠一氏の著作等を参考にしつつ、別途もう少し考えてみることにする。

2008年5月11日

チベット仏教

 単なる思い込みで、チベットは、インドから純粋なかたちで仏教を受継したと思っていた。しかし、手許の「世界の宗教を読む事典」ポール・オリバー著、講談社現代新書によると、どうもそうでないようである。チベットにはもともと、ボン教と呼ばれる、自然崇拝を主とした固有の宗教が存在していた。
 ところが、640年頃、チベット王国の王位に就いたソンツェン・ガンボは、チベットを統一してラサを首都とした。そして、ネパールのブリクティや唐の文成公主を妻にして、仏教や中国文化を取り入れた。また、サンスクリットをベースとしてチベット文字を制定した。取り入れた仏教は、土着のボン教と融合して、独特のチベット仏教になった。また、中国文化を取り入れたという事実は、この頃から、中国との関連をルーツにもった、ということになる。
 チベット仏教は、ボン教のみならず、ヒンズー教やタントリズムを取り入れ、故に独自の密教的な性質をもつ。
 もとの仏教にはない、チベット仏教の特質は、転生をあからさまに宣言することである。すなわち、チベット仏教の最高峰はダライ・ラマであるが、ダライ・ラマ自身が、前世のダライ・ラマの転生というかたちで、継承される。こうこう継承の仕方は、まさにチベット独自ではなかろうか。
 ところが、最高位をダライ・ラマとしつつも、チベット仏教は、並列的な宗教的偉人の存在を認める。そのような偉人の一人にミラレバがいる。ミラレバは、1040年に生まれ、幼くして父を亡くし、叔父に財産を奪われて、極貧の生活だったが、呪術を習得して、叔父を絶滅させた。しかし、そのことを後悔し、転生活仏とよばれるマルバのもので修行して、秘儀を習得した。
 転生活仏という意味では、昨日の新聞に、チベットから亡命した、カルマバ17世のことが書かれていた。カルマバは、チベットのカギュ派に属し、四大宗派のうちの最古である。カルマバもやはり、ダライ・ラマと同様に、転生によって決められる。ダライ・ラマ自身が14世で、カルマバが17世となると、カルマバの方がダライ・ラマよりも古い、ということがあり得る。それとも、ダライ・ラマの方が、次の転生までの周期が長いのだろうか。そのカルマバ17世の発言で、「チベットでは中国当局が厳しい監視体制を敷いている。どうやって少数派のチベット人が暴力的な活動を起こせるというのか。」と反論するものがあった。実際、今朝のテレビで、チベット自治区近郊の都市での暴動の有様を隠し撮りする日本のテレビ記者の報道があったが、実際、市内には中国の軍隊や警察が溢れ、市民は一見平穏だが、記者が暴動のことを聞くと、口を閉ざして一切語ろうとしない。
 さて、チベット仏教は、転生と密教色濃い、とても精神性の高い宗教であり、それゆえに、中国に最大に警戒され、弾圧されているのであろう。特に、ダライ・ラマという最高位を明確にもち、このことが中国共産党の位階と全く相容れない、ということなのかもしれない。

グーグルに淘汰されない知的生産術

 梅田望夫氏が、そのプログに、「グーグルに淘汰されない知的生産術」として、とても意義深い提案をされている。著作権の関係もあってここに全文を引けないので、詳しくは、上記リンクを参照して戴きたい。
 私なりに上記の内容を要約してみると、すなわち、単にグーグルで検索するというだけでは、付加価値を出せなくて、淘汰されてしまう。それで、どうやって、グーグルを活用しつつ、知的生産を行うか、ということを梅田氏は述べている。
 その最初は、細かい粒度でグーグルから要約を取り出す、ということである。言い換えると、情報のキモを書き出すこと。そうして取り出したキモを並べて、自分のマップを作る。なるほど、そこに知的な選別作業が入るので、これは独自の編集ということになる。
 梅田氏は、本に対しても同様の作業を行う、という。
 そういう密度の高い作業をしていくと、結局時間密度の勝負になる、と梅田氏は主張する。うん、それも納得。
 自分を省みると私もいろいろとウェブや本を流し読みしているが、どうも、梅田氏ほどは組織的ではない。そこは、プロである梅田氏と、アマである私の違いか。
 梅田氏は、英語、日本語あわせて、年間1000冊本を買うという。これは、元日本のマイクロソフト社長、成毛 眞について書いた記事と、ほぼ符合する。すると、生身の人間が買って目を通す本の数として、これが上限かもしれない。それだけ買うと、一冊5分で終わる読書もあるという。中身のテーマを確認するだけだったりすもからだそうである。納得。しかし、年間1000冊も買うと、ほとんど年間の本代が200万円程度にもなる。これは、並みのサラリーマンでは無理で、そもそも保管にも困る。
 梅田氏の話に戻って、結局、自分で考える時間が重要ということは改めて感じる。表面的な内容なら、グーグルで検索して切り貼りして終わる。しかし、そこに独自のオリジナルな思考、組み合わせ方は必要で、さもなくば、他人が読むに値しない。
 ただ、梅田氏が、いまや大学に属するよりも時間をかけることの方が大事というのは、かなり留保つきでやっと賛成する。というのは、梅田氏のような方法でうまくいくためには、基礎学力と暗黙知が十分に蓄積されていなくてはならないからである。ここで言う基礎学力とは、語学力、数学の計算、法律知識などである。そういう基礎学力と暗黙知の養成場所として、物理的に出席する大学などの学校の意味はまだ、大きいと思う。私が会社に行くのも、いろいろな人と議論して示唆や刺激を得るためなのだから。刺激という意味では、心地よいものだけではないが、それもまた意味がある。
 また、本質的にアートは、検索エンジン+書斎には向かない。例えば、車の設計、絵を描くこと、料理、など。あまりにも当然である。
 実は、私は、その傾向だけなら、梅田氏に匹敵するほどの相当の書斎派であるが、それでも、ずっと部屋に籠もっていると、何か大事なものが放電されて、次第にやせ細っているのではないか、と危惧することがある。だから、今は会社に行くことで、そこをなんとかバランスを保っている。定年になるとそこが崩れるのが怖い。なんとか対策をたてておかなくては。
 ともかく、梅田氏が改めて念押ししてくれたのは、ブログなど書くことの意味で、この私の拙いプログも誰のためでもない、自分の修行のために書いているのだ、と自分を納得させることにした。

2008年5月12日

国境なき・・・

 今まで、国境なき医師団と、国境なき記者団があるのを知ったが、それでは、こういうのはどうか、というのを私なりに考えてみた。

- 国境なき技師団:これは、なんなんだろう、世界の壊れた橋を修理して廻るのだろうか。すると、その費用は? そうか、ある国から依頼されて、世界のエキスパートが集結するのだ、と考えればよい。

- 国境なき棋士団:これは、壮大なる賭けチェス、賭け碁のネットワークである。国家紛争の問題を、それぞれの国が選んだチェスの代表選手が戦って、決めるらしい。ほんまかいな。

- 国境なき弁護団:三浦被告を弁護するために、世界中から各国の弁護士がロサンゼルスに終結しているらしい、なんてことがある訳ない。

- 国境なき消防団:カリフォルニアの山火事を、いろいろな国から消しに行く、というのは考えにくいが、サイクロンの被害を助けるために、ミャンマーに各国から集まるのは、ありである。

- 国境なき清掃団:これって、エベレスト清掃登山の野口さん一行か?

- 国境なき探偵団:はいはい、よい子は早くお国に帰りな。おとうさん、おかあさんが心配してるよ。

- 国境なき密使団:自分たちは密かに行動しているつもりでも、CIAやM16には、ばればれだったりして。でも、人畜無害なので、放置されている。

- 国境なき無視団:世間のすべてのことを無視して超然としているグループらしいが、なによりも世間から無視されていて、誰も気づかない。

- 国境なき香具師団:聞くからにあやしいグループであるが、なんでも、みんな、腹巻をして鉢巻きを締めているという。特に、中東出身で、長い髭をたくわえ、アフガニスタン奥地の名産を、浅草で売っている男がいたそうな。誰かが、オサマ・ビン・ラディン?と聞いたら、にっこり笑って、何も答えなかったという。

2008年5月13日

利益相反

 少し前の記事であるが、タミフルに関して、厚生労働省研究班だった横田俊平横浜市大教授ら三人が、自分の研究室に、タミフルを輸入販売する中外製薬から多額の奨学寄附金を受けていた、ということが分かったそうである。そこで、厚生労働省は、横田教授の研究室を、タミフルの研究班から外した。確かに、これでは、公正な研究ができるはずはない。
 このような案件で、米国で先例になっているのは、ゲルシンガー事件である。すなわち、ゲルシンガーさんが、実験的遺伝子治療を受けていて、重い感染症で亡くなった、という事件であるが、そもそも動物実験で、この実験的遺伝子治療には問題があることが明らかになっていた。ところが、ゲルシンガーさん治療を受けたペンシルバニア大が実は、この治療を研究しているあるベンチャー企業から資金を供与されていた、ということが分かった、というものである。
 日本のルールでは、このような研究に対して、研究者あたり100万円超、研究室あたり200万円超だと厚生労働省に対して報告義務があり、それに違反したことがばれると、研究中止の命令を受ける、という。
 しかし、あくまでも自主的な報告であって、厚生労働省が独自に捜査する訳でもないので、そのような利益を受けていることは非常に分かりにくい。もし分かるとすると、研究室のメンバーからの内部告発しかないのではないだろうか。すなわち、研究室の中には相対的に優遇されていて将来を嘱望されている者と、冷遇されて阻害されている者がいるので、後者が内部告発をあえてする、ということはありえる。
 また、製薬会社が利益企業であり、開発した薬剤に関して、どこかの大学医学部・薬学部から実験データを得ることが必須であるとき、利益供与を起こさないということは、ほとんど考えられないのではないか。というのは、厚生労働省の認可を通したい製薬会社と、研究資金がほしい大学の利害がまさに一致するからである。魚心あれば水心、である。
 さらに、金銭の授受に限る報告義務というのも、片手落ちである。というのは、製薬会社へのポスト提供など、いろいろな利益提供形態が考えられるからである。
 こういう利益供与の分野は、医学や薬学に限られない。典型的には、地球温暖化を研究する研究者に対する優遇措置がある。気象学者や地球物理学者、地球化学者で、反地球温暖化論者は、確かな科学的根拠があっても、なかなか研究費を得にくくなっている。また、有名大学のポストも得にくい。
 もっと一般に言うと、池田信夫氏も指摘する御用学者の存在がある。政府の施策に追従して、それを是認する理論を述べて地位が安泰であるなら、こんな楽なことはない。いや、理論づけさえも必要ない。ただ、黙って審議会に出ていれば、なにほどかの謝礼がもらえる。そこを、○○大学教授の地位が権威付けする。まあ、そういう御用学者の席に就くまでが大変かもしれないが。
 そう考えていると、いまの時代に学問的良心などと言っているのが時代遅れなのかもしれない。特に私のような一庶民は、このような負け犬の遠吠えのようなブログを書くのが関の山である。

笑いと医療

 中央群馬脳神経外科病院の脳神経外科理事長・中島英雄医師は、子供の頃落語家の修行をしたことがあり、落語家・桂前治の名ももつ。そこで、医療に積極的に笑いを取り入れる工夫をしている、という。そのため、患者を集めて落語を披露したり、普段の治療でも冗談をよくいって、和やかな雰囲気を出している。
 中島医師が言うには、人は笑うことにより脳内麻薬効果を発揮するという。すなわち、人は不安になると、脳下垂体からアドレナリンとノルアドレナリンが分泌され、交感神経に働きかけ血圧をあげる。いわゆる、臨戦態勢である。ところが、人は笑うことで、βエンドルフィンが脳から分泌され、これらがアドレナリンとノルアドレナリンの毒性を中和する、という。
 また、笑いの中には免疫効果もあるという。どんな人でも、人体中で、癌細胞が日々作り出されているが、これは、ナチュラルキラー細胞によって駆除されている。しかし、免疫が低下して、ナチュラルキラー細胞の作用が低下する、発癌しやすくなる。ところが、笑うと、脳で善玉ペプチドが作り出され、これは、血液に乗って前身に運ばれ、ナチュラルキラー細胞の働きを活性化させる。実際、末期癌であと数ヶ月と医師に宣告され、寄席に通ったりすることでかなり延命した、という話を聞いたことがある。
 これに便乗して、という言い方はよくないが、ヒューマンヘルス研究会代表・神原泰三さん(笑い学会会員)は、「あっはっは体操」、「いっひっひ体操」、「えっへっへ体操」などを考案した。
 また、民間資格であるが、笑い療法士という資格があって、介護老人福祉施設などを訪問して、笑いを広げる、という。ここまでくると、そういう施設を訪れるお笑い芸人と何が違うのだろうと思うが、お笑い芸人はもともと、劇場やテレビで芸をするのが本旨で、ほんのスケジュールの合間にそういう施設を訪れるだけである。だから、施設専門のお笑い士と考えればよい、ということになるが、問題は、果たして、そんなに面白いのか、ということである。私の勝手な判断では、老人福祉施設で最高に受ける芸人は、綾小路きみまろであろう。すると、どこまで、あのレベルに迫れるか、である。すると、そもそも笑い療法士になるには、ある程度の才能が必要である。判で押したような石部金吉ではどんなに頑張っても無理である。また、医療目的ではあれ、笑わせる、ということは、吉本の芸能学院的な修行を要するであろう。
 ともかく、人間は、笑いが健康に、いや人生に本質的であることをよく知っており、ゆえに、お笑い芸人は重宝される。努力もさることながら、基本的に才能の世界だからである。しかし、今のお笑いブームは過剰である。かたや、硫化水素自殺が続々と出てくるのも実に面妖な世の中である。サブプライム巨大損失といい、世の中は極端から極端に大車輪で廻ってはいないか。ということで、笑いと医療という本来のテーマからすっかり発散してしまった次第である。

2008年5月14日

四川大地震

 最近中国で起きた四川大地震は、1万人を超える犠牲者となった。まだ2万人以上が生き埋めになっているというから、まだまだ犠牲者の数は増えると予想される。倒壊家屋は346万戸以上というから、地震の規模もさることながら、脆弱な建造物がこのような被害の大きな原因になっていることが明らかである。地震国、日本のような厳しい建築基準が適用されていれば、もしかしたら、死者を10分の1に抑えることができたかもしれない。中国では、1976年に約24万人が犠牲となった河北省・唐山地震が最大の被害である。これとの被害者数も、もしかしたら、かなりの程度建造物の強度に帰することができるかもしれない。
 ところで、中国広東省の日刊紙・南方都市報は13日、四川省アバ・チベット族チャン族自治州で今月初め「近く大地震が起きる」とのうわさが流れたが、地元当局がこれを否定し、省政府の公式ウェブサイトで「誤った地震のうわさを鎮めることに成功した」と宣伝していたと伝えた。もしこれが本当なら、地震の予知していた、預言者がチベット族の自治州にいた、ということになり、チベット仏教の人々は、密かに色めきたつであろう。
 もともと仏教は、呪術は含まない。しかし、オブジェクト指向言語における仮想クラスに倣って、私は仏教を、仮想宗教と呼びたい。というのは、仏教は、無色透明で、どのような土着の宗教とも容易に融和してしまう。だから、仏教の名の下の宗教弾圧など聞いたことがない。仏教は、日本に入って、土着の神道と容易に融合し、神道とは少し違う、独特の日本仏教となった。しかし、神道の性質を受継し、中世日本では、国家鎮護の祈祷を執り行う儀式をなんと、神道の神官ではなく、僧侶が担った。日蓮の伝記を読むと、日蓮が祈祷したご利益により、神風が吹いて蒙古来襲軍を海に沈めた、とある。
 このような鎮護祈祷の作用を、チベット仏教も担うのでは、と考えるのは自然である。だから、密かに中国に災いあれかし、と祈祷するチベット仏教は何人もいただろうし、その結果地震が起きたと考えることはあまりにも科学的妥当性は欠くにしても、ダライラマの、この大地震の被害を聞いての心中は、複雑であろう。
 それにしても中国は、北京オリンピックを前に相次ぐ災難である。ギョーザ中毒事件、3月の大寒波、チベット騒動、聖火妨害騒ぎ、列車事故、などなど。自然災害は仕方がないが、北京オリンピックのためにインフラ的に相当無理をしているとも見て取れる。そのため、先日来日した胡錦濤主席は、中国の主席としてはかつてないほど、懸命に友好ムードを醸していた。
 私は大東亜共栄などというアナクロなことをいうつもりはない。しかし、遠くの大国もさることながら、近くの大国とうまく付き合うことでしか、日本の活路はないと思う。さまざまな災厄にも拘わらず、北京オリンピックが成功裡に終わるように願っている。

反則負け

 産経新聞の将棋サイトによると、羽生善治王座・王将(37)が11日夜に行われた第2回大和証券杯ネット将棋・最強戦1回戦で操作ミスによる時間切れとなり、公式戦初の反則負けを喫したという。羽生は東京都内の将棋会館、相手の渡辺明竜王は東京都内の自宅でパソコンを使い対局し、羽生は中盤にマウスを操作して着手しようとしたが、制限時間の30秒を超え、反則負けになったという。
 これを見て思ったのは、羽生は、今まで反則負けが一度もなかったのか、すごい、ということである。
 将棋の反則負けで一番多いのは、二歩である。その次は、二手指し、すなわち自分の手番でないのに指す。他には、行けない場所に駒がいく、典型的には違う筋に角が進む、成れない場所に成る、王手の千日手を三回以上繰り返す。これでほとんど尽きているのではなかろうか。あと、あり得るのは、手が触れるなどして落ちた駒を持ち駒として使うことであるが、これを意識的にやったとしたらそれは人格を疑われる、ばれたらまず、村八分になるであろう。無意識のうちにやってしまうことはなくもないが、それは気づかれた時点で負けであろう。
 そこいくと、時間切れというのは反則になるのだろうか。私はずっと、反則というよりも、単に投了の意志表示すればそれで終わりだと思っていた。
 時間切れの反則という意味では、パソコンで指していると弁解の余地がない。対戦プログラムが負けを宣告するからである。これが人間が記録係りなら、1秒くらいは多目に見るのではないだろうか。あと、有吉八段(当時)が、内藤八段(当時)と対戦して、時間に追われて桂馬を打ったところ、手がすべって桂馬は盤から落ちてしまった。そこで、有吉は、升目を指さして、「桂、桂」と叫んだそうである。それが時間切れ負けになったと聞かない。マウス操作を間違えてこうなったなら、通信による対戦プログラムは、そういうのも許してくれない。コンピュータ将棋と対戦していて、例えば、飛車で王手されたとき、合駒しようとして、マウス操作を間違えて王手を防がない場所に駒を置いてしまうことがある。これなども、コンピュータ将棋なら即負けである。
 ところで、渡辺竜王のプログには「形勢は不利だと思っていたので、複雑な気持ちです。」とある。いつもながら、素直で好感のもてるコメントである。

2008年5月15日

コンピュータ将棋

 コンピュータ将棋は、牛歩かもしれないが、確実に進化している。その強さは、典型的には私程度である並のアマチュアの手の届かないところに到達しつつある。そんな中で、第18回コンピュータ将棋選手権が、5月の3-5と、開催された。
 今回のコンピュータ将棋選手権の1つの特徴は、ボナンザが採用して成功を収めた、全幅探索を、棚瀬将棋(東大将棋)、柿木将棋、大槻将棋、奈良将棋が取り入れたことである。コンピュータ・サイエンスのグラフ探索の分野ではいつも、幅優先探索か、深さ優先探索か、ということが問題になる。だから、全幅探索というのは、明らかに1つの明確な方針である。
 一方で、YSSは既存のアルゴリズムであるが、評価関数に磨きをかけたという。また、優勝候補の一角、激指は、実現確率探索という、まるで金融工学と見まがうような華麗?なアルゴリズムをひっさげてきた。まさに、先端技術の闘いである。
 そんな中で、決勝リーグに残ったのは、YSS、激指、ボナンザ、棚瀬将棋、柿木将棋、大槻将棋、奈良将棋。おお、なんと、8プログラム中6プログラムが、全幅探索を採用したものである。全幅探索は、コンピュータの腕力を最大限に利用するものだが、ここでも、腕力指向が有効であることが示された。ちょっとロマンを削ぐ。
 で、決勝は、棚瀬将棋対、激指。棚瀬将棋が必勝だったのだが、まるで羽生対渡辺のネット対戦のように、激指が時間切れの勝ち、となってしまった。内部的には手を見つけていたのに、それを通信で相手に送るルーチンにバグがあったようである。いかにもコンピュータらしい負け方ともいえる。
 さらに凄いのは、エキシビジョン・マッチで、加藤幸男と、清水上徹という、当代アマチュア棋士の最高峰を、それぞれ、激指と、棚瀬将棋があっさり破ってしまったことである。加藤幸男は作戦負けになり、何の綾もなかった。また、清水上徹は、少しの不利をそのままずっと終盤まで詰められないで、押し切られた。この二人に、ここまで指せるのは、プロでも有望若手以上の力が必要であろう。最早コンピュータ将棋は、順位戦C級2組の力には達したという言い方も、あながち誇張ではあるまい。
 すると、コンピュータ将棋に勝つには、去年渡辺竜王がやったように、コンピュータ将棋専用の指し方を研究して採用する必要がある。ところが、それをやりすぎると、人間には勝ちにくくなるようで、実際、渡辺竜王は、去年、B級1組の順位戦で、当初から5連敗した。この辺、痛し痒しである。
 コンピュータ将棋が恐ろしいのは、全然飽和感がないことである。例えば、激指の実現確率探索のように、まだ試されていないアルゴリズムは、コンピュータ・サイエンスの分野で五万とある。また、ムーアの法則により、ハードウェアや通信のリソースはほとんど無尽蔵に使える。こうして、10年以内に、羽生を捉える準備が整いつつあると、私は思う。

上司について

 近所のイトーヨーカ堂に買い物でいったついでに、習慣的につい、中にある小さい本屋に立ち寄った。竜文堂とかいう、聞いたこともない本屋である。で、適当に時間を潰して出ようと思っていたら、「バカ上司、その傾向と対策」集英社新書、古川裕倫著が目に付いた。どうせ下らないビジネス書だろうと手に取って眺めているうちに、自分が管理職だった時代が思い出されてきた。で、つい買って読むことにした、今更であるが。
 この本によると、世の中によい上司というのは、ほとんどいないという。うん、同感。仕事の実務では、卓越した人は沢山いる。しかし、優れた上司は本当に、砂浜の中の金よりも少ない。理由は、人間を管理するという仕事がとても難しい仕事だからである。また、上司は、なってみないとやり方を学べない。だから、全ての上司は、β版なのである。
 だから、この本によると、全ての上司は、「いやな上司」、「ダメ上司」、「バカ上司」のどれかに類別される。「よい上司」というカテゴリがないのが秀逸である。
 まず、いやな上司は性格の問題、ダメ上司は能力の問題、バカ上司は姿勢の問題、という。私は結構複合的だと思うが、単純化したのだろう。
 いやな上司の例は、暗い、いばる、怒りっぽい、人をバカにする、いい恰好をする、自己中心的、わがまま、のどれか。
 ダメ上司は、聞いても理解できない、説明ができない、説明を面倒くさがる、知ったかぶりをする、言い訳ばかりする、自分の立場を理解していない、経験主義、軸ぶれする、分析力がない、決断できない、積極性がない、うじうじしている、教育できない、権限委譲できない、丸投げする、のどれか。
 私は、いやな上司の要素ももちろんあるけれども、どうも典型的にダメな上司であった。叱るのが苦手だったのである。軸ぶれもするし。積極性なく、うじうじしていた。
 ところが、この本は、いやな上司、ダメ上司はまあ許せる、許せないのはバカ上司である、という。
 では、バカ上司とはどんなのかというと、聞く耳をもたない、説明しない、権力主義、魔女狩りする、逃げる、責任を取らない、保身しか考えていない、仕事を与えない、目標達成しか考えていない、のどれか。
 考えてみると、私は、説明しない、逃げる、という面はあってそこではバカ上司であった。ただ、責任をとる、という点では腐心していた。ある大事なデータベースの入力管理を部下にまかせていたが、そこで部下に致命的なミスがあったら、辞めるしかない、と思っていた。だから、バカ上司の範疇であったかもしれないが、とりあえずバカ上司ではあるまい、と努力はしていた。
 このあと、この本は、バカ上司と戦う方法も説明するが、さらに重い話なので、一応、ここで擱く。

2008年5月16日

無試験転部

 大学に入って、どうも授業が面白くなくて、別の学部や学科に移りたい、ということは当然ある。しかし、当然であるが、そういうことは無条件には許されない。なぜなら、学部や学科によって合格最低点が異なり、また、予め定員もあり、少なくとも入試の点数が行きたい学部・学科の合格最低点を上回り、且つ、定員に余裕がある、という条件を満たさないと転部・転科は許すべきでなく、そうしないと、平衡を欠くであろう。もしそういう基準を満たしていたとしても、そんなに頻発すべきできない。
 ところが、立命館大学は、新設した生命科学部に合格した学生を、無試験で、且つ合格最低点の条件を満たさなくても、転部させたという。理由は、文部科学省の私立大学等経常費補助金にある。定員超過率が1.40倍以上になると、そういう補助金は交付されないが、生命科学部は新設であるため、他大学にどの程度流出するか読めず、水増し合格率を高めて、結果、定員280人の1.48倍にも上る415人が入学したからだという。そこで、定員超過率を調整するために、転部させる必要があった、という次第である。
 確かに、私立大学に同情すべき点もあって、今の大学受験生は、一般的にものすごい併願率で、それが偏差値で輪切りになっていて、すると相対的に偏差値が低い大学は、下手をすると、実質倍率が3倍でも、ほとんどの受験生を合格させなくては、定員が確保されない、ということもある。立命館大学は、それなりに偏差値が高いとみなされているので、そこまでの心配はないにしても、生命科学部が新設であるため、過去の統計が使えなかった、という。
 このことを報道するニュース記事は、立命館大学の経営指向を非難するが、少子化で苦労している大学の実態をある程度知っているので、そう責めたものでもないと思う。
 一方で、立命館大学は、随分出っ張ってきた、とは感じる。というのは、私が受験生の頃は、関西で、立命館大学は、同志社大学よりもやや格下で、地味というイメージがあった。
 ところが、ここ数年来、一芸入試も取り入れ、スポーツその他の世界でも、立命館大学は、名を馳せるようになった。私の趣味の将棋でも、立命館大学は、全国から将棋が強い高校生をかき集め、その将棋部は、いまや押しも押されもしない名門である。また、立命館大学将棋部OBは、アマチュア将棋界に、一大勢力をなす。こうして、その積極的な学部増設や宣伝戦略で、立命館大学は、昔よりもずっとメジャーになった。ただ、ちょっと「いけいけ」の雰囲気はあり、今回のこともその傾向上の勇み足であることは確かである。
 ところで、資料によると、立命館大が2007年度に受けた経常費補助金は、526大学中6番目に多い51億6236万円だという。すると、生命科学部の補助金は、新設でもあり、大局的には、とりあえず見送ってもよくなかったか。
 ただ、私が受験生だとすると、そういう転部の融通性がある、ということはネガティブな印象ではないと感じると思う。よって、立命館大学はこの報道によって失うものはあまりないだろう。で、結局、大学の経営指向は結果的に是認されてしまう。そこはやっぱり残念ではある。

3月のライオン

 今流行の将棋漫画といえば、ハチワンダイバーであるが、もう1つ、羽海野チカの「3月のライオン」。これがなかなか異色。
 主人公の桐山零は、17歳、C級1組のプロ棋士。子供の頃、両親と妹を交通事故で一気に失い、ひとりぼっちに。父の友人に引き取られ、なぜか将棋に励み、プロを目指す。父の友人には娘がいて、やはりプロを目指していたのに、零はその娘を追い越してしまう。娘は、ぐれる。そして、零は、谷川、羽生、渡辺のように、中学生棋士になる。
 ところが、天涯孤独。スナックで酒を飲んでいるうちに酔いつぶれて吐いてしまう。そこで介抱してくれたのが、スナックの従業員、あかり。その縁で、あかり・ひなた・モモの三姉妹の家に呼ばれてお世話になる。
 こうして、同僚の棋士や、三姉妹や、その他の人が、零を「いじる」のだけれでも、零は、飄々と、それなりに将棋も勝って、でも偉ぶらず、孤独の陰をいだきつつ、生きていく。
 ハチワンダイバーのような凄まじい勝負のシーンがある訳ではない。特にラブ・ロマンもない。ただひたすら、淡々と零は生きていく。周りで起こるのは、とても平凡な出来事だけ。まるで、悲劇は子供のとき味わい尽くしたかのように。
 そうだね、こんな将棋漫画もいいかも。

2008年5月17日

終身刑

 日本には終身刑はなく、死刑に続く刑は、無期懲役である。しかし、特に法律には規定されていないせれども、また、なぜか裁判所の決定外なのだが、無期懲役であっても、模範囚であれば、10年程度で仮釈放が認められたりする。
 すなわち、今の日本で、死刑と無期懲役のギャップが大きすぎるのである。そこで、議員の間で、「量刑制度を考える超党派の会」が発足し、刑法に終身刑を盛り込むことを検討する、という。蓋し、妥当と思われる。
 実際、被害者感情は痛いほど分かるけど、人が人を、法律の下で、殺していいのか、という疑問は常にある。ということで、私は、下記の観点から、終身刑は是非とも必要であると考える。
1.被害者に対する償い:継続的に反省の念をもたせる、何か労役して金銭的償いを行わせる、という必要はあると思う。
2.犯罪学的観点:殺人を犯すという心理、人格を、犯罪学者は、実際の終身刑者に拠って研究すべきである。それは直ちに犯罪を減らすことにはつながらないが、そういう地道な研究は、必要であろう。
3.宗教的観点:殺人を含む罪を犯したということは、何かした魂が穢れているとみなしたとしても、それは、妥当であろう。反省し自己を振り返ることにより、時間はかけても、魂は少しずつ浄化できると私は思う。反省もなく、世を呪う気持ちのまま、現世から解放することは、宗教的観点から非常にまずい。それでは、現世に生まれてきた意味がない。例えば、大学に入学してより愚かになって卒業するようなものである。
 また、商法でいう転換社債ではないが、転換終身刑というのがあってもよい。1つには、受刑者自らが、もう生きなくてよいと、申請できるものである。別のパターンは、裁判で転換終身刑と認定して、その後の刑に服する態度をみて、刑務所長が、裁判所に、死刑に転換することを申請できる、というものである。このような制度は世界的にも聞いたことがない。よって、運用のノウハウもなく、なかなか受け入れられないかもしれないが、それでも検討の余地はある、と思う。

国際緊急援助隊

 今まで災害があっても頑なに外国の援助隊の受け入れを拒んできた中国が、四川大地震に際して、外国の緊急援助隊をついに受け入れた。その第1号が日本からのものである、というのは、靖国参拝を巡って、反日デモが喧しかった数年前には考えられなかったことである。いろいろな思惑はあるものの、胡錦濤来日での態度・方針から窺われるように、親日政策の一環であることは明らかである。
 被災地に向かった日本政府の国際緊急援助隊第1陣31人が16日未明、四川省成都の空港に到着した。被害が深刻な同省の青川県で救出活動を行っている様子である。日本の緊急援助隊が、もしかしたらまだ生きているかもしれない母子を探したという報道もあった。ここ数年、新潟などで大地震が頻発しており、その都度救助に当たった人達がいる訳だから、日本の緊急援助隊に、救助スキルとノウハウがある、と考えるのは妥当であるが、これだけの莫大な被害と、しかも地震から数日が経ってからの救援であることに鑑みると、日中友好の外交的・象徴的な意味の方が大きいかも、という少し皮肉な見方もできる。ただ、困ったときはお互い様、そうやって助け合うことは、人道的にも、よいことであるに違いない。
 ところで、昨日、中国の友人から、社内のチャットで、仕事の質問が来たので、つい最後に、"In spite of many things, I stand by China."とメッセージを送ったら、心から喜んでくれているように感じた。ここの、"in spite of many thing"は、真面目に考えると、結構重い。しかし、反中国の世論が国内で盛り上がっても、私がなんとか中国を信じようとしていたのは、中国に数人の信頼できる友人がいるからである。そういう意味で、世界の至るところに知り合いがいれば、それはよいことだと思う。特に、中国にある社内の当該部門は、8年前に立ち上げたときから、私がある意味手塩にかけて一から支援してきたので、思い入れは深い。最早向こうの担当者には、私よりも昇進した人がいるけれども、そういうことに悔しがるには、私はもう年を取りすぎているといってよい。寧ろ出藍の誉と喜ぶ気持ちがある。そもそもの能力のポテンシャルが私より上なのだから。
 ただ、私のような旅行嫌いで非社交的な人間が、自発的に、外国人の知り合いをもつということはありえず、そういう意味では、仕事で無理やり振り回されるのも、場合により悪くないということになる。

iPS細胞の特許管理会社

 京都大学と大和証券グループ本社、三井住友銀行など金融3社は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)の知的財産権を管理・活用する会社を共同で6月に設立すると発表した。京都大学自体に、国際イノベーション機構の中に知的財産部があるが、iPS細胞は医学・薬学などにとても応用が広いので、別途専門の会社を設立する必要がある、と判断したものとみられる。

 ちょっと気になるのは、京都大学もさることながら、大和証券グループや三井住友銀行は、特許管理や特許ライセンスのノウハウをほとんどもたないことである。すると、そういう人材を企業の特許部から引き抜いてこないといけないが、そういう人材は業界にかなり稀少である。

 企業ではなく特許事務所に優秀な弁理士が沢山いると思われるかもしれない。確かに、バイオ系の技術に熟練した優秀な弁理士をみつけることはできるだろう。しかし、その優秀さは、特許明細書を作成し、対特許庁の応答文書を作成して強い権利を取るスキルに関するものであって、特許管理や特許ライセンスの交渉能力とは違う。

 ところで、以前にこのブログで、山中教授の虚勢で言及したが、もしかしたら、山中教授は、自分達がiPS細胞の基本特許をもち、それは今後出てくるiPS細胞関連の技術を広くカバーすると自信をもたれているのではないか。私の見るところ、それは蓋を開けてみないと分からないと思う。というのは、研究の先行性と、特許の先行性は別だからである。そして、当然ながら、特許の先行性を築き上げるのは企業あるいは米国大学の方がはるかに巧みであり、既に、基本特許も含め、周辺を広く握られているということはありえる。

 だから下手をしたら、ノーベル賞という栄誉は得ても、その後の特許ライセンスは、空振りになる恐れがある。

 するともしかしたら、山中教授のグループは、金融系の会社と特許管理会社を作るのではなく、どこかの有力企業と共同研究して権利を共有するのがいいのかも、とも思われる。すると、特許管理は、その企業に任せることができる。

 山中教授のグループは、本当は、こんなことに時間をとられるよりも、研究に時間を費やしたいであろう。しかし、研究分野が、理論物理でもなく、純粋数学でもなく、iPS細胞であるのが、因果である。なだぎ武ではないが、「ややこしや~」と叫びたいところであろう。

2008年5月18日

オバマとヒラリーの演説

もう何年もアルクのEnglish Journal(EJ)を購読している。ただ、正直言ってほとんど惰性で、今まで全く封を切らないで捨ててしまったこともあった。それでも止めないのは、思い出したように面白い記事があるからである。

時宜もあってか、今月号は、オバマとヒラリーの演説の結構長い吹き込みCDと、そのスクリプトが掲載されていて、なかなか興味深かった。

 さて、ヒラリー当確と言われていた時代から、オバマが猛追し、いまやオバマの優位を疑うものはほとんどいない。

先ず、演説の内容。オバマは、裸一貫でシカゴに辿り着き、年1万3000ドルの教会でのコミュニティ・オーガナイザーの仕事からキャリアを始めた、と説く。そこで、アメリカの貧困層の地域に足を運んだという。話ながら、オバマは情熱を語る。共感をもとめる。理性ではなく、感性に訴える。

また、偉大なる悲劇の大統領、リンカーンに言及する。そして、国家は変えることができる、よくすることができる、と説く。ただ、具体的にどうやって、ということを細かく説明したりしない。

基本的には、よりよい未来を説き、それに向かって国家を変えて行きましょう、そのリーダーは私です、ということを手を変え品を変え、説いているにすぎないのだけれども、魔力のように聴衆を魅了してしまう、それがオバマの演説である。EJは、それを、軽音楽のようだ、と喩える。

一方のヒラリー。オバマと打って変わって、演説内容は具体的である。理知的である。感情は抑制されている。だから、私のような非ネイティブには、オバマの演説よりもヒラリーのそれの方がずっと聞き取りやすい。オバマが自分の生い立ちを話すのに多くの時間を費やすのに対して、ヒラリーは、具体的な事件に言及することに多くの時間を費やす。例えば、9/11テロ、イラク戦争、ハリケーン・カトリーナの被害。また、得意の医療保険のこと。環境問題。それぞれに具体的に解決策を示しながら、それを実行するのが、大統領になった私なのだ、と切々と説く。

EJのCD録音で、オバマとヒラリーの演説の両方を聴いてみて、私は思った。もし私なら、ヒラリーに一票を投じる、と。私はヒラリーがあまり人間的に好きではない。野心がみえみえだからである。しかし、私は恋人を選ぶのではない。政治家を選ぶのである。すると、一体、どのような手法で何をするのがが見えないオバマに一票を投じる気にはならない。そう感じた。

しかし、ヒラリーの不利は疑うべくもない。それはなぜか。EJの記事は次のように分析する。まずやはり、一般聴衆に、オバマの演説は軽音楽のように軽快に響くのである。一方のヒラリーは、内容はよいのだが、脚色がない。大衆受けする点が弱い。

あと、オバマとヒラリーの対抗は、明らかに人種主義対女性差別である。これは、実際に対立することはないが、米国で実際にこの2つがぶつかり合うと、人種主義の方が勝ってしまうという。なぜなら、人種主義の方が深刻度が深く、それだけ救済を要すると思われているからである。

オバマの支持者は、高給取りの白人男性と、比較的若い白人を中心とした層に受けているという。一方、ヒラリーは、中年以上の白人女性、白人高齢者、低出入の白人に受けているという。

高給取りの白人男性は、オバマを支持することで、リベラルであるという自意識を満足させるのだという。また、ヒラリーを支持しないことで、男性中心主義を再確認している、という。また、ヒラリーは、「そういう白人男性は、自分を支持しないことで、女性上司に対する不満を代わりにぶちまけている。」という。確かにそういう気持ちも分からないではない。

オバマにとって有利なのは、長く続くaffirmative actionという極端な黒人優遇措置である。実際、私の勤める外資系会社の親会社に出張すると、沢山の黒人の管理職を見る。あきらかな作為がそこにある。その流れを、オバマがうまく利用したのだという。

しかし、オバマとヒラリーがデッドヒートを演じている間に、共和党のマケインが大統領の席を奪うという可能性も大いにある。すると、民主党にとって、アメリカにとってそれは深い後遺症となるとEJは言う。たしかにそうだろう。すると、最早、オバマとヒラリーは争うのを止めて、一方が他方を応援するかたちにベクトルを揃える時期にきていると思われる。もちろん、ヒラリーがオバマに歩み寄るかたちで。

Windows XP SP3のリリース

ようやく、Windows XP SP3がリリースされた。自宅のパソコンで、なんとなく導入してみたが、ダウンロードと導入で、40分くらいはかかっただろうか。驚くほどなにも変わらない。では、一体どんな機能が変わったのか、ちょっとWebで調べてみた。すると、下記である、という:

  1. Network Access Protectionとの互換性。Windows Server 2008のNAP機能がらみだというから、あまり関係ない。
  2. Kernel Mode Cryptographics Module。これも、なんのことだか、分からない。
  3. 「ブラック・ホール」ルーター検出アルゴリズム。ネットワーク・パケットを適切に送信できないネットワーク・ルーターを無視できるようになる。ううん、これも具体的な状況が想像できない。

かくして、Microsoft自身が、Windows XP SP3には新しいものは何もない、と宣言する。ただ、上記した機能のうちいくつかは、Windows Vistaで初めて提供されたものもある、という。

実は、鳴り物入りでリリースされたWindows XP SP2と、今回のWindows XP SP3では、その力の入れようと、Microsoftがかけた労力は、雲泥の差があるようだ。

実は、Microsoft自身が認めるところによると、Windows XP SP2を開発するために、Windows Vistaの開発を一時停止しなくてはならないほどの労力をかけたという。なぜそうする必要があったのか、と考えてみると、おそらく、Windows XP SP1に致命的なセキュリティ・ホールがあったせいだと思われる。

では、なぜ、自らも認める、マイナーチェンジのWindows XP SP3をいま、Microsoftはリリースするのか。これはどうも、Windows Vistaが、なかなか思うレベルまで達しないからだろう。そこで、ユーザーに、より安定したWindows XP SP3を使ってもらって、とりあえずの不満を抑えておいて、Windows Vistaのブラッシュアップに励むのであろうか。

一方で、Microsoftには、Windows Vistaを失敗作とみなして、次のOSの開発にフォーカスを移そうとする様子もみられる。すっかり巨大企業となってしまったMicrosoftは、どうみても一枚岩ではなく、幾つかの矛盾した動きをしている。流石のMicrosoftも、最早変曲点を迎えたのではないだろうか。

山中伸弥の特許出願

特許データベースで、発明者=山中伸弥で調べてみると、下記の3件がみつかった。

(1) 2002/03/15出願、特開2003-265166、住友製薬との共同出願
タイトル:ECAT5ノックアウト細胞
内容:ECAT5ノックアウトES細胞は、分化全能性を保持しており、しかも正常ES細胞よりは遅いものの依然高い増殖能を有しているため、体外で様々な分化細胞を充分量作り出すことが可能である一方、増殖能は維持しつつ奇形種形成能がほとんど失われていることから、患者に移植した際の腫瘍形成の危険性が正常細胞よりはるかに低いことが期待される。
コメント:なるほど、iPS細胞の前は、ES細胞を研究したいた、ということか。また、住友製薬から研究資金を得ていたと思われる。

(2) 2003/10/17出願、特開2004-154135、住友化学との共同出願
タイトル:ノックアウト非ヒト動物
内容:脂肪蓄積促進蛋白質のゲノム遺伝子を一部又は全て破壊し、当該脂肪蓄積促進蛋白質の血中レベル及び/又は発現レベル自体を変化させた、あるいは、当該脂肪蓄積促進蛋白質を消失させたノックアウト非ヒト動物を簡便且迅速に作出するための相同的組換え方法の開発、及び当該相同的組換え方法を用いて作出したノックアウト非ヒト動物を提供する。
コメント:本当は人間にも適用できても、少なくとも日本では、非ヒト動物と書かなくては、特許は許されない。

(3) 2003/10/07出願、特開2005-110565、住友製薬との共同出願
タイトル:分化多能性維持剤
内容:細胞、特に胚性幹細胞や体性幹細胞の分化多能性を維持する分化多能性維持剤を提供する。【解決手段】本発明のNanogタンパク質とTATペプチドからなる融合タンパク質を用いる。本発明の分化多能性維持剤は、細胞の分化多能性を可逆的に調整することができるため、遺伝子導入法に比べてより臨床応用が可能である。
コメント:これはまさに、iPS細胞のための前駆的な研究である、といえよう。これは、細胞に分化多能性を付与する、というよりも、分化多能性を維持するための薬剤であるが、これから約3年後のiPS細胞の研究のベースになっていると思われる。

面白いのは、上記の特許出願をした時点では、山中教授は、奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター教授の地位にあったことである。すると、その地位において、住友製薬や住友化学とのつながりがあったのであろう。

以上のように、山中伸弥教授の特許出願はまだあまり多くなく、出願から18ヶ月たたないと公開されない、という特許制度のルールにより、山中伸弥教授がどのようなiPS細胞の特許を出願したかが分かるのは、今年の後半である。そのときまでに、少しはテクニカルタームが理解できるように勉強しておくとしよう。

2008年5月19日

実務とレバレッジ

世の中の一般的な傾向を見ていると、野心あふれる人達も、若い頃は実務に励む。それが、なんのコネも信用もない状態から、世間にでて認知される途だからである。

ところが、多くの人は、有る程度世間的に認知されてしまうと、地道に実務に励むことを止めてしまう。もちろん、その業界から引退する訳ではなく、管理的、あるいは、レバレッジの利く仕事に重心を移すのである。なお、Wikipediaによると、レバレッジ(英語 leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで、自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率、のことである。

そういう例は多すぎて、枚挙に暇がないが、例えば、コンピュータ・メーカやシステム・インテグレーションの会社には、システム・エンジニア(SE)がいるが、若い頃は、がんがんコーディングをやらされる。分厚い仕様書をみて、アルゴリズムを工夫したりすることも要求される。ところが、ある程度経験を積んで、昇進すると、今度は、プロジェクト・マネジメントと称して、実際にコードを書くのではなく、プロジェクトの進捗管理や、トラブル対応がメインの仕事となる。そこで、ある種の人は気づくのである。実際にコードを書くよりも、他人に指示し、プロジェクトを動かす方が、レバレッジが利いて、遣り甲斐がある、と。この遣り甲斐というのは、注釈が必要である。すなわち、プロジェクト・マネジメントを通じて、ある種の人は、かけた労力に対する、結果の大きさという比率、すなわち、レバレッジ率というものがあることに気づいてしまうのである。プロジェクト・マネジメントでは、わずかな指示で、数億円の仕事を左右することがある。これはすごいと錯覚してしまう。すると、その人は、もう決して実務の花園に戻れなくなってしまう。というのは、実務の世界では、レバレッジがほとんど利かないからである。割りにあわないこと甚だしい、とさえ思うかもしれない。

別の例は芸能界である。例えば、爆笑問題という有名なグループがいる。その漫才のスキルは、伝説的なまでに称揚されたが、いまや、爆笑問題の大田光は、有名な司会者であり、ネタをやる、という話を聞かない。せいぜいが、元お笑い芸人というステータスを利用して、後輩たちの芸を褒めたり、けなしたりするだけである。もっと甚だしいのは、島田紳助である。彼もまた、伝説の漫才師であった。しかし、プログにも書いたように、紳助は、ダウンタウンのすごさにあきれて、漫才という実務を離れた。でも、今にして思えばそれは、レバレッジの仕組みに気づいてしまったからではないだろうか。なぜなら、関西で有名なオール阪神巨人という漫才のグループがいるが、その芸が島田紳助より上だとは私は思わない。しかし、オール阪神巨人はしつこく、漫才をやっている。レバレッジを利かせているとは聞かない。それは、レバレッジに才能がないと思っているのか、レバレッジ業よりも漫才という実務が好きなのか、私は単に後者であると思いたい。

さらに別の例は、広中平祐である。彼は、代数幾何の特異点の研究で、日本人として二人目のフィールズ賞を得た。それはとても名誉なことであるが、私からみてどうもいただけないのは、その後、数学研究という実務を真面目に考えなくなったように思われるからである。なぜなら、いつまでたっても、特異点の研究をした、という過去の話しかしないのからである。そうして、大学の学長など経験して、レバレッジを利かせはじめた。なぜ、こういう言いがかりのようなことを言うかというと、広中平祐は、師匠のザリスキーのことに言及して、こういう。ザリスキーは、自分の過去の論文集をまとめるように言われても決して手をつけようとしなかった。いつも語るのは、研究の未来の展望であった。そして、代数幾何の研究に余念がなかった。しかし、実は、数学の分野で、ザリスキーのように振舞う人は極めて稀である。その態度は、ほとんど、オイラーやガウスに比肩しえるほどもしれない。だから、広中のレバレッジ的な生き方も、世間的には妥当であり、才能が枯渇しやすい数学の分野ではとくに、仕方がないのだが、でも、刀折れ矢尽きても、数学をやってほしかった、といういわば贅沢な要求である。

最後のまとめであるが、実は、レバレッジをきかせた管理的な仕事も、別の面の実務である、ということである。例えば、日露戦争で活躍した、児玉源太郎の統率能力が実務でなくて何だろう。ただ、レバレッジをきかせた管理的な仕事は、他人の協力なくして成立し得ず、狭義の実務は、自己完結的に行われる、ということである。そうして、人は晩年になってくるにつれて、他人との関係を次第に剥離されて孤独になるので、是非とも、自己完結的な実務能力のところは維持しなくてはならない、そうしないと惨めな晩年になるだろう、と、甚だ常識的な結論で締めくくる。

2008年5月20日

成田空港

今朝テレビを見ていたら、成田空港が開港30周年である、という。それで、地元住民やそれを支援する学生による、空港建設反対闘争のシーンが放映されていたが、一空港利用者(といっても、ほとんど海外旅行に行かないが)、としては、滑走路の本数は増やしてほしいし、発着本数も増やして、利便性を高めてほしい。ところが、頓挫したかに見える空港建設反対闘争は、部分的に功を奏していて、反対住民の土地が島状に点在していて、効率的に成田空港の発展を妨げている。それでも、成田空港は、可能な範囲で滑走路を拡張して、発着本数を増やそうとしている。地元住民の苦りきった顔も印象的だった。これでさらに騒音が増える、と。ああ、こういう人達の犠牲のもとに、みんなは海外旅行や出張をエンジョイしているのだ、と空港建設反対派の気持ちも少し感じた。

成田空港が焦る理由は、韓国、中国、シンガポールなどの国際空港の発着本数が、成田のそれを上回ってしまったからである。さらに、国内空港のハブであった羽田空港が、国際線の部分を増大させて、全体の発着本数を、成田よりもはるかに上回る、という計画がある。羽田空港は、東京湾に滑走路をいくらでも作れる、という利点がある。それには、資金以外に反対する要因はない。羽田は、都心にも近く、利便性が高い。こうして成田の苦悩は大きい。

実は世界で、成田空港ほど不便な国際空港はない。というのは、今まで10回くらい成田空港に、外国から来るゲストや友人を出迎えに行ったが、みんな先ず、ここから都心までどれくらい時間がかかる、と聞く。それで2時間くらい、と答えると、みんな、呆れて黙ってしまう。

ただ、私はいつも思うことがある。それは、航空機が成層圏を飛び回るほど環境に悪いものはない、ということである。それなのに、経済合理性や、日本をアジアの中心に位置づけたいがために、例えば羽田空港の発着本数を、年間2万本から3万本に増やし、及ばずながら成田も2万本を2.万2千本に増やそうとする。そこには、二酸化炭素の議論なんて微塵もない。こういうのを語るに落ちた、というのだろうか。環境問題なんて、経済合理性の前にはおそるべき建前である、改めてそう感じた。

慢心について

会社に入って、何かの縁で、私が今いる部門の元部長という人と付き合わせて戴くことになった。私が入社したときは既に、退職していた。その方は、どうもかなり厳しいというか、頑固な上司だったようで、私の上司であった、ご本人の元部下などには甚だ評判がよろしくなかった。ところが、私は直接の関係がないものだから、いわばおじいさんと孫の関係のように、いろいろとお世話になった。歳はもちろん、親子程度にしか違わない。

それでその方から呑みながら話を聞かせて戴いてとても為になったのは、部長という、ある程度高い地位から見たマネジメントとはどういうことか、また、どいう苦労があるか、などということを直接話してもらえたことである。もちろん、ビジネス書など読んでも書いてあることかもしれないが、具体例をあげての話は、とても興味深く教訓的に聞くことができた。

もし、そのいろいろな話のエッセンスを一言で言うと、慢心してはいけない、ということである。人間というものは、とても慢心しやすいもので、慢心するために生きているほどである。特に、管理職になると、追従する部下があらわれてきて、慢心しやすい、それで駄目になった人を沢山知っている、というものであった。

なるほど、と話半分に聞いていたら、運命のいたずらで、管理職に登用されてしまった。これは私の人生の予定にないことであるが、会社の方でももともとは私を管理職にする予定はなかったらしい。どうも、大規模なリストラで幹部候補がいなくなってしまったことがその理由の一つだったようである。

さて、管理職になってしまったものだから、管理職の師匠たる元部長の教えを実践する必要に迫られた。要するに、慢心しない、ということである。果たして、追従する者、今までどおり実直に付き合ってくれる者、なんであんな奴が管理職に、と明白に僻む者、いろいろいた。そこで改めて、慢心しない、ということがいかに難しいか感じた。何しろ、広い机と個室をあてがわれるのである。それだれけで、予定外ではあれ、これって出世だよね、と窓の外を見て感じた。おっといけない、慢心慢心。しかし慢心しないことは難しく、少しずつ、自分を中心に部門が廻っているような錯覚に陥った。米国出張に行って、向こうの管理職数人とホテルでディナーをとっているときも、特権的に自分を意識しそうになった。

で、結局、こうして単なる専門職に戻ってみると、確かに何度も慢心したけれども、慢心してはいけない、という師匠の教えは、やはり意味があった。その言葉を思い出して、自分を振り返ることができたからである。ただ、私がどんな管理職だあったのか、自己採点は難しい。元部下だった人はいろいろとコメントがあるだろうが、今更、本当のことを話してはくれまい。徒に私を今更落胆させても意味がないからである。

そこで、そういう師匠の教えを以って、社内を見渡してみると、確かに、慢心している人は多い。慢心が蔓延している、と変な駄洒落みたいなことになっている。で、そういう慢心した人達と、私が元あった状態との差はほんのわずかで、単に慢心してはいけない、と教えを知っているかどうかである。要するに、高速を車で飛ばしながら、ときどきブレーキを踏むか、アクセルを踏みっぱなしか、の違いである。

ところが、師匠の教えによれば、慢心のアクセルを踏みっぱなしの人は堕落し、駄目になるはずなのに、現実はどうも様子が違うのである。もし会社生活というものが、出世するというゲームであるなら、どうも、慢心にさらに油を注ぐ方が却ってゲームに勝ちやすいようである。なぜなら、ほとんどの人が慢心している、という状態だからである。

そうして、実行するかどうかはともかく、慢心してはいけないという教えを心に留めてきた私も、流石にふと、これでよかったのか、と不安にならなくもない。

そこで最近の私の戦略はこうである。すなわち、実務を離れて、レバレッジを利かせ始めると、慢心という感冒に罹りやすい。そこで、とりあえず実務にフォーカスした会社生活を再構築してみた。すると、とりあえず。目の前の内容をきちんと理解しなくてはならず、そのための読書に時間を費やすと、対人ではなく対スキルのモードになって、少しは慢心しにくくなったようだ。ところが、かと思っていたら、実務に強い自分という方面で慢心が忍び寄ってきた。だから、どんなモードになっても、重度の高血圧の人が降圧剤を手放せないように、慢心してはいけない、という教えで定期的にリフレッシュする必要がある。

2008年5月21日

坂道理論

坂道理論というのは、私の造語であるが、とても自明なことを言っているに過ぎない。すなわち、自分は坂道を登り詰めたいのだが、いつまで登っても、楽になる見込みがない。で、よほどの僥倖がない限り、結局、登るのをやめてずるずると坂道を下ってしまうことになる、という状況をいう。冷静に考えると、坂道を下ることが必ずしも地獄でなかったりする。

何のことを言っているかというと、典型的には、今のマイクロソフトによるヤフー買収工作である。ヤフー買収ヤフー買収断念と、このブログでも触れてきたが、ヤフーのCEO、ジェリー・ヤンは、必死で坂道を登ろうとしていた。どこまで登っても下坂になる訳ではなく、特に成算なく、である。

ところが、今回、著名投資家である、カール・アイカーン氏が動いた。ヤフー株を買い付け、約4%の株を取得、マイクロソフトによる買収に反対するヤフー取締役全員の入れ替えを求めて、委任状争奪戦に乗り出す方針を決めた。7月3日に開かれるヤフー株主総会で、アイカーン氏が委任状争奪戦が勝利すれば、マイクロソフトにとって買収に有利な状況となり、Web関連のノウハウが喉から手が出るほどほしいマイクロソフトが再び買収に動く、ということは十分ありえる。

というのは、時間はかかるにせよ、テレビが、今の電波による放送体制から、ネット配信に次第に移行していくことは、時代の趨勢であり、そのとき、ネット配信関係で、どうしても広告がらみの技術とノウハウがキーとなってくる。ところが、典型的にはグーグルの特許出願を調べてみると分かるが、その広告関連技術の広がりと深みは圧倒的であり、流石のマイクロソフトも、このままでは太刀打ちできない。実際、マイクロソフトが巨大ソフトウェア帝国である、と言っても、少し毛色が違ったソフトウェア技術だと、もう他社に頼るしかない。例えば、Windowsに搭載されている日本語仮名漢字変換システムといえば、決してそれほど複雑なシステムではないが、そこには独自のノウハウがあり、よって、マイクロソフトは自社開発できないで、AIソフトからライセンスを受けている。

Web関連の技術は、当然ながら、日本語仮名漢字変換システムよりもはるかに広く深く、独自にスキルを涵養することは覚束ない。よって、まさかグーグルを買収することはできないのだから(グーグルがマイクロソフトを買収する、という冗談はあるが)、マイクロソフトがヤフーを買収する流れというのは必然である。ヤフーにどれほどのWeb関連の技術があるかは、分からない。案外最早レガシーのような技術なのかもしれないが、いわゆる、better than nothingであろう。いや、ヤフーは、あれだけきっちりビジネスを回しているのだから、私のような素人には見えない沢山のノウハウがあるのだろう。

カール・アイカーン氏が動いたのは、内密にマイクロソフトから依頼を受けたのかもしれない。ヤフーの内部にもそれを望む声があるのかもしれない。しかし、どうであれ、それは坂道を降りていく流れなのであるから、誰がどうであれ、川の流れである。長い時間でみて、誰も抗することはできないのではないだろうか。

2008年5月22日

象徴としての外交

今更何を当たり前のことを、と言われそうであるが、外交とはまさにイメージの増幅回路である、と感じた。というのは、昨日テレビを見ていて、四川大地震への日本からの国際緊急援助隊が、ある行為に対して、中国でとても高い賞賛を受けているという。そこで考えた。一体どんな行為か。それで思いついたのは、きっと隊員が、危険を顧みないで、瓦礫の中に潜入し、救出活動を行ったに違いない、そういう自己犠牲的な行為が賞賛されたのだと。

ところが、正解は、瓦礫を発掘して見つけ出された亡骸に、日本からの国際緊急援助隊が、深い黙祷を奉げているシーンが中国国内のマスコミに報道され、賞賛の嵐を浴びた、というものであった。これに対して、ああそうなのか、と北京オリンピックで日本人選手が金メダルを獲ったように感動するのは自由である。しかし、亡骸にに黙祷を奉げるのは、当然の最低限の宗教的儀礼であり、それを賞賛されても、と私は寧ろ当惑した。

ここに、日本からの国際緊急援助隊を真っ先に受け入れ、日本との友好関係を強化しようとする中国政府の意図を読み取るのは、あまりにも容易であるが、しかし、これは、数年前に小泉首相(当時)が、周囲の反対を押し切って靖国神社に参拝し、中国国内で猛烈な反日運動が起こったことと、まさに双対である。

私は、日本からの国際緊急援助隊の活動に水を差すつもりはない。とても人道的な意義ある活動であると思う。ただ、地理的な遠さと、中国政府の外交的判断を仰いだために数日経ってからの援助開始と、数十人規模の援助活動である、という点に鑑みると、やはり、国際緊急援助隊の真っ先の意味は、象徴的意味である。だから、象徴的な派遣に対して、その象徴的行為を賞賛する、というのは誠に論理一貫しており分かりやすい外交的施策である、というべきである。

日本からの真の貢献は、四川省の崩壊した建物を建て直し、耐震構造の建物を建造し、あるいは、地元の業者が耐震性の建物を建てることができるようにする技術的支援であり、この分野で日本は大いなる貢献が中国に出来目だろう。ところが、建物の建築は、利権も絡み、また地道な活動であるため、国際緊急援助隊の活動ほどは賞賛は受けないだろう。

こうして外交活動の皮相性、象徴性を改めて感じる。実は外交たけではなく、日常生活でも、実質よりもshow upを旨とするやり方が重んじれてすぎていないか、と感じることが多い。その弊害もよく見る。そう思うのは、私が歳とって、以前よりも世間が見えるようになったせいなのか、それとも、いい歳してまだ世間智になじまず、青年のような青臭ささが抜けていないせいなのか、分からないでいる。

2008年5月23日

ディジタル・デバイド

今からもう10年以上前のことである。特許情報関係の外部委員会に出席していたとき、東芝の、特許部門のIT関係の部長の地位にある人が、しばらく委員会に出席できない、という。どうしてですか、と聞くと、苦笑なながら、なんでも、社内のある地位以上の人を集めて、研修所に缶詰にして、コンピュータ・スキルの訓練をするのだという。ワープロや表計算など基本的な操作から教えるということで、既にITには熟練しているその方は、今更ねえ、と困惑していた。当時だから、OSはやっとWindows95、ワープロは一太郎、表計算は、ロータス123だったと思う。

それを聞いて、確かに、部長の地位にある人といえども、いちいち秘書に、これ打ち込んどいて、と手書きの原稿を渡して依頼するのは非効率で、ワープロくらい自分で操作できなきゃ、流石東芝、と思った。というのは、私の会社では、パソコンなんて操作するのは沽券にかかわる、みたいに開き直っている古参マネジメントの方々が少なくなかったからである。

さて、時代は下り、ディジタル・デバイドなどとささやかれ始めて、もう数年が経つ。どういう意味かというと、このITの時代にあって、コンピュータ・リテラシーを見につけないと、時代に取り残され、仕事も得られなくなってしまう、というものである。

現状は本当にそうなのか。どう見ても、少なくとも私の身の回りではそうではない。ちなみに、私がいる会社は、機械工作の町工場ではなく、地元の不動産会社でもない。一応、それなりのIT関連会社である。

では、どうなっているかというと、まず私のブログシス担を雑用係と呼ばないでに書いたとおりである。部門で、多少なりともコンピュータの心得がある者は、IT雑用係として使いまわされるのである。OSの導入、トラブル時の対応、IT教育、物品の購入、システムの構築等、のんびりしている暇がない。それで昇進など優遇されるかと思ったらとんでもない、下手をするとやればやるほどステータスが下がる、というサププライムの証券も真っ青の有様である。

よって、もしディジタル・デバイドという用語がまだ死語でないとしたら、私は逆の意味にそれをとってしまう。すなわち、ITの素人に、ITの熟練者が使いまわされる、という意味である。

なぜこんなことが起きるのか、というと、IT部門やコンピュータ技術の開発部門などでないと、単にワープロや表計算を使いこなすことから一歩踏み込んで、OSのパラメータを設定したり、トラブル対応したり、簡単なアプリを書いたりすることまで興味をもって学ぶものは、よほどの好事家ということになる。わかりやすい言い方だと、オタクである。

ところが、いくらWindowsなどのOSが進化したとはいえ、パソコンはまだまだ、テレビなど家電に比べると発展途上にある。ちょっとトラブルになると、部門内のコンピュータ・オタクに頼らざるを得ない。

問題は、非技術部門にあって、コンピュータ・オタクが少数派である、というところにある。ここで世界情勢に目を向けよう(話題、飛びすぎ)。イラクでもアフガニスタンでも、クルド人などの少数民族がいて、迫害されている。なぜか、一番の理由は、少数民族だからである。おそらく、いかなる意味でも、クルド人が、アラブ人やペルシャ人やバシュトン人に劣る、という訳ではない。すなわち、ほとんど法則化してもいいのは、少数民族は、ただ少数民族であるがゆえに迫害される、ということである。

[少数民族は迫害される]→[非技術部門にあって、コンピュータ・オタクは少数派である]→[だから、非技術部門にあって、コンピュータ・オタクは迫害される]
これは、なんと美しい三段論法なのだろう。と、そういうつまらない論理に酔っている私も、何を隠そう、私がいる部門にあって、クルド人と呼ばれるべき小数民族なのである。

ユダヤ人が迫害されて、イスラエルという強大な国家を構築したように、部門内クルド人も迫害されて強くなるのだろうか。それは考えにくい。ショーペンハウアーはそういうときは、隠棲しなさい、と教える。ううん、それも難しい。と悩んでいるうち、クルド人は、「ちょっと、このドライバうまく導入できないんだけど、教えて。」と呼ばれ、瞑想をたやすく破られてしまうのである。

2008年5月25日

パソコンの移行

3月に続き、パソコンを買った。3月と同じThinkPad R61e、HDDは、80GB、メモリ512MBだが、今となってはかなり下位の仕様のものである。デフォールトのOSは、Vistaだが、1万円程度高くなるのを覚悟で、XPにした。VistaがXPに比べて信頼性が低いというだけではなくて、自宅で会社の仕事をする専用PCであるためである。会社の環境が、Vistaに対応していない、ということである。

ところが、個人所有のPCとはいえ、自宅で仕事に使うためには、いろいろなセキュリティの備えが必要である。例えば、会社で決められているウィルスチェック・プログラムや、ファイアーウォール・プログラムを入れなくてはならないこと、専用のVPNを設定すること、その他非常に要件が厳しい。よって、移行作業にかなり引いていたのだが、もともと自宅で会社用に使っているThinkPad R41eが、次第によれてきて、起動時に異様に時間がかかったり、メモリリークが甚だしくなってきたり、ディスク容量が40GBで足りなくなってきたり、ともう許容範囲を超えたことによる。

それで、渋々、パソコンを買って移行作業することにした。移行に当たって、新しいパソコンに会社のイントラにつないで、そこからいろいろなアプリをダウンロードする必要がある。ところが、会社のイントラに接続するためのVPNのプログラムは、やはりイントラ上にある。だから、一からのスタートなら、困るのだけれども、幸い、すでにイントラに接続できている旧いパソコンがあるので、そこでまず、VPNのプログラムをダウンロードし、新しいパソコンに導入することから始めなくてはならない。

そこでいきなり、問題が発生した。VPNに接続して、会社指定のウィルスチェック・プログラム兼ファイアーウォール・プログラムを導入しようとしていると、導入が途中で止まってしまった。すると単純にやり直せばいいか、というとどうもそうではないのである。その導入手続きでは、途中でPCの再起動が入ってしまうのだが、そこでレジストリがおかしくなってしまったようなのである。

まず注意を怠ったのは、事前に、Windows XP固有のファイアーウォール機能をディスエーブルしなかったことである。そこで、Windows XP固有のファイアーウォール機能と、会社導入のファイアーウォール・プログラムが衝突してしまった。まるで、本妻と内縁の妻が鉢合わせしたようなものである。おっと、例がよくない。

また、これは原因不明なのだが、設定したアカウントは当然に管理者権限なのだが、レジストリの一部変調のせいか、低い権限のようになって、アプリが導入できなくなってしまった。それで、最低限XPは動くし、外部のインターネットも見えるのだが、それ以上はにっちもさっちもいかない状態になってしまった。

こうなるとWindowsは怖い。やさしいサラ金会社の社員が実は、恐い組織の組員だった、というくらいもうどうしようもない。ただ、サラ金と違うのは、すべての設定を捨てて、元に戻れるオプションがあることである。すなわち、HDDに埋め込まれている出荷時のイメージに書き戻す設定を選ぶことができる。そこまで数時間の時間を費やしており、また、出荷時のイメージに戻す作業も1時間はかかるので、泣く泣くなのだけれども、どうしても他にオプションがみつからなかった。よく、マイクロソフトの認定試験というのがあって、どうでもいいような択一問題を解かせるのがあるが、あんなのでは役に立たないと思う。こういうトラぶったパソコンを、どう出荷時のイメージに戻すことなく設定で甦らせるか、という試験にすれば、真のパソコンの知識とスキルを試せると思う。

さて、トータルで昨日丸一日を費やして、こうして快適に、自宅で仕事環境のPCを構築することができた。ささやかな贅沢で、メモリを512MB増やして、1GBにした。64MBのメモリでもすごいよね、と雑談していた15年前のことが、あまりにも昔である。ただ、会社の仕事をするためには、マイクロソフトのオフィス製品は必須なのだけれども、それを購入することは、私に許されているささやかな贅沢の域をはるかに超える。そこで、仕方なく、OpenOffice 4.2Jを導入した。Lotus Symphonyというオプションもあるにはあるのだが、OpenOffice 4.2Jの方が慣れている。で、私にしては珍しくハッピーエンドのプログなのであった。

TOEIC

もう13年ぶりぐらいだろうか、渋々TOEICの試験を受けてきた。会場は、東洋英和女学院大学とかいって、田園都市線の青葉台から、バスで20分以上もかかってしまう。横浜市なのに、とても辺鄙な片田舎だと思った次第である。

受けた理由はいかなる意味でも、自発的なものではない。会社からの指示である。なんでも、海外出張の準備に13年前にとりあえず受けたTOEICの点数が、今の私の地位には、10点足りないのだそうである。はぁ、そうですか、と呆れるよりない。そもそも、米国外資系の弊社といえども、以前はTOEICの点数と地位を密接に結びつけることはなかった。だから、相当英語がペラペラでもTOEICの点数などもっていなかったり、あるいは、仕事の実務能力されあればいいではないか、というある意味至極真っ当な主張が通っていた。

言い訳めくが、13年前に受けたとき、一切攻略本の類を見ないで、ぶっつけ本番で望んだ。その少し前にアルクのヒアリングマラソンを受けていたので、その名残があると楽観していた。すると、700点をわずかに超える点数で、まあ、そんなもんかと思っていた。しかし、当時は、今よりも会話に熟練しておらず、米国人との会話がほとんど成立しないほどであったから、流石に今の私の方がリスニング力が勝っていると思う。だから、前回より10点多い点数くらい、流石にとれるのでは、今回も全く対策勉強はしなかった。ソースネクストでTOEIC対策のCDを買ったが、面倒で、一度も試してみなかった。どうも楽観していたらしい。

さて、会場の東洋英和女学院大学に行くと、ほとんどが学生である。きっと、TOEICの点数は、就職に意味があるのだろう。そうでなければ、こんなつまらない試験に、こんな沢山の人が押し寄せる訳がない。ただ、ぽつぽつと私のほぼ同年齢とおぼしき男性がいた。きっと、会社の指示なんだろう、可哀想に。

それで、気になったのが、TOEIC事務局の強気な態度である。なんでも、財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会というところの職員らしいが、細かく指示があって、携帯は電源が切ってあるところを見せろとか、指示に従わないと採点しません、即出て行ってもらいます、など、うざい。それは建前として分かるのだけれども、そこまで言う必要はないだろう、と思った。推察するに、TOEICが社会的に認知されて、受けさせてあげるんだ、みたいに思い上がっていないか。ま、ちょっと考えすぎだけど。

実際に久々受験してみて、苦手意識のあるリスニングは、まあまあ出来たと思う。長年、FENをずっと聞いていた効果か。ただ、得意のなはずの読解で、将棋で言えば、秒読みに追い込まれたみたいになった。すなわち、読解の最初の方の問題は、とてもやさしい。それて、おい俺をなめるのか、と思ったり、時間があまり過ぎたらどうしよう、などと余計なことを考えはじめた。これは、私が優勢な将棋を逆転負けするときの心理と同じである。なんどこういう目に遭ったら懲りるのだろう。で、読解の中盤あたりから意外に手強いことに気づく。そこで、長文読解の基本テクニックをすっかり忘れてしまった。すなわち、基本テクニックでは、長文読解は、まず設問を読んで、該当箇所を探せばいいのに、真正直に長文を読み通すことをやってしまったものだから、いけない。完全に形勢は逆転してしまった。まだ、20問もあるのに、あと15分しかない。まじ、やばい。それでも、ブランクは嫌なので、とりあえず埋めたが、四択なので、まぐれで当たる確率は低い。

こうして、余裕と思っていたのに、会社が要求する点数を満たしているか、混沌としてきた。これでもし足らなかったら、次は流石にTOEIC対策問題を解いてから、臨むとしよう。弱点はある程度分かったので。

もしぎりぎりでも要求点がとれたら、少しでも点数を上げるため再チャレンジしようなんて、絶対思わない。TOEICそのものの存在を忘れることにしよう。

2008年5月26日

ネピトーの隔絶

TIMEの2008年6月2日号に、ミャンマーの首都、ネピトーの記述がある。ネピトーとは、ビルマ語で、「レンガ造りの王宮」の意味なのだそうである。ただ、何もないところから3年前に開発されたところなので、観光会社の人によると、驚くほどなにも見るべきものはない、という。

ミャンマーといえば、10万人規模の犠牲があったというサイクロンの被害がまだ生々しいが、ネピトーは、被災地から遠く、ほとんどサイクロンの被害の被害を受けていない。このことと、サイクロンの被害者に対する呆れるような無関心を見せている軍事政権の態度が、妙に符合し、とても偶然とは思えない。

ネピトーへの遷都によって、100万人もの政府関係の職員が、ネピトーへの移住を強いられた。しかし、何しろ、ネピトーではほとんどが建設中で、本当に何もない。政府関係の職員は、とても不便を感じている、という。

なにしろ、赤道直下で灼熱の気候なのに、建設作業員は、クレーンやブルトーザなして、建設作業を進めているという。これでは、遅々として進まないはずである。もっとまずいことに、ミャンマーでは、6歳以下の子供も作業員として駆り出されている。それを、人権団体は問題にするが、軍事政権は聞き入れる様子もない。これだと、アフリカのスーダンにも匹敵する酷さであろう。いや、部族間の悲惨な殺戮がないだけ、アフリカよりもましか。

ネピトーで建設が進んでいるのは、大規模な動物園と、5つの警察署と、3つのゴルフコースであるという。なぜ、ゴルフコースかというと、軍事政権の「偉い」人達は、ゴルフが何よりお好きなのだという。

でも、ネピトーの自慢は、24時間電気が供給されていることだという。ええっ、そういうのが自慢になるのか、と寧ろ驚く。

ネピトーに当面、少なくとも公的には建造されそうもないのは、寺院である。昨年のラングーン暴動の発端になったのも仏教と僧たちであった。このことは、チベットとのアナロジを感じさせる。すると、仏教徒は、イスラム教徒とは全く違った、より過激でない方法で、レジスタンスを示す、ということが分かる。

こうしてみると、四川省の地震災害に直ちに援助を差し向け、日本からの国際援助隊を受け入れた中国は、ミャンマーよりはるかにましである。流石に比較すると、中国に悪い、というべきだろう。

モラハラ

本屋で立ち読みして、これは恐ろしいと思った本がある。題名も著者も覚えていない、というのは、ざっと読んで、すぐに、その本を書棚に返してしまったからである。

モラハラとは、モラル・ハラスメントの略。その本をベースに、私なりに説明してみる。その本の著者は、普通の主婦。いや、元主婦というべきである。

会社にOLとして勤めているとき、ある男性と恋に落ちた。とても感じがよくて、親切。ときどき、ふっとよくわからない翳が過ぎることがあったが、気のせいだと思った。それで、とうとう結婚した。

ところが、新婚旅行に行ってびっくり。そこで、手のひらを返したように豹変した。すべて、自分中心なのである。旅行先で買い物に行きたいといっても、自分は行きたくない、で終わり。ところが、第三者に対してはとても親切で、ああいいご主人ですね、と褒められる。

家庭生活が始まっても、予告無く早く会社から帰宅するなり、この家には、夕飯の用意もないのか、と怒鳴り散らす。共働きだったのである。それで、勤め先からなるべく早く帰って、食事の用意をするようにした。ところが用意したらしたで、無断で飲み会に行き、夕食をすっぽかす。

それでも、めでたく妊娠した。すると、身重なのに、突然、家を買うと言い出す。そんな、こんな体なのに待ってよ、という声は届かない。おおきいお腹を抱えて、購入手続きに付き合い、また、必死で引越しの用意もした。

お産で、実家に帰った。すると、よくあることだが、おっぱいからばい菌が入って、乳腺炎になった。これは、熱が40度にもなることがあるので、主人の勤め先に電話した。するとマージャンしているそうなので、そちらに電話したら、「お前が勝手にばい菌を入れたのだろう。」はき捨てるように言って、電話を切った。それには実家の父も激怒した。

このようなことが延々と続き、著者は、やっと離婚を勝ち取った。モラハラの問題点は、決して暴力を振るわないことである。従って、定義的にDVではない。精神的にネチネチとやってくる。また、外面がとてもいい。だから、周囲は円満に思われている。だから、離婚裁判でも、なかなか理解してもらえない。

ここからが私の理論だが、どのような人間にも、エゴがあって、モラハラ陰性度とでもいうべきレベルがある。モラハラ陰性度があまり高くなく、また、レベルがあまり違わなければ、夫婦でも、友人でも、会社の上司・部下の関係でも、うまくいく。もし両方のモラハラ陰性度が高ければ、互いに反発し合って付き合わないので、問題はおきない。問題は、モラハラ陰性度に差がある二人が付き合う場合である。すると、必然的にモラハラ陰性度が高い方が、低い方を苛めることになる、意識的であれ、無意識であれ。それは、場合によって、とても悲惨な結末になる。どういうことか、あえて具体的には書かない。想像していただきたい。

モラハラ陰性度が高い人とは、どういう人か、多分、次のような人である。
- 自己中心的であるだげてなく、他人の利害や趣味を尊重しない。
 それだけなら、単なる偏屈だから、いいのであるが、
- 自分の利害にとても敏感なので、付き合って得する人には、とてもいい顔をする。会社の、取り立ててくれる上司などには、取り入る努力を惜しまない。だから、これで周囲の人は、とても思いやりがあっていい人と勘違いする。
- 他人の肉体的・精神的苦痛にとても鈍感である。一方、自分の肉体的・精神的苦痛に、異常に敏感である。よって、自分のわずかな苦痛を克服するために、他人の苦痛を、いともたやすくオーバーライドしてしまう。

特に最近であるが、こういう世知辛い世の中になって、却ってモラハラ陰性度が高い人が、出世する傾向がある。こういうのが、仏教でいう末法のかもしれない。ただ、モラハラ陰性度が低い人は、私がみるところ、とても霊格が高い。だから、モラハラ陰性度が高い人と出会って苦労することは、ある種のカルマ落としなのかもしれないが、そう言ったって納得する訳がない。ただ、永遠の不条理であることは確かである。

英語教育早期必修化

Webニュースによると、政府の教育再生懇談会(座長・安西祐一郎慶応義塾塾長)は26日、小学3年生から年間35時間以上英語教育を行うモデル校を5000校程度設置することなどを盛り込んだ第1次報告を福田康夫首相に提出した、という。昨日TOEICの試験を渋々受けに行ったばかりのせいかもしれないが、もういいかげんにしてくれ、と言いたい。

特に小学校低学年では、日本語できちんと考えることができるようにすることが一番重要で、英語なんて中学校からでも十分間に合う。なんで、小学校の低学年から英語をやらなくてはならないのか、と言いたい。確かに、インドやフィリピンの人は、平均的に日本人よりも英語がうまい。それは、学術用語が母国語でそろっていないので、小学校から英語で教えざるをえないだけの話である。みんな繰り返し言うように、あらゆる学術用語が日本語でまかなえる日本人が真似する必要は、全くない。ただでさえ、最近の若者は、クイズ的な知識はともかく、ものごとを深く考えることができないのに、これ以上、思考能力を削がないで戴きたいと切に願う。

このほか、「留学生30万人計画」に戦略的に取り組むよう明記。(1)現在は大学院30%、学部生70%の割合の大学の留学生を同数にする(2)質の高い留学生を受け入れる重点大学を30校指定する--ことも求めた、という。これも馬鹿馬鹿しい。留学生を沢山受け入れたいなら、是非留学したいと思わせる充実したカリキュラムにするよりない。あるいは、学生サポートを手厚くするとか。そうでなく、留学生の数を指定するなど、愚の骨頂である。

私が、英語教育の早期化に反対する別の理由は、そこにフォーカスすると、他の語学が疎かになるからである。例えば、最近、ミャンマーの災害があったが、では日本人でビルマ語が理解できる人が一体何人いるのだろう。また、スワヒリ語など、アフリカの諸言語はさらにマイナーである。

このように、社会の均一化を促進する動きは私はまずいと思う。グローバルスタンダードは、誰も幸福にしない。なぜなら、ローカルの仇花こそが文化の精髄なのである。英語教育早期必修化が拠って立つ英語主義は、グローバルスタンダードの尖兵であるがために、私は忌避する。そこに、なんらかのルサンチマンを見て取りたい人は、そうすればいい。

2008年5月27日

本覚思想

ブログ特有の乗りで、重いテーマにさらりと触れる。すなわち、仏教で、本覚思想という大きな流れがある。どういうことかというと、「人間は本来仏なのだが、人間は、それに気づいていない。だから、仏になるために難しい修行は一切必要ない。自分が仏であることを自覚すればいい。」というものである。

それでも、どうやって、自分が仏であることを自覚するのか、という問題がある。それを、浄土宗は、南無阿弥陀仏の念仏を唱えることに帰する。どうしてそれが言えるか、その根拠を求めて、法然は、法華経他、多くの仏教経典を漁った。

こうして、量子力学のコペンハーゲン解釈よろしく、法華経の法然解釈によって、人は誰でも、南無阿弥陀仏を唱えることによって、極楽浄土に行ける、ということになった。

しかし、それはあまりにも無理があり、牽強付会のそしりを免れないだろう、というのが素直な見方である。私の知る限り、法華経を見出して、大乗仏教の経典として、日本に根付かせたのは、最澄の功績だと思うが、最澄は、ワンフレーズの念仏で成仏できるなんて、とうてい意図しておらず、もし生きてそれを聞いたら激怒したと思われる。なぜなら、奈良仏教の堕落を一番憂えていたのは最澄だからである。ところが、奈良仏教の僧が堕落したといっても、形式ではあれ、仏典は読んでいる。少なくともワンフレーズの念仏ではない。

すると、法然及びその弟子の親鸞は、大衆に仏教を根付かせようと、必死だった、ということになる。法然及び親鸞は、とても熱心な勉強家だった。沢山を経典を勉強して、高い認識に達したはずである。それがゆえに大衆にここまでの努力を強いることは無理で。しかし、大衆を救いたい、その鋭い矛盾がを感じていたが故の壮大な方便が、ワンフレーズの念仏なのであろう。

後から出た日蓮は、それがゆえに、浄土宗や浄土真宗を激しく批判した。日蓮もまた、真摯な勉強家だった。だから、浄土宗や浄土真宗を批判するにあたり、きちんと仏典からの出典と、論理を以ってした。ところが、長い経緯の後、日蓮も同じ幣に落ちてしまう。すなわち、「南無妙法蓮華経」の題目を唱えれば、救われる、とした。これでは、浄土宗や浄土真宗と何が違うのは、と言われてしまう。もちろん、日蓮にはきちんとした法典解釈の根拠があるに違いないが、素人を説得できるものではない。

ただ、そういう取り付きやすさが、浄土宗、浄土真宗、日蓮宗をメジャーにした。こうした流れを見ると、宗教は、簡単に救われる、という方向に流れていってしまうのだろうか。例えば、キリスト教でも、免罪符を買うと簡単に罪から救われる、とした。また、聖水をふりかけるという儀式により、キリスト教徒になれる、とした。

私は、宗教であれ学問であれ、本質的に、とても取り付きにくいものである、と思う。ところが、その建前を貫くと、限られた人しか理解できず、孤立してしまう。これが物理学なら、どこかの大学から俸給がもらえるので、世界で10人しか理解できない理論をやっていても、むしろ、孤高を楽しむことができる。

しかし、宗教となると、寄付を集めなくてもならず、組織をつくるなら、どうしても一般大衆を惹きつけなくてはならない。よって、安易な方法で救われる、というスキームをどうしてもつくらざるを得ないのだろうか。

一方、私は小乗仏教にその本来の純化した姿を見るのだが、小乗仏教に則って、尚且つ日常生活を送るのは、とても困難である。よって、つい、スピリチュアリズムのシルバーバーチの教えのような「人助け」を基本にした、行為ベースの生き方を解くような、宗教というよりもむしろ生活道徳が新しい指針になるのではないかと思う次第である。

これは素描なので、引き続き考えることにする。

2008年5月28日

SecondLifeは不人気か

一年前、鳴り物入りで喧伝されたSecondLifeであるが、少なくとも日本では、mixiなどのSNSに比べても、圧倒的にユーザが少ない。その理由は、次のとおりである、という。

(1)始めるまでの手続きが面倒
 これは、まさにそうである。クライアント・ソフトをダウンロードして設定しなくてはならない。
(2)要求PCスペックが高い
 これは、まあ、ムーアの法則でなんとかなる。
(3)操作が難しすぎる
 実際、キーボードでやるのは、大変。専用コントローラがあるとも聞かない。
(4)何をしていいか分からない
 これが最大の問題点かも。例えば、コンパイラのようなツールは、一部のマニアだけが面白いと思う。SecondLifeを楽しむには、楽しみ方の才能が必要。これは、相当ネックである。
(5)何をするにもお金がいる
 貧乏人には、辛すぎる
(6)右も左も広告だらけ
 これも、うっとおしい。でも、これで稼ぐというのが、グーグルモデルなんだけど。
(7)人気の場所はエロかギャンブル
 ううん、古典的真理。これ自体は、まあ、いいんだけれども。

別の指摘では、SecondLifeの問題点は、同時性にある、という。すなわち、二人のユーザがSecondLife中でアバタとして出会うためには、同時にログインしていなくてはならない。これは、時差があったり、忙しい人どおしでは難しい。また、シムに同時に存在できるアバタの数が、高々数十、というのも非現実である。

思うに、SecondLifeは、既存のアプリ、既存のインターフェース、現実をそのまま仮想世界に投影することに固執しすぎているのではないか。クライアント・ソフトをダウンロードして導入する、というのはまさに、既存のアプリであり、キーボードを使って操作するのは既存のインターフェースであり、また、現実の町と人間をオブジェクトとアバタでそのまま実現するのも、さらには、いちいちリンデン$で買い物する必要があるのも、全て現実の投射そのままで、あまりに工夫がなさすぎる。もちろん、SecondLifeを構築するために膨大な工夫とノウハウが傾注されていることは認める。だから、工夫というよりも想像力というべきか。

話題は飛躍するが、もし霊界というものがあるとしたら(私は、あるに決まっていると思っているが)、そこでのインターフェースは、現世とは全く違うだろう。思っただけで、所望の場所に行けるとか、同時に複数の場所に滞在できるとか。

仮想世界は、そういうシュールなフィーチャを具備するべきであり、そうでなければ、ファイナルファンタジーのような、既存のゲーム路線に沿ったものがいいと思う。

シュールという意味では、霊界的なシュールさ以外にも、ブラックホール的な宇宙空間のシュールさ、ビッグバン的なシュールさ、時間のずれ、空間の歪みのような相対論的シュールさ、いろいろあり、どうなるのかさっぱり想像もつかないが、コンヌ的非可換幾何の世界を実現した仮想世界もありえるだろう。それは、ほとんど発狂的な世界かもしれない。

ともかく結論としては、SecondLifeは、そのシュール度が中途半端すぎる。別の画期的な仮想世界が構築されるまでの、つなぎと考えるべきなのだろうか。

2008年5月29日

職業適性について

今朝、娘を駅まで車で送っていくとき、お父さんには絶対向かない仕事がある、と言われた。そんなん当たり前だがそれは何?、パイロットか、と聞いたら、トラックの運転手だという。確かに、以前、娘を送っていくとき、急ぐため狭い路地に入ったら、対向車と擦ってしまい、修理に15万円かかったことがあった。決定的に車体感覚が弱いのである。だから、他に仕事がなければ、トラックの運転手でもやるけど、間違いなく車体を傷つけて、最悪の場合、人身事故も引き起こして、クビになるだろう。

このことから、次のような法則を思いついた:

万人に向く職業はない。

その系として、どんな職業でも、撤退もしくは鞍替えを推奨される一群の人達がいる。

定義:撤退もしくは鞍替えを推奨される人達の比率を、職業特異性と呼ぶ。

例えば、パイロットや宇宙飛行士は、明らかに職業特異性が高い。そもそも、普通の人はなかなかなれない。弁護士や医者も、パイロットや宇宙飛行士ほどではなくても、職業特異性は高いと思う。

世間でそうは思われていなくて意外に職業特異性が高いと私が思うのは、学校の教師と刑事である。すなわち、学校の教師というのは、なるのが非常に難しい職業ではないけれども、学校の教師の中には、辞めて他の仕事に鞍替えした方がいいと思われる人が沢山いる、というのが私の理解である。

別の観点からいうと、会社の管理職というのも、かなり職業特異性が高い。私の根拠のない観察では、人類全体で、管理職に向く人は、どんなに多く見積もっても10%、厳しくみると、5%以下だと思う。ところが問題なのは、一般的に会社のポストの管理職が占める割合は15%以上あり、よって向かない管理職が沢山いる、ということになる。さらに言うと、管理職への登用は、決して管理職特性で決められていない。単に実務が強いからとか、あるいは単なるコネや上司の個人的好みで決まったりする。こうして、会社では、日々悲劇あるいは喜劇が毎日演じられる。

さらに言うと、夫であること、妻であること、親であることにも、職業ではないけど、役割特異性というのがあって、夫にならない方がいい人、妻にならない方がいい人、親にならない方がいい人が結構いる、というのが、私の人生観察の結果である。そういう意味では、独身で生きていく人が多いのも、新たな悲劇あるいは喜劇を作り出さないために賢明である、という醒めた言い方もできる。

最後に、単に、人間として生きていくということ、そこにも種族特異性があるのではないだろうか。とても違和感のある言い方だが、人間としてではなく虎として生きた方がいいのに、みたいな人もいるのだはないだろうか。ちょっと言っている意味が自分でも分からなくなってきた。私自身、本当に人間として生きていくのが向いているかどうか、分からなくなってきた。

2008年5月30日

橋本左内

橋本左内といえば、幕末の人で、「稚心を去れ」という言葉が有名。若くして刑死した、くらいしか知らなかった。ところが、本屋で、講談社学術文庫で、橋本左内「啓発録」を見つけたので、これを読んでみた。

その生涯は、次のとおりである。1834年、福井城下に生まれる。父は、医術をもって福井藩に仕えていた。もとの名は、綱紀。その人となりは、誠に聡く、子供のころから学問を好み、藩の儒学者の許で、経書や歴史を学んだ。成長するにつれ、世の様を知るにつれ、これを嘆き、大志を抱くようになった。しかし、性格はあくまで温和、純粋で謙虚さを失わず、一度も人と争ったことがなかった。

福井にいては、学問が大成しないと1849年に、大阪に出て、緒方洪庵に西洋医学を学んだ。しかし、父が病に倒れたため、1851年に帰省し、父の没後は、家督を継いだ。

安政元年である、1854年には、あらためて江戸に遊学、蘭学者杉田成けいに入門した。そこでも、秀才を認められた。その後、藩命で福井に戻り、藩医の職から、学問担当の職に移された。折りしも、横井小楠が隣の越前藩に遊説に来ていたころで、福井藩も、文武の振興を図ることを画策していた。橋本左内は、観念論に陥りがちだった福井藩の気風をよく導き、藩の学風を活発ならしめることに貢献があった。

1857年には、橋本左内は、江戸に召され、主君に学問を進講する役割を仰せつかった。当時は、ペリー来航のころで、江戸は騒然としていた。そこで、聡明なる橋本左内は、いち早く時代を読み、土佐や薩摩の要人とも親交を結び、次期将軍として、英明であることで名高い、一橋慶喜を擁立すべき、との結論に達し、そのために画策した。

ところが、大老井伊直弼は、一人、紀州の徳川慶福を擁立すべきとの意見を推し進め、一橋慶喜擁立派を弾圧した。この流れで、橋本左内は、入獄し、糾問のあと、斬刑に処された。ときに、まだわずか26歳であった。

さて、啓発録であるが、橋本左内がまだ、16歳の頃書いたもので、「稚心を去る」、「気を振ふ」、「志を立つ」、「学に勉む」、「交友を択ぶ」の5編からなる。要するに、子供の頃から甘えてはいけない、武勲を立てるくらいの気概でなくてはならない、一生懸命勉強しなくてはならない、両親を敬わなくてはならない、友達を択ばなくてはならない、安易な遊び友達と付き合ってはならない、という全編、ちょっと若気の至りともいえる気合に満ちている。文章、格調高く、16歳でここまでの文章が書けるものが、どれほどいるだろうか。ただ、この文章からも、穏やかな外面とは裏腹に激しい気概を感じる。

井伊直弼の使いの役人に糾問されたときも、滔滔と自説を説き、怯むところがなかったのではあるまいか。まさに、些かの稚心も見せなかったのではあるまいか。それがために、極刑を受けたものと思われる。というのは、一橋慶喜擁立派で、単に幽閉に留められた者もいたからである。あるいは、井伊直弼派としては、橋本左内の器量を見ぬき、生かしておいてはまずいと思ったのかもしれない。

それにしても、感じるのが、横井小楠との対比である。横井小楠も何度も藩の幹部と対立し、その都度切腹を命じられそうになった。しかし、松平春獄などの庇護で、少なくとも明治維新までは生き延び、偉大な功績をあげた。橋本左内も、生きていれば、横井小楠ばりの活躍をしたと思われる。残念でならない。結局、日本が、橋本左内が描いていた方向に進んだからである。

2008年5月31日

英語バカ

友人から紹介されて、勢古浩爾の「目にあまる英語バカ」を読んでみたが、実に面白い、というか痛快である。ただ、ある意味、私が普段考えていることとあまり違わないので、わざわざ読むほどのこともなかったかも、という意味では、つまらない。しかし、私の英語バカに対する概念は、ここまではきちんと整理されていないので、そういう意味では、理論武装にはいいかもしれない。理論武装してどうする、という意見もあるが。

この本がまずいいたいことは、なにかしらないが、英語がぺらぺらとしゃべれることがかっこいい、女にもてるとか、ミーハーな気分になることがバカだ、ということで、全く異論がない。しかし、そういう馬鹿さから逃れられる人がほとんどいないことも事実である。例えば、私が高校の頃、ギターを弾いてフォークソングを歌うのが流行った。戦争のことなどろくに知らないのに、反戦歌を歌って、進歩人をきどった。そうすると、異性にもてると勘違いする輩がひきもきらなかった。私がそうしなかったのは、ミーハーでなかったのではなく、単に貧乏でギターが買えなかっただけである。

英語に戻ると、確かに、新婚旅行などで海外にいって、ちょっとしゃべれると、頼りになると、配偶者から喜ばれることはあるかもしれない。しかし、How much ?に毛がはえた程度のことを言ってどうする。

あと、英語バカがわれわれの白人コンプレックスに根ざすことを筆者は指摘するが、まさに同感である。自分自身を省みても、それは否定できない。なんのかんのといっても、私は米国外資系企業に勤め、いまだに、それを誇りに思っていたりする。ミーハーである。流石に、ミーハーであってなにが悪いとまで開き直ることはないが。

筆者はさらに、小学校など低学年での英語教育の妥当性を疑う。これについては、私も繰り返しブログにコメントしたので、省略する。

また、筆者は、繰り返し新手の英語勉強法に手を出すのは無駄と指摘するが、これに対しては私は、急に赤面して黙りこくってしまう。なぜなら、時間と費用を投資して試してみて無駄だった英語勉強法が、私の後ろに死屍累々だからである。でも、流石に、オーソン・ウェルズのイングリッシュ・アドベンチャーは試さなかっくてよかったと思う。ほとんど申し込み寸前だった。

筆者の指摘で、目からうろこだったのは、中学・高校・大学と10年も英語を勉強してなぜしゃべれないのか、というと、要するに、10年間まともに勉強していないだけだ、という正論である。実際、多くの人は仕方なく授業に出て、予習も復習もしないだろう。それでは効果がある訳がない。

そもそも、ほとんどの日本人には英語は不要である、というのも、改めて認識しておくべきことである。例えば、中小企業で、旋盤加工やっている技工者の人にどうして英語が必要か。海外から旋盤加工の指導者がやってくるか。海外に製品を売りつけるか。もしそうだとしても、誰か通訳のような人がいればよい。もっと典型的な例をあげよう。私が勤務する会社は、米国外資系企業なので、日本に本社がある多くの企業よりも英語スキルの依存度は高い。当然である。しかし、それでも、日常的に英語が必須か、必ずしもというとそうでもない。例えば、普通に日本のお客さんのところに営業に行く担当者には、英語はほとんど必要ない、それよりも、交渉スキル、製品知識、体力、気遣い、酒が呑めること?の方がよっほど重要である。しかし、時代の流れか、英語のスキルがある程度ないと昇進できない、というようになったきた。それに抗う者は、グローバル・スタンダードに反するなどと、白い目でみられる。

しかし、なによりも英語のスキルが重要視されるのは、英語の教師か、英語で切った張ったの交渉をしなくてはならない海外向け法務や営業の人たちだけではないだろうか。それよりも普段の会社生活では、発想力、気遣い、経理知識、ITリテラシー、コンブライアンスの知識の方がよほど重要である。もし昇進に英語のスキルを重視しすぎると、実務がよくわからなかったり、他人の対して気遣いできなかったり、コスト感覚がないが、とりあえず英語だけできるような人々が会社の幹部を占めるようになる。それがどんだけまずいか、想像するに、大した想像力はいらないのではあるまいか。

もっと言うと、その英語のスキルの指標は結局は、TOEICであって、なにかしらクイズのような設問に答えて、マークシートを埋めるだけである。大学入試というならまだしも、切った張ったの会社実務で、あのような反射神経みたいなテストで意味があるのだろうか。少なくとも、会社で沢山の電子メールを英語で読み書きし、ときどきは日本に来る外国人と英語で会話し、ということでなんとか実務をまわしている私にとって、ああいうのではなくて、まだしも面接したり、作文させたり、みたいなテストであってほしいと願う。もっと言うなら、とりあえず支障なく英語で実務ができているので、TOEICの点数なんかどうだっていいじゃん、ということである(おっと、このあたりルサンチマン)。

勢古氏の話に戻って、英語を本気でマスターするには、王道はなく、地道に時間をかけて努力するよりない、というのは経験的にも至極同感である。私程度の半端なスキルに達するにも、本当に膨大な時間がかかった。インターネットがあり、テレビやラジオもあるので、お金はあまりかけないでもいいと思う。しかし、ともかく時間はかかる。よほどのインセンティブと必然性がなければ、まず挫折する。数千人の一人の語学の才能があればともかく。

で、結論だが、世の中には英語以外にも必要なスキルはゴマンとある。英語以外に必要なスキルを発揮して世の中に貢献してほしい人材もゴマンといる。そういう人が無駄に英語で努力して、本来のスキルが翳るのは困る。黙っていたってミーハーな理由で、功利的な理由で、あるいは純粋に好きで、英語やりたい人に困ることはないのだから、これ以上、余計なプレッシャかけて煽らないで戴きたいのである。

MSオフィス互換

よほどリッチな人でなければ、個人でなんのためらいもなく、MSオフィス製品をポンと買う人はいないだろう。なにしろ、パワーポイントやデータベース・ソフトのアクセスも含めたパックだと、下手すると、下位のパソコンモデル(私だよ!)を凌ぐ値段だからである。

そこで私は、仕方なく、フリーのオープンオフィス4.2Jを自宅のPCに導入した。初期のオープンオフィスは、本当にひどいものだったが、ここにきてようやく、ある程度安心して使えるようになった。

最近では、MSオフィス互換製品として、IBMから提供されている、ロータス・シンフォニーがある。これでもいいのだけれども、個人的にはどうもまだ、操作に慣れていない。それで、オープンオフィスのほうがまだしも、なのである。聞くところによると、ロータス・シンフォニーは、オープンオフィスのコードを改変したものらしい。その結果、GUIがかなり違ってきている。ここらあたり、オープンソース・ソフトウェアの面目躍如である。

MSオフィスよりもぐっと安価な有料版として、キングソフトのものがある。なぜ有料版に注目するかというと、例えば、オープンオフィスでパワーポイントのファイルを単に見たり、印刷する分にはあまり関係ない。しかし、オープンオフィスでパワーポイントのファイルを作成したり編集したりしようとすると、操作が違っていて大変とまどう、ということがある。この点、キングソフトは、GUIや操作性もなるべくMSオフィスに近づけている、というので安心である。

ただ、ちょっと懸念があるのは、最近、マイクロソフトは沢山特許を出していて、ソフトウェア特許は典型的には、GUIや操作もカバーするので、キングソフトのオフィス互換製品が、マイクロソフトを侵害しないかどうか、である。しかし、この点、特許も、機能も膨大であって、その組み合わせは天文学的であり、確認すべくもない。

その他の有料オフィス互換製品として、サンマイクロシステムズのスターオフィスがある。もともと、オープンオフィスがサンマイクロシステムズによって主催されているものなので、スターオフィスも、オープンオフィスのGUI改良版、ということになる。してみると、オープンオフィス、ロータス・シンフォニー、スターオフィスは兄弟、ということになる。

この点で、孤塁を守るキングソフトは、偉大である。すなわち、たった数十人の社員しかいないと聞いたことがあり、それで、MSオフィス互換製品を独自に開発している。それはスクラッチからコードを書いていたとしたら、真に大変である。それはあまりに大変なことなので、もしかしたら、キングソフトの社員は、元マイクロソフトの社員ではないか、と半分冗談で、友人と話したことがある。ただ、上記した特許の懸念で、私自身が訴えられることしないにしても、ちょっとキングソフトのオフィス製品を使うことにためらいはある。考えすぎであるが。

About 2008年5月

2008年5月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年4月です。

次のアーカイブは2008年6月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。