« グーグルに淘汰されない知的生産術 | メイン | 利益相反 »

国境なき・・・

 今まで、国境なき医師団と、国境なき記者団があるのを知ったが、それでは、こういうのはどうか、というのを私なりに考えてみた。

- 国境なき技師団:これは、なんなんだろう、世界の壊れた橋を修理して廻るのだろうか。すると、その費用は? そうか、ある国から依頼されて、世界のエキスパートが集結するのだ、と考えればよい。

- 国境なき棋士団:これは、壮大なる賭けチェス、賭け碁のネットワークである。国家紛争の問題を、それぞれの国が選んだチェスの代表選手が戦って、決めるらしい。ほんまかいな。

- 国境なき弁護団:三浦被告を弁護するために、世界中から各国の弁護士がロサンゼルスに終結しているらしい、なんてことがある訳ない。

- 国境なき消防団:カリフォルニアの山火事を、いろいろな国から消しに行く、というのは考えにくいが、サイクロンの被害を助けるために、ミャンマーに各国から集まるのは、ありである。

- 国境なき清掃団:これって、エベレスト清掃登山の野口さん一行か?

- 国境なき探偵団:はいはい、よい子は早くお国に帰りな。おとうさん、おかあさんが心配してるよ。

- 国境なき密使団:自分たちは密かに行動しているつもりでも、CIAやM16には、ばればれだったりして。でも、人畜無害なので、放置されている。

- 国境なき無視団:世間のすべてのことを無視して超然としているグループらしいが、なによりも世間から無視されていて、誰も気づかない。

- 国境なき香具師団:聞くからにあやしいグループであるが、なんでも、みんな、腹巻をして鉢巻きを締めているという。特に、中東出身で、長い髭をたくわえ、アフガニスタン奥地の名産を、浅草で売っている男がいたそうな。誰かが、オサマ・ビン・ラディン?と聞いたら、にっこり笑って、何も答えなかったという。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/763

About

2008年5月12日 08:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「グーグルに淘汰されない知的生産術」です。

次の投稿は「利益相反」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。