« 反則負け | メイン | 上司について »

コンピュータ将棋

 コンピュータ将棋は、牛歩かもしれないが、確実に進化している。その強さは、典型的には私程度である並のアマチュアの手の届かないところに到達しつつある。そんな中で、第18回コンピュータ将棋選手権が、5月の3-5と、開催された。
 今回のコンピュータ将棋選手権の1つの特徴は、ボナンザが採用して成功を収めた、全幅探索を、棚瀬将棋(東大将棋)、柿木将棋、大槻将棋、奈良将棋が取り入れたことである。コンピュータ・サイエンスのグラフ探索の分野ではいつも、幅優先探索か、深さ優先探索か、ということが問題になる。だから、全幅探索というのは、明らかに1つの明確な方針である。
 一方で、YSSは既存のアルゴリズムであるが、評価関数に磨きをかけたという。また、優勝候補の一角、激指は、実現確率探索という、まるで金融工学と見まがうような華麗?なアルゴリズムをひっさげてきた。まさに、先端技術の闘いである。
 そんな中で、決勝リーグに残ったのは、YSS、激指、ボナンザ、棚瀬将棋、柿木将棋、大槻将棋、奈良将棋。おお、なんと、8プログラム中6プログラムが、全幅探索を採用したものである。全幅探索は、コンピュータの腕力を最大限に利用するものだが、ここでも、腕力指向が有効であることが示された。ちょっとロマンを削ぐ。
 で、決勝は、棚瀬将棋対、激指。棚瀬将棋が必勝だったのだが、まるで羽生対渡辺のネット対戦のように、激指が時間切れの勝ち、となってしまった。内部的には手を見つけていたのに、それを通信で相手に送るルーチンにバグがあったようである。いかにもコンピュータらしい負け方ともいえる。
 さらに凄いのは、エキシビジョン・マッチで、加藤幸男と、清水上徹という、当代アマチュア棋士の最高峰を、それぞれ、激指と、棚瀬将棋があっさり破ってしまったことである。加藤幸男は作戦負けになり、何の綾もなかった。また、清水上徹は、少しの不利をそのままずっと終盤まで詰められないで、押し切られた。この二人に、ここまで指せるのは、プロでも有望若手以上の力が必要であろう。最早コンピュータ将棋は、順位戦C級2組の力には達したという言い方も、あながち誇張ではあるまい。
 すると、コンピュータ将棋に勝つには、去年渡辺竜王がやったように、コンピュータ将棋専用の指し方を研究して採用する必要がある。ところが、それをやりすぎると、人間には勝ちにくくなるようで、実際、渡辺竜王は、去年、B級1組の順位戦で、当初から5連敗した。この辺、痛し痒しである。
 コンピュータ将棋が恐ろしいのは、全然飽和感がないことである。例えば、激指の実現確率探索のように、まだ試されていないアルゴリズムは、コンピュータ・サイエンスの分野で五万とある。また、ムーアの法則により、ハードウェアや通信のリソースはほとんど無尽蔵に使える。こうして、10年以内に、羽生を捉える準備が整いつつあると、私は思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/768

About

2008年5月15日 07:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「反則負け」です。

次の投稿は「上司について」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。