« 無試験転部 | メイン | 終身刑 »

3月のライオン

 今流行の将棋漫画といえば、ハチワンダイバーであるが、もう1つ、羽海野チカの「3月のライオン」。これがなかなか異色。
 主人公の桐山零は、17歳、C級1組のプロ棋士。子供の頃、両親と妹を交通事故で一気に失い、ひとりぼっちに。父の友人に引き取られ、なぜか将棋に励み、プロを目指す。父の友人には娘がいて、やはりプロを目指していたのに、零はその娘を追い越してしまう。娘は、ぐれる。そして、零は、谷川、羽生、渡辺のように、中学生棋士になる。
 ところが、天涯孤独。スナックで酒を飲んでいるうちに酔いつぶれて吐いてしまう。そこで介抱してくれたのが、スナックの従業員、あかり。その縁で、あかり・ひなた・モモの三姉妹の家に呼ばれてお世話になる。
 こうして、同僚の棋士や、三姉妹や、その他の人が、零を「いじる」のだけれでも、零は、飄々と、それなりに将棋も勝って、でも偉ぶらず、孤独の陰をいだきつつ、生きていく。
 ハチワンダイバーのような凄まじい勝負のシーンがある訳ではない。特にラブ・ロマンもない。ただひたすら、淡々と零は生きていく。周りで起こるのは、とても平凡な出来事だけ。まるで、悲劇は子供のとき味わい尽くしたかのように。
 そうだね、こんな将棋漫画もいいかも。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/771

About

2008年5月16日 22:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「無試験転部」です。

次の投稿は「終身刑」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。