« 2008年5月 | メイン | 2008年7月 »

2008年6月 アーカイブ

2008年6月 1日

立体商標

日本コカ・コーラは、コカ・コーラの瓶の形状が立体として商標登録できるかを争っていた訴訟において、知的財産高裁が5月29日に同社の主張を認め、特許庁の審決を取り消したと発表した。文字や図形が付いていない容器の立体商標登録が認められるのは、日本で初めてという。なるほど、2000年の商標法改正で、立体商標登録が登録できるようになったのは知っていたが、特許庁がそこまで保守的であったとは知らなかった。特許庁の言い分としては、形状に商標権を認めると、本来意匠で保護するような機能的特徴にも商標権が及ぶことになり、取引の安定上、好ましくないという判断なのだろう。

だから、立体商標登録登録にある程度保守的になるという心情は分かるが、一方で、商標権の登録要件には、企業努力による周知性が大きい。この点で、コカ・コーラの瓶の形状には、私のように形の感性の鈍いものでも一目であっ、コカ・コーラの瓶だ、と分からせる顕著性があり、また、それを推進するコカ・コーラの企業努力も並大抵ではない。よって、知的財産高裁の判決はきわめて妥当であろう。

ちなみに、今まで、立体商標登録登録として登録されているのは、不二家のペコちゃんやポコちゃんや、ケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダース像くらいで、瓶を見ただけで分かる、サントリーの角瓶は、平成14年(行ケ)第581号の東京高裁判決では敗訴した。すると、東京高裁=知的財産高裁の基準では、単なる瓶の形状では識別性が弱いが、コカ・コーラの瓶の国際認知度に着目したのではないか、と思われる。

ところで蛇足であるが、立体商標登録出願は、どうやって行われるのだろうか。常識的に考えると、現物を特許庁に提出して、それになにかしら願書のようなものを付ける、ということになろう。しかし、2000年から商標も、特許と同様に、原則的に電子的に出願を受け付けるようになった。そこで、立体商標登録出願のためには、下記のような願書をHTMLで用意することになる。

下記に示すように、立体商標登録出願のキーポイントは、【立体商標】という表示を入れること、及び、なにかしら立体商標の三面図らしきものを写真または図面のJPEGイメージで用意し、それを適当に、リンク形式で、【商標登録を受けようとする商標】で貼り付けるだけである。すると、何が正面図なのか、何か側面図なのは分からず、適当に推察して下さい、というレベルで、立体商標登録出願は、何かの国際条約の要請で、仕方なく設けた制度であることが見え見えである。



<HTML>
<HEAD>
</HEAD>
<BODY>
【書類名】       商標登録願<BR>
【整理番号】      TOOOOO3-1<BR>
【あて先】       特許庁長官殿<BR>
【商標登録を受けようとする商標】<BR>
<IMG SRC="商標_1.JPG"><BR>
<IMG SRC="商標_2.JPG"><BR>
<IMG SRC="商標_3.JPG"><BR>
【立体商標】<BR>

【指定商品又は指定役務並びに商品及び役務の区分】<BR>
  【第1類】<BR>
  【指定商品(指定役務)】 化学品,のり及び接着剤(事務用又は家庭用のものを除く。)<BR>
  【第2類】<BR>
  【指定商品(指定役務)】 塗料,染料,顔料<BR>
【商標登録出願人】<BR>
  【識別番号】    000000000<BR>
  【氏名又は名称】  商標株式会社<BR>
【代理人】<BR>

  【識別番号】    000000000<BR>
  【弁理士】<BR>
  【氏名又は名称】  代理 太郎<BR>
【手数料の表示】<BR>
  【予納台帳番号】  000000<BR>
  【納付金額】    20600<BR>
</BODY>
</HTML>

学士/修士/博士

昔から、大学院に進学したくて、しかし、能力や親の反対などのいろいろな理由で断念して、くすぶった気持ちを抱きつつ、今に至っている。それはさておいて、会社に入っていろいろな人に会うにつれ、学士/修士/博士とはどう違うのだろう、それはどう建前で、どう専門性に効いているのだろう、という素朴な疑問はずっとあった。

その1つの回答が、森博嗣著「大学の話をしましょうか」中公新書ラクレ、に書かれていたので、紹介しつつ、コメントする。なお、私は知らなかったが、森博嗣氏は、元名古屋大学建築系の助教授で、今はミステリー作家である、という。だから、工科系ではあるが、学会内部の事情にも通じている、ということになる。

まず、学士であるが、仕事と手法が与えられたとき、それを的確に解決できるのが学士だという。すると、大学の卒業論文なるものは(私は、幸か不幸か書いたことがないが)、教授その他の大学の教員から解くべき課題と、想定する手法を与えられて、解決に至った経緯を纏めたもの、ということになる。もちろん、仕事と手法が分かっていても、誰にも解けないようなとてつもなく難しい課題というのは、山ほどある。だから、その本人の能力を見極めつつ、ちょうどよい努力で解ける程度の解決課題を、手法を示唆しつつ提示するのが、教授の教育的能力であろう。

次に、修士。仕事が与えられたとき、手法を自分で模索しつつ、方向を見定めながら問題を解決できるのが、修士だという。

最後に博士は、そもそも、仕事というか、問題自体を与えることができるものでなくてはならない、ということになる。

すると、学士で入社すると、まず上司から仕事とその解決手法を与えられて、やってみるところから社歴が始まることになる。修士で入社すると、仕事だけ与えられて、解決手法から自分で考えなさい、ということになる。博士だと、そもそも、何を解決すべき仕事かも、自分で考えなさい、ということになる。

ここまできて、グーグルが、優秀な情報処理分野の博士を求めている、という理由も見えてくる。すなわち、グーグルは、問題解決型ではなく、問題提案型のとびっきりの秀才がほしいのである。

また、成熟した会社で博士を敬遠する会社があるのも理解できる。すなわち、そういう会社では、解くべき問題は決まっており、いまさら、問題を提案してほしくないのである。

かなり模式的な言い方であるが、1つの説明になっていないだろうか。

2008年6月 2日

破廉恥行為

最近というか、昔からだが、学校の校長がセクハラしただの、裁判官がストーカー行為しただの、会社の社長が新幹線内で下半身を露出しただの、破廉恥行為の報道に暇がない。

そういう報道を見て、世の男は、ああなんて馬鹿な奴らだ、なんとモラルが低い、と嘲笑して、優越感に浸るのであろうか。

少なくとも私はとても、そういう気持ちにはなれない。だから、約2年前に、管理職を下りたときの部下だった人達への挨拶が、「セクハラもなく、社内規則の違反でクビになることもなく、こうして10年以上も管理職を続けられたことは、幸いです。私のその間の業績なんて、それに比べれば取るに足りません。」であった。もうちょっと気の利いたことを言え、という雰囲気がありありだったが、今でもそれでよかったと思っている。

ただ、「セクハラもなく」というのは、厳密に言えば正しくない。正確に言えば、「セクハラとして訴えられず」というべきである。そういう余計にことを言うと、えっ、じゃあなにかあったのか、といわれそうだが、意図的にセクハラのようなことをしたつもりは全くない。しかし、そう誤解される余地がなかったかというと、自信がない。だから、誤解されてどこかに直訴されなかったのは、本当に幸いということで、「幸いです。」には、千金の重みがある。

私が破廉恥男を手放しで笑わないのは、基本的に男はスケベである、という認識を強くもっているからである。君が特にむっつりスケベなのではないか、と言われそうであるが、他人のことはよく分からないので、比較できない。ただ、友人などと話す分には、私はごく平均レベルのようである。

だから、女性の部下が沢山いる上司として、私は、組織的に、セクハラを防ぐ手段を講じた。
- まず、女性と二人では決して呑みに行かない。誘いもしない:これは一応守れていたと思う。
- 声を荒げて怒鳴ったりしない:これは結構守ったつもりだが、皆無だった自信はない。このことは直接ではなく、間接にまずいのである。すなわち、怒鳴って相手の気分を害すると、セクハラ許容度が下がってしまう。よって、ちょっとしたことで、セクハラと訴えられやすくなる。
- プライバシーに触れない:これは、どうだか。私は、情緒型の管理職だったので、親身になって相談にのったりした。その過程で、聞かずもがなのことを聞かなかった、という自信は全くない。

でも、私がセクハラもなく、管理職をまっとうできた一番の理由は、もしかして、女性に対する魅力を欠いていたことによる、と密かに思っている。自分でも信じられないくらい女性にもてた記憶がない。それを若い頃、とても悔しがったが、いまになって、それでよかった、と思える境地に達した(本当か?)

さらに別の理由は、私があまり利用価値のある人間でなかった、ということも大きい。すなわち、私に擦り寄ったからと言って、なにか便宜を図ってもらえそうな雰囲気を漂わせていない。

またさらに別の理由は、田舎の儒教的恥の文化で育てられたことである。決して親孝行息子ではないが、少なくとも、故郷の孤島で後ろ指さされることだけは避けようという気持ちはあった。

でも、やはり一番大きいのは、将棋とか読書とかの趣味であろう。すなわち、女性とか人付き合いとか、要するに面倒くさいのである。そんな暇があったら、気に入った本をもって喫茶店で時間を潰す方がいい。もし私の趣味が、ピンクサロン巡りだったとする(そんな人、本当にいるんかい?)。すると、高い確率で、私は無事に管理職をまっとうできていないと思う。

で、結論ではないが、世の中の破廉恥行為を嘆く気持ちは分かるが、根絶の方法はないのである。昔から言われている、馬鹿は死ななきゃ直らない、ということである。

2008年6月 3日

マクレラン

元米大統領報道官マクレランが、イラク戦争などに関するブッシュ政権の暴露本を出版して話題になっいる、という新聞記事をみたとき、イラク戦争が暴挙であり根拠がなかったというのは、最早常識なのだから、どうして今更そういう本が話題になるのか、と怪訝に思った。

すると、テレビなどで確認したところ、次のような事情がある。まず、マクレランは、ブッシュ大統領の一番近いともいえる側近だったこと。また、イラク戦争開始時には、大統領報道官として当然であるが、イラク戦争を肯定するような発言を繰り返してきたことある。

それを今更のように、マクレランは、当時はイラク戦争が根拠があると信じていた、のようにその著書に書いている、という。さらに、イラク戦争は、政治的プロパガンダだった、とも書かれているという。

ここまで書いてきて、暴露本の暴露本たる理由がやっとわかってきた。すなわち、マクレランが、彼が現役米大統領報道官だった頃、イラク戦争には根拠がないと知っていたとすると、同様のことをブッシュ大統領も知っていた可能性があり、すると、ブッシュ大統領自身の誠実性が深く問われることになる。しかし、マクレランは、「私は欺かれてうその情報をそれとは知らずに伝えてしまった」と告白しているという。本当にそうなのか。

この点、田中宇氏がずっと前からしている主張が一貫性をもってあらわれてくる。すなわち、ブッシュ大統領はわざと政策で失敗をおかして、米国の力を弱め、世界を多極化しようとしていた、という主張である。この意味では、マクレランは、在任中から、イラク戦争の欺妄性を知っており、今ここでそれを新たに発表している、ということになる。

さらに面白いのは、この暴露本は、事前にホワイトハウスの検閲を受け、特に国家機密の漏洩は含まないと、いわば、クリアランスを得た、という点である。すると、これは、昨年12月に書いた、私のブログ、演出された凋落?の趣旨に一貫するものである。

すなわち、この段階でブッシュ批判の暴露本を出すことは、民主党に塩を送ることになるが、それはホワイトハウスも予定するところであって、寧ろいかに速やかに民主党に政権を譲るか、ということが、今米国政界の課題である、と見て取れる。

それなのに肝心の民主党は、いまだにヒラリーとオバマが指名争いをしている。ほぼ大勢は決したと思われるのに、ヒラリーがクリンチのように粘っているからである。

このヒラリーの粘りには、次のような解釈が成り立つ。その1つは、もともとブッシュが次に大統領を譲る予定だったのは、ヒラリーであり、ほとんど内諾が済んでいた。ところが、青天の霹靂のごとく現れたのがオバマで、まさにトンビが油揚げをさらっていこうとしいている。それでは話が違う、とヒラリーが怒っている、というものである。

もう1つは、ヒラリーは、ここで粘ることで、民主党の結束を弱め、以って共和党のマケインに勝たせようとする。ところが、マケインが大統領になっても高齢なので、4年後には大統領を降りるだろう。そのときこそ、ヒラリーの登場である、というものである。しかし、このストーリーの難点は、4年後だってオバマは健在だろう、ということである。すると真実は、前者なのだろうか。

こうして、マクレランの暴露本の示唆するところは、その暴露内容に留まらない。このタイミングで、ブッシュ政権から大きな非難もなく出版されるというところに、米国という国家の不透明さを醸し出している。その不透明さは実は、9月11日テロの不透明さと同質である。すると、果たして米国は、中国よりも、ミャンマーよりも、ロシアよりも本当に透明な民主主義国家なのだろうか、という疑問にもつながる。また、オバマはこのまま無事なのだろうか。ケネディ大統領やキング牧師と同じ運命をたどるのだろうか。マクレランの暴露本からは、その暴露内容だけでなく、このように多くのオープンクエスチョンが噴出してしまう。

要求工学

情報処理学会誌の2008年4月号で、要求工学なるものがあるのを知った。目新しい用語であるが、ちょっと考えてみると、大抵に設計では、いかに仕様や要求を正しく反映するか、ということが重要であるので、要求工学という名前は付かないにしても、それらしい技法は既にあったに違いない。よって、要求工学は、それらの、場合により無意識のうちに行われていた技法を明示的に研究する、という側面もあると思う。

さて、例示的であるが、要求工学は、下記のような分野を含むという:
- ステークホルダ分析:利害関係者抽出、または利害関係者の視点に立った要求
- ゴール指向:対象システムのゴールに着目
- シナリオベース:時系列のエピソード、イベントを自然言語で記述していく手法。
- アスペクト指向:横断的な要求(セキュリティ要求など)をアスペクトとして捉える。
- 問題フレーム:対象領域における問題を理解するための枠組み
- ネゴシエーション・モデル:どのような要求に基づき、要求の優先順位を決め、システム化傾向を決定するかを決める。
- 要求パターン:特定のコンテキストにおける要求のパターンを、ある記述ルールに従い、定義し整理する。
- ドメイン・モデリング:対象システムが存在する問題領域をあらわすモデルを記述し、問題領域の理解を正確にする
- 形式仕様:形式仕様言語(Z言語)に関する研究
- 非機能要求モデリング
- 無矛盾性チェック:要求の一貫性のチェック
- 要求とアーキテクチャ:要求仕様からアーキテクチャの作成
- 要求の社会的/文化的側面:要求を、社会的、文化的に研究する
- 要求管理:常に一貫した要求セットを維持
- 追跡可能性:要求間、及び要求仕様間の追跡可能性
- ドメイン特化研究:ある特定の問題領域に特化した研究
- 要求工学教育:要求工学の教育

要求を記述する、という意味では、ソフトウェア分野になるが、UMLなどもその例である。ただ、UMLは、モデル自体も記述できる。UMLを、ハードウェアにも拡張したものとして、SysMLがある。

ただ、見て取れるように、要求工学の裾野は、意外に広い。これは、どのような開発やソリューションにもまず、要求の把握とその記述がついて回るからである。

ここでの文脈は、情報処理学会誌であるゆえに工学であるが、住民からの要望把握という意味で、政治学にも関与し、経済政策のためのインプットという意味で、経済学にも関与し、特に問題フレームにおいて、世界と要求の間で共有される事象を考慮する点で、現代哲学にも通じる。

ということで、馴染むためのメモというとりあえずの目標は果たしたので、以下は後日とする。

2008年6月 4日

IE7

新しくパソコンを買ったことはブログに書いたが、そのパソコンは、Windows XP Professionalなのだけれども、ブラウザは、IE6でなく、IE7である。

IE7がIE6の後継だから使いやすいかというと、とんでもない。FireFoxがタブ方式を採用して、複数のページの間で簡単に切り替えられるようにしているので、それを真似てタブにしているが、実に使いにくい。メニューバーもない。また、私はトップ画面をグーグルにするのだけれども、なぜかそれがうまくいかなくて、トップ画面がよく分からないIEの設定画面になってしまう。

そういう不満を言っていたら、社内の友人が、IE7をアンインストールすればいい、と教えてくれた。IEをアンインストール? IEというのは、OSの一部なのだから、それはまるでフォルダを操作するためのエクスプローラをアンインストールするに等しい暴挙だと感じた。

すると、友人は、IE7をアンインストールすると、自然にIE6が出てくるよ、と教えてくれた。そこで、おっかなびっくり、IE7のアンインストールを試みた。すると、OSが脅すのである、プログラムのリストを示して、これこれのアプリは、IE7と関連付けられているので、IE7をアンインストールすると、おかしくなるかもしれない、と。ただ、このメニューは英語であって、そんなことを試みる人は多くないと想定して、そこまでは日本語化していないようである。

果たして、立ち上げなおすと、無事IE6が出てきて、お気に入りなど設定もそのまま継承されている。ただ、IE7では、最初に複数ページを登録できるので、そこは単一ページしか登録できないIE6には当然ながらうまく反映されていない。

してみると、IE7は単に皮を被っているだけで、実際は裏でIE6が動いているのだろうか、と疑いをもった。もしそうなら、FireFoxのようにNativeにタブ方式を実装している訳ではないのかもしれない。

すると、マイクロソフトは、OSの開発に長い歴史をもち、IEにも膨大な時間をかけてきたのに、FireFoxライクな機能を実装しようとするとたちまち馬脚をあらわしていまう、ということになる。AIソフトからライセンスされている仮名漢字変換機能もそうである。

ということで、ここで、スキルの非可換性が明るみになる。ということは、前項のような要求工学ということをかっこよくぶち上げても、結局、要求に従って機能を実装する段になって頓挫することもありえる。そういうのって、流石に、要求工学の範疇ではないと思うのだが、すると泥臭い知識工学の話になってしまうのか。

2008年6月 5日

遍在の時代

今週号の週刊将棋を見て、おっ、と思った。学生名人戦で、福岡大学一年の中野勇太氏が優勝していたからである。九州学生棋界に浅からぬ縁がある私としては、感慨に堪えない。

しかし、これを、いかなる意味でもフロックと呼んではいけない。なぜなら、2年前にも、同じ福岡大学の北川氏がやはり、学生名人になっている。こんな短い期間で、二人も学生名人を出すというのは、半端ではない。

確か、最初に学生名人が出たのは確か、昭和54年の熊本大学の松下君であった。もともと、若手の有望であったが、私が九州にいた昭和53年頃は、まだかろうじて私の方が強かったと思う。それから一気に私のような軟弱者を追い越した訳であるが、あの頃はまだ、ちょっとフロック感があった。それから数年後、後輩である九州大学の小沢君が学生名人になった。するともう、二人目ということで、フロック感は薄れた。

戻って、私が九州学生棋界にいたころは、まだ関東や関西とは情報格差を感じていた。というのは、関東や関西にはプロ棋士や奨励会員がいて、そういう人達と付き合うことで、関東や関西の学生棋士たちは情報を仕入れ、一方、九州にいたわれわれは、そういう恩恵を受けることが少なかった。結果として、個人戦でも団体戦でも、なかなか全国大会で上位に食い込むことは難しかった。しかし、言い訳ではないが、それは、才能の違いではなく、情報の違いであった、と改めて言いたい。

なぜなら、証明はちょっと難しいが、美人と秀才は遍在する、という定理があるからである。どんな辺鄙なところにいっても、必ず美人も秀才もいる。そういう美人や秀才を、東京にいきなり連れてきても、ぜんぜんひけをとらないかもしれない、というところまで、その定理は保証する。東京には、すごい人も沢山いるけど、それより遥かに沢山のすごくない人がいるのである。

そういう意味で、層の厚さは別の議論であるが、沢山のよい棋書が出版され、ネット将棋が隆盛し、もはや情報の地域格差はほとんどなくなった、と言ってよい。すると幾許かの才能と、少しの運があれば、短い間に九州学生棋界から二人の学生名人が出るのはなんら意外ではない。

その別の例が、最近朝日アマ名人になった、北海道の金内氏である。彼は、奨励会で修行した訳でもなく純粋に学生棋界出身であるが、二度も学生名人になった、という強豪である。ただ、北海道出身で今も稚内という辺鄙なところにいる、というのが、今回学生名人になった福岡大学の中野氏と好対照である。金内氏にも幾許かの才能と、少しの運があった、というだけの話である。

友人とも議論したのであるが、却って地方にいると、強豪が少ないし、予選の参加者も少ないので、勝ちあげるまでに戦う局数も多くない。すると、必然的に全国大会に出場する機会が、中央にいるよりも多くなる。だから、地方にいる強豪の方が却って全国大会で優勝するのに有利である、という逆転現象も生じる。

ただ、高校野球で大阪や神奈川などの激戦区から甲子園に出るのは大変なので、あえて山陰北海道の高校に進むものがいる。こういう傾向が、駒大苫小牧の快進撃にもつながったのであるが、そこまでするのか、とそういう傾向にはまだ違和感は感じる。

ただ、自分の仕事を顧みても、中国やインドでもできる仕事はどんどんそちらに仕事を取られて、アジアで重心は、日本から中国側に移動するばかりである。これは、東京を日本、地方をその他のアジアの国と見立てたときの同型である。28年も前に夢と希望を抱いて華の東京に出てきたのだが、夢破れつつある昨今、そろそろパラダイム・シフトを考えてみる時期かもしれない。

ミシュランその後

昨年の11月、東京ミシュランとして、このブログでミシュランのことに触れたが、昨日の新聞に、「ミシュランその後」という特集があったので、メモしてみる。

まず、「ミシュランガイド東京2008」には、星付きの店が150店掲載され、そのうち三ツ星は、8点あるという。これは、パリの9点についで多いという。東京よりもニューヨークのような気がするが、ちょっと意外である。

では、「ミシュランガイド東京2008」に載った効果はどうか。例えば、三ツ星がついた、「鮨 水谷」では、若い人や外国からのお客様が増えた、という。これは至極当然。すなわち、東京のレストランをよく知らない人が、接待したり、有名レストランを訪ねてみようとしたら、「ミシュランガイド東京2008」にしたがって選ぶのが無難である。ただ、「鮨 水谷」では、酒類などの売り込みも多いという。これも当然。営業のターゲットになるのは避けられない。あと、ホテルを通じての予約が増えたというのも、当然。一方で、客層が変わり、キャンセルも増えたという。これは、有名であるがゆえに、軽い客が安易に予約する、ということである。まあ、仕方ない。別のミシュラン星付き店では、客の質が下がったことを嘆いているという。それもまた、仕方ない。

その「客の質が下がった」という点では、一般論であるが、口コミや自分の足で探した店でなくて、「ミシュランガイド東京2008」でレストランを探すような人は、勝手知らない外国人でもない限り、自分で判断しない、ちょっとミーハーな人なのではないだろうか。

私のようなグルメではないが、自分の判断や感性を大事にしたい者にとって、「ミシュランガイド東京2008」にしたがって安易に店を探すなんて、ちょっと苦痛である。何が苦痛だって? あ、財布なんだけど。だって、ミシュランに載るところなんて、高いに決まっている。私には。無理。

ところで、最近、実家の父が、私の弟がやっている「温石」という料亭を訪た。すると、なにやら、女性のライターが来ていた、という。なんでも、ある雑誌に、弟の料亭を紹介するとかで、弟は、ライターの女性を丁重に扱っていた、という。実際、私は大学を出てずっとサラリーマンで、自営業をやったことがないので、客が来なくて干上がるという恐怖感を知らない。弟が言うには、まだ軌道に乗ってないそうであるが、その前段階にいくまでも、一日も客が来ない日もあったりして、やきもきしていた、という。だから、雑誌に書いてくれるというライターのような存在は、とてもありがたいらしい。その際、どういう仕組みか知らないが、少なくとも、一番よい料理をライターに振る舞い、ライターはそれを写真にとっていろいろい記事に書くのだろうが、そこで、料理を振舞う以外にも、心づけなど渡すなだろうか。多分そうなんでろうな、と思う。それでライターは、いろいろなレストランや料亭を、文字通り食い物のして生きているのだろう。

そういえば、三ツ星の1つ、「すきやばし次郎」がテレビで放映されていたとき、店主にべたっと寄り添う初老の男性がいて、なんでも、料理評論家なのだという。そういう人が面白ろおかしく紹介するから、すきやばし次郎が三ツ星にあげられる訳で、すると、料亭にしてみれば、ライターさまさま、料理評論家さまさまではないか。

するってえと、三ツ星てえのも何かい、出来レースかい、と思いたくなってしまう。では、弟には悪いが、料亭やレストランというのも、ある程度は、結局は虚栄と思い込みの産物、ということにならないか。もちろん、その虚栄を演じるために長い修行が必要であることは認めるが。そうでなきゃ、超一流と呼ばれた船場吉兆が、一瞬にして瓦解してしまうはずがないのである。

2008年6月 6日

熟考について

私は若干詰将棋を作るので、ときどき、詰将棋を解くのが得意ではないかと勘違いされる。しかし、謙遜ではなく、同じくらいの将棋の強さの人と比べて、やや平均以下である。

ところで、今年の四月に、1年ぶりに職団戦に出てみて、最初はたまたま勝てたが、2局目はめためたで、後で友人とも練習を指してみたが、ぼろぼろであった。そこで、これではいかんと、簡単な詰将棋を解くことにした。たまたま手許にあった、「塚田詰将棋代表作」である。ところが、ショックなことに、初心者向けの11手詰が何時間考えても解けない。

以前ならこういうとき、とりあえず20分くらいで諦めて、回答をみて、あっそうか、と次の問題に進んだものである。ところが、今回は、頑張って根性出してみた。絶対に回答を見ない、という方針である。するとまあ、仕事に行っていたせいもあって、ずっと考えていた訳ではないにせよ、初心者向けの11手詰を解くのに三日もかかってしまった。これではまるで、アマチュア三級ではないか。

ところが、その三日の投資は無駄ではなく、それから、早くて20秒、最大一時間(ちょっと長すぎか)で、初心者向けの11手詰が詰むようになった。すると、週刊将棋の次の一手も前より早く解けるようになった。

で、分かったのだが、ここ数年、管理職を降りたりいろいろなことがあって、すっかり熟考ということから遠ざかっていた。もちろん習慣的に本は読むのだが、ほとんどが斜め読みで、表面的な内容の理解にとどまっていた。

先日、ある数学者の短い自伝をみてみると、数学の本というのは、ちゃんと読むと、1冊、だいたい1年かかるという。ううん、そうなのか、と自分の粗読を改めて恥じた。ただ、1年かけて一冊読んだとしても、一応理解しただけで、そこに書いてある技法を使いこなすには、最低三年はかかるという。

そういえば思い出した。私が独身で暇だったころ、既にサラリーマンであったが、ちゃんと数学を勉強してみようと思って、よせばいいのに、ブルバキの数学原論なる本を買ってきた。最初の第1巻は、「集合論」である。それをきちんとノートをとりながら、毎日2時間ずつ読んだ。読んだだけでなく、練習問題もすべて解いた。すると、結局、この一冊に8ヶ月かかった。ハチワンダイバーではないが、そのときは、私なりに数学の世界にダイブしていたことになると思う。

ところがそこからがいけない。ブルバキの数学原論第2巻の「代数1」の半分まではよかったのだが、そこから、息切れしてきた。ダイブしても、まるで水が濁っていて、視界が利かないのである。で、ずっと潜っていると苦しいので、段々ダイブが億劫になってきた。それから結局は、とても表面的な読書になってしまって、私の数学センスは、大学教養程度に留まっている。

新聞記事にあったのだが、とても偉い数学者の志村五郎氏が、潜れる時間と深さこそが数学の才能である、と言っていて、まさに私の経験は、はからずも自分の浅い才能の限界を見てしまったということになる。

ともかく、ダイブしたことはそれでも確実に私の力にはなっていて、熟考すること、実際に手を動かして計算すること、が理解の基本であることを改めて思い出した次第である。

2008年6月 7日

iPhone

Webニュースによると、ソフトバンクモバイルがアップル社製の携帯電話「iPhone」を発売することが決まったという。ただ、発売時期や価格などについては未定。しかし、早くも「iPhoneは日本で売れるのか? 」といった話題で盛り上がりを見せているという。

このニュースをみて、おおついに来たか、というのが私の感想である。これは間違いなく日本でもヒットする。自信をもって言える。

会社の研究員の人に、iPhoneを見せてもらったのは約1年前である。アップル特有のスマートなデザインはさておいて、キーボードレスのGUIがとってもクールである。すなわち、指で広げていったり、指をつぼめたりする直感的なインターフェースがとても使いやすく、遊び心に溢れている。そのときはまだ、日本では電話としては使えず、ネットに繋ぐのでさえ、特殊な裏技を要すると聞いた。そういう、通信機器として使えない状態でも、面白くてしかたがないモバイル・デバイスが、電話として使えたり、ネットに接続できたりしたら、日本で流行らないはずがない。米国で500万台以上のベストセラーになった、という事実がそれを裏付ける。

「iPhone」をめぐっては、NTTドコモもアップル社と交渉をすすめていたが、価格交渉で折り合わなかったようである。しかし、ソフトバンクはアップルの高額な請求を飲み込んだ、といった噂が駆け巡っている。もともと、投機的なビジネスのやり方は、ソフトバンクの得意とするところで、この点でも、ソフトバンクが一歩先んじたようである。

当然ながら、日本やその他の携帯メーカは、iPhoneの跳梁に手を拱いている訳がない。また、間違いなく、iPhone流の、ソフトキーボードのタッチパネルのインターフェースが主流になるだろう、猫も杓子も。

もともと、アップルは、特許で市場を牽制しようとする会社ではない。手元の特許データベースで調べたところ、日本におけるアップルの特許出願は、未公開を除き、全体でたった85件しかない。マイクロソフトが1年で600件以上も日本に出願している現状に鑑みると、これは異常な少なさで、よって、他の携帯会社が、iPhoneライクな携帯を開発することに、知的財産的な障壁は少ないと思われる。しかし、そのコンセプトはなかなか追随を許さない。日本でよいコンセプトをもっていると喧伝されているソニーのウォークマンが、iPodの足元にも及ばないことからもそれは推察される。

そこで私の興味は、アップルがいつまでこのエクセレントのコンセプトの製品を出し続けるかである。もしその大部分が、スティーブ・ジョブズの才覚にかかっているなら、若からぬスティーブジョブズの才能の源泉は、結構有限ということになる。ジョブズのDNAがどれほど、アップルのほかの社員に遺伝しているのだろうか。ジョブズにとってそれは知ったことではなく、結局、ジョブズなしのアップルは、something other than Appleになると思うのだが、いかがなものだろうか。

ローマ字表記

外国人、特に米国人と付き合っていると、どうしても、日本語の名前などをローマ字表記せざるを得ない。特に、コンファレンスなどで、最初にしゃべるならいいが、ネームプレートの名前を見て、米国の人が発音するときは、なかなか所望の名前で呼んでもらえない。

例えば、「栄子」というのは典型的な女性の名前の一つで、Eikoとローマ字表記するが、これは間違いなく、アイコと呼ばれる。エイコと呼んでもらうためには寧ろ、Aikoと表記すべきで、ここで逆転現象が生じるのが面白い。

あと、ニコンという日本の会社があって、Nikonとローマ字表記されるが、これはナイコンと発音される。だから、こちらは、米国人に対して、先回りして、ニコンのことをナイコンと呼んで、正しく会話が成立する。外資系企業で、ニコンをナイコンと呼べるかどうかが、ほとんど出世の分かれ目と言っていい。まあ、冗談だが。

その関連で、今月号の雑誌アルクに、アーサー・ビナートという人が書いている記事によると、銀座の有名な焼き鳥屋、「鳥銀」は、ローマ字表記で、TORIGINであるが、どうしてもこれは、トリジンとしか読めないそうである。

もっと妙なのは、大内歯科医院の英語表記で、Ouchi Dental ClinicのOuchiが、英語で、「痛っ!」の意味で、米国人はこういう表記の歯科医院に入るのにとてもためらうのだそうである。

ビナートがさらに指摘しているのは、http://www.oup.comというURL。これは由緒正しい、Oxford University PressのURLであるが、ビナートには、oupが、英語のoops(おっと、しまった!)を連想させ、由緒ある出版社なのにミスプリが多いのか、と思ってしまうそうである。

逆に日本人として、私がちょっと、と思う例を1つだけ挙げる。医薬品の一流会社で、グラクソ・スミスクラインという会社がある。この「グラクソ」というのを聞くたびに、ええっ、医薬品の会社なのに・・と思ってしまう。日本では別の名前を使った方がいいのではないか、と。なんで?なんて野暮なことは聞かないでほしい。

2008年6月 8日

第六天魔王

「偽書の精神史」佐藤弘夫 講談社選書メチエに、鎌倉時代に成立した無住の「抄石集」の一節が紹介されている。それによると、無住が伊勢の内宮に参拝したときのこと、一人の社官が、なぜ伊勢は、仏教の三宝、すなわち、仏・法・僧の名を忌み、僧が社殿に近づくことを許さないか、ということについて、次のとおり語ったという。

遠い昔、海の底に大日如来の印文があるのを見つけた天照大神が、鉾を下ろしてそれを探ってみると、鉾の先からしたたった滴が、露となった。それを天宮から見ていた第六天魔王は、この滴がやがて国土となって仏法が広まり、すると、そこに住む人たちが迷いの世界から救われて悟りを開くのを恐れ、天から降りてきた、という。そこで、天照大神は、第六天魔王に、自分は三宝を口にすることもないし、この身に近づけることもないので、安心して下さい、といったところ、第六天魔王は天に戻ったという。これがゆえに、伊勢は、仏教の三宝を忌み、僧が社殿に近づくことを許さないのだという。

第六天魔王とはなんとも物分りのいい魔王だこと、と普段物分りの悪い人に取り囲まれて生活しているので、むしろ意外だが、第六天魔王という言い方が私には目新しいので、Wikiをみてみた。すると、第六天とは、仏教における天のうち、欲界の六欲天の最高位にある他化自在天をいう。この天に生まれたものは、他人の楽しみを、自由に自らのものとすることができるという。すると、第一から第六天魔王までの六人の天魔王がいるのか、という私の変な疑問はあっさり消えた。

すると、第六天魔王とは、仏教において、悪役(ヒール)であって、この悪役を制圧して、悟りの世界に導くのが、仏の役割、ということになるのだろうか。つい、俗に、夜叉の仮面を被った悪役プロレスラーを想定してしまう。しかも、こういう固定した悪役の存在というのは、仏教というよりも、善と悪の二元論をベースとし、最後は善が勝つことを教義とする。ゾロアスター教のようにも思われる。

日本では、反仏教の典型的な悪魔の存在であるが、織田信長が自らを、第六天魔王と称したという。これは、織田信長が本願寺や延暦寺の僧を虐殺したことの自己正当化であろうか。

さて、三宝を口にすることもないし、この身に近づけることもないという天照大神の誓いであるが、伊勢などの本尊を除けば、神社と仏閣は渾然一体としており、寧ろ仏閣の方が数からして圧倒的に優勢である。仏教の教えをベースとする政党も日本で栄えており、第六天魔王は天から日本を眺めて、本当に納得しているのだろうか。

確かに、明治維新で、廃仏毀釈と称して、仏教施設の破壊などが行われた。そのことと、軍事国家日本との関係はよく分からないが、日本は第二次大戦で大敗し、仏教はまた復興してきた。あの訳の分からない戦争への狂乱は、やはり第六天魔王の仕業なのだろうか。してみると、あるときは織田信長の姿を借り、あるときは東条英機の姿を借り?、降臨してきて、日本をめちゃくちゃにして去っていく。しかし、その後なぜか日本は繁栄する、という、第六天魔王は地上の人間の理解をはるかに超えた存在のようである。

グローバリズムの陥穽

グローバリズムが勃興したのは、数年前であろうか。金融関係では、前世紀の終わりころ、金融自由化という名の下で、いろいろな日本固有の制度が改訂された。それに言及する知識はないので、省略する。

ここで特に言及したいのは、産業界で隆盛になってきているグローバリズムである。これを聞いて、めでたい人は言うであろう。ああ、そうだよね、インターネットも発達して、国境の情報の壁がなくなった。日本にいても、アメリカにいても、同じように仕事ができる。これこそが、グローバリズムだよね、と。

確かに、そういう面があるのは認める。しかし、よく考えてみてほしい。グローバリズムの名の下に、欧米圏で、アジアをよく知るために、日本語や中国語の勉強が盛んになってきているだろうか。インドの地方の人とも会話するために、ヒンディー語が世界でブームになっているだろうか。そうではあるまい。

寧ろ、世界共通言語としての英語が一層隆盛を極めている。グローバリズムの使者はいう。君たち、もっと英語を勉強しよう。そして、もっと世界に向けて情報発信しよう。日本語で読み書きしていては、世界の誰も読んでくれない。孤立するばかりである、と。

こうして、日本の大手の会社では、TOEICなどを昇進の条件にしているところが多い。日本板硝子という会社は、英国のピルキントンという会社を買収して、国際企業に一躍のし上った。

一方、米国系の外資系企業などでは、グローバリズムを推し進めて、米国本社と他国の子会社の間で、制度、ITインフラなどを統一しようとする。今までは、各子会社が、それぞれ独自のシステムを構築して運営しており、子会社間で必ずしも互換性がとれなかった。それはまずいということで、全世界で統一したインフラを推し進めるのである。これを聞いて、いかにも当然と思われるであろう。

ところが、そこに思わぬ陥穽があった。各子会社が、それぞれ独自のシステムを構築して運営していたのは、別に好き好んでではない。言語も文化も習慣も違う国でビジネスを行おうとすると、米国本社から提供されたシステムでは、用を足せない。言語1つをとってみても、本社のシステムは、英語しか使えなかったりする。

そこで、グローバリズムを推し進めるためには、本来、ITインフラは、緩い制約の基盤システムを本社が用意し、各子会社が、独自のシステムをその基盤システムで接続できるようにしたものでなくてはならないはすである。

しかし、そのためには、本社のITスタッフにはものすごいITスキルが必要である。また、各子会社のIT担当者とも密に連携しなくてはならない。だから、本来、グローバリズムなるものは、本社自体に重い負荷をかけるものであるはずである。そして、本社は、全世界グローバル化という遠大なストーリーのために、この重荷によく耐える、という次第。

ちょっと待ってほしい。実はそうなっていない。私が推察するところ、どうも本社は、そんな労力を負ってまで、グローバル化しようとしていない。しかし、中国やインドなどのリソースをうまく使うため、どうしてもグローバル化したい。

そこでどうしたか、というと、本社にとって簡単な話である。本社が使われているシステムをそのまま、各国の子会社に使わせる。これで、本社のITスタッフは、なんの苦労を負うこともない。あとは、子会社のスタッフに、少しの労で、本社のシステムになじんでもらう。メニューはほとんど英語だが、いまさら英語で苦労するように者は、子会社にいないだろう、というものである。

すると、子会社から苦情がでることがあった。どうしても、本社のITシステムでは、その国の事情に対応していないことがあって、使えない、と。本社のITスタッフには、それは心外である。注意深く作られた本社のITシステムは、万能なはずであって、それは熟練が足りないのだ、とはねつける。

こうして、若干の軋みとともに、グローバル化は進む。でも、と子会社のスタッフは、ふと思うのである。グローバル化といいつつ、本社の人たちは、自分たちローカルの事情を理解してくれない。ただ、グローバル化の錦の御旗を振りかざして、自分たちのやり方を押し付けてくるだけである。

グローバル化ということで、世界全体を考えると、例えば、元サッカー選手の中田のように全世界を旅して廻る人は、いかにもグローバル化にふさわしい。では、日本人である中田が、日本のやり方を、行く先々で、押し付けているだろうか。それはとても考えにくい。中田は、世界のいろいろな風俗・文化にふれて、違和感を覚えつつ、感嘆もしているだろう。

このように、グローバル化とは本来、いろいろな国の人が互いの文化を知り合うことであるはずなのに、いつの間にか、米国人が米国のやり方を、世界に押し付ける制度になってしまっている。そのことに、とっくに、米国人は気づいているが、改めることはない。なぜなら、それは米国人にとって、なりよりも楽だからであり、且つ錦の御旗の下に推し進めることができるからである。どうして止めるインセンティブが沸いてこよう。機能不全にならないかぎり。

2008年6月 9日

人生の自滅

私は若いころ、数理哲学や科学哲学が好きで、それで、バートランド・ラッセルの著作もよく読んだ。決して平易ではないが、明確な論旨の文章は心地よかった。いまとなっては、どのような内容のものだったかほとんど覚えていないが、1つだけよく覚えているのは、次のようなラッセルの文章である。
「私は若い頃、生きるのがとても苦痛で、いつも死にたいと思っていた。しかし、今に至るまで生き延びてきたのは、数学が好きで、もっと数学を分かりたいという気持ちがあったからである。」

実際、生きていくのは背中に重い荷物を背負って山道を歩くようなもので、多かれ少なかれ、生きていると嫌になる。そんなとき、自分の好きなこと、やりたいことがあれば、まだ生きていこうという足しになるだろう。ラッセルの場合、それが数学だった、ということである。

なぜこんなことを言うかというと、昨日また、無差別殺人事件があったからである。静岡県裾野市富沢、派遣社員、加藤智大容疑者(25)が、秋葉原の中央通りの交差点にトラックで突っ込み、歩行者をはねた。さらにトラックから降りて、ナイフで歩行者らを次々と刺した事件で、7人が死亡、10人が負傷した。

加藤容疑者は、「彼女がいない、ただこの一点で人生崩壊」「(仕事を)辞めろってことか」「チャンス、人生に一回もなかったけど」などと、孤独や派遣社員として働くことにたいする不満や絶望を事件前に携帯電話のネット掲示板に書き込んでいた、という。

加藤容疑者は、青森県の名門、青森高校出身、先輩に太宰治がいる。ただ、どうした経緯か、今、静岡県裾野市で派遣社員である。秀才であるが故に、自分の今の境遇と、最善を尽くせば得べかりし地位さのギャップに絶望したか。あるいは、アキバ系のロリコン好きであったが、切れやすい性格で、ちょっとした不満を増幅させたか。

無差別殺人といえば、池田小事件の宅間被告、佐世保猟銃乱射事件が思いだされるが、今回の加藤容疑者にしても、犯人は、客観的にみて、それほど爆発的な殺人事件を起こすほどに悲惨な状態にあったとは思えない。寧ろ激情型の性格で、ちょっとずつ不満を溜め込んでうまく解消できなかったのだろう。

そういう意味で、ラッセルのように知的興味でうまく破滅を免れる例を挙げると、それはとても特殊なことにように映るが、本当のところ、それはそんなに難しいことなのだろうか。

数学でなくてもよいし、勉強でなくてもよい、スポーツでもいいし、囲碁や将棋でもいい、麻雀でもいい、パチンコでもいい、風俗でもいい、なにかしら定常的に不満を吐き出す手段があればもそれでいいように思われるが、ある種の人たちにとって、そのような日常的な気晴らしがうまく作動しないのか。

あるいは、宗教心の欠落により、天の存在が感じられないのだろうか。お天道様がみてるぞ、という感覚である。

あるいは、退屈力の欠如なのだろうか。またさらには、佐世保猟銃乱射犯人の心情で引用した、赤木智弘「若者を見殺しにする国」双風舎にあるような、派遣社員としての閉塞感なのか。

こう列挙してみると、最後の閉塞感が、一番大きい原因のような気がする。しかし、会社のリストラから始まった社会の経済一辺倒主義は、とどまるところを知らない。世の中は、不況になればなるほど、それは、合理性追求の手がまだあまいのだ、とばかり、さらに締め付けを厳しくしていく。昨日述べたグローバリズムの隆盛もその一環である。

すると、また、こういう事件はおきるのだろうか。時間も場所も特定できるはずもなすが、そうなんだろうと思う。候補は、あなたのすぐそばにもいるに違いない。

警察は銃刀の管理を厳重にする、というが、包丁など百円ショップでも買えるし、どんな車でも本来的に凶器になりえる。すると、やはり社会にどう潤いを取り戻すか、である。でも、どうする。

2008年6月10日

学校で教えない英語

私は一応理系頭のつもりだが、中学・高校と、一番得意な科目は英語だった。今は英語の達人がひしめく外資系にいるので、この組織で英語が得意な方に属するなんて無理だが、でも、必死の努力をしたせいで、かろうじて、英語で仕事をなんとかこなす程度にはなっていると思う。

それで、特に今の会社の部門で技術翻訳など担当してきて思ったのは、中学・高校で習った文法や表現は、実はとても役に立つということである。今、軽薄な挨拶みたいな会話が小学校で教えられているようであるが、とりあえず馴染むにはいいとしても、実用性を求めるなら却って、がっつり文法をやるべし、と改めて思う。それが非ネイティブが、込み入った思想を英語で表現できるようになる唯一の道である。金髪の女性は口説けないかもしれないが。

それで、実用的に英語を使っていて感じたのは、いくつかのキーの表現が学校で教えられていない、ということである。特に難解な言い方ではないので、なぜなのか怪訝である。いくつかの例を挙げよう。


まず、"police patrolled area"という言い方。要するに、警察警備地域、とでも訳すのだろうか。より具体的には、警察が警備する地域、あるいは警察によって警備される地域と訳してもよいが、語順が日本語と同じなので、下手をすると、日本語英語と勘違いされるおそれがある。しかし、正当でひきしまった英語なのである。

それと類似するが、"silicon rich layer"という表現。シリコンが豊富な層、という意味で、いかにも技術英語であるが、literature rich peopleで、文学の素養が深い人達、という言い方もできる(はずである)。

また、前置詞+動名詞構文で、It was created by putting some ingredients into the solventのような言い方を、技術英語ではよく用いる。by ...ingは、・・・「することによって」であって、これも下手すると、日本語英語と勘違いされるおそれがあるが、タイム誌などでも頻用される格調高い英語である。

最後に、後置動名詞構文。The troops arrived in Bagdad, resulting in outrage of insurgents. のresult ing in以下がそうである。これによって、引き締まったとてもいい英語になるのだが、少なくとも中学・高校では多分教えられていないし、よって、入試にも出ないと思う。

面白いのは、上記のような表現は、英文を読む分には、すぐ馴染んで理解できるようになるが、自分で書くとなると、なかなか中高の枠から出ることがでない。そのため、英作文のステップアップのため私がとった方法は、Aというネイティブから来た表現をメモしておいて、Bというネイティブに出すとき、ほとんど主語述語だけとりかえて、メールを書くようにしたことである。それでも、微妙に語法の違いでしっくりこないことがあったが、そういう失敗をしないで上達はありえない。こうして、幾星霜をへて、仕事で最低限、英語で伝えたいことが書けるレベルになった次第である。

タバコは神様の贈り物?

だいたい新聞の書籍広告は隈なく見るが、医学博士橋内 章著、「タバコは神様の贈り物?」真興交易医書出版部 刊と、同「酒・タバコって本当に悪いの?」は、思わず目を引いた。すなわち、飛行機でもタクシーでも、ほとんど全面禁煙になりつつあるのに、いまどきこういう本が出るのか、とむしろ興味をもった。

もちろん買う気などさらさらないので、広告の範囲で紹介すると、「タバコは神様の贈り物?」の方では、タバコを吸うことが男のステータスである、タバコを吸わなくなったことが人口減少の理由である(おそらく、タバコが性欲を刺激するとか、精子を活発化するとか、そういうことがいいたいのだろう)、嗜好品として至福の人生につながる、とか、そういうことが書いてあると推察される。

一方、「酒・タバコって本当に悪いの?」の方は、酒とタバコとどっちが悪いか、お酒は体によい、お酒は心臓病の予防効果、やっぱり赤ワイン?、タバコの害、タバコをやめると太る、タバコの利点-脳細胞とニコチン、ニコチンは知的能力を高める、タバコをやめるべきか、喫煙は寿命を縮めない、とある。

筆者は国立大医学部卒の麻酔医で喫煙者であるという。それはともかくとして、こういう表題だけ眺めていると、まるっきりトンデモを語っているようには思えない。というのは、私はタバコは吸わないが、酒は好きだし、コーヒーは軽い中毒といってよい。そして、アルカロイドという点でコーヒーとタバコは似たところがあり、頭の働きをよくする点でも共通していると思う。

ただ、ヘビースモーカーで肺癌になった例は結構知っており、そこに直感的に相関を感じない訳にはいかない。また、タバコは火事の危険性と、周りへの煙の迷惑も否定できない。

ということで、確かにタバコは有意義とは思えないが、人類の嗜好品としてはありえる部類だろう。ひょっとして、人間の残虐性を減らす効果がある、というなら、寧ろ応援してもよいが、流石にそこまではいえないか。

2008年6月11日

オバマの気になる点

米国大統領選挙で、民主党は、結局オバマを指名し、ヒラリーは、渋々、オバマを支持することを表明した。党の方針として仕方ない、というところだろう。面従腹背の政治家の世界なので仕方がない。私が言う、霊格の高い人々が好んで進む世界では決してない。

ところで、私は、情熱の士、オバマが嫌いではないが、それでもいくつか気になる点があるので、自明な点も含めて列挙してみる。

先ず、その政治的マニフェストにあたるものが明確でない、という点である。前にも書いたが、彼の演説は、聞く者の耳に心地よいが、しかし、あまり内容がない。自分の生い立ちを話すが、では、今後の米国をどういう方向に導くか、明確に語らない。単に、良くしてこう、という内容に適当に脚色しているだけである。この点、ある意味、ナラティブすぎるけれども、内容のあるヒラリーの演説の方が、私にはずっと好ましい。

次に、私にとって許し難いのは、師であるライトを裏切ったことである。それは人間だから、師匠と意見が決別し、袂を分かつことはある。しかし、ライト師に対する裏切りを表明することによって、白人からの支持を取り付けようとする根性はさもしい。2000年の大統領選挙で、ブッシュがやったことを見ると、そもそも大統領選挙なるものは、本質的にさもしい。だから仕方ないのであるが、オバマには、非さもしさ、純粋性を期待してしまうところがある。こういう期待性は却って政治家としてマイナスではなかろうか。そういう意味では、ケネディもそうであった。なんとなく、ベッドの上で死ねないのではないか、とその未来を予測させる。ただ、逆説的であるが、政治家として、そういう横死は悪くない。横死によってはじめて、偉大な印象を与える一群の政治家はいると思う。オバマがそれに属すると考えるのは突拍子もないことではない。

さらに、その人種差別に対する旗色が明確でないことである。そもそもが、ライトを裏切ったことからも分かるように、黒人差別を前面に出しては選挙戦に勝てないことを知っている。しかし、その本来的な出自から、やはり、黒人差別の問題は避けて通れない。その辺の態度が、意図的に曖昧になされており、一方、ヒラリーは、ずるさを指摘されつつも、女性の地位向上を宣言する点で、曇りはなかった。尤も、女性地位問題と、黒人差別の問題では、根の深さが違いすぎるので、そういう言い方はフェアーではない。それを知りつつ、言っているのだが。で、そのように曖昧にしているのに、依然として、人種差別主義者からのテロのターゲットになるという割のあわなさはある。割のあわなさ、という一種不条理を被る点は評価する。そこは決して一般の選挙民からは評価されないだろう、という点でであるが。

こうして書きつつ、私は、次第にオバマを支援する気持ちが萎えてきた。マケインが勝べき、と思いはじめてきた。同じ共和党とはいえ、ベトナム戦争で苦労したマケインは苦労人で、おぼっちゃま君のブッシュとは違うだろう。そういいつつ、なぜか、オバマをも、おぼっちゃま君とみなそうと思っているのであった。

2008年6月12日

ポアンカレ予想

今月号の数学セミナーに、ポアンカレ予想の小特集があったので、自分のメモもかねて纏めてみる。ポアンカレ予想はもともと、1904年、いまから100年以上も前に、ポアンカレによって「3次元球面は、基本群とホモロジー群により特徴づけ可能であろう」と予想されたことから始まる。

これは数学的に、「単連結な3次元閉多様体は、3次元球面に同相であろう」と等価である。このようにポアンカレ予想は、3次元から始まったが、これを高次元に拡張してみたいのは人情だろう。すなわち、「単連結なn次元閉多様体は、n次元球面に同相であろう」である。そして、高次元の方が難しいだろう、と思うのものまた、人情である。

ところが、である、1961年にスメールが、nが5以上の場合のポアンカレ予想を肯定的に解決した。これには周囲はびっくりした。なぜなら、普通、高い次元の方が難解だからである。4次元ポアンカレ予想は、1981年にようやく、フリードマンによって解決された。4次元の場合、いままでなかったような新しい技法が必要とされた。なぜなら、交差解消の理論において、与えられた閉曲線を境界にもつディスクが多様体の中で張られなくてはならないが、多様体の次元が4だと、これがうまくいかないのだという。

で、結局、未解決として残ったのは、オリジナルの3次元のポアンカレ予想であった、というのはとても偶然とは思えない。

さて、3次元のポアンカレ予想をも含むような、サーストンの幾何化予想というものがある。これは、「すべてのコンパクト3次元多様体の内部は、幾何学的構造をもつ部分に分解されるであろう」というものであるが、なんと、ロシアの数学者べレルマンは、トポロジー本来の手法とは全く違う手法によって、サーストンの幾何化予想そのものを解決してしまったのだった。ちなみに、幾何学的構造とは、ユークリッド的、球面的、双曲的などの8つの具体的構造で、ここで分解するとは、それらを3次元多様体の境界である、2次元球面、トーラスで互いに貼り合わせて、与えられたコンパクト多様体が構成されるようにすることをいう。

なぜ、従来のトポロジー本来の手法が、3次元のポアンカレ予想に有効でないのか、本間龍雄「ポアンカレー予想物語」日本評論社 1985年によれば、次のとおりである。すなわち、高次元ポアンカレ予想で有効であったハンドル体の理論は、3次元ではヘゴール分解の理論となるが、ヘゴール分解の与える代数的情報は、生成元と関係式で、解決に十分な情報ではない、というものである。数学セミナーの上記特集によれば、その他にも、3次元球面中のリンクのデーンの手術として問題を与えるのか、分岐被覆空間として与えるのか、4次元多様体の境界として与えるのか、三角形分割として与えられるのか、3次元球面からの適当なホモトピー同値写像として与えるのか、などいろいろな出発点があるが、どのトポロジー的な手法から出発しても、いいところまではいくのだが、必ず行き詰るのだそうである。

べレルマンの手法は、次のように概説される。単連結3次元閉多様体上に、リーマン計量を与える。そこで、リッチ・フローを走らせれば、本質的に大域的な障害が起こらず、球面の標準計量に収束するのだという。ただ、初期計量では、何度もリッチ・フローが止まるので、そこに現れる特異点を手術し、リッチ・フローを続けさせる工夫が必要であって、そこにべレルマンの苦心がある。

なお、リッチ・フローという手法は、べレルマンのオリジナルではなく、アメリカの数学者、リチャード・ハミルトンによって、熱流の問題を幾何学に応用することによって、発見されたものである。リッチとは、レヴィ・チビタとならんで、初期のリーマン幾何学の創設者の一人であり、ハミルトンが利用したのは、リッチ・テンソルと呼ばれる縮約された曲率テンソルである。

さらに述べると、べレルマンが利用したのは、リッチ・フローの局所非崩壊性である。この局所非崩壊性によって、単調性が保証され、以ってリッチ・フローを続けさせるため、特異時刻での手術を行うことが可能となる。

東大の超エリート養成講座

東大の超エリート養成講座と聞くと、東大の中でもとびきりに優秀な学生を集めて、ハーバードやMIT、カルテクなどを凌駕する成果を挙げようとする試みと思われるかもしれない。しかし実は、主に社会人向けで、企業や中央省庁などのトップを担うエリートの養成を目的とした講座である、という。今年の10月から開講予定。受講料は週2回、半年間で600万円。ううむ、なんという高さ。ちょっと個人で身銭を切って受講する気になる人はいないだろう。

講座は定員25人。主に社会人を対象とし、各組織でトップになる可能性がある40代を中心に募集するが、当面は企業などからの推薦を受けた人から選考する、という。すると、企業による費用負担で派遣されてくる、その企業・組織の幹部候補がターゲット、ということになる。

では、どんな内容なのだろうか。講義内容は(1)世界経済や宗教、環境問題などの「教養・知恵」(2)経営理論や危機管理などの「知識」(3)課題を発見する力や交渉力、自己表現力などを身に付ける「技能」-の3分野。(1)のところでは、生命科学などの講義もある、という。もしかして、iPS細胞研究の山中伸弥教授も特別講師で招待されるのかもしれない。さてこれの、普通のMBAに対する売りは何なんだろうか。もし、その差分が(1)のところだとすると、それは寧ろ、自分でじっくり本を読んだ方がよくないか。ともかく、なんとなく総花的で浅い印象を受けてしまう。

また、講師は東大の教授陣に加え、自治体の首長や企業経営者ら外部からも招く。講師が一方的に話をするのではなく、受講生同士の討論を中心とし、15%程度は英語のみによる講義となる、という。ううん、またしても英語か。

で、思うのだが、週2回、半年だとそんな大した内容の知識は身につかない。比較する例が適切でないかもれしれないが、C言語でプログラム書くのだって、がりがり書いても、まともなアプリが書けるようになるのに5年くらいかかると言われている。

そこで思ったのは、この講座は、各企業エリートのラベル付けの機能を果たすのではないか。すなわち、ある企業で、抜擢したい幹部候補生を、この講座に送り込む。すると、人事上、東大超エリート養成講座終了というラベルが付き、これでもって峻別することができる、という次第である。それが真の実務的な優秀さにつながるかどうか、私には甚だ疑問である。というのは、依然として実務と乖離した印象を受けるからである。また、もし教養を売りにするなら、こういう講座に頼らなくて余暇に、アリストテレスの形而上学でも読めばいいのであって、お仕着せの講座に頼るあたりからして、頂けない。ともかく、私のような非エリートには覗いしれないところではある。

2008年6月13日

異常気象

異常気象

新聞によると、今米国では異常気象で、西部のワシントン州では、6月というのに降雪があり、吹雪で一人が亡くなったという。また、6月の平均気温は、例年より5度低いそうである。

一方、米国東部では、先週から熱波が続き、各地で35度以上の気温だという。

また、中西部のイリノイ、アイオワ州では、大雨で洪水が発生しているという。

これを見ると、なんともにぎやかなことだが、しかし、広い米国本土である、それくらいのことはあるだろう。

ところが、この記事の出だしがいけない。「世界各地で地球温暖化の影響が指摘される異常気象が起きるなか、世界有数の二酸化炭素排出国である米国を、6月としては常識はずれの天候が襲っている。」という記述。これは、普通に読むと、「二酸化炭素排出国である米国で、その二酸化炭素が原因と思われる地球温暖化の影響で、異常気象が起こっている。」となる。

しかし、ずるいのは、もしそういう指摘を新聞社にしても、米国の異常気象が、地球温暖化の影響で起こったなどと一言も述べていない、と逃げられるであろう。それにしたって、地球温暖化と、米国西部の寒冷化は矛盾ではないか。そもそも、中国だって今年3月、何十年ぶりかの寒波に襲われたではないか。それを地球温暖化でどう説明するのか。

それでは、こういう記述だとどうか。「チベットを弾圧し続けている中国で、チベット自治区付近の領域で大地震があり、数万人が亡くなった。」これだと、地震が、チベット弾圧の天罰として起こったように読める。

元の記事に戻って、依然として、「二酸化炭素排出を防ぐことにより、地球温暖化を防止しよう、人類の未来のために」のような風潮が世間を席巻している。あれだけ。科学的根拠のあるデータに基づき、少なくないちゃんとした学者が説明しても、地球は温暖化しつつあり、その主要な原因は人類が放出する二酸化炭素である、という命題を世間一般が疑うことがない。

これでは、戦時中の鬼畜米英と同じである。だいだいが煽るマスコミが悪い。また、その尻馬にのって稼ぐ人たちも悪い、ということになる。まるで、痴漢の疑いをかけられた青年のように、二酸化炭素は、「俺は地球温暖化なんかやってない。」と叫びたいのではないだろうか。

2008年6月14日

幸田シャーミン

Webニュースによると、元国連広報センター所長の幸田シャーミンさんが、「国連広報局の上司からパワーハラスメントを受けた」と申し立てたというが、限定的であるんが私の知る組織の論理では、もう辞めたのだから、今更パワハラでもないのではないか、と思う。

幸田シャーミンさん自身にも問題があるのではないか、と推察させることが二点ある。その1つは、2007年1月に、センターのスタッフ6人が幸田さんをパワーハラスメントなどで告発、審査委員会が幸田さんを調査した、という事実である。だいたい、上司は人事権をもつので、余程でないと、パワハラで上司を告発することはない。それでも、ときどき会社には精神のバランスを欠く人がいて、合理的でない理由で上司を告発することがあるが、このように6人の部下が結束してパワハラで告発する、というのは、相当の理由があったと推定させるに十分である。そういう意味で、幸田さんの元上司、赤阪局長は「問題は、彼女自身による部下へのハラスメントから始まっている。部下を信頼するよう何度も指示した」と反論したという意見は、妥当性を帯びている。

さらに、幸田さんが、「センターには内部監査報告にも出てこない500万円の定期預金が存在する。どういう性質の金なのか明らかにすべきだ」と新たな追及をしたというが、もともと、幸田さんはそういうことを監査する職責ではなく、また、慣習的に誰からも指摘されておらず、誰かがそれを着服したという証拠もないのだから、ほとんど破れかぶれの反撃にすぎないと思われる。

もちろん、幸田さんの意見にも妥当性はあるだろう。国連という組織に、ビューロクラシーが蔓延り、それに抗ったという面はあるだろうが、しかし、6人もの部下からパワハラと訴えられる事態は避けなくてはならない。

幸田さんの経歴をみると、外国の一流大学に留学し、少なくとも懸命に表面的にはエリートになろうと努力してきたように思われる。その過程で、よくあることであるが、目下の者に対する思いやりを軽視してきたのではあるまいか。言い換えると、周りの人間は、自分が社会の階梯を上っていくために存在する、ということである。また、エコステーションという環境保護のWebページを運営しているが、そこに、深い思想的、哲学的思慮をみてとることはできない。しかし、今でも美人だし、有名人なので、今後もそこそこに人生を渡っていけるだろう。きっと、謙虚とか思いやりとか、学ぶことはないのだろう。

スピリチュアル的な

もう15年くらい前から、友人の紹介で、「シルバーバーチの霊訓」などの本格的なスピリチュアリズムの本を読んでいる。それで、感じ入ることもあるが、どうしても生身の人間というか煩悩が邪魔して理解できないことも多い。ここで注意して戴きたいのは、精神科医の香山リカなどが批判しているスピリチュアリズムは、霊感商法で騙して高い壷を買わせるようなものであって、ああいうものと同一視してほしくない、ということである。例えば、東大生の中にも犯罪に手を染める人はいるだろうが、そういう例をもって東大はもう駄目だみたいにいうのはあまりにも妥当性を欠くのと同様である。

ところで、先日の秋葉原の無差別殺人事件であるが、スピリチュアル的には、とても意外なことに、殺されることは全く悲惨ではない。亡くなった人の霊魂は、いささかも穢れる訳ではない。ただ、こんなことを公的な場で言うと袋叩きにあうので、こういうスピリチュアル的という形容詞をつけて、かろうじて述べてみるところである。ただ、ああいうと突然の死に方は、やはり亡くなった人の霊魂にもショックが残るので、霊界では、しばらく、面倒をみてもらうことになる。

では、犯人の側も悲惨ではないのか、というと、流石にそうではない。殺人を犯した犯人は、スピリチュアル的にも大きな負荷を負う。このように惨めになって自分を追い込む生き方のストーリーは、ある意味、生まれてくるときに、自分で選んだものである。あえて難しい試験にチャレンジするようなものであって、それをクリアすると、大きな精神的な成長を達成することができる。だから、言い換えると、犯人は、自由意志を十分に働かせれば、この悲惨な運命は回避できたのである。しかし、結局、何かの努力不足により、結局、悲惨な運命を回避できなかった。いろいろな意味で後悔は多いはずである。結局、犯人は、輪廻転生を繰り返して償うよりない。ただ、私のような者が輪廻転生などと軽々しく言うのは、スピリチュアル的にも妥当でない。すなわち、そういう卑近な例にこだわると、霊感商法に近づくので、戒めなさいということである。

さらに、秋葉原の無差別殺人事件では、殺された人はたまたま運が悪かった、というのが、現世の健全な思考であるが、スピリチュアル的には、宿命だったということである。すなわち、そう宿命づけられていた、ということである。スピリチュアル的には、こういう人生の終え方をする人は、とても霊格が高い。とてもいい人と慕われていた人ばかりのはずである。賭けてもいい、稀代のペテン師みたいな人は、間違っても、無差別殺人事件のターゲットにはならない。おっと、またイエローカードである。そんな軽々しい言い方は、してはいけない。

殺人というのは、スピリチュアル的にもとても罪であるが、それ以外のスピリチュアル的な罪は、私利私欲を追求することである。例えば、私財を投じて、ラスベガスを買い占めたハワード・ビューズは、折角の富を、恵まれない人を救うことに使わなかったという意味で、相当の大罪である。もちろん、日常的には、刑法にも民法にも触れないが。

実は、こういう私利私欲を追求することを罪とする考え方は、聖書の「金持ちが天国に行くことは、駱駝が針の穴を通ることよりも難しい。」と通じる。よって、もともとイエス・キリストは、スピリチュアル的な聖人であり、現代の宗教の教義なるものは、スピリチュアル的な純粋な教えを、カクテルしたものである、ということである。ただ、現代の宗教には、余計な儀式や脚色が多すぎる、ということである。

以上、覚束ない私のスピリチュアリズムの理解を書いてみたが、流石に、無差別殺人で殺されることが悲惨でない、だなんて、いくらなんでも言いすぎだったかな、と今更反省している次第である。

2008年6月15日

マネジャの優秀さ

大きい組織でもいいし、あるいは数人からなる小さい組織でもいいが、それをまとめていくというのは、とても大変である。そのとき、管理者というかマネジャにとって何が一番大切か、というと、現状を把握し、慣習がどうか、実務内容がどうかということを把握することである。もちろん、管理者には、「かくあれかし」という方針は必要である。しかし、現状や実務を把握しないで立てた計画はすべて、絵に描いた餅であり、それが成功する確率は極めて低い。

そして、現状を把握することに王道はない。自ら、さまざまな人と会って話さなくてはならない。出来れば、掃除のおばさん(おじさんでもいいが)と話した方がいい。思わぬ観点の情報をもたらしてくれるかもしれない。

とてもまずいのは、直接会って話さないで、間接的に話を聞くことである。例えば、Aという課の問題点を、Aという課の課長に聞いて分かった気になってはいけない。それは、その課長の意見にすぎず、その課の問題点をその課長が把握している、と思うことは楽観論に過ぎる。是非とも個々の課員に話を聞くべきである。そんな時間はない、と上位管理職はこぼすかもしれない。しかし、組織内の真の問題点を把握する以上に優先順位の高いことが他にあろうか。すると、他の接待遊興的な時間を削ってでも、部下の話を聞くことに時間が費やされなくてはならない。

もっと言うと、組織内で、どう管理職が決まるか、というダイナミズムを理解すべきである。多くの組織で、管理職は、適性で決まらない。人事権をもつ上位管理職が操りやすいとか、特定の専門知識があるとか、学歴であるとか、あるいは単に人間的にウマがあう、とかいう理由で安易に決まってしまう。すると、組織にあって、管理職なるものは、せいぜいが、ピア・ツー・ピア(P2P)ネットワークにおける、スーパー・ノードのようなものである。すなわち、スーパー・ノード型P2Pネットワークでは、適当に決められたスーパー・ノードとしてのPCにインデックスが置かれ、一時的にサーバのような役割を果たすが、ネットワークの情報の流れが変われば、スーパー・ノードは別のPCに移る。だから、スーパー・ノード=課長の意見なるものは、一課員の意見と何も重みにおいて、変わらない。だから、組織にあって、意見なるものは、P2Pネットワークにおけるフラッディングという技術のように、一斉同報通信の仕組みで取得されなくては意味がないのである。おっと、話の技術的喩えが過ぎた。

人と会う以外には、その組織にある既存のマニュアル、文献の類を読むことである。その際、理解できなくても仕方ないと割り切るべきである。例えば、ガースナーは、ナビスコからIBMにやってきた。通常のユーザとしての知識以外のコンピュータの知識はない。だから、先端的なコンピュータ技術の深奥を理解することは無理である。それでも、技術のトレンドを理解するために、そういう文献にも眼を通す必要はあったろう。分からない点は、きちんと質問できるスタッフが必要であったろう。それでいいのである。

なぜ今更、こんな当たり前のことを言うかというと、最近の国連の幸田シャーミン氏のニュースを聞いて、幸田シャーミン氏はおそらく、自分が担当するようになった組織の現状をさまざまな人から聞く、という努力、その組織の過去の文献を読む努力をほとんどしなかったのではないか、とふと思ったからである。要するに、IBMを立て直したガースナー氏と対極にある。ガースナー氏と幸田シャーミン氏を比較するなんて、王貞治と、草野球の四番打者を比較するようなものであるが、しかし、問題は、草野球の四番打者がいきなり、楽天球団のクリーンナップに登用されるようことが、世間一般の組織で行われていることである。池田信夫氏も指摘しているように、三洋電機が野中ともよ氏をCEOに登用したのも暴挙であった。彼女が、どんな改善を三洋電機にもたらしたのであろうか。かきまわしただけではないか。

で、私は、管理職の一番の適性を、現状把握能力におくべきと主張する。リーダーシップや人望はさておいて、学歴あるいは虚名ともよぶべき名声など、何の意味もない。そうはいっても、やってもらわないと分からないので、しばらく管理職をやってもらって、現状把握能力を先ずテストする。そこでフェイルしたら、早めに管理職から退場したもらう。もちろん、現状把握能力は、管理職としてのクオリフィケーション・ミニマムだから、そこからもいろいろな能力は問われる。そこはまた、別の話である。

私が言いたいことは、現状把握能力がないと分かった時点で、早めにお引取り願うことで、それさえも普通の組織ではなかなかうまくいかない。それは、その上位管理職に現状把握能力が欠落している、ということを意味する。だから、私が言っている、とても当たり前の話も、組織によっては理想論を言っている、と呆れられてしまう。私が単に「青い」のだろうか。

女性の感性、男性の感性

NHK教育テレビを見ていたら、ニット作家、広瀬光治という人が出演していた。とても手際よく編み物を編み、周囲の女性の賞賛を浴びていたが、動作はどうみても女性である。ベルバラの世界、というのは、こういう人をいうのではないだろうか。

また、華道家、假屋崎省吾氏は、本人も女性よりも男性に興味がある、と公言している。

それと、マツケンサンバの振り付け師・真島茂樹氏も、どうも女性にはあまり興味がないようである。

こういう例をみていると、もともとは女性が主要である分野で、独特のユニークな感性を発揮するためにはどうも、男性であることが有利で、しかし、普通の男性ではなく、中性的、あるいはニューハーフ的な感性が必要とされるように思われる。

男性のカリスマ美容師となると、どうだろうか。ちょっと微妙である。

それ以外の例では、男性バレリーナというのにも、私はどうも違和感がある。ただ、その分野で有名な熊川哲也氏などを見る限り、ニューハーフ的な要素は見て取れない。

ましてや、料理人ともなると、包丁一本で、結構男らしい。一流ホテルの料理長など、寧ろ女性が近づきがたいものがある。

すると、次のことは言えるかもしれない。すなわち、女性がメインの分野に男性が入っていくとき、男性がマイナーのうちは、ほとんどがニューハーフ的な男性である。そういう感性でないと、敢えて入っていけないと言える。しかし、段々時間がたって男性もメジャーになってくると、男らしい男性も増える。

そういう意味で、スタン・ハンセンみたいな人がバレーをするのはまだ分かる。しかし、アブドラ・ザ・ブッチャーみたいな人が器用に編み物に勤しむ姿はなかなか想像できないので、ニットの貴公子、広瀬光治の地位を脅かす男性はなかなかいないよね、と思っていたら、嶋田俊之という人もいるという。こういうのを、あらまほしきは先達なり、というのかしらむ。

中国の男女の偏り

以前、このブログの一人っ子政策という記事で、中国の男女の偏りについて述べた。そこで私は、最初に産まれる子供は男子であることが多く、すると、中国では、一人っ子政策であることから、必然的に男子が多いのだ、という理論を述べたが、友人からも反論があり、私自身も、自分の理論に自信がなかった。

と思っていたら、最近、人民日報サイトの「人民網」で、中国は男女の出生比率が世界で「最も深刻で最も長期にわたり偏っている」国家であると認めた、という。それによると、現在、中国の男性は女性より3700万人多く、なかでも0歳から15歳までは男子の方が女子より1700万人多いことが判明、というから、昨年、中国の友人から私が聞いたことは、数字的にも妥当だったことになる。

人民日報サイトによると、中国で男子が多い理由は、「1人っ子」なら男の子を生みたいという要望によるようである。そういう夫婦は都会よりも農村部で多く、産婦人科で妊娠中の胎児の性別を診てもらい、女とわかったら人工中絶を受けるケースが後を絶たないという。韓国など儒教国では、露骨に女の子よりも男の子を欲しがるが、中国では、そういう理由ではなく、老後の社会保障が不安定な農村部で「頼りになるのは、嫁に行った娘より同居の息子」という考えがあるためである、という。

このように男子が余っていることで、男女比の不均衡から性の乱れやこれに伴うエイズなどの性病が蔓延すると専門家は予測する。確かに、余った男子は、風俗の店に殺到したり、性犯罪を引き起こす可能性が高いであろう、と思われる。

中国人民軍が盛んに戦争をしていた頃は、男子が余っていることは寧ろ好都合であったろう。しかし、中国が軍事でなく通商で栄えるようになってからは、余った男子は持て余されることになる。まあともかく、平和を喜びたい。

2008年6月16日

香水と料理の著作権

コピライトという雑誌によると、フランスでは、香水と料理に著作権が主張できるのではないか、と議論されているという。いかにも、フランスらしい、というか。

日本の著作権法では、著作権の対象になるのは、その第2条によれば、「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するものをいう。」とある。もし、「思想または感情を創作的に表現したものである」だけなら、なんとか、香水や料理も対象と解釈される余地があるかもしれないが、「文芸、学術、美術または音楽の範囲に属する」のところで、含むと解釈することが難しくなっている。

一方、フランス著作権法第112の1条によると、「この法典の規定は、いずれの精神の著作物についても、その種類、表現形式、価値又は目的のいかんを問わず、著作者の権利を保護する。」とずっと広い解釈の余地を与える。

フランスにおいて、2006年6月13日のフランス最高裁は、一旦香水の香りの著作物性を否定したが、2007年2月14日、パリ控訴院が、再び香水の香りの著作物性を認めたという。

具体的には、Beaute Prestige International社が、自社の香水"La Male"の香りに著作権の保護があること、Senteur Mazal社が販売する化粧水"L'homme"、"Inmate for Men"はその権利を侵害することの確認を求めた。

裁判所は、その形式が知覚されるものであるなら、固定は保護の要件ではない、嗅覚による構成物である香りは、これらの条件を満たしている、と判断した。

Beaute Prestige International社は、資生堂の研究所による分析結果のデータを提出した。それは、感覚的、物理的、化学的観点から行われたものであるが、成分構成が類似し、香りにおいて誤認混同させるに足りる、という鑑定結果がある。また、そこに、この香りがありふれたものである、という示唆はない。この鑑定結果の客観性が意味があったと思われるが、しかし、2006年6月13日のフランス最高裁の判例があるので、最終的には予断は許されない。

個人的には、シャネルの何番とかいう香水に識別性はあるので、なんらかの保護はされていもいいと思う。日本だったら、不正競争防止法あたりを引き出すしかないかもしれないが。

一方、具体的な判例ではないが、European Intellectual Property Review誌が、高級料理には、著作権の保護が認められるべきとの論考をしているというが、香水よりもこちらの方がずっとありえると思われる。

そもそも、料理にはレシピがあり、それと料理の関係を、建築設計図と建築物の関係になぞらえているというが、なかなかよいポイントではないだろうか。

ただ、料理の場合、盛り付け、味、香りと様々な要素があり、何が保護されるのかの特定をする必要がある。少なくとも盛り付けは、それが高度な美術工芸になっているなら、日本の著作権でも保護されるのではないだろうか。味、香りとなってくると、香水との類似の判断が必要になってくる。

しかし、上記の判例にあるように、味や香りの類似性を主張するためには、レシピの類似性に立ち戻る必要があるであろう。レシピ自体は書き物なので、その書き物としての著作権はあるが、では、そのレシピに基づき、作った料理がどれだけ保護されるか、という議論に帰着する。

例えば、ある建築物を見て、設定図を作り起こし、それで類似する建築物を建造することは、もとの建築物の著作権侵害であるが、しかし、ある料理をある別のシェフが味わってみて、その別のシェフがレシピを再現し、とこから類似の料理を作ることに対して、どれだけ権利を主張できるか、という問題が出てくる。

そこで、盛り付けの類似性はなく、味だけだと判断は微妙かもしれない。ただ、日本の料亭で、そういうことをしてばれると、法的には追求できなくても、同義的には信用を失う(板前をやっている弟によると、板前が他の料亭に食べにいくときは、きちんと身分を明かすのが仁義で、それを怠ると大変な非礼になる、という。そうして身分を明かすと、きちんとした料理が出てくる、という。こういう方法で、板前は互いに、正々堂々と切磋琢磨するようである。ただ、料亭間の関係で、料理を出してもらえず退席を命じられることもあるらしいが。)

よって、著作権なのか慣習的な保護なのか、という判断にもつながる。日本ではなかなか起こりにくい議論なので、あえてメモしてみた。

2008年6月17日

内なる楽園

何度もこの問題に立ち返るが、結局、秋葉原無差別殺人の犯人の問題は、「内なる楽園」を構築することに失敗したことにあるのではないか、とふと思った。

私の小学校時代の思い出に遡ると、運動音痴で非社交的だったので、いつも虐めの対象だった。気のあった数少ない友達はいたが、いつも遊べるとは限らなかった。そのとき一番の慰めは、昆虫や魚介の図鑑を眺めることで、その小学館の図鑑は今でも実家にあるが、手垢で汚れている。何度読んだか分からない。実家の農家の薄暗い片隅で、図鑑を眺めると、不思議に気が落ち着いた。私は本当によく虐められたので、今の、気が弱い子供だと本当に自殺も考えるほどだったかもしれないけど、図鑑を眺めることが「内なる楽園」で、そこに立ち返れるかぎり、とりあえず生きていけた。バートランド・ラッセルの数学もかくあるらむ、である。

その後、ふとしたことから趣味が将棋に移ったが、将棋が「内なる楽園」になるか、というと微妙である。というのは、どうしても勝敗が絡むし、必勝の将棋を逆転でとても落胆することもある。さらには相手が必要である。するとどうも、相手が要ることはなかなか、「内なる楽園」にはなりにくいようである。そういう意味では、詰将棋の創作だったら、「内なる楽園」になりやすいかもしれない。

ところが、中学・高校と、あまり「内なる楽園」に浸った記憶がない。これは、卓球部の部活が忙しく、また、がり勉から遠いとしても、一応、受験勉強した、ということもあるだろう。強いていうなら、真空管ラジオを製作したことが当時「内なる楽園」だったかもしれない。高校受験を控えて、ラジオばっかりかかりっきりになっていたので、流石に母にたしなめられた。

大学になると、暇はとてつもなくあった。「内なる楽園」は、推理小説を読むこととなった。考えてみると、大学になるまで、推理小説はおろか、小説なるものを、ほとんどまともに読んだことがなかった。それで、貪るように松本清張などの推理小説を読んだ。

社会人になってからは、読書範囲は推理小説からやや広がったが、それでも、「内なる楽園」は、依然として読書であった。女性に興味はなくはなかったが、私はあまりにシャイというか面倒くさがり屋だった。それでも、友人から、恋愛しない奴は人間ではない、というようにそそのかされて、好きな人に告白してみたが、結局、戯れに恋はすまじ、で、ただ心が傷ついただけだった。そもそも、私の人生理論では、相手が必要なものが、心の平安につながる訳がない。それが「内なる楽園」からの要請である。

30歳くらいになって、「内なる楽園」のための、私にとって最高の玩具をみつけた。それは、コンピュータであって、特に、プログラミングであった。プログラムは一見、無機質なコードの羅列であるが、ある塊となってメモリにロードされると、生き物のように動き、作り手の意図を正しく、あるいはひどく曲解して、体現してくれる。それこそが「内なる楽園」たる内面の宇宙である、と酔いしれた。実際、作ってみると、早くに自分の才能の限界を感じたが、それでも、今に至るまで、私にとって最高の玩具の1つであることには変わりない。もし将来独居老人になったとしても、暇つぶしに、意味のないプログラムを作ってバグを出しては苦笑していることだろう。

さて、戻って、秋葉原無差別殺人である加藤容疑者は、「彼女がいない、ただこの一点で人生崩壊」「(仕事を)辞めろってことか」「チャンス、人生に一回もなかったけど」などと、孤独や派遣社員として働くことにたいする不満や絶望を事件前に携帯電話のネット掲示板に書き込んでいた、というが、これを見ると彼は、明らかに、「内なる楽園」の構築に失敗している。彼女がいないことに絶望するあたりから、そもそも、心の平安のため、「内なる楽園」を構築する、という企図さえ感じない。彼は、進学校でうまくいかなかったけれども、「内なる楽園」を構築できる知性はあったはずである。いや、寧ろ、知性があったがゆえに、寧ろ不満が昂じた。

加藤容疑者ほどではなくても、ときどき私も反社会的なことに手を染めたい誘惑に駆られることはなくはない。そのとき、引き戻すように誘惑してくれるのは、私の「内なる楽園」である。激情はいけないよ、真の幸福は、安寧にしかないよ、と呼びかけてくれる。加藤容疑者は、誰かに無差別殺人を止めてほしかったようである。だから、敢えて、ネットに意図を書き込んだ。その書き込みに驚いた人はいただろうが、誰も彼を止めなかった。その意味で、加藤容疑者の過ちは、「内なる楽園」でなく、他人に期待したことである。「内なる楽園」がとてもあてになる、と言いたいのではない。とても重要でもないのかもしれない。しかし、ほとんど至るところで、「内なる楽園」は他人よりは信頼がおける、だから、自分の「内なる楽園」を護り育てよう、という、オタクの極みみたいな呼びかけで締めることにする。

フェルマ

書棚をぼやっと見ていたら、随分昔に買った、「フェルマ予想入門」槇書店、平松準一、宇津木博著が目に入った。この本は、1988年1月刊だから、ワイルズによってフェルマ予想が証明される6年前に出版されたことになる。

槇書店というのは、ほとんど数学の本専門だが、あまり有名な大学の先生が書かなくて、少し安いというのが特徴である。無名の先生だから良くないかというと、そんなことはなく、丁寧に書かれた良書が多い。そうでないと、こういう小さい出版社は生き残れないだろう。はったりではなく実力だけで勝負だからである。

その期待に違わず、「フェルマ予想入門」も良書である。フェルマの生い立ちから、n=4、3の証明、クンマーのイデアル論までカバーして、丁寧に説明している。そこで、最初のフェルマの生い立ちのところを簡単にメモしてまとめてみる。

フェルマは、1601年8月に、フランスのボーモン・ド・ロマーニュに生まれた。日本だとまだ戦国時代もいいとこである。トゥールーズで法律を学び、1648年にトゥールーズ地方議会の議員となり、17年間勤務して1665年1月に亡くなった。それほど長寿でもないが、当時なら普通か。よって、フェルマの数学は、その本職からいくと、ほんの余技に過ぎない。

当時は、みんな科学や数学をこういうように余技としてしか勉強しなかったのだろうか。そんなことはなくて、ガリレオが望遠鏡で木星の衛星を発見したのは、1610年だから、フェルマが10歳の頃である。ガリレオは、天体観測が余技だったとはいえまい。だから、フェルマは、その当時としても、一アマチュアとして数学を学んだのである。そもそも、誰か有名に数学者に教わったという形跡もない。
フェルマがどうやって数学を勉強したかというと、ディオファントスの数論の本を読んだのである。そして、読みながら、その欄外にアイデアを書くのが常だった。ディオファントスの第8問題は、与えられた平方数を2つの平方数の和に分ける、というピタゴラスの問題で、これ自体は、大した問題ではない。しかし、これを見てフェルマは、一般のn乗に拡張し、「n乗数を2つのn乗数の和であらわすことは、n>2なら不可能である。私は、この一般的定理の実に驚くべき証明を発見したが、しかし、この余白は、それを載せるにはあまりにも狭い。」と書いた。

息子のサミュエルが、賢明にも、この注釈つきで出版したので、後世の数学者の目に留まることになった。フェルマ自身、n=4の場合を本当に証明しているので、一般の場合もきっと本当は証明しているに違いない、と後世の数学者は、眼の色を変えてこの問題に取り組んだ。

ところがどっこい、簡単でない。オイラーのような天才でも、n=3の場合の証明は、やっと、1770年に完成した。オイラー自身、n=4の証明を自分で、1747年に完成しているので、実にそのギャップは、23年もある。4よりも3の方が難しいなんて、まるでポアンカレ予想ではないか。尤も、多産なオイラーのこと、フェルマ予想ばっかり考えていた訳ではないよ、と弁解するかもしれない。

n=5の場合、ルジャンドルが1825年に解いた。

n=7の場合、ラーメが1839年に解いた。

このように、個々のケースも大変な難問であるのに、一般的に証明するなんて、ということになる。そういう意味で、高次が一気にスメールによって解かれた、ポアンカレ予想がいかに、想定外だったかがわかる。

ただ、一般化のためにクンマーは、イデアルという形式を考案した。これは、後世の整数論の理論的整備に大変役に立った。当然ながら、ワイルズも、クンマーのレガシーに負うところ大である。

戻って、最大の謎は、どうしてフェルマが、「n乗数を2つのn乗数の和であらわすことは、n>2なら不可能である。」という命題を思いついたのか、ということである。それは、どう考えても、ハタと閃くようなことではない。理詰めでも分からない。もっと分からないのは、証明を思いついた、と勘違いすることである。SFではないが、330年後のワイルズとフェルマの意識が繋がっていて、時空を円環しているのか、と推察してしまう。

名人位奪取

ニュースによると、羽生が、名人戦第6局で、森内を破り、名人位を奪取した。羽生ファンの私としては、羽生に勝ってほしかったが、今期も森内が防衛するのでは、と予想した。というのは、勝ちまくっている羽生に対して、森内は地味な成績で、力を温存しているように見えたからである。

しかし終わってみると、単に、森内が絶不調なのであった。特に、今期の第3局は、信じられないポカであった。このまま押し切られるかと思った森内は、第5局で意地を見せた。ポカで敗れた戦法がもともと必勝であったので、悪いはずがない、との信念である。

羽生が頂けないのは、森内が駆使した戦法を、第6局で、先手で採用したことである。そしてはからずも、先手番で圧勝してしまった。羽生としては、ともかく勝ちたかったのだろう。意地でも。特に名人戦で、森内には何度も苦杯を喫している。今度こそはと思ったのだろう。

しかし、第6局は、森内の不調が嫌でも目についた。だいたい、折角つくったと金を、代償なく捨ててしまうし、22銀と引いた後の金銀交換の後も、じっくり23銀と打てばまだ長いのに、23歩と打ってしまい、53桂成で決められてしまった。

ということで、結果論であるが、好不調が色濃く出てしまった名人戦であった。いまいち盛り上がりに欠けたが、羽生の19世名人ということで華を添えた。まあ、こんなもんだろう。そして、先手番相懸36銀が流行するだろう。

2008年6月18日

水分補給について

最近、自宅の近くに百円ショップができた。今更珍しくもないが、ローソン系の百円ショップということで、ついにローソンもその方面に進出したのか、と思った。

で、見ていると、店頭に、2リットルのペット茶がある。緑茶、烏龍茶、ジャスミン茶の三種類で、どれも消費税込みで105円である。これは買いだと思った。それで、買いこんで、会社に持っていって、一日1本飲むことにした。

それを見て、周囲の人はあきれる。一日に2リットルも飲むのか、と。しかし、私にとって、飲みたいだけ水分が摂れる、というのは至福の境地なのである。よく考えてみると、唇に何かつけている、というのも安心感を誘う。フロイトのいうところの、口唇コンプレックスなのだろう。その点では、喫煙者と一脈通じるものがある。

ところが、仕事をしながら至福の境地で盛んにペット茶を飲んでいると、次第に気分が悪くなることがある。目の前が朦朧としてくるのである。安いペット茶で中国産で、残留農薬かとふと思った。ところが、ちょっと飴かなにかしゃぶると、気分の悪さが解消されるので、ははあ、水分の摂りすぎで、血糖値が下がったのだ、と思い至った。それはそうで、ただガブガブお茶を飲んで、盛んにトイレに行っていれば、血糖値は下がるに決まっている。極暑の環境で、汗が滝のように流れていればそれでもいいかもしれないが、しかし、糖分だけではなく塩分も確実に失うので、結局は、ガブガブお茶を飲むと急速に体力を失うだろう。

だから、可能性としては、ひたすら水分を取り続け、血糖値がある基準値を下回って意識を失い、そのまま死んでしまう、という亡くなり方も、人間にはあることになる。そんな馬鹿なことは、犬や猫はしないような気がするが。

ところで、先日テレビを見ていたら、比叡山で、大行満・大阿闍梨ということで、1000日間もの間、いろいろなお寺を巡ってお経を唱え続ける、という最高に厳しい行を満了したお坊さんが出演していた。そこで仰っていたのは、一番厳しい行は、九日間、飲まず、食わず、睡眠もとらずひたすらお経を唱える行である、という。特に、「飲まず」のところが、一番辛いそうである。すなわち、人間、食べないと意外に眠くならないので、眠いのはなんとかなる。また、「食わず」の方も、体に脂肪などの備蓄があるので、おそらく1ヶ月くらい食べなくても人間は平気かもしれない、しかし、水分はどうしようもないのではないか、9日が限界ではないか、という。

そういえば、ナチスの収容所で、コルベ神父が課せられた死刑は、水も食べ物も一切与えないで死に至らしめる、というもので、考えられるうちで一番残酷な刑なのだという。確かに、私のように水分を命のように考える者にとって、それは想像するだけで発狂しそうな刑である。それだったら、一思いに、絞首刑でも、銃殺でも、ガス室送りでも、やってほしいものである。と、折角至福のお茶のみの話なのに、最後は暗い話題になってしまった。

2008年6月19日

脊椎動物の祖先

Webニュースによると、脊椎動物の祖先は、海底の岩に付着しているホヤ類ではなく、魚のように泳ぐことができる小さなナメクジウオ類であることが分かったという。

一見、ホヤではなく、ウオという名前がつくナメクジウオの方が脊椎動物に近いというのは自明のようであるが、WikiPediaによると、ナメクジウオとは、「体長3 - 5センチ程度で、魚のような形態をしている。・・・心臓はもたず、一部の血管が脈動することで血液を循環させている。・・・脊椎動物と異なり、頭骨や脊椎骨はもたない。」と、その記述を見れば見るほど、凡そ脊椎動物のイメージから遠い。

ニュースに戻ると、ホヤやナメクジウオには、脊椎の前段階の脊索と呼ばれる棒状組織があり、脊索動物と呼ばれる。脊索動物の中では、5億2000万年以上前に、従来は最初にホヤ類、次いでナメクジウオ類、脊椎動物が出現したと考えられていた、という。

しかし、日米英などの国際研究チームがナメクジウオの全遺伝情報を解読し、ヒトやホヤなどと比較した結果、フロリダナメクジウオの約5億2000万塩基対のDNA塩基配列の、たんぱく質を作る約2万1600個の遺伝子を特定したところ、ホヤより原始的であり、染色体上の遺伝子の並び順が脊椎動物と非常によく似ていたという。これから、進化の分岐において、ナメクジウオからホヤに進化する経路と、ナメクジウオから、われわれ人類のような脊椎動物に進む経路に分かれた、ということが結論付けられた、ということである。まさに、ゲノム進化学の勝利といえよう。

ここから言えることは、進化というのは、迷路を進むようなゲームである、ということである。多くの経路は行き止まりになり、アンモナイトのように環境に適合できないで絶滅するか、ホヤのように固定した体型組織で、とどまってしまう。ただ、考えようによっては、ホヤのような生き物が惑星を覆っている、という状況もありえる。この広い宇宙には、そういう星もあるに違いない。それで何が不都合なのか、私にはさっぱり理解できないが、非常に小さい確率で、迷路で行き止まらず、恐竜や哺乳類に行き付く流れもある。

そうして、食うか食われるか、殺すか殺されるかの地獄絵が演じられたりするのだが、そこに至る進化の動力学を説明し得た者はいない。いままで説明されているのは、ゲノム進化学のような静力学であり、また、突然変異のようなゲノム変性の仕組みであり、ゲノムの運動力学ではない。

ゲノムの運動力学が確立された暁には、10万年後、人類がどのような形態に変化しているか予測できるのだが、流石に、ゲノムの運動力学というのは、見果てぬ夢か。あ、そこまでに人類が滅びているに違いない、という議論は、今はなしである。

二足の草鞋

最近、世界のナベアツというのが、売れている。単に数を数えるだけだが、例えば、「3がつく数でアホになります」、という。それで、確かに、3がつく数まで来ると、顔を歪める。何が面白いのか思うけど、要するに、ユニークなのである。つい、見入ってしまう。

あと、注目なのは、芋洗坂係長。ハゲでデブで(おっと、自分のことみたいだ)、到底、会社で若いOLと勘違いさえもおきないようなダサい男だが、これが踊りがうまいのなんのって、独特の英語みたいな歌で踊るとこれは絶品である。

二人とも特徴は、二足の草鞋であること。世界のナベアツはもともと、売れない放送作家なのだという。そういわれてみると、そういう雰囲気がある。芋洗坂係長は、振り付け師。なるほど、踊りが堂に入っているはずである。

ところで昔から、サラリーマンなどで、T字型スキルがよい、などと言われた。例えば、経理の知識が深いが、コンピュータも詳しいなどという具合である。ところが、たいていのスキルは、あまり結びつかない。例えば私は、将棋が好きで、カラオケも好きだが、その2つは全く関係がない。だから、T字型スキルなど言っても、結局は、独立したスキルが2つあるだけ、ということになってしまう。

と思っていたら、アルクという雑誌によれば、ピアノ効果という言い方がある、という。どういうことかと言うと、ピアノでドの鍵盤を叩くと、ミの鍵盤も共鳴するがごとく、ラテン語を勉強したら、スペイン語のスキルが伸びるがごとくである。でも、それって、あまりにも自明である。だって、スペイン語の祖語はラテン語なのだから。勿体つけて、ピアノ効果などと呼ぶほどだろうか。

で、そろそろ結論であるが、二足の草鞋がうまくシナジーとして働くか、ピアノ効果が起きるか、そんなの単なる偶然であって、狙うものではない。狙ったら、いつも大穴狙いですっからぴんの、その辺のおっさんと同じである。ただ、いえることは、芸は身を助く、ということで、いろいろやっておきましょう、といういわずもがなのことである。

2008年6月21日

TOEICの結果

約一ヶ月前に受けたTOEICの結果がやっと送られてきた。苦手だったリスニングが望外に出来たようか気がした一方で、リーディングはいまいちで、さてどうだか、でももしかして、800点の大台を超えたか、と取らぬ狸をやっていたら、700点台の真ん中を少し超えただけだった。

ただ、会社の基準はかろうじてクリアしたので、やっと、「TOEICなんて、もう死んでも受けるもんか」と突っ張ることが可能になったかもしれない。

結果の配点をみてがっかり。あれほど望外に出来たと思っていたリスニングが330しかなく、逆に、駄目かも思っていたリーディングが、9割以上できていた。TOEIC用の対策は全くしておらず、単に英語の雑誌を普通に読んでいるだけ、という現状からすると、リーディングが高く、リスニングが低いというのは順当で、その点のTOEICの妥当性は否定できない。

ただ、13年前から45点しかスコアが上がっておらず、一方で、この13年間で膨大な努力をしてかなり英語力の厚みを蓄えたことに鑑みると、どうもTOEICというのは、囲碁でいうところの厚みを勘案せず、その時点の確定地だけを数えているようなものなのではないか、と思われる。

例えば、13年前からみて実質的に上達したのは英会話力である。それも、こちらからしゃべり、あるいは米国人だけの中に混じってプレゼンするような能力であったり、レストランにいって世間話するような能力である。こういう能力はどうも、TOEICで測るのは難しいのではないかと思われる。

一方で、TOEIC対策勉強に集中して、800点代とか900点代をとる若者がいたら、私の点数では、入社試験などでは対抗できない。最近ある人と特許翻訳の仕事の話をしていて、うちは翻訳者がTOEICが900以上でないと、仕事は出さないのです、と言っていたが、おいおい違うだろと思いつつ、口をつぐんでしまった。

ということで、たかがTOEIC、されどTOEICなのであった。

名人奪取症候群

本日の棋聖戦で、羽生が佐藤に負け、これで2連敗となった。羽生は、あと一番くらいは入れるだろうが、どうも、棋聖は防衛されそうである。羽生は、森内から名人位を奪って19世名人の資格を得たものの、対局過多と相まって、明らかに脱力症状にある。

思い起こせば、あれは2003年だった。羽生は、森内を4タテで下して、名人位を奪取した。18世名人の資格まであと一期だった。羽生が18世名人になることを疑う者はいなかったはずである。その後のインタビューに答えても、羽生は、上機嫌で、特に悪い材料は見当たらない、と答えた。

ところが、それは、名人奪取症候群なのであった。突然、羽生が不調になった。先ず、谷川にあっさり、王位を奪われた。負け方がひどい。終盤でぽっきり折れるのである。羽生マジックなどどこにいった、である。

当時羽生は、竜王でもあった。竜王戦の挑戦者は、森内であった。森内は、というと、名人戦で羽生に4タテを食らってからというもの、憑き物が落ちたように勝ち始めた。A級順位戦は連勝街道だった。部分的な勝率は8割を超えた。

それでも、羽生は、森内を名人位で4タテしている。いくら森内が絶好調でも、相性的に羽生に分がよくないか、という戦前の予想であった。ところが、蓋をあけてびっくり、森内は、竜王戦で、名人戦のお返しとばかり、羽生を4タテで下した。羽生は棋士になって初めての7番勝負4タテ負けだった。

結局、森内は、A級順位戦を全勝優勝し、2004年の名人戦でもあっさり羽生を下した。こうして、羽生の暗黒時代が始まった。なんと、名人戦を取り戻すために、4年もかかってしまうのである。

私が何がいいたいかというと、下手したら、羽生はまた、名人奪取症候群に陥るかもしれない、ということである。すなわち、棋聖はとれない、王位は防衛されてしまう。ここらあたりで、羽生どうした、の声がかかる。

しかし、竜王はなんとか挑戦者になる。そして、死闘の末、ようやく渡辺から竜王を奪う。するとまた、新たな不調に陥る。2009年の名人戦では苦戦する・・というジュセリーノ顔負けの適当な予想を述べてみた。1つくらいは当たるだろうか。

2008年6月22日

趙治勲の1300勝

囲碁の趙治勲が、6月19日、東京・千代田区の日本棋院で行われた第33期棋聖戦リーグで王立誠九段に黒番中押し勝ちし、公式戦通算1300勝(681敗3持碁4無勝負)を達成した、という。林海峯名誉天元に続いて史上2人目。

51歳11カ月での達成で、林海峯名誉天元の64歳4カ月を大幅に短縮した。通算勝ち数トップは林海峯名誉天元の1324勝 という。

これを見て、あれ、囲碁は意外に、通算勝ち数が多い人が多くない、と思ってしまう。例えば、橋本宇太郎など、80歳を過ぎても現役だった。また、坂田栄男など、一時、鬼神のような強さであった。彼らも該当しないのか、と思ってしまう。なお、藤沢秀行はあえて挙げない。彼が偉大であったことは認めるが、コンスタントには勝っていなかった。

では将棋界ではどうか、というと、かの大山康晴が1433勝(781敗)とダントツである。では、囲碁と将棋の違いはあれ、趙治勲が大山康晴の通算勝ち数を超えるか、というと、それは十分ありえる。あと10年間、毎年15局程度勝てばよく、趙治勲にとってそれは到底、チャレンジングでない。

ちょっと待った。最近名人位に復位した将棋の羽生を忘れてはいけない。彼は、現時点で1025勝であり、まだ30台半ばなので、あと10年、毎年30勝することは、当然に考えられる。そこからどれだけ勝ち数を延すかであるが、趙治勲越えを期待できるのは、囲碁界と将棋界を見渡しても羽生以外には見当たらない。

こうして、大山康晴、趙治勲、林海峯、羽生が別格であることが、改めて確認された。意外性がなさすぎるのが、とてもつまらない。

2008年6月23日

「知的」の定義

あまり一般的でない私の「知的」の定義がある。それは、なるべく自分でできる範囲が大きい場合ほど、知的である、というものである。

分かりにくいので、例を挙げよう。この定義によると、歩くことは、車を運転することより知的である。なぜなら、自分の努力が占める割合が大きいからである。そういう意味では、カーナビで運転するよりも、なしで運転する方が知的である。カーナビ付きであれ、自分で運転する方が飛行機に乗るよりも知的である。

どうしてこういう例を持ち出すかというと、池田信夫氏のブログで、グーグルでバカになる?というのがあったからである。要するに、細かいことを覚えていなくても、ググればよいと思っていると、知的に怠慢になってくる、という意味だと理解する。

それは、グーグルに対する賞賛とは裏腹に、私も感じていることで、それゆえに、私の「知的」の定義を改めて持ち出した次第である。

普段コンピュータを使って文章を書いていて、いきなり手書きすると、明らかに漢字が書けなくなっている。魑魅魍魎、檸檬、薔薇、黴など書けなくても仕方がないが、下手をしたら、「末席を汚す」程度も書けなかったりする。これでは少なくとも、教養ある日本人とはいえないだろう。

もっと困るのは、コンピュータを駆使することで、自分が偉くなったような気がすることである。本当は馬鹿になりつつあるのに、利口になりつつあるように錯覚しつあるとしたら、そのギャップは開くばかりである。これが悲劇でなくてなんだろあうか。えっ、喜劇だって? まあそうかも。

で、私のせめてもの抵抗は、自分でできることはなるべく自分ですることである。例えば、ここ2週間くらい、家内が実家に帰っていて不在だった。そこで、出来合いを買ってきたり外食する方法はもちろんあるが、自分で作る方が知的だと思い、見よう見真似でなるべく作ることにした。すると、飽きないように自分でメニューを考えることからして、チャレンジであることが分かった。

それでもやっていると、なかなか面白い。プログラムを書くような創作欲が満たされる。

で、はっと気づくと、異様な疲れを感じた。そもそも、料理だけでなく、洗濯、掃除、食器の洗物、その他もろもろの家事をやっていて、それで夜、持ち帰った仕事をこなすのである。最早若くない身にはこたえる。

そこで分かったのは、体力と能力の限界を見極めつつ、妥当な範囲にとどめることも知的である、ということである。

かくのごとく、知的であることは難しい。読書にいそしむことだけが知的でないことは言うまでもない。

2008年6月24日

日本予防医学協会

今日、会社で健康診断を受けたが、確か数年前から、日本予防医学協会というところが、健康診断を行っている。以前は、会社内に検診スタッフを抱えていたと思うのだが、人件費が嵩むので、アウトソーシングしているのだろうか。

健康診断というのは、会社にとって結構なコストで、できればスキップしたいだろう。すなわち、社員が自分で健康は自己管理してほしい、と言いたいのだと推察する。しかし、労働基準法かなにかで、社員の健康診断は義務付けられている。従って、法律の規定を遵守しつつ、最低限のコストで、健康診断したことにしてしまいたい、という意図を感じる。

日本予防医学協会が健康診断を担当するようになってから、健康診断により時間がかかるようになったと感じる。それは、いかなる意味でも、丁寧に診察している、という訳ではない。例えば、心電図の検査に以前は、2つのベッドがあったとして一人ずつ担当者が就いていたが、今は、一人の担当者が2つのベッドを担当している。従って、2つベッドがあっても、一人ずつしか検査できず、当然ながら待ち時間が増える。

また、今日、こんなこともあった。血液検査を受けていままで、担当者が採血失敗したことは一度もない。私はいつも左腕を差し出すのだが、血管が見やすくて、採血しやすい腕だ、と褒められた?ことがある。しかし、今日は、私の左腕で担当者が二度も採血ミスしてしまい、とうとう、他の担当者に代わって、右腕で採血した。その人のスキルもあるが、沢山の人を採血して、注意力を維持できなくなったのだろうか。確かに、細い静脈に正しく針を刺すのは神経をつかう。

さらに思ったのは、担当の医師や看護師などが、あまり生き生きしていないことである。別に、楽しく検査してほしいという意味ではない。こういう仕事をしていると、検査される人との人間的な会話もなく、ただ機械的に何百人と診ていくだけである。昔見学した、電気メーカのビデオの検査工程を思い出す。難しい手術をするでもなく、微妙な判断で難病の気配を見つけるでもなく、ただ延々と検査することに医師として大したスキルが必要とは思われない。モラールもあがらないのではないか。

別途、友人から、知り合いの医者と会っていろいろと話を聞いて、医者も必ずしもいい商売ではないかも、ということだったが、それにも拘わらず、世の中の父兄が、子息を、東大よりも国立医学部に入れたい、とか賜っている。なんか違うんじゃないのと思うのだが、なんか違うと思うことが最近多すぎて、ノイズのようになってしまっている現状である。

2008年6月25日

ブログに費やす時間

もう4月のことになるので、2ヶ月以上前だが、久々に遠方から来た友人に会った。論語でいうところの、「亦、楽しからずや」である。その友人は、これもまた奇特なことに私のブログを見てくれているのだが、「あんだけブログが書けるとは、よっほど暇なんだね。」と指摘されて、反論できず、苦笑するよりなかった。

実際、このようなつまらないブログでも、構想を練って書き下すまで、1つ平均30分はかかる。ところで、今、ブログは、814エントリだから、これ全体を書く時間は、814×30=24420分、時間に換算すると、407時間。一日の労働時間を8時間とすると、これは、51日分にもなる。

ブログを書き始めたのは、去年の3月だから、まだ1年3ヶ月しかたっていない。そのうちのほとんど2ヶ月分の労働時間に相当するものが、ブログに費やされた、というのだから、「よっほど暇なんだね。」というコメントに対しては、アブソリュートリーと、照れて下手な英語で答えるよりない。

では、そうやってブログに耽溺することで、本業が疎かになったかというと、意外にそうでもない。管理職を下りて実務に戻ったことで、実ワークの成果が見やすくなったせいもあるが、去年は入社以来最高の実績に近かった。今年になっても、特にペースは落ちていないし、無理している、というほどでもない。まあ、心のことなので、いつブレークダウンするか分からないが、もし、パタリとブログを止めたとしたら、私の心のモーターというかエンジンが故障してしまったと思って戴きたい。人間だから、常にそういう可能性はある。

ただ、膨大な時間を費やすブログが全くの時間の無駄かというと、本業の生産性に多少なりとも貢献している面はなくはない。

まず、文章を書く速さである。文章というのは、思いついて、書き下すまで幾許かの時間が必要であるが、そのタイムラグが圧倒的に縮まった。もちろん、その時間セーブの合計が51日分に匹敵するなんてことは絶対ないが、仕事が外回りの営業とかでなくて、まさに、書いていくら、の仕事なので、本業にもポジティブな影響はあった(と思いたい)。

次に、日常のとてもつまらないことにも注意が向くようになった。例えば、ブログにも書いたが、インドの人から貰ったベジタリアン・フードの成分が気になる、などである。世間では、数学基礎論の専門家みたいに、余計な興味はもたず、深く狭く興味を絞っていって成果をあげる人もいるだろうが、私はいかなることにも非専門家であり、すると、広く浅く、世間一般のことを生きている間考える、というのが妥当な生き方である、と自分を納得させるようになった。

さらに、ブログは、消さない限り、ずっと残る。消すのは結構面倒なので、よほど公序良俗に反すると思われるもの意外は放置する。それで時間がたって読みなおしてみると、自分の考えといえども、かなり変化があり、他人のそれに近くなってるいので、また新たな考えが浮かぶ。こうして、自己満足であるが、考えが深化しているように思い込むことはできる。

という、ブログを書くことが無駄ではない、という自己弁護であるが、無駄かもしれないとどこかで思っているがゆえの釈明であった。

2008年6月26日

犯罪予告

とても困ったことに、秋葉原無差別殺人事件に刺激されて、ネット上の犯罪予告が増えている。内容は、掲示板などへの場所と犯罪方法の記述である。場所は、観光地、名所、学校、駅など。犯罪方法は、単に殺すとか、大量殺人するとか、爆破する、車で突っ込むなど、明らかに秋葉原無差別殺人事件を模したものもある。特定の人物を指定したものもある。

書き込みする人は、高校生、無職の若者あるいは中年、大学生、派遣社員、サラリーマン、中学生、アルバイトなどである。

私には動機がよく理解できないが、なにかむしゃくしゃすること、あるいは大きな不満があって、世間を騒がしたいという単純且つ幼稚な動機であろうか。友人に愚痴を言い、ギャンブルをし、酒を飲む、風俗に行く、趣味に没頭する、などの無害な方法で、不満のレベルを下げることはできないのだろか。そもそも、気の置けない友人がいない、趣味がない、いつクビになるか分からない、仕事がないなど社会から冷遇されている、ということなのだろうか。

この手の犯罪は、実行がとても容易で、且つ、世間に対するインパクトがとても大きい、ということである。犯罪予防上、そういう犯罪こそが重く取り締まられなくてはならない。そうしないと、続発する。

刑法的には、無差別殺人の予告は、威力業務妨害に該当するようである。また、特定の人物を指定して殺人などを記述すると、脅迫になるようである。

威力業務妨害は、「(信用毀損及び業務妨害)
第二百三十三条 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
(威力業務妨害)
第二百三十四条 威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。」

脅迫は、「第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。」

以上のように、非常に重い罪という訳ではないかもしれないが、現状のように犯罪予告が頻発する状況では、「三年の懲役」というぎりぎりの重い刑罰が科せられる可能性がある。

1つの救いは、ネットの書き込みなどの場合、そのサイトのログにアクセス側のIPアドレスが残るので、捜査の必要上があれば、ログを調べることができ、高い確率で書き込んだ者を特定できる、ということがある。

また、これは一種の愉快犯なのだから、犯人は、どうしても世間の反応を確認したい。そのため、社会から没却することができなくてネット上に再度現れたりする。そこで尻尾を掴まれてしまう、ということになる。

そうだとしても、予告されれば、警察は予め厳重な警戒態勢を敷かざるを得ないし、飛行機の爆破予告だと、本当に飛行機の中を隈なく探して、最悪の場合、フライト・スケジュールを取りやめる必要がある。このように簡単な書き込みが莫大な社会的コストにつながるという点で、ネット上の犯罪予告は悪質性が高い。個人的には、威力業務妨害は、最大、懲役10年くらいまで刑罰を重くする必要があるのではないか、と感じる。

つまるところ、それはネット社会の脆弱性に帰着されるのだけれども、最早非ネット社会には戻れない。また、このような犯罪予告の原因になっている社会の人間関係の希薄さ、経済合理性万能主義、行き過ぎた成果主義なども、社会はどう手を打ってよいか分からず、結局、日々の活動に埋没してしまっているというのが現状ではないだろうか。宗教、特に仏教あたりが解決のキーであるような気もするが、あまりに迂遠である。しかし、迂遠でないどんな方法があるのだろうか。

2008年6月27日

無意識からの開放

十台の後半、大学に入った頃であるが、青春特有の精神的な不安定さに悩まされていた。おそらく普通だれでもそうなのだと思う。それで、大学教養の授業で心理学を受講したのをきっかけに、フロイトなどの精神分析学に興味をもった。

今では細部は忘れたが、フロイトの学説によれば、患者に、心理カウンセラーが連想記憶を呼び覚ますような一連のカウンセリングをして、精神的な抑圧を無意識から顕在意識への呼び出すことによって、治療が行われるもというものだったと思う。フロイトの著作を読みながら、すると自分の場合も、心に襞にいろいろな抑圧の垢が溜まっているのだ、しかし、それをどう開放すればいいのだ、などと考えたりした。結局、具体的なカウンセリングを受けるまでには至らなかった。

そこで、一気に最近に下ってくるのだが、ニュースでいろいろな犯罪や事故の事件を見聞きするにつけ、私は、ついこういう発想をしてしまうのである。

例えば、朝、車を運転していてると、目の前の横断歩道を登校中の小学生達が連なって歩いている。そこで当然一旦停止するのだけれども、ここで一気に突っ込んだら、自分の世界が破滅するよね、と余計なことを考えてしまう。小学生達が横断歩道を渡り切ってしまうと、何事もなかったようにまた、車を発進させる。

あるいは、デパートに家族と行ったときのこと。ちょっとお手洗いに行きたくなったので、探していると、女性の小物やファッションのフロアで迷ってしまった。焦っていたのと、疲れていたのとで、目の前の女性達の後姿が目に入った。いまの季節なので、結構露出度が高かったりする。それで、結構魅力的な人だったのかもしれないが、その肌の印象が圧倒的に私に迫ってきて、我を忘れてしまいそうになった。故事で、空を飛ぶ仙人が、洗濯する若い女性の露出した太ももが目に入って、超能力を失う、という話があったが、仙人ですらそうで、私は仙人ならぬ俗人の最たるものである。つい、ふらっと、その女性の方に吸い寄せられそうになった。そこでやっとのところで、意識がもどって、立ち止まることができた。

後者の場合の反省であるが、女性をみかけたら早めに、無意識から、よくない感情を呼び出して、捨ててしまうべきだった。一瞬であるが、余裕がなくて、無意識にとどまりすぎた、といえる。

すなわち、人間なので、どうしても、邪な感情というのはある。むしろ、無意識の中にいつも蠢いていると言ってよい。そこを、自分は品行方正な人間で、純粋で清い心しかないのだ、などと思っていると、潜水艦のように無意識から浮かび上がった邪な感情に、撃沈されてしまう。

そこで私の提案は、無意識の中の邪な感情を否定せず、呼び覚まして、心のゴミ箱に捨ててしまうことである。例えば、自炊していて、包丁で野菜や魚を切っている最中つい、これで自分の頚動脈を切りつけたらやばいよね、などと突然思うことがある。そこで、そんな馬鹿なことなんて考えるんじゃない、と抑圧するのではなく、うんうんそうだよね、そう思うこともあるよね、と変に納得することが、無意識から感情を開放することになるようである。

これはフロイト学派の理論に沿っているのでは、などといったら、専門家から怪訝がられそうである。でも、もしかして、秋葉原無差別殺人の犯人の問題は、変に倫理的で、自分を抑圧するところがあったのではないだろうか。それで、邪な感情をうまく開放できず、結局、溜まった感情に撃沈されてしまった。早めに自分で想起して、通行人の列に車で突っ込むシーンを思い描くのである。すると、映画などを見ていれば、流血シーンが想像されよう。そう具体的に思い描くことがカタルシスになって、無意識が納得しないか。

私は心の闇を甘く見すぎているのだろうか。

2008年6月28日

入力ミス

アプリケーション・プログラムによっては、人間に沢山の数字の入力を強いるものがある。例えば、会計システムにおける金額、特許管理システムにおける特許番号、請求項の数、などである。

今日たまたま、特許番号を手入力して、特許検索データベースで検索していて、ふと、多数の数値を手で入力させるシステムは、もし別途の、より信頼性の高いデータと比較しない限り、場合によって間違いが入り、信頼性が維持できなくなるのではないか、と思った。

理由は、5件の特許番号を、別途のメモから、特許検索データベースに打ち込んで検索したところ、なんと、5件のうち3件も転記ミスをしてしまったからである。そんな馬鹿な、君がそそっかしいだけだろう、と思われるかもしれない。それは否定しない。しかし、特許番号は、数字で7桁あって、全ての桁で正しい数字を並べるのはかなりの注意力を要する。

それにしても間違いの頻度が高すぎないか、と思われるだろう。然り、ひどくはないが、昨日飲み会があって、二日酔いなのである。酒を飲んだ翌日、アルコールはほとんど体内に残っていないようでも、どうしても注意力は低下する。いまの状態で運転していて警察の検問を受けても、アルコール濃度的には咎められないだろう。しかし、上記のようなイージー・ミスをしてしまう。運転も、本調子でないはずである。

確かに、専任のオペレータは、慣れているので、数字の打ち込みにほとんどミスをおかさないだろう。しかし、オペレータといえども人間である、私のように飲み会に行くこともあろう。結婚していて配偶者と気まずい関係になることもあろう。子供がいて、不祥事をしでかして心労が絶えないこともあろう。すると、てきめんに、入力する数字の精度が低下する。

私の長年の経験に鑑みると、7桁程度の数字を手入力する作業では、どんな慎重な人が作業しても、精度を、99.9%より高くすることはできない。言い換えると、1000件入力すると、必ず1件は間違いがある。実際は、間違え率は、0.1%ではなくて、0.3%くらいではないかと思っている。

すると、容易に想像がつくように、100%の完璧さが必要な数字データの列は、人間の手入力が向かない、ということになる。どうしても手入力するなら、別途のマスターデータと比較しなくてはならない。

特許の場合、日本パテント・データ・サービス、発明通信社、日本発明資料などの特許データベースから、正確な書誌データを、CSVなどで入手することが可能である。一方、いかなる特許管理データベースといえども、完全自動入力は無理である。従って、特許管理データベースには、商用特許データベースからダウンロードしたデータと、機械的に照合する機能が必須である。

ところで、会計などの世界はどうなのだろうか。消費税などの計算は機械的にできるのでミスはないたろうが、どうしても数字を手入力する局面は少なくないのではないだろうか。すると、上記の確率でご入力が発生してしまう。会計の場合、校正のためのマスターデータはどうするのだろう、などと、二日酔いの頭で、余計なことを考えてしまうのである。

嫉妬の非対称性

世の中を動かす巨大な情念のかなりの部分が、嫉妬からなっていることは、論を俟たない。それはむしろ、性欲よりも根源的である。

で、嫉妬に関して感じる疑問は、その非対称性である。例えば、一流と言われている大学を出て、一流と言われている会社に入社する一群の人たちがいるとする。すると、すると必ず、その部分集合で、他の人達に抜きん出て抜擢される人達が存在する。

抜擢されなかった人達が、嫉妬しない、という状況は考えにくい。そこで非対称性というのは、抜擢されなかった人達は、矢のような嫉妬心を抜擢された人達に送り続けているのに、抜擢された人達は、驚くほど、嫉妬心の矢に無関心である。地球を貫通していくニュートリノもかくやあらん、という程である。

なぜなのだろう。1つ考えられるのは、抜擢された人達は、ひたすら前を向いている。前というのは、会社の上層マネジメントであったり、直接の上司であったりする。ところが、嫉妬心の矢は、背後から飛んでくる。振り向けばそこに、矢が飛んできているのに、気づかない。それは、嫉妬心がもともと、ニュートリノであるからである。

嫉妬心がニュートリノであり続けるなら、それは一種の喜劇に留まる。いや、人生は本来、そこに留まるべきで、するとニュートリノの風が吹き荒れても、人生は平和である。

ところが、ヒッグス機構のような仕組みで、嫉妬心がニュートリノが質量をもってしまう。素粒子論のヒッグス機構が、自発的対称性の破れを想定していることはとても意味深い。なぜなら、上述したように、嫉妬自体に、根源的な非対称性があるからである。

嫉妬のヒッグス機構は、嫉妬心のニュートリノを、ボソンとして縮退させることによって、嫉妬心に質量をもたせる。この縮退には、ある一定の数以上のニュートリノが集まる必要がある。これは現実の言葉で言い換えると、複数人の嫉妬心が凝縮する必要があることを意味する。

さて、嫉妬心のニュートリノが、ボソンとして縮退すると、何が起こるだろうか。気づきの相転移である。すなわち、嫉妬する側は、最早嫉妬していることを自覚せず、一方、嫉妬される側は強烈な敵意を感じる。嫉妬心のニュートリノは、いくら投げつけられても痛くないが、ボソンと化した嫉妬心の威力は、とても大きい。しかも、無意識のうちに送られる。

このような嫉妬心の典型を私は、フランス革命にみる。本来、嫉妬心のニュートリノは、とても選択的に指向されていたのに、ボソンと化した嫉妬心は、相手を選ばない。革命が反革命になった、ということである。その1つの例が、ヴァンデ戦争であった。ヴァンデ戦争とは、フランス革命による無理な募兵令に反対して挙兵した農民たちを、「革命政府」が、考えられる最も残虐な方法で処刑した、という「事件」であった。

で、私の甚だ抽象的な提案は、嫉妬心のニュートリノに対して、ヒッグス機構が発言するのを防ごうではないか、ということである。例えば、ライオンといえども、嫉妬心のニュートリノは送り続けるだろう。ある群れが獲物にありついて、他の群れがそうでないとき、などである。しかし、ライオンでは、ニュートリノは、ボソンとして縮退することはない。なぜなら、そもそも、ライオンでは、ニュートリノに非対称性はなく、うまく双対的に働いているからである。

すると、嫉妬の対称性を保証するのは、嫉妬心のニュートリノに感応する、ある種のテレパシーであると推察される。心のカミオカンデと呼んでもよい。それを阻害するのが、大脳前頭葉の働きである、と考えるのも、それほど妥当性を欠かないと思われる。

こういう嫉妬の物理学に意味があると考えてもらえることは絶望的でろう。

2008年6月29日

心の会話

なんどもしつこいTOEICネタであるが、TOEICの点数を登録するために人事の担当者に連絡したところ、13年前のTOEICつきの履歴を送ってくれた。それと比較して愕然としたのは、今回、リーディングが望外にできたようでも、実は、リーディングの点数は、13年前とほとんど同じだった、ということである。今回、前回よりも少しスコアが上がったのは、リスニングのところで40点増えた、ということであった。

それで考え直してみたら、確かに、リーディングの力は13年前で既に飽和していたかもしれない。一方、リスニングが40点増えた、というのも、この13年間で会話、特にFENなどを聴くことに膨大な時間を費やしたので、聞き取り力が上がらなければ嘘である、ともいえる。

それにしても、たった40点なのか、と残念なのは、この13年間で実質的に上達したのは、USのネイティブの人と一対一で親密に心を通じて会話する能力であるからである。多少言いすぎかもしれないが、相性のよくない日本人よりも、早口で聞き取りにくくても相性のよい米国人の方がよっぽど会話がスムーズで意思疎通ができる、と、かなり自信をもって言える。

それと、たった40点のTOEICのリスニングの点数の伸びということに基づいて、次のような仮説を立ててみた。すなわち、会話には、表層会話の部分と、深層会話の部分がある、ということである。

表層会話とは文字通り、きっちり聞き取って、正しい文法で、いいたいことを説明することをいう。で、今更TOEICを擁護するのもとってつけたようであるが、TOEICは、この表層会話の「きっちり聞き取る」能力をみる点で、比較的よい指標になっているのではないか、ということである。だから、このTOEICの点数を逆手にとって、自分は実は、表層会話の「きっちり聞き取る」能力が、13年間でほとんど伸びていないのではないか、と考えることもできる。実は、今でも、USの人と話していて、同僚の日本人はちゃんと聞き取っているのに、自分だけ聞き取れていなくて、生返事してしまうことは、よくある。どう冷静に考えても、英語のリスニング能力で、自分が卓越していると思うことはできない。

それで本論であるが、深層会話である。私の経験では、気の会う米国人と会話を始めて、興が乗ってくると、何語で話しているのかあまり意識しなくなる。文法もあまり考えない。聞き取っているという心理負担もない。で、私の仮説は、深層会話は、実は一種のテレパシーではないか、というものである。もちろん、恋人どうしでもないので(あいにく、米国人の異性と相思相愛の関係になったことはない)、見詰め合うだけ、ということはない。物理的プロトコルとしての表層会話はするのだけれども、そこで何を言っていようと、本当は、どこか心の深いところで会話している、というのが実感である。

ところで、ソニーの盛田昭夫といえば、国際派で有名であった。世界各地に友人がいて、信頼され、尊敬されていた、という。では、盛田昭夫が卓越した英語力をもっていたかというと、そうではなくて、ある人は、ひどいジャパニーズ・イングリッシュだった、という。そこで私の理解は、盛田昭夫は、高い深層会話能力をもっていた、ということである。深層会話能力を支えるものは、思想、教養、そしてなによりも共感能力である。たとえ深い思想、教養があろうとも、共感能力を欠くと、会話はむなしい。

では、表層会話能力は不要なのか、というと、あるいはそうなのかもしれない。ただ、まるっきり英会話になじまないと、そもそも、米国人と相対することにとても臆してしまう。そこで、とりあえずその心理的バリアを下げる程度の英会話の勉強は必要であろう。実は私のようなシャイな人間には、それ自体が大きな壁で、シャイな日本人なんてざらにいるので、そこが日本人が英会話が苦手な一番の障害のような気もする。

で、昨日の破天荒な内容のブログのフォローであるが、周りから嫉妬されていると感じることも共感能力である。そういう共感があれば、自ずと、それ以上周囲から浮き上がること自制するのではないか、ということを分かりにくく言ったのが昨日でブログの内容で、また、そういう周囲から浮き上がってしまうような人は、どんなに英会話を勉強して表層会話能力を高めても、いつまでたっても、深層会話能力が低いままで、結局、外国人とも、いや母国語人とも、深い共感した会話ができないのではないか、というのが、この稿の主張である。

浪曲子守唄

私の好きな歌の1つに、一節太郎の浪曲子守唄がある。「逃げた女房にゃ 未練はないが」で始まる歌詞は有名であり、結婚式で歌ってはいけない歌のほとんどナンバーワンであろう。

なぜ、浪曲子守唄を思い出したかというと、水上勉の随筆を読んでいて、次のような一節があったからである。すなわち、水上勉は、寺で修行していたが還俗し、ある女性と恋愛関係なり、やがて子供をもった。終戦直後のことで生活が苦しく、共働きであった。妻はダンサーとして働き、ろくな仕事にありつけていない水上勉よりも稼いでいた。そこで子守はもっぱら、水上勉の役割であった。

ところが、そんな甲斐性のない亭主に愛想をつかして、三歳の娘を置いて、妻は逃げてしましった。それから、大学に行かせるまで、水上勉は、娘を育てたのだという。

なぜそんな、珍しくもない話に留意するかというと、私の米国人の知り合いの話と符合するからである。私の知り合いは、もともとトラックの運転手だった。おそらく大学も出ていないだろう。しかし、コンピュータがなぜか好きで、独学でコンピュータの本をよく読んでいた。そこで、あるチャンスに、コンピュータ部門に行き、そこのマネジャにプログラミングがやりたい、と申し出た。ええっ、トラックの運転手が、と思われたのだろうが、好きで才能があったせいか、めきめきと頭角をあらわした。米国は、極端な学歴主義、資格主義の一方で、ほとんど学歴も学位もないスティーブ・ジョブズをトップになさしめる実力主義も生きている。

その知り合いが結婚して、子供が生まれた。ところが、仕事から帰ってみると、まだ1歳の子供が泣いていた。妻はいなかった。ちょっとどこかに出かけたのだろうと思ったが、来る日も来る日も帰ってこなかった。それで仕方なく、休暇をとりつつ、子供の面倒をみた。その後再婚したから、新しい妻が、その子の面倒をみたのだろう。

で、水上勉の例でも、その知り合いの例でも、思うのは、女性が、自分のお腹を痛めて産んだ子をそんなに簡単に見放すものか、ということである。お腹を痛めていない父親が、家庭を顧みず放置して、とうとうどこかに行ってしまう、という例なら驚かない。しかし、母親の、その幼子との関係は特別なのではないか、という思いを私は否定しきれない。例えば、前にこのブログに書いた、バルンガ病にあるような、2歳の子供を一人残して、スノーボードに行ってしまって結局焼死させる母親は、愚かといえば限りなく愚かであるが、それでも、幼子を捨ててしまったのではない。

それで、いくら考えても、そうやって幼子を捨てて顧みない母親のことを私がどうしても理解できないのは、私の生い立ちによる。相当貧乏で、且つ、幼くして結核という当時の不治の病に罹ってしまった私は、どう考えても幸福ではなかったが、母親に捨てられるなんて、考えもしなかった。母親とて、私を捨てる気はなかったであろう。ただ、私を抱えて一緒に電車に飛び込もうと思い詰めたことはあったようであるが。

だから、このトピックに関して、私の思索が一向に深まらないのは、肉親の愛情に飢えなかったという私の幸福な事情による。理解が、思索が、不幸から始まるというのは、1つの真理である。

最初の浪曲子守唄の例に戻って、このような曲が作られるということは、やはり、幼子を捨て去る女性の例は、そんなに稀ではなかった、ということか。あるいは、大の男が、幼子を抱えて右往左往する姿が哀れを誘うのか。

ただ、リストラ、非正社員差別などさまざまな現代の問題を見るにつけ、幼子をおいて妻に逃げられた男が哀れを誘えことができる世の中はまだましではないか、と思う。親殺し、子殺しさえも稀でなくなつてきているがゆえに。

テニアン

NHKの囲碁番組の後は、いつも、「心の時代」である。今日の番組は、沖縄県立看護大の野口美和子学長の話であった。その方は、幼い頃、テニアンに家族とともに出稼ぎに行っていて、戦禍にあった。

テニアン島は、北マリアナ諸島の島の一つ。面積は約100kmで、サイパン島からは約8kmの距離にある。

第1次世界大戦の後、日本は、ドイツからテニアン島の支配権を得た。太平洋戦争では、テニアン島は、戦略的な要地で、そこには、南洋諸島で一番大きい飛行場があった。

当然ながら、米軍も、テニアン島の重要性をよく理解しており、果たして、1944年7月24日に北部のチューロ海岸から上陸、8月2日に同島を占領した。わずか一週間の戦いである。小さい島なので、多くの兵隊が駐在していなかったせいであろう。

テニアン島は、米軍の軍艦からの艦砲射撃を浴び、野口さんは、父親とともにテニアンの林の中を逃げ惑った。至近で砲撃があり、周囲のほとんどの人が亡くなる経験もした、という。崖に来たとき、観念したか、父親が投身自殺しようとした。娘の野口さんにも続くよう促したそうである。しかし、野口さんは、しっかりと父親の足を握り、離さなかった。戦争で弾が当たって死ぬのは仕方がない。でも、自分から死ぬのは嫌だ。生きれるだけは生きる、と言ったら、父親も納得したという。

ともかく、テニアン島が米軍に占領されて、野口さんがどういう経緯で、出身地の富山に戻れたのかは聞き漏らした。

ところで、テニアン島が象徴的なのは、そこの飛行場から、広島市への原子爆弾投下、長崎市への原子爆弾投下のそれぞれのB-29が飛び立っていったことである。まさか米国本土から直接、爆撃に来る訳ないので、どこか南の島だろうと思っていたが、テニアンという名前を、今まで聞いたことがなかった。

カリスマホスト

Webニュースによると、本名 平田英寿で、高見翔の名前で、東京・新宿歌舞伎町でホストクラブ7店を経営し、著書も出版したカリスマホストが逮捕された、という。

数年前、現役阪大工学部の学生であったホストが、やはり、警察に逮捕されたことがあった。しかし、こちらは、確か、罪状は恐喝だったと思う。

高見翔の場合は、刑法的に、そういう分かりやすい罪状ではなくて、風営法によるものである。風営法の第三条によると、「風俗営業を営もうとする者は、風俗営業の種別(前条第一項各号に規定する風俗営業の種別をいう。以下同じ。)に応じて、営業所ごとに、当該営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)の許可を受けなければならない。 」とあり、要するに、風俗営業に該当する営業を行う場合、公安委員会の許可を得なくてはいけないが、新宿歌舞伎町でホストクラブを無許可営業したということらしい。

しかし、届けて許可を得ればいいのに、どうして無許可で営業したのだろうか。考えられるのは、急速に事業を拡大するために、焦ったのではないか、ということである。上記の条文にもあるように、届出制ではなくて、許可制であり、業種の性質からして、公安委員会に許可を申し込んでから、認可が下りるまでに時間がかかりそうである。そのことが、拡大指向の高見には我慢できなかったのだろう。このあたり、NOVAの元社長の猿橋望容疑者と似ていなくもない。すっかり思い上がって、反省ができなくなってしまう。取り巻きはイエスマンばかりで、諫言する者はいない。いても、遠ざけられる。

風営法の違反の罰則は、「許可を受けないで風俗営業を営んだ者」の場合、二年以下の懲役若しくは二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する、であって、前述した犯罪予告の威力業務妨害に比べても、そんなに軽くない。私は、いかなる意味でも、ホストクラブなど好きではないし褒められたものではないと思うが、でも、好きな人が勝手に通うのだから、そうそう堅苦しく対応しなくてもいいではないか、と思う。

高見翔の場合、歌舞伎町を中心にホストクラブ7店を経営する業界最大手「グループダンディ」の会長で、業界事情に詳しい関係者は「成功者として若いホストのあこがれの存在。人の出入りが激しい業界にもかかわらず、従業員の定着率が高い。歌舞伎町ホストの象徴的な人です」ということである。すると、経営者としてそこそこの手腕があったのかもしれない。逮捕されたのも、ライバル店、または、恨みを持つ元従業員から垂れ込みなのかもしれない。

高見翔は、今年2月、ホストを目指す若者向けの入門書「ホストの学校 本気で一億つかむ本」を出版。出版記念パーティもした。どんな本か興味はあるが、流石にこれは私は読まないか。

ただ、ある意味、ホストと自衛隊ほど、今の私に遠い職業はない。しかし、高見翔は、アイデアマンでもある、というし、なかなか面白そうな人物ではないか、とも思う。

しかし、官製不況などと呼ばれるように、昨今は、コンプライアンス遵守が異様に厳しい。会社でそういうことを主管するような部門にいる私さえも、ちょっとやりすぎじゃないのとつい、手を抜こうとして、咎められることがある。ましてや、イケイケの高見翔が、コンプライアンスの距離感を見誤るのも無理もないだろう。まあ、これに懲りて、遵法路線に切り替えて、堅調に経営する方向でやり直すか、それとも、自暴自棄になって自堕落になるか、いまこそ真価を問われるだろう。

と、ここまで書いてきて、あれっ、最初、ホストクラブを経営する奴なんかロクな奴がいない、などと、とっちめるみたいなことを書こうとしていたのに、つい擁護するような言い方になってしまった。もしや、ないものねだりで、ホストに密かに憧れている? いや、それはない、絶対にない。

About 2008年6月

2008年6月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年5月です。

次のアーカイブは2008年7月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。