« 趙治勲の1300勝 | メイン | 日本予防医学協会 »

「知的」の定義

あまり一般的でない私の「知的」の定義がある。それは、なるべく自分でできる範囲が大きい場合ほど、知的である、というものである。

分かりにくいので、例を挙げよう。この定義によると、歩くことは、車を運転することより知的である。なぜなら、自分の努力が占める割合が大きいからである。そういう意味では、カーナビで運転するよりも、なしで運転する方が知的である。カーナビ付きであれ、自分で運転する方が飛行機に乗るよりも知的である。

どうしてこういう例を持ち出すかというと、池田信夫氏のブログで、グーグルでバカになる?というのがあったからである。要するに、細かいことを覚えていなくても、ググればよいと思っていると、知的に怠慢になってくる、という意味だと理解する。

それは、グーグルに対する賞賛とは裏腹に、私も感じていることで、それゆえに、私の「知的」の定義を改めて持ち出した次第である。

普段コンピュータを使って文章を書いていて、いきなり手書きすると、明らかに漢字が書けなくなっている。魑魅魍魎、檸檬、薔薇、黴など書けなくても仕方がないが、下手をしたら、「末席を汚す」程度も書けなかったりする。これでは少なくとも、教養ある日本人とはいえないだろう。

もっと困るのは、コンピュータを駆使することで、自分が偉くなったような気がすることである。本当は馬鹿になりつつあるのに、利口になりつつあるように錯覚しつあるとしたら、そのギャップは開くばかりである。これが悲劇でなくてなんだろあうか。えっ、喜劇だって? まあそうかも。

で、私のせめてもの抵抗は、自分でできることはなるべく自分ですることである。例えば、ここ2週間くらい、家内が実家に帰っていて不在だった。そこで、出来合いを買ってきたり外食する方法はもちろんあるが、自分で作る方が知的だと思い、見よう見真似でなるべく作ることにした。すると、飽きないように自分でメニューを考えることからして、チャレンジであることが分かった。

それでもやっていると、なかなか面白い。プログラムを書くような創作欲が満たされる。

で、はっと気づくと、異様な疲れを感じた。そもそも、料理だけでなく、洗濯、掃除、食器の洗物、その他もろもろの家事をやっていて、それで夜、持ち帰った仕事をこなすのである。最早若くない身にはこたえる。

そこで分かったのは、体力と能力の限界を見極めつつ、妥当な範囲にとどめることも知的である、ということである。

かくのごとく、知的であることは難しい。読書にいそしむことだけが知的でないことは言うまでもない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/830

コメント (2)

綾椎菜:

 仕事上、いろいろ難しい知識を必要としているんですが、知ることと知的になることとは違いますよね。
 最近、歳のせいか、やたら疲れて、酒ばかり飲みます。
 疲れているとか、酔っ払っているとかの脳みそを使い続けていたら、知的になれるはずもありません。
 自分でいろいろやってみるには、心身の余裕が必要みたいです(いつ余裕ができるのだろうか?私の人生??)。

綾椎菜さん


> 仕事上、いろいろ難しい知識を必要としているんですが、知ることと知的になることとは違いますよね。
どうなんでしょうね、違わないような、違うような。

> 最近、歳のせいか、やたら疲れて、酒ばかり飲みます。
それは、控えた方がいいですね。気持ちは、チョー理解できますが。

> 自分でいろいろやってみるには、心身の余裕が必要みたいです(いつ余裕ができるのだろうか

余裕って、なかなかできないものですね。作るものではなく、空から降ってくる雨のように与えられるものかも。必要もないとき、山ほどきたりして。

About

2008年6月23日 12:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「趙治勲の1300勝」です。

次の投稿は「日本予防医学協会」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。