« 2008年6月 | メイン | 2008年8月 »

2008年7月 アーカイブ

2008年7月 1日

受験勉強症候群

あれだけ、TOEICで規定の点数が取れるかどうか、心配していたのに、一応点数がとれたら、ばたっと英語を勉強しなくなった。本来、私が英語を勉強してきたのは、米国人を含む外国人と、なんとか意思疎通したいからである。英語そのものは、特に好きではない。今から大学に行きなおすとしたら、理学部数学科が第1候補で、第2は文学部哲学科あたりであるが、間違っても英文科には行かない。

そんな私が、それでも英語を地道に勉強してきたのは、米国人を含む外国人と、複雑な思想を語るには、あまりにも英語力が不足している、と感じたからである。

ところが、TOEICなどという試験が突然介入してくると、とりあえずTOEICは、リーディングとリスニングなので、英作文はやらないし、会話でしゃべる表現を工夫してみることはない。

このように、試験勉強の結果、学習内容が偏ってしまうことを、私の造語だが、受験勉強症候群と呼ぶ。その症状を列記すると、下記のとおりである。

まず、試験に関係ないことはやらない、という一種の合理化。

次に、当該の試験で高い点数をとる人を無条件に崇拝してしまう。例えば、TOEICを目標にしていると、TOEICで990点を取る人を、今風の言い方をすると、ええっ神じゃん、と崇めてしまう。しかし、TOEICで990点を取る人がどんなかというと、実は結構平凡なジャパニーズ・イングリッシュをしゃべっていたりする。それはそうで、TOEICに、発話の試験はない。

さらに、試験が終わってしまうと、勉強そのものを忌避してしまう。これは、当該の試験で少しでも高い点数をとるために、必死で苦しい思いをして勉強したことの反動である。

こうして、試験勉強が却って仇になってしまうことがある。

試験勉強には別の弊害もあって、ええっ神じゃん、と崇めてしまうことの逆で、TOEICで高い点数をとる人を、あいつは試験のみで、本当の英語の実力なんてない、と勝手にやっかんでしまう。でも、本当の英語の実力がないかどうか、本当は分からない。本当は、やはり高い実力の持ち主だったりする。

上記は、TOEICを例にして述べたが、大学入試であれ、司法試験などの資格試験であれ、環境などの統合認証であれ、ある一定の基準を満たすべく努力することの全てに、上記のことは当てはまる。

例えば、あるITセキュリティの認証を受けるとする。すると、そこでは、パスワードの桁数やアルファベットと数字の混交が問題だとすると、それを遵守することに全てのエネルギが注がれて、機密の添付ファイルを知らないメールアドレスに送ることのチェックが疎かになったりする。

要するに、試験に受かるためには、試験範囲にエネルギを傾注する必要がある。ところが、人間のエネルギは有限なので、試験範囲でないことは、放置されてしまう。

真の不幸は、試験に受かってしまった後に来る。すなわち、ある範囲の試験に受かっただけなのに、突然、その人は、その分野全般に詳しい、ということになってしまう。例えば、有名国立大学の医学部にある人が受かったとしよう。その人は本当は生物学が苦手で、入試では選択科目でとらなかったとしても、秀才だから、生物学も詳しいに違いない、と思われてしまう。

もっと甚だしくなると、人格までも立派と誤解されてしまう。

このように弊害がある受験制度であるが、それでは、受験制度を全廃すればいいのではないか、というと、それはそれで問題である。例えば、医師国家試験が全くないとして、自分で医学を修めたと思うものが勝手に医師を名乗れるというか、医師が単に届出制になると、いまよりもずっと、医者にかかるのに勇気が必要である。

だから、受験制度は、いわば、抗癌剤のような必要悪である。行き過ぎると明らかに害がある。社会の仕組みにひびを入れてしまう。しかし、ないとアナーキになってしまう。

このように両面ある受験制度であるが、現在のところ、バランスをとるノウハウに世間はとても欠けている。中国は、科挙の制度を推し進めすぎて、文化の発展を阻害した。よせばいいのに、韓国はそれを取り入れて、中国以上にまじめに科挙を進めた。日本は、というと、その雑文化性もあって、結局科挙は、取り入れなかった。このいい加減さが、文化的多様性をもたらして、中国や韓国に先んじて、近代化をなしとげることができた。

すると、受験制度は必要悪であり、世間の多くの人は、それとある程度距離をおいて付き合えばいい、ということになる。

ところが、受験制度は、自己拡大的なところがあって、放っておくと、どんどん広がっていくウイルスのような効果がある。例えば、TOEICでいくと、最初は、真の英語力をあらわすのではないから、参考程度にとどめておこう、と思っていても、はっと気づくと、TOEICが800点以上ないと、部長以上にはなれないようにする、などという馬鹿な制度が自然に幅を利かせてしまう。

どうしてそうなるかというと、受験制度に頼る方が世間は楽だからである。それに頼っていろいろなことを決める方が判断力を使わなくていい。

だから、受験制度という必要悪の下で、バランスを保つには、大変な知恵を要する。でも、知恵だけではまずい。受験制度というスパイスもどうしても必要である。これはきっと永遠の課題だろう。

2008年7月 2日

演歌療法

新聞の本の広告をみていたら、「演歌療法」で若返る、というタイトルの本が紹介されていた。コスモトゥーンという出版社で、著者は、医学博士で歌手の周東 寛という人である。

演歌というか、カラオケの効果として、次をあげる:
- 免疫力アップ・アンチエイジング効果
- ストレス発散・精神安定効果
- 運動・ダイエット効果
- 血行促進・血圧安定効果
- 「カラオケハイ」「笑いハイ」効果
- 「幸福ホルモン」効果
- 女性ホルモン安定効果
- アルファ波・1/4ゆらぎ効果
- 内臓活性効果
- 音楽療法・表現療法効果
- 情報交換効果
- 家族の交流を深める効果

なんかよく分からないお題目であるが、カラオケが健康にいいことは確かのようである。私の父は、数年前に癌の手術をした。流石にもう駄目かと思ったが、意外に早く退院できた。なんとか早く帰宅して、自宅で近所のカラオケ仲間と、歌いたかったのだそうである。というのは、私の故郷は絶海の孤島なので、カラオケボックスなんてない。それで、随分立派なカラオケセットが自宅にある。よくわからないが、スピーカも、10万円のボーズのスピーカなのだという。マイクも1本3万円とかいっていた。それで、確かに、自宅でカラオケすると、うまく聞えるのは確かである。

そうやってカラオケ道楽していて、まあどうなんだ、と思うことはあるが、少なくとも父は呆けていない。もともと船乗りで、中学しか出ていないし、何の教養もない。つまらない冗談はいうけど、気の利いたことは一つも言わない。特に記憶力がいいわけではなく、よく度忘れしている。

ところが、自分の好きな演歌なら、新曲を5回聴けば、だいたい覚えるという。それにはちょっと私も太刀打ちできない。私は娘が聞いている最近の曲もときまフォローしようとしているが、それこそ、ウォークマンに入れて、何十回も聞かなくては覚えられない。だから、若い頃からずっと歌が好きな父は、脳の、歌を聴いたり歌ったりするところだけがまだ、活性度を保っているのだと思う。それで、脳血栓や癌にもめげず、とりあえず、いまの70台後半まで生き延びてきた、ということだろうか。

だから、難しいお題目はいいけど、カラオケは楽しみたい。将棋もいいけど、ちょっと勝ち負けが辛いことがある。カラオケも実は、私よりうまく歌われたり、私が知らない歌を一杯知っている人がいると、ちょっと負い目に感じる。でも、まあそこは楽しく、ということで、なんとか流せる範囲である。

スキルの脳死

人間は、例えば溺れるなどして、ある一定時間以上脳に酸素が送り込まれないと、脳細胞のある部分が死んでしまう。それでも、心臓は動き続けるという脳死状態がありえる。

これとの類推で、人間のスキルにも、脳死状態がありえるのでは、と、ふと思った。どういうことかというと、あるスキルを長時間使わないでおくと、二度とそのスキルを使えない状態になってしまうことをいう。

脳死状態になりにくいスキルは、身体的なものである。例えば、泳げる、自転車に乗れる、とかいうものである。自動車の運転なんかも、意外にそうである。10年くらい全く運転しなくても、どこか体が覚えている。

では、脳死になりやすいスキルはどんなものかというと、純粋に頭を使い、論理的なものである。典型的には、数学であろうか。例えば、10年間全く数学を勉強しないと、その能力は地に落ちる。大学のとき、保健体育の授業というのがあった。実技もあるのだが、保健概論みたいな授業も必修であった。その授業で、保健体育の教官が、数学なんてすぐ忘れます。わたしなんぞ、数学といえば、積分の、みみずみたいなの(インテグラルのこと)しか覚えていません、と言っていたのが印象的であった。

あとは、語学も使わないと相当に忘れる。大学では一般的に、ドイツ語やフランス語を第2外国語として学ぶが、私もそうであるが、まともな挨拶さえできないくらいになってしまう。ある人など、米国出張にいったとき、フランス人がいて、大学でフランス語を学んだことをとうとう伝える勇気がなかった、という。また、そこまで、と思うのだが、ある日本人はトルコにお嫁に行って、トルコ語をマスターしたはいいが、日本語を完全に忘れてしまった、という。母国語でさえそうである。だから、4ヶ国語ペラペラという人がいたとしよう。おそらく、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語あたりだと思うが、その4つのペラペラ・レベルを維持するには、各々に大変な努力と時間を要する。すると、下手したら、他の勉強をする時間があまりないかもしれない。だから私は、多言語がペラペラという人がいたら、感心するよりも先に、教養が怪しいんではないか、と怪訝な気持ちになる。

また、異論はあるかもしれないが、意外に脳死しにくいのが、囲碁・将棋の棋力である。もちろん、アマ四段くらいあるとして、アマ五段の力(免状ではない、念のため)になるのは、若くて伸び盛りでもない限り、至難である。ところが、経験的に、囲碁・将棋の棋力は脳死しにくい。例えば、10年くらいブランクがあっても、アマ四段がアマ三段弱になるくらいで、一生懸命指すとまた、すぐに元にもどる。

このように脳死しにくいスキルと、脳死しやすいスキルを分けるものは何か、というと、私は、メンテナンス・ルーチンの走らせやすさ、だと思う。言い換えると、DRAMのリフレッシュである。例えば、私は、インフルエンザか風邪かなにかで高熱で寝込んだことがあった。すると、天井を眺めていると、それが将棋盤に見えてきて、そこに飛車や角が乱舞するのである。ああっ、その筋だと、飛車がただ取られだ、とかうなされ続けるのである。これは寧ろ苦痛であるが、もしかして、いつも私が気づかないうちに無意識に、将棋スキル・メンテナンス・ルーチンが心の中を走っているのではないか、と推察した。

これが数学だと、例えば、ガロア理論の入門書を読んだとして、高熱で寝込んだとき、拡大体だ、円分体だ、とうなされるであろうか。少なくとも、私の数学の実力ではありえない。相当数学を勉強した人ならあり得るかしれないが、数学のメンテナンス・ルーチンは、どうも将棋よりも重い。重いというのは、プログラミング・コードの類推である。なかなか、心にロードできない。

それと、私の仕事の経験だが、長らく特許の実務屋をやっていたのに、突然業務の管理職を任されたことがある。すると、最早、特許実務はやらなくなる。予算管理だの、部下の評価だの、口ではいえないが、もういい加減にしてくれ、と毎日思っていた。そして、13年くらい管理職をやっていて、晴れて特許の実務屋に戻れたが、特許実務の中でも重い仕事である、明細書書きはもう無理かと諦めかかっていた。ところが、やってみると、体がある程度おぼえてくれていた。課題は技術理解だが、ここは必死で勉強した。それで、なんとか、管理職になる前のレベルくらいにはなれたのでは、と思う。もともと、大したレベルではないので、そこに戻るだけなら、大した努力は要さない。考えてみれば、業務の管理職とはいえ、まるで密輸のように、密かに他人が書いた明細書や意見書を読んだりしていた。そして、自分だったら、こう書くのにとか、勝手に想像していた。それがよかったようである。

で、結論であるが、一旦頑張ってあるレベルのスキルまで引き上げておけば、そのスキルから離れても、そんなには落ちない。身体的な面が大きいほど、放置していてもスキルは脳死しない。体を動かすと自然に、メンテナンス・ルーチンが走るのだろう。しかし、純理論的なスキルであるほど、メンテナンス・ルーチンを意図的に走らせる必要がある。決して、自律的に走ってくれないからである。しかし、維持する努力は、比較的軽微でよい。数学だと、月に一度、練習問題を解くくらいか。

だから、心ある人は、仕事が忙しい現役時代は、とりあえず軽くメンテナンス・ルーチンを走らせておき、定年で暇になったら、時間をかけてまた、スキルを復活させるのがよい。伊能忠敬もかるやあるらん、のようにである。もともと、そんな目標なんてなくてよく、ただ生きがいをもって生きられればいいのであるが。

2008年7月 3日

文化財の落書き

日本人が、イタリア・フィレンツェの「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の壁に落書きしたことが問題になっているが、大聖堂の修繕責任者パオロ・ビアンキーニ氏は2日までに「落書きは許されないことだが、日本人が深い謝罪の意思を示したことに驚いた。敬服する」と述べた、という。そもそも、落書きは、英語やイタリア語によるものの方がはるかに多く、欧米では文化財への落書きは当たり前のように見られている、という。だから、決して好ましいことではないけれども、落書きに対して謝罪の意思を表す、ということが、とても稀なこと、ということになる。

私の推察であるが、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂を訪れた日本人は、そこに、沢山の落書きが既にあるのをみて、では、記念に私も、と思ったのだろう。赤信号みんなで渡れば恐くない式で、軽い気持ちで書いたことと思われる。いかに厚顔無恥な日本人であったとしても、何も汚されていない文化財に落書きする勇気はないはずである。だから、旅の恥はかきすて式の放埓さと、みんなで渡れば恐くない式の無責任さが相乗したのだろう。

それが証拠に、日本の重要文化財にはほとんど落書きがないはずである。善光寺が汚されたのは、悪戯ではなく思想的?理由のはずだからである。

と思っていたら、今度は、ニュージーランドの「クライストチャーチ大聖堂」で、東京都八王子市内にある有名私立高の生徒4人が語学研修中に書き込んだものが見つかったそうである。落書きは油性ペンで、学校名と06年12月21日の日付、各人の名前が記されていた。大聖堂は、英国移民が1864年に建造した英国国教の教会。年間66万人が訪れるニュージーランドを代表する歴史的建造物で、聖堂内はステンドグラスや彫刻品などの装飾品に彩られている。これも、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の場合と同じ状況で、既に多数、落書きがあったのだろう。

それで書きながら思ったのは、どちらも、キリスト教の大聖堂である点である。申し訳ないけど、キリスト教の大聖堂は、庶民を遠ざけ、お高く留まっているのではないだろうか。キリスト教は本来、最も貧しい者、最も苦しむ者と同じ目線で、人を救済するものではなかったか。落書きは、よくも悪くも、そういう悪しき非庶民性の発露ではあるまいか。

だから、いかなる意味でも文化財への落書きを是認するものではないが、もし落書きを糾弾するなら、大聖堂側にも反省すべき点は多々あるはずである。そして、そんな反省などしたくもないので、大聖堂は落書きも、渋々ではあるが放置する。

よって、キリスト教の圏外にある日本人から、落書きを謝られると、大聖堂は寧ろ当惑する、というのが実態ではないだろうか。

酸素カプセル

新聞によると、高野連が、酸素カプセルを、反ドーピングの立場から、禁止することにした、という。これに対する私の見解は、複雑である。

酸素カプセルの思い出については、2006年夏の甲子園大会に遡る。そのとき、優勝候補は、駒大苫小牧で、史上初の三連覇がかかっていた。しかし、駒大苫小牧は、エース田中将大を擁し、三連覇は決して非現実でないと思われた。実際、駒大苫小牧は勝ち進んでいった。

ところが、彗星の如く現れたのが、早実。天才投手(と、言ってよいだろう)、斎藤佑樹を擁し、危なげなく勝ち進んだ。そうして、ほとんど必然のように、早実対駒大苫小牧の決勝となった。

果たして、決勝は、斎藤佑樹と田中将大の投げ合いで、両者一歩も譲らない。延長15回の再試合となった。すると、駒大苫小牧の方が断然有利と思われた。なぜなら、ほとんど斎藤佑樹の一枚看板の早実に対して、駒大苫小牧には、田中将大以外にも、きちんとした成果の期待できる複数の投手がいたのである。

しかし、前日、延長15回を投げきったにもかからわず、斎藤佑樹は好投し、結局、早実の優勝となった。あの歴史に残る、三沢対松山商業戦に例示されるように、一枚看板の投手で、且つ決勝で延長15回の再試合となっては、まず勝てないとしたものである。

だから、とても意外だったのだが、斎藤佑樹には秘密兵器があった。酸素カプセルである。これは、人間が袋の中に横たわり、そこに高圧酸素を送り込むというもので、疲労や怪我の回復に有効である、とされた。決勝再戦での斎藤佑樹の好投が、なによりそれを物語っている。

一方で、癌の原因は、活性酸素である、とされる。オゾンのように反応性のつよい酸素が、DNAを損傷させて、癌の原因をつくる、というものである。ただ、短期間には、高圧酸素は、筋肉中の乳酸などの分解を助け、疲労回復に効果があるのは疑いがない。また、継続的でなく、短期間の使用なら、医師も人体に対して悪影響がある、とは認めていない。

すると、高野連が、酸素カプセルを禁止する理由は何なのか。

スポーツ団体がドーピングを禁止する主要な理由は、それが人体に悪影響を及ぼす、というものである。例えば、筋肉増強のステロイド剤などである。

一方で、単に記録を促進させる、というだけの理由で、ドーピングが禁止されたことがあったろうか。酸素カプセルは、単にそのようなケースに思われる。あるいは、化学的組成による記録促進自体が問題なのであろうか。

それなら、みんな平等に使えば不公平の問題もなくなりそうだが、どっこい、酸素カプセルの場合は、その装置が、数百万円もする、ということがあった。なるほど、すると貧乏高校と金持ち高校で、酸素カプセルの可用性に差が出て、不公平になってしまう、という具合か。

医学的理由なら、高野連もはっきり理由を述べることができる。しかし、もしそのような高校のブルジョア性が理由なら、高野連もなかなか理由をいえない、ということなのだろうか。

2008年7月 4日

冷たいダークマター

理論物理学の5大問題で触れたように、宇宙において、ダークマターが何か、ということは第一級の謎である。

それについて、ダークマターの稿で、「暗黒宇宙で銀河が生まれる」サイエンス・アイ新書、谷口義明著に言及したが、その最後の方に、その本なりに、ダークマターが何か、ということの推察があるので、メモしてみる。

その本によると、ダークマターは、「冷たい」のだそうである。どういう意味かというと、エネルギーが低いということである。さらに、ダークマターは、次のような性質をもつ。

・電磁波で観測されないので、電荷はもたない。
・重力以外の作用はきわめて小さい。
・銀河から銀河団まで、普遍的に存在する。
・少なくとも宇宙年齢以上の寿命をもっている。

ここで、おいおいと思うのは、「宇宙年齢以上の寿命をもっている」である。これはどういう意味か。ビッグバンが正しいとすると、ビッグバンが始まる前に、ダークマターは既に存在しており、ビッグバンの火の玉は、ダークマターの巨大なプールにダイブしたのか、ということになる。ますます、訳がわからない。

この本によると、ダークマターは、超対称性モデルでの、ニュートラリーノではないか、と予測される。すると、ニュートラリーノって何? ニュートリノの親戚? という、小学生みたいな問いが出てくる。WikiPediaによると、ニュートラリーノとは、「超対称性理論によって存在が予想されているマヨラナ粒子。予測される質量は陽子の質量の30~5000倍。」という。あっそうか、なんて、とても理解できない。事実上目に見えないが、弱い相互作用と重力相互作用にのみ関わっている、という。ただ、そんなものがどうして宇宙に普遍的に多量に存在いているのか、という問いは、流石にまだ誰も答えられないのだはないだろうか。

ダークマターとして、私が勝手に推察したのは、何か幾何学的に折りたたまれたものではないか、というものである。すなわち、宇宙空間で、素粒子が、幾何学的に折りたたまれた空間に凝縮されており、よって見えないけど大変重い、というものである。何の根拠もなく、もちろん、理論的にそれを説明できないので、できのよくないSFでしかないのだが。

別のアイデアは、霊界が宇宙に重ね合わせられており、霊界といえどもエネルギーであり、エネルギーは質量に転化するので、ダークマターは重さをもつ、というものである。ここにきて、SFの出来の悪さ、沸騰である。

ともかく、ダークマターこそが、銀河のゆりかごなのだという。すると、突然、演歌「兄弟船」の一節が思い浮かんだ。「俺と兄貴のよ~ぅ、夢のゆりかごだ~っ」。こうして、ますます分からなくなるのである。

2008年7月 5日

グーグルの職場

最近話題になっている本の1つに、「不機嫌な職場」講談社現代新書、がある。こういう本が売れるというのは、いかに、「不機嫌な職場」が増えているか、ということである。

では、どういうのが、「不機嫌な職場」なのか:
- 新しいことに参加してくれない、反応がひややか
- 頼んでも、きちんと対応してくれない
- メールで一方的に指示するだけ
- 派遣社員を、平等にみない
- 困っている人がいても、特に声をかけない
結構思い当たる節があったりして。

それで、1つのうまくいっている例として、「不機嫌な職場」講談社現代新書の著者は、グーグルを訪問して、話を聞いたのだという。それで、その内容を、簡単にまとめてみる。

グーグルの職場は、典型的な言い方をすると、スタンフォードの研究室のような創造的な環境を、なんとか企業に持ち込んだものといえる。ただ、営利団体である企業には、それなりに制約がある。それを乗り越えようとする努力をしているのが、グーグルの職場、ということになる。

まず、グーグルの職場はグローバルである、ということである。このグローバルという言葉に、私はつい、ネガティブなイメージをもってしまう。それは例えば、ローカルになにかやろうとしても、グローバルと違うなどと余計な横槍が入る、という具合である。どうも、グーグルはそういうのではなくて、フラットな階層で、もう少し自主性が重んじられているのだろう。そうしないと、そもそも、創造的にやれる訳がない。

そうして、グーグルの職場は、柔軟である、ということである。あるプロジェクトが始まると、人が集められて、終わると解散する。このような流動的な組織のため、タコツボ化が起きにくい。

ただ、エンジニアや研究者は、専門化する傾向がある。もちろん、グーグルといえども、社員に深い専門知識をもっていてもらいたい。しかし、タコツボ化は困る。それで、どんな手を打っているのだろうか。

先ず、採用面接のとき、なんと20人もの人が会うという。その際に重視されるのが、他の人とうまく協働(co-work)できるか、ということと、その人が自分で動ける人(self-starter)であるか、ということだという。書いてみると当然のようだが、なかなか、実際にそういう人材はいない。しかも、グーグルが求めるのは、原則として、コンピュータ・サイエンスの優秀な大学院博士なのである。相当に希少な人材である、といえる。

そして、self-starter + co-workという人材を取り揃えることで、ようやく、グローバル且つ流動的な組織運営ができる、ということであろう。

グーグルの別の側面は、アイデアを生むことだけでなく、アイデアを他のメンバーに披露することも重要視している、ということである。そうすることで、アイデアが自己満足化することが防げる。また、他人のアイデアも刺激する。

それと併せて、グーグルでは、社員の評判情報が重視される。誰が何が得意か、どんなことを思いつけたか、などである。そのため、グーグルは、可能な限り、社員全員で社員旅行に行く。また、社内随所に面白いゲームが置かれており、そこでゲームをするために人が集う。それって下手をしたら、単に遊んでいるではないか、ということになるが、そういう時間的無駄も、創造性のためのコストと考えているのだろう。いや、そうやって直ちに頭の中で効率を時間に換算する算盤を弾いてしまう私が、管理病に罹っているのかもしれない。

物理的にも、グーグルでは、個室を作らない。社長ですらも、オープンな場所に机がある、という。私なんぞ、伝統的な外資系企業の勤務が長いので、外資系企業=プライバシーと個人の独立性を重視=個室、というイメージからなかなか抜けられない。それでも、職場が家族的に運営されている時代はまだよかった。もしかして、妙な個人主義と成果主義が組み合わさったとき、それが職場をじわじわと弱めていくことになったのではないか。

おっと、いまはグーグルの職場の話であった。ところで、グーグルの職場でのインセンティブとは、アイデアを披露し、それが賞賛されることである。それは、狭い成果主義の抜け駆けとは違う。狭い成果主義での成果とは、上司が評価する。上司だけが評価する、と言ってもよい。すると、あらゆる自分のリソースを、上司が評価するように見せることにエネルギが傾注される。すると、ともすれば、同僚(peer)の評判が犠牲にされる。それでもよい、という、ワーキング・スタイルは、長くはサーバイブしないのではあるまいか。

だから、グーグルでは、フラット(上下関係のなさ)、リスペクト(相互尊重)、フェア(公正、公平)が重視される。

また、とても誤解を招くかもしれないが、グーグルでは、公私混同が推奨される。言い換えると、グローバル・カンパニーであるグーグルでは、24時間世界中で誰かが働いているために、24時間オンなのである。といっても、栄養ドリンクのコマーシャルのように、24時間闘えますか、ではない。例えば、自宅に帰って一風呂浴びて、VPNかなにかで、会社のメールをみる。すると、何か質問がきていて、「おおっ」と反応し、急ぎなら、チャットかなにかて、打ち合わせていく。はっと気づくと、深夜の2時だったりする。で、そろそろ寝るか、と遅く起きて、重役出勤する。会社に行ったら行ったで、ゲームのところに行って、同僚とゲームに興じながら、雑談ついでにプロジェクトの話もする。すると、Daveの奴、すごいアイデア思いついたらしいぜ、よく知らないけど、とか聞いて、ふうん、と頭に入れておく。自分自身のワーキング・スタイルも考えあわせて、グーグルではこんなんかな、と推察してみた。

でも、公私混同が推奨される、というと、かなりの人は顔を顰めるだろう。仕事なんて生活の手段だ、それでは仕事の奴隷ではないか、と。そういう人は、朝九時から夕方5時まできちんと働いて、自宅に帰って一風呂浴びても、メールなんて見ない。プライベートの時間を大切にしないと生きている意味がない、というだろう。それはそれで立派である。文句はない。ただ、仕事のパフォーマンスという意味では、どうしても、グーグル流の働き手には勝てないだろう。そうなってくると、最早、人生観の勝負である。また、グーグルの公私混同のワーキング・スタイルは、燃え尽きにつながらないのか。私には分からない。ただ、私は一部、そういう公私混同の働き方をしている。公私混同というからには、公に私が食い込み、私に公が食い込んでいる。前者よりも後者の程度が少し多いと思う。そうでないと、営利企業では廻らないだろう。だから、下手な計算は、公私混同のワーキング・スタイルには無用である。また、私が燃え尽きるかどうかは分からない。私が燃え尽きたって、それはそれで仕方がない。結局、肉体という物理資源は有限なのだから。

ああっ、グーグルの職場の話なのに、つい自分の思い入れを述べることになってしまった。ここらあたり、良くも悪くも、私のブログである所以である。

加齢臭

私自身、鼻というか嗅覚がよくないことがあって、他人の臭いがあまり気にならないのと対応して、自分の体臭が他人にどう感じられているか、ということにもかなり無神経である。だから、普段、臭いと思われていることは少なくないと思われるが、流石に、よほどでないと他人はそれを指摘しない。不躾だからである。従って、私の体臭を遠慮なく指摘するのは、私の家族、ということになる。体臭ということになると、腋臭などが有名であるが、特に、私のように中年になってくると、問題は加齢臭である。

いろいろ文献を調べてみると、加齢臭が問題視され、それを防ぐ方法など研究され始めたのは、1997年頃からで、まだ10年くらい前である。加齢臭の原因は、従来から体の各部分の匂いの代表的な原因物質として認知されている上記低級脂肪酸を原因物質とする臭いではなく、従来体臭の原因物質としては全く認知されていなかった、オクテナールやノネナール等の不飽和アルデヒドが深く関わっていることが分かった、という。ノネナールは、皮脂が紫外線などを浴びて酸化すると、皮脂にバクテリアが繁殖し、それが発酵することによって出てくる悪臭成分である。すなわち、皮脂が紫外線などを浴びて生じた過酸化脂質である、スクアレンヒドロペルオキシド等は、通常はペルオキシダーゼ等による生体防御機構により分解されるが、加齢と共にこれらの生体防御機構の働きが衰える、ということらしい。

そこで、リポキシゲナーゼ阻害剤を含む加齢臭抑制用組成物が考え出された。あるいは、抗菌剤を用い目ことで、バクテリアの繁殖自体を防ぐ方法もある。

別のアイデアとして、プロアントシアニジンという抗酸化剤を用いる方法もある。さらには、原因物質補足物質として、エタノールアミンを用いる方法もある。ただ、エタノールアミンは、刺激性があるので、ポリヒドロキシアミン化合物の方が好ましいとされる。

ちょっと面白いのは、縮合型カキタンニンを用いる方法である。すなわち、天然物由来の消臭成分は、茶抽出物、シソ抽出物、オウゴン抽出液、キュウリ抽出物、サンショウ抽出物、パセリ抽出物、ハマメリス抽出物が知られているが、これらでは、加齢臭を防ぐのは有効でなくて、なぜか柿の渋み成分であるタンニンが有効なのだという。

さらに変わったところでは、ハマナス類の花弁成分に高い抗酸化性があり、これを用いる方法もある、という。より最近は、シソ及び月見草由来のポリフェノールが提案されている。

ということで、加齢臭防止によいのは、ポリヒドロキシアミン化合物ベースの成分とか、カキタンニンやポリフェノールなどの植物由来成分を含む石鹸やスプレーということになるだろうか。

で、家族から催促されて、私が渋々とっている方法は、朝シャワーである。すなわち、加齢臭は、体からしみ出るオクテナールやノネナール等の不飽和アルデヒドであるから、それらを少しでも洗い流すのである。家族によると、会社から帰った直後は、とても臭うが、一旦風呂にはいると、それはほぼ消える。しかし、風呂から上がった後の時間の単調増加関数で、臭いは強くなるようである。また、雑菌の繁殖によるのだから、気温の高さも、関係する。

加齢臭を防ぐ石鹸のようなものを買ってまで、試すつもりはない。藤岡藤巻の「オヤジの心に灯った小さな火」のように、私の心に火は灯っていないからである。

赤祖父俊一の地球温暖化論

はれほれ氏から紹介された、赤祖父俊一の「正しく知る地球温暖化」誠文堂新光社は、なるほど、良書であった。私は、一応ダメ物理学生だったとはいえ、はれほれ氏のような気象の知識は持ち合わせないので、誤解しているかもしれないが、自分用のメモとして書いてみる。

先ず、赤祖父俊一とはどういう人か。1930年生まれというから、私の父親とほぼ同年代である。東北大学地球物理学科を卒業後、アラスカ大学大学院に進み、アラスカ大学地球物理学科教授、アラスカ大学地球物理学研究所所長、アラスカ大学国際北極圏研究センター所長を歴任、オーロラや地球電磁気学、北極圏研究の世界的権威であるという。だから、本人は謙遜するように、気象学の専門家ではないかもしれないが、気候変動の激しい北極圏を長年観測してきた経験から、地球温暖化を論じるに十分な専門家とみなしてよいと思われる。

私のような者が言うのは不遜であるが、赤祖父俊一氏が誠実で明晰である、と思うのは、論旨が明確であり、また、分かっていることと、そうでないことを混同しないで論じていることである。

では、文責私でまとめてみる。先ず、間氷期は、15000年前から始まった。つまり、氷河期がおわり、10000年前は、今よりも高い気温の時期もあった。すなわち、今の気温が、異常を叫ぶほどに特に高い訳ではない。それで、さまざまな調査の結果、西暦1600年の頃は、今よりも随分寒かったらしい。ロンドンのテムズ川が凍るなどということは今では考えられないが、そういう時期があった。それを小氷河期と呼んでもよい。すなわち、何万年のサイクルで、氷河期と間氷期が繰り返すが、その間氷期の中でも、相対的に気温が高くなる時期と、小氷河期と呼ぶべき相対的に気温が低く時期がある。ところが、西暦1800年から、地球は小氷河期からの回復とも呼ぶべき、温暖化の時期に入った。そして、それは今も続いている。どれくらいの温暖化かというと、100年で、0.6℃程度である。

ところが、西暦1800年というと、まだほとんど産業革命も始まっていない。よって、ここで既に、温暖化が、人間が出す二酸化炭素によるものである、という説があやしくなる。

人間が盛んに二酸化炭素を放出するようになったのは、第二次大戦後の1946年くらいからである。すると、温暖化の主要な原因が、人間が出す二酸化炭素によるものであるとすると、そこから急速に、気温が上昇しなくてはいけなるなるはずである。ところが、観測結果はそうなっていない。1800年頃から100年で、0.6℃程度というリニアな線を引き、それに対して上下にずれる温度変動になっている。むしろ、1960年から1975年あたりは、寒冷化し、これから氷河期になるのだ、と警告する学者もいた。

それでは、1800年から100年で、0.6℃程度という温暖化の原因は何かというと、自然の気候変動である、というしかない。原因は、太陽黒点その他いろいろあると思われるが、複雑すぎて、現在の学問レベルでは説明できない。

すると、人間が出す二酸化炭素により気温が上昇するという説は間違いか、というと、本来地球物理学者である筆者もそうは言っていない。確かに、空気中の二酸化炭素は、地上から放射される赤外線を吸収して、地上に放出する。これが二酸化炭素による温暖化というか、温熱効果の仕組みである。しかし、そのメカニズムは、完全に解明された訳ではなく、未知のことは多い。例えば、二酸化炭素濃度と気温の変動グラフを並べると、二酸化炭素濃度の増加に従って気温が上がるのではなく、その逆のように思われる。因果関係が逆なのである。

さらに、温室効果は、二酸化炭素よりも、水蒸気やメタンの方がずっと大きい。しかし、そちらの方の解明の努力はあまりなされていない。こうして、人間が出す二酸化炭素がもし温暖化をもたらすと仮定しても、その効果はせいぜい、気候変動の効果の6分の1程度であろう。すると、政策により膨大な費用をかけて人間が出す二酸化炭素を削減したとしても、それがもたらすであろうと予測される温暖化抑制効果を、気候変動があっさり打ち消してしまうかもしれない。

そもそもが、地球が温暖化している証拠として、氷河が水しぶきをあげて海に落ちて行くシーンが放映されるが、それは、氷河の普通の性質であって、地球温暖化と全く関係ない、と赤祖父氏は、切り捨てる。アラスカ大学国際北極圏研究センター所長の言だから、これほど信頼のおける発言もない。これ以外にも、海氷の縮小も、暖流の流れの変化であって、地球温暖化とは関係ない、と説明する。

では、氷河は後退していないのか。いや、それは全般的にはそうである、と赤祖父氏は、説明する。すると、地球温暖化論者は、おおやっぱり、と色めき立つ。しかし、氷河の後退は、1800年以前からの温暖化の結果、始まっているのである。人為的に発生された二酸化炭素のせいとは言い難い。

こうして、赤祖父氏は、IPCCの論文は、学術的文献として体をなしていないので、きちんと研究した結果に基づくべき、と反論する。

しかし、赤祖父氏のあまりにもまともな主張も、地球温暖化論に染まった世間の人には届かないのだろう。すると最早、これを匡すのは、政治学であり、国際関係学であり、社会心理学の領域なのだろうか。

2008年7月 6日

洞爺湖サミット

明日から3日間の予定で、洞爺湖サミットが行われる。

参加国は、日本、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、イギリス、アメリカ合衆国、欧州連合、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、インドネシア、韓国、オーストラリア、アルジェリア、エチオピア、ガーナ、ナイジェリア、セネガル、タンザニア、である。

議題は、次のとおり:
- 原油価格高騰への対応など世界経済
- 環境・気候変動問題
- 食料価格高騰
- アフリカ開発
- 北朝鮮やイランの核問題、アフガニスタン支援などを討議、日本は拉致問題解決へ各国の協力を呼び掛ける

七日昼に南アフリカなどアフリカ七カ国の首脳らを招いた拡大会合で開幕し、八日はG8だけで温暖化対策、アフリカ支援、世界経済などを討議。食料問題に関する特別声明などの合意文書を採択する。特に、最終日の九日は午前に中国の胡錦濤国家主席、インドのシン首相らを交え、温室効果ガスの主要排出十六カ国による主要経済国会合(MEM)首脳会合を開催する、という。

これを見てまあ、なんと多くの議題が、たった三日に凝縮されているのか、ということと、G8、特に米国の利害にバイアスされているのか、ということである。

先ず目玉が、環境・気候変動問題、特に、温室効果ガスとしての二酸化炭素の削減らしいが、北海道くんだりに、先進国の首脳を集めて、何たる時間とリソースの無駄だろうか。そもそも、気候変動問題というけれども、人類が台風や降雨、降雪を制御する、という話なのだろうか。文脈からして、異常気象は、増加する二酸化炭素を原因とする地球温暖化によってもたらされており、よって、二酸化炭素の削減によって異常気象を抑えることができる、と言いたいのだろうか。もしそうなら、よほど噴飯の命題である。気象学は、二酸化炭素の増加が地球の平均気温増加につながることさえ、きちんと説明できていないのに、気候変動問題など、おこがましいこと限りない。

原油価格高騰は、サブプライムローン問題で、行き場を失った資金が、原油の買い付けに流れ込んだ、という説がある。もしそうなら、ここで議論することは何の意味もない。相場が、金融工学に依存する体制を見直す、というパラダイムシフトが必要であり、とても地味な専門的議論が必要であろう。

食料価格高騰は、バイオエタノールなど、食用の材料が、燃料に転用されていることが事態を悪化させている。そもそもおかしいのは、二酸化炭素の増加は、穀物の生産量を増加させるのだから、二酸化炭素の増加による地球温暖化は、もしそれが正しいなら、寧ろ、人類の福音であるはずである。

アフリカ開発など、先進国か集まって議論するとは、厚顔無恥も甚だしい。要するに、アフリカの貴金属資源や、石油資源をどうやって、より有効に入手したいかが、先進国の本音であろう。その効率化は、先進国を富ませ、その一方で、一部の特権階級を除いてアフリカの住民を一層窮乏化させる。アフリカの住民の福利厚生を、毛ほどでも考えているのだろうか。なお、アフリカ開発については、中国が、G8の先進国を尻目に、抜け駆けしている。その手腕は見事である。

北朝鮮やイランの核問題、アフガニスタン支援などを討議は基本的に、まともな議論にならない。ロシア及び中国という、上海協力機構国が参加しているからである。上海協力機構の会合には、座長国であるロシアを除き、G8のどの国も、オブザーバとしてさえ参加を許されない。

拉致問題は、基本的に、どうしても他国は真剣に協力してくれない。自国民が拉致されたのでないと動かない。存念だが、それがリアリティである。

また、中国の胡錦濤国家主席、インドのシン首相らを交え、温室効果ガスの主要排出十六カ国による主要経済国会合(MEM)首脳会合を開催する、というが、これにも苦笑を禁じえない。いまから更なる経済発展を計画する中国やインドが、真面目に二酸化炭素削減に同意するだろうか。せいぜいが、なるほど、確かに分かった、と口裏だけあわせて、帰国したら早速、火力発電所を増設する。電気は、産業の命脈である。なお、温室効果ガスの削減ではなく、エネルギー資源の削減、というなら、理解できる。しかし、いずれにせよ、中国もインドも、馬耳東風だろう。

こうして、壮大な無駄ともいうべきサミットが、ここに行われようとしている。可能的な最もよい決定は、最早意味がないので、次回のサミットはキャンセルしましょう、という決定であるが、流石にそういう決定はありえないだろう。各国首脳の楽しい観光旅行なのだから。

メゾ空間

以前、世界トップ研究拠点という記事を書いたが、そのうちの、京都大学 中辻憲夫教授の研究内容が新聞に紹介されていたので、メモしてみる。

中辻教授が所属するのは、物質-細胞統合システム拠点(アイセムス)と呼ばれ、かの中山伸弥教授も所属している、という。キーワードは、メゾ空間。

ここで、メゾ空間、というのは、5~100ナノメートルのスケールであるという。そのスケールだと、古典力学は最早使えない。では、量子力学かというと、量子力学を適用するには複雑すぎる、よって、現代の科学の未踏領域である、という。

ちょっと待った、である。物質-細胞統合システム拠点というからには、生物学の研究であって、物理学ではないのではないか。古典力学だの量子力学だのというと、カーボンナノチューブのような話なのかと思ってしまう。

では、どのような研究なのか、みてみる。
- 患者の体内で薬を合成する技術
- 化合物を使ったiPS細胞の作成や分化誘導
- メゾ・スケールの穴があいた多孔性物質で、エチレンガスを高圧保管したり、水から砒素を除去したりする
 などである。

中辻憲夫教授自身は、ES細胞などを研究歴があり、ある意味、中山伸弥教授のiPS細胞の前駆のような研究をしていたと思われる。ただ、中辻教授と中山伸弥教授は、研究歴が重なってならず、よって、中辻教授は最早、研究者というよりも管理職である、と思われる。

尚、メゾ空間とか、メゾ・スケールとかいうキーワードで特許を検索してみたが、なんと、1件もヒットしない。また、Webを検索しても、京都大学アイセムス関連しか、ヒットしない。よって、京都大学アイセムスのメゾ空間化学、メゾ・スケール細胞生物学は、相当に新しい、と改めて感心したのだった。

2008年7月 7日

「あほか」メール

先日、戦時下の性暴力に関する番組が事前説明と異なる内容に改変されたとして、取材を受けた市民団体がNHKに損害賠償を求め敗訴した件があった。詳しい経緯は見ていないので、そのことの是非は分からないが、その当事者である「『戦争と女性への暴力』日本ネットワーク」に対して、日経の記者が、「なんであなたがたの偏向したイデオロギーを公共の電波が垂れ流さなきゃいけないんだよ。あほか」などと書いたメールを送ったという。

「あほか」という言い方は、よほど頭にきたら、私も口に出していうかもしれない。飲み屋での悪口では使うだろう。しかし、私は、社内の同僚・上司・部下であれ、個人的な友人へのメールであれ、Eメールでこういう表現を使った記憶がない。口頭と言うのと違って、Eメールは残るし、一歩引いた言い方にするのが常識であろう。

ましてや日経記者の場合、取材先の第三者団体に対してのメールである。私はこれは、うっかりとかいうものではないと思う。記者としての妙な特権意識の発露であろう。

例えば、先日、秋葉原無差別殺人事件で、家族を殺された人に対して、なんと無神経にマスコミはインタビューしていることか。ましてや、犯人の両親に対しても、である。

個人情報保護法により、他人のプライバシーは保護されるが、一歩、犯罪やスキャンダルが絡むと、マスコミは、飢えたライオンもかくやあるらん、みたいに、関係者のプライバシーを容赦なく暴く。

それに基づき書かれた記事は、とてもよく売れる。すなわち、実は、一般大衆こそが、マスコミの横暴を助長しているのであり、取材記者はその尖兵、ということになろう。すると、戦時中の憲兵がそうであったように、自らの権力を誇示するように、取材記者は、わがもの顔に振舞う。

日経は、「個人として行ったが、不適切な内容だった」と団体に謝罪した。また、処分した記者名や所属、処分内容は公表しない、としている。私はあまり厳重な処分はとられないと思う。丁度、検察で、行き過ぎた取調べが蔓延しているので、たまたまある件が発覚したとして、大目に見られてしまうのと同様である。まあ、今後気をつけろ、程度であろう。

マスコミが威張るというのは、現代社会の根源的な性質であり、そう簡単にどうこうできるものではない。学歴社会の根深さと同等か、それ以上であろう。

気儘と嗜好

猫を飼うようになって、他の猫を飼っている人と話していつも驚くのは、実に嗜好が違い、多様である、ということである。

例えば、最近のように暑苦しくなると、クーラーや扇風機に当たりたくなるのが人情である。うちの猫は、扇風機の風がとても好きで、ばんばん扇風機の風が当たるところで平気で寝ている。風邪をひかないのかな、いいのかな、と思うほどである。

ところが、猫を飼っている友人と話すと、そこの猫は、そういう直接的な風は嫌いで、避けるという。考えてみると、直接的な風は避けるという猫の方が普通で、うちの猫はちょっと変ではないか、と思う。

これはほんの一例で、猫を飼っている友人と話すたびに、その多様性に驚くことしきりである。

今話したのは、個体差であるが、一匹の猫の時間的な経過をみても、うちの猫は、可能な限り、寝る場所を変えいる。どうも同じ場所だと飽きるようである。

で、思ったのは、こういう無意味なまでの多様性を好むのは、人間なら、芸術家と言われる人たちなのではないか、ということである。もちろん、猫が芸術家のような多様性を発揮する、ということではない。ただ、創造性の前提というか必要条件として、猫的気儘さがあるのではないか、と思った次第である。

自分を顧みると、実に猫的ではない。寝る場所は、毎日固定であることが望ましいし、服装も変えなくていい。独身時代、一年を通して、ほとんど同じ服を着ていたことがあったような気がする。寒くなってくると、単に、コートを羽織るくらいである。友人はそれを流石に変と思っていたようであるが、呆れて、寧ろ何も言わなかった。

こういう私が、芸術家になれるはずがない。また、なるつもりもない。ここでいう芸術家とは、音楽家、画家、建築家、服飾デザイナー、俳優などである。きっと芸術家は、感性的な面での単一性に耐えられないだろう。猫が、寝る場所を頻繁に変えるのと似ている。

ところで、芸能人が離婚する報道をとても頻繁にみる。芸能人が芸術家の一種だとすると、それはあまりにも当然である。一人の人と結婚して一生添い遂げるなんて、そういう人にとってきっと、超絶的に退屈である。芸術家の心性が、多様性を希求してやまないのである。

私は、というと、一応男性のはしくれだから、いろいろ女性と付き合えるという状況に、もちろん憧れる。しかし、ずっと同じ服を着続けていても平気な私は、別に同じ女性と暮らすのでも構わない。心配なのは、相手の女性が単調さに音を上げてしまうことである。それで、もし女性が去っていくとしても、仕方ない。いまのところ、かろうじてそうなっていない。

では、私が徹頭徹尾単一性の人間かというと、そうでもない。人間のもつ多様性を、思考的なところに留保しておいて、なるべく多様に物事を考えようとしている。それは到底成功しているとはいえないが、試みだけは理解してもらえると思う。

私ではなく、偉人の例を挙げる。それはカントである。カントは、哲学史上でも、傑出した偉人であるが、彼は結婚せず、また、毎日、ほとんど同じ時間に同じ場所を散歩した。では、彼の思想が、判で押したように単調で月並みか、というと、彼の著作を読むと、驚くほど多様で、革新的で、深い。私なんぞがコメントするのが、畏れ多いほどである。

こうして、結局、生物はすべて、どこに多様性を使っているか、ということにすぎないのかもしれない。だから、一見猫に比べて、犬は飼い主の指示をよくきいて、単調のようだけれども、犬なりの多様性があるに違いないと思う。何しろ、犬をいままで、まともに飼ったことがないので、それがさっぱりわからないでいる。

2008年7月 8日

希望降格制度

Webニュースによると、下記のような記事があった。
職員が自ら希望して降任する「希望降任制度」を導入する自治体が相次いでいる。2008年春だけでも、東京都では自らの希望で課長から主任に降任する職員が3人、大阪府では課長補佐から主査に降任したのが2人、研究職については管理職から主任に降任した職員が1人いたことがわかった。なぜ職員は自ら「降格」を望むのか。

私は、「なぜ職員は自ら「降格」を望むのか。」という問いかけに、寧ろ驚く。管理職だと、実務から離れて、予算管理、人事管理の忙殺されてしまう。○○研究所の所長といいつつ、実は、予算取りが主な仕事になっていまう。本来の研究はする暇がない。どんどん、研究能力が低下する。

私の知っている研究者は、管理職をしているとアホになる、と言い切った。その人は今、会社を離れて、どこかの大学教授をやっている。その人にとって、会社のヒエラルキーを登ることは人生の重要事項ではなく、研究能力こそが自分のアイデンティティで、それを貫いたといえる。

民間企業で、オフィシャルな希望降格制度はないが、もう管理職を降りたい、という希望を上司に相談することはできる。私自身、管理職になったものの、嫌で仕方がなかった。それでも、下記のような理由で、渋々13年も続けた。

1.一度与えられた仕事は、ある程度実績を積むまで、成し遂げるという責任感。ところが、管理職の仕事は、泥沼のようなもので、やってもやっても、ジャングルを進むように、出口がみえなかった。よって、ある区切りをもって、仕事を満了することができなかった。

2.家族の期待。管理職というのは、家族にとっても、いささか誇りであるらしい。それを降りるというのは、家族にとって愉快なことではないらしく、困った。

3.後任の存在。管理職を降りたいと言ったらいつも、君は後任を育てていない、と言われた。しかし、ただ雑用に追われるだけで、高い俸給や地位につながらない、ある意味、行き止まりの地位であった私の担当に、誰が喜んで就きたがるだろうか。そういう行き止まりの地位に、どうやって私は後輩や部下を引っ張ってきたらいいのか、no ideaであった。また、私の後任を指名するのは実は、上層管理職の仕事ではないか、といつも思っていた。

ただ、元管理職としても思うのは、もし、オフィシャルな希望降格制度というものがあって、責任感のない人が集まると、嫌だ面倒だ、と制度を利用されて早々に降りられるのも困る。

で、元管理職ながらに思うのは、もっと管理職手当てを厚くしたらどうか、ということである。やはり、全体をまとめる仕事は大変である。実務とは違った難しさがある。個々の仕事は雑用でも、例えば、部下を10人抱えると、1対10で仕事が発生する。

さらに思うのは、ローテーションである。私はそうしなかったが、管理職によっては、自分の担当すべき雑用を、職権を利用して部下に振りまくる者がいる。あるいは、単に管理自体を手抜く。すると、管理職は、実務をやらないので、結構楽である。そうして楽をすると、部下は嫌だが、本人は気楽で、いつまでもやりたい、ということになる。逆に、雑用で追われて部門の面倒をみる管理職は、続けてほしいと周りから期待される。こうして、本人の希望と周囲の期待が多くの場合矛盾してくる。これを防ぐのは、効果的なローテーションである。例えば、3年更新にする。そこで、うまく管理していない管理職は交代してもらう。

ということで、なかなか難しいので、民間企業で、オフィシャルな希望降格制度というのは、寡聞にして知らない。都庁など公務員にそれがあるのは、仕事が直接の営利につながっていないので、やりやすいのだろうか。

2008年7月 9日

二十世将棋名人

先日、NHKテレビを見ていたら、名人戦の注目局面の解説、ということで、谷川と渡辺が出演していた。そこで、谷川の言い方が面白いというか不遜というか、歴代名人をみていて羽生さんがいないのはおかしいと思っていた、これでしっくりくるようになった、と言っていた。

私の将棋関連の友人も言っていたように、エリート主義の谷川は、森内など眼中になく、将棋貴族院のメンバーに相応しいのは、自分と羽生しかいないと思っているようである。

ところで、谷川は、二十世将棋名人はなかなか誕生しないでしょう、と言っていたが、実際、調べてみると、佐藤康光が2期、丸山忠久が2期で、話が遠い。今の勢いでは、佐藤の方が永世名人に近そうだが、それでも、挑戦者になるのも並大抵ではない。

それでは、佐藤、丸山に続く二十世将棋名人候補というと誰だろうか。これが雲を掴むように茫漠としている。例えば、今A級にいるタイトル保持者としては、深浦であり、羽生とも拮抗した対戦成績だが、いかんせん、A級でなかなか勝ち越せなくて、B1との間を行ったり来たりしている。今期も、早速、A級第1局目で、郷田に敗れている。

他の可能性としては、当然ながら、竜王の渡辺であるが、依然としてB1でもたもたしていて、一時の勢いがない。

それではと、若手を見渡すと、山崎、橋本、阿久津、豊島あたりが注目であるが、羽生が低段者であった頃の勢いは、到底ない。すると、二十世将棋名人候補は、今の奨励会にいる人なのだろうか、と思うが、凄い逸材がいるとも聞かない。

ということで、将棋界の二十世名人候補を見つめること、宇宙のダークマターを考慮するが如しである。どうしても、ということなら、とりあえず、佐藤康光あたりをあげてお茶を濁しておくよりない。

2008年7月10日

男の家事

以前、私のブログで、仕事と家事の両立という記事を書いた。これは、東レ経営研究所社長の佐々木常夫さんのケースを紹介したもので、友人から、とても真似できない、コメントをもらった。

ところが、最近、所用で(夫婦喧嘩ではなく、念のため)、家内が実家に帰ることが多くなった。それで、仕方なく、仕事をしつつ、私が家事を執り行う必要がでてきた。

私は、佐々木常夫さんのように、面倒をみなくてはいけない病気の家族がいる訳ではない。また、それほど責任がある地位でもない。だから、佐々木常夫さんよりも全然チャレンジングではなく、楽勝といっても語弊はない。

そうは言っても、私の能力と時間は有限なのだから、下記のように優先順位をつけてみた。

1.火の用心
2.戸締まり
3.洗濯
4.食器洗い
5.ごみ出し
6.炊事
7.掃除

火の用心が一番大事であることは説明を要さないだろう。どんな泥棒も、家が全焼する以上の被害を与えることはできない。火と言っても、私は煙草は吸わないので、専ら炊事に関わるものである。私は実は、結構炊事が好きで、且つ、長時間煮込む料理が好きなので、鍋を火にかけたまま放置することがある。一度、おでんを作ったとき、会社で、あっ、おでんを火にかけたままだ、と思い出したことがあった。その日は車で会社に行っていなかったので、会社からタクシーで急遽自宅に帰った。すると、確かに、レンジに火がついたままで、鍋はことこと煮えていた。最近のガスシステムは、長時間つけっぱなしだと自動的に切れるらしいが、しかし、゛との程度で切れるか不明である。

次の戸締まりが重要であることも、論を俟たない。私は確か、今まで三度くらい泥棒に入られて、その都度、三万円くらい盗まれた。一度など、夏の暑いときに、うっかりサッシを開けたまま寝ていた。無用心もはなはだしい。

次の優先順位が洗濯であるのは意外かもしれない。しかし、洗濯を怠ると、あっと間に、下着や靴下などが底をついてしまう。一度、洗濯を怠って、洗ってあるパンツが見つからず、仕方なく、一度穿いて汚れているものを穿いたことがあった。自分のパンツといえども、気持ちのいいものではない。また、洗濯物を溜めると、収集がつかなくなる。一度に干せる場所も限られている。

次の優先順位が食器洗いというのは、分かってもらえるだろう。自炊しなくても、ビールを飲んだりすれば、コップを使ったりする。それで、食器洗いしないと、汚れた食器が、炊事場を占領することになる。ところが、少しでも食器洗いを怠ると、あっという間に、炊事場が、休日のディズニーランドの駐車場もかくあるべし、みたいに洗っていない食器で占有される。夏だと、食器の残りカスが腐って異臭を放つ。洗濯もそうであるが、食器も溜めれば溜めるほど、その洗浄が、指数関数的に困難になる。で、私は、食事したら、どんなに疲れていても、直ちに自分を叱咤して全ての食器を洗ってしまう。

ごみ出しもそうである。放置しておくと、家がごみだらけで、悲惨になる。ただ、最近では分別が厳しくなって、この日は一般ごみ、この日はプラスチックなどととても面倒である。折角出したのに、種別が違って、もって行かれないで放置されていたことは一度ではない。しかも、ご丁寧に、却下理由のラベルまで貼ってある。そんな手間をかけるなら、とりあえず持っていってくれればいいのに。

次が炊事。本当は、炊事の優先順位は低いはずである。家内がいない間、すべて外食で済ますことができるからである。しかし、個人的に料理を作るのが好きなのと、自分で作ったほうが、はるかに経済的だからである。ただ、そこで忘れられているのは、自分のかけるワークロードである。真剣に作ると、炊事は大変である。炊事して、食べるまではまだいい。食べ終わると、どっと疲れがでてくる。そこで、すかさず食器洗いであるが、これはほとんど、高校野球の練習でいえば、1000本ノックの直後、グランド三週走るような酷なことである。

最後が掃除。普通は、掃除の優先順位はもっと高いであろう。しかし、私は個人的に掃除が好きでない。だから、家内がいないと、知らない間に、リビングにうっすらと埃がたまっている。それでも、いよいよの週末にならないと、掃除機をかけない。埃がたまりすぎて死んだ人はいない、という私の屁理屈であるが、もしかして、゛塵埃を吸い過ぎて肺炎で死んだ人がいたりして。アスベストか、と突っ込まれそうである。

それで、私の家事の要諦は、まず、火と戸締まりのセキュリティを確保したら、フローを維持することである。フローとは、洗濯物、食器、ごみ。これらを一定レベルに保つ。そこまでできれば、いいとしたものであり、これが、環境でいう、接続可能な社会のもじりで、接続可能な家庭である。

結局、私が家事を大事にする理由は、将来いつ、一人暮らしになるか分からないからである。家内との死別も、離婚もありえる。もし、家内よりも私が先に死ねて、私の葬式を家内に出してもらえるなら、そんなに幸せなことはない。

で、家事は、要するに慣れだと思うので、最低限、回せるようにしておかなくてはならない。だから、家事として私がやっていることはとてもダサくて不細工だが、心情的にはとても真剣である。仕事と同等以上といっても差し支えはない。

仕事しながら家事をすると、とても疲れるが、それでも、匍匐前進するように頑張る。いささか充実感を覚えるが故に。

2008年7月12日

フリーズする脳

ネットの書評にあった、「フリーズする脳」NHK出版、築山節著は、好著であった。著者は、脳神経外科医、しかし、最早手術はせず、ボケ・カウンセリングのようなことをしている。

この本が提案するとてもユニークな命題は、「脳はボケるようにできている。」である。どういう意味かというと、人間誰でも、ストレスが少ない快適な環境にい続けたいと願うものであるが。実際にそういう環境にあると、若くても急速に呆けてしまう。だから、言い換えると、人間は、呆けたがっている、と言っても等価な命題になっていると思う。

ボケの兆候として、著者は、次を例示として挙げる:
- 話の中に、「あれ」、「それ」などの指示語が多い。
- みんなが笑っているとき、タイミングよく笑えない。
- アイデアが浮かばない。思考が長く続かない。
- 人や物の名前を思い出せないことがある。
- 同じ相手に、同じ話を言ってしまう。
- 全体を考えることが苦手で、細部に固執する。
- 融通が利かない。流行や時事的なことに疎い。
- 物をよくなくす。紛失物をうまく探せない。
これが一つも思い当たらない人はなかなかいないと思うので、要は程度問題なのだろう。

さて、筆者は、ネットに没頭したり、検索エンジンで探しさえすればいいというような状況を、脳のボケの原因とみなす。そういう状況だと、脳の短期記憶や、創造性が刺激されず、脳の単一の狭い領域しか使わないことになるからである。

私は結構ネットに没頭する方で、ちょっとやりすぎではないか、と指摘されるほどであったりするが、一方で、ネットに没頭することを礼讃するような、梅田望夫氏のような意見に違和感を覚えてきた。すなわち、梅田望夫氏は、インターネットは偉大なる外部記憶であって、ネットサーフィンして、情報をかき集めることによって、偉大な学習ができるとか、インターネットに情報があるので、記憶から人間が開放されるみたいな言い方に、それだと大事な機能が衰退するのではないか、と思いつつ、うまく理論付けできないでいたが、築山節氏のこの著書が、よい説明を与えてくれた。

実際、インターネット上に情報があり、いつでもそれを検索できる、とはいっても、人間は、かなりのことを記憶しておく必要がある。コンピュータで計算できるといっても、基本的な計算能力が必要であるのと同様である。

また、よくぞ言ってくれた、と思うのは、雑用の効用である。会社などでよく、雑用があるから、本業の研究などの仕事がはかどらないので、そういう雑用は、サポートの者、あるいは秘書に全部任せるのがよい、のようによく言われる。ところが、私の観察によると、実は、雑用の純度が低すぎると、却って脳は、うまく機能しない。それこそ、仮性のボケ状態になって、脳が空回りする状態に陥る。いわゆる、脳の「楽したい」ルーチンの発動で、これを、筆者に倣って、フリーズする脳、と呼んでもよい。

脳はもともと、多様に使う必要がある。歩いたり、鉛筆を削ったり、花に水をやったり、コピーをとったり、鉛筆で計算したり、緊張を要する相手(上司?)にレポートしたり、叱られたり、等々である。それによって、脳のさまざまな箇所が刺激され、脳は機能を保つことができる。

ところが、ネット上で検索したり、メールを書いたりするだけで仕事ができていると、そうやってコンピュータを使うこと以外の機能が退化してしまう。

あるいは、実務ばりばりだった人が管理職になる。そして、実務をやらないで、単に部下に指示するだけだと、また、部下との会話も少ないと、本当に、ほとんど頭を使わなくなって、急速に呆けるということがありえる。こうして、会社には、思考停止型の管理職が少なくなかったりする。そういう人を周りは、管理が忙しすぎるせいだ、と一層秘書に雑用を任せるようなことをする。すると、一層、脳のフリーズが昂進することになる。

手前味噌だが、私は、こういう危機をなんとなく体で分かっていたような気がする。それで自分に言い聞かせていたのは、「狭い頭を広く使おう」という、自作の勝手な標語である。

それでまず、会社では、自分でできる雑用はなるべく、人に頼まないようにした。もちろん、全く頼まないなんてことはできないので、頼む程度を減らすのである。すると、ときどき、後悔するように面倒な目に遭うこともある。コピーするために、ホッチキスをはずすとか、計算を工夫するために、新たにPerlのスクリプトを書き起こすとか。しかし、そうやって適度に脳を苛めるのは、築山氏によれば、ボケ防止によいのである。

あとは、前にも書いたが、家内がいないとき、出来る範囲で、家事をきちんとやることである。特に、料理とか、普段使っていない脳の範囲を刺激するのによい。

その結果、会社ではそこそこ、能率よく仕事ができている、と自負する。私がとても質の高い仕事をしているかどうか分からない。そうではないのではないか、という意見があったとき、反論できない場合もあるだろう。しかし、私が能率よく仕事をしていることを完全に否定できる人はあまりいないと思う。それを、他人は、「雑用を結構やっているのに」と、不思議がるが、私から言わせると、「「雑用を結構やっているからなのだ」ということである。このあたり、とても非自明で、どうしても周りに理解してもらえない。

それで、次のようなアナロジを話すことがある。すなわち、肉食が体力の源泉であることはよく知られている。それが、米国人がばりばり働いている秘訣である、といわれる。そこで、野菜などの副食を減らして、どんどん肉を食べることで、われわれももっともっと、馬力が出る、という考え方がある。それは、丁度、雑用を減らして本質的と言われている仕事にフォーカスした方が能率が上がる、と言われているのと似ている。

しかし、肉食に偏りすぎると、一時的に体力が上がったように見えても、確実に、栄養のバランスを失う。肥満、動脈硬化、心臓病などに罹りやすくなる。こうして、雑用としての野菜、果物、醗酵食品などを摂ることが正当化される。

私はさらに類推を続ける。すなわち、会社で、儲からない部門は売却して切捨て、選択と集中により、儲かる部門にフォーカスして業績を維持する、という考え方がある。それにどんな不都合があるのか、ということになる。

しかし、あまりにドライに選択と集中を繰り返すことによって、非採算部門であってもなにかしらノウハウの源泉になっていた仕事と人材が失われてしまうことになる。こうして、会社は、一時的に資金を入手するものの、次第に創造性とノウハウを失っていき、他社ができないユニークなことが何一つなくなってしまう。ヘンリー・チェスブロウのオープンビジネスモデルにも、私は、同様な脆さを感じる。

こうして私は、選択と集中ではなく、雑用と放散の概念のもと、今日も、家事にいそしむのである。いささかのうっとおしさを、覚えつつ。

慶応高校野球部

囲碁・将棋ウィークリーを見ていたら、将棋の解説は青野九段だったが、放送終了間際に、息子が慶応高校から、神奈川県甲子園大会予選に出場する、と話していた。ポジションは投手である、という。

そこで、慶応高校野球部のホームページを見てみると、確かに、投手で、青野紳三郎、対島中(静岡)とある。将棋のプロ棋士の子息で、有名高校野球野球部の選手である、というのは、聞いたことがない。結構珍しいのではないか。

別のどこかのブログを見ると、ウワサのイケメントリオ、能登、青野、河内とあったので、青野九段の息子は、結構ハンサムということになる。確かに、青野九段も若い頃は、それなりに好青年だった。でも、ハンサムとかイケメンとかいうのではなかったかもしれないが。

ところで、慶応高校の別の投手である、田村 圭は、力道山の孫なのだという。ただ、今年の春の選抜に、慶応高校は出場したが、二回戦で、山口県の華陵高校に、0-1で負けてしまった。話題性と勝負は別である。

ところで、力道山の孫というと、みんな、おおっ、と言うだろうが、青野君が登板して、お父さんは将棋のプロ棋士なんです、と紹介されても、寧ろなんとなく白けてしまうかもしれない。仕方がない。

モンテカルロ木探索法

モンテカルロ木探索とは、聞きなれない用語であるが、なんでも最近、コンピュータ囲碁プログラミングの分野で使われている手法らしい。情報処理という雑誌の2008年6月号の、美添一樹氏の記事に従い、紹介してみる。

最近、コンピュータ将棋の進境が著しい。渡辺竜王対ボナンザの対戦が示すように、トッププロでも、気合を入れてかからないと簡単には勝てないほどである。

一方、コンピュータ囲碁ではどうか。ちょっと前まで、やっとアマチュア三級くらいかも、と言われた。どうしてコンピュータ将棋に比べて弱いのか。一番分かりやすい説明は、19路盤だと、探索空間が膨大すぎる、というものである。しかし、探索空間だけの問題でもないようである。例えば、9路盤だと、探索空間は、チェスよりも狭い。しかし、旧来のアルゴリズムでは、9路盤でも、アマチュア初段に勝てない。どうも、探索空間だけではなく、評価関数に問題があるようなのである。

コンピュータ囲碁の典型的な旧来のアルゴリズムとして、オープンソースのGNU GOが知られている。これは、どのようなアルゴリズムかというと、先ず、手のパターンのデータベースをもち、局面が与えられると、そのデータベースを用いて、マッチする手を発見する。そして、それらにパターンに応じた評価値を割り当てる。また、着手の目的別に候補手を生成して、それらにも状況に応じた評価値を割り当てる。ここで、目的とは、守る、字に走る、相手の石を攻める、などのことのようである。そうして、評価値の依存関係により、手を決定する。どちらかというと、人間の思考過程に近いようである。

で、ほとんど定理と言ってもよいと思うが、多くの知能ゲームのプログラミングで、人間の思考過程に近い方法をとると、あまりうまくいかない。ボナンザなど、全ての手を三手読むなどという、人間からみたら身も蓋もない方法をとっている。

ということで、コンピュータ囲碁プログラミングでも、非人間的な方法であることを意図したのかどうか分からないが、モンテカルロ木探索という方法が考案された。モンテカルロ法というのは、乱数を用いて、計算やシミュレーションする方法のことである。例えば、f(x,y,z) > 0のような三次元閉領域の体積を計算するのに、f(x,y,z) > 0を囲む直方体内部の点を多数、乱数で生成し、結果のf(x,y,z) > 0をみたす点の個数を数えたりする方法がある。

コンピュータ囲碁プログラミングにおけるモンテカルロ木探索というのは、ある局面で、コンピュータが乱数に従い、二人の仮想プレイヤーを演じて、終局まで打つのである。これは、この分野の用語で、プレイアウトと呼ぶ。すると、プレイアウトの局面でどちらかが勝っている。そこで、ある局面からプレイアウトを複数回実行すると、自ずと勝率が計算される。そこで、一番高いプレイアウトの勝率になる手を選ぶ、という次第である。

この素朴な方法は、原始モンテカルロ木探索と呼ばれ、次のような欠陥がある。すなわち、ハメ手定石などでは、ある正解を指されたら、こちらが少し悪くなるが、それ以外のどの手もすべて、相手が潰れてしまうような変化がある。こういう局面で、モンテカルロ木探索を適用すると、相手のほとんどの手は、潰れてしまうような変化に含まれることになり、従って、こういうハメ手のような手の評価が高くなってしまう。すなわち、原始モンテカルロ木探索だけでは、強いコンピュータ囲碁プログラミングを実現することはできない。

そこで、原始モンテカルロ木探索と、他の木探索を巧妙に組み合わせた、改良されたモンテカルロ木探索が提案された。現在最強と言われているCrazyStoneと、MoGoは、どちらも、この改良されたモンテカルロ木探索を採用している。

改良されたモンテカルロ木探索とはどのようなものかというと、最初は、原始モンテカルロ木探索と同様に各候補手でプレイアウトを行い、その結果のスコアを集計する。ここでのポイントは、有望と思われる点に多くのプレイアウトを割り当てることである。次のポイントは、各節点で、プレイアウトが行われた回数を記録し、その回数がある閾値を超えると、その手をさらに一手深く展開し、そこでプレイアウトを繰り返す。

このようなバリエーションを聞くと、原始モンテカルロ木探索と既存の方法を組み合わせるいろいろな未開の方法がまだ沢山ありそうである。ここで面白いのは、CrazyStoneの作者は最初、何目勝つか、ということをスコアにしていたそうである。しかし、それではなかなか勝てない。そこで、何目勝つかではなく、勝ちか負けかの1/0にしたら、飛躍的に勝率が伸びたそうである。このことは、実際の囲碁と同じであって、10目勝とうなんて目標にして打っている高段者はいない。半目でいいと思っているはずである。よって、囲碁のプロが、コンピュータ囲碁プログラミングの作者にアドバイスする余地は、沢山あると思われる。

今まで知られている改良として、UCT、すなわち、深めてさらにプレイアウトする基準のアルゴリズムの明確化や、探索木を成長させる方法の合理化、さらには、プレイアウトそのものの改善もある。プレイアウトとして、まるっきりのモンテカルロ法のランダム性に任せるのではなく、パターンの制約など、知恵をつけるのである。すると、プレイアウトでよりよい結果が出るというよりも、寧ろ、プレイアウトの速度改善になったりする。

こうしていまや、コンピュータ囲碁は、9路盤ではプロ棋士にほぼ拮抗するまでになった。では、19路盤ではどうかというと、星目で、プロ棋士に惜敗したという。すると、19路盤ではアマ初段程度か。まだまだ、コンピュータ将棋の域は遠い。

では、モンテカルロ木探索が、チェス/将棋に有効かというと、どうもそうではないようである。というのは、囲碁だと、乱数に従い石を埋めていくと、どこかで終局を判定することができる。チェス/将棋だと、例えば、飛車が行ったり来たりを繰り返すということがあり得るので、乱数に従い手を選ぶと、なかなか合理的に終局できない。

こうして、いまのところ、モンテカルロ木探索の応用範囲は、囲碁及びオセロのような有限手数ゲームのようである。

ともかく、コンピュータ囲碁プログラミングにおけるモンテカルロ木探索の応用は、あきらかにまだ飽和していない。とりあえず、アマ三段くらいまではそんなに大変ではないのではないかと思うのだが、楽観的にすぎるだろうか。

2008年7月13日

ハチワンダイバーの終了

5月3日から放映されたきた、ハチワンダイバーであるが、いよいよ来週(7月19日)で終わるらしい。実は中静そよの実父である、鬼将会の大将が、菅田健太郎と、そよの二面指しに敗れて、亡くなってしまい、そよが鬼将会を継ぐことを決心したところまでが今日の放映だったが、来週の最終回で、そよ率いる鬼将会は、いよいよプロを倒しに行くのだろうか。

それにしても、Webで本物のストーリーを垣間見ると、鬼将会とプロとの対戦シーンが多いようである。しかも、鬼将会の方が圧倒的にプロに勝ってしまう、というものである。

すると、2ヶ月半で終了してしまうのは、ちょっと短いような気もするが、予定の番組編成なのだろうか。

実は、Webで調べてみると、テレビ放映版のハチワンダイバーは、いろいろと、オリジナル版にないような、派手なキャラクタを作り出しているらしい。原作者のヨクサル氏の許可なく勝手なキャラクタは作れないので、当然に、ヨクサル氏の同意を得ているのだろうが、ヨクサル氏は、視聴率を稼ぐためのテレビ局からの依頼に、もしかしてうんざりしているのではないだろうか。

一方で、原作に忠実にストーリーを展開すると、所詮はアマチュア集団に過ぎない鬼将会が、プロをばったばったと倒すことになり、監修役である日本将棋連盟も、面白くないのではないか。だから、今までのところで、ほとんど、鬼将会対プロ棋士のシーンはない。

さらに、羽生の19世永世名人で人気を盛り返した将棋界であるが、テレビ局としてもやはり、将棋のテーマでずっと引っ張るのは苦しいものがある。

こうして、各者各様の思惑があって、2ヶ月半での終了は、予定であろう。視聴率の低下で、途中打ち切り、というのではないと推察する。ただ、一将棋ファンとして不満なのは、鬼将会がからんできて、とてもおどろおどろしい展開になってしまったことである。もう少し、元奨励会員の葛藤や、将棋の技術的な話にフォーカスがあてられなかったか。

とはいえ、それはないものねだりである。私のような世間からみたらマニアックな部類に属する将棋ファンにフォーカスをあてては、視聴率がもたない。ということで、久々に将棋をテーマにしたドラマを取り上げてくれたフジテレビを幸いと思うことにする。

学士力

Webニュースによると、中央教育審議会の大学分科会は8日、大学教育の質を保証する対策として、面接などを重視して合否を決めるアドミッション・オフィス(AO)入試や推薦入試の際も学力を把握したり、学部で身につけるべき能力「学士力」を指針として示すことを求める答申案をまとめた、という。

これはどういう意味なのだろうか。確かに、学力考査なく面接やAO入試で安易に入学してくる学生が増えて、質の低下が懸念されているが、それは、各大学の問題であって、中央が介入すべきことなのだろうか。

そもそも、小子化により学生の絶対数は減っているのに、大学の定員は減らない。寧ろ、時代の流行を追うような新設学科が増えたりしているような状況で、あまり人気のない大学は、学生集めに躍起である。すると、学力考査を免除して学生の負担を減らし、面接やAO入試でどんどん入学させるよりない。

でも、中央教育審議会は、入り口のことを言っているのだろうか、出口のことを言っているのだろうか。これについて、答申案は、日本が大学全入時代を迎え、「学位が国際的な通用性を失う懸念が強まっている」「『出口管理』の緩さに対して産業界の不信感がある」と危機感を表明、というから、どうも出口のことを言っているらしい。しかし、「学位が国際的な通用性を失う懸念が強まっている」というけれども、日本の大学の学士の学位が、国際的に通用した時代などあったのだろうか。学士だろうが修士だろうが、要するに、やってみせて、実務力、実現力を示すしか、国際的に(国内的にも)通用するやり方はないように思われる。

それでも中央教育審議会は、具体策としては、多文化理解やコミュニケーションスキルなどの項目で測る「学士力」を国が指針として示し、各学部共通で身につけるべき能力の基準にすることを要求した、という。これは、学部の専門で習得すべき内容が違いすぎるので、「多文化理解やコミュニケーションスキル」などと言いつつ、結局、英語力のような指標で、学士認定のようなことをしようとしているのだろうか。どうも浅知恵のような気がしてならない。

私は、学士力の充実化など、大学の自主性にまかせればいいではないか、と思われる。例えば、金沢工業大学のように、学生の偏差値は高くなくても、教育を充実させて、100%近い就職率を実現しているところもある。下手に中央教育審議会などという頭の固い人達が関与すると、却ってろくなことにならないと思うのは、私だけだろうか。

戸塚洋二

新聞によると、ニュートリノ観測の業績で、ノーベル物理学賞を受賞した小柴氏の高弟である、東大特別栄誉教授の戸塚洋二氏が癌で亡くなられたという。小柴氏は81歳で、戸塚氏は、66歳だから、戸塚氏の方が15歳も若い。

戸塚氏の業績もまた、ニュートリノに関するものである。新聞の記事に従い、メモしてみる(途中から、独自に逸脱する)。戸塚氏は、小柴氏の影響の下、スーパーカミオカンデを建造して、1996年から、ニュートリノの観測を始めた。ニュートリノ観測そのものは、小柴氏によって行われている。

素粒子論の標準理論によれば、ニュートリノの質量は、0ということになっている。そこで、戸塚氏の観測は、本当にニュートリノの質量が0であるかどうか確認する、というものであった。この観測によれば、宇宙線が地球の大気とぶつかってできる大気ニュートリノにおいて、上空から飛んでくるものよりも、地球の裏側から飛んでくるものの方が少なかった。この辺から分からなくなるのだが、そのことが、ニュートリノ振動が起きている証拠で、ニュートリノに質量がなければ、起きないのだそうである。

Wikipediaによると、ニュートリノ振動とは、ニュートリノが質量をもつことでニュートリノのフレイバー(クォークやハドロン、レプトンを識別する素粒子の内部量子数)が変わる現象なのだという。

さて、宇宙線中のニュートリノを観測するよりも、人工的に発生させたニュートリノの方が、発生するニュートリノの数とエネルギー分布は高い精度で計算可能である。そこで、1999年から、高エネルギー加速研究機構で人工的に発生させたニュートリノを、250キロ離れた、スーパーカミオカンデに打ち込んで観測する、という、K2K計画が実施された。

来年からは、茨城県東海村の大強度陽子加速施設を使って、T2K計画が実施されるという。T2K計画は、K2K計画よりも100倍の強度のニュートリノ・ビームを生成でき、これによって、K2Kでは検出の難しい種類のニュートリノ振動が観測できる予定という。

以前にもブログに書いたように、宇宙の大きな謎の1つに、ダークマターとは何か、というものがある。それは、ニュートロジーノかもしれないということで、ニュートリノとの関連性を推察させる。よって、T2K計画が進むと、ダークマターとは何か、ということにも、それなりに回答が与えられるのだろうか。

また、素粒子論の標準理論によれば、ニュートリノの質量は、0というが、それでは、ニュートリノのが質量をもつ、というとき、標準理論は、どのような書き換えられるのか。

さらに、役立たずと悪名の高いスーパーストリング理論は、ニュートリノ振動に対して、何か意味があることが言えるのか、などいろいろと疑問は止まない。

それはさておいて、戸塚氏は、研究者として優秀であるだけではなく、多くの後進を育成し、また、T2K計画の推進に指導力を発揮した。亡くなることでノーベル賞は逃したが、天晴れな人生であった。あの世で、私の上記疑問に答えるような研究を続けていただきたいと思う。

過去の栄光

私は、人生を生きていく上で、過去の栄光とは、よいものだと思ってきた。何か辛いとき、ほらあんなこともあったではないか、と過去の栄光を思い出して、自分を励ますことができる。

そういう風に、過去の栄光に浸ることに、ポジティブな意味があることを私は否定しない。私が、そうやって浸るべきわずかな栄光を作るために、若い頃頑張ってきた、ということはかなりある。

しかし、この歳まで生きてきて、どうも過去の栄光のネガティブな面が目に付くようになった。例えば、今までばりばり働いてきた人が急に精神的に落ち込むことがある。原因は、仕事の失敗であったり、肉親の不幸であったり、原因不明の精神疾患であったりする。

それで、精神的な落ち込みから回復するとき必要なことの1つは、プライドの回復である。おそらく、一番よい回復方法は、作業療法的なものであろう。今の精神状態でできることを地道にこなして、次第に作業の難易度を上げていく。ここでいけないのは焦ることである。冗長なまでに、ゆっくりと、ことを進めなくてはならない。

ところがである。その人に、顧みるべき過去の栄光あると、却ってまずいことになることがある。すなわち、地道な作業療法をするのではなく、自分には、あの過去の栄光があるから、自分は偉大なのだ、とそういう風にプライドを満足させてしまうと、その過去の栄光に囚われて、一歩も前に進めなくなってしまう。

その場合、なぜ過去の栄光がいけないかというと、過去の栄光にすがるために、大脳前頭葉の機能を駆使する必要が全くない、という点にある。すなわち、脳の側頭葉だかにある記憶の部位をちょちょいと刺激するだけで、過去の栄光の記憶は蘇ってくる。スポーツ選手なら、華やかなファンファーレ、熱狂した群集。科学者なら、国民的な賞の授賞式。過去の栄光は、決して自分を裏切らない。自分がどんなに落ちぶれても、そこに戻っていくと、やさしく自分を抱擁してくれる。

私の好きな中島みゆきの歌に、「アザミ城のララバイ」というのがある。なんとなく、売春宿っぽい歌なのだけれども、歌詞は、「ララバイ、一人で眠れない夜は、ララバイ、私を訪ねておいで」で始まる。それは、まさに疲れ果てて燃え尽きそうな人にとっての過去の栄光ではないだろうか。

過去の栄光に浸りやすい人は、過去に、押しも押されもしないエリートだった人だろうか。一般的にそう信じられているが、私の観察では、かならずしもそうではない。すなわち、客観的にみてちっぽけな過去の栄光だったとしても、自分の方が上だった、と思える人達を思い浮かべることができ、よって、どんな人も、過去の栄光を心に抱くことができる。例の秋葉原無差別殺人事件の犯人は、中学時代に秀才であったことが、過去の栄光であった。いつもそこに戻っていき、現在の惨めな状態と比較して、欲求不満を募らせていった。

一々書かないが、私にも個人的に過去の栄光と思っていることがいくつかある。そして、辛くて、そこに縋ったことは一度や二度ではない。しかし、未来志向の努力もせず、売春宿に駆け込むみたいに過去の栄光に縋りついて、それがその後の好転に結びついた記憶が皆無である。

してみると、本当は、過去の栄光は、粗大ごみに出すに如くはないのではないか。丁度、昔からもっている、古ぼけた思い出の縫いぐるみのようなものである。一杯思い出の詰まった熊の縫いぐるみを、捨ててしまうのは、場合によっては身を切るように辛い。

でも、だったら、次々に新しい縫いぐるみを買えばいいのである。自分で作ればいいのである。そうやって、新しい縫いぐるみが次々にあるなら、昔の古ぼけた思い出の縫いぐるみに縋ることもない。せいぜいが、ときどき懐かしむだけである。すると、捨てなくても害はない。だから、過去の栄光は栄光としてうっちゃっておいて、新しいサイクルを回さなくてはならない。

すると、落ち込んだ人からしかられそうである、そんなこと分かっている、と。それが出来れば苦労しない、と。

実はそうなのである。心は自分のものであって、自分のものではない。過去の栄光にすがりたくなくても、それ以外の進路を心自体が許してくれないことがある。そうなった人にどんな出口があるのだろうか。

私にとって、そうなったとき救いだったのは、外圧的なルーチン作業であった。学生のときなら、バイト、会社では、どうでもいいようなルーチン・ワーク。ううん、それくらいしか、私はいえない。

2008年7月14日

スパム・コメント

私は、自分のブログに対してコメントを戴くことは基本的に歓迎なのだが、しかし、前から一度言おうと思っていたのだが、例えばコンピュータで自動生成したような、下記のようなスパム・コメントが、大体一日に10件、多いときには、30件くらい来る。

それを消去する手間は、大したことはないのだけれども、やはりあまり愉快なものではない。しかも、意図が全く分からない。

意図が分かるスパム・コメントとは、どんなものかというと:
- 振り込み詐欺的なもの。例えば、あなたに、○○ドルが当たりました。ついては、手数料として、○○ドルを振り込んで下さい、のようなもの。
- 時間もスキルもかけず、年収を10倍にする方法、教えます、的なもの。
- こんな馬鹿な内容のブログを書く奴は、死ね、みたいな誹謗コメント。
- あなたは、神を信じますか。○○教は、絶対の救いをもたらします、的なもの。
- かわいい子、紹介します、○○にメール下さい、のような風俗勧誘的なもの。
- 聞くだけで、あっと言う間に英語がペラペラになれます、のような自己啓発的なもの。
- 何かの商品の紹介。

 このうち、「年収を10倍にする方法」のようなものだけが、私のメール・アドレスに届くことがある。なにしろ私のブログにコメントを書いて戴く奇特な人は多くないので、ときどきは、意図が分かるスパム・コメントまたはトラック・バックもあればいいのに、と思うことがある。そういうものも、ときには、面白いかと。下記のような無意味なスパム・コメントだけだと、なんだか~である。

そうはいっても、誹謗・中傷のコメントがないのは、ありがたい、というべきだろう。私はあるときなど、「靖国神社に英霊はいない」などという、右翼の人がみたら激怒しそうな内容のブログを書いたことがある。しかし、特に何もコメントがなく、ほっとしたけど、しかし、ちょっぴり残念であった。



thanks for letting me view your guest book and giving me all the information
<a href=http://orvillecupples.freemysqlphphosting.com/com5895.html > com </a> <a href=http://douglasmack.freehostplace.com/free365.html > free </a> <a href=http://earlhinson.hostevo.com/free7461.html > free </a>
[url=http://euniceestep.hostedwith.us/com5810.html] com [/url]

岡潔文庫

今月号の数学セミナーを眺めていたら、岡潔文庫のことが書かれていた。岡潔といえば、知る人ぞ知る、偉大な数学者で、多変数解析函数の世界的権威であった。

多変数解析函数というのが、数学の中でも、特異な分野であってあまり一般的でないため、また、独特の右翼思想とその奇矯ともいえる行動パターンで、近代数学史にあって、いまいちメジャーではない。例えば、岩澤健吉の方が、よほどメジャーであろう。

私が岡潔について知ることはあまり多くなくて、京都大学時代は、あまり出来のいい学生でなかったこと、フランスに留学してもいつもぼうっとしていたこと、そのフランスで、多変数解析函数を研究テーマとして選んだこと、教師として奉職した広島大学では、真面目に教えないで、追い出されてしまったこと、スーツのまま寝起きして研究していたこと、多変数解析函数の研究が世界的に有名になり、日本に来たフランスの偉い数学者アンリ・カルタンだったか、岡潔に会いたいと奈良の片田舎に来たら、単なるおっさん一人で驚き、実は、業績があまりに凄いので、キヨシ・オカとは、ブルバキのような数学研究集団かと思っていたとのこと(これは、考えられる最大の賛辞である)、結局、奈良女子大に落ち着いたこと、将棋が好きだったこと、独特の右翼がかった随筆があること、などである。敢えて、Wikipediaなど見なくて記憶だけで書いた。誤っていても、文責は私にある。

そんな縁で、ホームページの岡潔文庫は、奈良女子大が作成・管理している。

で、数学セミナーの記事に戻って、岡潔から、竹内外史(数学基礎論学者)に送られたメモに、不思議なものがあったそうである。それは、三代名人 伊藤宗看作、とあって、詰将棋らしいのだが、14に赤、23に緑、38に赤、46に赤、5の10に赤、というものである。10など、盤外なので、持ち駒のつもりだろうか。

実は、岡潔の別のメモで、赤が歩、緑がと金、という対応がかかれたものがあり、しかしだからといって、上記の判じ物が解ける訳ではない。すると、伊藤宗看の将棋無双のどれかの一部に対応するのか、と思われる。

岡潔の詰将棋のメモには、「高ク澄ミテ、シカモ強シ、名匠ノ作ナリ。」と書かれていたという。ところが、その詰将棋のメモの裏には、多変数解析函数のことが書かれていた、というから、数学のアイデアを得るための呼び水に、詰将棋を使ったのだろうか。

藤原正彦の「国家の品格」には、数学は情緒である、という言い方が出てくるが、そのオリジナルは、岡潔にある。実際、岡潔の随筆を読んでも、数学の筋道みたいな話はほとんど出てこない。湯川秀樹の随筆でさえ、ちゃんと科学などの筋道が通った話が沢山でてくるのに、である。

だから、岡潔は、伊藤宗看の将棋無双を、ひたすら感性を磨くために味わったに違いない。岡潔は、伊藤看寿の将棋図巧よりも、伊藤宗看の将棋無双の方が好きだという。実際、将棋図巧は技巧的に過ぎて、将棋無双の方が優れている、というプロ棋士は少なくない。

ともかく、詰将棋の駒を色であらわして楽しむなどという、私のような並の将棋ファンの到底理解できない感性こそが、多変数解析函数の世界的業績につながったのか、と煙に巻かれたように、呆然とつぶやくのであった。おっと、煙詰は、将棋図巧であったが。

2008年7月15日

ビール会社統合

新聞によると、ベルギーのビール会社インベブと、米国のビール会社アンバイザーブッシュが統合して、世界一のシェアのビール会社になった、という。

統合前は:
イギリスのSABミラーがシェア23.6%で一位、
二位はベルギーのインベブが22.6%、
三位はオランダのハイネケンで16.4%、
四位は米国のアンバイザーブッシュが15.1%、
五位はデンマークのカールスバーグで12%、
六位は米国のモルソンクアーズで5.8%、
七位はメキシコのモデロで5.1%、
八位は中国の青島で5.0%、
九位は中国の燕京で4.1%、
十位はメキシコのフェムサで4.0%
となっている。

この中に、日本のビール会社は見る影もない。キリンがようやく、3.6%である。
先ず、感じるのが、これだけミラー、インベブ、ハイネケン、アンバイザーブッシュが世界の市場を占めているとはいえ、日本の酒売り場で、ほとんどそれらの銘柄を見ることがない、ということである。

新聞によると、その理由を、日本市場は、酒税が高く、流通コストも高く、つまらないせいだという。参入する旨みがあまりないのだろう。

一方で当然ながら、海外で日本のビールを見かけることも少ない。私の限られた海外出張の経験では、ホテルでは、ほとんどがアンバイザーブッシュのバドワイザーか、ハイネケンだった。そのどちらかしか選べないのが普通であった。ところが、バドワイザーであれ、ハイネケンであれ、口に合わないこと。日本のビールに慣れた私には、薄すぎて、微妙にアルコールが入った麦茶を飲んでいるみたいだった。ときどき、私を日本人と見立てて、キリンもありますよ、と言ってくれるホテルもあり、すると、ほっとしたものだった。

中国に行ったときは、注文するといつも、青島(チンタオ)だった。この味は、というと、バドワイザーとキリンの中間の濃さではないだろうか。可もなし不可もなしであった。

それでよく分からないのが、ベルギーのインベブである。あれだけのシェアなのに、米国内でさえ見かけたことはない。私は一応、ミラーも、ハイネケンも、カールスバーグも、クアーズも、バドワイザーも、青島も飲んだことがある。しかし、インベブは、缶やケースを見たことすらない。

すると、ベルギーのインベブは、携帯のノキアみたいなものなのだろうか。世界では圧倒的なシェアをもっているのに、日本ではマイナーである。

そういう意味では、日本のビールメーカーはどれも、日本国内でお山の大将であって、世界的にはからっきり駄目である。こういうのを、ガラパゴス現象と呼んでいいのかどうか、携帯は明らかにそうらしいけれども、ビールもそうなのだろうか。このあたり、経済学の知識を圧倒的に欠いていて、池田信夫氏のブログにも全くついていけていない。困ったものである。

世界のナベアツ・プログラム

今、数を数えて3がつく数でアホになります、という世界のナベアツがブレークしているが、3がつく日にアホになります、というコンピュータがあるだろうか。私は知らないし、おそらく、ないと思う。

ない、としたら、その理由は、いかなる意味でも、技術的困難ではない。そういうプログラムを作ろうとしたら、簡単すぎて、プログラマにとって、別の意味で、アホらしいからである。

コンピュータをパソコンに限ると、OSがMS-DOS時代は、密かに常駐して悪さするプログラムを作るのは、結構大変であった。私は、そういうプログラムを書くスキルはなかったので、TSR (Terminte-Stay-and-Resident Program)の解説本を買って、そこに書いてあるソースコードを適当にいじって、コンパイルして遊んでいた。典型的には、タイマ割り込みをトラップして、ブザーを鳴らしたり、画面を勝手に書き換えたりするプログラムを作って、知り合いのPCに勝手に導入したりした。ただ、やりすぎると、画面ではなく人間関係を壊すので、流石に遠慮した。

Windows95以降になると、マルチタスクなので、そういう凝ったことをしなくても、自然に、常駐してなにかするプログラムが簡単に書けてしまう。キーボード入力やマウス・クリックをフックするのも、CallMsgFilerなどのAPI関数を使えば簡単である。

よって、コンピュータ起動時に常駐して、システムの日付をみて、3がつくかどうか判断し、もしそうなら、なにか悪さするプログラム、というのは、自明に書ける。

どういう悪さができるか、というと、Win32 APIで許されている動作すべてである。
例えば:
- ビープ音を鳴らす
- キーボードバッファを勝手にフラッシュする
- 勝手に絵を画面にロードする
- マウスカーソルを勝手に変更する
- 特定のウインドウを、前面にもってこれないようにする
 等等、限りない悪さができる。

 これをどうして、OSやウイルスチェック・プログラムが取り締まれないかというと、アドミニストレータ権限のユーザーが作って導入したプログラムは、チェックの範囲外と、OSやウイルスチェック・プログラムが思ってしまうからである。例えば、試したことはないが、ある時間になったら、c:\winodows\system32上にある重要なDLLを勝手に消してしまうプログラムは簡単に書ける。しかし、これをメモリにロードしたときに、流石に、OSの悪意あるプログラムの削除ツールも、その中身までは見れないのではないだろうか。

こうして、コンピュータ上で、大手を振って、世界のナベアツ・プログラムが跳梁できることになる。

私はもちろん、そんな馬鹿なプログラムを作って配ったりしないが、しかし、個人としてWindows XPを使っていて、外部からの悪意あるアクセスや有害プログラムの進入には厳密でも、一旦作っていれたプログラムには自由に活動を許しているので、片手落ちなのでは、ときどき、思う。会社でも、折角セキュリティを厳重にしても、きちんとした社員で、正式に入館する権限をもつ人には甘く、内部で不埒なことをしでかす人は防げないのと似ている。システムというよりも、ヒューマンウェアの問題かもしれない。

TSRのプログラムの例

参考までに、というほどの意味もないが、昔、TSRの本と首っ引きで書いた、vfly.c といプログラムのソースコードを参考までに示す。タイムスタンプをみると、1992年8月で、なんと16年も前である。当時は、MS-DOS3.0の時代だったと思う。

当時もそうであったが、今見ると、一層、ソースコードの意味が分からない。なんでも、MS-DOSの割り込みをフックするルーチンを書き換えるので、随分トリッキーだと思った記憶がある。

あ、これは、画面上を、蠅のように、'*'というキャラクタが飛び回るプログラムである。実際上の意味は何もない。画面が見にくくなる以外は、悪さもしない。ただ、CPUリソースを浪費するだけである。


/* vfly.c */
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <alloc.h>
#include <dos.h>

#define vram_adr(x) \
((unsigned char far *)MK_FP(0xe000, 2 * (x)))
#define vram_atr(x) \
((unsigned char far *)MK_FP(0xe000, 2 * (x) + 1 ))

static unsigned int pos,count,old_pos,xxx;
static unsigned char old_atr;
static unsigned char old_char; /* 1 char buffer */
static unsigned char old_atr1;
static unsigned char old_char1; /* 1 char buffer */
void interrupt (*old_func)();

void interrupt cnt_c()
{
disable();
count++;
if (count==xxx) {
if (pos>1400) pos=0;
*vram_atr(old_pos)=old_atr;
*vram_adr(old_pos)=old_char;
*vram_atr(old_pos+1)=old_atr1;
*vram_adr(old_pos+1)=old_char1;
old_char=*vram_adr(pos);
old_atr=*vram_atr(pos);
old_char1=*vram_adr(pos+1);
old_atr1=*vram_atr(pos+1);
*vram_adr(pos)= 107;
*vram_atr(pos)=1;
*vram_adr(pos+1)= 8;
*vram_atr(pos+1)=3;
old_pos = pos;
pos += 2;
count=0;
}
else {
enable();
old_func();
return;
}
enable();
old_func();
}

void main( void )
{
pos=0;
count=0;
xxx = 5;
old_atr=*vram_atr(0);
old_char=*vram_adr(0);
old_atr1=*vram_atr(1);
old_char1=*vram_adr(1);
old_func=getvect(0x1c);
setvect(0x1c,cnt_c); /* rewrite the cntr_C trap address */
/* terminate and stay resident */
enable();
keep(0,(((unsigned)sbrk(0)+15)>>4)+_DS-_psp);
}

2008年7月16日

実務と管理職

同じようなテーマで、既に書いたような気もするが、重複を恐れず、書いてみる。

今から4年くらい前、父親が胃癌で入院したことがあった。そこは結構大きい市民病院であった。手術が必要ということで、息子として、私が主治医の先生と話したが、なんと主治医が院長であった。院長で病院経営にも携わりつつ、手術の執刀もする、と聞いて私は驚いた。当時私は管理職で、実務は好きなのだが、手術に相当するような第一線の実務はやっていないというか、やれていなかった。

話を聞いてみると、その先生は、第一線の実務をやっていないと、病院経営として細かいことが分からなくなるので、自分はできるかぎり、手術も続けたいと言っていた。なかなか硬派の先生で、癌の告知をしないでくれ、と言ったら、命が助からない状況ではないので、告知しないならここでは治療もしない。出て行ってもらう、というので、仕方なく本人告知に応じた。

で、大変だけども、確かに実務をよく知っている方がいい経営ができるだろうと感じた。要は、バランスなのだけれども。

それでは、実務を知らないとマネジャは、いい管理ができないのだろうか。私はそうでもないと思う。別の例を知っているからである。

私がいる会社の部門の、台湾の対応部門のマネジャで、Kという人がいた。彼は、マーケティング部門から、50歳を前にして、特許部門にやってきて、急にマネジャになった。もちろん、特許実務の経験は皆無である。多くの人は、無理かも、と思ったのではないか。しかし、結果的に、Kはとてもいいマネジメントをした。それは、猛勉強で実務をマスターしたからではない。Kは最初から、実務に熟練する努力はしないで、部下とのコミュニケーションに全力を注いだ。そうして、部下の不満や要望をきちんと聞いて、上位組織に報告した。人事的なこと、予算的なことは、きちんと部門をまもるようにファイトした。もちろん、それでいて、部下を甘やかすことはなかった。

そうして、人材流動の激しい台湾にあって、Kの部下は一人も辞めなかった。これは実は、とても大変なことである。Kがいないところで、個々の部下にKの評判を聞いたことがある。こういう場合、不満があれば、たいてい、ちゃんと不満を漏らしてくれる。しかし、どの部下も一人も不満らしい不満を言わなかった。実務をしらないのに、みたいな愚痴くらいでるかと思ったが、それもなかった。

こうして、言えることは、管理職は、実務に詳しければ、より緻密なマネジメントができるけれども、そうでなくても、きちんと部下の言うことを聞き、上位組織に対して必要に応じて部下を守るように行動すれば、それで最高に近いマネジメントができる、ということである。

Kと親しかった私は、彼が日本に来る度に、酒を飲みながら、よいマネジメントの秘訣を聞いたが、部下のためにファイトすることだよ、くらいしか言ってくれなかった。細かく説明しても仕方ないと思ったのだろう。どうも、よいマネジメントは落語のような芸であって、簡単に説明できないと諦めた。

2008年7月17日

男性脳と女性脳

もう限りなく議論されたことだが、いくら男女の能力の差はないといっても、また、男女雇用均等法があっても、科学、囲碁、将棋の分野で、女性の実績が男性のそれに及ばないことは明らかである。

それを、男女の社会進出の差に帰する人もいて、確かに、そういう面はあるだろう。しかし、私は、どうしても、男性脳と女性脳の違いということを考えてしまう。

それで、さっきふと思ったのが、コンピュータで言うなら、男性脳は、リアルタイムOSであり、女性脳は、WindowsやLinuxのような普通のOSであるのだはないか、ということである。

リアルタイムOSはどういうシステムに使われるかというと、典型的には、ミサイルの組み込みシステムである。すなわち、ミサイルの組み込みシステムは、高速で動く目標物の位置の変化を刻々と捉えて計算しなおし、瞬時に軌道修正しなくてはならない。すなわち、その計算処理に特化するので、マルチタスクだの、仮想記憶のページフォールトだの、悠長なことは言っていられない。

では、普段の仕事に、リアルタイムOSが使えるか、というと、例えば、表計算ソフト等の計算は最高速でやってくれるが、GUIは乏しいし、タスク切り替えは手動でしなくてはならないなど、とても日常業務に使えたものではない。ここはどうしても、WindowsやLinuxのような普通のOSでなくてはならない。

すなわち、リアルタイムOSである男性脳は、特化されたジョブを追及するのに向いており、一方、普通のOSである女性脳は、家事のような、あるいは秘書業務のような、全般に注意を払う必要がある業務に向く。

これは、あまりにも俗な言い方であるが、男性は狩猟のため、特化されたジョブを追及するようになったのであり、女性は家事全般のため、全般に注意を払う能力になったということであろうか。

私は逆であると思う。すなわち、もともと男性脳は、特化されたジョブを追及することしか向かないのである。

OSでも、WindowsやLinuxのような普通のOSの方が、リアルタイムOSよりも、はるかに機能がリッチである。聞くところによると、普通のOSを、リアルタイムOSに作り変える試みがあるそうだが、それはまさに、機能を削ぎ落とすような作業であるという。

すると、普通のOSである女性脳は、リアルタイムOSの男性脳よりも実は機能が豊富であり、優れている、という見方もできる。しかし、その豊富な機能を調整するためのコストがかかり、却って、囲碁や将棋などの単能を追うには不向き、ということになる。

これは1つの説明になっていると思うのだが、いかがであろうか。

2008年7月18日

知恵熱

小さい子供はよく熱を出し、それは知恵熱と呼ばれたりする。すなわち、子供というものは、熱を出したり病気になったりしながら、免疫力もつけつつ、成長していく。しかし、知恵熱は子供だけではなく、大人にもある。

私の主要な趣味は将棋であるが、高校の頃は、アマチュア1級程度しかなかった。しかし、田舎の高校だったので、私が学年で一番強かった。

で、大学に入ったからなんとなく、将棋部に入った。ところがである。そこには鬼のような人が沢山いた。すなわち、アマチュア四段くらいある人が何人もいて、しかも一様に容赦してくれないのである。

そんなアマチュア1級の私が、アマチュア四段くらいの先輩に歯が立つ訳がない。果たして、20連敗はした。そこで連敗が一旦止まったのは、私が熱が出て、三日くらい寝込んでしまったからである。ああ、それが知恵熱なのだ、と朦朧とした頭でそう思った。

知恵熱が直って、再び将棋部の部室に顔を出したが、もちろん、そんな簡単に勝てる訳ではない。しかし、負けつつ必死で定跡などを勉強していると、1年くらいたって、アマチュア四段の先輩にも、ときどき勝てるようになった。

一方で、最近、自宅のパソコンに、Windows XPのSP3を導入した。SP2のときのような物議をかもすような大アップデートではなく、単なるセキュリティ強化だけだと聞いた。しかし、SP3をあてるのに時間が50分もかかり、その間、何もできない。それだけではなく、例えば、もしSP3をあてている間に、ノートパソコンのバッテリがなくなるなどのトラブルが生じると、サービスパックをあてている最中のPCは、とても微妙な状況なので、パソコンが二度と立ち上がらないなどの壊滅的な状態になってしまうことになる。

それで私は、サービスパックやセキュリティパッチをあてる状態は、人間でいう知恵熱ではないのか、と類推してみた。

さらにこれを進めて、次のような仮説をたててみた。
1.人間は、とても困った状況や、いろいろ学習しなくてはいけない状況に陥ると、知恵熱状態になる。これは本当に熱が出る場合もあるし、なんとなく、呆然としていることが多い状態になることもある。そのとき実は、脳に、サービスパックやセキュリティパッチが当てられつつあるのである。そんなサービスパックやセキュリティパッチは、どこから来るのか。脳は、少なくとも、ネットワークには接続されていない。もしかして、ある種のサービスパックやセキュリティパッチは、もともと、脳に内在しているのかもしれない。あるいは、どこからとなく送られてくるのかもしれない。ウィルスには、DNAが含まれているから、ウィルス感染のかたちをとるのかもしれない。サービスパックやセキュリティパッチが成功裡にあてられて、知恵熱が終わると、脳は何らかの進歩を遂げる。
2.そこで、そういうようにサービスパックやセキュリティパッチが当てられつつある状態では、脳はとても不安定である。そのタイミングで、強いストレスや外圧がくると、普段だとなんでもないことが、壊滅的に効いてくることがある。世の中の多くの事件や事故のうち、このような不安定な脳によって引き起こされたものがあるのではないか、という仮説を立ててみたが、どうだろうか。要するに、脳にサービスパックやセキュリティパッチが当てられつつある状態では、そっとしておこう、という対応を提案する次第である。

2008年7月19日

中国人の芥川賞

ニュースによると、今年の芥川賞に、中国人では初めて楊逸さんが選ばれた、という。

受賞作は「時が滲む朝」。民主化運動が弾圧された中国人男性が、日本にやってきて、懸命に働く。中国民主化へ思いは消えない。日本で生まれたこどもは、日本をふるさとと思うようになる、というストーリーだという。

このニュースを聞いたとき、私は、少なくとも、子供の頃日本にきた人に違いないと思った。そうして小学校から日本で暮らせば、ほとんどネイティブの日本語が身につく。その分、中国語を忘れるかもしれないが。

ところが、日本語は、成人になってから、日本に来てから勉強した、という。働いて日本語学校の費用を工面した。また、捨てられていた松田聖子さんのテープを拾って日本語の勉強をした。それでも、普通の努力と才能では、文学賞を取れるようなレベルの日本語なんて、まず書けない。余程努力し、且つ、卓越した才能があったのだろう。

例えば、私はこれでも、随分英語を勉強した。聞き取りや会話は得意ではないが、読み書きはそこそこであると自信をもっている。あるとき、私が書いた英文を、知り合いの英国人に見てもらったら、自分が知っているフランス人の英語よりはまし、と褒められた。

それでも、英語にうまく感情を込めることができない。せいぜいが、仕事の文章がかける程度である。ブログも、一部を英語で書こうと思ったら、挫折した。どうしても、意図が入っていかないのである。

それなら、村上春樹ならどうか。彼は、卓越した小説家であると同時に、練達の翻訳者である。それでも、英語で小説を書いてみよう、なんて発想は湧いてこないようである。彼にとって英語は、先ず読んでみて、面白かったら、翻訳してみよう、と思う対象のようである。

だから、楊逸さんのように、日本語非ネイティブの人が、日本語の小説を書くのは、とても珍しい。もしかして、空前絶後なのではないか。

これが空前絶後である、と信じる理由は、楊逸さんのような語学の才能と文才を兼ねた人がもう出てこない、という意味ではない。どんな語学の才能があろうと、人は、もし小説を書こうと思い立ったら、母国語で書くはずなのである。そうして、母国語であっても表現に苦しむことで、いよいよ、非母国語で小説を書こうなんて考えなくなる。

と、書いているうちに、ドイツに住み、ドイツ語で西洋文化批判の本を書いて、ドイツで大変なネガティブな反響を呼び、日本語に翻訳された、という本を書いた日本人を思い出した。ネットで検索したのだが、どうしても見当たらない。ともかく、その日本語訳を読んだが、痛快であった。ともかく、ある国に長く住んで、そこにいる現地の人に強く伝えたいことがあるというインセンティブがあると、外国人でも、現地で文学賞がとれるくらいの小説も書けるのかも、とふと思った次第である。

大前研一流の英語

雑誌アルクに、コンサルタントの大前研一氏が、「ビジネスに通用する英語力」を身につける実践的学習法として、寄稿していたので、私のコメントもつけつつ、紹介する。

まず、大前研一は、3つの発想を捨てるべし、という。それは:
- 和文英訳の発想
- マルバツ式の発想
- ブラッシュアップの発想

なぜ、和文英訳がいけないか、というと、日本語で考えたことを正しい文法と信じて英語にすると、却って誤解を招くことがある、ということである。と言っても、咄嗟によい例が浮かばないが、例えば、「そのスケジュールだったら、時間がとれます。」というのを、"If referring to the schedule, I can find time to attend it."のように言ってしまうことだろうか。それでもなんとか通じるかもしれないが、いかにもぎこちない。"I am available on that schedule". のように言えば済むところだろう。これは簡単な例であるが、複雑になると、通じないことが多々ある。

また、マルバツ式の発想は、TOEICなどの対策勉強をやりすぎると、却って昂じるのではないか。例えば、"He speaks English."というところを、"He speak English."というと、文法的に正しくないが、"He speak English."で通じない、ということはありえない。それを、ああ、三単元のsを付け忘れた、などと一々後悔していては、会話にならない。他の例を挙げると、theという単語は、the artistのように、母音の前につくと、「ジ」と発音し、"the travel"のように、子音の前につくと、「ザ」と発音する、とものの本では教えるが、こんなこと一々意識していては、実際の会話では始まらない。実は、どんな場合でも、theは、「ジ」と発音してよい。これは、私が尊敬する中国人の発音から学んだ。この方法にならうことで、少しだけ会話に自信がついた、といってよい。もちろん、これで通じなかった経験はない。なお、正しい文法でしゃべれるに越したことはない。マルバツ式の発想がいけないのは、本来はらうべき神経が、瑣末なところにかけられてしまうことである。それで、肝心のところが疎かになる。

ブラッシュアップの発想がいけない、というは、説明を要する。すなわち、大前氏がいうのは、学校英語の延長線で、テストでよい点をとるみたいな発想で、英語力をブラッシュアップする、というのが意味ない、ということである。

大前氏が薦める勉強方法は、一流の英語を真似ることである。沢山読んで、沢山聞いて、そこにある表現を自分でも使ってみる。そこにあるような発音を真似る、などである。実際、そういうストックを沢山たくわえるのが一番よい。囲碁や将棋でも、一番よい勉強方法として、一流棋士の棋譜を並べる、というのがある。それと似ていると思う。

そこで、大前氏が言及していない点を、私なりに補足する。まず、ビジネス英語で、実は一番重要なのは、ビジネスをきちんと理解していることである。また、話すべき教養があることである。これがなかったら、TOEICが満点だろうと、英会話力なんて、なんの意味もない。当たり前だ、今更言うなよ、といわれそうであるが、ついつい、この点が会社組織でも忘れられがちで、TOEICの点数を昇進の最重要な要素にしている例をよくみかける。

さらに言いたいのは、大前研一のいう、3つの発想を捨てるべし、という点は、字義通り理解してはいけない、というところである。囲碁や将棋で、定石(定跡)は、一旦憶えて忘れなさい、というあれである。面倒でも、基本定跡はひととおり憶えなくてはいけない。同様に、文法は、やはりきちんと勉強しなくてはいけないし、しちめんどうくさい和文英訳や英文和訳の修行もやはり必要である。その結果で、こてこての翻訳調の訳をしてしまうことがあってもいいし、そういう時期もあるだろう。

そういう退屈力の訓練みたいな時期を経て、やっと、大前氏のアドバイスに従う、ということである。「格に入りて後に格を出る」ということで、格に入りもしないで、格を外れてはどうしようもない。という、甚だ常識的な結論であった。お粗末。

サイイド・クトゥプ

「テロと救済の原理主義」小川忠、新潮選書を読んでいたら、イスラム原理主義のカリスマとしての、サイイド・クトゥプのことが書かれていた。イスラム圏では有名らしいが、私は聞いたことがないので、自分のメモとして書いてみる。

サイイド・クトゥプは、1906年に、エジプトで生まれた。子供の頃から大変な秀才の誉れ高く、10歳の頃には、コーランを全て暗記した、という。

やがて、ダール・アル・ウルーム師範学校に進学するが、西洋への憧れがあったのだろう、このときはむしろ、英文学に熱中した。そして、卒業後は、文芸評論家として出発した。個人主義、リベラリズム、近代主義を奉じ、自由恋愛みたいな小説も書いたりした。

やがて、その才能を買われ、エジプト文部省にスカウトされた。しかし、イギリス植民地下の政府は腐敗がひどく、サイイド・クトゥプの政府批判の舌鋒は鋭かった。

そうして、サイイド・クトゥプは、文部官僚を辞職しようとしたが、政府は、慰留のため、サイイドを米国留学に遣った。そうして、サイイドは、米国内で、ワシントン、コロラド、カリフォルニアなどの教員養成大学で学び、修士の学位も取ったりした。

もともと西洋文化に憧れていたサイイドにとって、米国は夢のようなところだったのだろうか。ところが、皮肉にも、米国にあって、サイイドは、米国文化に対する批判の感情を強くするのである。

特に、サイイドが嫌悪したのは、下記の三点である:
- 物質主義
- 人種差別
- 性の乱れ

コーランの教えによれば、物質的なものにしか関心が及ばない世界を無明の闇(ジャーヒリーヤ)と断罪するが、まさに、米国は、ジャーヒリーヤなどであった。

サイイドは、一見、アメリカ社会において、人々は足繁く教会に通い、信仰に篤いようであるが、実は、教会は単なる社交の場であって、そこには信仰はない、と断じた。西洋において、宗教は実社会から孤立し、実社会から乖離している、と見た。

こうして、西洋文化批判を通じて、西洋に対するイスラムの重要性を感じたのである。そして、エジプトに帰国すると、文部省を去り、ムスリム同胞団に加わった。そして、イスラム原理に基づく社会の構築を目指すムスリム同胞団の創設者、ハサン・アル・バンナーの著書を読み耽るようになった。

ムスリム同胞団は、ナセルと友好関係にあったが、ナセルは、一旦政権を握ると、政教分離の方針を進め、イスラム原理に基づくムスリム同胞団が邪魔になった。こうして、熾烈な弾圧が、ムスリム同胞団に加えられていく。サイイド・クトゥプも投獄され、15年の強制労働を課せられた。むしろ青白いインテリであったサイイドには、これはこたえた。

サイイド・クトゥプが、獄中で書いた「コーランの蔭で」や「道標」などの著書が、その後のアル・カイーダやオサマ・ビン・ラディンなどの思想的根拠になっていった。

サイイド・クトゥプは、1964年に一旦釈放されるが、結局、ナセル大統領によって処刑されてしまう。国家転覆を図る原理主義者たちに圧倒的に支持されるサイイドは、生かしておくには、あまりに危険だったのである。

オサマ・ビン・ラディンは、サイイド・クトゥプと直接の接触はないが、アブドウルアジーズ国王大学で学んだときに、サイイド・クトゥプの弟、ムハンマド・クトゥプから、クトゥプ主義というべきものの教えを受けた。アル・カイーダのNo.2、アイマン・ザワヒリも、クトゥプ主義の影響を受けた者の一人だという。

では、クトゥプ主義とは、どのようなものか。それは、コーランに従い、唯一神への帰依を説く。

「道標」には、次のような一節がある。「イスラームが攻撃するのは、人間を抑圧する組織や伝統であり、人間性を歪め、自由を侵害するその影響から人間を解放するためにイスラームは攻撃をしかけるのである。」(上記著書の小川忠氏の訳による)。

これが、テロ(ジハード)の1つの根拠なのだろうか。

また、「神の主権」を樹立するために、人が人を支配する体制を覆すための闘争(ジハード)も正当化しようとする。

サイイド・クトゥプの主張の1つに、イスラム社会は、道徳において、西欧社会に優位性を示さなくてはならない、というものがある。そこでいう道徳とは、男女関係であり、サイイドは、女性がきちんと家庭を守るべきことを説く。

また、物質中心主義も、無神論である共産主義も、サイイドは、ジャーヒリーヤとして忌避する。
さらには、ヒンズー教信仰のインドや、神道の日本をも、サイイドは、ジャーヒリーヤとする。

ただ、まさにサイイドの目にジャーヒリーヤと映じていた世界にいる者として、クトゥプ主義は、どう折り合いをつけるのか、と心配になる。肉体をもちこの物質世界に生きる以上、相当程度、仕方がないのではないか。

そう思って、お茶を飲んでいたら、「多くの場合、物質的に生きていくよりあるまい。しかし、物質か精神か、と択一的である局面が出てくる。どちらを選んでも生きていける。そういうとき、精神を選ぶということなのだ。」のような考えが浮かんだ。クトゥプ主義とは、そんな穏当なものなのか、と思いつつ、今は理解が追いつかないので、ここで一旦休止する。

2008年7月20日

コスモロジー

とりあえず出典が明らかにできないのだが、私の好きな言葉の一つに、アルフレッド・ホワイトヘッドの「全ての思想は、コスモロジーである」というものがある。それは、彼の主著"Process and Reality"の流れを汲み、いかにも彼らしい言葉といえよう。"Process and Reality"には、「西洋の全ての哲学はプラトン哲学への脚注に過ぎない」という言葉もあり、コスモロジーという言葉も、プラトニズムの発露である、と考えることができる。

この稿の主題は、ホワイトヘッドではない。友人から「ヨブ記」を紹介されたのをきっかけに(まだそれは読んでいないのだが)手元にあった聖書学者の関根正雄氏の著書を眺めていたら、その最初の方で、「霊の問題」という章があり、聖書には当たり前のこの主題が、通常は、意外に等閑に付されているのではないかと思った次第である。関根氏は、心理学者の河合隼雄やハイゼンベルグの例を引きながら、「聖書の事態はもっと霊的、非合理的であり、現代も合理的に片付けられないさし迫った問題を抱えているのではないか。」と述べる。非合理的といえば、一昨日、女子中学生が、就寝中の父親を刺殺する、という事件があった。特に目立った諍いはなかったという。ともあれ、霊の問題は、目くるめく多様であり深いが、宗教がその1つの入り口であることは、疑いのないところである。

別のトピックとして、米国のエリア51やUFOの事件で報道されるような、宇宙人の問題。これの序でにいうなら、UFOの動力機構の議論。

さらに別のトピックとして、宇宙人とは別の、ダークマター、平行宇宙などの宇宙論の話。

すなわち、私の理解では、コスモロジーとは、現代の全ての理論・問題に、霊のことと、宇宙人を含む宇宙のことを織り込んだ、壮大な体系がコスモロジーなのである。

なぜ殊更に霊と宇宙人が、というと、これらが現代では、あまりにも胡散臭いものとして敬遠されており、このようなことを書いた途端、まともな論文とはみなされないほどであるからである。

一方で、論語に例えば、「直きを挙げて諸れを枉れるに錯けば則ち民服す。枉れるを挙げて諸れを直きに錯けば則ち民服せず。」というのを読むと、ううん確かにそうだ、と感じ入ることも大である。そして、これもまた、コスモロジーなのだ、と。

こうして聖と俗をいっぱい詰め込んで、コスモロジーを拡げておく、これは、到底ホワイトヘッドの意図には沿っていないのだろうが、私の見果てぬ夢なのである。

メタタグ

一昔前、インターネットの黎明期は、各社は、自社のホームページのURLをカタログなどに印刷して、そのURLで、顧客にホームページにアクセスしてもらうことを期待していた。

今も、URLを表示しないことはないのだが、何よりもまず、検索エンジンで探してもらうことを期待するので、コマーシャルでも、こういうキーワードを入れて下さい、みたいな場面が多くの場合ある。
そのキーワードで検索してもらうためには、下記のようにタイトル・タグにキーワードを入れておくのが普通である。ちなみにこれは、シャープの液晶テレビ、アクオスのホームページのソースの一部である。
<title>薄型テレビ/液晶テレビ アクオス:シャープ</title>

しかし、さらに確実に検索してもらうためには、下記のようなメタタグで、複数のキーワードを指定しておく。
<meta name="description" content="SHARP公式ウェブサイト。薄型テレビアクオス(AQUOS)の紹介。省エネで長寿命。ライフスタイルに合わせて選べるデザイン、大きさ。リビングを変える、インテリアに進化する液晶テレビ。">
<meta name="keywords" content="液晶テレビ,ラインアップ,薄型テレビ,アクオス,aquos,省エネ,大画面テレビ,小型テレビ,シャープ,SHARP">

すると、Googleなどの検索エンジンが、これらのタグをみてインデックスを作成してくれる、という次第である。こういう仕組みは、とても簡単なので、誰かが悪意で、同時にヒットするホームページを書いておけるのであるが、あまりに自明なやり方なので、却ってやる人もいないようである。

あと、例えば、シャープのアクオスの検索と同時に、自分のホームページがヒットしたからと言って、何が嬉しいの、というのもある。

という、メタタグに関する、小話(smalltalk)であった。

2008年7月21日

オリンピックでの聖書配布

AP通信によると中国政府は北京五輪期間中、選手や観客らに「聖書」を無料で配布するという。スポーツの行事なのに、なぜ、聖書?と不自然な感想は否めないが、昨年、一部欧州紙による「北京五輪選手村への聖書など宗教関連物品の持ち込み禁止」との報道があり、これを受けて、昨年の11月8日に、中国外交部の劉建超報道官は定例記者会見の席上、それを否定した、という経緯がある。

それならば、単に、どうぞ聖書を持ち込んでも構いません、と宣言すればいいように思われるが、物的な行動で示さないと、信用してもらえないと思ったのだろうか。

すなわち、予定では1万冊の中国語・英語版聖書が選手やメディアが滞在する五輪村で配布される。3万冊の新約聖書も無料配布されるという。聖書を入手できるのは教会と五輪村で、宿舎では配布されない。

では、キリスト教の聖書が配布されるなら、イスラム教のコーランはどうなのだ、ということになる。流石にそれを配布する、という話はない。そもそも、イスラム教といっても、スンニ派とシーア派でいがみあっていて、穏やかではない。下手したら、却って事を荒立てることになる。また、仏教は、ということになる。仏教となると、宿敵ダライ・ラマの影もちらついて、中国当局は、穏やかではあるまい。

そこで、中国イスラム協会の責任者によるとその他の宗教も活動場所を設立するという。中国イスラム協会というからには、その他の宗教というけれども、結局、イスラム教のモスクのことなのではあるまいか。結局、キリスト教とイスラム教をカバーすれば、あとは知らない、適当に自前でやってくれ、当局に迷惑かけなければ、大目に見るから、というのが本音だろう。

さらに、中国キリスト教協会幹部によると、5万冊の「四福音書」が競技が行われる各都市に輸送され、それぞれ表紙には五輪のマークが印刷されている、という。

ここで、ちょっと待ってくれ、と言いたいのは、宗教に不寛容な中国に、中国キリスト教協会だの、中国イスラム協会だの、本当にあるのか、という疑問である。もしかして、実はこれは、日本の文化庁宗務課のようなものか、すなわち、当該の宗教を振興する、というよりも、不埒なことをしないか取り締まる、という趣旨である。

ということで、いかにも中国らしい不自然な行動であるが、一方で、なんとかオリンピックを平穏無事に終えたいという願いがひしひしと伝わってくる。そこで、不祥事があっても、日本としては何一つ得することはない、日本国民としても、平穏無事を祈りたい。

弁護士増員

以前、このブログで、弁護士5万人体制という記事を書いたが、実際、改めて記すと、政府の方針によると、2010年には、司法試験合格者数を、年間3000人に増やす方針である。一方、昨年は、約2100人が合格した、という。

新聞によると、日本弁護士連合会は、このような弁護士の増やし方に憂慮し、「数値目標にとらわれず、増員のペースダウンを求める」とする、緊急提言を採択したという。増員による質の低下が懸念される、との理由。

日本弁護士連合会のそのような意見は、分からないでもない。というのは、毎年の司法試験合格者数が500人程度であったときも、特に弁護士が不足している、という話は聞かなかった。

そこで、一種の司法改革として、ロースクール制度や、司法試験合格者の増員を、政府は日本弁護士連合会などとも相談しながら推進してきた訳であるが、今の年間2100人合格体制でも、合格者に、弁護士としての十分な仕事が行き渡らない、という現状を聞いたことがある。すると、弁護士にはなったものの、法律事務所への就職がみつからず、仕方なく、法曹以外の仕事で糊口を凌いでいる者が少なくないらしい。

それはそうで、法律事務所も結局は営利組織である。仕事もないのに、無闇に沢山の弁護士を抱える訳にはいかない。また、弁護士、公認会計士、税理士、弁理士などの職業は、資格をとったあと、相当の実務修行を経ないと、一人前になれない。その間、抱えている法律事務所、会計事務所、特許事務所などが、相当の教育的負担を担う。折角一人前になるまで育てたのに、辞めてしまう、という声も聞く。

ただ、一方で、受験生の論理もある。ロースクール制度になり、合格者が年間2100人に増えても、特にある程度の年齢になった受験生には、司法試験は、依然として難関のようである。ロースクールの授業料がまた、高い。年間300万円~400万円程度だと聞く。すると、サラリーマンで弁護士になろうと一念発起した人は、それこそ背水の陣である。受験に専念するため会社を辞めて勉強するとなると、あっという間に、1000万円程度の貯金は吹っ飛ぶ。受験回数は制限されている。すると、会社は辞めた、貯金は使い果たした、受験回数の制限にはひっかかった、で、すべてを失うような人が出てくることになる。それで、やっぱりやめとこう、とサラリーマンは、弁護士への夢を敬遠する傾向が増えている、という。

それなら、年間3000人の合格数にすると、そういう傾向は緩和されるのではないだろうか。それでも、どんな人でもロースクールに入れば、司法試験に合格できる、というようにはならないかもしれない。

それなら、ロースクールの試験を少し難しくして、その試験に受かれば、あとは真面目にやっていれば、9割は、司法試験に合格できる、というようにはできないだろうか。これは実は、米国の現状に近い。それなら、もともと試験に向かない人、法律センスに欠ける人は、ロースクールの入試で弾かれて、無駄な費用と努力をかけなくて済む。

日本弁護士連合会の提言に戻って、いわずもがなの本音は、数を増やすことの反対は、質の低下ではなくて、既得権益の遺失である。すなわち、日本の社会で、弁護士の仕事なんて、そんなに沢山ある訳ではない。件数的には多い不良債務処理関係の仕事は、司法書士に食われている。

質というなら、もともと、年間500人しか受からないときでさえ、駄目弁護士は沢山いた。倫理的にも、能力的にも崩壊しているような人達が。前にも言ったが、合格定員を増やすと、明らかに、上の方のレベルが上がる。その分、既に弁護士業をやっている人で食えなくなる人もでてくるだろうが、それはもう仕方がない。サラリーマンの私だって、年功序列に甘んじていられる時代ではない。いつリストラになってもおかしくない。

それで、結論的には、私は、司法試験の年間合格者数を年間3000人にするという方針を踏襲してほしいと思う。すると、あまり試験には強くないが、正義感、倫理観のしっかりした弁護士もでてこよう。明らかに儲からない冤罪裁判に情熱をもやす人も出てこよう。

それで、いまこそ、弁護士=社会的地位が高くて稼げる、というイメージを一旦クリアし、弁護士=社会の木鐸というイメージを構築するチャンスではあるまいか。そう簡単でないことを知りつつ、とりあえず言ってみている次第であるが。

でも、結局は、足りないのは、弁護士ではなく医者である。それが私の本音である。

変であることについて

人間とはもともと、変わった動物であって、あいつは変だ、という言い方がよくされるが、しかし、一方で、人間はどこかしら変で、まともな人などいない、というのもまた間違いではなかろう。

とはいえ、私は、小学生の頃、「変人さん」とか「変ちゃん」などと、あだ名自体が、「変人」なのであって、これはかなり、札付きの変人であったと言ってもよいのではないか。

そう呼ばれても仕方なかった、と今にして思うのは、次のような経緯がある。私は、三歳にして小児結核にかかり、一時はかなり重態であった。結核は、伝染病なので、親元から隔離されて、電車で一時間もかかるような国立病院に入院していた。結核で幸いであるのは、いよいよ先が長くないというところになるまで、ときどき咳き込む以外に自覚症状がないことである。いよいよになると、喀血したりして悲惨らしいが。

で、退院したのは小学生になる直前であったが、なんとか小学校には普通に入れようと、親がかなり無理して退院させたらしい。しかしである、三歳から小学生になる頃までは普通、どろんこになって、水遊びしたり、駆け回ったりして楽しく遊ぶ、ある意味人生の大事な時期である。そこで、病院に隔離されて同病の子供たちと室内でちまちま遊ぶことしか許されないと、なんというか、遊びの文法とでもいうべきものが全く身についていない、ということになる。

そういう状態で小学校に入って、いきなり、みんなとうまくやっていけるとしてたら、寧ろ奇跡である。案の定、まともに相手にしてもらえなかった。

例えば、メンコしようと誘われても、メンコのやり方もわからない。いろいろな遊びのルールが分からない。そうしているうちに、呆然としていることが多くなった。脳が、うまく情報処理できないのである。「ほら、あそこ」といわれも、何を指しているのかが、文脈から分からない。そういうことから、「ヘンジン」のあだ名が定まった。

あと、私は子供の頃から吃音の癖があった。それで結核になったとき、特効薬としてストレプトマイシンというのを飲んだが、どうもこれには副作用があって、言語障害も生じることがある、という。そのせいか、小学校のとき、まともに話せないことがよくあった。ただ、父親も弟も、少し吃るので、遺伝的なものもあるだろう。

それと決定的だったのは、スポーツができなかったことである。子供の世界で、野球などのスポーツができないとかなり悲惨である。うちの家族はだいたいが、運動神経がよくないが、三歳の頃から小学校に上がるまで、絶対安静みたいにしていると、さらに運動能力が低下するに決まっている。

それで、ぼうっとしているは、まともに話せないわ、スポーツはできないわ、で苛めの格好のターゲットであって、変人扱いされること、ここに極まったのである。

偏屈の私は、いかなる意味でも、変人扱いされる原因を努力により解消しようとは思わなかった。ただ、ひたすら、退避し一人の世界に沈殿した。

こういう私だから、今でも、「君はおかしいのではないか。」とまともに指摘されると、むかつき半分と、逃げたい気持ちが、0.25くらいである。私だって負けん気はあるので、とっちめてやろうという気持ちになることは、残りの0.25くらいあるが、子供の頃喧嘩して勝ったことがないという記憶がトラウマになって、なるべく攻撃的でないようにしようとしている(最近は、歳をとったせいか、かなり言いたいことを言うようになってきている)。あ、あと軽いが、強迫神経症的なところがある。鍵をかけてきたのに、かけてないんじゃないかと何度も確認したり、外国旅行にいくとき、何度も何度も、パスポートの所持を確認したりするところがある。

そういう札付きの変人である私にとって、許せないタイプの変人、というのがいる。それは、他人の苦しみ、労苦、手間、などにおそろしく無頓着である変人である。

私は、札付きの変人であるがゆえに、妙なことをしでかしてしまい、結果的に他人に迷惑をかけてしまうことは結構ある。コーヒーカップを倒してしまうとか、予定をうっかり間違えるとか、メールを読み間違えるとか、である。しかし、すくなくとも、他人の労苦や手間に対する配慮は、人並みだと自負している。

ところが、特に社会に出て、とても他人の労苦に無神経な変人がいることを知った。例えば、Aという仕事があって、それには、αという雑用が付随するとしよう。私だったら、αなんて大したことない、とA+αを自分で片付けてしまう。その方が楽なのである。ところが、αなんて自分の本来やる仕事じゃないと、平気で他人に振ってくる人がいる。自分でやったらすぐに済むその雑用も、他人は経緯が分からないので困ることがある。それで思案していると、いろいろと追加の注文をつけてきて、他人はますます困る。完全に、他人にも独自のスケジュールがあり、それを侵害している、ということを忘れている。

また、どうでもいいことで他人を怒鳴りつけて不愉快にさせる変人もいる。

このように、なるべく自分で完結しようとする私のような変人を、陰性の変人と呼ぼう。一方で、他人を巻き込んで、周囲をがたがたにして意に介さない変人を、陽性の変人と呼ぼう。

世の中に、どちらの変人が多いのか知らない。ただ、陰性の変人は、近づいてみないと分からないので、どうしても、陽性の変人の方が目につく。程度がひどい場合、人格障害だ、と叫びたい気持ちになることがある。

変人を変人でなくす手はないと思う。昔から、馬鹿につける薬はない、ということである。しかし、せめて、陽性の変人を陰性の変人に変える手はないのか、とふと思う次第である。

2008年7月22日

コピペ文化

Webニュースによると、大学生のレポートが、ネットでコピペ(コピー&ペーストの略)で作成される、というのはよくあるが、なんと小学生の読書感想文にまでコピペが広がりつつあるという。

それに対する私の感想は、今更何を言うか、そんなの、ダイヤルアップを通じてインターネットに接続することが一般的になってきた10年前から普通ではないか、ということである。

- 「読書感想文をさっさと片付けて」というコピペサイト
- 「自由に使える読書感想文~読書感想文をさっさと片付けて、夏休みをエンジョイしよう!!」
みたいなのもあるというが、そりゃ、あるでしょうよ、犯罪の仲間を募るサイトだってあるんだから。

サイトでは、ばれても責任は負わないという。同様なサイトは、いくつか見つかった。しかし、こんなサイトを利用する小中学生は、本当にいるのか、と白々しくWebニュースは言うが、寧ろ、そういう誘惑に負けない小中学生がいたら、表彰ものである。

さらに、「日本経済新聞の2008年7月11日付夕刊記事によると、07年秋の読書感想文全国コンクールで、小学校高学年の児童によるコピペが発覚した。どのサイトか書かれていないが、あるホームページ掲載の他人の感想文と酷似していることに審査員が気づいたのだという。」という記事をみても、何の意外感もない。

金沢工大知的財産科学研究センター長の杉光一成教授は、このような状況を憂慮し、学生のレポートを翻訳ソフトの技術で文節や単語に分解し、ネット検索で類似した文章があれば、そのURLを表示する仕組を特許出願した、という。杉光一成教授と近い業界にいる私は、その仕組みがなんとなく理解できる。どうも、要するに既存の概念検索技術の応用で、そんなに高度な技術ではないし、おそらく既存の検索エンジンの機能を利用しており、URLを表示するといっても、その尤度を考慮する必要がある。よって、これは、あくまでもの参考にすぎないと思う。

その他にも、米国最大手のアイパラダイムス社が開発した「turn it in」というコピペ発見サービスがあるという。

でも、結局は、プライドと技能の問題なのである。例えば、いろいろなサイトから文章を集めてきて継ぎ接ぎし、見るからに立派な作品が作れれば、それはそれで編集著作権というか、アンソロジーというか、それはいかにも現代的な技能と言えないだろうか。

だから、私の意見はこうである。学校側は、コピペでも何でもいいので、継ぎ接ぎでもいいので、立派な文章を書きなさい。でも、人間として何かしらプライドがあるなら、そこに幾許かのオリジナリティを込めなさい。コピペがコピペと分かるように書いたなら、容赦なく減点する。しかし、オリジナリティが認められれば加点する。みたいに言えばいい。

なぜなら、学校を卒業して社会に出ると、即席でコピペみたいにして間に合う場合もある。もちろん、そうでない場合もある。そこの兼ね合いを、学校側できちんと教えてほしい。でも、そういう先生の側だって、胸を張ってオリジナリティを主張できる論文なんて、あまり書いていないのではないだろか。

高校野球の細分化

私は、そういう自分が最早好きではないのだが、結構な高校野球ファンである。もちろん、出身である広島県代表のチームを応援するし、それ以外は、中国地方、それから、大学時代に住んでいた九州のチームを応援する。なぜか、関東に長く住んでいるのに、関東のチームを応援する気になれない。

それでは、なぜ、そうやって高校野球を応援する自分が好きではないかというと、どう考えたって、どこのチームが勝とうがどうだっていいではないか、と頭で思っているからである、ところが、体のお腹あたりかもしれないが、つい、高校野球の結果を気にする自分がいる。

今日新聞を見ていて、ああっと思ったのも、頭ではなく、お腹の自分である。どういうことかというと、今までは神奈川で一代表だったのが、北神奈川と、南神奈川に、代表が分かれてしまっているからである。これがなぜまずいかというと、昔の水島慎司のドカベンという高校野球漫画に遡る。ドカベンという選手は、神奈川県の明訓という高校の所属選手なのであるが、そこで、「神奈川を制するものは全国を制する。」という名言がある。確か神奈川は、全国でも参加高の数が飛び切り多くて、またレベルの高い高校が多い。本物の高校名を挙げると、東海大相模、桐蔭学園、桐光学園、横浜、横浜商、藤沢商、日大藤沢などであって、どこが出ても、甲子園では、たちまち優勝候補に挙げられる。で、意外に一回戦で負けたりするのだけれども、ともかく、「神奈川を制するものは全国を制する。」と胸を張って言うためには、全国でも有数の参加高数でなくてはいけないのである。

ところが、北神奈川と、南神奈川に、代表が分かれてしまっては、最早それが言えないではないか、責任者出て来い、ということになる。

高野連の責任者の言い分も分かる。参議院選挙などを想定しているに違いない。すなわち、神奈川の代表が一校で、島根の代表も一校だとすると、参加高数が違いすぎる。下手すると、そのことで、不公平だと訴える暇人も出てこないとは限らない。

で、神奈川がそうなら、ということで、大阪は北大阪と南大阪に、愛知は西愛知と東愛知に、千葉は東千葉と西千葉に、埼玉は北埼玉と南埼玉に、と主だったところがみんな、2つに分けられてしまった。

高野連はこれをもって、地区の参加高数の不平等が解消された、と喜ぶのだろうか。私は寧ろ残念である。例えば、北神奈川と南神奈川に、代表が分かれてしまうことで、宿敵の東海大相模と、横浜が対決することがなくなるのである。練習試合すればいい、というかもしれないが、真剣味が違うのである、甲子園予選とは。

もっと言うと、「神奈川を制するものは全国を制する。」と内心自負しながら、神奈川県代表が甲子園に出てくる。そうして、鳥取県代表あたりと当たる。流石に、神奈川県代表が勝つだろう、とみんな思う。ほとんど野球賭博の場が立たないほどである。ところが、意外にも鳥取県代表が勝ってしまうのである。こういう意外性は、高校野球の醍醐味であるが、参加高数を平均化してしまうと、こういう意外性が減ってしまう。面白くなくなってしまうのである。

高野連は、言うであろう。高校野球は教育の一環であって、ショーではない、と。あ、今更そんな白々しいことは言わないか。ともかく、うまい演歌は微妙に音程が外れているのである。面白い高校野球は、微妙に不公平なのである。参加高数や、選手の出身地などで。それは、1/f雑音の世界である。それが分からない人は、無粋と呼ばれる。ただそれだけのことであるが。

2008年7月23日

不幸の原因

柄にもなく、今更のように最近、聖書を読んでいる。まだ、ほとんどちゃんと読めていないが、急に、不幸の原因を一般的に纏めてみようと思い立った。実際的な意味は、ほとんどない。

粗く考察してみるに、不幸の原因は、下記のように類別される。

1.神が与えた試練
2.前世の因果
3.今世の因果
4.運命
- 誕生日に基づく、バイオリズム
- 太陽黒点、、惑星の位置、地磁気などの要因
- 氏名、方角などに風水
5.自然現象
- 地震、津波、暴風、竜巻、隕石落下などの自然災害
- 飢饉
- 疫病
6.人的なもの
- 殺人、強盗、誘拐、詐欺など
- 嫉妬
- 呪術
- 戦争
- 貪欲、冷酷などの人間的不完全さ
- 医療ミス、交通事故などの事故
7.確率的偶然
- 投資の損失など

これで尽きているか、あるいは、類別が適切かどうか、全く自信がない。若干コメントすると:

1.神が与えた試練のというのは、極めて、ユダヤ教的、キリスト教的、またはイスラム教的試練なのではあるまいか。あるいは、神道的でもあるのかもしれない。古代ギリシャの神々にもそれを感じる。そういう神は、人間がけしからんことをしたから懲らしめるのかと思ったら、そういう面もあるけど、とてもうまく平和に反映していても、やはり、谷底に突き落とすようなことをする。甚だ困ったものなのである。

2.前世の因果というのは、非常に分かりにくい。今の病気の原因が、十代前の先祖が、百姓たちを虐待したせいだもと言われてもピンとこない。ただ、病気に堪えるよりない。

3.今世の因果というのは、結構分かりやすい。私が何かで困った状態に陥るとして、それは、あのとき、君が彼を裏切ったせいだ、というものである。そうやって因果が巡る仕組みというのは理解できないが、そういうことがあったとしても、まあ、理解できる。ところが、今世で極悪非道を尽くしても、意外に大した非難も浴びず平穏に死ねる人がいたりする。例えば、ポルポトとか。その償いのために来世の因果がある、と仏教で説明されるが、するとまた分からなくなる。

4.運命については、西洋の占星術とか、東洋の易とか精緻な体系がある。これをまるっきり非科学的と切り捨てることはできないと思う。ある程度の妥当性をもって存在感を示す。そういう意味では、人的なもの、のところに、呪術を入れたが、これは、密教的儀式として、深夜に藁人形に五寸釘を打つというのが有名である。これも精緻な体系があり、なにほどか効果があるようなことも聞くが、人を呪わば穴二つで、かける側も相当にコストも強いられる。避けるに如くはない。

7.確率的偶然というのは、説明を要する。例えば、1万人が集まってゲームをするとする。各々コインを5回投げる。コインの挙動は、全く偶然に維持されるとする。コインの表が出ると1万円もらえる。コインの裏が出ると、1万円払う。これを5回続けると、数学的に、5万円損する人がどうしても300人ほど出てくる。この理論から、投資などにおいては、純粋に数学的な確率で破産する人がいるのではないか、と思われる。それが、易経でいう運命と何が違うか、うまく説明できない。

ともかく、これは粗い不幸論の素描なのであって、今後少しずつ精密化していきたい。なんか、不幸を精密化してどうする、という声も聞えるような気がする。確かにそれも一理ある。どうしよう。

脳が冴える習慣

先日言及した、フリーズする脳の築山節氏の著書で、「脳が冴える15の習慣」がある。これは、「フリーズする脳」の続編であって、より精緻に、いわば活脳論を述べていると思うので、内容を紹介してコメントする。

まず、習慣1であるが、朝はきちんと定刻に起きて、手と足、口をなるべく動かそうということであるが、同感である。体を動かすことも立派な脳の指令による。

習慣2は、生活のどこかに試験を受けている状態をつくる、というのだが、試験の嫌いな私は、そう言われると萎縮してしまう。その意味は、試験というのは、決まった時間に、きちんと問題を解かなくてはならないので、集中できる。そういう状態が、一日のどこかになくてはならない、というもので、あまり同意できないけど、なんとなく、分かる。

習慣3は、睡眠は、頭の情報整理の時間なので、きちんと寝ようということだが、まあ、当たり前である。

習慣4は、家事こそ「脳トレ」。ううん、いいね、この標語。また、雑用を積極的にこなそう、というだが、最近では、築山氏の雑用論にぞっこんの私である。もともと、ある程度雑用をこなすことが却って能率を上げるのだ、と経験的に感じていて、何人かに話したことがあるのだが、どうしても納得してもらえなかった。このようなベストセラーの本を典拠にすれば、私の雑用能率論も多少は聞いてもらえるのではないだろうか。実際、雑用をこなすためには、脳のいろいろな箇所を使わなくてはならない。脳にいい、というのき頷ける。

習慣5は、自分の行動ルールと行動予定表をつくる、というものだが、これはまあそうかも、くらいに反応しておく。

習慣6は、忙しいときほど、机の整理をしよう、というものだが、机の整理をあんまりしない私は、段々ばつが悪くなってくる。

習慣7は、注意力を高める。これ、私は苦手で、結構回りを見てないことがある。確かに、眼は脳に直接つながっているので、大事である。とりあえず、遠くでも見るか。

習慣8は、報告書やブログを書く、というものだが、ここで急に元気を盛り返す。というのは、仕事でも余暇でも、書くことはどんどんやっているからである。ブログのネタもしょっちゅう考えている。これは、とりあえず、前頭葉を使っているのではないだろうか。

習慣9は、メモや写真を手掛かりにして長い話を組み立てる、というのだが、私は特許の図面をみて、長い文章を書いているのだけれども、そういう意味ではないんだろうね。

習慣10は、たとえ話をまぜながら、相手の身になって話すというのだが、これはやってないし、うまくやれそうもない。

習慣11は、適度な運動と腹八分目というのだが、今はどちらもやってない。明らかに失格。

習慣12は、定期的に脳の検査を受ける、というものだが、これはあまり行く気がしない。脳溢血で倒れるなら、仕方ない。ただ、気休めだが、納豆はいつも食べている。ナットウキナーゼが、血液を固まりにくくしてくれていると信じる、ある程度だけれども。

習慣13は、失敗ノートを書こう、批判者を大事にしよう、というものだが、あまり批判者を素直に受け入れられない。依怙地な性格故かもしれない。

習慣14は、活動をマルチにしよう、ひらめきは「余計なこと」の中にある、というものだが、活動はマルチになっていない。せいぜいが、読書範囲はマルチかも。

習慣15は、人を好意的に評価しよう、ときには駄目な自分も見せよう、というのだが、私は、生憎、結構他人には厳しい。駄目な自分は、ある程度見せているつもりである。見栄もあるので、かなりセーブしつつであるが。

ということで、ちゃんとできているのは、3つくらいである。これでも、呆けは防げるか、というと分からない。ただ、私の両親は教養という言葉から縁遠いが、どちらも一応、老人呆けにはなっていない。それで、遺伝的には、呆けにくいかも、と思っている。呆けに向かって不利だとすると、酒が好きであること、運動が嫌いであること、人付き合いがあまり好きでないこと、あまり自分の失敗を認めたくないことである。でも、脳血栓、脳溢血、脳腫瘍など、脳関係の病気にでもなるなどの器質的なものでないなら、なんとか呆けないのではないか、と、家事をする程度を増やしてみてから、目途がついた。

人間、楽をしたらいかん、ということらしい。

2008年7月25日

ハニートラップ

当然ながら、ハニートラップとは、熊のプーさんを蜂蜜で捕まえることではない。色仕掛けで、異性を(多くの場合、女性が男性)罠に陥れることである。もし無理やり、和製英語を作り出すなら、ピンクアタックとでも言うのだろうか。そういえば、数年前の漫画で、セクシーコマンドーというのがあった。これは、題名だけ見ていると、ハニートラップと似ているようであるが、実は全く違う。セクシーコマンドーとは、謎の格闘技なのであった。

ところで、色仕掛けで異性を罠に陥れるというと、結婚詐欺、美人局などもあるが、広義にはそれらもハニートラップと言ってもよいのかもしれないが、狭義には、重要な機密情報をもつ外交官、政治家、軍人、技術者などと、諜報工作員である女性が、擬似的な恋愛関係を装い、親密になって、機密情報を盗む、というものである。このパターンは、男性が相対的に先進国に属し、女性が後進国に属することが多い。後進国からみて、先進国には、ほしい機密情報が沢山あるからである。

実はそれだけでなく、男性は、相対的に後進国に出かけると、性的に羽目をはずすことが多い。例えば、日本の男性で、フィリピンやタイなどに旅行して、女性関係の遊興に興じるパターンはあるが、その目的で、米国や欧州に行く、という例はあまり知らない。決して褒められたことではないが、相対的に後進国に出かけると、妙な優越感に浸るのだろうか。Wikipediaのによると、事例として、2004年に在上海日本総領事館の電信官が遺書を遺して自殺した事件や、2006年の海上自衛隊の一等海曹が内部情報を持ち出したうえ中華人民共和国に無断渡航していた事件などがある。

ハニートラップの別のパターンとして、女性とのスキャンダルに巻き込み、それをマスコミにリークする、というのがある。例えば、このプログに書いた、ワシントン高級売春摘発事件がある。こういうコールガール関係のスキャンダルは、後進国でも先進国でも、普遍的である。

さて、ハニートラップを仕掛けられないようにするにはどうするか、というと、まず、偉くならなければいい。平凡な、大した機密ももたない社員を、美人を使って篭絡するような暇人はいない。

では、不幸にして?偉くなって、重要な機密を担当するようになったとしよう。すると、ハニートラップを防ぐ方法は唯一、「据え膳食わぬは男の恥」という諺を否定することである。

出典は不明であるが、次のような昔話を読んだことがある。ある旅人が、ある村に立ち寄ったところ、旅館がない。そこで、ある普通の民家に一夜の宿を請うたところ、親切に泊めてくれた。しかし、とても貧しい民家で、満足なもてなしができない、とそこの主人が恐縮がった。旅人が寝ていたところ、そこの奥さんがやってきた。何ももてなすものが御座いませんで、せめて、夜伽させてくださいませ、そう主人が申しております。旅人は驚いたが、そういう習慣がそこはあるらしい。しかし、旅人は、流石にそれは、と、却って失礼かと思ったが、奥さんに一切触らなかった。旅人が朝、早々に民家を辞して出発すると、道行くお地蔵さんが話しかけてきた。旅人よ、立派であったぞ。これは、まるで旧約聖書で神が人間を試すような話であるが、ともかく、「据え膳食わぬは男の恥」のアンチテーゼと私は読んだ次第である。

ともかく、人間、煩悩の塊である。生きていると、ハニートラップではないが、いろいろと誘惑がある。欲望はほどほどに、ということである。これは、旧約聖書でなく、馴染んだ仏教モードである。

中村修二のその後

以前から業界では青色発光ダイオードの研究で知られており、さらには数年前、元勤務していた日亜化学を、発明報償の件で訴え、一躍世間一般にも有名になった中村修二であるが、現在果たして活躍しているのか、気になった。

中村修二が、カリフォルニア大学サンタバーバラ校材料物性工学部の教授になった、というのも知られた話である。Wikipediaには、2007年1月 世界初の無極性青紫半導体レーザを開発したと発表、とあるので、おお、まだ現役の研究者なのだ、と少し嬉しくなった。そこで、特許データベースで調べてみると、2004年あたりから、カリフォルニア大学(Regents of Univertisity of California)の名義で、公開ベースで、今までに、20件の特許出願をしていることが分かった。

米国でも、特許出願から公開まで18ヶ月かかるので、まだ公開になっていないものも結構あると思われる。

米国特許公開番号とタイトルは、下記のとおりである。
US20080163814A1 CRYSTAL GROWTH OF M-PLANE AND SEMIPOLAR PLANES OF (Al, In, Ga, B)N ON VARIOUS SUBSTRATES
US20080149959A1 TRANSPARENT LIGHT EMITTING DIODES
US20080149949A1 LEAD FRAME FOR TRANSPARENT AND MIRRORLESS LIGHT EMITTING DIODES
US20080135853A1 DISLOCATION REDUCTION IN NON-POLAR III-NITRIDE THIN FILMS
US20080128731A1 TRANSPARENT MIRRORLESS LIGHT EMITTING DIODE
US20080128730A1 TEXTURED PHOSPHOR CONVERSION LAYER LIGHT EMITTING DIODE
US20080121918A1 HIGH LIGHT EXTRACTION EFFICIENCY SPHERE LE
US20080111146A1 STANDING TRANSPARENT MIRRORLESS LIGHT EMITTING DIODE
US20070190758A1 METHOD FOR CONDUCTIVITY CONTROL OF (Al,In,Ga,B)N
US20070184637A1 GROWTH OF PLANAR REDUCED DISLOCATION DENSITY M-PLANE GALLIUM NITRIDE BY HYDRIDE VAPOR PHASE EPITAXY
US20070126023A1 GROWTH OF REDUCED DISLOCATION DENSITY NON-POLAR GALLIUM NITRIDE
US20070111531A1 TECHNIQUE FOR THE GROWTH OF PLANAR SEMI-POLAR GALLIUM NITRIDE
US20070111488A1 FABRICATION OF NONPOLAR INDIUM GALLIUM NITRIDE THIN FILMS, HETEROSTRUCTURES AND DEVICES BY METALORGANIC CHEMICAL VAPOR DEPOSITION
US20060205199A1 Technique for the growth of planar semi-polar gallium nitride
US20060175624A1 Semiconductor light-emitting device
US20060110926A1 Control of photoelectrochemical (PEC) etching by modification of the local electrochemical potential of the semiconductor structure relative to the electrolyte
US20060054905A1 White, single or multi-color light emitting diodes by recycling guided modes
US20050245095A1 Growth of planar reduced dislocation density m-plane gallium nitride by hydride vapor phase epitaxy
US20050214992A1 Fabrication of nonpolar indium gallium nitride thin films, heterostructures and devices by metalorganic chemical vapor deposition

以上のように、業績は一貫して、発光ダイオードに向けられている。発明者の数を見ると、結構な共同発明者がいたりするので、自分が教えている大学院生に主に研究させているのかもしれないが、彼がまだ。アクティブな研究者であることは、疑えない。

一方で、日本の特許データベースをみると、未だに、日亜化学の出願人且つ、発明者が中村修二で、特許出願が結構ある。ええっ、と思って調べていると、 昔、中村修二が在籍した頃の特許出願の分割出願なのであった。こうやってどんどん分割出願する、ということは、中村修二が日亜化学に在籍中にした発明がまだまだ重要である、ということを意味する。

こうして、中村修二は、いかなる意味でも単なる山師ではないことは明らかである。

ただ、ネット上の情報によると、奥さんと離婚して、今は愛人と米国で暮らしている、という。きっと、発明報奨で大金が入って、米国内でもいろいろと収入が増えて思い上がり、美貌の女性に目がくらみ、糟糠の妻を捨てたのか、と勝手な想像をしてしまう。

ともあれ、時折、様子を窺うことにしよう。

2008年7月26日

宇宙人の来訪

Webニュースによると、1971年に打ち上げられたアポロ14号の元乗組員エドガー・ミッチェル氏(77)が、英国の音楽専門ラジオ局のインタビューで、政府は宇宙人の存在を隠ぺいしていると発言した、という。

すなわち、ミッチェル氏は、政府は過去60年近くにわたり宇宙人の存在を隠してきたが、「われわれのうちの何人かは一部情報について説明を受ける幸運に浴した」と説明。宇宙人は「奇妙で小さな人々」と呼ばれているなどと語った、という。

さらに、ミッチェル氏は、多くのUFOが地球に飛来していることをNASAでの経験から気づいた、とも言う。これは、おそらく、宇宙船にUFOが近づいてきたり、月でも、UFOに見張られていた、という経験のことを言っているのだろう。

宇宙人については、1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で、何らかの物体が回収された、というロズウェル事件が有名である。そこでUFOが墜落し、宇宙人の死体が回収されたということで、何人かの証言もある。ロズウェル事件の真偽については、今でも議論がなされており、公的な決着はついていないようであるが、ミッチェル氏は、ロズウェル事件は事実である、という。

さて、一つの銀河には、1000億の星がある、という。この星とは太陽のような恒星であるから、1つの恒星に10個の惑星がある、と想定すると、1つの銀河には、1兆個の惑星があることになる。もし控えめに、このうちの0.1%の惑星に地球のような生命体が存在する、と仮定すると、一つの銀河には、10億の生命体をもつ惑星があることになる。そのうちの星のどれかから、UFOによって地球を訪れている宇宙人がいる、と想定することは、そんなに無謀なのだろうか。

1つの問題は、UFOの航行機構の仕組みである。地球から一番近い太陽系外の星は、4光年の距離があるという。その距離を航行するような仕組みはまだ、われわれ人類は開発していない。ものの本によると、UFOの航行機構は、重力を制御するものである、という。特殊なコイルに電流を流すことで、重力の歪みを作り出し、それで光速に近い速度で航行するように言われている。

もしそうだとすると、今の人類の技術はまだ、決定的に遅れている。一般相対性理論で、とりあえず重力を解明したといっても、それは結局、理学の範囲にとどまっており、工学になっていない。一般相対性理論だの量子力学だのといっても、それが工学的に活用されているのは、せいぜいが、半導体デバイスや半導体レーザー程度であろう。すなわち、理学から工学に至るには、とてもつなく長い時間がかかりそうである。剰え、理論物理学者のスモーリンなどが指摘するように、現代の物理学は驚くほど、うまくいっていない。スーパーストリング理論は、隘路に入り込み、出口が見えない。

このようなとき、UFOでやってくる、超絶技術をもつ宇宙人たちは、現代のわれわれの科学のパラダイムに、あまりにも馴染めないもので、隠匿するよりないのかもしれない。

エドガー・ミッチェルは、77歳で、西洋人男性の平均寿命に鑑みると、そんなに先は長くない。それで、自分が事実と知らされ心の中に保ってきたことを、マスコミに吐露しておく、これがよいチャンスだと思ったのだ、と私は信じたい。

エドガー・ミッチェルが発言したからといって、それが直ちに事実と認定される訳ではないが、宇宙人のことをじっくりと考えてみる、よい機会になった。

Windows 7

マイクロソフトで失敗に終わった(は、余計)Windows Vistaの後継の、Windows 7について、私が知っていることといえば、大本営発表では順調に開発が進んでいることと、マイクロカーネルの概念で作られることくらいであるが、最近のWebでの報道によると、次のことが報告されている。

- 2010年1月に発売予定
- 今までのWindowsとの互換性を保証する
- マルチタッチインターフェースの導入

ここで注目なのは、マルチタッチインターフェースである。これは、どうも、iPhoneで取り入れられている、指で触ったり、指を広げたり、つぼめたりするインターフェースで操作できるようにする、というものらしい。すると、スクリーンが、指検出機能のハードウェアを、もたなくてはいけないので、当然ながら、今までのPCでは動かず、専用のハードウェアが必要になる。おそらく、今までのマウスのインターフェースも残すんだろうけど。

で、ここまで書いて、マイクロソフトの狙いが分かった。Windows 7は、携帯に搭載することを完全に視野に入れている。まず、iPhone風のインターフェースを実現する。そして、マイクロカーネルによって、カーネルを軽くして、携帯のメモリでも走るようにする。

そうすると、Windows 7携帯のアプリは、Windows 7上で開発するのがベストで、そのための開発ツールであるVisual Studioなんかも売れる、という算段ではないか。すると、ライバルは、グーグルのアンドロイドである。

携帯だけでなく、いろいろな組み込みにも、Windows 7を導入しようとしているに違いない。よって、CPUアーキテクチャの多様性にもなんとか対応しようとしているかも。

一方で、マイクロソフトが、Windows XPの値段を著しく下げた、という記事もあった。国によるけど、1本3000円程度の所もあるらしい。Linuxとの対抗上、仕方がない、ということらしい。今までも、Linuxは安かったけど、使い勝手があまりよくなかった。しかし、導入方法や、使えるアプリなど、かなりそろってきた、ということなのだろう。

すると、マイクロソフトは、OSやオフィス製品でがんがん稼ぐ、というビジネスモデルがもう成立しなくなる。巨大データセンターを作って、一周遅れで、グーグルを追いかけるのだろうか。まあ、インターネットにクライアントが接続するためのコモディティOSとして、ある程度は売れ続けると思われるが。

2008年7月27日

物理理論シミュレーション

リー・スモーリンの「迷走する物理学」を読んでいたら、次のような記載があった(私が適当に要約・コメントしている)。

アインシュタインは、マックスウェルの電磁気学を特殊相対論と矛盾がないように組み込むことができた。あとは、重力をどうするかであるが、1914年に、フィンランドの物理学者、ノルドシュトルムが四次元の空間と一次元の時間で電磁気を記述する方程式を書いたら、自然に重力がでてきた、という。これによって、重力と電磁気の統一が図られ、特殊相対論とも完璧に整合した。これぞ、理論物理の勝利ではないだうか。

アインシュタインこそが、この理論を喜んで迎えたと思われるかもしれない。しかし、そうしなかった。その理由は、おそらく、ノルドシュトルムの理論に矛盾を見つけた訳ではない。単に、彼の掌に既に、別の考えがあったのである。それは、重力と加速度の等価原理に基づく一般相対論である。

一見、この2つの理論の勝ち負けをつけることは難しそうである。ところが、たまたまであるが、一般相対論は、光が重力場によって曲がる、という予測をしていた。一方のノルドシュトルムの理論によれば、光は重力場の傍を通っても曲がらない。

そしてついに、偉大なる天文学者アーサー・エディントン卿による観測が行われ、光が重力場によって曲がることが実証された。一般相対論の勝利かどうか分からない。ただ、少なくとも、ノルドシュトルムの理論が敗北したことは確かである。まさに、カール・ポパーによる、反証可能性のよい例である(良過ぎる例かもしれない。なお、アーサー・エディントン卿による、光が重力場によって曲がることの観測結果は、レオン・ブリュリオンなど一部の物理学者から疑問視されている。詳細を理解していないので、ここでは述べない)。

で、私の純粋のコメントになるが、光が重力場によって曲がることの予測があって、それが観測によって証明されるなど、あまりに僥倖であり、こうやって物理理論が生存競争にさらされることなど稀である、ということである。

すると、なにか非現実な高エネルギーでの予測をその理論にしてもらうのではなくて、平凡に太陽の周りを惑星が廻ったり、銀河が形成されたり、というような普通の事象を、特定の理論を使って、コンピュータ・シミュレーションしてもらい、あまり変なことが起きなければ、理論の妥当性を想定するのはどうであろうか。

そこで、直ちに問題になるのは、どうやってコンピュータ・シミュレーションに乗せるかである。理論では無限次元であったりするものを、有限のリソースのコンピュータに乗せるのだから、遺失の誤差がある程度、見積もれなくてはならない。その摂動が収束可能かということは、また別の数学的道具立てを要するのかもしれない。

ただ、コンピュータの腕力で、物理理論の品評が少しはできないか、と仮想的な夢を述べてみた。

少し観点を変えて言うと、二酸化炭素が地球温暖化の原因である、と言い立てるためには、少なくとも、ある理論があって、その理論に基づき方程式と境界条件が書かれて、コンピュータの上に乗せられた一連のシミュレーションがあるはずである。ポパーの反証可能性に乗せるなら、そのシミュレーションで使われた方程式と境界条件を世間に開示して、世界の気象物理学者やコンピュータ・シミュレーションの専門家の検証に付すべきではあるまいか。そうでなくて、勝手に、2100年の平均気温は、××℃上昇している、と言われても、その妥当性は、どんな根拠に基づいているのか、と素朴に問うだけである。

ピロリ菌

新聞によると、北海道大学医学部の畠山昌則教授によると、遺伝性のスキルス胃癌を除き、日本人の胃癌のほとんどが、ピロリ菌によって引き起こされている、という。

その仕組みは、次のようである、という。すなわち、ピロリ菌は、胃の粘膜の粘液に浮遊して生きており、体の表面に、4型分泌装置というトゲをもっている。ピロリ菌は、このトゲを、粘膜の上皮細胞に刺し込み、CaGAというたんぱく質を注入する。すると、CaGAは、PAR1、SHP-2という酵素と結合し、これにより、上皮細胞がばらばらになる。どうも、上皮細胞は、ばらばらになることで、癌化しやすいらしい。組織に属していないと羽目をはずしてしまう、人間のようなものか。

日本人の体にいる種類のピロリ菌は、欧米人のそれよりも、SHP-2との結合力が強いため、癌を起こしやすいという。

現在、日本人の約6000万人がピロリ菌に感染している、という。ピロリ菌に感染していると、1年間で癌になる確率は、1000人のうち1~3人である。しかし、除菌すると、この確率は、10分の1に減らせる。

除菌の方法には、抗生物質を使う方法と、プロバイオティクスを使う方法がある。プロバイオティクスの例として、乳酸菌の一種のLG21がある。

抗生物質を使う治療は、保険が適用されないため、費用が2万円くらいかかるという。それでも、胃癌になって治療するより安いものだが、ピロリ菌感染という状態が具体的な苦痛ではないので、なかなか治療に踏み切れないかも。

では、LG21は、というと、明治プロビオヨーグルトLG21という商品があるようだ。では、値段は、というと、1個120円のものを一日2個食べるとよいとされており、これを8週間続けるとかなり除菌効果がある、という。意外にリーズナブルな値段で、これはよいかも、と思われる。

2008年7月28日

方向付けの天才

物理学で、当代第一級の天才といえば、ウイッテンであることに疑問をもつ人は多くないだろう。実際、ウイッテンは、スーパーストリング理論の分野で、革新的な業績を、いくつもあげた。

では、スモーリンが指摘するような、物理学の混迷を解決することに、ウイッテンはどれほどの貢献をしたのか、と問うてみると、ウイッテンは、スーパーストリングのジャングルをきらびやかな楽園に変えたかもしれないが、出口を作った訳ではないように思われる。

一方で、アインシュタインはどうであったか。問題解決者としての手腕は、ウイッテンの足許にも及ばないように思われる。実際、アインシュタインは、数学的操作があまり得意でなく、いろいろな数学者に助力を乞うた。一般相対論のテンソル方程式の厳密解を最初に得たのも、アインシュタインでなく、シュバルツシルトであった。

すなわち、アインシュタインの才能は、問題解決ではなく、方向付けにあった、ということである。独特の直感で。特殊相対論、一般相対論の概念を、実験的・演繹的ではなく、寧ろ、直感的に提示し、世界をそちらに導いた。別の意味で、ウイッテンのなしえないことではないだろうか。

ただ、方向付けの才能は、とても投機的である、ということである。どんな天才でも、うまく方向付けできる確率は、とても低い。アインシュタインの晩年が惨めだったのは、もともと問題解決があまり得意でないのに、間違えた方向を掘っていたからである。方向付けの才能は、あまりに投機的で、結局、アインシュタインの晩年をして、誤らせてしまった。アインシュタインは決して是認しないだろうが、晩年は一線を引いて、政府の科学顧問になり、平和活動に徹するべきだったかもしれない。

さて、現代は、方向付けの天才の活躍の余地はあるだろうか。見ていると、コンピュータの分野では、物理学のような革新的が概念がなくても、ある程度のパラダイム・シフトで、グーグルのような成功を収めることができる。よって、革新をもたらしやすいがために、Webやコンピュータの分野に、天才・秀才が終結する。

しかし、もっと難しい分野では、単に、せいぜいが、問題解決の秀才が跳梁しているだけである。環境、エネルギー、平和維持政策、物理学、宗教改革など。方向付けの天才は、どの分野にもいるだろう。しかし、方向付けの才能を発揮するコストがあまりに多くて、ひっそりと生きている、というのが現状ではないか。

急に、今西錦司の言葉を思い出した。「変わるべきときには変わる。」という、あれである。そういう非科学的な言明しかないのかもしれない。

もっと二酸化炭素を

Webニュースによると、地球温暖化によって、米国内では腎臓の結石患者が2050年までに160万~220万人増えるとの予測を、米テキサス大の研究チームが米科学アカデミー紀要に発表した、という。

でも、それはなんのことはない、気温が上昇すれば、体内の水分が減り、それによって、腎結石が起きやすくなる、と言っているにすぎない。中東へ派遣された兵士に発症が増えた例などをもとに、気温上昇で患者が増えると予測、温暖化の影響を分析したという。しかし、「気温が上昇すれば、」では、論文にインパクトがないので、「地球温暖化によって、」という、好まれる枕詞に代えて、受理されたという次第であろう。

まだ、こんな茶番がまかり通っているのかと、悲しくなる。それで今日なぜかトイレに行ったついでに思いついたのであるが、それは、近い将来、二酸化炭素を出すことが善である、という日が来るのではないか、ということである。

すなわち、そのストーリーは、先ず、地球温暖化二酸化炭素説が、科学的に論破される、というよりも、ある政治的なトレンドの変更により、最早主張されなくなる。すると、もともと科学的にそれは正しくない訳であるから、誰もサポートしなくなる。そこで注目されるのは、二酸化炭素農法である。例えば、ビニール栽培では、果物などの生育を助けるために、あえて、ガスを燃やして生成された二酸化炭素を注入する。

これとの類推から、世界的に、農作物の増産を図るために、大気中の二酸化炭素をもっと上昇させることが、先進国の課題となる。但し、石油資源など、エネルギー危機の問題は依然としてある。だから、いかに、火力発電のように二酸化炭素を出そうとも、その石油消費の点で、あまり好ましくないとされる。

そこで注目されるのは、醗酵農法である。すなわち、広い畠に、枯れ草を広げ、そこに特殊な醗酵菌を散布して、枯れ草を醗酵させ、二酸化炭素を発生させる。すると、エネルギー資源を消費することなく、二酸化炭素が効果的に増やせる。そこの畠の持ち主は、人類の農産物増産に対する偉大な貢献をしていると、テレビ局のインタビューを受ける。

ところがである、こういう努力にも拘わらず、なぜか空気中の二酸化炭素は上昇しない。そうして、知らない間に、地球は、寒冷化に転じている。そうして、ロシアあたりでは、深刻な穀物の不作が問題になってくる。

それをみて、ある老人がつぶやく。昔は人類は、二酸化炭素が地球温暖化の原因で、地球温暖化が昂じると、海水面が上昇したり、疫病が増加したりして、破滅的な影響が起きると、二酸化炭素の発生を抑制しようとした。それから、時代は変わり、寧ろ、農産物増産のため、二酸化炭素の発生が推奨された。しかし、自然は、そんなちっぽけな人類の努力をあざ笑うかのように、地球を一旦温暖化させ、それから、寒冷化に転じさせた。人類が自分で制御できることは、核兵器を撃ちまくって、壮大な自殺を図ることだけだ。それはあまりにも愚かなので、二酸化炭素の排出量とやらで、気候を制御しようとしたが、何の意味もなかった。

2008年7月29日

月の形成

Webの記事によると、今から39億年以上前の太陽系初期に、冥王星クラスの天体が火星に衝突した可能性が高いとする研究成果を、米カリフォルニア工科大など3つのグループが、26日付の英科学誌「ネイチャー」に発表した、という。

カリフォルニア工科大などのグループは、冥王星(直径2390キロ)なみの巨大天体(直径1600~2700キロ)が45度の角度で北半球にぶつかった可能性が高いことを、シミュレーションで実証した、という。こういうことが起きるということは、今から39億年前頃は、太陽系は随分物騒な世界だった、ということになる。なにしろ、直径2390キロなみの巨大天体というと、日本列島の本州の端から端までくらいの直径の惑星だから、さすがに、こういうのが今地球にぶつかったら、生き残れるのは、一部の昆虫と、細菌、珪藻類くらいではないだろうか。普通の動植物は、その巨大なGに耐えられないだろう。

そこで、いくつかの疑問。先ず、39億年前頃太陽系が物騒だったとしたら、今はどうして物騒ではないのか。時間が経つと安定化するという解は、力学系で自明ではないはずである。それとも物騒なのだけれども、今はとりあえず来ないだけか。実際、軌道計算により、冥王星みたいなのが、あと2年後にぶつかると分かったら、大パニックは必定である。ただ、2年前だと、その確率は、75%くらいの精度でしか計算できないかもしれない。

別の疑問は、月が形成された原因である。すなわち、太陽系初期には、地球に火星クラスの天体が衝突して月が誕生したとの説もあるというが、火星クラスだと、直径は6000キロ程度もある。その衝突衝撃は、完全に想像を超えている。それで、月になるような巨大な破片が分裂したとしても、その破片は、巨大な運動量で飛び出すはずであり、到底、地球の引力圏で引き留められるとは思えない。

では、別の説として、月は、どこからともなく飛来してきて、地球の引力圏に捕まり、衛星になった、というのはどうであろうか。実際、月の石を研究した学者によると、月の石の年齢は、地球のそれよりも古い、という説がある。それは、月飛来説を裏付ける。ただ、である。ニュートン力学を勉強して、簡単な軌道シミュレーション・プログラムを書いてみれば分かるけど、遠くから、月程度の大きさの物体が地球に飛んでくると、それは大抵、双曲線的に無限遠に行ってしまう確率が非常に大きく、地球の引力圏に捕まり、衛星になる確率は、もしかして、百万分の一もないのではないか、と適当な類推で想像する。

こうして、どうやって月ができたのだろうという私の疑問は、解けないままである。あ、月が宇宙人の基地だというトンデモ説も面白いけど、今は触れないでおく。

誘蛾灯

このプログを書き始めた頃、CGIを勉強していて、form組み込みブログという記事を書いた。最初の頃は、自動生成されたスパム・コメントが来ることはほとんどなかったが、記事の数が、500個を超えたあたりから、多い日には、20個以上も、スパム・コメントが来るようになった。

それで、普通に戴くコメントであれ、自動生成されたスパム・コメントであれ、コメントは必ず、1つの記事に関連付けられたものであるが、観察してみると、ほとんどの自動生成されたスパム・コメントが、上記の「form組み込みブログ」の記事に関連付けられていることが分かった。これはいかにも不思議である。

「form組み込みブログ」の記事の他の記事との違いは、<form>~</form>というformタグをもっているかどうかである。下記がそのソースである。すると、自動生成されたスパム・コメントは、formタグを目指して、群がっていることになる。これではまるで、誘蛾灯ではないか、ということになる。

<form>
<input type="button" value="クリックして下さい" onclick="alert('ですYO')">
</form>

しかし、これは理由なしとしない。formタグがあると、例えば、onclick=などの指定で、いろいろな処理が指定できる。これは、場合によっては、セキュリティ的に悪意のある動作の温床になることがある。例えば、コメント自体にタグを埋め込んでおき、form組み込みブログから、コメント自体に埋め込んだ悪意ある処理を呼ぶようにすることもできる(はずである)。スパム・コメント、油断ならず、なのであった。

2008年7月30日

イスラエル護摩供

新聞を見ていたら、桐山靖雄氏率いる阿含宗が、イスラエル建国60周年ということで、2008年9月10日にイスラエルのエルサレム市において、護摩供を行うことになったという。詳細は、こちらの阿含宗のホームページを参照されたい。

それで当然の疑問であるが、がちがちのユダヤ教の国であるイスラエルが、よく異教徒である仏教(特に、密教)の護摩供を受け入れることになったと思う。

しかし、さらに上記ホームページをみると、阿含宗が押しかけて行くのではなく、イスラエル政府から招待状をもらった、という趣旨のようである。

ユダヤ教というと、旧約聖書の趣旨からして、いかにも異教徒に対して不寛容で、また、イスラエル政府は現実に、近隣諸国と軋轢が大きいので、ここで、いっそユダヤ教とタンジェンシャルな関係にある、仏教の祈りを招聘したのだろうか。

異教徒ということなら、本来は、キリスト教の司祭やイスラム教の聖職者も招待すべきだろうが、さすがにそれは、しがらみが強すぎるか。

ただ、これはイスラエル政府にとって、政治的な措置だと思うのだが、最近読み始めた旧約聖書の世界をそのまま適用してみると、これは、神の怒りを買う行為ではないのかと、つい思ってしまう。例えば、ソドムが滅ぼされたシーンなど。

ところで、別のWebの記事によると、ボスニア人の男性Radivoje Lajic氏の家には、驚くことにこれまで5回も隕石が落ちてきているとのことである。落ちてきた隕石は、ベオグラード大学の専門家達によって全て本物であることが確認されており、Lajic氏は自分が異星人に狙われていると信じているそうである。

数学的確率でいくと、一人の人の住居に隕石が落ちてくる確率は、相当小さい。すると、これが、5回も続くとなると、確率は無限小に近い。よって、そこに何かの作為を感じる。そう、異星人の作為である。

ここで仮説。ある種の異星人は、地球の任意の場所に隕石を降らせることができる。旧約聖書で、ソドムが滅ぼされたのは、隕石攻撃だった。よって、旧約聖書の神は、実は、異星人である、というものである。おそらくデニケンあたりが既にそういう仮説を立てているに違いなく、よって、いかなる意味でも、これは私のオリジナルではないが、そう考えるといろいろと納得がいく。例えば、旧約聖書では、神が人間を創ったのだが、出来が悪くて、滅ぼそうとする、というような記述が出てくる。これは、実は宇宙人が遺伝子工学を駆使して、猿などとの交配で人間を作ったという、バシャールなどの記述とも符合する。

ともあれ、イスラエル政府の守護神たる宇宙人は、今もどこかで見張っているのだろう。そうして、適時、ユダヤ人に試練を与えるのだろう。しかし、仏教の護摩供に目くじら立てるモードではないのだろう。そう思うことにする。

知的職人

今日会社で、外部特許サーチ会社の担当の人と面談した。それで思いついた言葉が、知的職人である。誤解を避けるために注記すると、ここで「知的」は、頭がいいとか、高学歴とか、そういうことを意味しない。単に、肉体労働ではなく、精神的な労働で稼ぐ、という意味である。

なんで知的職人という言葉を思いついたのかというと、その担当の方と話ながら、ああ、この人は自分と結構同類である、無理やりその属性に名前をつけるなら、知的職人なのかも、と思ったからである。以下、その属性を列記してみる。

第1に、知的職人は、その仕事が人気があるとか、稼げるとか、格好いいとか、そういうこととは関係なく好きであり、その仕事に打ち込むことに誇りをもっている。

第2に、知的職人は、絶えず勉強している。典型的には本をよく買う。Webもよく見る。勉強は、し続けていないと意味がなくなる、と思っている。もちろん、外部の講習に通ってもよいが、知的職人は、基本的に独学的なので、一人で本を読むことがメインである。

第3に、知的職人は、目先の利益や、目先の評判をあまり気にしない。もちろん、独立して仕事をするなら、お客さんの要望にあわなくてはならないので、ある程度は評判は気にする。しかし、いつもどこかで、いい仕事をすれば、誰かには分かってもらえる。みんなに分かってもらえなくても、誰かに分かってもらえればいい、と思っている。

第4に、知的職人は、自分で工夫する。既存で100という品質のものがあって、自分で90の品質のものが作れるなら、90の自作の方を使う。なぜなら、作るためのノウハウを留保したいからである。流石に、自作が60の品質なら、既存の方を使う。

第5に、知的職人は、自分が蓄えたノウハウを他人に教えることに、出し惜しみしない。むしろ、自分が蓄えたノウハウを他人に教えることで、相手からも貴重なノウハウを聞けるかもしれないことに、少し期待する。でも、聞けなくても、特に失望しない。また、他人にノウハウを教えたからといって、簡単に他人が実施できるなんて思っていない。その点では、不遜かもしれない。

第6に、知的職人は、とても道具に拘る。大工ではないので、知的職人の道具は、本、WEbサイト、コンピュータ上のツールなどである。常によいツールを探し求めている。また、少しでも使いこなすスキルを高めようと思っている。

第7に、知的職人は、なるべく他人に依存しない方向で考える。誰かのサポートがないと廻らない、という状態を、なるべく避けようとする。

第8に、知的職人は、他の知的職人に敬意を払うことを惜しまない。

他にも、いろいろあると思うが、これで大体の特性がカバーできていると思う。

2008年7月31日

私大定員割れ

Webニュースによると、入学者が定員割れだった私立大学が昨年度から7.4ポイント増え、今年度は過去最高の47.1%だったことが、日本私立学校振興・共済事業団の調べでわかった。入学定員充足率が50%未満の私大も昨年度から12校増えて29校となり、過去最多であるという。

これは、大学の定員が、学生人口よりも実質的に多いので、仕方がないところである。それを防ぐには、人気のないところは、定員を減らすしかない。しかし、定員×学費が私立大学の主要な財源であってみれば、損益分岐点ではないが、定員を減らすとうまくやっていけない私立大学は、極論である廃校を含めて、思い切ったリストラを考慮するよりない。

さて、地域格差でいくと、定員充足率が高いのはどうしても東京で、115.65%と最も高く、最低の四国は82.76%だった。 それは無理もない。東京に出てくると、渋谷だの、新宿だの、原宿だの、楽しく遊べるところが一杯あって、退屈しない。だいたいが、テレビドラマは東京が舞台だから、東京に憧れるというのは、がちがちの地方出身者である私には、よく分かる。

で、問題は、困窮しているであろう地方私立大学が、どうやって生き残るかである。それはまさに、企業がやっている努力となんら変わるところがない。経営的な意味で、私立大学は、いかなる意味でも聖域ではない。

まず、着手すべきなのは、広がった学部を、得意なところにフォーカスして、縮小することである。例えば、地球環境問題が流行しているので、環境関係に特化するとか、福祉関係に特化するとか、である。どういう分野に特化すべきかは、地域特性とも併せて、大いに工夫を要するであろう。

次の提案は、大学の高校化である。早慶などの中央にある有名マンモス大学だと、勉強する人は必死で勉強してエリートを目指し、勉強しない人は全くせず、ほとんど放散している人もいるが、その多様性が有名私大の文化でもある。そういう遊びまくって卒業した人でも、早慶のブランドでなんとかなったりする(最近では、そうでもないか)。

しかし、地方私立大学となると、遊びまくって卒業すると、ブランドを売りにできなので、卒業してから大変苦労する。そこで、大学なのに、高校のようにうざったく学生の面倒をみる、ということを売りにする手がある。このためには、教師陣も大変であるが、そんな楽して生き残れる途なんてない。学生は学生で、地方のあまり有名でない私立大学に入ると、真面目に勉強してきちんとしたスキルを身に着けないと、卒業後大変苦戦する、ということを芯から感じるべきである。

典型的にはどういうスキルがあるかというと、語学である。するとどうしても英語、それから、中国語、韓国語、ロシア語など。語学は、かなりの程度、やれば実用的なレベルになれる、という特性がある。詰め込みカリキュラムが活きるのである。

次には、言うまでもなく、資格に結びついた勉強。情報処理技術者、薬剤師、税理士など。これも、きちんと勉強すれば、地方私立大学でも十分に頭角をあらわせる。地方が東京より有利だとしたら、田舎で、生活費が安くて、相対的に治安がよくて(ううん、そうともいえないか)、誘惑が少ないことである。ただ、私が学んだ福岡は、結構歓楽街もあって、誘惑は少なくもなかった。

あとは、躾というか、社会人としてやっていけるベースを作るということある。もっと言うと、どうやって勉強するかのメタスキルを教えるとか。それと是非やってほしいのは、無名地方私立大学でも別に関係ないんだ、内なるプライドをもて、というマインドセッティングである。これは、カウンセリングのような形で行ってもよい。この内なるブライドを涵養することで、秋葉原無差別殺人事件や先日の八王子での事件のようなことの可能性を少しでも減らせるのでは、と思うのだが、そういう問題でもないか。

ともかく、地方私立大学(都会にあっても、無名であるなら同様かも)の生き残りの方策は半端ではない。そのため、大学経営コンサルタントという人々も、数が少ないせいもあって、引く手あまたである。あっ、思いついた。無名私立大学で、その生き残りの戦略とノウハウを傾注して、大学経営コンサルタント学部をつくる、というのはどうだろうか。卒業生はなによりも、自分の出身大学の建て直しを考える。そのために、成績優秀者は、資金をもらって、世界の有名・無名の様々な大学を巡って、よい大学とは、という研究レポートを書く。そうして、なるべくどうしようもない大学にコンサルに行って、そこを立て直すことに生きがいを感じる、という再建屋になる、などなど、考えようによっては面白い分野もいろいろあるのではないだろうか。

パンツを脱いだサル

経済人類学者、栗本慎一郎に『パンツを脱いだサル』という著書があって、多分私は、この本は読んだことがない。実は、昔は栗本慎一郎のファンで、独特の棘のある文章が好きで、『パンツをはいたサル』とかも、確か読んだことがある。

今回は、そんな経済人類学的な高尚な話ではなくて、とても卑近な話である。すなわち、先日、Webニュースを見ていると、ある弁護士が電車の中で、突然、女性の前でズボンをずり下ろして、公然わいせつ罪で逮捕された、という事件があった。理由は、「仕事が忙しくストレスがたまっていた」というのだが、ストレスが溜まってそういう気になる、というのは、私は理解できない。

しかし、この手の事件は、実は結構頻発しており、ある会社の社長が、新幹線の中で突然全裸になったり、どこかのテレビ局のディレクタが、酔っ払って路上で、下半身を露出して捕まった、ということもあった。

栗本慎一郎氏も指摘するように、ある特定の限られた場所で衣服を脱ぐということが、人類にとって、性的な意味も含めて開放感であることは間違いない。

しかし、私がいくら酔っ払ってもそれを人前でしないのは、私なりの行為の文法があるのだろう、と思う。そこで言う行為の文法とは例えば、こういうことである。おしっこが出たくなったとき、われわれはトイレに行くまで我慢する。当然であるが、では、布団に寝たまま、おしっこをしていい、と言われても実はなかなか、できない。例えば、私は、軽い手術の後、とりあえず起き上がれなかったが、とても尿意を催した。それで、看護婦さんに尿瓶をもってきてもらったが、寝たままの状態では、どうしてもおしっこが出ないのである。これは、そういう筋肉の抑制が働くとは思えないので、心理的な障壁ではないだろうか。

それと同じ意味で、私は、どんなにストレスが溜まっても、人前で公然とズボンをずり下ろしたりする気にはれないような気がする。ただ、目の前に若い魅力的な女性が肌も露にいて、ものすごくストレスがたまり、且つ疲れていると、つい触ってしまう、という失態は犯すことがあるかもしれない。

だから、ストレスであれ、泥酔であれ、人前で下半身を露出してしまうような男性は、私と異なる行為文法をもっているのだろう。もしかして、そういう人は、手術の後寝ていても難なく尿瓶におしっこができるのかもしれない。

あと、こういうこともあるかもしれない。私は、18歳まで片田舎に育ち、田舎なので、尿意を催すと、ちょっとそこらで立ち小便した。たまたま、女性が通りかかったりすることもあったが、向うだっていちいち気にしない。そういう環境で育つと、下半身を露出することの抵抗感があまりなくなり、そのことが却って日常化されるのである。すると、下半身を露出することが寧ろ、ぎりぎりのストレスの結果選ぶような行為ではなくなる。行為の非聖域化とでもいおうか。うまくいえないが、若い頃暴走族でならしたあんちゃんが、歳とって却って真面目になるようなものである。

という、甚だいい加減な議論であった。

About 2008年7月

2008年7月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。