« TSRのプログラムの例 | メイン | 男性脳と女性脳 »

実務と管理職

同じようなテーマで、既に書いたような気もするが、重複を恐れず、書いてみる。

今から4年くらい前、父親が胃癌で入院したことがあった。そこは結構大きい市民病院であった。手術が必要ということで、息子として、私が主治医の先生と話したが、なんと主治医が院長であった。院長で病院経営にも携わりつつ、手術の執刀もする、と聞いて私は驚いた。当時私は管理職で、実務は好きなのだが、手術に相当するような第一線の実務はやっていないというか、やれていなかった。

話を聞いてみると、その先生は、第一線の実務をやっていないと、病院経営として細かいことが分からなくなるので、自分はできるかぎり、手術も続けたいと言っていた。なかなか硬派の先生で、癌の告知をしないでくれ、と言ったら、命が助からない状況ではないので、告知しないならここでは治療もしない。出て行ってもらう、というので、仕方なく本人告知に応じた。

で、大変だけども、確かに実務をよく知っている方がいい経営ができるだろうと感じた。要は、バランスなのだけれども。

それでは、実務を知らないとマネジャは、いい管理ができないのだろうか。私はそうでもないと思う。別の例を知っているからである。

私がいる会社の部門の、台湾の対応部門のマネジャで、Kという人がいた。彼は、マーケティング部門から、50歳を前にして、特許部門にやってきて、急にマネジャになった。もちろん、特許実務の経験は皆無である。多くの人は、無理かも、と思ったのではないか。しかし、結果的に、Kはとてもいいマネジメントをした。それは、猛勉強で実務をマスターしたからではない。Kは最初から、実務に熟練する努力はしないで、部下とのコミュニケーションに全力を注いだ。そうして、部下の不満や要望をきちんと聞いて、上位組織に報告した。人事的なこと、予算的なことは、きちんと部門をまもるようにファイトした。もちろん、それでいて、部下を甘やかすことはなかった。

そうして、人材流動の激しい台湾にあって、Kの部下は一人も辞めなかった。これは実は、とても大変なことである。Kがいないところで、個々の部下にKの評判を聞いたことがある。こういう場合、不満があれば、たいてい、ちゃんと不満を漏らしてくれる。しかし、どの部下も一人も不満らしい不満を言わなかった。実務をしらないのに、みたいな愚痴くらいでるかと思ったが、それもなかった。

こうして、言えることは、管理職は、実務に詳しければ、より緻密なマネジメントができるけれども、そうでなくても、きちんと部下の言うことを聞き、上位組織に対して必要に応じて部下を守るように行動すれば、それで最高に近いマネジメントができる、ということである。

Kと親しかった私は、彼が日本に来る度に、酒を飲みながら、よいマネジメントの秘訣を聞いたが、部下のためにファイトすることだよ、くらいしか言ってくれなかった。細かく説明しても仕方ないと思ったのだろう。どうも、よいマネジメントは落語のような芸であって、簡単に説明できないと諦めた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/869

コメント (2)

綾椎菜:

>部下のためにファイトすることだよ
 至言ですね!
 上司は先頭切って戦い、部下を守り、さらに鼓舞して仕事をさせなければならないと思います。
 それに、競争相手と戦って「向こう傷」を負っても、大したダメージは残りませんが、上司・同僚による「背後からの攻撃」を受けると、ダメージ極大です。

綾椎菜さん

> それに、競争相手と戦って「向こう傷」を負っても、大したダメージは残りませんが、上司・同僚による「背後からの攻撃」を受けると、ダメージ極大です。

いろいろ、いままで苦労されてきたことが、言葉の節々から分かります。

About

2008年7月16日 12:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TSRのプログラムの例」です。

次の投稿は「男性脳と女性脳」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。