« 実務と管理職 | メイン | 知恵熱 »

男性脳と女性脳

もう限りなく議論されたことだが、いくら男女の能力の差はないといっても、また、男女雇用均等法があっても、科学、囲碁、将棋の分野で、女性の実績が男性のそれに及ばないことは明らかである。

それを、男女の社会進出の差に帰する人もいて、確かに、そういう面はあるだろう。しかし、私は、どうしても、男性脳と女性脳の違いということを考えてしまう。

それで、さっきふと思ったのが、コンピュータで言うなら、男性脳は、リアルタイムOSであり、女性脳は、WindowsやLinuxのような普通のOSであるのだはないか、ということである。

リアルタイムOSはどういうシステムに使われるかというと、典型的には、ミサイルの組み込みシステムである。すなわち、ミサイルの組み込みシステムは、高速で動く目標物の位置の変化を刻々と捉えて計算しなおし、瞬時に軌道修正しなくてはならない。すなわち、その計算処理に特化するので、マルチタスクだの、仮想記憶のページフォールトだの、悠長なことは言っていられない。

では、普段の仕事に、リアルタイムOSが使えるか、というと、例えば、表計算ソフト等の計算は最高速でやってくれるが、GUIは乏しいし、タスク切り替えは手動でしなくてはならないなど、とても日常業務に使えたものではない。ここはどうしても、WindowsやLinuxのような普通のOSでなくてはならない。

すなわち、リアルタイムOSである男性脳は、特化されたジョブを追及するのに向いており、一方、普通のOSである女性脳は、家事のような、あるいは秘書業務のような、全般に注意を払う必要がある業務に向く。

これは、あまりにも俗な言い方であるが、男性は狩猟のため、特化されたジョブを追及するようになったのであり、女性は家事全般のため、全般に注意を払う能力になったということであろうか。

私は逆であると思う。すなわち、もともと男性脳は、特化されたジョブを追及することしか向かないのである。

OSでも、WindowsやLinuxのような普通のOSの方が、リアルタイムOSよりも、はるかに機能がリッチである。聞くところによると、普通のOSを、リアルタイムOSに作り変える試みがあるそうだが、それはまさに、機能を削ぎ落とすような作業であるという。

すると、普通のOSである女性脳は、リアルタイムOSの男性脳よりも実は機能が豊富であり、優れている、という見方もできる。しかし、その豊富な機能を調整するためのコストがかかり、却って、囲碁や将棋などの単能を追うには不向き、ということになる。

これは1つの説明になっていると思うのだが、いかがであろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/870

About

2008年7月17日 07:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「実務と管理職」です。

次の投稿は「知恵熱」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。