« 男性脳と女性脳 | メイン | 中国人の芥川賞 »

知恵熱

小さい子供はよく熱を出し、それは知恵熱と呼ばれたりする。すなわち、子供というものは、熱を出したり病気になったりしながら、免疫力もつけつつ、成長していく。しかし、知恵熱は子供だけではなく、大人にもある。

私の主要な趣味は将棋であるが、高校の頃は、アマチュア1級程度しかなかった。しかし、田舎の高校だったので、私が学年で一番強かった。

で、大学に入ったからなんとなく、将棋部に入った。ところがである。そこには鬼のような人が沢山いた。すなわち、アマチュア四段くらいある人が何人もいて、しかも一様に容赦してくれないのである。

そんなアマチュア1級の私が、アマチュア四段くらいの先輩に歯が立つ訳がない。果たして、20連敗はした。そこで連敗が一旦止まったのは、私が熱が出て、三日くらい寝込んでしまったからである。ああ、それが知恵熱なのだ、と朦朧とした頭でそう思った。

知恵熱が直って、再び将棋部の部室に顔を出したが、もちろん、そんな簡単に勝てる訳ではない。しかし、負けつつ必死で定跡などを勉強していると、1年くらいたって、アマチュア四段の先輩にも、ときどき勝てるようになった。

一方で、最近、自宅のパソコンに、Windows XPのSP3を導入した。SP2のときのような物議をかもすような大アップデートではなく、単なるセキュリティ強化だけだと聞いた。しかし、SP3をあてるのに時間が50分もかかり、その間、何もできない。それだけではなく、例えば、もしSP3をあてている間に、ノートパソコンのバッテリがなくなるなどのトラブルが生じると、サービスパックをあてている最中のPCは、とても微妙な状況なので、パソコンが二度と立ち上がらないなどの壊滅的な状態になってしまうことになる。

それで私は、サービスパックやセキュリティパッチをあてる状態は、人間でいう知恵熱ではないのか、と類推してみた。

さらにこれを進めて、次のような仮説をたててみた。
1.人間は、とても困った状況や、いろいろ学習しなくてはいけない状況に陥ると、知恵熱状態になる。これは本当に熱が出る場合もあるし、なんとなく、呆然としていることが多い状態になることもある。そのとき実は、脳に、サービスパックやセキュリティパッチが当てられつつあるのである。そんなサービスパックやセキュリティパッチは、どこから来るのか。脳は、少なくとも、ネットワークには接続されていない。もしかして、ある種のサービスパックやセキュリティパッチは、もともと、脳に内在しているのかもしれない。あるいは、どこからとなく送られてくるのかもしれない。ウィルスには、DNAが含まれているから、ウィルス感染のかたちをとるのかもしれない。サービスパックやセキュリティパッチが成功裡にあてられて、知恵熱が終わると、脳は何らかの進歩を遂げる。
2.そこで、そういうようにサービスパックやセキュリティパッチが当てられつつある状態では、脳はとても不安定である。そのタイミングで、強いストレスや外圧がくると、普段だとなんでもないことが、壊滅的に効いてくることがある。世の中の多くの事件や事故のうち、このような不安定な脳によって引き起こされたものがあるのではないか、という仮説を立ててみたが、どうだろうか。要するに、脳にサービスパックやセキュリティパッチが当てられつつある状態では、そっとしておこう、という対応を提案する次第である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/871

About

2008年7月18日 15:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「男性脳と女性脳」です。

次の投稿は「中国人の芥川賞」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。