« 大前研一流の英語 | メイン | コスモロジー »

サイイド・クトゥプ

「テロと救済の原理主義」小川忠、新潮選書を読んでいたら、イスラム原理主義のカリスマとしての、サイイド・クトゥプのことが書かれていた。イスラム圏では有名らしいが、私は聞いたことがないので、自分のメモとして書いてみる。

サイイド・クトゥプは、1906年に、エジプトで生まれた。子供の頃から大変な秀才の誉れ高く、10歳の頃には、コーランを全て暗記した、という。

やがて、ダール・アル・ウルーム師範学校に進学するが、西洋への憧れがあったのだろう、このときはむしろ、英文学に熱中した。そして、卒業後は、文芸評論家として出発した。個人主義、リベラリズム、近代主義を奉じ、自由恋愛みたいな小説も書いたりした。

やがて、その才能を買われ、エジプト文部省にスカウトされた。しかし、イギリス植民地下の政府は腐敗がひどく、サイイド・クトゥプの政府批判の舌鋒は鋭かった。

そうして、サイイド・クトゥプは、文部官僚を辞職しようとしたが、政府は、慰留のため、サイイドを米国留学に遣った。そうして、サイイドは、米国内で、ワシントン、コロラド、カリフォルニアなどの教員養成大学で学び、修士の学位も取ったりした。

もともと西洋文化に憧れていたサイイドにとって、米国は夢のようなところだったのだろうか。ところが、皮肉にも、米国にあって、サイイドは、米国文化に対する批判の感情を強くするのである。

特に、サイイドが嫌悪したのは、下記の三点である:
- 物質主義
- 人種差別
- 性の乱れ

コーランの教えによれば、物質的なものにしか関心が及ばない世界を無明の闇(ジャーヒリーヤ)と断罪するが、まさに、米国は、ジャーヒリーヤなどであった。

サイイドは、一見、アメリカ社会において、人々は足繁く教会に通い、信仰に篤いようであるが、実は、教会は単なる社交の場であって、そこには信仰はない、と断じた。西洋において、宗教は実社会から孤立し、実社会から乖離している、と見た。

こうして、西洋文化批判を通じて、西洋に対するイスラムの重要性を感じたのである。そして、エジプトに帰国すると、文部省を去り、ムスリム同胞団に加わった。そして、イスラム原理に基づく社会の構築を目指すムスリム同胞団の創設者、ハサン・アル・バンナーの著書を読み耽るようになった。

ムスリム同胞団は、ナセルと友好関係にあったが、ナセルは、一旦政権を握ると、政教分離の方針を進め、イスラム原理に基づくムスリム同胞団が邪魔になった。こうして、熾烈な弾圧が、ムスリム同胞団に加えられていく。サイイド・クトゥプも投獄され、15年の強制労働を課せられた。むしろ青白いインテリであったサイイドには、これはこたえた。

サイイド・クトゥプが、獄中で書いた「コーランの蔭で」や「道標」などの著書が、その後のアル・カイーダやオサマ・ビン・ラディンなどの思想的根拠になっていった。

サイイド・クトゥプは、1964年に一旦釈放されるが、結局、ナセル大統領によって処刑されてしまう。国家転覆を図る原理主義者たちに圧倒的に支持されるサイイドは、生かしておくには、あまりに危険だったのである。

オサマ・ビン・ラディンは、サイイド・クトゥプと直接の接触はないが、アブドウルアジーズ国王大学で学んだときに、サイイド・クトゥプの弟、ムハンマド・クトゥプから、クトゥプ主義というべきものの教えを受けた。アル・カイーダのNo.2、アイマン・ザワヒリも、クトゥプ主義の影響を受けた者の一人だという。

では、クトゥプ主義とは、どのようなものか。それは、コーランに従い、唯一神への帰依を説く。

「道標」には、次のような一節がある。「イスラームが攻撃するのは、人間を抑圧する組織や伝統であり、人間性を歪め、自由を侵害するその影響から人間を解放するためにイスラームは攻撃をしかけるのである。」(上記著書の小川忠氏の訳による)。

これが、テロ(ジハード)の1つの根拠なのだろうか。

また、「神の主権」を樹立するために、人が人を支配する体制を覆すための闘争(ジハード)も正当化しようとする。

サイイド・クトゥプの主張の1つに、イスラム社会は、道徳において、西欧社会に優位性を示さなくてはならない、というものがある。そこでいう道徳とは、男女関係であり、サイイドは、女性がきちんと家庭を守るべきことを説く。

また、物質中心主義も、無神論である共産主義も、サイイドは、ジャーヒリーヤとして忌避する。
さらには、ヒンズー教信仰のインドや、神道の日本をも、サイイドは、ジャーヒリーヤとする。

ただ、まさにサイイドの目にジャーヒリーヤと映じていた世界にいる者として、クトゥプ主義は、どう折り合いをつけるのか、と心配になる。肉体をもちこの物質世界に生きる以上、相当程度、仕方がないのではないか。

そう思って、お茶を飲んでいたら、「多くの場合、物質的に生きていくよりあるまい。しかし、物質か精神か、と択一的である局面が出てくる。どちらを選んでも生きていける。そういうとき、精神を選ぶということなのだ。」のような考えが浮かんだ。クトゥプ主義とは、そんな穏当なものなのか、と思いつつ、今は理解が追いつかないので、ここで一旦休止する。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/874

About

2008年7月19日 16:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大前研一流の英語」です。

次の投稿は「コスモロジー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。