« サイイド・クトゥプ | メイン | メタタグ »

コスモロジー

とりあえず出典が明らかにできないのだが、私の好きな言葉の一つに、アルフレッド・ホワイトヘッドの「全ての思想は、コスモロジーである」というものがある。それは、彼の主著"Process and Reality"の流れを汲み、いかにも彼らしい言葉といえよう。"Process and Reality"には、「西洋の全ての哲学はプラトン哲学への脚注に過ぎない」という言葉もあり、コスモロジーという言葉も、プラトニズムの発露である、と考えることができる。

この稿の主題は、ホワイトヘッドではない。友人から「ヨブ記」を紹介されたのをきっかけに(まだそれは読んでいないのだが)手元にあった聖書学者の関根正雄氏の著書を眺めていたら、その最初の方で、「霊の問題」という章があり、聖書には当たり前のこの主題が、通常は、意外に等閑に付されているのではないかと思った次第である。関根氏は、心理学者の河合隼雄やハイゼンベルグの例を引きながら、「聖書の事態はもっと霊的、非合理的であり、現代も合理的に片付けられないさし迫った問題を抱えているのではないか。」と述べる。非合理的といえば、一昨日、女子中学生が、就寝中の父親を刺殺する、という事件があった。特に目立った諍いはなかったという。ともあれ、霊の問題は、目くるめく多様であり深いが、宗教がその1つの入り口であることは、疑いのないところである。

別のトピックとして、米国のエリア51やUFOの事件で報道されるような、宇宙人の問題。これの序でにいうなら、UFOの動力機構の議論。

さらに別のトピックとして、宇宙人とは別の、ダークマター、平行宇宙などの宇宙論の話。

すなわち、私の理解では、コスモロジーとは、現代の全ての理論・問題に、霊のことと、宇宙人を含む宇宙のことを織り込んだ、壮大な体系がコスモロジーなのである。

なぜ殊更に霊と宇宙人が、というと、これらが現代では、あまりにも胡散臭いものとして敬遠されており、このようなことを書いた途端、まともな論文とはみなされないほどであるからである。

一方で、論語に例えば、「直きを挙げて諸れを枉れるに錯けば則ち民服す。枉れるを挙げて諸れを直きに錯けば則ち民服せず。」というのを読むと、ううん確かにそうだ、と感じ入ることも大である。そして、これもまた、コスモロジーなのだ、と。

こうして聖と俗をいっぱい詰め込んで、コスモロジーを拡げておく、これは、到底ホワイトヘッドの意図には沿っていないのだろうが、私の見果てぬ夢なのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/875

About

2008年7月20日 11:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「サイイド・クトゥプ」です。

次の投稿は「メタタグ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。