« イスラエル護摩供 | メイン | 私大定員割れ »

知的職人

今日会社で、外部特許サーチ会社の担当の人と面談した。それで思いついた言葉が、知的職人である。誤解を避けるために注記すると、ここで「知的」は、頭がいいとか、高学歴とか、そういうことを意味しない。単に、肉体労働ではなく、精神的な労働で稼ぐ、という意味である。

なんで知的職人という言葉を思いついたのかというと、その担当の方と話ながら、ああ、この人は自分と結構同類である、無理やりその属性に名前をつけるなら、知的職人なのかも、と思ったからである。以下、その属性を列記してみる。

第1に、知的職人は、その仕事が人気があるとか、稼げるとか、格好いいとか、そういうこととは関係なく好きであり、その仕事に打ち込むことに誇りをもっている。

第2に、知的職人は、絶えず勉強している。典型的には本をよく買う。Webもよく見る。勉強は、し続けていないと意味がなくなる、と思っている。もちろん、外部の講習に通ってもよいが、知的職人は、基本的に独学的なので、一人で本を読むことがメインである。

第3に、知的職人は、目先の利益や、目先の評判をあまり気にしない。もちろん、独立して仕事をするなら、お客さんの要望にあわなくてはならないので、ある程度は評判は気にする。しかし、いつもどこかで、いい仕事をすれば、誰かには分かってもらえる。みんなに分かってもらえなくても、誰かに分かってもらえればいい、と思っている。

第4に、知的職人は、自分で工夫する。既存で100という品質のものがあって、自分で90の品質のものが作れるなら、90の自作の方を使う。なぜなら、作るためのノウハウを留保したいからである。流石に、自作が60の品質なら、既存の方を使う。

第5に、知的職人は、自分が蓄えたノウハウを他人に教えることに、出し惜しみしない。むしろ、自分が蓄えたノウハウを他人に教えることで、相手からも貴重なノウハウを聞けるかもしれないことに、少し期待する。でも、聞けなくても、特に失望しない。また、他人にノウハウを教えたからといって、簡単に他人が実施できるなんて思っていない。その点では、不遜かもしれない。

第6に、知的職人は、とても道具に拘る。大工ではないので、知的職人の道具は、本、WEbサイト、コンピュータ上のツールなどである。常によいツールを探し求めている。また、少しでも使いこなすスキルを高めようと思っている。

第7に、知的職人は、なるべく他人に依存しない方向で考える。誰かのサポートがないと廻らない、という状態を、なるべく避けようとする。

第8に、知的職人は、他の知的職人に敬意を払うことを惜しまない。

他にも、いろいろあると思うが、これで大体の特性がカバーできていると思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/895

About

2008年7月30日 12:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「イスラエル護摩供」です。

次の投稿は「私大定員割れ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。