« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月 アーカイブ

2008年8月 1日

出場辞退

Webニュースによると、夏の甲子園大会に出場が決まっている私立桐生第一高野球部の男子生徒(16)が強制わいせつ容疑で逮捕された事件で、同校は日本高校野球連盟と協議後の31日夜、高橋昇校長が記者会見し「大会には参加させてもらえればありがたい」と出場辞退はしない意向を示したという。

出場辞退はしないという理由は、「1人の生徒の責任は非常に重いが、他の部員に責任を負わせるのは忍びがたい。選手たちは3年間、練習に励み、昼も夜もなく頑張ってきた」というが、今までの高野連の「判例」では、普通の暴力事件でも、甲子園大会出場校は、出場停止に追い込まれてきた。最近では、2年前の夏の、高知の明徳義塾の出場停止が記憶に新しい。折角夏の予選を勝ち抜き、しかも優勝候補の一角であっだけに、ナインの悔しさはひとしおであったが、しかし、決まり(判例)だから仕方ないと涙を飲んだ。

しかし、刑法などをみても、強制わいせつ容疑というのは、暴力よりも、卑劣度が高いのではないだろうか。しかも、甲子園に出るような高校で、「選手たちは3年間、練習に励み、昼も夜もなく頑張ってきた」に該当しないようなところがあるだろうか。

よって、今までの判例を重んじるなら、桐生第一は、辞退するのが相当であり、地区準優勝校に代表を譲るべきである。

私は以前、一人の部員の不祥事で、全部員が、出場停止などの責めを負うは、やりすぎではないか、という意見であった。しかし、野球部は、よく考えると、札付きのワルがその持て余す力をぶつけて発散させ、更生して真面目にやっていく、という意味で、とても教育的な場である。ミーハーと笑われてもいい、先日、Rookiesというテレビ・ドラマを見ていて、そう思った。

そういう状況に鑑みると、高校野球部に所属する部員は、多少の喧嘩くらいはともかく、少なくとも、わいせつ行為を避ける程度の自制心はもつべきであろう。そうでないなら、運動部に属さず、ナンパに励むべきである(あ、別に励まなくていい)。

もし高野連が、今回、桐生第一を免赦するとしたら、今まで辞退に追い込まれた明徳義塾などから説明を求められたらどう説明するのだろう。まさか、北京オリンピックの予定が迫っており、前倒しで甲子園大会を進めなくてはいけないので、スムースに進めるために、代表チームの入れ替えはしない、などと「本音」を言いたいけど、隠して、適当に言い繕うのか。それこそ、フェアプレーの精神に悖らないか、高野連。

朝日新聞のホームページ上ての追加情報では、「日本高校野球連盟は1日、全国理事会で審議し、同校の出場を認めることを決めた。 」だという。ううん、特に理由は示さないようである。きちんと説明できないのだと思う。

2008年8月 2日

遠い島ガダルカナル

太平洋戦史に興味を抱き、しかしあまり知識のない私にとって、「ガダルカナル」は、悲惨の代名詞である。兵力逐次投入の愚、兵站の破綻による多数の餓死者、米軍軍備の過小評価などを概念的に知っている程度であった。しかし、半藤一利「遠い島ガダルカナル」PHP研究所を読むと、必ずしもそう単純に言い切れるものではないのかもと、感じた。以下、自分なりの要約。

1942年、帝国海軍は、ミッドウェーの手痛い敗戦から立ち直れないでいた。しかし、その正確な報告は、軍の極く首脳内に留められ、陸軍首脳に対してさえ秘匿された。

こうして海軍は、捲土重来を図る必要があり、そこで、ソロモン諸島に目がつけられた。南東太平洋地域にはもともと、ラバウルに、飛行基地があった。しかし、それでは、東西に延びるソロモン諸島をカバーすることは、到底できない。なにしろ、ソロモン諸島は、東京から下関に至るくらいの距離がある。そこで、飛行基地の候補として目を付けられたのが、ガダルカナル島であった。

そこで、1942年6月頃から、海軍は、ガダルカナル島に兵を送り、滑走路の建設を始めた。

ところが、運悪く、アメリカ艦隊司令長官のキング大将が、ガダルカナル島に日本軍が滑走路の建設を始めたということに気づき、そのことに猛烈な懸念を示したのである。早くも、1942年7月のことであった。そうして、早くも、ガダルカナル島に対する偵察と、若干の爆撃を開始する。

これを受けて、帝国海軍は、憂慮したかというと、あれは単に偵察程度で、米軍は、ガダルカナル島攻略の意思などない、と根拠もなく、なぜか楽観的であった。この根拠のない楽観は、後にもずっと続き、結局は、悲惨な結果を増幅させることになった。

ところが米軍は米軍で、日本軍の見えない影に怯えている。折角、上陸指揮官のターナー少将が上陸計画を説明しようとしても、総指揮官フレッチャー中将は、虎の子の空母その他を、ガダルカナル島ごときに長く割り当てることはできないと渋る。しかし、戦闘を通じて、帝国海軍の恐さを骨の髄から知り抜いているターナー少将は、なんとか、少しでも長い時間割り当ててもらえるよう懇願した。

それで、ともかく、米国海軍の艦隊が、ガダルカナル島に向かった。運悪く、その一行は、帝国海軍に知られてしまうのだが、まさかガダルカナル島に向かっているとは、想像だにしなかった。結局、ガダルカナル島守備隊は、あっさり玉砕してしまう。このことは、柱島にある連合艦隊司令部の知るところとなり、激震が走った。ここからがいよいよ、ガダルカナル島とソロモン海を舞台にした、日本軍と米軍の熾烈な闘いの始まりとなる。

そこで、帝国海軍は、三川長官率いる艦隊を組み、ガダルカナル島に向かう。それは、第一次ソロモン海戦と呼ばれる。それは、望外とも言える大戦果で、米軍は1200名以上の戦死者を出したのに、日本軍側はわずか35名であった。ただ、決定的にまずかったのは、一歩踏み込んで、相手の輸送船団を追撃しなかったことである。そのため、多くの物資・機材を米軍は陸揚げし、ガダルカナル島の速やかな装備回復となった。よりまずかったのは、この勝利で、日本軍側はすっかり舞い上がり、相手を甘くみてしまったことである。

そのことは早速、その後の上陸作戦に反映される。すなわち、米軍が数千の将兵と、戦車、重火器を備えているのに、相手の戦力をあまりにも過少評価し、わずか700人の一木支隊をガダルカナル島に送り、その勢力で一夜にして飛行場を占拠できると踏んだことである。果たして、鎧袖一触、一木支隊はほぼ全滅の憂き目をみた。

その後も華々しい戦艦による艦砲射撃などを駆使して、ガダルカナル島に米軍には手痛い被害が何度も与えられたが、物資に勝る米軍は、兵や物資を補給し、たちまち体制を立て直した。すなわち、制空権を米軍に握られたままなので、日本軍は、速度の遅い輸送船団を送ることができない。よって、苦肉の策であるが、高速の駆逐艦を使って、兵隊や物資をピストン輸送する、という策をとった。それを、米軍は、「東京急行」と揶揄した。

こうして、日本軍は兵を立て直して、飛行場奪回を図るのであるが、現地や航空写真などに基づく客観的なデータに司令部が注意を払わず、楽観的あるいは場合により狂気とも言える愚作がとられ、深いジャングルやマラリアなどにも苦しめられ、兵隊たちは犬死していくのだった。特に、物資や食料の不足は覆いがたく、2万人程度の戦死者の半数以上を病死と餓死が占めた。

このような現状に鑑みて、司令部は、耐えがたきを耐え、ガダルカナル島転進の命令を、泣く泣く下した。それは、1943年2月のことで、10652人の兵を、米軍の攻撃をかわして、よく撤収した。ここで特筆すべきなのは、第八艦隊特信班の「偽電作戦」というファインプレーである。すなわち、特信班は、ガダルカナル島を定時に飛び立つカタリーナ哨戒機のコース、時間、基地との連絡方法、通信員の配置当番表などを徹底的に調査し、撤退作戦のその日に、カタリーナ哨戒機の担当通信員を装って、「日本の大機動部隊を発見せり」の緊急電報を打ち込んだのだという。この情報に気をとられ、ガダルカナル島の米軍司令部は、日本軍の救助船たる水雷戦隊には全く気を留めなかったという。これがなければ、救助船たる水雷戦隊が米軍に発見され、ガダルカナル島救助作戦は、壊滅的打撃をうけたかもしれない。ちょっとした工夫が、運命を変えることがあるようである。

ディジタル加速器

雑誌「発明」の8月号をみていたら、高エネルギー加速器研究機構の高山健氏他が発明した、ディジタル加速器は、とても画期的な加速器で、今年度の全国発明表表において、21世紀発明賞を得たという。

まず、私のブログのこちらの記事に、粒子加速器の歴史について、簡単にまとめたので、そちらも参照されたい。

高山氏曰く、円形加速器として、シンクロトロンで一応の完成に達したと思われていたところ、ディジタル加速器は、シンクロトロンから60年ぶりの画期的な粒子加速器の方式なのだという。

先ず、従来技術のシンクロトロンは、粒子の加速に用いる部分が直線でなく円形であるため、加速時間を長く保持できることにある、という。これにより、粒子に高いエネルギを付与することができる。しかし、従来タイプの高周波電場を用いた円形加速器では、加速に用いる高周波電圧の発生と、高周波を励起する加速空洞の限界から、加速できるイオン種や入射エネルギに制約があった。

そこで、ディジタル加速器は、トランスで発生させるパルス電圧を用いる。すなわち、検出器で、粒子の周回信号を検出し、その周回信号をディジタル処理する。そのディジタル信号をもとに、パルス電圧を発生させる。

このようなディジタル方式の利点は、周回周波数のバンド幅の制限を原理的に取っ払ったことにある。これによって、フラーレン、インシュリンなどの巨大分子のイオン(クラスターイオンと呼ばれる)を含む、あらゆるイオンの反復加速が可能となった。

ディジタル加速器は、物理実験だけではなく、癌治療、新機能性材料創出など、いろいろな応用分野がある。

なお、ディジタル加速器は、当然ながら特許も出願されていて、特許第3896420号である。特許電子図書館などで見ることができる。

アフガニスタンを救う方法

数週間前のTIMEに、アフガニスタンを救う方法という記事があった。少しだけユニークなような、やっぱり当たり前のような内容であるが、メモしてみる。著者のRory Stewartは、カブールに住み、現在は、ハーバード大学の教授である。

先ず、アフガニスタンの国民は、今とても悲観的になっている。米軍が投入された直後の2002年には安全に通れた場所も、今では、治安が悪化して通れなくなっているところがある。

自爆テロや、タリバンによる攻撃がはびこっている。これらは、公然の秘密であるが、パキスタンによって支援されている。

世界のアヘンの92%が、アフガニスタンで生産されている。麻薬中毒も増えている。まるでアフガニスタンは無法地帯である。

西欧諸国は、軍隊を派兵して治安維持をはかろうとする。しかし、それはうまくいかない。アフガニスタン国民は本質的に、外国軍隊を忌避する。本能的に、排除しようとする。力でねじ伏せようとすればするほど、反発する。ソ連の侵攻が失敗したのがいい例である。

今必要なのは、インフラの整備である。電気、水道、教育、そして何よりも政府の信頼感。これらの全てが決定的に不足している。

公務員は、ほとんど教育を受けていない。スキルもない。
学校の教師の実は1/4は、字を知らない。
汚職はあたりにはびこっている。

もし、テロリズムの温床という意味では、パキスタンをより重視すべきである。
地域の政治安定性をというなら、エジプトやイランにより注目すべきである。
貧困なら、アフリカの方がより危機的である。

そして、西欧から派遣されて来る人にとって重要なのは、アフガニスタンの政治や経済に介入しないことである。なんとしても、アフガニスタンの人達の自立性を涵養しなくてはならない。

また、西欧からの軍隊は、暴徒鎮圧にフォーカスすべきでない。たしかに、アルカイーダのようなテロリストのキャンプは撲滅すべきだが、タリバンと衝突すべきでない。

さらに、西欧からやってくる人々で、アフガニスタンの国を建て直そうとしてはいけない。建て直しは、他でもない、アフガニスタンの民の責任であり、仕事である。

というような趣旨で、なかなか難しいのだが、外国人は、インフラ整備にとどめるべき、ということなのだろう。

さて、マケインもオバマも、治安が悪化しているアフガニスタンには、もっと関与が必要である、という意見である。上記のRory Stewartのような意見も聞いてはいるだろう。しかし、上記の方法は、あまりに時間がかかり、効果が期待しにくい。オバマの意見は、イラクである程度見切りをつけて、アフガニスタンにシフトする、というものである。理由は、テロリストの温床が、イラクではなく、アフガニスタンとパキスタンにある、という理由による。

2008年8月 3日

弱さの象徴

新聞を見ていたら、スポーツの弱さということが話題になっていて、そこで、ある米国人が、Washington Nationalsみたいだ、という言い方をしていた。なんでも、米大リーグでは、Washington DCに本拠地をおくWashington Nationalsが、その弱さで有名ということで、実際、今年の現時点の成績は、ナショナル・リーグ東地区で、39勝70敗、勝率0.358で最下位である。

日本のセリーグではどうかというと、最下位の横浜は、24勝55敗、勝率0.304ということで、瞬間最大風速では、Washington Nationals以下である。では、横浜が弱さの象徴かというと、そうでもない。理由は、去年のセリーグの最下位は広島で、58勝81敗、勝率0.417、一昨年は横浜で、58勝84敗、勝率0.408。こうして最下位が入れ替わっているので、広島も横浜も、決定的な弱さの象徴になっていない。確かに、一時は広島がそうであり、もっと前、星野監督が来る前の阪神もそうであったような気がするが。

パリーグはどうか、というと、長らく、弱さの象徴は楽天であった。これは、実績からしてほとんど異論のないところであった。確かに、2006年のパリーグの最下位は楽天で、47勝85敗、勝率0.356.これは十分に、Washington Nationalsに匹敵する。ところが、2007年はオリックスが最下位で、62勝77敗、勝率0.446。今年も楽天は、最下位になりそうもない。マー君の加入と、野村監督の采配が大きいのか。

そこいくと、Washington Nationalsは、毎年コンスタントに3割台の勝率らしい。うまくいえないが、ホワイトハウスのお膝元のチームWashington Nationalsがそういう弱さの象徴になっているのは、みんなの負債を抱え込んであげる、という寧ろ思いやりの象徴のような気がする。

会社組織でも、弱さの象徴のような人材は昔からいた。なんとなく会社での評価から超然としていて、周囲の人も、そういう人の存在がある種救いであった。ところが、成果主義の下では、そういう駄目社員は、人件費の無駄でリストラされるべき、ということになる。ところが、本当に弱さの象徴のような人がリストラされてみると、人々は、すっかり会社にゆとりがなくなっていることに気づくのである。

分かりやすくというと、弱さの象徴のような人がいなくなって、ちょっと気を許すと、低い評価を付けられてしまう。すると、成果として見えることしかしなくなる。それでもっとまずいことは、成果主義といいつつ、評価し続けることはコストなので、組織は、評価の埒外のエリートを作ってしまう。すると、人間とは弱いもので、評価の埒外に置かれた人は、次第に堕落する。成果主義が導入される前は、評価の埒外の人とはすなわち、弱さの象徴であった。それはみんな、まあ許すのである。ところが、評価の埒外がエリートとなると、みんな心穏やかではなくなる。こうして、モラールが次第に壊れていく。

そう考えると、Washington Nationalsが実は愛すべき存在であることが分かるだろう。えっ、論理的な説明になっていないって? やっぱり分かってもらえないか・・・

SIMILARプロセス

Tim Weilkiens, "Systems Engineering with SysML/UML", Margan Kaufmann OMG Press, 2006を読んでいたら、SIMILARプロセスの紹介があった。世間では常識なのかもしれないが、私は聞いたことがなかったので、メモしてみる。

SIMILARプロセスは、次のような段階からなる:
- State the problem
- Investigate alternatives
- Model system
- Integrate
- Launch the system
- Assess performance
- Re-evaluate

まず、State the problemであるが、プロジェクトのとっかかりでは、関連するタスクの記述が必要である。タスクは、システムが何を実行し、なんの要求を満たすべきかを記述する。要求モデルは、解決策を記述しない。むしろ、記述ない方がいいのである。というのは、解決策を記述すると、却って別の解決策が見えなくなってしまう。

Investigate alternativesは、代替案を検討することである。不幸にも、このステップは、しばしば、無視される。複数の代替案を出して、そこから比較検討する、というステップは重要である。

Model systemは、選択した解決のモデルを詰めていくことである。モデルは、システム工学の観点からというと、システム・デザインを記述するために使用されるだけでなく、システムの全体の寿命を管理する役割も果たす。

Integrateは、システムを環境に配備することである。どんなシステムも、孤立して動作する訳ではなく、環境と相互作用する。このシステムにより、システムは統合される。そこには、システム・インターフェースの定義も含まれる。

Launch the systemにおいて、記述されたデザイン・モデルに従い、システムが作成され、動作するようにされる。

Assess performanceで、システムが動作準備完了になると、テストされ測定される。

Re-evaluateでは、全ての活動がランク付けされる。この結果は検証され、評価される。

また、SIMILARプロセスの一部ではないが、Risk managementというのも、重要なステップである。

という、かなり上位概念的な(ハイレベルというと誤解を招くのでこういう)話であるが、無駄話でもないと思った次第。

2008年8月 4日

病気をもつ細胞のiPS細胞

Webニュースによると、米のハーバード大、コロンビア大の研究チームが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の皮膚細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作成し、これを分化させて運動神経細胞を作ることに成功した、という。

すなわち、ハーバード大のケビン・エガン准教授らは82歳の女性患者から皮膚細胞を採取し、iPS細胞を開発した京都大チームと同じ方法でiPS細胞を作成し、さらに、ES細胞で開発された手法を用い、iPS細胞から神経細胞を作ったという。この細胞は患者と同じ遺伝子型を持つ、というが、それでああっ、と思ったのは、私は、iPS細胞とはつい、遺伝子的にも無色透明のような細胞を想定していた。少なくとも、万能細胞ということで、もとの遺伝子の欠陥をロンダリングされた、完全な細胞であるかのように錯覚していた。

結局、iPS細胞といいつつも、もとの細胞の遺伝子を引きづくのであれば、それから作った臓器も遺伝的欠陥を引き継ぐことになり、あまりめでたい話でもないのか、と思った。

ともかく、そういう遺伝的な欠陥をもつiPS細胞を使って、いろいろな部位の細胞が作れるので、病理学的な研究に役立つことは間違いない。

そして、それを受けての山中伸弥のコメントが戴けない。すなわち、「今回の研究は、実際に難病患者からiPS細胞を作成できることを、示した初めての成果。我々も同様の研究を進めているが、後れを取っている。」と、はっきり後れを認めている。こういう分かりやすい形で負けているというのは、実は、米国の大学にかなり差をつけられ、周辺特許も抑えられているのではないか、と懸念する。

特許といえば、不思議なのは、山中伸弥のiPS細胞に関する基本特許の公開がまだ、日本の特許データベースにも、WIPOのデータベースにも現れてこないことである。すなわち、山中伸弥が最初にiPS細胞に関する研究を米国の雑誌に発表したのが、2006年8月25日だから、当然に、それ以前に、特許出願は終わっているはず。すると、そこから18ヶ月はとっくに過ぎているので、少なくとも、どこかの国で公開になっていなくはおかしいはずである。特許出願していないか(まさか)、あるいは公開を遅らせる手を取っているか。少なくとも、日本では特許公開を遅らせる手はないはずだが。

人間の寿命

人間の子供をみていると、大体が無邪気で、楽しく遊ぶのが好きである。一言でいうと、肉体の発達が、精神のそれに先行している。精神が肉体に追いつくのがだいたい、青春時代と言われるころ、10代の後半から、20代前半にかけてで、つい精神が不安定になったりする。

そこまではまあ、分かるのだが、30代を過ぎて、次第に精神が円熟していくのかと思ったら、そういう人は稀である。悲しいことに、まだ30~40代で精神の発達が停滞してしまっている人を結構見かける。

そこで私は次のような仮説を立てた。
- 肉体のピークは20代かもしれない。そこを境に、次第に肉体は衰えていく。これは、絶対の自然法則であり、誰も抗うことができない。そうして、ある寿命になると、肉体は滅び、それが死である。
- 一方、精神は滅びない。不滅であり、生涯に亘って発達し続ける。

それでは、と当然の疑問が湧く。30~40代から精神が硬直化し、早い人では50代で呆け始めるのはなぜか、ということである。それを私は、精神が肉体に囚われているからだ、と判断する。すなわち、精神は自ずから一生を通じて発達し続けていくはずなのに、仏教で言う色(物欲、名誉欲、性欲など)に精神が囚われると、衰え行く肉体の言いなりになってしまう。例を挙げると、折角水泳の達人なのに、足に重石を鎖で繋がれていては、満足に水中で泳げない。ここで、水泳する体が精神で、重石が肉体のようなものである。

すなわち、この類推でいくと、仏教でいう悟りとは、精神がなるべく、肉体のくびきから自由になりなさい、ということである。そうして、精神自らの成長を求めなさい、ということになる。すなわち、悟りとは到達点でなくて、精神にとってやっと、出発点なのである。

ところで、旧約聖書の創世記を読んでいて思ったのが、人間が当初、やたら長生きなのである。例えば、ノアは、洪水がきたとき、600歳だった、ということになっている。ところが、創世記を読み進むと、知らないうちに人間の寿命が200歳以下になっている。それでも、120歳くらいで子供をつくったりしている。

これで思ったのが、人類は、昔は今よりずっと長生きだったのでは、ということである。それが次第に寿命が縮んだのは、次の原因ではなかろうか:
- 宇宙線の作用。昔は、今よりも、宇宙線による放射能がずっと弱かった。そういう宇宙線が、寿命を縮めている。
- 遺伝子の疲労。人類が交配し、子孫を辿っていくにつれて、遺伝子にノイズが溜まってくる。そのことが、寿命の短縮化をもたらす。

なぜこういう突拍子もない仮設があるかというと、何か昔読んだ本の受売りだが、人間の脳細胞は、もし寿命が80歳だとすると、ほとんど活用されないまま、人間は死んでしまう。逆に言うと、脳細胞のキャパシティは、数百年人間が生きるに相当するだけ用意されている、というものである。

すなわち、精神は昔の記憶で、数百年の時間的余裕があると思い込んでいるのに、生まれてたった30~40年で、がしっ、と肉体の限界にぶつかってしまう。それはまさに、物質世界にあって、物質的恩恵を一杯受けている精神なのである。前にも書いたが、精神が肉体の桎梏から逃れるのは並大抵でない。睡眠は、精神が肉体から離れて逍遥する格好の時である。あまりにその願望は強烈なので、睡眠不足が昂じると、猛烈に眠くなる。肉体に閉じ込められて苦しくて仕方がない、という精神の呻きである。

では、もし人間が数百年の寿命で肉体がじっくり成長していくならどうなるか。おそらく、精神は、より肉体にペースを合わせやすいであろう。それは静謐安寧につながりそうであるが、しかし、人間の寿命が延びる方に転じる様子はない。それで、少しでも肉体の欲望にとらわれないようにしなさい、というのが、宗教(少なくとも仏教)であろう。

2008年8月 5日

裁判員の確率

Webニュースによると、最高裁は4日、殺人や放火など裁判員裁判の対象になる事件が昨年1年間に全国で2643件あったと発表した。選挙人名簿の登録者数をもとに裁判員に選ばれる率を試算すると、有権者4911人に1人の割合となった。最も確率が高いのは大阪で、最低の秋田の4倍と出た。

年間で交通事故死する人はだいたい、7000人くらいなので、日本の人口をほぼ1億人とみて、秋田で裁判員が当たる確率が、ほぼ交通事故死する確率に匹敵する。すると、大阪で裁判員が当たる確率が交通事故死する確率のせいぜい四倍ということで、そう考えると、裁判員制度は天下の悪法であるとしても、そんなに腹は立たない。

私は、裁判員制度は是非廃止すべきと考えており、もし廃止の署名があったら、喜んでする。しかし、不幸にして裁判員が当たったらどうするか。そのときは、運命と思って粛々と従う。それが健全なる市民であろう。もし当たったら、とりあえず、刑法と刑事訴訟法の初歩くらいは勉強しておくとする。

裁判員制度が大変だ、問題だ、ということに同意する一方で、急に、ガダルカナル島で玉砕した一木支隊のことを思い出した。国家というのは、場合により、あのような超絶的に無謀なことも強いるのである。すると、まあ、裁判員制度くらいいいではないか、妥当な範囲ではないか、という考えも成り立つ。

実際、福祉国家と言いつつ、国民は、自分の利益ばかり考えている。もう少し公共の福祉に尽くす面が必要である、と思う。それがなにも裁判員でなくても、とは思うが、この程度の義務は、我慢しなくては、という見方もある。日本には、韓国のような兵役がある訳ではないので。

A級戦犯

Wikipediaによると、東京裁判で、A級戦犯として死刑判決になったのは、次のとおりである。

板垣征四郎 - 軍人、陸相(中国侵略・米国に対する平和の罪)
木村兵太郎 - 軍人、ビルマ方面軍司令官(英国に対する戦争開始の罪)
土肥原賢二 - 軍人、奉天特務機関長(中国侵略の罪)
東條英機 - 軍人、第40代内閣総理大臣(ハワイの軍港・真珠湾を不法攻撃、米国軍隊と一般人を殺害した罪)
武藤章 - 軍人、第14方面軍参謀長(一部捕虜虐待の罪)
松井石根 - 軍人、中支那方面軍司令官(捕虜及び一般人に対する国際法違反(南京大虐殺))
広田弘毅 - 文民、第32代内閣総理大臣(太平洋戦争に至る日本の侵略政策作成)

これ以外にも、A級戦犯に問われたのは、外務大臣だった松岡洋右がいるが、判決前に病死している。
私の限られた知識で、本当にA級戦犯として死刑判決を受けるに値するのかと疑問に思われるのは、広田弘毅である。というのは、私が戦史を読む限り、積極的に戦争に突き進む政策をとった広田弘毅、というのがどうも見えてこないのである。

それ以外に、どうしてここにリストされないのか、と思われる人が何人かいる。私が考える代表的三人を挙げよう。

先ず、インパール作戦を構想し、司令官として指揮した牟田口廉也中将である。誰の目からみても無理な兵站を無視した作戦で、3万人以上の戦死者を出し、なんの戦果も得られなかった。その牟田口は、東京裁判ではなく、シンガポールの法廷に呼ばれたが、皮肉にも、英軍に痛撃を与えた訳ではないという理由で放免され、結局、戦後、78歳まで寿命を全うした。

次は、辻政信である。辻政信は、太平洋戦史の随所に顔を出す名うての作戦参謀であり、血も涙もない作戦で、味方に多くの犠牲を強いた。この点で、戦犯間違いなしと思われたのだが、GHQによって、戦犯の指定を解除された。一体どんな取引があったのだろう。ともかく、どこまで行っても辻は、策士である。剰え、辻政信は、戦後参議院議員に立候補し、当選した。

第三は、黒島亀人である。山本五十六の下で参謀を務め、真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦の作戦を立てた。しかし、敗色濃くなると次第に追い込まれてバランスを失い、山本五十六が、ブーゲンビル島上空で戦死すると、特攻を計画、多くの有意の若者を死に追いやった。しかし、戦犯を免れ、地元の呉市で、寿命を全うした。

こういう人達とは逆に、刑死してほしくなかったのは、山下泰文と、本間雅晴である。山下泰文は、シンガポールを陥落させ、マレーの虎と英軍に恐れられた。しかし、その後、フィリピン戦線で、捕虜虐待の罪で、マニラで死刑になった。

本間雅晴は、フィリピン戦線で、バターン死の行進の捕虜虐待の罪で、退役していたのにわざわざ呼び出されて、マニラで死刑になった。

こういう経緯をみると、馬鹿な作戦で自軍に多大な犠牲を強いても、それは、サッカーで言えば、相手にとって自殺点のようなもので、戦後、戦犯には指定されにくい。しかし、典型的には山下泰文がそうであるように、目覚しく相手を撃破し占領したという功績があると、却って、仇とばかりに、戦後戦犯に指定されやすいようである。ここでも、人間的な、あまりにも人間的な、であった。

2008年8月 6日

教育パパ

よく知らないけど、Webニュースによると、最近、教育熱心な父親が増えている、という。例えば、最近は中学受験のための学校説明会に参加する父親も格段に増えているのだという。

確かに父親は、社会に出て働き、学歴の威力をまざまざと見せつれられたりする。ああ、俺も東大出とけば、とか、早慶だったら、と嘆息したことがあったとしても、意外ではない。しかし、一方で、学歴ばかり高くて使えない人材にもいろいろと出会ったりしているはずだから、学歴については、「まあ、高いに越したことないけど、社会に出るとそれは1つの要素であって、試験勉強で測れないスキルも必要だし、人間的な要素や運の要素も大きいので、本人の努力次第で入れるところに行けばいいではないか。」というのが、妥当なところではないだろうか。

だから、うちの子はなんとしても○○大に入れるのよ、そのためには、名門○○中に入れなければ、というのは、世間をあまり知らない母親の発想であるべきである。

しかし、なぜか最近は、「毎朝6時に長男と一緒に起床、出社前の1時間を勉強を見る時間にあてる。週3回塾が終わる午後9時、迎えに行くのは常に父の役目。」とか、「教えた分だけ成績が上がって、子どもが喜ぶ姿を見ると心底うれしい。手綱を締めたり緩めたり。さじ加減一つで結果が変わってくるので必死ですよ。」のように一喜一憂している父親がじわりじわりと増えているらしい。

そういう父親は、会社で閑職に回されて、少なくとも仕事に生きがいを見出していないのか、それとも、その父親自身が学歴エリートで、高い学歴がとても社会で功を奏した、という成功体験をもっているのかのどちらかだろうか。いずれにしても、そういう気持ちを我が子の進学に注ぐというのは、どうみても私が尊敬できるパターンではなさそうである。

実は、多くの父親にはひそかに、息子(娘であってもそうである)を鍛えて立派にしたい、自分を乗り越えてほしい、という願望がある。巨人の星症候群というか、星一徹シンドロームというか、まあ、卓袱台はひっくり返さないにしても。

しかし、大抵の場合、早々に挫折してしまう。その理由は、次のとおりである。
- 母親が仕切るので、自分の出番がない。
- どうみても、そちらの方面の興味や才能がないことが分かってしまう。例えば、野球の好きな父親だったとしても、バットとグローブを買ってきても、子供が全く興味を示してくれない。
- 自分が仕事が忙しくて、子供に教えている余裕がない。
- そんな、自分の仕事であれ趣味であれ、無理やり押し付ける、いい意味の無神経さがない。

で、大抵の父親は、奥さんに文句言われつつも放任で、横目で眺めていて、ときどき余計なことを言って非難されるくらいである。

そういいつつ、ボクシングの亀田三兄弟の父親や、囲碁の羽根本因坊の父親や、ゴルフの横峰さくらの父親をなんとなく羨ましく思いつつ、その気持ちを脇に押しやっているのが普通の父親ではないだろうか。そうでもないか。

ストリート・ビュー

今日の夕方、テレビを見ていたら、グーグルが凄いのをまた、発表しました、ストリート・ビューです、というので、えっ一体何だろうと思ってみていたら、ああこれか、と思わず、納得した。

忘れもしない去年の夏頃だから、ほぼ1年くらい前か、会社のある研究員から、あるURLを見せてもらった。そのURLを叩くと、ある米国の都市の一光景が現れるので、私は思わず、なんだ単なる景色ではないですか、とつぶやいてしまった。ところがである、景色の一部をドラッグすると、あたかも景色の中に自分がいて、歩いたり、見上げたりする操作が可能なのである。すなわち、その都度景色が切り替わる。景色の中を歩いて進むという感じである。研究員がいうには、これを作るためには、360度撮影できるカメラを積んで、町を車で進むのだそうである。そうして撮影した画像をコンピュータ処理によって貼り合わせる。これは大変手間がかかるので、あまり広い地域をウォークスルーできるようになっていない、と研究員は言った。

ともかく、それは少なくともグーグル関連のURLではなかった、どこかのアメリカの大学のURLだったかもしれない。すると、グーグルは、この技術を、その大学からライセンスしてもらったのだろうか。豊富な資金をもつグーグルならありえる、と思った。

テレビには、ストリート・ビューを作成したグーグル・ジャパンのプロジェクト・リーダがインタビューに答えていた。実際、360度撮影できるカメラを積んだ車で隈なく廻る必要があるので、大変なようである。いかにも労働集約的作業である。当然に、イメージを保存するストレージも半端ではない。そのためまだ日本では、札幌、函館、仙台、千葉、埼玉、東京、横浜、大阪、神戸くらいしかカバーしていない。しかし、なんと、東京と横浜の間に位置する我が家が、しっかりストリート・ビューの範囲で写っていたのには、感激し且つ少し複雑な気持ちになった。なにしろ、私が乗っている車のガレージも、干している洗濯物も見えるからである。時期はというと、どうも今年の春頃撮影したものらしい。

ストリート・ビューを見るのは簡単である。Googleで、street viewと打ち込んで検索すれば、一番上にヒットする。あとは、地図をズームインして、「ストリート・ビュー」に切り替えればいい。もちろん、米国の都市もカバーされている。まず、日本が出てくるので、ずうっと、右にずらすと、米国になる。ただ、米国は日本に比べてとてつもなく広いので、まだカバーされている都市はあまり多くない。ヨーロッパはというと、なぜかフランスだけである。

ところで、グーグルマップだの、ストリート・ビューを見ていると、グーグルは、自らを世界化しようとする意図がみえる。嘗ての覇者マイクロソフトは、というと、世界のどこでも、自社のOSが使われているようにしようとした。このビジョンの違いはあまりにも大きい。グーグル、スケール大きすぎ、である。こういう広がり方は有限に決まっているのであるが、どこまで行くのか、グーグル、とついつぶやくのであった。

2008年8月 7日

自動車の未来

手許に、未来予測レポート(自動車産業2009-2025)という小冊子がある。確か、日経エレクトロニクスについてきたものだと思うが、興味深いので、メモしつつコメントしてみる。

この冊子によると、自動車の未来革命には、3つの側面がある。それは、パワー革命、ICT革命、及ビジネスドメイン革命である。

パワー革命とは、内燃機関の物理エネルギーから、電気エネルギーへの転換、ということで、かなり当たり前である。二酸化炭素の問題、及び石油の高騰や枯渇の問題ということで、脱石油が少しずつ図られる。なぜ少しずつかというと、ガソリンや灯油を燃やす内燃機関の効率が、あまりに優れているからである。バイオ燃料は、却って食料事情に悪影響を与えるし、ハイブリッド車は、まだまだ庶民には高嶺の花である。よって、内燃機関から、電気エネルギーによるモーター駆動に移行するためには、バッテリの問題と、エネルギー効率の問題を解決しなくははならないが、そんなに簡単でもないのではと思われる。言い換えると、高速性と持続性である。

ICTとは、Information Communication Technologyのことなので、情報通信技術革命のことである。すなわち、現在では、車はカーナビで電波的につながっているだけだが、まずWiMAXで、車と中継局を無線で接続する。すると、現時点の車の分布が分かるので、渋滞状況、事故状況など、簡単に把握することができる。すると、車は、無線LAN接続された動くコンピュータとなる。そうなってくると、車のカーナビのスクリーンは、Web検索の画面ともなって、車が行動ターゲティング広告、ペルソナ・マーケティングなどの目標となる。ローン、保険、宣伝など、ばんばん入ってくる、ということになる。それって、ちょっとうざくないか。

ビジネスドメイン革命とは、車がメカニックスからメカトロニクス、さらにはエレクトロニクス化される、というものである。これは2つの流れがある。1つは、車を作っていた自動車メーカーが、他のメカトロニクス製品、典型的にはロボットを製造する、ということである。ホンダのアシモ、トヨタのバイオリンを弾くロボットなど、その典型である。もう一つは、車がエレクトロニクス化することによって、電機メーカーが車を作れてしまう、というものだが、これはどうか。車の操舵技術のノウハウは半端ではなく、電機メーカーやコンピュータ・メーカが簡単に対応できるものではない。これに関して、何かの会で、プリンタ・メーカの人と酒を飲んだとき、その人が、プリンタというと簡単に思われているかもしれないが、紙といっても摩擦係数の高いもの、滑りやすいもの、いろいろあって、そういうものをジャムらず紙送りしたり、粗い紙質上に高い品質で印刷するのは大変である、と言っていた。まさにそうだと思う。道路の上を走る車となると、その機械的なノウハウは、プリンタの比ではない。よって、電機メーカーやコンピュータ・メーカは、車を作るのではなく、開発支援やよりよいコントロール・システムを開発するところで、存在価値を主張するのだろう。

こうして、「かつて誰も想像できなかった新しい世界-その先には、途方もないビジネス・チャンスが」と書かれているパンフレットが、私の手にかかると、とても地味なものになってしまった。ああ、間違っても私はゲッペルスにはなれない、と思った次第。

桐生第一

Webニュースによると、野球部員による強制わいせつ事件が起きた桐生第一では、事件は選手たちにも動揺を与え、チームはこの間、外出も控えてきた。また、学校側はこの日、応援団などを除く一般生徒の応援派遣を自粛した、という。折角の甲子園なのに、一般生徒が応援に来ないとは、いかにも寂しい。なお、今日の金沢高校との試合前に、既に、青柳正志野球部長が引責辞任している。

桐生第一は、こんな状況では、まともな気合で戦える訳がない。果たして、石川県代表の金沢との対戦は、1-6の完敗であった。偏見かもしれないが、もともとの地力は、金沢よりも桐生第一の方が上だろう。少なくとも、こういうはっきりとした点差で負けるような実力ではないはずである。

さらに悪いことに、金沢との試合終了後、桐生第一の福田治男監督は、「これだけ世間を騒がせたことの責任は取らなければならない」と語り、辞任する意向を示唆した。これでは、下手に甲子園に出てきたばかりに、桐生第一は、傷を深めたことにならないか。

こうして、高野連の桐生第一の出場許可の判断も、その是非が問われる。だいたいが、繰り返すが、栄えある甲子園出場なのに、一般生徒が応援に来ないという例を聞いたことがない。これは、学校自体が、生徒自体が、強制わいせつ事件をとても憂慮していることを意味する。こんな楽しくない甲子園なんてないよね、という生徒達の声が聞こえてきそうである。

してみると、ブログで書いたように、桐生第一の高橋昇校長が記者会見し「大会には参加させてもらえればありがたい」と出場辞退はしない意向を示したということ自体が、躓きの始まり、ということになる。ここで、校長が、「事態を憂慮して、辞退するよりありません。」と表明していれば、そこで責任を負うかたちで、高野連も、辞退に同意したかもしれない。

とはいえ、事後的に第三者なので、こういうことが言えるのだろう。本当は、正しい判断は非常に微妙で、難しいところである。

2008年8月 8日

つまらない男

にしおかすみこ風に言うと、「つまらない男っていうのは、どこのどいつだぁ~、あたしだよ!」ということになる。

家内が言うには、私ほど、つまらない男はいないそうで、私もそれに反論する気はない。どうつまらないか、きちんと説明したもらった訳でもないので、自分の想像力で補いながら、書いてみる。

まず、男性的魅力に欠ける。それは仕方ない、そもそも、セックスアピールという言葉ほど、私に縁遠いものはない。

また、女性心理を全く理解していない。例えば、女性が何が好きか、どういうタイミングでどう言われたら喜ぶか、ということを、いわゆる軟派な男性ならちゃんと理解しているだろう。軟派ではなくても、理解していないことを少なくとも恥ずかしいと思うだろう。しかし、私は、そんなもんなんぼのもんじゃい、と知らん顔である。別に開き直らなくてもいいのでは、とときどき自分でも思う。

では、軟派でない、といいつつ、硬派かというとそうでもないのである。女性心理なんて興味ない、という風でも、ばりばりのやり手で、会社の社長であったり、喧嘩が強くて、エストロゲンむんむん、というなら、そういう男性に魅力を感じて、ついていく女性は結構いるようである。例えば、ITベンチャーの社長とか、ヤクザの幹部とか、びっくりするような美人の奥さんがいたりする。そういえば、あるITベンチャーの社長は、奥菜恵と結婚したけど、直ぐ分かれた。関係ないど。

さらに、服装や身なりに全く配慮しない。例えば、靴下に穴があいていても、ボタンが掛け違えていても平気である。まるっきり色のコーディネート合わない服装でも平気である。

ただ、分かってくれとは言わないけど、私にも若干の主張はあるのであって、それは、消極的な価値で示すということである。すなわち、ちゃんと金を稼ぐ、浮気しない(しないのではなく、できない、チャンスない)、浪費しない(でもないか、本はかなり買いまくっている)、暴力振るわない(単に、喧嘩弱いだけ)、暴言吐かない(単に、気が弱いだけ、その分内向している)、など。

そういうのは、結構重要だと私は勝手に思っているのだが、どれも、そうでなくなってからでないと価値が分からないものばかりである。だから、常識的には、そういうメンテナンス的努力を、もう少し、見やすい方に差し向けるべき、ということになるのだろう。

あと、決定的によくないのは、自分で自分のことをつまらないと思っていない、ということだろう。なぜよくないかというと、本とかパソコンで自分の世界を築いてしまい、自分と付き合って楽しんでいるからである。こうなってくると、内向の極地で、他人に対するサービスを決定的に欠いてしまう。

例えば、どこかに旅行するとしよう。そのとき、退屈しのぎに誰かから何かの本を貰うくらいなら、私は、真っ白なノートを数冊もらう方がいい。そこに、このブログのように適当なことを書いて、楽しく自己満足する。そこで留めておけばいいのに、他人に対しても、単に白いノートを渡して楽しんでみたら、みたいなモードでいるから、MAXつまらない男と思われてしまう。ああ、仕方ない、仕方ない。

2008年8月 9日

痴漢虚偽

Webニュースによると、大阪市営地下鉄で痴漢事件をでっち上げ、被害者に成り済ましたとして虚偽告訴などの罪に問われた無職阪田真紀子被告(31)の判決公判で、大阪地裁は8日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。樋口裕晃裁判官は「司法手続きをよこしまな方法で悪用した。平穏な生活をしていた被害者に大きな屈辱を与えた」と述べた。一方で「自首し、被害者に直接謝罪している」とした。

この事件は、ブログで、痴漢の冤罪として記した件であるが、そこではまだ、阪田真紀子被告は、被害者を装った無職女(31)としか書かれていない。

それで、よく分からないのは、阪田真紀子被告は明らかに、でっちあげ痴漢をもちかけられた従犯であるのに、主犯の蒔田文幸容疑者(24)の公判がまだないことである。おそらく、主犯であるがゆえに蒔田容疑者の公判には、検察側も証拠固めに時間をかけて、おそらく、執行猶予付きでない実刑判決を目指しているのだろう。

ところで、阪田被告が自首した、という事実に再度注目したい。この自首がないと、前にも書いたが、犯人にされかかった会社員国分和生さんは、無実を晴らすのに大変苦労したはずである。なぜなら、警察は、まず「お前やっただろう。」モードで迫ってくるからである。

だから、自首したことで地裁は、執行猶予を付けたのかもしれないが、1年くらいの懲役を課したととても妥当性を欠かないだろう。なぜなら、痴漢事件は、被害を届ける女性と、訴えられる男性とで、失うものの大きさがあまりに違いすぎるからである。すなわち、痴漢被害が事実だとしても、満員電車中でそんな大胆な痴漢行為ができる訳もなく、それが異常に不愉快だとしても、普通社会的地位まで女性は失うことにはならない。一方、訴えられる男性の方は、痴漢が冤罪と分かったとしても、その間数日勾留されるだけで、その社会的損失は計り知れない。というのは、社会に生きていくと必ず、大小なりとも敵対する人はいるのであり、そういう人が、火のないところに煙は云々とか余計なことをいって、一層名誉を失墜させる、ということがありえるからである。そんなことになるくらいなら、もし本当の痴漢だったとしても、見過ごしてしまう方がましである。そういうのが、そもそもの近代刑法の趣旨ではなかったか。

1つの折衷案として、痴漢被害を訴えてきた女性は、警察で必ず第三者の証言によりサポートを必要とする、というものである。それで、少しでも痴漢冤罪事件が減ると思うのだが、どうだろうか。

人工降雨

ニュースによると、北京オリンピック当局は、8月8日午後9時30分(日本時間午後10時30分)、入場行進で日本が入場し終わったくらいのころに、30発ほど、人工降雨用のロケット弾を発射したという。耳をつん裂くような轟音が響き、周囲には消防車も待機していたという。

人工降雨機は、スタジアムから西のコウザンという山の麓にあり、現地ではその後、10分後に小雨が確認されたという。すなわち、雨雲がオリンピック・スタジアムにやってくる前に、前もって雨を降らし、それによって、スタジアムでは雨が降らないように、との配慮であるが、そこまでするのか、と中国の、オリンピックに懸ける強い思いが感じられる。

北京の気候統計によると、8月8~24日のオリンピック開催中の平均降水確率は、36.6%だそうである。従って、この間、全く雨が降らない、ということは期待するのは難しいので、せめて開会式だけは、雨が降ってほしくなかったのだろう。

人工降雨用のロケット弾の打ち上げ拠点は21カ所で、打ち上げられたロケット弾は1104発、人工降雨剤の主要成分はヨウ化銀であった。

実は、中国では、このような試みは結構一般的のようである。例えば、湖南省の降水量が極端に少なくなっていることから、湖南省の長沙市などでは人工降雨の試みる作業が55回行われ、約2000発もの降雨剤を詰めたロケット砲弾が打ち上げられた、という。

ただ、Wikiによると、工降雨はある程度発達した雨雲がある場合に有効であり、かつ成功するもので、雲の無い所に雨雲を作って雨を降らせるのは不可能である。またその雨量も、本来の雨量を1割程度増加させるくらいで、自由に降水量を制御できるまでには至っていない、という。

そこで、降雨量や気温を制御したり、台風の進路を変えたりするという、気象工学という分野があるのかどうか、Webで少し調べてみた。すると、どうも一般的な意味の気象工学とは、降雨予測システム、落雷予測システム、気温予測システムなどであって、飛行機からの散布やロケット弾などで降雨量を変えようという試みは、組織的な工学にはなかなかなっていないと思われる。

気象を操作するための気象工学がなぜ、あまり言及されないかというと、これは実は、相当恐ろしい研究になりえるからであろう。例えば、ある地域の気温を下げようとして、太陽の光を遮るために火山灰のようなものを組織的に大気中に撒くとすると、大気系はカオスの系なので、それがどういう気象の影響になるかまったく読めない。下手なことをすると却って逆効果になりかねない。深刻な環境破壊にもつながる。

また、中国当局の降雨のためのロケット弾からも見て取れるように、気象工学のツールには常に、兵器の影がちらつく。それこそ、最強の気象工学のツールは、核兵器だ、ということになりなねない。

おそらくこういう事情から、気象の操作という意味の気象工学の研究は、とてもつつましやかに行われているのではなかろうか。だから、人類は当面、洪水、旱魃、台風など耐え忍ぶしかないのである。あ、地球温暖化のせいにしないでね、関係ないから。

2008年8月10日

南オセチア紛争

Webニュースによると、グルジアからの分離独立を求める南オセチア自治州をめぐるロシアとグルジアの軍事衝突で、南オセチア独立派政府のココイティ大統領は8日夜、グルジア軍の攻撃で住民ら1400人以上が死亡したと表明した。両国軍は州都ツヒンバリ周辺で激しい交戦に入っており、戦闘の拡大と長期化が懸念されているという。

南オセチア独立派政府にロシア軍の増派部隊が支援している、ということは、オセチア=親ロシア、と割り切って考えていいのだろうか。

また、南オセチアに隣接するロシア・北オセチア共和国の当局者は、8日深夜までに南オセチアからの避難民を乗せたバス140台が到着したと語ったという。すると、まるで旧ベトナムのように、北オセチア共和国は親ロシアで、南オセチアも本当は北オセチア共和国と統一したいと熱望しているのに、南オセチアを包含するグルジアの覇権がそれを許さない、というところか。

Wikiで見ると、初代のグルジアの大統領だったズヴィアド・ガムサフルディアは、もともと、モスクワの人権擁護家と関係を維持し、とあるので、親ロシアの気分は見て取れる。

ガムサフルディアが追放された後グルジア大統領になったシュワルナゼも、もともとソ連外務大臣を長く務めたほどであるから、親ロシアであるに違いない。

ところが、2003年11月に起きた「バラ革命」と呼ばれる無血クーデターで、約10年間にわたって大統領を務めていたシュワルナゼが放逐され、2004年1月に、2001年までシュワルナゼの下で法務大臣をつとめていたサーカシビリが大統領に就いた。

田中宇の記事によると、こうしたサーカシビリによるクーデターの背景には、アメリカによる画策があったがあったらしい。すなわち、田中宇によると、アメリカは、セルビアで成功した政府転覆の手法を、グルジアにも適用した、ということらしい。

すると、かなり分かりやすく単純化した図式としては、ロシアの支援によって、南オセチア独立派政府の独立運動が活発化した。それを、グルジア政府が弾圧し掛かった。そこで、ロシアが軍隊を派遣し、グルジア軍と対抗した、ということになる。

当然に、グルジアとロシアの確執の背後には、石油利権がある。グルジアを支援するのは米国だけではなく、イスラエルもそうだという。

ともかく、単純化した図式で分かったような気になっていても仕方ないので、少し勉強してみることにする。

編集者という病い

本好きとして、私は、新聞の本の広告を眺めるのは、ほとんど日課であるが、いつも気になっている出版社に、幻冬舎がある。この出版不況にあって、ベストセラーを続出しているようで、そこの社長の見城徹という人が書いた自伝的内容が、「編集者という病い」。下手な宗教団体ではないので、流石に、幻冬舎からの出版ではない。太田出版というところから出ている。そこで、例によって、メモとして書いてみる。

見城氏は文学青年で、大学を出たら出版業界に行きたいと、多くの出版社を受けたが、ほとんど落ちた。結局入ったのは、廣済堂出版という、比較的マイナーなところである。

そこの出版社にいて、たまたま、町でみかけた公文式のオフィスに飛び込んで、最初に作った本が、「公文式算数の秘密」。それがなんと30万部の大ベストセラーになり、当時ほとんど無名であった公文式は、これで一気にメジャーになった。まさに、日本公文教育研究会にとっては、見城氏は恩人なのであった。

こういう経験から、見城氏は、売れるコンテンツの秘訣を次のように示す:
(1) オリジナリティがあること
(2) 明解であること
(3) 極端であること
(4) 癒着があること

ここで、「癒着」というのは、公文式の場合、教室の父兄に買い取ってもらう、ということである。それによって、弾みがつけられる、と。

その後、見城氏は、廣済堂出版を辞め、角川書店に、アルバイト的に出入りする。そうして目覚しい活躍をしているときに、正社員に採用され、ついには、取締役にまで抜擢される。

しかし、1993年、角川書店の社長がコカイン疑惑で逮捕されたのをきっかけに、角川書店を辞め、1993年に、幻冬舎を設立。絶対うまくいかないから、と、ほとんどの人に反対されたという。

見城氏の「手口」は、とても人間的且つ情熱的である。それも、メジャーどころにずばりと切り込んでいく。その典型が、尾崎豊であろう。見城氏は、破滅型の天才、尾崎豊にコンタクトし、気に入られて、独占的に尾崎豊の書いたものを出版する。しかし、あまりに独善的・我侭な尾崎豊に流石についていけず、ついに縁を切る。その直後に尾崎豊が薬物中毒で亡くなる、という衝撃的な事件にも遭遇する。

ともかく、見城氏は、大物に体当たりでぶつかり、次第に信頼されていき、本を書いてもらえる、その本が売れる、という循環である。独特の感性で、書くテーマも指定する。そういう指定も、信頼関係にあればこそ、である。

こうして、尾崎豊以外にも、坂本龍一、松任谷由美、村上龍、石原慎太郎、五木寛之、夏木静子、内田康夫、重松清、銀色夏生など文学だけでなく、ミュージシャンとも多彩な交際をもち、仕事の糧とする。

見城氏が言うには、ある分野で、メジャーな人三人から信頼を得ると、あの人が書いているなら、と仕事を引き受けてくれる人が次々に出ているそうである。

その見城氏が、編集者として重んじる資質は、感性、情熱、腰の軽さ、そして劣等感。それだけでなく、成功しても、またそれをゼロにクリアして出直すことと、顰蹙を買うことを恐れないこと、薄氷を平気で踏むことだという。

その典型が、郷ひろみの離婚談を含む「ダディ」は、いきなり50万部刷ったという。出版の常識ではありえないことだという。結局増刷して、100万部を売り切ったという。

こうして、見城氏の仕事は常に闘いであり、いくら本が売れても、その深い孤独は、満たされることはない。見城氏の、幻冬舎の闘いは、いつまで続くのだろうか。

オリンピックという病い

時節柄、テレビをつけると、北京オリンピックが放映されている。それで、現地のレポーターや、日本から応援する人たちをみてふと分かったのは、この雰囲気、地球温暖化を防止するために、二酸化炭素の排出を削減しましょう、というキャンペーンと同質であることである。すなわち、思考停止で、金メダルとるように頑張れと、ひたすら応援している。

でも、考えてみてほしい、例えば、北島選手が、スピード社の水着をつけて、2位に0.01秒の差をつけて、金メダルをとったとして、それはどういう意味をもつのだろう。単に、北島選手速いですね、才能ありますね、頑張りましたね、というだけのことではないか。その結果、日本の株が上がる訳ではない。そこから、元気を、勇気をもらえたと思う人は、そう信じればいい。

しかし、もう国家レベルで考えるのは止めにしないか。日本の栄光を背負うなんて止そうよ。

国威発揚のため、ものすごいコストをかけて整備し、建設し、厳戒態勢を敷いた中国をみていると、まるで、戦時体制のようである。それこそ、特に中国にあって、金メダル獲得請負人として国家的に訓練された特殊部隊のようである。

スポーツの1つの正当化に、健全なる精神は、健全なる肉体に宿る、という言葉がある。この諺に従い、体を鍛えれば鍛えるほど、自然に、健全なる精神が涵養されてくる、とつい考えてしまいがちである。

しかし、スポーツで鍛えたとき、向上するのは、そのスポーツのドメインでの、体力と技能と忍耐力の向上であって、例えば、マラソンを完走する忍耐力は、こつこつと何日もかけて長いコンピュータ・プログラムを書く忍耐力には転用できない。

ところが、今の状況で、金メダルでもとろうものなら、英雄扱いされ、引退後も講演会だの、コーチだの、とひっばりだこになる。でも、下手したらそのことが人生の後半をおかしくしないか。

えっ、金メダルを獲るような人は、地道に努力してきた人だからみんな努力家で謙虚で、人格的にも優れているって?

そんなことないと思う。普通以上でもなく、普通以下でもない。少なくとも、その金メダルをとったスキルでできることは、後進を育成するとかいう、とてもつつましやかなことだけである。

だから、私の願いは、オリンピックが、単なる、健全なる男女のスポーツの集いになることである。一位になっても、簡単な印が配られるだけ。テレビ中継もない。折角集まったんだから、と各国の代表が、体育館みたいなところに集って、自国の文化を披露しあう。なるべく沢山知り合いを作ることを目指す。

オリンピックのようなスポーツ大会が、国家の威信なんか背負うことはないのである。では、何が国家の威信を背負うのか。それは決まっている。人道的に施策で他国民を救い、科学技術の指導し、高い倫理観で手本を示す。なにかしら哲学者や文学者を沢山輩出してもよい。そうして次にやっと、優れたアスリートが注目される。

重ねて言うが、スポーツが人類を救うことはない。それは、チェスが人類を救わないのと同じ意味である。スポーツ自身は、善でも悪でもない。将棋が善でも悪でもないのと同様である。

だから、そういう善悪的に無色なものに国家挙げて入れ込むのは、極悪非道ではないにしても、1つの病いと言ってよい。もしかしたら、一種のスケープコートかもしれない。いろいろな問題意識をそちらに逸らす。だから、オリンピックの会期中に、オセチアの問題がグルジアで起きるのは偶然ではない。この期に、世界の注意が北京に集まってる間に事を起こそうとする勢力がある、ということになる。

そうやって世界をたぶらかすためにオリンピックが利用されるなら、オリンピックは病んでいる。商業主義と結託するなら、オリンピックは病んでいる。国家主義に利用されるなら、オリンピックは病んでいる。病膏肓ではないか。

2008年8月11日

積読の対応

専門の学者や研究者、マニアはさておいて、一介のサラリーマンとしては、本はよく買う方だと自負している。なにしろ、年取って、活動的でなくなり、飲み会に行く機会も減ったので、本を買うのがほとんど唯一の道楽のようなものである。

では、よく買うから、よく読んでいるかというと、それはかなり寂しい。とりあえず買って、そのうち読もうという、積読のパターンがあまりにも多い。本棚は一応三次元的で、棚に並べる方式なので、考古学の地層のようにはなっていない。だから、昔買った本の方が、最近買った本よりも、必ずしも取り出しにくいとか、物理的にアクセスしにくい、というようになっていない。

しかし、積読の場合、心理的には地層がどうもあるようで、昔買って本棚に放置してある本を再び取り上げるのは、心理的にとても困難を感じることがある。心理的距離がとても大きい、と言ってよい。

心理的距離を縮めてくれる外因的要因の1つとしては、時事的ニュースがある。例えば、最近のように、グルジアとロシアの軍事衝突の問題が起きると、昔買っておいたロシア関係の本をまた、取り上げて読もうという気になる。

心理的距離を縮めてくれる別の要因としては、知人、友人などからの紹介がある。例えば、最近、友人と飲んだとき、旧約聖書の話をした。すると、当然ながら、新約であれ旧約であれ、聖書の知識なんてほとんどない、ということを改めて確認した。しかし、現代において、キリスト教の前提となっている聖書の知識が、根源的な教養であることも改めて確認した。そうやって自宅に帰ってみると、聖書そのものはないので、改めて買うとして、よく見ると、ユダヤ思想とか、イエスキリストのこととか、買うだけは随分買っておいたことに、今更のように気づくのである。そこで、一時的かもしれないが、こういう本が、積読のストックから開放されて、日の目をみることになる。

さらに別の、もっと非自発的な要因としては、仕事がある。今の仕事の主要な部分が、特許明細書を書くことにあてられており、また、その技術は、情報処理関係なので、知識の不足を感じるときは、まず自分の蔵書を点検して、適当なのがあれば、それを読む。それもまた、積読のストックから開放するよい機会となる。

しかし、そうやって積読のストックから開放される本はほんの一部で、多くの本は、死蔵されたままである。それでいいのか、と自問してみると、まあ別に本を読むのが仕事でもないし、死蔵の本の率を減らすことに大した意義はあるまい、と開き直っている自分がいるとは確かである。

とはいえ、空しく買うだけで読まない本が増えると、あまり気持ちのいいものではない。そこで最近の試みとして、えいやっ、と本棚を眺めて、興味があるかないかに拘わらず、本を取り出してみることにした。興味がないと言ったって、昔の恋人のようなものである、一度は惚れた仲ではごさんせんか、という訳である。全く読めなくもないでしょ、というと、建前はそうなのだが、これがかなり辛いことが分かった。

どうも、アクティブな興味のキャッシュは、少なくとも私に関する限り、あまり大きくないようである。そこで、昔の本を読もうとすると、大抵、興味のキャッシュはヒットしないので、アーカイブ・ストレージに興味を探しにいかなくてはならない。そのアーカイブ・ストレージというのが、ハードディスクではなくて、どうもテープのようなものらしく、興味のレトリーブを試みているうちに、タイムアウトしてしまう。

興味が見つかったら見つかったで、別の困難がある。その本の本質的なバリアにぶつかってしまうのである。例えば、数学の本だと、論理についていけない。計算力がおっつかない。哲学の本だと、抽象概念についていけない、などである。

こうして、積読開放プロジェクトはうまくいっていない。それどころか、未読の在庫がどんどん増えるばかりである。

2008年8月12日

金正日死亡説

今週号の週刊現代に、衝撃「金正日は死んでいる!」という記事があったので、早速買ってみた。普通、こういう記事は、どうせまたガセだよね、と思うものであるが、コメントしているのが他ならぬ、コリアウォッチャーの第一人者、早大教授の重村智計氏とあっては、俄然真実味を帯びてくる。

重村氏は、確かな筋から、「金正日総書記は、持病の糖尿病が悪化して、2003年秋に死去した。」と聞いたという。

以下、その周辺の情報:
- 2003年9月9日から10月20日まで、金正日総書記の動静が消えた。
- 上記の時期、中国の呉邦国全人代常務委員長の訪朝が無期延期となった。
- 金正日の末子、金賢氏を金正日の後継者に据えようとしていた、北朝鮮の事実上のナンバー2、張成沢氏が失脚した。
- 金正日の実妹が、パリに移住した。
- 金正日のライバルで、東欧に飛ばされている異母弟の金平日駐ポーランド大使が、突然帰国した。金正日が健在なら、ありえないと関係者は言う。
- アメリカが、2006年に偵察衛星で金正日氏を撮影し解析したところ、身長が、もともとよりも2.5cmも高かった。また、日本のテレビ局が、1983年に録音した金正日氏の肉声と、2002年の日朝首脳会談の金正日氏の肉声とを比較したところ、声紋鑑定によって、別人である、という結論が出た。これは、今の金正日が、影武者あるいはダミーであることを推察させる。

実際、関係者によると、金正日のダミーは、四人いる、という。スターリンであれ、サダム・フセインであれ、暗殺を恐れる首領は、かならず、影武者を用意することになっている。

実際、金正日は、1992年2月、1993年7月、1990年代末、と三回も暗殺未遂に遭っている。影武者を用意したのも頷ける。

もし、形上、ダミーの金正日が今の北朝鮮で総書記を務めているとなると、それは、北朝鮮の金正日親族と最高幹部の傀儡ということになる。

一方で、Webによると、最近、金正日総書記は、ベトナムの解放モデルに関心をもったり、インターネットを北朝鮮に導入したり、と活動している。

さらに、Webによると、米国は、北テロ支援国家解除を一旦検討したが、当面は見送り、という。そもそも、5年前には、米国は、北朝鮮を悪の枢軸呼ばわりして、下手したら爆撃も辞さないような雰囲気だった。そもそもが、イラクが爆撃された直後だった。だから、北テロ支援国家解除を口にするなど、米国は様変わりである。

すると、米国は、北朝鮮との宥和の材料となる重要な情報を握っており、北朝鮮上層部と取引している、という可能性はある。その情報が、金正日死亡説である、という可能性は高いのではあるまいか。

ということで、今後の北朝鮮情勢は、目が離せない。

否定的質問

英会話していて、困ることは沢山あるのだが、特に困るのは、否定的質問である。例えば、Didn't you buy anything in the store ? と質問されて、確かに何も買わなかったので、つい、日本語感覚で、Yesと答えてしまう。

これが普通の日常会話ならまあいいけど、私が米軍に採用されて、敵が来ていないか、と聞かれて、実際、敵は来ていないのに、はい、と答えたりしたら、大変なことになる。まあ、米軍でなくても、私が軍隊に入るというのはどうみても考えにくいが。

韓国語だと、否定的質問に対する答え方が、日本語と同じらしく、韓国人の友人と、英語でしゃべっていて、否定的質問すると、本当はyesと言いたいのに、いつも苦笑いしながら、noと答えるのであった。

こうして、日本人や韓国人は、英語の否定的質問に同意するためにnoというのに違和感を覚えているが、米国人は流石に体にしみ込んでいるので、違和感はないのか、と思ったら、今日こんなことがあった。

すなわち、ある仕事の文書で、否定的な質問を10個くらい連ねたものがあり、それには、Noと答え続けるのが、問題ありません、ということになる。

ところが、この質問群に対して、あるれっきとした米国人が、こんな質問、とてもconfusingである、という。それで、もしかして、米国人でさえ、否定的な質問に、同意の意味で、noと回答することに、潜在意識では、違和感を覚えているのかと思った次第。

実際、「今日、学校に行かないよね?」と聞かれて、「いいえ」で、行かないことを意図するのは、やっぱり無理がある。というのは、「今日、学校に行かないよね?」と聞いても、「今日、学校へ行くよね?」と聞いても、質問の違いに関係なく、行く場合は、「はい」なんだから、質問の文脈を無視していることになる、というのが私の感想である。で、今度知り合いの米国人が日本に来て飲みに行くことがあったら、このことを、聞いてみよう。これをconfusingだと感じるネイティブ・スピーカーはあまりいないと思うよ、とかわされそうであるが。

グルジア情勢

Webに従い、ブログの前の記事の続編として、その後のグルジア情勢をまとめてみる。

8月10日、ロシア海軍が黒海でグルジア艦船1隻を撃沈するなど戦闘が続いた。

8月11日、ロシア軍は、グルジアへの攻撃を続行、グルジア中部のゴリを制圧した。

これに先立ち、グルジアのサーカシビリ大統領は11日、トビリシを訪れた欧州連合(EU)議長国フランスのクシュネル外相が提示したEU停戦案に署名した。一方、露大統領府は「グルジア軍の攻撃は続いている」と停戦に応じない姿勢を改めて表明した。

同じく独立派勢力とグルジア軍の戦闘が伝えられる西部のアブハジア自治共和国から11日、駐留ロシア平和維持軍が独立派支配地域の境界線を越えてグルジア支配地域に展開した。

8月11日、ブッシュ米大統領は、ロシアはグルジアの危機を終わらせる時と言明。

8月12日、ロシアのメドベージェフ大統領は、クレムリンで、セルジュコフ国防相に対し、グルジア・南オセチア自治州での軍事作戦を終結させるよう命じた。グルジア軍の同自治州進攻で始まった両軍の軍事衝突は、発生から5日目で収まる道筋がついた。

軍事作戦の終結を発表後、メドベージェフ大統領はクレムリンで、EU議長国フランスのサルコジ大統領と会談した。会談の冒頭、メドベージェフ大統領は「二つの条件のもとで南オセチア問題の最終的な解決について協議できる」と述べ、停戦には、グルジア軍の南オセチア撤退と武力不行使を確約する法的文書への署名が必要との立場を示した。

ロシアのラブロフ外相は12日、グルジアのサアカシビリ大統領を交渉相手と認めない立場を表明。今回の進攻を命じたグルジア指導部の責任追及や、南オセチア自治州及び同自治州を攻撃可能な地域からのグルジア軍撤退など、EUの調停案を大きく上回る要求を発表した。



以上から、若干のコメントをしてみる。
先ず、これは、実は、ロシア軍からの仕掛けではなかったのか、という問いである。すなわち、ある地域(この場合、南オセチア)で、ロシアは諜報機関を使って、騒動を仕掛ける。すると、もともと、独立志向の南オセチアに懸念しているグルジアは、これを鎮圧するため、南オセチアに、軍隊を派遣する。

それを見たロシア軍は、得たりと、南オセチア保護という大義名分で、グルジアに派兵する。もう、アフガニスタン侵攻などで使い古された手である。ところが、兵力に劣るグルジア軍は、奮戦するも、次々とロシア軍に敗れる。

石油輸送パイプラインなどの問題で、大いなる利害関係をもつEUは、取り急ぎ、サルコジ大統領を送り、EUの調停案を提出する。しかし、戦勝に沸くロシアは、EUの調停案は生ぬるいと、その程度では折り合わない。グルジアのサアカシビリ大統領を交渉相手と認めないなどと強気の発言をする始末である。

EUに比べて当地の利害関係の比較的薄い米国は、とりあえず、申し訳程度に、非難声明を出すだけである。ライス国務長官を派遣するなどのような具体的行動は何もとらない。

ということで、今のところ、ロシアの一人勝ちの構図ではないだろうか。プーチン首相の得意満面の顔が見えるようである。

私の勝手なコメントが、どれほど妥当なのか、分かるまでに少々時間がかかりそうである。

2008年8月13日

セーの法則

経済学は、まるっきり門外漢であるが(というよりも、自分は何の「門内」漢なのか知らないが)、古典経済学で、セーの法則というのがあって、「供給はそれに等しい需要を作る」というものらしい。素人考えでは、供給があると、それに伴って需要が生じる、というのは、あまりにも供給側にとって都合のよい理論のように思われる。

実際、ケインズはそれを論破して、寧ろ、需要の大きさが供給量を決定する、という有効需要の原理を提唱した。

これは素人のあまりにも単純化した図式なので、疎漏は免れないが、しかし、何が言いたいかというと、「日本弁護士連合会が年内に修習を終える司法修習生に実施したアンケートで、弁護士登録を目指しながら就職先が決まっていない修習生が25%に上り、前年同期のほぼ倍になっていることが分かった。司法試験合格者増に伴う弁護士の就職難を示す結果だ。」というニュース記事に言及したい。

司法制度改革で、明確に、弁護士の数は増えている。例えば、10年くらい前、司法試験の年間合格者は、600人程度であった。ところが、昨年の司法試験の合格者は、2383人であった。なんと、往年の四倍である。

すなわち、セーの法則で言えば、明らかに供給は増えているが、それに見合って需要が作り出されているがとうか、である。上記のような、25%もの司法修習生があぶれる、というのは、ある程度はセーの法則は機能しているのだろうが、かなり不十分である、ということになる。

で、日弁連の対応は、というと、先月の18日、増員のペースダウンを求める緊急提言を採択した。これは、当ブログでも取り上げた

それで思うのだが、日弁連が増員のペースダウンを求める理由は、「急増する志望者を吸収する法律事務所の増加には時間の猶予が必要。このままでは実務を通じた弁護士育成が難しく、質の低下が懸念される」、というものだが、そこに、弁護士業のパラダイムを変えたい、あるいは、変えるべき、という視点が全く見て取れないのが残念である。

もともと、日本に弁護士が不足しているのかどうか分からない。例えば、今後の人生で、私が医者にかからないということは到底考えられない(いままでも、人並み以上に医者にかかった)。しかし、弁護士にはお世話にならないで済む確率は結構高い。すなわち、一般庶民の弁護士需要は高くない、ということである。

それでも、司法制度改革ということで、政府の方針により、司法試験の年間合格者増員は、決定事項となった。この辺も議論があるがまあ、措くとして、すると最早日弁連は、覚悟を決めて、ブライドもある程度捨てて、需要を増やすよう努力するよりないのではないだろうか。

すなわち、弁護士の価格弾力性を高めるのである。それが、需要を高める途である、というのが経済学の教えるところ。例えば、法律相談、通常なら1時間5000円のところ、今なら、2000円でいいとか(あ、それだと下手したら、パート代より安くなるか)、どんなに面倒でも、100万円ぽっきりで裁判します、とか。成功報酬をとりません、とか。裁判に負けたら、半額でいいとか。

あるいは、サロン風の事務所で、ゆったりした気分で相談受けます、とか。イケメン若手弁護士を揃えました、とか。若手女性弁護士が親身になって相談にのります、とか。空手四段の弁護士が、ボディーガードも引き受けます、とか、探偵兼弁護士で、証拠集めも同時にやりますとか(これ、意外にいいかも)、サラ金兼弁護士で、返さないと容赦なく訴えるとか(それって、却って意味ないじゃん)、段々怪しくなってきたので、この辺でやめとくが、言いたいことの趣旨は理解していただけるだろう。

中原十六世名人の病気

Webニュースによると、中原誠十六世名人(60)が12日午後5時ごろ、東京・千駄ケ谷の将棋会館で対局を終えた後、検討中に体調不良を訴え、救急車で都内の病院に運ばれて緊急入院したという。日本将棋連盟によると、脳出血と診断された。命に別条はなく、意識もはっきりしており、手術の必要もないという。ただすぐには退院できないため、21日に予定されている対局は不戦敗となる。

実は、12日の対局というのは、王将戦の二次予選で、A級の木村八段戦。これに中原は、きっちり勝っている。だから、対局後、緊張の糸が切れたとき、発病したのだろう。奇しくも、21日に予定されている対局である棋王戦本戦も、相手は、木村八段であった。

上記のように中原は、既に60歳であるが、今年になって、竜王戦一組の本戦出場者決定戦では、森内名人(当時)と、佐藤棋聖(当時)の両方を破るという殊勲であった。その後羽生には敗れたものの、昨日は、ばりばりのA級である、受け師、木村八段を破っている。60歳にして、これほど指せる者といえば、あの大山康晴を措いて他にいない。通算タイトル数、通算勝数、通算勝率などは、羽生が結局、大山も中原も凌ぐことになろう。しかし、60歳になった羽生が、今の中原ほど指せるかというと、疑問である。やはり中原は偉大なのである。あの林葉とのスキャンダルが、つくづくも残念であった。あのスキャンダルで、どれほど中原の名誉が削がれたことだろう。

ところで、脳出血になった中原は、また元のように指せるか、という疑問である。何しろ、将棋を考える根本である脳の病気である、普通の日常生活に支障はなくなっても、細かい読みや感覚は、どうしても狂う。すると、C級などの格下の棋士には勝てても、もうB級以上の棋士には最早勝てないのではないだろうか。

それではそうなった中原は引退するか、というとまだしないだろう。理由は、林葉スキャンダルにある。あのスキャンダルで、中原は、奥さんの信用を決定的に失ったはずである。奥さんは決して心から中原を許さないであろう。そういう家庭にはなるべく帰りたくないはずで、すると、現役を続けて、将棋を指しておいた方がいいとしたものである。すると、中原は、内藤、加藤一二三、有吉の仲間入りてある。大内は、この際論外としよう。

中原よ、ボロボロになっても指し続けるのだ、野球の野茂のように。それがあなたの生きる道。

2008年8月14日

電車の女性運転手

私は、小田急線で通勤しているが、今朝、ああっと思った。ホームをやってくる電車をみていて、運転手が女性だったからである。横に別の男性運転手が控えていたので、車の運転でいえば、仮免練習中といったところか。ともかく、電車の女性運転手を見たのは、これが初めてである。

タクシーの女性運転手というのは、最近結構見るようになった。運転技能に不安を感じたことはないが、夜、人気が少ないところに行く場合、心配ではないか、と女性運転手に聞いてみたことがある。すると、そういう場合、お断りすることもあります、と言っていた。うん、その方がいいと、納得した。

バスの女性運転手のことは、以前ブログに書いたが、そのときは見習いだったが、最近、ときどきであるが、見習いではなく正式な女性のバスの運転手もみかけるようになった。とてもはきはきしていて、やる気なさそうな男性運転手よりも、却って好印象だったりする。

電車の女性運転手はというと、タクシーの女性運転手のような治安の問題はないので、バスの女性運転手程度にはいてもいいような気がするが、今まで見たことがないのは、電車の運転手が誰か、普段あまり注意を払わないからかもしれない。バスなら、嫌でも分かってしまう。

ただ思うに、電車は、朝早くから夜遅くまで運転しているし、例えば、小田原から新宿までの各停などというのもあるので、また、乗客の数も多いので、バスよりも責任は重いし、シフトもきついのではないか。よって、男女雇用均等法はあるものの、女性に電車の運転をさせるのは酷ではないか、とつい思ってしまう。

でも、女性の言い分としては、電車の運転手を是非やってみたい、という人もいる、ということだろう。最近は鉄道マニアの女性も増えていると聞く。そういう人が、試験を受けて合格すれば、鉄道会社も、女性の運転手への門戸を閉ざす訳にはいかない。それこそ、男女雇用均等法の出番である。ただ、シフトを組む担当者としては、女性の運転手が混じると、余計な苦労も増えると思うが、そこは時代だから、と我慢するよりないだろう。

ところで、電車はともかくとして、旅客機で、女性のパイロットというのを見たことがない。私の限られた飛行機での旅行経験なので、自分で見るというのはあてにならないが、そもそも聞いたこともない。これは、そもそも女性採用の門戸を閉ざしているのだろうか。いや、やはり男女雇用均等法が厳然とあるので、それは無理である。すると、応募する女性はいるのだが、試験で落ちてしまうか、それとも、そもそも、流石に、パイロットに応募する女性がいない、ということなのだろうか。

私の推察はやはり、応募する女性がいないのでは、ということである。理由は、スタチックな頭脳ゲームである囲碁や将棋でも、本気で取り組む女性は、ほんの一部である。一方で、アキバのカリスマ・ゲーマーみたいな人で、女性がいる、という話を聞かない。で、私の勝手な推察だが、パイロットというのは、その一部の資質に、囲碁将棋的判断能力と、コンピュータ・ゲーム的瞬間判断及び機能使いこなし能力とを必要とするような気がして、この両面を備える女性というのは、数学でいえば、少ない数の二乗みたいになって、ほとんど零に収束しているのではないか、というのが推察である。男性脳と女性脳で議論したように、リアルタイムOSでない脳をもつ女性は、やっぱりパイロットには向かないと思う。どんなに頑張ったって、介護などのアメニティー能力で、男性が女性に勝てないのと同じである。パイロットの方が、介護士よりも世間的に高い地位なので、なんとなく偏見に響くのは困るけど。

2008年8月15日

詰将棋と詰碁

今週号の週刊将棋に、興味深い話題があった。それは、詰将棋と詰碁の比較である。その趣旨はまず、詰将棋創作の達人には、アマチュアで棋力が級位者もいるのに、詰碁の方はそもそも、アマチュアの詰碁作家そのものがほとんど存在しない、ということである(なにか、あるアマチュアの方の詰碁集というのを一度だけ本屋で見たことがある。かなりの佳品であると感じた)。

この違いは何だろう、と考えてみた。詰将棋の方が詰碁よりも作りやすいか、というと、詰碁なんてほとんど解いたこともなくましてや作ったことなんてないので、詰碁には土地鑑はない。一方、詰将棋は、イモのような作品ながら、100個くらいは作ったことがあるので、少しは創るということの雰囲気はわかる。それで、詰将棋創作の大変さは体に染み込んでいると思う。だから到底フェアな判断はできないが、詰将棋の方が詰碁よりも作りやすい、という命題は到底成立しないと思う。

一番の理由は、配置の必然性である。詰将棋では、一手一手が必然でなくてはならず、駒の配置も無駄駒を置くことは法度である。従って全体に無矛盾に冗長さなく作り上げなくてはならないということで、大変厳しい制約下にある。詰碁は、というと、私の知る限り、そのような石の配置の冗長性に対する制約が少ないと思われる。だから、名作を追求するのではなく、スポーツ新聞の詰碁欄程度のものでいいなら、ある手筋をテーマに創作すればいいので、比較的ルーチンで創れるのではないか、と推察する。

それでは、なぜアマチュアの詰碁作家がほとんど存在しないかというと、それはもう、詰将棋と詰碁の文化の違い、といってよいだろう。詰将棋では、棋史に燦然と輝く、伊藤宗看の将棋無双と、伊藤看寿の将棋図巧がある。詰碁だと、あまり知りもしないで不遜に言うが、古典的には。四世囲碁名人、井上因碩が創作した、発陽論くらいしかないのではないか。

その違いは、高度な意味のパズル性、問題性であろうか。詰将棋の方が詰碁よりも、問題としてsweetなのである。このsweetという言い方はすなわち、フォンノイマンあたりが、原爆開発のようなテーマをしてそう呼んだと思う。例えば、環境問題の研究をするよりも、宇宙ロケットの研究をする方が、多くの研究者にとって、よりワクワクするという意味で、sweetであるといえる。別の観点でいうと、詰将棋の方が詰碁よりも実戦から切り離して発展させやすい、ということだと思う。典型的には煙詰など、実戦ではまずありえない小宇宙を作り上げやすいのである。

こうして、詰将棋の高度なパズル性に惹かれて、多くのアマチュア詰将棋作家があらわれ。それの発表の場としての詰将棋パラダイス(一般的に、詰パラと略称される)、近代将棋などが発刊された。実際、詰将棋創作の才能は、指将棋の才能とかなり違う。おそらく、当代随一の詰将棋作家は、プロではなくアマチュアであろう。要するに、文化として成熟している、ということである。

だから、詰碁のアマチュア作家が少ないのは、文化、あるいは発表の場の違いであるに過ぎない。アマ強豪の層の厚さは、囲碁の方が、将棋よりも寧ろ厚いだろう。だから、本気で詰碁の創作を目指せば、相当のものが創れるポテンシャルのある人は、囲碁のアマチュアにも多数いるに違いないのである。たただ、創っても発表の場が少ない。野球があれほど日本で盛んなのは、甲子園という高校生にとっての晴れ舞台があるのが大きい。詰将棋には詰パラがある(ううん、甲子園と比較するのはあまりに小さい)。詰碁にはそれがない。結局は、それだけのことかもしれない。当代一流の詰碁作家で、詰碁をこよなく愛し、そこに小宇宙を見出す、張栩のような一流棋士もいるのだから。

鈴木桂治

北京オリンピックはあまり見ないのだが、ニュースを見ているとどうしても、報道が目に入ってくる。注目は、2大会連続で、2種目金メダルの北島康介なんだろうけど、人生をちょっと斜めからみている私には、柔道100キロ超級でアテネ金メダリスト、鈴木桂治の敗戦が、どうしても気になった。

前評判でも、鈴木桂治はかなり手堅い金の候補だったはずである。ところが、モンゴルのナイダン・ツブシンバヤルに一本負け。その段階で、頭にはどう勝ち進むかを考えていたはずの鈴木には、天地がひっくりかえるくらいショックであったろう。

それで、なんとか気を取り直して敗者復活に回る。ここで頑張れば、銅がとれる。ところが、そこでもいきなり一本負け。鈴木はきっと、目の前が真っ暗になったであろう。今、頭の中には「引退」しかないようであるが、私は引退はしないと思う。理由は簡単。引退してもやることないからである。また、まだ28歳である。次のオリンピックが狙える。

実は私は、北島康介も鈴木桂治も、いろんな意味で大差ないと思っている。では明暗を分けたものはなにか、というと、おそらくバイオリズムである。すなわち、四柱推命などの占いの世界で言われているように、人間には、誕生日から始まるバイオリズムがある。これで、体調や運勢がかなりの程度影響を受ける。もちろん目安でしかないが、経験的にかなり当たるのは確かである。過信はいけないが。

私は、いかなる意味でも占いのスキルはないが、運気的に、北島康介は登り調子で、鈴木桂治は絶不調たったのかも、と身も蓋もない結果論のようなことをつい思ってしまう。そういう意味では、マラソン棄権になってしまった野口みずきも、そうだったのかもしれない。

ただ、運命論と外れるが、北島はこれで最高に幸せなのか、鈴木はこれで絶不幸なのか、というとそれは誰にも分からない。北島は日本に帰って、持てはやされるだろう。テレビに出る機会も増えるだろう。しかし、結構早いタイミングで、あの金メダリストの、あの平泳ぎの北島というイメージを払拭することが望ましい時期がくる。それが果たしてできるか。ある意味成功しすぎてしまった北島には、とても難しい。

そういう意味では、鈴木桂治程度のこの程度の不幸は、少しスパイスも効いていて結構食べやすかったりする。だから、鈴木桂治には、これをきっかけに人生をいろいろ考えてほしい。最近山本モナの不倫騒動をブログで激怒したらしいが、そんなのどうだっていいので、無視すべきである。もしかして、そういうつまらない怒りが運気を下げて、今回の敗戦にもつながったかもしれない。ああ、結果論だから、なんとでも言えるか。

2008年8月16日

チェチェンゲリラ従軍記

「ロシア 語られない戦争 - チェチェンゲリラ従軍記」、アスキー・メディアワークス、常岡浩介著を読んだ。最近のグルジアへのロシア侵攻から、ロシアへの興味が甦った。目下の話題はグルジアなのに、なぜチェチェンなのか、自分でも分からない。しかし、グルジアの存在は、チェチェンにとっても本質的な意味があることが結果的に分かった。

チェチェンゲリラ従軍記を読んで分かったのが、チェチェンに入国する、ということが、パレスチナよりも、イラクよりも、アフガニスタンよりも、はるかに危険ということである。アフリカのスーダンなどはどうなのか知らない。しかし、スーダンであっても、流石に、そこの入国ビザを申請することが直ちに、どこかの国の諜報機関にマークされる、ということにはならないだろう。

そもそも、チェチェンに外国人が合法的に入国する手はないのである。決して入国ビザが下りることはない。だから、外国人のジャーナリストなどが報道目的でチェチェンに入国しようとすること自体が、決死の潜入となる。多くの場合、現地のチェチェン軍のコネを頼って、従軍することになる。従軍といっても、生易しいものではない。雪が残る切り立った山々の道なき道を歩いていく。途中、水も食料もなかったりする。そんなとき、補給していくれるのがグルジア軍である。

しかし、行軍は、極端にその経路を制約される。山岳地帯の地理的制約ということももちろんある。それよりも本質的なのは、ロシア軍の監視である。ロシア軍のヘリコプターに発見されたら、間違いなく銃撃される。それで、行軍途中、常岡氏は、何人ものチェチェン人同僚を失っている。常岡氏自身も、ロシア軍のヘリコプターにロケット弾で狙われたことがある。それは、直ぐ後ろの宿営地に命中し、同僚を即死させた。

そんな最高度の危険を冒してまで、なぜ常岡氏は、チェチェンに潜入するのか。それは、ロシア側からしか報道されることのないチェチェンの実態を、少しでも世間に知らしめたいという、常岡氏の使命感なのだろう。でもなぜチェチェンなのか、それは、カルマというしかないのかもしれない。そういってしまうと、何でも神の思し召しのせいにしてしまう宗教のようで、思考停止になってしまうのだが。

実際、チェチェンでは、女子供も含めて、人口の四分の一までも、ロシア軍によって殺戮されたという。まるで民族浄化である。もともと、チェチェンとロシアは400年の昔から争ってきた。いわば、骨肉の争いである。特に、ロシアの共産主義が崩壊して、近隣の異民族国家を統制する力をなくしてからは、チェチェンなど近隣国は独立しようと躍起になった。その結果、ウクライナ、グルジアのように独立を許された国もあるが、チェチェンは実質上そうではない(傀儡政権はあるが)。その違いについては私は、今から学んでいくよりない。

ともかく、常岡氏が敵視してやまないのは、プーチンが大統領になってからの、KGBの後身である国家諜報機関FSBの存在である。ロシアが民主主義国家であるというのは全くの表面的なもので、その諜報活動というのは、旧ソ連のときと全く変わらず、ジャーナリストなどもほとんど報道の自由がないという。実際、アンナ・ポリトコフスカヤのような勇気あるジャーナリストの活動によって、チェチェンによるテロとされていたものが実は、FSBの仕業であることが明るみにだされていった。その挙句、アンナ・ポリトコフスカヤは、暗殺されてしまった。

アンナ・ポリトコフスカヤ以外のキーパーソンとしては、英国に亡命し、元FSBの職員であるリトビネンコがいる。常岡氏は、リトビネンコと2004年に、英国とインタビューする、という幸運に恵まれた。この本の巻末のリトビネンコとのインタビューは、出色の内容である。リトビネンコは、FSBでの経験から、どこかの諜報機関の支援をうけないテロリスト・グループはありえない、と断言する。そして、アルカイーダに対するFSBの関与も示唆する。ただ、生憎、リトビネンコは、2006年に、英国で毒殺されてしまった。

ということで、ここ数年、アフガニスタンやイラク侵攻で、すっかり米国に目が行っていたのだが、どっこいロシアの諜報活動も本質的なのだと認識を新たにした。とりあえず、アンナ・ポリトコフスカヤやリトビネンコの著書の翻訳は日本で手に入る。これらの本を読むことで新たな興味が拓かれると期待する。なお、残念ながら、元ソ連の外務大臣で、元グルジア大統領のシュワルナゼの回想録はまだ、英語しかない。しかし、ロシアのことを考察するなら、この本も必読であろう。"Future belongs to Freedom", Eudard Shvardnadzeである。Shvardnadzeで検索すれば、アマゾンで買える。

家本為一

今朝、NHKを見ていたら、なんかモノクロの番組を放映していた。どうも、昔放映していた番組を、NHKアーカイブスとして放映しているらしく、面白いのでつい見入ってしまった。

内容はというと、白髭の老弁護士の話である。家本為一という方で、明治19年、岡山生まれ。

岡山県出身。19歳で上京し、早稲田大学で学ぶ。秀才で、在学中に司法試験に受かった。普通は、そういうパターンだと、立身出世を願う。弁護士として成功して、資産家になる道は当然あっただろう。

しかし、立身出世を望まず、地元の岡山に戻り、お金が無く弁護士を雇うことのできない被疑者のための国選弁護を専門に引き受ける。すると、当然ながら、国から支払われる手数料なんて、雀の涙である。また、近所の人の法律相談や弁護も気軽に引き受ける。民事でも刑事でもお構いなしである。それなのに、弁護料を一切取らない。それでも、依頼人は恐縮して、米などを置いていく。それを自炊して、家本さんは食いつなぐ。

家本さんは、19歳で上京したのだから、しゃべろうと思えばちゃんとした東京弁をしゃべれるだろう。しかし、日常会話でも、裁判所でも、岡山弁しかしゃべろうとない。私は広島県東部の出身なので、その方言は、広島弁というよりも寧ろ、岡山弁に近い。それで家本さんがしゃべる岡山弁は、何も引かない何も足さない、生粋の岡山弁なのである。私には涙がでるほど懐かしく響くが、さて、他県出身の裁判官がちゃんと理解できるのか心配であるが、家本さんはそんなことを意に介する様子もない。

家本さんをさらに特徴づけるのは、独身である、ということである。いまでこそ、男女を問わず独身の人は少なくなく、そんなに肩身が狭い思いもしないだろう。しかし、明治の時代だと、れっきとした男がいい年して独身だと、奇人というかどこかおかしいと思われたはずである。それでも、家本さんは、それも意に介する様子もない。聞いていると、特に意識して独身主義というのでもない。家本さんが言うには、自分は、どんどんのめり込んでしまうから、結婚には向かないだろうと言う。実際そうなのであって、私は一応結婚しているので、家庭をもつことの幸福というのも理解できる。ただ、時間の制約があることもまた間違いない。親戚づきあいとか。それが普通の健全な社会生活なので、そういうことにふと疑問を持つこと自体、奇人の傾向はあるのかもしれない。ともかく、妻を娶らば才長けて、というのは相当の嘘である、と言い出して私は顰蹙を買ったりする。

特に弁護士だったら、家庭の機微を知るためにも結婚していた方がいいような気もするが、家本さんは、金にもならないのに、こつこつと歩き回り、現場を訪れ、いろいろな人に会った話を聞く。足で弁護する、と言ってよいだろう。ううん、やはり家本さんは、結婚しないでよかった(あ、私のことではない)。家庭をほっぽらかして、お金も入れず、現場の証拠集めにほっついていては、それを受け入れるような度量の広い女性はまずいる訳がない。

結婚していなくても、家本さんは人情家である。被疑者にも、切々と方言で話しかける。あんた、わしの歳まで生きるんなら、まだ人生、45年あるじゃろうが、今からええようにしよったら、刑務所に入っても、早よう出れる。それから真面目にやるんじゃ。

まだ夜が明けないうちから萩の塚というところにに登ってお茶を飲み、人々が朝の活動を始めるころには下山しているという。こうして足腰を鍛え、誰にも面倒見てもらわず、当然に炊事も自分でやる。法律相談というか人生相談にやってくる近所の人が後を絶たない。

こういう弁護士だったら確かに世間は沢山必要で、そういう分野に弁護士が進むなら、年間3000人司法試験に受かっても、仕事はあると思うのだが、そんな奇特な人はやはり、なかなかいないか。

2008年8月17日

羽生 幸次郎

私はまだ見たことがないのだが、Bコースという、吉本興業東京本社に所属のお笑いトリオがいるという。そのメンバーは、タケト(本名:中村 岳人)、ナベ(本名:渡辺 謙司)、ハブ(本名:羽生 幸次郎)の三人組で、そのハブというのは、何と、かの将棋の羽生名人の従兄弟なのだという。これは、トリビアの泉風に言うと、かなりヘェーである。大体が、羽生は普通、ハニュウであって、まずハブとは読まない。だから、羽生をハブと読む段階で、ん?と思うだろう。

その羽生 幸次郎であるが、8月16日に、東京・日比谷野外大音楽堂で開催された、一発ギャグの日本一を競う「大秒殺」で、101人の中で、優勝したのだという。これは、道具や衣装、音響を使わずに、体1つで繰り出す競技である。でも、いかにもマイナーである。

そういえば、将棋関係でマイナーと言えば、北神奈川の代表で甲子園に出場した慶応高校の投手、青野君がいる。その慶応高校、期待に反して?結構強く、ベスト8まで行ったが、沖縄の浦添商に接戦の末、敗れた。しかし、慶応高校の投手は、只野と、力道山の孫とかいう田村の二枚看板で、将棋の青野九段の息子、青野君にはとうとう出番がなかった。慶応対高岡商は、5-0で慶応が勝ったのだから、そのときくらいは、ワンポイントで、それこそ一発芸でもいいので、青野君を出してあげれば、青野九段もさぞかし喜んだだろうに。

しかし、青野九段は、息子さん、甲子園に行ったらしいですね、と聞かれたら、いやぁ、と相好を崩すだろうが、羽生名人は、従兄弟はお笑い芸人なのですね、と聞かれたら、別の意味でいやぁ、で、それこそ、そんなの関係ねぇ、と言いたいところだろう。

何にしても、Bコースという名前が、どちらにも当てはまりそうで、ちょっと面白い。

殺人犯の時効

法律に素人であるほど、なぜ殺人犯に時効があるのか、という素朴な疑問を抱く。私も、とても法律に玄人とはいえないので、やはり同様の疑問を持ち続けている。

ところが、法律の専門家までも、最近、殺人犯の時効に疑問をもつ人が増えているようである。その理由は何と言っても、「逃げ得」を許すというのは、衡平を欠くのではないか、という素朴な常識である。例えば、時効が確定した後、真犯人が分かるとか、犯人が名乗り出たとしよう。それに対して、黙って見過ごすさざるを得ないというのは、いかにも合理性を欠くような気がする。

さらにDNA鑑定の精密化がある。この技術によって、刑事的な証拠の信憑性が著しく高まった。DNA鑑定の1つの特徴は、時間的な減衰が少ないということであり、時効を実質的になくことをサポートする。

また、米国などの先進国で、殺人犯に時効がない、ということも、妥当性を増す。これは、キリスト教的価値観にも基づいているようであるが。先日の三浦和義のサイパンでの勾留で、改めてこのことを知った次第である。

一方で、時効擁護論者の主張は次のとおりである。先ず、殺人事件を犯して逃げ惑う人は、ずっと良心の呵責に苦しめられ、また、被害者の幻想に苦しめられたりする。それを何十年(いまや、殺人の時効は、25年に延期された)も続ければ、それで罪に報いたといえないか、あるいは、そこで安定した社会生活を営んでいるのに、改めて法廷に引き出す必要があるのか、という理由である。要するに、被告を守るという、これも、ベッカリーアあたりから継承される人道的立場である。

そこで私は、この折衷の施策を考えてみた。すなわち、殺人事件の時効は、今のとおり25年とする。そこで、検察は、25年の時効が切れる1年以内に、所轄裁判所に、証拠と理由をもって、時効の延長を申請できる、とするものである。延長が許可されると、そのことは公示されるものとし、例えば、時効の延長は、5年が三回申請できるとする。これによって凶悪性が高い事件(例えば、世田谷の一家四人殺し事件など)、もう少しの努力で、証拠がはっきりすることが期待できる事件などに捜査をフォーカスできる、というものである。

グルジアへの米国関与

米国がやっと重い腰を上げた。Webニュースによると、グルジア情勢への対応で出遅れた米国のブッシュ政権が「人道支援」を掲げた米軍の現地派遣に着手したという。ブッシュ大統領は8月13日の声明で、ライス国務長官のグルジア派遣も表明、軍事と外交の両面で、ロシアのカフカス支配を阻止する決断を示した。

もともと、サーカシビリ大統領の政権簒奪自体、米国に支援されたものであることが知られている。すると、サーカシビリは、米国からみたカフカスに打ち込んだ楔というところか。だからこそ、ロシアからみて、この楔は邪魔で仕方がなく、なんとしても抜いてしまいたいのだろう。

米国のとりあえずの持ち札は、ロシアのWTO加盟問題に対する異議と、ロシアの主要国首脳会議からの締め出しである。しかし、膨大な石油や天然ガスの資源を保持し、上海協力機構などにより、中国やインドとも連携を強めているロシアにとって、それがどれ程の強力な切り札になるか不明である。

ともかく、米国の当面の大義名分は、グルジアへの人道支援である。欧州に配備された米空軍のC17輸送機を使った128万ドル相当の医薬品の空輸が作戦の第1波で、当初予定の2機は14日までに、グルジアの首都トビリシに到着したという。また、米海軍は病院船「コンフォート」(約7万トン)に対して出航準備を命令した。派遣水域は、旧ソ連の内海だった黒海が想定されているという。ということは、これは人道支援の名を借りた、明らかな軍事的パフォーマンスで、ロシア側の対応が見ものである。

すると、昨日であるが、ロシアのメドベージェフ大統領は、欧州連合(EU)議長国のフランスが準備し、グルジアや南オセチア、アブハジア共和国がすでに合意を済ませている和平原則文書に署名した。米国やその他の国際情勢をみての妥協であろう。それでも撤退については、ロシアのラブロフ外相は、追加的な安全保障措置に応じて決まると表明した。ロシア軍が撤退すると、南オセチアの住民が再びグルジア軍に弾圧されるという懸念だろうか。そういうことだと、ロシアはなんのかんのと理由をつけて居座るつもりだろう。実際、昨日の段階で、紛争開始後、ロシア軍が最も首都に迫ったという。いよいよロシアの意図が見えなくなってきた。

カットマン

自発的ではないにしても、中学・高校と、クラブ活動で卓球をやったことは、ブログに書いた。

それで、オリンピックで一番真剣に見るのは、卓球だったりする。昨日の準決勝の男子卓球団体、日本対ドイツは、日本が敗れはしたが、手に汗握る熱戦であった。

そこで今日も、今見ているのは、日本対韓国の女子卓球団体、三位決定戦である。その第一戦は、日本の平野、韓国はアテネオリンピック銅メダリストのカットマンのキム・キュンアである。

そこで意外に思ったのは、今でも、カットマンがしっかり世界卓球の最高レベルで存在していることである。いまや卓球は、シェイクハンドの攻撃型が主流で、カットマンはしっかり時代遅れになっている、と思っていた。なぜなら、この世知辛い世の中で、ひたすら壁のようにボールを返して相手のミスを待つ、カットマンは、時代の流れに合わないのかと思っていたからである。

ところが、日本のエース平野と、韓国キム・キュンアの対戦をみていると、よくまあ、どんな球をもキム・キュンアが返すこと。昔はもっとカットマンが普通にいたので、私には見慣れた光景なのだが、それにしても、微妙に回転をつけて一見平凡な球を返し続けるのを見ていると、その長いラリーをみていて、私もイライラしてくる。

卓球で決して主流ではないがカットマンが廃れない理由が分かった。オリンピックの解説の人が言うには、卓球ほと球に回転が籠められる球技はないそうである。すなわち、平凡にひたすら返している球にも、カットマンは、変化をつけた回転という意味で、思いを込めている。そういうのを返されると、攻撃側は、球の扱いに神経をすり減らすので、疲れてミスをする、という次第である。

で、思うのだが、ひたすら守勢でディフェンスに徹するカットマンみたいなスタイルが有効であるような球技が。他にあるだろうか。ひたすら自陣に選手を集めているサッカーというのはありえないし、壁のように球を返し続けて疲れさせるテニスというのは、とても考えにくい。

重ねて言うと、卓球では、要するに、ボールの回転に深い思いを籠められる、ということである。そのことが、カットマンを成立させしめている。

では、球技ではなくて、もっと競技一般で、カットマンのようなスタイルが成立するものがあるだろうか。うん、ある、将棋である。かの大山康晴の受ける振飛車である。受けて相手のミスを待つ、というのは、まさにカットマンの技である。升田のいう、攻めではなくて、責めというものである。

囲碁でも、島村九段に、忍の棋道というのがあった。地味にぴたっと相手についていって、最後は寄せで半目勝ちするような囲碁の棋風もありそうである。

ただ、カットマンや大山康晴のような「受け師」で優れるというのは特殊な性格というか資質を要するようで、卓球でカットマンを目指す人は、やはり多くない。将棋でも囲碁でも、攻めに優った力戦派は多いが、受けでフィーチャーされた棋風の棋士は、将棋の一流プロは、木村八段くらいである。だから、どの世界でも、カットマン的な人は例外なのである、と言おうとしたら、韓国女子卓球チームのダブルスは、二人ともカットマンなのであった。これには恐れ入った次第。

加治佐 功

特許データベースで、iPS細胞のことを調べていて、なんだこれは?という特許出願を見つけた。もともとは、山中伸弥氏の特許出願を探していて、まだiPS細胞に関する特許出願は、公開になっていないのか、と落胆した矢先である。

【公開番号】特開2008-178692
【出願人】
【識別番号】595000195
【氏名又は名称】加治佐 功
【住所又は居所】福岡県北九州市小倉南区長尾2丁目9番1号
発明の名称】ヒト成人皮膚万能細胞利用タンパク質製サイボーグ若返り方式体外離脱応用不老不死装置3
【解決手段】(イ)ヘミシンク技術か右脳右角状回電極刺激か特殊なビデオカメラ方式で意識エネルギーを体外離脱させる。(ロ)ヒト成人皮膚万能細胞から臓器や神経など作りタンパク製サイボーグの骨子にそのヒト成人皮膚万能細胞から自分の若い頃に似せてサイボーグの外側を作る。(ハ)該ヒト成人皮膚万能細胞タンパク製サイボーグ肉体に、該意識エネルギーを赤外線感知器でそのヒト成人皮膚万能細胞タンパク製サイボーグ肉体に誘導して固定する。以上の如く導かれるヒト成人皮膚万能細胞タンパク製サイボーグ若返り方式体外離脱応用不老不死装置。

これを見て、加治佐氏という人は一体何者なのだ、と思わない人は少ないのではないか。
しかし、加治佐氏のトンデモは、これだけではない。例えば:

【公開番号】特開2004-32821
【発明の名称】素粒子は過去に戻せるといった量子力学を利用した未来情報の2進法による過去への送受信装置

加治佐氏で特徴的なのは、下記のことである:
- 平成10年頃から出願しているが、ほとんど審査請求している。
- 今まで公開ベースで、51件もある。
- 弁理士を使わず、全て書面出願している。今はほとんどが電子出願なので、これは実はとても異例である。
- タイムマシンとか、死後の世界とか、量子力学、iPS細胞など、虚実さまざまな内容を取り混ぜている。
- 一件も特許査定になっていない。
- 出願公開請求書を提出して、早期公開を図っている。

これを見て思うのは、そこそこに科学知識のあるおじさんが、道楽で特許出願している、ということである。弁理士を使わないとはいえ、これだけ出願して手続きするのは、半端な費用では済まない。何かの自己顕示のための道楽であろうか、そうとしか思えない。こんな内容では、特許庁の審査で許される訳がなく、万が一特許になったとしても、ほとんど意味がないのではないか。
下記に、公開になっている加治佐氏の全特許出願の公開番号と、発明の名称をリストする。なお、下記の公開番号は、西暦表記となっていることに注意。例えば、1999200116は、特開平11-200116号公報と読む。

公開/公表番号 , 発明(考案)名称
1999200116 , デイバッグ対応雨合羽
1999208756 , 指を汚さない袋2(5人分用)
1999263096 , 標準消しゴム固定器昇降機能付きシャープペンシル
1999334268 , 形状記憶合金製リングを使用したバインダー
2000042025 , 水入り小袋とオキシドール含有脱脂綿付き救急絆創膏セット
2002354855 , 屋内外気温の温度差を利用した発電機能付きエアコン
2003088200 , レーザーパルスを利用した未来情報過去送受信文書化機
2003198642 , 左右に飛ばした電子のスピンの情報伝達速度0秒を利用して左の電子をモールス信号方式にすることによって未来の情報を過去に送る装置
2004032821 , 素粒子は過去に戻せるといった量子力学を利用した未来情報の2進法による過去への送受信装置
2004080981 , 小型の棒を加速器で早く回転させ特異点をつくりCTLを発生させその場に未来情報物を置き過去へ送る装置
2004135253 , ブレインワールド理論を利用した重力波を2進法で余剰次元へ照射してそこからの情報を送受信し解読する装置
2004197727 , 真空中でごくわずか離して平行に置いた金属板2枚が引きつけ合うカシミール力を利用した発電機
2004292049 , たばこ型飲料容器
2000042025 , 水入り小袋とオキシドール含有脱脂綿付き救急絆創膏セット
2005101509 , 素粒子又は原子過去戻し2進法方式素子から成るULSI
2005102494 , 一般相対性理論応用加速度運動利用重力制御タイムマシン
2005110500 , 多世界未来情報過去送受信やり取り装置
2005293617 , 暗在系6次元分(あの世)交信装置
2006018855 , 故人意識生き返り装置
2006021053 , 体外離脱応用不老不死装置
2006050900 , 裸の特異点(未来)を見る装置付随空間ワームホールタイムマシン
2006051380 , ユング式統合失調症治療装置
2006055651 , 意識体外離脱と肉体仮死状態応用未来若返り装置
2006074999 , 完成版空間ワームホールタイムマシン
2006079648 , 変動消費税率利用駆け込み需要応用経済財政金融システム
2006121104 , 完成版空間ワームホールタイムマシン2
2006136199 , 各時代出入り口時空地図測量作成および情報収集装置
2006139300 , 一般相対性理論利用一般4次元空間時空地図測量機器と地図作成ソフト
2006175243 , 原因不明精神病治療装置兼輪廻転生エネルギーサイボーグ移行装置
2006178484 , 未来過去何もかも見える装置
2006187647 , 精神病予防輪廻転生各時代時空地図ワームホール意識サイボーグ移行装置
2006222451 , 完成版空間ワームホールタイムマシン3
2006237644 , 完成版空間ワームホールタイムマシン4
2006266270 , 海水を燃料としたエンジン
2006275053 , 海水を燃料としたエンジン同時せっけん製造装置
2006288199 , 完成版空間ワームホールタイムマシン5
2006313571 , 太陽黒点利用人間心理仲介経済変動予測システム
2006336111 , 海水を燃料とした発電エンジン改良版同時せっけんや水等製造装置
2007048321 , 仕事の心の病ワーキングプア回避余暇ミックスワークシェアリング幸福安らぎ社会保障経済システム
2007087422 , ネット世界政府
2007124899 , テレポーテーション利用太陽燃え尽き時地球近辺恒星系地球瞬間移動装置
2007135597 , タンパク質製サイボーグ方式体外離脱応用不老不死装置2
2007175498 , 他人の考え分かり動かす装置及び精神検査治療装置
2007182895 , 水道水を燃料としたエンジン
2007185096 , 人工ダイヤモンドと人工太陽利用二酸化炭素削減装置
2007200344 , ベイズ統計学公式による予言が起こる確率ソフト
2007300797 , カシミール力応用電子蓄電池誘導式半永久機関
2007325497 , 地球の時間を止めて過去や未来に行き来する装置
2008154596 , ヒトiPS細胞初期化3遺伝子利用死者復活製法
2008163042 , ヒトiPS細胞初期化3遺伝子利用経口不老不死薬
2008178692 , ヒト成人皮膚万能細胞利用タンパク質製サイボーグ若返り方式体外離脱応用不老不死装置3

2008年8月18日

視線

今朝、電車に乗るためにホームで並んで待っていたら、たまたま、私の前にいた人が若くて色白で、髪のきれいな女性だった。それで、一瞬であるが、見とれていたら、後ろに目があるわけでもないのに(あったら恐いが)、振り向いて私の方を怪訝そうに見るのである。

すると、世間一般でそう思われているように、視線の作用というのはある、ということになる。これを唯物的な人なら、どう説明するのだろう。ちょっと仮想的に、書いてみる。

- 単なる思い過ごしである。
- 後ろで動いたので、風を感じた。
- 見つめることで、目の神経が働き、微妙な電磁波が出る。

これを未知の第5の力などと持ち出すと、それが唯物論の範囲であっても最早、普通の唯物論者とは認識してもらえない。よって、大体、上記のような説明が説明が、由緒正しい唯物論者がとる説明ではないだろうか。

しかし、私はどうも、上記のような説明では誰も納得しないと思う。なぜなら、女性ではないが、「てめぇ、ガンつけたな」とヤクザが絡むのは昔からあるので、やはり人間は、見つめられることで、何か感じることは間違いないと言ってよいと思う。

一番世間に受け入れられやすい説明は、「気」であろう。例えば、私は、自分は経験したことはないが、気の作用で、誰かがふっとばされるのを見たことがある。すると、見つめるということは、普段、体のチャクラに溜まっている「気」が、見られる人に指向される、と考えると納得がいく。

そういえば、修験道で山に籠もって修行する人は、修行を積むと、飛ぶ鳥を見つめるだけで落とすことができるという。こうして、実験的に、視線の実在性がかなり明確になったと言えないだろうか。

さて、視線が気の一種だとしよう。すると、現代物理学は、気をどのように位置づけるのだろうか。当然に、重力でもなく、電磁力でもなく、核力のような強い力でもなく、β崩壊につながる弱い力でもない。ということは、「気」を前提にすると、物理学の標準理論は早くも破綻していることになる。

すると言われるだろう、そもそも、「気」など前提にしなくても、ニュートリノ振動でも標準理論は破綻するし、重力の量子場を考えようとしても、破綻してしまう。

ああそうなのであった。では、その破綻を解消しようとしたスーパーストリング理論が、「気」を前提にしているかというそうでもない(おそらく多分)。もしそうなら、私が女性を見つめて、女性が怪訝に振り返るようなありふれた現象の作用を説明できないような現代の物理理論とは何なんか、とあきれてしまうのである。

OpenOffice

会社では当然に、普段、MSオフィス製品を使っている。具体的には、WORD、Excel、PowerPointである。Accessは、使ったことがない。とりあえず、つい最近までDbaseを使っていたことと、テキストファイル+Perlで、自分の範囲の簡単な業務なら何とかなるからである。

一方、私は基本的に、自宅のパソコンをほぼ会社と、作業ファイルにおいて、ミラーリングしていて、すると、アプリケーションとしてのMSオフィス製品も自宅のパソコンに導入すべきなのだが、流石に、5万円というMSオフィスの値段は、ちょっと買う気がしない。それで、自宅でMSオフィスのファイルを読み書きするのに使っているのは、オープンソースのOpenOfficeである。

OpenOfficeで、WORDに対応するWrite、Excelに対応するCalcは、相当使える。OpenOfficeも、バージョン1.xあたりまでは、文字化け、レイアウト崩れがひどくて、ほとんど使えなかった。しかし、バージョン2.xになってくると、ぐっと互換性が増した。すると、もともとMSオフィスだってバキバキに使いこなしている訳ではないので、大体は今のOpenOfficeで十分、ということになる。

それでもOpenOfficeで困るのは、対応する操作が、MSオフィスと微妙に違っていて戸惑うことである。また、微妙にOpenOfficeの方が、MSオフィスよりも機能が低かったりする(例えば、Calcのデータソート機能)。

あと、とても困るのは、チュートリアル本の欠如である。MSオフィスだと、解説本はゴマンとあって本屋で選択するのに苦労するほどである。ところが、OpenOfficeだと、そんな解説本なんてほとんど売られていない(アマゾンで見ると、3冊くらいはある)。これだけOpenOfficeがメジャーになってきたので、どんどん解説本も出ていいような気もするが、やはり依然として、MSオフィスより、絶対数は少ないか。それで仕方ないので、操作が分からないとオンライン・ヘルプを見るのだが、そのまた、見にくいこと。なかなか、目的の内容に行き着けない。

それと、私は使っていないけど、MSオフィスのVBAを使っている人は、OpenOfficeでは、完全に互換性が立ち消えてしまう。というのは、OpenOfficeだと、OpenOffice.org Basic、Javascript、BaseShell(Java)のどれかになるからである。Javaがスクリプトに使えるのは、OpenOffice自体がJavaに依存しているからである。だから開き直って、スクラッチでスクリプトを書こうという向きにはOpenOfficeも悪くないということになる。それでも、その解説本がないという困難にまたしても突き当たる。ともかく、VBAに深く依存している人は、MSオフィスにロックインされるよりない。同等機能をOpenOffice.org Basicで書き直そうなんて、誰も思わないだろう。

ところで、日経コンピュータ 2008/7/15号によれば、もともとは、OpenOfficeは、ドイツのスター・ディビジョンという会社の商用ソフトだったという。それを、サン・マイクロシステムズが買収して、2000年にオープンソース化した。当時、オープンソースがブームだった頃である。今でももちろんオープンソースは盛んであるが、とりあえずインフラの一部になったといえる。

サンの狙いは、マイクロソフトを出し抜くことだっただろう。その動きに、IBMとノベルが協調して、オープンソースのコミュニティに人を派遣するまでになっている。実際、サンは、OpenOfficeをベースに自社用商用ソフトStarSuiteを作り、IBMはLotus Symphonyを作り、ノベルは、派生として、OpenOffice Novell Editionを作った。

こうして、牛歩のようであるが、少しずつOpenOfficeは、MSオフィスを駆逐している。この流れは止められない。

これに対して、マイクロソフトは、MSオフィスの長所を、グループ編集機能と、セキュリティ機能に置く。しかし、今更で、インパクトには欠ける。

こうして、将来は、文書の標準フォーマットは、WORDのDOCから、WriteのODFになるのではないか。

2008年8月19日

独身生活

統計によると、日本男性の生涯未婚率は、約16%で、女性は約7%だそうである。この違いは、女性の方が独身でいる世間のプレッシャが大きいということと、収入という意味の生活力が男性より少ないので、結局妥協して結婚する、ということだろう(こういうと、結婚にネガティブみたいで、よくないが)。

私の理解では、本当に結婚したいと努力すれば、だいたい結婚できる。多少ともプライドを抑えて、いろいろな点に目を瞑ってであるが。ところが、仕事が多忙だったり、独身生活が楽しかったり、要するに面倒だったり、とてもシャイだったりして、生涯未婚の人の率が上記のとおり、というところだろう。

上記のような生涯未婚率をみると、男女とも、独身を通すことにそんなにひけ目を感じることはないのでは、と思われる。しかし、おそらく、男女とも、生涯未婚の人で、完全に結婚への憧れを断ち切っている人も多くないと思われる。憧れ以外に、独身だと、晩年孤独になってしまうのではないか、と心配する人もいよう。

そこで、晩年になってようやく初婚で結婚する、というパターンも今後増えてくるかもしれない。いわゆる、老後の茶飲み友達である。

ところが、若い頃は結構勢いでしてしまったりするが(後悔もその反動で大きかったりするが)、歳取ってしまうと、独身のわがまま生活がしみこんで、最早なかなか他人と協調することで難しくなる。だから、晩年初婚は、相当に人間的に相性がよくないとうまくいかないだろう。

ところで、独身の晩年孤独の心配であるが、実は結婚していても、孤独から逃れられるという大きい保証がある訳では全くない。典型的には離婚であり、病気による死別である。子供がいても面倒を見てもらえる可能性は期待しない方がよい。離婚しなくても、一緒に暮らしていて、あまり友好的な状態でないと、それは孤独以上の孤独ということになる。

こうして、やはり、独身を通すのも意外に悪くない、ということが分かる。ただ、世間が独身に走りすぎると、子孫繁栄が怪しくなる。だから、一方で、世間は結婚への幻想を煽る必要がある。

一方で、人生論的には、結婚ほど修行になるものはない。だから、私としては、子孫繁栄とは別の意味で、やはり一人でも多く結婚してほしいところである。

そう考えると、生涯未婚率で、男性約16%で、女性約7%というところに着目して、この間を取り持つところでビジネスチャンスはありそうである。さらには、男女交際のサロンを用意するとか。これは一歩間違えると、トラブルの場を作り出すことになりかねないが。

私が考えているのは、生涯学習と並行的な意味で、ある程度健全交際みたいなのも可能なような方面であるが、まだ全く具体的な絵が描けていない。いかにも煮え切らない趣旨であった。ということで、とりあえずのメモである。

2008年8月20日

万田酵素

新聞の全面広告に、万田酵素というのが掲載されていた。一体なんだろうと思ったら、植物用の栄養剤なのだという。

その作り方が、気が遠くなりそうであるが、掲載してみる。すなわち、雑菌の少ない冬季に、沖縄産の黒砂糖を蒸気で溶かし、果実類、かんきつ類を洗浄、乾燥させてすりつぶし、約半年醗酵させてベースを作る。その後、旬の時期に、根菜類、根菜類、海藻類を加え、熟成させるというものだが、なんと3年三ヶ月以上、熱も加えず自然発酵させるのだという。下記が、加えるものの詳細である。

根菜類:ニンジン、ニンニク、ゴボウ、ユリ根、レンコン

穀類/豆/ゴマ:白米、玄米、もち米、アワ、大麦、キビ、トウモロコシ、大豆、黒ゴマ、白ゴマ、黒豆

果実類、かんきつ類:リンゴ、カキ、バナナ、パイナップル、みかん、はっさく、ネーブルオレンジ、イヨカン、レモン、夏みかん、カボス、キンカン、ザボン、ポンカン、ユズ、ブドウ、アケビ、イチジク、マタタビ、山ブドウ、山桃、イチゴ、ウメ

海藻類:ヒジキ、ワカメ、海苔、青海苔、コンブ

糖類、その他:黒糖、果糖、ブドウ糖、ハチミツ、クルミ、澱粉、キュウリ、セロリ、シソ

万田酵素を作っている万田醗酵という会社は、私の準地元である瀬戸内、因島にあって、それでなんとなく親近感を感じて紹介した次第であるが、もともとは、1700年頃から続く造り酒屋「万田」で創案されたものである、という。

こうして凄い手間と原料を使って醸成したものなので、万田酵素の植物賦活剤は、100mlが1680円と、とても高価である。それで、これは1000倍に薄めて家庭菜園などに使うのだそうである。

ただ、素朴な疑問として、こういうことがある。普通の味噌は、米、小麦、大豆などを麹で醗酵させて作るが、一方で、大豆だけを醗酵させた八丁味噌というのがあって、普通の味噌とは違う独特の味わいがある。すなわち、沢山のものを詰め込んで醗酵させればさせるほど優れているとは、限らない。

それなのに、万田醗酵は、これでもかと植物性のものを多種類詰め込んでおり、やりすぎではないか、多ければ多いほど効果があるのか、という素朴な疑問が拭えない。

この広告には、万田醗酵で、人間の子供ほどもある巨大大根が育ちました、という写真もあるけど、なにしろ広告なので、やらせではないのか?と怪訝さが残る。結局根幹にあるのは、植物の肥料というのは窒素化合物のような無機質成分が主要で、万田酵素のような、人間の食べ物を使った醗酵成分が植物にも有効である、というのが、どうしてもしっくりこないからである。

と思ったら、万田醗酵のホームページをみると、健康食品というのもあった。うん、それだったらしっくりくる。ところがこれが、一番安いものでも、145g、11550円と、とても高価である。本当にそれで売れるのか、と、ずっと怪訝なままなのであった。

2008年8月21日

金メダル獲得競争

オリンピックを見ていると、中国がダントツなのは、地元の利もあって仕方ないとして、中国、ロシアの金が伸びていないのは、ちょっと意外だった。

ところが、ロシアに関しては、その低迷の理由について、選手と共に北京入りしたロシア国会議員が「グルジアとの交戦が、選手の集中力に大きく影響してしまった」と語った、という。また、「選手たちは祖国の人々に、自分たちが活躍する姿を見て欲しいと思っている。でも戦争によって祖国では五輪どころではなくなってしまった。選手は今、祖国の情勢にとても敏感になっている」とも言う。そういうもんだろうか。あの軍事行動は、結果的にロシアに有利に結末した訳であるから、愛国心を鼓吹されこそすれ、それで集中力を殺がれることはないのではないだろうか。

ただ、旧ソ連がロシアになってからは、ロシアの金メダルが漸減しているのは確かである。1つの理由は、近隣国の独立であって、例えば、ウクライナなどももともとはロシアの一部だった訳であるから、そういう国の金をロシアの金と数えると、とりあえずアメリカ並にはなろう。

一方、金メダルに対する微妙なニュアンスの変化も感じる。それは、次のようなことである。
1.スポーツ医学、トレーニング方法の高度化
2.国家の関与の低下
3.商業化の昂進

スポーツ医学、トレーニング方法の高度化とは、何人ものコーチがつききっきりで、体調管理、栄養管理、フォームの改造、など最近の成果を注ぎ込んでトレーニングすることである。水泳の北島など、その典型であろう。そういうトレーニングが採用され始めると、どんなに才能があっても、そういうトレーニングを受ける恩恵に浴さない者は、オリンピックで抜きん出ることはできない。ではその資金は誰が負担するのか、というと、企業だったり国家だったりする。

そこで、国家の関与の低下である。中国は、地元でのオリンピックということもあって、選手の育成にも半端でない資金と努力を投入した。それが。今回のダントツの金という結果だろう。しかし、金メダルの栄誉は、次第に個人に属し、国家に対する帰属は次第に希薄になっていくと考えられる。その理由が、商業化の昂進である。すなわち、商業化が昂進すると、中国の出身であっても、アメリカや日本などのマスコミに取り入りられやすくなる。そこでコマーシャルに採用されると、今まで見たこともないような巨額の富が得られる。その時点で、アメリカや日本などに移住して市民権を得るのもありである。

そういう商業化の昂進によって、国家は、次第に、才能の練磨を個人に委ねるようになる。中国の選手であっても、アメリカのスポンサーのサポートで、アメリカの施設でトレーニングする、などである。

ともあれ、うまくいえないが、今回の北京オリンピックが、国家規模の支援という意味で1つの結節点になるだろう。次回のロンドンから次第に、オリンピックは、個人ベースに変質していくのではないかと期待する。しかし、子供の頃からスポーツ一色でやっとオリンピックでメダルを取るというのは、なんとかならないか。スポーツは駄目になる年齢が低く、且つ、潰しが利かない。下手したら能力的廃人をつくりだすことにもなりかねない。子供のころからひたすら塾通いで一流大学をめざすこと以上の危うさを感じる。

Wii特許侵害事件

Webニュースによると、メリーランド州に本社があるHillcrest Labsは、米国時間8月20日に、Wiiが同社の保有する特許を侵害しているとして、米国際貿易委員会(ITC)および米メリーランド州連邦地方裁判所の両方に苦情を申し立てたという。米国際貿易委員会(ITC)への方の提訴は、米国への輸入禁止請求ということで、緊急的な措置である。米連邦地裁に対しては、金額は明らかにされていないものの、損害賠償を請求している。

Hillcrest Labsは、運動を感知するリモコン「The Loop」を製造しており、The Loopは、今回の論争の的ともなった特許で保護されているという。そこで、データベースでHillcrest Labsが保有する特許を調べてみたところ、下記の9件しかない。もし、運動を感知することがフィーチャなら、下記の赤字の特許だろうか。

US7414611 3D pointing devices with orientation compensation and improved usability
US7386806 Scaling and layout methods and systems for handling one-to-many objects
US7262760 3D pointing devices with orientation compensation and improved usability
US7260789 Method of real-time incremental zooming
US7239301 3D pointing devices and methods
US7236156 Methods and devices for identifying users based on tremor
US7158118 3D pointing devices with orientation compensation and improved usability
US7139983 Interactive content guide for television programming
US4947836 Exerciser with muscle stimulation

そこで、US7236156のclaim 1を見てみると、下記のとおりである。これを見ると、かなり細かいフィーチャまでクレームされており、技術の中身まで知っている人でないと、単なる一ユーザくらいでは、本当に特許侵害しているかどうか、さっぱり分からない。あるいは、これ以外の特許だろうか。

1. A handheld, pointing device comprising:
a first rotational sensor for determining rotation of said pointing device about a first axis and generating a first rotational output associated therewith;

a second rotational sensor for determining rotation of said pointing device about a second axis and generating a second rotational output associated therewith;

an accelerometer for determining an acceleration of said pointing device and outputting an acceleration output associated therewith; and

a processing unit for receiving said first and second rotational outputs and said acceleration output and for:

(a) establishing, during a training period, a plurality of hand tremor classes each of which is associated with a user by processing training data derived from at least one of said first and second rotational outputs and said acceleration output while said user is holding said pointing device without intentional movement; and

(b) determining, subsequent to said training period, an identity of a current user of said pointing device by comparing data derived from at least one of a current first rotational output, a current second rotational output and a current acceleration output to said plurality of hand tremor classes established during said training period.

ところで、7月にはテキサス州の連邦地裁が、Wiiリモコンではないものの、任天堂製の3つのコントローラが、テキサス州に本社があるAnascapeの保有する特許を侵害していると認定したばかりである。ということで、儲かっている会社は、deep pocketと称して、狙われやすいものである。金持ち喧嘩せずではなくて、金持ち、たかられる、である。世の中、うっとおしい。

歯からiPS細胞

Webニュースによると、産業技術総合研究所セルエンジニアリング研究部門(兵庫県尼崎市)の大串始主幹研究員が、未熟な親知らずの歯の細胞から、増殖能力が高く、さまざまな細胞に変わるiPS細胞を作ったと、シンポジウムで報告した。

京都大学の山中伸弥教授らがiPS細胞を作ったのは、採取しやすい皮膚細胞からだったが、それでも、皮膚細胞の採取には、採取する人から同意をとる必要がある。ところが、親知らずの歯だと、歯科医から入手可能で、個々人からの同意は少なくとも不要である。

それなら、髪の毛ばどうだろうか。理容院や美容院で、切った髪は簡単に入手できるが、もしかして、毛根以外の髪の細胞は最早生きておらず、iPS細胞作製には使えないのだろうか。

ところで、別途の記事によれば、産業技術総合研究所は、癌化しにくいiPS細胞の作製方法を考案したという。

このように、すっかり日本におけるiPS細胞の研究拠点は産業技術総合研究所に移った趣きがあるが、文部科学省は、自らの管轄の範囲で、ご本家の京都大以外、理化学研究所、慶応大、東京大を、iPS細胞の研究拠点に選んだ。

京大は山中教授を代表者に再生医療への応用へ安全な細胞の作製に取り組み、理研はiPS細胞から神経や血液、網膜の細胞を成長させ、動物に移植する実験を通して早期の医療応用を目指す。慶応大は中枢神経、東大は血液系の細胞を中心に細胞作製技術の研究で臨床応用を急ぐという。

2008年8月22日

ジョージア?

今週号のTIMEを読んでいたら、"Staring Down the Russians"という記事があった。それで、ああロシアの南オセチア侵攻の記事だよね、と思った。さらに読み進めていくと、"it (the West) won't tolerate any attempt to reassert control over Georgia"で立ち止まってしまった。えっ、ジョージア? なんでここで、ジョージア州が関係あんのよ、と怪訝な気持ちが広がったが、読み進めると、south Ossetiaに並んでGeorgiaがまた出てくるので、まさかと思って辞書を引くと、Georgiaとは、グルジアのことなのであった。この文脈で、当然にグルジアが出てくると考えるべきだが、グルジアとは、英語で、Grusiaのように書かれるとずっと思い込んでいた。まさか、Georgiaがグルジアとは。

確かに、英語の表記で不自然なのはいろいろある。例えば、ギリシャの哲学者プラトンは、ギリシャ語では確かに、Πλατωνであるのに、英語表記だと、わざわざ末尾のnを省略して、Platoと表記し、プレイトーとか発音される。文脈によっては、誰のことを言っているのか分からず、私の英会話力では、plate (皿)と勘違いすることもありえる。そういうことでは、アリストテレスだってAristotleだから、相当に趣きが異なる。

表記ではないが、発音で気に入らないのは、Zurichをズーリックとアメリカ人が発音することである。これ、ドイツ語ではチューリッヒなのであって、全く別の都市かと思ってしまう。これだけ英語が世界を支配しているので、スイス人はズーリックと発音されても、えっ、どこの都市?と疑問に思ったりしないだろうが、内心あまり愉快ではないのではないだろうか。これは中国の都市に喩えると、大連を、中国人に対して、ダイレンと日本人が発音するようなものである。ターリェンとか発音しないと、まず通じないだろう。

ところで、上記の"Staring Down the Russians"の記事の内容であるが、カーター政権時の国家安全保障担当大統領補佐官であったズビグネフ・ブレジンスキーが書いたもので、このようにロシアがグルジアやウクライナなど近隣国に圧力をかけ続けると、米国は、ロシアのソチで予定されている2014年の冬季オリンピックのボイコットを考慮する、という。

そこで改めて思い出した。オリンピックとは、開催国にとって、結婚式や葬式のようなセレモニーであって、招待された人(国)が、特段の事情もなく出席を拒否することによって、開催国に制裁を与えることができるものだと。その典型が、アフガニスタン侵攻に対する抗議として、1980年のモスクワ・オリンピックに西側諸国が参加を拒否したことであった。そういう意味では、北京オリンピックは、チベット騒動がありながら、よく参加拒否国が出なかったものだと思われるが、実は、アフガニスタン侵攻時ソ連と違い、アメリカ及び日本を含む西側諸国としては、経済的にも政治的にも、中国の覇権を無視しえない立場なのであった。

2008年8月23日

ちょっとだけ先生

私が住んでいる相模原市の特定の公民館だけに、「ちょっとだけ先生」という制度がある。それは、近所の有志が完全にボランティアで、自分の趣味や特技を公民館に登録して、必要に応じて、公民館、学校などで講師を務めるというものである。

私は一応、将棋を登録している。その他、書道、水彩画、木工工作、手品、大正琴、囲碁、パソコンなど多彩な人が登録している。趣旨は要するに、若い世代に何か伝えられればということらしい。それで私は、ちょっとだけ先生として、年に一度、近所の中学校に、将棋指導で呼ばれたりすることがある。

今日は、その公民館で、夏休み体験教室という催しがあった。対象は近所の小学生で、書道、絵画、工作、押し花など、ちょっとだけ先生に登録している先生がミニミニ教室を開く。夏休み体験教室といいながら、実は、書道、絵画、工作など、小学生が夏休みの宿題を仕上げてしまう意図だったりする。

でも、それだけでは寂しいので、と、体験教室と称して、やはりちょっとだけ先生が駆り出されて、救急救助、手品、将棋、囲碁のコーナーが設けられた。それで例によって私は、朝9時から午後3時くらいまで、将棋コーナーに詰めていた。

将棋コーナーは、囲碁コーナーと同じ部屋で、それぞれ盤面が5面ずつ用意されているのだが、一番困るのは、子供たちがほとんど来ないことである。それでも、館長のおじさんが呼び込みをやってくれたので、2時間で3人くらいは来た。ただ、それからが苦労で、ほとんど将棋を知らないのである。駒の動かし方さえ知らない子もいて、銀はこう進むんだよ、と一々説明するのは結構疲れる。少しだけ将棋が分かる子がいたので、即興でほとんど並べ詰みみたいな詰将棋を出題してあげたら、ある程度興味をもってもらえた。でも、頭金の局面で、ええと、と考え込まれるのも当惑した。

囲碁コーナーはもっと大変で、そもそもがお客さんが集まらない。それで、アマ五段とかいう近所のおじいさんも苦笑していた。ただ、そのアマ五段の指導法がユニークで、たまたまやっと来た子供二人に地の基本的概念を説明して、九路盤で、とりあえず陣地を囲うように打ってみなさい、と打たせる。途中で石を取ったりするような場面になるとそこで説明するのである。なるほどと思った。私の方は、超初心者への指導法は全く確立してない。

聞いてみると、囲碁の方は、地元のサークルがあって、公民館を借りて、毎週例会があるのだという。将棋のそういうサークルはないらしく、私が定年退職して暇になったら、ボランティアでサークルを立ち上げようかと、ふと思った。本当は、地元の子供で将棋の才能がある子供を見出してあるところまでは鍛え、あとはプロにお願いしてプロ棋士にするというのもやってみたい気はするが、そんな伯楽みたい才能が自分にあるなんて、公私共に思ったことも思われたこともない。無理かも。

体験コーナーでなんといっても一番の人気は、手品である。これは、地元で手品が趣味という人がやっていて、単なるアマチュアかと思ったら、実はあのミスターマリックにも教わったことがあるそうで、なかなか本格的である。少なくとも、私なんかの将棋よりずっとレベルが上である。ちょっとその手品の人と雑談したのだが、手品というのは基本的には道具なのだという。すなわち、高いお金を出して道具を買ってくる。そういう特殊な道具を使うから、ミスターマリック譲りの、お札にボールペンを貫通させて、抜いたら元に戻っているというトリックもできるのだそうである。なるほど。私はあまりにも不見識なので、手品というのは、隠し持っていてすりかえるばっかりだと思っていた。そうではなくて、特殊な、場合によっては何十万円もする道具がまずあって、それを使って猛練習してやっと、人前で演じられるのだという。だから、手先の器用さは必要だけれども、前面に出るものではないそうである。むしろ。話術の方が重要かも、ということである。

こうして、閑古鳥がなく将棋体験コーナーの講師といえども、副産物としていろいろな人の話が聞けて勉強になる。普段、仕事の範囲の人脈も行動範囲もとても狭い私には、よい経験である。

バスのネット予約

もろもろの予定が重なって、ようやく来週の末、遅れた帰省をすることにした。特に急ぐ旅でもないので、バスで帰ることにした。例によって、町田から福山までのメイプルハーバー号である。

前回は、神奈中バス予約センターに電話して予約番号をとり、その番号をメモして、チケットを買うために、町田の小田急トラベルに行った。それが異様に大変ということはないのだが、ネットでも予約が出来るときいて、そのWebサイトにアクセスしてみた。

それは、まずこのサイトにアクセスする。すると、ユーザーIDを作る必要があるので、パスワードと自分のe-mail addressを入れる。すると、そのe-mailに仮ユーザーIDが送られてくるので、それで、認証手続きを行う。

認証手続き後、そのe-mailと自分が決めたパスワードとで予約ができる。すると、そのe-mailに支払いコードと、受付番号(数字11桁)が送られてくる。その画面を印刷して、最寄のローソンまたはファミリーマートに行く。幸い、ファミリーマートは至近にある。そこに行って、Famiポートで手続きすると、申し込み券が印刷されるので、それを以ってレジに行ってお金を払うと、バスの乗車券が発券される。

メニューを見ると、Famiポートでは、バスだけでなく、航空券も買えるようである。すると、従来旅行会社が扱っていてマージンをとっていた仕事が、こういうネット業者とコンビニに仕事を奪われることを意味する。

このとき損害保険の申し込みなどにもあてはまり、ネットで直接申し込めると、もともと仲介していた人がすべて仕事を失うことになる。

これは些細なことかもしれないが、なにしろ、バスや航空券の発券は件数が少なくないだけに、旅行会社に与える影響は少なくないと思われる。

単なる仲介の仕事がなくなるとどうなるのか、いわゆる高付加価値の仕事に指向するのか、何にしても今までよりも人がいらなくなることは必須であり、リストラは避けられないと思われる。すると、余った人員をどうする、世間。

2008年8月24日

野球と囲碁

北京オリンピックの野球で金を取ると豪語していた星野監督であるが、結局、メダルなしで終わった。悔しがる人々がいろいろな意見を言っているので、それを纏めて、可能なら私もコメントしてみる。

まず、一番の敗因は、星野采配のまずさであろう。そもそも、不調の岩瀬を韓国戦の終盤の急所に使い、やっぱり打たれた。采配が、人間関係の情に偏っている、という批判は甘受せざるを得ないだろう。情という意味では、首脳陣が田淵、山本浩二、大野など、星野の仲良しクラブになってしまっている。これでは、いい意味での、首脳陣内の緊張を欠く。なれあい采配になってしまう。

次に人選。そもそも打撃陣が小粒になってしまっている。松中や金本など、いくらでも大砲はいるのに、メンバーに入っていない。日本は、松井、松坂、イチローなど、主要メンバーをメジャーリーグに取られてしまっており、メジャーリーグ自体がオリンピックに協力的でないので、そういう人は基本的にオリンピックに出られない。それなら、日本は必死になってベストメンバーを組まなくてはならないのに、ペナントレースの各チームの顔色窺うような妥協した人選になってしまっている。

あと、星野の短期決戦向きでない采配スタイルである。星野は今まで、監督して一度も日本シリーズを制覇できていなという。意外にじっくり信頼養成タイプなのかもしれない。

それと結局は、日本は、勝利に徹するスタイルでないということがある。例えば、周知のように、日本の囲碁のプロは、韓国や中国の囲碁のプロに、世界大会でいつも惨敗している。専門家はこう分析する。韓国や中国の囲碁は、実に実戦的で勝負に辛い。スピード感にあふれる、定石の研究も、これでいい分かれというところで止めないで、どちらかが潰れるまでの変化が研究される。また、形的に筋悪でありえないと思われていた形も、韓国や中国では、平気で研究され追及される。これは私の意見であるが、藤沢秀行や武宮の勝負の美学が日本の囲碁の棋士の根底にあるのだろうか。それは囲碁の芸術性を高めることには貢献するけれども、ぎりぎりの勝負になると、ときとして甘さにつながる。美学に従う感覚に委ねることで、読みの突っ込みが浅くなってしまうのではないかと思われる。

こう考えると、星野の采配スタイルは、日本的な、あまりに日本的な、である。彼独特の野球美学が結局、国際舞台の短期決戦の場で、足をひっぱったのである。韓国は一方で、囲碁と同様に勝負に辛く、勝つことに徹した。こう考えると、私的には納得がいく。

野球と囲碁というタイトルに従えば、ここで稿を打ち切るところであろう。しかし、蛇足を書く。それは、藤沢秀行や武宮の勝負の美学のところである。なるほど、そういう美学は、確かに勝負を甘くする。しかし、数学などの自然科学では、有効に働くことがある。数学者の藤原正彦の「国家の品格」は、あまりにも論旨が粗雑だとして批判を浴びているが、彼が数学について語るところは、かなり信頼に足りる。それは数学は結局は美的な感性に依存する、という岡潔流の趣旨である。実際世界の一流の数学者も言うように、数学や理論物理で、細かい計算も行われるけれども、結局はそこで重要になってくるのは、曖昧な概念の間に類似性を見つけたりすることである。すなわち、数学の世界では、近似計算などの分野を除き、実戦的好手というものはあまりないのではないか。結局、韓国では論理の世界での美的な感覚というものがあまり重んじられず、それが結局、韓国の囲碁や野球が世界に冠たるレベルであるのに、韓国の自然科学が、世界の一線級のレベルに今一歩届いていない理由ではないか、と推察する。

ということで、長所は欠点につながり、欠点は長所につながるので、あまり近視眼的な成果でものを見ない方がいいのではないか、という言い古された意見を述べてみただけである。

職業の貴賎

今から8年くらい前までは、仕事でよく米国に出張に行った。打ち合わせの会議に出席するためであるが、いつも一人で行くので、日本人は私一人ということが多く、ホテルでも一人寂しく食事をすることが多かった。

そんな中で、米国特許弁護士のWさんは、なぜか私のような者にも声をかけてくれて、いろいろアドバイスしてくれた。私が例によって一人でホテルで食事をしていると、同じ会議に出席したWさんが、同席してもよいか、と声をかけてくれた。もともと、打ち合わせで、e-mailのやりとりはよくする仲だった。

そこでWさんは突然、こういう話をしてくれた。自分の父親は一生ホテルのドアボーイだった。とても平凡な仕事とだと君は思うだろう。でも、父親は、その仕事にプライドをもっていた。そんな父親は、もう亡くなったが、今でも自分はとても尊敬している。その父親の教えは、どんな仕事でも大切である。真面目に従事しなくてはならない、というものであった。

その話を聞いてとても意外だった。というのは、Wさんは、とても秀才で、私は、自分が出会った人の中で、彼以上の秀才を知らないといってよい。米国東部の名門MITを卒業して、ロースクールを出て特許弁護士になった。とても多弁で、しかも一言一言がいちいち筋道が通っている。また、文章を書くのも、非常に速い。あるとき、日本から夜10時頃、私はWさんに問い合わせのメールを送った。そこで一息つくためにトイレに行った。高々数分のブレークである。ところが席に戻ってみると、Wさんから長いメールの返事がもう来ていた。印刷すると、A4で2ページにも達するほどである。

Wさんは、とても筋の通った人で、上司からの指示でも、会社の方針であっても、おかしいと思ったら、きちんと反論した。私が見ても、Wさんの方に分があると思ったが、その上司から疎まれて、Wさんは要職から外された。それで米国内の地方の部門の中間管理職に異動したが、どう考えても降格人事であった。優秀なWさんなら米国内で引く手あまたであるに違いなく、辞めるかなと思ったら、Wさんは淡々と、真面目に、その新しい職務をこなした。シリコンバレーなどに企業家精神溢れる人達が沢山いるのは事実である。しかし、米国には日本人よりも多様な人がいる。Wさんのように、エリートの経歴なのに、古臭いといってよい道徳観を維持する人もいる。それで、今日Wさんのことを思い出して、職業の貴賎とか何かと、ふと考えてみた。

貴賎というよりも、世間的に通りがいい職業とは、この資本主義の世の中にあって、収入が大きい仕事だろう。では、収入が多いという意味では、パチンコ屋の経営者はとても儲かるが、世間的に通りがいい職業とはあまり思われていない。それはおそらく、他人の射幸心につけこむからであろう。また、儲かるとしても、デイトレーダーも世間的に通りがいい職業とは思われていない。不安定すぎるからであろう。では、Wさんのお父さんの仕事、ドアボーイはどうだろうか。それは、あまり専門的な仕事ではないと思われている。また、他人に尽くすモードが歓迎されないだろう。

こうして、世間的に通りがいい職業は、次のような性質をもつ。
- ある程度収入が多いこと。
 これは言うまでもない。
- 安定していること。
 これも然り。
- 専門的技能を必要すること。
 努力なく、簡単にだれでも従事できるとつまらない。
- 世間に知られた職業であること。
 ネイリストとか、微妙かも。
- 他人に尽くすよりも寧ろ、他人の成果やサポートを利用するような仕事であること。
 こういう点で、ごみ収集車の運転手は尊敬されない。弁護士も、先日このプログで述べた家本さんのような人だと、他人に尽くすモードなので、弁護士であっても、ああなるのは、と敬遠される。

ただ、究極的には、仕事は世間的な通りのよさで選ぶべきではないだろう。何かの巡り合わせで従事することになった仕事に、世間的な通りのよさをあまり気にしないである程度適性があるなら、続けなさいというのが、Wさんの教えで、結果的に私もそうなっている。私にとってわくわくするような仕事でもないが、適性は普通だろう。そんな私だから、なんとなくWさんとウマがあったというだけで、到底一般化できるような話ではないようである。

大人問題

Webの書評にあったので、五味太郎の「大人問題」を買って読んでみた。

基本的な趣旨は、社会問題であったり、教育問題であったり、要するに大人社会のさまざまなことの因習や不合理さに疑問を呈するものである。子供の目で見ているというのでもない、なるべく本質的なところから、物事をみつめようという趣旨である、

面白い、と思ったのは、「運動会が疲れている。」という表現。運動会で疲れているのではない。何百万回も同じことやらされて、運動会がうんざりしている。花見もそう。

また、今の学校には、勉強したい人を却って嫌にさせるところがあるというのもそうである。ただ、私にも若干の反論があって、退屈さに耐える練習としての学校、やな奴ともしぶしぶ付き合う訓練としての学校も意味があるのか、と思うのだけれども、日本の学校はやはり型にはめすぎであろう。

で、五味氏が批判するのは、大人社会の実験精神の欠如である。それがいいとは思わないのに、昔のやり方のままを続ける。理由は、その方が頭使わなまていいからである。だから、五味氏は、大人が勉強不足だと批判する。工夫が足りないと指摘する。このことは、学校に合わなければ途中てせ辞めていいという言い方と矛盾しない。むしろ、学校に頼らずどこかで工夫して自分で生きていかなくてはならないのだから、ある意味厳しいといえる。

だから、五味氏は、個を重んじる。それは別に全体に奉仕しないという意味ではない。思考停止になって盲従しなくてもいいのでは、勉強したくないことはしたくない、とはっきり言っていいのでは、ということである。

で、いろいろなことが書かれてあるけど、一番感心した言葉は、「行きたい方向がなんとなくあると、人生それなりに甘いよ」で、まさに、実は、不謹慎ながら、私も、人生もやりたいことを見つけてそこに努力していると結構楽、というのは実感である。いまだっていろいろ仕事や実生活で辛いことはあるれど、もしかして一番辛かったのは、私にとって小学生の頃かも。だって、理由不明で変人と苛められ、鉄棒の逆上がり、学年でできないの僕だけだとみんなから馬鹿にされ、徒競走は圧倒的最下位。

なにか好きなことをみつけて努力するということの楽しみの最初が将棋だった。将棋と出会って、ちょっとだけ人生が甘くなった。だから、やりたいことなんてない、なんて言う人に出会うと私は、ただ当惑である。

あと、よく会話で、「あいつはガキだ。」とか、「とても子供っぽいわね。」とか、同僚の大人を批判するのに、子供っぽいことを否定的に使う人がいて、私はとても違和感を感じる。私はむしろ、親しみを込めて、子供っぽいと同僚を呼ぶ。私もそう呼ばれることを喜ぶ。子供っぽい感性というのは、学び、発想するために、どうしても必須だと思っているからである。子供っぽいことを否定的に使う人は、この五味さんの本読まないかも、まあどうかな、と言ったら、きっと五味さんは、そんなのどうてもいいではないですか、というだろう、きっと。

そういえば、五味太郎といえば、「みんなウンチ」という絵本の作者なのであった。うちも以前買ったことがあるのを思い出した。家族でとても楽しく読んだのを思い出した。

2008年8月25日

佐藤玲

昨日、見るともなく情熱大陸というテレビ番組を見ていたら、佐藤玲という24歳の女性アーティストの特集だった。

まず、佐藤は、カメラを片手に、古い町並みや、空き地、草叢など、普通写真家が見向きもしないようなところの写真を撮って歩く。なんだ一風変わった写真家かと興味を失いそうになった。この写真が私のキャンパス、という言い方をするのだが、ああそうと特に感想もない。

ところが、次に、写真と絵を組み合わせたような作品をみて、芸術心のない私もつい、目を引かれた。絵といっても、人間や動物、植物などがメルヘンチックに描かれている。もしこの絵だけみたら、ちょっと気の利いた少女の悪戯書きとしか思わないだろう。しかし、背景の写真と妙にマッチし、独特の世界を醸しだしている。

これはきっと、写真をフォトショップあたりでレタッチし、イラレで絵を描いたんだよね、とコンピュータに多少馴染みのある私はつい思う。ところがそうではなく、撮影した写真をまず、特殊な印刷装置を使って、油絵用のキャンパスに印刷するのだという。

そうしておいて、次は、写真が素地になっているキャンパスに、油絵絵具や水彩絵具を使って、絵を描く。それだけなんだけど、佐藤玲はとてもほんのりしたキャラクタで、最初はぼやっとキャンパスを眺めるだけ。見つめていると段々楽しくなってきて、イメージが湧き始める。すると、そのイメージに沿って描くだけ。ほとんど必然なのたという。

それは不思議な世界である。とても楽しい。大学生の頃、夢で一度、極楽のお花畑を見たことがあるが、非日常的な楽しさだった。あれにイメージが近いかも。

こういう画風なので、もともとの写真は却って殺風景な方がよかったりする。その方がイメージを掻き立てられるのだろう。足りないものを足す絵なので、写真の段階で完全に揃っていてはまずい。

こちらが、佐藤玲のブログである。Webの記事によると、"最初のGEISAI(2002年)で村上隆に才能を発見され、その後パリのカルティエ財団で開催された「ぬりえ」展を始めとして、多数のグループ展に参加。ここに来て、アーティストとしての目覚しい成長を見せています。"ということだそうである。つい最近は、ニューヨークでの個展も成功させた。

芸術系はからっきし苦手だが、興味を惹かれたので、つい書いてみた。

コンピュータ将棋は止まらない

以前に、情報処理という雑誌に、コンピュータ囲碁の特集があったことをブログに書いたが、今月号の情報処理に、「コンピュータ将棋は止まらない」という記事がある。まさに、CCBの「ロマンチックは止まらない」を奏でながら、コンピュータ将棋は、私のような弱小アマチュアが見えないところまで行ってしまった。まるで昨日の北京オリンピックの男子マラソンである。日本選手は、ケニアの選手を仰ぎ見るだけである。やがて、視界からも消えていく。

情報処理の「コンピュータ将棋は止まらない」は、あまり背景を知らない人を前提としているので、私には全く新規であることがあまり多くない。そこで差分だけに注目しながら、私もコメントも述べてみる。

さて、同記事であるが、はこだて未来大学の松原仁さんによると、コンピュータ将棋の棋力は、次のように伸びてきている:

1996年 アマ初段
1998年 アマ二段
2000年 アマ三段
2002年 アマ四段
2004年 弱いアマ五段
2006年 強いアマ五段
2008年 アマトップクラス

この見積もりは、2000年以前はちょっと甘めであると思うが、ここ数年については、異論はない。少なくとも、2000年に入ってからは、2年で香一本ずつ強くなっていると言っても過言ではないと思う。

そこでXデーの予測、すなわち、いつコンピュータが、プロのトップ(おそらく羽生名人)に勝てるかである。もし羽生名人に勝とうとすると、コンピュータは、今のアマトップクラスから、角一枚、強くならなくてはならない。それはおそらく香三本分くらいだろう。すると、とりあえず、2015~2016年あたり考えるのが妥当である。実はそれは松原仁さんの予想なのであるが、小谷善行氏、飯田弘之氏など、将棋側というよりもコンピュータサイエンティスト側からの予測でもあり、どうしても身びいきになるのは仕方ない。楽観派の所以である。

悲観派だったとしても、2020年だったら、というのには渋々頷くのではないだろうか。コンピュータの圧倒的な発展を目の当たりにしているからである。

で、問題はどうやってコンピュータ将棋を強くするかである。今のボナンザのような、将棋の非専門家が、コンピュータをぶんまわして、評価関数を最適化するのではそろそろ限界だろう。すると、いよいよ専門家のヘルプを借りるフェーズがきたことになる。専門家はできれば、プロのトップレベルの人が望ましい。しかし、今の趨勢ではまだ、日本将棋連盟が許さないだろう。

そこで、日本将棋連盟から退会させられた棋士に注目する。典型的には、三段リーグ退会者である。三段リーグ退会になると、しばらくは将棋を見たくもないだろう。しかし、数年以内に猛烈に指したくなってくる。もしかして、日本将棋連盟を見返したい気持ちも出てくるかもしれない。それに着目したのが、鬼将会じゃなかった、あるスポンサー。コンピュータに詳しくて、資金が有り余っている、そうマイクロソフトあたり協賛してくれないかな。

そういうスポンサーがあらわれて、奨励会退会者、アマ強豪、コンピュータ将棋プログラマ、大学や企業の一線級のコンピュータサイエンティストたちを集める。スポンサーは、給与を保証する。また、ハードウェアも提供する。こうして、プロジェクトXが始まる。

プロジェクトXは、次のようなテーマをもつ:
- 既存のコンピュータ将棋を改良することの是非の研究
- 強豪棋士の大局観や読みをどう知識ベースに取り込むかの研究。特に、指しながらのリアルタイム学習とリアメタイム感想戦。これはまだやられていないと思う。
- 将棋専用超並列コンピュータアーキテクチャの研究。これは、思考エンジンをハードウェアでもち、高速並列実行する。

さて、これが出来たら、プロ将棋は廃れるだろうか。私はそうは思わない。寧ろ、このツールを使って、新しい定跡の研究が進む。プロの研究も、コンピュータを使ったものがメインになるだろう。それを嘆かわしく思う人は棋界を去るかもしれないが、それはそれで仕方がない。少なくとも羽生なら、そういう競争状態を歓迎するだろう。さてXデーはどうなるか?

試験不合格

ちょっと前のWebニュースで、原動機付き自転車の運転免許筆記試験に受からないことに腹を立て、試験場の2号館1階ロビーで、申請書類記載台を倒してガラス部分を割った備品を壊したとして、神奈川県警旭署は8月18日、器物損壊の現行犯で横浜市都筑区勝田町、無職大類孝男容疑者(68)を逮捕したという。なんでも、大類容疑者は、原動機付き自転車の運転免許筆記試験に10回連続で落ちたそうである。

原動機付き自転車、通称原付の運転免許は、実技試験がなく、筆記試験だけで取れるが、だいたい勉強の嫌いな札付きワルみたいな高校生でも、一発で受かる。数ある国家試験の中で一番易しいのではないだろうか。だから、いくら60歳を超えているとはいえ、この試験を受けて10回連続で落ちるというのは、知能の問題というよりも、ADHDなどの注意欠陥・多動性障害などではないかと推察される。

そういえば私が30歳過ぎて、自動車学校に通っているとき、なにしろ半年以内に合格しなくてはいけないということで、毎週末、教官に怒鳴られぱなしの私は、運転免許などどれないのではないか、と不安だった。ところが、教官が言うには、今までこの自動車学校に通って、実技が原因で結局免許が取れなかった人は一人もいない、しかし、筆記試験で結局免許が取れなかった人はいくらでもいる、という。ということは、大類容疑者のような人は、意外にいるのかもしれない。

また、ある本で読んだのだが、京大医学部を卒業したのに、何度受験しても、とうとう医師の国家試験に合格できなくて、医師を断念した人がいるという。あまり聞いたことがない私立医学部ではなく、京大医学部というのだとかなり意外であるが、やはり一種の学習障害に陥ったのだろうか。

米国の司法試験では、ロースクールをきちんと卒業すれば、あとは択一みたいな試験で、だいたい一度の試験で8割から9割は受かり、一度落ちても二度目までには、ほぼ99%が受かるという。それでも、ごく稀に何度も何度も受験している変わり者もいる、というから、世間には生まれつき、あるいは、なにかの病気で試験に合格できなくなる人がいる、ということになる。

そういう私も試験が得意でなく、先日受験したTOEICも嫌で嫌で仕方がなかった。私くらいの歳で、老後の備えとして、資格試験に挑戦している人がいるが、私は死んでも嫌である。この歳になって、もう試験なんて受けなくて済むというなら、なんと幸いなことなのだろう。

2008年8月26日

心のDNA

例えば、アリストテレスの入門書を読んでいると、アリストテレスは、プラトンのアカデミアに学んだのに、イデアの存在を認めず、事物とその関係しか実在でない、とプラトンに真っ向に反対している。

これはもとより、プラトンが正しいとかアリストテレスが正しいとか、そういうものではなく、心の嗜好(思考ではなく)を根源とするものであって、人類の最も偉大な哲学が、単なる嗜好に拠るということに今更当惑を覚える。

ここでいう嗜好は多岐に亘る。より卑近には、文系か理系か、絵画か音楽か、囲碁か将棋か、数学か物理か、法学か経済か、一神教か多神教か、(将棋において)振飛車か居飛車か、(囲碁において)厚みか地か、テニスか卓球か、など嗜好を分かつ多くの分岐点があり、上記のイデアか個物の実体かもその1つに過ぎない。

では、このように嗜好を分かつ根源は何かという問いかけの1つの答えはDNAである、というものであろう。なぜなら、DNAこそが先祖代々引き継ぐもので、われわれの資質は、肉体的なものであれ、精神的なものであれ、DNAに籠められている、というのが、世間一般に納得されているところだろう。

これに対して私は、軽く異議を唱えたい。すなわち、いわゆるDNAは、肉体にしか及ばない、という主張である。そして、精神的な資質は、心のDNAに拠る、というものである。

心のDNA? それは何だ、という問いかけは当然にある。そこで私は、古来インドから伝承される、輪廻転生を、今更のように持ち出すのである。すなわち、デオキシリボ核酸であるDNAに規定されて作り上げられる肉体に、心のDNAをもった魂が宿るのである。こういう命題は、今まで何百万回と繰り替えされたろう。いかなる意味でも、私のオリジナルではない。だから、残念ながらこの稿に目新しいことは何もない。単なる古代からの知識の整理にすぎない。

さて、心のDNAをもった魂は既に、前世での多様な経験をもつ。また、解決すべき課題ももつ。いわば、沢山夏休みの課題を抱えて、よく分からない世界から、この現世としての田舎のおじいさんの家(仏教的に言うと、穢土か)に遊びに来た子供のようなものである。そして、上述の心の嗜好は、心のDNAにオリジンをもつ。

そこで唐突ながらモーツァルトの例を挙げる。彼は、生まれながらの天才であって、流れるように作曲した。そう、作曲したというよりも、単に昔の記憶を思い出したのである。溢れるような過去の想起を書き連ねたに過ぎない。

だから、生まれつき音楽の才能がある者、将棋があっという間に強くなる者、またたくまに現代数学の根底のような代数の理論を打ちたて早世したガロア、それはすべて心のDNAの発露による。肉体のDNAでは全く説明がつかないだろう。

では肉体のDNAの役割はというと、身長、容姿、運動神経、頑健さ、遺伝的疾病などである(肉体を使うけれども、歌のうまさは寧ろ、心のDNAに属すだろう)。だから、先日閉会式を終えたオリンピックはまさに、肉体のDNAの祭典なのであって、心のDNAの要素は大きくない。ただ、メンタルの要素が大きいスポーツもあって、この辺は私もよく分からない。

心のDNAの存在を仮定すると、心のDNAに支えられていない資質に努力を傾注することの空しさが浮かびあがる。すなわち、受験勉強に強いというのもおそらく心のDNAの資質であって、おそらく親から遺伝で引きついたものではないので、親が受験勉強に強かったとしても、子供もそうだとは限らない。その逆もそうである。典型的には、将棋の才能や数学の才能にそれを窺うことができる。そこを勘違いして、肉体のDNAに心のDNAも籠められていると勘違いすると、ノーベル賞受賞者の精子を冷凍保存してそれで子孫をつくろうという馬鹿な発想も生まれる。

ということで、心のDNAは、肉体のDNAとは独立に存在する、という命題をとりあえず記しておいて、追々議論を精密化したいと思う次第である。

2008年8月27日

サラリーマンの賞味期限

適当にWebを見ていたら、サラリーマンの賞味期限という記事があった。話半分としても面白いので、簡単に紹介しつつ、コメントする。

この記事によると、職業別の限界の年齢は、次のとおりなのだという:

プログラマ → 35歳
外資系コンサルタント → 32歳
人材派遣会社営業 → 30歳
プロダクトデザイナ → 35歳

プログラマを限界付けるものは、体力と学習能力である。体力という意味では、徹夜作業になることが少なくなく、いまや、IT土方と言われている。学習能力という意味では、新しいコンピュータ言語の習得は大変である。例えば、C++を知っていても、では似ているJavaが簡単に書けるかというと、なかなかそうもいかない。単なる練習プログラムでなく、業務用に使えるものを書くのは大変である。

外資系コンサルタントも、果てしない学習に晒される。もともと、よく分からない概念を売りにしなくてはならない。よって、先ず学習能力、次に足で稼ぐという意味で体力勝負である。

人材派遣会社営業は、激しい競争に晒される。もともと、差別化が難しい。よって、働いて働いて、少しでも競争相手に先んじなくてはならない。体力勝負。

プロダクトデザイナは、車のデザインのように、感性が売りである。ところが、製品サイクルが激しく、次々にデザインしていかなくてはならない。感性は下手するとあっという間に磨耗してしまう。

よって、上記のような職業の限界を規定するのが、体力、学習能力、創造性、感性であることが分かる。

私は研究所というところにいるので、研究者や開発エンジニアという 人達と普段付き合っている。すると、ある時点で、営業やSEに回されたりする。それは、プロジェクトがなくなったり、あるいは営業のフィールドの側で技術に強い人材が必要ということになったのかもしれないが、第一線の研究開発ができなくなったという理由もあるのかもしれない。そこでは、体力も然ることながら、学習能力、創造性がキーであろう。

翻って私がやっているような特許実務は、というと、体力はそこそこでいいし、創造性、感性は特に問われない。学習能力はある程度必要であろう。ということで、比較的限界年齢が高い。あまり高度な技術のものを扱わなければ、下手したら60歳後半くらいまで働けるだろう。もちろん、その分、研究開発エンジニアが感じるような創造の喜びはないし、営業マンが大きなディールを勝ち取ったときのような明確な達成感もない。よって仕方ないが、一般的に、会社役員レベルまで昇進できるチャンスは少ない。

長年会社にいながら、実は他の事務系の仕事の実情をほとんど知らない。経理、総務、人事、資材、購買などである。法務はある程度分かる。法務で弁護士だと流石にかなり優遇されるだろうが、まだ社内弁護士は世間で一般的でない。そういう事務的な仕事も、私の仕事と似たようなものなのろうか、何しろ知らないのでなんとも言えない。

ともかく、私のような特許の仕事とか、経理、総務、人事、資材、法務だと、比較的年齢が高くても落伍しないでできる可能性が高く、うまくいくと安逸を享受できることもある。しかし、OA化というか事務合理化の波から結局逃れられないだろう。経理や法務もSOX法など新しい仕組みを勉強して追随しなくてならない。

合理化が進むと、明らかに人員がそれほど必要でなくなる。典型的には旅行会社のチケット取次ぎ業務が、インターネットの普及で激減し、旅行会社でも大幅なリストラが行われることが必然ではないか、という話を先日友人から聞いた。

どうして、私がいるような事務部門が例外たりえよう。すると、今後、どの会社も多数の企業内棄民、企業内失業者を抱えることになるのだろか。そういう人たちに、どのような仕事を作り出していったらいいのか。なかなか課題は大きいのである。

スーパーで賞味期限が切れた食べ物は単に捨てられる。賞味期限が過ぎたサラリーマンは?というところである。

オバマ暗殺計画

Webニュースによると、コロラド地区連邦検事局は26日、米民主党大会の開かれているデンバー市内のホテルでライフル銃2丁や覚せい剤を隠し持っていたとして、白人至上主義者のショーン・アドルフ容疑者(33)ら3容疑者を24日に逮捕したと発表したという。調べによると、アドルフ容疑者は以前から、黒人であるオバマ氏の暗殺をほのめかしており、別の容疑者はアドルフ容疑者から「デンバーにライフル銃を持ってくるように依頼された」と供述しているという。

実際、以前にブログにも書いたように、オバマ暗殺の可能性は周知であるところである。ただ、私はタイミング的に、これは本物の暗殺計画ではなく、もしかして、オバマ陣営に密かに依頼されたのではないか、と推察する。

というのは、台湾総統の陳水扁の暗殺未遂事件を思い起こすからである。すなわち、別のWebの記述を引用すると、「2004年3月19日、民主進歩党の陳水扁総統が、台湾南部の台南市内で銃撃を受けた。任期満了で再選を目指し、翌20日に迫った総統選挙の遊説中だった。また、その際オープンカーに同乗中の副総統候補、呂秀蓮女史にも凶弾が命中。二人は腹部や脚部を負傷する惨事となったが、応急処置で生命には別状が無かった。陳総統らは急遽、台北の総統官邸まで帰り、メディアを通じて元気な姿を明らかにした。 」というものである。

そのとき選挙の前評判で圧倒的不利だった陳水扁陣営は、この事件で同情票を掻き集め、翌日の選挙では微差で選挙に勝利し、陳水扁は今年4年に任期を全うした。

この事件が怪しいのは、選挙の直前と、あまりにもタイミングが良過ぎるのである。また、結局、ターゲットに、なんら重大な障害をもたらしていない。

これとの対比でいくと、1974年の韓国の、朴正熙大統領の狙撃事件がさらに思い出される。在日韓国人の狙撃手、文世光が朴正熙の暗殺を目論んだが、結局、夫人の陸英修の方を射殺してしまった。このように、本気で狙うとなかなか、単なる怪我というのには留まらない。ましてや、その後「メディアを通じて元気な姿を明らかにした。」なんて、あり得ないのである。朴正熙は結局、1979年に本当に暗殺されるのであるが、それはまた別のストーリーである。

オバマの件に戻って、ああやって、わざと警察に捕まるようなことを、本当の暗殺グループなら、絶対にやらない。本気でやるなら、深く静かに計画し、その片鱗も計画のそぶりも見せない。だから、オバマは、マケインとの戦いに自信がもてず、余計な策を弄したのかと、つい邪推してしまうのである。

About 2008年8月

2008年8月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年7月です。

次のアーカイブは2008年9月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。