« 2008年8月 | メイン | 2008年10月 »

2008年9月 アーカイブ

2008年9月 1日

念力

竜王戦の挑戦トーナメントで、羽生は、深浦に必敗の将棋を拾った。王手に、深浦が合駒しておけば全然詰まないのに、ふいと深浦が王を上がってしまったので、詰まされてしまった。深浦は粘り強い棋風で、こういうイージーミスは少ない方である。とても意外であった。

竜王戦の挑戦トーナメントで、羽生の次の相手は丸山。ところが、これもまた、羽生は、いつ投了するかの問題、というほどに必敗になってしまった。唯一の綾みたいな角打ちの勝負手を放ったが、それには、激辛の丸山なら絶対に逃さない金打ちの受けがあり、それで羽生は完全に投了、竜王挑戦の夢は、今期は絶たれたはずである。

ところが、丸山は、まったく「らしからぬ」王引き、その引いた王の頭に歩を打たれて、一気に逆転である。

ちょっと前に少しだけ流行った星野卓也という早口芸得意のピン芸人の言い方によると、「ありえないんだけど、ありえないんだけど。」である。すると、ああまた羽生マジックか、ということになるが、それで終わってしまっては思考停止なので、もうちょっと考えてみる。

で、今更何の意外感もない命題なんだけど、どうも人には短距離力としての念力というものがあるらしい。それは、近くにいる人に、自分が思うことをさせるのである。もしかして、気の一種かもしれない。

これは羽生専属かというとそんなひことはない。万人にある。例えば、私が田舎に帰ったとき、たまたま実家に将棋の腕自慢という大工さんが来ていた。聞くと、アマ初段だという。すると、私はよほど酔っ払ってでもいないと平手ではまず負けない。ところが、気軽に指してみたらはっと気づくと自分が頓死筋に入っていた。簡単な手なので、あ~あ、と落胆していたら、どうしてもその頓死筋に気づかないで、私が逆転勝ちしてしまった。そういう経験は一度ではないので、どうも、私でさえ、自分より弱い人には念力が働くようである。逆に、茨城出身で一時は有名だったアマ棋客で、安島という人がいる。この人と対戦して、それはもう必勝になってしまった。ところが、今までアマトップクラスに勝った経験も結構ある私が、自分が負けるように負けるように指して自滅してしまった。これなども、念力だろうか。

高校野球を見ていても、鉄壁の守備を誇るチームが、ある上位チームと対戦すると信じられないような失策で負けてしまうことがある。これなど、念力というより、単に緊張するだけだろうか。

ちなみに、竜王戦の挑戦者決定戦第1局、羽生対木村は、念力でもなんでもなく、ぎりぎりだったが、単に羽生の力勝ちだった。その方がある意味、負ける方は辛いか。

福田首相辞任

Webニュースによると、福田康夫首相は9月1日午後9時半から、首相官邸で緊急に記者会見し、「新しい布陣の下、政策実現を図るためにきょう辞任を決意した」と述べ、首相を辞任する考えを正式に表明した、という。

これを、野党や街の声は、口々に意外というが、そういう声の方が私には意外である。

私の勝手な推察では、安倍前首相は本来、少なくとも今くらいの時点までは総理の地位を引っ張る予定だったはずである。本命の麻生太郎につなぐためである。

ところが、安倍前首相は、ライオンの尻尾を踏むようなかたちで、根回しを誤り、退陣に追い込まれた。ブログで書いたように、病気というのは口実である。

そこで指名されたのが、調整型の福田康夫である。この時点で、問題は山積みだったので、福田は、とりあえずクリンチで、時間をかせぎ、麻生太郎が準備ができるまで、地ならしをする、ということが期待されたと推察される。福田首相が無策だったという声が大勢だが、福田首相の在任中、懸案だった公務員制度改革法案が通された。これは一例であるが、福田首相は平身低頭謝っているようでも、一歩一歩と、次の総理への布石を固めた。低い支持率も意に介することはない。まるで、それも予定どおりと言わんばかりである。ある意味、なんと強かではないか。

こうしてある程度布石を打って、次の総理大臣の準備が整うと、もともとワンポイント・リリーフの意図だった福田康夫は、退陣することに何の躊躇もない。予定だからである。飛び来る非難の波を、これほど飄々とかわせる総理大臣が今までいただろうか。

多くの人は、安倍、福田と在任期間の短さを嘆く。しかし、野球を見るがいい。ただひたすら完投する投手が偉いのだろうか。そうではあるまい。ショートリリーフを駆使しても、結局、勝負を勝ち抜くのが現代の野球であり、政治とて例外ではない。また、沢山非難を浴びて辞めることで、いろいろなまずさを、自分の責任として引き受けて、次の総理大臣が、ある程度スタートオーバーすることができる。

民主党や社民党などの野党は、このような短い政権交替の自民党を無責任として非難する。しかし、短い政権交替=無責任とは、論理的にならない。長期政権で無策あることこそが無責任であり、野党は、ただ自民党を非難する舌鋒を強くするだけでは意味がない。強く非難する舌鋒は、なんら政権を担う能力を実証しないからである。

いまこそ野党は、首相の交代という表面的な事象に捉われないで、きちんとした政策提案で、自民党に問うべきである。

2008年9月 2日

温石

休暇をとって、福山市で弟が経営している、温石という和食の店を訪ねてみた。今年2月の開店以来、一度来るように招待されていて、なかなか時間がとれなかった。

温石の最寄の駅は、JR山陽本線の東福山の駅である。そこからタクシーで10分くらいだろう。東深津一丁目の温石といえば、なんとかタクシーの運転手が分かる(多分)。東深津は、飲食店の激戦区であり、身内としては、本当にサバイバルできるのか、ちょっと気になる。なお、グーグルで、"福山 温石"とキーワードを入れて検索すると、微妙にヒットする。

温石の店員は、店主である弟と、注文をとる仕事のアルバイトの女性が一人であり、ときどき、弟の奥さんが加勢する。しかし、プロとして料理を作るのは弟一人である。

店は、座敷が4人×3席と、カウンタが7席と結構小さい。しかし、弟が言うには、これ以上だと対応できないという。その理由は、徹底的な自前主義がある。豆腐、刺身醤油なども可能な限り、自分で調合する。もちろん、魚など自分が朝、市場に買いに行く。メニューは、B5の紙2枚に毎日、弟が筆ペンでびっしり書き、それをコピーして各席に配置する。基本的に使いまわししないという。だから、メニューには日付が入っている。もともと達筆から遠く、書道の心得もないはずだが、必要に迫られというか、意地で毎日書いている。

こういうメニューがありながら、いつも裏メニューがある。すなわち、お客さんがメニューを眺めて悩んでいると、弟は、お客さんに、メニューにない特別料理、注文しませんか、と声をかける。それでお客さんが興味を示してくれると、お客さんの雰囲気を読んで、また、冷蔵庫の中にある材料を眺めて、即興で特別料理なるものを作る。アドリブである。そういえば、店内のBGMは、日本料理屋なのに、なぜかずっとジャズである。そういうアドリブだと、思惑が外れることがないのか、と私が弟に聞くと、どうも気に入らない質問らしかったらしく、無視された。

味はともかくとして、ありあわせのものから即興で特別料理を作るのは、長年の経験の蓄積によるメニューを頭の中で組み合わせているのだろう。こういう掛け合いの緊張感は、自分の店でないとできないから、とこういうスタイルを維持する。もちろん、こういうスタイルが性に合わない人もいるだろう。それは仕方ないと、弟は割り切る。気に入った人だけ来てくれればいい、という。

また、弟は、レシピを隠さない。請われたら、平気で紙に、今食べている料理の作り方を書いて渡す。それは普通ありえないが、それが何が問題なんだ、と開き直っている。自信、というのでもなさそうである。

そういう店なので、客筋に拘る。基本的に雰囲気で断ったことはないと弟は言うが、実際、店構えが、いかにも高級そうで、私のような大衆酒場系を好む者だと、ちょっと引く。値段も結局は、大衆酒場より平均、数千円くらい高くなるだろう。

ただ、確かに少し高いだけあって、手間をかけている。刺身には必ず氷を敷く。前菜は、果物を装飾的に切ったものを添える。丁寧に作っているので、確かにおいしいが、私のような貧乏性の者はどこか気持ちが引いている。だいたい、客層も、私より格上の、医師や会社役員が多いという。

どうしても不思議なのが、そういう少し高級路線を目指す弟と、私が、どちらも瀬戸内海の孤島で、本当に貧乏に育った実の兄弟である、という点である。その貧しい生い立ちの心象を正統に継ぐのは私であって、どうも弟は、奈良の菊水楼という高級料亭に勤めている間に、華美に触れてしまったのかもしれない。しかし、その菊水楼も今では倒産の危機にあるか、またはもう他の経営者に移ってしまっているのではないか、と弟はいう。バブルの頃、面白いように稼げて、それに体勢が馴染んでしまったため、その後のバブルの崩壊に耐えられなかったのでは、ともいう。船場吉兆も然りかもしれない。

そこで、ストイックに料理道を弟は目指そうとしているようであるが、そういう拘りのところで、やっと私との類比を見出した。実際、仲のよい兄弟というのはあまり多くないのではないだろうか。しかし、片や料理人、片やサラリーマン特許実務家と全く別の職業でありながら、話すといろいろな話題で盛り上がる。こいつ、意味もないところでなんでそんなに凝るんだと思うけど、自分もそうだったりする。それが互いに儚いプライドだったりする。

こんな凝り方だと、ちょっとマニアックになって、広い支持は得られないのではないかとつい心配してしまう。それでも、なんとか多少妥協もして、商売が成り立てばと願う。

ということで、特に提灯コメントにはならなかった。ともかく、料理もさることながら、改めて弟と共通点を見出せて安心した次第である。

2008年9月 3日

もう、不満は言わない?

例によって新聞の書籍広告を見ていると、「もう、不満は言わない」ウィル・ボウエン、高橋由紀子訳、サンマーク出版という本があった。サンマーク出版というのは、私にとって、春山勇の「脳内革命」以来、どうもしっくりこないのだが、この本は、次のように紹介されている。

- 21日間不平不満を言わなければ、すべてが思いどおりに!
 あなたの人生を変える秘密が、この一冊にある。

この本を見過しに出来ない理由が私にあって、それは、私がとても不平不満家であるからである。はっと気づくと、いろいろな人に不平不満を聞いてもらっているような気がする。愚痴と言った方が分かりやすいか。

吉田兼好の徒然草に、「もの言わぬははらふくるるわざ」とあって、口に出して言ったり、このように文章にすると、何ほどかのカタルシスがあるのは、確かである。

しかし、不平不満家の経験で言うと、カタルシスは確かにあるものの、どうも、愚痴を言ってしまった後、なんか人品が下がっているような味の悪さを感じることも確かである。

あと、愚痴でいけないのは、飲酒や嗜好食品のように、癖になっていまうことである。すなわち、仏教で言えば、この世は全て苦なのであるから、生きている限り、愚痴の種は尽きることがない。だから、なんとか愚痴を習慣性にしてはいけないことは明らかである。

すなわち、釈迦のように悟れば、最早愚痴は言わないだろうし、寧ろ、どんな環境にあっても一切愚痴を言わないことを、悟っている、という定義にしてもよいくらいだと思う。

だから、「21日間不平不満を言わなければ、すべてが思いどおりに!」というのは、21日間不平不満を言わなければ、次の21日間も不平不満を言わないようにすることができ、それで数学的帰納法のようにずっと愚痴を言わないで済む、ということになる。ただ、「不平不満を言わなければ、すべてが思いどおりに」というのは、相当に説明が必要であろう。これは、不平不満を言わなければ、怒りの感情を自分でコントロールでき、以って心が思いどおりになる、という意味に違いない。間違っても、21日間不平不満を言わなければ、宝くじが当たったり、幸運に恵まれるという意味ではあるまい。単に、いらぬ喧嘩を売らないで済むであろう、というくらいの意味である。

では、本当に21日間不平不満を言わないで済む方法があるのか、というと、現世にいる限りは、心は、体の影響を受けており、体自身、汗、尿、便の排出から免れないのだから、心が体から強い影響を受けている限り、体が、汗、尿、便を排出するのとアナロガスな、カタルシスが心にも必要なのではないか、と思われる。

すると、不平不満を減らすには、心に対する肉体の影響を減らすのが第一であるが、もしそれが駄目なら、なんとか、心のトイレットとして、不満をうまく捨てる方法がなくてはならない。それは、執筆活動なのだろうか、ボランティアなのだろうか、私には分からないが、少なくとも、鉄砲をぶっぱなすことであってほしくない。ということなら、日常で、多少愚痴を話し合うのは仕方ないのだろうか。

ああ、折角心が浄化されるチャンスかと思ったら、元に戻ってしまった。

羽生の過密日程

将棋連盟のホームページを見ていると、羽生がすごい過密日程である。
8月26-27日 対深浦王位 王位戦  第5局(勝ち)
8月29日(金) 対木村八段 竜王挑決 第1局(勝ち)
9月 3日(水) 対木村八段 竜王挑決 第2局(進行中)
9月 5日(金) 対木村八段 王座戦  第1局
9月 7日(日) 対山崎七段 NHK杯戦 (流石に収録は、9月1日頃なんだろう)
9月9-10日  対深浦王位 王位戦  第6局

王位戦、竜王挑決、王座戦だけでも手一杯なのに、ここでNHK杯戦が入ってくるとは、なんということだろう。NHK杯は、他の対局と日程を交換できそうなものであるが。

天才、羽生といえども人の子、だいたい過密日程で勝ちまくったあとは、極度の疲労からスランプになる。それでも、木村八段には相性がいいので、竜王挑決と、王座防衛は手堅いだろう。しかし、流石に王位戦は奪取しきれないだろう。もともと、深浦にはほとんど五分の星である。

で、とりあえず王位戦でツキを使い果たさないで、竜王奪取を目指すというのが、羽生のエネルギーの経済であると思われる。

ただ、王座戦第2局が9月17日で、王位戦第7局(第6局を勝てば、であるが)は、9月25-26日なので、この超過密状態を抜けると、やや小康状態になる。おっと、竜王挑決が第3局までずれこむと、そうでもないか。

追記であるが、竜王挑決 第2局は、木村八段が勝ち、竜王挑決 第3局は、9月12日にスケジュールされた。よって、過密日程は、続く。

Google Chrome

グーグルが、β版ながら、独自のブラウザを発表した。その名も、Chrome。私は特に新し物好きではなく、寧ろコンサバ人間であるが、グーグルのホームページにリンクがあるので、とりあえず導入してみた。

インストーラは475KBしかなく、これは要するに、最近流行の、インストーラがネットから本体のコードをダウンロードしてくることが前提となっているものである。

Chromeを起動すると、Internet Explorerのお気に入りなどをインポートする。そうして立ち上げるがと、特に変哲はない。FireFoxとそんなに違いがある訳ではない。ただ、コンテンツの読み込みのところが最適化されているらしく、確かに、Internet Explorerよりも微妙に速い。

ただ、Internet Explorerだけでなく、オペラ、サファリ、FireFoxとあって、屋上屋ではないか、というのが素朴な感想である。

で、私の観測ではもちろん、グーグルは屋上屋のブラウザを作るつもりは毛頭ない。下記のような意図があると推察する。

1.グーグルは、ブラウザを今まで開発したことがなかったので、その開発スキルを得ることを意図した。
2.携帯用の開発環境である、アンドロイドとの連携を意図した。
3.Google Map、Street Viewなどをマッシュアップで開発に使用しようとすると、Google APIをJava Scriptなどの中で指定しなくてはならない。そのためには、グーグルに、API使用許可申請しなくてはならなかったりする。Chromeを使うことで、Google APIの使用を著しく簡易化するものと思われる。おそらく、その機能はまだ、このβ版には入っていない。

こうして、着々と、グーグルは、マイクロソフトに水をあけている。グーグルがGoogle Map、Street View、Android、Chromeと新機軸を打ち出している間、マイクロソフトは何をしていたか。既存のWindows XPと、Windows Vistaのお守りに汲々としていたように思われる。自ら開発したOSとオフィス製品が足枷となって、マイクロソフトは軽快なフットワークを利かせることができない。

しかし、グーグルがここまで延びてこれたのは、マイクロソフトが用意した広汎なプラットフォームがあればこそである。Linuxはまだ、PCをコモディティ化することに大して貢献していない。すると、グーグルは、マイクロソフトという巨大恐竜のお腹で成長し、ついにはお腹を食い破って外に出てくる、エイリアンのようなものかもしれない。

2008年9月 4日

英語力が伸びる人

ENGLISH JOURNALの9月号に、「英語力が伸びる人、伸びない人」という短いコラムがあった。現役の通訳者、柴原早苗さんが書いているものである。

先ず、「英語力というのは、生まれつきの才能でもなければ、魔法で上達するものでもありません。」と書いているが、才能については、確かにそうである。すなわち、脳などに疾患がない限り、人間なら誰でも母国語を不自由なく話せるようになる。そういう意味で、語学は、数学、科学、囲碁、将棋などよりも選択的特異性は少ないだろう。しかし、やはり、外国語の習得において、才能の有無は明らかにあると思う。例えば、特に教養のあるとは思えない囚人が、獄中で、たまたまフランス語のテキストがあったので、凄い集中力で、数ヶ月でフランス語をほぼマスターしたという。これなど、才能を考慮しないと説明がつかないし、それはごく例外である。

で、才能は措いておくとして、柴原さんは、学校で英語を指導して、英語で伸びるタイプは、次のような特質をもつという。

1.声が大きくて、ハキハキ話せる人。
 これは確かに納得。もう憶えたら、ブロークンでもなんでも、どんどん大声で話すに如くはない、ということである。
2.語彙が豊富な人。
 これは、必ずしも習得対象言語の語彙でなく、母国語の語彙でよい。柴原さん曰く、読書量の豊富な人は、語彙が豊富で多様な言い回しを習得しており、その日本語の表現力に対応して、英語での言い回しも憶えるのだという。これも納得。そもそも、母国語で喋れる内容の豊富さが、英語で喋れる内容の上限であり、母国語で話題がない人が、英語で意味があることが喋れる訳がない。
3.授業時間を最大限に活用する人。
 これは言うまでもない。授業で、講師の人に積極的に質問し、英語で話しかけたりするに越したことはない。

ということで、当然のようでも、「語彙が豊富な人」のところは改めて、私のような本の虫にはうれしい限りである。そういえば、最初英会話を習ったとき、ネイティブの講師は、私のあまりにひどい発音と、緊張して、文法もなにもあったものではない会話に絶句していた。それでも、コメントシートに、語彙が豊富なので、ポテンシャルはある、と書いてくれた。それは単なるお世辞かと思っていたが、実際にある程度上達してみて、さてネイティブと会話するようになると、私よりもずっとTOEICの点数がよくて発音もいい人よりも、私の方がネイティブとの会話が弾み、ずっと長続きすることがあったりして、その点で優越感を感じたりした。これも一応英語力の一端ということにする。

ともかく、改めて読書の有効性を感じる次第である。手前味噌かな。

2008年9月 5日

最低年金生活

故郷の島には、だいたい年に一度くらい帰省するが、その度にいろいろな話を聞く。いろいろな話といっても、勇ましい話や感心する話がある訳ではない。たいていは、とてもつまらない話ばかりであるが、それでも、島に帰ると何もすることがないので、退屈しのぎにはなる。

今回聞いたのは、島に住む87歳の老婆の話である。そんな話だと、いきなり興味を失うだろう。ともかく続けると、その老婆は、一度も結婚したことがなく、生まれてから今に至るまで独身である。

それがどうした、たまたま縁がなかっただけだろう、いい人がいたら結婚しようと思っていていたのだろう、と普通は思う。ところが、なぜ今に至るまで独身だったのか、と聞くと、老婆は、「わしゃ、男が嫌いじゃ。」という。あ、コメントすると、広島方言において、ある地方では、女性でも、自分もことを「わし」と呼ぶ。そう言う老婆は、小柄で瘠せていて、背中が曲がっている。生きているのが不思議なくらいである。おおよそ精気なるものを感じさせない。

普通女性が、「男性が嫌い。」というとき、レスビアンか、と周囲が思うのが普通であろう。というのは、食欲がない人があまりいないように、性愛の感情がない人もあまりいない。もし異性が好きでないなら、性愛のエネルギーは同性に向かうと考えるのが普通である。

しかし、性愛というかリビドー自体がとても乏しい人間もいるのだ、ということを改めて認識した。実際、その老婆くらいの年齢だと、戦時中の産めよ殖やせよの頃、20代前半で女ざかりである。なぜ結婚しないのかという強いプレッシャがあったはずである。それを撥ね退けて、とりあえずでも結婚してみなかったのは、筋金入りの独身主義者ということになる。なにしろ、今のように女性でもいくらでも稼げる時代ではない。生活手段にさえ、事欠いただろう。

その生涯の生活手段が老婆に今となって重くのしかかる。すなわち、独身を通したことから、老婆には身寄りがない。また、生涯を通じてあまりまともな職業就けなかったのだろう、老婆は、毎月3万5千円の年金が貰えるだけで、その中から光熱費も工面しなくてはならない。

それでもやっていけるのは、島にいて、自宅があるのでとりあえず家賃を払う必要がないのと、近所で畑作をしている人がいるので、野菜などときどきもらえるからであろう。

そうやって極貧の生活を強いられる老婆であるが、決して義理を欠くことはない。すなわち、戴き物があると、必ずほぼ同額のものを返すし、愚痴をこぼすこともない。

そこで今思ったのだが、こういう人こそが真の聖人なのかもしれない。マザーテレサのように、その善行が他人の目に留まって、ノーベル平和賞などもらってしまうとは、なんという不覚ということになる。

真の聖人は、上記島の老婆のように、誰からも尊敬されず、誰からも注目を浴びず、善行を誰かに見咎められる?こともなく、ひっそりと死んでいくはずである。

色がつく姓

どういう事情なのか知らないが、日本には、色がつく姓が多いように思われる。そこで、特にWebで検索したりなどせず、私が普通に知っている姓を列挙してみる。

友人にいくつか指摘されたので、追加する。

青:青田(野球選手)、青柳(友人、社内の知り合い)、青山(社内の知り合い)、青木(知り合い多数)、青島(芸能人)、青野(将棋棋士、これを忘れてはいけなかった)、青池(という人がいるらしい。そういえば、スキージャンプの選手もいたかも)

赤:赤川(特許庁の審査官)、赤池(有名な統計学者)、赤松(私の出身の島に多い)、赤井(芸能人)、赤木(有名な?アマチュア将棋指し)、赤(数学者、赤摂也という。トポロジー入門 (共立全書)などの著書あり)、赤塚(漫画家、これも忘れたらまずい)

白:白川(ノーベル賞学者)、白田(山形出身のある知り合い)、白木(芸能人)、白井(中学の先生)、白石(社内の知り合い)、白水(下宿の大家さん、「はくすい」ではなく、「しろうず」と読む)

黒:黒田(野球選手)、黒川(建築家)、黒木(芸能人)、大田黒(大学の先輩)、黒島(山本五十六の参謀)、石黒(野球選手)、黒澤(映画監督)、大黒(歌手)、黒岩(小説家)、黒崎(哲学者)

緑:緑川(社内の知り合い)

紫:紫柿(という人がいるらしい。知らなかった。)

黄:黄海(という人がいるらしい。「きうみ」と読むらしい。知らなかった。本当に日本人か?)

どうしても、これ以上思いつかない。意外なのは、黄色とか、紫の姓が、いそうで私の知っている範囲にいないことである。

一方、韓国だと、黄(ファン)という姓があり、典型的には、北朝鮮から亡命した元高官の、ファン・ジョンヨプがそうである。黄という姓は、中国にもある。あと、白という姓は確か、韓国にも中国にもある。しかし、不勉強で、これ以外の色の姓は、韓国・中国で知らない。

欧米になると、Green、Whiteくらいしか知らない。

こうして、日本では色のつく姓が、世界で比べても非常に多いといってよいのではないだろうか。その理由は?というと、さっぱり分からない。特に日本人が世界的に色彩感覚に優れる、という話も聞かない。

2008年9月 6日

ベイズ的確率

ベイズ理論というのはよく聞くが、何を意味しているのか全く理解していないので、パターン認識と機械学習、C.M.ビショップ、シュプリンガー・フェアラークに拠ってメモしてみる。

先ず、古典的確率解釈として、頻度主義的確率解釈というものがある。例えば、箱の中に赤玉と白玉が何個かあることが分かっている。そこから、無作為に玉を1個取り出してその色を記録し、また戻す、という操作を行う。これを繰り返すと、D = {x1,x2,...xn}という系列が得られる。
xi(i = 1,..,n)∈[R,W] ここで、Rは赤、Wは白とする。

この結果、Wのデータの数が1802で、Rデータの数が591だとすると、WがRのほぼ三倍なので、箱の中には、白玉が赤玉のほぼ三倍あるだろう、という確率モデルwが得られる。

これは、p(w|D)と書かれ、Dという観測データが与えられたとき、wというモデルが成立する確率がいくら、という話になる。

さて、モデルwとデータDがどちらもなんらかの事象であるとする。すると、その同時発生確率
p(w,D) = p(w|D)p(D)

同様に、p(w,D) = p(D|w)p(w)

そこで、上記2つの式を等値して変形すると、
p(w|D) = p(D|w)p(w)/p(D)

これが有名なベイズの定理である。これを見ると、なあんだ恒等式ではないか、ということになるがベイズの定理の本領は、その確率解釈にある。すなわち、p(D|w)という式をみると、これは、wというモデルの下でのデータDが観測される確率ということになる。

誤解かもしれないが、私の解釈で例を書き下すと、地球の気温の観測結果Dがあるとき、その観測結果Dをもたらすモデルwというのはいろいろある。二酸化炭素濃度を主とするもの、太陽黒点の数を主とするもの、などである。すると、ベイズの定理によると、観測結果Dの下でのモデルwが妥当である確率は、そのモデルwによって観測結果Dが得られる確率と、モデルwの事前確率p(w)の積に比例する。ここで、p(D)は、一種の正規化係数とみなしてもよい。

すなわち、ベイズの定理の右辺では最早、多数発生のデータからモデルwの妥当性を判断するのではなく、モデルwから観測結果Dが発生する確率という方に視点が切り替わっている。すなわち、気象観測のようなケースだと、繰り返し多数発生したデータからモデルを推測するということが必ずしもできない。そこで、モデルから逆に、一回的かもしれないデータの発生確率を推定する。このような確率をベイズ確率とよぼう(正しいか?)。

さて、p(w|D) = p(D|w)p(w)/p(D)を、すべての可能なwで積分すると、左辺は1になる。それを変形すると、

p(D) = ∫p(D|w)p(w)dw このように、モデルwを変数のようにみなすのが、ベイズ的確率の真骨頂である。ただ、多数のモデルwに対してこのような計算をすることは、一般的に大変な計算なので、コンピュータによる計算技術が発達するまでは、ベイズ的確率を使うことは、現実的でなかった。それが、最近になってようやく、ベイズ的確率が現実のシステムに利用されるようになってきている理由である。

誤解しているかもしれないが、とりあえず、この理解を起点として、ベイズ理論の理解を深めてみたい。

動物がつく姓

前回、色がつく姓について言及したが、それでは、動物がつく姓はどうであろうか。

馬:馬場(プロレスラー、説明不要であろう)、馬屋原(小学校の先生)、美馬(有名なアマチュア将棋棋士)

犬:犬養(明治時代の政治家)、犬井(応用数学者、特殊函数 岩波全書などの著書あり)

猫:猫田(バレーボールの選手)

猪:猪木(プロレスラー、説明不要であろう)、猪狩(前の会社の知人)

鳶:鳶田(会社の元役員)

鵜:鵜飼(前の会社の知人)、鵜沼(たまたま知っている弁理士)

鷲:大鷲(東北地方のアマチュア将棋棋士)

魚:魚返(友人)、魚住(高校の知人)

鳥:羽鳥(会社の知人)、鳥飼(通訳者)、鳥越(ジャーナリスト)

虫:虫明(フリーライター、虫明亜呂無のことだけど、これって本名だったっけ?)

烏:烏丸(烏丸 せつこ、のこと。女優)

鮫:鮫島(知り合いの弁護士)

蛸:蛸島(女流将棋棋士)

鶴:鶴崎(大学の知人)、鶴田(プロレスラー)

鳩:鳩山(政治家)

蛇:蛇持(たまたま知っている弁護士)

虻:虻川(女性漫才コンビ、北陽のメンバー)

貝:貝塚(中国文学者)

知っている範囲だけなので、もちろん、これで枚挙できている訳がない。しかし、これ以外にそれほど多いとは思えない。豚とか狸とか狐がつく姓の人もいそうな気がするが、少なくとも私は知らない。

外国だと、いよいよ動物がつく姓が見当たらない。強いて言えば、中国の馬(マー)であり、これはかなりメジャーな姓である。

ともかく、色がつく姓とあわせて、日本人の情緒豊かさをあらわしていないだろうか。動物の名前を姓に平気で使うというのは、非キリスト教的というか、仏教的あるいは原始多神教的であるのかもしれない。

2008年9月 7日

あてぶり

先日の北京オリンピックの開会式で、少女の歌唱が口パクだったと問題になったが、それは、隠すからスキャンダルなのであって、開き直って模写すれば、立派な芸である。

例えば、最近話題になっている渡辺直美。ビヨンセの形態模写がめちゃくちゃウケているが、本当に堂に入っている。太めの体型が寧ろ、アメリカぽくって、逆にリアルである。背景の音楽と、実にシンクロしている。ところで、渡辺直美であるが、本当に勉強が嫌いで、エステシャンになろうと思ったけど、試験が難しくて諦めたそうである。いくらなんでも、そんなに難しいとは思えないが、つい、先日ブログに書いた、原付免許に10回落ちたおっさんを彷彿とさせる。何かが駄目なことが、何かに秀でていることにつながったりするので、人生面白い。

また、私がとても気に入っているのが、はるな愛。あややの形態模写が絶妙である。なんでもニューハーフらしいが、下手な女性が敵わないくらい可愛い。実は、私もカラオケで、好んでいい歳して女の子系の歌を歌ったりして、気味悪がられたりしている。微妙にニューハーフ度あったりして。おお、気持ちワル。

その形態模写であるが、はるな愛の場合は、あてぶり、と言ったり、エアあやや、と言ったりする。いろいろな言い方があって面白いが、私は、大和言葉ぽくて、「あてぶり」という言い方が気に入っている。何かの宴会芸でこの「あてぶり」というのを一度やってみたいが、歌わない分、ボディーランゲージや踊りで見せなくてはいけないので、そっちの才能ない私はウケないかも。

あと、そういうと、小松たひとさんに叱られるかもしれないが、特許明細書を書くという作業は、どうしても、ある程度、発明者の「あてぶり」であると私は思っている。

ただ、言い訳ではないけれども、最近、統計数学みたいな分野の発明を扱っていて、この分野の予備知識が乏しいので、先日実家に帰ったとき、その分野の入門書をもって帰って、ノートに数式書いてずっと問題を解いていた。また、今日も、C.M.ビショップの機械学習の本をずっと眺めていた(流石に、なかなか理解できない)。

このように、「あてぶり」も、基本的に楽ではない。だから、勉強すればするほど、渡辺直美や、はるな愛の努力の凄さが実感されてくる。人気商売ではない私は、いかなる意味でも、彼女たちよりずっと楽である。

2008年9月 8日

田舎のプライバシー

前にもブログに書いたが、8月の終わりに、実家の尾道市に帰省した。深夜バスなので、朝の5時半に福山駅前に着く。まだ店はどこも開いていない。ぼんやり佇んで待っていたら、朝6時にやっと、福山駅前のマクドナルドが開いた。

荷物を引きずりながら店にいくと、既に、私とほぼ同年代と思われる中年のおっさんが注文カウンタにいる。それで驚いたのが、中年のおっさんが、名札を身ながら、店員の若い女性に話しかけている。「あんたの名前、変わっとるね。この辺じゃ、珍しいが。」すると、迷惑そうでもなく、店員が答える。「ええ、もともとはこの姓じゃないんですけど、結婚してからの主人の姓なんです。この辺でも珍しいかもしれませんね。」と、余計なことまで喋っている。

なぜ驚いたかというと、そのような光景を、関東地方のマックで一度も見たことがないからである。例えば、東京や神奈川のマックで余計なことを店員に話しかけても、適当に無視されるのではないだろうか。

さて、私は、マックで軽く朝食をとると、電車で尾道に向かった。今にも雨が降りそうな天気で、傘をもっていないので、どこかのコンビニで傘を買おうと思ったが、尾道では、繁華街でさえ。コンビニがない。焦って、困った困った、と独り言をつぶやきながら歩いた。私には変な癖があって、困ると、ちょっとその状況をなんとか英語で表現してみようとする癖がある。そこでぶつぶつと小声で英語でしゃべっていると、後ろから女子高校生が私を追い抜いていった。制服からして、どうも私の高校の後輩にあたるようである。と言っても、年齢は親子ほども違う。

ところが、私がぶつぶつしゃべっているのが聞こえたのか、露骨に嫌な顔をして通り過ぎていった。単に通り過ぎただけではない。早足で遠ざかりながら、何度も私の方を振り向いて、追っかけてこないか確認しているのである。

それで、女性に好かれないまでも人畜無害だけが売りの私は、いたく傷ついた。おいおい、俺は通り魔や痴漢じゃないぞ、そもそも、高校の先輩だぞ(あ、それは関係ないか)と、心で話しかけた。

もしかしてちょっと思いつめたような雰囲気のある私は、秋葉原通り魔殺人犯のように見られてしまったのだろうか、尾道の町で、なぜか、10人に一人の割合で、老若を問わず、女性に変な目で見られた。

自意識過剰じゃないの?といわれるかもしれない。しかし、東京や神奈川で、私は怪訝な目で見られたことはない。それは私が変とか、そうじゃないとかでなく、そんな他人をいちいち気にしていられない、ということのようである(私は、猫と出会うと、猫語?で話しかけるという奇癖がある。で、一度芝浦のあたりで猫と会話したことがあるが、そんな私ですら、都心では一顧だにされなかった)。

で、今更のように思い出した。父は長男である私に、地元に帰ってほしがっていた。尾道か福山の市役所に勤めないか、と強く言われたことがある。しかし、そのリクエストを私は、0.1秒も検討することなく、完全に無視した。なんと親不孝なのだろう。私には、砂漠のような都会があまりにも快いのである。むしろ、弟の方が地元に帰り、飲食店を経営していることはブログに書いたとおりである。

ところで、昔仲のよかった島での私のある同級生は、滅多に帰省しなかった。ほとんど義務のように渋々年一回帰省している私の方がましなくらいである。ところが、その同級生は、風の便りに、子供が三人もいながら離婚し、随分若い女性と再婚した、と聞いた。

で、よく分からないのは、若い女性と結婚してから、ほとんど毎週のように、一緒に、わざわざ住まいの神戸から、車で週末、島まで帰省している、というのである。神戸から尾道まで車で帰るのは、結構な労働である。しかも毎週とは。若い奥さんと都会で楽しく暮らせばと思うのに、都会ではなにか満たされないものがあるのだろうか。

こういう心理も私には全く理解できない。かくして、私は、新幹線ののぞみで、前より短時間で帰省できるのに、故郷への心理的距離は、遠ざかるばかりである。

なつかしい

なつかしい、という日本語の単語がある。日本人だったら、どういう意味か、説明の要もない。ところが、これを別の日本語で説明しようとすると結構難しい。広辞苑によると、最初に「そばについていたい、親しみがもてる」という説明があって、ええっと思う。ああ、昔はそういう意味だったのか、とやっと分かる。

次の意味は、「こころひかれるさまである」。これも、現代の意味ではない。その次の意味は、「かわいい。いとしい。」これも、現代で、そばにいる子供に、なつかしい、なんて絶対に使わない。

最後の意味は、思い出されてしたわしい。ああ、やっと現在の意味にきた。しかし、なつかしい=思い出されてしたわしい、なんだろうかと自問すると、ちょっと違う場合もあるような気がする。

それでは、日本語以外だとどうか。まず、英語。手許の和英辞典によると、feel nostalgia for.. とある。確かにこれがあてはまる場合もあろう。しかし、30年ぶりにお世話になった小学校の先生に会ったとして、それなつかしさは、ノスタルジアなのだろうか。ちょっと違うような気がする。

中国語だと、想念。ううん、中国語に土地鑑ないので、妥当かどうか、さっぱり分からない。

韓国語だと、オレガンマンイムニダ。しかし、これは単に、久しく会っていない、というだけの意味ではないだろうか。仇敵同士が10年後に会っても、やっばりオレガンマンイムニダなのだろうか。ああ、辞書を引きなおして分かった。韓国語でなつかしいは、クリダである。韓国の有名な演歌、釜山港に帰れ、なつかしい我が兄弟よ、という意味で、クリウン・ネ・ヒョンジェヨという歌詞がある。どうも日本語の「なつかしい」と似た意味をもつ単語で、韓国語の「クリダ」に優るものはないような気がしてきた。

ところが意外、フランス語のcherがある。これは、仏和辞典によると、親愛な、いとしい、懐かしい、かわいい、と英語を差し置いて、一気に日本語の「なつかしい」に、その古来の意味も含めて迫ってくる。韓国語の「クリダ」、頑張りきれるか。

ここで忽然とあらわれたのが、スペイン語の、saudade。西和辞典によると、saudadeは、なつかしさ、昔恋しさ以外に、やるせなさという意味ももち、場合により、「なつかしい」に一番近い単語がsaudadeである、ということもありえるのではあるまいか。

このように、たった1つの単語「なつかしい」を巡って、目が廻りそうになる。しかも、長らく勉強した英語でさえも、「なつかしい」の微妙なニュアンスはお手上げである。ましてや、スペイン語のサウダーデなんて、雲の彼方である。言語とは、なんとめくるめき世界なのだろうか。

2008年9月 9日

動物がつく姓(続き)

先日、動物がつく姓について、簡単に書いたが、すると沢山見落としに気づいた。例えば、「牛」である。これは、牛島(野球選手)、牛久(ある弁理士)、牛田(野球選手)などがいる。

あと、「熊」で、熊田、熊切(たまたまアパートの近所にいた)など。

さらに、「鹿」で、小鹿(アイドル、小鹿みき)、鹿児島(県名でなく、姓)、鹿賀(俳優の鹿賀丈史)

ところが、馴染みの深い動物なのに、牛や熊がつく姓はそんなに多くない。一方で、調べてみると、猪のつく姓があまりにも多いことに気づいた。

猪原、猪狩、猪野、猪田、猪鼻、猪木、猪口、猪俣、猪又、猪股、猪本、猪岡、猪瀬、猪爪、猪子、猪飼、猪崎、猪熊、猪隼、猪之奥

この圧倒的多さはどういうことか、考えてみた。すると、仮説として次のようなのは、どうだろうか。
すなわち、日本は仏教国なので、その戒律により、陸の動物である牛や馬(もちろん、犬や猫も)を食べたりしない。ただ、それだと、動物性蛋白資源に困ることがあったろう。特に、山間部だと、魚介類もなかなか入手できない。

そのとき、どういう論理か分からないが、猪は食べてもよいということになったようなのである。もともと、豚は日本にはおらず、一方で、猪は、古墳時代から食用に飼育されていた、という経緯もあるようである。

このように猪が身近で、かつ、食用であったことから、猪関連の姓が多くなったと考えられる。

一方で、いろいろ検索してみたけど、なかなかいないのが、豚、狸、狐、狼がつく姓である。昨日友人と話していて、「狐火」という姓があったらかっこいいね、という議論になった。代表取締役 狐火誠一郎、などという会社があったら、なんかすごい。狸も、「子狸」という姓なら、おそらく嫌悪感は与えないだろう。狼も、「狼川」とあって、ぱっと見、ああ、「なみかわ」さんですか、いいえ、「ろうかわ」なんです、狼に川と書くんですよ、おおそれは凄いですね、と話題が弾む。しかし、どう転んでも、豚でかっこいい姓は思いつかない。そもそも、にしかわすみこも、「このブタ野郎!」というくらいだから、豚がつく姓というのがあったらやはり嫌われるだろう。

2008年9月10日

セクハラ癖認定

新聞によると、電車内で痴漢をしたとして東京都迷惑防止条例違反に問われている、植草一秀被告が、サンデー毎日に名誉を傷つけらりたとして1100万円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁は、毎日新聞に、33万円の支払いを命じたという。

なんでも、サンデー毎日が、「セクハラ癖があることは、業界では有名です。」という知人発言を、判決は、「セクハラ癖は真実と認めるが、業界では有名という部分は真実の立証がない。」と判断したという。

よく分からないが、そんなに変な判決とも思えない。しかし、それに対する植草一秀氏のコメントがよく分からない。というのは、植草氏は、「セクハラ癖を認定した点にな不満は残るが、主要部分で主張が認められ、妥当な判断と考える。」というが、最後に「妥当な判断と考える。」と考えると言ってしまうと、論理的に、「セクハラ癖を認定した点」も是認してしまうことになる。だから、否認するなら、「セクハラ癖を認定した点自体が事実無根で、到底受け入れがたい。」と言わなくてはならなかった。

こうなってくると、どうしても、植草一秀氏の盗撮やセクハラ癖の存在を認めざるをえない。

天下の秀才と言われた植草氏がどうしてこんなことになるのか、という問い自体、あまり意味はない。というのは、秀才であることと、セクハラ癖を有することとは、独立の事象だからである。

冷静に考えると、ある人の趣味が将棋であれ、囲碁であれ、旅行であれ、はたまたセクハラであれ、他人に迷惑がかからなければそれはそれでよい。すなわち、セクハラが趣味だとしても、昔の大奥のように、一対多で男性が女性と付き合うなら、そういう趣味も、有意義に働くかもしれない。

しかし、植草氏の場合、生憎、趣味の達成に若い女性が必要であった。しかし、おいそれと若い女性が要求を聞いてくれる訳がない。もし植草氏が大富豪で、資産が有り余っていれば、資産の一部を使ってハーレムを築き、そういう要求を達成することも、比較的簡単であろう。しかし生憎、植草氏はしがないサラリーマンであり、大学教授に過ぎない。そこで、趣味の欲求を満たすために、多少強引なこともした、という次第だろう。

そういえば、部下の女性に執拗にメールを送り続けた山下という判事もそうである。植草氏も、山下氏も、性的なことに固着する傾向が強すぎるのだろう。老若男女問わず、性的なリビドーというのは誰でもある。私だって、あ、下手したらこれってまずいかもという程、と思いつめたこともなくはない。しかし、要は程度問題ということであろう。深度と期間である。

こういう状況に鑑みると、人間は須らく自己完結する趣味をもつべし、ということになる、典型的には読書、その他囲碁、将棋、映画鑑賞などとである。囲碁や将棋も、相手がみつかるとは限らないから、詰碁、詰将棋、棋譜並べでも満足できなくてはならない。趣味の会で知ったある老婦人は、水彩で葉書に挿絵を描くのが趣味で、ご主人に先立たれ、子供たちもほとんど訪ねてくれないので、一日中、挿絵を描いているという。見せてもらうとなかなかの出来であった。野菜や、想像上のオブジェクトなど、描く対象に不自由しないという。

こういう自己完結的な生き方というのは、私もそんなに苦手ではないと思うが、世間ではオタクとか暗いとか、あまり推奨されない。寧ろ、仲間でゲートボールやるとか、連れ立って温泉に行くとか、そうでないと非社交的で呆けるように言われたりする。しかし、ショーペンハウアーの至言によると、「人類のあらゆる災厄は、人が一人でいられないことから生じる」のである。老人が増えてくる今後にあって、この至言の意味を考えてほしいと思う。

あと、戻って、植草氏や山下氏のように性的リビドーが強すぎる人はどうしたらよいのだろう。これは理性ではなくて衝動なのであり、刑罰を科せられても、理性にしか響かない。精神分析は、そういうことに有効なのだろうか。それとも、血圧が高い人が毎日降圧剤を飲むように、性的リビドーが強すぎる人は、性欲抑制剤のようなものを毎日飲むのだろうか。ちょっとそういうのも考えにくい。

2008年9月11日

カルザイ

TIMEの9月1日号に、アフガニスタンの傀儡大統領、カルザイのインタビューが掲載されていたので、これを適宜引用しながら、コメントしてみる。

先ず、アフガニスタンの治安が悪化していることは、カルザイも当然に認識している。特に8月18日のムシャラフ辞任以来、タリバンの活動が活発し、米軍や仏軍の駐留部隊がタリバンに襲われる頻度が増えている。それだけではない、外国支援労働者への襲撃も増加しており、ペシャワール会の伊藤さんが殺害されたのも、その一環であろう。

してみると、形骸化していたとはいえ、ムシャラフの存在は、タリバンには何ほどかプレッシャだったということになる。

では、カルザイはムシャラフと友好関係にあったかというと、その逆で、ムシャラフは仇敵なのだという。確かに、パキスタンの諜報機関がタリバンを支援しているということは公然の秘密であるが、ムシャラフが諜報機関を完全に掌握していたという話も聞かない。この辺の経緯はよく分からない。

アフガニスタンの政府にはびこる汚職や機能不全に対しても、カルザイは、何も言い訳しないし解決策を提案できない。結局、武力を、米国、フランス、英国などからの支援部隊に依存せざるをえず、しかし、支援部隊は徒にタリバンを刺激しているにすぎないという現実がある。

カルザイは、大量のケシやヘロインが生産されている現状も、仕方なく是認する。ともかくも、それでも地域に平和がもたらされればよいとする。そして、カルザイは、アフガニスタン国民に、自らの途を決定させてほしいという。しかし、もしそうするなら、結局、インフラの整わない現状では、タリバン治世に逆戻りではないか。もしかしてそれがベストなのか。

カルザイはさらに、旧ソ連が侵攻して来る以前の30年前に戻したいという、リセットしたいという。そのころは、今から比べると、カブールに安心して子弟を送り出すことができ、みんな安心して勉強したり、文化繚乱の時代があったという。しかし、旧ソ連が侵攻して来て、ともかく急進的であればあるほど、繁栄できるようになった、という。

そして結局カルザイは、今の地位にうんざりし、だれか有望なリーダーを見つけて、地位を譲りたいという。有望なリーダーなら、アフガニスタンを再び強く良好な国家に戻せるはずだ、とつぶやく。リーダーシップではなく、資源とインフラの問題であることを重々知りながら、である。

そういう空しい呟きを目の当たりにすると、結局アフガニスタンは、タリバンの支配に服するしかないように思われる。そうして、2001年からの米軍の侵攻は何だったのかという当然の疑問にみんなを誘い込むだけである。

羽生を負かす者

先日、NHK杯戦の将棋対局をみていたら、羽生対山崎だった。3年前のNHK杯戦決勝で、この二人の対戦で山崎が勝ったことから、この二人は結構拮抗しているのかと思ったら、なんと、山崎の1勝7敗で、この対戦も羽生が勝ったことから、山崎の1勝8敗となった。

考えてみると、羽生は、山崎のような捌きの将棋に対するのが得意で、同様に捌きを主眼とする久保八段にも、相当に勝ち越している。

では、腰の重い将棋なら羽生に対抗できるのかというと、受け師木村八段はやはり、羽生に相当水をあけられている。

それでは誰が羽生と一番拮抗しているかというと、今王位戦を戦っている、深浦である。ほとんど五分の星ではないだろうか。あと、羽生に結構勝っているのは、名人戦で敗れたとはいえ、森内である。

深浦と森内の共通点はというと、下記のとおりである:

1.深い序盤研究があり、序盤でなかなか不利にならない。その研究を踏まえて、単に過去の踏襲ではなくて、新機軸を出してくる。
2.腰が重い棋風で、受けが得意。下手に攻めていくと、切らされる。
3.中終盤の競り合いに強い。

木村八段は、上記2と3の要素は備えるかもしれないが、1が十分ではない。よって、その点で今一歩、羽生に食い込めない。

しかし、と私は思うのである。上記1~3の資質を備えたとしても、羽生と結構いい勝負はしても、結局、羽生を抜き去れない。だから、羽生に実力で優ることは極めて困難なのである。

そこで私は、天野宗歩を引き合いに出す。天野宗歩といえば、あの傲慢なまでの自信家、升田実力制名人が、実力十四段と認めたほどの天才である。内藤九段も、自分が強くなればなるほど、天野宗歩の実力が自分よりも上に感じられた、という。

この天野宗歩が現在に再来するとしよう。すると、少し時間はかかるが、序盤戦術はなんとか追いつくだろう。そうして、新機軸を出してくるだろう。よって、1はクリアする。また、天野宗歩が中終盤の競り合いに強いことは折り紙付きである。よって、3もクリア。

問題は2である。天野宗歩は軽い、天才的に捌きの棋風である。すると、羽生が組し易いのか。否。天野宗歩の捌きは、山崎や久保を凌駕し、羽生でさえも対応に困る。そうして、羽生に勝ち越すのではないか。

このとき羽生は生まれて初めて、自分以上の才能の指し手を体感するのである。だから、羽生の後を継いで20世名人のなる棋士(まだ、プロになっていないだろう)は、天野宗歩の再来のような棋士でなくてはならないのである。

ううん。同意が得られにくいか。

2008年9月12日

置き菓子

もう1年半近く前にブログに書いたオフィスグリコであるが、新聞によると、その後も地道に売り上げを伸ばし、他社も追随している、という。

グリコの広報IR部の吉村貴宏氏によれば、2003年3月期に3億円だった売り上げは、2008年3月期には、30億円まで伸びたという。

追随しているのはまず、森永乳業。飲料やプリンなどがメインで、東京や大阪など大都市を中心に4000ボックスを置いていてる。グリコのポッキーのような商品ならそのまま置くだけだが、飲料やプリンだと冷蔵庫が必要である。そのための小型専用冷蔵庫は、森永乳業が提供し、企業側は、1台あたり約900円の電気代のみ負担。直接納入方式なので、店頭価格よりも安いものもあるという。

自分のオフィスの状況に鑑みると、売店はあるがだいたい夜7時には閉まるし、またちょっと歩かなくてはならないので、買いに行くのが億劫だったりする。オフィスの同じフロアには、パンと飲み物の自動販売機があるが、バリエーションが少ない。そこで、オフィスグリコのようなものがあれば、積極的に活用するだろうと思う。

通信販売で知る人ぞ知る千趣会は、去年の5月に参入し、沖縄を除く全国に18000ボックスを設置している。菓子や固形スープなどを100円~200円で提供しているという。

オアシスプラネットは、ロッテ商品を中心に菓子やカップめんを扱う。カップめんで思い出したが、当部門では、特に女性陣に、昼食のカップめんが人気である。カフェテリアにわざわざいかないで、お湯を注ぐだけで食べれるのがいいようである。飽きない程度に沢山のバリエーションもある。お湯は、飲み物用の自動販売機から無料で得られる。もし「置きカップインスタント商品」のコーナーがあったら、絶対受けると思う。

また、阪神酒販という会社は、ミネラルウォータを提供する(酒販という社名でも、流石に、オフィスに酒は置けない)。

それでふと思うのだが、薬事法が改正になって、薬剤師がいなくても、家庭用医薬品をコンビニに置くことができるようになったと理解する。そこで、富山の薬売りではないが、1回分100円程度のパッケージにして、頭痛薬、風邪薬、胃腸薬、目薬などをオフィスに置けば、そこそこ売れるのではないだろうか。

オフィスで、ちょっとほしいけどわざわざコンビニまで買いにいくのはどうも、というあらゆる商品が対象になりえると思う。

宇宙の日?

Webによると、今日9月12日は、宇宙の日なのだという。その由来は、1992年、毛利衛宇宙飛行士がスペースシャトルで初めて宇宙へ飛び立った日、だというのだけれども、ちょっとそれではインパクト弱い。少なくとも、ガガーリンが初めて友人飛行船で宇宙に行った日、とかにしないと。

で、どんな行事があるかというと、青少年向け宇宙イベント「宇宙ふれあい塾」や「作文・絵画コンテスト」を開催したり、宇宙航空研究開発機構などで各事業所の施設を一般の方々に公開している、という。

これも、どうも地味で、インパクトが弱い。ただ、宇宙の日はどうでもいいのだけれども、次のような課題に、より一層、世界は取り組んで戴きたいと思う。

- 有害彗星の探索方法:地球に衝突する可能性のある彗星の早期探索方法

- 有害彗星の軌道修正方法:ミサイルの迎撃も含めた方法の研究

- 宇宙論におけるダークマターの問題の実験研究:ニュートリノのように、ダークマターも観察できるようにする。

- 宇宙論におけるダークマターの問題の理論研究:宇宙論の観点で、逆に理論物理の枠組みを見直す

- 宇宙創生論の検討:本当にいまのインフレーション理論でいいのか

- 宇宙生物学:DNA型生物と、それ以外の枠踏みの生物の研究、あとDNA彗星起源論など

- 絶対いるに違いない宇宙人の探索

- 太陽系外航行用宇宙ロケットの機構の研究:やはり、円盤型になるのか?

- 宇宙探索ロボットの研究:人間が行けないところに行って探索するロボット。さらには、自己複製オートマトンになればいいが、難しいか。

- 他惑星への人類移住計画:これは、やめとく方がいいか

のような、本質的な議論しないで、適当にお茶濁したら、宇宙の日なんて意味ないじゃん、と思うのは、まあ私くらいか・・・

2008年9月13日

金正日重病説

約1ヶ月前に、ブログで、金正日死亡説という記事を書いたが、なにしろ週刊誌に基づくものだったので、世間的にはある程度真偽を疑ってかかるべしということになろう。

ところがついに、普通の新聞に、金正日重病説が出た。すなわち、朝鮮日報は北京の外交消息筋の話を引用して、金正日総書記に「脳卒中の後遺症である断続的で不規則なけいれん」の症状があり、このため9日の建国60周年記念行事に参加できなかったと報じた、という。さらに同誌は、金総書記が「わきで支えれば立ち上がれるほどで、急速に回復している」とも、金総書記が「自分で歯磨きできる程度の健康状態」だと伝え、「半身不随」といった見方を否定した。

ところが一方で、米国政府は既に、北朝鮮の金正日政権が崩壊したことを想定して、中国と対応を協議している、という。また、米国政府は、韓国政府が金総書記の病状が回復しているという見解を発表していることを、受け入れられないと拒否し、依然として重病であるという説に拘っているという。

米国政府が根拠もなくそのようなことを言う訳もないので、事実は実際に回復困難なまでに重病なのだろう。一方、韓国では、なにしろ直近の隣国であり、最大の利害関係国であるので、とりあえずそれほど重篤ではなくまだ焦ることはないというメッセージを流しておいて自国民の不安を慰撫しているのであろう。それが証拠に、韓国の李明博大統領は、金正日体勢崩壊後の対策を急いでいるという。

私は、蒸し返すようであるが、金正日死亡説との整合性に、とりあえず拘る。すなわち、2003年に金正日は本当に亡くなったのだけれども、後の体制がまだ整わないので、影武者を立てておいて、時間を稼いだと思われる。しかし、流石に金正日没後5年が経過し、次第に後継の体制が整ってきたので、影武者を、重篤な病気ということで表に出ないようにして、いよいよ仕上げの段階にきたのだと思われる。

そのことを重々知っている米国政府は、北朝鮮が愈々最終段階に入ったことを知り、中国とも韓国とも議論を続けているに違いない。どうもおそらく、北朝鮮の新体制は、今までよりずっと親米で、それがために、テロ支援国家解除を、米国政府は、あからさまに口にするようになったと思われる。

ということで、金正日死亡が公的にアナウンスされる日も近いと思う。そうなったとしても、周囲は準備万端なので、大きな混乱は起きないだろうが、北朝鮮がめでたく真の民主主義国家になるには相当時間がかかるだろう。軍の反乱など、流血騒ぎもあるかもしれない。すると一番のチャレンジは韓国で、日本とて拱手していることは許されない。

大型ハドロン衝突型加速器

新聞によると、宇宙の起源と進化の謎に挑む「大型ハドロン衝突型加速器」(LHC)が、スイスとフランスの国境で稼働したという。地下100メートル、周長27キロの円形トンネルの中で、光速近くまで加速した陽子同士を衝突させる。すなわち、陽子ビームを7TeVまで加速し、正面衝突させることによって、これまでにない高エネルギーでの素粒子反応を起こすことができる。欧州合同原子核研究所「CERN」が14年をかけて完成させた。

研究者は、「CERN」に加盟する欧州20カ国に加え、日本、米国、ロシア、インドなどが参加しているという。LHCの建設費は加速器と検出器を合わせて約5000億円で、日本も約166億円を拠出した。この後も運用費の一部を負担することになる。しかし、ちょっとした30階建てくらいのビルが平気で1000億円くらいかかったりするので、約5000億円というLHCの建造費が高いとは思わないし、約166億円という日本の拠出額も決して多いとは思わない。国家予算からすると、ほんのポケットマネーではなかろうか。

さて、LHCの特徴は、言うまでもなく、陽子というハドロンを衝突させることである。そこで、今までの加速器を簡単に振り返ってみる。例えば、私の粒子加速器の歴史を自己引用してみると、2001年のフェルミラブ 1.96TeV以来、あまり加速器の建造は、世界的に行われておらず、もしかして軍事転用も見込みにくいこのような純科学的設備は、世界的に敬遠されているのかもしれない。

LHCの実験の目的は、Wikiによると、次のとおりである。
- 標準理論の中で唯一未発見であり、素粒子に質量をもたらすとされているヒッグス粒子の発見とその性質の測定。ヒッグス粒子とは、ヒッグス場を量子化して得られるものである。ヒッグス場によって質量を獲得するメカニズムがヒッグス機構であり、自発的対称性の破れが生じて真空に相転移が起こり、真空にヒッグス場の真空期待値が生じることによって素粒子がそれにあたって抵抗を受けることになったとする理論がある。確か、日本が誇る物理学者、南部陽一郎氏が、シカゴ大学を退職したとき、このあたりをじっくり考えたいね、と何かに書いていた。

- 標準理論を超える、大統一理論の有力候補である超対称性理論で予言される超対称性粒子の発見。この超対称性粒子であるが、ダークマターを、超対称性モデルでの、ニュートラリーノではないか、と予測する説がある。ダークマターは、理論物理学の5大問題の1つであり、この点に光が当てられると嬉しいが、当面、話が遠いかもしれない。標準理論へのチャレンジとしては、ニュートリノ振動もあり、素人考えで、標準理論は破綻しつつあるのかと思っていたが、仮にそうだとしてもなかなか代替の優れた理論がなく、困っているというのが現状なのかもしれない。

- 余剰次元理論に基づく計算により、LHCの衝突エネルギーで生成可能とされる極小ブラックホールの検出と、それによる余剰次元理論の検証。この余剰次元理論というのは、最近迷路に入り込んでしまっているとして評判のよくない、スーパーストリング理論との関連性を窺がわせるがどうなんだろうか。また、もし、いよいよブラックホールが実験的に作れるとなると、興味深い。

2008年9月14日

レアメタル生成

昔、ニュートンの時代にすら錬金術が信じられていた。化学的反応を駆使して、金を生成する、ということである。

その後、大学で物理を勉強したとき、錬金術は不可能ではない、と習った。但しものすごい高エネルギーを駆使すれば、というものであった。

実際、宇宙生成に関する現代の標準理論では、「ビッグバン直後には、ごく軽い元素しかなかった。理論的には、その後、恒星の誕生と超新星爆発が繰り返され、軽い元素同士が融合する核融合反応が起き、他の元素約100種類ができた。」ということになる。

このことを、理化学研究所や名古屋大などが実験的に突き止めたという。研究チームは、1572年に出現したカシオペア座にある「ティコの超新星」の残骸を、日本のX線天文衛星「すざく」で観測し、クロムやマンガンが発する弱いX線を初めてとらえた。二つの元素は、通常の恒星の観測では見つからないもので、爆発の際にできたとみられる。また、その強度から、爆発でできた量を推定すると、マンガンは鉄の100分の1、クロムは50分の1だった。これは、宇宙全体でみた鉄とクロム、マンガンの割合の推定値とほぼ一致するという。

このことから言えることは、原子量の大きいクロム、マンガン、あるいは、金、白金、オスミウム、イリジウムなどのレアメタルの生成にはそれなりに巨大なエネルギーが必要で、超新星爆発のような巨大エネルギ生成プロセスを利用しないでは発生しない、ということである。ただ、宇宙に鉄は豊富で、鉄よりもクロムやマンガンは、軽くて希少なので、単に原子量だけの問題ではなく、生成されやすさには別の性質も効いてくるのだろう。

こういうレアメタルを人類が重要視しているのは、結局、宇宙の労働価値説か、と妙なアナロジを適用したくなる。

知財ファンド

Webニュースによると、三菱東京UFJ銀行は9月12日、事業化が有望な新技術やデザインなどの知的財産を持つ新興企業に出資し、資金支援する投資ファンドを設立したことを発表したという。知財専門のファンドは大手行で初めてで、出資先の企業が上場を果たせば、ファンドは多額の収益が見込め、銀行の融資拡大にもつながる。景気停滞で企業向け融資が伸び悩む中、三菱東京UFJ銀行は新興企業を取引先として発掘、育成するとともに収益源にしたい考えだという。

ファンドの規模は5億円で、同行はファンド設立と同時に最新の技術や事業戦略に詳しい行員を集めた専門チームも発足させたという。

これを見て素朴に思うのは、5億円とは冗談なのか、ということである。少なくすぎる。500億円の間違いではないか。また、「最新の技術や事業戦略に詳しい行員を集めた専門チーム」と言うが、そういう人材が本当にいるのか、という疑問もある。というのは、詳しい経緯は書けないが、仕事で、数年前、ある銀行関係者と特許出願のことで打ち合わせすることがあった。特許というのは、メーカーであれば、結構重要なので、担当者にしっかりした方はちゃんといる。しかし、その銀行の特許担当者は、残念ながら実務にとても疎かった。それは経験がないから仕方ないと言える。一方で、私は銀行の実務は、経験がなく、とても初心的なことさえ何も分かっていない。

特許の実務よりもフォローするのがさらに困難なのは、最新の技術動向で、技術の多様性は、めくるめき、である。私は情報処理技術の重箱の隅みたいなところをかろうじて見ているに過ぎない。しかも、もともと開発者ではないので、なにかまともに動くシステムを開発したこともない。少しだけ分かっているのは、未知の技術分野で土地鑑を得るのがとても大変、ということである。そういう目利きの人材が銀行にいるのかな、という素朴な疑問がどうしてもぬぐえない。

さて、知財ファンドの対象となる知的財産とは、特許、実用新案、意匠、商標、著作権、営業秘密、ノウハウなどある。

先ず、意匠であるが、画期的なデザインの製品を創案したとして、それがどれだけ保護されるかというと、とても保護範囲は狭い。意匠権侵害訴訟の判例など、ほとんどない。私の知る限り、意匠は、自社製品のデッドコピーを防ぐという防衛的な目的でしか使えない。

次に商標であるが、ある面白い商標を考え出してそれを売りつけるという商売が昔あった。例えば、UFOという商標を数百万円で売りつける商標ゴロが昔いた。ところがいまは、商標登録は、業務や役務との関連付けが必須要件となった。だから、商標は、せいぜいが新ビジネスの旗印にはなっても、それ自体が知財ファンドの対象とはならない。

著作権は、英語でコピーライトというくらいで、結局、複製を防ぐということある。新事業であるプログラムモジュールを作成したとき、そのプログラムモジュールを他社がコピーすることは、なんとか著作権で保護することができる。しかし、同様の機能のプログラムを、ある程度参考にしてでも書かれたら、もうそこには保護は、及ばない。よって、著作権を、新事業の核にすることは難しい。

よって、知財ファンドの対象は、特許に落ち着く。そこで特許を新事業の核にしようとすると、次のことを判断する必要がある(何かを参考にするのではなく、思いつきで書いているので、適当である)。

1.その特許が有効か。もし、特許がきちんと登録になっていても、権利行使すれば、相手方は綿密な先行技術調査をしてくる。だから、この点の安定性は、重要である。

2.その特許に関連する技術分野は有望か。これは、特許手続きの知識とは全く別で、特許実務家、専門家だから意義があることが言えるということはない。その技術分野の動向に詳しい人でなくてはならないので、審査は大変である。例えば、iPS細胞に関する特許が有望であろうとは、誰でもわかる。しかし、例えば、半導体回路の接点にあるレアメタルをめっきする技術が重要かどうか判断するのは、とても難しい。

3.その技術分野で、その特許がどれだけ必須で、迂回または代替特許がないかという判断も難しい。よくパテントプールなどで、ある特許がそのパテントプールのベースとなっている標準技術でどれだけ必須の特許かという判断が必要になることがあるが、多くの人はそういう判断を迫られるのを避ける。とても曖昧で、難しいからである。

4.あと、特許の重要性である。上記必須性とだぶるが、経験上、特許の先進性を判断する材料の1つとして、被引用の数がある。特許庁の審査では、その特許が多く引用されるほどよく、それの審査で他特許を引用しないほどよい。また、当然ながら、特許請求の範囲の権利の広さである。

5.また、特許で保護されている技術が、どれだけ新事業に本質的か、である。特許の性格上、あいまいなところは権利保護が難しい。例えば、ある成分をある歩合で加えることが本質的だと思ったとしても、特許をとるためには、そこにある程度の特異的な意義が要求されたりする。なんとなくこなんなもん、では特許はとりにくい。そうすると、特許保護されるのが、製造装置のあまり重要でない機能だけだったりすることがある。

このように、知財ファンドというのは、とても未知の要素が大きく、判断が難しい。私が思うには、米国の投資ベンチャーがそうであるように、知財ということをあくまでも1つの要素と考えて、あまり前面に出さない方針がよいのではないかということである。プロパテントの風潮は影を潜めつつある。次第に、隠し味としての知財ということになっていくのではないか。

以上、コンサバ系特許実務屋のつぶやきであった。

羽生の過密日程の結果

前回書いた羽生の過密日程の結果であるが、下記のとおり、凄い勢いで勝って駆け抜けた。

8月26-27日 対深浦王位 王位戦  第5局(勝ち)
8月29日(金) 対木村八段 竜王挑決 第1局(勝ち)
9月 3日(水) 対木村八段 竜王挑決 第2局(負け)
9月 5日(金) 対木村八段 王座戦  第1局(勝ち)
9月 7日(日) 対山崎七段 NHK杯戦 (勝ち)
9月9-10日  対深浦王位 王位戦  第6局(勝ち)
9月12日(金) 対木村八段 竜王挑決 第3局(勝ち→挑戦者決定)

これに続くのが、下記のとおりである。
9月17日(水) 対木村八段 王座戦  第2局
9月25-26  対深浦王位 王位戦  第7局

これでも、普通の棋士なら過密日程であるが、それぞれ中5日、中一週間であるから、羽生は、なんとか疲労を回復する余地があるだろう。

この後羽生は、木村八段との王座戦をこなしながら、10月18-19日の竜王戦第1局(パリ)に照準を合わせる。

ところで、名人奪取症候群に書いたように、今までは羽生は、名人を奪取すると脱力感に襲われて、しばらく不調が続いたものである。

ところが、今期は、無理だと私が思っていた棋聖は奪取し、奇跡のような逆転を繰り返して竜王の挑戦者になり、また、一時は1勝3敗と追い込まれていた王位戦も、3勝3敗のタイまで押し戻した。

このような羽生の気力は、どこから来るのだろう。寧ろ、才能だけで勝てる歳ではなくなったことを自覚し、一層の努力をしているのだろうか。

ところで、羽生とは立場も実績も全然違うが、有吉九段が、私は若いときよりも今の方がずっと努力していますよ、と何かに書いていた。実際、有吉九段は、73歳の高齢にもかかわらず、C級2組で2勝2敗と、年齢の割に善戦している。

ただ、羽生のこの名人戦後の好成績を単に気力や努力のせいだけにしてよいか、また、この快進撃はどこで途切れるのか、考えらながら見守っているところである。

ブール代数は体でない?

数学セミナーの今月号は、有限体の特集だったが、普通の定義では、ブール代数は有限体でないことに今更気づいた。

まず、ブール代数とは、であるが、和と積が定義されて、定義域は{0,1}であり、1+1=1, 1+0=1, 1+0=1などが成立する。

積に関して、(ab)c=a(bc)の結合法則が成立し、1・a = a・1 = aという単位元1が存在し、a≠0に対して、ab = 1となる元が存在する。

a(b+c) = ab+ac、及び(a+b)c=ac+bcという分配法則が成立する。

和に関して、結合法則(a+b)+c=a+(b+c)が成立する。0+a=a+0=aという和に関する逆元も存在する。a+b=b+aという可換性も成立する。

ところが、体であるためには、和に関して、任意のaに対してa+b=b+a=0となるbが存在しなくてはならないが、ブール代数は、その和と積の演算において、ここで対応できなくなって、体にならないことが分かる。

このように和に対して可換群になれないことから、ブール代数は、環にもなれない。

そこで、和を排他的論理和で置き換えると、a+a=0となるので、ブール代数はようやく体(特に、有限体)になれる。これをブール体と呼ぶ。

という、so what ?な話であった。

感性の縮退

今日の夕方、近所のドラッグストア兼日常雑貨みたいなチェーン店に買い物に行った。すると、レジの女性が、せいぜい20代前半か、もしかしたらまだ二十歳未満なのかもしれないが、軽い胸のときめきを感じた。とても美人ということはないが、その透明感というか涼やかな雰囲気に惹かれてしまった。

それでもちろんどうってことはなく、私はなんとなくいい気分になって、店のポリ袋を提げて帰るだけなのだけれども、帰路思ったのは、あのとき目の前にいた女性が、上戸彩でも、AKB48のメンバーであっても、私の胸のときめきは同じだろう、ということである。

世間的にみると、大抵の男性は、上戸彩やAKB48の方により大きい関心を払うはずで、本当は実験してみないと分からないが、もし私が身近な女性と上戸彩に同程度の関心しか抱かないとなると、私の感性は縮退しているのではないかと、ふと思った次第である。

女性はともかくとして、食べ物に対する感性は、私はかなり縮退していると思うことがある。というのは、ものすごく高級な料理と、私が適当に作った手料理とあまり違わないのでは、と思うことがときどきある。それはいかなる意味でも、私の手料理が美味いという意味ではない。それが証拠に、以前病院に入院していたとき、周囲の人が病院食をまずいまずいとこぼしていたのに、私はそれなりにおいしいじゃん、と平気で思えていた。

そこまでで思考を止めておけばいいのに、さらに考えた。偉大なる仏教者という人がいたら、そもそも縮退するもなにも、そういう嗜好的な感性は、ほとんどなくなってるいのだろうか、ということである。

もしそうであるとしたら、私の嗜好のスペクトルは、世間的な意味で高級なものとそうでないものとで、なだらかであるにせよ、あまり低くないということになる。すると、私の俗度はまだまだ高いということを意味する。

とはいえ、資本主義の下では、購買者の嗜好のスペクトルは、縮退してもらっては困る。世間的な意味で高級な方により高い満足感を覚えるように感性を研ぎ澄ましてほしいのである。そのために企業は、巨額の費用を費やして広告を打つことに躊躇わない。

ここで、感性の縮退の反対の用語として、感性の先鋭化という用語を充てよう。すると、世間は皆、努力して感性の先鋭化度を高めようとしているように思われる。

例えば、福田首相はふがいない、誰それがいい、何党はどうこうという会話で世間は喧しいが、そんな総理大臣のわずかな違いなどに対する感性は、ポリ袋に入れて生ごみと一緒に出した方がいいと思う。

実は、世間的なことに対する感性を縮退させることが望ましい理由は、感性をもっと永続的なことのためにリザーブするためなのである。その永続的なことが何なのか、私にはよく分からないが、それが何かということを感じる感性はあまり縮退させないでおこうと思う。といいつつ、スーパーのレジなどで、ああっ可愛い子じゃん、と直ぐに思ってしまうというのは、やはり修行が足らないということになる。

2008年9月15日

サラリーマン合気道

例によって新聞の本の広告欄をみていたら、幻冬舎の「サラリーマン合気道」という本が掲載されていて、思わず笑ってしまった。というのは、幻冬舎の社長、見城徹氏の方針である、(1) オリジナリティがあること、(2) 明解であること、(3) 極端であることを地で行く作品だったからである。

「サラリーマン合気道」の著者、箭内道彦(やない みちひこ)とは、Wikiによると、1964年4月10日生まれで、コピーライター、CMプランナー、クリエイティブディレクターである。「福島県郡山市生まれ。福島県立安積高等学校、東京芸術大学美術学部デザイン科卒業後、1990年博報堂入社。その後独立し、2003年事務所、ショップ、ギャラリーを兼ねる風とロックを設立。2007年5月22日、女優の南野陽子と真剣に交際していることが報じられた。」とあるから、なあんだ、現代社会にあって、パキパキの花形というか、エリートじゃん、ということになる。

この本のサブタイトルは、「流されるから遠くにいける」
で、自分の弱点を生かす逆転の発想として、以下のような主題が並べられている(括弧で私のコメントを付す):
- アイデアは書き留めない(アイデアを書き留めないで流すというなら、それもありだと思うけど、でも、沢山書き留めておくのは、意味があるのでは。私はいつも、モームの「作家の手帳」を思い出す)
- 初めてやることしかしない(これは原理的に無理)
- 理解できないものを作る(言いたいことは分かるけど、理解できない、と言っても、ある程度の方向付けは必要では?)
- 企画倒れを愛する(まあ、これはいい。ダーウィンの法則にのつければいい)
- 極端からはじめる(これはいかにも、見城徹流である。私は、平凡から初めて、はっと気づくと、結構極端なものになっていた、というのが好きだけど)
- わざと反対のことを言う(かきまぜる、という意味ではわかる)
- 制約やブレーキを外す(どこかで収束させるなら、それもあり)
- うまく話そうとしない(ああ、口下手の私としては、これは強く同意)
- 弱点を仕事にする(弱点であってもいいけど、すると徹底的にその仕事が好きでなくてはならない。 Can you do that ?)
- 偶然やトラブルを愛する(まあ、そうだね。愛せないけど、仕方ないとのんびり構えたい、できれば)
- すぐにできるものしか、いいものではない(このメッセージ、ミスリーディング)
- ぎりぎりの奇跡を信じる(そうでないといけない場合もあると思う)
- 仕事に私情を紛れ込ませる(これって、やってない人は一人もいない。問題は、どこでけじめをつけるかである)
- ドラマを作り、伝説を演じる(箭内さん、随分酷な要求では。そりゃあ、あなたはできるでしょうけど、私はあなたと違うんです)

ということで、あまり現実的でないけど、都市伝説的な面白さはある。要は、一服の清涼剤程度に流し読みすればいいのではないだろうか。こうやって面白がっているあたりもう、見城氏の術中に陥っている、

もしかして、五味太郎の、「行きたい方向がなんとなくあると、人生それなりに甘いよ」とある意味、似ているかもとふと思った次第である。

理事長の資質

最近、相撲協会の北の湖親方が、ほとんど更迭のように退任し、武庫川親方が新しい理事長に就任したが、その対比に関するテレビ番組をみていて、結構興味深かった。

そのテレビの番組によると、相撲協会の理事長の資質は、次の3つなのだという:
1.実力
2.指導力
3.伝達力

実力とはまさに、この場合、現役時代の実績であり、その点で、北の湖に優る者は多くない。横綱昇進時の最年少記録、優勝回数24回など、揺るぎない実績を誇る。

一方で、元横綱三重ノ海である、武庫川親方にはあまり誇るべき実績はない。優勝は三回しかなく、また、通算勝率は5割9分と、歴代の横綱の最下位である。

ところが、指導力となると、北の湖には、見るべき弟子は全くいない。一方の武庫川親方となると、元横綱武蔵丸を筆頭に、大関経験者もいる。よって、指導力では、武庫川親方の方が圧倒的に優る。元横綱三重ノ海関はというと、大変な苦労をして、なんとか横綱に上り詰めた。そもそもが、身長が足りないからと、何度も新弟子試験に落ちたりした。また、才能の不足をどう補うか、いつも考えていたのかもしれない。一方の北の湖はというと、天才であり、凡人がどう努力するのかそのノウハウさえ分からなかったのかもしれない。

伝達力というのは、情報発信力と見立てると、武庫川親方は、立派なホームページを管理し、ざっと見るかぎり、よく出来たホームページである。ブログも、マンガも、ゲームもある。下手な企業のホームページ顔負けである。

一方の北の湖は、ホームページは閉鎖中である。メンテナンスにもともと力を入れていたとは思えない。

武庫川親方はまた、ちゃんこの店も経営する。自分でもレジでお客さんの相手をする。定年後の対策だそうである。

こうして、どの面からみても、現時点では、武庫川親方の方が北の湖よりも、理事長に相応しそうである。北の湖が、理事長に推されたのは、2002年。その圧倒的実績ゆえにだろうか。

こういう経緯を見ていると、ある協会のトップに立つ人は、圧倒的な実力を誇った人でない苦労人がいいのだろうか。多くの人が何度となく感じる疑問である。

しかし、世の中というものは、どうしても現役時代の実績に引きずられ、世間常識や、運営能力があまり配慮されず、トップが決定されてしまう。将棋の大山などその典型かもしれない。

いずれにせよ、武庫川親方の前途は多難である。そんなことはないと思うが、福田首相のように途中で放棄することがないことを願う。

2008年9月17日

ハイエク

最強ブロガーでエコノミストでもある池田信夫氏の「ハイエク」を読んでみた。そこで、この本を敢えて正しく要約しようとせず(というよりも、私は経済学に疎いので、できない)、独断で適当にコメントしてみる。

先ず、もともと経済学は、そのプレーヤーが完全な情報を得て、利益を最大限にしようと努力すると仮定する。しかし、プレーヤーが完全な情報を得るということはありえない。また、利益の鬼のようになることもない(中には、そういう人もいるかもしれないが)。すると、不完全な情報をもち、常識ある利益をもつプレーヤーが演じる経済現象はどうなるか、というとそれは結構分からない、ということになる。かなり予測不可能なのである。

それでも、各人のある程度の自由と常識が維持されるなら、アダムスミスの言う意味と少し違うかもしれないけど、次第に均衡のとれた望ましい状態になるであろう、というところが、ハイエクの主張するところである。

だから、ハイエクは、計画経済を標榜する社会主義や共産主義が嫌いである。ただ、旧ソ連でも、計画経済がとてもうまくいった時期があった。それは、重工業が主の段階で、計画経済の制御パラメータが少ない場合である。確かに、そういう場合、自由主義に委ねるよりも、計画経済できちんとコントロールする方がうまくいく場合がある。実際、そういう時期に、ソ連は、米国よりも先に人工衛星を打ち上げて、米国は大いに焦ったのである。

しかし、経済が複雑化して、重工業だけでなく、コンピュータ産業、サービス業などが主になってくると、制御パラメータが多すぎて、計画経済が働かなくなった。この頃から、米国が国力で、ソ連を追い抜いた。

米国は、自由な競争で、追い抜いたのである。では、資本主義でありさえすればいいのか、ということになるが、資本主義にもいろいろある。例えば、ケインズは、雇用の創出政策を奨めた。それは一時的にうまくいったように見えたが、結局長続きしなかった。米国経済を救ったのは、皮肉にも戦争であった。

このように、ハイエクは、世の中は、とても中途半端にしか制御できないことを解く。そういう経済モデルとして、ニュートン力学ではなく、複雑系や自己組織システムを提唱する。流石に、量子力学的確率モデルまでは行っていない。

ハイエクの思想的先祖は、ニュートン、デカルト、カントの系列ではない。ロック、ヒュームの経験論的な系列である。ウィトゲンシュタインも入るかもしれない。

だから、ハイエクの経済学は、21世紀の経済学であるといえる。それを明確に記述する数学モデルはなかなかない。

ハイエクの経済学の根本に、社会の自由があるが、単なる野放図な自由をハイエクが主張したのではない。自由の根幹の良識という意味で、大陸系ではなく、英国経験論の社会ルール論から法哲学も射程に入れる。

こんな理解でいれば、ハイエクの著書を読んだとき、少なくとも自分の理解の間違いに気づくことができるだろう。

象の賢さ

いつだったか、新聞に、次のような記事があった。すなわち、「象は、算数が得意?」という題で、東大大学院文化研究科の入江尚子さんの研究が紹介されていた。

どういう研究かというと、上野動物運の雌のアジア象、アーシャを使った実験で、2つのバケツを用意し、一方のバケツに、1個から5個の間のリンゴを入れる。他方のバケツにも、1個から5個の間のリンゴを入れる。そうしておいて、再び一方のバケツに、1個から5個の間のリンゴを入れる。他方のバケツに、1個から5個の間のリンゴを入れる。その間、象は、ずっとこの光景を眺めている。そして、リンゴが多い方のバケツを選ばせる、というものである。この選択を正しく行うためには、足し算の概念がなくてはならないが、アジア象、アーシャは、全く間違えることなく、多い方のバケツを選んだそうである。

東大大学院にしては地味な研究だと思うのは、私だけだろうか。それはさておいて、こういう足し算概念において、象は、猿よりも優れていることが分かったという。だから、象は伊達に体が大きいのではない、ということになる。

そういう意味では、鯨やイルカが高い知能を持ち主だという話があるが、その体の大きさに比例して脳が大きいなどということがあるのだろう。

ところがである。最近のWebのニュースに次のような記事があった。

ネパールのカトマンズから南東200キロにある村で9月13日、野生の象が12歳の少女を含む少なくとも4人を殺害したと警察が明らかにした。被害者らは睡眠中に家から引きずり出された上、踏みつけられて死亡したという。

象がとても強い動物で、ライオンでさえも敬遠することはよく知られている。しかし、象は草食動物で、他の動物を捕食することはないし、性格は基本的に穏やかで、柔道の達人のように、「降り来る火の粉は払わにゃならぬ」の方針で、向かってくる敵は倒すけど、自分からは仕掛けないはずである。だから、このように、象が民家の寝込みを襲うというのは聞いたことがない。

なお、ネパールには約250頭の象がおり、そのうち約100頭は、ホテルや国立公園などで飼育されており、また、ネパールでは象は法律で守られており、象を殺した罪で有罪になった場合、最長15年の禁固刑が科される、という。

すると、象は大切に扱われているはずで、野生の象が虐待されるということはないはずだが、何か人間が恨みを買うようなことをしたとしか、思えない。まるで、先日、秋田のお祭りに車で突っ込んで、数人を殺傷した事件のようである。あれは、犯人の思い込みであったが、象も知能が高いゆえに、変な思い込みをするのか、と考えた次第。今度は、入江尚子さんに象の思い込みの研究をしてほしいと思う。

再び、ダイエット

以前、ダイエットについて書いたが、そこに書いた2007年7月の時点で、折角76kgまで落としたのに、また肥満になってしまった。9月の第1週の時点で、84kgもあり、これは私の生まれてからの最大の体重である。やばい、と思った。

なんでやばいのか、理由は本当はよく分からない。女性ではないし、今更お嫁に行く?訳でもないので、美容は関係ない。また、そんなに長生きしたいとも思わないので、むしろメタボでころっと逝くのもいいのかも、と思いつつ、やはり命が惜しいのか。あ、現実問題、ズボンが穿けなくなるのは、辛い。

肥満になった理由ははっきりしていて、家内が所用で実家に帰る機会が増えると、私は基本的に、自炊する。自炊するとき、足らないと困るので、どうしても少し大目に作るが、すると、貧乏家庭で、残してはいけないと母に叱られた記憶があって、どうしても全て平らげてしまう。あと、折角作ったものを捨てるというのは、自分に対しても忍びない。これが、過食になってしまっている。

肥満になった別の理由は、ストレスである。すなわち、会社で仕事をして、しかも自宅で家事をするということを毎日していると、疲れるし、相当ストレスも溜まる。それで、食事を作って、私の方針で食器も一応洗うと、安心してビールを飲み始める。つまみはなぜか、脂っこいポテトチップスだったりする。これで太らなかったら嘘である。こうして、体重自己最高記録を更新してしまった。イシンバエワが、オリンピックの棒高飛びで世界記録を更新するのは大変だったが、体重自己最高記録を更新するのは、なんと簡単なのだろう。

で、私のいつもの常套手段は、ヨーグルトダイエット、すなわち、週末、基本的にヨーグルトと野菜ジュースしか摂らない、というものである。それで、84kgから80kgに落とすのに、なんと2日しかかからなかった。快挙と思っていたら、ここからビタッと体重の低下が止まってしまった。

本当に、ウイークデーもあんまり食べていない。まともに食べるのは昼食だけで、夕食は、カロリーメイト40gだけ。でも、水だけは1日、2リットル飲んでいる。すると、体重が下がらないのは、水体質になっているせいか、などと思うのだが、すると、血液の粘度が低下して、脳溢血や心筋梗塞の可能性が減っているのでいいか、という、医学的根拠のないことを考えている。

冷静に考えると、約1年周期で、肥満とダイエットを繰り替えている。体重が低め安定する気配もない。要するに、そんなのどうでもいいとどこかで考えているから、習慣は変わらないようである。

2008年9月18日

嫌な上司

Webを見ていたら、「嫌な上司」の話題の記事があった。あまりにもベタなトピックであるが、あえて屋上屋を書いてみる。

その記事によると、どんなとき「こんな上司にはついていけない!」と思うかというと:

- 部下の評価に自分の「好き嫌い」が入る
- 自分の間違いを認めない
- 部下が失敗したとき責任をとらない

が、三大原因なのだという。元管理職としてコメントすると、「部下の評価に自分の好き嫌いが入る」というのは、きちんと対応するのが結構難しい。というのは、営業部門でもないかぎり、部下の実績や貢献度をきちんと客観的に見ることは難しいからである。「あなたは、どれだけ私の仕事ぶりをちゃんと見て評価しているのか」と言われて、絶句したことは一度ではない。そういうとき、私は、とっさにうまくかわせないタイプなので。管理職の言い分としては、部下は、他の部下との比較で相対的に見ることがどうしても苦手、ということである。ここは、いくら説得してもなかなか分かってもらえない。人間としては、自分の中で、一生懸命やった、という絶対的基準があるだけだから。ただ、私も管理職から離れてはや二年、だんだん、一専門職としてのわがままモードがでてきたのも否定できない。例を挙げると、飼われていた猫が逃げて、野生化したようなものである。ううん、ちょっと違うか。

「自分の間違いを認めない」というのは、人間だれでもそういう本能はある。よって、管理職としては、少なくとも、自分の間違いを認めるに吝かでない人間を演じる必要がある。これ、結構疲れるけど、私はその役割は一生懸命尽くしたと思う。実際どうであったかは、元部下の人達の判断にゆだねるしかない。

「部下が失敗したとき責任をとらない」というのも、誰だって責任とりたくないけど、私は、管理職は、実務やるわけではないから(といいつつ、結構実務やって、もっと管理やれとよく叱られていた)、責任とってなんぼの仕事だと信じて、ここはなにかあったら責任をとるつもりでいつも働いていた。責任の取り方だが、部下がひどいミスして私がクビになるとしたら、平静でいられるだろうか。な訳ない。女房、子供が路頭に迷ってしまう。でも、仕方がないのだろう、と思っていた。実際そういう羽目になったら、取り乱して醜態さらしたかもしれないが、幸い、そんなひどいミスを部下がすることはなかった。これは感謝である。ただ、せめてもと、部下がミスしたら、他部門の人に代わりに叱られていた。これくらいは仕方ないだろう。それで、ちょっと酒量が増えたが。

他にも、「社内調整が下手」や、「部下を自分より先に帰らせない」が、男性の部下から嫌われる原因だそうであるが、私はこれはなかったと思う。社内調整は、いつも必死で、なんとか落としどころを探っていたし、「部下を自分より先に帰らせない」に至っては、私が一番遅く帰るというのが常態で、例外は少なかったと思う。

また、その記事によると、女性の部下は、「仕事中に私用をしている上司にはついていけない!、と思う人が多いというが、これは、私の実感とは違う。私は、仕事中に多少私用をし、余暇の時間に多少仕事をするという相互乗り入れを提唱し実行しているが、あまり非難を感じたことはない。もし女性の部下が非難を感じるとしたら、仕事中に上司が私用の備品を部下の女性に買ってくるように命じるなどではあるまいか。私がそういうことをするというのは、ちょっと考えられない。

という、とてもベタで新鮮味のない話であった。

2008年9月19日

駅すぱあと

昔会社で、交通費の精算の際の料金を計算するために、「駅すぱあと」という製品を購入した。ヴァル研究所という会社である。確か、Windows98の時代ではなかったか。

ところが、2000年頃から、「駅探」などのWebベースの経路探索用無料サイトが出てきて、「駅すぱあと」は最早使わなくなった。当時「駅探」を私に教えてくれた人が、こんなんが無料でいいのかね、と驚いていたのを今でも思い出す。

従って当然に、「駅すぱあと」の継続は中止した。ところが、それでも、毎年のようにヴァル研究所からは、ライセンス登録担当者である私に、ダイレクトメールが来る。それが、2002年や2003年なら分かる。とても怪訝なのが、2008年の今に至るまで、ヴァル研究所からダイレクトメールが来ることである。

今までは、ヴァル研究所からダイレクトメールは当然にそのまま捨てていたが、今日ふと、ダイレクトメールを見てみた。「駅探」などのWebベースのサービスがありながら、「駅すぱあと」がサバイバルしているというのは、それなりの凄い付加機能があるのだろう、と。

ところが、「駅すぱあと」の売りはなんと(別の意味の驚き)、「駅周辺地図」、「天気予報」、「交通機関の駅情報」、「宿泊予約」で、どうしても私は、「駅探」との差分が理解できない。これは流石にないと思った機能として、CO2総排出量計算機能というのがあったが、それをみて嬉しがる人がいるのだろうか。

ただ、これは導入する企業もあるかもと思ったのは、「駅すぱあと 通勤費管理システム」である。すなわち、「駅すぱあと」で探索した結果から直接、通勤費支給明細が作成できるのだという。その他、社員申請の交通路のチェックなど、流石に「駅探」でできない機能があって、こういうところで、ヴァル研究所は生き延びているのかも、と思った。実際、三菱UFJスタッフサービス、朝日火災海上保険など、大手企業の導入事例がある。

個人ユーザ向け「駅すぱあと」だけでは、やっていける訳ないもの。このように、主要製品と同等機能のソフトウェアが、フリーウェア化、オープンソース化されると、ソフトウェア会社には試練の日々がくる。

そのような会社の典型的な例を私は、メガソフトに見る。MS-DOSの時代、メガソフトのMIFESは、テキストエディタの代名詞で、ソフトウェア開発会社のほとんどは、MIFESを使ってプログラムを書いていた。そういう私も、仕事の文書のほとんどは、MIFESで処理していた。ところが、Windowsになって、シェアウェアの秀丸が出てくると、一気にテキストエディタは、秀丸が席巻した。価格と機能が圧倒的なのである。

こうして、メガソフトの主要製品は、3Dオフィスデザイナーや、3Dマイホームデザイナーとなった。MIFESも一応販売しているようであるが、なんと28000円もする。きょうび、テキストエディタを28000円で買う人はいないと思うが、とりあえず維持しているのだろうか。そう考えると、ヴァル研究所の「駅すぱあと」も、スキル留保のために、とりあえず維持しているのだろう。

癌と精神病

癌と精神病と、並べて書くと、顰蹙を買うだろう、なんと不吉な単語を並べるのだ、と。ところが、ある思いつきのアイデアによると、人間は全て癌にかかっており、精神病にもかかっているのだという。

まず、人間は全て癌にかかっている、というところについて、それはどんな人間でも日々癌細胞が生まれて、免疫系がそれを潰している、という意味なのかと自問すると、違うという。それは生命に根源なもので、細胞が死滅して他の分裂する細胞にとって代わられるとき、それが癌なのだという。おいおい、それは普通の細胞分裂であって、それを癌と呼ぶなら、原子力発電所の中で起こっていることは、核爆発である、というのと同じではないか、というと、うん、それでいいのだ、という。無茶苦茶である。

一方、人間は全て精神病にかかっている、というところは、まだ、癌よりは受け入れやすい。そもそも、アルボムッレ・スマナサーラ師に、心は病気という著書があり、そこにあるようにブログでも触れた。この辺は、今にして思うと、精神分析学者、岸田秀の「人間は、本能が壊れた動物である。」と似たようなことなのかもしれない。

それで、言いたいことはどうも、みんな癌と精神病の両方に罹っているのだから、人生は本来的に無明であることを改めて、認識せよ、と分かりきったことを言う。突然人が一家心中するのも、トラックで群集の中に突っ込むのも、無明の確率変数の誤差項である、とか、いかにも習い覚えたばかりの数学用語を使う高校生みたいなことを言う。

それが無明であるなら、そのような悲劇を避ける方法はあるのか、というと1つだけある、という。それは何かと聞くと、どうやったら避けられるかを考え続けることだ、とはぐらかすようなことを言う。

かくして、こんな無意味なステートメントをなんでブログに書くのか、と自分でも悩んでいるところである。

2008年9月21日

喫茶「芙美子」

もう10月が間近だが、8月末に故郷の尾道に帰ったことはもう既に書いた。で、ついでの話だけれども、私が帰省した8月29日は、深夜バスだから、朝福山駅について、それから山陽本線で尾道に着いても、朝はまだ8時だった。

ところが、折悪しく大雨になり、傘の手持ちがなかったものだから、コンビニで傘を買おうと商店街をうろついたが、なんとコンビニが見つからない。それでまるで強迫神経症患者みたいに、商店街を行ったり来たりした。なにしろ、凄い雨で、アーケードから一歩も出ることができない。仕方がないので、喫茶店でも入って時間をつぶそうと思ったら、「芙美子」という喫茶店が目に入った。

入ってみたら、マスターと、おかみさんがいた。雨でどこも行けなくて、時間が余っているので、注文のモーニングもってきたおかみさんに話しかけた。「尾道の出身の方ですか、」と。すると、ちょっと関西弁訛りでそうでないことが直ぐに分かった。なんでも、東京や埼玉に住んでいたが都会に疲れて、おそらくこ主人の故郷である尾道にたどり着いたという。

で、よせばいいのに、私は尾道出身なのですけど、都会に行って、あの乾いた雰囲気がしっくりきます、とか余計なこといって、急に気まずい雰囲気になってしまった。それで、店内見回して、「あ、ここは林芙美子の店なのですね。」となんとか、話題を切り替えた。すると、「ええ、林芙美子で、町興ししたいと思っているのです。」というので、「ああ、林芙美子って離婚してパリに行ったんじゃなかったでしたっけ。」と中途半端な知識で切り出したら、「林芙美子って、離婚してませんよ。」とパシッと応対して、向こうに行ってしまった。どうも深夜バスの疲れと大雨で、空気読めなくなっていたらしい。普段とあまり変わらないかもしれないが。

でも、所在なさそうにしていたら、おかみさん来て、林芙美子の元の住まいに行ってみますか、というので、折角なので、行ってみることにした。喫茶店の奥に、古い壊れそうな家があって、そこは林芙美子が子供のころ、両親と住んで、近くの小学校に通ったのだという。入ってみると、よくこんな狭いところに親子三人が住んでいたと思った。

よく考えたら、尾道ゆかりの作家なのに、私はほとんど林芙美子を知らない。「放浪記」は読んだことがあるような気がする。でも、室内に貼ってある林芙美子のプロフィールを読んで、今でというと、かなり跳んでいる人だと思った。なにしろ、大正15年、23歳で放浪を終えたというから、そこまで、ふらふらしていたということである。そこで、長野出身の画学生と同棲したという。

また、パリに遊学して、彼氏ではない、ベルリンから来た日本人に猛烈な恋愛感情を抱いて困ったというから、なかなか、旺盛な人のようである。そうかと思ったら、昭和12年には、34歳で、毎日新聞の女性初の従軍記者として、上海、南京に出向き、記事を書いたという。

こうして古都、尾道にはとうてい収まりきれない人を、じっと盛り立てて町興ししようという喫茶「芙美子」のおかみさんに話にますます違和感を覚えつつ、ようやく雨が小降りになった街に出かけていった。

あ、喫茶「芙美子」のホームページは、こちらです。一度見てみて下さい。

リーダーシップの類型

管理職だった時代に、管理職研修というのを、だいたい毎年受けることになっていた。これがどれくらい意味があるか私は甚だ疑問に思っている。というのは、会社にいると、どうみても管理職に向かない人というのがいて、それでいて平気で長年管理職をやっている、というパターンは少なくない。そういう人が、三日くらいの管理職研修に出て帰ってきて、どれくらい進歩があったか、というと、それが悲しいほどに変わっていないといういう例以外を私は知らない。

さて、管理職研修というのはどういう内容かというと、おおまかに言って、次のような内容からなる。

1.上位マネジメントの談話:要するに、専務や常務レベルの人が来て、会社の今後の経営方針などを話してくれる。それで、タウンミーティング形式で、出席している管理職から質問を受けて、回答する。管理職というからには、建前上、問題児のような社員はいない訳で、そんなに深刻な話にはならないが、それでも、営業の管理職など、現場の困窮を訴えたりする。私も、予算不足の問題を訴えたりしていた。専門の特許の話をしても仕方ないので、共感が得られる予算や経費の話にもっていくということである。

2.ロールプレイ・ゲーム:参加者同士でチームをつくり、テーマを与えられて、ロールプレイ・ゲームを行ったりする。上司の役、部下の役に分かれて、厳しい上司、フレンドリな上司など、与えられたキャラクタで演技をする。実は、演技をするというのは管理職にとって本質的で、嫌な部下がいてもじっと愚痴を聞いたりしなくてはならない。だから、演技力自体意味がなくはないけれども、その場の座興に終わっているのではないだろうか。

3.自己診断:あと、自分のマネジメント・スタイルを、質問に回答することで自己診断する、というセッションもある。日経ストラテジーなどを見ても、私が習ったのと同じことが書いてあるので、これが確立された、マネジメント・スタイルの類別なのであろう。
 それによると、マネジメント・スタイルは、次の6つのスタイルに分けられる:
a. ペースセッター型:高い目標を設定して、自ら率先垂範する。リーダー自ら、専門知識を蓄えることを怠らない。
b. 指示命令型:いつまでに何をするかを明確に決め、進捗を細かくチェックする。
c. 調和型:人と人の間の関係の調和を重んじる。
d. 指導育成型:時間がかかっても部下の成長を率先する。
e. 民主型:部下を意思決定に参加させ、コミットメントを引き出す。
f. ビジョナリー型:なぜその仕事をするか、という目的やビジョンを理解させ、部下を導く。

チューターによる指導によると、上記のスタイルのどれが適切で、どれがいけないということはなく、管理職たる者、場合によって、うまくこのスタイルを使い分けなくてはならない、という。それは言うは易くで、実は、なかなか難しい。

私は、というと、自己診断によると、調和型+民主型であった。こういうタイプは、組織がある程度順調に廻っているとき、それをうまく維持していくのに向いている。しかし、例えば、今の米国の金融危機みたいな状況で、もしトップにいると、ただ手を拱いて、事態を悪化させるかもしれない。だから、自分でいうのもなんだけど、あまり上等な管理職ではない、ということになる。どんな馬鹿な軍隊でも、私を司令官に任命したりはしないだろう。

それで、私がチューターにした本質的な質問がある。それは、こうやって管理職を類型するということは、その結果、どうしても管理職に向かないタイプというのを識別できて、うまく棄却できるのではないか、ということである。

チューターが苦笑いしながら答えるには、そういう類型はありません。スタイルの違いにすぎません、ということである。しかし、例えば、Javaでシステムを開発する仕事があったとして、頭の良し悪しとは関係なく、Javaでコードを書くことが決定的に苦手な一群の人達がいることを否定する人は少ないだろう。そう判別されると、もし開発の仕事に就いていたも外される。当然である。ところが、もし管理職というのものが、上位マネジメントの指名で(かなりの恣意で)任命されて、その後、Javaのプログラム開発能力のように客観的な管理能力がテストにさらされず、放置されるとすると、その影響は、プログラム開発能力のない人が悲惨なコードを書き続けるよりも、もっと大きいのではないか、というのが私の感想である。言い換えると、管理職というのは、Javaでコードを書くよりももっと才能とスキルを要する仕事ではないか、という私の問いかけがある。

あるWebの記事をみていたら、AIGの日本法人にいた人が、その会社では、上の方にいくほど駄目な人ばかりで、嫌気がさして辞めた、というのがあった。私は金融に全く素人で、よく分からないが、AIGにしても、リーマン・ブラザーズにしても、棄却されるべき駄目な管理職が沢山いたせいもあるのではないか、とふと思うのである、絶対に、サブプライムなどの外部要因だけではない、と。

岩波数学叢書

数学セミナーの本の広告欄を見ていたら、岩波数学叢書というのがあった。最近、私の気持ちの中では、岩波書店の評価は低い。理由は、例えば、一般向けの新書の分野で、岩波書店は、講談社、中公だけでなく、宝島社、幻冬舎などにも後れをとっているからである。

そのような偏見から、岩波数学叢書も、群論入門など、一般向けでお茶を濁しているのではないか、と高をくくってみていた。すると、いきなり、「アラケロフ幾何」という文字が目に入った。数学の才能はないのに、ミーハーな私は、一応数学の分野の名前や数学者はフォローしているつもりであるが、「アラケロフ幾何」というのは、聞いたことがない。広告の解説をみると、「グロタンディークのスキーム論を超えて代数、幾何、解析を融合させる現代代数幾何の最高峰」とある。なんだか、凄そうである。値段は、6080円もする。絶対に理解できそうもないので、経典代わりに買い置くには高すぎる。

もう1つの配本は、「複雑領域上のディリクレ問題」。そもそも、ディリクレという名前が出てくること自体が、プロ好みである。これは調和関数の境界挙動についての本らしいが、これは多少は一般向け?である。

今後配本予定で「凄そうな」ものを挙げてみると:

アーベル多様体のモジュライとそのコンパクト化
可換環論における正標数の手法
ギンツブルク-ランダウ方程式と安定性解析
非線形分散型波動方程式
無限グラフのラプラシアン
量子情報と対称性
劣モジュラ最適化

こういう、専門家に小部数しか売れそうもない高度に専門的な本を出す岩波書店も、まんざら捨てたものではないのか、とふと思った次第である。

2008年9月22日

オバマは勝てない?

昨日、テレビを見ていたら、どこかのテレビ局のワシントン特派員が、パパブッシュ時代に副大統領だった人に、大統領選挙戦のことでインタビューするという特集番組が組まれていた。

結論から先に言うと、オバマは勝てない、がその論旨で、なるほどと説得力があると思われた。以下、その理由を述べてコメントする。

一番の理由は、オバマはなるほどハーハードのロースクールを出て秀才かもしれないが、政治という実務で実績がない、というものである。大変な状況に遭遇して、困難な判断を下したことがない、という批判がある。で、それは実際にそうなんだから、そのことでオバマは反論できないだろう。昨今の未曾有の金融危機と、出口の見えないイラク・アフガン(パキスタンも入る)情勢、またロシアとの新たな冷戦に遭遇して、ひたすらチェンジを空しく唱えるオバマでどうなるという懸念は、私も感じる。

一方のマケインはというと、ベトナム戦争のパイロットで、捕虜になり、ベトナム軍に5年も勾留された、という筋金入りの歴戦の兵である。帰国後、国民的英雄としてもてはやされ、政治の世界でも、芯の通った右翼として、一目置かれ続けてきた。自分のことより、国に尽くす、というまるで幕末の幕臣のような気概は、決して虚飾ではあるまい。そもそも、イラク・アフガン戦争継続に固執するあまり、あやうく、共和党から大統領選挙の候補指名から外されかかったという経緯もある。しかし、マケインは信念の人で、自分の主張を変えようとしなかった。

そういう硬派のイメージだけでは、オバマに勝てないかもしれない。ところが、忽然と表れたのが、アラスカ州知事のサラ・ペイリン。見るところ、学校のPTAの役員で、やたら学校に文句をつけ、それでいて廻りに一目置かれているようなおばさんを彷彿させる生活感覚あふれた女性である。キリスト教右派のイメージよろしく、子沢山である。要するに、避妊しないということである。

オバマが政治的実績がないという批判は、そのままカウンターで、サラ・ペイリンに返された。しかし、サラは、私はアラスカの小さい市で市長をやり、その後、アラスカ州知事になった。なるほど、小都市の市長というのは、コミュニティーのオーガナイザー程度のものかもしれない。でも、市長というのは、その市に対して決然たる責任をもつのよ、と責任ある仕事を果たしていることを強調して、喝采を浴びた。その庶民感覚が受けて、共和党陣営は一気に優位に立った。誰かの比喩では、野球で言えば、追い上げムードとはいえ、7回裏でまだ2点負けている。そこで、ピンチヒッターでサラが登場し、一気に満塁ホームランを打ったようなものだ、と。

こうなってくると、民主党は、今更だけれど、やはりヒラリーの方がよかったのではないか、ということになる。女性大統領というのは売りになるし、政治的実績もある。その主張に論理性と具体性もある。ヒラリーが民主党候補だったら、サラ・ペイリンは担ぎ出されなかったような気がする。同じ路線で、セレブリティの劣る人をぶつけても奇襲戦法にならないからである。

とはいえ、もしマケインが大統領に選ばれるとして、私の一番の懸念は、泥沼のようなイラク・アフガン戦争に、マケインは果たしてうまく出口戦略を与えられるか、ということである。数学でいうと、それはもう級数の発散定理のようなものである。どうあがいても、項を加えれば加えるほど、被害は増えていく。一時的にプラスの項があっても次には必ず、それより大きいマイナスの項が来る。マケインは、ベトナム戦争で捕虜だったということは、あの苦渋の出口戦略に参画していなかったし、うまく眺めるチャンスもなかった、ということである。それで、どこかしかイケイケの気分だと傷を深めるばかりである。

また、この金融危機にあって、マケインがどう対応するか見ものである。マケインなら、アメリカ国民のパワーを信じて、その自発的開拓精神で、金融も復興させる、という流れをうまくつくりだせるか。要するに、ハイエク流の世間知、大衆知に委ねる面が必要だと思うのだが、そこは共和党の方針に合致するのか、などと訳もわからずいろいろ考えてみているところである。

2008年9月23日

棋力の相対性

先日のNHK杯は、渡辺竜王対森下九段、という本格対決であった。森下の先手ということで、予想どおり、矢倉になった。というのは、渡辺は以前は盛んに用いていて、竜王奪取の原動力となった中座流横歩取りを最早封印しているからである。一方森下は、角換系の将棋をあまり好まない。すると、矢倉はほとんど必然である。

戦型は、これも予想どおり、森下システムとなった。一時駄目印を付けられていたが、改良策が見つかって、また復活した。それでも、森下システムの天敵が端攻めであるという事実は変わらない。

しかし、後手の渡辺竜王の作戦は、香頭飛車の端攻めであった。この筋は昔からある。一歩もって、96歩、同歩、97歩とし、同香に角を叩ききって、同桂、それから96飛と来ると、98歩の一手なので、飛車を引いて96歩を狙う。

単純だけど、ときどきうまくいく、という作戦である。しかし、この場合、いかにも異筋と思われるのは、73銀が中途半端なのである。全く攻めに参画していない。すると、二枚換えとはいえ、角と桂香の交換となって、いかにも攻めが薄い。

果たして、森下の方がかなり優勢になった。入玉は絶対阻止できないと思った。と金の援軍がいるので、すたこらと敵陣に玉が進んでいれば、わかりやすい勝ちである。誤解を恐れずいうと、私だって分かる手である。ところが、森下は、色気を出して、25歩と銀を取った。こうしておくと、24桂の打ち込みで、敵陣の陥落も間近と思われるからである。ところが、自陣の飛車に当てて角を打たれて、一気にあやしくなった。それでも正しく受けると厳密には勝ちだったが、秒読みに追われて正しい受けが分からず、一気に森下は、頓死してしまった。

この色気の出し方が、私が優勢な将棋を負けるパターンとあまりにも同型なので、苦笑いしてしまった。すなわち、私は今まで何度、このような局面で、一旦玉方に手を入れておけば楽勝なのに、駒得に目がくらんだりして、逆転されたことだろう。

そこで思ったのが、棋力の差の相対性である。森下も渡辺も私よりも圧倒的に強いことは論を俟たない。おそらく、今の私では、飛車落ちでも、この二人に勝てないだろう。また、駒落ちで、私が不利な局面になったとしても、森下はきっと、変な色気を出さず、正しく完封してくるだろう。それは、棋力の差Δxが違いすぎるからである。

すると、x1,x2をそれぞれの対局者の棋力とし、棋力の差Δxをとし、二人の対戦の局面挙動関数f(x1,x2,Δx)のようなものを考えたとき、局面挙動関数fは、Δxのみに依存するような場合も少なくないのではないか、というのが私の主張である。

すると人は言うだろう、わざわざそんな概念を持ち出さなくても、渡辺の鋭い終盤だと警戒して神経がピリピリし、それゆえにこそ、やっと勝ちが見えるとほっとして色気を出すのだ、もし相手が君なら、そもそも警戒しないのだから、途中で改めてほっとすることもない。それだけのことだ、と。

それにしても、プロがあまりに自明な、私と同型の油断をしているのを頻繁に見ると、それだけではないと思うのである。

霊の海、細胞の海

人間、誰でもいつか死ぬのだけども、死んでもそのことが分からないことがあるという。朝目覚めて起きたら、なんか変だけれども、とりあえず昨日までの世界とそんなに違わない。でも決定的に違うのは、お腹が減らない。思っただけで、どこでも行ける。そんな決定的な違いがあるのに、やはり気づかない。もっと困ったことに、無意識のうちに、波長のあう精神の人に憑依して、その憑依された本人の意図しない結果になってしまう。典型的には、先日、福岡で、母親が小学生の息子を公園で殺してしまったことがあった。学校に来ないことを子供に責められたせいというが、そこまでの殺意は、どう考えても合理的に説明がつかない。それで私はつい、憑依を想定してしまう(ハート・ウィックランド「迷える霊との対話」ハート出版など参照)。

このようにわれわれの周囲には、多数の霊が跋扈している訳で、それは空気中に細菌やウイルスが漂遊しているのとのアナロジーである。そのような細菌のせいで、放置されている食べ物は腐敗してしまう。だから、腐敗しないようにするためには、冷蔵庫に入れる、乾燥保存するなどの処置が必要である。

これを細菌の海、ウィルスの海と呼ぶことにすると、われわれは同様に、霊の海にもいることになる。霊の海にあって憑依されない決定的な方法というのは分からない。とりあえず、欲望を膨らませないで、質素に生きるくらいしかないのではないか。要するに、仏教の教えに従うことである。

では、われわれは、細菌の海、ウィルスの海、霊の海だけに注意していればいいのか、というと、自分の体のことも考えてみてほしい。われわれの体は、何兆個もの細胞からなり、沢山のホルモン、酵素、機能性たんぱく質にあふれている。それで、その体の持ち主と自分で勝手に信じている、主体の意思とは全く無関係に、鼓動し、消化し、吸収し、分裂し、増殖し、死滅し、異物を取り囲んだりしている。これだけ勝手にふるまっている細胞がどうして主体の支配下にあると言えるだろうか。例えば、東南アジアに聞いたこともない小国があるとする。そこにあなたが、傀儡の支配者として派遣される。すると、傀儡とはいえ、一応、元首なので、周囲にいる人はあなたの言うことを聞き、政策にも耳を貸すかもしれないが、ほとんどはあなたの指示の外で動いている。そもそも、あそこに移動したいからタクシーを手配してくれ、と部下に依頼しても、一応は聞いたふりをするが、事情があってタクシーはこれません、と部下が言うかもしれない。そもそも、どういう仕組みでタクシーの運転手が働いているか、傀儡の元首には教えられることもない。

このように、あなたの細胞たちは、あなたの意思と全く無関係に、勝手に振舞っている。指示しても、聞いたふりをするだけである。これを私は細胞の海と呼ぶ。

昔読んだ夢野久作の「ドグラマグラ」によると、人間において考えているのは脳ではない、という。考えているのは個々の細胞であって、例えば、昔読んだ「腸は考える」という名著があったが、腸の細胞は、脳の指示を受けず、消化物を扱うために、驚くべき情報処理を自律的に行っている。「ドグラマグラ」によると、脳の役割は、単なる全体の細胞の思考のコーディネーションにすぎないという。それは、現代のグリッドコンピューティングにそのアナロジをみる。すなわち、細胞たちがグリッドコンピューティング的にP2Pで思考しているのだけれども、その結果の報告をとりまとめるのは脳であって、従って、脳は、部下の成果を自分がすべてやったようにみせかけて上位マネジメントに報告する管理職程度の役割しかないということになる。

このような仮想的な設定はともかくとして、われわれが現世にあって支配しているはずの肉体の細胞ですらも、上述の霊の海、細菌の海よりも決定的に分かりやすい訳ではない。だから、細胞の海である。

こうして、世の中で、人間の合理的思考の全く埒外にある多くの海のなかで、われわれが蠢いていることがいまや明らかになった。これもまた、無明の1つの表現である。

おお、1つ忘れていた。インターネットの世界では、コンピュータが自律的に動いている。金融の世界では、金融工学に基づきプログラミングされたコンピュータが数字を醸し出し、その結果、多くの金融会社を破綻に追い込んでいる。だから、霊の海、細菌の海、細胞の海に加えて、コンピュータの海も加えなくてはフェアでなかった。無明は深まるばかりである。

2008年9月24日

ブットジョロキア

私にとって、数学と辛いものは類似である。というのは、どちらも苦手なのに、憧れを打ち消すことができない。永遠の片思いというやつである。

それで、辛いものの代表格であるが、ずっと私は、ハバネロが世界ナンバーワンだと思っていた。それで、ときどき100円ショップで、タバスコライクなハバネロベースの辛味ソースを見つけると、喜んで買って帰って、スパゲティなどにふりかけて食べている。

ところが、先日テレビを見ていたら、ハバネロよりも更に辛い、ブットジョロキアという香辛料があり、ハバネロのなんと三倍の辛さであるという。ハバネロ自体がかなり極限の辛さなので、流石に、10倍以上ではありえないようである。ちなみに、ブットジョロキアは、パラペーニョの80倍、タバスコの10倍の辛さという。

このブットジョロキアであるが、ハバネロが南米原産であるのに対して、北インド原産ということで、まるで香辛料オリンピックとでもいうべき様相を呈している。すなわち、日本からはわさび、韓国からは赤トウガラシ、タイからはトムヤンクンなどが出場してくるのだが、決勝はいつも、南米代表のハバネロとインド代表のブットジョロキアで観衆はああまたか、とため息をつく。

それでまたよく分からないのが、ブットジョロキアを濃縮したボトルがあるという。テレビで放映していたのだが、本当に微かに指先にブットジョロキアの原液を垂らし、それを少しだけ舐めた芸能人がいた。その反応はというと、最初、えっ特に辛くありませんよ、だった。拍子抜けして見ていると、じらっと辛さが浸透してきたらしく、その芸能人は、「水、水!」と、とうとう居たたまれない様相を呈してきた。

で、何が分からないかというと、こんな辛さにこだわった香辛料にどんな実際的な用途があるのか、ということである。何かの薬品として使われるのだろうか。それとも、ほんの微かに料理に加えて隠し味になるのだろうか。隠し味なら、ハバネロさえも不要で、普通の赤トウガラシで十分である。というのは、ブットジョロキアであれ、ハバネロであれ、独特のうまみ成分をもっているということはないからである。

それで推察するに、人類は、香辛料や麻薬などの植物由来の化学物質であるアルカロイドに宗教的とも言うべき意義を見出しているのではあるまいか。コーヒーなどもそうである。それで実用を超えて、ただひたすら辛いというところに宗教的意義を見出すのである。まさに私が、意味もなくアラケロフ幾何に憧れるのと同じである。

スナックの分野で、この辛味路線を追求するのが、東ハトである。暴君ハバネロに続き、大魔王ジョロキアも発売する。流石にまだ大魔王ジョロキアは食べてみたことがないが、先日、暴君ハバネロの激辛バージョンというのをビールのつまみに買ってみた。それが口に入れたところ、なんのこともなくて拍子抜けした。で、やおらビールを飲んでいると、キターである。辛すぎて、顔から汗がでてきた。それで、ビールどころではなくなって、暴君ハバネロの激辛バージョンは、封印した。

こうしてみると、数学と同様、私の辛味道も甚だ未熟で、到底、人様と競えるレベルではないということになる。

2008年9月25日

霞ヶ関をぶっ壊せ

例の高橋洋一氏の近著で、「霞ヶ関をぶっ壊せ」東洋経済を読んでみた。公務員制度改革のメインのブレーンの一人であり、その趣旨とさまざまな困難がきちんと整理されている著書なので、私なりにまとめてみる。最後の方は、ほとんど私のコメントである。

まず、公務員制度改革にあたって、従来、次のような点が問題と認識されていた。

(1) 省割、局割の施策。要するに、財務省で採用されたら、生涯、財務省でお世話になる。すると、例えば経産省と利害対立になり、明らかに経産省が打ち出す方針の方が国益に照らして妥当と思われても、財務省に属する者は、財務省の利益のために努力することになる。

(2) キャリア制の存在。要するに、第1種(昔でいう上級)公務員試験で合格したものは、昇進の特急券を得たことになる。それは、キャリアと呼ばれ、他の第2種や第3種で合格した者はノン・キャリアと呼ばれ、厳然と区別される。例えば、ノン・キャリアが次官にまで昇進すると、それだけでニュースになるほどである。ちなみに、キャリア制に何ら法律的根拠はない。単なる慣行である。旧日本軍のハンモックナンバーの名残か。

(3) 年功序列制。年功序列制と言っても、企業のそれとは比べものにならないほど厳密に適用される。例えば、入省何年で課長補佐というように横並びで昇進する。

(4) 天下り。そこで、である。横並びで昇進すると、上に行くと次第にポストが減ってくる。典型的には次官になれるのは一人で、同期の他の者を次官に就けることはできない。するとどうなるかというと、同期の他の者は、天下るのである。そのため、各省にとって天下り先を確保することは本質的である。特殊法人の設置、維持など、半端でない予算が、天下り先確保に費やされる。こうやって終身で面倒をみてもらえるがゆえに、公務員は省に忠誠を尽くすのであり、これがあるので、(1)になる。

(5) 省割の人事。もはや多くを語る必要はない。人事も厳密に省割である。経済産業省から文部科学省に移籍というのはまず、ありえない。出向しても、もとの省のマインドは維持したままである。

(6) 各省の大臣にも人事権は実質的にない。大臣は、下からあがってくるリストを形式的に承認するだけである。

その結果、何が起こるかというと、官僚内閣制とでもいうべき、政治の官僚支配である。すなわち、何か指示されても、実施するのは官僚であり、誰も口出しできない。こういうのを伏魔殿と呼ぶのは妥当だろう。

また、キャリア制で横並び人事だと、結局、先進的な理論などを勉強するインセンティブがない。そういう知識は無駄だし、出世に意味がない。すなわち、基本的な実務を覚えたら、あとは省内政治にうつつを抜かすのが最善ということになる。すると、折角秀才で入っても、次第に凡庸になってしまう。

そこで、公務員制度改革とは、次のようなものとなる:

(a) 各省庁による再就職斡旋の禁止 - 要するに、省庁ベースの天下りの禁止である。民主党は、天下りの前面禁止を唱えるが、すると、誰も辞めなくなって上が膨れ上がる。

(b) それを受けて、再就職支援サービスの政府一本化である。能力のある公務員が、その希望に応じて、民間企業などで働けるようにする。

(c) 官民の給与・年金・退職金のイコール・フィッティング。これは、公務員と民間の間で人材の行き来をできるようにする、いわゆるポータビリティのために必要である。

(d) キャリア制の廃止。実力主義、能力主義の導入。すなわち、第1種で合格した者は、少し高い地位から出発するとしても、後は、公平な競争である。だから、第2種で合格した者も、普通に頑張って実務能力があれば、昇進のチャンスがある。

(e) 人事権を統合的に掌握する政府全体ベースの組織をつくる。これにより、省の枠に収まらない全体的なエリートも作ることができる。

(f) 労働基本権を付与する。これは、労働組合やストライキや団体交渉も許容するということだろうか。ちょっと不明。

さて、このような提案が官僚一般に支持されるはずがない。案の定、特に財務省などを中心に猛反対を受けた。そもそも官僚は、気に入らないことに対して反対し阻止するプロ中のプロである。それこそ、元官僚の議員を使う、怪文書を流すなど、秘術を尽くして公務員制度改革阻止の根回しが行われた。この火中の栗を拾ったのが、渡辺喜美行革担当大臣。しかし、猛反対により、公務員制度改革は、風前の灯火となっていく。

そこで実質的に改革の方向に導いたのは、自民党国家戦略本部である。特に、中川秀直元自民党幹事長の呼びかけに多くの自民党議員が応じた。当然ながら、「官僚内閣制」を快く思わない議員は、多数いるのである。

で、結局、公務員制度改革法はようやく、6月に可決され、渡辺喜美行革担当大臣が涙を流した、というのは、いまだに有名な話である。この法律の内容が、当初の内容から随分骨抜きにされているという話は聞く。しかし、これは官僚体制に対する重要なる楔であり、その初めの一歩と言えよう。

今の官僚体制は、戦時中を経て、せいぜいが高度成長期までが旬で、その後、次第にほころびを見せ始めた。そこ頃でも、松本清張の「現代官僚論」のような批判もある。しかし、インターネットだの、Web2.0だのという世界がフラットになってきた時代にあって、官僚が自分たちだけ重要な情報を独占し、国民を指導するのだ、というのがいかにもアナクロになってきた。

従って、高橋洋一氏の言うような公務員制度改革は、もうほとんど必然であることを官僚自身も痛感しているに違いない。とはいえ、何しろ、天下りなどの既得の特権、そして、官尊民卑の世間の気風があまりにも快いので、わかっちゃいるけど、官僚は、少しでも長く惰眠を貪りたいのである。

そういう意味で、公務員制度改革は端緒に就いたばかりであり、数十年の垢が溜まっている。やるべきことはあまりに多いというべきである。

ところで、民間企業で、しかも特許管理などという傍流の仕事に携わってきた私であるが、もし本当に実力主義制になり、下手な特権のない官僚制というのが実現されたら、許されればであるが、途中入省してみたいような気もしないではない。というのは、民間企業にいる限り、国家をデザインできないのである。ましてや、日本の一代表として、他国と交渉することもできない。もちろん、私にそのようなスケールや能力があるはずもないが、受験秀才から遠く、ただ夢想のようなことを次々と思いつくだけが取り柄の私のようなスキルの者でも、国家に貢献できることがあるのではないだろうか、とふと思うのである。それは、立身出世とは違うのだけれども、なかなか、わかってもらえないだろう。

2008年9月26日

受験のセントラル・ドグマ

セントラル・ドグマというのは、遺伝子から形質の発現はあり得ても、その逆に、(獲得)形質から遺伝子への影響はあり得ないとする、現代科学のパラダイムである。要するに、ラマルクの用不用説を否定するものであるが、アーサー・ケストラー、「サンバガエルの謎(獲得形質は遺伝するか)」日本語訳 岩波書店や、浅間 一男「生物はなぜ進化したか」講談社ブルーバックスなどの著書があり、広い意味の獲得形質遺伝説は成り立つということを主張するマイナーな一派もいる。

私は実は、直感的に獲得形質の遺伝を信じるのであるが、そのことはこの稿の主題ではないので、また別途議論することにする。

さて、受験のセントラル・ドグマとはどういう命題を主張したいかというと、進化論のセントラル・ドグマのアナロジで、試験の点数というのは何らかの知的才能の発露ではあっても、試験の点数を上げるように努力することが知的才能を伸ばすことにはならない、ということである。この命題の系に、「試験を難しくしても、単に試験に強い学生が増えるだけである。」という数学者、深谷賢治の「深谷の定理(私が勝手に名づけた)」がある。

この命題はおそらく、世間一般に受け入れられないだろう。寧ろ、知的才能は作り出せる、というのが世間の常識であろう。それがゆえに、世間の父兄は、Web2.0の時代になっても、公務員制度改革が喧しくても、伝統の証券会社リーマン・ブラザーズが崩壊しても、こういう不透明な時代だからこそと、やれ公文式だ、やれ中高一貫だと、子弟の教育に手綱を締める。

受験のセントラル・ドグマと言っても、私は、当然に、基礎的な学習というものを否定する訳ではない。そもそも、基礎的な算数、国語の修行を経なくては、知的才能は開花しない。囲碁・将棋で、基本的な定石(定跡)や手筋を覚えないでは、棋才もなにもあったものでないのと同様である。

さて、私の若干の観察により、中学入試などを観察していると、あのトリッキーな入試問題を、大した苦もなく解いている一群の子供たちがいる。まるで魚が泳ぐようにである。その子供たちの何割かは、確実に、高い知性の発露の結果、すらすらと問題が解けている。これが受験のセントラル・ドグマの一面である。

他方、中学入試はトリッキーであるがゆえに、凡庸な子供でも、長時間の訓練でかなりの点数が取れるようになったりする。要するに、条件反射の世界である。そうやって、高い偏差値とされる私立中学に受かったりすることもあり得る。しかしである、ここで受験のセントラル・ドグマの逆が成立して、要するに、トリッキーな問題がどんどん解けたからと言って、知的才能は、びた一文伸びていない。こういう子供は、その鍛えた条件反射の能力が通用する範囲があまりに狭いことに愕然とするのである。あまり報道されないが、中学入試(そして、大学入試も)は、そういう悲劇を少なからず作り出しているはずなのである。

さて、もう少し敷衍して纏めると、受験のセントラル・ドグマは、次のように言える。
(1) 受験の得意な人達の何割かは、確実にその高い知性の反映である。
(2) 受験の得意な人達には、それが高い知性の反映の結果でないと思われる人達が含まれる可能性がせある。
(3) 高い知性の人の何割かは、確実に試験が得意である。東大入試も易々と受かったりする。
(4) 高い知性の人の若干の人は、試験が得意でない可能性がある。
(5) 受験の苦手な人達の何割かは確実に、知的なことに向いていない。
(6) 受験の苦手な人達の若干の人には実は、高い知性をもつ人がいることがある。注意せよ。
(7) トリッキーな受験勉強は、知性を高めない。ただ、努力することの意義、忍耐することの意義という精神修行としてであるなら、その意義は認める。
(8) 努力して試験に受かったとしても、その後本当に効いてくるのは、試験で得た知識ではない。もって生まれた才能であり、知性である。もって生まれた才能や知性を創生すべはない。
(9) そもそも、原石としての才能は、見出すもの、発現するものであって、作り出すものではない。才能を、無から作り出すことは、いかなる修練をもってしても不可能である。

こうして、確かに知的なことを選別する便法として試験は、ある範囲で有効なのだけれども、ある場合は有効でない、という当たり前のことを改めて確認するだけである。ちょっと竜頭蛇尾か。

2008年9月27日

OSの今昔

情報処理という雑誌の7月号今更眺めていたら、昔のOSと今のOSを比較する記事があった。昔のOSとは、典型的には、IBMのシステム360のOSである、OS/360である。一方、今のOSとは、典型的にWindows XPやWindows Vistaである。

OS/360以前にOSがなかったといったら、語弊があろう。しかし、世間で広く使われるようになった初めての汎用OSが、OS/360である、というところに、異論のある人は多くないだろう。そのOS/360であるが、1968年頃、アセンブラコードで500万行と言われた、という。これは、C言語で換算すると、100万行程度である、という。

一方の、Windows XPやWindows Vistaであるが、ローダなどはアセンブラで書かれているが、ほとんどはC言語で書かれているという。よって、C言語で換算でいくのが妥当であるが、すると、Windows XPやWindows Vistaのソースコードは、C言語で4000万行と7000万行の間である、という。公開されていないので、あくまでも専門家の推測である。

すると、OSの規模は、この40年で、40倍~70倍程度ということになる。これは凄いのか。一方で、ハードウェアの性能の伸びは、40年で、100万倍は行っているだろうと言われる。ハードウェアの性能の伸びとは、CPUのクロック、メモリ容量、ディスク容量、バス転送速度、などを引数とする関数である。

それでは、OS開発者は、ハードウェア開発者に比べて、さぼっていたのか、という批判も出るかもしれないが、それは当たらないと思う。実は、タイムシェアリング多重化、仮想記憶などの基本的なOSの概念は、OS/360でほとんど、出尽くしていた。それで、IBMが、1992年頃にOS/2をリリースしたとき、口の悪い評論家は、OS/360にないような機能は何一つない、と批判した。

私の見るところ、実はそうでもなくて、ささやかな新機能はある。代表的には、下記のようなものである。
1.GUIを支援する技術。これには、ビデオRAMとグラフィックドライバの協働を、OSが助けなくてはならない。
2.マイクロカーネル。すなわち、独立した小OSの集まりとして管理する技術である。
3.HAL、すなわち、ハードウェア抽象化技術。これは、I/O装置を、1つのファイルにように見なしてオープンしたりクローズしてりと統一的に扱うようにする技術である。
4.ネットワーク支援機能。当時はまだ、TCP/IPが標準になっていなかったので、IBMのSNAなどいろいろなプロトコルがサポートされていた。

でも、小粒ではないか、という批判は妥当であろう。このとき、OSが辛かったのは、OSが乗っかるパソコンのハードウェアの性能が乏しすぎたことである。

ここで、追加フィーチャが小粒なのは理由がある。繰り返すが、OS/360が先を進みすぎていたのである。それはOS/360の開発者が優秀であったということだけを言いたいのではない。というのは、OS/360は、当時のステート・オブ・アートの集積で、それが開発された時点で、多くの学問的業績が積み上げられていたのである。

そういう意味では、現在のWindowsも、OS/360から多くを継承している。では、どうしてWindowsのソースコードが、OS/360の数十倍の規模かというと、次のような理由ではないかと推察する。

a. GUIとしてのマルチウインドウのサポートが大変 - 実際、ウインドウの重なりの処理やアクティブの切替は、かなり大変である。
b. マルチウインドウ以外のグラフィック・リソースの処理 - アイコンなどのビットマップの処理。
c. 多様なI/Oのサポートと、プラグ・アンド・プレイ
d. セキュリティ
e. OSに標準でついてくるツールやアプリ類
f. TCP/IPネットワーク・ツールの標準サポート

このような機能は、OS/360では到底考えられなかったもので、パーソナル仕様のOSであるWindowsであるがゆえに、追加されたものだが、それによって、ソースコードが肥満化してしまった。実際、Windowsとて、カーネルのところだけだと、コードの分量は、OS/360と大差ないのだはなではないかと思われる。

これらの重さゆえに、Windowsはなかなか実用的に使えなかったが、Windows2000あたりから、ムーアの法則により、ハードウェア・リソースが、やっとOSに追いつき、今頃になって、OSよ、もうひもじい思いはさせないからね、というハードウェアのつぶやきが聞えるようである。

2008年9月28日

深浦の防衛

王位戦で、またしても深浦が防衛した。羽生は、1勝3敗になって7番勝負を勝ったことがないというジンクスを破れなかった。

その深浦であるが、梅田望夫氏のブログに以前生い立ちなどがあったので、引用しつつコメントしてみる。

深浦は、長崎県佐世保市出身であるが、小学生の頃から将棋が好きで、地元の将棋クラブに通った。

1982年3月、第七回小学生将棋名人戦出場のため、小学五年生の深浦少年は、将棋クラブの席主、川原さんと上京した。深浦少年は、寝台列車の中で「『夢のごたー』とニコニコしとった」という。二回戦で敗れたが翌日は「武者修行だァ」と都内の将棋クラブを回り、大人たちを負かして意気揚々、佐世保に帰った。このとき優勝したのは六年生の羽生少年だったというから、その頃から広い意味でライバルだった訳である。どうも、羽生対森内の蔭に隠れて、ここらあたり深浦の影は薄い。

川原さんがいうには、「負けが見えても、何とかひっくり返そうと考えとる。粘り強い子やった」という。それは、深浦が粘り強い棋風ということもあるだろうけど、プロになる子供は大抵そうしたもののようで、以前、内藤九段が、谷川少年が子供の頃、鳥もちのように粘り強い将棋だ、と思ったという。そうでなければプロになれないそうでもあるが。

深浦少年は、小学6年のとき、九州・山口のアマ棋士が競う宗像王位戦に長崎県代表として出場し、そこで、そのときの秋、両親に、奨励会に入ってプロになりたいと申し出たという。

そこで、小学校を卒業すると、親類を頼って上京、奨励会に飛び込んだが、深浦少年にとってプロの壁は厚かった。最初の六級から五級になるのに一年。次々と抜かれた。自室に戻り、盤を抱えて悔し泣きしたという。このあたり、とんとん拍子だった羽生や谷川、さらには渡辺とは違う。だから逆に、深浦が、タイトルの一角をキープしているのは半端でないことになる。

ところで、小学校を卒業した息子を単身プロ棋士にするために東京に送り出したことを、青野九段は、よく思い切ったものだ、という。というのは、青野九段自身が、中学を卒業してから単身上京したときはですら、そう言われたからだそうである。そもそも、青野は静岡県で、東京に近い。佐世保とは距離が違う。

これに関してふと思うのは、バレリーナの森下洋子である。森下は、広島出身なのであるが、小学校2年のときから単身夜行列車で東京に通ってレッスンを受けたというから、一流になる人はどこか違うのかもしれない。

中学を卒業すると一人でアパートを借りた。故郷からの仕送りが遅れ、三万円の家賃が払えなかったことがある。深浦は、「大家さんに泣いて謝りました。情けなかった」という。

深浦が本当に強くなったのは、十五歳で親戚の家を出て一人で暮らし、対局の記録係等をたくさんやるようになってからであるという。昔風の体で覚えた将棋ということになる。

ところで、私もある程度そうであるが、若くして故郷を離れると、却って故郷に対する思いは深まることがある。深浦がそうであって、地元佐世保に対する思い入れは半端でなく、今年8月6・7日に、地元佐世保の万松楼で王位戦第4局を戦いしかも、羽生に勝ったときは、いたく感激したようである。そういう感激が、王位防衛の原動力になったか。

ただ、佐世保出身の知り合いに、万松楼のことを聞いたら、「ええっ、あんなとこ?」という反応である。どうも一度経営不振で潰れて、再建したところで、地元でも一流とはみなされていないそうである。佐世保にはもっと由緒ある料亭旅館は他にあって、どうしてそこなのか、ということのようである。地元有力代議士の紹介か。はたまた、主催新聞社の経費削減か。

さらに、深浦の実家は料亭で、佐世保で、割烹『ふかうら』を経営するという。それで、同じく佐世保出身の知り合いに、割烹『ふかうら』を知っていますか、と聞いてみたら、知らないという。どうもすごく有名な料亭ではなくて、知る人ぞ知るか。また、佐世保出身なのに、羽生名人は知っていても、深浦王位のことは知らない、聞いたこともないという。業界以外で有名になることがいかに大変か、改めて知った次第である。

2008年9月29日

遺伝子2集団

新聞によると、遺伝子のわずかな個人差によって、日本人が2つの集団に大別できることを、理化研究所の研究員が明らかにしたという。

従来のこの種の研究は、耳垢が湿っているか乾いているかという指標で分類するものがあるが、理化研究所の研究はより網羅的な遺伝子情報の解析に基づくものである。当然に、機械学習などの最新の統計数学が駆使されているに違いない。

すなわち、理化研究所の鎌谷直之グループディレクタは、日本人約7000人の一塩基多型(SNP)について、14万箇所のSNPを解析した結果、日本人が2つのクラスタに分かれるという結論に達したという。

こう聞くと、例えば、東京以北・以南とか、大阪以北・以南のような地域分けになるだろうと私は推察するのだが、なんと、東北や東海・北陸が1つのクラスタで、もう1つのクラスタが九州及び沖縄である、というのだから、偏っているというか、とても意外である。

すると、邪馬台国と、琉球王国が並存し張り合っていた、という構図を想像してしまう。これだと少なくとも、邪馬台国九州説は否定されて、邪馬台国畿内説のかなり強い傍証になるのではないだろうか。
と思って本棚を眺めていたら、古田武彦、「失われた九州王朝」角川文庫が目に入った。この本は、とりあえず買ってあるだけで、まだ読んでいない。眺めてみると、この著者は、邪馬台国そのものの存在は否定するが、邪馬壹国説を展開し、学会に論争を引き起こす。邪馬壹国説とは、朝鮮海峡の両岸にまたがった海峡国家で、海洋王国でもあったというものである。

ともかく、遺伝子のクラスタ的に九州及び沖縄が、日本で特別であるという説に、とまどいを覚えている次第である。

2008年9月30日

中山国交相辞任

組閣早々、中山国交相が辞任に追い込まれた。個人的には、日教組に問題があるというのは同意する。既に時代遅れになった社会主義的イデオロギーを標榜し、生徒の教育よりも自分たちの権利の方を重んじていたという面は否定できないからである。私が教わった心ある先生も、ユニオンショップみたいなものであるので仕方なく日教組に入っていたが、とても渋々であった、という人が結構いた。

しかし、公然と「日教組解体」を叫ぶことは、街の右翼の宣伝カーのすることであって、国家の現役の国務大臣のすることではない。これは、麻生総理大臣の顔に泥を塗ることである。

「日教組解体」だけでなく、成田空港拡張への反対を「ごね得」と言ったり(そういう面が全くないとは言わないが)、大分県教育委員会での汚職に触れ「日教組の子供は成績が悪くても先生になる」と論じた。しかし、「日教組の子供は成績が悪くても先生になる」は完全に言いすぎで、そういう根拠はないし、教育委員会での汚職は、ひとり大分県だけの問題ではない。

実は、ものの本によると、自民党幹部と右翼団体との関連は公然の秘密で、それであるから、このブログの映画「靖国」上映中止でも書いたように、映画「靖国」に反対したのも自民党議員が中心であった。

中山国交相は4年前の第2次小泉改造内閣で文部科学相に就任し、全国学力テストの導入(ううん、この人だったのか)を決め、それまでの「ゆとり教育」を反省し、学力向上へ方針転換した。

それはそれで一つの方針だからとやかく言うのはさておいて、そのときは、内心思っていても、日教組批判は、立場上、控えていたようである。すると、文部科学省でなく、国土交通省であれば日教組批判を公的に発言しても構わないと思ったのであれば、その軽率さは、最近ついいろいろと言い過ぎている傾向のある私でさえ、あまりにも立場を弁えていないといえる。

ともかく、与党の支持率を一層下げるような発言は拙劣である。社民党は早速Web上で非難声明を出している。自民党に対する造反行為としての確信犯というなら却って立派であるが、そういう了見であるとは、とても思えない。そもそも、もしそうなら、国務大臣任命を断るべきである。

しかし、どうして政治家はああ品位のない言い方をするのだろう。何も哲学が感じられない。ソクラテスの弁明みたいな立派な論説を期待するのはまあ、無理としても。

About 2008年9月

2008年9月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年8月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。