« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月 アーカイブ

2008年10月 1日

志村五郎

志村五郎と言えば、すべての楕円曲線はモジュラーであるという谷山-志村の予想で知られていてる。その予想は、後に肯定的に証明されたが、ワイルズによるフェルマーの定理の証明に本質的な貢献があった。

私がその志村五郎氏を知ったのは、フェルマーの定理で、谷山-志村の予想が言及される前で、ある会社の広報誌に、志村氏が寄稿した内容を読んだときである。その記事によると、日本の代表的な数学者で、類体論の創始者でもある高木貞治のことを、単発の業績しかなく、後半はだらしない、みたいな言い方をしていたので、私は少し驚いた。というのは、高木貞治というのは日本の代表的な数学者であり、類体論がぴか一の業績があったことも疑いなく、貶めるような話は聞いたこともなかったからである。

ところがなぜか、志村氏が傲慢であるようなニュアンスはあまり感じなかった。意外にも、高木貞治を凌ぐ凄い数学者であろうという印象をもった。

それで、志村五郎氏の著書を読んでみたいとずっと思っていたのだが、本好きでいろいろと本を漁るのが趣味の私も、志村五郎氏の本を見つけ出すことはできなかった。数学の本であれ、一般書であれ、である。

そんなときたまたま、何かの本の紹介で、志村五郎「記憶の切絵図」(絵は、実際は旧漢字だが、うまくみつからなかった)という本が最近出版されているのを見出し、迷わず買った。アマゾンの書評で、有名な数学者の飯高茂氏が、「おそるべき本である。」と最高の得点をつけていたのが面白かった。

さて、「記憶の切絵図」であるが、志村五郎氏の自伝が淡々と書かれている。生まれたのは浜松であるが、ものごころついてからは、東京の牛込で暮らす。小学校に上がったのが昭和11年(1936年)で、大正デモクラシーから次第に日本が軍事国家に傾倒していた頃である。そういう頃だから、極貧ではなかったが、結構ひもじい思いもしたらしい。勉強は相当できたはずであるが、そういうことをひけらかす記載は全くない。数学においてすら、である。

決して軍国少年であった訳ではないが、開戦になって、日本軍が米軍の軍艦を撃沈したニュースを聞いて、ざまみろと感激したという。それが何か悪い、そういうもんである、と悪びれない。自分の気持ちに素直に、というのが、志村五郎氏の基調である。そんなの当たり前、と思うかもしれないが、その程度と一貫性は到底並ではない。比類なきほど、と言っても過言ではない。

例えば、敗戦に際しての天皇の戦争責任に言及することに躊躇わないし、原爆についても、単に悲惨さを嘆くのではなく、米国に特別な言えない意図があったとしか思えないと疑問を呈する。

東大に進学した後も、有名な数学者である岩澤健吉氏の講義を平気で、あれは教育的意義という意味ではどうかと思われる、と平気でコメントするし、アルフォースのような有名な数学者と話したときも、この人から何か学べるとは思えないと平然と述べる。だから改めて、高木貞治の傲慢と老害に容赦がない。

そういう生意気なことを言うと普通は、「じゃあんたはどうなんだ。」と反論されるだろう。それで普通の人はそう反論されてたじろくか、閉口するだろう。ところが、そう反論されて志村氏ほど平然としていられる人もいないのではないかと思われる。というのは、現在志村氏は75歳であるが、2001年の69歳の時点で、第1級の業績を上げているのである。

実際、志村氏は次のように言う。「誰でも第一級の数学者になろうと思うなら、その人は徐々に自分の水準を高めて行き、四十か四十五歳である高さに達し、その後はその水準をできるだけ長く保持するように努力すべきであり、またそれができる筈である。それが私の理想である。」それをアンドレ・ヴェイユに話したら、"You will find out."と応じられたそうである。なんか、揶揄するような言い方ではないか。ということは、数学者のコミュニティにあっても、志村氏のような意見は一般的でないということである。

志村氏の方針は王道である。トリッキーでなく、本質的な問題を解くこと。新たな展望を与えること。また、10年くらい研究してある程度見込みがつくと、他の分野にも広げること。蛸壺を嫌う。大家然とすることを忌避する。

そんな合理主義の志村氏であるが、1989年に、谷山豊氏の回想を書いた。なぜ今更、谷山豊氏に言及したか、の言い訳をしている。なんでも夫婦で1986年頃、谷山豊氏の話題になって、涙がおさえきれなくなった。その理由は、「谷山がかわいそうでたまらなかった。」それで書いたという。志村氏の合理主義の裏の熱い思いを垣間見るのである。

2008年10月 2日

金融危機

前にも述べたように私は何の専門家でもないが、特に金融は全く無知である。しかし、リーマンブラザーズの閉鎖や、AIGに対する巨額の支援などの明らかな金融危機のニュースを見て、とりあえず、時間がかかっても、何を自分が理解すべきなのかを明らかにするために、若干のメモを書いてみる。

私が素朴に観察すると、金融危機には次のような原因がありはしないか。

(1) 金融工学過剰依存説 - 特に、デリバティブや金融証券商品への過度の依存である。金融工学というか、確率モデルの世界では、リスクをきちんと数値化することができる。しかし、そこで忘れてはいけないのは、確率モデルに基づき計算するための元データを与えるのが、人間である、ということである。基礎のリスク率を人間が定義しなくてはならないとすると、結果の確率分布も相当恣意となる。また、時間推移項も、ほぼ一定などと適当に設定するが、それこそが一番未知のところである。

(2) パラダイム・シフト説 - 巨額の資金を高いリスクで運用するという投資銀行や証券会社が金融の中心で幅を利かせるというのが、最早過ぎ去ったパラダイムなのではあるまいか。しかし、最早1980年代のパラダイムに戻ることもできない。ゴールドマン・サックスも、モルガン・スタンレーも、そのビジネスモデルは最早うまく働かないので、買い手を探した方がいいと言われる。新しい金融のパラダイムとは何なのだろう。私はただ、問うのみである。

(3) 世界情勢説 - また、経済があまりにもグローバル化されてしまった。米国の証券が、セキュア・インターネットを通じて、日本、中国、ロシア。ヨーロッパに飛び火してしまう。すると、一国の財務省の到底コントロールできるところではなくなる。

(4) プア・マネジメント説 - 大会社のトップに問題がある経営者が就任する可能性は常にある。特に、過去のパラダイムを忠実に継承しようとする者、アグレッシブな者、野心に富む者がトップに就く可能性が高い。すると、現状をよく見ないで、突っ走ってしまう可能性がある。ただ、昨今の情勢で、英明なるトップであることは実に難しい。ノーベル経済学賞受賞者のような意味の知性が役に立たないことは実証済みである。因みに、TIMEの2008/9/28日号によると、リーマン・ブラサーズのCEO、Dick Fuldが最悪で、メリル・リンチのJohn Thainが一番まし、ということになっている。John Thainは、バンク・オブ・アメリカへの売却をうまく取りまとめた。その意味で、メリル・リンチを買収した、バンク・オブ・アメリカのKen Lewisもまあまあ、ということになる。

TIMEの2008/9/28日号などを見ると、(1) > (2) > (4) > (3)である、と言っているように見える。もちろん、これらの要因は互いに独立なのではなく、相互に関連しあっている。

ともかく、私のような素人が問題を考え始めるためのスタートポイントとして適当であると思われたので、思いついて書き下してみた次第である。

2008年10月 3日

体重の非線形性?

前にも書いたように、ここ数週間ダイエットしている。要するに、週末はヨーグルトとジュースの組み合わせを主とし、平日は、昼は普通に食べるものの、夜は100円のカロリーメイトのみである。

すると、84kgあった体重が、77kgくらいまで下がった。ダイエットの武勇伝にリストされる程ではないが、まあまあの成果と言えよう。

ところで、ダイエットしていると基本的に酒は飲まないので、夜時間が余る。また、どうしてもいまいち元気がでないので、週末部屋でぼうっとしていることが多い。そこで考えたことがある。体重とは本当に線形か、ということである。

ここでいう線形というのは、数学でいう線形とちょっと意味が違う。例えば、体重が70kgだとする。そこで、100gのチョコレートを食べると、もし体重が線形なら、体重は70.1kgになるはずである。しかし、実は70.5kgだったりすることがあるのではないか、という変な問いかけである。

逆にちょっときたない話で恐縮だが、やはり体重が70kgだったとする。そこで、便を200g排出するとする。すると、もし体重が線形なら、体重は60.8kgになるはずだが、実は体重は全く変わっていない、ということはないのか。

そんな馬鹿な、というかもしれない。しかし、こういうシーンは見たことがあるだろう。テレビ番組などで、大食い大会がある。そこで、ラーメンの大食いとして、凄い人は優に20杯くらいは食べる。ところが、食べ終わった直後でも、大食いチャンピオンのお腹はあまり膨れていない。体重は数キロ増えていなければ嘘である。しかし、実はそんなに体重が変わっていないのではないか。

ここで、体重算法を定義する。体重がGのとき、Aという重さの食べ物を食べると、当然に体重は、G+Aになるだろう。しかし、体重算法の拡張された和算(+)だと、G+A≠G(+)Aである。軽く食べた場合は、おそらく、G+A<G(+)Aであろう。しかし、Aがある臨界質量を超えると、G+A>G(+)A これは大食い大会のことを言っている。

排便の場合は、拡張された減算(-)をもちいて、G-A<G(-)A

見て取れるように、これだと質量保存の法則が成立しない。だから、非線形なのである(説明になっていないか)。

こういう一連のステートメントを見ると、人は、頭がおかしいのではないか、と思うだろう。後ずさりしたり、逃げ出す人もいよう。しかし、次のような科学的説明はできる。まず、食べた量以上の増加の件だが、例えば100gのチョコレートが、何か一層の栄養の吸収をもたらす、と考えると説明は就く。

逆に、食べても相応に太らないとすると、発熱細胞があって、それがどんどんカロリーを燃やして、二酸化炭素として放出している、と考えられる。

しかし、実験したことはないが、もし排便があっても相応の体重減が生じないと、これの説明は大変困る。

そこでつい、私はスピリチュアルな説明に逢着してしまう。すなわち、物理学で真空といっても、実は電子と陽電子が対創生したり、消滅したりしているのであるが、大気中に肉体があるときも、何か擬似食物の海にわれわれがいることはないか。そこから体は何かを吸収したり、排出したりする。実際、中国だったか、何ヶ月も飲まず食わずで、体重も減らず生きている人がいるそうである。中国だから怪しいということになるかもしれないが、もしある種の超能力で、擬似食物の海から栄養分を摂取できるなら、ずっと生きていけることになる。それが、中国の山奥にいるという仙人が霞を食べて生きているという意味ではないか、とまるで天狗のような仮想的な存在を引き合いにだして。屋上屋のあやしい理論を展開してしまった。

2008年10月 4日

親ばか

親ばかというのは、言うまでもなく、自分の子供にべったりであったり、子供を無条件で褒めたりすることである。それに対する世間の反応は、ああと呆れつつも、微笑ましいではないか、というのが一般的ではないだろうか。

一方で、あからさまな物欲、食欲、金銭欲、性欲を讃える人は少ないだろう。しかし、私の観察するところ、親ばかの心理は、一種の物欲に近い。だから、あの人は家庭ではいいパパなのに、ということが何一つ、その人の優れた人格を保証しない。

論語を読む限り、親を敬いなさい、師を尊敬しなさい、年長者を大事にしなさいという記述はあっても、子供を大事にしなさいという記載は、見かけたことがない。全編隈なく精査した訳ではないが。それは、子供に対する愛情とは異なり、親、師、年長者を大事にすることが人間の自然の情ではなく文化なので、その気持ちを維持することに努力を要し、また教えを垂れるに足るということであろうと思う。この点、私はあまり儒教的でなく、親や先生、上司などに随分反発してきた。孔子先生なら、小人と呆れて相手にしないだろう。

さて、親ばかが一家庭内に留まるなら、それは寧ろ家庭の平和の維持に意味があるかもしれない。しかし、往々にして、そうはいかない。人間は一般に、公私で大幅に切り替えることは難しい。

親ばかの弊害の典型は、同属会社にみてとれる。そこでは、どう見ても愚昧な社長の子息が、とんとん拍子で昇進したりする。実は組織内で親ばかの弊害はそれに留まらない。親ばかであることを寧ろ人間的美徳であるなどと思っている輩は、組織内である地位に就くと、擬似親族集団を形成したがる傾向にある。すなわち、自分の気が合った仲間を作り、もっぱらその集団内だけに重要な情報を流したり、昇進であからさまな差をつけたりする。そして、そのことの不公平さ、組織的な問題に、全く気づかない。それは、己れの親ばかを手放しで美点と思っていることと同型である。

親ばかの特性は、子供がいないと発揮されない訳ではない。寧ろ、そういう特性は生来あるのであって、だから、子供がいなくても、結婚していなくても、近隣の者の気に入った人に、親ばか的特性を発揮することが可能である。

上記で、親ばか=物欲と書いたが、これは象徴的な言い方ではない。というのは、親ばかはつい、子供を自分の私物であるとする考えに導くからである。するとどうなるかというと、自分の過度の希望を子供に押し付ける、子供の才能の傾向を完全に無視するなどいうことも起こる。最悪のケースは、子供を道づれにしての無理心中である。私物化の最たるものと言えよう。そういえば最近、母親が小学生の子供を殺害するいう事件が二件あった。一件は福岡で、一件は関東地方であったような。これが親ばかの発露かどうか、経緯の詳細を知らないのでなんともいえない。これは親ばかというよりも、一種の精神的な疾患によるものかもしれない。

ともかく、私が主張したいのは、親ばかは、単なる馬鹿ということである。それは、物欲、食欲、金銭欲、性欲のように放っておいても湧き上がってくる。それを賞賛しては社会はもたない。節度をもって特に公の場では親ばかを抑えるべきであるし、私的にも、あまり傾倒すべき感情でないということを知るべしである。子供の養育を放棄するなどというのは、親ばか度が足りないのではない。それ以前に人間として資質に欠けるというだけの話である。

2008年10月 5日

もっとも強力なスポーツ・ブランド

私の手許に、IP REVIEWという英語の雑誌がある。知的財産関係の雑誌である。この中に、もっとも強力なスポーツ・ブランドという記事があった。それは、なんでも、この雑誌主催のコンファレンスがあって、各国から人を招いたとき、アンケートしたものらしい。よって、ちょっと狭いコミュニティでの指標かもしれないが、参考にはなるだろう。

そこでまず、No.1は、Nikeである。なんと、67%の得票だった。圧倒的である、私の知り合いで、以前、これを「ニケ」と読んだ人がいたが、それではまるで猫の種類である(それもいうなら、ミケ)。流石にもう、そういう人はいないたろう。Nikeのコマーシャルは頻繁に流れている訳ではない。また、オリンピックなどのスポーツ大会で、大々的にNikeの文字を見ることはない。しかし、テレビを見ていると、知らない間に深層心理に刷り込まれている、という感じである。ナイキの特徴は、シンプルさ。とても覚えやすい、感じやすいのである。

No.2は、Adidasで14%。Adidasもまた世界的に知れ渡った信頼のブランドと言えるが、Nikeとの圧倒的な差は何か。単にNikeがシンプルで浸透しやすいだけか。

No.3は、Man Uで、3%。ううん、スポーツ音痴の私はこれは知らない。何なんだろう。で、Webで検索してみると、これは、単に、イギリスのサッカーチームではないのか。例えば、UCLAというロゴが入ったシャツが売られているように、Man Uというブランドが入ったスポーツ用品があるだけなのか、それさえも分からない。

No.4は、Olympicで2%。えっ、大胆にもオリッピックを商標として、拝借している会社があるのか。

No.5は、Pumaでやはり、2%。これは流石に知っている。なんか、意外なださい中年のおじさん(私ではない)が、電車で、Pumaのバッグをもっていたりする。

当然に、日本のスポーツ・メーカーは、少なくとも上位に入っていない。寧ろ、国際的なスポーツ大会でみかけるのは、ゼッケンに書かれている日本の電機メーカーだったりする。

しかし、Nikeのイメージ作りの手法には感心する。コカコーラのスポーツ版ではないか。

ところで、辞書をよく見ると、Nikeには確かに、ニケという読み方があり、ギリシャ神話の勝利の女神なのだという。すると、Nike(ナイキ)は、そこからとったのか。ううんでも、まさか、知り合いは、それを知っていた訳ではなかろうけど。

2008年10月 6日

マスード

今頃になって、マスードはどうして殺されたのか、という思いが浮かび上がってきた。9月11日前後ならともかくであるが。

マスードは、アフガニスタンの英雄的軍事指導者で、不当にアフガニスタンを占領したソ連(当時)を追い返し、傀儡政権を打破するのに偉大なる功績があった。

マスードは、2001年に殺されたとき48歳だったというから、1953年生まれだろうか。すると私と(ビル・ゲイツとも)ほとんど同い年である。マスードの青年時代は、もろにソ連傀儡政権の時代と重なる。ソ連式の秘密警察が浸透し、ほとんど自由がなかった。

そんな中でマスードは、秀才で、カブール大学工学部に進学する。カブール大学では、ソ連への留学を打診された。それが傀儡政権下のエリート・コースだった。しかし、傀儡政権は、共産主義的無神論で、コーランを民衆の目の前で焼き捨てたりした。敬虔なイスラム教徒が多い民衆は、猛反発した。もちろんマスードも敬虔なイスラム教徒であった。

そこで、マスードは、カブール大学工学部在学中から、反政府活動を開始する。マスードは単に秀才というだけでなく本質的な地頭の良さと、勇気と、戦略的才能と、そしてなによりもカリスマ的人望があった。

そこからマスードの八面六臂の活躍が始まる。未経験の民衆を訓練し、自ら危地に赴く。敵の銃撃で死にそうになったことは何度もある。その都度、知恵と運のよさと、生命力の強さで、危機を乗り切った。まるで源義経のように、アクロバチックな作戦で、ソ連軍に壊滅的打撃を与えたこともある。まさに、軍事的天才であった。彼を、チェ・ゲバラに擬える人もいる。

そしてついに、1992年に、ソ連傀儡政権を打破して、カブール入城を果たす。そして、マスードは、暫定政権の国防大臣に就く。

ところが、パキスタンの支援するヘクマチャール派が1993年にクーデターを起こし、失敗する。そして、郊外に逃れ、カブール市内にロケット弾を打ち込んだ。街は破壊された。それに乗じて、ドスダム派や、ハザラ族も反乱を起こし、街は混乱の極みになった。

この間、パキスタンは、タリバンを養成し、アフガニスタンに送り込んだ。勢いに勝るタリバンは、マスードたちの暫定政権をけちらし、とうとうマスードは、バンジール渓谷に逃げ込まざるを得なくなった。

次々にアフガニスタンを制圧するタリバンも、マスード一派は警戒し、よってマスードは、アフガニスタン北部にあって、勢力を次第に回復することができた。

実は、国際政治的に、タリバンを承認する国は少なく、マスードの暫定政権が正統であった。マスードは、タリバンに支援されるアルカイーダなどのテロリスト達を憎んだ。アフガニスタンが平和になる日を待ち望んでいた。

そんなマスードは、やはり、アルカイーダにとって、邪魔な存在だった。そこで、9月11日のテロのたった2日前、ジャーナリストを名乗るアラブ人が、取材と称して、マスードをバンジールに訪ねた。ところが、取材の途中、カメラに仕込んだ爆弾が爆発した。一種の自爆テロである。

となると、マスード暗殺と、9月11日のテロをリンクさせることは必然であろう。しかし、バンジール渓谷は険しい。ちょっと警戒すれば、テロリスト・グループから送られたアラブ人の取材は拒否できたはずである。

マスードが生きていれば確実に、今の暫定傀儡政権の中核に位置しただろう。そのカリスマで、民衆を引きつけただろう。すると、アフガニスタンは、今と何程か変わっているだろう。ただ、マスードは、アメリカの言いなりになるタマではない。すると、欧米は却ってやりにくいか。しかし、いつまでも欧米の軍隊が駐留している訳にはいかない。そのためには、アフガニスタンにはそれを率いるカリスマが必要である。今更ながら、マスードは惜しんであまりあるのである。

2008年10月 7日

立場に基づく交際

珍しくもなんともない事件であるが、先日の9月30日、たまたま下記のようなニュースが同時にWebに掲載された。


(その1)
府中刑務所(東京都府中市)は30日、受刑者の妻と交際していたとして、看守部長(53)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。看守部長は同日付で辞職した。同刑務所によると、看守部長は2004年5月ごろ、交際を始めた女性から、夫が受刑者であることを告げられたにもかかわらず、06年1月まで交際を続けた。 

(その2)
警視庁は30日、東京都立八王子北高校教諭、清水徹容疑者(52)(調布市調布ヶ丘)を児童福祉法違反(自己淫行)の疑いで逮捕したと発表した。発表によると、清水容疑者は2006年8月下旬、立川市内のホテルで、当時勤務していた別の都立高の女子生徒(17)とわいせつな行為をした疑い。同庁幹部によると、清水容疑者は05年春から、女子生徒に大学受験用の小論文の個別指導をしていたが、事件当日は「論文指導をする」と女子生徒をホテルに呼び出し、関係を迫ったという。

このような出来事は、世間にあまたあるに違いないがしかし、一々、報道されることは少ないだろう。そもそも、事件ですらないかもしれない。というのは、よしそれが不倫であれ、単なる男女交際は、なんら刑法その他特別法の条文の構成要件に該当しないからである。(その2)のケースは、かろうじて児童福祉法に抵触するが、女性が高校卒業後なら、法律的には咎められない。ストーカー的に女性が嫌がっていれば別であるが。

で、週刊誌めくが、世の中に男女がいて、魚心あれば水心あり、で泡沫のようにくっついたり離れたり、世間で沢山のカップルが対創生し、対消滅している。わざと物理学の用語を使った。

その結果、家庭が不和になったり、痴話喧嘩が起きようと、世間は知ったことではない。基本的に犬も食わない。

しかしである。大抵の人には、社会的立場というものがあり、そこになにほどの職権という名の権力があれば、魚心や水心に、職権を絡めるというのも、俗人としては、当然の帰趨ということになる。それをあからさまに認めてしまっては、世間の公平さが著しく損なわれる。なぜかというのに、クレオパトラとアントニウスの例を引き合いに出す必要もないだろう。特に、(その1)のように警察署や刑務所の職員、裁判官など、公的な立場が強い人だと、法律、その他の規則で縛る必要があるだろう。

民間企業だと、かなり事情は異なる。例えば、私が管理職の時代の管理職研修で、部下と恋愛関係に陥ってはいけないと、講師の人から指導があった。それに対して、受講者に一斉に苦笑が起こったのは無理もない。そんなの、気持ちをコントロールできないよ、というところだろう。実は、何度か管理職研修を受けたとき、最初の頃は、次のように言われた。「部下と不倫をしてはいけない。恋愛は仕方がないが、不倫をするなら、結婚しなさい。」と。それに対して、「では、部下と不倫をしそうになったら、妻と別れて、部下と結婚すればいいのですか。」と大真面目に聞いた管理職がいた。もちろん講師は、それでいいんですと言えないで困っていたが、講師の意図は、部下と恋愛関係に陥るとして、管理職が独身だったら、さっさと結婚して、部下は他の部署に異動させなさい、という意味だと解される。そうしないと、他の部下に対する公平性が保てないということだろう。それなら分かるが、誤解を招くので、次第に「部下と恋愛関係に陥ってはいけない」という言い方になったのだろう。

そういう言い方を講師の人がする、ということは、部下と恋愛関係に陥る管理職があまりに多いことを意味する。役員と秘書が不倫関係にあるなんて、せいぜいが社内の噂のネタで、ニュースにもならない。そうなりやすい原因の1つに、立場に乗じることが好きな女性が結構なパーセントでいる、ということがある。あるいは、立場を利用して誘惑する上司も結構いる、ということである。そこで、電気のショートのように、利害の火花が散るということである。会社の役員と深い関係になって、秘書の人がいろいろな便宜か得られるのは明らかである。業務上の機密も話してもらえるし、望外の昇進にありつけたりもする。

ただ、その際、1つの条件がある。それは、管理職の側に、ある閾値を超える男性的魅力が必要である。ある程度身だしなみがいいとか、センスがいいとか、イケメンであるとか、流石にキムタクのようである必要はないが、最低限のレベルは必要なようである。私は、どんな男性でもいいから、地位されあれば交際して利用したい、という女性を寡聞にして知らない。女性にも最低限のプライドと感性があるのである。

その点で、私は管理職として、得をしたと思う。すると、ええっ、奥さんに隠れて、部下と不倫を重ねていたのか、信じられないと、友人は怪訝がるだろう。そういう意味でなくて、私の男性としての魅力が閾値に達していないことが、得をしたという意味である。その結果、私にそういう意味で近づいてくる女性がいなかった。私は意志の強い人間ではない。だから、私にハニートラップのようなことを仕掛ける女性がいたとしたら、赤子の手をねじるより易しいだろう。

もしそういう仕掛けで来られたら、私は一瞬のうちに落城し、一瞬の悦楽とその後の地獄をみたであろう。だから、この歳になって初めて言えるのであるが、私はラッキーだった。

戻って、一番の問題は必ずしも、管理職とその部下が実際に不倫に陥ることではない。それはやはり全体の中で稀である。真の問題は、管理職に対する部下の異性的な思いが、判断を歪めることである。それは非肉体的なこと(あえて、精神的と呼ばない)なので、何も刑法はおろか、形式的には社内規則の違反ですらない。そうやって、いろんな思いが交錯して、奇妙なアンフェアネスが飛び交うのが、民間企業であったり、官庁であったり、教育機関であったり、要するに社会というものだが、それをどう統制することができるというのか。

そういう意味で、キリストが、心に思っただけで姦淫したことになる、みたいに言うのは、正しい。どんな解毒剤があるのだろう。そして私はまた、仏教にすがるのである。

2008年10月 8日

ノーベル賞は、おあずけ?

Webニュースによると、2008年のノーベル医学生理学賞は、エイズウイルスを発見した世界エイズ研究予防財団のリュック・モンタニエ理事長(76)、パスツール研究所のフランソワーズ・バレシヌシ教授(61)の二人(いずれもフランス)と、子宮頸けいがんを引き起こすヒトパピローマウイルスを発見したドイツがん研究センターのハラルド・ツア・ハウゼン名誉教授(72)に授与されることが決定したという。

実は私は、今年のノーベル医学生理学賞は、iPS細胞の山中伸弥教授だと信じて疑っていなかったので、ちょっと落胆した。そもそも、リュック・モンタニエと、フランソワーズ・バレシヌシがエイズ・ウィルスを発見したのは、なんと25年も前のことである。ノーベル賞とは、業績があってからそんなに長い間受賞にまでかかるものか、と改めてうんざりした。

今年のノーベル医学生理学賞が山中伸弥でないことに落胆した理由はもう1つある。それは、さまざまな細胞へ分化する能力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、がんなど副作用の心配が少ないアデノウイルスを使って作ることに、米ハーバード大などがマウスで成功した、という画期的なニュースを最近見たからである。山中伸弥・京都大教授らが、iPSを作製するために使ったレトロウイルスは、癌化の危険性があった。アデノウイルスだとそういう不安要素が低いが、レトロウイルスに比べて作成効率が非常に低いうえ、皮膚の線維芽細胞では作れないという欠点があった。それで、ハーバード大のチームは、大人のマウスの肝細胞を使ってiPS細胞を生成した。

これに対してコメントするのさえ、山中伸弥ではなく、水口裕之・医薬基盤研究所遺伝子導入制御プロジェクトリーダーである。

また、以前にこのプログで書いた病気をもつ細胞のiPS細胞の記事であれ、歯からiPS細胞の記事であれ、研究者は、山中伸弥の研究室とは全く無関係の人である。

こうして、山中伸弥は、急速に過去の人になりつつある。ここらあたりでノーベル医学生理学賞でも貰っておかないと、しめしがつかなくないか。

と思って、さらにWebニュースを見ていると、2008年のノーベル物理学賞を南部陽一郎、小林誠、益川敏英が受賞した、とあった。授賞理由は、南部氏が「素粒子物理学と核物理学における自発的対称性の破れの発見」、小林、益川氏が「クォークの世代数を予言する対称性の破れの起源の発見」。これらは、物理学に興味があるなら、ノーベル賞に値する業績であることをずっと前から疑わない業績だろう。特に、以前にもブログに無冠の帝王や、日本人のノーベル賞候補に書いたように、南部陽一郎氏は、世界の物理学会における圧倒的な重鎮である。遅すぎた受賞といえよう。それにしても、ノーベル物理学賞の三人の定員を全部日本人が占めるのは、前代未聞で、快挙である。

もしノーベル数学賞というのがあったなら、日本は、物理や化学の分野よりももっと受賞していただろう。フィールズ賞を貰った、小平邦彦、広中平祐、森重文はもちろんのこと、岩澤健吉、志村五郎、そうそう、忘れてはならないのは、類体論の高木貞治などである。あと、佐藤超関数の佐藤幹夫も該当するかもしれない。

話を山中伸弥に戻して、最近、「iPS細胞」平凡社新書、八代嘉美著を読んだところ、iPS細胞が、ES細胞と同等の多機能性を発揮するかどうかは、まだまだ検討を要するそうである。一方で、iPS細胞を生成するための4つの遺伝子は、山中ファクターと呼ばれて、確立された山中伸弥の業績といえる。すると、ノーベル賞の事務局は、あと数年、iPS細胞が本当に主流になるか様子をみるつもりなのかもしれない。

2008年10月 9日

属人思考

最近たまたま、「ナンバー2が会社を駄目にする」という本を買って読んだ。PHP新書、岡本浩一著である。著者は、社会心理学者で、組織論なども研究範囲である。ここで、ナンバー2というのは、トップの取り巻きというか補佐的な人のことで、ナンバー2がトップに迎合していては、組織が駄目になるという意味である。ただ、この本の「ナンバー2が会社を駄目にする」というタイトルはどうも戴けない。ナンバー1に政争で敗れたナンバー2が、意地悪でナンバー1の足を引っ張っているみたいなニュアンスであるからである。

ところが読んでみると、期待に違う?面白さであった。この本は、権威主義を批判するところから始まる。ヒットラーやホロコーストの例を挙げて、権威主義の暴走を説く。これ自体はあまり目新しい話ではない。それでも、後で出てくる属人主義の前提なので、引用してまとめておく。

著者は、権威主義を、単純思考、ファシスト傾向、教条主義、因習主義、自己優越主義、形式主義の集まりとする。

そこで、筆者は、属人思考という用語を導入する。属人思考という用語はもちろん、非常に耳新しいということはないが、権威主義の一つの表現として、組織論の文脈で挙げる点は、ユニークである。

そして、組織の属人風土を次のように特徴付ける。
- 案件の細部への注意がおろそかになる。ようするに、誰がやっている仕事かということが大事なので、内容は二の次となる。
- 反対意見が躊躇される度合いが強くなる
- 新しい分野の判断に間違いが多くなる。ようするに、新しい事案があると、あまり考えもしないで。エイヤーと適当に担当者にアサインする。
- イエスマンが跋扈する。属人風土では、イエスマンがトップの周辺に高密度に集まる傾向が出てくる。逆に、上司の行動を批判する者は、「小うるさい」だけでなく、「人格的にも問題がある」とみなされたりする。そして、組織の自己認識がどんどん甘くなる。

これをみて思い当たらない人は、あまり多くないだろう。

さらなる卓見は、「個人的違反の容認」と、「組織的違反の容認」とが、全く独立である、と指摘する点である。すなわち、コンプライアンスの強化などといって、いくら「個人的違反の容認」の風土を糾しても、「組織的違反の容認」は、いささかも改善されない。組織の活性化と、コンプライアンスの強化とは全く関係ないということになる。もちろん、コンプライアンスの遵守が不要と言っているのではない。しかし、逆に言うと、いくら組織が属人主義を推し進めて、どんどん病んでも、セキュリティや社内規則などのコンプライアンスの違反には全くならない。そうしてあるとき、組織がどうしようもないということを悟るのである。

さて、権威主義、属人思考が高まるとどうなるかというと、
- 単純思考となる。思考が二分法的で、曖昧さを認知できない。例えば、事務職の人を、専門職の人に比べて明確に差別する、など。それは単に役割に過ぎないのだが。
- 人事が属人的となる。要するに、業績ではなく人依存の公平さを欠く人事である。
- 「王は法なり」で、トップは何をしても許されるようになる。
- 不自然な情報統制が増える。要するに、属人的に近しい人にだけ情報が伝達される。
- 密告政治が行われる。属人的に近しい人の密告が判断の基準になる。属人的に遠い人が、いくら言っても、単に無視されたり、それどころか、逆恨みされたりする。
- マキアベリズムが強くなる。
- 懲罰傾向が強くなる。ただし、属人的に近しい人には例外である。

これも、「あるある」というところだろう。コレステロールのように、どんな組織にも権威主義、属人思考はある程度必要であり、要は程度問題である。しかし、あまりにも昂じると、それこそ組織は糖尿病になり、死に至る病となる。さて、どう防ぐ。

それは、要するに、トップやナンバー2が、広く読書し、複線的思考を維持するしかない、という甚だ地味な話になってしまうようである。

ノーベル化学賞

ニュースによると、ノーベル物理学賞の3氏に続き8日、緑色蛍光たんぱく質(GFP)を発見した元ウッズホール海洋生物学研究所上席研究員、下村脩さん(80)の化学賞受賞が決まったという。日本人のノーベル物理学賞とノーベル化学賞の同時受賞は、2002年の2002年の田中耕一さんと小柴昌俊・東大特別栄誉教授に続く2回目だというが、今年はノーベル物理学賞の3氏を全て日本人で占めており、ちょっと大盤振る舞い過ぎないだろうか。

ところで、ノーベル賞は、平和賞でなくても、政治的側面が小さくないことは想像に難くない。なぜなら、同じように画期的な研究成果は、世界にひしめき、専門分野が全く違うと甲乙付け難いはずである。すると、当然に、ある種のイデオロギーとまでは言わなくても、そこに明確な政治的意図が込められているはずである。

すると、今回、日本人に集中的にノーベル賞が集められたということは、一体どういう政治的意図なのか。というのは、私が物理を一時的に勉強していたという身贔屓はあるにせよ、今年のノーベル物理学賞の3氏が、寧ろ遅きに失したくらいに画期的な業績の持ち主だったことに異論がある人は少ないだろう。しかし、化学賞の下村脩さんの緑色蛍光たんぱく質は、かなり地味で、医薬の分野で応用が見込まれているにせよ、受賞者本人にすら意外なのではないだろうか。

すると、ここでの政治的意図は、欧米より寧ろアジアの日本に注目を集めたい、という意図だろうか。ではなぜに? 米国の金融危機などに象徴されるように欧米が没落しつつあるということか。ううん、どうしても月並みな思考から飛躍できない。

また、アジアにおける日本が多数のノーベル賞受賞者を輩出するということは、当然に、近隣のライバル、中国や韓国にとって愉快なことではないが、ここでまた、中国や韓国にはどうして科学分野で(文学や経済もそうであるが)、ノーベル賞が出ないのか、という問いにつながる。先日の北京オリンピックを思い出してほしい。中国は、圧倒的な金の数であった。ああいうのをみると、国家挙げてのプロジェクトで、金メダリストは養成できる、ということである。才能のある子供達を見出して、科学的なトレーニング方法も駆使して鍛え上げればいい。

それと同じ方法が、ノーベル賞受賞者の養成にもつながらないか。どうも否のようである。それのヒントは、下村さんの受賞コメントにある。たまたま近所にできた長崎医科大薬学専門部(現長崎大)に入学。卒業後、民間会社には就職しなかった。「人の言うことは聞かないですから、民間の会社では勤まらないと思った」と当時を振り返る。すなわち、スポーツ的にトレーニングに黙々と耐えるという精神は、少なくてもノーベル賞に相応しくないようである。

中国や韓国にノーベル賞受賞者が出ないことを、その国家のインフラや自由の気風のせいにするということも考えられる。しかし、国家インフラで到底進んでいるとか思えないロシアでは、旧ソ連時代から物理学のランダウをはじめ、多数のノーベル賞受賞者が出ている。

すると、中国や韓国にとってネックなのは、根強く残っている科挙的伝統であると私は思う。何度も言うが、中国や韓国での受験勉強の峻烈さは、名門大学の数も少ないこともあって、日本のそれをはるかに上回る。しかも、卒業後の学歴主義も根強い。こういう気風は明らかに、自由な研究風土を育む環境としてはブレーキである。

今年物理学賞をもらった益川氏と小林氏は、名古屋大学の坂田昌一の研究室出身であるが、坂田研究室は、先生が先生と呼ばれないような自由な気風に溢れていたという。こういう雰囲気は、中国の精華大学でもなかなかありえないのではないだろうか。そして、ロシアはもともとは、科学研究の分厚い伝統があるが、プーチン治下の全体主義的傾向にあって、果たしてどれほど科学に成果をあげられるものか、疑問である。ポアンカレ予想を証明したベレルマンのような鬼っ子はいるにはいるが。

2008年10月10日

正直者は損をするか

先日のWebニュースによると、中国社会科学院がまとめた「中国社会の調和と安定に関する研究報告」によると、70%近くの人が「正直者は損をする」と考えている事がわかった。なんと意外性のないアンケート結果なのだろう。

そこで、「正直者は損をする」の「損」を、物質的な安逸や悦楽の不足であると定義すると、正直者であることに拘らず、欲望を極大化させるのが妥当な生き方となる。

ただ、ちょっと矛盾するようで理解に困るのが、「信用」と「報恩」が大切であると考える人はそれぞれ98%、95%と高い数字を示していることである。この矛盾を理解するためには、中国社会の特殊性を考える必要がある。私の浅薄な理解では、中国の社会は、とても血縁を重んじる。逆に言うと、血縁以外をとても軽んじる。それが古来から侵略や政権の急変をへて発展してきた中国社会の生活の知恵なのだろう。この血縁は、本当の血のつながりに限らない。仕事関係でも、中国人と長く付き合って信頼されると、準血縁のように扱ってもらえる。私の限られた経験では、仲良くなった中国人との関係は、数十年付き合った日本人との関係よりも濃密なように感じることがある。これは韓国人との関係にもあてはまる。で、きっと、「信用」と「報恩」が大切であると中国人が考えているのは、このような血縁及び準血縁関係内部でことだと思う。というのは、仕事関係で、ある同僚が、中国に依頼したことが全く無視され、それではと、私が同じ問い合わせを中国にしたら、一発で回答があったことがあったからである。

こういう前提に立つと、中国人の84.5%が、「コネクションを使えば仕事探しは難しくない」と考えているというのが納得できる。まさに、そういうために利用するのが、血縁と準血縁なのである。

その他のアンケート結果は:
「家庭生活の快適さと仲の睦まじさを重視している」が91.6%、
「プライベートの楽しみを追求する」が79.4%、
「個人の才能を十分に発揮する」が82.1%、
「社会のために大きく貢献したい」が77%、
 この辺は分かるが、
「人生とはすなわち美味しい物を食べ、良い服を着て、良いところに住むべきものだ」が、54.6%と意外に低いことである。私は、中国人なら、95%くらいそう思っていると、思っていたのだが、中国人をこの点で見直すべきかもしれない。

最後にどうしても理解できないのが、「苦労なくして成功なし」に同意した人はわずか26.1%ととても低いことである。中国は日本よりずっと学歴社会で、精華大学や北京大学などの一流大学卒であることが重んじられ、中国人は、名門大学出身であることを、何の臆面もなく自慢する。そういう価値観からすると、苦労して勉強した結果の成功するのだから、「苦労なくして成功なし」にもっと同意しそうなものであるが、中国ではおそらく、トレンドに乗っかり、大した能力もないのに大金持ちになったり、一方で、凄い能力があっても、たまたま機会が得られない人が沢山いるのだろう。そもそも、どんな秀才であっても、資金がないと精華大学や北京大学に進学できない訳であるから、苦労しても空しい。

この点で、日本はまだしも、中国よりは、「苦労なくして成功なし」に同意する人が多いのではないか。というのは、日本で、資金的に大学に進学できない人は中国ほど割合が多くないからである。

戻って、「正直者は損をする」と考えている人は、日本でも70%を下らないだろう。偏見であるが、特に若い人でそれに同意する人が増えているような気がする。

2008年10月11日

語学遍歴

昔、大学受験勉強をしていた頃、得意というよりも、一番ましな科目は、英語だった。理系志望なのに、数学も物理もがたがたなのだから話にならない。いわんや化学をや、である。

それはさておいて、高校の頃から、語学全般に漠然たる興味はあった。それは、私の場合、おそらく次のような事情によるだろう。すなわち、遺伝的なもの、子供の頃に罹った結核の薬の副作用、内向的な性格などがあいまって、私は子供の頃からかなりの吃音というか言語障害があった。歳とって、自然にかなり改善されたとはいえ、今でも、話し出すのに困難を感じることはある。そういう心理状態だと、どうしても、普通の人が意識しない言語のことが、嫌でも意識に上がってくる。すると、独特の言語感覚というか、言語全般への興味が涵養されるのは確かである。そういえば、関東大震災のとき甘粕大尉に殺害されたという大杉栄は、とても語学が得意だったが、やはり吃音の傾向があったという。吃音であることと、語学が好きということに世間全般では強い相関はないと思うが、そういうアプローチも、ある程度は言えると思う。

それだから、大学受験では第1志望は物理学であるものの、第2志望はなにか語学系で、例えば、大阪外語大のウルドゥ語学科に進み、マイナーな語学を勉強することを考えていた。なぜマイナーな語学なかというと、そもそも、私の学力だと、外語大のメジャーな語学である、英語、ドイツ語、フランス語などに受かるのが難しい。また、頑張ってそういうところに幸い受かっても、到底頭角をあらわすのが難しいと思った。要するに自信がないのである。

幸い、第1志望だった理学部物理学科に受かったが、教養課程では、第2外国語が必須だったので、ドイツ語を履修した。物理の世界では、ハイゼンベルグ、パウリ、シュレーディンガーなど、ドイツ人が主だからである。教養のドイツ語の先生は、確か七里真水とかいう名物の厳しい先生だった。陸軍士官学校あがりで軍隊的な厳しさで有名で、クラスの3分の2を落としたこともあるという。それで必死でドイツ語文法を勉強した。格変化と、名詞の性に特にうんざりした。それでも、かなり勉強してみると、ドイツの規則性に感心した。発音だって、ルールを知れば、綴りから一意的に読める。英語みたいに、naughtyと書いて、ghを読まないなんてことはない。で、なんとかドイツ語の単位は取得したが、実際に文献を読んだこともなく、実用的レベルから遠いままである。

教養課程では暇なので、ロシア語とギリシャ語のクラスに顔を出してみた。しかし、文学部の学生が集まるギリシャ語のクラスは、私のような興味本位の者はお呼びではなかった。直ぐに行かなくなった。ロシア語のクラスは、真面目に通った。将来、モスクワ大学に留学する可能性も考えていたからである。あの頃の私は、地方国立大学にやっとラッキーで受かっただけなのに、勘違い以外の何物でもない野望に燃えていた。

で、ロシア語のクラスとはいうと、そのときの講師の先生は、他の私立大学がいらしていたが、使う教科書が、ロシアで発行されたものであった。結構分厚いが、反復学習を助ける練習問題が沢山あって、複雑な文法をあまり意識しないで少しずつ学んでいけるとてもよい本であった。だから、ドイツ語をさらに上回る複雑な文法に真正面からぶつからなくてもよく、丁寧に学んでいけるようになっていた。ただ、なにしろ、ロシア語でロシア語を説明するのだから、到底独習用の本ではない。講師の先生が言うには、ソ連(当時)は、多民族国家で、ロシア語が母国語でない者に系統的にロシア語を教える強い必要性があり、そのため、ロシア語の入門書がとても洗練されている、ということだった。こうしてロシア語の単位も取得したが、今に至るまで全く使わずじまいである。せいぜいが、キリル文字が微妙に読める程度である。

大学ではまた、エスペラントのサークルにも行ってみた。で、言ってみて、その合理的文法には感心したが、なんかイデオロギー的臭みを感じて、早々にサークルを離れた。サークルの仲間からは、しばらく、裏切り者みたいに恨まれていた。

さらには、教養課程の時代には、サンスクリットの入門書を買ったりしたが、流石にこれは、ページを開くこともなかった。

それで、大学の後半は、スチューデント・アパシーで、学校にも行かず、あらゆる勉強が嫌になって、今で言うプータローのような生活であったが、ぎりぎりで卒業して就職すると、また語学の勉強がしたくなった。それでフランス語も多少し知っておいた方がいいだろうと、三省堂のフランス語の入門書の小冊子(上下2巻)と、辞書を買ってきて、けっこうぼろぼろになるまで読んだ。大学時代のドイツ語の七里教授が、語学は短い入門書を繰り返し読むのがよい、と言っていたのを思い出したからである。すると、フランス語は、半過去や単純過去など動詞の変化を覚えるのが大変であるが、一般的にはそういう変化はあまり、意識しなくてよい、ということが分かった。そして、辞書を引きながら、カミュの「ペスト」がなんとか読めるようになった。ただ、そこで努力を止めてしまったので、フランス語のスキルは水泡に帰してしまった。

フランス語の勉強である程度の成果が出たので、同じ方法を、スペイン語にもあてはめてみた。すなわち、三省堂のスペイン語の入門書の小冊子(上下2巻)を買ってきた。しかし、こちらは早々に挫折した。大学時代からわかっていたことであるが、人間の興味がとても移ろいやすいことを改めて感じた。
それから、社会人の独身時代には、当時某大学の文学部の大学院に行っていた大学の先輩に哲学のことを話してもらったのがきっかけとなって、ギリシャ哲学に興味をもち、プラトンなども読んだ。その関連で、大学時代にちらっと眺めたギリシャ語の勉強を始めた。岩波全書で、田中美知太郎が書いた、小冊子であるが有名な本である。それで、根を詰めて勉強したので、また、生活が不摂生であったことから突然、肝炎で入院することになった。病院のベッドで、その田中美知太郎のギリシャ語の入門書を眺めていたら、主治医の先生がとても怪訝な顔で見たりした。

結婚してからは、語学の勉強の興味は失せていたが、韓国に出張に行ったことがきっかけとなって、韓国語に興味をもった。早速入門書を買って読んだが、ハングル文字自体は合理的で、すぐに覚えた。問題は文法で、日本語と似ているようで実はかなり違う、敬語の用法も精緻である。よって、数年真面目に勉強したけど挫折してしまった。フランス語では、比較的短時間で、辞書引きながらならカミュが読めるようになったのに、韓国語では、辞書引きながらでも小説が読めるようにはならなかった。そもそも、韓国語では、辞書を引くことからして、いつまでたっても私にはチャレンジだった。どうも語学学習の自分のパラダイムが、西洋語向きなのである。だから、スマップの草薙氏が流暢に韓国語で話しているのを聞くと、いつも感心してしまう。

で、英語であるが、管理職になって、米国人の上司と話すために仕方なく英会話を勉強し、実用的なレベルになるまでに5年を要したことは、既に書いた。ここで、いまさら、英語に言及する気はしない。ベタなテーマなのである。

比較的最近は、中国語を勉強した。これからは、中国の時代と思ったからである。アルクの半年の通信講座を受講した。一応、終了まで行ったが、実は悲しいほどに力がついていなかった。というのは、その後、中国の友人が日本に来たとき、何か言おうとして、挨拶くらしいかできなかったからである。これでは、中学一年の英会話のレベルである。韓国語といい、中国語といい、私に限ってであるが、どうも西洋語のパラダイムから脱しきれないきらいがあって、低いレベルしかいけない。仕方がないか。

あと、入門書だけ読んだのは、アラビア語である。アラビア文字は一応覚えたが、その文法に対する違和感は、韓国語や中国語の比ではない。もし言語間の距離というものが定義できるなら、アラビア語やヘブライ語などのセム語族は、日本語から最も距離が遠い言語であるといえよう。

また、仕事の関係で、社内のインド人と親しくなったのをきっかけに、ヒンドゥ語の入門書を買った。噂では、ヒンドゥ語は要するに、インド・ヨーロッパ語族の典型で、そんなに難解でないということだが、結局、独特の文字に圧倒されてしまった。なんでも、デーヴァナーガリー文字というらしいが、私には、アラビア文字よりもとっつきにくい。

こうして、私の語学学習遍歴は、死屍累々である。最近になって人生の終わりがある程度見積もれる時期になってきて、語学学習にうつつを抜かすよりも、なんかいろいろ考えることの方が有意義に思えてきた。そう思うこと自体、語学の才能のなさを物語っており、そういう事実を50年以上もかかってようやく悟るのである。

2008年10月12日

定年者雇用

私の田舎は孤島で、船で通えるところに働ける幸便な企業や役場が多くない。それで、うちの父の年代以降で、それより少し若い、だいたい1950年くらいまでに生まれた人で、タンカーで働く人が多かった。それは、誰かがたまたまタンカーの会社に船員として入社して、その後近所の人を誘った、ということもある。ところが、島でタンカーに乗っていたうちで一番若い、私より5歳くらい年上の世代の人達も、定年を迎えるようになった。それで、そういう人達が、暇そうに島をうろついているのを見かけるようになった。

私の父も、母方の叔父も、元タンカーの船乗りだった。その叔父もタンカーで働いていたのだが、もう10年くらい前に定年で辞めていてる。それで、先日田舎に帰ったとき、次のような話を聞いた。

父も、母方の叔父も、同じタンカーの会社に勤務していたのだが、容易に想像がつくように、タンカーの乗組員は、3Kの職場である。激務かというと、それほどでもないかもしれない。しかし、多くの場合、とても引火性の高い油を搭載している。太平洋を南方のインドネシアやシンガホールなどに航行するので、山のような荒波に晒されることがある。一航海で、一ヶ月以上戻れない。給与はというと、基本給は安いが、危険手当がつくので、平の乗組員でも、陸の普通の仕事の課長待遇の給与になったりする。

それでも、安逸な生活に慣れた若者が好んでタンカーの乗組員になる訳がない。こうして、タンカーの会社は、乗組員の不足でとても困っている。一つの手として、フィリピン人や中国人を雇う手はあるが、どうしても言語的に意思疎通が難しい。そこで、タンカーの会社は、一度定年になった社員の再雇用に目をつけた。再雇用といっても、正社員として雇用し直すのは、会社の経費がかかる。そこで、別会社をつくって、そこからの派遣の形式にした。年金が払われているので、その差額を補填するような形で、給与を払えばいい。なんとうまい仕組みだろう。暇そうにしていた島の元タンカーの乗組員達は、元の勤務先からの誘いに、文字通り渡りに船と、飛びついた。まだ元気なのに、暇で困っていたのである。

ただ、直ぐに見て取れるように、それは、タンカーの会社にとって、一時凌ぎでしかない。単に問題の先送りである。また、そもそもが比較的体力の必要なタンカー勤務に高齢者が勤務するので、そんなに長い期間保つのは難しい。

さらに問題は、そうやって時間を稼ぐことで、なかなか後進が育たないということである。当然だが、父に聞くとタンカーにも独自の仕事のノウハウはいろいろある。やはり、10年くらい経験しないと一人前になれないようである。

こういうタンカーの乗組員みたいな、世代が次第に絶えてしまうような分野は、沢山あるだろう。そう考えると、ワーキンクプアという人達は実は、3Kを避けて、ワーキンクプアに陥っているのか、とかなり語弊のあるようなことも考えてしまう。そもそもそういっている私本人が、見かけ上お気楽なデスクワークで、ありがたいような給与をもらっている。

さて一体どうするか、東南アジアから雇用するしかないのかと、考えが発散してしまった。

そういえば、最近自分で励んでいる特許明細書作成の仕事であるが、見かけ上お気楽などと言ってしまったが、実は意外に大変である。まさか3Kではあるまいが、最近これでもかと分かりにくい発明がやってくる。今も発明の構想がまとまらないで、ずっと困っている。こういう仕事は、若者は、嫌わないよね、と別の考えも浮かんでしまった。

2008年10月13日

サラ・ペイリンは、属人主義か

Webニュースによると、米大統領選で共和党の副大統領候補に指名されたサラ・ペイリン・アラスカ州知事(44)が今年7月に州政府幹部を罷免した経緯について調査していた同州議会の調査委員会は10日、知事による「職権乱用」を認定する報告書をまとめた。

この「職権乱用」とは、ペイリン知事が、州警察を監督する公共安全委員会のウォルター・モネガン委員長を罷免した件に関するものである。モネガン委員長は、「知事と(私人の)夫トッド・ペイリン氏が、知事の妹と離婚した警察官を罷免するよう圧力をかけてきた。これを拒否したため、クビになった」と主張していた。ペイリン知事は、「モネガン委員長の仕事ぶりに問題があった。」ことと、「予算を巡る意見対立が理由」と反論していたが、報告書は「家庭の事情が罷免決定に影響を与えた」として、州行政府倫理規定違反に当たるとの判断を示した。

共和党側は当然に、「調査は民主党の党派的行為」と反論する。また、これは大したことではないと見る向きもあるが、私は、この件で、サラ・ペイリンに甚く失望するものである。

もともと、サラ・ペイリンは、女性であることを除けば、一介の無名の州知事に過ぎなかった。その子沢山ぶりから、キリスト教右派で、いかにも共和党に相応しい。日本でも、庶民感覚を政治に、と叫ぶご婦人がいるが、そういう地に足がついた庶民感覚のイメージを買われ、共和党の副大統領候補に抜擢されたところ、望外の大人気となった。いまや、本命視されているオバマの牙城を崩さんばかりである。実際、オバマは、黒人とはいえ、エリート然としたところがある。ちょっと庶民から遊離している。

しかし、上記の報告内容は戴けない。大家族主義の私的感情をそのまま州政治に持ち込んでいる。この件をみて、かなり高い確率で言えることは、サラ・ペイリンは、もし副大統領に任命されると、明らかに、その権力の一部を家族に流用しそうであるし、擬似家族として、気に入った仲間に、属人主義を適用してしまいそうである。

そこいくと、同じ女性政治家でも、ヒラリー・クリントンは違う。私は、野望芬々のヒラリーは好きでないが、しかし、少なくともヒラリーは、家族的なことや、個人的な感情をそのまま政治に持ち込まないだけの節度と訓練を経ている(あの、モニカ・ルインスキーのスキャンダルは、いかにも試練であった)。

その点が、サラ・ペイリンはあまりにもナイーブで、もし副大統領にでもなったりしたら、確実に、大局をぶち壊すような施策を推し進めて、マケインの足を引張りそうである。

「人は、無能を露呈するレベルまで昇進する。」とは、ピーターの法則だが、大統領選挙がそれを地でいかないことを願う。

2008年10月14日

ノーベル財団の破綻

Webニュースによると、10月9日付のスウェーデン有力紙ダーゲンス・ニュヘテルは、世界的な金融危機の影響でノーベル財団(本部・ストックホルム)が支出するノーベル賞受賞者への賞金が減額される可能性があると伝えた、という。

同紙によると、ノーベル財団は資産約36億スウェーデン・クローナ(約518億円)の多くを証券市場などで運用していたが、市場の悪化で資産の目減りに直面。このまま危機が深刻化かつ長期化すれば、同財団が物理学賞や化学賞など5部門に支出する賞金総額計5000万スウェーデン・クローナ(約7億円)の減額に追い込まれる可能性もあるという。

実は米国の金融危機があったとき、最早運用で資産を増やすというスキームが成立しにくくなったのではないかと感じた。というのは、昨今のように、ポートフォリオ的に資産運用されると、表面的にAAAの評価の債券だったりしても、実は、サブプライムのような高リスク高リターンの成分が含まれていて、足を引っ張る。それを見極めるのは、極めて困難というべきである。すると、失礼ながら高々518億円程度の元本がどんどん割れて、半分程度になるのに多くの時間を要さない。

それでも毎年の賞金総額は、今は約7億円。普通にやっていれば、運用しなくても70年もつではないか、という意見もあるかもしれないが、財団の運営資金も必要だろう。

それでふと思ったのが、今年、日本に合計4名のノーベル賞受賞者が選ばれたことである。これを深読みすると、ノーベル財団は、暗に、日本からの寄付を期待しているのではないか、ということである。すなわち、米国が金融破綻した現在、アジアの日本や中国の方が、経済状況はまだ、ましだからである。しかし、中国にはまだ見るべき業績を上げた人がいないので、とりあえず日本、という次第である。運用が難しいなら、営利団体ではないのだから、寄付に頼るよりない。それとも、ノーベル賞受賞者のサイン入りTシャツなど、グッズ販売に乗り出すか。ディズニーでもあるまいに、ということになる。

もちろん、直接ノーベル財団が寄付を募ると、賞の選考自体公平性が危機に晒される。だから、別の団体を通じてなど、いろいろ手はあろう。もちろん、邪推の域を出ないが。

そう思っていたら、次のような記事も、Webにあった。

科学分野に詳しいジャーナリストの遠藤謙一氏が言う。
「文学賞などを含めても日本人の受賞者はわずか16人。米国224人、英国75人、ドイツ68人の足元にも及ばない。欧州では日本人の優秀さが評価され始めているため、スウェーデン王立アカデミーは日本人の受賞者を増やすことを考えているそうです」

なんだそれは。やっぱり、スウェーデン王立アカデミーというか、ノーベル財団は、日本に下心あるんじゃないのか。

別のアイデアとして、ノーベル賞の賞金を思い切り削減する手もある。例えば、一人100万円程度にする。それだと、他のあまり有名でない賞の賞金にも負けることになるが、それでノーベル賞の権威が落ちるとしたら、もうそれは仕方のないことである。選考過程が不透明な特定の賞でもって業績の権威を決める、という時代の終わりの始まりなのではあるまいか。そろそろそ、Web2.0的な、ネット投票的な賞がとって代わるべきだろう。

2008年10月15日

ソクラテスの妻

歴史的に、ソクラテスの妻、クサンチッペは悪妻ということになっている。それは、家庭でいつもソクラテスをどやしつけ、それが嫌で、ソクラテスは家に居つかなかったという話があるからである。しかし、一方で、そういうクサンチッペのやり方は当然である、と擁護する意見もある。というのは、ソクラテスは家庭を省みず、いつも広場で、若者相手に演説していたからである。当時ギリシャでは男色が盛んで、ソクラテスは、若い男をいつも追いかけていた、という話もあるのだが、クセノフォンによると、そうやって情愛に溺れることをソクラテスは厳に慎んでいたというから、ソクラテスを面白く思わない人達による流言かもしれない。また、若者相手の演説が例の刑死の原因になるのだが、それはまた別のストーリーである。ただ、ソクラテスの評判を下げようとするなら、クサンチッペはよく出来た奥さんで、そういう奥さんをないがしろにして、ソクラテスはひどい奴だという話にする方がいいはずで、すると、クサンチッペが、夫に理解を示さない厳しい妻だった、というのは、ある程度言えるのではないだろうか。

そういう前提で、ノーベル化学賞をもらった下村さんの談話をWebで眺めていると、次のような記述があった。

総数85万匹にのぼったクラゲの捕獲など、助手としても下村さんを支えた妻の明美さん(72)は「辛抱強い人。(研究に没頭すると)何日も何も言わないで過ごすこともありました」と評した。

これを見て私が思ったのは、ううん、そこまで妻が夫を支援するのか、ということである。すなわち、普通に考えると、研究に没頭して何日も奥さんと口を聞かないということが続くだけで、下手したら離婚の原因になるだろう。それを、どう考えても面倒な、総数85万匹にのぼったクラゲの捕獲を手伝わせるというのだから、「私、実家に帰らせて戴きます。」ということになったとしても、全く意外ではない。それでも、奥さんに同情する人は少なくないだろう。

そこで、これに関して、夫の趣味や仕事に対する妻の対応をパターン化してみると、次のとおりである。

1. 夫の趣味や仕事を尊敬し、助手的な役割を果たすことも厭わない。これは、下村さんの奥さんのパターンである。また、目が見えない研究者の夫のために、こつこつと点字訳をつくる奥さんもいると聞く。

2. 夫の趣味や仕事をある程度尊敬するが、手伝ったりはしない。しかし、可能な限り理解を示し、夫に好きなようにやらせる。

3. 夫の趣味や仕事に特に理解は示さない、完全に無関心で、自分で好きなようにやる。ただ、スケジュール的には、夫に合わせる程度のことはする。

4. 夫の趣味や仕事に特に理解は示さないだけでなく、自分の都合の方を優先する。

5. 夫の趣味や仕事に特に理解さないだけでなく、揶揄したり、妨害したりもする。自分の都合の方を優先する。さらには、夫を自分の趣味の方に引き入れようとする。マイペースでかき回す。

このようにいろいろなパターンがあり、4.や5.だと夫はかなり辛い。芸能界の離婚のパターンの主要原因ではないだろうか。

偉い学者には、1.や2.のようなパターンが多いような気もするが、アインシュタインは、最初に結婚した女性が偉い数学者で、自分の研究のことでいろいろ口を出されて嫌になり離婚した。だから、1.や2.のようなパターンになるかどうかは、ほとんど運である。なんとか、そういう女性を探し出して結婚する、というのも私はどうかと思う。結婚の手段化だからである。だから、学者の賢明なる選択肢の1つに常に、独身を通すというのもあると思う。

また、上記の1.~5.と列挙したのをみて、男性の立場偏向の順位付けと思われる方もあろう。それは、そうでないとは言えない。しかし、実は私は、5.であったとしても、そんなにひどい妻と思っている訳ではない。1.や2.のようなパターンよりも、人間味があっていいではないか、と思う面もある。

一方で、とても不思議なことがある。それは、下村さんは、ノーベル賞を貰うような立派な人であることは疑いないのだが、世の中で、私から見て、ほとんど人間的に破綻しているのではないかと思われる男性がいる。ところが、そういう男性に献身的に尽くす、マザーテレサか聖母マリアのような女性がときどきいるのである。パーソナルなのでとても具体的に言えないが断片的に言うと、鬱病と称して仕事を休んで自宅にいるのに、奥さんに怒鳴り散らして甘えている人がいた。奥さんに「お前は馬鹿だから」というのだが、世間的にみて、どちらが馬鹿なのかは明らかであるのに、奥さんはじっと耐え続けているのである。それ以外にも、会社で鼻つまみ者みたいに忌避された人格障害の夫に、生涯付き合っている奥さんも知っている。周囲は、ああいう男性とどうして離婚しないのだろう、とひたすら怪訝がるだけである。

この辺に対する私の思索は、まとまりがない。せいぜいが、ああいうのも縁なのか、前世の因果なのか、とトートロジーのようなことを思うだけである。

2008年10月16日

秋田県と福井県

ある雑誌によると、全国学力調査の結果、全国一位は秋田県だったという。そのように北にあって、教育先進県であるため、秋田県をいまや、日本のフィンランドと呼ぶ人もいるという。

ところが、福井県も結構優秀で、小学校算数では全国二位、中学校数学では全国トップ、国語と数学を併せた中学全国トップは、福井県なのだという。

こういうのを見ると、私は、受験秀才といども、結構昔からの伝統なのではないか、と思うのである。というのは、福井県で思い出す偉人として、まず橋本左内がいる。彼が、若くして刑死というか、切腹に追い込まれなかったら、相当の人物になったであろうことを疑う人はいないだろう。

また、横井小楠は、全国を旅して、越前(今の福井県)に、多数の優秀な人物を見出した、とある。実際、時代に先行しずきていて、まともに相手にされなかった横井小楠を、顧問として抱えたのは、越前藩主 松平春獄だった。

秋田がなぜトップなのかは、私には不勉強で分からないが、秋田も類似の方針をとっていたのかもしれない。

それで、そういうレベルの高い県の環境が大学進学的にどういう結果をもたらすかということを考えてみる。それは、福井県や秋田県に、開成や灘みたいに、東大に沢山送り込む学校がある、という訳ではない。寧ろ、福井県や秋田県の名門高校は、トップの方はもちろんある程度の人数、東大に入るが、私の見解では、たいてい、しっかりとした志をもって大学に進学するのである。すると、東大でなくとも成績に応じて無理せず、地元の国立大学や、相応の大学に進む。そういう方針で大学に進むと、信念をもって勉強するので、どこに行っても伸びるのではあるまいか。たまたま、何かの関係で、抜群の実務能力であると私が感心した人がいたが、秋田高校-宇都宮大出身であった。また、先日ノーベル賞をもらった南部陽一郎氏が福井県で子供の頃教育を受けたのも、ポジティブな効果があったであろう。

福井県や秋田県以外で、私が注目している県として、奈良県がある。日本でどこが一流大学かという定義を、うんと絞って、東大+京大+東工大+一橋大+国立大医学部とすると、私が知る限り、人口比で、一流大学に進学する比率が一番高いのは奈良県である。その理由を私は、脈々たる文化の伝統にみる。すなわち、東大寺や奈良仏教は、古来の日本の確固たる権威であった。従って、奈良仏教がその後堕落したとはいえ、知的な風土を醸したことは否定できないだろう。

英国のオックスフォード大やケンブリッジ大が名門であるというのは、英国の知的なレガシーを引き継いでいるからであろう。また、米国の名門大学が名門になりえたのは、英国の伝統をうまく接木できたからだと思われる。要するに、英国の伝統をベースに、豊かな資本で涵養して、新しい伝統を打ち建ることができた。

すると、教育的・文化的雰囲気であれ、大学であれ、漬物の糠床のように、長い間の醸成を経なくてはならない、ということになる。

一方で、先日ノーベル化学賞を受賞した下村氏のように、長崎大学という地方大学出身の場合もある。私の本音はというと、このブログで一貫して主張しているように、学問は技芸であって、個人一身専属的なものであるがゆえに、本当は出身学校は関係ない、というものである。しかし、ハバネロが寒冷地では育たないように、決定的に芽が出ないような知的環境というのもある訳で、知性という種が発芽する土壌としての学校の、レガシーというか伝統はあるのかもしれない。

2008年10月17日

日本人のノーベル賞候補(update)

以前、日本人のノーベル賞候補という記事を書いたが、最近のWebに、そこでカバーされていなかった人がリストされているので、フォローしてみる。

先ず、信州大の遠藤守信氏で、炭素繊維の元である“遠藤ファイバー”を開発した。1995年に、炭素材料学会賞受賞。2007年に、文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞とある。このブログで書いたアクリル系炭素繊維の記事によると、確かに、炭素繊維は、その強度と軽量さで、航空機の材料として注目を浴びている。特許出願でみてみると、遠藤氏は、1982年頃から炭素繊維の発明の特許出願を始めており、かなり黎明期の人といえる。しかも、1946年生まれで、現在62歳なのに、今でもどんどん発明しているようである。いろいろな会社の名義で出願があり、ビジネスセンスもおありのようである。

次は、北大の鈴木章氏。鈴木氏は、医薬品の構成要素を作るのに有効な反応である“鈴木・宮浦カップリング”を開発した。専門分野は、有機ホウ素化合物を用いる有機合成反応の研究。“鈴木・宮浦カップリング”とは、パラジウム触媒を用い、有機ホウ素化合物と有機ハロゲン化合物を、クロスカップリングさせる反応。条件が比較的温和であり官能基選択性も高く、数あるパラジウムカップリングのなかでも使いやすい反応である、という。ただ、鈴木章氏は、遠藤守信氏と違い、全く特許出願がない。医薬品に関連するなら、うまくやると、莫大な特許ライセンス料を得ることができたと思われるのだが。この辺の生臭さは、随分人による。

また、Webの記事によると、「青色発光ダイオードで有名な中村修二氏は、特許権の譲渡などで訴訟を起こしたことが受賞のネックになりそうだといわれています」、ということだが、それは違うと思う。発明報奨の訴訟がなくても、もともと窒化ガリウム系青色発光ダイオードの基本原理は、名城大学教授の赤崎勇氏の功績だろう。よってもともと、赤崎氏にノーベル賞が行く可能性は少しだけあっても、中村修二氏にはあり得ないのでないだろうか。

前にも書いたが、中村修二氏よりもずっと、西澤潤一氏の方がありえる。西澤潤一氏の研究はデバイスの応用的な発明かもしれないが、去年のノーベル物理学賞の磁気ディスクMRヘッドの発明より応用的とはいえないと思う。私は個人的に、山師みたいな西澤潤一氏が好きではない。しかし、業績は業績であって、西澤潤一氏は、半導体デバイス分野の南部陽一郎といってよいのではあるまいか。

あと、文学賞では、村上春樹が有力なのだという。なにしろ海外の知名度が大きい。沢山の彼の作品が英訳され、あるいは韓国語、中国語などにも翻訳され、海外の読者が多い。私はあまり読みもしないで、村上春樹はそんなに格調高いの?と余計なことを言いたいが、でも、川端康成が、大江健三郎がそんなに格調高いか、と問う必要もある。

経済学では計量経済学の権威であるスタンフォード大教授の雨宮健氏が有力という。確かに、Wikiによると、世界の主要経済学術雑誌への論文引用件数は約3000件を数え、日本人では二位の青木昌彦に倍以上の差をつけての首位に立つ。2000年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・マクファデン、ジェームズ・ヘックマンの個人と家計の消費行動に関する実証研究は、雨宮の理論に基づくものであった、とある。なにしろ、経済学は全く土地鑑ないので、そうですか、というよりない。元ロンドン大学教授の森嶋通夫は、生きていれば候補だったろう。

あと、創価学会の池田大作名誉会長が平和賞を狙っているという話があるが、それは冗談に留めてほしい。

2008年10月18日

山中伸弥の反撃

Webニュースによると、京都大の山中伸弥教授らが10月10日、iPS細胞を、がんを発生させる恐れがあるウイルスを使わない方法でマウス胎児細胞から作ったと、米科学誌サイエンスの電子版に発表したという。現在、成人の皮膚などの細胞から作る実験も進めており、成功すれば、脊髄損傷や若年型糖尿病などの再生医療への応用に向け、安全性と実用性の向上が期待されるという。

山中教授らは当初、レトロウイルスを遺伝子の入れ物として使うことで、体細胞に特定の3、4種類の遺伝子を導入することにより、iPS細胞を作製した。しかし、レトロウイルスは癌化の懼れがあり、この点が問題視されていた。

そこで、米ハーバード大チームは9月、DNAに組み込まれにくいアデノウイルスを使い、マウス肝細胞などからiPS細胞を作ったと9月に発表した。しかし、アデノウイルスは、成人の皮膚などには適用できず肝細胞を使うことが必須で、しかも、作成効率が極めて低いとう問題点があった。

山中教授らは、感染病の原因となるウイルスを使う限り、厳しい管理体制の実験室で扱う必要があり、コストも高いと考え、「プラスミド」と呼ばれる環状DNAを人工的に作り、使うことにした。

ところで、プラスミドとは、ブラウンの「分子遺伝学」東京化学同人によると、細菌細胞中に独立して存在する環状DNA分子である。プラスミドは、1つまたはそれ以上の遺伝子をもち、染色体とは別個に増殖できる。そして、染色体とは別に、抗生物質耐性のような性質を、細胞に付与しえる。プラスミドの中には、染色体に自分自身を挿入させて複製するものもある、という。特に、挿入性のプラスミドは、エピゾームと呼ばれる。山中教授らは、こういうプラスミドの性質を利用したのだろうか。

このような非ウイルス的アプローチは、当初から要望されていたが、ここにきて山中教授のチームがブレークスルーしたのは大きいと思う。山中教授が過去の人になりつつある、という私のコメントは撤回しなくてはならない。

ただ、プラスミドは、細胞に薬剤耐性を与えるほどに変質させる力をもつ、ということは、依然としてかなりの危険性はあると思うのだが、少なくとも、癌化についてはリスクはない、ということなのだろうか。

2008年10月19日

電波時計

思い起こすと、もう10年くらい前から、腕時計に電波時計を使用しているような気がする。当時は、まだ電波時計があまり一般的でなく、今考えたら馬鹿馬鹿しいのだが、知り合いなどに、10万分の一の誤差なんだ、とか自慢していた。

それで、今から3年くらい前、時計自体は動くのだが、安物だったので、ベルトがプラスチックで破損してしまったので、買い換える必要がでてきた。そこで、自宅の近所の時計屋に行ってみた。結構年配の店主だが、一級時計技能士の看板を信頼したのである。で、電波時計がほしいんです、と言うと、どうも反応がよくない。時計は、ソーラーでもなく、電波でもないのが一番である、という信念の持ち主のようなのである。困った私が立ち去ろうとすると、流石に商売気が出たか、奥から、一見とても高級そうなシチズンの電波時計を取り出してきた。そして、これ、5000円でいいから、という。

反高級志向の私にはどうもしっくりこなかったが、定価不明であっても、5000円ならまあいいか、と思った。本当はソーラー電波がほしかったのだが、そこには店主の方針により、置いてあるはずもなく、他の店に行くのもかったるかったので、5000円の旧式のシチズンの電波時計を購入した。当時まだ、ソーラー電波腕時計は、最低でも2万円はして、腕時計は上限が5000円+α程度と思っている貧乏性の私には、高嶺の花だった、ということもある。

ところが、その旧式のシチズンの電波時計が買ってがっかり。時間の基線を手動で合わせなくてはならないのである。どういうことかというと、電波により送信されてくる標準時と、表示時刻の間のΔtが可変なのである。マニュアルには、それを最初に手動でセットするように書いてあるが、、誰が標準時と、例えば、丁度5分差で表示時刻を設定したいとか思うだろうか。そうやってむかついて設定していたら、設定があまくて、Δtが30秒程度になってしまった。でも、ええいままよ、とそのままにしておいた。それで、私の腕時計は、丁度標準時と30秒ずれてずっと動いていた。

1つだけその旧式のシチズンの電波時計でよかったのは、確かにとても高級そうに見えることである。下手したらローレックスの高級時計のように見えるのか、友人から、私に似合わない高級時計だと褒められたことがある。ほっとけ。

ところが、ソーラー時計でない哀しさ、ある朝みたら、突然、旧式のシチズンの電波時計は止まっていた。どうも電池切れらしい。もともと、マニュアルには、電池の寿命は2年と書いてあった。それはアラーム機能を使った場合で、私はアラーム機能は全く使わなかったので、とりあえず3年はもったということだろう。

そこで悩んだのは、買い換えるか電池交換するかである。最近では、私が憧れていたソーラー電波腕時計が、6000円~8000円程度で買えることを知っているからである。しかし、費用を考えて、とりあえずは電池交換することにした。そこで、例の時計屋さんに行ってみた。ちょうど、3年ぶりである。入り口でなぜか暇そうに扇風機を組み立てていた時計屋の店主は、私が店に入ると、重い腰をあげた。

そこで私は、この店で3年前に買った電波時計をみせて、電池を交換してほしいと依頼した。すると、店主は、ううん、とちょっと困った顔をしながら、電池を交換しはじめた。心配になってどうしたんだすか、と聞くと、いやあ、電波時計は壊れやすいですからね、と言う。私は、そうですか、駄目なら諦めますよ、別に執着ないし、と応じると、じゃ、電波じゃないのをお勧めしますよ、というので、まあとりあえず電池を交換して下さい、と答えた。

そこで、電池を交換するのだが、店主、なかなか私に品物を渡さない。一級時計技能士なら、電池交換くらい楽勝ではないか。しばらくたって私に電池交換したはずの腕時計を渡したのだが、なんと、秒針が動いていない。当然であるが、大丈夫ですか、と確認した。すると、そのうち動き出すでしょう、とちょっと不安そうに言う。そんな、時限装置でもあるまいに。1000円でいいです、と店主がいうので払ったが、本当はもっと高いのだろうか。

さて、しばらく様子を見ていたが、秒針が動き出す様子がないので、仕方なくいろいろボタンを押してみた。すると、突然、秒針がぐるぐると連続的に動き始めた。私は、ははあ、電波時計なんだから、現在の正しい時刻は電波で拾える。すると、針が正しい時間に到達したら、普通に秒針を刻むモードになるに違いないと思った。ところが、針は、高速で進んで、正しい時刻をもどんどん通り過ぎる。仕方なく、適当な時刻で、ボタンを押して止めてみた。すると、なんとか普通に時を刻むモードになって一安心だった。これで、深夜の12時とかになると時間が自然に合うのだろうと思った。

ところがである。いつまでたっても時間は合わない。寧ろ、誤差が増大している。どうも、基線が狂ってしまったらしい。ところが、マニュアルが最早見当たらず、基線を合わせることが絶望的になった。

そこでとうとう諦めて、近所のホームセンターで、7800円で、シチズンのソーラー電波時計を買った。時計店の店主が言うように、ソーラー電波時計は回路構成が複雑であるので、壊れやすいのかもしれない。しかし、少なくとも5年はもつだろう。もしそうなら、7800円で5年なら、十分減価償却である。

どうも、一級時計技能士の店主は、ソーラー時計だの電波時計だと、電子部品の塊で、腕を揮いようがないので、敬遠しているとみた。だいいち、単に電池の水晶発信器で動く旧来の時計だって、そんなに堅牢ではない。そもそも、水晶発信器で動く時計は、「おじいさんの古時計」たりえない。ぜんまい仕掛けの振り子時計こそがおじいさんの古時計たりえるのであって、すると、店主も、一級時計技能士の腕が揮えるだろう。

コンピュータと長くつきあって、そういうレトロな感性がすっかり磨耗してしまった私なのであった。

2008年10月20日

グズ人間の類型

普段仕事をしていて、いつも期限ぎりぎりになったり、期限を過ぎたりする人がいる。そういう人が私より能力がないかというとそんなことはなく、どう考えても私より優秀な人も少なくない。でも、私が期限に関しては、大抵の仕事を結構早めにさっさと片付けてしまう方だから、短気な私は、いつも期限ぎりぎりになってしまう人を、「なにやってんの」とつい思ってしまう。

そういう私は昔、君は仕事は速いが、流すところがある、もっとちゃんと考えなさい、とよく上司や先輩から注意されたから、私はまた別の欠点をもっていることになる。そういう自分の欠点を棚に挙げて、以下書いてみる。

先日、ある古本屋の軒先の100円均一コーナーを覗いていたら、「グズの人には訳がある」リンダ・サバティン/ジャック・マガイヤー著、斉藤 勇訳、文春ネスコという本があり、思わず買ってしまった。著者は、心理カウンセラーである。

この本の卓見は、いつも期限ぎりぎりになったり、期限を過ぎたりするようなグズ人間(誤解ないようにコメントすると、決してクズ人間ではない、一字違いで大違いである)を類別していることである。すなわち、下記のとおりである。

1.完全主義者タイプのグズ人間
2.夢想家タイプのグズ人間
3.心配性タイプのグズ人間
4.反抗者タイプのグズ人間
5.危機好きタイプのグズ人間
6.抱え込みタイプのグズ人間
こう並べてみると、自他共に、いろいろと思い当たる節がある。

まず、完全主義者タイプのグズ人間であるが、私が知っているある弁理士の方は、とてもよい明細書を書くということで評判がよかった。但し、少し仕事が遅い欠点があったが、質がいいので、大目に見られていた。ところが、ある時期、その弁理士の方は、よく知っているクライアントと共同で、完全な特許明細書は何かということの追求を始めた。理想に燃えた訳である。より完全性の高い明細書を書くことはいいに決まっている。ところが、特許明細書の完全性とは何かと本気で考えると、とても難しい。結局、一時期、全く特許明細書が書けなくなってしまった。弁理士として大変困ったことである。
処方箋としては、多少完璧でなくてもよい、と思うことである。軽いミスもいいと思うとか。

夢想家タイプのグズ人間であるが、あまり身近にはいないような気がする。ただ、研究者などで、画期的な研究がプランにあって、画期的じゃないと意味ないとかいいながら、結局先延ばしにして着手しない人がいたような気がする。処方箋としては、夢想を一部でもよいから現実に落とし込むことである。なかなか、難しいか。

心配性タイプのグズ人間であるが、私は一部これに該当する。すなわち、あることを進めるということは、今までのやり方を変えることであって、すると新しい状況になるので、それが不安でやらない、ということがある。私は期限が迫っていれば、場合により多少質を犠牲にしても間に合わせようとする。しかし、明確な期限がない場合、変わることの不安のため、なかなか着手しないことがないといったら嘘になる。一見、完全主義者タイプのグズ人間と似ているが、完全主義者タイプと違うのは、向上意欲とか完全性の追求でなく、漠たる不安のため、決断できないのである。処方箋としては、リラックス・・しかないか。

反抗者タイプのグズ人間も、結構いる。体制に反抗的である場合、部門や会社で決めたことを、わざと無視する。大したことでないのに、である。それで必要以上に軋轢を生じたりする。私は、心情的にあまり体制に従順ではないが、なるべく、決められたことは渋々でもやろうとする。結局は、サラリーマンとしての習性がしみついているのだろう。処方箋としては、もっと素直に。

危機好きタイプのグズ人間であるが、確かに、作家などでも、締め切りが迫らないと書き始めない人がいると聞く。期限が迫ったその切迫感が、アドレナリンの分泌を促して、エネルギーに転化するのだろう。こういう行動は、私は原則、やらない。基本的に先手を打っておいて、石橋を叩きたいと思っている。処方箋としては、やってみたら面白いことがあることを理解する。

抱え込みタイプのグズ人間。これはまさに、管理職時代の私だった。仕事が速いだけが取り柄の私も、量に圧倒され、結局、多くの仕事に手が廻らなかった。処方箋としては、ノーと言える自分。

でも、結局、本人が問題と認識しないと、何も変わらないか。

2008年10月21日

益川・小林理論

もう随分過去の話のような気がするが、益川氏と小林氏がノーベル賞を貰っても、特に驚きはなかった。それは、物理学の啓蒙書を読んだりして、二人の業績は頻繁に目にしていたからだが、でなんだっけ、と冷静に振り返ってみたら、クォークに関する業績である、くらいしか思い出せなかった。そこで、同じく今年、ノーベル物理学賞を貰った南部陽一郎氏の著書「クォーク」講談社ブルーバックスに従い、自分用にメモしてみる。

「クォーク」によれば、益川・小林理論の先駆として、カビボの理論がある。カビボによれば、(u,d)と(c,s)という4種類のクォークを想定したとき、dクォークと、sクォークの間の混合として枠の傾きと呼ばれる現象を考えることができる。

それでも、(u,d)と(c,s)では、CPの非保存はうまく説明できない。しかし当時、(u,d)と(c,s)でも、クォークは多すぎるのではないかと言われ、これ以外にもクォークの種類があると主張することは論外みたいな風潮があった。

そこを、益川氏と小林氏は敢えて、(t,d)の存在をも提唱した。すると、当然ながら、クォークの混合の自由度が(u,d)と(c,s)よりもずっと増えて、3つのパラメータが必要となる。しかも、そのうちの1つは複素数になりえる。それによって、CPの非保存の可能性もでてくる。この宇宙では、物質と反物質の不均衡は観測事実であり、そのことは、CPの破れを裏付ける。しかし、今までCPの破れを説明できる理論はなく、それで益川・小林理論に注目が集まった。

益川・小林理論の先見性は、それが提唱されたとき、(t,d)だけでなく、cもまだ発見されていなかったという事実に見て取れる。

3つのクォークd,s,bの混じり方と、CPの破れ具合は、カビボ-益川-小林の行列と呼ばれる三次元の行列によって記述される。ちなみに、CPのCとは荷電のことであり、Pとはパリティである。

結局、(u,d)と(c,s)と(t,d)というクォークの構造が現代の標準理論のパラダイムになっている。その意味で、益川氏と小林氏は、物理学の標準理論のベースを築いたことになる。

2008年10月22日

三浦和義他殺説

三浦和義が移送先のロサンゼルス市警の拘置施設で10月10日に自殺した、というニュースを聞いたとき、どうしても合理的な理由が見つからなかった。それでも、私なりに考えた理由は、三浦和義は、ロサンゼルス市警が動かぬ証拠を握っていることを疑わず、このままだと有罪で、米国の刑務所に入れられ、今後の人生の大半あるいは死ぬまで刑務所暮らしを強いられるに違いない、と行く末を悲観したのか、ということである。そう考えると、さもありなんと自分で納得した。

ところが突然に、弁護人を務めたマーク・ゲラゴス弁護士が、10月18日にロス郡検視局から弁護側に引き渡された三浦元社長の遺体を、独自に依頼した病理学者が調べた結果、元社長の背中に殴られた傷があり、首には首つりではなく、絞められた際にできる血腫があったと主張。「病理学者は、自分で首をつった自殺ではなく他殺だと結論づけた」と語ったという。

三浦和義の場合、直前の巡回から自殺発見まで7分間。このような短時間で自殺を図るというのは、飛び降りなどでないと難しいのではあるまいか、とも思われる。というのは、二段ベッドの枠にシャツを結わえ、首をつるというのは、その準備もあり、逡巡もあり、7分間というのは短すぎると思われていた。

では、もし他殺だとすると、誰がどんな目的で、ということになる。

先ずあり得るのは、共犯者説である。すなわち、ロス疑惑には明らかに、地元に共犯者がいて、今回の公判が進むと、折角日本で無罪になって一件落着していたかと思ったら、地元の共犯者が明るみに出てしまう可能性がある。すると、地元のコネを活かして、市警留置場「パーカーセンター」に話をつけ、共犯者が侵入してきて、手を下した、ということはないだろうか。

他に考えられるのは、怨恨説である。三浦和義は、和美さんの遺族他、恨む者に事欠かない。しかし、いくらでも日本国内で狙うチャンスはあったのに、わざわざ米国で不自然なやり方で、自殺を偽装するというのは無理があるか。

これに対して、米ロサンゼルス市警は10月20日会見し、「自殺以外の犯罪行為の証拠は何もない」と否定し、改めて自殺とみていることを強調したという。ロス郡検視局は弁護側の独自鑑定について、「まだ最終報告書を出していない。終わっていない検視をもう一度する考えはない」と述べ、コメントしなかった。

ある意味終わっているはずの三浦事件を蒸し返したのはロサンゼルス市警であって、すると、いかにも不自然な三浦和義の自殺の原因を追究すべきであるのに、ここにきて臭いものに蓋をしようとしている。

また、ロサンゼルス市警は、三浦和義の死亡のあと、ロス疑惑に関して特に新たな証拠はなく、陪審で有罪にできると思ったと、余計なことを暴露してしまっている。そのようなことは黙しておくに越したことはないというのが、官憲の常識であろう。

そもそも、ロサンゼルスは名うての犯罪都市であり、ロサンゼルス市警は、20年以上も前の事件を膨大な手間をかけて蒸し返しているほど暇でもあるまいに、と当然のことも考える。

よって、ケネディ暗殺とは事件の深さで比べるべくもないが、三浦和義のロス疑惑にも何か政治的な裏があるのではないかと考えて、私の知識ではどうしようもなく、思考停止している次第である。

2008年10月23日

統計の悪魔

Webニュースによると、ちょっと前の話だが、BusinessWeek誌は2006年1月23日号のカバーストーリー「Math Will Rock Your Worldで「数値情報化」という新時代の到来について取り上げたという。

すなわち、クレジットカードでの買い物や携帯電話の使用、コンピューター画面上でのマウスのクリックなどの行動が、1件1件がすべてデジタル情報として蓄積される。そうした情報を解読する手段や技術を手にした者は、行動パターンや嗜好、健康状態、買い物の習慣などを読み取り、未来の行動を予測できるようになるかもしれない。そうなればビジネスや社会は一変するだろう、というストーリーである。そんなに目新しい話題という訳でもない。

さらに、『The Numerati』という書籍もある、という。筆者であるBusinessWeek誌のシニアライター、スティーブン・ベーカーは、個人データを分析・解読し、患者や買い物客、有権者、テロリスト予備軍、あるいは恋人までをも見分ける数学の天才を紹介している。

キーボード入力やマウスクリック、電子メールの履歴情報が日々蓄えられるため調査が可能な職場は、ニューメラティ(起業家的数学者)にとって最も期待できる“研究室”である。書籍の中の「The Worker(労働者)」の章では、ベーカーがIBMを訪れ、同社の数学者たちが取り組んでいる「従業員の行動に関する予測モデルの構築」を紹介している。

その内容は、IBMのトーマス・J・ワトソン研究所のサメール・タクリティ氏が、各コンサルタントのあらゆる技能に関する情報を集積し、最も効果的な人員配置の方法を数学的に割り出すための取り組みを統括しているという。タクリティ氏は、シリア生まれの数学者で、IBMの技術コンサルタント5万人の技能の数値モデルを作るのだという。

その本によると、タクリティ氏のチームは、この数値化プロジェクトがうまくいけば、チームはこのモデルを他社にも適用し、今は管理業務と呼んでいる作業の大部分を自動化することを目指しているというが、多分それは、管理業務の評価であって、管理業務のやり方の自動化ではないと思う。なぜなら、数字をいじっても、管理業務のやり方の工夫は出てこないからである。

ともかく、こういう能力の数値化みたいな話は、特に管理される側は嫌である。数値モデルが絶対化され、一人歩きするからである。しかし、タクリティ氏はプラス面を強調し、こう述べる。

するとタクリティ氏はプラス面を強調し、こう反論した。「上司があなたの能力を最終的にきちんと認識する、それも自分でも気づいていないような能力を認識する可能性もある。そして、自分の力をいかんなく発揮できる職務が与えられるかもしれない」。

確かに、そういう面もあるだろう。では、どうやって能力を数値化するのか、ということについて、私が知っている範囲の技術を述べてみる。それは、機械学習というものである。

そのために、f(w,a)確率のモデルを考える。典型的なモデルは、ロジスティック回帰などの、線形回帰モデルである。aがインスタンスで、wがモデルのパラメータである。そこで先ず恣意が入ってくるのは、インスタンスの集合としての学習データである。典型的には、サンプルの人の特徴ベクトルaとその得点のような値をもってきて、
Σ(P(a) - f(w,ai))2を最小とするようにwを決める。

一旦wが決まると、f(w,a)に、aを代入することで、そのaに対する評価の予測値fが得られる。

このような数式から理解されることは、うまくいくかどうかは、相当に場合による、ということである。

それでも、評価を数式モデル化することは、統計数学者にとって快感であって、その歩みは止まらない。さらには、同氏のチームでは、各従業員の気まぐれな行動や毎日の通勤だけでなく、仲間、場合によっては対立相手をも網羅した詳細なモデルを構築したいと考えるようになったという。例えば、各従業員が牛肉と豚肉のどちらを選ぶか、宗教上の安息日をどの程度厳守するか、命令に従わせるにはアメとムチのどちらが効果的かなど。見て取れるように、このようなダイコトミーが、統計モデルに似合う。そこに統計モデルの長所と弱点を見抜くべきである。

しかし、見方によっては、いろいろな細かい情報もそのほかの数え切れない情報とともに、モデルに盛り込み、詳細な情報を十分に織り交ぜることで、実際の人の行動をそのまま数値化したようなモデルを構築できるという楽観論もあろう。監督者がそのモデルをうまく利用して、最も効率的な従業員の組み合わせを求めることができると考える人も少なくない。

ところで、会社の研究者の推奨により、C.M.ビショップ著、パターン認識と機械学習、シュプリンガー・フェアラーク上下二巻、を購入してみた。なんでも、この分野のベストセラーなのだという。すると、なんという難解さか、と愕然とした。流石に、場の量子論よりは分かりやすいのだろうが、私にとっては、岩にぶつかるような困難さの点では同等である。で、C.M.ビショップの経歴をみると、なんと、エジンバラ大学で、あのヒッグス機構で有名なヒッグスの下で、量子論に関する論文で博士号を取ったのだという。なるほど、然りである。今は、マイクロソフトの研究所で、機械学習への確率論的アプローチの研究をしている、という。実は、パターン認識と機械学習の本は、上下二巻で14400円もした。微かに後悔しているところである。

2008年10月24日

ホワイトカラー無用論

古本の100円コーナーで、日経ビジネスの「あなたの仕事がなくなる」という本を買った。1996年刊だから、何と12年も前の本である。

今更のトピックかもしれないが、要するに、コアでない仕事、すなわち、総務や経理などの仕事がどんどんアウトソースされて、そういう仕事に就いていた人が仕事を失う可能性がある、ということである。今にして思えば普通の話であるが、そういう話は12年前からあったっけ、と記憶を辿ってみているところである。

そういえば当事は、リエンジニアリングという概念も出てきた頃である。この本は、リエンジニアリングとERPパッケージを結びつけ、合理化して人員を削減した、というストーリーを紹介する。しかし、ERPパッケージがそんな、万能のツールなんだろうか。かなりネガティブな話もよく聞くが。

また、お決まりのように、社内異能者、スペシャリストを持ち上げる内容が続く。それはいいんだけど、私を含め、大抵の読者はそんな尖ったスペシャリストなんかじゃない。だから、スーパースペシャリストをあんまり持ち上げても現実的でないと思うのだが。

この本の、今となっては妙に明るい雰囲気は、まさに1996年という発行年にある。すなわち、日本が本格的な不況に入るのが、1997年からなのである。例えば、山一証券の廃業が1997年である。長銀の破綻もその頃である。韓国やタイなどの、アジアの金融危機は、1998年ことであった。そのとき、IMFの関与が話題になった。

ところで、総務や経理の仕事が子会社化されるということは、2003年頃から本格化したのではないか。また、一部の外資系だけにみられる施策であったリストラを、日本企業も採用するようになったのもその頃だと思う。そういう意味では、この本はちょっと先走りすぎていたかもしれない。

しかし、この本が決定的に予測できなかったのは、次のことである。

- グローバル化:アウトソーシングが国境をまたぐとは、当事思いもしなかったろう。
- 金融工学の隆盛(と、それに続く凋落)
- 社会インフラとしての、インターネットの普及
- パソコン、携帯などのパーソナル・コンピューティグの普及
- 米国発の未曾有の金融危機
- コンプライアンスの強化と、それが元での不況

このうちの一つでも当てていれば、喝采ものであるが。逆に言うと、近未来とはいえ、予測はいかに難しいか、ということである。そういう意味では、今の金融危機を外挿して、より悲観的な未来を描くのが普通だろうが、何かのブレークスルーで、また楽観的な構図が描けるかもしれない。

さらに強調すべきは、結局は、ホワイトカラーは健在、ということである。合理化もされず、大した仕事もしない人たちが安穏としていることが許されている。それは、そういうホワイトカラーが世の中の大部分を占めているので、これも一種の民主主義ということか。

2008年10月25日

世界大学ランキング

Webニュースによると、世界大学ランキングは、下記のとおりであるという。以前にこのブログで、米国の大学ランキングについて言及したが、この手のランキングは、どう付けても物言いがつく。

 それでもコメントすると、下記のとおりである。
1. 全米で1位と見なされている、プリンストン大が、世界トップ10に入っていない。
2. スタンフォード大も、世界トップ10に入っていないが、ロンドン大学より上ではないか。
3. あまりにも欧米特に、英語圏に偏りすぎている。例えば、フランスのソルボンヌ大はエリート校であり、世界トップ10の候補ではないか。
4. 東大と京大が、アジアで上位というのはそういうもんだと思うが、その後、香港の大学が3つも入っているのは、どういうことか。私の理解では、身びいきかもしれないが、香港大学よりも、東北大、名古屋大の方が実績からして上位だろう。ノーベル賞学者も輩出しているし。
5. あれだけ経済成長の著しい中国の北京大学や、清華大学がもっと上位に来ないのは、学問するという気風がまだ中国では醸成されていないということか。
6. 日本では、大学ランキングというとき、入試の難しさがその指標として使われたりする。しかし、その入試の準備のために必要な労力という意味では、もしかして、世界的にもソウル大学がトップなのかもしれない。一方で、もしあまり秀才でなくても入れるが、切磋琢磨が大変で、自由な雰囲気なだけれども、それなりにアイデアを出さないと結局置いていかれるみたいな大学があったら、入試の難易度は高くないけど、結果的に大学ランキングは高くなると思う。落ちこぼれも沢山抱えるかもしれないが。

で、結局は、どこの大学だろうと、出身大学は一応の目安で、本人の人物本位とか人間性とか、創造性とか、粘り強さとか、他人の痛みが分かることだよね、という言わずもがなのことを書いてしまう次第である。


世界トップ10
1位、ハーバード大学(米)
2位、イェール大学(米)
3位、ケンブリッジ大学(英)
4位、オックスフォード大学(英)
5位、カリフォルニア工科大学(米)
6位、ロンドン大学インペリアルカレッジ(英)
7位、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(英)
8位、シカゴ大学(米)
9位、マサチューセッツ工科大学(米)
10位、コロンビア大学(米)

アジアトップ10
19位、東京大学(日本)
25位、京都大学(日本)
26位、香港大学(香港)
30位、シンガポール国立大学(シンガポール)
39位、香港科技大学(香港)
42位、香港中文大学(香港)
44位、大阪大学(日本)
50位、北京大学(大陸)
50位、ソウル大学(韓国)
56位、清華大学(大陸)

2008年10月26日

なぜオバマなのか

私は、共和党がサラ・ペイリンという意表の人を副大統領候補に選んだとき、これは一種の奇襲作戦だと思った。実際、それは一時的に功を奏したと思われた。マケインの人気が回復したように思ったからである。

ところが最近新聞を見ると、米大統領選で、アイルランド・ダブリンのブックメーカー(賭け屋)のパディ・パワーは10月16日、民主党候補のバラク・オバマ上位議員の当選は堅いとして同氏に賭けていた客に総額100万ユーロ(約1億3700万円)以上の賞金を払い戻した、という。もう事実上、米大統領選は終わっていて、オバマの勝ちなのだという。賭け屋は、お金にシビアなだけに、簡単に事態を見切らないと思う。すると、知らない間にオバマに大きく傾いていた、ということになる。どうしてなのだろう。私がテレビ番組をみて、オバマは勝てない?というブログを書いたのは、わずか1ヶ月前のことであるのに。

田中宇氏のホームページの記事によると、共和党でブッシュ政権の戦略顧問をしていたマシュー・ダウドは、10月14日のシンポジウムで「マケインはジョー・リーバーマン(外交通の上院議員)を副大統領候補にすべきだった。(何の経験もない)ペイリンは副大統領にふさわしくないと、マケインは心の奥底でわかっていたはずだ」と述べた、という。すると、サラ・ペイリンは、当て馬だったのか。マケインの自滅作戦の一環だったのか。もしそうなら、その後のサラ・ペイリンのスキャンダルも納得できる。

田中宇氏はさらに、次のように説明する。マケインがわざと負けることにしたのなら、その理由はもしかすると、これからの4年間で米国が破綻していくことは決定的だという認識が、共和党の中枢にあるからかもしれない。大統領になってどんな対策を打っても米国は破綻し、それが自分のせいにされることがあらかじめわかっているなら、大統領になりたいと思わなくなるのは当然だ。マケインは10月19日のテレビ出演で「負けても悔いはない。アリゾナ(の自宅)には素晴らしい暮らしが待っている。(支持者も)誰も私のことを悲哀に思う必要はない」と語った、という。

要するに、火中の栗は拾いたくないということで、今の金融危機や泥沼のようなアフガニスタン・イラクの状況をみれば納得できる。

さらに、今日のWebニュースによると、ウサマ・ビンラーディン率いる国際テロ組織、アル・カーイダ系の複数のウェブサイトが、米大統領選の共和党候補、マケイン氏を「支持」する論評を相次ぎ掲載していることがわかった、という。ああ、また茶番かと、苦笑いしてしまった。この内容と、同趣旨である。

それらアル・カーイダ系の複数のウェブサイトは、マケイン氏が当選すれば「イラク戦争などで米国を疲弊させたブッシュ大統領の失政を継承する」と期待しているというがなんとベタな内容なのだろう。そもそも、マケインはブッシュの政策そのままは継承しないはずである。

また、米国の一連の金融危機で、有力な融資先の1つとして、アラブ系の国富ファンドがある。それは、アル・カーイダとコネがあるかもしれず、米国とアル・カーイダの関係が単なる敵対関係でないことは明らかである。

そういうアル・カーイダがあのような内容をWebに載せるということは、当然にオバマに塩を送っていることになる。すると、ロックフェラーかロスチャイルドなのか知らないが、なにやら国際組織的に、オバマを支援する動きがある、ということになる。

そこで次のようなストーリーを描いてみた。オバマは、世界的な影の組織に支援されて、圧倒的票数で大統領に選ばれる。しかし、大統領になったものの、影の組織からの指示がうるさく、思うように政策決定できない。そこで持ち前の正義感から、オバマは思い切った施策をとる。それが影の組織の逆鱗に触れ、遊説中に暗殺される。こうしてキング牧師の再来、悲劇の英雄になる。一人ライト師は、馬鹿な奴だ、とはき捨てるようにつぶやく。こうならないように願うのみである。

2008年10月27日

10円パソコン

Webニュースによると、初心者ユーザー向けの中古パソコンを販売しているアイビーネットは中古の「10円パソコン」を2008年10月21日から販売した、という。

同社は2006年9月にも「10円パソコン」を発売し、大きな反響を呼んだ。第2弾となる今回は、より初心者に優しいパソコンを目指したという。

「10円パソコン」の最大の特徴はイー・モバイルの「D02HW」端末を採用したこと、すなわち、常時接続型のネットワーク・カードである。私的には、一種の高速のダイアルアップと理解している。とはいえ、最大3.6Mbpsというから、無線LANとそんなに遜色ない。

購入者は2年間の継続利用を条件とした「にねん」プランに加入する必要があるが、面倒な設定なしに買ったその場でインターネットを楽しめるようになる。ただ、この「にねん」プランであるが、月額基本料3980円で、パケット従量制で、最大9980円、というから、下手したら安くない。ダウンロードに気を使うというのは、自宅で無線LANやっててそういう気遣いはまったく無用の自分には、ピンとこない。

パソコンのモデルは「Windows XP Professional」が搭載された「DYNABOOK Satellite 1800 SAC/4」。これは、Intel Celeron 950MHz, メモリ128MB(最大512MB)、HDD10GBという、随分型落ちしたマシンである。

安いだけあって、アプリケーションソフトは、MS-OFFICEでなくて、 MS-OFFICE互換性のある「KINGSOFT Office 2007 Standard」である。とはいえ、OpenOfficeよりも、KINGSOFTの方が、MS-OFFICEとの互換性は高い。有料ソフトだから、当然か。

ということで、10円パソコンは、一時代前の0円携帯のビジネスモデルで、毎月の通信料で稼ぐ、というものだった。ハードウェアが型落ちしているのも同じだが、ちょっと型落ち度大きすぎない?とつい思ってしまう。

耳年増ではないが、私のように、気持ちだけでもパソコン中級者という者は、まず買わないだろう。

2億円殺人事件

ニュースによると、2億円の宝くじに当せんした岩手県一関市の無職吉田寿子さん=当時(42)=が2005年に失跡する事件があり、県警が捜査していたところ、男が「吉田さんを殺した」と話し、供述通り同県陸前高田市内で遺体が見つかった。県警は22日、殺人容疑で東京都台東区松が谷、新聞配達員熊谷甚一容疑者(51)を逮捕し、大船渡署に捜査本部を設置したという。調べによると、熊谷容疑者は2005年5月初め、陸前高田市内で、一関市千厩町に住んでいた吉田さんを殺害した疑い。

吉田さんは事件前、一関市内の会社に勤務。陸前高田市で会社を経営していた熊谷容疑者が業者として出入りし、周囲に公然の交際関係になったという。

ところが、吉田さんに、2004年に2億円の宝くじが当たったことが、人生を狂わせた。当時吉田さんは、熊谷容疑者と深い交友関係にあり、宝くじが当たったという事実を、熊谷容疑者だけに伝えたという。ところが、熊谷容疑者は、経営していた会社が経営不振にあり、莫大な借金を抱えていた。よって、この宝くじはまさに、渡りに船。果たして吉田さんは、銀行からの、なるべく現金は持ち出さないようにとのアドバイスにも拘わらず、2億円のうち、1億9千万円を現金で引き出したという。

吉田さんは、離婚歴があり、娘さんは元のご主人が面倒をみているという。日常生活はとても地味で、毎日同じよれよれのコートを着ている程であった。そして、宝くじが当たった時期の後も、周囲の人から見たら、何も日常生活は変わらなかったという。

ところがある日、長年住んだ、家賃1万円の安アパートを出た。熊谷容疑者と暮らす予定だったのか。その後、吉田さんは、宝くじ当せん後の同年4月下旬から行方不明となり、翌5月中旬、家族が捜索願を出していた。それと符合するように、熊谷容疑者は、金遣いが荒くなる。娘のローンを肩代わりしてあげたり、馴染みのキャバクラに入れ込んだり。

しかし、交際関係は公然であったから、熊谷容疑者に捜査が及ぶのはほとんど必然である。熊谷容疑者は2006年ごろから、都内で新聞配達をしていた。県警は21日から任意で聴取。22日午後8時40分すぎ、同容疑者を警視庁内で逮捕した。

熊谷容疑者でとても残念なのは、吉田さんのことは好きでなかった、金目当てだった、と平気で言っていることである。そういう酷い男が女性に好かれるのは、なんとも皮肉である(おっと、もてない男のやっかみもある)。

それでも、吉田さんは、2億円の宝くじが当たらなければ、地味に平穏に生きていけたであろう。このように、宝くじが当たって本人は一時的に欣喜雀躍するであろうが、その後永続的な成功を収めたという話をあまり聞かない。単に話題に上らないだけかもしれないが。

それで私が、宝くじは当たると嫌だから買わないというと、大抵の人は、いやあれは、夢を買うだけだよ、別にいいんじゃないの、と私を諭す。私は悪夢を買う行為だと思うのだけれども、同意してくれる人は、いない。

あと、こういう酷い目に遭う吉田さんが、地味で謙虚で自己主張の少ない人のように思われる。秋葉原無差別殺人事件の被害者と似たものを感じる。あと、名古屋OL殺人事件の被害者、磯谷利恵さんとか。いつも感じる世の不思議である。

2008年10月28日

精度保証つき数値計算

今月号の数学セミナーのトピックは、「計算の品質」である。どうみても、数学というよりも、計算機科学のトピックであるが、まあ、細かいことは言うまい。

この計算の品質ということに関して、私の経験を言うと、もう25年以上前、まだ独身で、シャープのMZ2000というパソコンを買って、遊んでいた頃に遡る。そのころ、ニュートン力学の方程式をシミュレーションする軌跡を描くプログラムを書こうと思い立ち、ものの本で、常微分方程式の数値解法である、ルンゲ・クッタの方法を学んだ。それで二体問題を記述すると、なるほど、ケプラーの公式どおり、楕円軌道になる。ところが、三体問題だと、そもそも、解が容易に発散してしまうのである。ポアンカレの力学系の定理によれば、ランダムに初期値を与えると、カオスのような軌道になるはずであるが、全然そうならない。

その原因は2つあって、まず、ルンゲ・クッタの方法におけるステップhというパラメータに起因する誤差である。そもそも、連続的な動きを離散的にステップhずつ進むという式であらわす訳であるから、誤差は必然である。ただ、この場合の誤差は、ルンゲ・クッタの方法自体により見積もることができるので、どこかで修正できる。ただ、そのようなオンザフライの誤差修正は、プログラムとして難しくて、私の能力を超えた。

一方、上記の計算において、浮動小数点数の四則演算や平方根、累乗の計算があらわれる。すなわち、本来無限の桁につらなるような実数を、有限の有効桁数の浮動小数点数であらわす訳であるから、当然にそれは近似にすぎず、誤差が内在する。それは、コンピュータを使う以上、どうしようもないということになるが、実は、次のようなクヌースの定理が存在する。

すなわち、クヌースは1969年に、2つの浮動小数点数の和は、誤差なく計算できることを示した。正確にいうと、2つの浮動小数点数の和の誤差を、やはり浮動小数点数として厳密に記述できるということである。

これを基本定理として、乗算やベクトルの内積計算も、誤差なく計算できる方法が考え出された。

これの典型的な応用は、行列計算である。すなわち、建築構造計算、機械学習、自動制御、金融工学などさまざまな分野で、行列計算は必須である。行列計算でも、精度保証つき数値計算のアルゴリズムが考え出されて、行列の積や固有値の計算が、精度保証つきで行えるようになった。

そこまでは分かるが、なんと、流体のナビエ・ストークスの方程式や、カオスの計算にも、精度保証つき計算の手法が考慮されている、という。確かにカオスにおいては、ほんの初期値のちょっとした誤差が、その後の軌跡のずれに大きく貢献することが知られていて、それゆえに、精度保証つき計算の必要性は分かる。しかし、カオス、特にローレンツのアトラクタで、精度保証つき計算が試みられたが、直裁的な方法ではうまくいかず、部分的に精度保証つき計算を行うことと、計算ホモロジー理論の組み合わせという現代的にな手法も案出されたが、特定の方程式で成功した、という段階であるにとどまる。

ナビエ・ストークスの方程式の場合は、射影とその構成的誤差評価により、精度保証つき計算を与えるということだが、こんな分野もあるのか、と感心する以外、如何ともし難い。ともかく、計算数学というのは、計算機科学と一部かぶるけれども、やはり数学の一部であると認識した次第である。

2008年10月29日

脳の栄養

自己突っ込みで、私が「脳の栄養」などというと、希望だの、知識だの、論理一貫性だの訳の分からないことを言いそうであるが、この場合、素直に、脳に必要な栄養素のことである。

ファンケルから来る「元気生活」という雑誌に、「疲れ脳にさようなら」という記事があったので、自己メモとして纏めてみる。

先ず脳の重さは、体重の2%しかないのに、エネルギーは全体の18%も消費する。この偏在の利用はなんなんだろう。

また、脳のエネルギー源は唯一、炭水化物(糖類)が分解されてできるブドウ糖だけである。すると、脳の栄養=ブドウ糖で、脳を活性化するには飴玉を舐めましょう、ということになるが、話はそう単純ではない。まず、ブドウ糖を脳に運ぶのは、大豆に含まれるレシチンなどのたんぱく質なので、たんぱく質が十分に補給される必要があり、また、ブドウ糖をちゃんと燃やすために、ビタミンBも必要である。

ここに挙げた、ブドウ糖、たんぱく質、ビタミンBが、脳に入り込む血液脳関門を通過できる物質である。しかし、これだけではない。ここでいきなり真打が登場する。それが、DHA。

DHAは、魚などの脂肪に含まれる脂肪酸であるが、脳細胞の脂肪には、なんと10%以上のDHAが含まれている。これだけでも、DHAが脳にとって本質的であることが分かる。特に、記憶能力や学習能力を司る海馬のリン脂質には、DHAが20%以上も含まれている。

DHAはもともと、血流をよくして動脈硬化を防ぐ作用があるとして知られている。だから、高コレステロール症の人(私だよ!)にも薦められたりする。それと同様の効果が脳内にももたらされ、DHAは脳内の血流をよくする効果がある。

DHAの第2の効果は、シナプスの膜を柔らかく保つ作用をもつ。それによって、脳内の情報伝達物質の受け渡しをスムーズにする。

DHAの第3の効果は、神経細胞の働きを高める神経成長因子の産生量を増やす。それによって脳内ネットワークが活性化され、脳内で多くの情報がスムースに行き来するようになる。

さて、脳内の神経伝達物質といえば、怒ったときに放出されるノルアドレナリン、不安なとき放出されるアドレナリン、楽しいとき放出されるドーパミンなどがある。一見、これらの神経伝達物質の産生を促進すれば、脳の機能が活性化するようについ考えてしまうが、実はそれは正しくない。脳は、どこかでクールダウンしないと、もたない。そこで登場するのが、抑制性の神経伝達物質である、GABA、正式の名前を、γ-アミノ酪酸。GABAも、DHAと同様に、海馬に多く存在し、思考力、記憶力などの脳を働きを正常に保つ作用をもつ。また、DHAと同様に、GABAも、脳の血流を活発にする。GABAを多く含む食べ物は、発芽玄米。

以上から、脳によい食べ物は:

DHAを多く含む、魚(サンマなど)
レシチンを多く含む、大豆
ビタミンBを多く含む、海苔、豚肉、明太子
GABAを多く含む、発芽玄米

ということになるが、このうちあまり一般的でないのは、発芽玄米である。これは、健康食品の専門店に行くしかないのだろうか。

ともかく、志村五郎のように、80歳になっても第一線の数学者に留まるような脳の元気さを保つには、上記のような栄養を適宜とる必要があるのかもしれない。

2008年10月30日

過剰からの招待状

Webニュースによると、大阪市浪速区の個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」で15人が死亡した放火事件で、殺人容疑などで逮捕された無職、小川和弘容疑者(46)が平成16年秋、母親の死亡に伴い、遺産や実家の売却などで現金計約5000万円を得たにもかかわらず、わずか2年間でギャンブルなどに使い果たしていたことが12日、分かった。小川容疑者は消費者金融で借金を重ね、今年4月からは生活保護を受給していた。

調べでは、小川容疑者は平成2年、公務員だった母親の退職金を頼りに大阪府門真市に3階建て住宅を購入した。平成6年に妻と離婚してから生活が荒れ始め、競馬やパチンコにのめり込むようになったという。おそらくは、結婚していたときから次第に生活が荒れ始めていたのではあるまいか。

平成13年には大手電機メーカーの希望退職に応じ、約1000万円の退職金を受け取ったが、1年後には消費者金融から借金を重ねており、わずか1年で退職金を使い果たしたとみられるということである。1年で1000万円使い果たすというのは、まだあり得る。

しかし、平成16年には母親が病死し、一人っ子だったため遺産をすべて相続。生命保険金や実家と門真市の自宅の売却で、総額約5000万円を手にした。小川容疑者はこの金で100万円余りの借金を返済するとともに、約1300万円で大阪府東大阪市の中古マンションを購入した。手元には約3500万円が残った計算だが、2年も持たずに使い果たしたとみられ、18年夏ごろには再び消費者金融から借り入れを始めていたという。

なんともすさまじい浪費癖である。浪費に堪える資産なし、とでも言おうか。では、どうやって浪費したかというと、キャバクラ通いとギャンブルである。

こういう小川容疑者の実態を知って私にはなぜか、「過剰からの招待状」という言葉が浮かんだ。実は、どんな人でも、「過剰からの招待状」を受け取っている。女性だったら、もっと奇麗になりたい、事業家ならもっと稼ぎたい、学者ならもっと画期的な成果をあげたい、など。「もっと」が、キーワードである。もっと過剰に浸りたいという訳である。

どこから招待状は来るのか。どうもよく分からないが、人の願望は、物象化するらしい。そしてあたかも独立の人格をもつかのように、招待状を送り続ける。知らない会社からのダイレクトメールのように、招待状は、無視し続けてよい。すると、次第に招待状は来なくなる。ところが、招待状のけばけばしい装丁の便箋を開けて、欲望の園を訪ねてみると、突然視界が開かれたように感じて、全能感に包まれる。そこで満足して帰宅すると、次の日にはまた招待状が来ている。こうして、どんどん深みにはまっていったのが、小川容疑者である。

実は、どんな人にも、過剰から招待状は来る。それは希望とも呼ばれる。希望があらゆる災厄の根源だったりする。だから、小川容疑者は例外ではない。疲れたあなたにも招待状は来る。そしてつい、開封してしまう。もっといい家を、もっといい異性を、もっといい会社を、もっといい論文を、もっと悦楽を、それが人生なんだよ、と甘くささやき続けるのが、過剰という化体なのである。

資本主義は、過剰からの招待状を集めてばら撒く。そしてもっともらしくこう、ささやく。過剰には、よい過剰と悪い過剰があるのだよ、と。よいことはいくらやってもいい、と。ところが、その善悪の判断が個人に任されると、留め金が外れてしまう。

だから、過剰そのものがよくないと、仏教の中庸が説かれるのだが、中庸は文字通りインパクトが弱く、配慮されることが少ない。こうして、学校、企業、金融関係、政治の現場など、世間至るところに過剰からの招待状が乱舞している。

実は、キリスト教もイスラム教も、過剰を使って布教し、過剰を使って信仰心を煽ろうとする。なにしろただでさえ過剰は世間を乱舞しているので、過剰を使ったあらゆることは、成功する、いや成功しすぎる。それが、過ぎたるは及ばされるが如し、の真の意味なのだろう。

2008年10月31日

Web2.0は、儲からないか

Webニュースによると、2008年9月17日付で解散、清算すると発表した「株式会社WEB2.0」は、デジタルガレージ、ぴあ、カカクコムの3社の出資によって2005年11月に設立。ソーシャルブックマークサイト「PingKing」を運営していた次世代ウェブサービスの象徴として「Web2.0」なる言葉が流行し始めたのは、2005年ごろからである。

「Web2.0」なるものの実態は、ブログ、Wiki、SNS、コンテンツ連動広告、動画投稿サイト、アフィリエイトなどであろうか。確かにそれは、2005年頃、時代の先端をいくものとして、今後のトレンドとして、もてはやされた。

ところが、どうもWeb2.0サービスなるものは儲からない、ということが明らかになってきたようなのである。「株式会社WEB2.0」の清算は、その1つの象徴と言える。なにしろ、500万人以上のユーザー数を誇る「ニコニコ動画」ですら、黒字に至っていないという。

上記のうち、私もそうだが、ブログは、個人が適当に公開日記感覚で書けばよい。少なくとも私は、それで稼ごうなんて考えたこともない。

それで、Web2.0サービスが儲からないとしたら、その理由は、手薄い集金機構にあるようである。SNSであれ、動画投稿サイトであれ、ほとんどは無料で使えて、その収入を、Web上の広告収入に依存している。しかし、佐々木俊尚氏によると、コンテンツの質にばらつきがあるため、大企業が広告に乗ってくれず、従って、必然的に広告単価が安くなり、収益につながらないという構図ができているという。

Web2.0サービスがうまくいく例として引き合いに出されるのは、グーグルである。しかし、グーグルは、いろいろな意味で圧倒的なのであり、IT界のセレブなのである。庶民が真似できるものではない。例えば、ストリート・ビュー1つをとってみても、その仕掛けの壮大さが分かるではないか。あのマイクロソフトですら、追随を許すものではない。

池田信夫氏によると、大抵のSNSは儲かっていないが、米国系の特定のSNSで繁盛しているところは、例えば、正確な就職斡旋情報を売りにしている、という。

すると、Web2.0サービスで成功するためには、グーグルのように大風呂敷を広げて、その資金力で席巻してしまうか、あるいは、特定の分野に特化して、そこの範囲で、コンテンツの精度やノウハウを蓄積して付加価値を高めるしかない、ということになる。

ということで、「Web3.0」が何なのかということに対する私の予測は、とてもつつましやかなものである。それは、「神は細部に宿る」をIT技術によって具現化するということ、ただそれだけである。ムーアの法則によって、ビット単価はまだ下がり続けるだろうが、その安くなった媒体をどううまく利用するかは、通信インフラ、処理アルゴリズムなどの技術的ノウハウによる。しかし、技術的にはWeb2.0が既存の技術の寄せ集めにすぎなかったように、そういう画期的技術というのはおいそれとはでてこない。最近騒がれているクラウド・コンピューティングも、要するに、ムーアの法則をどう利用するか、というビジネスモデルであると思う。

哲学塾

買おう買おうと思っていて、まだ一冊も買っていないシリーズに、岩波の哲学塾がある。

そのシリーズのタイトルを並べると:

土屋賢二著、もしソクラテスに口説かれたら
野家啓一著、歴史を哲学する
山内志朗著、<畳長さ>が大切です
村田純一著、「私」を探検する
中島義道著、「死」を哲学する
伊藤邦武著、宇宙を哲学する
永井均著、なぜ意識は実在しないのか
清水哲郎著、世界を語るということ
中岡成文著、パラドツクスの扉
内山勝利著、ここにも神々はいます
神崎繁著、魂<アニマ>への態度
井上達夫著、自由論
竹内章郎著、新自由主義の嘘
川本隆史著、共生から
長谷川宏著、生活を哲学する

このうち、著者で知っているのは、野家啓一、中島義道、永井均、内山勝利、長谷川宏である。

野家啓一は、科学史の気鋭の論客というのが、私の印象である。

中島義道は、「哲学の教科書」など、いくつか読んだが、どうもマンネリに陥っていないか。カントの時間論など、とても専門的な著書もあるが。

永井均は、「子供の哲学」がよかった。その後、どうなのか。

内山勝利は、ギリシャ哲学関係の訳書を若干読んだような気がする。

長谷川宏は、精神現象学など、ヘーゲルの斬新で平易な訳で知られる。どこかの教授ではなく、在野の哲学者を地で行く。

こうやって書いてみると、「もしソクラテスに口説かれたら」、「歴史を哲学する」、「宇宙を哲学する」がとりあえず読んでみたいものである。特に、「宇宙を哲学する」は、もし数式を使わないなら、ホワイトヘッドの「過程と実在」の系列なのだろうか。

よく見ると、「発見と脱線のある『哲学の道場』-自分の言葉で考えるために」とあるので、あまり哲学臭のないエッセー風なのかも、とも思う。

という、本の新刊案内レベルの意味のない雑言であった。

About 2008年10月

2008年10月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。