« 中山国交相辞任 | メイン | 金融危機 »

志村五郎

志村五郎と言えば、すべての楕円曲線はモジュラーであるという谷山-志村の予想で知られていてる。その予想は、後に肯定的に証明されたが、ワイルズによるフェルマーの定理の証明に本質的な貢献があった。

私がその志村五郎氏を知ったのは、フェルマーの定理で、谷山-志村の予想が言及される前で、ある会社の広報誌に、志村氏が寄稿した内容を読んだときである。その記事によると、日本の代表的な数学者で、類体論の創始者でもある高木貞治のことを、単発の業績しかなく、後半はだらしない、みたいな言い方をしていたので、私は少し驚いた。というのは、高木貞治というのは日本の代表的な数学者であり、類体論がぴか一の業績があったことも疑いなく、貶めるような話は聞いたこともなかったからである。

ところがなぜか、志村氏が傲慢であるようなニュアンスはあまり感じなかった。意外にも、高木貞治を凌ぐ凄い数学者であろうという印象をもった。

それで、志村五郎氏の著書を読んでみたいとずっと思っていたのだが、本好きでいろいろと本を漁るのが趣味の私も、志村五郎氏の本を見つけ出すことはできなかった。数学の本であれ、一般書であれ、である。

そんなときたまたま、何かの本の紹介で、志村五郎「記憶の切絵図」(絵は、実際は旧漢字だが、うまくみつからなかった)という本が最近出版されているのを見出し、迷わず買った。アマゾンの書評で、有名な数学者の飯高茂氏が、「おそるべき本である。」と最高の得点をつけていたのが面白かった。

さて、「記憶の切絵図」であるが、志村五郎氏の自伝が淡々と書かれている。生まれたのは浜松であるが、ものごころついてからは、東京の牛込で暮らす。小学校に上がったのが昭和11年(1936年)で、大正デモクラシーから次第に日本が軍事国家に傾倒していた頃である。そういう頃だから、極貧ではなかったが、結構ひもじい思いもしたらしい。勉強は相当できたはずであるが、そういうことをひけらかす記載は全くない。数学においてすら、である。

決して軍国少年であった訳ではないが、開戦になって、日本軍が米軍の軍艦を撃沈したニュースを聞いて、ざまみろと感激したという。それが何か悪い、そういうもんである、と悪びれない。自分の気持ちに素直に、というのが、志村五郎氏の基調である。そんなの当たり前、と思うかもしれないが、その程度と一貫性は到底並ではない。比類なきほど、と言っても過言ではない。

例えば、敗戦に際しての天皇の戦争責任に言及することに躊躇わないし、原爆についても、単に悲惨さを嘆くのではなく、米国に特別な言えない意図があったとしか思えないと疑問を呈する。

東大に進学した後も、有名な数学者である岩澤健吉氏の講義を平気で、あれは教育的意義という意味ではどうかと思われる、と平気でコメントするし、アルフォースのような有名な数学者と話したときも、この人から何か学べるとは思えないと平然と述べる。だから改めて、高木貞治の傲慢と老害に容赦がない。

そういう生意気なことを言うと普通は、「じゃあんたはどうなんだ。」と反論されるだろう。それで普通の人はそう反論されてたじろくか、閉口するだろう。ところが、そう反論されて志村氏ほど平然としていられる人もいないのではないかと思われる。というのは、現在志村氏は75歳であるが、2001年の69歳の時点で、第1級の業績を上げているのである。

実際、志村氏は次のように言う。「誰でも第一級の数学者になろうと思うなら、その人は徐々に自分の水準を高めて行き、四十か四十五歳である高さに達し、その後はその水準をできるだけ長く保持するように努力すべきであり、またそれができる筈である。それが私の理想である。」それをアンドレ・ヴェイユに話したら、"You will find out."と応じられたそうである。なんか、揶揄するような言い方ではないか。ということは、数学者のコミュニティにあっても、志村氏のような意見は一般的でないということである。

志村氏の方針は王道である。トリッキーでなく、本質的な問題を解くこと。新たな展望を与えること。また、10年くらい研究してある程度見込みがつくと、他の分野にも広げること。蛸壺を嫌う。大家然とすることを忌避する。

そんな合理主義の志村氏であるが、1989年に、谷山豊氏の回想を書いた。なぜ今更、谷山豊氏に言及したか、の言い訳をしている。なんでも夫婦で1986年頃、谷山豊氏の話題になって、涙がおさえきれなくなった。その理由は、「谷山がかわいそうでたまらなかった。」それで書いたという。志村氏の合理主義の裏の熱い思いを垣間見るのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1002

コメント (2)

手賀隆:

楽しく読ませてもらいました。他にも志村五郎博士のことを読ませてもらいまして、なぜ、博士が日本を
飛び出したか判るように思います。又東京大学はノーベル賞においてはは京都大学に遅れをとっているのかも判る気がします。
ありがとうございました。
手賀隆

あやたろう Author Profile Page:

手賀様

コメントありがとうございました。本日別の人から私のある記事についてお叱りを受け、その記事を削除したのですが、なんとなく落ち込んでしまい、手賀様のコメントでほっとしました。

About

2008年10月 1日 06:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「中山国交相辞任」です。

次の投稿は「金融危機」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。