« ノーベル賞は、おあずけ? | メイン | ノーベル化学賞 »

属人思考

最近たまたま、「ナンバー2が会社を駄目にする」という本を買って読んだ。PHP新書、岡本浩一著である。著者は、社会心理学者で、組織論なども研究範囲である。ここで、ナンバー2というのは、トップの取り巻きというか補佐的な人のことで、ナンバー2がトップに迎合していては、組織が駄目になるという意味である。ただ、この本の「ナンバー2が会社を駄目にする」というタイトルはどうも戴けない。ナンバー1に政争で敗れたナンバー2が、意地悪でナンバー1の足を引っ張っているみたいなニュアンスであるからである。

ところが読んでみると、期待に違う?面白さであった。この本は、権威主義を批判するところから始まる。ヒットラーやホロコーストの例を挙げて、権威主義の暴走を説く。これ自体はあまり目新しい話ではない。それでも、後で出てくる属人主義の前提なので、引用してまとめておく。

著者は、権威主義を、単純思考、ファシスト傾向、教条主義、因習主義、自己優越主義、形式主義の集まりとする。

そこで、筆者は、属人思考という用語を導入する。属人思考という用語はもちろん、非常に耳新しいということはないが、権威主義の一つの表現として、組織論の文脈で挙げる点は、ユニークである。

そして、組織の属人風土を次のように特徴付ける。
- 案件の細部への注意がおろそかになる。ようするに、誰がやっている仕事かということが大事なので、内容は二の次となる。
- 反対意見が躊躇される度合いが強くなる
- 新しい分野の判断に間違いが多くなる。ようするに、新しい事案があると、あまり考えもしないで。エイヤーと適当に担当者にアサインする。
- イエスマンが跋扈する。属人風土では、イエスマンがトップの周辺に高密度に集まる傾向が出てくる。逆に、上司の行動を批判する者は、「小うるさい」だけでなく、「人格的にも問題がある」とみなされたりする。そして、組織の自己認識がどんどん甘くなる。

これをみて思い当たらない人は、あまり多くないだろう。

さらなる卓見は、「個人的違反の容認」と、「組織的違反の容認」とが、全く独立である、と指摘する点である。すなわち、コンプライアンスの強化などといって、いくら「個人的違反の容認」の風土を糾しても、「組織的違反の容認」は、いささかも改善されない。組織の活性化と、コンプライアンスの強化とは全く関係ないということになる。もちろん、コンプライアンスの遵守が不要と言っているのではない。しかし、逆に言うと、いくら組織が属人主義を推し進めて、どんどん病んでも、セキュリティや社内規則などのコンプライアンスの違反には全くならない。そうしてあるとき、組織がどうしようもないということを悟るのである。

さて、権威主義、属人思考が高まるとどうなるかというと、
- 単純思考となる。思考が二分法的で、曖昧さを認知できない。例えば、事務職の人を、専門職の人に比べて明確に差別する、など。それは単に役割に過ぎないのだが。
- 人事が属人的となる。要するに、業績ではなく人依存の公平さを欠く人事である。
- 「王は法なり」で、トップは何をしても許されるようになる。
- 不自然な情報統制が増える。要するに、属人的に近しい人にだけ情報が伝達される。
- 密告政治が行われる。属人的に近しい人の密告が判断の基準になる。属人的に遠い人が、いくら言っても、単に無視されたり、それどころか、逆恨みされたりする。
- マキアベリズムが強くなる。
- 懲罰傾向が強くなる。ただし、属人的に近しい人には例外である。

これも、「あるある」というところだろう。コレステロールのように、どんな組織にも権威主義、属人思考はある程度必要であり、要は程度問題である。しかし、あまりにも昂じると、それこそ組織は糖尿病になり、死に至る病となる。さて、どう防ぐ。

それは、要するに、トップやナンバー2が、広く読書し、複線的思考を維持するしかない、という甚だ地味な話になってしまうようである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1010

About

2008年10月 9日 06:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ノーベル賞は、おあずけ?」です。

次の投稿は「ノーベル化学賞」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。