« ソクラテスの妻 | メイン | 日本人のノーベル賞候補(update) »

秋田県と福井県

ある雑誌によると、全国学力調査の結果、全国一位は秋田県だったという。そのように北にあって、教育先進県であるため、秋田県をいまや、日本のフィンランドと呼ぶ人もいるという。

ところが、福井県も結構優秀で、小学校算数では全国二位、中学校数学では全国トップ、国語と数学を併せた中学全国トップは、福井県なのだという。

こういうのを見ると、私は、受験秀才といども、結構昔からの伝統なのではないか、と思うのである。というのは、福井県で思い出す偉人として、まず橋本左内がいる。彼が、若くして刑死というか、切腹に追い込まれなかったら、相当の人物になったであろうことを疑う人はいないだろう。

また、横井小楠は、全国を旅して、越前(今の福井県)に、多数の優秀な人物を見出した、とある。実際、時代に先行しずきていて、まともに相手にされなかった横井小楠を、顧問として抱えたのは、越前藩主 松平春獄だった。

秋田がなぜトップなのかは、私には不勉強で分からないが、秋田も類似の方針をとっていたのかもしれない。

それで、そういうレベルの高い県の環境が大学進学的にどういう結果をもたらすかということを考えてみる。それは、福井県や秋田県に、開成や灘みたいに、東大に沢山送り込む学校がある、という訳ではない。寧ろ、福井県や秋田県の名門高校は、トップの方はもちろんある程度の人数、東大に入るが、私の見解では、たいてい、しっかりとした志をもって大学に進学するのである。すると、東大でなくとも成績に応じて無理せず、地元の国立大学や、相応の大学に進む。そういう方針で大学に進むと、信念をもって勉強するので、どこに行っても伸びるのではあるまいか。たまたま、何かの関係で、抜群の実務能力であると私が感心した人がいたが、秋田高校-宇都宮大出身であった。また、先日ノーベル賞をもらった南部陽一郎氏が福井県で子供の頃教育を受けたのも、ポジティブな効果があったであろう。

福井県や秋田県以外で、私が注目している県として、奈良県がある。日本でどこが一流大学かという定義を、うんと絞って、東大+京大+東工大+一橋大+国立大医学部とすると、私が知る限り、人口比で、一流大学に進学する比率が一番高いのは奈良県である。その理由を私は、脈々たる文化の伝統にみる。すなわち、東大寺や奈良仏教は、古来の日本の確固たる権威であった。従って、奈良仏教がその後堕落したとはいえ、知的な風土を醸したことは否定できないだろう。

英国のオックスフォード大やケンブリッジ大が名門であるというのは、英国の知的なレガシーを引き継いでいるからであろう。また、米国の名門大学が名門になりえたのは、英国の伝統をうまく接木できたからだと思われる。要するに、英国の伝統をベースに、豊かな資本で涵養して、新しい伝統を打ち建ることができた。

すると、教育的・文化的雰囲気であれ、大学であれ、漬物の糠床のように、長い間の醸成を経なくてはならない、ということになる。

一方で、先日ノーベル化学賞を受賞した下村氏のように、長崎大学という地方大学出身の場合もある。私の本音はというと、このブログで一貫して主張しているように、学問は技芸であって、個人一身専属的なものであるがゆえに、本当は出身学校は関係ない、というものである。しかし、ハバネロが寒冷地では育たないように、決定的に芽が出ないような知的環境というのもある訳で、知性という種が発芽する土壌としての学校の、レガシーというか伝統はあるのかもしれない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1018

About

2008年10月16日 07:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ソクラテスの妻」です。

次の投稿は「日本人のノーベル賞候補(update)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。