« 山中伸弥の反撃 | メイン | グズ人間の類型 »

電波時計

思い起こすと、もう10年くらい前から、腕時計に電波時計を使用しているような気がする。当時は、まだ電波時計があまり一般的でなく、今考えたら馬鹿馬鹿しいのだが、知り合いなどに、10万分の一の誤差なんだ、とか自慢していた。

それで、今から3年くらい前、時計自体は動くのだが、安物だったので、ベルトがプラスチックで破損してしまったので、買い換える必要がでてきた。そこで、自宅の近所の時計屋に行ってみた。結構年配の店主だが、一級時計技能士の看板を信頼したのである。で、電波時計がほしいんです、と言うと、どうも反応がよくない。時計は、ソーラーでもなく、電波でもないのが一番である、という信念の持ち主のようなのである。困った私が立ち去ろうとすると、流石に商売気が出たか、奥から、一見とても高級そうなシチズンの電波時計を取り出してきた。そして、これ、5000円でいいから、という。

反高級志向の私にはどうもしっくりこなかったが、定価不明であっても、5000円ならまあいいか、と思った。本当はソーラー電波がほしかったのだが、そこには店主の方針により、置いてあるはずもなく、他の店に行くのもかったるかったので、5000円の旧式のシチズンの電波時計を購入した。当時まだ、ソーラー電波腕時計は、最低でも2万円はして、腕時計は上限が5000円+α程度と思っている貧乏性の私には、高嶺の花だった、ということもある。

ところが、その旧式のシチズンの電波時計が買ってがっかり。時間の基線を手動で合わせなくてはならないのである。どういうことかというと、電波により送信されてくる標準時と、表示時刻の間のΔtが可変なのである。マニュアルには、それを最初に手動でセットするように書いてあるが、、誰が標準時と、例えば、丁度5分差で表示時刻を設定したいとか思うだろうか。そうやってむかついて設定していたら、設定があまくて、Δtが30秒程度になってしまった。でも、ええいままよ、とそのままにしておいた。それで、私の腕時計は、丁度標準時と30秒ずれてずっと動いていた。

1つだけその旧式のシチズンの電波時計でよかったのは、確かにとても高級そうに見えることである。下手したらローレックスの高級時計のように見えるのか、友人から、私に似合わない高級時計だと褒められたことがある。ほっとけ。

ところが、ソーラー時計でない哀しさ、ある朝みたら、突然、旧式のシチズンの電波時計は止まっていた。どうも電池切れらしい。もともと、マニュアルには、電池の寿命は2年と書いてあった。それはアラーム機能を使った場合で、私はアラーム機能は全く使わなかったので、とりあえず3年はもったということだろう。

そこで悩んだのは、買い換えるか電池交換するかである。最近では、私が憧れていたソーラー電波腕時計が、6000円~8000円程度で買えることを知っているからである。しかし、費用を考えて、とりあえずは電池交換することにした。そこで、例の時計屋さんに行ってみた。ちょうど、3年ぶりである。入り口でなぜか暇そうに扇風機を組み立てていた時計屋の店主は、私が店に入ると、重い腰をあげた。

そこで私は、この店で3年前に買った電波時計をみせて、電池を交換してほしいと依頼した。すると、店主は、ううん、とちょっと困った顔をしながら、電池を交換しはじめた。心配になってどうしたんだすか、と聞くと、いやあ、電波時計は壊れやすいですからね、と言う。私は、そうですか、駄目なら諦めますよ、別に執着ないし、と応じると、じゃ、電波じゃないのをお勧めしますよ、というので、まあとりあえず電池を交換して下さい、と答えた。

そこで、電池を交換するのだが、店主、なかなか私に品物を渡さない。一級時計技能士なら、電池交換くらい楽勝ではないか。しばらくたって私に電池交換したはずの腕時計を渡したのだが、なんと、秒針が動いていない。当然であるが、大丈夫ですか、と確認した。すると、そのうち動き出すでしょう、とちょっと不安そうに言う。そんな、時限装置でもあるまいに。1000円でいいです、と店主がいうので払ったが、本当はもっと高いのだろうか。

さて、しばらく様子を見ていたが、秒針が動き出す様子がないので、仕方なくいろいろボタンを押してみた。すると、突然、秒針がぐるぐると連続的に動き始めた。私は、ははあ、電波時計なんだから、現在の正しい時刻は電波で拾える。すると、針が正しい時間に到達したら、普通に秒針を刻むモードになるに違いないと思った。ところが、針は、高速で進んで、正しい時刻をもどんどん通り過ぎる。仕方なく、適当な時刻で、ボタンを押して止めてみた。すると、なんとか普通に時を刻むモードになって一安心だった。これで、深夜の12時とかになると時間が自然に合うのだろうと思った。

ところがである。いつまでたっても時間は合わない。寧ろ、誤差が増大している。どうも、基線が狂ってしまったらしい。ところが、マニュアルが最早見当たらず、基線を合わせることが絶望的になった。

そこでとうとう諦めて、近所のホームセンターで、7800円で、シチズンのソーラー電波時計を買った。時計店の店主が言うように、ソーラー電波時計は回路構成が複雑であるので、壊れやすいのかもしれない。しかし、少なくとも5年はもつだろう。もしそうなら、7800円で5年なら、十分減価償却である。

どうも、一級時計技能士の店主は、ソーラー時計だの電波時計だと、電子部品の塊で、腕を揮いようがないので、敬遠しているとみた。だいいち、単に電池の水晶発信器で動く旧来の時計だって、そんなに堅牢ではない。そもそも、水晶発信器で動く時計は、「おじいさんの古時計」たりえない。ぜんまい仕掛けの振り子時計こそがおじいさんの古時計たりえるのであって、すると、店主も、一級時計技能士の腕が揮えるだろう。

コンピュータと長くつきあって、そういうレトロな感性がすっかり磨耗してしまった私なのであった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1021

コメント (2)

小松たひと:

>単に電池の水晶発信器で動く旧来の時計だって、そんなに堅牢ではない。
 私の時計は31年間現役です。1回、修理に出しましたが、ここまで使うと、代わりの時計はありません。

小松たひとさん

> 私の時計は31年間現役です。1回、修理に出しましたが、ここまで使うと、代わりの時計はありません。

ううん、すると古女房以上ですね。時計の代わりはないけど、古女房の代わりは・・なんてとても恐くていえません。

About

2008年10月19日 06:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「山中伸弥の反撃」です。

次の投稿は「グズ人間の類型」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。