« ホワイトカラー無用論 | メイン | なぜオバマなのか »

世界大学ランキング

Webニュースによると、世界大学ランキングは、下記のとおりであるという。以前にこのブログで、米国の大学ランキングについて言及したが、この手のランキングは、どう付けても物言いがつく。

 それでもコメントすると、下記のとおりである。
1. 全米で1位と見なされている、プリンストン大が、世界トップ10に入っていない。
2. スタンフォード大も、世界トップ10に入っていないが、ロンドン大学より上ではないか。
3. あまりにも欧米特に、英語圏に偏りすぎている。例えば、フランスのソルボンヌ大はエリート校であり、世界トップ10の候補ではないか。
4. 東大と京大が、アジアで上位というのはそういうもんだと思うが、その後、香港の大学が3つも入っているのは、どういうことか。私の理解では、身びいきかもしれないが、香港大学よりも、東北大、名古屋大の方が実績からして上位だろう。ノーベル賞学者も輩出しているし。
5. あれだけ経済成長の著しい中国の北京大学や、清華大学がもっと上位に来ないのは、学問するという気風がまだ中国では醸成されていないということか。
6. 日本では、大学ランキングというとき、入試の難しさがその指標として使われたりする。しかし、その入試の準備のために必要な労力という意味では、もしかして、世界的にもソウル大学がトップなのかもしれない。一方で、もしあまり秀才でなくても入れるが、切磋琢磨が大変で、自由な雰囲気なだけれども、それなりにアイデアを出さないと結局置いていかれるみたいな大学があったら、入試の難易度は高くないけど、結果的に大学ランキングは高くなると思う。落ちこぼれも沢山抱えるかもしれないが。

で、結局は、どこの大学だろうと、出身大学は一応の目安で、本人の人物本位とか人間性とか、創造性とか、粘り強さとか、他人の痛みが分かることだよね、という言わずもがなのことを書いてしまう次第である。


世界トップ10
1位、ハーバード大学(米)
2位、イェール大学(米)
3位、ケンブリッジ大学(英)
4位、オックスフォード大学(英)
5位、カリフォルニア工科大学(米)
6位、ロンドン大学インペリアルカレッジ(英)
7位、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(英)
8位、シカゴ大学(米)
9位、マサチューセッツ工科大学(米)
10位、コロンビア大学(米)

アジアトップ10
19位、東京大学(日本)
25位、京都大学(日本)
26位、香港大学(香港)
30位、シンガポール国立大学(シンガポール)
39位、香港科技大学(香港)
42位、香港中文大学(香港)
44位、大阪大学(日本)
50位、北京大学(大陸)
50位、ソウル大学(韓国)
56位、清華大学(大陸)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1027

コメント (2)

小松たひと:

19位の某大学には、逆立ちしてもかなわないと思わざるを得ないのがうじゃうじゃといましたけどねぇ・・・
やっぱり母国語が日本語では、世界に対する情報発信力が、絶対的に弱いんでしょうかね?
それから、先生たちが超受験エリートで、競争の勝者ばかりで、不必要に理科系学部学生に競争を強いるのも問題です。優秀なのに競争に弱いのが確実に少なからずいます。
進学先振り分けで無駄に能力をすり減らす学生のなんと多かったことか・・・

小松たひとさん

> それから、先生たちが超受験エリートで、競争の勝者ばかりで、不必要に理科系学部学生に競争を強いるのも問題です。優秀なのに競争に弱いのが確実に少なからずいます。
> 進学先振り分けで無駄に能力をすり減らす学生のなんと多かったことか・・・

そういう優秀な学生同士が、互いを蹴落とすために無駄なエネルギ消耗してしまうのは、残念です。
学科が最初から決まっていれば、まだましでしょうか。

About

2008年10月25日 07:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ホワイトカラー無用論」です。

次の投稿は「なぜオバマなのか」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。