« 秋田県と福井県 | メイン | 山中伸弥の反撃 »

日本人のノーベル賞候補(update)

以前、日本人のノーベル賞候補という記事を書いたが、最近のWebに、そこでカバーされていなかった人がリストされているので、フォローしてみる。

先ず、信州大の遠藤守信氏で、炭素繊維の元である“遠藤ファイバー”を開発した。1995年に、炭素材料学会賞受賞。2007年に、文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞とある。このブログで書いたアクリル系炭素繊維の記事によると、確かに、炭素繊維は、その強度と軽量さで、航空機の材料として注目を浴びている。特許出願でみてみると、遠藤氏は、1982年頃から炭素繊維の発明の特許出願を始めており、かなり黎明期の人といえる。しかも、1946年生まれで、現在62歳なのに、今でもどんどん発明しているようである。いろいろな会社の名義で出願があり、ビジネスセンスもおありのようである。

次は、北大の鈴木章氏。鈴木氏は、医薬品の構成要素を作るのに有効な反応である“鈴木・宮浦カップリング”を開発した。専門分野は、有機ホウ素化合物を用いる有機合成反応の研究。“鈴木・宮浦カップリング”とは、パラジウム触媒を用い、有機ホウ素化合物と有機ハロゲン化合物を、クロスカップリングさせる反応。条件が比較的温和であり官能基選択性も高く、数あるパラジウムカップリングのなかでも使いやすい反応である、という。ただ、鈴木章氏は、遠藤守信氏と違い、全く特許出願がない。医薬品に関連するなら、うまくやると、莫大な特許ライセンス料を得ることができたと思われるのだが。この辺の生臭さは、随分人による。

また、Webの記事によると、「青色発光ダイオードで有名な中村修二氏は、特許権の譲渡などで訴訟を起こしたことが受賞のネックになりそうだといわれています」、ということだが、それは違うと思う。発明報奨の訴訟がなくても、もともと窒化ガリウム系青色発光ダイオードの基本原理は、名城大学教授の赤崎勇氏の功績だろう。よってもともと、赤崎氏にノーベル賞が行く可能性は少しだけあっても、中村修二氏にはあり得ないのでないだろうか。

前にも書いたが、中村修二氏よりもずっと、西澤潤一氏の方がありえる。西澤潤一氏の研究はデバイスの応用的な発明かもしれないが、去年のノーベル物理学賞の磁気ディスクMRヘッドの発明より応用的とはいえないと思う。私は個人的に、山師みたいな西澤潤一氏が好きではない。しかし、業績は業績であって、西澤潤一氏は、半導体デバイス分野の南部陽一郎といってよいのではあるまいか。

あと、文学賞では、村上春樹が有力なのだという。なにしろ海外の知名度が大きい。沢山の彼の作品が英訳され、あるいは韓国語、中国語などにも翻訳され、海外の読者が多い。私はあまり読みもしないで、村上春樹はそんなに格調高いの?と余計なことを言いたいが、でも、川端康成が、大江健三郎がそんなに格調高いか、と問う必要もある。

経済学では計量経済学の権威であるスタンフォード大教授の雨宮健氏が有力という。確かに、Wikiによると、世界の主要経済学術雑誌への論文引用件数は約3000件を数え、日本人では二位の青木昌彦に倍以上の差をつけての首位に立つ。2000年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・マクファデン、ジェームズ・ヘックマンの個人と家計の消費行動に関する実証研究は、雨宮の理論に基づくものであった、とある。なにしろ、経済学は全く土地鑑ないので、そうですか、というよりない。元ロンドン大学教授の森嶋通夫は、生きていれば候補だったろう。

あと、創価学会の池田大作名誉会長が平和賞を狙っているという話があるが、それは冗談に留めてほしい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1019

コメント (2)

小松たひと:

 西澤博士の業績のすばらしさに疑いの余地はありませんが、彼が自身の発明についての語り口は、残念なことに、彼の「ドクター中松」そっくりです。
 私は一時、「西澤と中松は紙一重(同じようなことわざと同じ意味)」てなことを言っていたことがあります。
 この語り口故に「山師的」と思われてしまうのでしょうね。

小松たひとさん

> 私は一時、「西澤と中松は紙一重(同じようなことわざと同じ意味)」てなことを言っていたことがあります。
> この語り口故に「山師的」と思われてしまうのでしょうね。

そうなんです。そういえば、以前、私が勤務する会社に、西澤博士が講演に来たことがありました。それで「人質をとられていますから。」と言っていて、どういう意味かわからなかったのですが、娘さんが秘書かなにかで、勤務していることが分かりました。今はいないようで、人質は解放されたようです。

About

2008年10月17日 06:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「秋田県と福井県」です。

次の投稿は「山中伸弥の反撃」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。