« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月 アーカイブ

2008年11月 1日

ポメラ

キングジムというと、バインダの事務用品メーカだと思っていたらなんと、デジタルメモ「ポメラ」というモバイル機器を発売したという。

どういうものかというと、手帳サイズで、開くと、キーボードを展開することができる。昔、ThinkPadで、バタフライ・キーボードというのがあったが、ちょっとあれと似ている。こちらのURLからみてみると、仕様は次のとおりである。

価格 税込価格¥27,300<本体価格¥26,000>
キーボード 折りたたみ式、日本語対応、キーピッチ約17mm
本体メモリ 8,000文字入力したテキストファイルを6ファイルまで保存可能。
最大保存可能数は約48,000文字分(複数ファイルの文字数の合計)
ファイル形式 テキスト(.txt)
LCDパネル 4インチTFTモノクロLCD、VGA(640×480ドット)
インターフェイス USB接続
メモリーカードスロット microSD(最大容量2GB-スピードクラス CLASS2対応)
電源 単4アルカリ乾電池×2(別売)
電池寿命 約20時間
バックアップ電池 コイン型リチウム電池(CR2032×1個) 電池寿命約60時間
寸法(mm) 約 W145×D100×H30(折りたたみ時)
約 W250×D100(使用時)
質量 約370g(乾電池含む)
同梱品 USBケーブル

まず嬉しいのは、普通の単4電池で、20時間ももつこと。これだと、飛行機で成田からニューヨークに行く間でも平気である。それと、上にも書いたが、キーボードが折りたたみ式であることで、もしそういう仕組みがないと、ボタンみたいなキーを押して文字を入れなくてはならない。電卓ならそれでもいいが、文章を書くとなると、どうも、である。

ありがたいのは、開くと、システムが2秒で立ち上がることである。実質的に待ち時間なしである。

あと、私的に嬉しいのは、変なGUIや属性を一切取っ払って、プレーン・テキストによる文章作成に特化したことである。人によっては、WORDの文書で罫線を入れたり、下線を入れたりしたいだろうが、そういうことはドライに割り切っているのがいい。ただ、私はいいが、一般受けするだろうか。

ちょっと改善してほしいのは、「本体メモリ 8,000文字入力したテキストファイルを6ファイルまで保存可能。最大保存可能数は約48,000文字分」というところで、これだと、私の仕事の特許明細書作成だと、1ページ2000文字だから、24ページ分しか書けない。といいつつ、つい先日書いた特許明細書は、17ページだった。すると、普通サイズの特許明細書なら、なんとかなりそうである。ただ、もし2GBのメモリカードを装着するなら、相当に膨大なテキストデータが入るはずである。なぜなら、私のこのブログ、質より量で、1010エントリくらいあるが、全てダウンロードしてみたら、3MBくらいしかならなかった。すると、2GBもあると、数万ページも格納できて、村上春樹でも(なぜ村上春樹なのか分からないが)、小説書くのに使えそうである。だから、2GBと、最大保存可能数は約48,000文字分、というギャップは謎である。

それと、パソコンとのインターフェースが、USBだけとなっているが、すると、電車で文章を書いていて、急にその内容を誰かに送りたいというとき、困らないか。そのため、携帯の通信機能がほしいと言いたいところだが、すると、¥27,300という価格に収まらなくなる。こういう声を聞くと、いやあ、そういう機能を思い切って削ぎ落としたのです、とちょっと困った商品企画担当者の顔が見えるようである。

もっと細かいフィーチャとして、仮名漢字変換は賢いのだろうか、との疑問もある。というのは、池田信夫氏が、Windows標準のIMEを酷評していたからである。ここらあたり、ジャストシステムの組み込みATOKを積んでいるのだろうか。ここでははん、と思った。メモリカードの2GBのかなりの部分を、仮名漢字変換のユーザー辞書が占めるのではあるまいか。だったら、2GBと、最大保存可能数は約48,000文字分、というギャップは、ちょっとだけ分かる。

あと、マニアというほどではないが、私的にスペックに書いてほしいのは、どんなCPUを積んでいてどんなOSを使っているかである。インテルのCPUなのか、PowerPCなのか、OSは組み込みLinuxなのか、TRONなのか、ということである。どうでもいいようであるが、車マニアなら、エンジンがCVCCかどうか、とか気になるだろう。そのレベルである。

ということで、キングジム、狙いはいいが、まあもうちょっといまいちかな、と言うと、何様じゃ!と叱られそうである。

2008年11月 3日

空幕僚長更迭

Webニュースによると、航空自衛隊トップの田母神俊雄航空幕僚長が「日本が侵略国家だったとは濡れ衣だ」などと主張する論文を民間企業の懸賞論文で発表したことが10月31日、分かったという。これは、1995年の村山談話などの政府見解を大きく逸脱するものであるため、浜田防衛相は、田母神航空幕僚長を更迭する考えを明らかにしたという。

心情右翼の私は、あまり村山談話を持ち出すのはどうかと思うが、流石に「日本が侵略国家だったとは濡れ衣だ」はないと思う。以下、今日の新聞に従い、その論文の要約をみてみる。

1.米軍の日本駐留を侵略とは言わない。それは、日米安保条約に基づくものであるからである。これと同様に、旧日本軍の中国大陸や朝鮮半島の駐留も、これらの国に対する条約に基づくものであることは意外に知られていない。
えっ、そんな条約があったという話を聞いたことはない。あるとしたら、テクニカルには、傀儡政権との形式的な条約に過ぎないのではないか。傀儡政権からの依頼で、支援のため兵を送り込む、というのはよくある常套手段である。

2.我が国は、蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者なのである。
盧溝橋事件のことを言うか。あの事件の真実はまだ解明されていないけれども、流石に、関東軍の謀略と考えるのが妥当ではないか。

3.当時の列強どこが侵略国家でなかったか。日本だけが侵略国家と言われる筋合いはない。
前段はそうであろう。国家はすべて狼なのである。侵略国家でない国家は、単に侵略に足る武力をもたなかっただけかもしれない。しかし、そういう命題は、日本が侵略国家であったことを滅却するものではない。

4.日本軍と日本政府の努力でアジアの人達が開放され、生活水準も向上した。
日本軍の進駐で、欧米諸国の植民地政策からの圧制から開放されると喜んだ人達がいたのは事実であろう。しかし、日本軍は結局、アジアをうまく統治できなかった。一つにはリソースの不足と、もう一つは、日本人中心主義である。1つの差別を取り除いて、また別の差別を導入しただけである。日本軍の当時の統治を懐かしく快く思い出す現地の人は多くないのではないか。

5.太平洋戦争は、アメリカによって慎重に仕掛けられた罠である。
日本が一方的に仕掛けたのでないのは確かである。アメリカは、不当に資源を凍結して日本を追い込んだ。しかし、松岡洋右などが必要以上に外交をかき回し、妥当に外交策が尽くされなかったのは確かであり、一方的にアメリカに責任をなすりつけるのは困難である。

6.大東亜戦争のような戦争がなかったら、現在のような人権平等の世界が来るのがあと100年、200年遅れていたかもしれない。
第2次世界大戦が、もう戦争は懲り懲りだという気風をもたらしたことは否定できない。それにしても、犠牲が大きすぎないか。そして、今が本当に「人権平等の世界」なのか。そんな言葉を軽々しく使うものではない。しかし、国のために戦って亡くなられた兵士の方々に対する感謝の気持ちは忘れてはならないだろう。われわれの繁栄が、その上に築かれているのは確かである。

7.東京裁判は、あの戦争の責任をすべて日本に押し付けようとした。そのマインドコントロールは今も活きており、自衛隊を動けないようにがんじがらめにしている。
第2次世界大戦の敗戦のレガシーは大きすぎる。ドイツにおけるヒットラーの暴虐もそうである。勝てば官軍、負ければ賊軍という面はあるが、いまの世界情勢にあって、レガシーは慎重に負うしかない。濁った川がきれいになるのに何年かかるのだろう。

8.アジア諸国が、大東亜戦争を肯定的に評価している。日本軍を直接見ていない人が、日本軍の残虐行為を吹聴している。我が国が侵略国家であったというのは濡れ衣である。
何度も言うが、アジア諸国で、大東亜戦争を肯定的に評価している人は、極めて少数派である。おそらく、日本軍に協力して、利便を与えられた人達であろう。寧ろ、日本軍は進駐によって、現地に犠牲を強いた。もしかしたら、欧米の植民地政策のような血も涙もないものではなかったかもしれないという、日本人であるが故の身贔屓も感じないではないが、しかし、現地の人の不快感は否めないと思う。

しかし、新聞も新聞で、このようなニュースは、小さく扱えばよいと思う。折角中国はかつてない親日の政策を取り始めている。寧ろ、嫌韓が問題になっているほどである。どうして中国に頭を叩かれるようなことを煽るのか。空幕僚長が静かに更迭された、でいいではないか。

超弦理論とノーベル賞

Webニュースに次のような記事があった。”今年のノーベル物理学賞で、小林誠氏、益川敏英氏、南部陽一郎氏3人の日本人が受賞した。日本人に希望を与える明るいニュースだった。この3人の日本人が「なぜ」ノーベル賞を受賞するに至ったか?偉大な科学者の研究成果を知る人は少ない。とある研究機関に勤める研究員は次のように語る。「今回、3人の日本人が受賞した研究は現在『超弦理論』と呼ばれている物理学の研究成果に対してなのですが、この理論を理解するには相当に頭が良くなければ絶対に無理。それを人に教えるには、さらに頭が良くなければ不可能。物凄い理論なんですけれどね~」”
これ読んで、ずっこけそうになった。何が超弦理論でノーベル賞だ、と。確かに、初期の弦理論を提唱したのは、南部陽一郎氏である。しかし、それは成功を収めなかった。

また、その「研究員」は、NHKの「クローズアップ現代」で、益川氏が理論を紹介した番組を引用して、こういう。「アレはすごくよく出来た番組でした。しかし、印象に残っているのは益川先生の誇らしげな顔とアナウンサーのチンプンカンプンな表情の対比ですかね…」それはまあ、いいんだけど、 「現在、盛んに研究されている『超弦理論』が理論的に正しいのではないかという論文が多数発表されています。しかし、この理論に反対する学閥も強く存在し、30年以上壮絶な論議が交わされてきました。この『超弦理論』に結びつく最初の論文を発表した南部氏の受賞は今後の学会が進む方向に大きな影響を与えることは必至です。重要なポイントはこの『超弦理論』は理論の域を出ていないということ。そして、これから研究は立証実験のステージに差し掛かるということ。今回の日本人の受賞の背景には『超弦理論』が抱える現状が反映されています」。

またしても私は、「違うだろ!」と叫びたくなった。南部氏の受賞研究も、益川・小林氏の受賞研究も、現在の標準理論という枠組みの中にある。クォークの構成要素が紐であるなんて一言も言っておらず、超弦理論には全く踏み込んでいないはずである。「研究員」というけれども、一体何の研究員なのだろう。まさか、科学史とか、人文科学か?

ところで、超弦理論のスーパースターといえば、天才ウイッテンであるが、超弦理論のエバンジェリストと言えば、デビッド・グロスである。現在、カリフォルニア大学サンタバーバラ校カブリ理論物理学研究所所長で、2004年に、ノーベル物理学賞を得た。しかし、その研究は、フランク・ウィルチェックと共に、素粒子の強い相互作用を記述する量子色力学の漸近的自由性(高エネルギーになるほど相互作用が弱くなる)を発見したことであった。このときの同時受賞者のデイヴィッド・ポリツァーは、南部陽一郎の弟子とも言える人で、ここでも、南部陽一郎氏の米国物理学会への深甚なる影響力を垣間見る。

私が何が言いたいかというと、超弦理論では、ノーベル物理学賞はもらえないだろうということである。それは、数学的技芸にとどまり、物理的実体を説明できない。ウイッテンは確かにある権威ある賞を受賞したが、なんとそれは若手の優れた数学者に贈られる、フィールズ賞であった。

「迷走する物理学」の著者、リー・スモーリンによれば、超弦理論研究の歴史は、不毛な歴史かもしれない。では、それに代わるものは? その答えを誰ももたないところに、物理学の苦悩がある。

サラ・ペイリン、なんばしよっとね

Webニュースによると、米大統領選の共和党副大統領候補サラ・ペイリン・アラスカ州知事(44)が、2012年の次期大統領選への出馬も視野に入れているとの見方が出始めている。次世代のリーダーを渇望する党内の期待感を反映している、とのことだが、何たる身の程知らずなのだろう。

「白旗を揚げるわけにはいかない。いたずらにやっているわけではないのだから」ペイリン氏は29日のABCテレビのインタビューで、同党の大統領候補ジョン・マケイン上院議員(72)との選挙活動についてこう述べたというが、もはや、徒にやっているのではないか。当て馬以外の何者でもない。

全国的には無名に近かったサラ・ペイリンは、8月末に副大統領候補に起用されて一躍、人気者となった。だが、不用意な発言が多く、州幹部罷免のスキャンダルなどもあって、不支持率が高まってきた。そもそも、国政レベルの経験は皆無で、能力を疑う声が共和党内からも噴出した。最近は、得意のエネルギー問題などで独自に演説したり、勝機が薄れたミシガン州からの撤退に反対するなどしてマケイン陣営と距離を置いているとも伝えられており、これが大統領選後をにらんだ動きととらえられている、という。

しかし、4年後だろうと、どうみても、サラ・ペイリンが大統領候補になれるとは思えない。単なる経験不足だけではない。あまりにも属人主義なのである。下手したら、州知事の資質もあやうい。4年後はやはり、ヒラリーか。

とはいえ、人が、自らの分を知らないのは世の常である。権力欲の強い人ほどそうである。かくして、望まれぬ人が地位に縋りつき、望まれる人が分を知り去っていく。世の中そうしたものとはいえ、なんとかならないか。

2008年11月 4日

三洋電機とシャープ

11月2日の新聞に、パナソニックが、三洋電機を買収する方針である、という記事があった。三洋電機の電池関連技術に強い関心を示したのである。もともと三洋電機は、創業者の井植歳男氏が、パナソニック(松下電器)の創業者の松下幸之助氏と親戚関係であったということがあって、私は関連会社かと誤解していたときがあった。それで、三洋電機の方と何かの会合で会ったとき、松下とは関係が深いのですよね、とつい切り出してしまったことがあった。すると、やんわりとであるが明確に否定された。そういう風に言われることは、三洋電機の社員のプライドに関わることのようなのである。

それで、いかに経営が苦しいとはいえ、パナソニックに併呑されて経営の独立性を失うことは、三洋電機としては苦痛であったに違いなく、三洋電機側には抵抗感が強いというのが、11月2日の時点の状況で、それでも、三洋電機の佐野社長は、非効率事業の整理を進めつつ、三洋ブランドの存続、従業員の雇用確保などを考慮しつつ、次の手を考えいた。

そして11月3日、パナソニックが三洋電機を経営統合することが決まった。これにより、国内最大の電機メーカーが誕生することとなった。三洋電機はやはり、他に選択肢がなかったようである。パナソニックはTOB(株式公開買い付け)による年内の子会社化を目指しており、連休明けの4日から三洋の主要株主の金融機関3社と具体的な協議に入るという。

三洋電機の売りは、携帯電話などに使われるリチウムイオン電池で、世界トップのシェアをもつ。パナソニックも大阪に新工場を建設する計画があり、この買収で、パナソニックは、一気にリチウムイオン電池で、世界の5割のシェアを握ることになる。その他、三洋電機のソーラーバッテリの技術も、パナソニックにとって魅力であろう。

ただ、素朴な疑問は、三洋電機の家電事業がどうなるのか、ということである。それは、パナソニックともろにかぶっている。そこでパナソニックが人員を徒に整理することなく、シナジーを働かせることは容易でないと思われる。

それにつけても思うのは、老舗の名門、三洋電機がどうしてここまで苦境に陥ってしまったのか、ということである。そこで、関西電機メーカー御三家の残り、シャープにどうしても言及することになる。

かつて、私が学生の頃だったかもしれないが、シャープは決して、三洋電機よりも格上ではなかった。なにやら新機軸を出すのだが、いかにも中途半端だったりした。しかし、私が関西のある中小電気部品メーカーに就職した1978年頃、シャープが既に液晶で膨大なノウハウを蓄積していることを知った。私が入ったその電気部品メーカーも、液晶の研究を始めていたからである。

それからシャープは、MZというパソコンを発売したり、X68000という独自アーキテクチャのPCを発売したりと、単に液晶だけでなく、情報処理分野にも独自性を発揮しはじめた。そこで最近、シャープには、「オンリーワン」経営という理念があることを知った。すなわち、当時のシャープの町田社長は、産業の華であった半導体事業を切り、当時はまだメインであったテレビのブラウン管の開発を止め、液晶にフォーカスした。当時、液晶なんて海のものとも山のものともつかないものであったから、とてもリスキーな決断であったことになる。痛みをもって、「オンリーワン」を選んだのであり、もし液晶技術そのものに構造的欠陥があったなら、シャープは倒産の憂き目を見たかもしれない。しかし、そのリスクを克服して、シャープは世界でもトップの液晶パネルのメーカとなった(今では、サムスンやLGなど韓国メーカの猛追を受けている)。これだけではなく、シャープは、ザウルスというモバイル端末でもヒットを飛ばした。

これに対して三洋電機は、しかるべきヒットを飛ばさなかった。地道に電池分野のノウハウを蓄積していたが、あまりリスクをとらず、次第にジリ貧に陥っていったように見える。経営に経験のない野中ともよ氏をCEOに採用したのも失敗であり、苦境に拍車をかけた。経営は、連合艦隊の指揮にも似た大事なのである。元テレビキャスターには荷が重すぎよう。

さて、シャープの社訓は、「オンリーワン」経営の具現化として、「日本で製造業を極める」、「ブランド力向上に全力を上げる」、「リストラは決してしない」、「人に真似されるものを創る」というものであるが、今の時勢で、「リストラは決してしない」という言葉が、私にはズシンとくる。というのは、あまりにも安易に人員削減に頼る会社が多すぎるからである。

理論的には、次々に新しい製品を開発していくことで人のリソースを新事業に充てるのでリストラをしなくて済むということなのだろうが、もしこの金融恐慌の時期でもそれを続けられたら真に尊敬に値する。

そういえば、キャノンも、新製品の開発力のある会社であるが、成果主義は採らず、リストラはしない方針だと聞いた。次々に新商品のアイデアを出していける会社だけがリストラをしなくて済むのか、ここらあたりはじっくりと考えてみるべきテーマのようである。

2008年11月 5日

小室哲哉、逮捕

小室哲哉といえば、日本で、ポップスや歌謡曲に興味がある人なら誰もがその名を知るビッグネームである。ところが、ニュースによると、小室哲哉が、5億円の詐欺で逮捕された、というので驚いた。その経緯は、次のとおりである。

クロノロジカルには、小室は、1990年代の日本の音楽シーンの頂点に君臨し、手掛けたCDの総売り上げは1億7000万枚を超える。1996年から2年連続で高額納税者番付の第4位に入り、年間所得が20億円に達するなど日本の音楽史上最も稼いだ男と言われた。

絶頂期の小室は、文字通りけた違いの金満生活を送っていた。当時を振り返ったインタビューでも「通帳は10けたまでしか表示されないから、途中からけたが分からなくなりました」と答えており、預金は軽く100億円を超えていた。スタッフを引き連れたラスベガス旅行では自家用ジェット機を使い、ギャンブルの“軍資金”も振る舞う豪遊だった。ロス、ハワイ、バリ、マリブなど世界を代表するリゾート地には、レコーディングスタジオを併設した別荘を建てた。別荘には豪華クルーザーを停泊させ、都内の豪邸にも最高級クラスのベンツやフェラーリなど高級外車をいくつも並べた、という。

栄華を極めた生活を支えたのは、音楽史上に残る空前のCDセールスだったという。小室ファミリーと呼ばれた楽曲提供アーティストはチャート上位を常に独占。1996年は、globeのアルバム「globe」が売り上げ400万枚以上に達し、オリコン記録を塗り替えた。安室奈美恵のアルバムも300万枚を超えるなど、1996年だけでもCDを1500万枚以上も売った。1996年から2年連続で高額納税者番付で全国4位になるなど、資産のスケールは芸能界の枠を超えていた。1997年の納税額は約11億7000万円で推定所得は23億円を超えた。飛ぶ鳥を落とす勢いとは、このことだろう。

そして、1996年に小室は、更なる「過剰」へと旅たつ。米国のメディア王ルパート・マードック氏が率いる会社と香港に合弁会社を設立し、アジア進出に乗り出した。翌1997年にはハリウッド映画「スピード2」のテーマ曲も手掛けるなど日本音楽界のトップに君臨した。

ところが、そこが頂点だった。流石の小室の曲も飽きられたのだろうか、1999年以降、CDの売り上げは急降下した。さらに、海外事業が70億円といわれる巨額の損失を出すなど、失敗も表面化した。こうなると、一時は100億円を超えていたという資産も、なくなるのは速い。2001年から吉本興業と契約を結び、活動の幅を広げようとしたが、上昇の気配はなかった。最早、運気は去った。

2001年に結婚した歌手吉田麻美と2002年に離婚した。わずか1年である。それなのに、慰謝料は7億円。いくらなんでも高すぎる。小室の女性関係がひどすぎて、過大な苦痛を与えたとでもいうのだろうか。しかし、慰謝料として、吉田麻美と娘が住むためのマンションの賃貸料、そして娘が成人するまでの養育費をそれぞれ月払いの分割で払うことで決着したものの、2004年8月から家賃の振り込みがストップし、さらに、養育費の支払いもなくなってしまった、という。100億円もあったという資産は、どこに行ってしまったんだろう。このころから小室は、米ロサンゼルス、ハワイ、バリに持っていた豪邸やスタジオを売却。3億円相当のベンツやフェラーリなど高級外車も売り払った。2005年にはJリーグ「大分トリニータ」への年間スポンサー料7000万円を滞納。所属していた吉本興業からも契約を解除された。

それでも、関係者によると「いまも年間1億~2億の印税収入がある。だが、浪費癖が直らないから借金は増えるばかりだった」という。一方で、スタッフたちの月給を滞納し、次々と部下が去っていった。確かに、小室の曲は今でも結構流れているし、歌われてもいる。年間1億~2億の印税収入というのは妥当な額だろう。普通にやれば、十分やっていける額である。問題はやはり、隆盛時に覚えた浪費癖を改められないことのようである。

今の妻で音楽ユニット、globeのボーカルとしてともに活動してきたKEIKO(36)は、一転して奈落の底に突き落とされた。2002年の結婚以来、夫を支えてきたが、ついには料亭を営む大分・臼杵市で明治38年創業の老舗ふぐ割烹「山田屋」を営む実家に借金の催促がくるまで泥沼化。今年3月にKCOのソロ名義で活動を開始するなど、金策に走り回ったものの、最悪の事態は防げなかった。KEIKOは、昨年11月12日に実父を亡くし、もうすぐ1年。豪華絢爛な5億円披露宴から6年。同じ額の詐欺容疑がもとで、愛する夫が逮捕される羽目になった。一番の身近な存在だったKEIKOは、心を痛め続けていた。それで、奥さんの実家にまで迷惑はかけられないと、KEIKOとの離婚もやむなし、と小室は考えているという。

さて、こういう経緯で、金策のため、2006年7月30日、投資家に「JASRAC(日本音楽著作権協会)に登録してある806曲の作品の著作権はすべて僕にありますから、この僕のすべての著作権を10億円で買っていただきたい」「僕は、音楽出版社から完全にインディペンデント(独立)していますから、僕の過去の曲の著作権については、音楽出版社との間でも、全部、僕の手もとに残しておくという契約になっています」と述べ、実際は著作権を譲渡できる状態でないことを隠したとされる。

しかし、JASRACでの一般的な形態は、信託業務で、これはすなわち、著作権者が著作権を一旦仲介業者であるJASRACに譲渡し、仲介業者が著作権を管理するとともに、使用者から使用料を徴収し、一部を手数料として取って残りを元の著作権者に分配する、というものである。すると、小室が作った作品の著作権は一切小室にないので、それらの著作権を誰かに譲渡できるはずもない。JASRACとの契約当事者である小室は、それを当然に知って上記のような申し出を投資家にしたので、詐欺が成立する、という訳である。

そもそもが、7億円の慰謝料で吉田麻美と無理やり離婚する、というのが無理筋で、仮契約を結んだ同年8月7日には5億円の前払いを求めるにあたって「早急に元妻に支払わなければならない差し押さえ解除のためのお金が5億円ほど必要ですので、申し訳ないのですが、10億円の売買代金の中から、先に5億円を支払っていただきたいんです」「もう元妻とは話がついており、後は5億円をキャッシュで支払うだけという段階に来ています」と言ったとされる。しかし、特捜部によるとこれもうそで、入金された5億円は借金返済に使われたという。しかし、逮捕でさあどうする、小室哲哉。

で、ふと思い出したのが、Zardの坂井泉水。坂井泉水も、歌手として記録的なヒットを飛ばしたが、若くして癌になり、事故死か自殺かという悲惨な末路だった。

やはり、過剰からの招待状には、毒があるようである。必要なのは、煌めく過剰からの招待状を断る勇気だが、そんなことが果たして人間に出来るのだろうか。多くの人には、そこまで華麗なる招待状は来ないので、断る勇気を試されることすらない。ああ、幸いなるかな。

一時代前の検索エンジン

今、検索エンジンといえば、猫も杓子もGoogleであり、ときどきYahooが使われている程度だろう。

ところが、一時代前の8年くらい前は、下記の検索エンジンが主流であった:

  1. AltaVista
  2. Lycos
  3. Alltheweb

こんなにGoogle一辺倒では、これらのいにしえの検索エンジンはとっくに引退しているのでは、と思ったら、確かに、Lycosは、ポータルサイトに鞍替えしている。

ところがどっこい、AltaVistaと、Allthewebはまだ現役の検索サイトである。

AltaVistaは、1995年に、DECの研究者によって作成された。その頃はそれなりに画期的であった。そして今もそうして現役の検索サイトであり続けているというのは、何かしら改良し続けているのだろう。しかし、Googleのような壮大な広告計画があるでなし、どうやって運営資金を得ているのか、疑問である。

Allthewebは、ノルウェーのファストサーチ・トランスファがという会社が、1999年中頃に発表した検索エンジンであって、2000年頃には、ある人がいうには、世界最高の検索速度とページ数を誇るサイトである、ということであった。しかし、いつの間にかグーグルの後塵を拝し、2004年にはヤフーに買収された。すると、ヤフーのサイトは、Allthewebのエンジンを使っているのだろうか。

今となっては、Googleの二番手は、Yahooでもなく、ましてやAltaVistaやAllthewebでもなく、百度であろう。なぜ中国なのか、韓国でも日本でもないのか、という思いは打ち消せない。それは、検索エンジン・サーバを自国に置けなかったという著作権法の縛りなのか、もっと技術的問題なのか。もうそんなことはどうでもいいのかもしれない。今更和製検索エンジンを作ったとしても誰も見向きもしないだろうから。

2008年11月 6日

大学大麻事件

以下のような一連の、大学大麻事件がある。

- 昨年11月に、関東学院大のラグビー部員2人がマンションで栽培した大麻を吸引していた事件が発覚。ほかに12人もの部員が合宿先などで使用していたことも分かった。同部は全国大学選手権で6回も優勝した強豪だっただけに、大きな衝撃を与えた。

- 慶応大は2004年以降、毎年のように現役学生の中から同容疑で逮捕者を出し、今回を除いても5人にのぼる。それにもかかわらず、対応については「何も行っておりませんでした」という。

- 自宅で大麻草計約3グラムを隠し持っていたとして兵庫県警が9月、同志社大学の4年女子学生、西田千乃(ちの)容疑者(22)=神戸市東灘区=を大麻取締法違反容疑で逮捕していたことが分かった。

- 大阪府吹田市の関西大千里山キャンパスで大麻を密売したとして、府警薬物対策課と吹田署などは10月15日、大麻取締法違反の疑いで、関西大工学部機械システム工学科4年、市川聖容疑者(24)を逮捕したと発表した。

- 警視庁は10月2日、いずれも法政大学の2年生で当時19歳の少年5人を大麻取締法違反(共同所持など)の疑いで逮捕したと発表した。4人は「キャンパス内の図書館などの個室で一緒に吸っていた」と話し、1人は否認しているという。同庁は、仲間の別の2年生の少年1人についても同法違反容疑で書類送検する方針。

以上は、Webのニュースから適当に切り抜いただけだが、学生が、ちょっと安易に大麻を扱いすぎないか。

確かに、大麻は麻薬の中では、比較的穏健であるとされる。しかし、大麻取締法によると、大麻の無許可所持は最高刑が懲役5年の犯罪であり、営利目的の栽培は最高刑が懲役10年の犯罪である。学生は、下手したら社会的に重い責任を負い、まともに就職できなくなる。

私の経験でも、学生時代は自由な雰囲気に溢れている。わからないけど、禁止されているものを密かに味わうことの格別の愉悦もあるのかもしれない。しかし、リスクが大きすぎる。

もし悦楽奢侈にとりあえず耽りたいなら、合法的に飲酒にしたらどうか。酒は一応、憂さ晴らしの期待に応えてくれるだろう。そこそこに麻雀、パチンコなどのギャンブルをやるのもいい。あるいは、恋に生きるとか(なんか、この文脈で言うのは変だが)。

でも、格好つけていると批判されても私が敢えて提唱するのは、学生たち、もう少し知的な喜びに目を向けたらどうか、ということである。典型的には、読書である。読書といっても、敢えてカントやベーゲルを読みなさいとは言わない。SFでも推理小説でもよい。そういう本も読みすぎると、現実逃避でちょっとおかしくなることがあるが、それでも、麻薬より100倍いい。知的な喜びは、強烈ではないかもしれないが、飽きにくい。

もし、大学に入って気が緩んで、敢えて非合法のアバンチュールを楽しもうというなら、大学を履き違えている。限度を知るべしである。

ところで、大麻を扱っている学生がいるからといって、関東学院大、慶応大、同志社大、関西大、法政大などを非難するには当たらない。それはたまたま不埒な学生がいた、というだけの話である。また、学生を全て檻に入れておく訳にはいかないので、いちいち監督もできない。大学入試で倫理的な選別項目がある訳ではないのだから、高い志の学生だけを集めるということもない。さらには、複数の大麻所持学生がいたからといって、慶応大学の伝統の終わりではなく、新たな始まりでもない。

ただ、罪を犯した学生に対して大麻所持がいかに厳しい社会的制裁になるかをしって、気軽に考えている人に、一罰百戒してほしいだけである。

なお、大麻であれ、いかなる麻薬であれ、これを国家が取り締まるのは、脳という化学的に壊れやすいマシンを持つ人類に鑑みると、必然の政策である。なんらかの自由の侵害というものではない。過剰が溢れている現代にあって、これ以上過剰の横溢は堪えられない。

2008年11月 7日

金融工学について

金融工学の入門書は、私がみた範囲では、今野浩著「金融工学の挑戦」中公新書が分かりやすくて、よい、と思う。それで、この本に従って、私見を入れつつメモしてみる。

金融工学のベースになるのは、資産運用理論であり、その中でも特に、マコービッツの平均・分散モデルが土台となっている。ナイーブに考えると、資産運用では、収益率さえ考えればよいように思われる。しかし、マコービッツは、それだけでは不十分で、収益率の分散として定義される、リスクという概念を導入した。すなわち、マコービッツの理論によると、平均収益率が同じポートフォリオの中では、分散が最も小さくなるように、資産運用される、ということになる。これは、計算としては、条件付最適解を得ることであり、相当しんどい。数学的には、二次計画法というものになる。例えば、東証一部上場の1300社を対象としてこの二次計画法を解こうとすると、分散の式は、169万もの項の式になるので、スーパーコンピュータをもってしても、工夫しないでは解けない。そこで、この困難を乗り越えるために、ウィリアム・シャープが、シングル・ファクター・モデルを提唱した。これは、マコービッツの理論の1つの近似解法であるが、それを逆手にとって、一定の収益率を生み出す無危険資産というものを想定するようになった。この辺、金融工学独特の味わいが感じられる。これが一世を風靡したCAPM理論につながる。しかし、今野氏は、その綺麗すぎる前提に疑問を呈する。次に提案されたのが、マルチファクター・モデルである。要するに、複数のファクターを用いる。4から60個くらいまでのファクターが使用される。

金融工学のより有名な応用は、デリバティブである。デリバティブの場合、典型的にはコール・オプションと、プット・オプションがある。要するに、ある期日に、価格がどうなっているかという確率により、どういう利益がもたらされるかを計算する。そのために、物理学のブラウン運動で使われる、ランダム・ウォークという概念を使用する。この基礎を与えるのが、伊藤清が提唱した確率微分方程式であり、その確率微分方程式を用いて、デリバティブの価格の期待値を定式化したのが、かのブラック・ショールズ・マートンであった。この式には、単位時間あたりの変動率である、ボラリティσという概念も使われる。この計算には、乱数が使われるので、計算機でいかによい乱数を発生させるかが1つのキーとなる。ところで、ある期日まで権利を行使できないのをヨーロピアン・オプションと呼び、期日までの任意の時点で権利を行使できるのを、アメリカン・オプションと呼ぶ。アメリカン・オプションの場合、ブラック・ショールズの公式のような、よい公式が得られていないという。

金融工学の他の応用は、割引率と金利変動モデルである。例えば、国債のような無危険債権があったとき、これの価格は、将来のキャッシュフローを現在価格に割り引いた計算式で計算できる。この割引率の公式を求めるのも、金融工学の1つの課題である。そのとき問題になるのは、金利の変動の予測である。金利の変動がないと予測して計算するのではあまりにもナイーブなので、バシチェク、アイトサハリアなど複数の金利予測モデルが提唱されている。金利予測モデルは、ドリフト項と拡散係数からなる。金利予測モデルは、理論的、演繹的にも計算されるが、この分野の革新と言われたアイトサハリアの金利予測モデルは、米国の戦後50年の短期金利変動データを調べて帰納的にモデルを提唱するということを敢えてやってのけた。この意味で、金融工学は、実験経済学の側面を強くもつといえる。これは短期金利であるが、長期金利はまた、HJMモデルなどの別の理論がある。しかし、私が紙面から見て取るに、長期金利の方は、短期金利ほどきちんとした理論がまだないようである。素朴に考えても、長期金利の方が予測で困難であるにきまっているのであるが。ともかく、単なるブラウン運動の定式化では済まないようである。

金融工学の更なる応用は、証券化と信用リスクの計算である。これは、かのサブプライムローンとも関連し、今では痛々しい理論ではある。さて、ある銀行がある固定金利で住宅ローンを貸すとなると、当然に金利変動のリスクに晒される。そこで金利スワップという方法で、リスクをヘッジする。しかし、固定金利をスワップし切れない場合がある。そこで、そのリスクをヘッジするために、ローンの証券化が考え出された。すなわち、ローンを小口の債券に組み替えて投資家に販売する。債券の購入者には一定期間毎にクーポンを払い、満期には投資家に元本を払い戻す。そのとき、ローン契約者から上がってくる利子の支払いが滞りなければ、利子からクーポンを引いた額が銀行の利益である。問題は、クーポンとしていくら払ったらよいかで、その計算に金融工学の理論が使われる。なぜ金融工学の出番があるかというと、貸し倒れや繰上げ返済を確率的に考慮しなくてはならないからである。さて、面白いのは、この本には、貸し倒れがあっても金融機関は住宅を担保にとっているので、その場合の実質的損失はあまり大きくない、寧ろ、繰上げ返済の方が問題である、と言っていることである。この本の執筆当時(1999年頃)、住宅の値下がりがほどんど問題にならなかったようである。それで、繰上げ返済のリスクに対処するために、パススルー証券というものも考え出された。リスクを分散するためならどんな複雑な仕組みも厭わないといえる。こうして段々、仕組みを考え出した人以外、誰一人として実態が分からない複雑な仕組みになっていく。それだけではない、さらに、住宅ローン債券がデリバティブと組み合わされていく。

次に、信用リスクであるが、米国では住宅ローン担保証券の場合は、原則的に国が債務保証を行う。しかし、民間企業の一般の資産担保証券については、民間企業がある保険料を支払って、万が一の場合、そこから元本を返済することになる。そこで、その保険料をどう設定するかというところでまた、金融工学の出番である。その際問題になるのは企業の格付けであるが、科学的格付け方法というのもまた、金融工学のテーマである、という。従来は、人の主観9割で行われているこの作業を少しでも客観化ししたい、ということである。

さらには、銀行の貸し倒れリスクの計算も、金融工学のテーマである。しかし、通常、1つの銀行が融資する先は数万社はあるはずなので、それに対して貸し倒れリスクを計算することは、スーパーコンピュータ並の計算量を要する。

纏めると、金融工学とは、金融理論あるいは金融データを用いて確率モデルを作り、それを解くことである、と言ってよいかもしれない。出来上がった確率モデルを解くだけなら、数値計算というコンピュータサイエンスの分野であるが、確率モデルの構築に、微妙な、あるいは超絶的なセンスが要求される。計算が数学的に爆発しないアルゴリズムを選ぶ必要もある。また、現実の結果をみて理論を修正できる必要もあろう。

今回の金融恐慌をみて、崩壊しない安定な金融モデルを研究する金融工学のテーマはないのか、とふと思った。しかし、崩壊しない安定な金融モデルだとリスクが低いのでほとんど稼げないだろう。よって、利益とリスクが相伴うという、ハイゼンベルグの不確定原理のようなことが金融工学でもどうしても成立してしまうのだろう。なんと言わずもがなの自明な命題なのだろう。

2008年11月 8日

システム内製化

日経コンピュータの10月15日号によると、システム内製化を図る会社が段々出てきたという。もともと、システム外製化が流行ったのは、IT開発の人員を社内で抱えることが、人件費の点で負担になり、また、熟練した外部IT企業にアウトソースした方が効率的という意味だったと思う。

それでも、システム内製化が見直されてきたのは、次のような理由による:

1.スピード感:システム内製化すると、プログラム・ロジックをよく知る人が社内にいることになる。すると、業務変更のための仕様態様で、プログラムを書き換えるのが容易である。それ以外にも、いちいち見積もりを取ったり、仕様の打ち合わせミーティングしたりという手間がいらないという利点である。このような手間を省けるのでクイックに対応できる、という次第である。

2.スキルの留保:また、内製化すると、開発者のスキルを社内に蓄積することができる。

3.社内業務の熟知:同様に、開発者が、本来的に社内業務に詳しいので、社内業務が盛り込める。

4.障害発生時に、システム内製化の場合だと、勘所が働きやすい。

5.差別化:システム内製化すると、他社と違った独自のシステムを作れるので、差別化しやすい。

このようなシステム内製化の1つの理由は、オープンソースのシステムが普通に利用されるようになったことにある。すなわち、以前のような商用プログラムを使っていた時代には、ソースコードを入手して、それを独自に改変するなど、著作権的にも契約的にも、考えられない。ところが、オープンソースでは、独自にソースコードを改変しても、著作権的に問題はないし、さまざまなオープンソースを組み合わせることもできる。

一方で、オープンソースのシステムを構築したり運用したりするのは大変である。特にガイドもマニュアルもなかったりする。作ったシステムが動かなくても、バグがあって損害が生じても、誰にも責任転嫁できない。よって、システム内製化は、不退転の決意である、といえる。社内の人員のスキルを涵養することが必須である。裏を返すと、スキルのある社員にとって、腕の見せ所である。

システム内製化で必須なのは、上層マネジメントの理解である。なにしろ、システム開発はとても労働集約的な作業で、目的を達成するシステムを構築するのは大変である。このような大変なことが、上層マネジメントのお墨付きなく、周囲から何やってんだ、みたいな目で見られていたら、やってられない。そもそも、大抵の人は、マネジメントが推進しないものをやったって昇進に結びつかないので、よほどの好き者を除き、上層マネジメントの理解が得られないものに着手しない。従って、上層マネジメントの理解がないと、ほとんどの場合尻切れのジリ貧に陥る。

上層マネジメントの理解がないとすると、社内の、いい意味でのはみ出し者みたいな存在が必要になる。ITに詳しくて、ちょっと社内組織や風土に対して斜に構えている。そして、普通の業務をやりながら、こつこつとツールを書いている。そのうちのよいツールは、周囲の何人かに使われて、はっと気づくと、部門内の多くの人がそのツールを使っている。その段階で、そのツールを撤廃することは、業務に支障が出たりするので、マネジメントも、後付で追認してしまうことになる。意外に、こういうパターンから、よいシステムが出てくることがある。というのは、そうやって作られたツールは、周囲に適者生存的な淘汰に晒されるからである。そこを生き延びたシステムは、それなりにどこかよいところがある。欠点があるとしたら、よくも悪くも、個性の発露みたいなシステムだから、なかなか伝承できない。それを社内の伝統みたいに発展させるチームが確立できればいいのだが、するとどこかで、上層マネジメントの強力な後押しが必要になる。ううん、とかく組織は大変である。

2008年11月 9日

冷凍保存死体からのクローン

Webニュースによると、16年間冷凍保存されていた死んだマウスの脳組織から、生きたクローンマウスをつくることに理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の若山照彦チームリーダーらが成功し、米科学アカデミー紀要電子版に4日発表したという。

マウスのクローン技術は確立しているが、冷凍死骸からの成功は世界でも初めて。永久凍土に近い零下20度で保存したもので、若山さんは「凍土から発掘されたマンモスなどの絶滅動物を復活させる技術に将来つながるかもしれない」としている。

その手法は、冷凍マウスの脳組織をすりつぶして細胞核を取り出し、これをマウスの卵子に入れるクローンの手法でES細胞をつくり、さらにこの核を別の卵子に入れて雌のマウスの子宮に戻すというものである。なぜ脳組織なのか、という素朴な疑問があるが、頭蓋骨に守られているので、損傷が少ないのだろうか。ともかく、4匹が正常に生まれて成長し、生殖能力があるのも確認したという。

従来知られている絶滅動物の復活には、死骸から採取した精子を現存する近縁動物と交配させるアイデアが古くからあるが、すると、卵子を提供する母体との混血になって、純粋種とはならない。また、少なくとも精子に、卵子との融合能力がなくてはならなかった。

ところで、マウスならいくらでも現存種がいるので、卵子からクローンの手法でES細胞をつくり、子宮中で育成することに事欠かないが、マンモスのような絶滅種の場合、遺伝子距離が近い現存種を選ぶ必要があり、するとどうしても象ということになる。若山さんは、技術的課題は多いが原理的には可能だ、という。

実際、近畿大学先端技術総合研究所の入谷明教授は、今回の成果を受け、タイ・スラナリ工科大学と共同で、シベリアのマンモスを発掘して冷凍死骸の細胞から核を取り出し、象の卵子を使ってクローン胚を作り、象の子宮で育てる計画だという。

更にこれを受けて、他の絶滅種にも適用できないか、と検討されている。というのは、環境省が、アホウドリ、ヤンバルクイナ、コウノトリ、トドなど50種の絶危惧種の細胞を冷凍保存しているからである。

別の観点は、冷凍保存以外の形態からのクローンの作製である。例えば、剥製の狼から、同様に種を復活させられないか、という観点の可能性も考えられている。

ただ、よく分からないのは、マウスは可能なのに、若山さんが、ラットでは不可能と言われている、と述べていることである。すると、種によって復活させやすいものと、させにくいものがある、ということになる。これは、死に絶えやすい種と、生き延びやすい種との双対なんだろうか。考えると興味深い。その類推でいくと、マンモスが復活可能とはとても考えにくいが、まあチャレンジということか。

それと、もしいろいろな絶滅種を復活可能として、本当に、野放図にやっていいのか、という議論も当然ある、1つには、もし復活しても、環境が変わっており、最早生き延びることはできない、という場合。マンモスの場合、既にそうかもしれない。

もう1つは、ジュラシック・パークではないが、復活種がとても危険である場合。例えば、ティラノザウルスを復活できたら、かなり恐い。ただ、今のところ、ティラノザウルスに子宮を提供できるような動物は、見当たらない。だから、将来、非生体的な胚育成技術が開発されたら、恐竜の復活もありえることになる。

ちなみに、最近話題になっているiPS細胞は、分化能力はリセットすることが出来ても、胚としての育成能力までは、現時点ではもたないようである。よって、この点、iPS細胞は、ES細胞に遠く及ばない。山中伸弥教授も、iPS細胞が出来ても、ES細胞の研究の重要性はまだまだある、と述べていた。

ところで、個人的な感想しては、科学的興味はあるが、死に絶えた種はそっとしておくのが、祇園精舎の鐘に適っていないか、ということなのだが、どうなのだろうか。

オバマ大統領

予想どおり、バラック・オバマがあっさり大統領に選ばれてしまったが、今にして、なんでこう、なし崩しに、と思われてならない。1年前は、確実にヒラリーだったはずである。

そして、私は、シナリオ・ライターがいるように思えてならない。是非ともオバマを大統領に仕立て上げる必要があると考える、一群の人達である。

以下は、ほとんど偏執狂みたいな私の妄想である:

一群の人達には、金融恐慌が到来することは見えていた。サブプライムローンの崩壊は、1年前から始まっていたのだから、今後米国が、史上屈指の困難な時期に差し掛かることは明らかであった。すると、ここで大統領に就くことは、泥にまみれることを意味する。一群の人達は、ヒラリーをその地位に置くことを阻止しようとした。ヒラリー自身は大統領になりたかった。しかし、一群の人達は、ヒラリーを説得した。4年後、国力が回復してからまたチャレンジするのが賢明である、と。こうして、ヒラリーは、民主党での指名から意図的に降り始めた。次第にオバマの人気が高まった。

一群の人達は、共和党にも働きかけて、マケインを候補に仕立て上げた。なにしろベトナム戦争の英雄である。役者として十分である。しかし、下手するとオバマに勝ってしまうかもしれない。そこで、サラ・ペイリンという道化役者が指名された。

サラ・ペイリンは、政治家にあるまじき純朴な人で、指名にはしゃいだ。女性であることと、その庶民感覚が人気を博した。その人気が過剰になってきたので、一群の人達は、あえてスキャンダルを暴き始めた。娘の妊娠問題を始めとして、前にも紹介した、州政府幹部の罷免事件、高価洋服事件などである。果たして、前評判でもオバマの優勢が決定的になっていく。

こうして、大統領選挙が終わった後、一群の人達は、共和党のマケイン陣営に、サラ・ペイリンを責めさせた。敗戦のツケをすべて押し付けるつもりである。例えば、ペイリンが、「アフリカが大陸だと知らなかった」、「夫の衣装だけで4万ドルの買い物をしていた」、「アラスカが国境を接するカナダと、メキシコと米国で構成する北米自由貿易協定の加盟国を挙げられなかった」などである。マケイン陣営の中で「ペイリン派」とされたシューネマン外交政策顧問が、陣営のペイリン氏の処遇をめぐる不満をメディアに勝手に漏らしたことを理由に「先週から放逐されていた」という説も出た。

私は、サラ・ペイリンが好きではないが、しかし、これは明らかに、悪意に満ちた中傷の域に達している。これによって、サラ・ペイリンに全てを負わせて、共和党は復活する意図である。マケインは、楽しく余生を送る。

サラ・ペイリンは、「違う文脈での言葉尻をとらえられた。残酷で悪意にみちた連中、職業意識に欠けたバカ者たちだ」と反論しているがもう遅い。これでは、次期州知事の選挙にも勝てないかもしれない。

さて、一群の人達は、めでたく当選したオバマに、今後、困窮するアメリカ合衆国のツケを負わせようとしていてる。もしオバマが苦闘し、人気が下がるなら、それは一群の人達の思う壺。オバマは暗殺されないだろう。

しかし、オバマの隠れた資質が発揮されるか、世界情勢の僥倖により、アメリカ合衆国が復活し、それによってオバマの人気が高まると、暗殺の危機が増大する。

という、何の根拠もないストーリーであった。

2008年11月10日

内定取り消し

以前、新卒者採用でも書いたように、今年の前半は確かに、就職戦線は売り手市場であったと言える。それは一つには、団塊の世代が定年にさしかかって、企業は抜けた穴を埋める必要があったという事情もあった。

しかし、Webニュースによると、 米国発の金融危機や株価下落が、この数年、「売り手市場」といわれてきた大学生の就職戦線にも影響し始めているという。それで、「経営が悪化した」という企業側の一方的な理由で、9月ごろから「内定取り消し」をするところも出てきて、学生からは「不安でたまらない」「これはひどい」といった声が上がっているという。

こういうことがあると学生は、なんというひどい会社か思うかもしれないが、企業は企業で、金融危機で仕事が激減し、大幅なリストラを考えているところも少なくない。きちんとした社員の身分をもつ者でも、退職を勧告されることがあるのだから、まだ内定という先行予約みたいな法的地位が、金融危機という事情変更で取り消されるのはやむをえないと思われる。

以下、Webに紹介されていた事例:

駒澤大学によると、男子学生2人が、9月以降、企業側の事情で一方的に内定を取り消された。1人は、自動車の部品を輸出する会社に内定が決まっていたが、「経営が悪化した」との理由で10月上旬に取り消しになった。内定は、6月にもらっていた。別の学生は不動産会社に決まっていたが、同じ理由で9月に取り消された。駒澤大学キャリアセンターの担当者は、「学生はその後もめげずに就職活動に励んでいます。でも、こういうことが起こると、本当に困りますね」と穏やかな口調の中にも、怒りを隠しきれない様子であるという。

東洋大学ではメーカーやサービス業から内定をもらった複数の学生が、内定を取り消された。キャリア支援センターの担当者は、企業の人事担当から、『事業を見直すことになり、取り消させてもらう。申し訳ない』という連絡が当センターに入りました。07年は、こんなことはなかったのですが…」といい、戸惑っている様子であるという。

関西でも内定の取り消しが相次いでいるようだ。10月29日付け「朝日新聞」によると、関西の私立大に通う学生は10月中旬、内定をもらった東京の大手メーカーから、電話で内定を辞退するよう促された。大阪市の不動産会社に内定していた男子学生は9月下旬に呼び出され、取り消しを告げられたという。

大阪府立大は「危ない企業の見分け方」をテーマにした講座を10月29日に開催。200人の学生が参加した。関西学院大は「景気と企業の採用活動の関連性」を題材にしたセミナーを11月に開く予定だという。すると、学生は、やりたい仕事よりも、景気に左右されにくい仕事にフォーカスするのか、それも辛い。

法的には、企業は正当な理由があれば、内定を取り消すことができる。契約とはそうしたものだろう。例えば、内定者が内定後に犯罪を犯したり、学歴を詐称していたりした場合など。では、経営の悪化は、内定取り消しの正当な理由に当たるのだろうか。実際的に、経営状態が採用することが困難になったという、企業側の一方的な理由で取り消した場合、内定者は法的手段を取ることができるという。

東京・中央労働局の担当者は、「内定を取り消されて賠償をこうむった場合、損害賠償請求ができます。例えば、内定をもらい、他の会社を辞退した場合などが考えられます。損害額は『次の就職が決まるまでの期間×支払われるはずだった月給』が妥当なラインでしょう」と説明する。しかし、下手に損害賠償請求などすると、アメリカと違って裁判が一般的でない日本では、権利意識が強すぎるとして、企業に敬遠されてしまうと思われる。例えば、私は以前、管理職として採用に拘わったことがあるが、自分の権利を主張することに熱心な応募者には引きぎみであった。というのは、会社というところは、いろいろな利害の絡み合うところで、特に新人のうちは意に沿わないことも多い。そこで一々権利を主張するような社員だと、会社はやりにくくてしょうがいないということになる。

また、Webには、内定を取り消した会社は訴えられなくても、大学内で知られたら翌年から応募が来なくなったり、ネットに書き込まれて「企業イメージ」が悪くなる、とあるが、それは、社会の厳しい現実に鑑み仕方がないのではないか。例えば、リストラされる社員が、会社に対して抱く敵意は半端でなかったりする。というのは、巨額のローンを抱えていたり、まだお金のかかる子供がいたりしても、会社は容赦なかったりするからである。内定取り消しは、学生にとって、1つの耐えるべき試練だろう。

そういえば、私が就職活動していた1978年頃、オイルショックとやらで、就職するのは結構困難であった。ましてや、理学部物理などという実務的でない学科であったし。それでも、2つ内定をもらって、とりあえず取り消されなかった。もし取り消されていたらやはり不愉快だっただろう、と思うが、その後社会に出てからのいろいろな苦労を思うと、そんなの序の口という感想もある。でも、そうやって回り道した自分の経験からいくと、やはり学生は自分の好きなこと見つけて、その方向で努力するのが一番ではないかと思う、景気に左右されやすさではなくて。

2008年11月11日

エチカの鏡

私はテレビ番組をまめにチェックする方ではない。それで、友人から、私の故郷の百島のある有名な老人のことが、11月9日夜9時からのエチカの鏡という番組で、紹介される、と聞いて、えっそうなの、と軽く驚いた。そもそも、少なくとも年に一度は帰省して地元のことはある程度把握している私であるが、百島の有名な老人なんて聞いたこともない。そんな凄い人なんている訳ない。

で、ともかく番組を見てみた。すると、ああ、あの人かと直ぐ分かった。分からなかったら、島民としては、もぐりである。老人とは、旗手正守さんといって、急病のために救急船を操縦する、老人である。旗手という姓は多いので、地元では、いんきょ屋と屋号で呼ばれている。隠居屋と書くのだろうか。確かに、地元では知らない人はいないが、そもそも、島民は650人程度で、互いにみんな顔見知りなのであるから、有名ということがあまり意味をなさない。ある定義によれば、みんな島では有名ということになってしまう。

で、番組で改めて知ったのは、36年間も24時間体制で待機していること、弟さんを事故でなくされていること、そのとき海上保安庁の救急船がなかなか来てくれず、弟さんの治療が間に合わなかったこと、旗手さんの救急船で、赤松光さんが22年前、心筋梗塞の状態を搬送されて一命をとりとめたとのこと、である。不思議なのは、こういうことは意外に狭い島でも、情報が共有されていないことである。それはたまたま、私が実質的に関東に居住していて、父から断片的にしか聞かないせいもあるのだろう。

また、改めて感じたのは、36年間も24時間体制で待機することの凄さである。下手したら法事にも出られない。寝るときも普段着で寝るそうである。普段流石にしゅっちゅう急患がある訳でもないので、島民は、旗手さんに緊急海上タクシー的な依頼をすることが多い。例えば、親が倒れたと、島出身で、東京にいる息子が聞き、急遽夜の新幹線で帰省するとする。すると、新幹線は夜尾道、または福山にに着くが、定期船の最終時刻は夜7時で結構早く、まず間に合わない。そこで、旗手さんに出動を依頼することになる。夜何時だろうと依頼していいということになっている。だいたい、数千円の運賃を払う。しかし、深夜の依頼は、やはり辛かろう。

こんなに大変な労務なのに、表立って感謝している島民はほとんどいない。うちの父が、いつも24時間体制で大変だ、と言っていたのをちょっと聞いたことがあるだけである。島民は、口ではあまり感謝しないものの、大変さはよく知っていて、誰一人あとを継ごうという者はいない。そもそも、運賃収入は入るものの、仕事の大変さに比べてさしたる報酬ではない。なにより、自由を拘束される。そもそも、飲酒運転になるので、晩酌さえできない。だから、旗手さんの緊急時に交替する要員もいない。

言い方の脈絡が変かもしれないが、こういう自分を犠牲にして他人に尽くす仕事というのは、とても神の摂理に適っている。キリスト教の洗礼などの儀式よりもはるかに神々しいというのが、私の意見である。では神はどんな恩寵を賜るかというと、それはまず、金銭的報酬ではない。ただ、他人に尽くすという目的での健康である。そんなで旗手さんは、なんと87歳までこの激務をこなしてきた。

しかし、流石に、87歳という年齢では、生理的な限界である。そこで後継者をどうするか、というとき、旗手さんに助けられた赤松光さんが名乗りを上げた、というのがエチカの鏡の結末であった。

燈台下暗しではないが、あらためて、大した人が地元にいたと感心した。そして、以前部門の下支えみたいなことをしていて、大したことしてないのに、最近はすっかり引き気味の自分が恥ずかしくなった。レベルが違いすぎるのである。

ところで、付記すると、島には、私が子供の頃、確かに医者がいた。京都帝大医学部を出たとかいうインテリであったが、なにしろ90歳を超える高齢であった。その後、高齢の医師が引退すると、60台の医者がやってきて、診療所に詰めた。こうして、10年くらい前までは、確かに一人医者がいたが、市との折り合いがつかず、医者は去り、無医村になってしまった。そういえば、旗手正守さんの弟さんが亡くなられたとき、島には常駐の医者がいたはずであるが、そのときは確か、まだ高齢の医師の時代だったはずである。よって、風邪くらいならいいけど、生死の境の怪我人を診ることは無理だったようである。そもそも、手術設備とてない。だから、島は、恒久的に、半無医村状態なのであった。そういう状態で、急患になると、街にいたら助かる病気でも、島だと手遅れということは十分ありえる。旗手正守さんが名乗りをあげるまでは、救急できちんとした病院に運ばれる可能性はほとんどなかったのである。

理系離れ

新聞の坂村健氏の記事によれば、下記のように世界的に理系離れが進行しているという。

- 工学部の志望者数が、ピークの頃の6割しかいない
- とても就職がいいはずの電子工学科でも志望者が減っている
- 米国でもコンピュータサイエンスの大学の入学者が、2000年の頃から半減している

坂村健氏によれば、なぜそうなっているかというと、理系は稼げないというのがその一番の理由である。すなわち、ある統計によると、生涯賃金の平均でいくと、理系は文系よりも5000万円低いという。

おかしいではないか、数学が嫌いだから文系に進むという人は沢山いるが、古文や世界史が嫌いがたら理系に進むという人はあまりいない(私はそうであったが)。すると、消去法で進む方が恵まれるというのは、私ならずとも割り切れない。

その理由を坂村氏は、仕事のパターンが米国型になっているせいである、と説明する。すなわち、米国型の資本主義では、その人の個人的な生産性ではなく、その人がコントロールする資本(配下の組織、設備、資金の力)がその人の生産性である。すると、管理的な業務に就き、理系出身者も含む配下の実務担当者の働きでもって評価されるというのが、高い収入を得る途ということになる。

実は管理的な業務に理系が向かないというのは1つの偏見であると私は思っている。しかし、技術的なことを追求することで、対人よりも対物というか対技術な方に没頭してしまう、という傾向が出てくることは、ある程度あるだろう。こうして、全体を管理する立場は、やはり文系の方が相応しいのでは、というのが世間の常識である。

それでは、理系の会社内での昇進経路はというと、1つは、画期的な技術を研究・開発することである。しかし、発明は水ものであり、歩留まりはよくない。そういう経路で昇進することは、営業で高い売り上げで認められるより簡単とはいえない。

理系の会社内での別の昇進経路はというと、私の言い方だと、文系的に日和って、研究管理的な職位に就くことである。例えば、開発契約とか、予算取りなどにフォーカスする。それは、実は研究に向かないと気付いてしまった理系人にとっての昇進の突破口だったりする。

こうして、功利に走るなら、昇進が人生の重要なことであるなら、理系的生き方は、成功率が低いというのは仕方ないことだと思われる。

それでも理系的な生き方がいいのではという売りは、仕事の面白さである。私は、会社で一度も研究・開発業務に就いたことがないので、研究・開発の面白さを実体験していないが、特許の仕事を通じて、エンジニアを身近に見、会話する立場にある。そうやってエンジニアなら研究者と話していると、実に活き活きしていて、開発テーマが面白くてならない、という雰囲気が伝わってくる。こういう純粋の面白さは、営業担当者からはなかなか感じることでできない。やり甲斐や責任感は感じても、仕事を遂行するための対人的に面が多すぎて、純粋に仕事を楽しみにくいのではないかと思われる。

すると、生涯賃金が5000万円低くても、好きなことをやって生きていければそれでいいじゃん、という人が理系に行けばよく、いつの時代になってもそういう人はきっと必要十分な数だけ揃うことを、私は信じて疑わない。

あ、1つ言い忘れていた。理系的に凄く稼ぐ生き方として金融工学エンジニアがある。その数学的アルゴリズムとプログラミングのスキルで、銀行や証券会社で独自の地歩を築き、うまくいくとトレーダーのような高い収入を得ることができる。しかしである。今のような金融不況にあって、金融工学エンジニアが今までのように重んじられるのか、というと、疑問である。

こうして、まあ文系でも理系でもいいから、好きなことやるのがいい、という平凡な結論になってしまうのである。

2008年11月12日

才能の涸渇

先日の小室哲哉の事件に関連して、才能の涸渇とはどういうことかと考えてみた。それでさらに、昔読んだ、渡部昇一の「発想法―リソースフル人間のすすめ」講談社現代新書の記憶を辿ってみると、次のようなことではなかったかと思う。

すなわち、才能を涸渇させない、リソースフル人間になるためには:

- 複数本の井戸を掘ること
- いくつか外国語が読めること
- 静謐の時間をもつこと

ではなかったかと思う。実は、本棚の奥に、「発想法―リソースフル人間のすすめ」はあるのだけれども、敢えて、最小の記憶の材料をベースに自分の頭で考えてみることにした。

先ず、複数本の井戸を掘ることであるが、なぜ複数本かというと、井戸が一本しかないと、汲み続けると涸れてしまうことがあるからである。特に、汲み過ぎると、二度と水が湧いてこなくなる。小室哲哉の場合、一本の井戸を短期間で汲みすぎたのではなかろうか。それで、二度と湧いてこなった。小説が書けるとか、ビートたけしのように映画がプロデュースできるとか、複数本の井戸があれば、一本の井戸から汲んでいるうちに他の井戸に水が溜まってくるので、なんとかなったりする。だから、もし一本しか井戸がないなら、小規模でも、もう一本井戸を掘っておくのがよい。将棋がとても強いなら、初心者として囲碁もたしなんでみる、とか。

また、いくつか外国語が読めることは結構重要である。例えば、日本語に訳されていない英語のよい文献は沢山ある。だから、英語が読めると明らかに、教養の幅が広がる。他に、フランス語やドイツ語、ロシア語が読めればなおいいが、あまり外国語の勉強に時間を使いすぎると、語学倒れになってしまうので注意が必要である。私が昔韓国語を勉強した1つの理由が、日本に紹介されていない韓国の小説を読むことであった。しかし、それは早々に挫折した。結構大変である。

静謐の時間をもつことはどうしても必要である。というのは、人間のインスピレーションは、静謐の中から湧き上がってくることが多いからである。静謐という意味をここで広く解して私は、非物質的とも言いたい。すなわち、物質的な悦楽奢侈に浸ると、必ずや精神的な才能は毀損される、という私の信念がある。なぜなら、精神的な才能は、非物質的なものの波長に根ざしており、物質のシャワーの中で、どんどん溶解していくからである。そういう意味で、小室哲哉の音楽の才能は、100億円稼いだ時点で急速に腐り始めていた。もしかして肉体的才能は違うかもしれない。すると、プロ野球選手は、何十億円稼いでも、意外に肉体的才能は壊れないかもしれない。

私はさらに、リソースフルであることの根幹に、哲学的であることがあると思う。哲学的と言っても、イデア論を展開したり、ヘーゲルを読んだりすることが必要である訳ではない。要するに、物事を根源的に考えることである。例えば、息の長い芸能人として、タモリやビートたけしがいるが、彼らから、どことなく哲学者の雰囲気を感じるのは私だけだろうか。タモリはそもそも、早大文学部哲学科中退だという。小室哲哉からは残念ながら、哲学的雰囲気を全く感じることがてきない。そのことが、彼の曲の平板さにつながっていると思う。高々イージーリスニングで、サザンの桑田のような個性がないのである。結果論でものを言うなと言われそうであるが。哲学的であるとよいのは、物質的な楽しみに待ったをかけることである。よって、哲学的であると、そこそこリッチさを楽しめるが、どこかで溺れることに歯止めをかけてくれるかもしれない。その点、ビル・ゲイツは、あれだけの資産に恵まれながら、溺れていない。大したものである。思想的に一本、筋が通っている。多少の傲慢さは仕方ないにしても。

また、物質的な悦楽奢侈に浸ると、必ずや精神的な才能は毀損されると書いたが、なんであれ、強すぎる欲望は、リソースフルであることの障害である。子泣き爺のようにしがみついて、才能を押し倒してしまう。ハングリー精神というのとは違う。要するに、名声や欲望に拘泥しないことである。

最後に当然のことを言うが、リソースフルであることと、そうやって発揮した才能が当たって稼げることとは別である。だから、リソースフルであっても貧乏かもしれない。しかし、精神的に豊かな暮らしが送れるとは思う。楽観的すぎるか。

2008年11月13日

「おふくろさん」騒動

Webニュースによると、歌手森進一(60)が再び「おふくろさん」を歌えるようになったという。6日、都内で作家の故川内康範さんの長男(60)と森が共同記者会見を行い、和解成立を発表した。川内さんが昨年2月に歌唱禁止を突き付けてから1年8カ月ぶりに封印が解かれた。

きっかけは、騒動の発端は2006年のNHK紅白歌合戦。森が「いけない息子の僕でした」などと原曲にない冒頭詞を入れて「おふくろさん」を歌ったことで、「無断で変えた」と激怒した川内さんが、森に歌唱禁止を通告。森も「川内作品を封印します」と宣言し、「おふくろさん」など川内作品33作すべてを人前で歌うことをやめていた、という。

確かに、無断で原曲にない冒頭詞を入れるのは、原作者の趣旨から言って厳密にはいけないことであるが、そんな激怒するようなことだろうか。別に、「こんなつまらない歌詞・・」のように言った訳ではない。森進一の意図は、そんなに原曲から外れていないと思う。そう言っては悪いが、川内さん、一種の老人呆けの激情ではあるまいか。

このままでは、川内康範さん自身の名誉が傷つく。そこで、川内さんの長男で弁護士の飯沼春樹さん(60)は、条件付きで「封印を解いた」と話した、ということで、紛争処理に熟練した弁護士らしい対応といえよう。

それで私が著作権に関して普段考えていることを書く。昔、初めて、Linuxなどのオープンソース・ソフトウェアの契約であるGPLの文言を見たとき、なんと質面倒くさいことをユーザーに要求しているのだ、と思った。そしてその根拠は、一片の著作権に過ぎないのである。

例を挙げると、例えば、私が友人から本を借りるとしよう。その本の所有権は友人にあるので、私は単に、借り手返すという債務を有するだけである。そこで、友人が、本の所有権をもとに、この本を読むからには、まず100ページにある前提を読み、次に、巻頭言を読み、それからおもむろに、全体を読んで、感想を○月○日までに自分にメールで知らせること、という条件つけたとしても、それは何も違法ではないが、しかし、少なくとも、本の所有権だけをベースにそこまで言われる所以はない、という感想となる。さらには、この本読んで、正しくないことがあって君の誤解につながってもその責任はこちらにはないのだということを改めて確認してほしいと言われるとか。それと似たことをGPLから感じた。

川内さんにしてもそうで、たかが歌詞の著作者人格権をもっているくらいで、同一性保持権を過度に主張しないでほしいと思うのである。川内さんは、森進一氏のおかげで印税が入り、知名度も上がった面があろう。すると、ギブ・アンド・テイクではないか、一方的に怒るのはどうか、なにも名誉を傷づけた訳ではあるまい、というのが、素朴な私の感想である。

著作権を変に重んじすぎではないか、一旦発行されたものはもっと公共財的なものではないか、と最近ふと思う次第である。

2008年11月14日

深浦の軽率

先日の11月1日の囲碁・将棋ウィークリーを見ていて、ああっ、と思った。将棋のゲストは深浦王位である。それで、将棋日本シリーズの話題になったとき、深浦は羽生を破って決勝に進み、決勝の相手は花村一門の兄弟子、森下なのであるが、森下さんに対してはどうなのですか、と聞かれたとき、深浦は、確か1勝4敗です、あの腰の重い棋風が苦手で、みたいに言っていた。そこまではいいのだが、言いすぎだと思ったのは、私的には、羽生さんよりも森下さんの方が強敵です、と言ったことである。

おそらく羽生もこの番組見ていたはずで、カチンと来ただろう。なに、たまたま五分に近い星だからといって、そういう言い方はないだろう、と。

実は、11月5日号の週刊将棋の王位戦特集でも、羽生さんは神様じゃないとか、少なくとも羽生さんも人間だと思って戦っています、とかの深浦の談話が載っているが、これも勝負師なら発言に気をつけた方がいい。

おそらく「定跡」では、次のように言うべきだろう。「羽生さんには、たまたま2期連続で王位戦で勝たせて戴きましたが、本当に運がよかったと思っています。実績も実力も到底及びません。死に物狂いで戦ったら、たまたま結果がああなっただけです。」と。

この辺で不用意な発言をしてしまうところをみると、深浦は、一流棋士であっても、超一流棋士ではないようである。すなわち、超一流棋士なら神経質なまでに、この種の発言は避ける。ちょっとええっ、と思ったのは、谷川が以前、永世名人のリストをみて、羽生さんがいないのはおかしいとつぶやいたことであるが、あれは羽生を持ち上げる方向なので、すくなくとも羽生大魔神を怒らせることにはならない。しかし、森内を刺激してしまったようで、今期のA級で、谷川はしっかり森内に負かされてしまった。

今まで、羽生なんて大したことないと言ったことがある人は、芹沢、田中寅彦、日浦である。

芹沢は、谷川を絶賛していた。そのこと自体は紛れもなく妥当であると思うが、なせか羽生に対する評価がよろしくなかった。本物じゃない、というように言っていた。それは終盤の悪粘りを、自らの美学に合わないと切り捨てていたのではないか。しかし、芹沢をして一流棋士に列せしめなかったのはまさに、その勝負に対する辛さと執念ではあるまいか。

田中寅彦、日浦は、数少ない対戦成績で羽生に勝ち越し、羽生キラーなどと呼ばれていい気になっていた。しかし、その後羽生との対戦はほとんどないのではないか。なぜなら、羽生に当たる前に、彼らが早々に敗退してしまうのからである。その結果、もしかしたら対戦成績はまだ羽生に勝ったままなのかもしれないが、最早誰も問題にせず、せいぜいが、俺は羽生に勝ち越しているんだぜ、との酒席の話題にしかならない。

その点、深浦は違う。50局以上も羽生と指し、ほとんど五分の成績は、誰も真似できないものである。その意味で深浦の実力を疑うものはいない。その著書、「最前線物語」は紛れもなく名著である。おそらく、序盤に詳しく、腰の重い棋風が、対羽生に適合しているのだろう。ただ、不満なのは、どうしてもA級でなかなか勝ち越せないことである。なにがいけないのか、もちろん私にわかろうはずもない。しかし、佐藤康光などと比較したとき、独創性と、終盤の踏み込みの深さで、あと一歩なのかも、と勝手な想像をする。すると、ここのところを克服しないと、羽生を怒らせ且つ、羽生との対戦が増えると、次第に負けが混んでくることが考えられる。

ただ、突き離した言い方すると、羽生に勝とうが負けようが、深浦の将棋界における個性は貴重である。地元佐世保へのこだわりもいい。もしかすると、羽生に関して一見無神経な言い方するのも、地方出身者としての田舎者度を残しているからかもしれない。もしそうなら、それもまたよしである。下手に洗練されてほしくない。それは、僻地離島出身者であることをいつまでも引き摺っている私であるがゆえの望みでもある。

2008年11月15日

クラウド・コンピューティング

最近、クラウド・コンピューティングが話題になっているので、ニコラス・G・カー「クラウド化する世界」翔泳社を読んでみた。すると、クラウド・コンピューティングというのは、そんなに目新しいことを言っている訳ではないと思われる。

「クラウド化する世界」によると、まず、電気の例が挙げられる。電気は、モータの駆動など、明らかに産業上有用なものであるが、当初は、各工場で、自前で発電していた。そのため、発電機のメーカが隆盛していた。

ところが、エジソンでなく、インサルという経営的天才があらわれ、発電所というビジネス・モデルを考えた。これによれば、各工場は、自前で発電のインフラを用意する必要はなく、遠方から送電線を伝わって送られてくる電気を消費し、その消費量に見合った料金を払えばいい。

「クラウド化する世界」は、これとの類推を、ITインフラに当てはめる。すると、自社でサーバを抱えることなく、サービス提供会社の遠方のデータセンターのサーバにWebブラウザでログインし、そこからサービスを受けることにより、面倒なシステム構築も、サーバのメンテナンスも不要になる、というものである。これは、SaaSとも呼ばれているサービス形態である。電力のように、ITサービスも、ネットで配信可能ということである。

これを可能にするのはまず、光ファイバなどを駆使した高速ネットワークである。これがなくては、遠方のサーバにログインしたときのパフォーマンスが維持できない。次に、ムーアの法則に例示される、ハードディスクを含むハードウェアの価格低下である。この価格低下によって、大規模なデータ・センターを、広い土地を利用しても従来よりも安いコストで提供することが可能となった。

さらなる要素として、典型的にはLinuxである、サーバOSとしてのオープンソース・ソフトウェアの普及である。これによって、ソフトウェアのコストを激減することができた。

こういうインフラができると、雲のように世界中に広がっている任意のコンピュータ環境を、もちろん使用が許されている範囲であるが、自分のローカルPCに直接アタッチされているものとして使うことができる。これそこが、クラウド・コンピューティングの定義であろう。

そこで、ユーザーは、全世界に広がるクラウドのようなコンピュータ・リソースをうまく利用できる、という次第である。電気、テレビの電波などと同じである。

ただ、個別の会社やユーザーが、独自のITインフラをもたず、クライアントPCだけを利用して、データセンターにあるコンピュータ・リソースを利用できることで、すばらしい環境が実現されると考えたら、それは楽観的過ぎる、ということである。そもそも、ネットワークを通じてハードウェア資源をレンタルするという、ホスティング・サービスは、既にある。問題はソリューションとなるアプリをどう作るかであり、それには莫大なノウハウを傾注する必要があったりする。それはクラウド・コンピューティングの中で自動的に解決できる訳でもない。だから、クラウド・コンピューティングを喧伝することに大した意味はないと思う。

「クラウド化する世界」が言及する別のテーマは、クラウド・コンピューティングがつくりだすインフラの社会学的側面である。すなわち、世界中の人がネットで密に結合された社会では、ネットによって社会のコンセンサスが決まったりする。なんと民主的なことかとバラ色の未来を描く人もいるかもしれないが、あまりに緊密に結び付けられると、物理学の相転移のように、意見に偏りが生じてしまう。すなわち、偏見が増幅して、却って酷いことになってしまうことがある。普通に会って話すなら冷静に話せるのに、メールやチャットで議論するとどんどん険悪になっていく経験をした人は多いだろう。

よって、クラウド・コンピューティングは、なにか実体的なもので中和する必要がある。それがなにか、私にはまだ分からない。ともかく、クラウド・コンピューティングの名前が先行しているものの、それはなんら斬新なものではなく、バラ色の未来を約束するものでもない、と指摘したい。

2008年11月17日

無害な精神病

立花隆の「ぼくはこんな本を読んできた」という本の最初の方を読んでいたら、「僕は、勉強というのが本当に好きなんです。・・・パチンコをしたり、友だちとしゃべっていたりとか・・・いわゆる世の中の人が楽しみにしていることが、僕には全然楽しくないです。」とあった。こういう気持ちは分からないではないし、私にも多少そういう傾向はある。だから、ちょっと前だときっと、ああ、立花隆みたいになりたい、と思ったかもしれない。

しかし、さきほどふと、こういうのってもしかして一種の精神病なのではないだろうか、と語弊のあることを考えはじめた。

同様の趣旨で、ペトラルカに「私は、学ぶことのほか、何も喜びを感じない。」という箴言がある。だから、昔から、こういう勉強埋没的な人というのは、一定の比率でいる、ということになる。

もどって、なぜそれを一種の精神病と思うかというと、流石に、友だちと話すよりも本を読んで勉強する方が楽しいと思い続けるのは、人間として変で、程度によっては病気と呼んでもいいのではないか、と自分のことを棚にあげて思うからである。

実際、世間でもそういう人は変人扱いされるが、それが病気と呼ばれないのは、あからさまに他人に害を及ぼさないからである。例えば、少なくとも急に刃物を振り回したりはしないだろう。もし暴力的な行動に出るとしたら、別の病気も併せ持っている、ということになる。

しかし、やはり病気だと思うのは、勉強埋没的だと社会生活に支障をきたすことがあるからである。例えば、よほど忍耐強い奥さんでないと、勉強埋没的な亭主とうまくやっていけないだろう。実際、立花隆も、確か一度結婚して離婚しているはずである。

と思ってさらに「ぼくはこんな本を読んできた」を読み進めていると、性欲がやたら強い異常性欲者や、食欲がやたら激しい異常食欲者がいるるように、異常知的欲求者というのがいて、自分もそうだ、というくだりがある。すると、私の、勉強埋没的な人は、無害な精神病である、という認定もあながち的外れではない、ということになる。

それでも、勉強埋没的な人達が勉強し、研究して、科学を発達させ、文化を増進させている、万々歳ではないか、というストーリーになるが、それに対しても私は異議を申し立てたくなる。すなわち、勉強埋没的であると、他人との協調性を欠き、我侭になって、自己中心的になってしまうのである。昂じると、知的好奇心以外のことはどうでもよくなり、すると、例えば原爆の研究のように、便利さだけでなく災厄ももたらすことにもなる。この辺、あまりロジカルではないが。

でも本当は、文化の進歩は、利他性を高める方向に進むべきであろう。勉強埋没的であることは、それと逆行しているような気がしてならない。すると、無害な精神病は実は、ロングレンジでみると、無害ではなかったりする。

それでどうしてよいか分からず私はまた、本の世界に逃げ込む。もとの木阿弥である。

2008年11月18日

宗教学と宗教哲学

宗教学と宗教哲学はどう違うのだろう、と人によってはどうでもいいのではないかと言いそうなことを考えてみた。そこで、典型的という訳でもないが、下記の文献に拠る:

宗教学は、名著の誉れ高い、岸本英夫「宗教学」原書房。

宗教哲学は、たまたま本屋で目に付いた、量義治「宗教哲学入門」講談社学術文庫。

実はその模範解答が、岸本英夫「宗教学」の最初の方にある。まず、宗教に対する態度として、主観的立場と、客観的立場がある。これを横軸とする。一方で、宗教の前提をそのまま是認する立場と、宗教の前提を批判的に検討する立場がある。こうして次のような図式が描かれる。

主観的、前提是認的:神学
主観的、前提批判的:宗教哲学
客観的、前提是認的:宗教史
客観的、前提批判的:宗教学

ある意味、岸本英夫氏の示唆に基づき私の見立てによると、宗教学は、宗教に関する最もドライな学問である、ということになる。

岸本英夫「宗教学」は、次のような章からなる。
- 宗教をどう定義するか
- 宗教の基本的構造と機能
- 個人の場における宗教
- 宗教的行為の形態
- 信仰体制の形成
- 宗教思想の諸相
- 社会の場における宗教

宗教をどう定義するか、のところでは、神を立てることが必須でないことを明確にする。例えば、仏教やアニミズムがそうである。そして、次のような作業仮説的設定をおく:「宗教とは、人間生活の究極的な意味をあきらかにし、人間の問題の究極的な解決にかかわりをもつと、人々によって信じられているいとなみを中心とした文化現象である。」そして、但し書きとして、「そのいとなみの関連において、神概念や神聖性を伴う場合が多い。」

この定義からいくと、もしかして、マルクス・エンゲルスの唯物論のような、物質に関する法則で世界を説明し尽くそうとする立場も、人間生活の究極的な意味をあきらかにしようとしている点で、宗教であるといえなくもない。

宗教の基本的構造と機能では、宗教がまず、人間の欲求などの問題としてあらわれてくることを明らかにする。実際、奇妙な言い方であるが、機械のパフォーマンスを向上させるために、宗教が登場することはまずない。

個人の場における宗教では、宗教が「究極の」人間の行動規範であることを明らかにする。

宗教的行為の形態では、呪術や儀礼、布教活動などについて論じる。

信仰体制の形成では、宗教的修行の形態について論じる。

宗教思想の諸相では、宗教哲学の領域に踏み込む。そして、この点は議論の余地は相当にあるだろうが、究極的な解決の可能性を主張するのが宗教思想である、とする。

社会の場における宗教では、宗派、宗教集団、行動定型などが論じられる。

以上、宗教学とは、割り切って言ってしまうと、宗教のハードウェア的側面の研究である。では、宗教哲学は、宗教のソフトウェア的側面の研究なのか。その答えは、容易でない。量義治「宗教哲学入門」の帯には、「なんのために宗教はあるのか」とある。それは、宗教哲学の主要な問いではないような気がする。思いつく1つの定義は、宗教哲学とは、宗教思想を通じて、人間及びその世界観を探求する試みである、というものである。

量義治「宗教哲学入門」は、宗教には「文化としての宗教」と、「信仰としての宗教」の側面があるとする。そして、宗教哲学は、「信仰としての宗教」に関わるものであるとする。すなわち、「文化としての宗教」に関わるものとして、ここで宗教学の再定義が与えられているのである。

特に、量義治「宗教哲学入門」では、仏教、キリスト教、イスラム教の思想的構造が論じられる。さらにそれらの各論から発展して、救済の問題、絶対者の問題、信仰の問題、真理の問題と論じられていく。私としては、多神教の可能性、汎神論、非人格神などについても論じてもらいたいが、すると、最早宗教哲学ではなく、神学であろうか。

このように、宗教哲学の境界は曖昧である。本当は、宗教学も、もともとは宗教哲学をも含むように曖昧なのであるが、きちんと客観的に研究しえる枠組みとして再構成したところに、岸本英夫の功績があると思われる。

以上、自分が思考するためのベースを素描してみただけである。

2008年11月19日

Top 500 supercomputer

http://www.top500.org/によると、世界のTop 500のスーパーコンピュータは、ベンダ別に分けると、下記のとおりである、という。現時点(2008/11/18)で、世界最速のスーパーコンピュータは、米国のロスアラモス国立研究所の1105ペタフロップのIBMのもので、Roadrunnerと呼ばれている。それを追いかけるのが、米国のオークリッジ国立研究所ののCray XT5で、1059ペタフロップ、僅差である。これは、Jaguarと呼ばれている。不勉強で、いまだにCrayがこの分野で健在とは知らなかった。

これを見ると、スーパーコンピュータのシェアは、IBMとHPが圧倒的である。地球シミュレータで一世を風靡したNECも、ちょっと影が薄い。健闘しているのが、DELLである。単なるPCメーカではないようである。

では用途はというと、Research, Finance, Geophysics, Semiconductor, Information Service, Service, Logistic service, software, hardware, Information Processing Service, Energy, WWW, Telecomm, Weather and Climate, Retail などの順に続く。

Researchという括りは粗いが、量子物理、天体物理、原子核反応、化学反応、創薬、遺伝子解析などなのだろうか。次にFinanceが来るのが、いかにも「今風」である。確かに、金融工学は、直ぐに計算量が爆発してしまうので、コンピュータのリソース食いではある。

ただ、スーパーコンピュータは、エンドユーザ向けではないで、1台の価格は高いが、総売上では、どうしてもPCに及ばない。まあそういうせせこましいことは言わないで、スーパーコンピュータは、宇宙船のように、人類の夢の一翼を担うものと考えることにする。



Cray Inc. 16 3.20 %
Dell 25 5.00 %
Fujitsu 4 0.80 %
Hitachi 4 0.80 %
IBM 208 41.60 %
Intel 1 0.20 %
NEC 1 0.20 %
SGI 22 4.40 %
Sun Microsystems 4 0.80 %
Appro International 4
Linux Networx 4 0.80 %
Transtec AG 1 0.20 %
Self-made 3 0.60 %
Hewlett-Packard 184 36.80 %
California Digital Corporation 1 0.20 %
Bull SA 3 0.60 %
T-Platforms 2 0.40 %
NEC/Sun 1 0.20 %
Hitachi/Fujitsu 1 0.20 %
DALCO AG Switzerland 1 0.20 %
ClusterVision/Dell 2 0.40 %
Koi Computers 1 0.20 %
TeamHPC of M&A Technology 1 0.20 %
Pyramid Computer 1 0.20 %
ACTION 2 0.40 %
UNICORNER/Fujitsu-Siemens 1 0.20 %
ClusterVision/IBM 1 0.20 %
SKIF/T-Platforms 1 0.20 %

2008年11月20日

いい夫婦

Webニュースによると、30代~50代の男女の約8割が自分たちを「いい夫婦」と評価しているという。ある会社が「11月22日(いい夫婦の日)」を前に調査を実施。東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県に住む30代~50代の既婚男女計1026人から回答を得たという。

その結果、全体の77.5%(男性78.1%、女性76.8%)が「いい夫婦と思う」と答えた。「いい夫婦」の定義は複数回答で「お互いの信頼」(77.8%、82.5%)がトップ。ほかに「自然体でいられる」(62.2%、78.9%)や「コミュニケーション」(66.5%、70.4%)などが挙がったという。

これを見て私は、本当か、と目を疑った。というのは、夫婦とは違うけれども典型的な人間関係で、会社の上司と部下の関係があるが、ものの本によると、よい上司は、1%しかいないという。

会社の上司・部下の関係とは違って、一応自分で選べる関係である夫婦は、流石に、互いによい夫婦と思っている夫婦が1%ということはないだろうが、自分の周りをみていて、せいぜい、2~3割程度かと思っていた。私がどちらに属するかは、このブログを見て戴いている方には自明だろう。

私の両親も、やはり、いい夫婦のカテゴリには属さないと思う。親戚をみていても、うまくいっていないところが多い。

うまくいかない原因は、互いに人生観が違って、妥協できないところにあるようである。そもそも、寛容であることを美徳とみなさない人だと、多分うまくいかないだろう。ところが、自分の価値観を相手に押し付けることが、善意であると思い込んでいる人が少なくなく、そうすると間違いなく、いい夫婦のカテゴリに入らない。

あと、外的要因も大きい。リストラになるとか、病気になるとか、親戚から余計な介入を受けるとか。そういう災難にあって、普通夫婦は、一致団結して結束するということにはあまりならない。大抵、互いの欠点が増幅されて、どんどん関係が悪化する。

それで思うのだが、男女を問わず、自分の友人関係をみてみると、長く付き合っているのは、ウマが合う人ばかりである。そういう友人選択と類似の基準を、果たしてどれだけ配偶者の選択に適用しているかが、勝負の分かれ目かもしれない。例えば普通、イケメンかどうか、セレブかどうかで友人を選んだりしない。ところが、配偶者選びとなると、容姿、財産、地位、家柄などが入ってきて、錯綜する。

で、結婚して、そこの基準で入っていないことが重要であることに気付いて後悔する、という次第である。そういう自分の基準からして、全体の77.5%が「いい夫婦と思う」のは、とても意外で、見栄をはって回答してんじゃないの、とさえ思ってしまう。

単に、自分と共感できる仲間が沢山いてほしいという淡い願望なのかもしれない。

2008年11月21日

傲慢な生き方

自分は地味でおとなしく生きているタイプだと思っているが、冷静に半生を振り返ってみると、そうでもないようである。そこで、就職してから今に至るまでの自分の軌跡を簡単にメモしてみる。

大学時代の後半、スチューデントアパシーになって、あまり大学に行かなくなった。大学院に行って研究者になるどころではない。そうしてアルバイトしながらぼやぼやしていると、母親が早く卒業して就職しろ、という。当然である。母親は、私が狭い専門の研究者などなるべきでないと言っていた。おかしくなる、と言われた。あまり素直でない私は、その言い方に大変反発したが、今となってみると、性格的にも能力的にも、まるっきり妥当でなかったともいえない、認めたくないが。

で、最低限の単位を揃えて、1年留年という形で、卒業できる見込みとなった。それで就職であるが、本当にどうでもいいと思い、リクルートの会社案内の冊子を適当に見開き、そこを受けてみることにした。資本金10億程度のスイッチとコネクタのメーカである。とりあえず電話してみたら、面接に来てください、というので、大阪行きの新幹線に乗った。八尾というところにある会社だった。八尾には、母方の叔母がいるので、そこに泊めてもらうことにした。

結局面接したら、アットホームな雰囲気で、採用通知がきた。特に嬉しくなく、これで極楽のような学生生活ともおさらばかと思うと、残念でならなかった。

そういう大阪の郊外の中小企業に行くことにしたのは、なにしろオイルショックで不景気で、しかも物理学科ときていては大企業の募集がなかったことと、地方とはいえ国立大学を卒業して中小企業に入ると、優遇されるのではないかという甘い観測があった。研究などの要職に就けるかとも思った。

ところが、その八尾の中小企業で、担当させられたのは特許の仕事だった。いまでこそ知的財産といって花形だが、当時は、理系でエンジニアが務まらないような人が、地味に担当するような仕事だった。研究部門の責任者は、私が実際的でないように見えたようである。実際、不器用で装置など作るのが下手なので、そうかもしれない。

特許の仕事はというと、事務的な作業しかなく、退屈で仕方がなかった。また、上司が鈍重な人で、ついいろいろと意見していたら、癇に障ったのか、叱られるではなく、仕事が与えられず干されてしまった。今にして思えば、10年選手のようにいっぱしの口をきいていたらしく、しかし私は自分の傲慢さに気付いていなかった。ただ、干されることは異常な試練で、適当に本を読んだりしていたが、いよいよ精神的に追い詰められてしまった。なんとか2年半頑張ってみたが、限界に達してしまった。

そこで失恋もし、最悪の人生だとつぶやきながら、大学の先輩たちがいる東京へと出てきた。とりあえず、調布の国領というところにある、別の会社をみつけることができてからである。

そこが、特許の仕事を離れるよいチャンスだったかもしれない。しかし、東京に出てきてやはり特許の仕事にした。経験が活かせるからである。国領の会社の特許部門でよかったのは、特許明細書の実務を教わることができたことである。とても嫌で意地悪な先輩だったが、それなりに基礎は叩き込まれた。私は傲慢なので、その先輩が馬鹿にみえて仕方がなかった。そうしていると好かれる訳もなく、また、ある宴会で、ふざけて、他部門の知り合いの女性に抱きついたら(いまだとセクハラだが、当時は緩かった)、その女性が実は先輩の彼女で、私に対する先輩の敵意は決定的になった。

それでも意外に我慢強い私は、国領の会社に3年半いたが、いよいよたまらなくなって、新聞で募集があった外資系のコンピュータ会社に応募した。友人も前に落ちたということで、受かるとは思っていなかった。しかし、どういう訳かラッキーで採用された。またしても特許の仕事である。やれやれ。

その外資系のコンピュータ会社には流石に、優秀な人が多くて、傲慢な私もやっとある程度、謙虚になることができた。でも、しばらく様子をみると、本質的に冴えた人って、部門内にそんなに多くないのでは、とまたしても傲慢さがもたげてきた。そんな中でMさんは流石に冴えていた。コンパイラとかオペレーティング・システムの難しい本を読みこなし、C言語にも詳しかった。私が唯一プログラミングを教わったのがMさんである。Mさんには私のダサいコードを馬鹿にされ、私は反論できなかった。ところが、Mさんは30台半ばで若くして、急性白血病で亡くなってしまった。私は呆然とした。

なにかの間違いで管理職になってからは、私は、米国本社から来る上位マネジャにも傲慢さを発揮するようになった。英会話を勉強したのは、ちゃんと反論できるようになるためである。外資系はリベラルで下の者が上の者にフランクにものが言える、と考えていたら、それは、外資系を知らないといえる。実は、日本の会社の方が腹芸というか、やり過ごしが効く。外資系は、意外に指揮系統が軍隊式で有無を言わせない。それに棹差して米国本社から来る上位マネジャに反論というか言い訳する私は、困った奴だと思われたようである。随分と厳しい目に遭った。実務的な経験に自信のある私は、日本の状況に鑑み正しいと思うことを提案しただけなのだが。そういう言い方自体がまた、傲慢かもしれない。

最近は、それでも管理職を降ろしてもらって、好きな実務に専念できている。実は今となって実務で役に立っているのは、国領の会社で嫌な先輩に苛められたことで身に着けた実務力である。こうしてみると、傲慢も若干の意味がある、ということは流石にないか。

最近まずいのは、会社で50台半ばになって、それなりに周囲が気を使ってくれるので、傲慢さに拍車がかかってしまっていることである。上司に食ってかかる癖は、若い頃から全く変わらない。完全に恥も外聞もない「大阪のおばちゃん」の中年男性バージョンである。髪が薄くなり、腹も出てきて、いろいろいな意味で人間的魅力が低下の一途である。芋洗い坂係長のように踊れればいいのだが、それは無理。

ということで、自戒の意味を籠めて、このような自伝の掌編を書いてみたが、これくらいでは私は、反省しているとはいえない。困ったものである。

2008年11月22日

常識の欠落

麻生首相が、「医師会には社会的常識が欠落している人が多い」と発言して非難を浴びたことを、池田信夫氏がフォローしているが、実は私も池田氏に賛成である。

実は、この複雑な現代の社会にあって、十全な常識を備えた人などいない。すなわち、この時代にあって、何ほどか知識人たろうとしたら、ある程度何かの専門家でなくてはならず、すると、どうしても知識が偏るので、留守になる領域が生じる。例えば、野球で言えば、ライト寄りに守備を敷けば、レフト寄りに狙われた球でヒットになるのは覚悟して、苦々しく見送るよりない。それもまた、知識人の矜持の一種であろう。

ところが、そもそもが、レフト寄りに狙われた球なんて、あんなものはファウルである、打球ですらない、と言いなすことができるとしたら、苦々しく見送る必要なんてまったくない。堂々とライト寄りでやっていける。それが世間でいうエリート的な職業である、医師、弁護士などだろう。少なくとも、その専門分野で、世間的な権威を与えられているので、そもそもがその非専門分野での無知を衝かれることもない。そうして、狭い専門が自分の世界の全てになって、その範囲で、君臨感を覚えることができる。

だから、「医師会には社会的常識が欠落している人が多い」は、現実には正しい命題ではなくて、「医師会には社会的常識の欠落を意に介さない人が多い」というべきである。「医師会には社会的常識が欠落している人が多い」の方は、「○○には社会的常識が欠落している人が多い」と汎化してみると、世の中のほとんどの領域にあてはまることになって、意味のある命題ではなくなってしまう。

ただ、ある狭い専門で以って、君臨感に酔いしれたいというのはまた、人間の本能の一つではなかろうか。例えば、将棋の先崎八段が、「アマチュア棋士は馬鹿だと思う。」と言ったことがあるらしいが、それは、将棋の知識でもって全世界を順序付けると必然的にそうなる。だから、論理的に間違えている命題である、という訳でもない。ただ、その命題に共感する人が多くないだけである。

これが医師だと、その医学知識、出身医学部の偏差値、世間の評判、年収など総合して、他の人たちを下に見ることが是認されやすくなる。

ただ、医師は典型であって、弁護士、裁判官、パイロット、公認会計士などの職業も、社会的常識の欠落を意に介さないでいることが是認されやすい。

だから、つまらないことで叱られ、馬鹿にされ、リストラの危機に怯えるサラリーマンは、社会的常識が欠落していたとしても、それ相応に試練に晒され、狭い価値観で世間を局所化することが許されないが故に、人間が鍛えられる。

すると、幸いなるかな非エリートよ、神の国は汝のものなり、とキリスト教の言い方を真似て言いたくなる。普段、キリスト教の悪口ばかり言っているのに、何を言うか、といわれそうであるが。

2008年11月23日

攻撃は最大の防御

私の場合には典型的には将棋なのだけれども、よく、攻撃は最大の防御、と言われる。説明を要さないと思うが、敢えて蛇足を書くと、こちらから攻めているうちは、少なくとも相手から責められないので、攻めることが防御になっている、ということである。すると、と将棋の初心者は考える。将棋は、ひたすら攻めていって、そのまま攻め倒せばいいのだ、と。攻めているうちは攻められないのだから、受けに手を廻す必要はない、ということである。

このスキームは、超初心者同士だとうまくいく。受ける、という技がほとんど発達していないからである。ところが、少し初心者から脱すると、一方的な攻めはうまくいかないと気付く。そこで、ともかくも玉を囲ってから攻めるという基本に落ち着き、こうしてようやく将棋らしくなる。すると、攻撃は最大の防御というのは、場合で成立する格言にしかすぎなくなる。

ところが、将棋やサッカーのような好守やルールが明確なゲームの中では、攻撃は最大の防御という格言の意味というか、テーゼ・アンチテーゼが疑問の余地がないのに、実生活となると少し曖昧になってきて、すると、将棋でいう、無理攻めを咎めるということも難しくなる。

何が言いたいかというと、世間をみていると、やたら他人の欠点をあげつらったり、周囲に指摘しまくって、周囲の人を困惑させたり、場合により激怒させたりする人がいる。そうやって他人の欠点を指摘することの頻度が多い人の言い分は、自分はそんな間違いは冒さないのだ、あまりにも周囲がふがいないので、善意で指摘してあげているのだ、と。情けないではないか、と。

実は私も多少、他人の欠点に不寛容な面があるので他人事ではないが、よく観察していると、そうやって他人を責めるに熱心な人は、実は世間一般よりもミスの多い、あるいは不完全さの程度が高い人であることが多い、という、ある意味当たり前のことに最近気付いた。

そこで改めて言うが、それこそが、攻撃は最大の防御である。無意識のうちに、他人を責めることで、自分に対する非難をかわそうとする。他人の欠点を指摘することの頻度が多い人を、クレーマーならぬ、私の造語で、ブレイマーと呼ぼう。日本語の無礼もかねている。

ブレイマーのやりくちはこうである。先ず、会社なり社会のルールをきちんと理解して、そのルールの本質的な意味はさておいて、厳密に適用しようとする。すると、あまり重要でないルールの場合、そんなに厳密に守ってない人が多い。ブレイマーはそこに目をつける。

そこでブレイマーは、次のようなステップを踏む:

- 周囲を観察して、なんとこんな簡単なルールも守れないのか、と憤る。そして、そういう人を見つけては一々、指摘する。なにしろ、ルールという錦の御旗がある。周囲の人は、そんなのいいではないか、と思うのだが、一応ルールなので、表立って反論できない。

- で、次からがブレイマーの得意の論理飛躍である。すなわち、そんな簡単なルールも守れないのだから、他のことがきちんとしている訳がない、という論理で責めてくる。しかし、これは実は正しくない。例えば、鶴亀算よりも微分積分の方が高級な概念だと思うが、大学教養程度の微分積分は理解していても、鶴亀算を連立方程式を使わないで解きなさいといわれて、とまどう人は意外にいると思う。鶴亀算もできないのに、微積が分かる訳ないというのは、必ずしも正しくないのである。

- そうやって責めているうちは、とりあえず責められることがない。これこそが攻撃は最大の防御に意味である。ブレイマーは実は、自分の欠点やコンプレックスに気付いている。十分すぎるほど。しかし、それをきちんと意識しようとは思わない。そんな暇があったら、新たに周囲を責める。それこそが責められないから秘訣だからである。一瞬たりとも隙をつくる訳にはいかない。責めるベースとなるルールに事欠くことはない。

ところが、ブレイマーが知らない重要な将棋の格言がある。それは、攻めれば攻められるである。上にも書いたように、玉をきちんと囲って守るのが将棋の基本であるが、しかし、どこかで攻めて行かざるをえない場合がある。そんなとき、高段者であればあるほど、攻める前に成算があるかどうか考える。というのは、成算のない戦いを仕掛けると、その瞬間に無理筋として敗勢に陥るような局面もあるからである。

ブレイマーはかくして、周囲からの執拗な吟味に晒され、蔑視に遭う。もともとが欠点の多いタイプなのである。

そこでの勝負は、無神経さである。執拗なブレイマー攻撃に周囲はうんざりする。争うエネルキーが無駄である。そこで周囲は、深い蔑視を感じながらも、適当に距離をおいてブレイマーを放置する。まともに相手しない。そこで、普通のブレイマーは、敬遠されつつ軽蔑されつつ、ある均衡点に落ち着くのであるが、一番始末が悪いのは、組織の階層を利用したブレイマーである。

会社や軍隊などの組織では、上位マネジメントからの指令は、ある程度建前とはいえ、従うべし、ということになっている。多少無理があってもである。そこに、あるマネジメント階層にあるブレイマーは目をつける。そして、上位マネジメントからの指令を金科玉条のように盾にとって、部下に押し付ける。無理な命令であればあるほど、またつまらない命令であればあるほど、部下は適当にあしらおうとするが、ブレイマーは、こんな簡単な指示も聞けないのか、そんなことでは他の仕事も信用できる訳がない、と例のロジックで迫る。

こういう権力を利用したブレイマーほど、信頼を失うものはない。昔、軍隊で、弾は前から飛んでくるとは限らんぞ、と下士官たちは言い合った。馬鹿な上官は許さん、激戦のさなか、どこから弾が飛んでくるのか分からないのだから、どさくさにまぎれて、馬鹿な上官を葬ることができるんだぞ、という強烈なレジスタンスである。

しかし、現実の会社ではそんなこと、できるはずもない。横領や贈収賄などの明白な犯罪でもないかぎり、内部告発する訳にもいかない。かくして、不当なマネジメントのブレイマーがいても、多くの場合、会社を去るか、あるいは忍耐力をさらに増強するしかないのである。

2008年11月24日

中国の美女

Webニュースを見ていたら、元サッカー選手の中田英寿が、台湾一の美女とかいう、リン・チーリン(林志玲)と、親密な関係かも、という記事があった。リン・チーリンは、女優でもあるらしいが、映画に疎い私は、どういう人か全く知らないので、グーグルの写真検索で見てみると、うん、確かに美しい。正統派の美人である。もしかして、楊貴妃もかくやあるらん、とふと思った。

そこで私の記憶は急に、約15年前に遡る。当時、私がいた部門は、アジア全体の特許を担当しており、しかし、すると現地の事情が分からずうまく管理できないので、まず台湾に現地の部門を作ろうということになった。そこで、現地採用の担当者が決まり、日本に研修に来ることになった。

その担当者が、台湾から、日本の私がいる部門に来たとき、私は腰を抜かしそうになった。担当者は若い女性だったのだが、まるでこの世の人でないほどの美人だったのである。シャイな私は正視できなかった。また、当時は私は英会話が全くできなかったので、その人に近づかないようにしていた。おっかなびっくりだった。

それから5年後、会社のワールドワイドのミーティングがワシントンDCであり、会場のクリスタルシティというところのヒルトンに行くと、ほとんどが米国人で、あとは、フランスやイギリスからも人が来ていた。それで、アジア人は私一人かと思っていたら、台湾から一人と、韓国から一人、それぞれ女性が参加しており、その台湾からの一人が、例の絶世の美人なのであった。他にアジア人はいなかったので、われわれ三人はいつも行動をともにした。なぜか最早、気後れしなかった。食事も一緒である。実は、韓国の女性もかなりの美人で、ワシントンDCのあるイタリアン・レストランで食事をしているときふと、これは極楽ではないかと思った。私の英会話はかなり実用レベルになっており、非ネイティブの人と英語で話すことにあまり不自由しなくなっていた。

それで、韓国の女性が席を外したときに、つい台湾の女性にこう話した。「私は、あなたが日本に来たとき、とても驚きました。」すると、女性は当然に聞く。「えっ、どうして?」。「だって、あなたのような美人を見たことがなかったし、その後もあなた以上の美人にお目にかかったことがないからです。」。

そういわれて悪い気がする人はいない。確かに、彼女は喜色満面になった。韓国の女性が戻ってきたので話題を変えたが、「あなたのような美人を見たことがない。」というのは、普通は口説き文句であって、軟派でもない私がとても言える言葉ではない。どうも、時差ボケと、外国にいるということの開放感があわさって、ハイになってしまったようである。

その後の後日談なんて特にない。ロマンスが少しはあれば、と期待した私が浅はかだった。ただ、台湾の女性は、その後の私のメールに、前より親切に答えてくれるようになった。でも、不思議なもので、後々で沁み込ように印象に残ったのは、韓国の女性の方だった。ソウルに出張に行ったときは、空港まで迎えにきてくれた。ソウルの街中で、いろいろな話をした。日本に出張に来たときも会って、ずっと仕事の話や世間話をした。でも、いつの間にか音信不通になり、風の便りで、結婚していまはロサンゼルスにいる、と聞いた。

リン・チーリンのニュースで、こんな儚い思い出が甦った次第である。

Windows Azure

日経コンピュータの11月15日号によると、当然にマイクロソフトも、クラウドコンピューティングを視座に入れており、その答えが、Windows Azure。要するに、マイクロソフトのデータセンターにログインすると、そこで、既存のWindowsアプリケーションを動かすことができる、というものである。

それだけ聞くと、何も感心することなどないが、マイクロソフトの売りは、繰り返すが、既存のWindowsアプリケーションとの互換性。さらには、Windows Serverや、SQL Serverと同等の機能をWindows Azure上で提供する、というのだが、本当にそこまでできるのだろうか。

また、当然に、開発ツール・ベンダの老舗でもあるマイクロソフトは、Windows Azureのために開発環境も提供する。これまた当然だが、ネット上でのツールを意識しないでも作れるのだろう。

次期版であるWindows 7も当然にクラウドを意識するという。すると、見えないのが、Windows Azureとの切り分けである。とはいえ、いくらWindows Azureといっても、まずクライアントPCがネットに繋がらなければ話にならないので、まずネットに繋ぎにいって、そこで、Azureとネット上でランデヴーして、何か仕事するのがWindows 7なのかもしれない。すると、ユーザには、どのモジュールがローカルにあってどのモジュールがクラウドにあるのかさっぱり分からないということになる。そもそも、そんなことどうでもいいではないか、ということでもあろうが。

さらには、次期Officeも、クラウド対応ということで、それは必然なんだろうけど、何だか猫も杓子もモードでつまらない。少なくともクライアント・レベルでは、すっかりコモデティ化して、コンピュータに感動を求めるのはお門違いのようである。

2008年11月25日

元厚生官僚襲撃事件

世を騒がせた元厚生官僚襲撃事件の犯人が自首してきた。Webニュースによると、「今から自首する」「34年前のあだ討ち」。小泉毅容疑者(46)が警視庁に出頭する約2時間前の11月22日午後7時すぎ、TBSのホームページに本人からとみられる書き込みが寄せられていたことが11月23日、分かった。「今回の決起は年金テロではなく、34年前に保健所に殺されたペットの仇討ちである」ということである。

TBSによると、書き込みは番組へ意見を寄せたり問い合わせたりするフォームで11月22日午後7時9分に送信された。差出人の氏名、問い合わせる番組名、件名を書く欄には、いずれも「元厚生次官宅襲撃事件」と記されていた。住所や年齢、メールアドレスは空欄だった。

小泉毅容疑者(46)の父親(77)は23日、山口県柳井市内の自宅で、「テレビの速報を見て、別人であってほしいと思っていた。まさかわが子がこんなことをするなんて……」とショックを受けた様子だったという。当然である。しかし、マスコミは、例の秋葉原無差別殺人事件のときも、犯人の父親に取材していたが、被害者を除けば一番のショックを受けている両親に取材するとは無神経ではないか。

父親によると、子供のころは友達付き合いも良く、明るい性格で、飼っていた犬をかわいがっていたという。地元の小中高校を卒業し、佐賀大学の理工学部電子工学科に現役入学。地方とはいえ、国立大学に現役合格というのは、それなりによい成績だったと推定される。しかし、単位がとれず留年を重ねて中退。東京のコンピューター関連の会社に就職したものの、2、3年で退職。その後、アルバイトを転々としたという。約13年前、地元に戻り、3年ほど働いたが、「インターネットでいい仕事が見つかった」と埼玉県に移った。その時から、約10年間、音信不通だったという。

父親は「息子には自分で腹を切れ、のうのうと生きているなと言ってやりたい。遺族に対しては、何とも申し上げようがない。私の命をささげたいくらいです」と肩を落としていた。「腹を切れ」という言い方に、倒幕の中心であった長州藩、山口らしい古武士の雰囲気を感じる。さぞかし立派な父親であると思われる。よく、世間では、子供が事件などで問題を起こすと、その父親なり母親に問題があったのではないかと安易に追求するが、その因果関係は難しくて、それは必ずしもそうとは限らない。

私が大学のときも、単位がとれず退学処分になった知人は何人かいた。それでも、それなりに社会人としてちゃんと生きている。そういう知人たちは当然に警察沙汰になっていないが、しかし、小泉毅容疑者との本質的な違いはなんなんだろう。

小泉容疑者のその後判明した経緯は次のとおりである。

- クレイマーであった。近隣の建設工事現場の騒音をめぐり、建設業者との間でトラブルを起こしていたことが23日、埼玉県警の調べで分かった。県警によると、4年前の2004年春、小泉容疑者が「工事の騒音がうるさい」と、住居付近で建設工事をしている業者に執拗にクレームを付けた。問題が収まらなかったため、業者側は県警大宮署に相談。これは県警が仲裁し、双方納得の上、和解した。

- 小泉容疑者は取り調べに対し、「以前飼っていたペットを保健所に殺され腹が立った」「大学に行き、高級官僚が悪だと分かった」などと話しているという。

実は私も、小学校のとき、折角貰って可愛がっていた犬を、学校に行っている間に祖母に捨てられて大層腹が立ち、祖母の部屋に何か投げつけたのを覚えている。確かにそれは愉快な記憶ではないが、いまさら蒸し返して立腹するようなものでもない。その後の人生でいろいろなことが人並みに沢山あったからである。

また、「高級官僚が悪だと分かった」というのも、心情的には分かるが、しかし、世の中の悪は、全然高級官僚に限定されない。むしろ、高級官僚は、一応のルールに則っているので、まだましな方である。

それでも私はまだ、真犯人は別にいるのではないか、という疑いが晴れなかった。というのは、本当に山口さん夫妻に恨みがある人がいて、その犯人と小泉容疑者が知り合いで、いくらかの報酬と引換えに小泉容疑者が代理で犯人として名乗り出た、というものである。もともと、小泉容疑者は、世を捨てたような状態であり、一種の自暴自棄とみなすこともできる。

しかし、捜査本部によると、11月22日夜、警視庁本部に出頭した際に乗っていたレンタカーの軽乗用車の後部座席に血が付着したナイフがあったほか、吉原さんあて伝票と段ボール箱2個、サバイバルナイフ数本、リュックサック1個、手袋、運動靴2~3足があった。1足は中野事件の現場の足跡と模様がよく似ているという。こういう物証があると、流石に動かないか。

こうしていよいよ、小泉容疑者は、妄想狂だということになる。年金制度の矛盾に対する義憤でもなんでもない、34年前の飼い犬のことが原因なら、完全に妥当性を欠く判断をしていて、単なる凶暴な狂人というだけのこととなる。依然として、元厚生官僚に着目するというのはどうしても解せないが。

私の経験だと、重大性の認識の錯誤が起きるのは、人格障害ではないか、と思う。というのは、ある種の人格障害では、とてもどうでもいいことに激怒したりする。そして、自分で自分にねじを巻いて、エスカレートしていく。逆に、とても重要なことに平然としていたりする。

ただ、これ以上は、最早ニュース性はないのではないか。世知辛い世の中で、1つの話題を提供したということと、あと、私は、宅急便が届いたとき、玄関のドアを開けるのが、以前よりも少しだけ慎重になった、それが私がこの事件から受けた影響である。

2008年11月26日

B級人間

B級グルメという言い方がある。新聞の記事の特集によると、B級グルメとは、安くておいしいその地域ならではの個性的な料理であり、よそいきの味でなく、普段のおもてなしの料理。暮らしに根付き、家庭の食卓に頻繁にのぼるものが多い、という定義である。

それでは、これとの類推から、B級人間とはどういうものか、考えてみよう。これは仮想事例であって、特定の人物を想定している訳ではないことに留意してほしい。

まず、収入は中くらいで、中流階級である。ちょっとだけ個性的で、太っているのに踊りが上手だったりする(芋洗い坂係長か?)。庶民的で人情家、いい人なんだけど、結構どこにでもいる。結婚しているんだけど、派遣社員の若い子に片思いを寄せたりする。でも流石に、藤岡藤巻の歌のように、相手も自分のことが好きなんじゃ、と勘違いすることはない、いやたまにあるか。

趣味は散歩と庭弄りだったりする。盆栽も好きである。会社で、後輩社員から、才能がないから盆栽(凡才)好きなんですね、と平気でからかわれたりする。でも、内心、言いすぎだよ、と思っても黙って、苦笑いする。

奥さんに頭上がらず、帰宅時、ご機嫌取りにケーキを買って帰ったりする。でも、ああそこのケーキ、趣味じゃないのよね、と食べてもらえない。仕方なく、自分で全部平らげ、また太ってしまう。

会社では、安月給の中から後輩にときどき奢る。でも、屋台のおでんだったりする。

だけど会社では信頼が厚い。なぜなら、部門の雑用をこなして、みんなをヘルプしているからである。実は、尻拭いの仕事の連続なのである。社歴が長いので、会社のこと詳しい。いつも派遣社員の教育係である。シャイで女性に話しかけられないので、こんなときがチャンスと思っている。でも、何のチャンスなんだろうと自問して、分からなくなる。

部門でコンプライアンスの仕事があると、それにそなえて準備させられる役割である。でもって、一般社員からは、そんな面倒なことどうしてやらせんのか、と嫌味を言われ、部門長からは、どうしてそんなに違反が多いのか、たるんでるのか、と叱られる。

それでも打たれづよく生きている、かくして、いないと困る、いても大して目立たないのがB級人間なのである。

2008年11月27日

小室哲哉の半生記

Webニュースによると、12月中旬に、「小室哲哉 50年の軌跡」として、小室哲哉の半生記が出版されるそうだが、何を今更、と感じるのは私だけだろうか。

すなわち、小室哲哉容疑者(49)と音楽制作契約を結ぶイーミュージック所属の音楽プロデューサー、KAZUKI氏(42)が17日、都内で会見。小室容疑者の半生を振り返る単行本「小室哲哉 50年の軌跡」を12月中旬に出版することを発表し、小室容疑者が執筆予定だったが、逮捕によって企画が変更。KAZUKI氏は「小室さんと会ったことはない。ゴーストライターをやっていたので情報は入ってきます。本人と面会できるならしたい」と話したという。だいたい、この手の本は、ゴーストライターが書くものだけど、そうやってあからさまに開示されると余計に興味が薄れる。

ところが別のニュースによると、本当は、タイトルは『小室哲哉 4年間の空白』で、かなり赤裸々なノンフィクション自伝に仕上がる予定で、9月にの発売が予定され、初版は異例の10万部、出版社も決定していたが、突然お蔵入りになったという。

小室容疑者は全盛期の1996年に1冊目の自伝「小室哲哉 真相の美意識」(講談社)を発売したという。私は、本は好きだが、芸能人本にはほとんど興味がないので、そんな本があるとは知らなかった。今アマゾンで調べてみると、自伝とはいえ、もともと、神山典士著、と他人が書いたことが明示されている。古本でプレミアがついているかと思ったら、「一円本」のままである。いろいろな意味でもう過去の人なのだろうか。しかし、とりあえず注文してみた。この流れからいくと、「小室哲哉 50年の軌跡」も買うことになるんだろうか。

ところで、幻の「小室哲哉 4年間の空白」は、『告白』、『生と死』、『明暗』、『今、貧乏ですが何か?』などかなり意味深な見出しで各項目がつづられているそうである。特に『今、貧乏ですが何か?』の章には全盛期に比べていかに金がないのかが詳細に語られていたらしい。

こういう状況を見ると、売れなくなったお笑い芸人が、自己暴露ネタで必死で笑いを取ろうとしているのに似て痛々しい。

「小室哲哉 4年間の空白」が没になった経緯は、次のようなものだという。

- 最初のタイトルは「小室哲哉 ゼロからのスタート」だったが、平凡だったせいか、どこの出版社も相手にしなかった。

- ある出版プロデューサーにタイトルの変更を提案され、「小室哲哉 4年間の空白」にした。

- 小室の原稿は完成し、10社ほどの出版社の中から、1社が決まり、後は発売するだけまで漕ぎ着けた。

- しかし、小室容疑者の事務所が、「今、貧乏ですが何か?」に、クレームをつけてきた。その時点では、例の著作権詐欺事件はあからさまになっていなかったが、そこには、大手の芸能プロや、決して表に出てはいけない関係者の固有名詞がちりばめられていたそうである。これがもし出版されたなら、小室は完全に芸能界から放逐されていた、という。いまでも社会的に信頼は地に堕ちているが、ある意味芸能界の掟は、それより厳しいということか。

そういう危険を冒してでも、金を稼ぎたかった小室容疑者は、いかに窮乏していたか、ということであろう。固有名詞を暴露しようとしたのは、いささかのルサンチマンもあったに違いない。

個人的には、田中森一のように洗いざらい書いてほしかったが、そこは、小室容疑者は、田中森一ほど腹が据わっていなかった、ということで仕方ない。

ところで、サマセット・モームが生きていたら、小室哲哉を題材にしてなにか小説を書くだろうか。いや寧ろ、君は、ああやって平凡に没落していく人生のどこが興味深いのだ、と問われてしまいそうである。

2008年11月28日

世界の言語

先日、ブログで、語学遍歴のことを書き、それを意味のないディレッタンティズムと、過去のことにして封印しようと思った。

ところが、最近つい、講談社現代新書「世界の言語入門」黒田龍之助を読んで、考えが変わった。黒田龍之助氏は、スラブ語学を中心とした言語学者で、当然に、ロシア語やチェコ語などに堪能である。ところが、その興味は、スラブ語に限定されず、地上のあらゆる言語に及んでいる。それは興味というよりも、愛と言ってよい。もし理想的な幼稚園の先生という人がいたら、受け持ちのすべての園児に愛を注ぐであろう。もしかして、細かいことまではフォローできないかもしれない。でも、間違いなくその愛は、全ての園児に向かっている。

それとの類推で、黒田氏の愛は、全ての言語(たった話し手が数千人しかいない小言語にまでもである)に及ぶ。

実は、言語学者が沢山の言語をあえて勉強しないことが時代の流行だったりする。例えば、チョムスキーの本を読んでも、英語の話しか出てこない。そこで、例の生成文法が論じられる。どんな言語にも原言語というのがあるのだから、それの表現として英語だけ説明していればいいんじゃない、という訳である。

でも、私は、いろいろな言語を齧る言語学者というのにどうしても憧れる。ただ、そうはいっても、余程の語学の天才でもなければ、会話までできる言語はせいぜいが5つくらいだろう。すると、それ以外は、辞書を片手になんとか読めるとか、文法構造だけ知っているとか、時代背景だけ知っているとか、段々曖昧になってくる。

もし、厳粛な学者だったら、きちんとマスターした語学しか論じないかもしれない。私が大学時代に習ったドイツ語の教師は、一応6カ国語がしゃべれるらしかったが、ドイツ語以外の話をほとんどしなかった。そういうストイシズムも悪くない。

しかし、黒田氏は、大いに羽目を外して、全く知らない言語をもカバーして、90言語をこの本で論じる。丁度、幼稚園の先生が、知らない他所の幼稚園児と道端で会って、その子にも愛を注ぐようなものである。

私が多いに同意する黒田氏の主張は、個別から一般に至るような流れがあってもいいのてはないか、という主張である。それに私が力んで同意するのは、苦々しいグローバリズムの風潮があるからである。というのは、グローバリズムと言いつつ、実は英語だけを押し付けている。アングロサクソン文化だけを振り回している。そういう横暴な流れがある。金融恐慌は天罰である、といいつつこちらにもその禍は及んでいて他人事ではないが。

すると、世界的にも最古に近い文化と言語をもつ日本までが、グローバリズムに合わないと切り捨てられそうになる。なんとおぞましや。ましてや、この本にカバーされているソルブ語、ゾンカ語、ハウサ語、フリースランド語、マオリ語、ンガダ語などは、吹けば飛ぶよな将棋の駒以下である。

でも、私は断言したい。パスカルではないが、人間精神はフィネスにある。フィネスを担うものは多様性であり、大言語も小言語も一様にフィネスの担体ではあるまいか。

こうしてまた、非実用的に語学の本を眺める時間もときどきはもとうと思った次第である。

2008年11月29日

酸素カプセル許可?

以前このブログで、ドーピングに当たるとして、高野連が、酸素カプセルを禁止した、と報告したが、なんと、世界反ドーピング機構(WADA)が、高気圧カプセルは、ドーピングに当たらない、との公式見解を示したという。

日本反ドーピング機構(JADA)が今年6月に、高気圧カプセルは使用を控えるべきである、という見解を示し、高野連は単にこれに従ったのだろう。すなわち、日本オリンピックきょうかい高野連などの我が国のスポーツ団体は、当然にJADAの決定を尊重する。

それでは、JADAは判断を変更するのか。これに関して、JADAは、「WADAに従い判断を変更することもあり得る。」と今はコメントするのみである。WADAの下位組織ではなく、一応、独立の組織と言いたいのだろう。しかし、WADAに靡くのは時間の問題だろう。

ところで、高気圧カプセルとは単に高濃度の酸素を送り込むものかと思っていたら、酸素濃度と気圧を高めたタイプをHBO、空気圧を単に1.1~1.3倍高めただけのタイプをHBAといい、前者は医療用途で、後者は健康目的であるという。新聞のニュースの文面からは、WADAはHBOはドーピングとみなすが、HBAは許可する方針である、と読める。ただ、HBAも心臓疾患の患者には副作用を生じることがある、という。

私の記憶が正しければ、夏の甲子園で、早実の斎藤投手が使ったのは、確か、酸素濃度を高めるタイプだったから、HBOだったはずである。HBAは逆に、WADAから、「競技力を増強するという証明はない。」と、ある意味ありがたくないお墨付きをもらった。ただ、HBAでも、疲労回復の効果はあるようだから、甲子園の連投などにはやはり、チームは使いたいところだろう。

私の本音を言えば、高校野球なんだから、そういう装置に頼るのはどうか、と思う。走りこんで、栄養管理して、体力をつければいいではないか。デリバティブだの、iPS細胞だのよく分からないものが跳梁する世の中なので、高校生のときくらい、なるべく自然にやってほしいと思う。そういうのは最早古いのだろうか。

2008年11月30日

シュガー社員

田北 百樹子の「シュガー社員」から会社を守れ、PHPビジネス新書は、なかなか面白い。田北 百樹子とは、どういう人かというと、札幌で、田北社会保険労働士事務所を営む。「シュガー社員」というのは、一種の駄目社員のことである。田北氏は、その経歴ゆえに、駄目社員解雇のための条件や注意すべき法律などに詳しかったりする。

さて、この本によると、駄目社員の中でも特に、甘やかされて育ち、自立心に乏しい若手社員のことを、砂糖の甘さに喩えて、シュガー社員と呼ぶのだという。実は、若手社員には限らないが。

シュガー社員五つの共通項とは、下記のとおりである。
(1)自己防衛本能が高く、権利意識が強い
(2)世の中の出来事に疎く、仕事のヒントになるような本を読まない
(3)人に迷惑をかけても何とも思わない(自分が大事)
(4)幼稚で攻撃的
(5)退職間際にゴタゴタと問題を起こす

私の経験でいうと、(1)は、やたら社内の規則に詳しかったりする人がいる。それで、新しく会社が制度を導入しようとすると、すかさず、申し込んでくる。ええっ、と思っていると、社内の規則をイントラネットからコピーしてきて、ここにこうあるから、問題ないはずです、とくる。

(2)は、そうやって社内の規則を詳しく調べているのに、世の中の常識に疎かったりする。仕事の本など、確かにあまり読まない。どうしても仕事に必要な本は、たった2000円程度でも、会社の経費で買うよう申し込んでくる。そうやって買った本が読まれている様子はあまりない。

(3)は、(1)にも関連するのだけれども、そうやってある程度強引に社内制度を一人の人に適用しようとすると、どうしても他の人に多少ひずみというか軋轢が生じることはある。しかし、自分の権利しか頭になく、それを主張することの副作用には全く配慮しない。

(4)は、ちょっと周囲の人のことも考えてよ、みたいな上司からの忠告に、権利なんだから何を言うか、と容易に切れる。権利には義務も伴うはずなんだけど、普通。

(5) 気に入らないと、突然辞めることがあるが、その際、全く引継ぎなど配慮しない。

要するに、自分中心なんだけれども、自分の要望を1達成するために、周囲が0.1だけ妥協すれば済むというなら、なんとか許容範囲。それが、0.1から1未満だと、かなりグレーゾーン。しかし、自分の要望を1達成するために、周囲が1以上努力を要し、且つ、本人がそれを意に介さないなら、間違いなくシュガー社員である。

田北氏の慧眼は、シュガー社員かどうかを分かつのは、向上心があるかどうかである、と指摘する点である。私が知っているある会社の、若手というよりもある管理職は、コンピュータとかOA機器の操作が得意でない。また、基本的に尊大で、コピーとかFAXもたった一枚でも、頼んだら直ぐにやってほしいという。しかし、派遣社員といえども、他に仕事があるわけだし、そうもいかない。それでも、無理やり担当を変え、なるべく自分の意に沿うように周りが配慮したのだが、それでも、対応が遅れると、機嫌が悪い。それでは仕事ができないとこぼす。一方、そうやって他人に対する要求が厳しいのに、ほとんど自分自身の能率を上げるような工夫というか配慮をしない。勉強もしない。他人任せなのである。It's not my businessである。

別の例は、自己中心的。なにかやたら、周囲に急かせている人がいる。自分は忙しいんだから、と。よく聞いて見ると、自分は明日から1週間、海外旅行で休暇なのだという。こんな繁忙期に、と思うのだが、こんな時期だと料金が安いのだという。それで、自分が1週間休んでも困らないように、周囲に段取りしているのだが、それが懇願調ではなく命令調なのである。自己都合の休暇ではなく、まるで重要な出張にいくかのようである。部長クラスならそれでも分かるが、単なるヒラだったりする。

それで、シュガー社員につける薬があるかということになるが、実際は、とても難しい。一方、自分でシュガー社員にならないようにする薬はあるかというと、それはいい薬がある。仕事関係の本を自分の費用で買って読むことである。漢方薬を飲み続ける必要があるように、これは継続的に続ける必要があるかもしれない。また、他人のヘルプを通じて、自分を社会で活かすことの大変さと喜びを知ることである。すると、いい意味で他人指向になるので、我侭さが緩和される。また、自分の仕事の社会的意義を振り返ることである。

だから、シュガー社員につける薬は、今書いたことを自らすすんでやるように仕向けることである。でも、それは言うは易くである。例えば、仕事関係の本を自分の費用で買うことすら、シュガー社員は敬遠する。その何十倍の費用の海外旅行は平気で申し込むのに。何百倍の費用の車だって平気で買い換えるのに。なんとかしてよ、ベイビーとつぶやいてもどうにもならない。もちろん、インドのムンバイの爆弾テロに比べれは、こんなの人生の些細事かもしれない。しかし、なかなかどうして、これはこれでずっしり重いのである、特に、あるグループを取り仕切る責任者にとって。

About 2008年11月

2008年11月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。