« 三洋電機とシャープ | メイン | 一時代前の検索エンジン »

小室哲哉、逮捕

小室哲哉といえば、日本で、ポップスや歌謡曲に興味がある人なら誰もがその名を知るビッグネームである。ところが、ニュースによると、小室哲哉が、5億円の詐欺で逮捕された、というので驚いた。その経緯は、次のとおりである。

クロノロジカルには、小室は、1990年代の日本の音楽シーンの頂点に君臨し、手掛けたCDの総売り上げは1億7000万枚を超える。1996年から2年連続で高額納税者番付の第4位に入り、年間所得が20億円に達するなど日本の音楽史上最も稼いだ男と言われた。

絶頂期の小室は、文字通りけた違いの金満生活を送っていた。当時を振り返ったインタビューでも「通帳は10けたまでしか表示されないから、途中からけたが分からなくなりました」と答えており、預金は軽く100億円を超えていた。スタッフを引き連れたラスベガス旅行では自家用ジェット機を使い、ギャンブルの“軍資金”も振る舞う豪遊だった。ロス、ハワイ、バリ、マリブなど世界を代表するリゾート地には、レコーディングスタジオを併設した別荘を建てた。別荘には豪華クルーザーを停泊させ、都内の豪邸にも最高級クラスのベンツやフェラーリなど高級外車をいくつも並べた、という。

栄華を極めた生活を支えたのは、音楽史上に残る空前のCDセールスだったという。小室ファミリーと呼ばれた楽曲提供アーティストはチャート上位を常に独占。1996年は、globeのアルバム「globe」が売り上げ400万枚以上に達し、オリコン記録を塗り替えた。安室奈美恵のアルバムも300万枚を超えるなど、1996年だけでもCDを1500万枚以上も売った。1996年から2年連続で高額納税者番付で全国4位になるなど、資産のスケールは芸能界の枠を超えていた。1997年の納税額は約11億7000万円で推定所得は23億円を超えた。飛ぶ鳥を落とす勢いとは、このことだろう。

そして、1996年に小室は、更なる「過剰」へと旅たつ。米国のメディア王ルパート・マードック氏が率いる会社と香港に合弁会社を設立し、アジア進出に乗り出した。翌1997年にはハリウッド映画「スピード2」のテーマ曲も手掛けるなど日本音楽界のトップに君臨した。

ところが、そこが頂点だった。流石の小室の曲も飽きられたのだろうか、1999年以降、CDの売り上げは急降下した。さらに、海外事業が70億円といわれる巨額の損失を出すなど、失敗も表面化した。こうなると、一時は100億円を超えていたという資産も、なくなるのは速い。2001年から吉本興業と契約を結び、活動の幅を広げようとしたが、上昇の気配はなかった。最早、運気は去った。

2001年に結婚した歌手吉田麻美と2002年に離婚した。わずか1年である。それなのに、慰謝料は7億円。いくらなんでも高すぎる。小室の女性関係がひどすぎて、過大な苦痛を与えたとでもいうのだろうか。しかし、慰謝料として、吉田麻美と娘が住むためのマンションの賃貸料、そして娘が成人するまでの養育費をそれぞれ月払いの分割で払うことで決着したものの、2004年8月から家賃の振り込みがストップし、さらに、養育費の支払いもなくなってしまった、という。100億円もあったという資産は、どこに行ってしまったんだろう。このころから小室は、米ロサンゼルス、ハワイ、バリに持っていた豪邸やスタジオを売却。3億円相当のベンツやフェラーリなど高級外車も売り払った。2005年にはJリーグ「大分トリニータ」への年間スポンサー料7000万円を滞納。所属していた吉本興業からも契約を解除された。

それでも、関係者によると「いまも年間1億~2億の印税収入がある。だが、浪費癖が直らないから借金は増えるばかりだった」という。一方で、スタッフたちの月給を滞納し、次々と部下が去っていった。確かに、小室の曲は今でも結構流れているし、歌われてもいる。年間1億~2億の印税収入というのは妥当な額だろう。普通にやれば、十分やっていける額である。問題はやはり、隆盛時に覚えた浪費癖を改められないことのようである。

今の妻で音楽ユニット、globeのボーカルとしてともに活動してきたKEIKO(36)は、一転して奈落の底に突き落とされた。2002年の結婚以来、夫を支えてきたが、ついには料亭を営む大分・臼杵市で明治38年創業の老舗ふぐ割烹「山田屋」を営む実家に借金の催促がくるまで泥沼化。今年3月にKCOのソロ名義で活動を開始するなど、金策に走り回ったものの、最悪の事態は防げなかった。KEIKOは、昨年11月12日に実父を亡くし、もうすぐ1年。豪華絢爛な5億円披露宴から6年。同じ額の詐欺容疑がもとで、愛する夫が逮捕される羽目になった。一番の身近な存在だったKEIKOは、心を痛め続けていた。それで、奥さんの実家にまで迷惑はかけられないと、KEIKOとの離婚もやむなし、と小室は考えているという。

さて、こういう経緯で、金策のため、2006年7月30日、投資家に「JASRAC(日本音楽著作権協会)に登録してある806曲の作品の著作権はすべて僕にありますから、この僕のすべての著作権を10億円で買っていただきたい」「僕は、音楽出版社から完全にインディペンデント(独立)していますから、僕の過去の曲の著作権については、音楽出版社との間でも、全部、僕の手もとに残しておくという契約になっています」と述べ、実際は著作権を譲渡できる状態でないことを隠したとされる。

しかし、JASRACでの一般的な形態は、信託業務で、これはすなわち、著作権者が著作権を一旦仲介業者であるJASRACに譲渡し、仲介業者が著作権を管理するとともに、使用者から使用料を徴収し、一部を手数料として取って残りを元の著作権者に分配する、というものである。すると、小室が作った作品の著作権は一切小室にないので、それらの著作権を誰かに譲渡できるはずもない。JASRACとの契約当事者である小室は、それを当然に知って上記のような申し出を投資家にしたので、詐欺が成立する、という訳である。

そもそもが、7億円の慰謝料で吉田麻美と無理やり離婚する、というのが無理筋で、仮契約を結んだ同年8月7日には5億円の前払いを求めるにあたって「早急に元妻に支払わなければならない差し押さえ解除のためのお金が5億円ほど必要ですので、申し訳ないのですが、10億円の売買代金の中から、先に5億円を支払っていただきたいんです」「もう元妻とは話がついており、後は5億円をキャッシュで支払うだけという段階に来ています」と言ったとされる。しかし、特捜部によるとこれもうそで、入金された5億円は借金返済に使われたという。しかし、逮捕でさあどうする、小室哲哉。

で、ふと思い出したのが、Zardの坂井泉水。坂井泉水も、歌手として記録的なヒットを飛ばしたが、若くして癌になり、事故死か自殺かという悲惨な末路だった。

やはり、過剰からの招待状には、毒があるようである。必要なのは、煌めく過剰からの招待状を断る勇気だが、そんなことが果たして人間に出来るのだろうか。多くの人には、そこまで華麗なる招待状は来ないので、断る勇気を試されることすらない。ああ、幸いなるかな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1041

コメント (2)

小松たひと:

 小室さんのオンガクって、野暮ったくてお子様向きで私は嫌いでしたね。どうでもいいことですが。
 日本語ラップが流行ってますが、歌詞が「お母さんありがとう」とか「君と居られて幸せ」とか、「ラップにするな!」と突っ込みたくなるものばかり。あとは、なぜか40年近く前の軟弱フォークまがいの歌が流行ってます。やっぱ、不景気なんでしょうか?
 おぢさん向けの音楽は、もはや「藤岡藤巻」しかないのか??

小松たひとさん

> 小室さんのオンガクって、野暮ったくてお子様向きで私は嫌いでしたね。どうでもいいことですが。

いろいろな意味で、桑田佳祐と好対照です。あまり美人でない奥さんと、仲むつまじく、地道に才能を発揮している桑田君は、偉いです。


> おぢさん向けの音楽は、もはや「藤岡藤巻」しかないのか??

確かに、藤岡藤巻は、一時代のエポックですね、というほとでもないか・・

About

2008年11月 5日 06:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「三洋電機とシャープ」です。

次の投稿は「一時代前の検索エンジン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。