« 内定取り消し | メイン | 理系離れ »

エチカの鏡

私はテレビ番組をまめにチェックする方ではない。それで、友人から、私の故郷の百島のある有名な老人のことが、11月9日夜9時からのエチカの鏡という番組で、紹介される、と聞いて、えっそうなの、と軽く驚いた。そもそも、少なくとも年に一度は帰省して地元のことはある程度把握している私であるが、百島の有名な老人なんて聞いたこともない。そんな凄い人なんている訳ない。

で、ともかく番組を見てみた。すると、ああ、あの人かと直ぐ分かった。分からなかったら、島民としては、もぐりである。老人とは、旗手正守さんといって、急病のために救急船を操縦する、老人である。旗手という姓は多いので、地元では、いんきょ屋と屋号で呼ばれている。隠居屋と書くのだろうか。確かに、地元では知らない人はいないが、そもそも、島民は650人程度で、互いにみんな顔見知りなのであるから、有名ということがあまり意味をなさない。ある定義によれば、みんな島では有名ということになってしまう。

で、番組で改めて知ったのは、36年間も24時間体制で待機していること、弟さんを事故でなくされていること、そのとき海上保安庁の救急船がなかなか来てくれず、弟さんの治療が間に合わなかったこと、旗手さんの救急船で、赤松光さんが22年前、心筋梗塞の状態を搬送されて一命をとりとめたとのこと、である。不思議なのは、こういうことは意外に狭い島でも、情報が共有されていないことである。それはたまたま、私が実質的に関東に居住していて、父から断片的にしか聞かないせいもあるのだろう。

また、改めて感じたのは、36年間も24時間体制で待機することの凄さである。下手したら法事にも出られない。寝るときも普段着で寝るそうである。普段流石にしゅっちゅう急患がある訳でもないので、島民は、旗手さんに緊急海上タクシー的な依頼をすることが多い。例えば、親が倒れたと、島出身で、東京にいる息子が聞き、急遽夜の新幹線で帰省するとする。すると、新幹線は夜尾道、または福山にに着くが、定期船の最終時刻は夜7時で結構早く、まず間に合わない。そこで、旗手さんに出動を依頼することになる。夜何時だろうと依頼していいということになっている。だいたい、数千円の運賃を払う。しかし、深夜の依頼は、やはり辛かろう。

こんなに大変な労務なのに、表立って感謝している島民はほとんどいない。うちの父が、いつも24時間体制で大変だ、と言っていたのをちょっと聞いたことがあるだけである。島民は、口ではあまり感謝しないものの、大変さはよく知っていて、誰一人あとを継ごうという者はいない。そもそも、運賃収入は入るものの、仕事の大変さに比べてさしたる報酬ではない。なにより、自由を拘束される。そもそも、飲酒運転になるので、晩酌さえできない。だから、旗手さんの緊急時に交替する要員もいない。

言い方の脈絡が変かもしれないが、こういう自分を犠牲にして他人に尽くす仕事というのは、とても神の摂理に適っている。キリスト教の洗礼などの儀式よりもはるかに神々しいというのが、私の意見である。では神はどんな恩寵を賜るかというと、それはまず、金銭的報酬ではない。ただ、他人に尽くすという目的での健康である。そんなで旗手さんは、なんと87歳までこの激務をこなしてきた。

しかし、流石に、87歳という年齢では、生理的な限界である。そこで後継者をどうするか、というとき、旗手さんに助けられた赤松光さんが名乗りを上げた、というのがエチカの鏡の結末であった。

燈台下暗しではないが、あらためて、大した人が地元にいたと感心した。そして、以前部門の下支えみたいなことをしていて、大したことしてないのに、最近はすっかり引き気味の自分が恥ずかしくなった。レベルが違いすぎるのである。

ところで、付記すると、島には、私が子供の頃、確かに医者がいた。京都帝大医学部を出たとかいうインテリであったが、なにしろ90歳を超える高齢であった。その後、高齢の医師が引退すると、60台の医者がやってきて、診療所に詰めた。こうして、10年くらい前までは、確かに一人医者がいたが、市との折り合いがつかず、医者は去り、無医村になってしまった。そういえば、旗手正守さんの弟さんが亡くなられたとき、島には常駐の医者がいたはずであるが、そのときは確か、まだ高齢の医師の時代だったはずである。よって、風邪くらいならいいけど、生死の境の怪我人を診ることは無理だったようである。そもそも、手術設備とてない。だから、島は、恒久的に、半無医村状態なのであった。そういう状態で、急患になると、街にいたら助かる病気でも、島だと手遅れということは十分ありえる。旗手正守さんが名乗りをあげるまでは、救急できちんとした病院に運ばれる可能性はほとんどなかったのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1049

コメント (2)

ももたろう:

旗手さんが台風の行方不明と聞いてネッとしていてたどり着きました。
私も百島出身です。
続報は手に入っていませんが、心配でなりません。
お世話になった事は一度や二度ではありません。
人のために生きる。
なかなかできないことです。

あやたろう:

ももたろうさん

> 人のために生きる。
> なかなかできないことです。

そうですね、偉大さが、島を離れて初めて分かったような次第です。

About

2008年11月11日 06:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「内定取り消し」です。

次の投稿は「理系離れ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。