« 理系離れ | メイン | 「おふくろさん」騒動 »

才能の涸渇

先日の小室哲哉の事件に関連して、才能の涸渇とはどういうことかと考えてみた。それでさらに、昔読んだ、渡部昇一の「発想法―リソースフル人間のすすめ」講談社現代新書の記憶を辿ってみると、次のようなことではなかったかと思う。

すなわち、才能を涸渇させない、リソースフル人間になるためには:

- 複数本の井戸を掘ること
- いくつか外国語が読めること
- 静謐の時間をもつこと

ではなかったかと思う。実は、本棚の奥に、「発想法―リソースフル人間のすすめ」はあるのだけれども、敢えて、最小の記憶の材料をベースに自分の頭で考えてみることにした。

先ず、複数本の井戸を掘ることであるが、なぜ複数本かというと、井戸が一本しかないと、汲み続けると涸れてしまうことがあるからである。特に、汲み過ぎると、二度と水が湧いてこなくなる。小室哲哉の場合、一本の井戸を短期間で汲みすぎたのではなかろうか。それで、二度と湧いてこなった。小説が書けるとか、ビートたけしのように映画がプロデュースできるとか、複数本の井戸があれば、一本の井戸から汲んでいるうちに他の井戸に水が溜まってくるので、なんとかなったりする。だから、もし一本しか井戸がないなら、小規模でも、もう一本井戸を掘っておくのがよい。将棋がとても強いなら、初心者として囲碁もたしなんでみる、とか。

また、いくつか外国語が読めることは結構重要である。例えば、日本語に訳されていない英語のよい文献は沢山ある。だから、英語が読めると明らかに、教養の幅が広がる。他に、フランス語やドイツ語、ロシア語が読めればなおいいが、あまり外国語の勉強に時間を使いすぎると、語学倒れになってしまうので注意が必要である。私が昔韓国語を勉強した1つの理由が、日本に紹介されていない韓国の小説を読むことであった。しかし、それは早々に挫折した。結構大変である。

静謐の時間をもつことはどうしても必要である。というのは、人間のインスピレーションは、静謐の中から湧き上がってくることが多いからである。静謐という意味をここで広く解して私は、非物質的とも言いたい。すなわち、物質的な悦楽奢侈に浸ると、必ずや精神的な才能は毀損される、という私の信念がある。なぜなら、精神的な才能は、非物質的なものの波長に根ざしており、物質のシャワーの中で、どんどん溶解していくからである。そういう意味で、小室哲哉の音楽の才能は、100億円稼いだ時点で急速に腐り始めていた。もしかして肉体的才能は違うかもしれない。すると、プロ野球選手は、何十億円稼いでも、意外に肉体的才能は壊れないかもしれない。

私はさらに、リソースフルであることの根幹に、哲学的であることがあると思う。哲学的と言っても、イデア論を展開したり、ヘーゲルを読んだりすることが必要である訳ではない。要するに、物事を根源的に考えることである。例えば、息の長い芸能人として、タモリやビートたけしがいるが、彼らから、どことなく哲学者の雰囲気を感じるのは私だけだろうか。タモリはそもそも、早大文学部哲学科中退だという。小室哲哉からは残念ながら、哲学的雰囲気を全く感じることがてきない。そのことが、彼の曲の平板さにつながっていると思う。高々イージーリスニングで、サザンの桑田のような個性がないのである。結果論でものを言うなと言われそうであるが。哲学的であるとよいのは、物質的な楽しみに待ったをかけることである。よって、哲学的であると、そこそこリッチさを楽しめるが、どこかで溺れることに歯止めをかけてくれるかもしれない。その点、ビル・ゲイツは、あれだけの資産に恵まれながら、溺れていない。大したものである。思想的に一本、筋が通っている。多少の傲慢さは仕方ないにしても。

また、物質的な悦楽奢侈に浸ると、必ずや精神的な才能は毀損されると書いたが、なんであれ、強すぎる欲望は、リソースフルであることの障害である。子泣き爺のようにしがみついて、才能を押し倒してしまう。ハングリー精神というのとは違う。要するに、名声や欲望に拘泥しないことである。

最後に当然のことを言うが、リソースフルであることと、そうやって発揮した才能が当たって稼げることとは別である。だから、リソースフルであっても貧乏かもしれない。しかし、精神的に豊かな暮らしが送れるとは思う。楽観的すぎるか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1051

About

2008年11月12日 06:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「理系離れ」です。

次の投稿は「「おふくろさん」騒動」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。