« クラウド・コンピューティング | メイン | 宗教学と宗教哲学 »

無害な精神病

立花隆の「ぼくはこんな本を読んできた」という本の最初の方を読んでいたら、「僕は、勉強というのが本当に好きなんです。・・・パチンコをしたり、友だちとしゃべっていたりとか・・・いわゆる世の中の人が楽しみにしていることが、僕には全然楽しくないです。」とあった。こういう気持ちは分からないではないし、私にも多少そういう傾向はある。だから、ちょっと前だときっと、ああ、立花隆みたいになりたい、と思ったかもしれない。

しかし、さきほどふと、こういうのってもしかして一種の精神病なのではないだろうか、と語弊のあることを考えはじめた。

同様の趣旨で、ペトラルカに「私は、学ぶことのほか、何も喜びを感じない。」という箴言がある。だから、昔から、こういう勉強埋没的な人というのは、一定の比率でいる、ということになる。

もどって、なぜそれを一種の精神病と思うかというと、流石に、友だちと話すよりも本を読んで勉強する方が楽しいと思い続けるのは、人間として変で、程度によっては病気と呼んでもいいのではないか、と自分のことを棚にあげて思うからである。

実際、世間でもそういう人は変人扱いされるが、それが病気と呼ばれないのは、あからさまに他人に害を及ぼさないからである。例えば、少なくとも急に刃物を振り回したりはしないだろう。もし暴力的な行動に出るとしたら、別の病気も併せ持っている、ということになる。

しかし、やはり病気だと思うのは、勉強埋没的だと社会生活に支障をきたすことがあるからである。例えば、よほど忍耐強い奥さんでないと、勉強埋没的な亭主とうまくやっていけないだろう。実際、立花隆も、確か一度結婚して離婚しているはずである。

と思ってさらに「ぼくはこんな本を読んできた」を読み進めていると、性欲がやたら強い異常性欲者や、食欲がやたら激しい異常食欲者がいるるように、異常知的欲求者というのがいて、自分もそうだ、というくだりがある。すると、私の、勉強埋没的な人は、無害な精神病である、という認定もあながち的外れではない、ということになる。

それでも、勉強埋没的な人達が勉強し、研究して、科学を発達させ、文化を増進させている、万々歳ではないか、というストーリーになるが、それに対しても私は異議を申し立てたくなる。すなわち、勉強埋没的であると、他人との協調性を欠き、我侭になって、自己中心的になってしまうのである。昂じると、知的好奇心以外のことはどうでもよくなり、すると、例えば原爆の研究のように、便利さだけでなく災厄ももたらすことにもなる。この辺、あまりロジカルではないが。

でも本当は、文化の進歩は、利他性を高める方向に進むべきであろう。勉強埋没的であることは、それと逆行しているような気がしてならない。すると、無害な精神病は実は、ロングレンジでみると、無害ではなかったりする。

それでどうしてよいか分からず私はまた、本の世界に逃げ込む。もとの木阿弥である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1055

コメント (2)

小松たひと:

>世間でもそういう人は変人扱いされるが

 自分じゃ普通にやっているつもりでも、周囲から変人・変人と言われ続けて幾星霜、いまではすっかり変人を自認する今日この頃です。居直れば人生楽ちんです。おねえちゃんが相手してくれるところに行っても、居心地悪いだけで、何にもおもしろくあるりません。別に勉強が好きではないですが(例によってぼやきです。済みません)。

小松たひとさん

> おねえちゃんが相手してくれるところに行っても、居心地悪いだけで、

お金がかからないなら、おねえちゃんのいるところも悪くないのですが、そういうのはちょっと考えられません。それ考えると、本なんて安いものです。さっぱり理解できない本を買ったときは、すこし後悔しますが。

About

2008年11月17日 06:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「クラウド・コンピューティング」です。

次の投稿は「宗教学と宗教哲学」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。