« いい夫婦 | メイン | 常識の欠落 »

傲慢な生き方

自分は地味でおとなしく生きているタイプだと思っているが、冷静に半生を振り返ってみると、そうでもないようである。そこで、就職してから今に至るまでの自分の軌跡を簡単にメモしてみる。

大学時代の後半、スチューデントアパシーになって、あまり大学に行かなくなった。大学院に行って研究者になるどころではない。そうしてアルバイトしながらぼやぼやしていると、母親が早く卒業して就職しろ、という。当然である。母親は、私が狭い専門の研究者などなるべきでないと言っていた。おかしくなる、と言われた。あまり素直でない私は、その言い方に大変反発したが、今となってみると、性格的にも能力的にも、まるっきり妥当でなかったともいえない、認めたくないが。

で、最低限の単位を揃えて、1年留年という形で、卒業できる見込みとなった。それで就職であるが、本当にどうでもいいと思い、リクルートの会社案内の冊子を適当に見開き、そこを受けてみることにした。資本金10億程度のスイッチとコネクタのメーカである。とりあえず電話してみたら、面接に来てください、というので、大阪行きの新幹線に乗った。八尾というところにある会社だった。八尾には、母方の叔母がいるので、そこに泊めてもらうことにした。

結局面接したら、アットホームな雰囲気で、採用通知がきた。特に嬉しくなく、これで極楽のような学生生活ともおさらばかと思うと、残念でならなかった。

そういう大阪の郊外の中小企業に行くことにしたのは、なにしろオイルショックで不景気で、しかも物理学科ときていては大企業の募集がなかったことと、地方とはいえ国立大学を卒業して中小企業に入ると、優遇されるのではないかという甘い観測があった。研究などの要職に就けるかとも思った。

ところが、その八尾の中小企業で、担当させられたのは特許の仕事だった。いまでこそ知的財産といって花形だが、当時は、理系でエンジニアが務まらないような人が、地味に担当するような仕事だった。研究部門の責任者は、私が実際的でないように見えたようである。実際、不器用で装置など作るのが下手なので、そうかもしれない。

特許の仕事はというと、事務的な作業しかなく、退屈で仕方がなかった。また、上司が鈍重な人で、ついいろいろと意見していたら、癇に障ったのか、叱られるではなく、仕事が与えられず干されてしまった。今にして思えば、10年選手のようにいっぱしの口をきいていたらしく、しかし私は自分の傲慢さに気付いていなかった。ただ、干されることは異常な試練で、適当に本を読んだりしていたが、いよいよ精神的に追い詰められてしまった。なんとか2年半頑張ってみたが、限界に達してしまった。

そこで失恋もし、最悪の人生だとつぶやきながら、大学の先輩たちがいる東京へと出てきた。とりあえず、調布の国領というところにある、別の会社をみつけることができてからである。

そこが、特許の仕事を離れるよいチャンスだったかもしれない。しかし、東京に出てきてやはり特許の仕事にした。経験が活かせるからである。国領の会社の特許部門でよかったのは、特許明細書の実務を教わることができたことである。とても嫌で意地悪な先輩だったが、それなりに基礎は叩き込まれた。私は傲慢なので、その先輩が馬鹿にみえて仕方がなかった。そうしていると好かれる訳もなく、また、ある宴会で、ふざけて、他部門の知り合いの女性に抱きついたら(いまだとセクハラだが、当時は緩かった)、その女性が実は先輩の彼女で、私に対する先輩の敵意は決定的になった。

それでも意外に我慢強い私は、国領の会社に3年半いたが、いよいよたまらなくなって、新聞で募集があった外資系のコンピュータ会社に応募した。友人も前に落ちたということで、受かるとは思っていなかった。しかし、どういう訳かラッキーで採用された。またしても特許の仕事である。やれやれ。

その外資系のコンピュータ会社には流石に、優秀な人が多くて、傲慢な私もやっとある程度、謙虚になることができた。でも、しばらく様子をみると、本質的に冴えた人って、部門内にそんなに多くないのでは、とまたしても傲慢さがもたげてきた。そんな中でMさんは流石に冴えていた。コンパイラとかオペレーティング・システムの難しい本を読みこなし、C言語にも詳しかった。私が唯一プログラミングを教わったのがMさんである。Mさんには私のダサいコードを馬鹿にされ、私は反論できなかった。ところが、Mさんは30台半ばで若くして、急性白血病で亡くなってしまった。私は呆然とした。

なにかの間違いで管理職になってからは、私は、米国本社から来る上位マネジャにも傲慢さを発揮するようになった。英会話を勉強したのは、ちゃんと反論できるようになるためである。外資系はリベラルで下の者が上の者にフランクにものが言える、と考えていたら、それは、外資系を知らないといえる。実は、日本の会社の方が腹芸というか、やり過ごしが効く。外資系は、意外に指揮系統が軍隊式で有無を言わせない。それに棹差して米国本社から来る上位マネジャに反論というか言い訳する私は、困った奴だと思われたようである。随分と厳しい目に遭った。実務的な経験に自信のある私は、日本の状況に鑑み正しいと思うことを提案しただけなのだが。そういう言い方自体がまた、傲慢かもしれない。

最近は、それでも管理職を降ろしてもらって、好きな実務に専念できている。実は今となって実務で役に立っているのは、国領の会社で嫌な先輩に苛められたことで身に着けた実務力である。こうしてみると、傲慢も若干の意味がある、ということは流石にないか。

最近まずいのは、会社で50台半ばになって、それなりに周囲が気を使ってくれるので、傲慢さに拍車がかかってしまっていることである。上司に食ってかかる癖は、若い頃から全く変わらない。完全に恥も外聞もない「大阪のおばちゃん」の中年男性バージョンである。髪が薄くなり、腹も出てきて、いろいろいな意味で人間的魅力が低下の一途である。芋洗い坂係長のように踊れればいいのだが、それは無理。

ということで、自戒の意味を籠めて、このような自伝の掌編を書いてみたが、これくらいでは私は、反省しているとはいえない。困ったものである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1059

About

2008年11月21日 06:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「いい夫婦」です。

次の投稿は「常識の欠落」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。