« 傲慢な生き方 | メイン | 攻撃は最大の防御 »

常識の欠落

麻生首相が、「医師会には社会的常識が欠落している人が多い」と発言して非難を浴びたことを、池田信夫氏がフォローしているが、実は私も池田氏に賛成である。

実は、この複雑な現代の社会にあって、十全な常識を備えた人などいない。すなわち、この時代にあって、何ほどか知識人たろうとしたら、ある程度何かの専門家でなくてはならず、すると、どうしても知識が偏るので、留守になる領域が生じる。例えば、野球で言えば、ライト寄りに守備を敷けば、レフト寄りに狙われた球でヒットになるのは覚悟して、苦々しく見送るよりない。それもまた、知識人の矜持の一種であろう。

ところが、そもそもが、レフト寄りに狙われた球なんて、あんなものはファウルである、打球ですらない、と言いなすことができるとしたら、苦々しく見送る必要なんてまったくない。堂々とライト寄りでやっていける。それが世間でいうエリート的な職業である、医師、弁護士などだろう。少なくとも、その専門分野で、世間的な権威を与えられているので、そもそもがその非専門分野での無知を衝かれることもない。そうして、狭い専門が自分の世界の全てになって、その範囲で、君臨感を覚えることができる。

だから、「医師会には社会的常識が欠落している人が多い」は、現実には正しい命題ではなくて、「医師会には社会的常識の欠落を意に介さない人が多い」というべきである。「医師会には社会的常識が欠落している人が多い」の方は、「○○には社会的常識が欠落している人が多い」と汎化してみると、世の中のほとんどの領域にあてはまることになって、意味のある命題ではなくなってしまう。

ただ、ある狭い専門で以って、君臨感に酔いしれたいというのはまた、人間の本能の一つではなかろうか。例えば、将棋の先崎八段が、「アマチュア棋士は馬鹿だと思う。」と言ったことがあるらしいが、それは、将棋の知識でもって全世界を順序付けると必然的にそうなる。だから、論理的に間違えている命題である、という訳でもない。ただ、その命題に共感する人が多くないだけである。

これが医師だと、その医学知識、出身医学部の偏差値、世間の評判、年収など総合して、他の人たちを下に見ることが是認されやすくなる。

ただ、医師は典型であって、弁護士、裁判官、パイロット、公認会計士などの職業も、社会的常識の欠落を意に介さないでいることが是認されやすい。

だから、つまらないことで叱られ、馬鹿にされ、リストラの危機に怯えるサラリーマンは、社会的常識が欠落していたとしても、それ相応に試練に晒され、狭い価値観で世間を局所化することが許されないが故に、人間が鍛えられる。

すると、幸いなるかな非エリートよ、神の国は汝のものなり、とキリスト教の言い方を真似て言いたくなる。普段、キリスト教の悪口ばかり言っているのに、何を言うか、といわれそうであるが。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1060

コメント (2)

小松たひと:

>弁護士、裁判官、パイロット、公認会計士などの職業も、社会的常識の欠落を意に介さないでいる

 たいした資格でもない「○理△」さんで、天狗になっているヒトもいますしねぇ・・・具体的なヒトの顔が目に浮かびますが・・・・(苦笑+自戒
 でも、独立してみて、大企業に所属する方には、自分が属する企業の力と、自分の実力とを混同しているお馬鹿さんが多いのも困ったものだということがわかりました。

小松たひとさん

> でも、独立してみて、大企業に所属する方には、自分が属する企業の力と、自分の実力とを混同しているお馬鹿さんが多いのも困ったものだということがわかりました。

そうなんですよ、私なんぞ、ずっとぬるま湯みたいなところでやってきたもので、定年後どうしたものかと思っています。私が尊敬するある先輩は、それで世間に通用しなきゃ、飢え死にすればいいじゃん、とあっさり私に言いました。まあ、そうなんですけど。

About

2008年11月22日 06:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「傲慢な生き方」です。

次の投稿は「攻撃は最大の防御」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。