« 攻撃は最大の防御 | メイン | Windows Azure »

中国の美女

Webニュースを見ていたら、元サッカー選手の中田英寿が、台湾一の美女とかいう、リン・チーリン(林志玲)と、親密な関係かも、という記事があった。リン・チーリンは、女優でもあるらしいが、映画に疎い私は、どういう人か全く知らないので、グーグルの写真検索で見てみると、うん、確かに美しい。正統派の美人である。もしかして、楊貴妃もかくやあるらん、とふと思った。

そこで私の記憶は急に、約15年前に遡る。当時、私がいた部門は、アジア全体の特許を担当しており、しかし、すると現地の事情が分からずうまく管理できないので、まず台湾に現地の部門を作ろうということになった。そこで、現地採用の担当者が決まり、日本に研修に来ることになった。

その担当者が、台湾から、日本の私がいる部門に来たとき、私は腰を抜かしそうになった。担当者は若い女性だったのだが、まるでこの世の人でないほどの美人だったのである。シャイな私は正視できなかった。また、当時は私は英会話が全くできなかったので、その人に近づかないようにしていた。おっかなびっくりだった。

それから5年後、会社のワールドワイドのミーティングがワシントンDCであり、会場のクリスタルシティというところのヒルトンに行くと、ほとんどが米国人で、あとは、フランスやイギリスからも人が来ていた。それで、アジア人は私一人かと思っていたら、台湾から一人と、韓国から一人、それぞれ女性が参加しており、その台湾からの一人が、例の絶世の美人なのであった。他にアジア人はいなかったので、われわれ三人はいつも行動をともにした。なぜか最早、気後れしなかった。食事も一緒である。実は、韓国の女性もかなりの美人で、ワシントンDCのあるイタリアン・レストランで食事をしているときふと、これは極楽ではないかと思った。私の英会話はかなり実用レベルになっており、非ネイティブの人と英語で話すことにあまり不自由しなくなっていた。

それで、韓国の女性が席を外したときに、つい台湾の女性にこう話した。「私は、あなたが日本に来たとき、とても驚きました。」すると、女性は当然に聞く。「えっ、どうして?」。「だって、あなたのような美人を見たことがなかったし、その後もあなた以上の美人にお目にかかったことがないからです。」。

そういわれて悪い気がする人はいない。確かに、彼女は喜色満面になった。韓国の女性が戻ってきたので話題を変えたが、「あなたのような美人を見たことがない。」というのは、普通は口説き文句であって、軟派でもない私がとても言える言葉ではない。どうも、時差ボケと、外国にいるということの開放感があわさって、ハイになってしまったようである。

その後の後日談なんて特にない。ロマンスが少しはあれば、と期待した私が浅はかだった。ただ、台湾の女性は、その後の私のメールに、前より親切に答えてくれるようになった。でも、不思議なもので、後々で沁み込ように印象に残ったのは、韓国の女性の方だった。ソウルに出張に行ったときは、空港まで迎えにきてくれた。ソウルの街中で、いろいろな話をした。日本に出張に来たときも会って、ずっと仕事の話や世間話をした。でも、いつの間にか音信不通になり、風の便りで、結婚していまはロサンゼルスにいる、と聞いた。

リン・チーリンのニュースで、こんな儚い思い出が甦った次第である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1062

About

2008年11月24日 06:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「攻撃は最大の防御」です。

次の投稿は「Windows Azure」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。