« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月 アーカイブ

2008年12月 1日

音楽著作権管理

最近知ったのだが、JASRACの作品データベースというのがあって、誰でも無料で検索できる。例えば、このDBで、権利者が「小室哲哉」で検索したら、836件ヒットした。

このDBの優れているところは、権利関係も明示されていることである。例えば、代表作の1つ、Departureを見てみよう。すると、作曲の権利が小室哲哉、作詞の権利も小室哲哉、ところが、出版社としてエイベックス・グループ・ホールディングス株式会社がリストされ、いわば分割して権利が保持されている。さらに、その全ての権利がJASRACに全信託となっていて、すると権利はがんじがらめで、JASRACとの契約を解除しない限り、小室がどうすることもできない。このDBを見ていれば、詐欺にひっかかることはないのだが、知的財産に関与する仕事をしている私でさえ、つい最近知ったばかりのDBなのであるから、そうでない普通の投資家の方がご存知なくても、無理はない。

なお、さらには、下記のようなアーティスト名もリストされる。どうも、この順序で、Departureが演奏された、ということのようである。
1 globe
2 嘉門 達夫
3 L☆IS
4 THE SWEET HEART TEMPERED
5 SONY MUSIC ORCHESTRA
6 ザ・マイクハナサーズ
7 PROJECT-T2
8 李 博士
9 キッズ マーチング バンド
10 五木 ひろし
11 クリスタルメロディ
12 SISTER K
13 TETSUYA KOMURO
14 赤木 りえ
15 COVER LOVER PROJECT

またさらには、下記のように、JR東日本のCMに使われたことも明示される。
CM/JR東日本/SKI SKI
JR ヒガシ ニホン SKI SKI
JR HIGASHI NIHON SKI SKI

JASRACは、課金しているだけあって、履歴管理もしっかりしていると感心した次第である。

あと、文化庁にも著作権データベースはある。これは著作権全般なので、音楽だけではないが、問題は、著作権登録されたものしか検索できないことである。特許や商標などと違って、著作権は、登録しなくても権利が発生し、権利行使可能である。よって、わざわざ登録するインセンティブは少なく、登録されている著作権は、ほんの一部、ということになる。こちらのDBにも、数十件、小室哲哉名義のものが見つかった。彼の作品の全体の一割にも満たない。なぜに著作権登録したのだろう、とつい考え込む次第である。

2008年12月 2日

お局さま

世の中には怖いものが沢山あるが、会社における「お局さま」は、かなり怖さのレベルの高いものであろう。私は、「お局さま」を部下もつという、身の毛のよだつ経験をしたことがある。その体験を、なるべく抽象化して、「怪談」として述べてみたいと思う。平家物語の琵琶法師の乗り、というほど格調高くないが。

ペンペン、それは私がまだ40台前半で、人生に夢と希望を抱いていた頃である。実務家でやっていると、突然上司から、女性陣の管理職になるよう命じられた。漠然とした不安を抱き、当時通勤は自転車だったので、ぼうっと会社に向かって自転車を漕いでいると、青信号を左折するバイクが、目の前を横切ったかと思うと、自転車が跳ね飛ばされてしまった。私は、もろに顔面を打ち、歯が一本折れた。ぺっと唾を吐くと血だらけだった。顔はまさにお岩さんのようになった。バイクに乗っていたのは、どこかの工員だったが、警察を呼ぶ間もなく、バイクを起こすと行ってしまった。当てられ損。

こうして、私の管理職は受難のスタートとなった。最初の苦労は、お局さまと、それ以外の女性陣の対立であった。私の前任の管理職は、お局さまにべったり丸め込まれて、それ以外の女性陣は虐げられていた。数で劣勢なのに、しっかりヘゲモニーを発揮する。おそるべきお局さまの神通力である。

しかし、まだ若かった私は、ペレストロイカだグラスノスチだと叫びつつ(ということはないが)、敢然とその神通力に挑んだ。すると、非お局さま勢力にとって、それは福音と見えたのか、随分支援してくれたが、お局さまの手は管理職操作である。私には神通力が効かないとみると、他の管理職を通じて、侵攻してきた。

ところが私も、妥協の人間である。お局さまと部分的に停戦協定を結んだ。すると、今度は、非お局さま勢力にとってそれは裏切りにも見えたのだろう、非お局さま勢力からも責められた。

私が採った手は、甚だ人間的な、「話せば分かる」戦術であった。もともと、一対一で親身になって話すのは苦手ではない。一人一人と話すと、お局さまとさえ、ちゃんと分かり合えるのである。互いの痛みも苦しみも共有できたような気がした。

しかし、一歩仕事の実務となるとまた別で、私があることを決めると、お局さまからは「聞いてない」攻撃、でもどうして上司の私が逐一部下の許可をとらなくてはならないのか理解できない。一方で、お局さまは私に無断で、重要事項を決めてしまうことがある。そして、勝手に決めてから私に報告するのである。○○さんの許可を取りました、と。○○さんは、私と同列の他の管理職である。それではまるっきり私の立場がないではないか。

それでも、私がなんとか妥協してお局さまと付き合っていると、今度は非お局さま勢力から、私がお局さまだけの言うことを聞いている、と非難の声。そんな、私ほど広く平等にみんなの意見を聞いている管理職はいないのに、そもそも、私がバッファになっているから、あなたたちへのお局さま攻撃は、随分と緩和されているんだよ、とそっと言うのだが、そんな理屈が聞いてもらえる訳もない。

こうしてジャングルを匍匐するような日々が十余年続いた。ベトナムで捕虜になったマケインも斯くの如し。こうして私はなんとか大きなトラブルなく、しかし、然したる成果なく、ジャングルを出られた。

私が管理職を降りたときの挨拶は、いやあセクハラもなく、ひどい社内規定違反もなく、ここまでやってこれだだけで私は満足です、というものであった。そのときのみんなの目は、最後なんだからもうちょっと気の利いたこと言えよ、だったけど、激闘のあと、何が言えようか。

もう何度も書いたが、意志の弱い私がセクハラとかパワハラにならなかったのは幸いだった。なんかそれって、逆パワハラじゃんと言いたいこともなくはなかったが。私がキムタクみたいだったら、セクハラというか、部下と変な関係になってしまったのだろうか。いや、そんなあり得ない仮定をしても仕方ない。

あ、お局さまに戻って、これだけは教訓としていえるのは、お局さまは難攻不落である、ということである。間違っても攻め込んで降伏させようとしてはいけない。正論で降伏させることは可能かもしれない。しかし、降伏させたと思った瞬間、自分が回復できない痛手を負っていることに気付くだろう。だから、第三者からずるいと非難されようと、米国とロシアの関係のように、つかず離れず付き合うよりない。

では、お局さまとして生きることは幸せなのか。確かに、こわもてして、部門長すら一目置く。結構我侭が通るので、幸せそうには見える。しかし、よく周囲を観察すると、信じられないくらい人間的な信頼を失っている、ある感性がないと分からないかもしれないが。だから、いかなる女性にも、そういう感性を欠いてお局さまとして生きるという途は、あるということになる。将棋で言えば奇襲戦法で、私は絶対いやだけど。

2008年12月 3日

面白法人カヤック

アマゾンで本を購入していると、頻繁に案内が来る。大抵は無視するのだが、「面白法人カヤック」の案内が来たときは、なんじゃこれは?と思った。無視しようと思ってが一応、アマゾンのサイトに行ってみたら、結構評判がいいではないか。なんでも、カヤックとはWeb関係の企業らしいので、どんな会社か見てみても損はない、と注文してみた。

で、面白法人カヤックとはどんな会社かというと、慶応出身の三人の仲良しが創設した会社である。Web関係は書いたとおりだが、この本は、自分で面白いと言う人に限って面白くないという自己つっこみから始まる。このあたり、この会社大丈夫なのか、という思いがよぎる。でも、面白くやるんだ、というステートメントが続く。おいおい、学生のサークルかよ。

ところが、カヤックは、なかなかいい哲学をもっていることが段々わかってくる。

例えば、「好きな場所で好きな仕事をしよう。」これはまあ、いい。Web関係ならではで、ネットにつながっていれば仕事ができる、というものである。

あと、「何をするかよりも、誰とするか」。ここで、?となる。これって、悪名高き属人主義ではないか。本当はそうでないことが、後でわかる。

カヤックの経営理念がまたいい。普通経営理念は、IT企業なら、Web技術を通じて、なんとかに貢献する、というようになるだろうか。ところが、カヤックの場合、経営理念は、「つくる人を増やす。」なんとわかりやすくて、具体的なのだろう。

これがなぜ経営理念になるか、とてもわかりにくい。でも、カヤックは、つくることを人間の幸せとみて、一人でもつくることに参画する人を増やすように応援してくることを経営理念とする。その過程で利益が上がればいいとする。

次に行動指針。上にあげた「何をするかよりも、誰とするか」だけれども、要するに、気の合う人とコラボしよう、という意味である。そうしないと面白くない、効率が上がらない、というものである。

また、「好きな場所で好きな仕事をしよう。」で、鎌倉本社と旅する支社を掲げる。旅する支社は、海外に臨時のオフィスを構えて何人かに働いてもらう。気分転換にもいい、という次第。

次が、「サイコロ給とスマイル給」。サイコロ給は、給与のある部分がサイコロ給で決まる、というもので、ある人にとっては、きちんと仕事の成果で厳密に給与が決まってほしいだろうから、そんなの止めてよ、と思うかもしれない。そういう人には、カヤックは相応しくない。あまり給与なんて気にするなよ、というメッセージである。それよかもっといいものがあるぜ、というのがカヤックのメッセージ。

スマイル給というのは、いかなる意味でも、なんらかの金銭的手当てではない。例えば、「阿吽の呼給」などと名づけて、ネット上で褒める。それで楽しくなれば、それが手当て。

あと、「それって漫画っぽい?」というのがある。漫画のヒーローのふりをする。いかにもアニメ世代だが、カヤックは決してふざけている訳ではない。漫画のヒーローのように、勇気をもって戦い、責任をまっとうする。

最後は、「量が質を生む。」これ、最初に言ったのは、マルクスだったか、エンゲルスだったか。共産主義関連で数少ない私の好きな言葉である。カヤックは、数打つこと継続すること、楽しそうにそれを行うことを推奨する。そう、それこそが黄金律。天才でない人達が成果を上げる唯一の方法といっていい。

こうして、カヤックは決してふざけていないことがわかる。寧ろ、私など、面白くやり続けるのは、ちょっとしんどいな、と思ってしまう。歳のせいか。

ただ、こういうある意味「うざったい」職場は、いい意味での趨勢であって、このブログで書いたグーグルの職場と大差ない。金融恐慌があって、どんどん職場環境が冷え切っていく中で、こういう構成人員間の関係を密にする会社のやり方は、1つのソリューションである。そんななかで、高度なスキルを要求するグーグルはとても厳しい。

カヤックは、凡人でも、面白がって真面目に努力する人ならやっていける。なかなか優れたやり方であると思う。ただ、こんなやり方を思いつく経営者は決して凡人でない、そこは言っておく。

2008年12月 4日

消費の意味

最近、金融恐慌のあおりを受けて、米国の三大自動車目メーカーが大変な苦境に陥っていたり、パナソニックの売り上げが4割落ちたなどのニュースを聞くが、今更何を言うかといわれそうだが、私はバブルに浮かれている頃でさえ、どうしてあんなに車や家電が売れるのか、よく理解できなかった。

例えば、私は今乗っているトヨタ・イストを、6年前に買った。ちょっとコンパクトだが、特に不満はない。最近の車は、ほとんど故障もない。一応、念のために半年点検パックに入っているが。

ところが、イストを買って3年目、車検の頃になると、営業マンが、したり顔でパンフレットをもってくる。今度、こういう新車が出ますよ、買い替えのいいチャンスですよ、と。それに対して、いえいえ、今の車で十分です、私は、10万キロ走るまで、あるいはあと十数年、壊れるまで乗りますとそっけなく答えると、営業マンはいたく落胆して、そうですか、車検のタイミングで買い換えるお客さんは結構いらっしゃるんですけどね、という。

そこでまた私は意外であった。事故ならともかく、無傷で普通に走れる車をどうして買い換えるのか、と。しかも、頻繁に買い換える人達はどうみても、私と同等の中流サラリーマンである。たいてい、私よりも可処分所得が実質的に多いとはどうしても思えない。

それ言うと、それは、あなたが車が好きではないからだ、みたいに言われる。車好きなら、三年も乗っていると、飽きて、また新車に買い換えたくなる、なんとかと畳は、新しい方がいいというではないですか、という論法である。

そこまで言われると、気持ちが分からないでもないが、しかし、何の問題もなく走る車をどうして買い換えるのか、私にはどうしても強い違和感がある。

また、こうも思った。もしほとんどの車のオーナーが私みたいなメンタリティだったら、車メーカーは大変困るだろうと。実際、みんな同じ車に10年以上乗っていたら、トヨタだって売り上げは激減となろう。ところが、そういうことは起きなかった。車は売れ続け、トヨタは世界一かもしれない売上高と利益を享受したのは、つい最近のことであった。その牽引車はというと、どうも、消費社会、アメリカである。

ところが、サブプライムと、それに引き続く金融恐慌で、消費社会アメリカが大打撃を受けた。すると、いよいよ車を買い換えるどころではなくなり、急速に車の売り上げは低下した。当然なのである。とりあえず今の車で用が足りるのだから、どうして無理して買い換える必要があろう。

家電もしかりである。今の家電はなかなか壊れない。地デジ対応とか、機能が対応しなくなるなどのことがないと、10年前のテレビだろうと立派に使える。

こうして、米国の三大自動車目メーカーやトヨタやパナソニックの繁栄は、人々の悦楽奢侈の結果の仇花だったのか、という相当に人生を斜めに見た意見となる。おっと、私の膝元のコンピュータだってそうである。機能がまだ発展途上のコンピュータは、車ほどではないが、しかし、古い機種でも結構使える。

ところがニュースをみてほしい。食品メーカは、偽装問題で話題になることはあっても、経営の苦境が喧伝されることはあまりない。P&Gや花王のような日用品メーカ、武田薬品のような薬品メーカ、しかり。車や家電と違って、必然的に日々の消費があり、10年間、P&Gや花王の製品を全く使いませんなんてことにはなかなかならない。

すこしニュアンスは違うが、仇花ということなら、新聞もそうである。最近のニュースで、朝日新聞が赤字になったとあった。ずっと健全経営を続けてきた朝日新聞にも、世の中の趨勢の変化が及んでいる。すなわち、新聞広告モデルの変化、宅配モデルの変化などである。こちらは明らかに、ネットによる情報発信への推移の影響が大きい。

すると、買い換えなくてもいいものの買い替えを煽り、あるいはよく分からない利権にすがって成立していた資本主義がここにきて、重大な曲がり角にさしかかっていることになる。金融恐慌はそのきっかけに過ぎないのではないか。すなわち、金融恐慌は、パラダイム・シフトの触媒ではあっても、経済の化学反応のポテンシャル自体ではないのではないか、と最近、考えている次第である。ああ、なんと月並みな思考なのだろう。

2008年12月 5日

オトコ香る

雑誌によると、クラシエフーズの「オトコ香る」が今、人気なのだという。「オトコ香る」が何なのか説明する前に、クラシエフーズとはどういう会社かというと、昔はカネボウフーズと言った。昔、「ハリスの旋風」というテレビアニメがあって、それのコマーシャルで、カネボウのフーセンガムが宣伝されていた。カネボウは、ガムの世界で、ロッテに次ぐNo.2だった。

ところが、カネボウは、産業再生機構による経営再建中に、2300億円もの粉飾決算が発覚して上場廃止になった。そこで、化粧品部門を花王に売却して、2007年にクラシエに社名を変更して、再起を図った。

そんなカネボウであるが、ガムの分野で独特のノウハウを蓄積していた。その1つが2005年8月に発売した「ふわりんか」である。すなわち、「食べると身体から良い香を発する」という商品で、キャンデー版とガム版がある。

芳香ではないが、ニンニクを食べると、口臭だけでなく、汗や身体全体にニンニクの臭いが充満してしまう。すると、原理的に、食べ物で体臭をコントロールできる、ということになる。

「ふわりんか」が発売される前、機能性のガムというのは、口臭対策の清涼系、眠気覚ましのカフェイン系、虫歯予防のデンタル系の3つに類別され、市場規模は、1800億円で頭打ちだった。

そこで、ある女性研究員のアイデアから端を発したのが、身体からよい香りを発する商品なのであった。ところが、そんなうまい商品が実現できるとは経営陣は信じない。そもそも、聞いたことがない。

そこで助っ人にあらわれたのが、元名古屋工業大学教授の津田孝雄氏。身体から出るガスの成分の研究をしていた。その研究の結果、薔薇から採取されたゲラニオールと、バニラの実から取れるバニリンが、食べると、汗と一緒に放出されて芳香になることがわかった。

でも、クラシエは、これがどれほどヒットになるか半信半疑で、大して広告もうたず、とりあえず年間4億円の売り上げを想定したところ、これは半年でクリアされた。

「ふわりんか」は女性をターゲットにしたものであったので、クラシエは男性用の「オトコ香る」を、2006年7月に発売することにした。あえて、黒の背景に赤のあやしい装丁である。最初は粒ガムとして発売したが、結局、板ガムとして発売したところ、折からの男性体臭忌避ブームで、爆発的なヒットになった。

というけど、私は「ふわりんか」も「オトコ香る」も、コンビニで見たことがない。都心のコンビニが中心らしいので、郊外には及んでいないのか、それとも、そんなのに注意しない私が見落としているのか、おそらく後者なんだろう。気にしないようで体臭が意外に気になっている私としては、試してみたいような気もする。

最後に、「ふわりんか」や「オトコ香る」は特許で保護されているのかという疑問だが、調べてみると、香料としてのゲラニオールは、ずっと昔から公知で、なかなか権利化は難しい。カネボウフーズの特許出願として、特開2006-343258で、皮膚から放出した皮膚放出成分を測定する方法であって、極微量の皮膚放出成分を、短時間のサンプリング及び分析で、簡単に測定することのできる皮膚放出成分測定方法があるだけである。

2008年12月 6日

金融工学20年

金融工学者というかOR学者として、私は今野浩氏を尊敬するものである。それで、このブログでも、金融工学についてで触れた。

尊敬する理由は、率直で、素朴で、偉ぶらないで、勤勉で、またいつまでも現役であろうとしているからである。多分、志村五郎のような大学者ではないかもしれないが、それでも、私からみて雲の上の人であることに変わりはない。

アマゾンのサイトを散策しているときに、今野浩氏のより近著で、「金融工学20年」東洋経済新報社という本があるのを知って、早速買い求めて読んでみた。すると、「金融工学の挑戦」よりも、本音が詰まっていて一層興味深かったので、コメントしてみる。

もともと今野氏は、オペレーションズ・リサーチの研究者として成功しようと思っており、金融工学など眼中になかった。そもそも、1984年当時、金融工学という言葉は、日本にはなかった。しかしたまたま、そのころ、債券運用に関する問題を非線形最適化問題として解いてもらえないかという依頼を受けたことから、金融工学との関わりが生じてきた。生粋の工学者魂として、お金のことに関わる研究をするなんて、とんでもないことである。だから、それは本当に縁だったということになる。

債券運用に関わるということを一旦忘れると、非線形最適化問題というのは、OR学者である今野氏にとって馴染み深いものであった。こうして、この問題を解きつつ、金融に関する一通りの知識を学んで、次第に深みにはまっていった。ところが、とても新しい分野である金融工学に取り組むことで、今野氏は余計な苦労を背負うことになる。

そもそも、金融論自体が、法学部や経済学部でとても低い地位しか与えられていない。それは丁度、ブログにも書いたように、応用数学が、数学の世界で、代数、幾何、解析などの純粋数学よりもずっと低い地位しか与えられていないのとのアナロジである。

ところが、金融工学という子供を産むための母親が金融論だとすると、父親は応用数学の最たるものであるオペレーションズ・リサーチや統計数学であって、その結婚は、まるで貧民街での結婚式のようになってしまう。

ところが、米国に目を転じると、今野氏は、既に1960年代の論文から、米国では、とてつもない精鋭秀才が、金融工学の画期的な理論を打ち立てていることを知り、自分でもなんとかしようと、今野氏はファイトを燃やすのである。やはり、米国の金融工学の厚みと深みが日本とは全然違うことがここから計り知れる。

しかし案の定、金融工学の研究など文部省からは認知してもらえず、研究費を取ることなど夢だった。それで、銀行などにすがって、なんとか少しずつ予算をもらった。金融の研究費という名目である。

そうして折角書いた論文も、ことごとく落とされてしまう。それは、経済学者がレフェリーに入っているからである。経済学者にとって、金融工学の論文など、到底評価に値するものとは思われない。

実際、今野氏は次のように自嘲する。
- 「金融工学は単なる計算」と批判する経済学者
- 「金融工学は学問か」と揶揄する純正エンジニア(工学者)
- 金融工学に理解を示さない金融ビジネスのリーダー

それでも、米国発の金融工学ブームが日本にも押し寄せ、1998年頃には日本でも金融工学が活況を呈し始める。そこで、今野氏は、勤務する東京工業大学に、理財工学センターを設立することに成功する。そこには、白川浩という天才の若き同僚がいたことがとても大きかった。

ところが、東大も一橋大も黙っていない。西では京大がそうである。同様に金融工学の研究センターを設立して、対抗してきた。東大は、今野氏自身をも引き抜こうとするなど、手段を選ばない。

しかしである。大学が独立法人化して、東大でも一橋大でも東工大でも、金融工学の研究センターは閉鎖あるいは吸収合併に追い込まれた。東大ではそもそも、経済学部が暗然たる反対勢力で、どうしても金融工学の研究にブレーキがかかる。東工大では、実質的エースであった白川教授が、若くして病気で亡くなるという災難があった。結局、独立法人の下では、いろいろなしがらみにより、金融工学の研究センターはなかなかその存在意義を主張できないようなのである。こうして、金融工学は、管理工学科などで細々と教育され、研究されることになる。いわゆる経済学部の金融の専門家には、数学が前面に出てくる金融工学は、ちょっと荷が重い。

こうして、日本における金融工学研究は下火になってしまう。もともと米国には質・量とも、金融工学研究で圧倒的な差を付けられている。東工大の理財工学センターは、そのキャッチアップのための旗手であったはずなのに、その夢は潰えたのだろうか。

もっと一般的に、金融恐慌を契機に、金融工学は終わった、と言えるのだろうか。この本は、今から約4年前に書かれたものであるため、今の金融恐慌は考慮していない。それでも、一部の学者が、「金融工学は終わった」と、宣言していることを紹介する。しかし、金融恐慌が、金融工学によって設計された飛行機の墜落であると喩えると、より安全性を高めるリスク管理技術という意味での金融工学は、これからなのではあるまいか。リスクは下げられない、という否定的解決の証明でも仕方がないけれども。

2008年12月 7日

やり過ごし

やり過ごしというのは、文字通り、依頼されたこと、やらなくてはならないことを意図的に、あるいはうっかり、やらないでおくことであり、もともと決していい意味ではない。しかし、経営学者、高橋伸夫氏の名著「できる社員はやり過ごす」日経ビジネス文庫によれば、「やり過ごし」に肯定的な意味が与えられる。

私は以前、高橋伸夫氏の、成果主義を批判する本を読みいたく感じ入った。中間管理職として、普段思っている疑問に答えてくれたからである。その本と併せて、富士通がいかに成果主義を導入して会社がぼろぼろになったかという本も読み、いよいよ、素朴な成果主義は会社を駄目にするという思いを強くした。

しかし、未だに、初歩的な省察すらなく素朴に成果主義を唱え、その結果どんどん社員のモラールを下げ、業績を下げている会社が少なくない。そうして行き着く先は、リストラである。リストラによってさらにモラールが下がり結果的に業績が下がり、さらにリストラが行われるという、負のスパイラルはいかにも惨めである。そういう素朴な成果主義が陥りやすい陥穽として、成果を評価する側の管理職の無謬性の仮定というか、無責任性がある。

すなわち、成果主義を推し進めると、なんらかの分かりやすい指標で、実働の人達の成果を測定しようとすることになるが、そういう成果を測定する主体のマネジメントの能力というか成果がえてして等閑になってしまう。言い換えると、実働の人達の成果をみることにフォーカスされすぎてしまうのである。すると、部下がリストラの危機で汲々としているのに、楽しく接待に興じる管理職というのも出てくることになる。それ自体コンプライアンス上問題という訳ではないが、少なくとも怨嗟の声は蔓延する。

おっと、話がずれた。「やり過ごし」に戻すと、要するに、きちんと機能している会社では、上司からの指示をあル程度やり過ごすことが、部門運営上必須ということになる。

例としては、次のようなものがある。例えば、私が一部員とする。すると、あるとき部長が、「君、今度、将来○○の市場にわが社は展開するということで、来週、可能なら専務に報告することになっている。これを来週までに簡単なパワーポイントの資料としてまとめておいてくれないか。」という曖昧な指示をしたとする。

そこで部員である私は、そんな曖昧な指示で、しかも、○○の市場のことだなんて、短期間で意味のある資料が作れる訳がない。それより今は、期末のこの仕事が目下の緊急時なのだ。放置しておこう、と自分の判断でやり過ごす。一方、部長も、そんな曖昧な指示のことは忘れて、いつしか立ち消えになっている。

それがやり過ごしのポジティブな効果で、分かるように、やり過ごしは、管理職の思い込み違い、曖昧な指示などを、部下がうまくバッファリングすることで組織の運営を円滑に進める効果がある。

ところが、部員である私が下手にイエスマンで経験が少なかったとしよう。すると、部長の指示は絶対で、ああ部長が仰るのだから、と曖昧な指示を自分なりに解釈して、必死で資料を用意する。その結果、期末の緊急の仕事が疎かになって同僚から苦情を言われる。で、必死で作った資料を部長に渡したところ、ああ、あれね、ご苦労といわれるのだが、どうもその資料がその後実際に専務に見せられた形跡はない。

一方、部長が石頭だったとしよう。すると、私が期末の仕事に忙殺されて、且つあまり重要な仕事でないと判断して、依頼された資料作りをやり過ごしたとすると、資料自体の重要性や指示の具体性に関係なく、俺の指示を無視するのか、と烈火のごとく怒ることになる。下手したら、有能な実務家である私は、そのことだけで評価を下げられ、ついには左遷されてしまったりする。

こうしてやり過ごしは、ある程度のリスクテーキングと、実務的な優先順位付け、意味づけの判断力を要する。

ところが、「できる社員はやり過ごす」によれば、すぐれた会社ではむしろ、この「やり過ごし」能力が昇進への基準のひとつである、という。然りである。

というのは、多くの人は同意すると思うが、会社というところは、判断力が優れているから昇進するのではない。それは、学歴とか、ある狭い分野の専門知識とか、派閥とか、上位管理職と趣味や嗜好が合うとか、閨閥とか、いろいろな要素があり、従って、相当の確率で、判断力に問題のある管理職というものか存在する。そこでもし、上司の指示をきちんと墨守することが絶対である、ということになると、それはまさに、フィードバックのないサーボ回路であり、間違いなく暴走する。

そこで現場のセンサでありフィードバック機構である現場の担当者が、上司の妥当でない指示をやり過ごし、あるいは指示とは別のやり方でやる余地を作っておくことが必須になる。管理職としても、やり過ごしにいちいち激怒するようなら、管理職失格であり、それでもしさらに実務能力も欠くとなると、会社に居場所はないだろう。それこそが成果主義というりよりも、真の意味の能力主義である。

そういう意味で、上位マネジメントに対して何も異議を唱えず、ただ部下に上位からの指示を流し、それの墨守を命じる中間管理職は、間違いなく失格である。

私のささやかな中間管理職としての経験でいうと、会社が健全な経営であった時代は、締め付けが緩かったせいもあって、自分の自由裁量が大きく、上司からの無理難題も私のところで留めて、やり過ごす余地があった。私がすこし叱られれば済むことだし、むしろ、工夫により指示と違うやり方で成果を出すと褒めらもした。

しかし、会社がおかしくなってくると、そういういい意味の自由裁量が許されず、また、無理難題を私のところで留めておくとさらに叱責されて、部下に降ろさざるを得なくなった。そこで、部下の仕事の優先順位が狂い、それをまとめることに大変な時間をとられた。そういうやり過ごす管理職はけしからん、と私の評価も下がった。

しかし、結局は、私や部下の工夫の余地が認められにくくなったことで何が改善されたのか、さっぱり分からない。ただ部門が不機嫌な職場になっただけである。

ところで現在、米国の自動車メーカのビッグスリーが苦境に陥っている。存亡の危機と言ってよい。それを金融恐慌のせいにする人は多い。もちろんそれもあろう。しかし、トヨタとビッグスリーの差は、やり過ごし許容度の程度でもあるのではないか。自動制御を勉強すると、サーボ機構におけるフィードバックがほんのちょっと狂うと、サーボ機構は目標のレベルから外れ、ついには収拾不可能な位置まで偏移してしまうことが分かる。すると、ちょっとしたやり過ごし不寛容度が現場の声を吸い上げる仕組みを阻害して、今のビッグスリーの苦境をもたらした、ということは十分にありえるのではないか。

2008年12月 8日

秋田県の教育

先日、ブログで、秋田県と福井県が教育レベルが高いと書いた記事だが、Webの記事によると、少なくとも秋田県については、実際はどうもすこし事情が異なるようである。

すなわち、文部科学省が実施した「全国学力テスト」で、2年連続トップの成績を収めた秋田県に対し、その秘訣を学ぼうと、全国の教育委員会や地方議員らによる“秋田詣で”が続いているが、「秋田を見習って大丈夫なのか」と疑問を呈するのは、ほかならぬ秋田県内の教育関係者なのだという。

秋田県が全国学力テストで成績がいいのは、次のような理由による、という。

- 急激な少子化のため全国に先駆けて県全域で少人数学級に移行したので、生徒を丁寧に指導できる。
- 「競争より横並びが大事」という県民性が成績の底上げを実現している。

実際、秋田県の全国学力テストの実績は、平均値で他県を上回るが、上位層が薄いという傾向にあるという。

さらに秋田県は、明らかに大学受験で低迷している。すなわち、昨年度の大学入試センター試験の7科目平均点は全国34位。また、大学進学率は約43%で、全国平均の約53%を10ポイント下回る37位にとどまっているという。19年度の東大合格者数も東北で唯一、1けたの8人で、43位と低迷しているという。東大合格人数は1つの指標に過ぎないが、しかし、一県で8人は、あまりにも少なくないか。というのは、私の出身の広島県尾道市は全国的にみて決して教育レベルの高い地域ではないが、成績のよい中学生は、福山市にある広島大学付属福山校にいく。そして、そこは大体、年間20人くらい東大に受かるからである。

でも私は、秋田県の方針は悪いとは思わない。基礎をきっちり教え、落ちこぼれを少なくするのは大変なことだからである。基礎が出来ていれば、あとは自分の興味をどうふくらませるかである。本人次第ということになる。やる気があれば、Z会の通信教育でもよいのではないか。また、東大出身でなくても、基礎が出来ていれば、どこかで芽が出るだろう。

一方で、先日、中山元国土交通省が、日教組が強いところは生徒の出来が悪いと物議をかもしたが、実は、それは一面の事実なのだと、あるWebの記事にあった。というのは、全国学力テストで成績のよい秋田県や福井県では、日教組の活動はあるものの、とても労使協調的で、ほとんど労働争議はないという。だから、安心して先生が生徒指導に専念できる。定義的にも、日教組は先生の権利を主張する団体であって、そのような権利主張が生徒のためにもなる、という論理はなかなか導けないのではないだろうか。それは、思想や信条云々というよりも、とても機能的且つ論理的な話にすぎない。

2008年12月 9日

リストラについて

昨今、ニュースでも盛んに報道されているように、日本の企業でリストラの嵐が吹き荒れている。私は幸か不幸か、長らく管理職の地位にあったので、どうしても、従業員側と会社側の両方の観点から見てしまう傾向があり、人員削減のやむを得なさというのも、ある程度理解できる。

一方、シャープの会長、町田勝彦氏の「オンリーワンは創意である」文春新書には、シャープのリストラについて述べた章があったので、コメントしつつ、言及してみる。

そもそもが、リストラについて述べた章のタイトルが、「リストラなき日本型経営」なのであるから、シャープのリストラに対する態度が如実にそこに表されている。

その章によると、シャープには今まで三度、リストラの危機があったという。

その最初は、1950年の初頭、米国がドッジラインの金融引き締め政策をとったことで、日本が大不況に見舞われた。売れ筋だったはずのラジオが大量に売れ残り、シャープは重大な倒産の危機に直面した。そのとき、社長だった当業者の早川徳次氏は、「社員のくびを切ってまで会社は存続させられない。社長は辞し、会社は解散する。」と言い出したそうである。

すると、それに対して、周囲の人間は、なんとしても経営を続けてほしいと懇願した。社員もなんとしても会社の残そうと、組合自身が希望退職者を募り、当時全社員の35%にあたる200人あまりが自主退職した。しかし、早川氏は責任をとって社長の座から降り、当時の経理部長だった佐伯旭氏に経営責任を譲った。これが今まで唯一のシャープのリストラである。空前であったが、もちろん絶後という保証はない。

二度目は、東京オリンピック後の昭和四十年不況。東京オリンピックが終わった後、テレビが急に売れなくなった。テレビの在庫が山となった。同業他社では、やむを得ずのりストラが横行したが、シャープには、二度とリストラせず、の不文律がある。そこで窮余の策として、社員が総出で、在庫を売りさばくために、販売店に出向いた。この策で、シャープはなんとか、窮地を脱した。

三度目は、記憶にまだ新しい、1998年の日本の金融危機である。それにより、柱の液晶事業は大赤字、膨大な設備投資で完成した福山工場も、操業できないでいた。それによって、明らかに、350人の余剰人員が生じる、という試算であった。

確かに、リストラすると株価は上がる。当時、会社の価値は株価で決まるみたいな風潮の流行の頃で、世間でも、経営危機でリストラするということの風当たりは弱くなっていた。しかし、当時社長だった町田氏は、やはり、二度とリストラせず、の不文律を思い起こした。そもそも、会社のスキルやノウハウは人材にあり、それは安定した雇用状況に依存するという当たり前の事実を、町田氏は改めて確認した。そして、組合とも相談して、リストラでなくワークシェアリングをとるしかないか、ということになった。ワークシェアリングだと、例えば、一人分の仕事を二人で交替してやるわけだから、給与は半分である。しかし、組合も、リストラよりはましでしょう、と渋々同意した。ところが幸い、ワークシェアリングをするほどまでは経営は深刻でなく、役員ボーナスをゼロとするだけで、なんとか乗り切ることができた。

このように、実は、リストラしないという施策は、ある意味、会社生命にとって命がけである。シャープは、必死の工夫でここまで、一度だけのリストラでやってきた。実は、シャープが、ディスプレイとして、ブラウン管を捨て、液晶に専念する、というとてもリスキーな判断をしたのが、三度目の経営危機の1998年であった。当時の町田社長の決断である。当時、液晶は、まだ安定した製品ではなかった。もし液晶が構造的な欠陥デバイスだったら、シャープは完全に潰れていたことになる。だから、とてもリスキーなのである。もちろん、当時世界でも有数の液晶に関するノウハウを蓄積していたシャープには、単なる投機的な判断ではなく、それなりに工学的根拠に基づく見通しもあっただろうが。

こうしてみると、リストラしないという方針は、日本的経営の甘さなどと言えるものでは到底ないことが分かる。経営危機にあって、リストラしないことこそ、不退転の決意を要する。

なお、最近のニュースでは、液晶テレビの価格暴落を受けて、シャープが苦境にある、とある。一方で、有名な亀山工場は、その7割程度が正社員でなく、他社からの請負社員や派遣社員であり、ここのところは、景気が悪くなると切られるのだろう。もし切ったとしても、それは、シャープが社員をリストラした、ということにならない。

ただ、次のことは言える。

- リストラは、確実にスキルとノウハウの低下を招く。というのは、スキルとノウハウの担い手であるのは、従業員以外ではありえないからである。
- やはり、経営者の責任は問われるべきでないか。経営者は、景気の悪化自体に責任はない。しかし、やむを得ず従業員を減らさざるをえないというとき、経営者は賃金カット(典型的には、年俸1ドルというのもある)、辞任などで、経営責任を問われることは当然にあろう。
- リストラ以外に、ワークシェアリング、従業員の一律減俸などの手も考慮されるべきである。ただ、ワークシェアリングにしても、一律減俸も実質的な年収の低下であるから、スキルのある人は辞めて他の機会を窺うことになろう。これは仕方ない。

ただ、経営者の苦労の裏側が見えないので、一面的であるとの謗りは免れないが、どうも、代替策の十分な検討なく、リストラが安易に採られる傾向にあるような気がしてならないのである。

2008年12月10日

美人の国ランキング

先日、中国の美女というブログで、かなり個人的な経験を書いたが、Webによると、世界における美人の国のランキングは、ベネズエラが1位、続いてインド、米国、スペイン、プエルトリコの順なのだという。

このランキングは、「ミス・ワールド」「ミス・ユニバース」「ミス・インターナショナル」「ミス・アース」の4大ミスコンでの各国の成績を数値化してランキングしたもので、恣意的要素はない、というが、美貌を客観化できるという発想はほとんど理解を超えている。それならまだしも、ノーベル賞の数で国家の知能レベルをランキングする方がましである。

どうしてそういうネガティブな言い方するかというと、確かにベネズエラや南米には美人が多いというのは否定しないが、どうも個人趣味的にいまいちしっくりこないからである。

アジアの国では、中国が7位、フィリピンが9位で、日本は16位なのだという。でも水を差すようだだが、中国は、上位はともかく全般的には決して美人国ではなく、国内の全体レベルは大したことはないと思う。日本は、まあそんなものかも。私は根拠なく、アジアでは、韓国とタイが美人国ではないかと思っている。単なる思い込みというか直感なので、説明できない。

しかし、その典拠である、http://www.globalbeauties.com/を見てみると、これでもかと美人コンテストが並んでいる。なんとまあ、美男コンテストというのもあって、いい加減にしてほしいと思うのは、イケメンから遠い中年おじさんの僻みか。

ちなみに、美男の上位は、イタリア、米国、ロシア、ブラジルなのだという。ううん、なかなか偏っているとしか言えない。男は特に、中身ではないか、私など、ろくに中身ないくせに、またやっかんでしまう。

実は、こういう感性的なコンテストは昔からどうも好きではない。それは、将棋という、勝ち負けがほぼ100%客観的であるゲームを趣味としてきたからで、そうやってはっきり白黒つけれるものはコンテストすればいいが、ふんだんに主観が入ってくるものは、比較しえないものは比較してはならない、とヴィトゲンシュタインみたいに言いたくなる。そんな私は、体操競技やシンクロなども、微妙なところでは相当に趣味ではないかと感じてしまう。

そういう意味では、ラーメン屋のコンテストのようなものも好きではない。私がこれは、と思うラーメン屋が実はあんまり人気なかったりするからである。もちろん、ミシュランなんかも、なんぼのもんじゃと思っている。

そう言いつつまた話を蒸し返すのだが、大学に入って福岡に住むようになったとき、随所に美人がいるので驚いた。そこで、地元出身の人に聞いてみたところ、黒田の殿様が、美人が特に好きで、各地から集めたのでその子孫に美人が多いのだと、よくぞ聞いてくれた、みたいに教えてくれた。そこで私は漠然と、地元の女性と知り合いになって結婚し、福岡に住み、ここに骨を埋めるべぇ、と想像したが、想像だけに終わった。地元の国立大学出身だと、一応ちゃんとしていると地元の人に錯覚してもらいやすいのだが、それだけでは駄目で、人生そんなに甘いものではない。

そういうことでは、ベネズエラなど行ってみたら、いろいろと感情が喚起されることもあるのかもしれない。まあ、南米に旅行する機会なんてあるとは思わないが。

あと、博多美人以外にも、秋田美人と言われるが、私は秋田にはまだ行ったことがない。しかし、仕事の関係で一度青森に行って、津軽海峡冬景色の舞台の青森駅付近をうろついていたら、確かに、道行く人はほとんどが抜けるような色白の美人であった。このあたり、私の好きなソウル美人とも一脈通じるのかもしれない。あ、まだ煩悩が抜けていないようである。困った。

ここまで書いてきて、自分の言いたい趣旨が分からなくなった。前半で美人コンテストを否定しておきながら、後半で、美人を称揚しているからである。しかし実は論理的に一貫しているのであって、論理的に割り切れるものはきちんと割り切ればよく、そうでないなら、感性的なものは個人的に留めるべし、ということである。この後段は実は重要で、民族的な好き嫌いは、本来は個人的なものであるところ、これを無理やり理論化して優劣つけようとするとヒットラーみたいになる。そういうところの延長で、美人コンテストも嫌いなのかもしれないが、本当のところ、よく分からない。

2008年12月11日

光る生物

今年のノーベル化学賞を貰った下村さんの研究で、クラゲの発光成分が有名になったが、これに関連して、新聞の科学欄に、光る生物の記事があったので、メモしてみる。

まず、光る生物は、地球上に4000~5000種類もいる。光る生物は、原核生物と真核生物の両方にいるが、なぜか植物、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類にはいない。すると、光る性質は、進化の途上で捨て去れらるもののようである。丁度人類が、ある種の霊能力を捨ててしまっているのと似ている。

ここでちょっと待てよと思うのは、確か光る苔というのはあったはずである。あれは植物ではないのか、という疑問であるが、分類上、苔は、細菌などと同様の菌類に分類される。ただ、光る苔については、若干追加で調べてみたが、どうも自分では光らず、反射するだけのようである。月と同じだ、という記述があった。それで、一応、苔は外す。

細菌で光るのは、発光バクテリアで、0.1ミリほどの大きさで、海にいて青色に光る。

菌類では、光るキノコとして、ツキヨタケ、ヤコウケタケが知られている。ツキヨタケは、青緑の弱い光を出し、ヤコウケタケは、緑色に光る。

あと、下村さんの研究で有名になったのは、緑色に光るオワンクラゲであり、その他、ホタルイカ、ウミホタルが知られている。

脊椎動物では、ヒカリキンメダイ、チョウチンアンコウ、ミッドシップマンフィッシュなど。

あと、忘れてはならないのは、蛍である。

では、光る仕組みはというと、生物の種類に拘わらず、ルシフェリンの酸化という仕組みで説明できるという。ただ、細部ではその仕組みは微妙に違っており、例えば、ホタルでは、ホタルルシフェリンが、酸化反応を助ける酵素のルシフェラーゼによって化学反応し、黄緑色、黄色、緑色などに光る。

クラゲでは、イクリオンという発光するたんぱく質がある。これにカルシウムイオンが付着すると、イクリオン中のセレンテラジンという物質が酸化され、青く光る。このセレンテラジンは、ルシフェリンと類似する物質である。したがって、生物の種類に拘わらず、ルシフェリンの酸化という仕組みで説明できる、というのは概略的な言い方ということになる。こういう生物の間のルシフェリンの変位が、発光色の波長の多様性につながっているようである。

一方、生物が発光を利用する目的は、様々である。ホタルイカなどは敵からの防御、チョウチンアンコウは捕食、ミッドシップマンフィッシュは保護色、クラゲは太陽紫外線から身を守ること、などである。蛍は確か、異性を誘惑することだったか。なんか、夜のネオンみたいで人間的。

ただ、一般的な意味でルシフェリンの酸化という仕組みは解明されていても、その発光機構がきちんと解明されいるのは、クラゲなどのほんの一部で、キノコの発光機構はほとんど解明されていないという。すると、もしかして、ルシフェリンの酸化以外の発光機構もあるのではないか、と素人考えで思ってしまう。要するに、有機レーザの原理を生化学的に実現しさえすればいいので、と簡単に考えてしまうのだけれども。

2008年12月12日

一木支隊の生き残り

以前に、ガダルカナルに関して、ブログに書いたが、保阪正康著、「昭和の空白を読み解く」Part2に、旭川の第28連隊の一木支隊としてガダルカナルに送られ、そこでぎりぎりで生還した大友源太郎氏の証言が記載されている。

戦史によれば、一木支隊の先遣隊は、900人程度であったが、あっという間に全員戦死したということになっている。なにしろ、三万人もの米軍が重装備して待機しているのである。鎧袖一触、どう考えても、ひとたまりもない。

ただ、大友源太郎氏によれば、先遣隊にも生き残りの人は若干いたという。それは兵站を担当する人たちで、陸揚げした物資を監視する役割だった。そういう若干の20人から30人の人達は図らずも戦闘を免れたのであるが、それがために、仲間のほとんどが全滅した地獄絵を垣間見るという体験をした。

大友氏と、その部下の人たちは、第二次隊の兵站を担当する役割だった。それで、ガダルカナルに到着したときは、先遣隊の生き残りの人が呆然自失でいるところを目の当たりにする。

生き残った大友氏たちにとっても、ガダルカナルは地獄であった。なにしろ、いたるところに戦友の死体が散乱し、ほとんど食料はない。蛇や蛙はまだいい。食べるものに欠いて、蛆を焼いたこともあるという。ところが、十分に火を通すことができない。なぜなら、強く火を炊くと、米軍に見つかって正確にその場所を攻撃されるからである。また、ジャングル中にマイクが仕掛けられていて、ちょっとでも大きい声を立てると、その所在が同定されてしまって、空襲された。こうして、生き残った人たちも、戦々恐々としながら、餓え、病気、また空襲で次々に死んでいった。

大友氏は、このような地獄の6ヶ月の日々を生き延びて、戦後、旭川で事業をしつつ、ガダルカナルの戦友会を組織した。

そんな大友氏にあるとき、知らない人から電話があったという。なんでも、全滅されたといわれている第一挺隊にいて生き残った一木支隊の一員であるという。アメリカ軍の攻撃で銃弾を受け意識を失い、気がつくと、捕虜になっていたという。それからオーストラリアで終戦まで捕虜生活を送り、終戦後、名前を変えて日本に送り返された。しかし、生きて虜囚の辱めを受けずの戦陣訓に従い、とうとう家族に名乗り出なかった。こっそり確認すると、既に自分の墓もある。それで家族には連絡せず死んだままにしている、という。

その人からは定期的に電話があったが、いつからかパッタリ電話が来なくなった。相当の年齢なので、病気などで死亡されたのだろうという。そういう大友氏も、1998年に病気で亡くなられた。享年80歳だった。

実は私は、辛いことがあると、ガダルカナル戦のことに思いを馳せる。そして、人間あそこまで悲惨になり得るのだと一層暗澹たる気持ちになる。

2008年12月14日

プロ論

先日、友人から来たメールに、王貞治や武豊がいかにプロかという例が書かれていた。それで、私なりに、プロとはどんな性質をもった人かということを素描してみる。

先ず、プロとは、ある専門的スキルで生活の糧を得ているという当然の定義があるのだが、それは必須ではなく、ここでは世間一般よりも高いスキルをもつ、と曖昧に述べておく。

さて、プロの必要条件であるが、先ず、完全性を求めている、ということを挙げてみたい。もちろん、完全というレベルには、定義的にどんな人も到達できないが、到達できないとしても、完全や完璧ということに思いを馳せないなら、プロではないのではないだろうか。

次に、継続的に努力である。プロたる者、365日努力しなくてはならない。一見、何もしていないようでも、頭の中では、その専門の技芸のことを思い巡らしている。

次に、プロたる者、その専門技芸に、最高の優先順位を与えなくてはならない。技芸を磨くためのチャンスがあると、資産や他人との付き合いを、遮断までいかなくても、かなり制限しなくてはならない。

次に、プロたる者、一時的はともかくとして、永続的には、ある限定されたライバルを目標としたはならない。

次に、プロたる者、競う相手の経歴や評判に捉われてはならない。純粋の自らの鑑識眼で、相手のスキル・レベルを同定すべきである。

次に、プロたる者、自分のフォームを確立していなくてはならない。確立しつつ、そこから脱却しようと試みるのがプロである。

次に、プロたる者、細部に拘らなくてはならない。もちろん、細部を捨てて、グランドデザインを見つめることはあるが、その場合も基礎となっているのは細部である。細部の彫琢を欠くプロは、プロではないと断言してよい。

次に、プロたる者、歴史と伝統を重んじる。そして、歴史と伝統に最大限の敬意を払いながら、そこの格に一旦入り、格を脱しようとする。

次に、プロたる者、アマチュアを軽視しない。カスタマ、スポンサを軽視しない。しかし、アマチュア、カスタマ、スポンサに流されすぎはしない。

次に、プロたる者、新しいチャレンジを忘れない。確立した地位に甘んじない。権威主義を忌避し、大地からまた登り上げようとする。

と書きつつ、私が真のプロから遠いものだから、観察に基づく思い込みにすぎない描写なのであった。

2008年12月15日

強迫神経症

全ての人間が、何らかの精神的疾患に分類されると言ったら、当然に語弊があるだろう。そこで、私は、一般化しないで自分だけをことを言うと、明らかに強迫神経症の傾向がある。

例えば、会社にいるとき突然、あれっ、家を出るときちゃんと鍵をかけたっけ、という不安に駈られる。もしそう思うのが、自宅を出て10分くらい歩いただけの場合だと、わざわざ歩いて戻って確認したりする。ここまでくると、ちょっと病的である。

もっと心配するのはガスであって、朝、味噌汁などの鍋を火に掛けて暖めるのだが、ガスを消し忘れていないかとても心配になる。それがまるっきり無根拠でもないのは、自宅でおでんを温めていて、家内は出かけて夕方まで帰らない予定だっということがあった。それで会社に行くときは当然にガスを消したはずだが、どうも心配である。そこで、会社にいてどうしても不安なので、意を決して会社の受付に行き、タクシーを呼んでもらった。自宅と会社は、直線距離でせいせい6kmしか離れていない。タクシー代は、昼間ならせいぜい1500円である。それで戻ってみると、確かにガスがついていて、慌てて止めた。それで、待たせてあったタクシーに乗ってオフィスに戻ったが、3000円程度の無駄な出費は痛い。しかし、火事になることを思えば、と自分を納得させた。

こういう「成功体験」があると、自分の強迫神経症傾向が正当化されてしまう。

ただ、よく聞く強迫神経症の症状として、異様な潔癖さがある。食事をする前に何度も手を洗わないと気がすまないとか、ある食べ物の近くで誰かが喋っていたら、唾がかかっているとみなして、決して箸をつけないとかである。私は基本的に食品衛生的な強迫神経症傾向は少なく、私のそれは寧ろ、安全的(防火・防犯)及び期限的なものである。

強迫神経症傾向で自分の子供時代のことを思い出すと、2つばかりエピソードがある。どちらも少年漫画週刊誌の影響である。

1つは、少年マガジンだったかに、ボルネオの首刈り族の話が載っていた。別部族と戦って、勝利すると相手兵士の首を刈って、髑髏を晒すというもので、子供の私には大変なショックな話だった。それで、ボルネオの首刈り族がカヌーにのって日本に攻めてきて、自分が首を刈られるという妄想に長い間苦しめられた。そんなことがありっこないことくらい、子供だって分かりそうなものなのに、強迫神経症傾向は合理的な理由では判断できないようである。

もう1つは、狂人医師の話で、出術すると称して、生きたまま人間を人体解剖して、内蔵をホルマリンに漬けてそれを眺めて楽しむという猟奇的な話である。幼年時代に結核病棟にいて、中年のご婦人が血を吐きながら悶えているシーンを見て大変なショックを受けた経験がある私には、こちらの方が原体験に根ざしていて、インパクトが大きかった。それで、自分が知らないうちに連れ去られて、手術台に縛り付けられ、メスを当てられるシーンを想像して、恐怖におののいた。医師の往診で、たまたま白衣を着た人と道ですれ違うと、さらわれるのではないかと視界から逃れるように走り去った。

以上のエピソードだと、どんなやばい子供だったかと思われそうであるが、一応、警察のお世話になることも精神科にかかることもなくここまでやってきた。

それで言い訳であるが、私の強迫神経症傾向にもいいところはあって、それは時間にとても厳密である、ということである。例えば、海外出張に行くとする。すると、大抵の人はせいぜい2~3時間前に空港に着けばよいと考える。しかし、私はなんと、5時間前に着くようにスケジュールを立て、空港バスがなんらかの理由で遅延して、1時間遅れて着いたりすると、自分の強迫神経症傾向が更に正当化されたような気がして安堵する。だから、そうでない同行者がいてそちらのスケジュールにあわせなくてはならないと、大変な苦痛を覚える。

時間の厳密さは、特許の仕事をやっている場合も活きる。例えば、特許業務では絶対に徒過してはいけない期限というのがいくつかある。それを私の性格だと、かなり余裕をもって(もちすぎて)提出するので、それをもって私をちゃんとした人だとみなしてくれる人もいる。

そこで論理の飛躍だが、最初の議論に戻って、私は人間のあらゆる長所の裏側に、精神病的傾向があるのではないかと推察する。すなわち、精神病は質の問題ではなく、ある種の程度問題にすぎない、というものである。こういう、ある意味、議論し尽くされたテーマも、自分の具体例に即して記述してみると、何ほどかの意味もあるのでは、と書いてみた次第である。

2008年12月16日

陸海軍の名将

文春文庫「昭和陸海軍の失敗」は、半藤一利、秦郁彦、平間洋一、保阪正康、黒野耐、戸高一成、戸部良一、福田和也の対談であるが、陸海軍の様々な軍人が論じられていて興味深かった。

そのうち、ぴか一の人材として挙げられていたのが永田鉄山。皇道派から恨まれ、相沢中佐に斬殺されたが、彼が生きていれば、日米決戦は防げたのかも、という意見もあったそうである。しかし、それは流石に買い被りすぎで、そんな一個人をもって、日米決戦の奔流が塞き止められるはずもなく、流石に、志半ばで討たれた、亡き人への判官びいきであろう。

永田鉄山はスケールの大きい能吏であったが、軍略の天才は、石原莞爾。しかし、ちょっと癖が強すぎて、毀誉褒貶がいろいろとあった。

一方、陸軍の良識派、三羽烏は、栗林忠道、今村均、本間雅晴。栗林忠道は硫黄島の決戦で最近知られるようになった。今村均は、インドネシアの優れた統治やラバウルの戦いで知将、名将の名が高かった。本間雅晴は、知英派の教養人であったが、軍人としても有能で、フィリピン戦線では、マッカーサーを追い詰めた。しかし、本人の責任ではないバターン死の行進で戦後、戦犯に問われ、銃殺された。マッカーサーの私怨かもしれない。

良識派とはいえないかもしれないが、マレーの虎と恐れられた、山下泰文は、無理と言われたシンガポールを陥落し、他にも幾多の武功があった。しかし、戦後フィリピンでは、あっさり責任を取って刑死した。名将の名に恥じないであろう。

永田鉄山、石原莞爾、栗林忠道、今村均、本間雅晴には共通項があって、それは、幼年学校を経験せず陸軍以外の視野が広かったことと、文学、歴史、哲学などの一般教養が深いことである。幼年学校から陸軍にいれば、戦況が順調な場合には、無類の力を発揮するかもしれない。辻政信がその例か。しかし、ひとたび外交事がからんだり、新しいパラダイムを見出さなくてはならなくなると、とたんに馬脚をあらわし暴走したり、責任回避したりする。文弱みたいな優男がいざとなると意外にしっかりしている、という例か。文学、歴史、哲学などの教養が、意外に窮地で力を発揮するようである。もちろん、胆力は必要であるが。

海軍となると、良識派は、米内光政、井上成美と相場が決まっている。ちょっと古いところでは、軍縮条約を進めた加藤友三郎、といったところか。終戦工作では、この本には出てこなかったが、高木惣吉が地道な活躍をした。しかし、どうも山本五十六は、良識派には分類されないようである。スタンドプレーが過ぎるというか、一貫性がない。一貫性といえば、四角四面の論理派、井上成美に優る者はいない。

海軍における、良識派というよりも戦う名将としては、山口多聞、小沢治三郎あたりか。山口多聞は、敗勢のミッドウェー戦で、一人気を吐いた。しかし、死ななくてもいいのに自分の責任範囲でもない空母で、艦と運命をともにした。惜しんであまりあるのが、山口多聞である。小沢治三郎は、レイテ戦では囮の役を押し付けられるなどの不幸を克服しつつ、最後の連合艦隊司令長官として、よくその任務を果たした。

ただ、仮面ライダーのストーリーではないので、良識派・名将=正義の味方で、東条とか、嶋田、末次などを単純に悪者にするというのも、割り切りすぎという気もする。少なくとも、半世紀以上生きてきた者なら、もう少し深く考えるべきだろう。

で、この稿では、とりあえず固有名詞あげておいて、おいおい調べてみたい。

2008年12月17日

古書店巡り

若い頃、すなわち、20代で独身だった頃であるが、神田や早稲田の古書店街を散策するのが、ほとんど唯一の趣味だった。当時は安月給で、10万円+アルファくらいの月収しかなかったが、それでも、その三分の一は本を買っていた。食費が収入に占める額をエンゲル係数というが、もし書籍代が収入に占める額をリブロ係数とでも呼ぶことにすると、学者でない一介のサラリーマンとしては、私のリブロ係数は、かなりのものではなかったかと自負する。古書店街に出かけるときは、ある程度大きい空のバッグを用意するのだが、それがいつもパンパンになって、肩に掛けたバッグのベルトが肩に食い込むのであった。朝の開店時間からずっと歩き回って買うのだが、重さまたは容量がもてる限界に達するか、所持金が払底するかのどちらかになるまで帰ろうとしなかった。ただ、どれだけ読んでいたかと自問すると、甚だ心もとない。

そうやって本を買い込むと、当時の安アパートにどうやって本を並べるかという問題があって、書棚を買って壁に並べてそこに本を陳列するのだけれども、これは地震が来たら間違いなく倒れる、死ぬよね、仕方ないよね、と納得することもなく考えていた。安アパートなので、建物全体が倒壊する危険もあったが。

ただ、あれは人生で紛うことなく一番楽しい時間の一種であったことは確かである。大抵の人は、恋人とのデートがそうなのかもしれず、そういう経験のない私は、どうも月並みな言い方であるが、本が恋人だったと言える。だから、家内の、あなた結婚しないで一生独身でそうやっているのがよかったのじゃない、みたいな言い方につい同意してしまうのである。

ところで、結婚してからは、古書店巡りをする機会もとんと減ってしまった。神田にももうここ数年行っていない。

ところが最近、ある特殊な工学の分野の本を買う必要が出てきて、なぜかそういう本を買いに久々に神田に出かけてみる気になった。ボーナスの時期なので、懐にやや余裕があるというのもある。あるいは、たまには古書店街にもおいでよ、と古い友人から声を掛けられたような気になったともいえる。

ところが、久々なもので、半蔵門線の神保町の駅を降りて、古書店街に行こうとすると、様子が分からなくて、まるで、田舎から初めて上京したおっさんのように当惑してしまった。

古書店街でも、三省堂とかいくつか大きい書店を巡ってみたのだが、私が買いたい特殊な工学の分野の本なんて全く見つからない。店員に聞いても、専門的すぎるのか、要領の得ない応答をするだけである。

結局、折角古書店街に行ったので、行きがけの駄賃に何冊か本を買ったが、当初の目的のものではなかった。目的の本は結局、自宅に帰ってアマゾンで、それらしいものが見つかったので、注文した。

それで思ったのは、自分の古書店巡りのセンスは完全に退化しているのではないか、ということである。というのは、何が向かないといって、理系的な先端分野の本を、神田の古書店街で探すのはお門違いもいいとこだからである。寧ろ、新宿で、紀伊国屋とかジュンク堂に行ってみた方がまだしもベターだったかもしれない。

古書店巡りで意味があるのは、主として哲学・思想関係の本、歴史関係の本、文学関係の本で、そもそもどんな本があるのかさえ自分でわかっていない分野を、現物を見ながら、品定めしつつ買うというところであろう。実際、昔はそういう目的で散策したものだった。ましてや、今みたいに、ネットで検索して便利に本が買える時代である。機能的に本を買うという場合の古書店街の意義は随分変わっているのでは、と感じた。

ただ、行ってよかったと思ったのは、理系の古書籍専門の明倫館で、個人的な掘り出し物の本を一冊見つけたことである。それは、金融工学でも利用される確率微分方程式の入門書なのだが、この一冊が買えたことが嬉しく、裏を返せば、目的の本が買えなかったので、その本一冊に、半日を潰して神田で時間を使ったことの意義が籠められている、ということにもなる。こんなせせこましい自己弁護なんて、昔はする必要なかったのだが、私の書籍道は、随分脇道にそれてしまったようである。

2008年12月18日

日本のソフトパワー

講談社現代新書「日中戦争」小林英夫著によると、戦争において殲滅戦を支える原動力は、その国の軍事力、産業などのハードパワーであるが、一方消耗戦の場合は、政治力や外交力、さらには国家の文化的魅力をも含むソフトパワーによる戦いになる。日中戦争は明らかに消耗戦であるのに、日本はソフトパワーの力をうまく発揮しえなかった、のような記述がある。

ところが戦争が終わっても日本は名うての外交下手であり、自国の経済発展の追及といういわばハードパワーに偏った戦後の歩みを続けてきた日本は、依然としてソフトパワーとしては、世界の末席を汚しているに過ぎない、というのが漠とした私の認識である。

しかし、TIMEの12月1日号によると、日本がソフトパワーで、世界に名を馳せてきているそうである。本当だろうか。以下、記事に基づき、コメントしつつメモしてみる。

まず最初に、Peace Winds Japanという日本のNGOが紹介される。Peace Winds Japanは、スーダンから東ティモールに至るあらゆる場所に展開する。代表の大西健丞氏は、日本は平和で恵まれているので、世界の、より困っている人を援助する義務がある、と言う。大西氏は、1967年生まれなので、私よりも13歳も若い。日本ではあまり注目されていないが、こういう活動が世界で注目を集めているのだろうか。実際、BBCによると、こういう平和的な世界貢献で、日本の評判は世界でNo.2にランクするのだという。一位はドイツ、米国は7位。第2次世界大戦で非連合国側で戦った主要な二つの国が上位にランクされているのは、偶然なのだろうか。

日本で、竹中平蔵も、ソフトパワーの重要性を強調する。例えば、金余りの日本の銀行が、モルガン・スタンレーのような疲弊した会社に資金を注入することでその存在感をアピールする。こういうのも、ソフトパワーなのだろうか。

さらには、日本銀行は、アイスランドのような財政的に困窮した国家に、数百兆円の資金援助を申し出た。また、IMFにも数十兆円の貸し出しを申し出た。このようなことが可能なのは、日本は、サブプライムローンがらみの証券などの直接的影響をあまり受けていなからである、という。

そうなってくると、日本が悲惨な敗戦国からどうやって工業技術の大国に変貌できたか、という成功ストーリーを学びたいという国も出てくる。例えば、ベトナムがそうである。ベトナム戦争の頃から、機械の扱いに優れた才能をもつと評判のよいベトナムなら、ポテンシャルあり、と言える。インドネシアもまた、そうである。そのため、特にアジアで、日本語学習熱が上がっている。実務的というよりも寧ろ、日本文化を学ぶためである。ただ、英語と違って、非ネイティブに対する日本語教育法はまだ確立されていないのではないか、教師人口も少ないのではないか、と思われる。この点、宣教師を通じて世界に広がっていった欧米にはまだ敵わない。

アジアではもともと、日本は第2次世界大戦での侵略国としての評判を完全に払拭できている訳ではない。一方で例えば中国は、レアメタルの稿でも触れたように、貪欲な資源大国とみなされている。明らかに日本はその点で後れを取っているが、そのことが却って、がっつかない、貪欲でないということが日本の評判を高めているという。

日本の意外なる特徴は、アニメとそのキャラクタである。また、ゲームである。実際、日本のアニメが世界一であることにほとんど疑いはない、宮崎駿のアニメに匹敵するような作品が世界の一体どこにあるだろうか。また、任天堂のWiiやソニーのプレステに匹敵するゲームマシンも世界にない。

アニメのキャラクタでは、キティとドラエモンが世界で圧倒的な人気を誇る。ディズニーのそれに匹敵するのではないか。これもまた、日本のソフトパワーに貢献していることは疑いない。

ところで、私のような、1950年代前半生まれの世代は、少なくとも自己アピールが得意でなかった。ところが、会社などでも最近の若い人は自己表現が巧みな人が増えている。上司へのアピールも上手である。ついわれわれの世代はやっかんで、ゴマをすっていると顔を顰めるのだが、それだけではないのかもしれない。Peace Winds JapanのようなNGOの活動も、その一環でなのかもしれない。いい意味で、臆さない。

一方で、周りをみていると、日本ではまだ外国人労働者、特に知識労働者は多くない。企業しかり、大学、研究機関しかりである。しかし、アジア、欧米、南米などから、とても優秀な人が来ていることに気付くことがあり、何ほどか自らの地位の不安定さを感じることがある。ソフトパワーが広まって日本に入ってくる外国人も今後は次第に増えるだろうし、今までのような閉鎖性は許されにくくなるだろう。

懸念は、日本がソフトパワーを発揮するベースとしての経済力を、いつまで保ち続けるかということである。それと、ここは議論の分かれるところだが、ソフトパワーを蔭で支えるハードパワーは今のままでよいのだろうか、憲法9条は何ほどかの改正が必要である、というのが私の意見である。

さらなる懸念は、これが本物のソフトパワーといえるかどうかである。「日中戦争」小林英夫著によれば、蒋介石は、日中戦争において、欧米が中国を指示する方に傾きつつあるのをみて、日本に対して勝利を収めることの確信を強めた、とある。日本のソフトパワーが果たして、日本を含む複数国間でもつれたとき、国際世論が日本を支持するようにバイアスをかけるに足るものか、という素朴な疑問はどうしても残る。お人よしの日本がいいように利用されているだけではないのか、という懸念である。そんな目先の打算に捉われていては、NGOの活動は成立しないのだろうが。

2008年12月19日

のうだま

新聞の出版広告を眺めるのはいつも楽しみだが、最近の幻冬舎の「のうだま」もなかなか面白い。気鋭の脳科学者であり、それでいてカタカナ発音という変わった著書もある、池谷裕二氏、漫画家の上大岡トメの共著である。池谷と聞くとどうしても、体操選手を連想してしまうのは変か。

この広告の問いかけがいい、それは「やりたいことがあっても、なかなか続けることがてけきないのは、なぜ!?」というもので、やりたりことをやっても途中挫折した経験が数限りない私としては、心に染み入る。

その答えがまたいい、「それは、脳の仕組みがもともと飽きっぽくできているからです。では、どうすればいいか。」おおそうか、と私は我が意を得る。飽きるのはもともと脳の特性なのか。一点に集中できるのが脳の特性で、そうでないのは脳の欠陥かもと思っていた私には、得たりの命題である。

で、どうすればいいの?と当然に聞く。それには、脳をだませばいいのだという。でもどうやって?

ここから、池谷氏の専門知識が発揮される。「それにはまず、脳の中の淡蒼球を動かさなくてはなりません。その淡蒼球を起動させる4つのスイッチがあるのです。」おっ、いかにも科学的ではないか。

4つのスイッチとは、次のようなものだという。

Bスイッチ:体を動かすことで入るスイッチ。脳の運動野にある。なるほど、それでギリシャの逍遥学派というものがあったのだろうか。散歩しながら考える、という次第である。囲碁の依田九段も休日は延々と何時間も散歩するのだという。

Rスイッチ:ごほうび(快感)を与えるスイッチ。脳のテグメンタにある、という。これってよく芸能人が、頑張った自分にごほうびをあげたいという、あれか? 私はどうもそういう言い方が好きでない。下手すると際限なく自分を甘やかすことに繋がるからである。でも、自分で、買いたい本を無理してでも買っているのは、これに当たるかもしれない。

Eスイッチ:いつもと違うことをすることで入るスイッチ。海馬にある。昔大学受験勉強をしていたとき、ときどき家の農作業を手伝うと却って能率が上がった。これかも。最近では、家内がいてもときどき、食事を作るようにしている。しかも、なるべくあまり経験がないものを、である。先日は、ロールキャベツに挑戦してみた。味はまあまあだが、形が崩れて失敗だった。でも、成功・失敗はどうでもよくて、よい気分転換にはなった。

Iスイッチ:なりきることによって入るスイッチ。前頭葉にある。これ、分かるんだけど、取り扱い注意ではないだろうか。例えば、大学時代にガウスの伝記を読んで、数学者になりきろうとした私は、毎日10時間数学を勉強して、随分力がついたような気がしたことがあった。しかし、だんだん疲れてきてノイローゼ気味になった。先日のブログで書いた宮野悟氏あたりだと、いくら勉強してもそんなことはないのだろう。そのあたりからして、基本的な資質が違うんだろうか。

ともかく、4つのスイッチのうち、BスイッチとEスイッチはいいんだけど、RスイッチとIスイッチは、あまり濫用しない方がよいのでは、と思った。で、果たしてこの本を買ったものか。きっとRスイッチとIスイッチの限度には言及していないんだろう。ただ、「脳をだます」という発想が面白くて、買っても悪くないような気もする。

2008年12月20日

益川教授の英語

今年のノーベル物理学賞受賞者である益川教授が、スウェーデンで日本語で講演したことについて、一瞬えっと思ったが、よく考えたら、それでいいではないかと思いなおした。

一瞬えっ、と思ったのは、私が勤務している会社の事情にすっかり馴らされているからであろう。というのは、私が勤務している会社では、どんなに仕事の実務能力があっても、TOEICで所定の点数とれないと課長以上のレベルに行けない。それは、世間一般のレベルとして非常に高い基準ではないにしても、少なくとも、海外で簡単にこなすピーチくらいはできるレベルなので、益川氏が、私が勤務している会社にいたら、日の目をみないというか、馬鹿馬鹿しくて辞めてしまうだろう。実際、実務能力で私の尊敬する先輩も、そうやって数年前に辞めていった。英語はしゃべれないけど、読み書きには不自由していないのに、と悔しそうに言っていたのを今でも思い出す。

実際、語学において特に会話が苦手というのは、意外に知能レベルが高い人に多い。読み書きとできるけど、という次第である。それでもどうしても会話できるようにならなくてはということになると、例えば、私がしたように、5年間毎日、2時間英語を聴くというような、修行僧のような訓練をしなくてはならず、そういうのが嫌な人にとってそれは苦痛で仕方がないだろうし、本来の研究テーマがあれば、それらに支障が出るかもしれない。

それでも、ああやってノーベル受賞者講演でしゃべらなくてはならないとなると、無理やりでも英語のスクリプトを用意してそれを読み上げたりするものであるが、そんなの知るかと、すっとばして日本語で講演した益川教授の独自性に喝采を送りたい。

私の推察であるが、ノーベル物理学賞のもととなったクォークモデルであるが、益川氏と小林氏の共同研究ということになっているが、もしかして、益川氏のこの、いい意味の唯我独尊性が最後の決め手になったのではあるまいか。というのは、4種類のクォークでも多いと言われていたのに、さらに二つ増やすのは、倒産の危機にあえいでいる会社(ビッグスリーか?)でさらに設備投資すると言い出すようなものだからである。だから、益川氏が、いいではないか、と後押ししたのではないか。彼の磊落そうな人柄ならありえると思う。

話を戻して、英語にフォーカスをあてすぎる傾向はなんとかならないものだろうか。よく言われるように、アメリカでは乞食だって流暢な英語を話すのである。いくら外資系でも、流暢な英語が高い価値につながる場面はそんなに多くない。英語を使って長年、海外と日本のインターフェースしながら中間管理職やってきた私が身を持って実感している。それより重要なのは業務の専門的スキルと、共感できるEQの高さなのであるが、何しろ、英語力で昇進したという成功体験をもつ人が周りに多くて、私の声は負け犬の遠吠えにしかならない。

私はともかく、益川氏は負け犬ではないはずなのであるが。

2008年12月21日

加藤一二三九段と野良猫

Webニュースによると、三鷹市に住む、将棋の加藤一二三九段が、自宅の集合住宅周辺で猫に餌を与えていたところ、地元の住民や管理組合が、猫への餌やりをやめるように提訴した事件で、第1回口頭弁論が18日、地裁八王子支部(鯉沼聡裁判官)であったという。

加藤九段側は「餌やりに何ら違法性はない」とする答弁書を提出し、請求の棄却を求めた。その答弁書では、餌やりの事実を認めたうえで「野良猫が無制限に、無秩序に増えるのを防ぐ目的。動物愛護の精神、地域猫の適正管理という見地から、行政当局とも相談した」と正当性を主張したという。私も愛猫家の端くれなので、野良猫を可愛がる気持ちは分からないではない。しかし、「餌を与える」という行為と、「野良猫が無制限に、無秩序に増えるのを防ぐ目的」というのは、どう考えても論理的に整合しない。

一方、原告側代理人の関康隆弁護士は閉廷後、「三鷹市は、近隣に迷惑をかける餌やりを認めていない」と反論。管理組合の島谷清・理事長(83)は「ふん尿による悪臭など長年にわたる精神的苦痛は計り知れない。猫が敷地内に入らないよう、各所帯で作った柵や網の費用もかかっている」と話したという。

顧みると、私の実家がある百島という孤島は、野良猫の天下だった。だいたい島の住人は魚が主食で、その残飯を庭に適当に捨てるので、野良猫は食べるものに事欠かなかった。実際、野良猫なのに肥満な奴もいた程である。もしそういう状況なら、誰かが餌やりしていたら、なんと変わった奴だで終わりで、あまり相手にされない程度で終わる。

しかし、三鷹市のような都会ではそうもいくまい。野良猫を助長するような行為は、住民の反感を買うだろう。一方、加藤九段側の金谷達成弁護士の「餌やりと被害の相関関係は立証できていません。地域猫の適正な管理として、加藤九段は里親探しもしていましたし『何とか理解してほしい』という思いを持っています」というのも分かる。相当因果関係がどれほどあるか、ということである。

ただ、加藤九段自身、管理組合から2002年頃から注意を受けて「ワシは別だ。支配されないんだ」などとすごむこともあったというから、相当に反発を受けていたとも考えられる。子供の頃から将棋では神童と言われて、確かにそれに相当する実績もあった。思いあがりがなかったとはいえないだろう。

やはり結論としては、常識的だが、地元の保健所に委ねるというしかない。加藤九段側が勝訴することはあるまい。そして結局は、野良猫たちは処分されてしまうのか。そこが一番辛いというと、メンタリティとしては、加藤九段と同じになるのかもしれない。

2008年12月22日

ビッグ3救済

懸案であるビッグ3(GM、クライスラー、フォード)救済であるが、ビッグ3が議会に提出した3社合計で140億ドルの支援要請は、やはり議会に素直に受け入れられなかった。ビッグ3救済法案は、主として共和党の強硬な反対により、事実上廃案となった。

ビッグ3救済法案の中身は、最大140億ドルまでの公的資金をつなぎ融資を充てる代わりに、来年3月までの抜本的なリストラ計画をビッグ3が提出することと、大統領が指名する経営監視人がリストラを含む経営再建の中身を検討し、不十分なら、融資の返済を求めることが盛り込まれている。

ビッグ3が困るのは、全米自動車労働組合が、経営再建の中身の1つである賃金カットに難色を示していることである。日本の労働組合なら、会社自体を危機に晒してまでも賃金水準の維持に拘るというのはとても考えにくいが、そこは労働者の流動性が高い米国ならではの発想なのだろうか、理解できないが。

実際、ビッグ3はトヨタやホンダなどの日本企業に比べて人件費が4~5割高いという。それでいて、エネルギ効率のよい車の開発、市場の開拓などで日本企業に後れをとるなど、経営陣の怠慢は明らかである。そういうツケをそのまま政府の援助に委ねるのは、あまりにも都合がよいのではないか、というのは誰もが考えるところであろう。

とはいえ、このまま手を拱くと、ビッグ3の破産は必至で、すると関連の部品メーカも含めて、300万人もの失業者が増えることになるという。これはある意味、リーマンブラザーズの危機を上回るのではないだろうか。

ビッグ3救済法案は拒否されたが、金融安定化法の適用はまだ可能である。これは大統領と財務長官の承認があればよい。すると、7000億ドルのプールされた公的資金からの借り入れは可能である。

しかし結局は、ビッグ3救済法案であれ、金融安定化法であれ、人件費の削減やリストラの計画は必須である。と思っていたら、12月20日の新聞によると、とりあえずGMとクライスラーに、174億ドルを2回に分けて緊急融資することを、大統領が決定したという。上記金融安定化法に基づくものである。これによって両社は、数ヶ月の事業存続が保証された。見返りに抜本的にリストラの計画が確約されているものと思われる。一方、フォードは、ある程度資金繰りに余裕があるため、今回の救済対象には入っていない。ともかく、今回の融資は間に合わせなので、とりあえず問題の先送りである。

こういうビッグ3の危機をトヨタは、ラッキーと見ているのだろうか。それは素人考えで、米国市場の混乱はトヨタにも迷惑であろうと識者にアドバイスされた。

ところで、AIGであれ、ビッグ3であれ、どうしてあそこまで落ちぶれたのか、ということであるが、まず、ビッグ3の高コスト体質がある。1つの例が、人件費の問題。

次が、スキルの構築の問題。ビッグ3は、目先の問題に拘泥して、トヨタのようなスキルの構築を明らかに怠ってきた。典型的には、低燃費車の開発と市場の開拓に後れをとった。

最後は、私見であるが、エンロンとワールドコムの問題。それは悪質とも言える経理操作が発覚して破産に追い込まれた会社であるが、その結果、会計監査がとても強化された。SOX法などである。ところが、そのことにより、人間の注意と監査が、会計に傾注されてしまった。そして、会社は会計だけではないということを忘れてしまった。会計に注意が集められすぎた結果、放埓な設備投資や事業計画が野放しになった。なにしろ、会計の不正さえなければよいのである。そして折からの金融不安と相まって、かつての優良企業であったAIGやビッグ3があのように没落していった、というのが私の仮説である。

それと、最後の一撃が、金融恐慌。これは言うまでもない。

2008年12月23日

天職と地職

例えば、日本人で、米国でも指折りの、ある名門大学の理系大学院を卒業した人がいるとする。MITとか、プリンストンとか、ハーバードなどを想定すればいい。それで意気揚々と日本に帰ってきて、一流会社の研究員になる。本人は何しろ、米国の名門大学卒なのだから、日本のT大やK大卒なにするものぞとプライド満々である。

ところが、実際に研究員として研究に従事してみると、名門大学で課程をこなして卒業したスキルと別の能力が要求されていることになる。学ぶ(learner)だけではなくて、オリジナルなことを考える(thinker)、ということである。

私の観察するところ、優れた学習者の資質をもつ人のある割合で、thinkerになりきれない人がいる。そういう人が研究を続けていると、仕事は何でもそうであるが、特に研究は成果の累積が勝負なので、時間がたつと、同僚研究員と圧倒的な差がついてしまう。

そこで潔い人は、研究者は無理と認めて、編集者的な仕事とか、教師的仕事とかに移るのであるが、名門大学のプライドが強い人は、自らのthinkerとしての資質の不足を認めようとせず、チャンスが与えられないとか、周囲が自分の優秀性を認められないとか、嫉妬されているとかいろいろ理由をつけて、研究職に留まることがある。

すると、上司も弱って、ごねられても困るので、比較的成果の出しやすい簡単なプロジェクトをアサインしたり、管理的な仕事をさせてたりもするのだが、プライドが高いことと、成果を出せないことが続いて人間性がおかしくなり、ついには人間関係も適切に維持できなくなる。こういう風に、明らかに適性ミスマッチなのに、本人がプライドあるいは勘違いで拘る仕事を、私の造語で天職の反対で、地職と呼ぶことにする。

地職が悲劇なのか悲劇ではないのか判断しかねるのは、もしかして別の仕事にポテンシャルがあるかもしれないのに、自分の勝手な判断やプライドで、こだわり続けている、ということである。すなわち、例えば派遣社員として自動車会社に勤めていて、折からの不景気で突然仕事がなくなって寮からも追い出される、次の仕事の当てはない、という絶対的悲劇と違って、相対的悲劇といってもよい。

自分の例でいえば、大学を出て、研究的な仕事をさせてもらえるかと淡い希望を抱いて、中小企業に入ったことは前にも書いたとおりである。そこで、図らずも不本意にも特許業務に従事させられて、今でもその失望は引き摺っているのであるが、今冷静に考えると、私にとって研究的な仕事は地職になっていた可能性がある。というのは、将棋を勉強したり、数学の本を読んだり、コンピュータ・プログラムを書いたりした結果感じるのは、自分はいかにも踏み込みが浅いのである。水泳で言えば、深く潜らなくてはならないのに、いつのまにか水平に進んでいる。哀しいかな、深さよりも広さに指向してしまっているのである。

一方、私は高校教師に「でも」なろうと思っていたことがあり、大学時代に一応教職課程を履修していた。そしてあるとき、アルバイトで塾の講師をやったことがある。私なりにきちんと教えていたつもりだが、どうも生徒の反応がよくない。それでそこの経営者に何度か予定日を指定されて塾に出向いたが、ある日以降、全く経営者から連絡が来なくなった。何回分かのアルバイト代も貰わずじまいである。どうも、駄目講師の烙印を押されてしまったようである。それで思うのは、もし高校教師になっていたら、それも地職になっていたかも、ということである。

そういう意味では、まるで好きでもない女性と無理やり見合い結婚させられたみたいな特許業務であるが、到底天職とは言いがたいが、少なくとも地職ではないようで、そこそこは、こなせているのではないかと自負している。特許業務は結局のところ文筆業なので、本を読んだり文章を書いたりすることが好きな私にはある程度向いているようである。特許の仕事をやる分には、私の浅くて広い技術知識もそれなりに活きる。最初に入った会社で、私を特許業務に就けた技術担当重役が慧眼だったか。いや、それだけは意地でも認めたくない。

ただ、そうやって安易にこなしているように言うが、特許業務といえども決して万人に向く仕事ではない。例えば、優秀なエンジニアであって、だんだん技術の方で疲れてきたので、特許の仕事でもやろう、弁理士にでもなろうという人が結構いる。技術の知識をもってすれば、特許なんて楽勝だ、などと高をくくっている人もいる。しかし、そうやって高をくくっている元エンジニアで、優秀な特許実務者である人を見たことがない。決定的に文章の論理構成ができていなかったりする。簡潔性を欠いたり。

私が尊敬するような優秀な特許実務者は、エンジニアのバックグラウンドをもち、それでいて法律的・文学的センスのある人である。それはある種のバランスの上に成立するスキルなので、ドリーニュやコンヌみたいな煌く数学の才能とはまた違う隠微なものであるが、しかし、優れた特許実務者も稀有である。そういう人は胸を張って特許実務を天職と呼べるだろう。私は、食べていくために、クビにならない程度になんとかやれているというレベルである。

ということで、仕事=天職 * x + 地職 * (1-x)と、天職率 (転職率ではない)0 < x < 1であらわすことにすると、x = 0.8から0.4くらいならまあ我慢できるか、と意味のない定量化をしてみる次第である。

2008年12月24日

接待自粛

先日の新聞に記事に、不景気のためトヨタが接待自粛とあった。すなわち、2009年3月期の営業利益見通しを前期比7割減に下方修正したトヨタは、「忘年会やお歳暮を遠慮する」と下請けメーカーに通知。下請けも続々と接待自粛を決めたためであるという。

名古屋を代表する繁華街・錦三は、2008年3月期まで7期連続で最高益を更新したトヨタとその取引先の恩恵を受けてきた。乾いた雑巾を絞るというトヨタもやはり人の子で、儲かっていれば、それなりに接待も受ける。頑張ったんだから当然の人生の愉悦という訳であろう。しかし、トヨタは、企業存続のためならばとあっさり煩悩を切り捨てる。流石、世界でもトップの一流企業の名に恥じない。

ところが堪らないのは、錦三にある高級クラブや居酒屋である。特に高級クラブは、自費で行く人は成金や地元の資産家くらいで、ほとんどがトヨタを接待していた部品メーカーである。トヨタを接待するといいつつ、本当は一番楽しんでいるのは会社経費で呑んでいる部品メーカーの担当者であるという話は常識であるが。

ともかく、高級クラブはばったり客足が途絶えた。去年の3割以下の売り上げであるという。これでは、ホステスもリストラされてしまう。やはり、高級クラブは、バブリーな商売ということか。高級クラブから帰宅する人達にはタクシーチケットが手渡されるのが普通である。タクシーチケットは、当然であるが金額の欄が空欄で、いくらでも掛かった費用を記入して運転手に渡せばいい。遠回りしてもいい。よって大変な経費がかかるが、当然にタクシーチケットはほとんどなくなって、タクシーの売り上げも激減である。名古屋ではそのタクシー利用も自粛が進み、あるタクシー会社では前年同月比約2%減で推移していた売り上げが9月は5%減、11月に入ると15%減となって、これでは家族を養えないとごぼすタクシー運転手は少なくないという。

高級クラブであれ、深夜タクシーであれ、好景気により真っ先に恩恵を受けるが、何しろ社会の必須部分ないので、不景気の影響をもろに受けるのもこういう部門である、ということになる。それ自身はバブルではないけれども、バブル依存性が高い、といえる。

ところで、12月14日の朝刊によると、トヨタは役員賞与のカットをも決めて、それによって、10億円の経費削減を果たすのだという。この接待自粛と、役員賞与のカットの同期が私には興味深くて、もしかして接待と役員賞与は同次元の経費ではないかとふと思った。

例えば、社長の年俸が2億円だったとしよう。その程度の会社は結構あると推察する。それを、業績不振につき5000万円にしたとして、どれほど社長の生活が困窮するのだろうか、どれほど社長のモラールが下がるのだろうか。理想を言えば、社長の楽しみは、経営的実権をもつことの事業欲の達成であるべきで、年俸が2億円ないと嫌だ、みたいな金銭欲が優った社長はどうかと思う。一方で、接待の方は一般社員にも恩恵あるので、インパクトと言えば、接待自粛の方が、役員賞与のカットよりも大きいということになる。

だから、あまり本質的でないのかもしれないが私はトヨタに、役員賞与のカットの方を接待自粛よりも先に決めてほしかった。ちょっとした手順前後である。

役員賞与のカットの話題に言及したついでに、先日、リストラについて書いたが、経営的にリストラはやむを得ないという場合があるのは認めるが、私はやはり一般論としてリストラには、役員給与の大幅なカットがセットになるべきであると思う。そうしないと一般社員が納得しない。役員が同じ釜の飯を食う者として痛みを共有しないと、最早モラールを維持できないだろう。

内部留保

Webによると、日本の主要な会社の内部留保は、下記のとおりだという。日刊ゲンダイ2008年12月18日掲載からの引用である。これを見ると、次のことに気く。

1.流石にトヨタの内部留保は、すごい。保有現金量もトップである。

2.日産の役員報酬は高すぎる。カルロス・ゴーンが、日本政府に、円高をなんとかしろ、日本の自動車会社にも資本注入しろなどと言っていたが、まず自社の役員人件費を下げることが第一ではないだろうか。

3.ソニーは、十分な内部留保も現金も保有しながら、大幅な正社員のリストラをしようとしている。よほど、今後の来るべき苦境に備えているのだろうか。

4.キヤノン、ホンダ、東芝の役員報酬は、実質的に低いが、なかなか好ましい。そういう発想は、庶民のやっかみか。

◇企業名/内部留保/現金、定期預金など/役員報酬(平均)
◆キヤノン/2兆9050億円/8873億円/5004万円
◆トヨタ/12兆6658億円/2兆5845億円/1億2200万円
◆日産/2兆8204億円/5039億円/3億5583万円
◆ホンダ/5兆3629億円/9544億円/6057万円
◆ソニー/2兆850億円/1兆1761億円/2億8986万円
◆シャープ/8341億円/3270億円/1億1030万円
◆東芝/7166億円/2667億円/6087万円
◆コマツ/7911億円/774億円/1億3571万円

2008年12月25日

竜王戦第7局

私は昔から天才が好きである。ただ、分野は限られていて、数学、物理、将棋、囲碁などである。だから、もしエヴァリスト・ガロアが生きていれば当然にファンになったと思うが、そんな、後世になってやっと知られるようになった一介の数学少年を同時代に、どうやって知ることができよう、とも言える。その乗りで私は、将棋の羽生のファンであって、羽生が酷い負け方をすると、一時的に将棋に対する興味を失う程である。あ、ちなみに、囲碁では井山がそうである。

そういう意味で、先日の竜王戦第7局は、私を、しばらく将棋から遠ざけるのに十分なインパクトをもっている。

ここで突然、2003年の話に戻る。2003年に羽生は、森内を4タテで破って、名人位を奪取した。その直後のインタビューで、羽生は満面の笑みを浮かべながら、今は順調で、特に不安材料は見当たらない、と答えていた。実際、周囲の人もみんな、いよいよ七冠再現かと期待した。

そこで7月の王位戦。挑戦者は谷川九段である。もともと羽生は、谷川にかなり勝ち越している。今の羽生なら、4-2くらいで谷川を下すだろうと私は思った。世間の将棋ファンの大部分もそう思っただろう。ところんがなんと、1-4で(2-4かもしれない)、あっさり王位を奪取されてしまう。しかもその負け方が酷い。あの羽生マジックのはずの終盤がメタメタで、いくらでも勝ちがあるのにわざわざ緩手を選んで、谷川にボロ負けてしているのである。

私はきっと、名人戦の疲れがでて、しかも王位は比較的軽いタイトルなので、軽く流したんだろうと思った。

次のタイトルは、9月の王座戦。挑戦者は、新進気鋭の渡辺である。流石に羽生の敵ではないだろうと私は思った。ところが、2-2のタイに食いつかれてしまう。第5局で、渡辺の緩手で、やっと勝つ。この辺から羽生の調子はいまいちなのではないかと思い始めた。

そこで竜王戦。森内の挑戦を受けた。当時森内は勝率8割の絶好調。でも、竜王はビッグタイトルなので、流石の羽生も気合を入れるだろうと思った。ところがあにはからんや、絶好調は、付け入る隙なく、4-0で羽生を下した。こんな冴えない羽生をみたのは、それが初めてだった。

しかし、次の王将戦では、森内の挑戦を受けたがなんとか復活し、4-0で防衛した。ところが、名人戦では、A級を全勝で駆け抜けた森内に、2-4で敗れてしまう。やはり終盤の力弱さが目立った。

なぜこうやって2003年の状況を、前に書いたにも拘わらず延々と再び書いたのかというと、今の羽生の状態があまりにもその5年前に似ているのである。

そもそもが今年だって、深浦に王位を防衛されてしまった。あれは内容からして羽生が奪取すべきだった。第1局を先勝して第2局でかなり自明な手を見落として破れ、おかしくなってしまった。どうもそのあたりから、不調の影が忍び寄っていた。

それでも、王座は、木村を3タテで下した。もともと相性のよい相手である。でも、内容はあまりよくなかった。木村が間違えてくれた、といえる。

そして、竜王戦。奇跡のようなぎりぎりの内容で挑戦者になったが、5年前と違い、羽生は三連勝した。今にして思えば、羽生が好調なのではなく、渡辺が不調だったのである。なにしろ渡辺は、今期もB1で4勝4敗とやっと指し分けである。A級に上がれそうもない。

ところが、竜王戦第4局。渡辺が終盤で進化した。わざわざ88歩と王を安全地帯に呼び込んだり、一手損して67金右と、有効手を許したりなどである。それでとても難解な終盤になったが、好調な羽生なら、勝ちを見つけることができただろう。しかし、時間もなく凡手を選び負けてしまう。

第5局は、相矢倉で、いいとこなく渡辺に攻めつぶされてしまう。第6局は、踏み込んだら渡辺に絶妙の受けをされ、どうやっても足らなくなってしまう。ここらあたり、曲線的な指し口が特徴の羽生が、すっかり単調になってしまっていた。例をあげると、大リーガーのニークロ投手のナックルが落ちないで、あっさりバッターに捉えられているようなものである。

そこで第7局。私も、親しい棋友も、流石に羽生の勝ちを予想した。予想したというよりも、期待したというべきか。ここは、羽生ファンでないとしても、羽生が勝たないと面白くない。で、ネットで局面を追うと、どうも羽生が有利である。渡辺はさらに次善の策をとり、形勢はさらに羽生に傾いた。ところがそこからが羽生がおかしい、どうも決めきれない。渡辺の反撃が始まる。ついに逆転かと思った瞬間、羽生の切り替えしが出る。詰めよ逃れの詰めよ、おお羽生マジックだ、とみんな思った。しかし、羽生は勝ちきれない。次第に差を詰められ、渡辺の軍門に下った。私は思わず叫んだ、これは羽生なんかじゃない、C級2組の誰かだ! それくらい、羽生らしくない終盤であった。

で、12月21日、NHK杯戦を見ていると、羽生対飯島だった。これは明らかに、竜王戦第7局よりも前に収録されたものである。いかに不調の羽生といえども、飯島には勝つだろうと思った。実際、羽生に有利のうちに終盤になったが、どうもおかしい。羽生の終盤が変なのである。形勢が開いていたので羽生が勝ったが、これまた、よれよれした終盤で、相手が渡辺や佐藤、森内あたりだと逆転されてしまっただろう。

ここで、私なりに、羽生が不調になるパターンの特徴を記してみる。
1.大きな勝負に勝つと、気が緩んで不調になる。例えば、名人奪取とか。
2.不調になるのは特に終盤で、序盤や中盤はそうでもない。従って、格下の相手だと、終盤の粘りや肉薄があまりないので、終盤が不調でもなんとか勝ちきれる。従って、羽生は、不調でも、格下に取りこぼすことが少ない。これが棋士中で最も高い勝率を誇っている秘訣である。
3.一旦苦手をつくってしまうと、克服にかなり時間がかかることがある。以前は森内であり、今は深浦か。渡辺も羽生に自信をもってしまった。この二人に羽生はしばらく苦戦することになる。
4.本格的な調子の回復には、1年近くかかる。すると、もし竜王戦第4局あたりから不調に陥ったのだとすると、本格的な調子の回復は、来年の名人戦の後である。名人戦は防衛できるだろうか。それより前に、王将戦が鬼門である。

このように不調があるのは、人間だから仕方がない。羽生といえども、人の子である。不沈艦、大山といえども、メタメタの時期があった。大山はメタメタになると、格下にもとりこぼしていた。しかし、大山が羽生よりも力強いのは、タイトル戦のカド番からでもぐんぐん追い上げる迫力があるからである。この点で、羽生にはなぜか、淡白さを感じてしまう。この点だけで、羽生は、大山よりも強い棋士として後世に記録されないかもしれない。

一方で渡辺もよく分からない。折角竜王を防衛したのに、B級1組の順位戦で久保に破れ、4勝5敗と負け越しである。まさか陥落はしないと思うが、今期の昇級はまず無理であろう。だいたい一流棋士は、B級1組であまり足踏みしない。よって、渡辺に、羽生を超えるポテンシャルをみてとることにためらってしまうのである。

2008年12月26日

風邪

久しぶりに、病気、といっても高々風邪であるが、会社を休んだ。私の記憶が正しければ、前回、風邪だったか腹痛だったかで会社を休んだのは、1993年頃だったと思う。だから、この15年くらい、一度も病気で休まなかったということになる。よく、無事これ名馬、といわれるが、すると私は無事これ名サラリーマンと言えるのだろうか。そんな訳もない。

15年くらい一度も病気で休まなかったことに、特に秘訣はない。ひどく呑みすぎて、二日酔いで這うようにして会社に行ったことは何度もある。

あと、思い当たるのは、1995年に管理職になってしまったことである。私の勤務している会社では、実際に部下をもつ管理職、というのは、全体の10分の1くらいしかいない。従って、年功序列でとりあえず管理職になれる、ということはないので、それは1つの出世を意味するが、その分、管理職の責務は重く、気の休まる暇がない。

こういう精神的プレッシャの下では、なかなか病気になることができない。すると、風邪程度の病気だと、ある種の気の緩みに由来する、と言ってよいかもしれない。軍隊的に言うなら、貴様、精神がたるんどるから、風邪など引くのである、ということか。

あと、ここ15年くらい私が病気にならなかったのは、子供の頃から免疫系を鍛えられたせいもあると思っている。というのは、3歳にして小児結核になり、一時はかなり危ないレベルだった。小学生の頃は、虚弱児童であって、しょっちゅう、風邪をひいたり、寝込んだりしていた。

中学になって、近所の付き合いから卓球部に入ると、嫌でも鍛えられて、多少は元気になった。それでもときどき、腹痛や風邪で寝込むことはあった。

高校の後半では、大学受験勉強があったので、風邪などひいていられなかった。

ところが、大学に進学してからは、気が緩んだせいかしょっちゅう、風邪をひいたり、寝込むことが増えた。もっとも、その何割かは、飲み会による二日酔いだったかもしれない。

サラリーマンになってからはよく、原因不明の腹痛があった。一度は、あまりにも腹痛がひどいので、病院に行ったところ、白血球が異常に増えている、虫垂炎かもしれないと言われた。しかし分からないといわれて、三日入院し、手術することもなく退院したことがある。

重かったのは、20代後半に罹った、A型肝炎で、これは3ヶ月の入院を要した。一歩間違えると劇症肝炎になって危ないと医者に注意され、安静を通した。独身主義だった私が、結婚でもするかと弱気になったのは、この病気のせいである。今でも結婚したのは正解だったかどうか分からないが、運命のターニング・ポイントだったといえる。

結婚しても、最初の5~6年は、依然として原因不明の腹痛に悩まされ、よく会社を休んだ。結婚生活というものが意外な(でもないか)ストレスだったせいもあるのだろう。

ところが、免疫学者、安保徹の本によると、中年のある時点で免疫系が完成され、病気にかかりにくくなるのだという。1993年といえば、私が40代に差し掛かる頃であり、いろいろな病気の結果、免疫系がその防疫体制を確立した、と言えるのかもしれない。

こうして、とても強壮とはいえないが少なくとも風邪はひかない日々を送ってきたが、ここで急に風邪で休んでしまったことは、そろそろ中年免疫系にほころびがあらわれてきた、ということなのかもしれない、と考えている。あのローマ帝国でさえ滅びるのである。いわんや、私の免疫系をや、である。

ここにきて風邪を引いた別の理由は、もしかして、最近、家のローンを繰り上げ返済したことにある。これはかなり肩の荷を降ろすことにつながるが、気の緩みにもつながる。

そういう意味では、もっと決定的な気の緩みは、退職時だろう。私の尊敬する会社の先輩は、退職したら呑みに行きましょうと約束していたのに、退職時から半年間、どうしても飲み会に付き合ってくれなかった。ようやく会えて話を聞くと、退職して間もない頃、原因不明の痛みに襲われ、病院に行ってみると、帯状疱疹と診断されたという。帯状疱疹とは、日和見のように身体に潜んでいる菌が、パキスタン下のアルカイーダよろしく免疫系の低下に従い復活してきて、神経を冒す病気である。

こういうことから、1つの望ましい人生は、一生を通じて、適度な緊張感を維持することではないか、と思うようになった。すると、定年になっても何かの仕事に従事して、ある種の責任を担う。それによって、免疫系を鼓吹する。武装解除しないのである。

そういえば、先日、会社から帰宅していたら、後ろから声をかけられた。元同じ会社にいた人で、仕事の関係で多少面識がある人であった。名刺をもらうと今、ある小さいIT関連の会社で、副社長の地位にある。人材紹介のコンサルタントもしているという。そこで、話を聞くと、今勤めている会社は小さい会社で定年は特にないので、働ける限り働くつもりだという。それで気をつけいていることは、広い興味をもって本を読むことを怠らないこと、短期記憶を鍛えることで、そうやって能力を維持していると若い頃とあまり精神的な能力は衰えないという。

なるほど、と思った。スキルの背景が違うので、私はその人のように生きることはできないが、生き方としては、生涯現役を通したいというところで、同型でありたいと思った次第である。

そうやって気を張って生きていると、精神はともかくとして、肉体というマシーンは有限の物体であるからどこかで破綻して、維持できなくなることは必然である。そのアバランシェが急速に生じて、緒方拳のように逝くことができれば、それはそれでいい人生なのだが、そうなるもならぬも、心構えと運命の複雑な絡みあいの人生のスープである。

ということで、たかが風邪も、いろいろ考えるきっかけになるのであった。

2008年12月27日

大学医学部

新聞記事によると、医学部の定員を693人増やすということで、日本で医学部をもつ全大学の医学部定員と、増加数が示されていた。その数は、全国で79校で、内訳は、国立42校、公立8校、私立29校である。

国立42校というとほぼ全都道府県に必ず1つ国立大学の医学部があるように思われるが、北から見て国立大学医学部のない県は、岩手県、福島県、栃木県、埼玉県、神奈川県、奈良県、和歌山県である。首都圏の埼玉県と神奈川県に国立大学医学部がないのは意外であるが、神奈川県には公立で、横浜市立大学医学部がある。福島県、奈良県、和歌山県にもそれぞれ、公立大学医学部がある。ところで茨城大学には医学部がないが、茨城県には筑波大があり、こちらには医学部がある。また、静岡大学に医学部はないが、静岡県には浜松医大がある。

よって国公立大学医学部がないのは、岩手県、栃木県、埼玉県である。では全く大学医学部がないかというとそうではなく、岩手県には岩手医科大があり、埼玉県には埼玉医科大があるが、これは名前からは自明ないが、どちらも私立である。

すると全く大学医学部がないのは、栃木県ということになるのかと私立大学医学部をみてみると、独協医大が栃木県にあるようである。これで大学医学部のない県はない、ということでなんとなくほっとした。

ところで、現在の全大学医学部の1学年の定員数は、8486人。全国で、ということだから、やはり医師自体がエリートということになる。一大学医学部の定員は、90人~120人の間。ここから、各大学医学部は、10人前後を増やす。全国で693人増となる。それにしても、私立の法学部あたりだと学部で数百人~千人程度の定員だったりするから、やはり医学部の学生というのは、一人一人丁寧に育成されるのだと改めて感じる。国家からの育成予算が少ない私立医学部の授業料が高くなる筈である。

ただ、これで医師不足が解消されるのかどうかよく分からない。本当に必要なところに医師が行き渡るというのは別問題なような気がする。妥当な待遇で有意義に働けるかどうか、という点とか。

2008年12月28日

RADについて

私が普段、簡単なツールを作成するために使っているのは、Borland C++ Builder(以下、BCBと呼ぶ)というRAD(rapid application development)ツールである。BCBを起動すると、ブランクのフォームが立ち上がる。そこに、ボタン、テキスト領域などのオブジェクトを、メニューバー(ウイジットなどとも呼ばれる)からドラッグ&ドロップして、次にオブジェクトを右クリックするとか、ダブルクリックするなどの操作を行う。すると、コードを書く領域が現れて、そこに所定の処理を行うコードを書く。こうしておくと、残りのコードは、BCBが自動生成してくれる。下記のコード1、コード2及びコード3がそうである。

コード1は、一種のランチャーであり、自動生成され、普通は眺めたり編集したりする必要はない。コード3は、実際の処理を行う部分である。コード2は、コード3に関連して自動生成されるヘッダファイルである。このとき、人手で書いたのは、コード3の青太字の部分だけである。これだけだとフォームと処理の間の関連付けはどこに記述されているのか、と思われるが、実はMain.dfmというバイナリの記述ファイルがあって、ここに、フォームの属性やイベント関係の情報が含まれている。

一方、Windowsにおける標準的なというか伝統的な記法は、コード4のようなものである。これは、フォーム(ウインドウ)をマウスの右クリックするのと左クリックするのとで異なるメッセージが表れるようにするだけのプログラムであるが、RADでないと、このようなコードは全て手で書かなくてはならない。これだけ見ていても結構うんざりするが、これはいわゆる"Hello world"のような最も簡単なプログラムなので、この程度で怖気づいていては、正統なWindowsプログラミングは諦めた方がいい。

しかし、BCBやMicrosoft Visual StudioなどのRADがあるのに、このような伝統的な記法は廃れていない。その理由は、RADでは痒いところに手が届きにくいからである。例えば、コード4で、WM_RBUTTONDOWNというマウスボタン右クリックのイベントを拾って処理を行っているが、少なくとも私が使っているBCB Ver.3では、フォームには、マウス左クリックやダブルクリックなどのイベントは関連付け可能であっても、そのままでは右クリックのイベントを拾うことはできない。もし拾おうとすると、別途API関数を記述しなくてはならなくなって、下手したら正統なWindowsプログラミングよりも錯綜しかねない。

このようにRADを使うと便利であるが、カプセル化されているため、とても融通が利かないことがある。よって、私の知っている範囲では、BCBは、プロのプログラマにはあんまり人気がない。BCBを愛用しているのは、ほとんど私のようなアマチュアであると思われる。

ただ、定型のプログラムの生産性の差は圧倒的なので、RADはその制御記述可能性の粒度を上げているのではないだろうか。なにしろ、私が使っているBCBは、10年以上も前、Windows95が隆盛していた頃リリースされたものなのである。

一方で私の信念があって、それは少々年代がすすんでも、開発ツールはこれ以上使いやすいものにはなりにくい、ということである。開発速度と、制御記述可能性の粒度というトレードオフがあるからである。よって、機械語そのものみたいなアセンブラの出番がなくなることはない。また、カーニハン・リッチの本にあるようなテクニックが不要になることもない。プログラミングは従って、コード書きオタク(ナードとか、ギークなどとも呼ばれる)の聖域であり続けるのである。少なくとも私のような初心者には、彼らのやっていることは遥か彼方にあって、その全貌すら眺めることはできない。



コード1
//---------------------------------------------------------------------------
#include <vcl.h>
#pragma hdrstop
USERES("sample.res");
USEFORM("Main.cpp", Form1);
//---------------------------------------------------------------------------
WINAPI WinMain(HINSTANCE, HINSTANCE, LPSTR, int)
{
try
{
Application->Initialize();
Application->CreateForm(__classid(TForm1), &Form1);
Application->Run();
}
catch (Exception &exception)
{
Application->ShowException(&exception);
}
return 0;
}
//---------------------------------------------------------------------------


コード2
//---------------------------------------------------------------------------
#ifndef MainH
#define MainH
//---------------------------------------------------------------------------
#include <Classes.hpp>
#include <Controls.hpp>
#include <StdCtrls.hpp>
#include <Forms.hpp>
//---------------------------------------------------------------------------
class TForm1 : public TForm
{
__published: // IDE 管理のコンポーネント
void __fastcall FormClick(TObject *Sender);
private: // ユーザー宣言
public: // ユーザー宣言
__fastcall TForm1(TComponent* Owner);
};
//---------------------------------------------------------------------------
extern PACKAGE TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
#endif


コード3
//---------------------------------------------------------------------------
#include <vcl.h>
#pragma hdrstop

#include "Main.h"
//---------------------------------------------------------------------------
#pragma package(smart_init)
#pragma resource "*.dfm"
TForm1 *Form1;
//---------------------------------------------------------------------------
__fastcall TForm1::TForm1(TComponent* Owner)
: TForm(Owner)
{
}
//---------------------------------------------------------------------------
void __fastcall TForm1::FormClick(TObject *Sender)
{
ShowMessage("クリックされました。");>
}
//---------------------------------------------------------------------------


// コード4 #include <windows.h>

// ウィンドウ・クラス名
#define MYWNDCLSNAME "MyWindowClass"

LRESULT CALLBACK WndProc( HWND hWnd, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
switch( uMsg){
case WM_RBUTTONDOWN:
MessageBox(hWnd, "元気ですか?", "Message",
MB_OK | MB_ICONINFORMATION );
return 0;
case WM_LBUTTONDOWN:
MessageBox(hWnd, "もう嫌、こんな生活。", "Message",
MB_OK | MB_ICONINFORMATION );
return 0;
case WM_DESTROY:
PostQuitMessage( 0);
return 0;
}

// 処理しないメッセージはシステムに任せる
return DefWindowProc( hWnd, uMsg, wParam, lParam);
}

int WINAPI WinMain( HINSTANCE hInst, HINSTANCE hPrevInst,
LPSTR lpCmdLine, int nCmdShow)
{
WNDCLASS wndcls;
HWND hWnd;
MSG msg;

// ウィンドウ・クラスの登録
ZeroMemory( &wndcls, sizeof(wndcls) );
wndcls.lpfnWndProc = WndProc;
wndcls.hInstance = hInst;
wndcls.hIcon = LoadIcon( 0, IDI_APPLICATION);
wndcls.hCursor = LoadCursor( 0, IDC_ARROW);
wndcls.hbrBackground = (HBRUSH)COLOR_BACKGROUND;
// wndcls.hbrBackground = 0x0131;
wndcls.lpszClassName = MYWNDCLSNAME;
if( RegisterClass( &wndcls) == 0) return -1;

// メイン・ウィンドウの作成
hWnd = CreateWindow( MYWNDCLSNAME, "My Window",
WS_OVERLAPPEDWINDOW | WS_VSCROLL |
WS_HSCROLL,
CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT,
CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT,
0,
0, hInst, NULL);
if( hWnd == 0) return -2;

// 引数にしたがって,ウィンドウの初期表示状態を指定する
ShowWindow( hWnd, nCmdShow);
UpdateWindow( hWnd);

// メッセージ・ループ
while( GetMessage( &msg, 0, 0, 0) ){
DispatchMessage( &msg);
}

// WM_QUITメッセージのwParamをプログラムの終了コードにする
return msg.wParam;
}

2008年12月29日

iPS細胞の基本特許

特許データベースで、山中伸弥教授のiPS細胞の基本特許がついに見つかった。特許番号第4183742号で、特許日は2008年9月12日であるが、公報発行日は、2008年11月19日である。

出願人は、国立大学法人京都大学であり、発明者は、山中伸弥単独。特許番号第4183742号自身は分割出願であり、その遡及日は、2006年12月6日である。発明の名称は、「誘導多能性幹細胞の製造方法」。調べるまでもなく、特許協力条約(PCT)ルートで、可能な限り多数の国に国内移行(実質的特許出願)されるのだろう。

では、その肝心の特許請求の範囲は、下記のとおりである。

「【請求項1】
体細胞から誘導多能性幹細胞を製造する方法であって、下記の4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2を体細胞に導入する工程を含む方法。」

請求項はこの1つだけで、要するに、4種の遺伝子を体細胞に導入すると言っているだけだから、導入するキャリアの限定もなく、基本特許中の基本特許、iPS細胞の作製全般に及ぶとても広い特許権であると思われる。審査経過を見ても、見事に一点の引用文献もない。この分だと、京都大学には相当のライセンス料が入るのではないだろうか。

疑問としては、私が普段特許実務を担当しているのは、情報処理や、半導体技術などの分野なので、この分野の実務はよく分からないが、DNAの情報処理の中間処理で、「遺伝子」という語句を、審査官からの指令で、「遺伝子(ヒトの遺伝子を除く)」のように補正させられたことがあった。この場合、「体細胞」を、「体細胞(ヒトの体細胞を除く)」と補正しては権利としては意味がなくなる。流石にそういう実務慣用はないのだろう。

別の疑問としては、発明者は本当に山中伸弥単独なのか、ということであるが、山中伸弥が単独でアイデアを思いつき、共同研究者、実験助手、大学院生などに作業させたということなら、納得できる。

この特許の価値には一点の曇りもないが、問題は、既に米国の企業や大学、研究機関が陸続と、iPS細胞の研究を進めて特許出願をしているだろうと想定されることである。実際、山中伸弥氏は率直な方で、12月25日、文部科学省ライフサイエンス委員会の部会に出席し、今年1本しか論文を出せなかったことに触れ、「1勝10敗で負けた」と振り返ったという。

この分だと、京都大学は、基本特許は握っていても、周辺特許のほとんどは、米国の企業や大学、研究機関が保有しているということにもなりかねない。挽回するのは大変そうである。

2008年12月30日

上司の嫉妬心

Webの記事に、MBAを取得して、鳴り物入りで小さい会社に入り、結局上司の嫉妬心に潰された人の事例が紹介されていた。

それによると、鳴り物入り、または、三顧の礼で会社に迎えられる場合、次のような注意が必要なのだそうである。

1)転職する会社の文化、社風をあらかじめよく調べること。
前職で優れた実績がある人を簡単には認めない文化が根強い会社が結構あるらしい。うちは違うんだから、ということである。

2)成果を出すことを急ぎすぎないこと。
成果よりも先ず、信頼関係が先である。信頼関係がなくていくら頑張っても、却って逆効果になることがある。

3)相手を力でねじ伏せないこと。
自分の力を過度に誇示することは、そのタイミングによっては、上司や周囲の態度を一段と硬化させ、敵を作ることになる。

4)経営陣を信用しすぎないこと。
会社を経営する人は、組織の論理を重んじるので、基本的に上長の側に立つ。だから、自分に理があると主張しても受け入れられるとは限らない。

そこで私の経験も踏まえ、より具体的に述べてみる。改めて、嫉妬という感情が、人間関係の底流にあって、社会を動かしているこを否定する人はいないだろう。

1.嫉妬を生じる要因
ほとんどの場合、同性間に起きる。特に、女性同士の場合が甚だしい。その要因としては:

1-1.部下の方が高学歴
例えば、部下が東大卒であったり、大学院卒であったりすると、口では言わなくても、君ね、世の中は学歴だけじゃないんだぜ、勉強ばっかりやってきた君には分からないだろうが、みたいにねちねち嫌がらせする上司がいる。しかし、そういう上司に限って、学歴の代替になるような凄いスキルもなかったりする。

1-2.コンピュータ、英語など部下の方が明確にスキルが卓越している
典型的には、部下の方が英語ができる、というのはざらである。すると、その腹いせに、日本語にいちゃもんつけてくる上司もいる。こんな文章書いているようじゃ、どうせろくな英語じゃないんだろう、とか。コンピュータについては、あまり焦点になりにくいが、私の場合、コンピュータのスキルに自負がある上司がいて、ある部分では私の方が明確に出来るということを示したら、相当プライドに触ったようで、ずっと陰に陽にいじめられたことがあった。どこに逆鱗が潜んでいるか分からない。

1-3.上司にない資格をもっている
私は資格勉強が苦手な人間なので、部下が、私がもたない資格もっているという状況は結構あった。意識しないようにはするのだが、完全に嫉妬心を押さえ込むのは難しい。

1-4.特に女性の場合、部下の方が容姿に優れる
女性の管理職場合、部下の女性が美人だったりすると、心穏やかでない。仕事のあらを見つけては、ちくちくと嫌がらせしたりする。書いてきたレポートを、読んでも分からないと突き返すこともする。理解しようとしていないのだから、そもそも理解に達しないのだが。女性の場合、美人すぎることはあまり得にならない。男性にちやほやされるよりも、周囲の女性に反発を受ける方が大きい。
では、男性の場合、どうだろう。部下かイケメンだったら、上司は面白くないか。ううん、確かに何となく面白くないだろう。しかし、それで仕事もできれば、私だったら、あっさり負けを認める(本当か?)。で、もし仕事がそれでできなかったら、多少批判が手厳しくなるかも。

1-5.部下の方が上位マネジメントの受けがいい
これは微妙で、とても力のある上位マネジメントなら、渋々であるが、上記が気を使ってくれる。しかし、そうでなく別派閥だったりすると、足を引っ張られることもある。私は、退職した元部長と懇意であったが、実は元部長は、独断的なマネジメントであまり受けがよくなく、私は却って部門内で疎んじられることになった。しかし、元部長は気が合っていたので、構わず付き合って、いろいろなことを教わった。

2.嫉妬に基づく、しうちの方法
それはもういろいろある。列挙するのも空しいかもしれないが、書いてみる。

2-1.仕事を干す
相当厳しいしうちとして、全く仕事を与えない、というのがある。私は最初の会社でこれを1年以上に亘ってやられた。仕事が無能だったせいでないことは、少なくとも今私が働いている状況から明らかであろう。仕方なく私はずっと、パートのおばさんと、書類整理の真似事をしていた。気が変になりそうで、上司に対して犯罪的行為で仕返しする一歩手前までいった。そうなっていたら、私のその後の人生はその後裏街道で、おそらく、病気、喧嘩、その他で確実にこの歳まで生きていないだろう。

2-2.昇進させない
仕事の評価というのか相当に恣意的で、評価すまいと思えば、その人の苦手なところにフォーカスをあてるとか、失敗事例をその都度引用するとかでよい。こうして、日常的に成果を挙げている人よりも、調子いいだけの人を、いろいろ理由をつけて昇進させることは極めて容易である。

2-3.不本意な部門へ異動させる
これも、本人の新たなスキル開発のため、とかいえば、いくらでも大義名分が立つ。

2-4.成果を奪う
あるプロジェクトを漕いできて、苦労して9割方こぎつけたとする。ところが突然の辞令で、同僚がプロジェクトのリーダーにすげ代わる。そして、プロジェクト成功の実績は、その同僚にもっていかれる。こういう例は、そんなに少なくないのではないか。

2-5.失敗を押し付ける
逆に、全然うまくいかないプロジェクトのリーダーに突然就けられ、失敗の責任をとらされる。

2-6.ミスを指摘され続ける
例えば、伝票に手書きで数字を記入するとか、データエントリのような仕事をする事務担当者の責任者になったとする。すると、ある比率でどうしてもミスは避けられず、そのことで上長は、永遠にその責任者の責任を追及し続けることができる。これは一種の煉獄になる。

3.嫉妬を回避する方法
では、どうやって上司の嫉妬を回避したらいいのか、これは、そんなものがあったら私が是非聞きたいところである。強いていうなら:

3-1.プライドを捨ててイエスマンになること。プライドを捨てるといっても、一流会社の管理職であるという表のプライドは捨てるどころか、寧ろ磨きがかかる。問題は、蔭のプライドなのであるが。。ただ、それが、負けることができる者が一番強い、という、老子の教えなのかもしれない。私の欠点は明らかに、老子であれエピクテトスであれ、その教えに徹しきれないことである。

3-2.自己主張の方法を変える
私は昔から将棋とカラオケが好きである。そこで、最初に会社に入ったとき、将棋が強いです、カラオケが好きです、麻雀は好きですが弱いです、と自己紹介した。そういう分野の自己主張は、肯定的に迎えられて、小さい会社であるが、みんなに有名になった。将棋は私に勝てる人はいなかったが、そのことで嫉妬する人はいなかった。寧ろ、坂田三吉のお膝元で、そういうのは受けた。カラオケも得意の演歌が受けて、カラオケ大会では世話役とトリを歌わされていた。麻雀は、別に喜んでそうしていたのではないが、相当カモられていた。それで仲間外れにはされなかった。そういう面は、バッファにはなったが、仕事での上司の評価を変えることはできなかった。

3-3.上司を追及しない
私が一番苦手なのがこれで、上司の駄目なところが目に付くと嫌で嫌で仕方なくなる。それで、こちらのミスを突いてくるような上司だと、一いわれたら、十くらい言い返さないと済まない気分になる。鷹揚さが必要なのだが、なんと大人(たいじん)から遠いのだろう。

3-4.雑用係に徹する
面倒だけれども、みんなの雑用をカバーしてやっていると、嫉妬されることは減ってくる。長らく、シスタンをやっていた。使いまわされてうんざりする、ということはあるが。私はこの芸はあって、上司受けはよくなくても、あまり周囲から浮きうがったことはない。ラッキーというべきだろう。

3-5.失敗する
これは冗談である。意図せず人生に失敗し、どんどん惨めになると、誰も嫉妬なんかせず、憐憫、同情または無視で接してくれるだろう。それで何が楽しいのかは別問題である。

3-6.諦念
よって、嫉妬を避ける決め手はなく、仏教的、ストア的に一歩引いて人生を眺めるよりない。

4.嫉妬しない方法
これもまた難しい。天下無双の能力を身に着けると、誰をも嫉妬する必要はなくなるが、それは人間には無理である。それこそ、それ自体が、宗教の修行の目的であったりする。

2008年12月31日

サル弁

ホームロイヤーズという法律事務所と、そこの代表の西田研志という弁護士は、とても露出度が高い。といっても、大澤弁護士のようにテレビに出演している訳ではない。電車の吊り広告で頻繁に目にするからである。世の中には債務で困る人が多いので、こういう広告は意味があるのだろう、くらいにしか思っていなかった。幸い私は、サラ金のお世話になったことも、取立てに困ったこともない。

そしてたまたま、アマゾンで本をチェックしていたら、西田研志氏の著書が発売されるのだという。例の幻冬舎である。「サルでもできる弁護士業」、「弁護士業界の革命児、起つ 」、「眠れる20兆円マーケット ~法務ビジネスという名の埋蔵金~」の三冊同時発売。

そこで、一番奇をてらった書名である「サルでもできる弁護士業」を注文して読むことにした。他の二冊はきっと同工異曲なのだろうと、高を括って注文しないことにした。

西田研志氏は、長崎県佐世保市出身。一橋大学から日商岩井を経て、弁護士という経歴をみると、エリートのようだが、実は司法試験は8度受験という苦学であったり、大学時代は、アマゾン探検隊長を務めたりと、単なる青白い秀才ではない。

そんな西田氏は、弁護士界に、健全なるビジネス感覚を導入した。それは、法律事務所の広告である。従来、弁護士会の指導により、法律事務所は、広告を打つことができなかった。特に弁護士法で禁止されている訳ではなく、慣習である。弁護士会による規制というべきか。そこで、西田氏は、広告の自由を求めて弁護士会を独占禁止法で訴え、見事勝訴した。これにより、晴れて法律事務所は、広告を打つことができるようになった。しかし、である。弁護士会を訴えるというのは、軍隊でいえば、大本営に大砲の弾を打ち込むようなものである。ただで済む訳がない。かくして、西田氏は、陰に陽に、弁護士会から苛めを受けることとなった。しかし、それでへこたれる訳もなく、一層突っ張って頑張るのが西田研志と、ホームロイヤーズなのである。

西田氏は、次のように指摘する。

- 弁護士は仕事をしない:すなわち、とても非能率で、きちんと仕事ができていない、ということである。また、大口の仕事しかしない、という意味もある。

- 弁護士は仕事がない:折角広告を出すことができるようになったとはいえ、弁護士会に気を使って広告を出す法律事務所はまだほとんどない。その結果、特に零細事務所は、顧客がなかなかみつからない。

- 弁護士はお金がない:司法試験は一番難しい国家試験ということになっているのに、平均収入は、税理士や司法書士よりも少ないという統計がある。おそらく、弁理士よも少ないのではないか。その理由はちょっと考えれば分かる。税金を治める人は沢山いて、日常的に税理士に依存する。土地の登記や遺言で、司法書士にも日常的にお世話になる。特許出願は日々1000件近くなされていて、弁理士は忙しい。しかし、弁護士の仕事にはそのような日常性はない。本当はあるかもしれないが、小口の法律案件は、弁護士は相手にせず、司法書士が拾ったりする。

- 弁護士には生産性の概念がない:確かに、これは、弁護士先生を見ていて感じることがある。そもそも、PC操作がとても苦手だったりする。手間がかかっても、それは、慎重に判断している、という言い訳になる。

- 弁護士には常識がない:これはなにも弁護士だけではなく、世の中には沢山いるのだが、若い頃から司法試験一本で生きてきたなら、確かに、法律以外は知らないということになる。

- 弁護士には知識がない:これは説明を要する。確かに法律の知識はある。しかし、個別案件だと別途勉強してもらわないと知識はない。例えば、今、全ての弁護士は弁理士登録できるが、ではいきなり特許実務ができるかというと無理である。特許法だって、司法試験の科目にないのだから(いや、最近はあるかも)、民法や民訴からの類推以外の進歩性の概念とかも分からないはずである。しかし、つい、法律全般、なんでもござれみたいな態度をとり勝ちなのが弁護士である。

- 弁護士は社会正義を実現していない:すなわち、本当に法律サービスを必要とする人が、弁護士のサポートを受けられるようになっていない。例えば、多重債務者は、本来的にお金に困っており、そんな顧客をもっても儲かる訳ないので、賢明な?弁護士は、相手にしない。

しかし、西田氏によれば、上記の性質は、弁護士が本来的にそうである、という訳ではない。弁護士会が弁護士に重い桎梏を課しているから、という訳である。広告もそのような桎梏の1つであった。

別の要素として、弁護士には隠然たる共産党の支配や影響力がある。これは、戦時中、治安維持法に反対して投獄された反戦弁護士たちの流れを汲むのだろう。

このような頚木を絶つため、西田氏は次のようなビジネスモデルを考えた。まず、100人規模のコールセンターを設置し、顧客からの電話を受ける。ホームページでフォームでの受付もする。単なる電話相談、メールでの相談は無料とする。電話やフォームの処理は徹底的にマニュアル化し、パラリーガルの担当者がマニュアルに従って処理できるようにする。このままだと弁護士法に則らないので、最後にー弁護士がきちんと判断を下すようにする。こうすると、数少ない弁護士で、多数の案件が合理的に処理できる。よっと迅速化し且つ1件あたりの料金も安くできる。

西田氏は、このようなやり方を、法律工学と呼ぶ。それは、電子工学や機械工学と同等の意味の工学なのかどうかよく分からないが、雰囲気は出ている。要するに、ITを駆使して、法的案件の処理を合理化するということであり、外資系の法律事務所や企業法務部でもこのような合理化がなされているという話を聞かない。画期的なのではあるまいか。

こういうやり方を次のような意味で弁護士会は嫌悪する。まず、法律工学を駆使する法律事務所に仕事が集まって、そうでない事務所が干上がってしまう。また、こういうやり方だと数少ない弁護士で間に合ってしまうので、弁護士が余ってしまう。

西田氏の更なる慧眼は、専門家の活用である。だいたい、いかなる案件でも法律だけで閉じている訳ではない。医療訴訟なら、医師や看護師のアドバイスが必要であり、建築士、税理士、弁理士、その他エンジニアなどの専門家のアドバイスを要することもあろう。

すなわち、弁護士が変なプライドと特権意識で固まって自らを縛っているので、それを開放して、自由な競争に晒すことが、社会の利益にも適うのではないか、というのが、西田氏の主張で、至極真っ当なものをそこに感じる。

もし危うさを感じるとすれば、それは、透けて見えるバブルの意識である。すなわち、コールセンターを500人規模にしたり、法律以外の医療の分野にも手を拡げようとしているようであるが、規模が変わると、パライダイムも変わり、別の戦略や管理手法も必要になるかもしれない。よって、素人目にはこの辺で規模の拡大は抑えて、リーガルサービスの質と多様性の向上に努力を傾けるのがよいと思われるが、本を三冊も出してイケイケの著書にそのようなブレーキはかかるだろうか。

About 2008年12月

2008年12月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2009年1月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。