« 音楽著作権管理 | メイン | 面白法人カヤック »

お局さま

世の中には怖いものが沢山あるが、会社における「お局さま」は、かなり怖さのレベルの高いものであろう。私は、「お局さま」を部下もつという、身の毛のよだつ経験をしたことがある。その体験を、なるべく抽象化して、「怪談」として述べてみたいと思う。平家物語の琵琶法師の乗り、というほど格調高くないが。

ペンペン、それは私がまだ40台前半で、人生に夢と希望を抱いていた頃である。実務家でやっていると、突然上司から、女性陣の管理職になるよう命じられた。漠然とした不安を抱き、当時通勤は自転車だったので、ぼうっと会社に向かって自転車を漕いでいると、青信号を左折するバイクが、目の前を横切ったかと思うと、自転車が跳ね飛ばされてしまった。私は、もろに顔面を打ち、歯が一本折れた。ぺっと唾を吐くと血だらけだった。顔はまさにお岩さんのようになった。バイクに乗っていたのは、どこかの工員だったが、警察を呼ぶ間もなく、バイクを起こすと行ってしまった。当てられ損。

こうして、私の管理職は受難のスタートとなった。最初の苦労は、お局さまと、それ以外の女性陣の対立であった。私の前任の管理職は、お局さまにべったり丸め込まれて、それ以外の女性陣は虐げられていた。数で劣勢なのに、しっかりヘゲモニーを発揮する。おそるべきお局さまの神通力である。

しかし、まだ若かった私は、ペレストロイカだグラスノスチだと叫びつつ(ということはないが)、敢然とその神通力に挑んだ。すると、非お局さま勢力にとって、それは福音と見えたのか、随分支援してくれたが、お局さまの手は管理職操作である。私には神通力が効かないとみると、他の管理職を通じて、侵攻してきた。

ところが私も、妥協の人間である。お局さまと部分的に停戦協定を結んだ。すると、今度は、非お局さま勢力にとってそれは裏切りにも見えたのだろう、非お局さま勢力からも責められた。

私が採った手は、甚だ人間的な、「話せば分かる」戦術であった。もともと、一対一で親身になって話すのは苦手ではない。一人一人と話すと、お局さまとさえ、ちゃんと分かり合えるのである。互いの痛みも苦しみも共有できたような気がした。

しかし、一歩仕事の実務となるとまた別で、私があることを決めると、お局さまからは「聞いてない」攻撃、でもどうして上司の私が逐一部下の許可をとらなくてはならないのか理解できない。一方で、お局さまは私に無断で、重要事項を決めてしまうことがある。そして、勝手に決めてから私に報告するのである。○○さんの許可を取りました、と。○○さんは、私と同列の他の管理職である。それではまるっきり私の立場がないではないか。

それでも、私がなんとか妥協してお局さまと付き合っていると、今度は非お局さま勢力から、私がお局さまだけの言うことを聞いている、と非難の声。そんな、私ほど広く平等にみんなの意見を聞いている管理職はいないのに、そもそも、私がバッファになっているから、あなたたちへのお局さま攻撃は、随分と緩和されているんだよ、とそっと言うのだが、そんな理屈が聞いてもらえる訳もない。

こうしてジャングルを匍匐するような日々が十余年続いた。ベトナムで捕虜になったマケインも斯くの如し。こうして私はなんとか大きなトラブルなく、しかし、然したる成果なく、ジャングルを出られた。

私が管理職を降りたときの挨拶は、いやあセクハラもなく、ひどい社内規定違反もなく、ここまでやってこれだだけで私は満足です、というものであった。そのときのみんなの目は、最後なんだからもうちょっと気の利いたこと言えよ、だったけど、激闘のあと、何が言えようか。

もう何度も書いたが、意志の弱い私がセクハラとかパワハラにならなかったのは幸いだった。なんかそれって、逆パワハラじゃんと言いたいこともなくはなかったが。私がキムタクみたいだったら、セクハラというか、部下と変な関係になってしまったのだろうか。いや、そんなあり得ない仮定をしても仕方ない。

あ、お局さまに戻って、これだけは教訓としていえるのは、お局さまは難攻不落である、ということである。間違っても攻め込んで降伏させようとしてはいけない。正論で降伏させることは可能かもしれない。しかし、降伏させたと思った瞬間、自分が回復できない痛手を負っていることに気付くだろう。だから、第三者からずるいと非難されようと、米国とロシアの関係のように、つかず離れず付き合うよりない。

では、お局さまとして生きることは幸せなのか。確かに、こわもてして、部門長すら一目置く。結構我侭が通るので、幸せそうには見える。しかし、よく周囲を観察すると、信じられないくらい人間的な信頼を失っている、ある感性がないと分からないかもしれないが。だから、いかなる女性にも、そういう感性を欠いてお局さまとして生きるという途は、あるということになる。将棋で言えば奇襲戦法で、私は絶対いやだけど。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1071

コメント (6)

小松たひと:

 目に浮かぶようです(というか、浮かんでしまいました;笑)。大変でしたね。
 女性を扱うのは本当に大変です。化粧をするように心を隠します。何を考えているかよく分かりません。
 何かを思い込んだら放置して熱が冷めるのを待つしかありません。結局さめずに変なことをしたり騒いだりします。
 お局様は、結局、「右から左へ受け流す」しかありません。
 昔、中国の独身宰相が、王様に結婚を勧められたときの答え「私は国ならいくつでも治めて見せますが、女は1人も治められません」が身にしみる今日この頃です。

匿名:

それからもう一つ、マケインさんは、5年もハノイ・ヒルトン(捕虜収容所)を耐えたあと、帰国してすぐに離婚したそうです。家庭生活はハノイ・ヒルトンより辛いということです・・・

小松たひとさん

> 女は1人も治められません」が身にしみる今日この頃です。

いや、本当に。今度生まれてきたら、仏法僧になって、山で独身を通そうと思います。と思っていたら、山に登ってきた妙齢の女性にはまってしまい、元の木阿弥。

ISSEI:

あやたろう様、
 ほんとうに大変でしたね。ところでお局様は1人なんでしょうか、さすがに複数人いると身が持たないと思いますが。
 それからいくつかの文面を見させていただきますと失礼ですが未だ女人への執着が断ち切れていないように見受けられます。今までの環境がそうさせているのでしょうね。


ISSEIさん

> 未だ女人への執着が断ち切れていないように見受けられます。

いやあ、若い頃本当にもてなかったので(今もそうですが)、くすぶっているようですね。

小松たひと:

綾太郎さん
> くすぶっているようですね。

 修行が足りんようぢゃの!心身ともに「ぴくり」ともしないように修行するのぢゃ!
 (「ぴくり」ともしないのも、それはそれで情けないですが・・・;
いろんなストレス大杉で、心身ともにout of orderという次第)

About

2008年12月 2日 06:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「音楽著作権管理」です。

次の投稿は「面白法人カヤック」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。