« やり過ごし | メイン | リストラについて »

秋田県の教育

先日、ブログで、秋田県と福井県が教育レベルが高いと書いた記事だが、Webの記事によると、少なくとも秋田県については、実際はどうもすこし事情が異なるようである。

すなわち、文部科学省が実施した「全国学力テスト」で、2年連続トップの成績を収めた秋田県に対し、その秘訣を学ぼうと、全国の教育委員会や地方議員らによる“秋田詣で”が続いているが、「秋田を見習って大丈夫なのか」と疑問を呈するのは、ほかならぬ秋田県内の教育関係者なのだという。

秋田県が全国学力テストで成績がいいのは、次のような理由による、という。

- 急激な少子化のため全国に先駆けて県全域で少人数学級に移行したので、生徒を丁寧に指導できる。
- 「競争より横並びが大事」という県民性が成績の底上げを実現している。

実際、秋田県の全国学力テストの実績は、平均値で他県を上回るが、上位層が薄いという傾向にあるという。

さらに秋田県は、明らかに大学受験で低迷している。すなわち、昨年度の大学入試センター試験の7科目平均点は全国34位。また、大学進学率は約43%で、全国平均の約53%を10ポイント下回る37位にとどまっているという。19年度の東大合格者数も東北で唯一、1けたの8人で、43位と低迷しているという。東大合格人数は1つの指標に過ぎないが、しかし、一県で8人は、あまりにも少なくないか。というのは、私の出身の広島県尾道市は全国的にみて決して教育レベルの高い地域ではないが、成績のよい中学生は、福山市にある広島大学付属福山校にいく。そして、そこは大体、年間20人くらい東大に受かるからである。

でも私は、秋田県の方針は悪いとは思わない。基礎をきっちり教え、落ちこぼれを少なくするのは大変なことだからである。基礎が出来ていれば、あとは自分の興味をどうふくらませるかである。本人次第ということになる。やる気があれば、Z会の通信教育でもよいのではないか。また、東大出身でなくても、基礎が出来ていれば、どこかで芽が出るだろう。

一方で、先日、中山元国土交通省が、日教組が強いところは生徒の出来が悪いと物議をかもしたが、実は、それは一面の事実なのだと、あるWebの記事にあった。というのは、全国学力テストで成績のよい秋田県や福井県では、日教組の活動はあるものの、とても労使協調的で、ほとんど労働争議はないという。だから、安心して先生が生徒指導に専念できる。定義的にも、日教組は先生の権利を主張する団体であって、そのような権利主張が生徒のためにもなる、という論理はなかなか導けないのではないだろうか。それは、思想や信条云々というよりも、とても機能的且つ論理的な話にすぎない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1077

About

2008年12月 8日 06:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「やり過ごし」です。

次の投稿は「リストラについて」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。