« 一木支隊の生き残り | メイン | 強迫神経症 »

プロ論

先日、友人から来たメールに、王貞治や武豊がいかにプロかという例が書かれていた。それで、私なりに、プロとはどんな性質をもった人かということを素描してみる。

先ず、プロとは、ある専門的スキルで生活の糧を得ているという当然の定義があるのだが、それは必須ではなく、ここでは世間一般よりも高いスキルをもつ、と曖昧に述べておく。

さて、プロの必要条件であるが、先ず、完全性を求めている、ということを挙げてみたい。もちろん、完全というレベルには、定義的にどんな人も到達できないが、到達できないとしても、完全や完璧ということに思いを馳せないなら、プロではないのではないだろうか。

次に、継続的に努力である。プロたる者、365日努力しなくてはならない。一見、何もしていないようでも、頭の中では、その専門の技芸のことを思い巡らしている。

次に、プロたる者、その専門技芸に、最高の優先順位を与えなくてはならない。技芸を磨くためのチャンスがあると、資産や他人との付き合いを、遮断までいかなくても、かなり制限しなくてはならない。

次に、プロたる者、一時的はともかくとして、永続的には、ある限定されたライバルを目標としたはならない。

次に、プロたる者、競う相手の経歴や評判に捉われてはならない。純粋の自らの鑑識眼で、相手のスキル・レベルを同定すべきである。

次に、プロたる者、自分のフォームを確立していなくてはならない。確立しつつ、そこから脱却しようと試みるのがプロである。

次に、プロたる者、細部に拘らなくてはならない。もちろん、細部を捨てて、グランドデザインを見つめることはあるが、その場合も基礎となっているのは細部である。細部の彫琢を欠くプロは、プロではないと断言してよい。

次に、プロたる者、歴史と伝統を重んじる。そして、歴史と伝統に最大限の敬意を払いながら、そこの格に一旦入り、格を脱しようとする。

次に、プロたる者、アマチュアを軽視しない。カスタマ、スポンサを軽視しない。しかし、アマチュア、カスタマ、スポンサに流されすぎはしない。

次に、プロたる者、新しいチャレンジを忘れない。確立した地位に甘んじない。権威主義を忌避し、大地からまた登り上げようとする。

と書きつつ、私が真のプロから遠いものだから、観察に基づく思い込みにすぎない描写なのであった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1083

About

2008年12月14日 07:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「一木支隊の生き残り」です。

次の投稿は「強迫神経症」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。