« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月 アーカイブ

2009年1月 1日

愚将の条件

太平洋戦争の戦記を読んでいると、さまざまな愚将が見受けられる。そこで、愚将であることの条件を私なりにまとめてみる。

まず、愚将の必須要件は、責任を取らないことである。他人に責任を転嫁するともいえる。例えば、辻政信は、数限りない無茶な作戦に加担し、味方にも相当の損害を与えたが、ほとんど責任を問われなかった。戦後、直ちに身を隠し、世間が落ち着いたころ、姿をあらわした。そして、あろうことか、国会議員にも立候補し当選した。まさに、なんの反省の色もない。見事というべきか。

どんなひどい失敗をしても、反省しない。同じ失敗を繰り返す。まさに、インパールの牟田口中将であり、ノモンハンの服部卓四郎、辻政信である。

自己の功名心を最大限に重んじる。これは、盧溝橋事件の汚名を、インパールで晴らそうとした牟田口である。

他人の犠牲のことを配慮しない。兵士の犠牲をものともしない無茶な作戦を提案して指揮したことに関して、辻政信に優る者はいない。その1つが、シンガポール華僑虐殺事件である。無実の人たちを含めて、辻政信は、何の取調べもなく、数千人から数万の間のシンガポール華僑の虐殺を命じた。

根拠のない楽観論を唱える。例えば、インパール作戦では、駐留する英国軍は寡少であり、インドのチャンドラ・ボーズが呼応すると勝手に期待している。

根拠のない精神論を唱える。直ぐに、日本は神国だ、負ける訳がない、物資の不足は精神で補えるなどと、根拠のない強気論を推し進める。

気に入った部下だけを重用する。例えば、服部卓四郎は、どんな失敗や独断作戦を立てて非難を浴びても、辻政信を重用し続けた。実はそれを許す上層部も上層部なのであるが。

上からの無茶な方針にも反対しないで、便乗する。例えば、インパール作戦では、河邊中将は、無理な作戦と知りながら、黙認してしまい、牟田口の言うがままになってしまった。

大衆に迎合するすべを心えている。これも、辻政信。前線に出ていって指揮をとるので、意外に末端の兵士に人気があった。そのテクニックか、辻政信は、戦後、上記のように国会議員に当選している。

以上、いろいろな要素を列挙したが、もし1つだけ選ぶとすれば、責任をとる、という一点に確固たるものがあれば、よし根拠のない楽観論を唱えたとしても、ぎりぎり、愚将であることを免れえるかもしれない。というのは、責任をとることによって、行動や思想にフィードバックがかかり、暴走が防げるからである。

このことは会社組織にも同様に当てはまると思われる。逆に言うと、愚かな管理職は、なにをさておいても、自分に責任が及ぶことを懸命に避ける。そのための手段を選ばないほどである。すると、人生は意外に短いので、定年まで大した責任を被ることなく、逃げ追うせるかもしれない。そして人生を終わる瞬間に、後悔するのかもしれないし、それは分からない、というところである。

2009年1月 2日

癌予防の決め手?

新聞によると、癌が発病するのを未然に防ぐ仕組みを、渋谷彰筑波大教授らの研究チームが解明し、12月17日に発表したという。

よく知られているように、健康な人の身体でも毎日3000個程度の癌細胞が発生している。これを駆除しているのは、免疫の作用である、というのが通説である。すなわち、主としてキラーT細胞がその作用を担っている、という次第である。

それでは、どういう仕組みかというと、キラーT細胞などの免疫細胞の表面に出来るDNAM-1という分子が、癌細胞上のある分子と結合する仕組みによって、キラーT細胞が癌細胞を認識しているようである。

このDNAM-1は、もともと哺乳動物の体内にあるが、遺伝子操作により、DNAM-1の欠如したマウス十数匹を作製したところ、5ヶ月後にすべて癌を発病したという。

すなわち、渋谷教授らの研究は、癌発病予防におけるDNAM-1の意義を実験により明確化したことにある。

すると、なんらかの手段でDNAM-1を人体内に摂取してDNAM-1の量を増やせば、癌を予防したり、あるいは癌の治療につながるのではないかという推察ができる。放射線や化学療法とは別の、手術によらない癌治療の可能性である。

実は、渋谷教授らのDNAM-1らの研究は、1996年に遡る。Webでの情報によると、DNAM-1は免疫グロブリンスーパーファミリーに属するI 型の膜蛋白であり、接着分子である。さらに、NK細胞では構成的に、T細胞ではT細胞が抗原を認識し活性化するとDNAM-1 がLFA-1接着分子と会合すること、さらにLFA-1からのシグナルがfynを介してDNAM-1 のチロシンリン酸化を引き起こすことなど、 DNAM-1とLFA-1が機能的にも物理的にも密接に関与していることを見いだしたという。

一方、DNAM-1はCTLやNK細胞のみならず、ヘルパーT細胞やマクロファージ、樹状細胞などの免疫細胞や血小板や巨核球などの非免疫系の血液細胞など様々な細胞に発現しており、多彩な機能が推察され興味が持たれてきた。渋谷博士らは、ナイーブヘルパーT細胞からTh1細胞への分化と増殖を促すLFA-1からの補助シグナルにDNAM-1が必須であることを明らかにした。

ちなみに、既知の特許公開文献では、WO2005/097204という番号の癌の「予防・治療剤」と題する武田薬品の特許出願に、「Nectin-2はNK細胞上に発現するDNAM-1(CD226)のリガンドの1つとしても作用し、DNAM-1を発現するNK細胞は標的細胞上に発現するNectin-2を足場として細胞傷害活性を発揮すると考えられている〔J.Exp.Med.(2003),198(4),557-567〕。一方、Nectin-2は癌抑制遺伝子p53経路に関与する遺伝子の1つとして報告されている(WO02/99040号公報)。さらに、Nectin-2は、血管新生疾患、癌、ウイルス感染の治療に有用なタンパク質Nectin-3に結合するタンパク質である(WO02/28902号公報)、ウイルス感染に関与する受容体である(WO99/63063号公報)、乳癌や卵巣癌の診断と治療に有用な遺伝子のうちの1つである(WO02/00677号公報)、種々の癌で発現亢進し抗腫瘍性抗体医薬の標的として有望な16種類の遺伝子の中の1つである(WO03/088808号公報)、癌組織で発現亢進し癌の診断、予防に有望な遺伝子の1つである(WO04/030615号公報)と報告されている。」という文脈で表れてくるだけだが、この特許出願は、ヘルパーT細胞に作用するというよりも寧ろ、癌細胞のアポトーシス促進剤に関するものである。

よって、DNAM-1をなんらかの薬剤の投与で増やして癌の予防や治療に資するのはまだ、話が遠そうである。

2009年1月 3日

ムンバイでのテロ

去年の11月27日に起きたムンバイでのテロであるが、既に報道されたように、200人近くが殺されるインド現代史上最悪のテロ事件であった。また、襲撃対象のホテルやレストランは、欧米や日本からの外国人客や多く滞在する場所であるだけに、より大きく報道された。

インド政府の発表では、テロリストは、パキスタンから船でやってきた、アルカイダ系のイスラム原理主義者たちである、というものである。すなわち、インド政府の公式見解は、中道左派の与党・国民会議派がイスラム教徒に対して寛容な政策を採ったためである、というものである。甘やかしたので、つけあがったということであろうか。

しかし、インド政府の発表にも拘わらず、犯人グループはどうも、インド国内のイスラム過激派の犯行と考えるのが有力のようである。例えば、最大の犠牲者を出したチャトラパティ・シバージー駅で銃を乱射した実行犯二人組は、パトカーを強奪し、地図を見ることなくムンバイ市街を走った。その付近の線路には踏み切りがなく、終着駅を廻り込まないと線路の向こうには行けないが、そのいう道筋も迷わず犯人達は運転したというのだから、地元の地理を犯人達は熟知していることになる。

インド政府はそう発表することは避けた。なぜなら、イスラム教徒は、インドの人口の13%を占めるが、インド国内のイスラム過激派の犯行だと発表すると、国内のヒンドゥ教徒との対立を煽ることになるからである。

ムンバイの市民達は、インド政府の発表を真に受け、パキスタンに対する憎悪を膨らませている。ムンバイは以前も爆弾テロを受けたことがあった。そのときもかなりの人が殺されたが、そのときはムンバイ市民は、テロにめげず健気に振舞い、ムンバイは大丈夫たというメッセージを世界に送った。しかし、今回は違う、もうそんなポーズなどしていられない、許せるものか、という雰囲気である。

このテロは、インド富裕階級に対する初めてのテロという点でも特徴的である。インドは中国と同様に、すさまじい勢いで経済の発展をみている。それだけに、貧富の差、汚職、イスラム教徒とヒンドゥ教徒との対立など社会の矛盾も増大している。このテロは、インド政府に対する巨大な挑戦でもある。

ムンバイのイスラム教徒もヒンドゥ教徒も、これは、われわれの9/11である、という。狙われたビルが、インドの経済の象徴である、という点でも、9/11と類似する。すると次なる結論は、米国がアフガニスタンを爆撃したように、インドはパキスタンを爆撃すべきである、ということになる。

パキスタンの影は、1990年代からずっと付いて廻っている。実際、生きたまま捕らえられた唯一の犯人である、アジマル・アミール・カサブを、インド当局は、パキスタン人であると同定した。

米国諜報機関は、パキスタンを根城とする武装グループ、ラシュカール・エ・タイバが、実行犯の可能性が高いとする。

それでも、パキスタンを攻めろ、という好戦的な会話は、インドの国内問題から目をそらしてしまうということにもなりかねない。というのは、インドの人口の13%を占めるイスラム教徒は基本的に、ヒンドゥ教徒よりも貧しくて、社会的地位が低い。そこで言及されるのは、カシミール地域である。2002年にも、カシミールのグラジャトで軍事衝突があり、そこでは、2000人もの犠牲者が出たが、そのほとんどがイスラム教徒であった。

一方、田中宇氏は、ムンバイのイスラム系のマフィアを牛耳ってきたビジネスマン、イブラヒム・ダウドに言及する。田中宇氏によると、ムンバイの裏社会では、90年代までヒンドゥ系とイスラム系のマフィアが融和していたが、90年代半ばにヒンドゥ系の内部でイスラム敵視を扇動する人民党の勢力が台頭し、裏社会の内部対立がひどくなった。そこで、ダウドはパキスタンに逃げたのだが、米国がパキスタンに依存しなくなったので、パキスタンはインドに宥和するために、ダウドの身柄をインドに引き渡そうとした。そのことで、ダウド一味が、この動きを阻止するためにテロに走ったのだという。

さらに田中宇氏は、インド国内のヒンドゥ過激派の組織による、イスラム過激派成りすましテロの可能性も指摘する。というのは、2008年9月のマハラシュトラ州マレガウンでのテロも、実はヒンドゥ過激派の仕業であることが分かったという。

もしそれが正しければ、インド世論を反イスラムにドライブできれば、このテロの意図は成功ということになる。

結局言えることは、ムンバイでのテロによって、インドの国内問題が一層浮き彫りになったことと、国内テロの可能性がより増加するであろうということだけである。もしヒンドゥ過激派のなりすましテロだと、警察と結託している可能性があるので、防止も期待できない。また、密かに、米国やイスラエル諜報機関は、インドの世論を、反パキスタンに押しやろうとしている。

素朴な疑問として、ヒンドゥ教の教義には、イスラム教のような殉教思想はないと思うのだが、そのあたりはどうなのだろうか。軍事組織の掟の前には、教義は二の次なのだろうか。

さらに中国もそうであるが、ある意味古いインフラを抱えつつ経済を急発展させることは、多くの矛盾を拡大させてしまうことになる。緩やかな発展というオプションはなかったのか。あるいは、グローバル経済の時代になって、多くのドルが投資され、むしろ否応なく外力で経済発展させられているのか、もしそうなら、欧米の諜報機関が介入してくるのも必然か、など思いは巡るのである。

松本零士の敗訴

Webニュースによると、漫画家松本零士氏が、歌手槇原敬之さんの書いた歌詞を、著作権侵害と訴えた事件で、東京地裁は12月26日、盗用ではないとした上で、「槇原さんが盗用を認めた」などと事実に反する発言で名誉を傷つけたとして、松本氏に220万円の支払いを命じたという。

問題となったのは、槇原氏が作詞した歌の一節で「夢は時間を裏切らない、時間も夢を決して裏切らない」という部分で、これが、漫画「銀河鉄道999」に出ているせりふ「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはいけない」からの盗作だと主張していたというが、著作権的には次のような議論がなされるのだろうと思われる。

1.槇原氏が「銀河鉄道999」の当該せりふを知っていたことの証明。少なくとも普通程度のアニメファンの私は当然に、「銀河鉄道999」は知っているが、そのせりふは知らない。知っていたという蓋然性の証明は難しいのではないか。

2.「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはいけない」というせりふの著作物性。これも議論が分かれるかもしれないが、この短さであるし、「時間」、「夢」、「裏切り」もこういう文脈で普通の単語である。著作物性を否定するのが、判例に鑑み妥当だと思われる。

3.「夢は時間を裏切らない、時間も夢を決して裏切らない」と「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはいけない」の実質的同一性。あるいは、前者が後者の単純な翻案と言えるか。主語と目的語の順序が逆であったり、文の法が違ったりしている。

東京地裁の清水節裁判長は、この2つの表現について、「印象や意味合いは異なり、酷似しているとは言えない」とした上で、松本さんのせりふを知らなくても歌詞を思い付くのは可能だと述べた。上記3の論点のところで、著作権侵害を否定した。すると、一応、著作物性は、認定したのか。

ともかく、著作権的にみて、松本零士氏は、上記1、2及び3の命題を全て真で切り抜けなくてはならないという綱渡りのような、とても勝ち目の薄い戦いを挑んだことになる。余程売れなくて、困窮しているのだろうか。もしそうなら、一層、じっくり構えて、勝ち目のない戦いを挑まないのが定法であろう。墓穴を掘るだけだからである。

2009年1月 4日

英語で授業

Webニュースによると、文部科学省が12月22日に公表した高校の新しい学習指導要領案で、英語の授業は、基本的には英語で行うことが盛り込まれたという。英語のコミュニケーション能力を高める狙いで「英語力は必ずアップする」との期待は大きいというが、本当にそうか。

例えば、複雑な英文法はどうしても日本語で教えないとどうしようもないと思うが、それは日本語で説明することも認められているという。それでも、「生徒にも、そして教師にも負担がかかる」と現場からは戸惑いの声も漏れている。

そこで、素朴な疑問:

- どれほどの現役高校英語教師が、満足なレベルで英語で英語の授業ができるのだろうか。

- 複雑な英文法をどうやって英語で説明するか。そこは日本語での説明も認められているというが、日本語は、そんな補助的な役割なのか。寧ろ、英文法は、日本語文法との比較文法として理解するのが、日本語ネイティブの人には一番好都合なのではあるまいか。例えば、日本語では複数を明示的に示さないのに、英語ではsをつけるとか、可算名詞の区別など。

- 英文和訳としての英文解釈というのがありえなくなるが、それでいいのか。英語は英語のまま理解せよ、ということなのか。

- 和文英訳としての英作文というのがなくなるが、それでいいのか。豊富な日本語での言語世界の写像して英語を構築する機会がなくていいのか。

- 今の大学入試の英語に、英語でする英語の授業で対処できるのか。少なくとも、大学入試の英語を大幅に変える必要がでてくる。

ところが、北海道立北海道旭川北高校は現在、全学年で、英語の授業をすべて英語で行っているという。平成17年度に文部科学省から英語指導の重点校に指定されたのがきっかけ。

授業で和訳は行わない。難しい文章は、教師が易しい英語に言い換えたり、文脈から推測させたりする。文法は使いこなせるまで徹底的に練習させる。「長文は100%理解できなくても、60%分かればいい。あとは想像すれば十分」と英語科主任の松井徹朗教諭が言っているそうだが、「60%分かればいい。あとは想像すれば十分」とはなんたる杜撰さ、と皮肉に言いたくなる。ほぼ100%の厳密さで英語を理解しなくてはならない状況も結構あるのに。


教師側も授業の進行マニュアルを英語で作成する。毎年、模擬授業をしては指導法を見直しているという。考えただけで大変である。

4年間にわたる取り組みで、確実に生徒の英語力は向上した、というが、それは何の力か。会話力か。ただ、1年間の授業で模試での偏差値が約5ポイントも上昇したという。ううん、効果は本当にあるのか。

こういう方法で一番力がつくのは、実は教師自身かもしれない。なにしろ、全て英語でしゃべらくてはならない。生徒の側も、一番力がつくのは、英語でのプレゼンテーション能力であろう。

しかし、物事を真面目に考える教師は、当惑を隠さない。例えば、都立高で英語を教える40歳代の女性は、大学時代に米国留学の経験はあるが、それでも、「どのような授業になるのか、イメージできない」と言う、それはそうだろう、米国留学ではほとんどがネイティブの英語話者である。ところが、日本では、下手したら簡単な英会話も通じないような高校生なのである。距離が掴めないだろう。レベルあわせも難しい。楽しくやっているのは帰国子女だけだということもあるかもしれない。

まとめとして、私が一番理想とする英語学習の環境というのは、大学までに米国に留学して、向こうで何年も過ごすことである。ネイティブの英語のシャワーを浴びて、大変な思いをしながら、体に染み込ませるように英語を習得する。

しかし、それは誰もに許される環境ではない。すると、日本にいて、日本語を使ってこつこつと訓詁のような英文解釈をやり、英文法の本を熟読し、いかにも日本語を直訳したようなまずい英作文しながら、ネイティブの文章を真似つつ、次第にまともな英語が書けるように慣れていく。あとは、TIMEや英字新聞を沢山読む。会話は、必要に迫られて沢山聞く、みたいなアプローチが、遠回りのようでも実は近道なのではあるまいか。

英語ネイティブでない先生が、英語ネイティブでない生徒に、まるで英語劇のように話しかけて授業する。それは、外国人が加わった社内ミーティングを彷彿させる。そこでは会話が全て英語なので、私は日本人の同僚にも英語で話しかける。すると同僚から、照れたような苦笑いが返ってくる。これは、ほとんど喜劇の世界ではないか、とつい笑ってしまった。

雑学主義

私はもともと、あまり系統だった勉強をしていないせいか、「雑」という言葉にとても肯定的に意味を与える傾向がある。例えば、仕事でも、「雑用」を、仕事の本質的な要素として捉えている。ただしかし、それは、雑用を何か本質的なものを見通すための一間口として理解しているのであって、「雑」だけを切り離して、それだけを競うのにはとても抵抗を感じる。

何が言いたいかというと、年末のテレビを見ていて、スターやタレント対抗のクイズ番組というのがある。それで、各人が漢字の読み方や、歴史の問題などで競うのだが、そういうことに短時間で答えていくことの切なさというか、空しさに見ていて段々堪えられなくなってくるのである。しかも、アナウンサーの名前の肩に一々、青学卒だの、早稲田卒、慶応卒だのと表示して、ナレーションは、流石、教養溢れている、と俗物性丸出しである。

確かに、麻生総理ではないが、日常的に、漢字が正しく読めないと恥ずかしい。それで、意外な人がそんな漢字も読めないかと失望したこともあるし、逆に私も簡単な英単語のスペル間違えて、赤恥をかいたことは少なくない。

とはいえ、クイズ形式であれ、そういう皮相的な知識の反射神経ばかりを追求するのはどうなのか、と見ていて憂鬱になってくる。

皮相的な知識の反射神経というのには根拠があって、一番信頼ができる答えをすると尊敬されているベテランのアナウンサーがその秘訣を公開していたが、なんと中学入試レベルの参考書を何冊も鞄に入れて、暇さえあれば眺めているのである。すると確かに、歴史、漢字、理科などの大まかな知識が身につく。

そういう教養を私は否定しない。実は私もあまりに歴史の知識が不足していることを実感して、「この一冊で日本史と世界史が面白いほどわかる」という、たった500円の小冊子を買って読んでみたが、なるほど目からうろこで、知らないことだらけであった。

しかし、この本の中学入試的レベルの皮相さに留まっては、大の大人は意味がない。歴史の意味や運命や必然性に思考を拡げていかなくてはならないが、すると、個々の事実はどうでもいいのではないが、脇におかれる。学歴などの肩書きもそうである。一歩踏み込んだ思考は最早、マスコミ受けしないので、番組化されることもない。

だから、中学入試も、テレビを見るのも、適当にとどめておくべきなのだが、結局中学入試レベルの教養が跋扈し、そこに学歴がラベルとして横行し、やれ塾だ進学校だと、喧しいこと限りない。

リスクテイク・バブルと、皮相的な教養主義/学歴主義は同期しているのかもしれないが、どちらも苦々しく思っている私は、黙って観想するよりない。

2009年1月 5日

関孝和の業績

数学セミナーの2008年12月号に、現代数学と関孝和との関係が特集されていたので、メモしてみる。

先ず、関孝和の数学学習の出発点は、南宋時代の中国の数学書、「楊輝算法」である。これは、あまり高度なものではないが、連立一次合同式、算木による数値計算、整数や分数の性質を述べたものであり、この書物によって関孝和は、基礎固めしたものと思われる。

ところで、中国数学の最高峰は、元の時代の朱世傑の「算学啓蒙」に典型的に記述されている、天元術であった。これは要するに、未知数が1つの代数方程式である。実際、高次代数方程式の数値解を求めることは容易ではない。中国数学では、天元術の一環として、算木を使って平方根や立方根を求める方法も確立されていた。

このことから分かるように、中国数学は南宋で発達して、元の時代に隆盛を向かえたのであるが、明の時代には廃れてしまった。これは意外で、明という時代は、歴史書によると、唐と並んで、中国史の最もきらびやかな時代の一つである。それは、明が建国されるときに、多数の知識人が殺されてしまったからだというが、文化大革命のようなことが明の時代の当初にあったのだろうか。

こうして、明の時代には、「楊輝算法」も「算学啓蒙」も遺失してしまったが、なんと幸いにも朝鮮にはこれらの書物が伝来して保存されていた。そして、豊臣秀吉の朝鮮出兵のとき、これらの書物が日本に持ち帰られたのだ、という。すると、朝鮮に関孝和のような人材がいてもいいはずなのに、そういう数学の伝統があるとは聞かない。中国から科挙を取り入れて、人文科学に偏ってしまったのだろうか。そして、そのことが、未だに韓国から科学分野のノーベル賞が出ない理由なのだろうか、と穿った見方をしてみたくなる。

さて、日本では、17世紀末に、大阪の数学者、沢口一之が天元術をマスターして、天元術を発展させた、高次多元連立代数方程式とでも現代なら呼ばれる問題を作った。これに挑んだのが、「楊輝算法」で実力を磨いてした関孝和である。ただ、沢口一之は、数値解を求めることを期待したが、関孝和は、数値解ではよしとせず、一般的な式変形を含む解法を提供することで、応えた。このあたりに、関孝和の現代性を垣間見ることができる。しかし、沢口一之は、解法に価値を見出さず、数値解を与えないのは解けたことにならない、と評価しなかった。

すなわち、関孝和の主要な興味は、解に至るための式変形である。このため、現代数学で終結式と呼ばれる概念に関は想到した。終結式とは、2つの組の連立代数方程式が与えられたとき、その2つが同値である場合の係数の関係を示す式であり、このとき、行列式の概念が必要となる。関孝和は、行列式の概念を世界で最初に考案した。同時代にライプニッツも行列式の概念に至っていたらしいが、きちんと出版して公開したのは、関孝和の方であった。

ところで、この関孝和の代数方程式の変形理論をあと少しだけ拡張すると、現代数学でグレブナー基底と呼ばれている概念になる。グレブナー基底とは、高次多元連立代数方程式において、多項式の基底の組のことである。このような基底がみつかると、高次多元連立代数方程式を変形して解きやすくすることができる。例えば、コンピュータで数式処理は今や、普通に解かれるが、そのとき、グレブナー基底が裏で活躍している。

以上の業績は、有限次元の代数方程式に関するものであるが、関孝和のもう一つの顕著な業績は、無限次元の代数方程式とでも言うべき、無限等比級数である。関孝和は、公比が1より小さい場合の無限等比級数の値を正確に計算していた。また、円に内接する2n角形の週の長さとして、円周率を値を計算した。

こういう代数方程式の計算は、決して簡単ではないが、概念としては比較的分かりやすい。そういう意味では、関孝和から約100年後のガロアによる代数方程式の有限体や拡大体の概念は、抽象的で、現代にあっても決して分かりやすいものではない。18世紀の関孝和にそれを求めるのは酷であるが、もう少し後に生まれたら、何か新しい概念を、関孝和も思いついたかもしれない。行列式やグレブナー基底につながるようなオリジナルな業績自体、半端ではないからである。

そういう意味では、関孝和の高弟、建部賢弘は、関孝和の業績を精密化する方向で成果を挙げた。例えば、arcsin2xの無限級数展開を与える、円周率をより速い収束で求める、などである。

建部賢弘は、概念的に新しさを打ち出すという点で、関孝和に及ばなかったが、それでも、精密思考を普及した、という点で大きな業績があったと思われる。この伝統の上に、明治時代の類体論の高木貞治がいたし、今に至る日本の偉大な数学の伝統の源となっていると思われる。

2009年1月 6日

性的ストイシズム

私の好きな軍人の一人、井上成美の伝記を読んでいて感じたことがある。まず、井上成美はとても家庭的に不幸である。というのは、一人娘を結核で失い、続いて奥さんまで結核で失った。確かに結核が死に至る病である時代だったとはいえ、結核で家族を失い一人ぼっちになるということはあまりなかったはずである。

では、井上はさぞかし女性の温かみを求めてしかるべきところに通いつめただろうと思われるが、意外にも、そういう場所にはほとんど出入りしなかったという。あるときは、そういう場所に行ったは行ったけれども、布団を被って洋書を読んでいて、周りは呆れていたという話もある。それでは、付き合っていた女性がいたかというとそうでもなく、再婚したのは、戦後、人生の最末期であった。

そこいくと、山本五十六は、明らかに公然の妾のような女性がいた。阿川弘之の「山本五十六」にもそのことが書かれている。米内光政もハンサムで、あちこちの港に、ファンの芸者が沢山いたという。いわゆる、女泣かせである。

私は一度も浮気したことはないし、今後もしないと思われるが、しかし、山本五十六や米内光政のような女性関係の話を聞くと、人間らしいと安心する。戦争に関わる大変責任の重い仕事の後で、そういう息抜きを求めるのは自然だからである。

ところが一方、山本五十六であれ米内光政であれ、どこかしら優柔不断なところがある。そこいくと、井上成美は、三角定規のような論理と鋼鉄の意志がある。決して折れない。そこで、特に陸軍の仕官に狙われていたので、いつも遺書を持ち歩いていたそうである。

それで思ったのは、性的ストイシズムというか、性的な興味が低いことが、ある種の純粋性につながるのではないか、と書いてみて当然のことを、改めて感じた次第である。

別の例は、陸軍屈指の作戦家、石原莞爾である。ものの本によると、石原莞爾もほとんど女性に興味を示さなかったという。もちろん、男性に興味がある、という訳でもない。要するに、性愛が完全に関心事の外なのである。

またある本によると、石原莞爾は、若い頃、軍事教練中に男性の大事なところを強打して、不能になったのだという噂があるという。しかし、もし仮にそうだとしても、肉体的な障害が精神的な無関心に及ぶとは限らない。私は、石原莞爾も、井上成美と同様に、性的なことに生来無関心なのだと信じる。そして本来異性に向かうべきリビドーが、思想や戦略構想に向かったのではあるまいか。

もしそうであると、余程のエネルギーに溢れた人でないと、普通に女性も愛しつつ、石原莞爾に対抗することは不可能である。実際、石原莞爾に匹敵する軍師を私は、帝国陸軍に知らない。

ところで、ある香港の長生き老人に関して、次のような話題を聞いた。その老人は80歳を過ぎても矍鑠としているので、他の人が、その元気の秘訣は何ですか、と聞いた。すると答えが意外なことに、それはセックスをしないからじゃよ、であった。その老人は、妻と30歳で死別してから、一度もセックスしていないという。しかも、悶々としたこともない、という。

こういう話を聞くと、男性であれ女性であれ、ある割合で、性的なことに著しく無関心な人がいて、そのうちの、さらにある割合の人は、偉大な精神的能力の持ち主ではないか、という仮説を立ててみたくなる。

最後に、性交は決して人間を利することはない、というエピクロスの箴言を引用しておく。いろいろな解釈が可能だが、私はこの意味が一度も分かったと思ったことはない。石原莞爾にはきっと、考えるまでもないのだろう。

2009年1月 7日

脳にいいことだけをやりなさい

新聞の書評を見ていると、「脳にいいことだけをやりなさい」三笠書房、マーシー・シャイモフ著 茂木健一郎訳が売れているようである。

訳者である茂木健一郎氏は、次のようにコメントする。「驚きました。この本は、コペルニクス的転回になるかもしれません。あなたの心たげだはなく幸せやツキまでも、ひいては人生までも変えてしまうくらいの新事実が明らかにされているからです。」

しかし、それは何も新しくないのではないか。ポジティブ・シンキングで前向きにやる方が創造性をき発揮できるというのは、古くから言われていることである。経営不振で破産した医師、春山茂雄の「脳内革命」と同趣旨なのではあるまいか。

そもそも、仏教的にみて苦しみの連続であるこの人生で、楽しいこと、脳にいいと言われることだけをやり続けられる訳がない。嫌でも面倒なことは降りかかってくる。過重な仕事の責任、病気、怪我、事故、中傷、リストラなど。そのようなとき、嫌なことを忌避して楽しいことだけに耽溺しようとしたら、それこそ、麻薬や、ギャンブル、酒浸りの世界となる。

しかし、当然に私は麻薬はたしなんだことがないが、若干の酒浸りの経験では、一時的に愉悦は感じても、後で、利子をつけて来るような苦しさや空しさが襲ってくることがある。だから、脳にいいと言われることだけをやり続けられる訳もないし、もしそういうことを続けていると、典型的にはサブプライムローンのような、借金を続けて利子が膨れ上がる生活のようになってしまわないかと私は思うのである。

私の最近の傾向としては、寧ろ、「フリーズする脳」 (生活人新書) 築山節著にあるような教示に従って、多様に脳を使う方針を取り入れている。例えば、どう考えても、食事をつくったり、皿を洗ったり、風呂場を掃除するなどという作業は、楽しくて仕方がないというものではない。しかし、意識してそのような作業を行うことにより、以前よりも脳のマンネリが低減できているよう気がする。少なくとも、脳の「地味力」は向上したと思う。

実際、とても創造的な作業であるかに思われるコンピュータ・プログラミングでも、そのほとんどは、他の箇所からコードをコピーしてきて、変数を書き直したりするような地道な作業がほとんどである。血沸き肉踊るような超絶的アルゴリズムの記述なんて、少なくとも私レベルのアマチュア・プログラマにはありえない。ましてや、私の生業とも言える、特許明細書書きなんて特にそうである。技術をよく理解したら淡々と書き進める。かなりうんざりするときもある。それでも、毎回、少しだけ工夫する。ときどき、その工夫にああ、うまくいったと自己満足することがあるが、数年後の審査を経てみないと結局は、単なる自己満足なのかどうか分からない。

こういう「やりたいことだけやって成果をあげる」みたいな思考は、人間の陥りやすいところであって、会社の仕事でも、なんでこんな雑用ばっかりやらなくてはならないのか、なんでこんな仕事もあるのか、自分は、ほとんど労働時間を○○の仕事に費やして飛躍的な生産性をあげたいのに、みたいに言う人がいる。また、それを賞賛したりするマネジメントもいたりする。

しかし、もしみんながやりたいことばかりやって、嫌な雑用を等閑にしたらどうなるのか。そのツケは、派遣社員を雇って丸投げすればいいというのか。しかし、それは、やりたいこと=高度で重要、やりたくないこと=雑用で単なるルーチンという思い込みがないか。そう思い込みたい願望というか。

もしそういう傾向があったら、部門をうまく運営するために、マネジメントは、おそるべき調整作業を行う必要がある。自分自身がマネジメントとして、そういうインフラ作りをずっとやってきた経験があるので、みんなが勝手なことができるようにインフラを作るのは、とてつもなくコストがかかり、且つ、効率的な組織ではない、と私は断言できる。

「やりたいことだけやって成果をあげる」と標榜する人は、その理想的形態として、プリンストン高級研究所のような天才、秀才が集まる組織を想定していないか。確かに、アインシュタイン、ゲーデル、小平邦彦など精鋭が集まれば、各人に勝手なことをやらせておけばよい。そこでは有能な秘書的な人が雑用を吸収してくれるので、所員は心行くまで、研究に打ち込むことができ、あるいは打ち込まない自由もある。

しかしである、プリンストン高級研究所は、共同研究の場ではないのである。だから、アインシュタインは、他の研究員が内心「引く」ような統一場理論の研究に時間を浪費することができた。ところがもし、アインシュタインと、フリーマン・ダイソンと、小平邦彦とを共同研究させようとすると、そこにはすさまじい調整コストが発生する。当然にそれは、一秘書の出る幕ではなく、オッペンハイマー所長をもってしてもどうしようもないであろう。純粋理学の研究環境にあっても最早、「やりたいことだけやって」もらっていたは、立ち行かないのである。

従って、プリンストン高級研究所でもない、ましてや研究がミッションでもない一組織で、「やりたいことだけやって成果をあげる」と標榜するとしたら、片腹痛いというべきである。よって、「脳にいいことだけをやりなさい」も同類。以上、証明終わり。

2009年1月 8日

風邪ウィルス

Webによると、1918年に流行し全世界で約4000万人が死亡したとされる「スペイン風邪」のウイルスが強毒性になった原因遺伝子を、東京大と米ウィスコンシン大が特定した。発生が予想される新型インフルエンザの治療薬開発に役立つという。

スペイン風邪はインフルエンザの一種であり。毎年流行するインフルエンザウイルスは鼻やのどで増えるが、スペイン風邪ウイルスは肺で増え、死者の多くがウイルス性肺炎だった、という。

すると、スペイン風邪が大きな被害をもたらした原因は、新たな感染選択性の獲得とでも呼ぶべきものということになる。

実際、米ウィスコンシン大の渡辺登喜子研究員らは、インフルエンザウイルスを人工的に合成する技術を利用した。8種類あるスペイン風邪ウイルスの遺伝子の組み合わせを変え、通常のインフルエンザウイルスに組み込み10種類のウイルスを作った。実験動物のフェレットに感染させ増殖の違いを比べた。すると、ほとんどのウイルスは鼻でしか効率的に増えなかった。これに対し、「RNAポリメラーゼ」という酵素を作る4種類の遺伝子がスペイン風邪のものを使ったウイルスは、フェレットの気管と肺でも増殖。完全なスペイン風邪ウイルスと同じように強毒性を持っており、この4種の遺伝子が強い毒性にかかわっていることを突き止めたという。

このことから、研究チームの河岡義裕・東京大医科学研究所教授(ウイルス学)は「4種の遺伝子が作るたんぱく質の働きを抑える薬を開発することが、新型インフルエンザ対策に重要だ」と話している。

ところで、風邪ウィルスについて私が普段考えていることがあって、それは、どうしてあのように感染選択性が多様なのか、ということである。

例えば、多くの風邪は、咳、発熱、喉の痛み、鼻水などをもたらすが、私が先日罹った風邪は、ほとんど発熱がない代わりに、ひどい下痢をもたらすものであった。私はもしかしてノロウィルスかと思ったら、医者に行ったら、そうではなく、こういうひどい下痢の風邪が最近流行っているという。

また、風邪によっては、下痢ではなく、吐き気を催すものがある。その他、筋肉痛をもたらす風邪もあるし、脳に入って、致死性の脳膜炎を引き起こすものもある。

だから、風邪は万病のもとという諺を私は、万病に対応する多様な風邪ウィルスが存在し、あるいは多様な選択病原性をもつように、風邪ウィルスは変異しえるのだ、と理解している。

ウィルスのこの、選択病原性というか選択臓器感染性は、私にはとても不思議で、昔、A型肝炎で入院しているとき、少し病状がよくなると、どうしてA型肝炎ウィルスは、肝臓だけに選択的に作用するのだろう、と疑問をもちはじめた。胃や腸に作用したっていいはずである。また、A型肝炎の初期症状は風邪に似ているので、風邪ウィルスの変異体なのか、とも思った。そこで、主治医の先生の回診のとき、ふとその疑問を話したら、苦笑いして何も答えず行ってしまった。この先生は、私が朝のテレビで、ロシア語会話の講座に見入っていたのも知っているので、変な患者と思ったのだろう。

そこで風邪ウィルスに戻って、そういう選択臓器感染性の多様性は、インフルエンザ・ウィルスもそうなので、私には風邪ウィルスは、インフルエンザ・ウィルスの親戚だとしか思えない。

もしそうなら、ウィルスの特異な遺伝子の働きの抑制によって、風邪ウィルス一般に効果のある薬剤を開発することもできるのかも、と推察する。

もっと一般化して、ウィルスの選択臓器感染性が全て、例えば、RNAポリメラーゼを作る遺伝子に依存すると仮定してそれに着目し、あらゆるウイルス疾患に対処にる方法も見つかるのではないかと夢のようなことも考えてみるが、夢と悪夢は表裏一体で、下手な薬剤や治療方法は、却って新手のウィルスの出現にもつながるのだろうか、と別の心配もしてしまう。

ともかく、ウィルスの選択臓器感染性のようなことを書いた医学啓蒙書は知らない。当然に専門的な研究論文はいろいろあるのだろうが、素人には専門的過ぎると思われているのか、それとも、素人受けするような内容ではないので、啓蒙書がないだけなのだろうか。

2009年1月 9日

古酒

広島県尾道市の実家に帰っていた家内が、変わった形の瓶に入っている日本酒を持ち帰った。青い容器でくびれた形、まるでワインの瓶のようなデザインである。銘柄は、「黒松錦」、山口県の村重酒造、とある。

で、早速飲もうと思ったのだが、家内のコメントで、いきなり引いてしまった。というのは、家内が実家に帰っていたのは、古い実家の建て直しに関する打ち合わせを応援するためなのだが、特に、雨漏りがして倒れそうな納屋の建て替えもまた、緊急なのであった。

その納屋のゴミや、わけのわからないガラクタ物品を整理しているうちに、この日本酒の瓶が見つかった、という次第である。いつ購入したものか全く不明だが、封を切っていないし、暗いところに放置されていたので、飲めるのではないかという家内の観測であった。

それで購入年代だが、少なくとも家内の父親が生きていた頃に買ったものだという。しかし、家内の父親、すなわち私の義理の父は、家内が二十歳の頃に病気で亡くなっているので、この日本酒は少なくとも三十年前に買ったもの、ということになる。

それで、そんなもの飲めるかと突き放そうと思ったのだが、折角持ち帰った家内の面子もあるので、封を切って味見してみることにした。私の予想は、醗酵が進んで酢になっているのではないか、というものである。そういう話は、私の実家でもよく聞いた。酒が古くなると酸っぱくて飲めたものではない、ということはよくある。

ところが、最初の印象で、この日本酒「黒松錦」は、意外にいける、と思った。ただ、明らかに普通の日本酒の味ではない。ちょっと癖がある。そこで、改めて透明のグラスに注いでみた。すると、色が、かなり濃い黄色なのである。汚い表現で恐縮だが、私が肝炎になったときの尿の色を思い出した。

で、思い出した。この味は、中華料理店で注文したことがある老酒の風味なのである。これは老酒だ、と一旦思えば抵抗なく飲めると、自分で納得した。

私が思うに、「黒松錦」はもともと、三十年も放置されることを予想していない。老酒の風味だね、なんて言われて飲まれることも期待していない。それでも、三十年を経て飲むに堪えるのは、アルコール度数が16度、ということにあるのではないか、と思った。普通の日本酒は、アルコール度数は、12~13度である。この4度の差は長期保存にはかなり違ってくるのかもしれない。例えば、梅干は、ある以上の塩分濃度になると、何百年たっても腐らないという。だから、「黒松錦」は、そのアルコール度数によって、酢にならずなんとか古酒化できたのではないか、と思った。

ところで、山口県の村重酒造は今でもあるのだろうか、とWebで検索してみた。すると、確かに、金冠黒松として、今でも営業しているようである。特に目玉商品は、貴醸酒「黒松錦」であって、これはどうも、私が飲んだものの後継製品のようである。

ともかく、「黒松錦」がそれなりに由緒ある製品だと知って安心した。唯一知りたいのは、新しい貴醸酒「黒松錦」の酒の色である。まさか琥珀色ではなくてクリアな透明だと思うのだが、メールでその会社に問い合わせてみるのも憚られる。聞くと、そのような古い貴社の製品は最早保証の限りではありませんから、それを飲むことで体調を崩されたとしても、弊社の責任範囲外です、みたいな免責メールをもらうのも嫌だからである。

2009年1月10日

事業主の皆様へ

新聞の政府広報や、厚生労働省のホームページを見ていると、次のようなメッセージが掲げられている。

  1. 経営環境の変化により事業規模の縮小を余儀なくされる場合であっても、事業主の皆様には、できる限り、雇用の安定に努めていただくようお願いします。
  2. やむを得ず、一定期間内に相当数の離職者が発生する場合や高年齢者・障害者・外国人を解雇する場合は、ハローワークに届出や通知を行うことが必要です。
  3. 事業主は、事業規模の縮小等に伴い離職を余儀なくされる労働者が発生する場合や労働者派遣契約を中途解除する場合は、ハローワークへの届出や通知が必要とされています。 事業主が雇用の維持や離職する労働者の再就職支援に取り組む場合、是非ご活用ください。
  4. 再就職援助計画の作成 事業規模の縮小等に伴い、1ヶ月以内に 30 人以上の労働者が離職を余儀なくされることが見込まれる場合、最初の離職が発生する1ヶ月前までに、再就職援助計画を作成し、ハローワークに提出し、認定を受けなければなりません。
  5. 採用内定取消しの防止 ・ 新規学校卒業者に対しての事業主の一方的な都合による採用内定取消し及び入職時期の繰下げは、その円滑な就職を妨げるものであり、特に、採用内定取消しについては対象となった学生及び生徒本人並びに家族に計り知れないほどの打撃と失望を与えるとともに、社会全体に対しても大きな不安を与えるものであり、決してあってはならない重大な問題です。
    1. 事業主は、採用内定を取り消さないものとする。
    2. 事業主は、採用内定取消しを防止するため、最大限の経営努力を行う等あらゆる手段を講ずるものとする。なお、採用内定の時点で労働契約が成立したと見られる場合には、採用内定取消しは労働契約の解除に相当し、解雇の場合と同様、合理的理由がない場合には取消しが無効とされることについて、事業主は十分に留意するものとする。

  6. 派遣先(派遣労働者を受け入れている事業主)の責務 ・ 派遣先は、労働者派遣契約を解除する際には、事前に派遣会社に申し入れ、派遣会社の合意を得なければなりません。遅くとも 30日前の予告が必要です。
  7. 事業主が雇用の維持や離職する労働者の再就職支援に取り組む場合、以下のような支援策が用意されています。詳細については、最寄りのハローワークにお問い合わせください。


このような趣旨は理解できるのだが、これはあくまでも勧告レベルなのではないか。すなわち、「~しなくてはいけない。」のような記述になっていても、特に罰則がある訳ではない。

そもそも、事業主は、資金的に事業を維持することに困難があるので、派遣切りしたり、内定取り消しするのではないだろうか。すると、場合によっては、銀行からの融資がないと解決にならないと思われる。

もし罰則を設けると、病人を鞭打つようなことにもなりかねない。

と思ってテレビを見ていたら、厚生労働省が、自省管轄の体育館を、職を失った元派遣社員に寝泊り用に提供しているというニュースがあった。日比谷公園でも、都職員が、職を失った元派遣社員に寝泊りや簡単な食事を提供していた。こういう活動自体、人道的で望ましいと思うが、辛いのは根本的な解決にならないことである。

経済学者がケインズ政策は最早有効でないというので、ニューディール政策のような雇用機会創生を政府が画策することは難しいのだろうが、すると、結局、民間企業は不景気の下で、雇用を制限する。そこで思考停止していてはいけないのだが、不勉強でここから思考を進められない。これもまた貧困である。

2009年1月11日

結婚式で歌ってはいけない名曲

YouTubeをチェックしていたら、結婚式で歌ってはいけない名曲として、下記の曲がリストされていた。

1.浪曲子守唄
2.昭和枯れススキ
3.ウェディング・ベル
4.みちのく一人旅
5.グッドバイ・マイ・ラブ
6.オリビアを聴きながら
7.慟哭(中島みゆき)
8.桜坂(福山雅治)

しかし、私の意見によれば、結婚式で歌ってはいけない曲をリストするという方針は、正しくない。なぜなら、結婚式で歌ってはいけない歌が一般的に大部分なのであり、寧ろ、結婚式で歌っていい歌をリストすべきなのである。

例えば、結婚式で歌っていけない歌は、下記のようにリストすることができる。なお、ここにリストした曲は例示的なもので、結婚式で歌っていけない歌がここにリストしたものに限定されると解釈されてはならない(というのは、米国特許の決まり文句)
- 中島みゆきのほとんどの歌
- クールファイブのほとんどの歌
- サルビアの花
- 僕たちの失敗
- 芸者ワルツ
- 花街の母
- 雪国(吉幾三)
- トラワヨプサンハンエ(チョーヨンピル)
- 恋するマンスリーディ
- さらばシベリア鉄道
- ドール(太田裕美)
- 海雪(ジェロ)
- 赤とんぼの歌(あのねのね)
- 右から来たものを左へ受け流す歌(ムーディ勝山)
- 別れても好きな人
- 伊勢佐木町ブルース
- 恍惚のブルース
- 函館の女
- 博多の女
- 私の彼はサラリーマン(SHINE’s)
- 鳥取砂丘(水森かおり)
- 夏を諦めて(研なおこ)
- たどりついたらいつも雨降り
- 藤岡藤巻のほとんどの歌
- 殿様キングズの歌
- While my guitar gently weeps
- Mr. Lonely
 その他多数

では、結婚式で歌っていい歌には何があるか、寧ろそれを考えるのは大変なのである。でも、強いて挙げてみる。
- てんとう虫のサンバ
- 乾杯(長渕つよし)
- 君といつまでも(加山雄三)
- フォルテシモ(ハウンドドッグ)
- Let it be (ビートルズ)
- And I love her (ビートルズ)
- ザードのほとんどの歌
- カーペンターズのほとんどの歌
- 愛の賛歌
- ダイアナ
- ここにしか咲かない花(コブクロ)
- 粉雪(レミオロメン)
- 純恋歌(湘南乃風)

もちろん、枚挙していないが、これだけ考え出すのも大変であった。しかし、そうである理由は簡単で、トルストイの法則による。すなわち、幸福は単純で、不幸は多様なのである。だから、ほとんどの歌は、不幸を切々と歌うものなのである。理の当然。

2009年1月12日

温暖化対策

少し前になるが、1月3日の朝刊を見て唖然とした。「温暖化対策 正念場」と題して、次のような内容で始まっている。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、07年の第4次評価報告書で、地球温暖化を「疑う余地がない」と断定した。
このままCO2などの温室効果ガスの排出量が増え続ければ、自然環境や人類に後戻りできない大規模な影響があると警告した。

なんという素朴な議論。真っ当な気象学者、大気物理学者などに科学的にきちんと反駁されている内容をそのまま、2007年ではなく、この2009年の時点でよく書けるものである。

しかもその後、例によって、温暖化傾向の加速、南極の氷が解けて海面上昇すること、大型台風の頻発、干ばつなども温暖化のせいにされている。

さらに、電気自動車の開発の促進など、CO2排出を減らす科学技術への期待が述べられている。

こういう記述をみて、妥当なストーリーだと誰も思うだろうが、問題は、もう言い尽くされているのだけれども、CO2排出を減らす技術の開発は、とてもコストがかかる。ところが冷静に考えて、地球温暖化は、もしIPCCの言うことを額面とおり受け入れるとしても、アフリカなどの南北問題、また、現在爆撃されている中東の和平問題などと比較してみても、とても優先順位が低い。ましてや、IPCCの言説は、科学的根拠の怪しさを問われている。

すると、これも何度も言われているように、これは、CO2排出を減らす技術で稼ぐことを意図する利害グループが世間を動かしている、ということになる。

その正体を垣間見せるのは、地球環境産業技術研究所の茅陽一・副理事長のコメントで、「生活レベルを下げることでCO2排出量を削減するのであれば、何の技術的努力もいらない。それは人類の敗北だ。」というものである。そこに、今の生活レベルは、あらゆる犠牲を払っても、自分達文明国の生活を維持するのだ、という傲慢が見て取れる。きっと、アフリカの難民が餓死しても痛くも痒くもないのだろう。

少し考えてみれば分かるように、CO2排出量を減らして、しかも今の生活レベルを維持するには、ものすごいコストがかかる。1つの例は、電気をソーラーパネルでまかなうことである。そのためにどれほど膨大なソーラーパネルを敷設する必要があるだろうか。もっと無茶苦茶なのは、太陽電池の設備を人工衛星として打ち上げて、マイクロ波でエネルギを地上に送るというものである。フリーマン・ダイソンではないが、宇宙をかき乱すつもりか、と聞きたくなる。

私は、化石燃料の少ない消費で、効率的にエネルギを供給する設備の研究開発自体には意味がないとは思わない。例えば、より安全な原子力発電の技術、核融合発電の技術(これは相当時間がかかる)、石炭の液化技術、石油・天然ガスの採掘技術などである。しかし、結局は、京都議定書にあるような基準をみたすCO2排出量を削減しようとすると、膨大なコストがかかり、その結果何ほどの温暖化効果があるのかということになるし、一方で、そろそろ地球寒冷化が始まっているという観測データがある。すると、膨大なコストかけて、何馬鹿な無駄なことやってんだ、ということになる。もともとは毒にも薬にもならない温暖化対策論が、天下の愚策として重くのしかかってくるのは、こういうことである。攻めてくるはずのない敵に対して、莫大な費用と労力をかけて万里の長城を築き、敵が海からやってきたらどうする。リソースはとても限られているのに。

名誉ある餓死

「名誉ある餓死」とは、奇を衒った表題だが、「名誉ある戦死」のもじりではない。また、特に反社会的なことを書くつもりはない。いつだって私は健全な小市民である。

ただ、最近になってやっと気付いたのは、肉体とはなんとも面倒な乗り物である、ということである。なぜかというと、寒いと厚い衣服を纏わなくてはならないし、暑いとエアコンをほしがる。何もしなくても腹が減るので、仕方なく食べなくてはならない。孤独を嫌って、別の肉体の仲間がいるところに顔を出す。それで却って面倒なことになったりする。ともかくコストがかかるのである。

しかし、この乗り物が唯一、この物質的現世で世の中に貢献していくためのツールなのであるから、野球選手がバットやグローブを磨くように、このツールはそれなりに取り扱いに注意して大事にしなくてはならない。

さて、コストがかかる乗り物なので、自立的に維持していくためには、稼ぐ必要がある。典型的に稼ぐ方法の1つは、営利企業に勤めることである。勤めるというとき、代表的には2つのパターンがあって、それは、正社員と、非正社員である。後者は、派遣社員とか、契約社員とか、アルバイトとか呼ばれる。

そういう目で会社で周囲を見ると、正社員がいれば、派遣社員の方もいる。ところが、派遣社員といっても、見かけが正社員と特に違う訳ではない。能力は、というとこれも、派遣社員といっても、もともとちゃんとした会社の正社員であって、家庭の都合などで一旦会社を辞め、時間が許すようになったので今は派遣社員として働いている、という人もいる。企業でも研究所には、ポスドクの契約社員がいて、どうみても私よりも頭もいいし難しい仕事をしていそうである。

こうしてみると、正社員と派遣社員の区別は、案外運とか、なりゆきだったりする。私が今、正社員の地位を維持できているのは、実は相当に幸運である。自分は子供の頃から大病をして不幸な運命に生まれきたと悲劇の配役を演じようとするが、冗談じゃない、私は十分にラッキーなのである、そのことに素直に感謝しなくては。

ところがである。最近問題になっているように、派遣社員は、不景気になると簡単に切られる。一方、正社員は、最高裁の労働事件の判例にあるように、よほど犯罪のような行為に手を染めたりしなければクビになることはまずない。

しかし、正社員として真面目に働いていても、明らかに業績が全く上がらない人もいる。それでも、上記判例によれば、大抵はしがみつけば、ずっと勤務し続けることが可能である。少しだけプライドを捨てればいい。

少しくらいミスがあっても、勤務態度に問題があっても、それぐらいでは地位は微動だにしない。上司から注意を受け、それでも向上が見られないという膨大な記録の集積があって、ようやく会社は、クビにした元正社員からの不当解雇の訴えに勝てる。消耗戦、持久戦である。

そう書くと、いかにも会社側に立った発言のように聞こえるかもしれない。しかし、正社員でその地位にあぐらをかくと、派遣社員との比較で地位があやうくなるはずなのである。そんなに力の差はないのである。これは成果主義ではない。単に能力主義である。組織が機能集団であるための属性である。

だから私はどうしても、自分の能力を維持することに高い優先順位をおく。本も買って読む。読書が好きだから本を読むんだろうと言われる。それはまあそうなんだけど、「超並列処理コンパイラ」なんて趣味では絶対買わない本も、仕方なく買う。

それでも人間の能力なんて儚い。私も派遣社員に凌駕される日も来るだろう。あるいは既に来ているのに、自分で気付かないふりをしているだけかもしれない。

それでも私は敢えて言うが、時代の流れとして、次第に正社員がその地位にしがみつけない日が来るだろう。もっと言うと派遣も正社員もなくて、能力に応じて俸給もらえるように次第になっていくのだろう。すると困るのは、それなりに中堅社員と思っていた私があるとき上司に呼ばれ、引導を渡される日が来たりすることである。

で、仕方なく私は会社を去る。呪いの言葉の1つくらいは吐くだろう。まだローンもあるかもしれない。退職金をローン返済に充てる。一生働きたいと思っている私は、そこからまた別の仕事を探す。でも可能性として、とても不況で若い優秀な人達も仕事にあぶれていて、とっくに旬が過ぎた老年のおっさんには最早仕事はないかもしれない。

それでも私は探し続ける。そしてふと、空腹をおぼえるが、駅の売店でパンを買おうとして、財布にパンを買うお金もないことに気付く。そこで仕方なく、公園に行く。そこのトイレの前の水道で水を飲む。とりあえず水腹にはなる。

昔は十分な額の年金というものがあったが、国庫が破綻していて、最早、雀の涙ほどの年金しかない。それは、光熱費に消えてしまう。

自宅に帰って横になる。とても空腹である。いろいろな経緯で、一人暮らしになってしまっている。段々衰弱してくる。若い頃、米国出張に行って、立派なステーキを食べたことを思い出す。あの頃が華だった。

そういう日々が続くと、確実に衰弱している。ふと、反社会的な行為に走りたいという衝動が起きる。しかし、かつて「名誉ある餓死」などと自分でつぶやいたことがあるのを思い出した。そこで、なんとか自分を抑える。

というのが勝手に考えたストーリーというか妄想なのだが、果たして意志の弱い私にそういう自制が可能なのだろうか、と思う。老兵は立ち去らない、ただ倒れて静かに眠るように死んでいく、ということなのだけれども。

まあ、これは最良?のストーリーなので、私の人生はもう少し彩りがあるのだろうと思っている。ボトムラインは、世間様に迷惑かけないこと、そして、少しでも肉体という乗り物を利用して、この物質世界に貢献することである。

2009年1月13日

素粒子論のメモ

私は一応、物理学の駄目学生だったが、去年、日本人がノーベル物理学賞をもらったのに、素粒子論が全く分かっていない。困ったと思っていたら、本屋で、宝島別冊で、「図解素粒子論入門」というのがあったので、早速買ってみた。これを眺めて、ある程度概略を掴んだら、ちゃんとした素粒子論の本を読むことにしよう。そこで、例によってメモしながら、コメントしてみる。

先ず、高校レベルの知識では、原子は、原子核と電子からなる。その原子核は、陽子と中性子からなる。ところが、陽子と中性子にはそれぞれ、さらに内部構造があって、それは3個のクォークからなっている。

クォークには3世代がある。
第1世代は、アップ・クォークと、ダウン・クォーク。
第2世代は、チャーム・クォークと、ストレンジ・クォーク。
第3世代は、トップ・クォークと、ボトム・クォーク。
どうみても、あまり気の利いた命名ではないが、仕方がない。

さて、電子1個の電荷を1とすると、アップ・クォークの電荷は+2/3、ダウン・クォーク-1/3。ここらあたり、なんとなく人工的な仮定の臭いを感じるが、仕方がない。

陽子は、アップ・クォーク2つと、ダウン・クォーク1つからなる。中性子は、アップ・クォーク1つと、ダウン・クォーク2つからなる。安定な核子を構成するためには、アップ・クォークと、ダウン・クォークがあればよい。ではなぜに第2世代と、第3世代のクォークがあるのかという問いも、第4世代以上はないのかという問いも、誰も答えられない。数学ならば、これに尽きるみたいな証明ができるのだろうが。

さて、3世代のクォークに対して、レプトンも同様に3世代ある。
第1世代は、電子と、電子ニュートリノ。
第2世代は、ミュー粒子と、ミュー・ニュートリノ。
第3世代は、タウ粒子と、タウ・ニュートリノ。

現実世界の安定な物質は、第1世代のクォークと、第1世代のレプトンからなる。どうも、第2世代と第3世代は、影の存在のようである。何をしてるのか、表の人には分からない。

これで役者はすべて揃ったのかというと、そうではない。上記すべてのクォークと、レプトンにそれぞれ、反粒子が存在する。例えば、反アップ・クォーク、反ダウン・クォーク、反電子(陽電子ともいう)、反電子ニュートリノなど。

これで全て役者が揃ったか、ちょっと待った。例えば陽子において、3つのクォークをつなぐグルーオンがある。こうやってグルーオンによって接着された3つのクォークの集まりをバリオンといい、陽子、中性子以外に、ラムダ粒子、シグマ粒子、グザイ粒子、オメガ粒子、デルタ粒子などがある。クォークには色の属性があって、それを、赤、青、緑とすると、バリオンは、赤、青、緑が揃った白色になるように構成される。もしかして、白色になる全てのクォークの組み合わせのバリオンがあるのかもしれない。ただ、そのうちのあるものはとてつもなく寿命が短いのだろう。では、バリオンの寿命はどうやって決まるのか、という疑問は当然出てくる。

次に、陽子と中性子という核子をくっつけるのは、湯川秀樹の提唱した中間子である。中間子は、2つのクォークからなる。中間子は、B中間子、K中間子、パイ中間子、ファイ中間子、ロー中間子、ウプシロン中間子、D中間子があるが、これで中間子は尽きている訳ではない。中間子は、4つの力の1つ、強い力を担う。バリオン内で、グルーオンがクォーク同士をひきつけているのも強い力である。

バリオンと中間子をあわせて、ハドロンという。

電磁力を仲立するのは、光子である。

ところが、中性子が陽子に崩壊するベータ崩壊があり、そのとき、中性子は、ウィークボソンと陽子に崩壊し、ウィークボソンは、電子と反電子ニュートリノに崩壊する。ウィークボソンは3種類あり、W+ボソン、W-ボソン、Z0ボソンである。このうち、ベータ崩壊に関与するのは、W-ボソンであるが、では、W+ボソンとZ0ボソンの出番は?ということになる。ウィークボソンは、弱い力を仲介する。

やっと役者が揃った。では、光子、ウィークボソンは、レプトンなのか、ハドロンなのかという問いは当然にでてくるが、どちらでもなく、仲介の粒子なのだろう。

おっと大事な役者を忘れていた。それは、重力を担うグラビトンである。しかし、重力があまりに日常的なのに、グラビトンはまだ発見されていない。重力があまりに微かだからかもしれない。

これでどうも標準理論の役者は出揃ったようである。何度も言うがこれで尽きているという保証はない。というのは、ビッグバン理論によれば、もともと単一のエネルギ状態から、インフレーションで分化してさまざまな粒子が生じた訳だから、そういう素粒子の進化論でいくと、知らないエネルギの未知の粒子があってよい。それこそ、第4世代のクォークだって理論的には存在しえるかもしれないし、おっと忘れていた、モノポールがあった。さらにはヒッグス粒子である。

こうして、素粒子の世界はとてつもなく賑やかである。

さらなる疑問。場の量子論は、こういう多様な素粒子の世界と、どう折り合いをつけるのか。またさらなる疑問は、クォークの内部構造が、スーパーストリング理論の弦なのか。

またさらなる疑問は、ダークマターは一体何なのか。今まで登場した配役で間に合うのか。どうもそうではない、という声が聞こえてくる。超対称性理論によると、それはニュートラリーノではないかという。すなわち、超対称性理論によれば、すべてのボソンには、フェルミオンの対が存在する。Zボソンに対応するフェルミオンがジィーノ、光子に対応するフェルミオンがフォティーノ、中性ヒッグス粒子に対応するフェルミオンが中性ヒグシーノ。ニュートラリーノとは、ジィーノ、フォティーノ、中性ヒグシーノのどれかである。ところがWボソンに対応するフェルミオンもあり、それはチャージーノと呼ばれる。ダークマターは電荷をもたないので、チャージーノではありえない。

これで大体尽きているんだよね、と問うのだが、誰も答えてくれない。答えられるはずもないのである。そういえば、超光速のタキオンというのもあった、それはどの仲間に位置づけられるのだろう。

しかし、もうとっくに私の理解力を超えているというか最初から理解していないのだけれども、この辺で擱いて、あとはじっくりもっと専門的な本を眺めるとする。

ガザ侵攻

最近報道されている、イスラエルのガザ侵攻のニュースを見ていると、次のような素朴な疑問が湧く。

1.イスラエルは平和を希求しているのか。
2.ガザ侵攻で、イスラエルは、ハマスを打ち負かすことができるのか。

それに対して、TIMEの1月19日号は、イスラエルが結局勝てない理由があるという。

第一は、イスラエルによるパレスチナ人の殺戮が報道されていてしまったことである。その数は、1月7日までに700人に上り、そのほとんどは女子供を含む非戦闘員であった。そのことは、国際的な非難を浴びることになった。これは、ハードパワーの勝利かもしれないが、ソフトパワーでの敗北である。

第二は、ある意味、ハマスごときに、イスラエルの対ロケット防衛システムを破られて、ミサイル攻撃を浴びていることである。これでは、イランはおろか、シリア、エジプト、ヨルダンあるいはパレスチナ政府からの攻撃もかわせない。

第三に、イスラエルは、結局はハマスを相手しないようにするしかない。オルメルト首相も、ハマスを殲滅したとしても、イスラエルは到底そのパワーの空白を埋められるものではない、と言っている。

で結局、イスラエルとしては、ハマスがロケット砲撃を止めるなら停戦してもよいというし、ハマスの方は、イスラエルがガザから撤退して、パレスチナ人に対する経済的締め付けを緩和するなら停戦してもよいという。

こうして、フランス、EU、トルコ、あるいはエジプトが調停役を競う。

もし調停が成立すると、ハマスは当然のように勝利宣言するだろう。こうして、イスラエルが撤退することで、ガザは栄えるようになる。ただ、イスラエルの方は、ハマスに、ガザをきちんと管理するよう要求することになる。

ガザ侵攻のさらなる意図は、ハマスを支援しているイランに目に物見せることであった。実際、これによって、イランからハマスへの武器補給路は絶たれた。しかし、そのため、少しは存在していた近隣あアラブ諸国との関係を、イスラエルは失ってしまった。穏健なスンニ派諸国とともに。シーア派のイランに対抗することができなくなった。

イスラエルの更なる悩みは、国内に160万人のアラブ人を抱えることである。これは国民の四分の一に相当する。アラブのグループや国家を敵に廻すと、自国内で火種をもたらすことになる。

こうして、イスラエルは、軍事的にハマスを打ち負かすことができないなら、政治的にハマスと交渉するよりなくなり、結局は、1967年の時点での境界まで後退するしかないという観測もある。

では、アメリカ合衆国はどうなのかというと、ブッシュ政権は満腔のサポートをイスラエルに与えてきた。

一方、オバマ政権は、イスラエルとパレスチナの間の関係を改善することを公約としてきた。

オバマはハーフとはいえ黒人であるし、そのミドル・ネームがフセインである、これによって親中東的なイメージを与えることになると、アルカイーダ、イラン、ヒズボラなどの反米勢力が勢いを失ってしまう可能性がある。

よって、まだ不明であるが、イスラエルを含む中東の平和にとって、オバマ政権は、good newsである可能性がある。

2009年1月14日

140歳のロブスター

Webニュースによると、ニューヨーク市内のレストランでマスコットとして人気となっていた約140歳とみられるロブスターが、海に戻されることになったという。動物愛護団体が9日明かした。レストラン「シティー・クラブ・アンド・シーフード」を経営するキース・バレンティ氏によると、このロブスターは2週間前にカナダ沿岸で捕獲され、その後同レストランが100ドル(約9100円)で購入した。子どもたちと一緒に写真を撮影するサービスを始めたところ、人気を呼んだという。ロブスターの年齢は体重から計算できるとしており、それによると、体重9キロのこのロブスターは約140歳と推定される。

このニュースを見て思うのは、ロブスターの平均寿命とは一体何歳か、ということである。また、ロブスターは捕食されるから短命なので、そうでないロブスターは年齢とともに成長を続けるのか、ということである。

例えば、Web上のある情報によると、ロブスターと同じ甲殻類でも、小エビの寿命は、1~1.5年と推定されるという。また別の情報によると、ロックシュリンプの寿命は、3~4年だという。

さらに、ヤマトヌマエビという海老は、7年は生きるらしい。10年生きている、という記録もある。しかし、ロブスターの140歳とは桁が違う。

ロブスターと類似の動物と言えば、伊勢海老だが、こちらは寿命は25年だそうである。

魚類でいくと、鮫は40年、鯛は50年、ナマズは70年、鯉は80年。

魚類ではないが、シロナガスクジラで、約100年、ナガスクジラやホッキョククジラも、約100年、イルカが、20~50年。大体、寿命は、体の大きさの単調増加関数である。すると、最初に戻って、ロブスターの140歳は本当なんだろうか、と段々疑いをもってきた。

では動物全般の長寿記録は、というと、どうも亀ではないかと思われる。亀の寿命は、一般には30~50年らしいが、飼育記録としてはアルダブラゾウガメの152年(推定180歳)、カロライナハコガメの138年、ヨーロッパヌマガメの120年以上というのが知られているそうである。

改めてWikiをみると、もともとロブスターは、長生きの種で、100年くらい生きたりするようである。甲殻類でこの特異的な長生きの秘訣は何なのだろうか、また1つ疑問が増えた。

2009年1月15日

新型インフルエンザ

Webニュースによると、甚大な被害が懸念される新型インフルエンザについて厚生労働省は、大正7(1918)年に流行したインフルエンザ「スペイン風邪」のデータを用いて、現在の被害想定を、最悪の場合、国民の25%にあたる3200万人が感染し、200万人が入院、感染者の2%にあたる64万人が死亡すると推計している。

すると、新型インフルエンザに罹ると、6.2%が入院を要する症状となり、入院を要する症状となると、その致死率は、32%ということになる。

それでも日本で64万人が死亡するというが、そんなに日本人が亡くなるとしたら、第2次大戦で空襲で、東京、大阪、広島、長崎などが被害を受けて以来である。この防疫体制の整った日本で、本当にそんなことが起きるのか。何かの意図があって誇大に見積もっているのか、と思ったら、政府は、この見積もりを上方修正するという。他の先進諸国に比べ、死者数や感染率の見積もりが低すぎるという指摘が専門家らから強く出されたからだという。例えば、米国では日本よりも人口密度が低いにもかかわらず、国民の30%が感染すると想定。英国も感染率を最大50%と見積もるなどしている。そこで、1月中に厚生労働省が専門家による研究グループを立ち上げ、過去に大流行したインフルエンザ被害などの検証を始める。年度内にも検証結果をまとめ、被害想定の見直しや、対策の見直し作業に入る。

そこで、「新型インフルエンザ」山本太郎、岩波新書を見てみた。すると、通常の年でも、日本で毎年1万人程度がインフルエンザで亡くなっているという。米国では、毎年、約3万6000人。丁度、交通事故死に匹敵する人数である。半端ではない。予めワクチンが功を奏してもその程度の被害なのだという。

そこで問題は、新型インフルエンザとしての鳥インフルエンザである。鳥インフルエンザは、過去に流行したどのインフルエンザとも遺伝子が似ていないので、人類は、鳥インフルエンザに対する免疫をもっていない。2005年4月までに、東南アジアを中心に、80人に鳥インフルエンザが感染し、そのうち50人が亡くなった。おそるべき致死率である。

鳥インフルエンザで意外なのは、10歳から19歳までの死亡率が73%と高いことで、逆に50歳以上は、18%なのだという。これを見ても私は嬉しくない。やはり若い人に、より生き延びてほしいと思う。

鳥インフルエンザで困るのは、まさに渡り鳥によってインフルエンザ・ウィルスが媒介されることである。渡り鳥の版図は広く、まさか全て撃ち落すことはできないので、事実上侵入を防げない。「新型インフルエンザ」の本を読み進めるうちに、政府の予測は決して誇張したものではないと思えてきた。

新型に限らず、インフルエンザは、シフトとドリフトという2つの仕組みで、抗原性の変異を引き起こす。ドリフトは、遺伝子配列の変化による小さい抗原性の変異をもたらすのに対し、シフトは、ウイルス遺伝子の再集合をもたらし、大きい抗原性の変異を引き起こす。すなわち、シフトが、誰も免疫をもっていないような新型インフルエンザを作り出す。そのような変異の場は、水鳥の体内らしい。

ただ、決して楽観を誘うのではないが、どんな強力な新型インフルエンザといえども、自然に終息に向かう仕組みがあるという。それは、こういうことである。新型インフルエンザに罹ると、ある比率の人は亡くなり離脱するが、亡くならなかった人は治癒し免疫を獲得する。かくして、二度とその新型インフルエンザには罹らない。すると、流行が続くと、亡くなる人は増え続けるが、免疫を獲得する人も増えていくので、インフルエンザはとうとう感染力を失う。こうして、もしかして甚大な被害をもたらした後かもしれないが、新型インフルエンザの蔓延は収束するのである。もちろん、放置すれば自然に終息するのだから何も手を打たなくていいということにはならない。

では、新型インフルエンザに対する対策は、というと、「新型インフルエンザ」山本太郎を見ても、画期的な手段がある訳ではない。

すなわち、新型インフルエンザの感染が確認されると、直ちに早期封じ込め措置をとるべきである。具体的には、最初の患者が確認されたら、おおよそ三週間以内に近隣住民に予防的に抗ウィルス剤を投与すれば、封じ込めは可能ではないか、という論文もあるという。もし心配ならより広い範囲の住民に抗ウィルス剤を投与する。問題は、すると多量の抗ウィルス剤が必要になり、果たして事前に備蓄できるかということである。また、抗ウィルス剤には、若干の副作用の懸念もある。典型的にはタミフルがそうである。ただ、抗ウィルス剤には、確実に、患者数の立上りを抑える効果が期待できる。これによってワクチン開発の時間を稼ぐことができる。

不幸にして新型インフルエンザが流行したときの留意点は、新型インフルエンザは全ての国を一気に襲う訳ではなく、また、一国の全ての地域を一気に襲う訳でもない、ということである。さらに一度被害にあった地域で再発することが少ないということに留意して選択的にリソースを投入する。

問題は、新型インフルエンザの流行からワクチン開発開始まで半年がかかることである。それで結局、ワクチンが出回るまでにインフルエンザが広まらないように、戒厳令的に、場合によっては軍隊も動員して、強制的に人の流れを制限する必要も出てきる。そういえば、鳥インフルエンザのドキュメンタリー風の番組が放映されたのは、約1年前だった。今年も無事を祈るのみである。

もともと出不精の私は、インフルエンザの感染防ぐことを理由に余計に、会社と自宅の間だけの往復となりそうである。

2009年1月16日

プラトンの試金石

アリストテレスの入門書、例えば、清水書院「アリストテレス」堀田彰著などを見ても、プラトン、特にイデア論に対する怨嗟が満ちている。

もともと、アリストテレスは、プラトンの学園、アカデメイアで学んだので、プラトンの弟子の一人、しかも極めて優秀な弟子のはずなのだが、結局プラトンとは袂を分かち、独自の学校であるリュケイオンを作った。

では、プラトンの提唱する中心的概念であるイデアとは何か。「饗宴」によれば、次のように「美のイデア」が定義される。

- まず第一に、それはつねにあるものであって、生じることも滅びることもなく、増すことも減じることもない。
- それはある面では美しいが他の面では醜いということはない。ある時には美しいが別の時には醜いということはない。
- それは特定の肉体、言説、知識、動物などのかたちであらわれることはない。
- それは純粋にそれだけの相を保ってあるものなのであって、他の美しいものはすべてこれを分け持っている。

こういう命題をみて、怪訝に思わない人はいないだろう。実際、アリストテレスは、「形而上学」で、次のようにしてイデア論を批判する。それは、アリストテレスにとって、とても易しい仕事であったに違いない。

- イデア論によれば、定義が感覚的なものから離れて存在する真実在だと考えているが、それは単に、事物を解明するための事柄を増やしただけである。
- 科学は普遍的事実を扱うが、しかし、普遍的事実が独立な存在であるとする必要は全くない。
- もし「人間」というイデアがあるなら、「非人間」というイデアもあるはずなのに、イデア論者は、「非人間」というイデアは認めない。
- ソクラテスという個人を考えるとしたら、ソクラテスのイデアもあるはずである。それは一体何なのか。
- プラトンは「ファイドン」で、「等そのもの」という関係のイデアの存在を主張し、相互に等しいものは、「等そのもの」というイデアを分有するとするが、自然の事物の中には種が違っていても偶然同じというものがあるだろう。すると、異なる種なのに、「等そのもの」というイデアを分有することで1つの種とみなされることになる。これはおかしくないか。

と、さらに執拗に続くのであるが、言われてみればそれはそれで尤もな論理である。すなわち、アリストテレスにあっては個物こそが実在であって、概念はそこから帰納されたものである。まさに、現代科学の前提である。

では、アリストテレスこそが合理的で、プラトンは迷妄なのか。

ところが合理的の権化のように思われている数学者に、実はプラトニストが多い。典型的な数学者は、「数学は予め実在している。われわれはそれを発見するだけである。」のように言う。これはまさに、アリストテレスが顔を顰めるか、激怒する命題である。これはイデア論の一変形だからである。

数学者であり哲学者でもあるホワイトヘッドは、「すべての哲学は、プラトンに対する脚注である。」とまでいう。これもまた、アリストテレスを激怒させるだろう。

こうして、ダイコトミーを無理やり適用すると、世の中の人は、プラトン派と、非プラトン派に分かれることになる。プラトンなんて知らないし興味もないという人はとりあえず無視する。

プラトン派の典型は、数学者、理論物理学者、神秘家、ある種の純文学作家、思弁哲学者であろうか。

非プラトン派の典型は、博物学者、実験物理学者、工学者、社会科学者、推理作家、論理学者、政治家、法律家、生物学者、化学者、ある種の哲学者、と枚挙にいとまがない。

ここで注目して戴きたいのは、論理学者が非プラトン派であることである。すなわち、論理学は個物の間の論理的関係を研究するので、すぐれてアリストテレス的である。実は、アリストテレスこそが、現代論理学の始祖なのであった。

また、有名な科学哲学者カール・ポパーは、「開かれた社会とその敵」という著書で、プラトン、ヘーゲル、及びマルクスを批判する。確かに、プラトンの「国家」は、ある種の全体主義を指向しているようにも思われないことはない。しかし、結局は、ポパーは、「科学的発見の論理」という著書もあるくらいで、論理学に与し、それゆえに非プラトン派なのだろう。

科学哲学者ではないが、ウィトゲンシュタインがプラトンに言及し、あるいはプラトンを賞賛したという話を聞いたことがない。ウィトゲンシュタインとは少し違うが、イギリス経験論者である、ロック、ビューム、また時代を下ってバートランド・ラッセルあたりも、プラトンを香具師のように思っているふしがある。

ところが、ラッセルと、プラトン派の先鋒である前述のホワイトヘッドとに、「プリンキピア・マテマティカ」という共著がある。すると、プラトン派と非プラトン派の境界は、案外に曖昧で、プラトンの試金石は、裁然たる分類を与えないかもしれない。

このように、プラトン派と非プラトン派は織り成し交錯している。プラトン派が優勢な社会は、プラトンの「国家」に記述されているような全体主義的・共産主義的社会であり、そこでは、プラトン自身が述べているように、哲人が支配してこそ、うまく維持される社会である。しかし、哲人のみしかきちんと統治できない社会は、不安定で仕方がない。たちまち、旧ソ連、北朝鮮のような悲惨な全体主義に堕してしまうだろう。

すると、社会の大枠は非プラトン派が統治して、その中に隠し味のようにプラトン派がちりばめられている社会が健全、ということになる。

私はというと、プラトンの「国家」に違和感を覚えつつも、明確にプラトン派である。数学者のように、数学を実体として感じるまでの能力はないが、数学的美に対する強い憧れはある。なぜそうなのかと自問すると、そういう気質だから、というよりない。

2009年1月17日

廃虚写真

Webニュースによると、鉱山や変電所跡の廃虚を撮った自分の作品と酷似した写真を発表され、著作権を侵害されたとして、写真家の丸田祥三氏(44)が1月9日、写真家の小林伸一郎氏を相手に写真集の販売差し止めや約600万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした、という。

こういうニュース聞くと私は、松本零士の敗訴と同様に、馬鹿な訴えを、と思ってしまう。

なぜなら、小林伸一郎氏は、丸田祥三氏の撮った写真自体をコピーしたり、フォトレタッチソフトでディジタル的に編集したりした訳ではなく、単に同様の被写体を撮影したにすぎないからである。

丸田祥三氏は、物心ついた頃から一貫して廃墟を撮り続けてきた廃墟写真の先駆者であるという。その点の独創性は認められて然るべきだろう。

15年前、丸田氏が群馬県内の変電所の廃墟を撮影した写真がある。この作品で丸田氏は15年前、日本写真協会新人賞を受賞しデビューできたという記念すべき写真である。

そして、その翌年、同じ廃墟を撮った写真が、小林伸一郎氏の写真集に載った。その写真の解説も、もともと勘違いだった丸田氏の解説を継承していたというから、小林氏が丸田氏の写真集をみて、これからいろいろヒントを得たことは明らかである。だから、丸田氏が、小林伸一郎氏の写真集をみて、自分のオリジナリティを侵害されたような気になるというのは理解できる。

しかし、丸田氏が訴える根拠としている著作権法では、その第2条第15項で、複製を「印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製することをいい、(中略)建築の著作物 建築に関する図面に従って建築物を完成すること。」とある。

すると、小林氏は、丸田氏の写真集からヒントを得たにしても、独自に写真を撮ったので、どう考えても著作権法上の複製に該当しない。勿論、翻案でもない。丸田氏の写真自体を写真に撮り、それを出版したなら確かに複製になるだろうが。

丸田氏は次のようにコメントする。「場所も同じで、構図も似ていて、解説文も似ていて、解説文の誤記の部分までそのまま同じというのは、常識では絶対に考えられない。この写真を見てこちら(=丸田氏の写真)を連想するという作品はすべて小林氏の作品としては引っ込めていただきたい」

訴えに対して小林氏は、代理人を通じ、こうコメントした。

「写真とは撮影状況・機材・構図・色の使い方など、様々な要素の選択により作者の独創性が生み出されるものであり、小林はこれらの要素をすべて独自の判断で選択しています。丸田氏の主張は先に撮影した被写体をほかの写真家は撮影してはならないというのに等しく、写真家自らの自殺行為と言えます。丸田氏の著作権侵害との主張は事実無根であり、断固として争うつもりです」

廃虚写真の先駆者としての丸田氏の心情は分からないではない。しかし、著作権法的には、どう見ても小林氏に分がある。おそらく、速やかに丸田氏の敗訴で終わるだろう。間違っても、高裁に控訴して傷を深めることのないことを願う。

最近、世知辛い世の中になったせいか、松本零士氏やこの事件のように、安易に自分の作品のコピーだと文句をつける人が増えている。あるいは、知財立国との政府の謳い文句に煽られて、自らの権利意識を鼓吹しているのだろうか。

しかし、無形のアイデアは本来自由に使えるものであり、国家が政策的に規定した、特許法、商標法、著作権法、不正競争防止法などの知的財産法にある限定的な要件を厳密に満たすときのみ、物権的請求権に似た権利、あるいは損害賠償請求を行使することが認めるられているにすぎない。

典型的には、商売のやり方がある。例えば、サラ金会社が最初の1ヶ月は無利子で貸すという方式を考案して人気を博したとする。それを競合のサラ金会社が真似したとして、もとのサラ金会社は不愉快だろうが、それを訴える法的根拠はない。

丸田氏の場合もある意味、似たようなことである。道義的な憤懣が法的にサポートされないというのはざらにある。寧ろ丸田氏の場合は、自分の、廃虚写真を撮るというアイデアが秀逸だったので、追随する者があらわれた、ということで、そこに自分のプライドを満足させていればよかったのに、と思う。

第三のビール

Webニュースによると、2008年のビール系飲料(ビール、発泡酒、第3のビール)の国内市場シェアで、最も価格の安い第3のビールが前年比3.5ポイント増の23.7%と大幅に伸び、23.3%にとどまった発泡酒を初めて上回った。登場から6年目、節約志向を強める消費者の支持を得たことになる。

第三のビールとは、原料を麦芽以外にする、あるいは発泡酒に別のアルコール飲料(大麦、小麦等を問わない麦由来のスピリッツや焼酎)を混ぜたものである。後者は、第四のビールとも呼ばれる。

麦芽以外の原料としては、麦を使用せずにエンドウたんぱくを使用して製造した、サッポロのドラフトワンがある。酒税法では、「その他の醸造酒(発泡性)」として、安い税率を享受。

ビール大手各社が15日に発表した2008年の課税ベースの出荷量の合計は、2.7%減の4億8268万ケース(1ケースは大瓶換算で20本)で、統計を取り始めた92年以降でみると4年続けて過去最低である、という。不景気だと、自棄酒を飲むので却って売り上げは上がるとよく冗談で言われるが、流石にそうもいっていられないようである。

しかし、酒税を少しでも徴収したい政府は、新しい酒の税率が上がるように酒税法を改正する、というイタチゴッコが続く。

こうして、ビールメーカーは、第Nのビールに対して、第N+1のビールを開発するインセンティブが働く訳だが、例えば、エンドウたんぱくのような新しい材料を使ってビールライクな味わいを出すのはチャレンジであると思う。当然に、コストの縛りは厳しい。

では、次なる新しいビールはということで、ざっと特許公開公報を眺めてみた。

すると、アサヒビールは、果汁の乳酸醗酵物を用いること、あるいは、イノシトールは脂肪肝、肝硬変の予防などに効果が期待できるビタミン様物質を添加することなどの発明がある。

サントリーは、とうもろこしタンパク分解物を用いることを研究しているようである。

ということで、当然ながら、発泡性飲み物であって、ビール風味ということで、あまり突飛な材料はない。すると、ノウハウは温度、濃度を含む製造工程にあるのかもしれない。

2009年1月18日

ヘブライ語の復活

私は、古代ヘブライ語は、どうやって日常語として復活したのだろう、という素朴な疑問をずっと抱いてきた。すると、たまたま、ベン・イェフダ家がそのキーワードだと分かった。そして、「ベン・イェフダ家に生まれて」デボラ・オメル、母袋夏生訳、福武文庫という本があることを知り、購入して読んでみた。

1858年にリトアニアで生まれたユダヤ人のエリエゼルは、どういう経緯か、古代ヘブライ語を日常語として復活させることを使命にもつ。そして、オスマントルコ統治下だったパレスチナに、23歳のとき移住した。結核で、あと2~3年の命と医者に宣言されたことが一層思いを昂じさせた。エリエゼルは、離散したユダヤ民族を統合させようとした。そのためには、単一の言語が必要で、その言語としては、ヘブライ語以外ありえないと固く信じたのである。

エリエゼルは、デボラという女性と結婚した。デボラは、熱烈な恋愛関係にあったので、エリエゼルのひどい病状をものともしなかった。デボラとエリエゼルは、結婚して、子供が生まれたら、物心つくまでヘブライ語だけで育てようと決心する。壮大な実験であった。それは、古代ヘブライ語を日常語として復活させようとする超絶的な試みであった。

なにしろ、その当時、ヘブライ語は、古代ラテン語や古典ギリシャ語のように、文献だけで使われる言葉になっていたのだから。デボラは、ロシア語が母語だったが、結婚してからは、ロシア語を封印してきた。

その結果、生まれてきたベン・ツィオンは家から出してもらえず、三歳のころ、知恵遅れの兆候が現れていた。

敬虔なるユダヤ人なら、ヘブライ語を日常語として復活させることに賛成するのだろうか。いや、敬虔なるユダヤ人は寧ろ、古代ヘブライ語は、聖なる旧約聖書の言葉だから、書物の上の言語にとどめておくべき、という意見が多かった。

そもそも、古代ヘブライ語を日常語として使うためには、語彙が不足しすぎている。活きた言語として使われていない期間が長すぎるのである。そこで、エリエゼルは、これらの空白を埋めるために壮絶な努力をした。まず、古代ヘブライ語に、少なくとも語幹がないか探す。どうしてもない場合は、ヘブライ語に近いアラム語や、セム語族の仲間であるアラビア語から探す。今、中東でイスラエルとアラブ諸国が争っているが、言語的には同系統なのである。それはまるで、日本と、韓国・モンゴルが争うようなものなのだろうか。

それでも、ヘブライ語だけで子供を育てているというベン・イェフダ家は、近所で次第に有名になり、訪れてくる人があらわれてきた。訪れた人は、ヘブライ語で会話しなくてはならないだった。

しかし、ユダヤ教のラビで、ベン・イェフダ家は聖なるヘブライ語を冒涜していると非難する者はひきもきらなかたし、もっと常識的に、フランス語やロシア語できちんと子供を教育するべきだ、とアドバイスする人も結構いた。

それでも、エリエゼルは頑固である。子供を、習得したヘブライ語の純粋性が損なわれるからと、決して他の子供と遊ばせない。

そうしているうちに、生活は困窮してくる。エリエゼルの新聞編集者の仕事がほとんど収入をもたらさないからである。結核はひどくなってくる。子供が三人産まれて、一層貧乏になってきた。借金の山である。いまなら、多重債務生活者である。

長男のベン・ツィオンは、ようやく普通の学校に行くことになった。しかし、ヘブライ語だけ話すように育てられているので、大変苦労して、登校拒否にもなった。先生の配慮で、フランス語をマスターし、やっと溶け込めるようになった。

苦労の果て、妻のデボラの方が結核で亡くなってしまった。エリエゼルの結核がうつってしまったのである。5人の子供を残して。さらに不幸がベン・イェフダ家を襲う。5人の子供のうち3人が、ジフテリアで亡くなってしまったのである。

ところが、亡くなった妻の遺志で、エリエゼルは妻の妹と再婚する。妻の妹、ヘムダは全くヘブライ語が話せなかったので、必死で習得した。

その間、エリエゼルの主要な仕事は、現代語としてのヘブライ語辞書の編纂だった。結局、エリエゼルは、23歳のとき、結核であと2~3年の命と医者に宣言されながら、60歳を過ぎるまで生きながらえる。

この本には結局、エリエゼルの仕事がどうやって、新たに建国されたイルラエルに受け入れられたかについては述べられていないが、バルフォア宣言によって建設されることになったイルラエルが公用語としてヘブライ語を用いる際に、エリエゼルの仕事が利用されたことに疑いはなく、今でもベン・イェフダ家は、エルサレムの街で、英雄扱いされているという。特にエリエゼルの長男、ベン・ツィオンは、もしかしたら2000年ぶりくらいのヘブライ語母国語話者であろう。そういうヘブライ語母国語話者を、人工的且つ意図的につくりだそうというエリエゼルの決心は、私には到底理解できない。一神教であるが故の強烈な意志なのだろうか。

2009年1月19日

ウイルスの細胞指向性

以前疑問に思った、ウイルスの選択感染性であるが、「新型インフルエンザ」山本太郎、岩波新書によると、少なくともインフルエンザ・ウイルスの場合、ウイルスの表面に生成される蛋白が、ウイルスの選択感染性に関与しているようである。なお、この本には、ウイルスの選択感染性でなく、細胞指向性と記述されている。

先ず、インフルエンザ・ウイルスは、ウイルス内部の蛋白の違いによって、A型、B型、C型に分けられる。

C型インフルエンザ・ウイルスは、比較的軽微な風邪症状をもたらす。B型インフルエンザ・ウイルスは、季節的流行のインフルエンザであり、われわれが毎年冬になると周囲の人が感染するのがこれであろう。40度の熱が出たりすることがあるが、少なくとも身近には、これで亡くなったという例を知らない。

そこで問題は、A型である。1917年に世界で、5000万人とも1億人とも言われる死者を出したスペイン風邪の原因が実は、A型インフルエンザ・ウイルスであり、最近問題になっている鳥インフルエンザ・ウイルスもA型である。典型的なパンデミックになる懼れがある。

A型インフルエンザ・ウイルスは、8本のRNAをもつ。インフルエンザ・ウイルス一般に、DNAではなくRNAとして遺伝子情報をもっているのが特徴である。このことは本質的な意味をもち、すなわち、RNAは転写に際して自己校正機能がないので、容易に転写ミスを生じる。そのことが却ってインフルエンザ・ウイルスの多様性をもたらし、動物の免疫によって駆逐されにくくなっている。

A型インフルエンザ・ウイルスの場合、エンペロープと呼ばれる表皮に、ヘマグルチン(HA)と呼ばれる赤血球凝集素と、ノイラミニダーゼ(NA)と呼ばれる蛋白質がスパイク状に突き出した構造を有している。

一般的に、A型インフルエンザ・ウイルスの一種である鳥インフルエンザ・ウイルスは、人間への感染性をもたない。そのHA蛋白に対して、人間の細胞が感受性もたないからである。さらに言うと、インフルエンザ・ウイルスが細胞に吸着するためには、HA蛋白が、HA1とHA2というサブユニットに解裂する必要があるが、この蛋白質分解酵素を細胞がもっていることが、インフルエンザ・ウイルスが細胞に吸着して感染することの条件となる。

すなわち、人間への感染性を獲得した鳥インフルエンザ・ウイルスは、人間の細胞の蛋白質分解酵素によって解裂可能なHA蛋白を産生するように、RNAが変質したということになる。変質したHA蛋白は、新たな臓器細胞への指向性を獲得したりする。例えば、スペイン風邪では、肺への感染性を獲得したことが致命的であった。実際、スペイン風邪で亡くなった人のほとんどは、重篤な肺炎であった。

ここまではHA蛋白について述べてきたが、NA蛋白にも役目がある。それは、インフルエンザ・ウイルスが細胞内に入って、細胞の仕組みを使ってウイルスを増殖させると、増殖したウイルスは、感染した細胞の表面から芽を出すが、このままだと細胞から遊離して他の細胞に感染するのが難しい。NA蛋白は、感染した細胞からの増殖ウイルスの遊離を促進する。すると、何らの方法でNA蛋白の活性を抑えることができれば、ウイルスの増殖を阻害することができる。タミフルはまさに、NA蛋白の活性を抑する働きをもつ。ところが、最近のニュースによると、Aソ連型ウイルス(H1N1)35株のうち34株(97%)が、治療薬タミフルに耐性を持つウイルスだったという。すると、ワクチンでなく、抗ウィルス剤も効かなくなることがある、ということである。

HA蛋白に戻って、その解裂部分がアルギニンの繰り返しを1つしかもたない場合は、HA蛋白は、ヒトの気道上皮細胞あるいは水鳥の腸管上皮細胞に存在する蛋白分解酵素によってしか引き起こされない。このヒトの気道上皮細胞と水鳥の腸管上皮細胞の対応は、苦笑いするような暗合である。

さて、HA蛋白の解裂部分にアルギニンが1つでなく複数繰り返してある場合は、恐ろしいことが起こる。すなわち、するとHA蛋白が、どの細胞でも普遍的にもつ酵素で解裂可能になってしまう、言い換えると、インフルエンザ・ウイルスがどの細胞にも取り着き可能になってしまう。これを強毒型インフルエンザ・ウイルスと呼ぶ。強毒型インフルエンザ・ウイルスは、気道上皮細胞や肺だけでなく、心臓や脳にも作用して心筋炎、脳炎を引き起こしかねない。致死率は一気に高まってしまう。

ここで可能な範囲で、ウイルスの細胞指向性を一般化してみる。

1.ウイルスはその表皮に、細胞に付着するための蛋白をもつ。
2.その蛋白は、特定の細胞がもつ酵素によって細胞付着能力を活性化される。
3.ウイルスは、細胞に付着するための蛋白以外に、細胞内で増殖したウイルスを、細胞から乖離させる蛋白ももつ。これによって、増殖したウイルスが体内に広がることが可能となる。
4.一般に、広い細胞指向性をもつウイルスは、毒性が高い(寧ろ、問題は、ウイルスが産生する蛋白質などの毒性なのかもしれないが)。

そこで疑問は、次のとおりである。
(a) このスキームが、ウィルス一般に対してどれくらい普遍的であるのか。
(b) 免疫は、ウイルスを細胞に付着するための蛋白の方に主に働くのか。なんとなく、免疫は、ウイルスを細胞から乖離させる方の蛋白を軽視してしまうような気がするが。

ということで提出期限も提出義務も定まっていない宿題を自分に課すとする。

2009年1月20日

ワークシェアリング

Webニュースによると、マツダは1月、工場勤務の正社員を対象に、雇用維持の代わりに勤務時間と給与をカットするワークシェアリングを導入したという。

今や派遣社員を切ったり、正社員をリストラすることは普通であるが、一方で、そういうことに対する社会的批判が強くなっているという面もある。とはいえ、そのまま正社員や派遣社員を抱え続けることは財務的に無理である。すると、折衷案として、もしかして古典的といってよいかもしれないが、ワークシェアリングが出てくる。自動車各社は新車販売の不振が深刻化しており、同様の動きが広がる可能性がある。

電機メーカやIT企業ではあまりそういう話を聞かない。自動車会社では、組織的な季節労働者を雇ったり、すりあわせ的な緊密な社員関係があるので、そういうことを導入しやすいのだろうか。

マツダの対象は、本社工場(広島県)と防府工場(山口県)の完成車2工場に勤務する約1万人。従来は昼夜2交代制だったが、夜間操業を今月から中止し、1人あたりの勤務時間を半減した。

マツダは人件費の削減額を明らかにしていないが、関係者によると、1月分の基本給が約2割削減されるという。時間外勤務や休日出勤などの手当も大幅に減るため、全体の削減額はさらに大きくなると見られる。2月以降も継続するかどうかは、新車の販売状況などを見ながら検討する。

マツダは2009年3月末までに15万台規模を減産する方針を打ち出しており、派遣社員を1月末までに1500人削減して、500人にするなど、生産体制の見直しを進めていた。しかし、流石にこれ以上の削減は社会的な批判を浴びるので難しいとして、ワークシェアリングに踏み切ったのだろう。

新聞によると、ホンダなど、派遣社員を一時的にゼロにするまで派遣社員をカットするという。すると、次なる手は、正社員のリストラか、ワークシェアリングしかない。リストラが辛いのは、景気が回復したときに採用し戻すということができにくいことである。一方、ワークシェアリングは、雇用規約の改定、賃金体系の見直しなど、労務的に大変かもしれない。

ワークシェアリングということは、正社員が大幅な給料カットに見舞われるということである。例えば、私が会社からこう言われたらどうするか。「今後、会社の業績が回復するまで、君の同僚の○○さんと交替で勤務してもらう。週に3日勤務で、それ以外は会社に来ないでくれ。給与は、4割カットである。」と言われたら、受け入れるだろうか。私の場合、今の状況で、そんなに簡単に外に就職先が見つかると思えず、結局、渋々であれ、ワークシェアリングという名の賃金カットを受け入れると思う。

そうすると、こういう時代に生きていく方針は、2つしかない。

1つ目は、生活を安く保つことである。家のローンなども出来れば組まない。賃貸で我慢する。組むとしても、余裕をもって無理のない範囲にする。車は、もしもつとしても、大衆車にし、なるべく壊れるまで乗りつぶす。地位が低くてもいじけない。なるべく金がかからない楽しみをもつようにする。

2つ目は、時代の流れに沿うように自分のスキルを磨くことである。仕事術としてブログにも書いたとおりである。

他にどんな手段があるのだろうか。

特許の価値

私は、一介の特許実務屋に過ぎないが、こういう仕事を長く担当してきて、誰もが思うのは、よい特許とはどんな指標か、ということであろう。

しかし、これは実は、真面目に考えると、とても難しい。

先ず第一に重要なのは、関連する技術の市場規模であろう。一般的に市場規模は、想定される売り上げ高の合計で表される。例えば、市場規模10兆円、などと表記する。

市場規模に言及するとき、市場規模の絶対値はもちろん重要で、もし市場規模が日本ワイドで1000万円、というのでは論外である。しかし、ある程度の市場規模が見込めるとき、重要になってくるのは、市場規模の絶対値よりも、成長性である。成長性は、今後の技術及び経済動向なので、正確に予想することは困難である。よって、その時点で妥当と思われる判断をして、この判断は絶えず更新される必要がある。

こうして、市場規模の観点で、ある特許が意味があると同定されたとき、次に重要になるのはどのような観点であろうか。しかし、次の観点に移る前に、もう少し市場の性質に拘ってみる。すなわち、市場には明らかに、特許技術の活用しやすさ、という観点がある。

すなわち、市場のキーとなる技術が新しくて、どんどん新しい技術が考案されつつあるとすると、特許が活躍する余地が大きい。例えば、1980年代の前半に、パーソナル・コンピュータの技術が立ち上がったが、この段階で、権利化された特許は、とても強い権利になった。しかし、今、パーソナル・コンピュータに関連する発明をしても、最早、強大な権利は期待しにくい。

すると、パーソナル・コンピュータの技術分野は、収益逓減ならぬ、特許権逓減が大きい分野ということになる。

あるいは、ビジネスモデルの分野のように、もともと特許権が幅を利かせにくい分野もある。

一方、薬品業界をみてみよう。ここでは、情報処理分野とは違って、特許権の価値が大きく、また、特許権逓減が起きにくい分野である。なぜなのかと自問すると急に自分の生化学的・薬事的知識の窮乏に気付くのだが、それでも言えることは、ある化学的組成である薬効をもつ薬品があらわれたとき、なかなか同等の薬効を発揮し、且つ権利範囲を逃れるような薬品を考案することが難しい、ということがある。例えば、タミフルと同等の薬効をもち、異なる化学組成の薬品を考えだすことは難しい。しかし、情報処理分野では、SHA-1と同等のハッシュ関数のアルゴリズムを考え出して別途権利化することは、おそらく、比較的容易である。

こうして、特許の価値の別の要因として、迂回困難性が出てくる。迂回困難性が低いとき、なんとかある程度の権利範囲をカバーしようとすると、企業の戦略としては、数で権利をカバーするしかない。それが、情報処理分野では、化学分野・薬品分野よりも圧倒的多数の特許が出願される理由である。

ただ、情報処理分野などで、特異点のように、迂回困難性が高まる場合がある。それは、ある特許が、技術標準に採用される場合である。典型的には、IEEE802.11gなどの無線LANの規格、USB2.0などの規格がある。一般的には、このような規格に特許が採用されると、その特許はパテントプールの必須特許の一部となり、RAND(合理的且つ非排他的)という仕組みで、広く浅くであるが、ライセンス料が見込める。

ところで、よく言われる特許発見可能性はどうなのだろうか。確かに、例えば、コンパイラのレジスタにある値をロードするような特許は、非常に発見が難しい。一方、例えば、ウインドウのフォントサイズや色を変更するような技術は(特許として保護されるかどうかは別問題であるが)、発見が容易である。よって、特許発見可能性の高さは、明らかに特許の価値を高める。

以上は、いわば、マクロ特許価値論であるが、ではミクロ特許価値論はどうなるであろうか。

ミクロ特許価値論は当然に、特許明細書、特にその最重要部分である特許請求の範囲から出発する。特許実務屋であるなら誰でも、あくまでも一般的にであるが、請求項の長さと、権利の広さが反比例することを知っている。例えば請求項が1行で記載された特許はとても権利範囲が広いということで価値があるということができる。

次は、そうやって権利化された特許請求の範囲の先進性である。ところが先進性のとてもよい指標として、経験的に、引用/被引用件数がある。すなわち、特許庁の審査を通じて、多くの場合、何かしらの先行技術文献が引かれる。この件数を、引用件数と呼ぶことにする。引用件数の定義であるが、審査、審判を通じて同じ引用文献が何度も引かれることがある。そこで、重複して引用されたものは1件とカウントすることにする。逆に、被引用件数は、審査を通じて、他の後願出願の審査で引用されることである。このようなデータは特許情報ベンダが提供するシステムにより取得可能である。

いくつか引用/被引用件数を見ていると、引用件数=0で、被引用件数が5以上などというものが、だいたい、数百件に1件くらいの割合で存在するようである。これは、大学入試の用語で言えば、偏差値70以上特許と言っていいのかもしれない。引用件数 = 0 で特許されているものを、私は勝手に野球の言葉で、パーフェクト特許と呼ぶ。しかし、いくらピッチャーが零点に抑えても、味方が点を取ってくれなければ試合に勝てない。よって、引用件数 = 0で、被引用件数が1より大きいとき、真性パーフェクト特許と呼ぶことにする。引用件数 = 被引用件数 = 0は非真性パーフェクト特許と呼ぶ。非真性パーフェクト特許はおそらく、市場性を欠くがゆえに、あまりよい特許ではないだろう。

また、特許実務家なら誰でも、特許請求の範囲は、明細書の実施例の記載によって裏打ちされていなくてはならないことを知っている。特許法第123条によれば、実施例の記載によって十分裏打されないような特許請求の範囲をもつ特許出願、あるいは、不明瞭な記載を含む特許出願は、無効審判で責められる原因を有することになる。また、そこで、特許の価値の更なる指標として、特許請求の範囲の記載の実施例によるサポート性、記載の明瞭性が出てくる。全体を通しての用語の一貫性、一般的な合文法性をチェックすることも含まれる。しかし、ここの記載の完全性とでも呼ばれる要件は、数値化するのが非常に難しい。パターンマッチングの技術、テキストマイニングの技術を駆使する必要があるが、どうしても人間の目での判断が必要で、完全自動化は無理であろう。こういう難しさ、曖昧さの割には、引用/被引用件数の指標よりも納得性が当面低い。なぜなら、無効審判のほとんどは、進歩性を理由とするものであり、特許明細書の記載の完全性は、あまり前面に出てこない。

ところで、特許の価値は、権利行使だけではない。話題になるような技術をカバーする特許、技術の先進性を誇示するような、複雑な数式がちりばめられた特許、何が書いてあるか理解できないような高度な技術に関する特許というものも、数は多くないが、必要であろう。なぜなら、特許公報は、企業名付きで公開されて、何ほどかの宣伝効果をもつからである。

以上をまとめると、特許の価値は、次のような要因の関数になる。

マクロ的指標
1. 関連技術の市場規模
2. 関連技術の市場規模の発展性
3. 関連技術の市場における特許権逓減性
4. 迂回可能性
5. 技術標準であること
6. 特許発見可能性
ミクロ的指標
7. 特許請求の範囲の長さインデックス
8. 引用/被引用インデックス
9. 明細書記載の完全性(その曖昧さにより、上記他の指標よりは少し重みが下がる)
10. 特許の技術先進性、複雑性、高度性のshow up(多くは必要ない)

2009年1月21日

自社製品購入

Webニュースによると、世界的な新車販売の低迷を受け、トヨタ自動車の部長級約2200人が3月末までに自社の新車を購入する取り組みを始めたことが13日、分かったという。部長職の自主的な行動からスタートしたが、一部の役員も同調している。業績悪化に歯止めをかけるためとはいえ、流石にちょっと行きすぎではないだろうか。

これは、1月9日に開いた部長会の総会で決定された。トヨタには部長級に相当する基幹職1級と2級、理事が計約2200人いるが、それぞれが「強制ではなく、あくまで自主的」にトヨタ車を購入するという。しかし、「自主的」であることが、部長会の総会で決定されるのはおかしい。おそらく、うむを言わせない強制であると推察する。

この取り組みに常務役員以上の一部経営幹部らも賛同し、すでに複数の役員が昨年11月に発売した超小型車「iQ」や小型車「ヴィッツ」などを注文したという。しかし、トヨタの幹部ともなると、みんな一様に、既にトヨタ車に乗っているはずである。すると、ここで一斉に自社の車を買うということは、今乗っている車の買い替えなのだろう。しかし、中には2台の新車購入を予定している幹部もいるという。

ある意味、こういう一糸乱れぬ社内統制が、トヨタの強みなのだろう。トヨタが得意とするカイゼンもそうである。しかし、そこにどうしようもない息苦しさを感じるのは、私だけだろうか。似ているものとして、京セラの「アメーバ経営」がある。

世界的な自動車不況が続くなか、確かに、トヨタは今期、連結ベースで初の営業赤字に転落する見通しである。しかし、こんなことをして販売台数を増やしたところで、せいぜい3000台程度の販売である。しかし、「ヴィッツ」程度の大衆車では、1台の利益はせいぜい10万円程度だと聞いたこともある。すると、売り上げ的には、焼け石に水である。

ある幹部は「自ら買って乗らなければ、その良さがわからず、人にもすすめられない」と話し、販売回復の一助を担う意味合いを強調するが、上述のように、売り上げ的に大きな意義がある訳ではないので、全社的に危機意識を共有化するのが意図なのだと思われる。しかし、私は、このような不自然な施策を採るよりも、社員の給与カットの方が意味があると思う。そうだ、既にトヨタは、役員給与のカットで、10億円相当の節約を果たしたのだった。

そういえば以前、知り合いの人から、トヨタには、「車輌紹介制度」があると聞いた。どういうことかというと、ある人がトヨタ車を買うときに、トヨタの下請業者の従業員に、いつどこのディーラーからどういう車を買うということを伝えると、その従業員は、その下請会社の車輌紹介担当者にその情報を流し、それをその担当者はトヨタへ通知する。これで1件車輌紹介の実績としてトヨタは、その下請けの貢献度の評価点に加えるというものである。トヨタ以外のメーカーもやっているそうであるが、これの問題点は、そういう情報処理のために、下請けは膨大な負担を負っている、ということである。すなわち、いつでも、そういう情報がキャッチできるように準備していなくてはならない。ノルマもある。

このようにトヨタは、下請けに余計な負担をかけることを、何とも思わないのであるが、それと同じ強引さを社内に適用したということになる。

なお、自社製品を購入する取り組みは、経営不振に陥った三洋電機が平成16年12月から4カ月間、全役員・社員を対象に実施したケースがある。しかし、自動車と家電では、値段が、一桁も二桁も違う。社員に自社の自動車を買うことを強いるのは明らかにやりすぎである。

こういう文化の会社が一体長らく繁栄するものだろうか。いや、そういうがめつさが繁栄の秘訣なのだ、という声が聞こえてきそうな気もしないでもないが。

2009年1月22日

プラス・マイナスの法則

美輪明宏というと、江原啓之とともにオーラの泉に出演して、発言している。そのある意味怪異な容貌により、怪訝に思っている人は少なくないかもしれないが、言っていることを注意深く聞くと、結構まともで、私は密かにファンだったりする(もちろん、オネーマンズ的意味ではない)。

その美輪明宏の発言で、妥当だと思うものの1つに、プラス・マイナスの法則がある。別に電磁気学の法則ではない。人生、いいことがありすぎると、どこかでドカンと悪いことがある、という、言われてみると当たり前のことである。

今回、特にそう思ったのは、例の中央大学教授殺人事件の被害者、高窪統氏である。セレブというなら、これほどセレブの大学教授もなかなかいないのではあるまいか。以下、列挙してみる。

1.成城学園の一等地に住んでいる。
2.学者一家である。すなわち、父の利一氏、祖父の喜八郎氏は商法学者だった。叔父の貞人氏も刑法学者で青山学院大の名誉教授。
3.奥さんも大学の教官(明治大学電気電子生命学科の准教授)。目のクリッとした美人。
4.一男、二女と、子宝にも恵まれている。
5.老教授を押しのけ、45歳で学科主任(電気電子情報通信工学科)を務めている。
6.イケメンで、とても40代には見えない。30歳過ぎでも通じる若さ。教授といっても偉そうな感じではなく、さわやかで誠実そうな人、という評判。
7.学生にも人気。淡々と講義を進めるものの、途中で振り返って「ここ、わかりますか」と、優しく問いかける“気配り”の先生だった。

それで、美輪明宏の法則によると、巨大なるプラスを抱え込んでしまったということではないだろうか。それであらぬ嫉妬を買ってしまった、ということが考えられる。もちろん、いかなる意味でも、犯人の行為を正当化するものではない。

大学教授殺人事件ということでは、思い出すのは、昭和62年7月22日朝、広島大学・岡本哲彦学部長(当時61歳)が学部長室で胸や背中など4ヵ所を刺されて死んだ、という事件である。死体には青い砂がかけられ、猟奇的雰囲気が醸し出されていた。その犯人は、結局、同学部長の助手である末光博(当時44歳)であった。末光は、素粒子論を専攻していたが、かねてより岡本学部長と折り合いが悪く他大学への転勤を要請されていた。そして、素粒子論の助教授ポストに自分より若い助手が助教授になったことなど相当根強い恨みを岡本教授に持っていたという。

すると、中央大学、高窪教授の場合も、そういう人事的な怨恨というのが、一番妥当な理由として考えられる。もしその線なら、学内関係を洗うことで、自ずと犯人は浮かび上がってくるだろう。大学の人事関係は、企業などりよりずっと狭く、特定しやすいはずである。

人事関係だとすると、高窪教授によって先を越された先輩教授側か、あるいは、高窪教授の下で、割を食っている講師、助手、大学院生などが考えられる。広島大学の事件は結局、70日あまりで解決された。この中央大学の事件も、数ヶ月以内に解決されると思われる。

そういえば、私の好きなお笑い芸人に、「こりゃめでてーな」がいて、その決まり文句は、「プラマイゼロ!むしろマ~イ」である。流石にそれをここで引用するのは、不謹慎か。

2009年1月23日

バイエルのiPS細胞関連特許出願

昨年4月頃、バイエル薬品が、「開祖」の京都大の山中伸弥教授らのチームより早く、昨年春、ヒトのiPS細胞を作成し、特許出願も既に完了している、という記事が新聞に載り、そのことをブログに書いた。

ところが、当該と思われる特許出願が最近公開になったので、調べてみた。

2007年6月15日出願で、発明の名称は、出生後のヒト組織由来未分化幹細胞から誘導したヒト多能性幹細胞、である。公開番号は、特開2008-307007。

発明者は、バイエル薬品の日本人、桜田 一洋氏、石川 哲也氏、正木 英樹氏の三名であるが、出願人は、バイエル薬品の親会社、バイエル・シエーリング・ファーマ アクチエンゲゼルシャフトである。

その特許請求の範囲の、請求項1から請求項4までを引用すると下記のとおりである。
【請求項1】
Tert、Nanog、Oct3/4及びSox2の各遺伝子が後成的な不活性化を受けていないことを特徴とするヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞から誘導した試験管内で長期自己複製能ならびに外胚葉、中胚葉及び内胚葉への多分化能を有するヒト多能性幹細胞。
【請求項2】
前記ヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞が初代培養又は第2継代培養されたかあるいは低濃度血清で継代培養されたことを特徴とするヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞から誘導した請求項1に記載のヒト多能性幹細胞。
【請求項3】
前記ヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞が初代培養又は第2継代培養されたかあるいは低濃度血清で継代培養されたことを特徴とするヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞にOct3/4、Sox2及びKlf4の3つの各遺伝子を強制発現することで誘導した請求項1に記載のヒト多能性幹細胞。
【請求項4】
前記ヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞が初代培養又は第2継代培養されたかあるいは低濃度血清で継代培養されたことを特徴とするヒト出生後の組織に存在する未分化な幹細胞にOct3/4、Sox2、Klf4及びc-Mycの4つの各遺伝子を強制発現することで誘導した請求項1に記載のヒト多能性幹細胞。
(以下、略)

これだけ見ても専門家でない私には、iPS細胞に関する記述なのかどうか分からない。

そこで、iPS細胞の基本特許の記事から、その請求項を引用してみる。
【請求項1】
体細胞から誘導多能性幹細胞を製造する方法であって、下記の4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2を体細胞に導入する工程を含む方法。

すると、バイエルの特許出願の請求項4には、確かに、Oct3/4、Sox2、Klf4及びc-Mycという、4つの遺伝子が出てくる。これは、山中伸弥氏の基本特許の4種の遺伝子と同一である。

しかし、山中伸弥氏の基本特許の遡及日は、2006年12月6日、バイエルの特許出願日は、2007年6月15日であって、山中伸弥氏に軍配が上がる。

はい、バイエルさん、ご苦労さま。周辺特許で頑張りましょう。

2009年1月24日

本当に餓死

先日、名誉ある餓死として、ある意味不謹慎な内容のプログを書いたが、最近のWebのニュースに、本当に餓死したと思われる元派遣社員の記事があった。

すなわち、大阪市住吉区苅田のマンションの一室で、死亡していた元派遣社員とみられる49歳の無職男性は、死後約1カ月が経過し、栄養失調状態だったことが1月16日分かった。住吉署によると、室内にあった所持金は90円で、冷蔵庫は空だった。胃にはほとんど何も残っていなかったという。収入がなくなり、餓死した可能性もあるという。1月14日、マンション関係者が3カ月滞納していた家賃を請求するために訪れ、男性を見つけた。

普通、食べるものがなくなったり、所持金の金策に尽きると、ジャン・バルジャンではないが、どうしても泥棒、強盗などの反社会的な行為に走り勝ちになる。

あるいは、必死で仕事を探し、どんな汚れ仕事でもありついて、とりあえず口を糊すると思われる。東京や大阪なら、最低限生きるなら、何とかなるのではないだろうか。無職でホームレスの人たちも、駅の構内などで冬を凌げているのである。

すると、よほどの老齢でもなく、窮乏して栄養失調で亡くなるという人は、欲のない、私の言葉で言うと、霊格の高い人なんではないだろうか。そもそも、こういう風にマンションの一室で、まだ中年の男性が餓死することが珍しいからニュースになるのである。

ところで餓死ではないが、飯島愛が、自室で、亡くなっているところが見つかったという記事が出たのは先月である。自殺なのか、病死なのか、あるいは他殺なのか、警察はその情報を解明しているに違いないのだが、特に報道されていない。こういう事実は、報道しないでそっとしておくのがよいような気がする。

では、飯島愛のようなケースがとても稀かというと、そうでもない。

私の知り合いの知り合いで、ちゃんとした立派なサラリーマンなのであるが、突然、無断欠勤になって何日も会社に来ない、という事件があった。もともと、真面目な社員で、無断欠勤など一度もない。それで上司が心配して、アパートを訪ねてみる。その社員は、結婚したものの、事情があって離婚して、今は一人暮らしである。そして、大家さんに事情を話して鍵を開けてみると、亡くなっていたのであった。原因は突然の病気で、脳溢血のような症状であった。もし奥さんや家族がいれば、倒れたとき、救急車で運ばれて、助かった可能性もあるのかもしれない。しかし、そういうなくなり方もまた、運命である。

他にも、やはり優秀なサラリーマンの独身の男性が、出社しないのでおかしいと周囲の人がアパートに行ってみたら、倒れて亡くなっていたという事件があった。

大抵、飯島愛の場合と同様に、自殺、病死、あるいは他殺の三つの線から検討される。

こういう事件があると、一人暮らしというのも結構なリスクである。金策尽きて、体力尽きて、餓死というよりもずっと多いかもしれない。私がまだ二十台前半で、いまよりずっと体力もあったときだが、大阪でアパートで一人暮らししていたとき、週末ひどい風邪をひいて、トイレに行くのさえも這うようにやっとしかいけないことがあった。トイレがやっとだから、スーパーに行って何か買うなんて到底無理で、食べれないので、体力は急速に低下する。大げさだが、このまま衰弱死するのか、と思った。

ところが、古山高麗雄という戦記作家は、もしかしてその戦争体験が理由なのか、孤独死を望んだという。そして、自宅で高齢になっても一人暮らしを続け、81歳のとき、まさに孤独死して、訪ねてきた娘さんに発見されたという。

そういえば、私が餓死だの孤独死をなにかしら崇高なものと思おうとするようになったのは、古山高麗雄氏の話を何かの本で読んでからである。

私は流石に、餓死や孤独死を望むということはない。ないけど、運命とは分からないから、まあ、ありえるかも、と空を見つめつつ想うのである、特に抜けるような晴天の日に。

2009年1月25日

素粒子論の進展

前回、素粒子論のメモとして、粒子的な観点を調べてみたが、数学セミナーの2月号に、江口徹氏が、素粒子論の、場の理論の進展を述べているので、こちらもメモしてみる。

クォーク・モデル自体は、1960年代から提唱されていたが、当時、クォーク・モデル相互の強い力は、摂動論を基礎におく場の量子論では、発散してしまうため到底扱えないと思われていた。また、クォークは、仮想的な粒子ではないかと、まだあまり評判がよくなかった。

また、中性子が陽子に崩壊するβ崩壊をきちんと扱う理論はまだ、1960年代前半にはなかった。当時、理論らしい理論だったのは、朝永振一郎らによる繰り込み理論で成立していた量子電磁力学であったが、これは、広く場の量子論として使えるものではなかった。

一方、南部陽一郎の自発的対称性の破れの理論は、1960年代後半には既に提唱されていて、これによれば、自発的対称性の破れが起こると、質量がゼロのボーズ粒子があらわれる。光子は確か、質量がゼロのボーズ粒子ではなかったか、すると、自発的対称性の破れと電磁気学との関係は、という当然の疑問が起きる。

このような質量がゼロのボーズ粒子は、南部・ゴールドストン・ボソンと呼ばれる。南部・ゴールドストン・ボソンの発生は、ゲージ場のもつ対称性が破れた場合に、これを回復させようとする作用とみなされる。こうして発生した南部・ゴールドストン・ボソンが、ゲージ粒子と混じり合い、これによって、もともと質量をもたないゲージ粒子が、質量をもつベクトル粒子に転化する。これは、ヒッグズ機構と呼ばれる。では、ゲージ粒子とは何なのか。Wikiによると、電磁気力を伝える光子、重力を伝える重力子、弱い相互作用を伝えるウィークボソン、強い相互作用を伝えるグルーオンの四つの粒子のボーズ粒子なのだという。

すると、光子自体がゲージ粒子なので、光子は、南部・ゴールドストン・ボソンではない。光子の親戚のゲージ粒子として、ウィークボソンがある。ウィークボソンはもともと、質量がゼロのゲージ粒子であったが、前述のヒッグズ機構によって、質量を付与された。ウィークボソンは弱い力の担い手であり、弱い力と電磁力を統一したのが、ワインバーグ・サラムの理論なのであった。これは、1960年代後半の仕事である。ワインバーグ・サラムの理論は、非可換ゲージ理論(ヤン・ミルズ・ゲージ理論)の一種であるが、当時は、ヤン・ミルズ・ゲージ理論を現実的な物理学に適用する手法がよく分かっていなかったため、ワインバーグ・サラムの理論も、あまり注目を集めることもなかった。

そこで画期的であったのは、1970年代初頭の、トフーフトによる非可換ゲージ理論の研究であった。トフーフトは、発散を統制する次元法等を導入し、ヤン・ミルズ理論の健全性を示した。これによって、ワインバーグ・サラムの理論も、俄然注目を集めるようになった。特に、1983年、ヤン・ミルズ・ゲージ理論が予測する中性カレント(Zボソンが介在する反応)がCERNで発見され、ワインバーグ・サラムの理論にとって劇的な出来事となった。

さらに、1970年代になって、場の量子論が太刀打ちできないと思われていた強い相互作用の理論にも進展があった。それは、ヤン・ミルズ・ゲージ理論における漸近自由性である。その1つの例はクォーク間の相互作用で、実際、クォーク間の力は、高エネルギーでは小さく、低エネルギーでは大きくなる。これは、クォーク閉じ込めを合理的に説明する。クォーク閉じ込めをゲージ理論で解析的に解くことは今でもできていないが、格子ゲージ理論と呼ばれる計算手法により、クォーク閉じ込めは数値的に説明できたと一般に考えられている。このような強い相互作用を記述するゲージ理論は、量子色力学(QCD)と呼ばれる。

ノーベル賞の理由となった、益川・小林理論が提出されたのも、この頃(1970年中頃)である。

こうして、1970年中頃には、強い力のQCDと、弱い力のワインバーグ・サラムの理論とからなる標準理論が完成された。標準理論の凄いところは、知られている素粒子に関する実験データを全て説明できることである。ところが、そこから一歩立ち入った基本的なことになると、標準理論はとても無力である。それ故に、物理学者は、その先の理論を模索せざるをえない。

さて、QCDと、弱い力のワインバーグ・サラムの理論は、別々の2つの理論なので、これらをゲージ理論の枠組みで統一する大統一理論の試みが出てきた。ワインバーグ・サラムの理論は、中性子が陽子と電子とニュートリノに崩壊するというβ崩壊に関与するが、大統一理論は、陽子の崩壊を予想するものである。しかし、結局、陽子の崩壊は実験的には確認できていない。

大統一理論と並行して、1980年代以降流行してきたのが、超対称性理論である。すなわち、ボーズ粒子には常にフェルミ粒子が対になって存在することを唱える理論である。これは理論的に有望な理論らしいが、ただでさえ賑やかな素粒子の世界をさらに賑やかにする。例えば、電子は、スピン1/2のフェルミオンだが、それにスピン0のボソンが存在し、スピン1の光子にはスピン1/2のゲージーノ、スピン1/2のクォークにはスピン0のスクォークが存在する、などである。

ただ、相方は、超対称性の破れのために質量が異常に重くなって、現在の実験にはかからないのだという。このように、人工的な臭いの強い超対称性理論であるが、量子論的なゲージ理論を重力理論と当為差的に扱おうとすると、唯一破綻を来たさないのが超対称性理論なのだという。簡単に言うと、フェルミオンと対のボソンが無限大を解消するということらしい。

超対称性は今やすっかり必須で、猖獗を極めている?スーパーストリング理論も、超対称性をその基礎としている。

ただ、自発的対称性の破れから質量の発生が説明されるように、超対称性もその破れを考慮すべきだが、まだその標準モデルはないらしい。

ところで、大型ハドロン衝突型加速器のところで書いたように、LHCの主要な課題の一つに、ヒッグス粒子の発見がある。さらに、ヒッグス粒子に対称のヒッグシーノを発見することも期待されている。

一方、スモーリンなどの理論物理学者や、ピーター・ウォイトなどの数理物理学者に、何の成果も上げていないと酷評されているスーパーストリング理論であるが、どっこい、停滞の雰囲気はないという。例えば、原子核物理学や物性理論に、スーパーストリング理論の1つの態様である、4次元ミンコフスキー時空上の超対称ゲージ理論が応用されつつある、というのだから、いかにも意外な展開というべきである。まさに、一番理論的でないのが、理論の発展と流行の有様である。

特許管理の基底

先日、特許の価値に関して、簡単なメモを書いた。そこで、これと関連はするけれども、もう少し別の観点から、特許管理について書いてみる。

特許管理には、各社のノウハウがあったりする。しかし、このブログの性質上、第三者にオープンな媒体なので、特定の会社のノウハウには言及しないように留意しつつ、自分の意見は述べてみたい。

さて、特許管理は、どのような要素からなるだろうか。思いつくまま列挙してみる。

1.発明発掘活動
2.特許公開公報による技術動向調査
 2-1.競合会社動向
 - 例えば、パテントマップの技法を用いる
 2-2.自社未来動向
 - 同様に、パテントマップの技法が有効
2’.特許出願方針策定
 - 特許ポートフォリオ上、強化したい領域を決める
3.発明受理
 - ソフトウェアの発明の場合、関連するプログラム製品の著作権についても配慮する必要がある場合がある。
4.発明評価
 - 例えば、上記のメモの指標を用いる
5.先行特許調査
 - 基本的には、外部特許情報ベンダのシステムを契約して用いる。
6.外国特許出願
 - 出願国の選定、PCTを使うかどうか、など
7.期限管理
 7-1.発明処理期限
 7-2.特許出願期限
 7-3.中間処理期限
 7-4.年金維持期限
 7-5.その他、他社や政府との契約に基づく期限
8.発明の価値判断
 8-1.発明受理時
 8-2.特許出願時
 8-3.外国特許出願時
 8-4.審査請求時
 8-5.中間処理時
 8-6.設定登録時
 8-7.維持年金支払い時
9.権利活用関係
 9-1.特許ライセンスの授受
 9-2.特許の譲渡
 9-3.特許の取得
 9-4.技術標準への特許技術の関与
10.発明報奨関係
 10-1.発明報奨
 10-2.出願報奨
 10-3.登録報奨
 10-4.実績報奨
 10-5.ライセンス報奨
 10-6.特許侵害サポート報奨
 10-7.特許侵害者特定の報奨
 10-8.その他、顕著な貢献に対する報奨
11.外部ベンダ管理
 11-1.国内特許事務所
 11-2.外国特許事務所
 11-3.国内翻訳事務所
 11-4.国内特許調査事務所
 11-5.内外法律事務所
12.特許関係予算管理

以上で尽きているとはいえないが、主なものは網羅していると思われる。

一方、特許管理には、次のような知識を要する。もちろん、単独の人がこの全ての知識を網羅する必要はない。
A.法律知識:特許法、意匠法、商標法、著作権法、不正競争防止法、民法の特に契約法、民事訴訟法
 - 特許法、著作権法は、改正が頻繁なので、知識のキャッチアップが大変である
 - 近年、ソフトローの観点も取り入れられつつある

B.自社製品知識:市場動向、技術動向、個別の技術理解
 - 研究開発担当者ではない、特許担当員にとって、技術理解はチャレンジであるが、これを疎かにしては、たちゆかない場合がある。

C.特許方式知識:人によっては、これを法律知識と呼ぶ人もいるかもしれないが、全く異なる。いわゆる特許法と関連は深いが、知識としては独立である、実は、特許手続は、あらゆる対官庁手続きの中で、その種類の多さ、複雑さで他の、税務手続き、裁判手続き、不動産登記手続き、債権処理手続きなどを圧倒している。1つ1つをとってみれば、例えば、税務手続よりも複雑とはいえないかもしれない。しかし、特許の場合、その方式の種類が膨大である。特許庁の担当専門職でも、その全てを把握している人は、いないかもしれない。私の経験では、このことを知らないで特許方式を軽視する人がとても多い。困ったものである。

D.コンピュータ・システム:今や、特許管理は、コンピュータ・システムの粋を集めたものでなくてはならない。なくてはならない、と言うということは、まだそうなっていない、ということであるが。私の口癖は、特許管理は、コンピュータ・サイエンスである、というものである。法律知識の部分は、コンピュータ・サイエンスではないだろう、という反論はあろう。然りである。しかし、法律知識といえども、コンピュータ・サイエンスで武装されたシステムの上に構築されなくてはならない、というのが私の持論である。

今の言い方だと、特許管理2.0であろうか。私の専門知識は、特許管理の中でも、コンピュータによる特許管理システムに指向されるが、長くなったので、それは別稿とする。

2009年1月26日

IPTV

YouTubeは以前から見ているが、最近、NHKオンデマンドなど、IPTVサービスが本格的に普及してきた。そこで、情報処理という雑誌の2008年11月号の特集記事に従い、IPTVについてまとめてみる。

先ず、一番広い定義は、インターネット・プロトコルに従い、画像と音声を送信するサービスが、IPTVである。特に双方向性は必須ではない。YouTubeは、最も原始的な形のIPTVである。

では、IPTVの類型はというと、先ず第一の要素は、接続形態である。すなわち、単一事業者によって管理された閉鎖網と、互いに相互接続され運用されている、不通のインターネット回線を利用するオープン網がありえる。

第二の要素は、サービス形態である。これは、提供者が予め決めた番組内容やスケジュールに従い視聴するリニア型と、利用者が、見たい番組を見たいときに選択できるノンリニア型に分けられる。

リニア型は、テレビ番組と全く同じプログラムでサービスを提供する同時再放送型と、IPTV独自の番組表による異時再送信型に分けられる。

ノンリニア型は、オンデマンド型とも言い換えられるが、利用者側の端末に基本的には蓄積しないストリーミング形式によるVOD(ビデオオンデマンド型)と、利用者の端末に一旦ダウンロードしてから視聴するダウンロード型がある。

第三の要素は、視聴するための端末の形態である。これは、テレビ型と、パソコン型に分けられる。テレビ型としては、私が今契約しているJ-COMなどがある。J-COMでは、閉鎖ネットワークで、ディジタル放送が送られてくる。すると、これは、リニア型且つ同時再放送型のIPTVなのだろうか。それに対して、自分ではっきりと回答できないところをみると、私は、IPTVの定義、あるいはJ-COMの配信の仕組みがよく分かっていないようである。

NHKオンデマンドは、Webブラウザ経由なので、一応、パソコン型と言える。NHKオンデマンドで気に入らないのは、別途NHKと契約していても、NHKオンデマンドにログインするためのIDとパスワードを入手するために、有料の会員登録が必要であることである。NHKの言い分としては、過去の番組をストアしておくため、膨大なディスク領域が必要で、そのIT費用がかかる、ということであろう。

このNHKオンデマンドに関して思ったのは、パソコン型のオープンネットワーク用のIPTVで、NHKオンデマンドは明らかにクライアント・サーバ型であるということである。

ところが最近では、Joostのような、P2PのIPTVサービスが注目を集めている。

第四の要素としては、サービス形態がある。

IPTVの中核は、何と言っても、配信型コンテンツサービスである。これには、放送型サービス、広告サービス、タイムシフト・プレイスシフトサービスが含まれる。広告サービスには、放送型広告サービス及び、ターゲッティング広告サービスがある。

配信型コンテンツサービス以外に、インタラクティブサービス及び、コミュニケーションサービスがある。

インタラクティブサービスは、学習サービス、天気予報などの情報提供サービス、などがある。

コミュニケーションサービスとは、映像配信サービスとコミュニケーションを融合したサービスであり、スポーツ、映画などの複数人で観ながら、チャットを楽しむというモードを可能にする。うまくいくと、とてもリアルな仮想空間を実現できるかもしれない。ストリートビュー+3Dインターネットである。

技術関連では、パソコンの大画面に、どうやって高画質の動画を実現するかという古くて新しい問題に行き着く。すなわち、全コンテンツをダウンロードしてしまうと、高画質は可能であるが、できればストリーミングで高画質を実現したい。

それ以外に気になるのは、タグ付け、及びコンテンツ検索技術である。IPTVとなると、巨大なハードディスクに、インデックス付けして膨大なコンテンツが格納される。それをどう索引付けして、キーワードなどで高速に検索するか、ということは、技術としては出尽くしているような気もするが、グーグルなどが新技術を提供し得るかもしれない。

その他、DRM、広告収入の方法、放送著作権との関係など、トピックは尽きないが、各論は追々勉強していくことにする。

特許管理システム

特許管理の基底の続編として、コンピュータ・システムとしての特許管理システムについて、若干述べてみる。

特許管理システムは、次のような要素からなる。

1.特許出願システム
これは、特許庁に対して手続するシステムであるが、ここは、特許庁が開発し提供しているシステムを使うことが必須である。詳しい情報は、電子出願ソフトサポートサイトにある。このサイトからは、電子出願ソフトをダウンロードすることもできる。電子出願ソフトには、ISDNダイヤルアップで接続する方法と、通常のインターネット回線で接続する方法がある。現在、両方が可能であるが、来年3月末で、ISDNダイヤルアップで接続するインターフェースは、打ち切りになる。

2.特許出願支援システム
特許庁から提供されている特許出願システム(電子出願ソフト)は、特許庁に対する手続の変換及び送信、特許庁から指令の受信、閲覧申請及び受け取り、印刷、HTMLファイルへの変換、通信及び手続ログ記録という基本的な機能しかもたないので、一般的には、電子出願ソフトの公開仕様を利用して、機能拡張を行う特許出願支援システムを使用するのが普通である。特許出願支援システムの機能は、次のように類別できる。

2-1.手続書類作成支援機能
電子出願ソフトに入力する手続ファイルの形式は、HTMLと、そこで必要に応じて使用されるGIFまたは、JPEGイメージからなる。それは、テキストファイルを秀丸などのエディタで編集したり、WORDを使ったりして作成することもできるが、特に、イメージをはめ込むところが面倒である。そこで、場合により、雛形を提供し、またスキャナと連動するなどして、イメージをはめ込みを支援し、あるいは、方式チェックまで行う機能があると便利である。特許出願や中間処理用文書だけでなく、年金納付や権利移転、ライセンス登録などの書類も自動生成できると便利であるが、そこまでできるシステムはないかもしれない。

2-2.手続書類保管機能
電子出願ソフトによって手続きした文書を、電子的且つ自動的に、コンテンツデータベースにアーカイブする機能は必要である。アーカイブされた文書は、中間手続のため、後で取り出せるようにする。

2-3.書誌事項取り込み機能
電子出願ソフトは、特許庁ホストと通信して、出願番号、審判番号、発送番号などの書誌情報を取り込むので、この情報を、別途、管理データベースに自動的に取り込む機能は必要である。

2-4.社内整理番号付与機能
手続書類保管であれ、書誌事項取り込みであれ、好適には社内整理番号を生成して付与する必要がある。社内整理番号は好適には、場所のコード、年のコード、年内の連続番号からなる。

3.特許文書コンテンツデータベース
これは、上述のように、電子出願ソフトから特許手続き文書を取り込んで保管することを第一の機能とするが、それ以外にも、任意に紙をスキャンしたPDF文書など任意に格納できるようにする。この際、社内整理番号が使用される。このとき、文書内を全文検索する機能は、必要であろう。

4.書誌事項データベース
出願番号、審判番号、発送番号を取り込む書誌事項データベースは、好適には、リレーショナルデータベースで構築され、SQLなどの検索インターフェースをもつことが望ましい。書誌事項データベースの重要性は、特許管理業務の根幹である期限管理の基礎を与えるからである。期限管理には、出願期限管理、審査請求管理、中間処理期限管理、年金期限管理などがある。

5.特許検索システム
特許検索システムは、既存の全ての特許文献を検索範囲とするので、よほどの大企業でないと、自社で構築するのが難しく、そこで、外部特許情報ベンダと契約するのが一般的である。インターネット経由のアクセスでも検索速度は問題ない。特許出願の先行技術として、研究論文も使われるので、研究論文データベースのベンダと契約することも意味がある。

6.発明受付システム
特許出願の候補としての発明を受け付けるシステムは、別途必要である。例えば、社員一人一人にIDが付与されて、そのIDを使って、作成した発明の記述文書を、提出する。発明受付システムは、好適には、ワークフローにより、発明評価システムが関連付けられる。グループウェア的なインターフェースを用いてもよいと思われる。

7.経費管理システム
好ましくは、書誌事項データベースの一部として実装することもできる。SQLなどの機能により、年間経費を計算したり、あるいは、予算見積もり機能などもあると望ましい。

8.発明報奨システム
この場合は、発明者の情報とリンクするために人事システムとも連携する必要がある。

9.パテントマップ・システム
特許戦略を立てる上で、パテントマップは有用である。パテントマップは、以前はスタンドアロンで、ハードディスク上に保存した特許情報データを加工するものであったが、最近は、Web上の特許検索システムで、パテントマップ機能をカバーするものが出てきている。パテントマップ・システムは、他社情報だけでなく、自社特許情報に適用しても有効である、なぜなら、自社のパテント・ポートフォリオの全貌すら、把握するのは難しいからである。

10.書き忘れていたので追加するが、書誌事項データベースは、電子出願システムから自動取り込みするとはいえ、手入力の箇所もある。すると、入力間違いが皆無ではない。これをチェックするために、PATOLIS、その他の外部特許データベースからのエントリとマッチングする機能が必須である。

次に、必要な技術は次のとおりである。

先ず、アクセス管理である。特許情報は、その多くが、公開になるまで機密なのであるから、厳密なアクセス管理は必須である。公開になっても、何の製品に特許を使っているか、などの情報は、機密のままとどまる。注意を要するのは、アクセス管理は、発明者、開発部門責任者、知的財産担当者、システム管理者などのように、細かい粒度で設定できることが望ましい。

アクセス管理で重要なのは、インターネット出願のための弁理士の電子認証ファイルの管理である。電子認証ファイルには、PINが関連付けられていて、PINがばれないと電子認証ファイルは悪用されないが、ともかく、電子認証ファイルは、弁理士の印鑑と同じ価値をもつので、アクセス管理は重要である。

次に重要なのは、書誌事項をSQLなどで検索し、その検索結果に基づき、審査請求、代理人受任、年金納付などの書類を生成する機能である。ここは、私も若干手を染めたことがあるが、プログラミングとしては、愚直といってよい。難しいことはなにもないが、ひたすら方式的正確性を追求する。

次は、コンテンツ管理である。あらゆる文書を保存していくと、膨大なディスク容量を要するので、ディスク容量は潤沢にある方がよい。ムーアの法則で、ディスク容量の問題はあまりなくなったが、それでもディスク障害の問題は常にあるので、RAIDなどの方法で、ディスク障害の問題を軽減することと、及びバックアップの必要性がある。

次は、法的認証の問題である。現在でも、譲渡書には、発明者が直接ペンでサインする。しかし、次第に電子認証が法律でも認められていくだろう。すると、電子署名のシステムは次第に普及していくこととなる。同様の技術だが、電子すかしも、場合により援用されるだろう。

あまり研究されていなくて、今後重要になってくると思われるのは、パテントマップの関係で、テキストマイニングと、ビジュアライゼーションである。すなわち、テキストマイニングの技術で、特許文書の間の隠れた類似性をあぶりだして、クラスタリングする。クラスタリングした結果は、見やすいようにビジュアライズする。膨大な特許文献のクラスタを見やすく表示する技術はまだ開発されていないと思われる。特許文献のチャレンジは、件数の多さと、単一の文書の大きさである。これは例外であるが、遺伝子工学の特許出願では、単一で300MBもの大きさの文書がある。

以上、思いつくまま書いてみた。これをベースに、今後、考察を深めていくことにする。

2009年1月27日

キリストとキリスト教

コナン・ドイルというと、シャーロック・ホームズが主人公の一連の推理小説で有名であるが、実は、小説家というよりも寧ろ、心霊学の熱心な開拓者であった。「コナン・ドイルの心霊学」潮文社、近藤千雄訳には、コナン・ドイルの心霊学の記述があり、心霊学の初期の頃から、コナン・ドイルは、各所を講演して廻って、心霊学を普及しようとしていた様が窺われる。

ところで、心霊学、すなわち、スピリチュアリズムを推し進めると、どうしてもキリスト教の教義と衝突する。おそらくイスラム教とも衝突するのだろうが、西洋では先ずキリスト教なのである。

先ず、ドイルは、キリスト教には、生命あるものとしての新約と、生命なきものとしての旧約が混在しており、これが不自然である、という。すなわち、旧約聖書は、これを学者の研究対象としているうちはいいが、そこから教えを垂れようとすると、たちまち困難にぶつかるという。古典的な物語としては、最高傑作であることをドイルは否定しない。歴史あり、詩篇あり、オカルトありで、飽きさせない(と、いいつつ、名前の羅列は退屈であるが)。

しかし、そこに出てくる神は、嫉妬し、裏切り、強欲で、怒りにまかせて町民を皆殺ししたりする。過去、南米や、魔女裁判などで、キリスト教の名の下に残虐行為が行われたのも、旧約聖書の影響があったのではないか、とドイルは指摘する。

また、ドイルは、キリスト教は、ナザレのイエスの悲劇的な死に重きを置きすぎているのではないか、イエスの本当の価値は寧ろ、その生き様にあるのではないかとも説く。原罪の概念にも疑問を抱く。

新約聖書に転じると、それは確かに、ナザレのイエスの生き様を描いている。しかし、新約聖書は、イエスの霊能力にフォーカスせず、それを単なる比喩または寓話に貶めている。もっとまずいのは、ローマのコンスタンチヌス帝の指示で、新約聖書が、施政者に都合がいいように改竄されていることである。これは、聖書学者も指摘していることである。

だから、本来的には、キリスト教は、旧約聖書をデカップルし、新約聖書は、真にイエスの言葉と行動だけを記述するように、書き換えられなくてはならない。

当然にそんなことが可能である訳もない。かくして、イエスことキリストは、キリスト教徒ではないということになる。ナザレのイエスの生い立ちと行動を、より正しく記述すると思われる文献に、「霊界通信 イエスの少年時代」「霊界通信 イエスの青年時代」G.カミンズ著、山本貞彰著 潮文社がある。そこには、ブログにも書いたように、とても人間的なイエスが描かれている。この本で私は、キリスト教をスキップして、キリスト自身に親しみと尊敬を感じるようになった次第である。

2009年1月28日

役員の報酬

昨今、不景気の嵐で、リストラワークシェアリングなど、勤労者は大変である。

それなのに、Webニュースによると、上場企業の役員報酬は2倍に膨れ上がっているという。実際、年収200万円以下のワーキングプア世帯が全世帯の2割に達するというのに、高額な役員報酬を平然と受け取っている経営者がひしめいている。

日刊ゲンダイ2009年1月17日掲載に、リストラや期間工・派遣切りを断行した上場企業の役員の平均報酬をリストした(前期の有価証券報告書より)。

これによると、日産自動車は3億円以上、ソニーも3億円近い金額である。しかし、これは平均額であるので、当然、社長や上級執行役員は、平取より高額である。日産のカルロス・ゴーン社長やソニーのハワード・ストリンガー会長は推定10億円はもらっている。これはある意味、アメリカ経営学的発想なのであるが、平サラリーマンのやっかみを懸命に抑えて、敢えてその額は妥当なのか、と改めて問いたい。

株主総会で役員報酬の個別開示を求める活動を続けているNPO法人「株主オンブズマン」の松丸正・事務局長がこう言う。

「ストックオプションを導入する会社もあり、ここ数年、企業の役員報酬は確実に増えました。しかし、日本の企業は役員報酬を総額しか開示せず、どの役員がどれだけもらっているかは隠されている。米国などでは役員報酬は個別開示されています。特に、リストラが断行されている今は、報酬金額が本当に妥当なのか、説明責任が求められます」

こういう発言は、いかにも妥当であろう。

経済状況のせいではあれ、派遣切りやリストラをせざるを得ないということは、経営責任も当然にある。ペナントレースで成績不振に陥ったプロ野球チームの監督に、言い訳が許されないのと同じである。すると、派遣切りやリストラに同期して、主要な役員は減俸されるべきだし、あるいは退任すべきなのに、それがほとんど発生しないのはなぜか。

それは、問うも愚かであろう。派遣切りやリストラを意思決定する主体が、役員なのであるから、高潔ならざる人々が、自らの不利益になる決定をするはずはない。軍隊で、大本営が、大本営を弾が飛んでくるような前線に設置して、より密接に戦況を把握しよう、などという決定をしないようなものである。

しかし、役員の仕事の内容を考えてみよう。よし社長であれ、それほど困難なものであろうか。役員は、一般に具体的な実務に携わる訳ではない。私の偏狭な理解では、役員の仕事は次のとおりである。

・意思決定を下すこと
・組織の永続性を維持するために、ビジョンをつくり、部下に遂行させること
・不可抗力を含めて、失敗した場合に、カスタマを含む関係者に謝罪すること
・組織の失敗に対して、責任をとること。一般的には、減俸、降格、辞任、退職などであるが、これには、経営者として、不適切な意思決定の責任をとって、商法的な刑事罰を受けることも含まれる。

すなわち、役員の高給は、その深い経験、見識に基づく、適切な意思決定と、何かのときの引責によって正当化される。武士の時代なら切腹であるが、まさかそんなことは現代ではありえないので、相応の不利益を受忍することである。

そう考えると、「深い経験、見識」と、「責任性」において、真に尊敬に値する経営者を見出すことは難しいような気がする。特に、下手に「深い経験、見識」があると、経営者にとって耳が痛い発言になる傾向があり、するとそういう人材は、典型的には石原莞爾のように、中枢から遠ざけられてしまう。

それでも、愚将の条件に書いたように、役員が責任を取ってくれる人なら、救いがある。もしそうではなく、会社の窮乏に際しても、責任は取らず、自分の地位や俸給は安泰で、部下や派遣を切ることばかりに腐心しているなら、高い俸給には絶対見合わない。下手したら、1000万円の年収でも高いかもしれない。それが、もし数億円の年俸である、というのは、まさに、ノンワーキング・リッチの最たるもの、ということになる。責任と俸給の相対的関係において、であるが。

会社というところは、組織内は定義的に民主主義ではない。そもそも、投票で社長を選ぶ会社を寡聞にして知らない。だから、分かっているのだけれども、組織で、一従業員の常識がきちんと配慮されるような組織は無理なのだろうか、と見果てぬ夢をみるのである。

【役員の平均報酬額】
- 日産自動車/3億5583万円
- ソニー/2億8986万円
- コマツ/1億3571万円
- トヨタ/1億2200万円
- シャープ/1億1030万円
- 日野自動車/7500万円
- ダイハツ/7009万円
- マツダ/6467万円
- 東芝/6087万円
- ホンダ/6057万円
- 富士重工業/5620万円
- 村田製作所/5475万円
- 富士電機HD/5300万円
- TDK/5286万円
- イビデン/5208万円
- キヤノン/5004万円
- スズキ/4931万円
- THK/4574万円
- ヤマハ発動機/4408万円
- いすゞ/4200万円
- 日立建機/4065万円
- 日本精工/3939万円
- 大京/3822万円
- ローム/3744万円
- 沖電気/3317万円
- 三菱自動車/2990万円
- 関東自動車工業/2894万円
- 三洋電機/2671万円
- 田崎真珠/2494万円
- ルック/2478万円

※ストックオプション含む

2009年1月29日

ウィニーの公判

以前、ブログでWinnyの顛末を書いた。そこで、「その後、金子さんが控訴したとは聞かない。きっと、裁判などに関わるよりも、その時間を好きなソフト開発に充てたいのだろう。」と述べたのであるが、流石に金子さんは、きっちり、大阪高裁に控訴していた。その控訴審第1回公判が19日、大阪高裁(小倉正三裁判長)で開かれた。

弁護側は、ウィニー自体は価値中立な技術と指摘。「開発・公開しただけで、悪用した者を幇助したとはいえない。ネット上で侵害しないよう呼び掛けていた」として、一審に続き無罪を主張した。

一方、量刑不当として控訴した検察側は「著作権ビジネスに否定的な意見をネット上で述べ、自らもウィニーで著作物を入手していた」と指摘。重大な経済的損失が生じており、一審判決は軽過ぎると訴えた。

因みに、罪状は、著作権侵害幇助であるが、著作権侵害幇助という概念は、著作権法自体にはないので、刑法の従犯が適用されることになる。すなわち、著作権侵害行為を、実行行為以外の方法によって促進することなのだが、単にウィニーを開発してネット上にダウンロード可能に置く、というだけでは、著作権侵害行為を促進するとはいえない。なぜなら、もしそうなら、あらゆるP2Pソフトの開発とアップロードが全て、著作権侵害の幇助罪に問われてしまい、ネット産業の健全なる発達を阻害してしまうからである。これは、文化の発展に寄与するという著作権法第一条の規定にも背く。

もし、著作権侵害幇助を適用しようとすると、金子さんがネット上で、ウィニーを使ってどんどん、著作物を交換しましょう、のようなメッセージを述べていなくてはならない。

ただ、金子さんが、ネット上で侵害しないよう呼び掛けていたというのも確からしい。一方で、金子さんが、京都府警の職員に、著作権を否定するような言葉を吐いて、刺激したというような記述を読んだことがあるような気もする。もしかしたら、何かの売り言葉に買い言葉だったのかもしれない。

すると、ウィニーを開発したこと自体ではなく、その他の周辺的なことを含めてやっと、金子さんの罪状はグレーということになる。

一方で警察は、どうしても保守的なので、著作権侵害を本来的にやりやすくするP2Pソフト自体に、本来的に嫌悪感を感じるだろう。

よって、ここの公判は、金子さんだけではなく、P2Pソフト自体にとっても正念場である。おそらく検察としては、金子さん自身がウィニーで著作物を入手していたというあたりにフォーカスをあて、なんとか著作権侵害幇助ではなく、著作権侵害の正犯で刑事罰を課すところまでもっていきたいのだろう。

私としては、この判決がどうであれ、P2Pソフトの開発と、ネット上へのアップロードが、著作権侵害幇助を構成しないというところが判決によって明確化されれば、金子さん自身が、囲碁でいうところの、いい意味での捨石になると思われる。

2009年1月30日

黒人大統領

ライト牧師の稿で引用した、黒人の友人のJであるが、最近、自分が撮った写真のリンクを送ってきた。私信扱いなので、ここでは紹介できないが、それは、オバマの大統領就位式に関連する写真であった。

ニューヨークの郊外に住む彼は、奥さんと娘さんの一家総出で、大統領就位式を観るために、ワシントンDCに出かけた。家族のスナップ写真が主だが、遠方からオバマ大統領を写した写真もあった。どの写真も活気があって、開放感に溢れていた。

上記ブログに書いたように、Jの黒人差別の歴史に対する思い入れは深い。それはおそらく、米国に住む多くの黒人に共有されているのだろう。

こういう思い入れが実感として湧かない、一日本人の私は、オバマが黒人だというけど、オバマの生い立ちに書いたように、結局、ハーフではないか、ハーバード・ロースクール出身のセレブではないか、奥さんも上流階級ではないか、とつい思ってしまう。

しかし、そんなことをJに言ったらぶっとばされてしまう。Jだってそんなことは百も承知である。当然にライト牧師との確執も知っている。それでも、この機会に少しでも、鬱憤を晴らそうとする。オバマに期待しようとする。

でも、私は、オバマの「チェンジ」という言葉が、しっくりこない。もちろん、米国がこのままでよいとは思わない。そこで、米国を巨大な開放系システムと考えたとき、これを良くするためには、そのシステムの状態の評価関数を定義する必要がある。そうやって、評価関数が定義されると、次は、政策運動方程式を解かなくてはならない。評価関数を最大化する、という制約条件の下にである。

これは一種揶揄した言い方かもしれないが、何かしら「チェンジ」すればよくなるみたいな素朴な楽観論はナイーブすぎて、私には受け入れられない、と言いたいだけである。例えば、天下の悪辣参謀、辻政信は、「チェンジ」のイメージ作りに長けていた。どんな不利な条件にあっても、いけいけドンドンでやっていけると周囲を信じさせるテクニックの持ち主であった。ただ、それは、「周囲を信じさせる」であって、「周囲を勝てるようにもっていく」では必ずしもない。その点では、宮崎繁三郎の、いぶし銀のようなリアリスティックな手腕が必要である。

そういう意味では、今のところであるが、オバマには、辻政信のようなエゴセントリックさは見て取れない。寧ろ、よく磨かれた鏡のようである。こちらから期待という光を投げかけると、きちんと、あたかも自ら光っているかのように輝いてくれる。

それでは、オバマ大統領に対する世界の反応はどうか。新聞の記事から拾ってみる。先ず、イスラエルから侵攻された、ガザ。ガザの住民は、いまでもイスラエルの攻撃に戦きながら、オバマ大統領が、就任演説で、ガザの惨状に全く言及しなかったことに失望を隠さない。イスラエル・ロビーに気を遣ったか。なぜなら、オバマは、選挙戦を闘う際に、イスラエル・ロビーから相当な支援を受けているはずだからである。

一方、アフガニスタンの住民は、抽象的であれ、オバマが、イスラム社会に対する相互利益と尊重を訴えたことを評価する。

イラクは、というと、結構醒めているようである。任期が切れる間際にのこのこやってきて、靴を投げられた前大統領と比較して、まあ、いいのではないかと思われている。ただ、イラクからの米軍撤兵を示唆しているのは、肯定的に受け止められている程度である。

結論として、今の時点で米国の大統領になろうとするオバマは、火中の栗を敢えて拾う訳で、その点は尊敬に値する。ただ、格言に言う「着眼大局着手小局」の「着手小局」のところが、下手したら「着手大局」になって、実効性を欠く施策にならないか、そこを懸念する次第である。

2009年1月31日

本を読む本

私は決して多趣味ではなく、趣味と言えば、読書と、将棋、それとへぼなコンピュータのプログラムを書くくらいなものである。映画はほとんど観ないし、旅行も行かない。ただ、コンピュータのプログラミングなんて本当に子供騙しでしかなく、そこいくと、将棋は、人生賭ける、という程でもないが、相当一生懸命やったことは確かである。

しかし、その将棋も、読書に比べれば、かなり影が薄くなるかもしれない。というのは、若い頃から、人付き合いやスポーツがあまり好きでないことから、暇さえあれば、本を読んできたような気がするからである。

読書は、難しい本が読めるとか、膨大な読書量であるとか、速読できるとかいう訳でなく、ともかく、いつも本を読んでいるという点で、他の趣味とは別格である。それはまるで、呼吸すること、歩くことのようなものである。

そうやって、この50過ぎになるまで、読書人生を歩んできたのだが、最近たまたま、講談社学術文庫「本を読む本」M.J.アドラー、C.V.ドーレン、外山滋比古他訳、を読んで、とてもばつが悪い思いをした。というのは、ここには、なるほどと思う本を読み方が書いてあるのだが、私はそんなことも知らず、この歳になるまで、我流で能率の悪い読書をしてきたことが分かってしまったからである。

「本を読む本」によると、その第一のレベルでは、読み方をマスターする。文法、語彙などをきちんと理解することである。それは当然ではないか、と思われるかもしれないが、われわれは必ずしも母国語の本を読む訳ではない。英語かもしれないし、ある人にとっては、韓国語、中国語であったりする。

ここまでは、まあいい。ところが、次の第二のレベルは、点検読書となっていて、ここで既に、未知の読書領域に来ていることが分かった。すなわち、点検読書とは、組織的な拾い読み、下読みであって、これによって先ず、本の概略を掴むことができる。なるほどと思ったのは、私は、本というのは、最初から最後まで根性で読み通さなくてはならないと思い続けてきたからである。そう思っていると何が悪いかというと、折角買ってきた本なのに、最初の数ページで行き詰ってしまうことがあると、その後を読まないで放置されることが少なくないからである。そこいくと、点検読書は、短い時間で目次を眺めたりして、ともかく概要を掴んでしまう。なるほど、これは有効である、と今更のように思う。

第三のレベルは、分析読書である。分析読書では先ず、本を、何の本か分類する。例えば、哲学の本か、ノンフィクションか、など。そんなの一目瞭然ではないかと言われそうだが、そうとも限らない。例えば、アダムスミスの「諸国民の富」が何の本か答えることは自明ではない。また、理論的な本か、実践的な本かという区別も重要である。次は、本を透視すなわち、著者の意図を見透かす。そうして、著者と折り合いをつける。すなわち、著者の用語法に慣れる。次に著者の意図を把握して正しく批判する。ここまでくると、分析読書としては成功である。果たしてこのレベルまで読書したことがどれだけあるか、と考えると忸怩たるものがある。

しかし、「本を読む本」には更に上の第四のレベルがあって、それは、シントピカル読書と呼ばれる。シントピカルとは、聞きなれない用語であるが、どうも、同一あるいは類似トピックの複数の本を用意して、比べて読むことかと思われる。その最初の段階は、複数の関連する本を探し出してくることである。そして、決めた主題に関連して、対象の複数の本の間で折り合いをつける。次に、一連の質問をして、どの著者にも偏らない命題を立てる。ただ、質問をしても本の著者が直接回答するなんてことはないので、そこは、読書によって回答を引き出す訳である。次の段階は、こうして得られた回答を整理する。そして、論点を明確化する。こうして論考を分析し纏める、という作業が、シントピカル読書である、ということになる。よく学術的な書物で、巻末に多数の文献を含む引用リストがある。私は、著者はこれ全部を熟読したのかと思っていたが、どうもそうてはなく、シントピカル的に眺めた結果であろう。もちろん。単に有名だから、読んでいなくても、背景的にリストした本もあろう。

私の読書レベルでは、分析読書の半ばまでがせいぜいである。シントピカル読書まではなかなか手が廻らない。そもそも、複数の本から並列的に命題を見出そうとしていないのだから、まだまだ未熟ということである。

で、少なくともやろうと思ったのが、第二のレベルの点検読書を、ほとんどの蔵書に対して行うことである。ここまで来ると、そんなに先が長い人生でなく、最近特に、読みやすい本しか読まなくなっているので、折角買った本の大部分は、一度も開くことなく埃をかぶったまま放置されそうであるからである。そうなったからといって、何が困るという訳ではないが、相応の資金で買った本が無駄に終わるのはちょっと悔しい、ただそれだけである。

About 2009年1月

2009年1月にブログ「Commutative Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。