« 関孝和の業績 | メイン | 脳にいいことだけをやりなさい »

性的ストイシズム

私の好きな軍人の一人、井上成美の伝記を読んでいて感じたことがある。まず、井上成美はとても家庭的に不幸である。というのは、一人娘を結核で失い、続いて奥さんまで結核で失った。確かに結核が死に至る病である時代だったとはいえ、結核で家族を失い一人ぼっちになるということはあまりなかったはずである。

では、井上はさぞかし女性の温かみを求めてしかるべきところに通いつめただろうと思われるが、意外にも、そういう場所にはほとんど出入りしなかったという。あるときは、そういう場所に行ったは行ったけれども、布団を被って洋書を読んでいて、周りは呆れていたという話もある。それでは、付き合っていた女性がいたかというとそうでもなく、再婚したのは、戦後、人生の最末期であった。

そこいくと、山本五十六は、明らかに公然の妾のような女性がいた。阿川弘之の「山本五十六」にもそのことが書かれている。米内光政もハンサムで、あちこちの港に、ファンの芸者が沢山いたという。いわゆる、女泣かせである。

私は一度も浮気したことはないし、今後もしないと思われるが、しかし、山本五十六や米内光政のような女性関係の話を聞くと、人間らしいと安心する。戦争に関わる大変責任の重い仕事の後で、そういう息抜きを求めるのは自然だからである。

ところが一方、山本五十六であれ米内光政であれ、どこかしら優柔不断なところがある。そこいくと、井上成美は、三角定規のような論理と鋼鉄の意志がある。決して折れない。そこで、特に陸軍の仕官に狙われていたので、いつも遺書を持ち歩いていたそうである。

それで思ったのは、性的ストイシズムというか、性的な興味が低いことが、ある種の純粋性につながるのではないか、と書いてみて当然のことを、改めて感じた次第である。

別の例は、陸軍屈指の作戦家、石原莞爾である。ものの本によると、石原莞爾もほとんど女性に興味を示さなかったという。もちろん、男性に興味がある、という訳でもない。要するに、性愛が完全に関心事の外なのである。

またある本によると、石原莞爾は、若い頃、軍事教練中に男性の大事なところを強打して、不能になったのだという噂があるという。しかし、もし仮にそうだとしても、肉体的な障害が精神的な無関心に及ぶとは限らない。私は、石原莞爾も、井上成美と同様に、性的なことに生来無関心なのだと信じる。そして本来異性に向かうべきリビドーが、思想や戦略構想に向かったのではあるまいか。

もしそうであると、余程のエネルギーに溢れた人でないと、普通に女性も愛しつつ、石原莞爾に対抗することは不可能である。実際、石原莞爾に匹敵する軍師を私は、帝国陸軍に知らない。

ところで、ある香港の長生き老人に関して、次のような話題を聞いた。その老人は80歳を過ぎても矍鑠としているので、他の人が、その元気の秘訣は何ですか、と聞いた。すると答えが意外なことに、それはセックスをしないからじゃよ、であった。その老人は、妻と30歳で死別してから、一度もセックスしていないという。しかも、悶々としたこともない、という。

こういう話を聞くと、男性であれ女性であれ、ある割合で、性的なことに著しく無関心な人がいて、そのうちの、さらにある割合の人は、偉大な精神的能力の持ち主ではないか、という仮説を立ててみたくなる。

最後に、性交は決して人間を利することはない、というエピクロスの箴言を引用しておく。いろいろな解釈が可能だが、私はこの意味が一度も分かったと思ったことはない。石原莞爾にはきっと、考えるまでもないのだろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1109

コメント (2)

小松たひと:

>私は一度も浮気したことはないし、今後もしないと思われるが
 もう、どろどろの浮気はあきらめましょう。「どろどろ」は血液だけで充分です(「きみまろ」さん辺りが言ってたような気もするけど、たぶん私のオリジナル)

小松たひとさん

> もう、どろどろの浮気はあきらめましょう。「どろどろ」は血液だけで充分です(「きみまろ」さん辺りが言ってたような気もするけど、たぶん私のオリジナル)

ううん、血液は若い頃からどろどろでしたが、とうとうチャンスらしいチャンスはなかったですね。今でこそなくてよかったと思いますが、若い頃は、もうちょっと血気どろどろでなくて、盛んでした。

About

2009年1月 6日 06:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「関孝和の業績」です。

次の投稿は「脳にいいことだけをやりなさい」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。