« 脳にいいことだけをやりなさい | メイン | 古酒 »

風邪ウィルス

Webによると、1918年に流行し全世界で約4000万人が死亡したとされる「スペイン風邪」のウイルスが強毒性になった原因遺伝子を、東京大と米ウィスコンシン大が特定した。発生が予想される新型インフルエンザの治療薬開発に役立つという。

スペイン風邪はインフルエンザの一種であり。毎年流行するインフルエンザウイルスは鼻やのどで増えるが、スペイン風邪ウイルスは肺で増え、死者の多くがウイルス性肺炎だった、という。

すると、スペイン風邪が大きな被害をもたらした原因は、新たな感染選択性の獲得とでも呼ぶべきものということになる。

実際、米ウィスコンシン大の渡辺登喜子研究員らは、インフルエンザウイルスを人工的に合成する技術を利用した。8種類あるスペイン風邪ウイルスの遺伝子の組み合わせを変え、通常のインフルエンザウイルスに組み込み10種類のウイルスを作った。実験動物のフェレットに感染させ増殖の違いを比べた。すると、ほとんどのウイルスは鼻でしか効率的に増えなかった。これに対し、「RNAポリメラーゼ」という酵素を作る4種類の遺伝子がスペイン風邪のものを使ったウイルスは、フェレットの気管と肺でも増殖。完全なスペイン風邪ウイルスと同じように強毒性を持っており、この4種の遺伝子が強い毒性にかかわっていることを突き止めたという。

このことから、研究チームの河岡義裕・東京大医科学研究所教授(ウイルス学)は「4種の遺伝子が作るたんぱく質の働きを抑える薬を開発することが、新型インフルエンザ対策に重要だ」と話している。

ところで、風邪ウィルスについて私が普段考えていることがあって、それは、どうしてあのように感染選択性が多様なのか、ということである。

例えば、多くの風邪は、咳、発熱、喉の痛み、鼻水などをもたらすが、私が先日罹った風邪は、ほとんど発熱がない代わりに、ひどい下痢をもたらすものであった。私はもしかしてノロウィルスかと思ったら、医者に行ったら、そうではなく、こういうひどい下痢の風邪が最近流行っているという。

また、風邪によっては、下痢ではなく、吐き気を催すものがある。その他、筋肉痛をもたらす風邪もあるし、脳に入って、致死性の脳膜炎を引き起こすものもある。

だから、風邪は万病のもとという諺を私は、万病に対応する多様な風邪ウィルスが存在し、あるいは多様な選択病原性をもつように、風邪ウィルスは変異しえるのだ、と理解している。

ウィルスのこの、選択病原性というか選択臓器感染性は、私にはとても不思議で、昔、A型肝炎で入院しているとき、少し病状がよくなると、どうしてA型肝炎ウィルスは、肝臓だけに選択的に作用するのだろう、と疑問をもちはじめた。胃や腸に作用したっていいはずである。また、A型肝炎の初期症状は風邪に似ているので、風邪ウィルスの変異体なのか、とも思った。そこで、主治医の先生の回診のとき、ふとその疑問を話したら、苦笑いして何も答えず行ってしまった。この先生は、私が朝のテレビで、ロシア語会話の講座に見入っていたのも知っているので、変な患者と思ったのだろう。

そこで風邪ウィルスに戻って、そういう選択臓器感染性の多様性は、インフルエンザ・ウィルスもそうなので、私には風邪ウィルスは、インフルエンザ・ウィルスの親戚だとしか思えない。

もしそうなら、ウィルスの特異な遺伝子の働きの抑制によって、風邪ウィルス一般に効果のある薬剤を開発することもできるのかも、と推察する。

もっと一般化して、ウィルスの選択臓器感染性が全て、例えば、RNAポリメラーゼを作る遺伝子に依存すると仮定してそれに着目し、あらゆるウイルス疾患に対処にる方法も見つかるのではないかと夢のようなことも考えてみるが、夢と悪夢は表裏一体で、下手な薬剤や治療方法は、却って新手のウィルスの出現にもつながるのだろうか、と別の心配もしてしまう。

ともかく、ウィルスの選択臓器感染性のようなことを書いた医学啓蒙書は知らない。当然に専門的な研究論文はいろいろあるのだろうが、素人には専門的過ぎると思われているのか、それとも、素人受けするような内容ではないので、啓蒙書がないだけなのだろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1111

コメント (6)

小松たひと:

>ウィルスの選択臓器感染性のようなことを書いた医学啓蒙書は知らない。

 たぶん、理由が分かっていたとしても、素人に説明するのはとても難しいか、あるいは、理由がよく分からないからではないでしょうか?たぶん後者であると予想します。
 素人考えですが、分化した細胞それぞれにおいて、それぞれ異なる遺伝子が活性化していて、異なる代謝や、異なる物質の生成を行います。私は、選択臓器感染性は、活性化した遺伝子と、分化した細胞に特異な代謝・生成物質とにウイルスが適合してつけ込むことができ、増殖できるか否かで生じるんだと漠然と思っています。
 これを、正しく理論的/定量的に、しかも、再現可能に証明するというのは、想像するだに困難そうです。

小松たひとさん

> 素人考えですが、分化した細胞それぞれにおいて、それぞれ異なる遺伝子が活性化していて、異なる代謝や、異なる物質の生成を行います。私は、選択臓器感染性は、活性化した遺伝子と、分化した細胞に特異な代謝・生成物質とにウイルスが適合してつけ込むことができ、増殖できるか否かで生じるんだと漠然と思っています。

なるほど、小松たひとさんは、こういう分野も勘が働くとは、おみそれしました。案外に、iPS細胞の分化とも関係あるかもしれませんね。


ISSEI:

C型肝炎ウイルスについての個人的見解が書いてあります。肝臓は穴だらけで血液との接触が多いことと、肝臓の細胞にはC型肝炎ウイルスとくっつく部分があり、細胞の中にウイルスを招き入れてしまうからと考えているようです。

http://www.mcp.brs.nihon-u.ac.jp/kikeda/typecvirusinfect.html

ISSEIさん

> 肝臓は穴だらけで血液との接触が多いことと、肝臓の細胞にはC型肝炎ウイルスとくっつく部分があり、細胞の中にウイルスを招き入れてしまうからと考えているようです。

なるほど、遺伝子レベルの話以外の仕組みもあるのかもしれませんね。

小松たひと:

ISSEIさん、今年もよろしくお願いします。何と言っても健康がいちばんですよね。
> C型肝炎ウイルス
 私が小学校に上がった頃までは、小学校で集団予防接種をするとき、注射針も替えずにたくさんの子供に接種を行ってましたね。これでウイルス性肝炎をうつされた方も多いのではないのでしょうか?私はA~Cいずれの肝炎もうつされず、幸いでした(酒を飲み過ぎて肝臓痛めてたら同じことか・・・反省)。

ISSEI:

小松さん、
今年もよろしくお願いします。
はい Health is everything です。
大病を患ったので身にしみております。人は当然のもの当たり前のもの空気なものの有り難さに病気になって初めて気がつきます。病気は体という物理的なものと心という無体のもの夫々に起こります。また両者は互いに影響しあうため、心が病むと体もおかしく、逆に体が病むと心を病むということになりやすいです。両方とも害されれば大変なことになります。このあたりあやたろう様は大病をされた割には精神的にもお強く、異性への関心もまだ燻っておられるようで感心している次第です。

About

2009年1月 8日 06:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「脳にいいことだけをやりなさい」です。

次の投稿は「古酒」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。