« 風邪ウィルス | メイン | 事業主の皆様へ »

古酒

広島県尾道市の実家に帰っていた家内が、変わった形の瓶に入っている日本酒を持ち帰った。青い容器でくびれた形、まるでワインの瓶のようなデザインである。銘柄は、「黒松錦」、山口県の村重酒造、とある。

で、早速飲もうと思ったのだが、家内のコメントで、いきなり引いてしまった。というのは、家内が実家に帰っていたのは、古い実家の建て直しに関する打ち合わせを応援するためなのだが、特に、雨漏りがして倒れそうな納屋の建て替えもまた、緊急なのであった。

その納屋のゴミや、わけのわからないガラクタ物品を整理しているうちに、この日本酒の瓶が見つかった、という次第である。いつ購入したものか全く不明だが、封を切っていないし、暗いところに放置されていたので、飲めるのではないかという家内の観測であった。

それで購入年代だが、少なくとも家内の父親が生きていた頃に買ったものだという。しかし、家内の父親、すなわち私の義理の父は、家内が二十歳の頃に病気で亡くなっているので、この日本酒は少なくとも三十年前に買ったもの、ということになる。

それで、そんなもの飲めるかと突き放そうと思ったのだが、折角持ち帰った家内の面子もあるので、封を切って味見してみることにした。私の予想は、醗酵が進んで酢になっているのではないか、というものである。そういう話は、私の実家でもよく聞いた。酒が古くなると酸っぱくて飲めたものではない、ということはよくある。

ところが、最初の印象で、この日本酒「黒松錦」は、意外にいける、と思った。ただ、明らかに普通の日本酒の味ではない。ちょっと癖がある。そこで、改めて透明のグラスに注いでみた。すると、色が、かなり濃い黄色なのである。汚い表現で恐縮だが、私が肝炎になったときの尿の色を思い出した。

で、思い出した。この味は、中華料理店で注文したことがある老酒の風味なのである。これは老酒だ、と一旦思えば抵抗なく飲めると、自分で納得した。

私が思うに、「黒松錦」はもともと、三十年も放置されることを予想していない。老酒の風味だね、なんて言われて飲まれることも期待していない。それでも、三十年を経て飲むに堪えるのは、アルコール度数が16度、ということにあるのではないか、と思った。普通の日本酒は、アルコール度数は、12~13度である。この4度の差は長期保存にはかなり違ってくるのかもしれない。例えば、梅干は、ある以上の塩分濃度になると、何百年たっても腐らないという。だから、「黒松錦」は、そのアルコール度数によって、酢にならずなんとか古酒化できたのではないか、と思った。

ところで、山口県の村重酒造は今でもあるのだろうか、とWebで検索してみた。すると、確かに、金冠黒松として、今でも営業しているようである。特に目玉商品は、貴醸酒「黒松錦」であって、これはどうも、私が飲んだものの後継製品のようである。

ともかく、「黒松錦」がそれなりに由緒ある製品だと知って安心した。唯一知りたいのは、新しい貴醸酒「黒松錦」の酒の色である。まさか琥珀色ではなくてクリアな透明だと思うのだが、メールでその会社に問い合わせてみるのも憚られる。聞くと、そのような古い貴社の製品は最早保証の限りではありませんから、それを飲むことで体調を崩されたとしても、弊社の責任範囲外です、みたいな免責メールをもらうのも嫌だからである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1112

About

2009年1月 9日 07:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「風邪ウィルス」です。

次の投稿は「事業主の皆様へ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。