« 事業主の皆様へ | メイン | 温暖化対策 »

結婚式で歌ってはいけない名曲

YouTubeをチェックしていたら、結婚式で歌ってはいけない名曲として、下記の曲がリストされていた。

1.浪曲子守唄
2.昭和枯れススキ
3.ウェディング・ベル
4.みちのく一人旅
5.グッドバイ・マイ・ラブ
6.オリビアを聴きながら
7.慟哭(中島みゆき)
8.桜坂(福山雅治)

しかし、私の意見によれば、結婚式で歌ってはいけない曲をリストするという方針は、正しくない。なぜなら、結婚式で歌ってはいけない歌が一般的に大部分なのであり、寧ろ、結婚式で歌っていい歌をリストすべきなのである。

例えば、結婚式で歌っていけない歌は、下記のようにリストすることができる。なお、ここにリストした曲は例示的なもので、結婚式で歌っていけない歌がここにリストしたものに限定されると解釈されてはならない(というのは、米国特許の決まり文句)
- 中島みゆきのほとんどの歌
- クールファイブのほとんどの歌
- サルビアの花
- 僕たちの失敗
- 芸者ワルツ
- 花街の母
- 雪国(吉幾三)
- トラワヨプサンハンエ(チョーヨンピル)
- 恋するマンスリーディ
- さらばシベリア鉄道
- ドール(太田裕美)
- 海雪(ジェロ)
- 赤とんぼの歌(あのねのね)
- 右から来たものを左へ受け流す歌(ムーディ勝山)
- 別れても好きな人
- 伊勢佐木町ブルース
- 恍惚のブルース
- 函館の女
- 博多の女
- 私の彼はサラリーマン(SHINE’s)
- 鳥取砂丘(水森かおり)
- 夏を諦めて(研なおこ)
- たどりついたらいつも雨降り
- 藤岡藤巻のほとんどの歌
- 殿様キングズの歌
- While my guitar gently weeps
- Mr. Lonely
 その他多数

では、結婚式で歌っていい歌には何があるか、寧ろそれを考えるのは大変なのである。でも、強いて挙げてみる。
- てんとう虫のサンバ
- 乾杯(長渕つよし)
- 君といつまでも(加山雄三)
- フォルテシモ(ハウンドドッグ)
- Let it be (ビートルズ)
- And I love her (ビートルズ)
- ザードのほとんどの歌
- カーペンターズのほとんどの歌
- 愛の賛歌
- ダイアナ
- ここにしか咲かない花(コブクロ)
- 粉雪(レミオロメン)
- 純恋歌(湘南乃風)

もちろん、枚挙していないが、これだけ考え出すのも大変であった。しかし、そうである理由は簡単で、トルストイの法則による。すなわち、幸福は単純で、不幸は多様なのである。だから、ほとんどの歌は、不幸を切々と歌うものなのである。理の当然。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1114

About

2009年1月11日 07:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「事業主の皆様へ」です。

次の投稿は「温暖化対策」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。