« 結婚式で歌ってはいけない名曲 | メイン | 名誉ある餓死 »

温暖化対策

少し前になるが、1月3日の朝刊を見て唖然とした。「温暖化対策 正念場」と題して、次のような内容で始まっている。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、07年の第4次評価報告書で、地球温暖化を「疑う余地がない」と断定した。
このままCO2などの温室効果ガスの排出量が増え続ければ、自然環境や人類に後戻りできない大規模な影響があると警告した。

なんという素朴な議論。真っ当な気象学者、大気物理学者などに科学的にきちんと反駁されている内容をそのまま、2007年ではなく、この2009年の時点でよく書けるものである。

しかもその後、例によって、温暖化傾向の加速、南極の氷が解けて海面上昇すること、大型台風の頻発、干ばつなども温暖化のせいにされている。

さらに、電気自動車の開発の促進など、CO2排出を減らす科学技術への期待が述べられている。

こういう記述をみて、妥当なストーリーだと誰も思うだろうが、問題は、もう言い尽くされているのだけれども、CO2排出を減らす技術の開発は、とてもコストがかかる。ところが冷静に考えて、地球温暖化は、もしIPCCの言うことを額面とおり受け入れるとしても、アフリカなどの南北問題、また、現在爆撃されている中東の和平問題などと比較してみても、とても優先順位が低い。ましてや、IPCCの言説は、科学的根拠の怪しさを問われている。

すると、これも何度も言われているように、これは、CO2排出を減らす技術で稼ぐことを意図する利害グループが世間を動かしている、ということになる。

その正体を垣間見せるのは、地球環境産業技術研究所の茅陽一・副理事長のコメントで、「生活レベルを下げることでCO2排出量を削減するのであれば、何の技術的努力もいらない。それは人類の敗北だ。」というものである。そこに、今の生活レベルは、あらゆる犠牲を払っても、自分達文明国の生活を維持するのだ、という傲慢が見て取れる。きっと、アフリカの難民が餓死しても痛くも痒くもないのだろう。

少し考えてみれば分かるように、CO2排出量を減らして、しかも今の生活レベルを維持するには、ものすごいコストがかかる。1つの例は、電気をソーラーパネルでまかなうことである。そのためにどれほど膨大なソーラーパネルを敷設する必要があるだろうか。もっと無茶苦茶なのは、太陽電池の設備を人工衛星として打ち上げて、マイクロ波でエネルギを地上に送るというものである。フリーマン・ダイソンではないが、宇宙をかき乱すつもりか、と聞きたくなる。

私は、化石燃料の少ない消費で、効率的にエネルギを供給する設備の研究開発自体には意味がないとは思わない。例えば、より安全な原子力発電の技術、核融合発電の技術(これは相当時間がかかる)、石炭の液化技術、石油・天然ガスの採掘技術などである。しかし、結局は、京都議定書にあるような基準をみたすCO2排出量を削減しようとすると、膨大なコストがかかり、その結果何ほどの温暖化効果があるのかということになるし、一方で、そろそろ地球寒冷化が始まっているという観測データがある。すると、膨大なコストかけて、何馬鹿な無駄なことやってんだ、ということになる。もともとは毒にも薬にもならない温暖化対策論が、天下の愚策として重くのしかかってくるのは、こういうことである。攻めてくるはずのない敵に対して、莫大な費用と労力をかけて万里の長城を築き、敵が海からやってきたらどうする。リソースはとても限られているのに。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1115

About

2009年1月12日 05:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「結婚式で歌ってはいけない名曲」です。

次の投稿は「名誉ある餓死」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。