« 温暖化対策 | メイン | 素粒子論のメモ »

名誉ある餓死

「名誉ある餓死」とは、奇を衒った表題だが、「名誉ある戦死」のもじりではない。また、特に反社会的なことを書くつもりはない。いつだって私は健全な小市民である。

ただ、最近になってやっと気付いたのは、肉体とはなんとも面倒な乗り物である、ということである。なぜかというと、寒いと厚い衣服を纏わなくてはならないし、暑いとエアコンをほしがる。何もしなくても腹が減るので、仕方なく食べなくてはならない。孤独を嫌って、別の肉体の仲間がいるところに顔を出す。それで却って面倒なことになったりする。ともかくコストがかかるのである。

しかし、この乗り物が唯一、この物質的現世で世の中に貢献していくためのツールなのであるから、野球選手がバットやグローブを磨くように、このツールはそれなりに取り扱いに注意して大事にしなくてはならない。

さて、コストがかかる乗り物なので、自立的に維持していくためには、稼ぐ必要がある。典型的に稼ぐ方法の1つは、営利企業に勤めることである。勤めるというとき、代表的には2つのパターンがあって、それは、正社員と、非正社員である。後者は、派遣社員とか、契約社員とか、アルバイトとか呼ばれる。

そういう目で会社で周囲を見ると、正社員がいれば、派遣社員の方もいる。ところが、派遣社員といっても、見かけが正社員と特に違う訳ではない。能力は、というとこれも、派遣社員といっても、もともとちゃんとした会社の正社員であって、家庭の都合などで一旦会社を辞め、時間が許すようになったので今は派遣社員として働いている、という人もいる。企業でも研究所には、ポスドクの契約社員がいて、どうみても私よりも頭もいいし難しい仕事をしていそうである。

こうしてみると、正社員と派遣社員の区別は、案外運とか、なりゆきだったりする。私が今、正社員の地位を維持できているのは、実は相当に幸運である。自分は子供の頃から大病をして不幸な運命に生まれきたと悲劇の配役を演じようとするが、冗談じゃない、私は十分にラッキーなのである、そのことに素直に感謝しなくては。

ところがである。最近問題になっているように、派遣社員は、不景気になると簡単に切られる。一方、正社員は、最高裁の労働事件の判例にあるように、よほど犯罪のような行為に手を染めたりしなければクビになることはまずない。

しかし、正社員として真面目に働いていても、明らかに業績が全く上がらない人もいる。それでも、上記判例によれば、大抵はしがみつけば、ずっと勤務し続けることが可能である。少しだけプライドを捨てればいい。

少しくらいミスがあっても、勤務態度に問題があっても、それぐらいでは地位は微動だにしない。上司から注意を受け、それでも向上が見られないという膨大な記録の集積があって、ようやく会社は、クビにした元正社員からの不当解雇の訴えに勝てる。消耗戦、持久戦である。

そう書くと、いかにも会社側に立った発言のように聞こえるかもしれない。しかし、正社員でその地位にあぐらをかくと、派遣社員との比較で地位があやうくなるはずなのである。そんなに力の差はないのである。これは成果主義ではない。単に能力主義である。組織が機能集団であるための属性である。

だから私はどうしても、自分の能力を維持することに高い優先順位をおく。本も買って読む。読書が好きだから本を読むんだろうと言われる。それはまあそうなんだけど、「超並列処理コンパイラ」なんて趣味では絶対買わない本も、仕方なく買う。

それでも人間の能力なんて儚い。私も派遣社員に凌駕される日も来るだろう。あるいは既に来ているのに、自分で気付かないふりをしているだけかもしれない。

それでも私は敢えて言うが、時代の流れとして、次第に正社員がその地位にしがみつけない日が来るだろう。もっと言うと派遣も正社員もなくて、能力に応じて俸給もらえるように次第になっていくのだろう。すると困るのは、それなりに中堅社員と思っていた私があるとき上司に呼ばれ、引導を渡される日が来たりすることである。

で、仕方なく私は会社を去る。呪いの言葉の1つくらいは吐くだろう。まだローンもあるかもしれない。退職金をローン返済に充てる。一生働きたいと思っている私は、そこからまた別の仕事を探す。でも可能性として、とても不況で若い優秀な人達も仕事にあぶれていて、とっくに旬が過ぎた老年のおっさんには最早仕事はないかもしれない。

それでも私は探し続ける。そしてふと、空腹をおぼえるが、駅の売店でパンを買おうとして、財布にパンを買うお金もないことに気付く。そこで仕方なく、公園に行く。そこのトイレの前の水道で水を飲む。とりあえず水腹にはなる。

昔は十分な額の年金というものがあったが、国庫が破綻していて、最早、雀の涙ほどの年金しかない。それは、光熱費に消えてしまう。

自宅に帰って横になる。とても空腹である。いろいろな経緯で、一人暮らしになってしまっている。段々衰弱してくる。若い頃、米国出張に行って、立派なステーキを食べたことを思い出す。あの頃が華だった。

そういう日々が続くと、確実に衰弱している。ふと、反社会的な行為に走りたいという衝動が起きる。しかし、かつて「名誉ある餓死」などと自分でつぶやいたことがあるのを思い出した。そこで、なんとか自分を抑える。

というのが勝手に考えたストーリーというか妄想なのだが、果たして意志の弱い私にそういう自制が可能なのだろうか、と思う。老兵は立ち去らない、ただ倒れて静かに眠るように死んでいく、ということなのだけれども。

まあ、これは最良?のストーリーなので、私の人生はもう少し彩りがあるのだろうと思っている。ボトムラインは、世間様に迷惑かけないこと、そして、少しでも肉体という乗り物を利用して、この物質世界に貢献することである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/1116

コメント (6)

小松たひと:

 少し話は違うのですが、牡蠣にあたってしまいました。3日間絶食で今日は仕事です。不思議と飢餓感はありませんが、ああしんど・・・

小松たひとさん

> 牡蠣にあたってしまいました。

私の実家の方は、牡蠣の本場なのですが、数年前、実家から何キロも生牡蠣が送られてきたので、酒蒸しにしたり、フライにして飽きるほど食べました。すると、私以外の家族が食あたりで寝込んでしまいました。私は酒飲んでいたので、セーフでした。単純に殺菌作用と言っていいのかどうか。

ISSEI:

小松さん、つらいですね。お大事にしてください。私も入社間もないときに宴会であたりました。次の日に多くの人が会社を休んでいました。牡蠣はあたりやすい人とそうでない人がいるようです。また血液型がB型の人は特定のノロウイルスに対してはレセプターがない関係であたり難いようです。

小松たひと:

どうもご心配かけております。
牡蛎に当たったのは、生まれて初めてでした。
週末、運悪く、家人が不在で、3月日間ひとりきりで、心細い思いをしました。
帰って来た家人に、最初に言われたのが、「頼んでいた買い物してないじゃないの!」だったので、凹みました。
男三界に家なし・・・(泣
今日、無理して仕事に行って、お客さまから、不景気なので、仕事を減らしますと言われて、更にショックを受けました。悪いことは、続くものです。
従業員たちを、どうやって養おうか?

ISSEI:

小松さん、

>「頼んでいた買い物してないじゃないの!」

いや~これはきますね。
自分の体調が絶不調の時に追い討ちをかける言葉は、反論する元気もないので。

>従業員たちを、どうやって養おうか?
私が言うのも全然説得性ありませんが多分小松さんならなんとかして打開されるものと思います。

小松たひと:

体は餓死したことないですが
(ここに書いているぐらいですから)。

上條恒彦の歌の「誰かが風の中で」
みたいに、私の心は、
昔から、これまで、何度、殺されたことか...

私の心を殺した輩は、皆、友達のような顔を装ってました。
でも、私は、殺されるたびに甦ってます。
だから、今回も、なんとかする根拠のない自信だけはあります。

Webで、昔、私を殺したゴミ野郎を見かけますが、うかつに中傷書き込みをしたら、
こちらの負けというのが悔しいな。


About

2009年1月12日 06:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「温暖化対策」です。

次の投稿は「素粒子論のメモ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。